2015.08.05

あの話題のその後~棚橋弘至がタオル投げ騒動でお願い/プチ鹿島氏による新日本プロレス総選挙という仕掛け

pick up ▼ニュース 鈴木軍含む全8チーム出場 8・19後楽園で『アルカス杯争奪ワンナイト6人タッグトーナメント』開催=ノア企業キャラクター初!ココ夏三郎が全日本プロレスに入団!デビュー戦が行われる8.29後楽園の全カード初代タイガーマスク、驚異的な回復 食事療法で10キロ以上減量スーパー・タイガーに船木が挑戦表紙はG1福岡大会の柴田vs飯伏!『週刊プロレス』は8月5日(水)発売 ▼情報&コラム 新日本プロレスが山手線をジャック! 今年も車体広告で『G1 CLIMAX 25』をアピール8月6日(木)日本テレビ系列より放送『スッキリ!!』の人気コーナー「うまいッス!!」に真壁刀義&本間朋晃が登場 ▼格闘技 42歳のジェロム・レ・バンナ、母国での引退試合を控え笑顔:8.4 フランス

 新日本プロレス「G1クライマックス」での7・20開幕戦。飯伏幸太を破って引き揚げる棚橋弘至に“多数のタオルが投げ込まれる”プチ事件が発生。

Tana_t2

 ファンが差し出すタオルを手にした棚橋が汗をぬぐってファンに返す。これがエスカレートし、棚橋に向き合っているわけではないファンからもタオルが投げ込まれる事態に。棚橋の頭に飛んできたタオルがかぶさったり、棚橋の足元にタオルが投げ込まれたり…。

 これに関連して棚橋がブログでお願いを書き込んだ。
・ サンクス名古屋|棚橋弘至 オフィシャルブログ powered by Ameba
##
ここで、1つお願いがあります
【試合を終えて花道を帰るとき、ファンの皆さんのタオルで汗を拭いたりしていますが、タオルを渡したりパスしたりするときは必ず僕と目が合ってからにしてください。ストーンコールドのビールキャッチみたいにカッコよく決めたいので、よろしくお願いします】

##

 うますぎる対応。ファンへの一方的な要求ではなく、棚橋がカッコよく決められるようにという意味でのお願い。

 サービス精神溢れる棚橋に相手をしてもらうことはファンにとっては千載一遇の機会だろうが、棚橋のお願いの範疇でぜひお願いします。

               * * *

 先月に発売された『Number』プロレス特集に際して、プチ鹿島氏がアドバイスを送ったことがいくつかのメディアで明かされていたが、、、

Number882▼new! Sports Graphic Number 2015年 7/30 号 [雑誌] 7月16日発売!スポーツグラフィック誌「Number」が14年ぶりプロレス特集。2015年の棚橋弘至 中邑真輔「オンリーワンを作った3つの“転機”」 オカダ・カズチカ「世界よ、俺を見ろ」 飯伏幸太「狂気のプロレス伝道師の野望」 真壁刀義「今の新日本は、ホンモノだよ」 柴田勝頼「戻って知ったプロレスの強さ」 AJスタイルズ「新日本にはすべてがある」

・ 「Number」14年ぶりプロレス特集の舞台裏
##
 編集部でプロレス企画の提案が出たのは1月ごろ。人気復活を耳にした松井氏も3月、東京・後楽園ホールで新日プロの熱気に接し、関心が高まった。後日、プロレスに造詣の深いタレント・プチ鹿島(東スポWebでコラムを執筆)から総選挙のアドバイスを受ける。ファン待望の14年ぶり特集ということで「ガチ」の選挙が実現した。
##

 『ゴング』6号におけるコラムにて突っ込んだ記述がなされている。

Gong_6▼new! ゴング 6号 (タウンムック) 7月25日発売!日本が世界に誇る、別格の輝き第1位!中邑真輔 桜庭和志との死闘を制した柴田勝頼、いざNEXTステージへ! 新日本プロレス〈大阪夏の陣〉、7・5大阪城ホール大会を詳報。真夏の祭典「G1CLIMAX25」直前特集

 2月の世IV虎vs安川惡斗の凄惨試合を『週プロ』が表紙に起用。これを棚橋が痛烈に批判したことは記憶に新しいが、、、
・ HIROSHI TANAHASHIさんはTwitterを使っています 週刊プロレスはコンビニにも駅にも置かれる“プロレス”と“世間”をつなぐ入口のひとつ。それを自ら塞ぐ愚行。何がしたいんだ。
##
週刊プロレスはコンビニにも駅にも置かれる“プロレス”と“世間”をつなぐ入口のひとつ。それを自ら塞ぐ愚行。何がしたいんだ。
##

 プチ鹿島氏がゴングにて「『Number』表紙、“新日本プロレス総選挙”の裏テーマ」とのタイトルコラム。ゴングが手元にある方は、ぜひ全文を読んでいただきたい。
##
 棚橋の意見には賛否があるかもしれないが、これだけ「世間」を常に意識してる棚橋はやっぱり今の時代のプロレス界のエースだと思った。
 だったら、「あれだけ世間にプロレスがどう見られるかがんばってる棚橋が、ここで表紙をとれるのか?」。これか私の思いであり、仕掛けであった。もちろん誰にも言ってない。ただの個人的な見どころだ。
 果たして棚橋は「Number=世間」で表紙をとれたのか? この原稿を書いている時点では私も知らない。

##

 かくして棚橋は、投票期間の最後の最後で中邑を逆転した。棚橋と中邑、どちらに転がってもいい僅差だったが、棚橋が現在のファンとの間に築いている信頼の厚さはハンパない。

 誰よりも体を張ったファンサービス(タオル騒動)。誰よりも前面に出て意見する姿勢(表紙のあり方)。リング外にも貫かれた棚橋の努力の結晶こそ、ファンに“表紙にふさわしい”と評価された。総選挙結果は、ボクらからの「プロレスを守ってくれてありがとう」という気持ちなんである。

               * * *

 4日の仙台大会まで終了。中邑に敗れた後藤が後退で、再びオカダ・石井がBブロックトップに。
・ 08-04(火) 18:30 宮城・仙台サンプラザホール|バディファイトPresents G1 CLIMAX 25|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレスリング

 きょう5日は岩手大会となる。

Morioka

・ Match Information|新日本プロレスリング
##
■8/5(水)岩手産業文化センターアピオ 18:30開始
新日本プロレスワールドでLIVE中継(※固定カメラでの中継になります)
[1]小松&タイガー&永田&小島vsフィンレー&ドラダ&エルガン&後藤
[2]ホワイト&本間vsホール&アンダーソン
[3]石井&中邑vsトンガ&裕二郎
[4]キャプテン&田口&KUSHIDAvs外道&YOSHI-HASHI&オカダ
▼Aブロック
[5]天山vsファレ
[6]柴田vs矢野
[7]棚橋vsギャローズ
[8=セミ]真壁vsAJ
[9=メイン]内藤vs飯伏

##

 内藤vs飯伏は注目カード。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2015.08.04

1988年8・8「猪木vs藤波」フルタイム横浜文体から27年~「柴田vs棚橋」同日・同会場で伝説再現へ

pick up ▼ニュース 「プロレス総合学院」開校!卒業後はW-1以外の団体の入門テストを受けたり試合に出るのは自由LiLiCoが時間差入場タッグバトルロイヤル出場へKAI王座返上 ファン投票で決定か8月10日(月)19:00~20:00TBS『私の何がイケないの?』“ワケあり夫婦 裏の顔SP”天龍源一郎が出演 ▼格闘技 ヒョードル復帰戦にUFCヘビー級王者との再戦希望

 3日発売の東スポで新日本プロレス8・8横浜文化体育館での棚橋弘至vs柴田勝頼の一戦が煽られた。

150803_tospo

・ 【新日G1】柴田 棚橋戦で「伝説の猪木VS藤波」再現だ
##
 柴田が後半戦に向け重視するのが棚橋との横浜決戦だ。「対戦相手、メーン。いろいろな意味で特に大事な試合」と闘志を燃やす。なぜなら「8・8横浜決戦」の符号は新日プロにとって特別な意味合いを持つからにほかならない。1988年にアントニオ猪木と藤波辰爾が60分フルタイムドローの死闘を繰り広げた“伝説の舞台”なのだ。
 猪木とともに団体旗揚げに携わった勝久さん(故人)を父に持つ柴田と、藤波を師と仰ぐ棚橋の公式戦が横浜で組まれたのは、決して単なる偶然ではないだろう。柴田は「そうなの? 全く知らなかったけど、どっちがどっち?」とけむに巻きつつも「新日本が(日程を)組んだこと、そこに置かれた意味合いというのは、期待に応えたい。『やる前に引き分けを考えるバカはいない』し、決着をつけたいしね」と猪木の名言をアレンジして腕をぶした。
 昨年の両者の戦績は1勝1敗。かつてイデオロギーを対立させたライバル同士の決着戦は、27年前の戦いの続きを見せるのか。因縁めいてきた一戦から目が離せない。

##

 オールドファンにとって“ 1988年8月8日 横浜文化体育館 IWGPヘビー級選手権試合 藤波辰巳 vs アントニオ猪木”(日付のみならず年号にも8が並ぶ)の記憶は鮮烈。60分フルタイム引き分け。藤波が猪木を相手にベルト防衛を果たし、ドローながら世代交代をも想起させた一戦だった。

0808_yokohama

 毎年“8・8横浜文体”が行われているのも、その影響なんじゃないかなぁ。

 東スポが記事の仕掛け役かと思いきや、読者から「棚橋選手もポッドキャストで8.8の柴田戦を猪木対藤波と重ねてましたよ 柴田が猪木 棚橋が藤波だと言ってました」との情報も(感謝)。誰からともなくそういう設定が脳裏に浮かび、柴田にも同じ認識があるのかもしれない。

 27年前の一戦、藤波vs猪木。ボクは当時テレビ観戦したわけだが、生涯ベストバウトがこの試合になる。それくらいに好きな試合だ。もちろん、8・8横浜文体に足を運ぶたびに、この試合が脳裏に浮かぶ。

 G1クライマックス開幕前。手負いの柴田が無事に出場するのかわからなかった段階から、横浜文体のチケットは買っている。週末で棚橋戦となれば、外すことはできないだろう。記憶に残り続ける一戦となることを期待したい。

 そして、もうひとつ。ちょっと恥ずかしいが、8・8はボクの誕生日でもあったりする(笑)。

               * * *

 きょう4日は仙台大会。
・ Match Information|新日本プロレスリング
##
■8/4(火)宮城・仙台サンプラザホール 18:30開始
Fighting TVサムライで生中継
新日本プロレスワールドでLIVE中継(※実況なし)
[1]田口&タイガーvsホワイト&フィンレー
[2]小松&柴田vsYOSHI-HASHI&矢野
[3]KUSHIDA&内藤vsドラダ&飯伏
[4]キャプテン&天山&棚橋&真壁vsトンガ&ファレ&ギャローズ&AJ
▼Bブロック
[5]エルガンvs裕二郎
[6]小島vs本間
[7]永田vs石井
[8=セミ]オカダvsアンダーソン
[9=メイン]後藤vs中邑

##

 8月29日(土)15:00吉祥寺パルコ 柴田勝頼サイン&撮影会が決定。
・ 速報! 真夏の最強タッグ!「KAMINOGE」&「ゴング」 ザ・ペールワンズ祭り開催! 吉祥寺PARCO


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2015.08.03

柴田がAブロック単独首位で折り返し。優勝宣言を重ねる棚橋、トランキーロ内藤らが追随=G1・9日目終了

pick up ▼ニュース 佐藤耕平が関本大介を破り11年ぶり火祭り制覇=ZERO1よしもと芸人“てのりタイガー”渡瀬瑞基が両国国技館でプロレスデビュー決定=DDTWRESTLE-1 GRAND PRIXは準々決勝!8.8新宿FACE大会一部対戦カードが決定高橋奈苗改め高橋奈七永によるSEAdLINNNG旗揚げ戦メイン&参戦選手発表 ▼情報&コラム マーベラスUSAがNY初興行 長与が激白意外!? プロレスには185年もの歴史があった8月29日(土)18:00~8月30日(日)23:09大阪「カウント2.99の29時間9分営業!~プロレス愛はマスターを救う(仮)」 ▼格闘技 8月9(日)22:00リングスチャンネル「山ちゃんと振り返るTHE OUTSIDER36回大会」<チュートリアル福田>格闘熱上昇で「UFC」番組出演を直訴

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」はAブロック公式戦の“中日”を名古屋大会にて迎えた。

150802_g125

・ 08-02(日) 16:00 愛知・愛知県体育館|バディファイトPresents G1 CLIMAX 25|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレスリング

 柴田が棚橋ばりの閃き、ファレのバッドラックフォールを空中で切り返してのPK勝利。新日本プロレスワールドでの配信も確認したが、いやはや乗ってるなぁという印象だ。

 これで4勝1敗とし、Aブロック単独首位となった。3勝で並んでいたファレ、内藤がともに敗れて交代。されど、このシリーズもっともメイン登場回数が多く(名古屋でもメインで矢野に勝利)、複数回に渡って優勝宣言している棚橋の巻き返しは予想されるところ。ヒール転身で「トランキーロ」連呼の内藤も、帳尻を合わせてくるだろう。柴田は、他選手を振り切れるか。

 なお、トークショー予定が発表されている柴田であるが、、、
・ 新日本プロレスリング:【一部訂正】8月30日(日)神戸リングソウルにて柴田勝頼選手のトークイベントを開催!

 お待たせしました。都内でのイベントもどうやら発表されそう。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2015.08.02

オカダはIC王者・後藤に、石井は復帰・中邑にそれぞれ敗れ、Bブロック全勝消える=G1途中経過8日目

pick up ▼ニュース 「海鮮プロレス」旗揚げ 鮮度が高いはね回り披露高山加入モンスター軍がFMW軍に初勝利 大仁田は40周年記念興行での雪辱を期す ▼情報&コラム アントーニオ本多、葛西純、ササダンゴマシンが出演する夏の魔物のデビュー曲「恋愛至上主義サマーエブリデイ」のMV公開8月22日(土)17:30渋谷VUENOS「MUSCLE COLOSSEUM Ⅰ」プレミアムなグッズと音楽の至高のキン肉マンイベント

 2日間のオフを経てシリーズ再開。1日、新日本プロレスのG1クライマックスは8日目を終了。

150801_g125

・ 08-01(土) 17:00 大阪・大阪府立体育会館|バディファイトPresents G1 CLIMAX 25|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレスリング

 8日目の公式戦はBブロック。オカダはIC王者・後藤に、石井は復帰・中邑にそれぞれ敗れ、Bブロック全勝者がいなくなった。後藤、オカダ、石井、アンダーソンの4選手が1敗でトップ並走。

 新日本プロレスワールドでラスト2試合を視聴。まず、大阪城ホール大会から1か月経ってないのに大阪府立が満員になっていることに驚く。石井は中邑負傷の左ヒジを攻めず、中邑をしっかり追い込んだが惜敗。中邑はランドスライドを繰り出す“ビッグマッチ”仕様で自身の復帰を飾った。メインはオカダの動きがいいぶん、どっしりとした後藤の重厚さも目立つ展開に。後藤の試合内容にも安定感が出てきたように思う。

 なお、Aブロックの方も同様にここまで1敗の3選手(内藤、柴田、ファレ)がトップ並走。

 2日は名古屋大会。以降の日程はこちらでチェックを。
・ いよいよ開幕! G1クライマックスは史上最長28日間、史上最多19大会~改めて公式戦日程&中継情報まとめ プロレス-格闘技 カクトウログ
##
■8/2(日)愛知県体育館 16:00開始
Fighting TVサムライで生中継
新日本プロレスワールドでLIVE中継(※実況なし)
[1]小松&田口&KUSHIDA&小島vsフィンレー&ドラダ&タイガー&本間
[2]ホワイト&エルガンvsホール&裕二郎
[3]キャプテン&永田&後藤vsYOSHI-HASHI&石井&中邑
[4]外道&オカダvsトンガ&アンダーソン
▼Aブロック
[5]天山vs飯伏
[6]柴田vsファレ
[7]AJvsギャローズ
[8=セミ]真壁vs内藤
[9=メイン]棚橋vs矢野

##

               * * *

 Twitter上でG1についてつぶやいたことをここでも再掲(アレコレ考えることで、理想のG1像を模索するのも面白い)。

 新日G1。史上最長であり怪我人が多いことから警鐘を鳴らす声も。コンディションを配慮した興行形式は大切。だけれどもまだ19大会中8大会目ですから、この時点での怪我はG1ならではというわけではない。むしろ1大会で交互に公式戦というのはコンディションを整えやすい気もします。

 A・Bブロック交互の公式戦。1大会での試合数は昨年10試合→今年9試合に。これ、選手たちにとっては大きいんじゃないかなぁ。大会終了時間が延びることへのプレッシャーがあると思われる中で、自分らしさを試合で発揮する時間が昨年以上に持てることになる。ストレスも減る。

 ボクもG1の理想は、初期のように選手厳選、大会数限定だとみています。ただ新日にとってG1はドル箱。ここでの売上確保は必須でしょう。だから大会数は多めになってしまう。

 宝塚のように、中邑・オカダ組興行、棚橋・飯伏組興行というように複数を別々で回してもお客さんが来るくらいになればいいんですけどね(これはG1以外のシリーズにも言えること)。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2015.08.01

NHKがFM特番8日(土)22:15~24:00「真夏の夜のプロレス女子会」生放送~美保純さん、AKB倉持さんら出演

pick up ▼ニュース 火祭り準決勝が「耕平vsライディーン」「関本vs田中」に決定 8・2後楽園=ZERO1KENSOが8月1日よりフリー転身!! 全日本へは継続参戦10月9日に後楽園で『ファン感謝デー』を開催!! W-1、10月シリーズ日程発表仙女vsスターダム 全面戦争開戦ボディービル初挑戦の風間ルミ 減量成功→結婚の野望達成なるか"ラウディ"ロディ・パイパーが死去 ▼ニュース プロレスラー長州力を丸裸にした作家・田崎健太が「極太ノンフィクション」の舞台裏を語る8月20日(木)~8月31日(月)吉祥寺パルコ「KAMINOGE」&「ゴング」ザ・ペールワンズ祭り8月30日(日)16:00神戸リングソウルにて柴田勝頼トークイベント8月16日(日)全日本・神戸サンボーホール大会終了後 船上パーティーに秋山、曙、諏訪魔、青木が参加 ▼格闘技 ランキング委員会 日本ヘビー級の扱い結論先送り=ボクシング

 テレビでの「プロレス女子」特集はいったん落ち着いた感があるが、NHKがFMラジオでプロレス特集を行うことがわかった。

Nhk_fm

・ NHKで特番「プロレス女子会」--デイリースポーツ online
##
 プロレス好きな女子、通称「プ女子」が増えていることを受け、NHKが特番としてNHK-FM「真夏の夜のプロレス女子会」(8日、後10・15)を生放送することが7月31日、分かった。関係者によれば、NHKでプロレスを扱うこのような特番は異例のことだという。今回は女優・美保純(54)、AKB48・倉持明日香(25)、オアシズ・光浦靖子(44)、アジアン・馬場園梓(34)らが、女子の視点からプロレスの魅力をたっぷりと語る。

 プ女子が急増中という社会現象を取り上げながらプロレスの魅力に迫る、NHKらしいアプローチのプロレス特番が放送されることになった。昨年12月、NHK総合の情報番組「あさイチ」(月~金曜、8・15)でプ女子特集を組んだ時に反響が大きかったこともあり、今回はFMで、1時間45分の生番組として制作される。

 番組内容は、プ女子タレントによる座談会が中心。なぜ女性にブームが起こっているのか、夢中になるプロレスの魅力は何かなど、激論を交わす。初心者でもわかる萌えポイント、キャラクターづけの要となる入場曲や人気選手の歌唱曲などプロレス音楽の魅力、名言や技の誕生秘話なども紹介する。

 プ女子タレントだけでなく、女性人気の高いオカダ・カズチカ、棚橋弘至、中邑真輔、飯伏幸太ら12選手がコメント出演。オカダがプ女子にちゃんこを振る舞う女子会にも潜入する。番組の司会もプロレス実況アナウンサーの第一人者・清野茂樹氏が務める。

 NHK×プロレスで生放送。さかのぼれば1954年、日本プロレスの父・力道山がシャープ兄弟を迎撃した試合をNHKが生中継したこともあった。一寸先はハプニングとなるか、注目だ。

##

・ 真夏の夜のプロレス女子会 - NHK
##
真夏の夜のプロレス女子会
8月8日(土) 午後10時15分~午前0時

今、急増中のプロレス好きな女子 通称「プ女子」を特集する生放送番組。なぜ女性たちにブームが起こっているのか、プロレス好きタレントたちがその魅力について激論を交わす座談会を開催!初心者でもわかる「萌え」ポイントを紹介し、選手のコメントとキャラクター付けの要となる入場曲を紹介する。また、かつての人気選手の歌唱曲などプロレス音楽の魅力・「イヤァオ!」や「こけし」など選手の名言や技の誕生秘話を紹介する。

司会 : 清野茂樹(実況アナウンサー)
出演 : 倉持明日香(AKB48)、豊本明長(東京03)、馬場園梓(アジアン)、広く。(イラストレーター)、光浦靖子(オアシズ)、美保純 (五十音順)ほか
コメント出演 : 飯伏幸太、オカダ・カズチカ、潮崎豪、棚橋弘至、男色ディーノ、豊田真奈美、永田裕志、中邑真輔、B×Bハルク、本間朋晃、真壁刀義、丸藤正道(五十音順)

##

 たっぷり1時間45分!

 プロレス界も12選手がコメント出演でがっちりスクラム。豊本明長さんの鋭いツッコミ、清野茂樹アナの切り盛りにも期待。

 こういう「プロレス女子」という取り上げられ方に違和感を感じるファンもいるようだが、なかなか一般企業にスポンサードされないプロレス界にとってはボクは大きな追い風だと見ている。特番でも短い時間でもいい。いい時間でのテレビ放映、復活してほしいなぁ。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Listen♪♪NHK-FM
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

«秋葉原&神保町の書泉で特典つきプロレスフェアを開催/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ