2014.07.24

ゴング復刊・第0号の9月9日発売が決定! 本日24日コラム&ニコノゲ放送で金沢克彦氏が詳細発表へ

pick up ▼ニュース “優勝候補”棚橋がギャローズに、オカダが天山に快勝! 7.23青森大会も超満員札止め『G1 CLIMAX 24』開幕戦の試合後コメント動画を緊急アップ! オープニングVTR、内藤&本間動画も更新中西武ドームで、ミスト・冷風機の“クールスポット”設置が正式決定大地がボブ・サップを救うためにリングイン!7月23日(水) 元気祭り2014 石巻大会5代目ブラックタイガーが乱入しボブ・サップを襲撃!7月22日(火) 元気祭り2014 岩沼大会7.27~8.2新木場で開催されるDDTビアガーデンプロレス全カードWWE放送中にステファニーが暴行罪で“逮捕” ▼情報&コラム 中村あゆみ×鈴木みのる29年間の「風になれ」物語!! 30周年ベストに、19年前の初代「風になれ」奇跡の収録8月20日(水)19時~、神保町・書泉グランデにて内藤哲也がサイン&握手&撮影会8月30日(土) 16時~秋葉原・書泉ブックタワー飯伏幸太デビュー10周年記念DVD発売イベントオカダが“男ストーカー事件”を告白7月27日(日)~8月17日(日)神田・書泉グランデ7Fで参加7団体の商品を一挙展開する『プロレスオンリーショップ』7月26日(土)13:30ゴールドジムさいたまSA店「武藤塾」武藤敬司、桑原弘樹、大和ヒロシ、アンディ・ウー、稲葉大樹7/28(月)25:59日本テレビ「オトタビ」(ゲスト:ケツメイシ)長州力が友情出演 ▼格闘技 8.10『パンクラス260』で約12年ぶりに石川と対戦する近藤「ケリをつけたい」伊藤「僕にしかできない試合をする」

 かつて雑誌スタイルで『週刊プロレス』と『週刊ゴング』があり、加えてタブロイドの『週刊ファイト』まであった時代。プロレスマスコミは記事内容やスクープで競い合い、団体サイドの仕掛けとの相乗効果で業界に勢いを持たせていた。

 ところが業界自体のパワーダウン、出版不況が重なり、ファイトもゴングも休刊へと追い込まれる。ゴング休刊から7年。ゴング元編集長である金沢克彦氏がKAMINKGE井上崇宏編集長から復刊の打診を持ちかけられ、決意したのは2013年秋のことだった。

 再開する最初の宣言は、ごくわずかなコアファンだけに告げられた。
・ 2013.11.28 大阪ミナミのプロレスバー「カウント2.99」が3周年~GK金沢克彦氏のトークショーに行ってきました カクトウログ
・ 阿吽(あ・うん)|金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!」Powered by Ameba
##
イベントの宣伝文句の中に何気なく記しておいた
”爆弾発表”も、あえて何気ないところで
突然サプライズ的に発表させてもらいました。
これは正直、みんな驚き、喜んでくれたようです。
その発表も含めて、トークの内容はすべてオフレコ。
それを皆さんが暗黙のうちに分かってくれていたことも
本当に嬉しいし、約束を守ってくれることにも感謝!

##

 2014年に入って5月下旬、井上氏が「ほぼ決まりました」と伝える。6月19日にはゴングの名は示唆にとどめたものの、金沢氏が事実上の復刊宣言。
・ 2014.06.20 休刊から7年…金沢克彦氏がゴング復刊宣言「リニューアルした誌面を引っ提げて、みなさんの前に」 カクトウログ

 7月17日にはコラム(有料部分)の中で、ついにゴングの名を出す。 
・ THE BIG FIGHT - GKコラム連載第4回!! 「藤田和之からの粋なお中元」
・ Twitter - kakutolog ついにその名を! RT ...
##
〈◎追伸〉
時は来た! さあ、そろそろ『ゴング』でも始めようかなあ。

##

 プロレス復興への道のりを考えると、やはりしっかりとした情報の伝え手とメディアがほしい。カクトウログのようなニュースの羅列では当然ダメで、レスラー・団体との信頼があってこその本質・本音情報の引き出し、何を伝えなければいけないかの選択眼、都度総括する判断力などが問われる。

 それをやってきたゴングというブランドがあり、中心人物の金沢氏が帰ってくる。

Gong 日付が変わって24日、まずは以下の正式情報が明かされた。
・ 「ゴング」復刊宣言!|金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!」Powered by Ameba
##
今回のブログ更新をもって、正式発表とさせてもらいます。
9月9日(火)、ゴング復刊・第0号の発売が決定しました。
販売元=徳間書店
編集部=ペールワンズ(代表・井上崇宏)
編集長=金沢克彦

上記が決定事項です。
それにしても長い日々でした。
ゴング復刊に向けて、月刊書籍『KAMINOGE』編集長の
井上崇宏氏が動き出してから、もう1年以上が経過しています。
ようやく正式決定をみたのは、今年6月に入ってから。
それはそうです。
出版不況はこの10年、まったく変わりません。
そんな状況で、一時にはどん底状態まで落ちた
プロレス界を専門誌として扱うというのは、
いくら「ゴング」というブランド名があったところで
一朝一夕に進む話ではないのです。

まず、歴史と伝統をもった「ゴング」の名前を
再び世に出してくれる徳間書店さんをはじめ、
発売に関して骨を折ってくれた各社、各氏に感謝します。
そして、粘り強く交渉を続けたうえで、
ゴングのベースを作りあげ、
「金沢さん、編集長をお願いします!」
と、強引にふたたび私をゴングのステージへと
引っ張り出した井上氏にも感謝とともにご苦労さまと言いたいです。

呆気なく休刊を迎えたのは、
2007年3月のこと。
あれから、7年半…当時ゴングに関わっていたスタッフたちは、
みんなそれぞれの世界で生き抜いています。
昔の仲間たちが集合するとか、そういうノスタルジー的な考えは、
実際不可能だし、通用しないことも充分に分かっています。
それでもたった一人、私がもっとも信頼を寄せる男、
週刊ファイト→週刊ゴング→フリーと同じ道を歩んできた
25年以上の腐れ縁にして、最高の仕事仲間である
”O・N君”が仲間としてまた駆け付けてくれました。
こんな素晴らしい友人に恵まれたことも感謝!

さて、今回、私を見事に引っ張り出した井上氏は、
私が2005年末にゴングを離れフリ―となって以来、
さまざまな仕事を何度も一緒にこなしてきました。
「風になれ」、「力説 長州力という男」の2冊の単行本も
井上氏の尽力があって、私の著書としてこの世にでたもの。
その際、井上氏はお金を受け取ることもなかったのです。

「僕は実より名を取りますから」

つまり、会社(ペールワンズ)にお金を入れることより、
本を出したという実績のほうが大切だということ。
こんな人物に出会ったのは初めてでした。
だからこそ、私は井上氏を信頼しているのです。
彼とO・N君と、その他の仲間たちがいてくれたら、
怖いものなどないのです。

遡ること、15年半前、1999年1月6日、
私は『週刊ゴング』編集長に就任し、
2004年10月15日に辞任するまで、
6年弱、編集長を務めてきました。
編集長就任を告げられたのは、
なんと就任12日前のこと。
あまりの電撃人事に愕然としたし、
葛藤や苦悩を感じる暇もないほど忙しい
世界へと突然放り込まれました。
あのとき、新編集長として最初に書いたコラム原稿の
締めのフレーズはいまでも覚えています。
「正直いって、不安でいっぱい。
ただし、不安より自分自身への期待のほうが遥かに大きい」
あのとき、私は37歳。

いま、52歳になった私が「新生ゴング復刊」へ向けて、
心境を述べるととしたら、こうなるでしょう。
いま、オレは青春してる。
ビッシビシ行くぞ!
某選手が発したコメントがイチバン近いような気がしています。
いまは、復刊0号の制作に全精力を注ぎ込んでいる段階。
その先には、当然定期刊行という目標があるし、
そうしなければいけないと思っています。
こうやって、井上氏らと日夜作戦会議を開催しています。
これはあくまでミーティング終了後の記念写真。
ただ、飲んでいるわけじゃありませんよ、念のため(笑)。

みなさん、大変お待たせしました。
新生ゴング、復刊させていただきます。
なお、本日正午更新の『ビッグファイト』でも
ゴング復刊をテーマにもう少し掘り下げて書かせてもらいます。
また、本日の午後10時~11時まで、
ニコニコプロレスチャンネル『ニコノゲ』生放送に
私がゲスト出演します。
今回は偶然にも井上氏の出演回でもあるので、
そこで相当に突っ込んだ会話ができるかと…。
ぜひ、ご覧くださいね!

##

 商標問題への言及はない。前田大作元社長が保有しているとして頑なにゴングとの関わりを拒絶してきたように感じる金沢氏がこうして動いたということは、商標権は前田元社長のもとを離れたと思っていいのではないだろうか。

 きょう正午更新予定のプロレス・格闘技専門デジタルマガジン「THE BIG FIGHT」でも追加情報が出るという。さらに、、、

 KAMINOGE井上崇宏編集長出演回のこちらに金沢氏も出演。
・ ニコプロ生放送 KAMINOGE&ニコプロ連動番組「NICONOGE」(7月24日号) - 2014-07-24 2200開始 - ニコニコ生放送

 「THE BIG FIGHT」はKAMINOGEともゴングとも連携したサイトとなっていく。名物「三者三様」コーナーの人選や執筆陣、創刊号の表紙、編集コンセプトなど、いつどこで何が発表されていくのか、楽しみ。

 さあこの秋、新しい紙面とともに、ゴングが帰ってくる!


↓最新情報はこちらから
G1_ranking

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> THE BIG FIGHT
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2014.07.23

テレ朝ゴールデンに初代タイガー&小林邦昭=23日(水)19時「ナニコレ珍百景」/週末関東地区ワープロで中邑真輔vs柴田勝頼G1戦放映

pick up ▼空前絶後の8.10西武ドーム徹底ガイド!! その1:池袋駅からアクセス編その2:西武ドームの球場前編その3:西武ドーム飲食店(1)アイス&カレー編その4:西武ドーム飲食店(2) ライオンズ焼き&狭山茶編番外:池袋駅地下からアクセス編表紙・巻頭は「G1」開幕札幌大会! 「週刊プロレス」は7月23日(水)発売 ▼ニュース DDT 8.17両国大会での飯伏の対戦相手は白鵬でも東三四郎でもなく、W-1の近藤修司に決定W-1が8.16山形~8.26旭川の全カード&8.31後楽園の決定カードを発表!元WNCの4人がユニット「Novus」を結成W-1の8.23札幌~8.31後楽園に真田、ウルブス、ケアが参戦!9.21石川~10.8後楽園で新設王座初代王者決定T ▼情報&コラム ブライアン「今、WWEでよく使われている技の多くは、KENTAのオリジナル技なんだよ」トリプルH「彼が日本でやっていたスタイルをWWEへ持ち込み、どう見せてくれるのか、とても楽しみ」なんとKENTAが現地で英語のインタビューに答えた!英語話してる!@nWoな人々さん29年間の『風になれ』物語@鈴木みのるダウンタウン松本人志、北朝鮮に興味? バラエティのロケはできるのか女子のためのビジュアル本 『筋肉男子』発売 大石真翔、土井成樹、河村知哉、YAMATOが登場

 当面のテレビ情報まとめ。

▼テレビ 23日(水) 「ナニコレ珍百景」初代タイガーマスク&小林邦昭が出演
7月23日(水)19時~、テレビ朝日より放送「ナニコレ珍百景 2時間スペシャル」に“虎ハンター”小林邦昭が登場!!
テレビ朝日の人気番組「ナニコレ珍百景」に 小林邦昭さんがVTRで出演。
永遠のライバル、初代タイガ-マスクとともに、“マル秘”エピソ-ドを振り返る!
お楽しみに!!
■7/23(水)19:00~20:54
■ナニコレ珍百景 2時間スペシャル
テレビ朝日(地上波)
暑さ吹き飛ぶ!身の毛もよだつミステリー珍百景…夜になると揺れ始める謎のポール!!池から伝説の妖怪が顔を出す公園!!恐怖に隠された意外な事実とは!?▼ネプチューン
◇番組内容
▼珍百景党は奈良県の世界遺産へ!熊野古道を辿ると見えてきたのは…庭が世界遺産の民家!?▼初代タイガーマスクを救ったお寿司屋さん…あのピンチに隠された感動(秘)話とは!?▼生徒思いの珍校長ぞくぞく…生徒たちに挑戦状!?スゴイ決意でマラソン大会に挑む校長!!▼忠実なネコ!踊るカメ!お手伝いする犬!笑える珍動物連発!!▼店員全員が驚きの記憶力を持つラーメン店 ほか

▼テレビ 24日(木) 日本テレビ系列 「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW 」長州力が出演
7月24日(木)21:00~21:54読売テレビ・日本テレビ系列 「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW 」長州力が出演
■7/24(木)21:00~21:54
■「秘密のケンミンSHOW」掘ってビックリ!中から驚きのお宝食材発掘SP
日テレ(地上波)ジャンル:バラエティ - トークバラエティ
掘ってビックリ!驚きのお宝食材がざっくざく!▽福岡の熱々○○入り茶碗蒸し!▽岩手のラーメンの中には○○が!▽愛媛の鍋焼きうどんの中から○○を発掘
司会
みのもんた、久本雅美
レギュラー
西川きよし[大阪]
ゲスト
内藤大助[北海道]、田中義剛[青森]、小松彩夏[岩手]、土田晃之[埼玉]、嗣永桃子(Berryz工房)[千葉]、浅尾美和[三重]、内藤剛志[大阪]、東ちづる[広島]、長州力[山口]、松本明子[香川]、鴻上尚史[愛媛]、鈴木浩介[福岡]、ガレッジセール[沖縄]

▼テレビ 26日(土) THIS WEEK in the WWE
■7/26(土)26:00~26:30
■THIS WEEK in the WWE
TOKYO MX(地上波)ジャンル:スポーツ - 相撲・格闘技

▼テレビ 26日(土) 真夏の祭典G1クライマックス開幕戦でいきなり禁断カード実現!中邑真輔vs柴田勝頼
■7/26(土)27:10~27:40
■ワールドプロレスリング
テレビ朝日(地上波)ジャンル:スポーツ - 相撲・格闘技
真夏の祭典G1クライマックス開幕戦でいきなり禁断カード実現!中邑真輔vs柴田勝頼。新闘魂三銃士…だが犬猿の仲。柴田退団で実現不可能と思われた因縁の一戦がついに!
◇番組内容
≪7月21日 北海道立総合体育センター 北海きたえーる≫ ▽G1 CLIMAX 24<開幕戦>
Bブロック公式戦
オカダ・カズチカvsAJスタイルズ
Aブロック公式戦
中邑真輔vs柴田勝頼
Aブロック公式戦
棚橋弘至vs飯伏幸太
Bブロック公式戦
真壁刀義vs後藤洋央紀
Bブロック公式戦
内藤哲也vs高橋裕二郎
Aブロック公式戦
石井智宏vsバッドラック・ファレ※番組の都合により放送試合変更の場合アリ

▼テレビ 27日(日) 健康カプセル!ゲンキの時間 高田延彦が出演
■7/27(日)7:00~7:30
■健康カプセル!ゲンキの時間
TBS(地上波)ジャンル:情報/ワイドショー - 健康・医療
「~熱中症対策SP(後編)~ニセ熱中症と夏に潜む危険な病気」▼夏に患者が増え、命の危険も大きいという「ニセ熱中症」の正体とは?また「低体温症」の恐怖も紹介!
番組内容
暑さとともに、病院への搬送者も激増する「熱中症」。しかし、「熱中症」に良く似た症状で突然倒れる「ニセ熱中症」とも呼べる患者も増えているというのです。 熱中症と同様に、夏に患者が増え、命の危険も大きいという「ニセ熱中症」の正体とは?経験者の患者に体験談を聞きながら、その怖さと対策を紹介していきます。さらに、年々増加するゲリラ豪雨によって病院に運ばれる人が増えているという、「低体温症」の恐怖についても、実験を交えながら紹介していきます。
出演者
MC:三宅裕司 渡辺満里奈 アシスタント:英玲奈 プレゼンター:ヒデ(ペナルティ) ゲスト:高田延彦 古閑美保

▼テレビ 27日(日) 趣味の園芸 やさいの時間 高田延彦が出演
■7/27(日)8:00~8:25
■趣味の園芸 やさいの時間「ポタジェ春夏編(4)暑い夏を楽しむ菜園」
NHKEテレ東京(地上波)ジャンル:趣味/教育 - 園芸・ペット・手芸
鑑賞菜園“ポタジェ”。7月は“暑い夏を楽しむ菜園”というテーマで暑さに強いカラフル野菜スイスチャードや熱帯アジア原産の野菜、空心菜の栽培を行う。講師・藤田智
講師
藤田智(恵泉女学園大学教授)
ゲスト
高田延彦(元総合格闘家)
司会
川瀬良子

▼テレビ 27日(日) サンデースクランブル 高田延彦が出演
■7/27(日)11:45~12:55
■サンデースクランブル
テレビ朝日(地上波)ジャンル:ニュース/報道 - 特集・ドキュメント
気になるニュースを直撃撮!事件のナゾを完全解明!一週間の“なぜ?"を残さず、徹底的に追跡取材する「日曜日のニュースワイドショー」です!!
◇出演者
司会
下平さやか、小木逸平
コメンテーター
黒鉄ヒロシ
リポーター
野村真季
ニュース道場
高田延彦

▼テレビ 27日(日) 新婚さんいらっしゃい! 小橋建太が出演
■7/27(日)12:55~13:55
■新婚さんいらっしゃい! 44年目の夏 オヨヨスペシャル
テレビ朝日(地上波)ジャンル:バラエティ - トークバラエティ
プロスケーター織田信成の不満に妻と文枝がお説教!?▽妻のことを心配しすぎる元プロレスラー小橋健太!!▽選りぬき4組の爆笑夫婦が再登場!!第一回放送夫婦が43年ぶりに…

▼テレビ 27日(日) ろう者によるプロレス団体HERO
■7/27(日)19:30~19:45
■ろうを生きる 難聴を生きる「あの日の夢を今リングで~百太聾~」※字幕
NHKEテレ東京(地上波)ジャンル:福祉 - 障害者
ろう者によるプロレス団体HERO。「聞こえる聞こえない」に関わらず誰もが楽しめるプロレスを目指している。そのメンバーで女子プロレスにあこがれ、入門した女性を追う
番組内容
ろう者によるプロレス団体HERO。その中で女子プロレスにあこがれ、入門した女性がいる。百太聾だ。3歳の時に聴力を失ったが、プロレス好きの父に触発され、プロレスラーになりたいと思うようになった。しかし障害による壁は大きく、入門することがなかなかできなかったという。30代半ばまで様々な仕事をしていたが、ついにHEROでデビューを果たした。メジャー団体の選手との大きな試合に臨む、百太聾の姿を取材した。

▼テレビ 27日(日) 「行列ができる法律相談所」にハルク・ホーガンが出演(番組内予告より)
来週の「行列ができる法律相談所」にハルク・ホーガンが出演するようです
■7/27(日)21:00~21:54
■行列のできる法律相談所
日テレ(地上波)ジャンル:バラエティ - トークバラエティ
毎回キャラの濃い芸能人が大集合で身近なトラブルに大激論!さらに史上最強の弁護士軍団がそれぞれの立場に分かれて大バトル!

▼テレビ 28日(月) 主治医が見つかる診療所 高山善廣が出演
■7/28(月)18:57~21:00
■主治医が見つかる診療所【夏の突然死を完全予防SP】
テレビ東京(地上波)ジャンル:情報/ワイドショー - 健康・医療
原因は脱水!多発する脳梗塞▽発症直後の貴重映像▽危険サイン…便秘・足つる&かくれ脱水▽脳ドックで元野球選手に脳梗塞が▽2児のママ救え!天才脳外科医に密着
番組内容
今回は、この夏突然死から身を守るための2時間スペシャル。暑さとともに危険が高まるのが、脳の病。プロレスラー・高山善廣を突然襲った脳梗塞、その発症の瞬間をカメラが捉えていた…。その原因とは?生還のポイントとは?さらに、脳の病気の早期発見につながる脳ドックを芸能人が受診。すると思いもよらぬ結果が…?あなたとあなたの家族を、脳の病による夏の突然死から守るポイントを徹底紹介します。
スペシャルゲスト
高山善廣

▼テレビ 29日(火) すイエんサー「知力の格闘技 大阪夏の陣!完結編!!」 高田延彦が出演
■7/29(火)19:25~19:50
■すイエんサー「知力の格闘技 大阪夏の陣!完結編!!」
NHKEテレ東京(地上波)ジャンル:バラエティ - その他
知力の格闘技。モールを使ってピンポン球をいくつのせられるか?という競技で、大阪大学の教員チームと対決したスイガール。ついに決戦のときが来た!果たして結果は!?
出演者
ゲスト
高田延彦,加藤夏希,

▼テレビ 29日(火) 中居正広のミになる図書館 女子プロレスラー大集合スペシャル
■7/29(火)23:15~24:15
■中居正広のミになる図書館
テレビ朝日(地上波)ジャンル:バラエティ - クイズ
「中居正広の号外スクープ狙います!!」女子プロレスラー大集合スペシャル時代を彩ったトップ女子プロレスラーがパートナーを連れて業界ウラ話を披露する人気企画。
◇番組内容
「中居正広の号外スクープ狙います!!」女子プロレスラー大集合スペシャル 時代を彩ったトップ女子プロレスラーがゆかりの深いパートナーを連れて 「女子プロレス界にまつわる意外な話や知らない話」を披露する人気企画。一試合のギャラは?どうやって悪役になる?など知られざる業界のスクープ話を披露! リポーター、雑誌・新聞記者などの審査員がスクープ記事になりうる価値のある話かどうかを判定!
◇出演者
MC
中居正広
出演者
劇団ひとり、Kis-My-Ft2
進行
清水俊輔(テレビ朝日アナウンサー)
号外ゲスト
神取忍、井上貴子 ダンプ松本、影かほる 豊田真奈美、浮谷舞 長与千種、増田英彦(ますだおかだ) ブル中野、井上京子 宝城カイリ、ロッシー小川
審査員
阿部祐二、小谷野俊哉、浜部良典、原正英、みといせい子


↓最新情報はこちらから
G1_ranking

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2014.07.22

柴田勝頼、中邑真輔とのG1公式戦を制す~フィニッシュ前は縦ヒザ式の変形ゴー2スリープ、フィニッシュは10年前と同じPK

 21日の北海きたえーる大会、新日本プロレス「G1クライマックス」開幕戦のセミファイナル。中邑真輔vs柴田勝頼の振り返り。 

 野上慎平アナウンサーによる入場シーン実況。
##
外の世界であらゆる全てと闘う覚悟こそが柴田勝頼にとっての新日本でした
俺は間違ってない
だからこのままでいたいんだ
時代の流れに合わせられなかった
傷ついてでも譲りたくない理想があった
2004年8月G1、柴田-中邑最後の一騎打ち
あの大乱闘から10年
新日本に残り変化を続け答えを見つけ出した中邑
新日本を飛び出し変わらない自分を守ることこそが答えだった柴田
あのときと同じ、ずっと同じ、総合格闘技のリングでも貫いた、黒のショートタイツ
ザ・レスラー、柴田勝頼リングイン!

あれから10年の時が経ちました
あの日と同じ姿の柴田
一方で同じ姿であり続けることを拒んできた中邑
生きたいように生きる
なりたい自分になる
それがプロレスラーだろ
「神の子」も「救世主」もとうの昔に捨ててきた
あえて困難な道を選び
新たな刺激を求め続けた中邑にとっては
変化こそが進化の証
変わっていくことこそが中邑にとってのストロングスタイルだったのかもしれません
クネる体で歩む花道

中邑・柴田、ともに34歳
先にプロレス界に身を投じた柴田
4年後遅れてやってきた中邑
相容れない感情、異なる思想、違う道を選んだ
でも、運命はここにある

この闘いは紛れもなく、新日本vs新日本!
中邑‐柴田、10年ぶり一騎打ち

##

 試合経過とコメント。
・ 第9試合|07-21(月) 15:00 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる <開幕戦>|バディファイトPresents G1 CLIMAX 24|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレスリング
##
第9試合30分1本勝負
「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦
中邑 真輔vs柴田 勝頼
レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報
 かつて新闘魂三銃士に名を連ねたこともある中邑と柴田が、『G1』初戦で激突。両者のシングル対戦は、2004年の『G1』以来、10年ぶりとなる。
 
 ゴングが鳴っても、2人は慎重に動き、なかなか組み合わない。その後、ようやく組み合った2人がロープ際へ移動し、柴田がクリーンブレイク。
 すると、直後の似たような場面では、中邑が脱力してクリーンブレイク。怒った柴田がローリングソバットを叩き込み、フライングメイヤーからローキックを発射する。これを中邑がかわしてハイキックを放つも、柴田がバックステップで回避した。
 そこから両者がコーナーへもつれ込み、柴田が離れ際に張り手。中邑が怒って前進するも、柴田がエルボー連打でコーナーへ押し込み、串刺し低空ドロップキックを狙って距離を取る。ところが、中邑がカウンタージャンピングカラテキックで迎撃。
 ここで中邑は柴田をコーナー最上段へ固定し、ランニングニーアタックを放つ。ところが、柴田がエプロンへ逃れ、ロープを挟んでスリーパーホールド。そのまま強引に中邑を場外へ投げ捨てる。
 これで場外戦になり、柴田が鉄柵攻撃からジャンピングフロントハイキック。さらにリングへ戻ると、足4の字固めで追い討ちをかける。これはガッチリ極まっていたが、中邑は辛うじてロープエスケープ。
 さらに柴田は、中邑の頭を挑発的に何度も叩く。怒った中邑がエルボーを放ち、エルボー合戦が勃発。そして、中邑が強打で柴田を吹き飛ばし、バイブレーション式踏みつけ攻撃を繰り出す。
 ここで中邑はボマイェを発射するが、柴田が回避してコーナーに激突させる。だが、中邑が再び柴田をコーナー最上段へ固定し、今度こそランニングニーアタックをお見舞い。
 続いて中邑は、柴田の頭部をエプロンから外に出し、ランニングニーアタックを食らわせる。そしてリング上では、フロントネックロック、スリーパーホールドで追撃。
 次に中邑は、リバースパワースラムの体勢に入るが、柴田がカウンターキチンシンクで逆襲。そして、スリーパーホールドからバックドロップで叩きつける。
 さらに柴田は、ミドルキックで中邑を大きく吹き飛ばし、コーナーでエルボー連打。そして、今度こそ串刺し低空ドロップキックを見舞うと、フロントネックチャンスリーで追撃。
 しかし中邑は、柴田のつま先を踏みつけ、ジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。すると、柴田がすぐに立ち上がって同じ技を返すが、中邑がバッククラッカーをお見舞い。
 その後、中邑のスリーパーホールドを柴田が切り返すも、さらに中邑が切り返し、今度こそリバースパワースラム。そこからボマイェを狙うが、柴田がジャンピングフロントハイキックで迎撃。
 これでエルボー合戦になり、柴田が左右のエルボー連打。さらに、ミドルキックを放つ。すると、中邑がスリーパーホールドで反撃に出るが、柴田が切り返してスリーパーを極め、中邑がダウン。
 さらに柴田は、中邑の背中にローキックを入れるが、次のPKは中邑が回避。そして、コーナーからジャンピングボマイェをさく裂させ、スライディングボマイェで追撃する。
 ここで中邑はとどめのボマイェを狙うが、柴田がカウンタージャンピングカラテキックで迎撃。さらに、バックブローからgo2sleepを食らわせると、最後はPKで中邑を撃破した。

第9試合30分1本勝負
「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦
×中邑 真輔(15分27秒、PK→片エビ固め)柴田 勝頼○

コメント

柴田「なんもねぇか?」
――10年ぶりに中邑選手とのシングルマッチでしたけど。
柴田「それがどうした。他はないか? ひとつだけ……ビッシビシ行くからな! 以上」

中邑「あーはぁー! コンディションは、見事にばっちり!仕上げて来たよ。史上空前?空前絶後?そこに戦う為に、仕上げてきたさ!でも“勝負は時の運”ってか?オイ! 神様ぁー!そりゃ無いぜ! ホント、何て言っていいのか… 中邑真輔になんだ?こんなにも物語が降り注ぐ… 分かってるだろうがさぁ、ここは新日本のリングだ。プロレスのリングだ。ここで戦うがいい。エンドレスなんだよ」
※最後にカメラに投げキッスをし、その場を去っていった

##

 羅列しただけなんだけれども、このテキストを味わいたい人と共有できるエントリーになればと。

 柴田のフィニッシュは10年前と同じ「PKからのガムシャラな片エビ固め」。ここは斜に構えた柴田ではなく、必死の柴田。極上のフィニッシュで仕留めるとしたら、柴田は腕極め卍固めを出してもよかった。だけれども、中邑を仕留めるために選んだのはこれだったということ。

 フィニッシュ前ムーブは10年前は頭部への蹴りだったが、今回はgo2sleep。そのあとにPKに行けるよう中邑を配置するために、縦にヒザを入れた変形式。そのヒザは中邑のアゴをとらえた。

 道は違えど、自分が好きなプロレスを守ろうと歩んできた男同士の闘い。一緒にくくられたくはないと拒否しながらも、棚橋弘至とともに新闘魂三銃士と呼ばれた男同士の闘い。もう死語に近いのかもしれないが、失われた「ストロングスタイル」との言葉が訴えとして感じられるような試合がそこにあった。

 今週はこの試合を味わう時間を、もっともっととっていきたい。何度でも再生したいなぁ。

20140721_njpw2


↓最新情報はこちらから
G1_ranking

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング 公式サイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2014.07.21

<速報終了>新日本プロレス「G1」開幕戦・札幌大会15時開始~中邑vs柴田、オカダvsAJスタイルズ

 新日本プロレス「G1 CLIMAX 24」開幕戦7・21北海道立総合体育センター北海きたえーる大会をスカチャンにてPPVテレビ観戦します。当サイトにてリアルタイム速報しますので、興味のある方はリロードしながらおつきあいください。
・ 07-21(月) 15:00 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる <開幕戦>|バディファイトPresents G1 CLIMAX 24|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレスリング

『G1 CLIMAX 24』日程
■7月21日(月・祝)15:00~ 北海道・北海道立総合体育センター北海きたえーる<開幕戦>

[1=Aブロ]石井 智宏 vs バッドラック・ファレ

きたえーるは超満員!

大きな身長差。ファレを見上げながらエルボーを放っていく石井だが、ファレの圧力に倒れてしまう展開。それでもラリアットから、タメのあるブレーンバスターに成功。石井すげぇ!

あと、ファレ。石井のチョップは痛いらしい(笑)。石井がラリアットを後ろから、前から。ジャーマン狙いはファレがこらえ、ランニングボディプレス。石井ハイキックがファレのアゴに入るが、ファレもタックル。

バッドラックフォールを暴れて逃れた石井、頭突きなどで食い下がり、グラネードもカウント2で返す。ファレはダメ押しのバットラックフォールで9分勝利。

×石井 智宏(09分39秒、バッドラックフォール→片エビ固め)バッドラック・ファレ○

全力を尽くした石井が、手すりにつかまりながら必死で引き揚げていく姿にジーン。


[2=Aブロ]シェルトン・X・ベンジャミン vs ドク・ギャローズ

ギャローズが新日で初シングル。場外での柵の使い方が大雑把でドキドキするよ。場外戦でペースをつかんでリングイン。エルボードロップ3連発、ハイキックも。ベンジャミンはアンクルホールドで逆襲狙うも、ギャローズはサイドバスター。

ギャローズ圧倒と思われたが、最後は一瞬のペイダートでベンジャミン勝利。

○シェルトン・X・ベンジャミン(08分54秒、ペイダート→片エビ固め)ドク・ギャローズ×


[3=Bブロ]天山 広吉 vs カール・アンダーソン

天山大人気。珍しく声援をあおる天山。アンダーソンは逆モンゴリアン、観客ブーイング。怒った天山がニールキックからモンコリアン。

天山、ムーンサルトはかわされ自爆。アンダーソンの旋回式ガンスタンはカウント2。天山、ヘッドバットからダイビングヘッド、アナコンダバイスへ。さらにアナコンダバスターからのアナコンダバイスでアンダーソンがギブアップ。気持ちのいい勝利。

○天山 広吉(10分11秒、アナコンダマックス)カール・アンダーソン×


[4=Aブロ]小島 聡 vs 永田 裕志

序盤からガシガシやり合う両者。永田が珍しい足4の字固め。小島はいっちゃうぞエルボー成功から珍しいドラスク。永田は低空ドロップキックからエクスプロイダー、永田ロック1。

小島も何とかラリアットで切り返す。永田は大☆中西ジャーマンからバックドロップ。小島は垂直落下ブレーンバスター。攻防続くも、小島がカウンターのラリアットが決まって11分、永田が沈む。

○小島 聡(11分27秒、ラリアット→片エビ固め)永田 裕志×


[5=Bブロ]矢野 通 vs 鈴木 みのる

ゴングを待たずにみのるが襲撃。ちょっと時間がかかったものの、みのるが矢野のお株を奪うコーナーマット外しからのコーナー金具攻撃。矢野が急所ハンマーからの丸め込み、、、あっ、これで矢野が2分15秒、3カウント勝利。

○矢野 通(02分15秒、横入り式エビ固め)鈴木 みのる×

7月20日、2年連続「海の日」開催のきたえーる大会開催が決定したとのアナウンス。大会は休憩へ。


[6=Bブロ]内藤 哲也 vs 高橋 裕二郎

裕二郎はNEVERベルトを掲げて入場、オネエチャンは帯同せず。内藤、打点が高いドロップキックなど序盤優勢で進む。ブレーンバスターの体勢からトップロープにぶつけにいく裕二郎の技は内藤を頭から落とすように決まってしまう。大丈夫か。

いや、大丈夫、前転セントーンやミサイルキックで内藤が躍動。裕二郎は雪崩式フロントスープレックス。そしてフィッシャーマンバスター、インカレスラムも。内藤もジャパニーズレッグロール、ジャンピングエルボー、ジャーマンと畳みかける。

内藤がグロリアからスターダスト狙うも自爆。裕二郎が空中キャッチからのジャーマン、ターンバックルボム。裕二郎が13分、マイアミ・シャインから勝利。

×内藤 哲也(13分54秒、マイアミ・シャイン→体固め)高橋 裕二郎○


[7=Bブロ]真壁 刀義 vs 後藤 洋央紀

後から入場の真壁が後藤をゴング前襲撃。後藤がアゴ故障の真壁に厳しい攻め。今日の後藤はなんだか強い。耐える真壁がニヤリからのラリアット。ノーザンで後藤からカウント2。ラリアットも。後藤も時間差ロープワークからラリアット、村正、バックドロップ。

ロープワークを制した後藤が牛殺し成功。真壁もパワーボム、デスバレー。キングコングニーは自爆。後藤がスライディングラリアットからアゴ砕き式牛殺し、カウント2。ラリアット相打ち、3発目は真壁が打ち勝つ!

ここで真壁ショートレンジラリアット2発。しかし非情なノーモーション頭突きから昇天改を放った後藤が逆転勝利。

×真壁 刀義(11分37秒、昇天・改→片エビ固め)後藤 洋央紀○


[8=Aブロ]棚橋 弘至 vs 本間 朋晃

17:12ゴング。逆水平で攻め込んだ本間に対して、棚橋もフライングボディー。本間の小コケシは自爆。ブレーンバスター合戦は本間が制す。そして、小コケシ成功! この小さな幸せに大コケシコール!

攻防もラリアットで制した本間、垂直落下のブレーンバスターをグサリ→大コケシ、、、自爆。棚橋ダルマ式は本間がカウント2で返す。

本間も丸め込みからドラスク。棚橋ドラゴンからスリブレ、ハイフライフロー。10分、奮闘した本間が沈んで棚橋が貫録勝ち。

○棚橋 弘至(10分01秒、ハイフライフロー→片エビ固め)本間 朋晃×


[9=Aブロ]中邑 真輔 vs 柴田 勝頼

20140721_njpw1

17:30ゴング。柴田がロープまで詰めてクリーンブレイク。中邑の頭突き出しブレークには柴田が怒り、お互いのハイキックが空を切る。

柴田の低空ドロップキックは中邑がライダーキックで撃退。柴田が逆落としの要領で中邑を場外に落としてビッグブーツ。リングインで、柴田が足4の字。

中邑がリバース。いや柴田も返す。中邑エスケープ。柴田が中邑の頭をペチペチ。エルボー合戦は中邑が競り勝ちコーナーブルブル。いや、サワリだけで足を掴んで中断させた柴田だったが、コーナー上で中邑のニーリフトを食らう。

中邑がフロントヘッド。柴田がカウンターのリフト。スリーパーからバックドロップ、ミドルキック、エルボーと柴田が畳みかけて低空ドロップキック!

柴田がアントニオドライバー。中邑バックドロップ、柴田バックドロップ、中邑バッククラッカー、中邑スリーパー。中邑リバースパワースラム。中邑ボマイェ狙いに柴田がビッグブーツを合わせる。エルボー合戦へ。

柴田スリーパー。中邑ライダーキックからスライディングボマイェ。中邑ボマイェ狙い、柴田ドロップキック!

柴田がゴートゥスリープ→PKで15分、柴田勝利! きたぜっ!

(PKに行けるように縦にヒザが入るように落とした!?というゴートゥスリープの変形式だった???)

×中邑 真輔(15分27秒、PK→片エビ固め)柴田 勝頼○


[10=Bブロ]オカダ・カズチカ vs AJスタイルズ

17:51ゴング。静かながらも緊張感ある攻防。オカダのタカイタカイが本当にタカイ!

されど技巧派AJは攻防で観客を黙らせる。説得力あるバックブリーカーも。オカダ、AJをコーナーに座らせ、場外蹴落としドロップキック! 鉄柵に振られたAJが鉄柵をジャンプでかわすも、オカダが鉄柵越えのボディアタックと全力。

AJのコーナーマットブレーンバスター。さらにAJ、アルゼンチンからのバスターをみせる。されどAJ、スワンダイブ式のファイヤーバードは自爆。

打撃戦からAJのハイキックが決まるが、オカダのドロップキックは空を切る。ここでレフェリーが巻き込まれ昏倒。この間にリバースバックブリーカーをオカダが決め、ダイビングエルボー。レインメーカーポーズを決めるが裕二郎が乱入。オカダ、裕二郎にドロップキック。AJがコーナーダイブ、オーバーヘッド。オカダがツームストンから高角度ジャーマン→レインメーカーで18分勝利。

○オカダ・カズチカ(18分03秒、レインメーカー→片エビ固め)AJスタイルズ×

オカダのスッキリ勝利も爽快感あったが、これから録画した中邑-柴田戦をもう一回観ますよ。さあー、G1クライマックスが開幕。3時間10分興行というのも、テンポよくてイイネ!

オカダ「ひとつ、AJ、オマエからベルトを獲ってやります。ふたつ、G1いただきます。みっつ、特にありません!」

外道「空前絶後の夏がよぉ、始まったな。主役はもちろん、レインメーカーだ。IWGP王者から獲ったな、オイ。決勝の西武ドームも勝つぞ。レインメーカーに勝つヤツは一人もいねぇぞ。なんでかわかるか。レヴェルが違うんだよ。来年またチャンピオンとして帰ってくる。そのときまたこのきたえーるに、金の雨が降るぞ」

速報終了です。


↓最新情報はこちらから
G1_ranking

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング 公式サイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

速報します、新日本プロレス「G1」開幕戦・札幌大会15時開始~中邑vs柴田、オカダvsAJスタイルズ

pick up ▼ニュース DDT8.17両国大会のメインはサバイバル3WAYマッチ!来年2月にはさいたまSAに進出ディーノが4年前に引退したあの男を対戦相手に指名!DDT8.17両国の全カード決定DDT高木、美奈子よ水着で来い!7月20日(日)IGF元気祭り2014 いわき大会リポート ▼情報&コラム 新日本時代が第一章なら、WWE時代は第二章でした。これから第三章@ヨシ・タツ強さと引き換えに失った10センチのバスト@風香バンナが『闘魂スペシャル』にて北朝鮮大会参加を明言!藤田も電話で生出演!青木にはメールであの話題を直撃 ▼格闘技 8月6日(水)19時~書泉グランデ(神保町)中井祐樹最新刊「希望の格闘技」発売記念トーク&サイン会秋山成勲・SHIHO夫妻の華麗なるコリアン・セレブぶり

140721_g1 新日本プロレス「G1 CLIMAX 24」開幕戦7・21北海道立総合体育センター北海きたえーる大会をスカチャンにてPPVテレビ観戦します。当サイトにてリアルタイム速報しますので、興味のある方はリロードしながらおつきあいください。

>> 速報は当サイト トップページへ!

 対戦カードはこちら。
・ 07-21(月) 15:00 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる <開幕戦>|バディファイトPresents G1 CLIMAX 24|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレスリング
##
■『G1 CLIMAX 24』7月21日(月・祝)15:00~ 
北海道・北海道立総合体育センター北海きたえーる<開幕戦>
当日券は10:30より発売

[1=Aブロ]石井 智宏 vs バッドラック・ファレ

[2=Aブロ]シェルトン・X・ベンジャミン vs ドク・ギャローズ

[3=Bブロ]天山 広吉 vs カール・アンダーソン

[4=Aブロ]小島 聡 vs 永田 裕志

[5=Bブロ]矢野 通 vs 鈴木 みのる

[6=Bブロ]内藤 哲也 vs 高橋 裕二郎

[7=Bブロ]真壁 刀義 vs 後藤 洋央紀

[8=Aブロ]棚橋 弘至 vs 本間 朋晃

[9=Aブロ]中邑 真輔 vs 柴田 勝頼

[10=Bブロ]オカダ・カズチカ vs AJスタイルズ

##

 2人とも口をそろえて「何もない」と平静を装いつつも不仲が伝えられる中邑真輔と柴田勝頼。実に約10年ぶりのシングルマッチが実現する。これをセミファイナルに抑える贅沢さ。気持ちが先走った不完全燃焼マッチとなるか、因縁が攻防に昇華した名勝負となるか。

 予習とばかりに、ボクは昨夜、10年前の試合を動画で見てましたよ。大阪での一戦、ブログでも書いたことがあると思うが、現地に遠征して観戦した試合でした。いろいろ味わえる試合だった。あそこから2人とも経験を重ねまくったのだから、さて、どうなるか。

 セミファイナル以外も好カードが並ぶ。これは北海道のファンは得をしましたね!

 ほか新日本プロレス関連。
・ 新日本プロレスリング:【G124】「G1 CLIMAX」7.28宮城大会は全席完売!! 7.23青森、7.26秋田の東北大会も売れ行き好調!!

・ 新日本プロレスリング:【G124】オカダ・カズチカに直撃インタビュー!! 「ボクが西武ドームで優勝して、伝説の『G1』にします!!」

・ 新日本プロレスリング:【G124】『G1』開幕直前の大盛況!棚橋、中邑、オカダ、真壁が決戦前の意気込みをコメント!【「大サイン会in 北海きたえーる」報告】

・ 新日本プロレスリング:【G124】「明日は最高に盛り上げます!」棚橋が約束!! 真壁、内藤、テンコジも参加!! 西武トラベル主催『G1 CLIMAX 24』前夜祭は大盛況!!【報告】

・ ファン予想1番手はオカダ/アンケート - プロレスニュース nikkansports.com

・ nWoな人々 G1クライマックスの優勝トロフィーのデザインが新しくなった!これがそれだ!This is the new look of G1 Climax trophy

・ nWoな人々 新デザインのG1優勝者トロフィーのモデルはこれ?Is this the model of new G1 trophy

 午前中はオフィスに顔を出さなければいけなくなりましたので、午後に自宅に帰還。観戦に備える段取りです。


↓最新情報はこちらから
G1_ranking

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング 公式サイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

«中邑真輔vs柴田勝頼10年ぶりシングルで開幕、G1クライマックス日程まとめ/飯伏幸太欠場で本間朋晃が初出場