« 3・26HERO’Sを写真で振り返る | トップページ | 3・26前田日明Tシャツで「HE’S BACK」 »

2005.03.27

スパーリングやる! 前田日明HERO’S語録

pick up 3・26全対戦カード&速報[HERO'S新日両国]┃小島聡「中邑は天山の100倍は強かった。あいつのことが恐かった」「中邑選手にプロレスLOVEを感じた」広田さくらは高田総統コスプレ高阪「中途半端は嫌い、永田とはもう一度」6月の第2回HERO'Sでメガバトル・トーナメント開催か
3・26上井文彦氏プロデューサー&前田日明スーパーバイザー“総合格闘技”イベント「HERO’S」旗揚げ追跡第3弾
今日のコメントチェックは、選手ではないが特別編として前田日明の言葉を追う・・・

               * * *

■3・26HERO’S閉会式「時にはスパーリングしながら!」

 リング上での閉会式で前田が口を開く。ラストの大マエダコールにつながった発言から。当日会場では“自分の目で最高の選手を発掘”というところは聞き取れたけれども、こう言っていたとは気づかなかった!

nikkansports.com > バトルTOP > リアルタイム速報 > HERO’S 3・26さいたま
前田「大会発表から3週間しかなかったが、たくさんご来場いただきありがとうございます。選手も目一杯ファイトできたと思います。これからも自分の目で、時にはスパーリングしながら最高の選手を発掘して、皆さんの前にお届けしたいと思います。」

 現役復活とか、そういう話ではない。この発言にボクが注目するのには、理由がある。『自分はこれだけできる』『リングスでやろうとする試合はこうだ』ということを相手に伝えるためにスパーリングするのが、実は前田のかつての選手発掘法なのだ。

↓詳しくはこちらを・・・
カクトウログ:ノゲイラやヒョードルを発掘・・・最驚!アキラ伝説

 また、「前田に大会を締めて欲しい」という観客の気持ちに対し、アドリブでマイクを握った前田。1992年の岡山大学祭(講演会)でも、マイクの音が出ないアクシデントに対し、冒頭挨拶だけ地声を大講義室に響かせた。前田流の機転であり気配りはいつの時代も健在だが、前田の発言はその先を行っていた。

 どこまでできるかはわからない。だけれども「時にはスパーリング・・・」とリングス現役時代への回帰をラストメッセージに思わず込めた前田。ボクらはどんどん応援したい気持ちに拍車がかかっていくわけで・・・。

↓このときの心情を一夜明けて前田が告白
スポーツナビ|格闘技|前田氏「黄金のミドルを再現する」
前田「リングで涙流しそうになったんで早く退散した。ありがたいね。」


■3・26試合直後会見「3週間でこれだけ席を埋めるのは信じられない」

スポーツナビ|格闘技|前田氏 「黄金のミドルを再現する」
――旗揚げ戦の手応えは
前田「発表してから3週間。大会主催者からしてみればどうなるんだろう? いろんな人の協力のおかげで何とかできた。ふたを開けてみたら盛況で。自分はリングスで11年間、こういう興行をしてきたけど、3週間でこれだけ席を埋めるのは信じられない。ファンにも応援者にも感謝している。」

 いつだって前田の出発は奇跡に彩られている。3週間での大会場満員劇という今回もそうだし、クリス・ドールマンやWOWWOWに助けられたリングスもそう。そして、第2次UWFのときも・・・。

↓参考記事
カクトウログ:前田日明、現役復帰説・・・否定と肯定と
「UWFの設立自体は、その時点で俺自身が、『アンドレ(アンドレ・ザ・ジャイアント)とモメた』とか『長州襲撃事件のあと干された』とかで、プロレス界の外の人たちに『前田助けてやらんといかんな』という人たちが出てきて、その人たちの力の上に乗っかってやっているうちに・・・」

 こういったここ一番のファンの瞬発力や熱を生むのも、前田の一貫した姿勢や主張なんだろう。特に、観客席が埋まらない有明コロシアムをリングス時代に何度も観てきた前田にとっては、今回の観客席は感慨深かったと思う。

スポーツナビ|格闘技|前田氏 「黄金のミドルを再現する」
――ジャッジ、判定などの面は前田さんから見てどうだった?
「今回の大会をやるに当たって懸念したのは四つん這いになった相手に前からがぶってひざを入れるっていうのは後頭部に当たったり、腕十字だったり。腕十字は伸びたらすぐに止めたり。レフェリーの格闘技に対する未熟。そういうのないようにルールミーティングで申し入れたが、今回認められた。」

 今回のレフェリングで印象的だったのは、ブレイクの早さ。長時間の膠着は許さない姿勢が興行全体に貫かれていた。様子をうかがいながら寝技をジリジリと決めにいく選手にとっては不利だっただろうけれど、テンポのいい興行へとつながった。

 ルールですが、今回はバーリトゥードルール。時間がなかったのでそうなったようだけれど、将来的に変えていきたい意向も前田にはあるようだ。前田の深い見解はこちら。

東京スポーツ3/9発売分
東スポ「実際に欧州では、リングスの作ったKOKルールじゃないと、開催できないこともあるようだ。」
前田「UFCやPRIDEが、ワールドワイドかといったらそうじゃない。世界中で通用しているソフトはK-1くらい。『バーリ・トゥードとは何か』という問題もあるが、何でもアリは、日本とアメリカのいくつかの州でしかできない。
韓国でも総合格闘技イベントをつくろうとしてできなかったりするのは、教育上の問題なども関連してくる。世界的には厳しいからね。韓国も教育はキッチリしているから。日本人の忘れた礼節という部分も残っている。今言われている韓流ブームというのは、中年以上の層に受けているが、それは日本人の忘れ去った部分を、ノスタルジーとして感じることができるからだと思う。
昔、日本人は焼け野原から世界第2位の経済大国にのし上がった精神的な力を持っていた。HERO’Sは、それを思い出させる発火点になることを願ってやまない。」

 ワールドワイドな発展という視点のみならず、教育や韓流ブームまで斬っていく前田。この主張はPRIDEとの企業間競争上では敗れ去ったわけであり、それは同じ主張の田村潔司(元リングス)がPRIDEで旗色が悪いことにもつながっている。

FINAL DOWNさん:【ばとる】【煽りV】ヴァンダレイ・シウバ VS 田村潔司 後編【PRIDE19】
田村潔司「中には、ま、おもしろい試合をする人もいるとは思うんですけど、顔面とか蹴ったり、膝入れたり、して流血して、なんかそれを喜んでるファンっていうのは僕はあんまりいいとは思わないし、逆に、、、バカだなって思ったりしますし」

 今回のHERO’Sの宇野薫などは、ルールではなく技量でリングス恒例の“技の競い合い”を再現していた。ルールで縛って技の競い合いに持ち込むのか、現状の延長でバーリ・トゥード路線か。ここは前田の選択にかかっている。リングス流価値観の巻き返しはあるのか?

スポーツナビ|格闘技|前田氏 「黄金のミドルを再現する」
「今後も一から総合格闘技界の選手発掘、特に黄金のミドルといわれる選手の層の一番厚い部分で自分の目で見て、生の選手を発掘していこうと思う。総合格闘技の領域において今から20何年前のボクシングの『黄金のミドル』をこのHERO'Sのリングで再現することを約束する。これからもよろしくお願いします。」

 出ました、黄金のミドル!

↓黄金のミドル解説は東スポが秀逸。こちらに抜粋・・・
カクトウログ:胸を張る前田日明に神は舞い降りるか?


■その他の前田日明語録(大会前日、当日、翌日)

デイリースポーツonline:前田「涙が出そうになった」
「力道山先生、大山倍達総裁という偉大な2人の先達につながる選手を自分の目で発掘する。赤いジャケットは海外に(極真会館の)支部をつくった大山総裁のイメージ」

 審議員の正装“赤ジャケット”は空手の大山倍達総裁をイメージしているという意味合いがある。

デイリースポーツonline:前田「オレはビッグバンの中心」
髪型をオールバックに変えて心機一転。前田は記念撮影で番組メーンキャスター・井上和香の豊満な“ワカパイ”に熱視線を送りながら「だっちゅ~の」ポーズをリクエストし、周囲に「それ古いですよ」とNGを出されるなど絶好調だ。

 主張も一貫しているが、巨乳好きも一貫している(笑)。かつて雑誌のグラビア企画で斉藤由貴(アイドル・女優)を肩車。降ろす際に斉藤由貴の胸をおもいっきりつかんでしまい、ニラまれたエピソードを持つ。あ、事故ですよ、念のため。

 前田がよく使う次のフレーズについても触れた記事があった。スポーツ記者も、こういうのを随所に出してくるということは、前田が好きな人が多いんでしょうね。

デイリースポーツonline:前田「オレはビッグバンの中心」
「選ばれし者の恍惚(こうこつ)と不安、二つ我にあり」。88年の第2次UWF旗揚げ時に、前田がフランスの詩人ヴェルレーヌから引用した有名なフレーズだ。リングス活動停止から3年。不死鳥のごとく現場復帰した前田は「恍惚と不安」を胸に、新たな「格闘王伝説」をスタートさせる。

■□T.SAKAi
【人気ブログランキング】カクトウログも参加しています!


ご来場ありがとうございました!

┏必見! カクトウログの3・26HERO'S決戦記事
□ 3・26HERO’Sを写真で振り返る
□ 観戦当日深夜報 3・26HERO’Sさいたまスーパーアリーナ大会

        = 事実誤認・誤字指摘メール =
左サイドバーのココログマーク下から直通メール→大変助かります。
カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。
===========================
                 [カクトウログTOPページに戻る▲

|

« 3・26HERO’Sを写真で振り返る | トップページ | 3・26前田日明Tシャツで「HE’S BACK」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/3464833

この記事へのトラックバック一覧です: スパーリングやる! 前田日明HERO’S語録:

» 3年ぶりの前田日明! [BB-SPORTS|ブログ]
26日、さいたまスーパーアリーナで行われた「HERO'S」の取材に行ってきま... [続きを読む]

受信: 2005.03.28 19:53

« 3・26HERO’Sを写真で振り返る | トップページ | 3・26前田日明Tシャツで「HE’S BACK」 »