フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 元全女社長・松永氏が自殺 | トップページ | “リングの魂”橋本真也スペシャル・・・今夜です! »

2005.08.20

[翻訳]ジョシュ・バーネット8月17日インタビュー パート1

pick up 高山善廣の海外秘密特訓ノア志賀賢太郎9・18武道館で復帰PRIDE初心者向けプレビュー┃金本浩二が[新日本批判「蝶野、ライガーら同じ人間ばかりに相談するな」ムシキング批判]┃ウソ欠勤理由で高校教師を辞めたマット・ストライカーに脚光プロボクシング前日本ミドル級王者の鈴木悟がK-1転向草間政一氏「知りすぎた私」東邦出版@NHBnews PROローリング・ストーンズが9月6日発売の新作でブッシュ米大統領を批判

ザック・アーノルド氏によるジョシュ・バーネットインタビュー。そこでは、ジョシュのプロレス観、川田利明や藤田和之らに対する評など興味深い内容が語られていた・・・

                 * * *

 昨夜は翻訳をあきらめたが、協力者出現(感謝!)。他サイトでも訳されていますが、当サイトでもあらためて。

↓インタビュー記事 英文原文
・ New Josh Barnett interview - Part 1(カクトウログ)

↓ザック・アーノルド氏のHPはこちら
・ http://www.puroresupower.com/

・ Josh Barnett 8/17/05 interview - Part 1

■インタビューパート1:プロレスについて

以下は、「PPH」の共同ホストと「プロレスパワーコム」のライター、ザック・アーノルドと、ジョッシュバーネットとのインタビューの要約です。このインタビューは2部構成からなるその第一部で、パート1は、プロレスについて完全に絞ったもの、来週の月曜日リリースする予定のパート2は、 MMAについてのみ語ったものです。

注意:この内容は、できるだけ実際に言ったことそのままにしようとしていますが、言い換えたものです。インタビュー全文については、どうぞフロントページにあるオーディオリンクをクリックしてインタビューを聞いてください。

■プロレスには幻想と現実との間に壁がある

Q:「週刊ゴング」でのジミー鈴木とのインタビューはみんな知っていますが、どのようにしてインタビューが行われることになったのですか?
(参考カクトウログ記事: 冗談じゃない!ジョシュ・バーネットG1不参加、怒りの告白

ジョッシュ:ジミー鈴木は、私に起ったこと(何が起ったかについて)を嗅ぎつけて、ニュースになると感じたようだね。それで、私にインタビューをすることにしたんだ。ジミーはずっとボクを知っているからね。

Q: 「週刊ゴング」のインタビューの目的は何だったのでしょうか。

ジョッシュ:ボクは「ケーフェイ」の偉大な信奉者だ。プロレスには幻想と現実との間に壁があることもわかっている。(プロレス)ファンはプロレスビジネスの現実的な面も楽しむべきだろう。今回の場合、ボクがG1に参加することを非常に楽しみにして、チケットを買ったたくさんの日本人ファンがいることを知っている。G1クライマックスは有名なイベントであり、出場は大きなチャンスを得たと考えた(肩の怪我がちょうど回復する直後であるし)。G1は、ボクにとって非常に意味のあるものだ。しかし、G1に出場できないことや出場がキャンセルされたことは、2年連続のことだ。ボクは、G1でない特別試合ですら参加していないんだ。

Q: 「週刊ゴング」のインタビューに対しての新日本プロレスの反応はどうでしたか。

ジョッシュ:わからないな。インタビューでは、ボクは彼らのことなんか気にしなかった。新日本プロレスが何をしても何を言っても、いいさ。自分と自分のファンのためだったからね。

Q: ファンや他のレスラーから、何かリアクションはありましたか。

ジョッシュ:これまでレスラーはないな。ボクは主に、直にしか話さないから。レスラーの中には、多分怒っている人やボクにびっくりした人もいるだろうし、正直そうすべきだと思うね。ファンは、本当に怒ったり裏切られたと感じているね。ファンは、どんな状態でも、ボクを応援しベストであって欲しいと思っているから。

Q: インタビュー後、新日本プロレスから連絡がきていますか。電話とかEメールとかで。

ジョシュ: いや、本当に彼らからは何もないんだ。

■誰かがボクを襲撃するなら、そのときは遊びじゃない

Q: 日本のファンは、あなたと新日本の間に起ったことが事実かどうか疑問を抱いています。あれは、「ワーク」なのか「シュート」なのか、あるいは「アングル」なのか何かの展開なのか、事実なのか。我々が何か知る手がかりがあるのか。これはアングルで、あなたが川田や藤田を襲撃し、10月8日の東京ドームで闘うという噂もあります。これは真実ですか、ウソですか。

ジョッシュ:ボクは「アングル」のための「ケーフェイ」を壊すつもりはない。ただ、これは「ギミック」ではないし「ワーク」でもない。これは本当のことだ。だから、このことはボクを非常に傷つけ、怒らせたので、「週刊ゴング」にインタビューを受けたんだ。これは極端な例だが、ボクは、誰かがこのような「アングル」を生み出すというのはあると思うよ。しかし、もしボクがだれかを襲撃するとか連れ出すとかをするなら、歯を床に打ち付けたり頭を潰すような結果になるだろうね。そのときは、遊びではない。

Q:最近の様々問題が起っていてもなお、あなたはまだ新日本プロレスのリングでレスリングをしたいと思っていますか。組織としての新日本をどのように見ますか。

ジョッシュ:ボクは新日本のリングにいたいと思うよ。今回の件に関してボクが怒っているポイントを、お金を払っている新日本のファンに持ち込むべきではない。ボクのポイント、つまり、ボクの言っていることが正しいということ(自分の能力)を証明するためには、闘うリングが必要だ。ボクは、会社としての新日本プロレスに関わるつもりはないが、彼らのとっている私に関する営業的な選択は、とても賢いとはいえないね。

Q: 川田選手に関して、彼はG1であなたに変わって参加した選手ですが、残っている歯を潰したりたたきのめしたりしたいというようなコメントはありますか。あなたは、非常に川田選手に怒っていると思います。彼に対して、何か個人的怒りのようなものはありますか。

ジョシュ:前に言ったように、ボクは、そのような行動を取りたいとは思わないが、もし川田選手がボクより強いとか優れていると感じるなら決着をつけることができる。ボクはどのレスラーにも個人的な怒りはもっていない。しかし、レスラーは、一番であろうとはするものだ。

Q: あなたは、川田選手と直接のミーティングを持ちたいと思いますか?

ジョシュ:いや全くない。しかし、いつも私は様々な意見にはオープンだ。

■川田とMMAで大晦日決戦? OKだ

Q:もう少し川田選手についてお話しを聞かせて下さい。多くの人は、G1であなたが川田選手にさし変わって以来、この部分に注目しています。新日側は、川田選手は、あなたよりも多くG1にファンを動員できる、と述べています。しかし、彼は実際より多くのファンを動員出来なかった。結局、本当に影響はあまりみられなかった。レスラーとしての川田選手にとって、G1で強いとか弱いとか、あるいは変わらないなど示すことができたと思いますか(ファンの信頼性の限りにおいて)。

ジョッシュ:多分変わらない。そのままだった。彼は、本当に、幻想的な刺激、あるべき全体的なスペクタクル感に欠けていた。それはちょうど・・・いや大丈夫、うまく言えない。新日本にとって、川田選手は巨大なお金(を作る機会)としてみたいんだ。なぜなら、新日本はボクと川田選手のMMAやプロレスの試合は大きなお金を生み出すとおもっているからね。お金のマークは、今は人の目の中にある。過去に置いて、私は川田選手と闘いたいと言った。ボクはいつもそう希望していた。ボクの全体的な感想だが、「なぜボクなんだ、なぜボクを変えた、なぜG1に過去出たことがある他の人じゃないんだ」だった。

Q:あなたは、あなたと川田選手の試合が巨大なお金(多くのファン)を引き寄せられたと思いますか。

ジョシュ:この点ではそうだ。でかい利益をうむものになっただろう。それは、新日本もDSEも今でも考えていることだ。

Q:もし新日本がたった今、あなたのところに来て10・8東京ドームで川田戦をブッキングしてきたら、10月にはプライドがありますが、このプロレスの試合を引き受けますか。

ジョッシュ:多分ね。ボクがまさに話してきたことを披露する絶好の機会になるだろうね。ボクのコメントを本当に示すことになるだろう。ただ、少し考慮すべきことがあって、ボクは自分が管理できなくなるほど忙し過ぎるのは望まないということだ。

Q: 川田選手がプライドでMMAで闘うかもしれないという議論があります(例えば大晦日)。あなたは、川田選手とMMAルールで闘いたいとですか。

ジョッシュ:望むところだね。個人的なことではないが、それをするのはうってつけの男だ。

Q: MMAにおいて川田選手はどんなタイプの選手だと思いますか。

ジョッシュ:彼はブロウラー(喧嘩家?)だろうね。

Q: 藤田選手に似たタイプということですか。

ジョッシュ:藤田選手はもっとアマレス経験がある。川田選手は、藤田選手ほど突出した強力な経験はない。川田選手は藤井克久選手に似ているかな。彼は闘い方はしっているが、立って闘うときに激しく揺れているんだ。

■藤田は偉大なるチャンピオンになれる

Q: 蝶野選手が5回目のG1を制しました。彼はこれまでのG1の中では最も人気のあるレスラーです。蝶野選手が勝ったことについてどう思っていますか。

ジョッシュ:新聞では突出していたようだ。しかし、しばらく経って考えてみると、当然の結果かもしれないな。

Q: 蝶野選手が橋本選手の名前を引き合いに出していたことについてどう思いますか。

ジョッシュ:何で橋本選手の名前をビジネスにつかうんだ? 橋本選手がプロレスに巻き込まれたことには議論があるが、橋本選手は友人に自分の名前を使われることに価値があると喜ぶかもしれないとはいえるかもしれない。個人的な意見だが、橋本と蝶野選手は非常に近い間柄で、蝶野選手は橋本選手が望むことは、僕よりもわかる。だから、蝶野選手は橋本選手がそうすることが名誉なんだと感じるのだろう。

Q: 蝶野選手が橋本選手の名前と魂を、私的に利用しようとしたと考えられませんか。

ジョッシュ:蝶野選手は、橋本選手の親友だった。もしだれかが、何が悪いことで何が名誉なことか知るのであれば、それは蝶野と武藤選手になるだろう。ボクは彼らの判断を信じるな。

Q:蝶野選手のG1の勝利に関して、10・8東京ドームにおいて、彼はどのポジションになると思いますか。彼は藤田選手と闘うと思いますか。誰と闘うと思いますか。

ジョッシュ:正式には、もしG1で勝ったとすれば、IWGPチャンピオンと闘うことになるだろう。そうだよね。そうなると、彼は藤田選手と闘うことになるということになる。
ただ、ボクは彼が 藤田に勝つとは思わない。しかし、蝶野選手が、G1で勝つとも思わなかった。

Q:あなたは、G1で勝つチャンスがあったと考えると、G1クライマックスチャンピオンの蝶野選手と闘う権利があると思いますか。

ジョシュ:もちろん。それもボクを越えようとしたどのレスラーよりもね。だから、ボクと闘ってないので、本当のトップとはいえない。

Q:藤田選手は予選リーグで全ての選手に勝った。川田選手に6分で勝ってもいます。しかし、蝶野選手には9分で負けています。
藤田選手はG1においては、強いのか弱いのかそのままなのか。彼は今、チャンピオンとしては、どれくらいの強さだと思いますか。

ジョシュ:彼は、偉大なチャンピオンになれるだろう。彼の技術は、観客の批評にも基づいている。観客の前でプロレスをする者を知るべきだよ。彼はファンの興奮を引き出す卓越したアスリートであり、観客の期待しない多くのレスリング的な動きを引き出すことができる。IWGPの強さや信頼性を取り戻せるものを持っているんだ。 彼は現チャンピオンとして、すばらしい選択をしている。蝶野選手に負けた後は少し弱くなったように見えたが、ボクは試合時間の長さは気にしない。5分の試合は、パッと爆発的に素早く終わったけれど、問題ない。33分の試合もあったが、それは長すぎるように思えた。

Q: IWGPチャンピオンとして、藤田選手は東京ドームで集客力があると思いますか。

ジョッシュ:そう思うね。ファンは彼が好きだ。彼は、いつの時代でもNO1のチャンピオンではないのかもしれないけど、ただのレスラーではない。誰と闘っているか、という総合的なものだ。

Q: 藤田選手とあなたの試合が、例えばタイトルマッチのように組まれたらどうですか。

ジョッシュ:私は自分が勝つと思っている。いい、面白い試合になるはずだ。というのは、藤田選手と私はいい関係にあるからね。我々は、共通の友人だ。非常に似たスタイルを持ち、ある意味では、私と同じようにアスリートだ。我々はもっとフィジカルレベルでの闘いが出来る。

■G1クライマックス 棚橋、中邑、矢野、吉江・・・

Q: 棚橋選手は予選リーグブロックBの4位で終わりました。このG1の活躍と、7・18東京ドームの力皇に対しての試合を見て、棚橋選手は今後、どのように進むべきだと思いますか。

ジョッシュ:彼は今停滞気味だね。しかし、彼はまた成長していくと思うよ。いずれ会社にとっても重要なトップになれる一人だろう。

Q: 棚橋選手が次のレベルに上がるには何が必要ですか。

ジョシュ:もっと経験を積むことと正しい「アングル」(ストーリー)だね。彼を後押しするファンを引きつけるなにか。明確な輪郭を持つことというか・・。

Q: 中邑選手は棚橋選手のライバルになるとおもいますか。二人の間にファンが見たくなるほど十分熱い争いができると思いますか。

ジョシュ:間違わずにできれば、できると思います。彼らが完全なライバルとして闘えていけば。きっちり最後までできれば、大丈夫じゃないかな。

Q: この間のG1において、ファンは矢野選手と吉江選手は、ちょうど新日本がプッシュしている中邑選手と棚橋選手と同じように支持されているように見えました。なぜ、ファンは、全てのレスラーに同じような反応をするのでしょうか。

ジョシュ:多分、中邑と棚橋選手は、過剰にプッシュされているからだろう。彼らの試合スタイルはどの試合も多くの細かい点で類似しすぎていると思う。それで、多分ファンは、矢野と吉江選手にも興味を持つんだろうね。彼らはまるで敗者が好きなようにね。僕が数年前に新日本に参加して以来、ファンは吉江が本当に好きだよね。

Q: 中邑選手と棚橋選手が、10・8の東京ドームの直前の9月にメキシコで試合をするということについて、メキシコで彼らが試合をするのは良いアイディアだと思いますか。
あるいは、悪いタイミングだと思いますか。

ジョッシュ:タイミングは悪いと思うね。経験は人を育てよりよいものにするけど、このタイミングでは、レスラーは東京ドームで闘う限りにおいて、導入部分が必要だ。彼らにはファンが興味を持つような何かが必要なんだ。メキシコでは、彼らはたくさんの試合があるだろうし、空中殺法もたくさんしないといけないだろう。私は、トップの2人をメキシコに送って、跳んだりはねたりすることになるのが心配だ。

■G1での一番の敗者はボク

Q: 藤田選手とゴールドバーグ選手と公平に比較したらどうですか。

ジョシュ:彼らは確かに類似点が多いね。僕はゴールドバーグ選手の評価の高い試合での彼のレスリングを見るのは好きだ。だけど、ゴールドバーグ選手は100試合連続で勝っているという点で、彼がいかに観客を興奮させるかという点は簡単に忘れられてしまう。ファンは、ゴールドバーグ選手が他のレスラーを潰していくのをみて興奮する。日本のゴールドバーグが藤田かって? 全然違うね。藤田は藤田だ。

Q: ファンには、藤田選手は、プロレスラーとして受け入れられているんでしょうか。
それとも、 総合格闘家としてみられているんでしょうか。

ジョッシュ:ファンは、藤田選手には、もっと総合格闘家として期待していると思うけど、過去には新日本出身のレスラーであることも知っている。彼は、本物のプロレスラーだよ。だけど、彼のキャリアは、総合としてもっとある。

Q:G1クライマックスの話題に戻ります。誰が一番の勝者だと思いますか。

ジョッシュ:G1を評価するなら、十分にトーナメントを理解しないといけないが、しかし、誰がトップに来たかといえば、橋本選手の亡霊だ。「競技者」としては、蝶野と、あと多分西村かな。

Q: 一番の敗者はだれですか。

ジョッシュ:ボクだね。

Q: 本当ですか。

ジョッシュ:うん。だけど、だれが決めても多分ボクになるんじゃないかな。どんな方法でやってもね。

Q: じゃあ、あなたは自分で、一番の敗者だと思っていますか。

ジョッシュ:そうだね。G1に関して言えば、ボクは新日本のプロモーションで、川田のために出られなかったわけだから。

Q: では、あなたに取って代わった男、川田選手の話をします。川田選手が、両国国技館のセミファイナルで藤田選手に6分で負けた後、 川田選手は、代々木にいって、ハッスルポーズをしながら石狩太一選手と記者会見をしました。彼は11・3の横浜アリーナでのハッスルマニアで高田さんとのシングル戦を要求しました。あなたは、10月にプライドで試合をする予定です。もしDSEがあなたに、勝つなり負けるなりした後、11・3のハッスルマニアで川田戦を要求してきたら、あなたはそのオファーをうけますか。

ジョッシュ:イエス。

[↓8/23つづき加筆しました]

■ボクがここで言っていることは、全てほんとだ

Q.ハッスルのリングでも彼とは闘えますか。

ジョッシュ:プロレスのリングなら、闘えるよ。アメリカのファンは、インターネットから受け取るものと実際に日本で起っているいることとの違いを本当に理解してない。ボクは掲示板に行き、多くのことを読むんだけど、インターネットではいろいろなことが読めるが、実際にある全てのことを真に理解するのは難しい。アメリカのファンが思っているより、日本での私はもっと人気があることを、アメリカのファンは知らないからね。日本でも同じさ。プロレスと総合は本当にいとこのような関係で、2つとも違わない2つの業界からなっているだろ。だから、総合もプロレスも両方とも雑誌は取り扱っているだろう。

Q:では、次から出す名前から連想する言葉を教えてください。最初の名前は・・・川田。

ジョシュ:うーん、一言で川田のことは言えないなぁ。シーソー(振り子)かな。というのは、もし川田にとって悪いことがあるとすると、ボクにより事態が悪くなっていくだろうからね。

Q: 蝶野選手は・・。

ジョッシュ:ずるいやつ。それと、もし怪我と年齢の問題がなければ、彼はもっとファンを動員し湧かせるファイトができるね。

Q: 新日本の経営は・・・。

ジョシュ:ボクは悪い言葉は使わない。子供が聞いているかもしれないからね。耳を汚したくないんだ。新日本は大きな間違いをしたが、それはいずれ自分に戻ってバチが当たるよ。

Q:ファンがこれはアングルや作り話ではないと、どうやったら信じることが出来ると思いますか。

ジョシュ:さあ。ボクは現状を語ることしかできないからね。個人的には、ボクはファンが事実をアングルにしたがっているんじゃないかと思うんだけど。ボクがここで言っていることは、全てほんとということだ。

Q: WWEで起きている、ブレットハートとビンスマクマホンの話や、マットハーディの話と比べても、あなたの話はファンにとって嘘はないですか。

ジョシュ:ブレットハートの話に比べたらそうだね。マットハーディの話は全然知らないけどね。ボクの話は、これらとは同じ文脈に全然属さないね。

■□T.SAKAi (翻訳 KOJi)
 人気格闘技ブログはこちら /人気BLOGランキング


ご来場ありがとうございました!

┏カクトウログ参考記事
□ ジョシュ・バーネットに突っ込みを入れた鈴木みのる
□ 冗談じゃない!ジョシュ・バーネットG1不参加、怒りの告白

        = 事実誤認・誤字指摘メール =
左サイドバーのココログマーク下から直通メール→大変助かります。
カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。
===========================
                 [カクトウログTOPページに戻る▲

« 元全女社長・松永氏が自殺 | トップページ | “リングの魂”橋本真也スペシャル・・・今夜です! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [翻訳]ジョシュ・バーネット8月17日インタビュー パート1:

« 元全女社長・松永氏が自殺 | トップページ | “リングの魂”橋本真也スペシャル・・・今夜です! »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー