« 長渕剛、山本“KID”徳郁、戸高秀樹・・・頂点を極めた男たち | トップページ | 未来の魂よ、永久にリングに咲き誇れ! »

2005.09.19

前田日明、記者に正拳突き【週刊 前田日明】

pick up 9・18ノア武道館[日本テレビ即日深夜1:20~1:50放映スポーツナビ速報ニッカン速報柴田登場で柴犬タッグ結成@今夜が山田さん/追加:ブラック・アイさんTV観戦記angle JAPANさんBML柴田・村上情報]┃インリン様「女性誌のセックス特集の取材、一般女性との覆面座談会があった」三冠王がブログ女王に学ぶ

050918KAMIPRO前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第4回・・・[写真クリックすると大]『紙のプロレス』最新号はヘソ出しインリン様が表紙

                * * *

 更新1日遅らせました、スミマセン。

 情報をキャッチしていながら「月曜から土曜まで」は取り上げなかった前田日明の話題、あれば翌週送りせず日曜にまとめる。あと、その週に取り上げた前田関連記事、リンクも再集約しておくことにします。この連載を毎週見ておけば前田関連の動きは逃さない! 理想はそこですが、どうなるか。

 では、今週もいきます!

WEEKLY AKIRA
▼前田日明、記者に正拳突き

 『紙のプロレスRADICAL』No.91号、9・17発売。
ネットでの予告にあった「ロシアで“前田日明エカテリンブルグ説教事件”勃発」とは?
##
(8・20リングス・エカテリンブルグ取材)
金原&高阪「前田さんが凄い怒ってるよ。何か書いたの?」
堀江ガンツ氏「いやぁ、思い当たる節は・・・たくさんあってどれを指しているのか」
(前田と対面)
ガンツ氏「『紙プロ』の堀江です。今回はよろしくお願いします!」
前田「おお、ところでガンツって誰や?」
ガンツ氏「僕です!」
前田「お前か!」(という言葉と同時に左の胸に正拳突き)
前田「お前、あんまりナメたこと書いてると、殺すぞ!」(というアドバイスと、肩口にもう一発、正拳)
※記事(座談会)中も「まだアバラが痛い」ガンツ氏。医者によると「肋骨の軟骨骨折の疑い」。“疑い”なのは、アバラの軟骨は折れてもレントゲンには写らないため。

##

 今後、前田に対する対応をガンツ氏がどうするかなど、興味のある方は同誌を買って確認を。

 やってしまったか・・・このような暴力は許されない。前田は謝罪すべきでしょう。

 もうこれを「前田日明らしさ」とし続けるのはやめにさせてほしいよ。せっかくプロレス・格闘技が市民権を得ていくときの“顔”に、前田がなろうとしているとき。前田はときどきこういう事件を起こしているが、もう足を洗ってほしい。ほんと、お願いします。

 かつて前田が格闘技雑誌記者に対して“女子便所で暴力?”事件を起こして、それを紙プロが『前田日明とは何か?』ってビデオの中でパロディとしてやるってことをやってたと思う。時が流れて、こんどは紙プロが。前田が何に腹を立てているかは、ボクにもわからない。

 なお、紙プロの重大発表とは・・・次号から『kamipro』にリニューアル。「発行部数もグンと増えて、一部コンビニでも販売決定」とのこと。
旧:ワニマガジン社発売、ダブルクロス発行
新:エンターブレイン発売・発行

 エンターブレインは『ファミ通』を出している会社です。出版不況なので“ワニマガジン社と何かあったの?”と考えがちだが、紙プロの売上は好調だったようで・・・リニューアルの理由もよくわからず。これからも、紙プロでしか読めない記事を提供してほしいです。

 今回は、独占記事として、ロシアにての8・20リングス・エカテリンブルグ旗揚げ戦レポート、ニコライ・ズーエフインタビューが掲載されています。必読。

WEEKLY AKIRA
▼前田日明、ガソリンの値上がりについて語る

 9/15更新分、携帯サイト「プロレス・格闘技DX」内の前田連載「大殿が斬る」から。
##
Q.格闘技やプロレスには関係のない質問なのですが、ここ最近のガソリンの値上がりについてはどう思いますか? 前田さんなりの見解とアドバイスをお願いします。
前田「ロシアの東シベリアの石油はカレリンが権利を全部持っているんですけど、それをウラジオストックからパイプラインを引いて日本に持ってくればいいんですけど、今そのパイプラインを中国まで引っ張るか喧々囂々やっているんですけど、アメリカの石油戦略、世界的な石油の会社は全部アメリカの会社なんで、そこと今綱引きをしているんですよね。ロシアの石油がもっと外に回るようになれば安くなるんでしょうけどね。アメリカは中国の今後の戦略に神経を使っていてロシアの石油をすごく警戒しているんですよね。その間に日本が狭まってどんな舵取りをするか、今の政治家、アホな二世議員がいっぱいいる政治家たちじゃ無理だと思うけどどうなんだろう? 日本は革命を起こすしかないかもしないですね」
##

 聞く方も聞く方だが、答える方も答える方だ(笑)。

 なんだかワールドワイドな前田のトーク。政治家になりたいなんて気を起こさなきゃいいんですが。よく前田は「文化人としての顔も持ってる」なんて言われる。こういった見解をキッチリ出せるというのはカッコいい。ただ、西村修的扱いにならないよう、空気を読みつつやることが重要(笑)。

 質問に対してピシャリとシャットアウトするケースもときどきある。それが、他の選手のQ&Aコーナーとは異なるところか。
##
Q.今の選手で中で最強だと思う藤田選手と戦って勝てる選手はいますか? プロレスの試合の中で見るに値しない試合もあるかもしれませんが、(「しょっぱい」など)そこまで否定するのはどうかと思います。
前田「あなたと俺とでは、この業界で物を見る目が全然違うんですよ。この業界で二十何年間プロレスに物議をかましてUWFとか色々やってきて、それから総合というものを一から立ち上げてきたしね。人の意見に反論するのは言論の自由で結構なんだけど、30センチの物差しで宇宙の大きさは測れないことと同じで、その辺をよく気を付けて人に意見を言って来てください」
##

 やはり、聞く方も聞く方だが、答える方も答える方だ(笑)。

 この受け答えをコーナー編集者も載せなくってもいいのに。ただ、こういうふうにファンに媚びずにピシャリとできる(元)レスラーも少なくなっているかもしれない。前田らしさが伝わるという点ではいいのかな。

WEEKLY AKIRA
▼前田日明特製テールスープ

 こんどは9/18「プロレス・格闘技DX」での上井文彦氏「ほら吹き日記」から。
##
(3月の前田と船木の再会に続いて二度目に会うことになったときの話)
前田さんが船木さんに食事(前田日明特製テールスープ)をご馳走するということで、前田さんの自宅で会うことになった。朝早くからうちの会社の幸(ユキ)が前田さんの自宅で仕込みの手伝い。大量のニンニクを使った絶品の前田日明スペシャルスープが出来上がりました。その日、前田宅に集まった人たちは都合10人。ここでも名前を挙げたらビックリの選手も入っているのです。
その後も一度、前田宅にて同じような食事会が催されましたが、お決まりのように朝まで討論。私は体力がないのでつきあえませんが、私のいない間に今回の復活劇の話し合いが持たれたのでしょうね!
船木さん、(後楽園での)お客さんの反応、覚えてますか? 必ず復活してくださいよ! 船木さんはプロレスはまだ引退してないんだから・・・。次のビッグマウス・ラウドの試合、決まってませんが、船木復活となれば、それなりの会場探しますからね!

##

 そういえば、アントニオ猪木の手料理も、スープ=ブラジル風テールスープ(トマトソースベースの甘いスープ)だったな。猪木の遺伝子を継承?

 前田も料理ができる大きな男の仲間入り。あと、気になるのは、10人という集まっている顔ぶれですよね。OBというわけじゃなくて、現役バリバリの選手、これからのプロレス界を引っ張っていける選手、どれだけいたんでしょう? でも、10人くらいだったら、今回のビッグマウス・ラウド旗揚げ戦くらいの顔ぶれ? でも、それなら「名前を挙げたらびっくり」ではないか・・・。

 以前に何かで言ってた気もしますが、上井氏は改めて「船木さんはプロレスはまだ引退してないんだから」とプッシュ。でも、上井さん。「次のビッグマウス・ラウドの試合、決まってません」って、大丈夫ですか? そんなに会場ってスグにとれるのかな? あっ、もしかして村上和成社長の仕事になる?

 今回はここまで。今週も前田日明を追いかけます!

◆公式サイト紹介
・ HERO'S公式サイト
・ ZST公式サイト
・ ビッグマウス石川のプロレス我が命

※1週間前は“ビッグマウス・ラウド旗揚げ戦”のため、連載休みました。2週間分振り返りです。
とにかく・・・当サイトは世界一ビッグマウスを追いかけている、間違いない!
◆土曜までの(今回は)2週間分 前田日明&ビッグマウス関連カクトウログ記事
・ 秋山準vsボブ・サップ決定
・ 「船木さんと試合がしたい」柴田勝頼
・ 総合格闘技の取るべき道
・ 「年内復帰」「柴田指名」船木誠勝、現役復帰への序曲
・ 当日来場できなかったファンのために・・・ビッグマウス・ラウド旗揚げ戦ポスター&パンフレット発売
・ 船木誠勝、日記更新
・ 旗揚げ戦の光景 写真で振り返る9・11BIG MOUTH LOUD(ビッグマウス・ラウド)
・ 9・11BIG MOUTH LOUD(ビッグマウス・ラウド)旗揚げ戦、後楽園ホール速報観戦記まとめ
・ 船木誠勝、ビッグマウス・ラウド9・11旗揚げ戦視察濃厚
↓これはホントたまたま見つけてビックリしました
・ 速報!船木誠勝、現役復帰
・ スーパーバイザーって何をする人?/真理の疑問
↓これはけっきょくなかったですね、失礼しました。会場には姿を見せていたそうです。
・ ビッグマウスのゲストとして・・・9・11アラン・カラエフ登場へ
・ 全カード決定、前売り完売。9・11ビッグマウス・ラウド旗揚げ戦
・ 藤原喜明と村上和成が9・4しらさぎ祭り参戦

 そういえば・・・今回、東スポが「船木復帰」をBML前日にスッパ抜いたわけですが、ビッグマウス石川専務サイトの掲示板では、かなり早くから『船木であってほしい』という世論があった。その筋のファンが集まる場所、さすがです。

※追記
↓グリフォンさんが「堀江ガンツ氏に前田日明が立腹した」くだりと思われる部分を指摘しています
・ 一日あいちゃったね(見えない道場本舗)
「前田に選手を見る目があるとは思えないですよ。だってKOK以降に前田が直に見つけてきたのは、ヒカルド・アローナとラバザノフだけですからね。あとは写真一枚とプロフィールだけで呼んでみたら凄かったというだけ。そういう原石を呼べるリングスという"場"がノゲイラやヒョードルを生んだんです。リングスをよく知りもしなければ、前田に真っ当な思い入れを持っていなかったマスコミが過剰な幻想を抱いている振りをするのは本当にイヤですね」

■□T.SAKAi
 世界最強のブログをランキングで決める!/人気BLOGランキング


ご来場ありがとうございました!

┏カクトウログ「週刊 前田日明」バックナンバー
□ 第1号 暴露本vs前田日明【週刊 前田日明】
8・20リングス・エカテリンブルク旗揚げ戦/暴露本vs前田日明/武藤敬司はリアルプロレスラーか?
□ 第2号 三回は我慢するが…高田延彦との関係【週刊 前田日明】
三回は我慢…高田延彦との仲は?/9・11ビッグマウス旗揚げ戦会見/8・20リングス・エカテリンブルク旗揚げ戦続報
□ 第3号 キャプチュードで入場1週間前【週刊 前田日明】
ビッグマウス旗揚げ1週間前情報/格闘技「必殺技」ディープ・インサイド

        = 事実誤認・誤字指摘メール =
左サイドバーのココログマーク下から直通メール→大変助かります。
カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。
===========================
                 [カクトウログTOPページに戻る▲

|

« 長渕剛、山本“KID”徳郁、戸高秀樹・・・頂点を極めた男たち | トップページ | 未来の魂よ、永久にリングに咲き誇れ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/5994372

この記事へのトラックバック一覧です: 前田日明、記者に正拳突き【週刊 前田日明】:

« 長渕剛、山本“KID”徳郁、戸高秀樹・・・頂点を極めた男たち | トップページ | 未来の魂よ、永久にリングに咲き誇れ! »