フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.30

9・30K-1大阪結果、ジェロム・レ・バンナ炎上!

 外出していましたが、フジテレビ放映後半をテレビ観戦。
結果はK-1公式サイトに出ています。
・ FieLDS K-1 WORLD GP 2006 in OSAKA 開幕戦
(K-1公式)

・ 【深夜3時解禁】「K-1 WORLD GP 2006 IN 大阪~開幕戦~」(スポーツナビ)
##
▼オープニングファイト
○野田貢(1R1分52秒、KO)長谷川康也×
※右フック
▼K-1ワールドグランプリ1回戦
○ルスラン・カラエフ(1R、KO)バダ・ハリ×
○レミー・ボンヤスキー(3R0分52秒、KO)ゲーリー・グッドリッジ×
※左ハイキック
○グラウベ・フェイトーザ(3R判定3-0)ポール・スロウィンスキー×
○セーム・シュルト(1R2分11秒、KO)ビヨン・ブレギー×
※左ストレート
○ステファン“ブリッツ”レコ(延長R判定3-0)レイ・セフォー×
○アーネスト・ホースト(3R2分9秒、KO)藤本祐介×
※右ローキック
○ハリッド“ディ・ファウスト(3R判定2-1)武蔵×
○ジェロム・レ・バンナ(延長R判定3-0)チェ・ホンマン×
バンナvsホンマン試合経過
マイク・ベルナルドの引退セレモニー
谷川プロデューサー のコメント

##

 チェ・ホンマンの攻めが消極的だったのは経験が浅いからなのか。そこはイライラしたけれども、とにかくバンナの闘いはよかった。闘い方に思わず声援を送りたくなるというやつ。

 普通なら、チャレンジャーはホンマンなんだけれども、あそこまでバンナが積極策になると応援したくなるわけです。バンナコール、起きましたね。しかもバンナはポイントだけを取りにいったわけじゃなかった。最後の判定で負けていたとしても、バンナの株は上がっていた、そんな試合。

 ホンマンも逃げていたわけではなかったが、バンナの積極策には戸惑ったことでしょう。ホンマンなりにせいいっぱいか。

 かつてのボブ・サップvsアーネスト・ホーストの熱狂には追いつかないが、グランプリ1回戦としてはなかなかのグレードをメインでつくれたK-1。

 武蔵は残念でした。途中で目が塞がれるように腫れたのが苦戦要因か・・・。


※ちなみに、裏番組TBS『オールスター感謝祭'06秋・超豪華!クイズ決定版』でローション大相撲(新名物・赤坂五丁目ヌルヌル大相撲秋場所)あり。
永田裕志vs長州小力、北斗晶vs佐々木健介といった試合を経て、決勝は永田vs北斗。永田が優勝していました。ちょっと“立っているのがせいいっぱい”っていう競技なんで、あんまりレスラーらしさはアピールできてませんでしたが。■□

無我、第2弾シリーズ『闘秋』決定

pick up 向井亜紀&高田延彦、代理出産で“勝訴”一番星へ@向井亜紀グッドニュース@高田延彦仙女旗揚げ2戦目結果10・9新日本両国国技館全カード決定10・13ノア大阪で村上和成vs三沢光晴、決定坂田新GMは凱旋興行で「えい子に関する重大発表」を予告11・26中邑真輔とリング上で写真を撮ろう9・30メーンはバンナvs.ホンマン、K-1開幕戦全試合順発表“元”RO&D最後の会見に新生VM乱入=全日本プロレスの証言者 アントニオ猪木(15)10・15アイスリボン千本桜ホールでメカマミーvs真琴、決定【音が出ます注意】YouTube -メカマミーvs鈴木みのる123

 無我、旗揚げ第2弾シリーズ『闘秋』は全4戦で組まれた。
・ 無我
##
無我2006プレミアムⅡ 闘秋
10月31日(火) 19:00開始 仙台・Zepp Sendai
11月2日(木) 19:00開始 福島市国体記念体育館・サブアリーナ
11月3日(金・祝) 16:00開始 千葉・中央学院大学体育館
11月5日(日) 18:00開始 大阪府立体育会館第2競技場

##

 第1弾シリーズの最終戦、藤波辰爾vs西村修は評判がいい。今回は東京はなし。「プロレスの普遍的な面白さ」と「マンネリ」との間に立った無我。2戦目となる大阪などでは苦戦するか。

 一度は観戦してみたいんだけど、なかなか縁がない。東京で週末じゃないとなかなか見れないからなぁ。

 さて、藤波関連。読者から「ユリオカ超特Qがすんばらしい藤波のモノマネを披露」との情報。肩の力を抜いてどうぞ。
・ 【音が出ます注意】YouTube - 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権9 03

 題材はなんと飛龍革命! そして、映像を最後まで観ていると「'79.8.26の馬場&猪木夢のタッグ」のモノマネにもたどり着きます。■□

2006.09.29

加藤園子、復帰戦の対戦カードが決定

 加藤園子、復帰戦の対戦カードが決定。ブラックアイさんのNEWSクリップに出てました。
・ Topics Board(センダイガールズプロレスリング)
##
【Marvelous Night 加藤園子 Restart Again!】
10月1日(日)東京・新宿FACE
開場18:00/開始19:00
<対戦カード>
アジャ・コング&加藤園子vsKAORU&里村明衣子

##

※参考 9/1記事
・ カクトウログ: 加藤園子、5年半ぶり復帰。なんとワンマッチ興行!

 相手は盟友・里村しかない、でも里村も手術したばかり(8月に腰椎椎間板ヘルニア手術)だし・・・。そう思ってたんですが、里村がきました! 大会3日前の決定、ギリギリ間に合った。

 ちなみに里村は9/29センダイガールズ旗揚げ第2戦Zepp Sendaiで復帰戦。中1日で加藤と試合。いずれも、彼女とっては“出なければならない”試合となる。

 加藤復帰戦、チケットがうまく手に入れば観戦予定。■□

大晦日の格闘技、小橋祭りからDynamite!!まで情報まとめ

pick up 中西学&大森隆男が正式にIWGPタッグ王者に10・2メンタルコーチ原村和子氏によるセミナー「人生で大切なことはすべてプロレスが教えてくれた」開講柴田勝頼のブログマガジンが10月4日にスタート小さな丸藤正道の大きな冒険武蔵 ハングリーという言葉の本当の意味カイヤ、“悪の分身”ワイルド・ハカイヤーと激突=ハッスル19久しぶりのグラビア撮影@インリン・オブ・ジョイトイ宇野が命名、DOGが「CAGE FORCE」へ名称変更11・14第1回GPWA主催興行「Realize」アーツがウイルス性の病気で欠場、代役はグッドリッジプロレスの証言者 アントニオ猪木(15)

 今年も残り3か月。大晦日は紅白ではなく“白黒”つける格闘技で。2006年はどうなるんだろう?
・ TBS、亀田叩かれトーンダウン…大みそか放送しない、10月防衛戦“演出”しない(スポーツ報知)
・ TBSから非公式で打診されていた大みそかの世界戦を正式に断った。その一方で年末の「亀田のけんか祭り」と題した興行は恒例化させたい意向があるため、12月上旬で調整(ニッカン)
・ K-1 Dynamite!!が3年連続大阪で開催決定!(スポーツナビ)
・ タイソン 大みそかマカオから参戦(デイリー)
・ UFCが“大みそか”に興行(デイリー)

 これら情報から2006大晦日予定をまとめる。
##
▼K-1 Dynamite!!
大阪ドームで開催。TBSが中継。
▼PRIDE
さいたまスーパーアリーナで開催。中継未定。マカオで実施のタイソン戦をさいたまSAのビジョンやインターネットライブ配信で二元中継か。
▼UFC
日本時間の大晦日昼にラスベガス興行。
ライトヘビー級戦 チャック・リデルvsティト・オーティス

##

 亀田興毅のトーンダウンぶりは顕著。10月のランダエタとの再戦でどれくらいの闘いぶりを見せられるかで風向きも変わってくることとは思うが。

 地上波が正式決定しているのは、Dynamite!!のみ。ライバル興行の放映がこのままなく、かつ目玉カードを持ってくることができれば、紅白歌合戦に勝つチャンスか。カードは、桜庭和志の復帰戦が有力。曙や金子賢も登場するでしょう。

 ただ、K-1の力の入れようも、ライバルであるPRIDEの地上波放映があるかないかで変わってくるはず。

 プロレス団体は打って出ないのか!?

 少し古いが、9月17日発売分「東京スポーツ」紙には「大みそかに小橋祭り」との情報が。

060918kobashimatsuri

##
・ 12月31日の夕方から翌1月1日までの24時間、日本テレビのCS局「G+」でノアのGHCヘビー級選手権を丸ごと放映されることが濃厚になった。
・ 番組は31日の午後5時30分にスタートする。タッグやジュニアのGHC戦は流さず、2001年4月のGHCヘビー級初代王者決定トーナメント決勝戦(三沢光晴vs高山善廣)から順を追って、1日の午後5時半まで放送する予定だ。途中でニュースが入ることもあり最終調整中だが、トータルの放映時間は長ければ24時間、最低でも18時間に及ぶという。
・ 番組の核をなすのはもちろんV13の記録を樹立した小橋建太だ。試合時間が他王者よりも長く、さながら「小橋祭り」となる。
・ 今年の大みそかは豪腕ラリアートが除夜の鐘代わりとなる。

##

 興行ではなく放映ですが・・・これはとんでもない企画、保存版になりそう。格闘技にソッポを向いてこの放映をリアルタイムで観るファンは、相当のプロレス好きでしょう。

 ノア・三沢光晴が会長に立っているグローバルレスリング同盟(GPWA)ではあるが、大掛かりなアクションを起こすのは早すぎるのか。興行で一矢報いる大晦日、いつか来てほしい!■□

2006.09.28

ヒョードルに乱入ジョシュがあたたたたっ? 『kamipro』NO.103は9/29(金)発売

pick up 亀田消滅!大晦日「Dynamite」放送枠拡大@BurningSpiritさん亀田大毅試合後ファンが乱闘騒ぎ・・・まとめ10・27村上&松永組vs大谷&大森組が決定=ZERO1-MAXターザン山本氏と週刊ファイト井上譲二編集長トークショーに行ってきました@ラジプロ!さん9月最終週で閉鎖、Webファイトカイヤが母パトリシアさん死去で会見GPWAがテーマ曲を募集。10/20まで12/10に愛知県体、12/24に後楽園・・・11、12月シリーズの日程発表=新日本

 こちら予告が出たので紹介。880円(税込)で9月29日(金)発売(地域により発売日が異なる、一部書店&プロレス・格闘技ショップではすでに発売)とのこと。
・ PRIDE | メディア | 『kamipro』NO.103
・ 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO:【書籍 / ビデオ /DVD 】 『 kamipro 』最新号の宣伝です !! < kamipro 編集部

 表紙は侍姿のヒョードル。気になった記事をピックアップ。
##
★ ラスベガス大会プロモーションイベントに出演した皇帝を独占キャッチ!! なんと取材中にあのジョシュ・バーネットが乱入! あたたたたっ!
★ ジョシュも心酔するリビング・レジェンドが熱弁!
“キャッチ伝承者”ビル・ロビンソンが語るジョシュvsノゲイラ
★ “Uを体現する男”はジョシュ・バーネットだけじゃない! U魂伝承師弟対談 田村潔司×中村大介
★ 業界激震! 老舗プロレス専門紙『週刊ファイト』休刊問題を斬る!(I編集長、GK金沢克彦)

##

 ホントにあたたたたっ!ってやったわけじゃないと思いますが(笑)。

 田村潔司は何を語ったのか。携帯サイト「kamiproHand」での連載の方も、実は始まっている。隔週(坂田亘と一週交代)でやってるんだけど、人生相談や恋愛相談に終始。「あいのり」のある回を繰り返し6回見たとか田村ワールド(?)を繰り広げている。恋人の存在を認めるようなやりとりも。

 ・・・試合はしないんだろうか。PRIDEとの契約がなければ、今回の桜庭和志欠場の代役として声がかけられているかも!?■□

2006.09.27

桜庭和志、椎骨脳底動脈血流不全の疑いと診断。10・9HERO’Sは欠場

20:45pick up 桜庭選手欠場、それで良いと思いました@船木誠勝9・23大橋宏紀、IWAジャパン結果最新UFC63レポUFC・PRIDE交流は本当に実現するか?<無差別級GPのMVPにインタビュー(後編)>ジョシュ・バーネット前編鈴木浩子の月イチ連載「浩子のまんま」第5回目ゲストはリザーブ池田サスケ、来夏参院選で素顔公開どすこいプロレスに角界レスラー大集結カイヤ母肺がんのため死去亀田大毅の試合後に、前代未聞の乱闘騒ぎプロレスの証言者 アントニオ猪木(14)

ファンを心配させていた「25日に桜庭和志が練習中に倒れた」との報道。桜庭和志、谷川貞治プロデューサー出席のもと会見で詳細が明かされた[20:00追記あり]・・・

続きを読む "桜庭和志、椎骨脳底動脈血流不全の疑いと診断。10・9HERO’Sは欠場" »

週刊ファイト“最終号”

週刊ファイト“最終号”

携帯から。

『週刊ファイト』が今週をもって休刊へ。
“最終号”は1990号(9月26日発行=9月27日発売、10月4日号)。

「本紙が39年間も続いたのは猪木が次々に大きな話題を提供したから」と、アントニオ猪木の功績をたたえる巻頭記事。
プロレスのダイゴ味が棚橋弘至、中邑真輔、丸藤正道、KENTAらに受け継がれるべきと結んでいる。

コラムには「旧新日プロとともに沈没した本紙」という文字も。

かといって、ファイトは決して新日本ベッタリではなかった。ときには新日本から取材拒否を食らうほどのスクープ記事や批判。並行して、喫茶店トークというファンとの“知恵比べ”もやってきた。

こうした“批判精神”と“知恵比べ”はネットの世界にも通じるものがある。
ファイトはプロレスの楽しみ方をボクらに教えてくれた。

“最終号”には、I編集長こと井上義啓氏によるエピソード披露、「古舘伊知郎VSブルーザー・ブロディ激突対談」再録などあり。

編集部談話室には「本物の仰天を披露、猪木に『週刊ファイト』買収の意思があるんだよ」との文字も。

復刊への希望を込めて、あえて「“ ”」付きで記すが、、、
“最終号”を保存版としてぜひご購入を!

2006.09.26

中邑真輔と蝶野正洋がタッグ結成! 両国&G1タッグリーグに出陣へ

pick up 近代芸術的必殺技ベスト5を大公開バーベルを使ったリハビリ開始。小橋建太三沢、村上に売られたけんかは買う!GHC初防衛の丸藤は凱旋帰国坂口憲二も堪能・・・無我ワールドが聖地後楽園で旗揚げシリーズ締めた藤波VS西村戦について@ターザンカフェボクシング、女子解禁の可能性も内臓脂肪@船木誠勝無差別級GPのMVPにインタビュー(前編)ジョシュ・バーネットカート・アングル 、TNAに登場@ブラックアイさんプロレスの証言者 アントニオ猪木(13)

 報道が遅い時間だと思ったら、午後6時からの会見だったそうだ。

 中邑真輔、凱旋試合は蝶野正洋とのタッグで出陣へ。中邑「自分のことを反体制とは思っていませんが、意識にあるのは、闘う上で常に棚橋さんの向こう側に立ちたいということ」。
・ 中邑が蝶野とタッグ結成を発表(ニッカン)
・ 蝶野正洋&中邑真輔タッグ結成決定!~10月9日両国大会追加カード発表記者会見(新日本公式)
・ 10月9日(月) 両国国技館 PM3:00試合開始(新日本公式)
##
10月9日(月) 両国国技館 PM3:00試合開始
「10・9両国国技館「EXPLOSION ~爆発~」
=発表カード=
▼中邑真輔凱旋試合
長州力&中西学vs蝶野正洋&中邑真輔

=既報カード=
▼IWGP ヘビー級選手権試合
棚橋弘至vs天山広吉
▼IWGP ジュニアヘビー級選手権試合
金本浩二vs稔
▼TACTICS VERSUS TYRANT
永田裕志&山本尚史vs高山善廣&鈴木みのる
タイガーマスクvsミラノコレクションA.T.
曙&飯塚高史vs真壁刀義&越中詩郎
石井智宏&矢野通vs邪道&外道
田口隆祐&井上亘vsプリンス・デヴィット&獣神サンダー・ライガー

##

 タッグリーグにも蝶野正洋&中邑真輔で参戦。
・ 「Circuit2006 Explosion ~G1 TAG LEAGUE~」シリーズ&カード情報
##
10月15日(日)西尾~11月6日(月)後楽園
「Circuit2006 Explosion ~G1 TAG LEAGUE~」
G1 TAG LEAGUE 出場チーム
◎ 棚橋弘至  & 金本浩二
◎ 蝶野正洋  & 中邑真輔
◎ 天山広吉  & 獣神サンダー・ライガー
◎ 永田裕志  & 飯塚高史
◎ 中西 学  & 山本尚史
◎ 長州 力  & 曙
◎ 真壁刀義  & 越中詩郎
◎ 矢野 通  & 石井智宏
◎ ジャイアント・バーナード  & トラヴィス・トムコ
◎ 邪道  & 外道

##

 9・24大阪大会、試合後も攻撃をやめない天山、蝶野を救ったのは中邑だった。その流れから続く合体を正式発表。中邑と蝶野、これまでの歩みやスタイルは対極と言っていい。手を結んだインパクトは十分、こういったわかりやすい意思表示は歓迎したい。中邑の“黒いカリスマ”化も悪くないぞ!

 相手が長州&中西なのはちょっと「?」ではあるが、中西のパワーに中邑をぶつけたいといったところか?

 この合体劇に厚みをつけていくのは、間違いなく試合内容でしょう。中邑も蝶野も試合内容にはムラがあるから、ボルテージを保ち続けることができるかがポイント。パワーアップしたからこその中邑の技をどう設定し、どういったタイミングで出すか。フィニッシュムーブをどうつくるか。

 かつて“地方興行に顔を出さない”ことで批判を受けた中邑だが、このタッグでシリーズをまわっていくことはいい罪滅ぼし&恩返しになるとも言える。かつてのnWoブームみたいなものまでにつないでいくことは難しいかもしれないが、両国はもちろんタッグシリーズでの新日本底上げにいざ出陣だ!■□

桜庭和志が練習中に倒れ、緊急入院

 桜庭和志が25日(月)の練習中に倒れ、緊急入院したという。
・ 東京スポーツ新聞社
##
9月26日発行紙面 主な内容
■1面
練習中倒れる!
桜庭緊急入院
深刻事態…このまま引退か/10・9 HERO`Sは

##

 携帯サイト「kamiproHand」が東スポ報道を参考にする形で伝えた。
##
・ 26日、一部夕刊紙にて、今月25日、桜庭和志が練習中に倒れ、横浜市内の病院に緊急入院したと報道された。この報道によると、桜庭は命に別状はなく意識もしっかりしているようだが、体調の回復を待って精密検査を受けるということから緊急入院の措置が取られた模様。
・ この日は本格的なスパーリングを行っていたが、不調を訴え嘔吐してすぐに練習を中止。様子がおかしいことから練習パートナーの豊永稔トレーナーらが、横浜市内の病院に運び込んだという。
・ 桜庭は8・5HERO'S有明大会でケスタティス・スミルノヴァス戦で頭部にダメージを受けていたが、大会後のMRI検査で異常が見られなかったため、秋山成勲戦が発表されたばかり。この緊急事態に大会を主催するFEGも対応に追われており、正式な発表が待たれる。

##

 14:35現在、オフィシャルサイトおよびスポーツナビでの発表、報道はなし。
・ HERO'S ★ OFFICIAL WEB SITE
・ K-1 OFFICIAL WEB SITE
・ スポーツナビ | 格闘技

 25日(月)の出来事が今(26日)になって、しかも独自取材網を持つ東スポだけが報道している。極秘事項として扱われたところに深刻さがうかがえる。かなり心配だ。

 とにかく続報を待つしかない。

※22:00追記
 現時点で主催者からの発表はなし。東スポの“練習中倒れる”というワーディングに引っ張られてしまうが、angle JAPANさんの東スポ要約がいちばんの詳細情報。
・ angle JAPAN: 桜庭が練習中に倒れて緊急入院! 10・9HERO'Sは欠場濃厚
##
要約すると、この日から本格的なスパーリングを開始した桜庭選手が練習中に嘔吐。休憩しても吐き気は収まらず、目眩まで訴えたため、病院に行くことに。体調が完全ではないため、負担がかかる精密検査はまだ受けられず、とりあえず入院することになったというもの。命に別状はないが、約2週間後に迫った10・9HERO'Sへの出場は絶望的だろうと書かれている。
##

 “精密検査が受けられず”というのの程度がわからないが、情報を読む限りはオーバートレーニングのようなこともあり得る…くらいが言えることか。軽度のものなら10・9出陣もあり得るかもしれない、果たして? もちろん、きっちりした検査のもと、無理をせずに回復に専念してほしい!


※ついに記者会見! 9/27追加記事
・ 桜庭和志、椎骨脳底動脈血流不全の疑いと診断。10・9HERO’Sは欠場(カクトウログ)
■□

2006.09.25

棚橋軍と中邑軍に再編か、新日本プロレス/9・24大阪大会一夜明け感想

pick up 小橋建太&本田多聞、タッグ王者返上金子賢vs所英男、決定…谷川代表「今回の件で僕は前田(日明)さんとは話してない」@angle JAPANさん曙プロレス専念、10.9HERO’Sは欠場UFCが“大みそか”に興行WEWヘビー級王座は新日本プロレス・真壁刀義の手に倒れた地…ここだよなと思って写メール撮っちゃった@高山善廣ココは大阪府立体育会館!!アーツ、ウィルスに侵され開幕戦欠場も!?井上譲二編集長のトークショーについて@ターザンカフェ#132 大相撲@鈴木浩子プロレスの証言者 アントニオ猪木(11)(12)

一夜明け会見や報道からの情報をまじえつつ、感想を。中邑真輔のサプライズ来場に揺れた9・24新日本プロレス大阪府立体育館大会を会場で観戦しました・・・

続きを読む "棚橋軍と中邑軍に再編か、新日本プロレス/9・24大阪大会一夜明け感想" »

2006.09.24

中邑真輔が登場! 9・24新日本プロレス大阪府立体育会館、速報観戦記まとめ

「Circuit2006 Ignition ~点火~」最終戦、9・24新日本プロレス大阪府立体育会館大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
060924nakamura1

続きを読む "中邑真輔が登場! 9・24新日本プロレス大阪府立体育会館、速報観戦記まとめ" »

速報します、新日プロ大阪府立体育会館。棚橋vs金本、天山vs蝶野

◆午後4時から当サイトで速報      ◆両国決戦「爆発」へ向けた「点火」の中身とは何なのか?

 G1クライマックス直後のシリーズ「Circuit 2006 Ignition~点火~」が最終戦を迎える。
・ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -シリーズ&カード情報-
##
Circuit2006 Ignition ~点火~
9月24日(日) 大阪府立体育会館 PM4:00試合開始
[1]内藤哲也&裕次郎vs平澤光秀&宇和野貴史
[2]稔&獣神サンダー・ライガーvs邪道&外道
[3]井上亘vsミラノコレクションA.T.
[4]山本尚史&永田裕志vs中西学&飯塚高史
[5]タイガーマスクvs田口隆祐(NWA世界Jr戦)
[6]曙&高山善廣vsトラヴィス・トムコ&ジャイアント・バーナード
[7]蝶野正洋vs天山広吉
[8]棚橋弘至vs金本浩二
[終了後]LOCK UP 5チーム参加タッグサバイバル「GO TO HELL SURVIVOR」

★GO TO HELL SURVIVOR参加チーム
LOCK UP選抜軍:矢野通&石井智宏
前IWGP暫定王者チーム:越中詩郎&真壁刀義
アパッチプロレス軍:金村キンタロー&黒田哲弘
たかし軍:BADBOY非道&橋本友彦
革命師弟軍:長州力&下田大作
※10名バトルロイヤル方式で試合進行、フェンスアウトでも失格
※最後に1人でも勝ち残ったチームの勝ち
※提案のあった金網は、上記ルール遂行の為、また新日本作成の金網はそれ自体が選手の生命の危険を脅かす凶器となりえるため、更にロックアップの理念に基づきあくまでもリング上で肉体と肉体をぶつけあう戦いを参加選手のプライドに求めるものとし設置をしない

##

 めちゃめちゃテーマが多岐に渡っている!

・ この夏のG1クライマックスから大阪府立が消えた。大阪ファンにとっては久々の新日本ビッグマッチ。
・ 高山善廣が“2年前に倒れた地”大阪に復帰後、初登場。
・ 棚橋vs金本はIWGPヘビー王者vsジュニア王者。
天山vs蝶野はG1クライマックス2006王者vs2005王者。
いわゆる“横綱対決”がダブルで組まれた大会。
・ 棚橋と天山にとっては、対戦する両国へと弾みをつけられるかが問われる。シリーズ「Circuit 2006 Ignition~点火~」から10・9両国国技館「EXPLOSION ~爆発~」へ。
・ ほかにもCTUジュニア対決、ミラノがジュニアとして試合、天山と蝶野はヨリを戻すか決別か・・・。

 ただ、難点は“雌雄を決する”感が弱いってことでしょうか。天山がG1のボルテージを保っているとは言い切れないし、現王者の棚橋もアピール不足。天山が蝶野とやる理由、棚橋と金本がやる理由も弱い。興行のアグレッシブさを出すなら、大阪で凱旋・中邑真輔がタッグ戦→両国でシングルっていうふうに先取りしたかった。

 “弱い”ところは試合内容で補うしかないでしょう。先日の全日本後楽園がそうでしたよね、小島vs近藤は“話題の弱さ”を“試合内容で”超えていったビッグマッチとなった。G1で活躍した天山、金本。G1で悔しい思いをした棚橋。G1に出れなかった蝶野。4人の意地で大会を盛り上げてほしいな。

 というわけで、ボク自身、ちょっと遅めの夏休み。大阪に“寄り道”観戦してくることにしました。よろしかったら速報におつきあいください。■□

ほら吹き日記、最終回。上井文彦氏、10・8カード発表ならず

pick up 新日マスコットキャラクター名前は「ジッピー」にジョシュの地上波バラエティ初出演はどうだった?BurningSpiritさんジョシュのバラエティ初出演の感想@つづれやさんニコラス・ペタスが復帰戦で豪快KO勝利!=HEAT 2ndアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ「試合を支配していたのは私だ」ダンヘンvsビクトー決定=PRIDEラスベガス突き抜けちゃったよ、鈴木みのるディーバのトリーと浩子が相撲観戦で対面プロレスの証言者 アントニオ猪木(10)ビンラディン:仏紙「死亡」報道「8月に腸チフス」で

10・8上井ステーション後楽園ホール決戦の全カードを9/24更新分携帯サイト「ほら吹き日記」最終回で発表。そんな予告をしていた上井文彦氏だが、発表は先送りに・・・

続きを読む "ほら吹き日記、最終回。上井文彦氏、10・8カード発表ならず" »

2006.09.23

WWE日本語オフィシャルサイト

pick up あの男が確約宣言!! タイソンVSエスペランサー@9/23発売分東スポファイト休刊によせて~ターザン山本氏×谷川貞治氏対談@プロレスLOVELOVE愛してるさんキミは秋山派?桜庭派?@おまえらの好きにはさせねえ!さん元ゴング編集長、舟木昭太郎氏、脳梗塞のリハビリに励む日々プロレスって何だ!? 血涙山河編ゼロワンMAX新規事業部設立、芸能イベントを本格的に手がけるメーン司会の夏目ナナ「プロレスラーに負けないよう大ハッスルするわ」RODに対して思う事@小島聡ジョシュ・バーネット、ノゲイラ戦の作戦を明かす@ゴン格→BurningSpiritさん永田裕志も登場、10・1ナガタロックオリジナル新作Tシャツ先行販売会ベニー・ユキーデ氏と佐山サトル氏が対面ヒョードルを見に東京ゲームショウに行こう@悲しきアイアンマンさん「東京ゲームショウ2006」マイクロソフトブースレポート長州小力がナチョ・リブレ姿でテレビCM

 WWE日本語オフィシャルサイトがオープン。
・ WWE:World Wrestling Entertainment

 サイト運営はスポーツマーケティングジャパン株式会社のマーケティングディレクター・日置貴之氏。インタビューがこちらに。
・ 縮まる距離、WWEのネット戦略 - [プロレス]All About
##
・ WWEのコンテンツ、24/7では7万時間の動画アーカイブがあります。WWEは、ECW・AWA・NWA・WCW、全ての映像の権利を持っていますから。日本の公式サイトでも、毎日視聴できる本数を増やしていきます。有料ですが、一本数百円という安価で提供していきます。一日一時間観ても、7万年かかりますよ(笑)。
・ ニュースはWWEのオフィシャルニュースとして、毎日10本近いニュースを翻訳してアップしていきます。現在、最新のストーリーを知るために、コアなファンは自らWWEの本サイトへチェックしにいったりもしていますし、自分のBlogなりでストーリーを書き出している人もいますが、公式といわれる情報の方が配信が遅いという何とも歪な関係が続いてきました。今後は、写真や豊富なニュースでファンをナビゲートすることが出来るようになっていきますので、リアルタイムにより効率よく、情報が入りやすくなるような努力をしていきます。
・ これでも、まだコンテンツとしては20%くらいなんですよ(笑)。来年の初旬の方には本国のサイトとほぼ同等のサービスを作ることができると思っています。日本公演で実現してほしい試合を投票させたり、ディーバを選んだりと、実際に実現するかどうかは別にしても双方向のコミュニーケーションが実現する意義は大きいですよね

##

 おっ、頼もしい発言連発! サイトでは210円で視聴できる動画がさっそくたくさん出てましたよ。ストーンコールド・スティーブ・オースティン vs グレート・ムタも。

 WWEに明るくないボクは、WWEファンはみんな英語が堪能なのかな、大会での通訳を嫌がったって話も聞いたことあるし!?なんて思ってた。でも、ニーズもあるってことなんですね。底辺拡大にもなる。

 熱心なWWEファンのブロガーさんは記事の和訳を載せてたりしたんですが、このサイトでラクになるかもしれませんね。とにかく、これからのサイトの充実に期待です。■□

ジョシュが今夜ドッキリを仕掛ける/その他 週末の地上波テレビ情報

pick up 中邑真輔、体重20キロ増新日本10・8後楽園WRESTLE LAND全カード「平成のテロリスト」村上和成が「ミスター・デンジャー」松永光弘と結託。ノア参戦も予告山笠Z”信介が引退大森「でかまる党」大演説公立学校での式典で国旗・国歌は当たり前だろう!?@高山善廣カート・アングルがプロレス引退と総合格闘技挑戦を表明インリンは友人のインリン様が、娘のニューリン様と絶縁状態にあることを危惧「ニューリンを更生させたい」インリンさんがポロリ「ニューリンが大阪で初M字決めるかも」フランスの格闘技雑誌『Fightsports』表紙はミルコ&ジョシュチェ・ホンマン婚約報道は事実無根プロレスの証言者 アントニオ猪木(9)

 週末の地上波テレビ情報をまとめておきます。
■土曜ゴールデン → ジョシュがバラエティ出演
■土曜深夜 → 新日中継で永田&村上vs高山&みのる
■日曜深夜 → ノア中継で柴KENvs田上&潮崎

 9/23(土)TBS系列で夜7時から。
・ Yahoo!テレビ
・ Yahoo!テレビ - 改編期番組紹介
##
史上最大の超ドッキリ大実験!次課長&品庄おぎやよ…お前ら初のこの冠番組はぜーんぶまるまるウソなのだよスペシャル
9月23日(土) 19:00~20:54
TBSテレビ
Gコード(581472)
◇次長課長、おぎやはぎ、品川庄司がゴールデンタイムのレギュラー番組出演獲得を目指し、バラエティー番組の司会に挑戦する。愛川欽也・うつみ宮土理ら3組の夫婦の悩みを解決するほか、板東英二ら"ちょい不良おやじ"による料理、格闘技のジョシュ・バーネット選手とのじゃんけんゲーム、アイドル10人による暴露大会を開催。だが、ハプニングの続出で司会の3組は顔面蒼白(そうはく)に。そんな彼らを意外な結末が待っていた。

<ジョシュのコーナーについての説明>
「格闘王の素顔を暴け! ハイパーガチンコバトル!」
格闘技界のニュースター、ジョシュ・バーネットが出演。全世界60億人の中で間違いなく三本指に入るという最強の男だ。その素顔を探ろうと芸人たちがさまざまな質問をするが、ジュシュはニコリともせず、ぶっきらぼうに一言答えるのみ。ビビリまくる芸人たち。ジュシュvs.芸人で「叩いてかぶってジャンケンポン」をすることに。威嚇するような態度のジュシュに、芸人たちの表情は恐怖に引きつる。

##

 TBSはPRIDEとライバル関係にあるHERO'S放映局。これでは主戦場PRIDEのアピールはできない。どういうふうにジョシュは紹介されるんだろう? もちろん、知名度が上がること自体がいいことではあるんですが。ジョシュがどんな怖さと茶目っ気を見せるのか、注目しましょう。

 そして、新日本プロレスとノア中継の中身は?

↓新日本プロレス中継
・ Yahoo!テレビ
・ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -メディア出演情報-
##
ワールドプロレスリング 「“ミスター新日本”がビッグマウス・ラウドに参戦!無敵のタッグ・鈴木&高山と激突」
9月23日(土) 26:25~26:55
テレビ朝日 Gコード(5700057)

・ 8・20後楽園ビッグマウスラウド「村上・永田vs鈴木・高山」
・ 9・18相模原「棚橋・長州 vs 天山・バーナード」
電撃決定!10・8両国、中邑帰国!! 
次週、LA中邑緊急直撃!

##

↓プロレスリング・ノア中継
・ Yahoo!テレビ
 携帯サイトから情報を追加。
##
プロレス
▽BI砲対決ついに実現?柴田の挑発に田上火山大噴火▽パンチ志賀ハードコア初挑戦!因縁名古屋で流血戦!!
9月24日(日) 25:20~25:50
日本テレビ Gコード(8236854)

(内容予定)
9・9武道館 田上明&塩崎豪vs柴田勝頼&KENTA
9・3愛知 スコーピオvs志賀賢太郎(白GHC戦)

##

 なんだかビッグマウスラウド系ですね。「村上&永田vs高山&みのる」も「田上明&塩崎豪vs柴田勝頼&KENTA」もどっちもいい試合でしたよ、画面で再確認しよっと。■□

2006.09.22

小橋建太の近況

携帯から。

秋山準が小橋建太(ノア、腎臓摘出手術後で欠場中)
の近況をブログで報告しているとのこと。

「秋山社長の徒然日記」でヤフー検索してください。


※9/23 10:45追加 記事はこちら
・ 秋山社長の徒然日記: 小橋さんの近況

■□

桜庭和志が表紙。PRIDE公式サイトはそのとき!

pick up WWEスーパースター&NO.1ディーバが吉本芸人と共演イタリアのヒーローは2人いらない敗者はM字ポーズで張り付けられ、60秒間ナニをされてもいいワールドプロレスリング~9/23 放送~BMLでの永田&村上vs高山&みのる放映新日本9・24(日)4:00PM 大阪府立全カード蝶天王座はく奪 24日の大阪が有力A級戦犯 新日本プロレス崩壊の真実@angle JAPANさん金子賢選手HERO'S参戦に思うこと@くまページBlogさんPRIDEウェルター級GP準決勝カードアントニオ猪木酒場、1号店が池袋にオープン@ブラックアイさんプロレスの証言者 アントニオ猪木(8)

 10月9日の桜庭和志HERO’S参戦第2戦まで、あと2週間と少し。9/22発売分の『格闘技通信』『ゴング格闘技』はそろって桜庭和志が表紙となった。

↓桜庭和志が表紙「お楽しみはこれからだ」
・ 格闘技通信 10月23日号No.407 2006年 9月22日発売(格闘技通信公式)

↓桜庭和志が表紙「かけがえのない日々」
・ GONG格闘技 2006年11月号 No.174 2006年9月22日発売(ゴング格闘技公式)

 桜庭和志をある程度のボリュームで扱っているんでしょうけれど、内容は不明。書店で手にとってご確認を!

 こうなると、PRIDE公式サイトが気になるー。

 格通もゴン格もPRIDEをスポンサードしているため、さいきんはPRIDE公式サイトでもメディア発売情報時には「表紙写真込みで紹介」されてきた。“PRIDEを離脱した桜庭”が表紙となった今回・・・どう紹介されたのか。ご覧ください。

・ 『ゴング格闘技』 11月号(PRIDE公式)

・ 『格闘技通信』11月23日号(PRIDE公式)

 さすがに、PRIDE記事部分の写真にしてた。しょうがないですね。

 ちなみに。同じく「しょうがない」ってことかもしれないが、PRIDE無差別級グランプリの会場では桜庭和志グッズが普通に売られていた。ファンも微妙だよな、それを買うことが桜庭の応援になるってわけじゃない気がするし。

 最後に大会関連情報をー。

↓チケット購入済みの方も、同時に購入って場合も利用可能
・ 関東近郊都市から横浜アリへ 観戦バスツアー運行決定!!(HERO'S公式)
##
出発地点は日立、水戸、土浦、つくば、宇都宮、小山、前橋、高崎、蘇我、千葉、船橋、取手、柏、松戸、春日部、大宮、川越、所沢。各都市から横浜までバスで一直線! 帰りはラクラク横浜アリーナから各都市へ。しかも、HERO'Sグッズの嬉しいお土産付き!
##

↓対戦カードはこちら
・ 10月9日(祝・月) Sammy Presents HERO'S 2006
ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦 横浜アリーナ(HERO'S公式)

##
10月9日(月・祝)  
開場 14:30(予定) 開始 16:00(予定)
▼ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準決勝
桜庭和志vs秋山成勲
メルヴィン・マヌーフvs大山峻護
▼ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
宇野薫vsアイヴァン・メンジバー
J.Z.カルバンvsハニ・ヤヒーラ
▼ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝
「桜庭vs秋山」勝者vs「マヌーフvs大山」勝者
▼ミドル級世界最強王者決定トーナメント決勝
「宇野vsメンジバー」勝者vs「カルバンvsヤヒーラ」勝者

##

 桜庭の笑顔、見れるかな・・・。らしさ発揮を期待!■□

2006.09.21

大阪プロレス、1株42000円。株式募集開始へ

 先日、「初の株式公開を目指し準備をしております」と発表した大阪プロレス。9/20から株式募集を開始。
・ 大阪プロレス新着News:大阪プロレス 株式募集のお知らせ
##
2006年09月20日
大阪プロレス 株式募集のお知らせ
いつも応援いただいておりますファンの皆様へ 
これから 大阪プロレス㈱は プロスポーツエンターテインメント業界としては 初の株式公開を目指し準備をしております。
それに先立ちファンの皆様へ 株式募集をしたいと思います。
今回は1株 42000円 10株単位からの募集で、総数 1000株の募集となります。申し訳ございませんが 申込多数の場合は抽選となります。
資料をご請求の方は画像をプリントしていただき、記載されている方法で請求してください。
募集申し込み開始日は2006年9月20日からとなります。

##

 10株単位からの募集・・・ってことは最低42万円ってことですか。株はまったくわからないので、この手ごろ度はわかんないけど。案内されているのは資料請求なので、それを見れば手ごろかどうか、妥当なのかどうか、「わかる人にはわかる」ってことでしょうか。

 上場前なんで「未公開株の売買」ってことになる。世間には「絶対に上場しまよ、値上がりしますよ」って売るブローカーが問題になるケースも。本当に上場が近いんであれば、このような売り出しはしないんじゃないでしょうか。とりあえずは、資金集めなのかな?

 株式公開という志は素晴らしいのだから、トラブルにならないよううまくもっていってほしいものですね。■□

2006.09.20

高山善廣がブログ開始を予告/公式ウェブサイト新装開店

pick up これが究極のフィットネスだ!(後編)船木誠勝前編格闘家 ジョシュ・バーネット 闘い通じ非日常の空間提供ミルコ優勝にクロアチアは大熱狂あのヒクソンも実践=パンクラスが「火の呼吸」レッスンを開催プロレスの証言者 アントニオ猪木(7)

 サイトリニューアル(19日から?)。
・ TAKAYAMA-DO.COM 高山善廣公式ウェブサイト
##
INFORMATION
本日より新装開店!!
BLOGもスタートします。
今後とも宜しくお願いします。

##

 フラッシュとかがカッコよくなっている。「ABOUT TAKAYAMA」のPHOTO ALBUMには幼いころからの写真がたくさん。BIOGRAPHYは以前からあったものだが、復帰戦まで更新されている。

 ブログ(T-VOICE)もスタートとのことですが、今のところ記事はアップされていない。今までは「ホームページスタイルの日記」と「高山善廣本人も書き込むBBS」の両方があった。ブログっていうのは両方を兼ね備えることができる利点あり(と、コメント欄がない当サイトが言うのも変だけど)。ファンとのコミュニケーションも深化しそう。

 ところで、昨日9/19は高山の誕生日(40歳)。BBSにはファンからのメッセージも多くありましたよ。本人はこんな書き込みも。
##
[13073] Re:TOP リニューアル
せっかくリニューアルしてblogが出来るようになったのだが、未だやり方を理解出来ず、ココでお詫び申し上げます。
9/20(Wed) 10:13 本人

##

 あらま。誰か教えてあげないとー。


※追記 日付が変わってブログ無事スタート。こちらからどうぞ
・ TAKAYAMA'S Diary
■□

棚橋弘至と鈴木みのるがSASUKE!!出演

 メディア情報、棚橋弘至と鈴木みのるがあの人気番組に。携帯サイト「モバイルゴング」から。
##
IWGP王者・棚橋弘至と、三冠ヘビー級王者・鈴木みのるがTBSの人気番組『SASUKE!!』で競演する。棚橋はこれが2度目、みのるは初挑戦となった。2大王者はこれまで散っていったプロレスラーや格闘家たちのリベンジを果たすことができるか?
注目の結果は10月11日(水)18:55~21:48、TBS系列で全国放送されるスペシャル番組にてオンエア

##

 アスレチックな道のりをどこまで進めるかってやつですよね。鈴木みのるの参加はキャラ的に意外だなー。「これもチャンピオンの義務」なんて全日本プロレスから振られた?

 地上波、時間帯もゴールデンなんで知名度アップにはいい。

 だけれども・・・。格闘家はこういうゲーム形式のものには器用じゃないんで、あんまり活躍するイメージがない。それなりの結果を見せつけて欲しいけれど(もう収録は終わっている様子、写真も出ていたので)。頼むよ、棚橋&みのる!

 ちなみに、放映時点で2人ともベルトを保持しているかどうかは神のみぞ知る・・・。■□

2006.09.19

高山&みのるvs永田&山本/10・9新日本プロレス両国国技館追加カード

pick up 10・21PRIDEラスベガスでジョシュvsナツラ、ハントvsバタービーン前田日明がいない会見で・・・俳優・金子賢、10・9HERO'S参戦発表10・9フジでは・・・古畑任三郎vsSMAPが甦る大谷&高岩組が村上&原組に完勝=ZERO1-MAXサンテレビがハッスル特番放送プロレスの証言者 アントニオ猪木(6)週刊ゴング

 第46代IWGPタッグチャンピオン、高山善廣&鈴木みのるが新日本プロレスに還って来る!(高山復帰後の同タッグ結成は8・20ビッグマウスラウドに続いて2度目)

 新日本プロレスが10・9両国国技館大会の追加カードを発表。公式サイトに携帯サイトからの情報を追加してまとめます。
・ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -シリーズ&カード情報-
##
10月9日(月) 両国国技館 PM3:00試合開始
=発表カード=
▼TACTICS VERSUS TYRANT
永田裕志&山本尚史vs高山善廣&鈴木みのる
曙&飯塚高史vs真壁刀義&越中詩郎
石井智宏&矢野通vs邪道&外道
田口隆祐&井上亘vsプリンス・デヴィット&獣神サンダー・ライガー

=既報カード=
▼IWGP ヘビー級選手権試合
棚橋弘至vs天山広吉
▼IWGP ジュニアヘビー級選手権試合
金本浩二vs稔
▼IWGPタッグ選手権試合(予定)
中西学&大森隆男vs???
▼中邑真輔凱旋試合
中邑真輔vs???

##

 大会カードにも厚みが出てきた。永田裕志が会見。
・ 10/9両国で永田&山本VS高山善廣&鈴木みのるが決定!(新日本公式)
##
・ BIG MOUTH LOUDで突然、高山&鈴木組とやりまして。(8月20日後楽園大会)ここのところ、鈴木みのるが新日本から遠ざかっていた中で、久しぶりに当たってみて相変わらずだった。
・ 高山&鈴木と言うコンビよりも、どっちかと言ったら鈴木みのるに引かれるというか。私を相手にすると(鈴木は)言葉が冴えて、彼の性格の悪い部分が際立つというところで、永田裕志というのは鈴木みのるにとって貴重なんだなと。
・ (山本を指名)今年に入って徐々に力を着けてきた中で、高山&鈴木とやると本当に(自分に)力が着いたのかどうか分かると思うので。そういう意味で、なかなか掴み切れないチームに対して、山本がどういう闘いが出来るかと言うところに興味がある。
・ (高山について)リハビリ中なので頑張ってください。

##

 8・20ビッグマウスラウドへの永田裕志参戦、見返りがこのカードなんでしょう。でも、顔合わせはいい! こういうときの山本尚史には特に期待できる。

(一方で、前日10・8後楽園ホール、上井ステーションへの高山&みのる参戦はキツくなったかな)

 現三冠王者・みのるが新日本プロレス参戦っていうのもサプライズではあるんですが、みのるの全日本プロレスでの“扱い”は?
・ 元RO&Dが武藤らの援護射撃を得て、新生VMを追撃!=全日本(スポーツナビ)

 全日本正規軍vs新生VMがすっかり主軸。メインに一度も登場しないみのる・・・全日本で何をしようというのか?■□

上井ステーション全カード発表は9/24(日)・・・携帯サイトで!

pick up 前田日明の正論@続・妄想的日常さん近ちゃん戦、総括@小島聡鈴木みのるTシャツ(秋限定・MOON・Ver.)発売“キャプテン・ハッスル”小川直也が大阪で大暴れ谷亮子が世界選手権に意欲=既に練習再開MEN‘Sテイオーがファイヤーデスマッチに登場=10.1BJW9.23 カリフォルニア:ヒューズとペン再戦。パルバー復帰10.10 フロリダ:ティトとシャムロックが3度目の対決10.14 ラスベガス:フランクリン防衛戦。ライト級王座復活ホジャー・グレイシーの総合デビュー戦が12/2に延期

上井文彦プロデューサーにとってビッグマウスラウドとの訣別後初興行となる10・8後楽園ホール“上井ステーション”。全対戦カードについて、上井氏が発表日を予告した・・・

続きを読む "上井ステーション全カード発表は9/24(日)・・・携帯サイトで!" »

2006.09.18

BIG MOUTH ILLUSION 2006~激闘

pick up [試合結果モレ注意]ブログ:柔道家 野村忠宏からのメッセージBMLがFOSの傘下に入るそうです@プロレス多事争論さん女子プロレス最強決定シングルトーナメント出場選手投票受付スタート丸藤正道 、海外でGHC王座初防衛@ブラックアイさんまとめ今日は、一生の思い出になると思います@所英男タイソン“大みそか参戦”に秘策?9・15横井宏考がWPFC大会でチョークによる一本勝ちアマチュアの登竜門「PRIDEチャレンジ」開催ネット上なら麻生首相…安倍氏の3倍違法テレビ出演!?チンパンジーキャスタープロレスラーを検察官が3カウントプロレスの証言者 アントニオ猪木(5)

 発売情報をキャッチしました。2005年に2試合、2006年に6試合の大会を重ねてきたビッグマウスラウド。2006年分大会のDVDが10/25発売へ。
・ Amazon.co.jp: BIG MOUTH ILLUSION 2006~激闘: DVD: プロレス
##
BIG MOUTH ILLUSION 2006~激闘 ビッグマウスラウド
MHBW-73~MHBW-74/DVD/2006.10.25/¥5,040(税込)
★Amazon.co.jpなら¥ 3,780 (税込み)で予約受付中!
(¥ 1,260 (25%)OFF 9/18時点情報)

団体設立から約1年。常に話題を振りまき、プロレスファンの注目を集めるプロレス団体「ビックマウスラウド」の新作DVD!プロレス界を暴れまわる村上和成(BML代表取締役)と日本プロレス界期待のエース柴田勝頼を中心とし、日本プロレス界の台風の目といっても過言ではないビッグマウス。その激闘の模様をたっぷりと収録した2枚組DVD!2006年8月までに行なわれた6試合の中で、唯一テレビ未放送の6.18後楽園ホール大会を全試合ノーカットで収録。それ以外の5試合についても村上・柴田両選手の試合は完全ノーカット収録。このDVDで激動する団体の動きを再確認できます!
(紹介文はSony Music Online Japan : ビッグマウスラウド : ディスコグラフィより)

##

 ビッグマウスラウドは分裂状態。「常に話題を振りまき」「日本プロレス界の台風の目」は悪い意味で当てはまるようになってしまった。だけれども、柴田勝頼と村上和成の葛藤と苦悩、そして努力がリング上をつくっていたことは間違いない。

 「村上・柴田両選手の試合は完全ノーカット」とのこと。該当試合をピックアップ。
##
「2・26村上&エンセンvs永田&飯塚」
「2・26柴田vsアラン・カラエフ 」
「3・22村上vs健介」
「3・22柴田vs門馬秀貴」
「4・19村上&健介vsみのる&藤原」
「4・19柴田vs中嶋勝彦」
「6・18村上&ユタ(吉江)vsみのる&藤原」
「6・18柴田&飯伏vs森嶋&丸藤」
「7・20村上&臼田&原vsTARU&近藤&YASSHI」
「7・20柴田vs健介」
「8・20村上&永田vs高山&みのる」
「8・20柴田vsTARU」
※2月の徳島大会を除いて後楽園ホール

##

 フリー転向した柴田、BMLの牙城を守らんとする村上の足跡を確認したい方は、ぜひ。

 ボクは3月大会以外は全て生観戦、追っかけた。こうやって並べると、いろいろ思い出すなぁ。再確認しなきゃ。

=関連=
 前回DVD2005年の2大会。レビュー記事、商品情報はこちら。
・ BIG MOUTH ILLUSION2005~始動(カクトウログ)
・ Amazon.co.jp: BIG MOUTH ILLUSION 2005~始動: DVD: プロレス
■□

2006.09.17

負けたチーム即解散マッチ・・・9・17全日本プロレス後楽園ホール、速報観戦記まとめ

9・17全日本プロレス後楽園ホール大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。試合結果・タイムを追記。あらためて、どうぞ・・・

続きを読む "負けたチーム即解散マッチ・・・9・17全日本プロレス後楽園ホール、速報観戦記まとめ" »

大阪プロレスが株式公開へ。日本プロレス界初!

pick up パンクラスに集結。鈴木みのる、田村潔司、桜庭、柳沢、中尾KISS、永田克彦、山本KID、アンディ(ボビーの弟)@もりけんブログさん大会結果PRIDE大丈夫?マイク・タイソン「私はすでにファイターではないからね」@24時間格闘技三昧さんラーメンを食べる高田総統イノキ・ゲノム 11月韓国で開催も「近々サイモンがニューヨークから発表することがある」猪木プロレスの証言者 アントニオ猪木(3)(4)SRSキャスター・西山茉希が映画初出演

スペル・デルフィン率いる大阪プロレスが16日、「プロスポーツエンターテインメント業界としては初の株式公開を目指し準備をしております」と発表した・・・

続きを読む "大阪プロレスが株式公開へ。日本プロレス界初!" »

高田総統が奇跡。ビターンで山本昌のノーヒットノーランを起こす!

 今朝の『東京中日スポーツ』、裏一面が高田総統だったという読者からの情報あり。どんな記事?
・ 高田総統 マサのノーヒットノーラン予言!?
(東京中日スポーツ)

##
 高田総統が“奇跡”を起こした。総統は16日、高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官、島田二等兵を引き連れ、何の前触れもなく本紙名古屋本社に出現。スポーツ報道部を占拠して“名古屋アジト”にした。さらに、居合わせた社員を次々と洗脳し、ついにはドラゴンズのマスコット、ドアラにビターンを浴びせてモンスター化。「これでドラゴンズに奇跡が起こる」と予言して去った。その数時間後、ほど近いナゴヤドームでは山本昌が無安打無得点試合を達成。総統の言葉が現実になった。
##

↓ノーヒットノーラン記事はこちら
・ 中日山本昌が最年長ノーヒットノーラン(ニッカン)

 うぉー、あのノーヒットノーランは高田総統のビターンによるものだったとは! ビターン映像をスキットばりに試合序盤に流していたら伝説になっていただろうに(それはムリか)。

 記事の中で高田総統は、条件次第で10・9ハッスル名古屋大会へのザ・エスペランサー投入を予告。これまでドラゴンズの始球式には、棚橋弘至やTAJIRIが登場してきた。プロレス復興の発信地は名古屋ってことも十分ありそう。(ちなみに、本日17日は格闘家・所英男が始球式

 奇跡を起こしつつ高田総統がPRした名古屋大会。
・ ハッスル20(ハッスル公式)
・ チケット案内:ハッスル20(ハッスル公式)
##
ハッスル20 愛知県体育館
2006年10月9日(祝・月)開場16:00 開演17:00(予定)
▼HG&ニューリン様がついに合体! 奇跡のコンビが名古屋でハッスル!
▼坂田亘新GM名古屋凱旋記念試合
石井千恵vsスパイク

##

 ただ、高田総統の試合は盛り上がっているのか盛り下がっているのか微妙な感じですよ、名古屋のファンさん!(それが味わい深いんだけど)■□

ジョシュとドラゴン殺し【臨時増刊 ジョシュ・バーネット】

pick up 9・16~18大阪でコヒ、秋山もやって来る!! K-1 STATIONイベント情報9月22日(金)神戸インリン・オブ・ジョイトイM字トークショー9月17日(日)中日vs阪神戦(ナゴヤドーム)の始球式に所英男坂口征二の長男が白星デビューハル薗田さんお墓参り@佐々木健介9・16~17二足歩行ロボットによる格闘技「第10回ROBO―ONE」見逃した人もどうぞ・・・前田日明「オーラの泉」出演ミニ特集

ジョシュが足りない世の中に、とことんジョシュを発信してみる。本日は、PRIDE無差別級グランプリ準優勝を遂げたプロレスラー、ジョシュ・バーネットの動きをできる限りカクトウログが追う「臨時増刊 ジョシュ・バーネット」をお届けします・・・

続きを読む "ジョシュとドラゴン殺し【臨時増刊 ジョシュ・バーネット】" »

2006.09.16

ジョシュ・バーネットがセコンドについた風香、総合で勝利

pick up 風香日記神取忍がブログ開設9・24高山善廣が“脳梗塞で倒れた地”大阪に帰ってくる10・15開幕G1タッグリーグ出場チームは?美輪明宏、前田日明を叱る@おまえらの好きにはさせねえ!さん無我ワールドに島田紳助の援護射撃“名もなき”ヒールユニットとは?@オールアバウト鈴木みのる、愛車のドアがとれちゃった#131 ナツメの時計 ~PART2@鈴木浩子偉大なる王者の最後の挑戦 ホーストの勇姿を見届けよ大山峻護「僕に風が来ている。それを感じるんです」小学校土曜学級の講師に成瀬昌由登場TAJIRIがカイヤに毒霧伝授曙が米映画「オーシャンズ13」出演

 PRIDE無差別級グランプリで準優勝のジョシュ・バーネット。女子格闘技イベント、スマックガール(9・15スマックガール後楽園ホール)に世界最強のセコンドとして登場!
・ ジョシュ・バーネット選手がいました。|ソリタリオの格闘技取材日記|スポーツナビ+
##
何と言っても舞選手に勝った風香選手でしょう。本業は女子プロレスラーですが、AACCで練習をしているらしくジョシュ・バーネット選手をはじめ錚々たるセコンド陣がついていました(ジョシュ選手のセコンドぶりの、かいがいしいこと! 思うに彼は、世界一親切なPRIDEファイターではないでしょうか?)。その甲斐あって、いい闘いぶりでした。総合キャリアでは優る舞選手に一つも臆さず、スタンド、グラウンドともに優位に立っていました。柔道などの格闘技キャリアのない女子プロレスラーとしては、総合への適応度は一番ではないでしょうか? 今後の闘いが楽しみです。
##

 そのジョシュのセコンド姿はこちらに。PRIDEでの激闘の爪あとでしょう、目元がなんだか怖いよ!

 アイドルレスラーとのことで、スポーツナビにはこんな表現も。
・ 赤野が第2代ミドル級王者に 風香は判定勝利!=9.15スマックガール(スポーツナビ)
##
会場の声援はこの日一番で、特に野太い声での「風香」コールが響いた。
##

 でも、人気だけじゃない。今回も総合の練習を1日6時間やって試合に臨んだそうで、姿勢も素晴らしい。そしてプロレスラーとしての総合勝利ですから、ありセリフを言わなきゃ!

 風香の試合後インタビュー。携帯サイト「kamipro Hand」から。
##
(プロレスラーは強いですね?)
あ、そうでした。今日はジョシュ・バーネットさんにセコンドについてもらったんですけど、一昨日練習したときに(首かっきりポーズをしながら)「プロレスラーが最強なんだよ」って言えって言われてたんですけど、舞い上がってすっかり忘れてました(笑)。
(いま、やっときますか?)
はい。(恥ずかしそうに首をかっきりながら)プロレスラーが最強なんだよ! いつでもかかって来い!! ありがとうございました!
##

 風香選手についてはよく知らないんですが、こういうやりとりを読むと好感度大幅アップですねぇ! ジョシュも練習以上にこの部分をアドバイスしたかったんじゃないかな(笑)。

↓試合前インタビューもどうぞ
・ “アイドルレスラー”風香、単独インタビュー/久々の総合で勝利狙います!=9.15スマックガール(スポーツナビ)

 さて、ジョシュのインタビューが載っている紙のプロレス無差別級グランプリ決勝戦速報号、本日9/16発売です。ミルコ・クロコップが表紙に。
・ PRIDE | メディア | 『kamipro Special』 2006 AUTUMN
##
速報号の絶対王者『kamipro Special』!! 9.10PRIDE無差別級GP決勝戦緊急速報、10.21PRIDEラスベガス大会直前号!

☆ジョシュ・バーネット
ケ~~~~~~ンッ!!!!!!! 負けてなお煌めく北斗七星!
「GPで証明できただろ? ゴッチやロビンソンの“キャッチ”は本当に強いんだ!!」

##

 当サイトでも注目していたジョシュの“キャッチというバックボーン”発言。グランプリ決勝当日の煽りVTRでも使われてました。はてさて、何が語られたのか。■□

2006.09.15

中邑真輔、両国で凱旋試合決定

携帯から。

10月9日の新日本プロレス両国国技館大会での中邑真輔凱旋試合。新日本が発表。

カードは未定。候補は数人。

本人も帰国に納得。

相手選びとか、とっても大切。さあ、どうなる?

※25:50追加リンク
・ 10/9両国大会で中邑選手の凱旋試合が決定! IWGPタッグ王座に関しサイモン社長が決断!(新日本公式)

■□

神取忍が参院議員に!

携帯から。

詳細はヤフーなどで確認を。
・ 竹中平蔵総務相が、小泉内閣の退陣と同時に参院議員を辞職し、政界から引退する考え。
・ 竹中氏が辞職すると、04年参院選比例代表で自民党次点だった女子プロレスラーの神取忍が繰り上げ当選。

11月に両国国技館というチャレンジをする神取忍に追い風!

※25:50追加リンク
・ 竹中氏辞職 神取氏繰り上げ当選へ(デイリー)

■□

無差別級GP速報号、続々

pick up 秋山成勲「打撃でも寝技でも、勝つチャンスがある」ファイト〝井上プロレス〟は天動説をとっていたのだボクがファイトの記者になった時、I編集長には部下がいなかった@ターザンカフェサムライTV新日プロ実況・清野茂樹さんブログ開設天山、吉野家の牛丼で頭がいっぱい@多重ロマンチックさん1年5か月ぶりにMSGでWWE開催プロレスの証言者 アントニオ猪木(2)プロレスって何だ!? 第2弾発売@須山浩継週刊プロレス元編集長・浜部良典氏、配置転換ついに米国上陸!PRIDEの逆襲が始まる長尾迪(写真家) PRIDE-GP Fianl追加写真DMM.com、PRIDE GPシリーズを20日からオンライン配信36歳@小島聡チェ・ホンマンが危ない バンナがついに大爆発ハッスルが9.18横浜アリーナのフリーマーケットに出店大阪、愛知でハッスルがイベント開催

 PRIDEをスポンサードしている格通とkamiproが、PRIDE無差別級グランプリの速報号を出す。

↓格闘技通信「9・10PRIDE無差別級GP決勝大会速報&企画満載号」は、9月14日(木)緊急発売
・ PRIDE | メディア | 『格闘技通信』10月15日号増刊

↓『kamipro』9・10PRIDE無差別級GP速報号『kamipro Special 2006 AUTUMN』は9月16日(土)発売!!(地域により発売日が異なります)
・ 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO:【書籍 / ビデオ /DVD 】 『 kamipro 』 PRIDE 無差別級 GP 速報号の宣伝です !! < kamipro 編集部

 kamiproでは一般的にはここがポイント。
##
☆完全独占スクープインタビュー、マイク・タイソン!!
「PRIDEのリングで闘ったら、さぞ気持ちがいいだろうな」

##

 でも、ボクとしてはこっちが早く読みたい(笑)。
##
☆敗れてなお大ブレイク、ジョシュ・バーネット!
「ゴッチやロビンソンの“キャッチ”が柔術より上だと、証明できた!」

##

=大会参考記事=
・ カクトウログ: ジョシュはどうなった? 9・10PRIDE無差別級GP決勝戦さいたま、速報観戦記まとめ
■□

女子プロレス界に起爆剤を! 11・21両国国技館開催に神取忍「採算度外視だよ」

 小規模興行さえままならない女子プロレス。以前から「両国国技館開催」とは報道されてきたものの、信じがたかった。そんな中で大会のアウトラインをニッカンがスクープ。
・ 11・21女子プロレス最強トーナメント開催(ニッカン)
##
・ 神取忍が社長を務めるLLPWが11月21日、東京・両国国技館で「オールスター女子最強決定トーナメント」(仮題)を開催することが13日、明らかになった。女子プロレスでは8年ぶりの両国大会で、80年代に一時代を築いたダンプ松本から神取、アジャ・コング、豊田真奈美ら90年代のリングを彩ったトップ選手、さらに今年7月に仙台女子を立ち上げた里村明衣子ら、若手ホープも出場する予定。神取のプロレス人生20周年興行と銘打った異例の大規模興行を「女子プロレス人気復活」への起爆剤にする。
・ 人気低迷に苦しむ女子プロレス界に、神取のLLPWが風穴を開ける。あえて約1万人の集客を誇る両国国技館での興行に踏み切る。同会場での女子プロレス開催は実に8年ぶり。現状は2000人収容の後楽園ホールさえ満員にできないが、神取は「盛り上げるためにはやるしかない。採算度外視だよ」と言い切る。
・ 90年代に抗争を繰り広げた北斗、さらに00年7月の一騎打ちで惨敗した天龍にもオファーを出す。

##

 女子プロレス界で最高のものを見せようとする意志。そして、「採算度外視」という言葉にはジーンとした。さすが、ミスター女子プロレス!

 両国での女子プロレス開催は8年ぶり。前回は?
・ 1998年ビデオタイトル
##
「LLPW LIVE BATTLE'98 L-1」
王者のリベンジ 1998年10月10日 両国国技館
=収録試合=
オクタゴンの極限の攻防を"リングサイド"から全7試合再現!
日本女子プロレス代表世界女子格闘技代表5番勝負
神取忍VSグンダレンコ・スベトラーナ(柔道・ロシア)
ライオネス飛鳥VSイルマ・ヘルホーフ(オランダ)
堀田裕美子VSアンジェロ・アムロッソ(アメリカ)
沖野小百合VSリー・ウンジャ(韓国)
八木淳子VSフローア・ホルマン(オランダ)
高橋洋子VS三井綾
ベッキー・リーバイVSテリー・レポスキー

##

 やはりLLPW。異種格闘技戦だったんですね。

 こうしてみると、神取はカタチを変えつつも格闘技人生を懸けて業界の起爆剤であろうとしている。実を結んでほしいよ・・・他団体のみなさん、ぜひ協力を!■□

2006.09.14

前田日明の進む道。『オーラの泉』でのカウンセリングで変わるのか

pick up 星野総裁がブードゥー・マーダーズと合体GPWA グローバルレスリング連盟のロゴを創らせていただきました@富豪2夢路お待たせしました、PRIDE無差別級GP決勝!@長尾迪(写真家)ジョシュ、ミルコとの激闘グローブを仰天プレゼントみのる、初代タイガーマスクとの一騎打ちを要求第2章へ プロレスの証言者 アントニオ猪木(1)ゼロワンMAXの山笠Z”信介が13日、引退を発表大麻所持、元プロレスラー嵐に懲役6月・執行猶予3年前新日本社長の草間氏がプロレス経営者向けセミナーを開催=DDT

9月13日23:15からのテレビ朝日『オーラの泉』、今回のゲストは前田日明だった。霊視を行う江原啓之氏が美輪明宏氏とともにアドバイスを送る番組、どんな話題が出たのか・・・

続きを読む "前田日明の進む道。『オーラの泉』でのカウンセリングで変わるのか" »

2006.09.13

[追記]船木誠勝&柴田勝頼情報

携帯から。

柴田勝頼が携帯の日記で「船木誠勝とのトレーニング風景を取材された」旨に触れている。

ネットページでの企画で、本日更新とのこと。
「週刊OCNスペシャル」でヤフー検索すると該当ページにいけるかと思います。

本日発売プロレス週刊誌には、ノアでの柴KENタッグ復活戦のレポートも。

また、週プロ。
10月8日(日)正午、後楽園ホール興行は「上井ステーション(仮)」。
すべてが上井氏ネットワークでの大会になり、メインには柴田登場だという。いくつか情報がありました。ご参照を。

※21:40追記
 記事はこちらです。船木の筋肉、すごい。
・ 週刊OCNスペシャル:sports:船木誠勝がOCNスペシャルだけに語った「これが究極のフィットネスだ!」:ブログ人

 11日に予定されていた上井文彦氏の会見、延期で本日13日に行われました。「UWAI STATION~FREE STYLE PRO-WRESTRING~」を発表。
・ 高山・みのる・柴田らにオファー、最後の大勝負!=元BML・上井P興行(スポーツナビ)

 再出発? ラストチャンス?

 BMLにはプランがあった。それは第2新日本プロレスであり、「実験」であり、「必死プロレス」。残念ながら破綻した。なぜか? それは実体が伴わなかったから。上井氏は新日本に“闘う意味”を問うたが、自らがプロデュースしたのは“上井氏ネットワークによる行き当たりばったり”興行だった。団体の求心力は広がりようがなかった。

 だから最後の“開き直り”“ファンへのケジメ”としての「上井ステーション」でいいじゃない? そこにもし意味合いを持たせるんであれば、「柴田勝頼フリー転向壮行興行」にするべきであって。

 「UWAI STATION~FREE STYLE PRO-WRESTRING~」というタイトルは「プランなし」を示している。会場を押さえていたという仕方がない理由で、ファンはその実施を“許す”のである。もっともやってはいけない「大会のための大会」を見守るのだ。だから、その中での“カード早期発表”“内容の充実”を図ってほしい。「再出発」や「ラストチャンス」という言葉は、より万全の準備が整った近未来に使ってもいいではないか。そう思うのだけど・・・。

 もちろん、結果として意味合いが生まれるのはOKだし、むしろ歓迎なんです。■□

前田日明『オーラの泉』出演は本日23:15から!

pick up 柴田ノア参戦の裏で上井氏はDOG門馬を応援@カクトウログ記事末追記世界規模のケージ大会ネットワーク発足。DOGの改名も「週刊ファイト」が紙面で休刊を正式告知@消息筋さんグローバル・レスリング連盟、発足会見。11・14第1回主催興行今日は、俺もさすがに疲れた@ミルコ・クロコップベルトは欲しくない。ただ勝てればいいです@桜庭和志I編集長は社内からの強い反発、偏見、差別と闘いながらファイトを出し続けていた@ターザンカフェ9月16日(土)名古屋PARCOに高田モンスター軍が来襲弘中邦佳が『UFC64』に参戦9・10沼津プロレス旗揚げ 地元で満員、800人の大盛況週刊ゴング棚橋弘至ミニフィギュア1680円

 前田日明の出演。いよいよ本日9/13(水)の夜放映となった。予告に「江原が困惑」とある。どういうこと・・・!?
・ Yahoo!テレビより
##
国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉
江原が困惑…前田日明の背後に迫る闇▽三島由紀夫の導き?前世から続く戦いを終える時▽富士山で見た竜
9月13日(水)23:15~24:10 テレビ朝日 Gコード(7382868)

##

 読書家で格闘家、業界随一のオーラ。引退してもなお・・・いや、格闘家になる前からずっと闘っている前田が闘いを終える!? それを目にしたときボクは・・・明かされる真実にビビッてタジろぐか、番組に自分がついていけないか。どっちだろう?(笑)

 公式サイトもご参照を。
・ オーラの泉
・ オーラの泉予告
・ オーラの基礎知識

 実は前週、様子が少しだけ予告として流れました。聴き取りにくいんですが・・・。
・ 【音出ます 注意】YouTube - 【オーラの泉】前田日明・予告編

 というわけで、視聴に間に合うように帰宅もしくは通勤・通学前に録画のご準備を。■□

2006.09.12

300万

 おかげさまで、9月12日に右上のアクセスカウンターが300万超(管理者用画面でのアクセス解析では310万を超えていました)。
いつも拙文におつきあいいただき、感謝いたします!

 日別アクセス数も、実はさいきん過去最高を更新。この日です。
・ カクトウログ: ジョシュはどうなった? 9・10PRIDE無差別級GP決勝戦さいたま、速報観戦記まとめ(1万5,505アクセス)

 記事では「因縁のミルコvsジョシュが生んだドラマ」と総括したけれども、もっと言うなら、土壇場でも「プロレスラーハンターvsプロレスラーは生きていた」と言えるんじゃないかな。格闘技はプロレスにとって最大の“外敵”になった。最大の外敵との決戦が最高アクセス数・・・当たり前の結果なんでしょう。これまでトップだった“前田日明、徳島でビッグマウスと決別速報”(速報翌日の1万5,123アクセス)を超えた。

 これからもプロレスを追いかけていきたいと思う。

 さて、その大会で準優勝したジョシュ・バーネット。まさにリアル・ケンシロウに近づいたわけだが、あの話はどうなった? 一夜明け会見にファンとして参加したブロガーさんが情報をアップしていた。
・ PRIDE | ニュース | ミルコとジョシュが一夜明け会見に出席 王者として多くの言葉をミルコが語った
・ □ つづれや □ ジョシュ、ケンシロウフィギュア購入を断念も、思わぬところから光明が!
##
――優勝したら(58万円の)等身大のケンシロウのフィギュアを買うと言ってましたが、どうしますか?
ジョシュ「ボクが狙っていたのは優勝で、自分へのご褒美で買おうと思っていたんだ。だから今回はやめて、次に買うよ」

というわけでケンシロウフィギュアは断念したジョシュ。
ところが、通訳の人が武論尊(北斗の拳原作者)と知人で、ジョシュのことを武論尊に話したとのこと。
PRIDE会場にも何度も来たことがあるらしいです。
ジョシュがケンシロウフィギュアを欲しがってると知り、安く買えないか探してくれてるとのこと。
国内に数体しかないそうです。
ジョシュも大喜びで「アリガトウ!」と言ってました。
この話題の時が場内は笑いっぱなしでしたね(笑)

##

 手に入れた暁には、等身大のケンシロウをアメリカに持って帰るのかな(笑)。

 あらためて、いろんなものを背負って闘ってくれたジョシュよ、ありがとう!■□

2006.09.11

週刊ファイト、9月で休刊

pick up 中邑選手を(10月9日)両国に出したい@サイモン猪木社長スペル・デルフィン&ミル・マスカラス&獣神サンダー・ライガー実現G1覇者“猛牛”天山選手がバファローズ戦に登場みんな、やったぜ@ミルコ・クロコップPRIDE一夜明け会見・・・ミルコ&ジョシュ「クロアチアで一緒に練習したい」ミルコ「届かなかった夢をやっとかなえた」男女合同興行「ZERO-SUN NEXUS」対戦カード丸藤、9.16米国・ROHで初防衛戦決定マサ斉藤&中嶋勝彦週刊ココログガイドがカクトウログを紹介してくださいました

「重大発表」と予告されていた中身は、これだった。9月11日に新大阪新聞社が『週刊ファイト』紙の休刊を発表。9月27日発売分が最後になるという・・・

続きを読む "週刊ファイト、9月で休刊" »

本日、上井文彦氏が会見・・・なるか。10・8後楽園ホールは柴田勝頼のワンマッチ?

pick up 9・10無差別級GP結果DSE榊原信行代表の大会統括大会レポート@angle JAPANさん秋山準、正しすぎる決断@GGGさん猪木快守氏、熱海市長選挙惨敗@ブラックアイさん4代目ZSTガール佐藤けいこ、元気いっぱいデビュー30歳@伊藤博之

[※21:00現在報道なし、会見は延期になったようです。残念]
ビッグマウスラウド用に上井文彦氏が押さえていたが、団体分裂で宙に浮いた10・8後楽園ホール。上井氏が「明日(9/11(月))もし記者会見したら、発表しようと」と日記で触れた・・・

続きを読む "本日、上井文彦氏が会見・・・なるか。10・8後楽園ホールは柴田勝頼のワンマッチ?" »

2006.09.10

ジョシュはどうなった? 9・10PRIDE無差別級GP決勝戦さいたま、速報観戦記まとめ

pick up ミルコ・クロコップ優勝@船木誠勝PPV観戦PRIDE無差別級GPレビュー@おまえらの好きにはさせねえ!さんGHCヘビー級新王者・丸藤正道、一夜明け会見負けた・・・@秋山準

9・10PRIDEさいたまスーパーアリーナ大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。試合タイムを追記。あらためて、どうぞ・・・
060910soto

続きを読む "ジョシュはどうなった? 9・10PRIDE無差別級GP決勝戦さいたま、速報観戦記まとめ" »

速報します、PRIDEさいたまSA。無差別級GP・・・決勝戦!

pick up 「シルムの皇太子」イ・テヒョン、ヒカルド・モラエスとデビュー戦@くまページBlogさんサク、握手会イベントでK-1 STATION大盛況ミドル級は動きもあって、スピードがある面白い階級@宇野薫門馬秀貴、体重差の不利承諾も無念の黒星=DOG新ZSTガール・佐藤けいこさん。特技は・・・藤波辰爾、うなぎパワーで大暴れ
10:30追加pick up ボクらの週刊ファイト・・・9月は毎号買おうよ![さびしいですね。私もかって色々とファイトには・・・@草間政一ファイトが発売中止になるという噂を聞きました@中村祥之誠に不本意ではございますが、9月最終週の更新をもって閉鎖・・・@WEBファイト]┃9・23IWAジャパンに大橋宏紀参戦PRIDEサポーターの旅、完走
◆午後2時から当サイトで速報      ◆会場でジョシュ・バーネットを応援してきます!
 会場観戦、携帯から速報を入れます。
・ PRIDE OFFICIAL WEBSITE
・ PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦(深夜3時更新 スポーツナビ速報)
・ ミルコが前日会見ドタキャン、対するシウバ「どうでもいい」=PRIDE/ジョシュ、中村vsKISSの仲人になる!?(スポーツナビ)
##
PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦
9月10日(日)さいたまスーパーアリーナ 
12時開場 14時開始予定
▼無差別級グランプリ決勝戦
[9]第2試合の勝者vs第3試合の勝者
▼ワンマッチ
[8]ヒカルド・アローナvsアリスター・オーフレイム
[7]マウリシオ・ショーグンvsザ・スネーク
       -休憩-
[6]中村和裕vs中尾“KISS”芳広
[5]イ・テヒョンvsヒカルド・モラエス
▼無差別級グランプリリザーブマッチ
[4]セルゲイ・ハリトーノフvsエメリヤーエンコ・アレキサンダー
▼無差別級グランプリ準決勝
[3]アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsジョシュ・バーネット
[2]ヴァンダレイ・シウバvsミルコ・クロコップ
▼ワンマッチ
[1]西島洋介vsエヴァンゲリスタ・サイボーグ

##

060909pride

 もう、説明はいらないでしょう。さいたまSAに2時かー、けっこうキツイなぁ・・・。ガンバル。■□

2006.09.09

9・9ノア日本武道館、速報観戦記まとめ

9・9ノア日本武道館大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。試合タイムなどを公式サイトより追記。あらためて、どうぞ・・・

060909marufuji

続きを読む "9・9ノア日本武道館、速報観戦記まとめ" »

ついにイノキゲノム再延期

 9月から10月へ延期。具体的な話にならないまま、ついに・・・。

 本日発売分の『東京スポーツ』紙に情報が出る。「10月5日日本武道館」を再延期ということでしょう。
・ 東京スポーツ新聞社
##
■プロレス・格闘技
またかっ! イノキゲノム再延期
丸藤 七色の不知火でGHC取り誓う
天山の急襲に棚橋悶絶
また謎かけ!?西村「藤波戦はリングでダンス」
松永 チケット自腹でゼロワン殴り込み
K-1谷川P ダイエットの無謀な目標
流智美のプロレスクロスワードパズル
(連載)小佐野景浩の日本マットマル秘事件簿
##

 サイト内には『「イノキゲノム」再延期を明かした猪木』という文字も。

 ブラックアイさん経由での情報もチェック。
・ イノキ・ゲノム 、延期決定5秒前:be2
##
ただ今、日本武道館に
10月5日の予定を電話で問い合わせて見たところ
「空 き 日 程 で ご ざ い ま す」
と言われてしまいました。

俺も日本武道館に試しに電凸してみました。
ほとんどのスポーツ新聞が10/5で確定報っぽく流してるけど、と。
そしたらですね。
「10月5日は空いています」
「お話は頂いてるけど、正式な書類は提出されていない」
「プレイガイドとかそういう話も一切決まってない」
「こちらとしても新聞各社で報道されてしまっていて困っている」

##

 本当にやるつもりはあったの?


※追加 報道が出ました
・ INOKI GENOME 開催延期のお知らせ(新日本公式)
・ 「INOKI GENOME」がまた延期決定(スポーツナビ)
■□

速報します、ノア日本武道館。柴田勝頼がBML退団後、初試合

pick up 棚橋「天山、これがお前のやり方か!」調印式9・30新宿フェイスでフジタ“Jr”ハヤトvsタイガーマスク9・10決勝戦当日は俺の誕生日@ミルコ・クロコップ初のラスベガス大会!炎のPRIDEスペシャルツアー渋谷での公開記者会見、大盛況すぎて中止のハプニングバーネットVで58万円北斗の拳人形を購入9月18日(月・祝)兵庫で武藤敬司が18禁イベント
10:50追加pick up 9/10正午まで・・・GyaO [ギャオ] PRIDE.20シウバvsミルコ無料動画#130 真夏のハードコア ~最終章 ゲイですかぁ…@鈴木浩子HGが11月26日に挙式!エレガントな外資系高級ホテルで丸藤、飲料水「+波動水」で肉体改造していた
◆午後6時から当サイトで速報      ◆丸藤正道が真のヘビー級超えに挑戦
 日曜決勝戦のPRIDE報道が過熱しているんですが、こういうビッグマッチとかぶったときのノアは、ビックリするものを見せてくれるはず。

 当日券は午後3時、会場前で発売とのこと。間に合いますよ!
・ GHC戦前日、余裕の秋山と闘志燃やす丸藤=ノア/丸藤、史上初のGHCベルト全種類戴冠なるか(スポーツナビ)
・ ノア「Shiny Navigation’06~最終戦~」(スポーツナビ速報 ※更新は22時以降)
##
■9月9日(土)18:00~ "Shiny Navigation'06"
最終戦 日本武道館
[8]GHCヘビー級戦 秋山準vs丸藤正道
[7]力皇猛&森嶋猛vs高山善廣&杉浦貴
[6]三沢光晴&小川良成vsバイソン・スミス&キース・ウォーカー
[5]田上明&潮崎豪vsKENTA&柴田勝頼
[4]志賀賢太郎&金丸義信vsモハメド・ヨネ&太田一平
[3]本田多聞&菊地毅vs佐野巧真&SUWA
[2]齋藤彰俊&井上雅央&川畑輝鎮vsスコーピオ&ジョー・レジェンド&エース・スティール
[1]ムシキング・テリーvs青木篤志

##

 丸藤正道に「史上初のGHCベルト全種類戴冠なるか」との見出し。これまでの奪還をおさらい。
##
▼GHCタッグ王者(第10代 鈴木みのる&丸藤正道)
▼GHCジュニア・ヘビー級王者(第3代 丸藤正道)
▼GHCジュニアタッグ王者(初代 丸藤正道&KENTA)
▼グローバル・ハードコア・クラウン無差別級王座、
通称・白GHC(第2代 丸藤正道)

##

 試合内容ではノア最高レベルと言っていい丸藤。いよいよ、本命奪取に挑む。

 ビッグマウスラウド退団後の柴田勝頼が初めての試合。退団後の柴田の記事の扱いについては、このブログでは不満を書き込んできた。だけれども、今週の『週刊プロレス』は大々的に扱ってましたね。本当に柴田とKENTAが通じ合っていることがわかる対談記事、あれは専門誌にしかできない! 大会前には、同記事で“予習”をオススメ。

 というわけで、携帯からの速報は18:00開始です。■□

2006.09.08

中邑真輔、渡米して半年。「ファンよ新日よ、もう少し待っていてくれ」

pick up ノゲイラよ、ノーザンライトボムを受けてみよ新しいコスチュームを披露した風香猪木軍コーチにケン・ヤスダ就任秋山、陥落なら前座…9日・丸藤戦へ仰天構想9・7ハッスル・ハウス結果は深夜3時解禁田中将斗にもWWE日本ツアー参戦オファーボビー弟・アンディー、不徳の過去

2006年3月から海外修行に旅立った新日本プロレス、中邑真輔。肉体改造の経過は? そして、打倒ブロック・レスナーという至上命令が消えたいま、中邑は何を目標にしているのか・・・

続きを読む "中邑真輔、渡米して半年。「ファンよ新日よ、もう少し待っていてくれ」" »

2006.09.07

桜庭和志VS 秋山成勲、決定

携帯から。

本日7日、FEG谷川貞治代表と、
ライトヘビー級進出日本人3選手が会見。

##
10月9日(月=祝)HERO’S横浜アリーナ
『HERO’S2006ミドル級&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦』

▼HERO’Sライトヘビー級トーナメント準決勝
桜庭和志VS秋山成勲
大山峻護VSメルヴィン・マヌーフ

秋山「(桜庭は)ずっと憧れの人だった」
桜庭「あんまり殴らないでください」
##

桜庭が無事出場となると、やはりこのカードでしょう!

桜庭は第一人者として負けられない。
秋山はHERO’S生え抜きの意地がある。
プロレスVS柔道という図式もあり。

桜庭よ、再浮上してくれ!


※追加 記事にリンクを貼っておきます
・ 桜庭和志VS秋山成勲 いきなり夢のカードが実現(HERO'S公式)
・ K-1 STATIONで桜庭&セフォー握手会イベント開催決定~★(HERO'S公式)
・ 桜庭、ライトヘビー級トーナメント準決勝で秋山と激突=HERO’S/CT、MRI検査で異常なし! 「楽しい試合をしたい」(スポーツナビ)
■□

前田日明に悪霊の怨念龍!?/『オーラの泉』来週分に出演

pick up 新日本LA道場が Hollywood へ移転棚橋にできないのならその時はオレの出番@永田裕志猛牛・天山広吉がバファローズ猛牛打線を応援ジョシュ、パワーボムなどのプロレス技ねらうDEEP崩壊の危機!佐伯代表が大ピンチ瞬間最高は須藤戦20・9%プロレスの証言者 アントニオ猪木(15)

 写真あり。今週の放映が終わって、予告が来週(前田日明出演分)へと更新されました。
・ オーラの泉
・ オーラの泉予告
##
#66 2006/09/13放送予定
次回は格闘技界のカリスマ、
前田日明さんをお迎えします。
前世の記憶がいくつもあり、今も仮の肉体の感覚があるという前田さん。
その不思議体験が次々と明かされる。竜が写ってるという写真もスタジオに!

##

 当ブログでは何度も紹介してますが、放映日時はこちら。
・ HERO'S[MEDIA★INFO]
##
9月13日(水)
『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』
23:15~24:10 テレビ朝日系列
前田日明が出演!

##

 番組の次回予告を見ましたが、「背後に潜む悪霊の怨念龍に遭遇!? 美輪・江原が写真を鑑定」なんてテロップが。真剣に語る前田の姿が画面に。放映は来週だ。

 前田の予告が流れてから間もなく、「来週は前田」という携帯メールが知人2人から来たよ。ボクの認知のされ方って・・・。■□

至宝が流出、そのとき外敵王者に立ち向かっていくのは是か非か

全日本の至宝「三冠王座」が鈴木みのるに流出。試合後、鈴木がベルトを踏んづける。なのに誰も向かっていかない状況にファンがいらだち。向かわなかった小島聡はブログで主張・・・

続きを読む "至宝が流出、そのとき外敵王者に立ち向かっていくのは是か非か" »

PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦、9・10さいたま全カード決定

 いよいよ3日後、今週末の決戦全カードが発表された。
・ シウバ、ミルコと完全決着宣言!「4年前も私が勝っていた」=PRIDE/踏みつけ大ショーグン、自分の車に踏みつけられた!?(スポーツナビ)
##
PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦
9月10日(日)さいたまスーパーアリーナ 
12時開場 14時開始予定

▼無差別級グランプリ決勝戦
[9]第2試合の勝者vs第3試合の勝者
▼ワンマッチ
[8]ヒカルド・アローナvsアリスター・オーフレイム
[7]マウリシオ・ショーグンvsザ・スネーク
       -休憩-
[6]中村和裕vs中尾“KISS”芳広
[5]イ・テヒョンvsヒカルド・モラエス
▼無差別級グランプリリザーブマッチ
[4]セルゲイ・ハリトーノフvsエメリヤーエンコ・アレキサンダー
▼無差別級グランプリ準決勝
[3]ヴァンダレイ・シウバvsミルコ・クロコップ
[2]アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsジョシュ・バーネット
▼ワンマッチ
[1]西島洋介vsエヴァンゲリスタ・サイボーグ

##

 シウバ、ミルコ、ノゲイラ、ジョシュのベスト4。そして、ハリトーノフ、ヒョードル弟のリザーブ。改めてグランプリの名にふさわしい顔ぶれでしょう。5月の桜庭和志離脱、6月のフジテレビ放映中止・・・試練を乗り越えてPRIDEが放つ一大絵巻のファイナル。

 グランプリ以外でのサプライズカードはなし。ただ、実力者も多いのだから、試合の質で“PRIDE”を表現してほしいですね。あと、モラエスさん、ドントムーブ後のワガママはほどほどに(誰もわからない話?)。

 数日前にはこんな記事が出てました。
・ PRIDEとタイソンが契約して大晦日が面白くなる (ゲンダイネット)
##
 「かつて世界最強のボクサーとして君臨したタイソンだけに、誰と戦っても話題になる。早くも対戦相手としてボブ・サップやヒョードルの名前が挙がっています。吉田秀彦や小川直也といった日本人選手と対戦すれば、さらに盛り上がるのは確実だから、PRIDEは民放各局にとって魅力的なコンテンツです」(マスコミ関係者)
 中でも、放映権獲得に熱心なのは日本テレビとテレビ朝日だという。
 「日テレはフジがPRIDEの放送打ち切りを発表した直後から動いていました。DSEが開いた釈明会見にクルーを派遣してニュース番組で放送していたし、記者会見に出席したファンをつかまえて“テレビ放送中止についてどう思うか”とインタビューしたり、アンケートも取っていたほどです。テレ朝も放映権料が安くなれば手を出す可能性もありますが、今のところ日テレがリードしているとみられています」(放送関係者)

##

 抜群の知名度を持つタイソンも、PRIDEでの試合内容がどうなるかは予想がつかない。そんな賭けで地上波復活というのはPRIDEらしくないなぁ・・・。どうなるかわかりませんが。

 日テレはかつて猪木祭で痛い目にあったのに・・・現場は賛否両論なんじゃないかな。■□

2006.09.06

高山善廣、朝日新聞に登場

pick up 9・8渋谷でPRIDE無差別級GP公開記者会見カギを握っているのがジョシュ・バーネットの存在だ。PRIDE進出・・・アメリカ人の心を掴めノゲイラ公開練習宇野薫、9・4MAXリングでミドル級T出撃宣言かつら対決は小口に軍配棚橋がボクシング名城から必殺パンチ伝授プロレスの証言者 アントニオ猪木(14)特設リング上で結婚式週刊ゴング

9月5日付『朝日新聞』、「ひと」のコーナー。高山善廣が登場し、脳梗塞から2年ぶりに復帰したプロレスラーとして取材を受けていた。リング上にとどまらない闘いがそこにある・・・

続きを読む "高山善廣、朝日新聞に登場" »

2006.09.05

柴田勝頼を中心に自主興行?

柴田勝頼を中心に自主興行?

携帯から。

仕事の移動中。
東スポに本日発売『ファイト』の広告ありました。

##
上井氏 BML追放も死なず
柴田中心に自主興行続行!
##

うーん、上井さんフライング?
まだ買ってませんが、興味のある人はどうぞ。

2006.09.04

前田日明「最近デブり過ぎたから・・・」【週刊 前田日明】

pick up 9・4有コロK-1 MAX結果スポナビは深夜3時解禁志賀のアニキが白GHCのチャンピオンに@秋山準9・17小島聡vs近藤修司、決定10・8スペル・デルフィンvsザ・グレート・サスケ正式決定リアルタイガーマスク@所英男札幌での再会@小島聡蝶天崩壊…蝶野の蹴りでケリついた帝王・高山善廣、完全復活ショー(記事では3戦目とあるが4戦目ですね)「浩子のまんま」第5回目ゲストはマッスル坂井プロレスの証言者 アントニオ猪木(13)

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第42回のラインナップ▼10キロ減量の前田日明、船木誠勝と食事HERO’Sルール・ジャッジ反省会に参加・・・

続きを読む "前田日明「最近デブり過ぎたから・・・」【週刊 前田日明】" »

鈴木みのる、3冠挑戦結果・・・太陽ケアから奪取

pick up とりあえず取りました@鈴木みのる9・4K-1 WORLD MAX有コロ全対戦カードプロレスの証言者 アントニオ猪木(12)顔に鍼をうつって怖い@佐々木健介新日本9月3日(日)東京・後楽園ホール「Circuit 2006 Ignition~点火~」~試合結果新日本9月3日(日)東京・後楽園ホール「WRESTLE LAND」~試合結果[アブダビコンバット] 組織の枠を越え日本協会設立。代表は浜島氏「世界の荒鷲」二世、坂口征夫パンクラスゲート出場@くまページBlogさん

 これは、意外な結果。
・ 9月3日(日) 北海道・札幌メディアパーク・スピカ(全日本公式)
##
9月3日(日) 北海道・札幌メディアパーク・スピカ第6試合・三冠ヘビー級選手権試合(1/60)
○鈴木みのる(34分52秒)太陽ケア×
※スリーパーホールド→レフェリーストップ
※太陽ケア、2度目の防衛に失敗。鈴木が第35代王者に

##

 ノアでGHC王座を奪取した高山善廣ばりの“プロレスでも輝く強さ”。ついに鈴木みのるが手に入れた。

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」から。
##
ケアの猛攻を全て受け止めた鈴木は「いくぞ、全日本!」と叫んでランニングネックブリーカードロップを繰り出し、形勢逆転に成功すると、2004年11月佐々木健介戦以来となるクロスアーム式のゴッチ式パイルドライバーを公開。最後は逆落とし→スリーパーの必勝コースでケアに引導を渡した。
##

 誰が全日本からの刺客に名乗りを上げるのか。パッケージプロレスながら、毒を飲み込んで、意表を突き続ける全日本プロレス。うーん、グイグイ引っ張ってくれるなぁ。


※リンク追加 一夜明け報道
・ みのる戴冠即ベルト破壊…全日本・札幌大会(スポーツ報知)
■□

2006.09.03

柴田勝頼のREAL TALKよ、BML分裂劇を吹っ飛ばせ!

ビッグマウスラウド“空中分裂”騒動を報道ドキュメントとしてまとめました。また、永田裕志が“自主的に”参戦したと思われていた8・20BMLだが、長州力の指示があったことが判明・・・

続きを読む "柴田勝頼のREAL TALKよ、BML分裂劇を吹っ飛ばせ!" »

田村潔司の新コラム、携帯サイト「kamipro Hand」でスタート!

 携帯サイト「kamipro Hand」に告知が出た。
##
田村潔司の新コラムスタート決定! つきましては質問&お悩み大募集! 田村選手に相談したいこと、質問したいことを「kamipro Land」から投稿ください。お待ちしてます!!
##

 さっそくボクも質問を入れてみた。

 実は、田村潔司。2006年1月の登録会員向けメールに「書いてみようかな~ブログ・・・・」って記していたんですよね。自分で始めるのも腰が重いけれど、紙プロからのオファーのタイミングがよかった。そんな感じでしょうか。でも、田村の言葉が読めるのは何より楽しみ。

 なお、いつから開始なのかは特に触れられていませんでした。タイトルも未発表。「赤いパンツの頑固日記」「タムタムに訊け!」「孤高の選択コラム」とかかな。

※参考:田村潔司の近況など
・ カクトウログ: 田村潔司、HERO’S観戦。次の戦いはどこで? 2006.08.15
・ カクトウログ: 田村潔司、伝説の入場シーン 2006.08.26
■□

2006.09.02

今夜、地上波で新日&全日とも放映! 9月2日(土)深夜

pick up 私に対して、何故、鈴木選手との一騎打ちをしないのか?との意見@佐山聡#129 真夏のハードコア その2~電流爆破 輝ける黒タイツ@鈴木浩子プロレスの証言者 アントニオ猪木(11)力ずくでも新日本の中に棚橋シフトを敷かせますIWGP王者・棚橋、異例の“1人ポスター”坂口征二長男・征夫の相手は小野に決定健康栄養ドリンク グレートマカ9月上旬出荷予定全日本プロレスDVD最新作発売決定武藤敬司&神奈月コラボイベント開催

 この週末の地上波テレビによるプロレス放映。土曜深夜に新日本プロレス&全日本プロレス、日曜深夜にノア。メジャー系団体が揃い踏み。
・ Yahoo!テレビより
##
▼ワールドプロレスリング(新日本プロレス)
高山善広新日本復帰戦!脳血栓から2年…プロレス界の帝王復活▽ボノ・タイガー出現
9月2日(土) 26:10~26:40 テレビ朝日
Gコード(5591512)

▼プロレスLOVEin両国(全日本プロレス)
馳浩の引退試合で森前首相が!?▽三冠戦&ムタも登場
9月2日(土) 26:50~27:45 テレビ東京
Gコード(8249593)

▼プロレス 「後楽園大会結果詳報」(プロレスリング・ノア)
9月3日(日) 24:55~25:25 日本テレビ
Gコード(8266278)

##

 新日本放映終了の10分後に全日本開始という奇跡のリレー!

 こういう機会が重なって、プロレス人気も復活していってほしいと思う。全日本は1時間の特番、やはり目玉は森前首相の乱闘寸前劇!? レギュラー番組『プロレスLOVE』も帰ってこないかな~。

 さて、先週8・26(土)深夜の『ワールドプロレスリング』では、8・20ビッグマウスラウド後楽園ホールでの「村上和成&永田裕志vs高山善廣&鈴木みのる戦」が予告としてダイジェストで流れました。

 「第26代IWGPタッグ王者 鈴木&高山、最強タッグ復活」(まるで所属選手みたい)と煽り、「さらなるサプライズ」(実況)として魔界マスクをかぶった永田が登場する流れ、そして試合のいくつかのシーン。さらに、「近日放送、8・20BML 村上、永田vs鈴木&高山」というテロップ。

 今週は高山復帰第2戦、近日放送(さらに1週間後?)として高山復帰第3戦・・・高山づいていくテレビ朝日。このあたり、選手争奪の綱引きが絡んでいるのかもしれません。■□

9・9ノア武道館全カード決定~高山善廣に逃げ場なし

pick up 9・24大阪で棚橋弘至vs金本浩二コジログ2周年@小島聡ニューリン様、HGよりコメントが到着坂口征二の長男 総合格闘技へプロレスの証言者 アントニオ猪木(10)男女混合の新興行「ZERO-SUN NEXUS」3冠ベルトを机の下に置こうとすると・・・

 1週間後の大会、全対戦カードが発表された。
・ 2006年9月9日(土) 東京 日本武道館全対戦カード(ノア公式)
##
■9月9日(土)18:00~ 日本武道館
[8]GHCヘビー級戦 秋山準vs丸藤正道
[7]力皇猛&森嶋猛vs高山善廣&杉浦貴
[6]三沢光晴&小川良成vsバイソン・スミス&キース・ウォーカー
[5]田上明&潮崎豪vsKENTA&柴田勝頼
[4]志賀賢太郎&金丸義信vsモハメド・ヨネ&太田一平
[3]本田多聞&菊地毅vs佐野巧真&SUWA
[2]齋藤彰俊&井上雅央&川畑輝鎮vsスコーピオ&ジョー・レジェンド&エース・スティール
[1]ムシキング・テリーvs青木篤志

##

 セミ。前回武道館で“メインを食う”勢いをみせた力皇&森嶋が高山(前回メイン出場)と対戦。直接対決で力皇らが食ってみせるか、高山が意地をみせるか。ノアはなかなか強烈なことをやってくれる。

 高山は復帰してから4戦目。これまで1勝2敗、されど“試合後のリング上ノーフィアー”はなし。タカヤマニアの間では“Xデー”を待つ声が高まっているとか。

 大会中盤に位置づけられた柴KEN復活。柴田はフリー転向第1戦となる。記憶に残るファイトを期待したい。あとは、ムシキング・テリーの第1試合というのが新鮮。

 メイン。白GHCを争った間柄ですね。この試合に懸けた興行ともいえるでしょう。

 カクトウログ管理人も観戦予定。■□ 

2006.09.01

『ジョシュ君のこと』(5)~(8)までイッキに更新

pick up 桜庭和志は「異常なし」も再検査。前田日明はルール反省会参加川又誠矢氏の日テレへの請求は棄却@angle JAPANさん宇野、ミドル級トーナメント準決勝でメンジバーと激突。曙も参戦へオランダの風俗店経営者がK-1参戦へ亀田興毅vsファン・ランダエタ再戦は10月18日チーム3Dがハッスルに再参戦アントニオ猪木「KANSAI SUPER SHOW」出演公式ホームページ9・20鈴木みのるvs折原昌夫プロレスの証言者 アントニオ猪木(9)プロレス技で傷害致死の無職男に懲役7年求刑

 井田英登氏によるジョシュ・バーネットインタビュー。更新されました。
・ 『ジョシュ君のこと』完結インタビュー(5) - [K-1・PRIDE・格闘技]All About

 (5)~(8)までイッキに更新。前回は(4)が途中で終わっていて“完結なのに?”と思ったのだが。今度こそ完結なのかな。

 出だしからなかなかステキ。
##
――でも、いろんな意味で回り道をしたね。トータルな意味で、日本のプロレスは君にとってどんな経験だった?
ジョシュ「一言では言い難いんだけど…、残念ながらクォリティが落ちてたね。日本のプロレスは僕の見始めた頃と比べて凋落してしまって、なぜ昔プロレスがポピュラーだったかみんな忘れてしまっていてね。かつての日本のプロレスラーのトレーニングは、カール・ゴッチ流のシュートトレーニングだった。みんな、プロレスラーがホントに強いのを知ってたし、選手もリアルファイトのフィーリングの試合を作り出す事が出来た。当時のファンはそれを信じていたし、ドラマ性を感じる事が出来た。今のプロレスはアピールと大袈裟な動きばかりだ。そういうのはギミックに過ぎないと思うんだよ。ギミックにリアルなモノなんか何も無いからね。ファンもリアルなモノを何一つ感じる事が出来なくなってしまう」
##

 ステロイド疑惑やUFCを離れたときの話もあり。ぜひ、ご一読を。■□

加藤園子、5年半ぶり復帰。なんとワンマッチ興行!

すでに解散したGAEA JAPAN(長与千種が仕切る)でデビューした加藤園子。10・1(日)新宿フェイスでの復帰戦は、1試合のみ、ワンマッチ興行として行われることが発表された・・・

続きを読む "加藤園子、5年半ぶり復帰。なんとワンマッチ興行!" »

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー