フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 田村潔司の新コラム、携帯サイト「kamipro Hand」でスタート! | トップページ | 鈴木みのる、3冠挑戦結果・・・太陽ケアから奪取 »

2006.09.03

柴田勝頼のREAL TALKよ、BML分裂劇を吹っ飛ばせ!

ビッグマウスラウド“空中分裂”騒動を報道ドキュメントとしてまとめました。また、永田裕志が“自主的に”参戦したと思われていた8・20BMLだが、長州力の指示があったことが判明・・・

               * * *

 かなり長文になったが、おつきあいください。

 柴田勝頼・村上和成、そして上井文彦プロデューサーが揃っての“最後”の大会となった8・20ビッグマウスラウド後楽園ホール決戦。あれから2週間たつ。

↓最初の1週分の報道などまとめ
・ カクトウログ:分裂にスキャンダルはつきものなのか・・・BML柴田勝頼退団から一夜明け  2006 8/23
・ カクトウログ:柴田勝頼、「希望と期待」のビッグマウス退団  2006 8/22
・ カクトウログ:「このリング、潰すな!」 8・20ビッグマウスラウド後楽園ホール、速報観戦記まとめ  2006 8/20

 追いかけてきたファンとしては間違いなくショッキング。“ああそうですか”では済まされない。見切りをつけるにせよ、追いかける仕切り直しをするにせよ、情報が必要だ。しかも、スポーツニュース(パソコンサイトニュース)で流れる以上の突っ込んだものが・・・。

 分裂から2週目の報道(1週間分)をまとめる。すべて、自動的にはネットに流れていない専門誌・専門紙・東京スポーツ紙から情報をピックアップ。

 『週刊ファイト』No.1986(8/29発売、9/6号)から。
##
▼BML空中分解!?
・ エース柴田勝頼 → 退団、フリー
・ 上井文彦プロデューサー → 離脱
・ 石川稔久専務、幸英信取締役、臼田勝美、原学は村上和成社長に追随するよう。
・ 村上和成は上井氏が“重大な裏切り行為”に絡んでいたとし、近々、その内容を会見なりで白日の下にさらすつもりだという。業界全体の信用失墜につながるとして、法廷闘争も辞さない構え。村上「真実は一つしかない」(8・24新宿FACE)
・ もともと8・20村上社長のパートナー「X」について、上井氏は村上に一任。ところが、「X」が新日本の永田裕志とわかると猛反対したという。しかも、19日には一部スポーツ紙で「X」に永田が急浮上と報道された。この日、本紙(ファイト)の取材に上井氏「大会前日にそんな情報を出すべきじゃない」。

▼永田裕志インタビュー サプライズ参戦の裏事情
・ 永田「(大会2日前の18日)昼ぐらい、BMLサイドが会社(新日本)を通さないで『出る意志はありますか?』。絶縁状態だからおかしいし、そういうのを抜きにしても今回は遠慮しておこうと」
・ 永田「(18日)夜に今度は現場監督(長州力)から『出てくれ』って連絡があった。
(永田が参戦を直訴したのではなく、長州さんから要請された?)そう。あの時(8・20での試合後)、オレの言い方が悪かったんで違う感覚になっちゃったけど、監督から『申し訳ないけど。心情的にいろいろあるだろうけど出てほしい』と。詳しくは話せないけど、新日本にとってはどうしても出なきゃいけない状況というのもあったし。詳しくは言えないけど、そこには納得できる理由もあったんで」
・ 永田「(村上選手と上井さんが分裂したなら、村上選手に新日プロ、永田選手が協力したのも納得がいきますが)いや、あの日(8・20)の時点でも上井-村上は一緒だと思ってた」

▼ゼロワン中村祥之社長「1人だけ逃げるのか」
・ 「ゼロワンMAXvsBMLをやってて、上井文彦、1人だけ逃げるのか? 9月22日の後楽園には上井さんにも来てもらいたい。フリーの選手だけを使って(上井氏が押さえている10・8後楽園ホールで)興行をやろうとかいうんじゃなくて。BMLをなぜ作ったのかという原点に返って。そこに村上選手たちが上がるなら、ウチの選手たちを派遣してもかまわない。これ以上、細分化する理由がどこにあるんだ?」

▼編集部談話室
B 「(BML分裂の原因は)オレのところに入ってきた情報では、こうしたゴタゴタには付き物の金銭絡み。それも相当なもんだよ。ただ、昔から上井氏をよく知る者にとっては、にわかには信じられないような話もあるんだって。それこそ、この話が本当なら上井さんはどうしちゃったんだろう、おかしくなってしまったの? みたいな」
A 「ま、こういう時には全く根も葉もなくて、ビックリするようなウワサや憶測が飛び交うからな」
D 「(上井氏が抜けたことでBMLと前田日明&船木誠勝が復縁することは)それはない。和田友規容疑者が逮捕された時、前田はすぐに福田典彦取締役に『大丈夫ですか?』と電話をしたけど、BMLが心配だったわけではなく、UWF時代の後援者でもある福田氏個人を気遣ってのもの」

##

 新たに出た情報は、永田裕志の8・20ビッグマウスラウド参戦が長州力の指示だったということ。もちろん、永田だからこそBML出陣が“絵”になったし、“新日本プロレス、ここに在り”を見せつけてくれたわけだ。永田自身が事情をここに来て明かしたのには、首をかしげざるを得ない。せっかくファンもまわりも美談として受け止めたんだし、そういう話でいいじゃない! 英雄視されたことに負い目を感じたんでしょうか。

 上井文彦氏の疑惑が“金銭絡み”というのは、ファイト流の逃げたような書き方。ここは何とも言えません。

 ファイトでは、ゼロワンMAXの中村祥之氏の主張だけが真っ直ぐすぎるくらいのもので救いがあった。いい意味でのファイナル興行ができるんであれば、そこに向かってほしいと思う。

 続いて、『週刊プロレス』No.1332(8/30発売、9/13号)。
##
・ 村上はゼロワンMAX8・24新宿大会に出場している。
BMLスタッフ「会見を開く前に(上井氏と)話はすると思いますね。泥仕合になってもしょうがないですから」
村上「会社のことに関しては会社のこととして会社としての対応をしますんで」
・ いまは一日も早くBMLが会社としての対応を示すことで、ファンへの説明義務を果たしてもらいたい。もちろん同じことは上井氏にも言える。旗揚げ時に掲げた団体コンセプト「新しいプロレスの実験場」。今回の分裂がその実験結果だとしたら、あまりにせつない。それともまだ実験は続いているというのだろうか・・・。

##

 週プロらしい“検証”が珍しくなし。ただ、絶縁を断言しているように思えた村上のニュアンスとは違い、BMLスタッフの「話はすると思いますね。(上井氏と)泥仕合になってもしょうがない」という発言は嬉しいところ。

 『週刊ゴング』No.1141(8/30発売、9/13号)では?
##
菊池 「俺があるマスコミから聞いた話では・・・上井クンと村上の確執があったみたいだね」
新間 「上井と柴田の関係はそのままだけど・・・上井と村上、柴田と村上の間が、方向性やその他のことで意見が合わなくなってしまったみたいだね」
門馬 「前田と船木を取り込んだり、その関係が破局に至った段階から・・・もうBMLの限界は見えていた感じだったよね。団体に確固たる理念が備わっていなかったしね」
菊池 「この先、この問題がどういう形で波及してくるのかはわからないけど・・・柴田にダーティーなイメージだけは絶対につけたくないよな」

##

 どうしたんだろう、三者三様らしからぬ“浅い”展開に感じた。そんなことをわざわざ専門誌が語る必要はないのでは?

 以上、ファイト・週プロ・ゴングの報道、みなさんはどう感じただろう?

 ボクが追いかけてきたぶん、BML記事には“救い”を要求していることは間違いない。ただ・・・。

 分裂劇を批判することなんて、野次馬でもできる。ただ、起きている事実だけではなく、これまで所属レスラーや関係者に直接接してきたところからの検証ができるはずなのが専門誌・紙のはず。そこからいくつかの、次につなげる可能性を示すことが使命となる。前田日明の登場で売り上げが伸びたんでしょう? ファンと一緒に盛り上がったんでしょう? 最後まで粘りましょうよ! 少しばかりの可能性がある限り。

 団体プロレスが破綻し始め、フリーレスラーが謳歌するマット上。もしかしたら専門誌・紙でも、その傾向が起きているのかもしれない。元ゴングのフリー記者・金沢克彦氏だけが、連載でひとり気を吐いていた。(まるで、いつも金沢さんを誉めてるみたいになってるが、心が動いたからしょうがない)

 『週刊ファイト』No.1986(8/29発売、9/6号)内、連載「あのGKがマット界に評決!」から。
##
・ 永田自身、G1クライマックスの疲れを癒すため、千葉の実家でのんびり過ごしているときの緊急オファーだったから断ったという。しかし、そこはおとこ気というか、行動派として知られる男だけに、再度のオファーを受託し、前日にみっちり汗を流してできる限りのコンディションを作ってBMLのリングに立った。
・ 「現場監督からはGO(サイン)をもらった。会社がどう判断するかはわからない。村上に頑張ってほしいという気持ちと、相手が高山&鈴木ということで受けた」。さらに突っ込む報道陣に対しては「いろいろと事情があるみたいだけど、ここではあえて言いません」と釘を刺している。
この辺が永田の賢いところ。余計なリップサービスでもすれば、よそさまの団体が抱える事情、問題点にまで話が及んでしまう。あくまでリング上の闘いにつながる話にとどめておく姿勢が大人である。
実際、BMLは水面下で激動していた。BML(村上)サイドと上井文彦氏(ビッグマウス代表)との対立が抜き差しならない状態まで来ていた、というのだ。だから、新日プロに直接ではなく、新日プロ関係者に打診を行ったのは上井氏で、実際に永田本人にオファーを出したのは村上サイドという複雑な事情もあったようなのだ。
・ 村上は、一部スポーツ紙の取材に答え、柴田にはエールを送りながらも、上井氏に対しては「重大な裏切り行為があった。法的措置も考えている」と痛烈に糾弾している。上井氏とは旗揚げからの同志であるI専務やY氏も村上に同調する構えだという。
・ ただ、一つだけ言っておきたいことがある。またまた「GKは甘ちゃんだ!」と言われるのだろうが、私はこのプロレス界に悪人はいないと思っている。特に、柴田、村上の両選手は業界にとって大切な人材であり、すなわち宝でもある。彼らがどれほど好青年であるかは、関係者の全てが知るところだ。宝を腐らせてはいけない。

##

 永田が関係者と一緒につくっていった流れを金沢氏がこんなに大事にして(「あくまでリング上の闘いにつながる話にとどめておく姿勢が大人である」と記して)いるのに・・・あぁ、永田ってヤツは・・・。

 金沢氏はファイトよりも突っ込んだ事実経過を一部で押さえつつも、最後に村上と柴田が持つ“レスラーであり社会人個人としてのポテンシャル”に期待している。せめてここまでやってこそ、専門誌(紙)足りえるんじゃないか! とボクは言いたい。

 おおむね振るわないマスコミ陣だったからこそ、柴田勝頼の言葉がこの1週間も気になった。何を語ったんだろう?

 携帯サイト「プロレス格闘技DX」連載、柴田勝頼8/30更新分「REAL TALK」から。
##
 (前略)何かといろいろとお騒がせな人ですが、この前の試合で「なんでこの人はプロレスラーにならなかったんだろう・・・」と疑問に思いました。久々に週プロを立ち読みしたら、上井さん・・・プロレスラーの顔をしてるんですよ!若干、若返ったかのようにも見えます。この表情からして、上井さんが常々掲げていた『必死~』が、そこにはあったのではないでしょうか?
 試合を観てない人にはわからないかもしれませんが、自分と上井さん、ガッチリと握手をしている状況になったんですよ、リング上で。あの時、交わした会話の内容なんですけど、上井さんは自分に“エール”を贈ったつもりでしょうが、自分は上井さんにこう言いました。
 「この歓声は上井さんに対するみんなの期待の現われですよ! テメーがやらなきゃ誰がやるんだ! しっかり受けとめろ!」と試合直後だったので、こんな感じの口調で伝えたような。上井さんは片耳が悪いので、聞こえたかどうかはわかりませんが、伝えたい事は伝わったと思います。
 「カラダは痛いけど、とても清々しい風がカラダの中を吹き抜けた!」と会う度に言ってるので、よっぽどでしょう! 上井さんにとって一生忘れられない大会になったのでは? 実際に上井さんが俺の手を挙げた時よりも、俺が上井さんの手を挙げ返した時の方が、歓声がデカかったので素直にそう思いました。
 8.20の大会は、ハッキリ言って上井さんの意地で成し遂げた大会だった。大会での裏方をすべて一人で頑張っていたのも知ってる。(至る所で弱音を吐きつつ・・・)
 決して真面目とは言い切れないけど、人間が一生懸命になって何かに打ち込んでいる姿というのは美しい!(Yシャツが破れて腹が大変な事になっていたが・・・)なので、上井さんには今後も山口県人の意地で頑張ってもらいたい!(対戦カードはお早めに・・・)
 実は大会の数日前、上井さんから「フリーになってノビノビと試合したらどう?」と言われたのです。自分の中でもフリーになろうと決めていたので、その日の会話は今までに無いくらい噛み合った。でも、上井さんから「フリーに・・・」というのが意外だった・・・・(中略)
 とにかくレスラーのやりたい試合をさせる・・・この辺の考えは背広組としては非常に珍しい気がします。そして「ワシもそんな試合が観たい!」と言えてしまう上井さんはリスペクトに値する。
 「本音を言うと自分の手で柴田勝頼というレスラーを育てたかった・・・」という言葉も聞いているだけに、自分としては今後、フリーという立場の仕事は出来る限りやっていきたい!というのは本音。立場は少し変わったけど、コレがお互いにベストな関係であると思う。どう考えても“自分と上井さん”・・・“腐れ縁”な気がします。
 そんな腐れ縁の上井さんに対するイメージはですね・・・例えるなら『運動会のお母さん』。小学校の運動会で子供より頑張っちゃうお母さんですよ。張り切って我が子を応援するけど子供からは「もぉ~、お母さん恥ずかしいからやめてよ~」って感じの(笑)あんなイメージがありますね。解説の時は、その本領を発揮してしまうので、解説に向いているのか向いていないのかわかりません(笑)ただ、一つ言える事は・・・“熱い!”という事。コレは一番大事な事だと思います。日記でフライングしたり、いきなり突拍子もない事言ったり・・・時には、とんでもないダメ親父ぶりを発揮するのですが、この人のプロレスに対する熱意だけは“ビッグマウス”ではない気がします。
 自分の周りにも上井さんに期待している“上井派”(笑)の人が、以外にも沢山いる事を最近知りました。自分が思うには・・・やはり上井さんみたいな熱いオッサンは、プロレス界に一人くらい必要!(もう、この際オッサンでいいです!)あんな熱いオッサンはどこ探しても見当たらないし、いなくなったらプロレス界が寂しくなる。なので上井さん!これからもお互い頑張りましょう!・・・と誉めているのか貶しているのかよくわからない感じになってしまいましたが・・・まぁ、そんな感じで。
 最後に御愛読ありがとうございました。それでは! また会う日まで!

##

 この日記、柴田は“最終回になってもいいように”という切り口で書いたとのこと(BMLから外れる必要があると、自己判断をしたんでしょう)。

 ここまでしっかりと上井さんを称えることって、スゴイ勇気のいることだと思う。村上が疑惑の可能性に触れているだけに・・・。でもですよ、柴田は自分の感性で、上井氏について書ききった。もう、どこがポイントって絞り込みづらいくらい、全ての文が熱い。

 特に、リング上で上井氏に放った言葉・・・こういうのは好きだな。

 たとえ“空中分解”したとしても、上井氏との絆や恩はしっかりと残る。それを糧に柴田は進んでいく。本人がそこに突き進もうとしているのだから、まわりがバックアップしなくてどうする!(誰に言ってるんだ、ボクは?)。

 柴田の言葉、もう一丁!

 『東京スポーツ』8月30日号より。「俺は生涯一匹狼 BML退団柴田」。
##
 自由を全身に感じる。肩の荷が下りた。
 退団した翌21日、柴田は都内で単独会見を開いた。さまざまなしがらみがなくなった解放感からか、近寄り難い空気が完全に消えていた。それでもこれからは一人ですべてを背負わなければいけない。責任感だけはヒシヒシと伝わってきた。
 柴田「新日本を退団した時、白いキャンパスに自分なりの絵を描きたいと言っていたが、それをすっかり忘れていた。やっぱり会社に属していると甘えが出る。サラリーマンみたいになっていた。今後は自分で自分のケツをふく。全部自分の責任になる。前田さんも言っていたけど、プロレスの試合で追い込もうと思ったら、いくらでも追い込める。逆に楽しようと思ったら、いくらでも楽できる。今後は自分次第」。
  ×  ×  ×
 BMLにはちょうど1年間在籍した。その間、スーパーバイザーの前田日明氏や船木誠勝氏との決別、新日プロ3.19両国大会で予定されていた棚橋弘至戦のドタキャン事件など、トラブルが相次いだ。上井文彦プロデューサーの一本気な性格が災いしてか、BMLは業界で孤立し、柴田はいつしか「孤高のエース」と呼ばれるようになった。それでも今回の退団に際し、会社批判は一切しなかった。
 柴田「前回に新日本を辞めた時は、みんなの気持ちを代弁しようと思ったが、今思うと・・・。社長(村上和成)や上井さんには感謝している。BMLにはお世話になって育ててくれたのは事実だから。しゃべりたいことはいっぱいある。それは何年後かにムックか別冊宝島あたりで書きます(笑い)」。
  ×  ×  ×
 人生で最も苦労が続いた1年だった。人間的にも成長した。葛藤ばかりではない。貴重な出会いもあった。3月に戦った格闘家の門馬秀貴(門馬道場)戦は一番の思い出で、今後はタッグを組んでみたいという。船木氏は今でも良きトレーナーであり良き相談相手でもある・結果的にはたもとを分かったが、上井氏のプロレスにかける情熱を最も理解しているのも柴田だろう。
 柴田「門馬戦はBMLのリングだから実現したというのがあった。今後もBMLの興行があれば出るつもり。上井さんみたいな人がこの業界からいなくなるのは寂しいし、今の時代にああいうオッサンが一人はいた方がいい。(リング外の)仕事に関してはノウハウがないんで上井さんに聞いて勉強していきたい」。
  ×  ×  ×
 フリー初戦となるのはこれまで2度参戦したノアだ。9.9日本武道館大会では「ソウルメイト」と呼んではばからないKENTAと組み、田上明、潮崎豪組と対戦する。フリー初陣の相手が何を考えているか分からない“黒魔術師”田上とは、嵐の船出を予感させるが、柴田は闘志満々だ。
 柴田「田上選手とはずっとやりたかった。もちろん普通の田上選手じゃダメ。田上火山とやることに意義がある。秋山選手にも借りを返したいし、三沢選手とは首の状態がいい時にシングルをしたい。別に褒めているワケじゃないけど、ノアの舟はしっかりしている。そんな舟に乗ってみたい。ただオレはノアの色に染まらないし、染まったらおしまい。常連になるんだったらノアに上がる意義がなくなる。常に異質な存在でいたい。オレは生涯フリーでいくと思う」。
  ×  ×  ×
 フリーになっても反骨心だけは絶対に失うつもりはない。これが喧嘩屋の真骨頂だ。血わき肉踊るリングがあるなら、どこへだって駆けつける。インディだろうが、デスマッチだろうが、海外であろうが、どこでもOK。柴田に国境はない。
 柴田「海外にも行ってみたい。今、面白いなって思っているところはアメリカのTNAとROH。ROHにはKENTAが出ているから、フリーになると(参戦が)現実的になってくるかもしれない。TNAは「トータル・ノンストップ・アクション」という言葉が好き。常に動き続けるアクション。共感できる部分がある。向こうに行っても日本のプロレスをしたい」。
  ×  ×  ×
 目前には大きな海が広がる。“生涯浪人”を決断した今、柴田は希望に胸を躍らせながら、坂本龍馬のように、大海原に飛び出す。
##

 「孤高のエース」って初めて聞いたよ! だけれども、どこかで柴田の言葉を待っている自分はいる。同様に、「孤高の天才」田村潔司の言葉もボクは待っている。言葉の出しすぎはいけない。

 そう思えば、安易な記者会見で言葉を流しっぱなしにするよりも、専門誌・紙や携帯といった限ったメディアで発信する柴田や田村は“上手”だとも思う。それくらいのタメもある程度は必要なのだから。レスラーたるもの、言葉を待望されるくらいであれ。

 柴田勝頼、生涯フリー。大海原へ!

 そんな柴田に味方はいるのか。団体を超えて、この男が口を開く。

 『東京スポーツ』9月3日号「待ってたぜ柴田 “魂の友”ソウルメイト来たり!!」からKENTAの言葉を。
##
 ノア9.9日本武道館大会で柴田勝頼と約9か月ぶりに再合体するKENTAが1日、コンビ定着を熱望した。2人は“黒魔術師”田上明、潮崎豪組と対戦する。柴田を「ソウルメイト」と公言してはばからないKENTAは、晴れてフリーとなった柴田のノア定期参戦→コンビでの米国進出をブチ上げた。
  ×  ×  ×
 柴田は8月20日付でビッグマウス・ラウド(BML)を退団。26歳の若さでフリー戦士となった。「再会」をあきらめていた時もあったがこれで何の支障もなくなった。
 「今でもオレにとって最高のソウルメイト。ずっと組みたいと思い続けていたし、連絡も入れていた。あの年齢で月に1試合ってペースはストレスがたまっていたと思う。フリーになったことでウチにも上がりやすくなっただろうし、今後はチームを定着させれればいいっスね。武道館ではタッチ・ザ・スカイ(合体技)も決めたい」
 初結成は昨年11.5武道館。いきなりGHCタッグ王者に挑戦した。12.4横浜では三沢光晴、潮崎組と対戦。チーム初白星を挙げ「さぁ、これから」という矢先にBMLの諸事情もあってか、柴田のノア参戦は中断されてしまった。だからこそ9.9武道館から大攻勢を仕掛ける。
 「色々と大変だったと思うけど、電話で話したときも明るさは失われてはなかった。チームとしては一から実績を積み重ねていく。タイトルうんぬん以前に、まず武道館のお客さんを沸かせること。それができなければその場で解散してもいいし、逆に手応えが感じられれば、2人でどこでも出て行きたい。ちょうどオレは米国(定期遠征)に行ってるし、チームで米国に行くのも面白い」
 この日の長野大会では大田一平を猛虎原爆固めで一蹴。ROHヘビー級王者、ブライアン・ダニエルソンへの挑戦(9.16、米国ニューヨーク州)も正式発表された。会場のマンハッタンセンターはKENTAが好きなリンキン・パークなどもライブを行っている大会場だ。
 「エンターテイメントの中心地でどれだけ目の肥えたファンを沸かせられるか。タイトル以上にそれが大きな勝負ですね」。
 そのうえで柴田との「ソウルメイツ」で米国再上陸を果たす。KENTAの決意は固い。
##

 柴田とKENTAの出会いは、新日本プロレスを柴田が辞める直前(柴田本人の記憶で、2004年11月か12月)にまで遡る。共通の知人づたいで呑み会に突入、酔った勢いで「ノアはどーなんスか!?」「新日本はどーなんスか!?」とぶっちゃけトーク。ついには「けんちゃん!」「かっちゃん!」と言い合いながらの、上半身裸で逆水平合戦。テキーラのボトルは3本空いた。(携帯サイト、バックナンバーから)

 感性が合うことを確認した後、お互いの試合をチェック。ファイトスタイルや主張で合致。

 柴田をタッグパートナーに据えるのは、自分にある程度の自信がないとできないことでもある。KENTAへのまわりの期待も高まるチョイスを、KENTA自身がしたってこと。

 分裂は“終わり”じゃなくて、次への“ステップ”。柴田にはKENTAという味方がいる!

 ときには傷つくことだってあるさ。
 ときにはあきらめそうになるさ。
 ただ、大きな可能性につながる道筋をレスラーに対して求め続けていくのが、ファンの我がままであると同時に、やるべきことなんじゃないか。

 いや、そんなファンでありたい。そう思うのだ。

■□T.SAKAi
この記事に1票/人気ブログランキング


ご来場ありがとうございました!

        = 事実誤認・誤字指摘メール =
左サイドバーのココログマーク下から直通メール→大変助かります。
カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。
===========================
                 [カクトウログTOPページに戻る▲

« 田村潔司の新コラム、携帯サイト「kamipro Hand」でスタート! | トップページ | 鈴木みのる、3冠挑戦結果・・・太陽ケアから奪取 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/11746477

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田勝頼のREAL TALKよ、BML分裂劇を吹っ飛ばせ!:

« 田村潔司の新コラム、携帯サイト「kamipro Hand」でスタート! | トップページ | 鈴木みのる、3冠挑戦結果・・・太陽ケアから奪取 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー