フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.30

ドームのIWGP戦、消滅危機

ドームのⅠWGP戦、消滅危機

携帯から。

1・4東京ドーム、IWGP挑戦者が決まらない。11月30日発売分「東京スポーツ」紙から。

##
・ 太陽ケアがいち早く立候補。
・ 棚橋「自分の中で関係が深い人としたい。武藤さん(棚橋は元付け人)とか」
・ 武藤「棚橋、中邑・・・ピンと来ねぇ」
・ 小島「IWGPより三冠を巻きたい。みのるから取り返す」
・ IWGP戦は一転して破談に終わる可能性も。
##

鈴木みのるに負けて三冠を取られたケアが出てくるのは、ピンと来ない。というか、ある程度のカード合意があってから、全日本と合同興行を発表してほしかったよ。

新日本はどう出る? 武藤敬司らが逃げるのなら高山善廣(または佐々木健介)だっ!と一方的に発表するなんて挑発もいいんじゃないか。

結果、高山とみのるが共に王者になってたら、それはそれで盛り上がるかもしれない。バッドエンドだが。

脱線した。

なんで全日本勢はIWGPへの意欲を見せない? 大会までベルトの価値を高めていくべきなのに、引いた発言をしてどうする?

王者が棚橋弘至なら、武藤。
王者が中邑真輔なら、小島。
因縁を考えれば、12・10(棚橋VS中邑)の結果を待たずにそう決めて発表してほしい。

全日本側から「いちばん勝ちたい相手を用意してやろう」と、同カードを逆提案してもいいんじゃないか。

##
レッスルキングタムIN東京ドーム
〜新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念〜
2007年1月4日(木)18:00

▼IWGPヘビー級選手権
「棚橋vs中邑の12・10名古屋勝者」
vs
Ⅹ(挑戦者選考中)

▼三冠ヘビー級選手権
[王者]鈴木みのる
vs
[挑戦者]永田裕志

=参加予定選手=
蝶野正洋/天山広吉/中西学/金本浩二/獣神Tライガー他
武藤敬司/小島聡/カズ・ハヤシ/渕正信/太陽ケア/諏訪魔/TARU他
##

どうなる、ドーム?

高山善廣に会いに行こう/12月20日サイン会、三省堂書店本店ほか情報

pick up 田中将斗、右肩手術が無事成功朝青龍 相撲よりプロレス@多重ロマンチックさん12・31インディー・サミット後楽園で望月&飯伏&vs澤&ハヤト12・3上井駅の見どころ@今夜が山田さん

 高山善廣ファンは、12・10ノア日本武道館観戦に出かける前にこちらをチェック!
・ 高山善廣takayama-do.com
##
12/10(日)「ウチくる」(フジテレビ12:00~)に高山善廣がゲスト出演いたします。
##

 ゲストタレントが有名になる前の懐かしい地元(ウチ)を案内する番組。思い出の対面もセッティングされるのが通例。誰が出るかな?

 さらにイベント、珍しい気がする。情報が出ていました。
・ SportsClick:BBMプロレスカード2006-2007発売記念 帝王・高山善廣選手スペシャルサイン会 in 三省堂書店神田本店
##
【日時】 12月20日(水) 18:30~
【場所】 三省堂書店 神田本店1F特設会場(東京都千代田区)
☆★内容★☆
三省堂書店神田本店にて『BBMプロレスカード2006-2007』を1BOX(税込8,400円)でお買い上げのお客様に「帝王・高山善廣選手」のスペシャルサイン会整理券を1枚お渡しいたします
※11月29日から予約開始。200BOX限定!
1整理券につき1枚のサインとなります。(サインはこちらで用意するBBMイベントオーセンティック刻印入りオリジナルカードにお願いいたします。)

さらに、2BOX以上お買い上げいただくと、直筆サイン用大判写真パネルをプレゼント!(当日、高山選手に直接サインをしていただきます。)(パネルは3種類を用意。先着順にお選びいただきます。先着15名様。)
※サインの記入はご用意したカードと写真パネルのみとさせていただきます。持ち込みの品物へのサインはお断りいたしますのでご了承ください。

【お問い合わせ】
三省堂書店神田本店2F TEL:03-3233-3312(代)

##

 カードをBOXで買わないといけない、その額8,400円。サインしてもらえるのは、支給されるカードに限定される。自分で色紙を持っていってもダメなんですね。もう少し、自由にやってくれてもいいのに。

 されど、写真パネルにサインしてもらえる方法も・・・そっちは2BOX購入が条件(16,800円)。

 帝王に至近距離で会うことに値段は付けられないですが・・・もうちょっと考えてイベントはやってほしいなぁ。記述はないんですが、高山選手との2ショット写真(ファンとしてはノーフィアーポーズ、やりたいところ)、撮らせてもらってもいいですよね!? ダメなのかなぁ。■□

アントニオ猪木酒場、沖縄店オープンへ/新日本プロレス、新春ツアー&2・18両国決定

pick up 佐藤大輔ディレクター×立木文彦ナレーターPRIDE煽りV対談その2その1ロディ・パイパー、リンパ癌手術成功@ブラックアイさんロン・ウォーターマンを相手にホジャー・グレイシー12・2総合デビューオレはなあ、高校の時にいじめられてたんだ@諏訪魔テンコジ、全敗中みのる組に痛いドロー=全日本プロレスKID 大みそか「Dynamite!!」出撃へ高塚「KIDはアマでは勝てない」セフォーvsマヌーフ、バダ・ハリvsスロウィンスキー決定!=12.2K-1決勝戦12・8(金)TAJIRI&アジャ・コングvs格闘技界が誇る美女2人&藤原敏男、決定柴田勝頼少年が経験した不思議な伝統行事とは!?いよいよスカパー経由で WOWOW ( UFC )視聴可能。 G +情報も@NHBnews57歳のリック・フレアーが、連夜の大暴れ新日本11月29日(水)八戸結果第57回 NHK紅白歌合戦出場歌手寸評みのもんたギネス世界記録認定週プロゴング

 当初は池袋店よりも先に報道されていた沖縄店、無事にオープンが発表された。
・ "ANTONIO INOKI"foods business project|アントニオ猪木酒場
・ アントニオ猪木酒場沖縄店12月3日オープン!(新日本プロレス公式)
##
先月の東京・池袋店に続き沖縄店が12月3日にオープン致します。池袋店が連日大盛況の中、猪木酒場が沖縄に上陸します。お店の中はもとより、外観も全てが“アントニオ猪木”!
しかも、12月3日、1・2・3ダァーの記念すべき日。
★アントニオ猪木酒場/那覇店
【住所】 沖縄県那覇市久茂地3-8-1

##

 わかりやすいオープン日、しかも日曜。沖縄のファンは迷わず、行けよ!? 池袋店、行く機会がつくれないなぁ。行かなきゃ。

 新日本プロレス、ドーム後のシリーズ日程を発表。
・ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -大会予定-
##
2007年
▼レッスルキングダム IN 東京ドーム
1月4日(木) 6:00PM 東京・東京ドーム      
▼Circuit 2007 BATTLE HALL LIVE Vol.1
1月7日(日) 6:30PM 東京・後楽園ホール
▼Circuit 2007 BATTLE HALL LIVE EXTRA ☆ファン感謝 Day ☆
1月8日(月) 12:30PM 東京・後楽園ホール
▼新日本プロレス創立35周年TOUR Circuit 2007 NEW JAPAN ISM
1月27日(土) 6:30PM 東京・後楽園ホール
1月28日(日) 5:00PM 新潟・三条市厚生福祉会館
1月29日(月) 6:30PM 栃木県総合文化センターサブホール
1月30日(火) 6:30PM 茨城・牛久運動公園体育館
1月31日(水) 6:30PM 埼玉・本川越ぺぺホール・アトラス
2月2日(金) 6:30PM 茨城・水戸市民体育館
2月6日(火) 6:30PM 群馬・太田市新田文化会館
2月9日(金) 6:30PM 群馬・渋川市総合公園体育館
2月12日(月) 6:30PM 岐阜・岐阜産業会館
2月13日(火) 6:30PM 大阪・大阪市中央体育館サブアリーナ
2月15日(木) 6:30PM 宮城・Zepp Sendai
2月17日(土) 6:00PM 茨城・古河市立体育館
2月18日(日) 3:00PM 東京・両国国技館

##

 1月、水道橋ゾーンで4大会、やりすぎ? ドームから続く物語、盛り上がってるといいなぁ。

 当記事で、11月毎日更新達成。おつかれさま、自分。■□

2006.11.29

地上波消滅。男祭り4年目、視聴率戦争の舞台から降りる・・・

 まったく違う主旨のニュース記事だったが、格闘技ファンにとっては「消滅」を突きつけられた。即反応したangle JAPANさんに脱帽。
・ 11/29 10:05 angle JAPAN: 男祭りの地上波中継消滅! テレ朝が選んだのは、たけしのTVタックルSP
・ 10年ぶりに「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」復活!(サンスポ)
##
 また、12月31日にテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル3時間スペシャル」(日曜後8・0)が放送されることも決定。たけしが年末年始を“ジャック”する。
##

 ダメ押しか、テレビ朝日の放送内でも。
・ 【11.29 13:23 コメント欄】※『そろそろk-1とも歴史的な和解を』 紙プロには・・泣けました。
##
テレビ朝日のニュース番組の新聞記事を紹介するコーナーで、紅白に関する記事を読み終わった後、テレ朝のアナウンサーが
「ご覧の番組の大晦日は、ドラえもんSPとたけしのTVタックルSPを放送します」と断言したので、テレ朝での地上波復帰説は完全になくなりました。

##

 地上波放映の余地があるとしたら、テレビ朝日だった。テレビ雑誌が大晦日のドラえもん放映予定を記しても、格闘技ファンはテレビ朝日に電話することで「雑誌は締め切りが早いものですから確定ではありません」との発言も引き出してきたりした。今回ばかりは、完全消滅でしょう。

 ジャンル違いのニュースなれど、大晦日つながり。同日にはこんなニュースも。
・ 11月29日8時38分 今井美樹が紅白初出場確実に
(ニッカン)

##
代表曲「PRIDE」を歌うとみられる。昨年は松任谷由実(52)の初出場が目玉になったが、今年は今井が目玉になりそうだ。
##

 神様のいたずら心か。

 紅白歌合戦を裏番組に追いやって、大晦日に“白黒”つける。ここ数年は格闘技がレギュラー化したニッポンの大晦日。ファンにとっては心躍る年越し。そんな中でPRIDEは何年間あった?

 吉田秀彦vs小川直也・・・
・ PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-
 エメリヤーエンコ・ヒョードルvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ・・・
・ PRIDE男祭り2004-SADAME-
 桜庭和志vsアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ・・・
・ PRIDE SPECIAL 2003 男祭り
 ボブ・サップvs高山善廣・・・
・ INOKI BOM-BA-YE 2002~猪木軍vsK-1vsPRIDE 全面対抗戦完全決着

 PRIDE単独開催の「男祭り」は3年連続実施、今年2006年が4年目となる。大晦日視聴率戦争の舞台から先駆者・アントニオ猪木が去り、ついにPRIDEも降りた(降ろされた)。格闘技ではK-1の独壇場となる。

 地上波消滅にあたって、PRIDEを運営するDSE榊原信行代表のコメントは、まだ出ていない。さいきんのインタビューでは、こんな発言があったんだという。
・ 破滅か?繁栄か?榊原代表が胸中を語る/『月刊PLAYBOY』はただいま絶賛発売中!(PRIDE公式)
・ □ つづれや □ 榊原代表の苦悩
##
今月の「月刊PLAYBOY」読みました。
榊原代表は私財を投げうってPRIDE運営に当てていたらしく、他にもスポンサーや広告などでも当時は苦労したとか。
ラスベガス大会はまさに起死回生への第一歩で、ようやくPRIDEの未来にも明るいものが見えてきたようです。
ただ本文中に気になったのが、「私(榊原代表)が辞めることで、PRIDEが存続するなら・・・」と辞任を考え始めていたという件・・・

##

 地上波放映という“保証”が資金調達を可能にし、ドリームマッチ実現をもたらす。日本発、格闘技最高峰の舞台PRIDEは、これからどうなっていくのか。

・ PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-(PRIDE公式)
##
PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU- 2006年12月31日
さいたまスーパーアリーナ 開場14:00 開始16:00
▼PRIDEヘビー級タイトルマッチ
エメリヤーエンコ・ヒョードル vs マーク・ハント
▼出場予定選手
吉田秀彦、藤田和之、五味隆典、中村和裕、三崎和雄、
郷野聡寛、菊田早苗、青木真也、石田光洋、川尻達也、
美濃輪育久、桜井“マッハ”速人、
ミルコ・クロコップ、ジョシュ・バーネット、
ヴァンダレイ・シウバ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、
マウリシオ・ショーグン、ダン・ヘンダーソン、
ヒカルド・アローナ、ギルバート・メレンデス、
デニス・カーン、ヨアキム・ハンセン

##

 もちろん大晦日は、テレビ局に後悔させるくらいの試合を期待したい。■□

男祭り、地上波復活はあるのか?

pick up Hさんと柴田勝頼@今夜が山田さん佐藤大輔ディレクター×立木文彦ナレーターPRIDE煽りV対談破滅か?繁栄か?『月刊PLAYBOY』榊原代表が胸中を語るPRIDEブラジル進出、来年開催を計画インリン様が“性夜”に帰ってくる!?アントニオ猪木、VM入り@多重ロマンチックさん武藤敬司がRO’Zのアラビアンプレスに沈む=全日本プロレス12・15サヨコアリーナPLUS vol.8 「謝恩!10thアニバーサリーナイト」ゲストは・・・

 記事最後の局別地上波復活の可能性の分析が楽しめた。

・ 【男祭り】地上波復活はあるのか?|PRIDEオタク道|スポーツナビ+

 しかし、発表されませんね・・・。■□

健介オフィス、旗揚げ。どんな夢をつかむ?

 健介ファミリーが記者会見。新しい仲間もひとり。
・ 「夢を掴め」健介オフィスが旗揚げ興行を開催/レスリング大学王者も新入団(スポーツナビ)
・ 健介オフィス ニュース:山口竜志 入団発表
##
「健介オフィス旗揚げ興行 
Take The Dream vol.1~夢を掴め~」
2月11日(日)ディファ有明15:00
▼メーンイベント
佐々木健介 vs 中嶋勝彦
※予定試合は全3試合、フリーの選手にも参戦を呼び掛けている。
※全席のファンに3種類のプレゼントを用意、海外旅行が当たる大抽選会などさまざまなイベントも予定。

北斗「ウチの会社はプロレスラーを育てていきたい。そのためにはやはり道場だけでなく、団体として自分たちのできる範囲でプロレスを自主興行していくのがいいと考えた」

▼入団選手
山口竜志(やまぐち・りゅうじ)
生年月日:1985年3月6日
出身地:179cm
体重:99kg
現在、拓殖大学レスリング部所属
主な戦績:
=平成17年=
アメリカ・コロラド国際大会出場
インカレグレコ優勝
全日本学生グレコ選手権大会優勝
スェーデン・ハパランタ国際大会3位
国民体育大会優勝
=平成18年=
全日本選手権優勝
インカレグレコ優勝
全日本学生グレコ選手権大会優勝

##

 理想の闘い・スタイル追求のために、プロレスの「旗揚げ」は存在する。格闘技スタイルのプロレスがやりたくて、新日本を飛び出した前田日明。古きよきプロレスの攻防にスポットを当てた西村修の「無我ワールド・プロレス」旗揚げ。プロレスLOVEという点で新日本に不満を感じて全日本入りの武藤敬司(旗揚げとは違うか)。残念ながら政治的な理由で飛び出すことも多い昨今だが、少なくとも健介以前の世代なら「旗揚げ」という言葉に込める意味合いは求めてしかるべき。意味が込められないなら、単なる“逃げ”とファンは受け取るよ。だって、切磋琢磨から逃げて、自分がコーディネートする団体に出るってことなんだから。

 フリーになって大ブレイクした健介。団体という壁をとっぱらっていい試合ができるようになった。自分を主役にもできるし、所属団体選手を光らせることだって。それを“乗り込んで”やっているところが素晴らしいわけなんである。何のための旗揚げ?・・・「プロレスラーを育てていきたい」???

 イベント内容から想像すると、バラエティー番組のように肩の力を抜いた空間があって、最後だけは極上の闘いで締め括る。芸能活動もプロレス活動も両方やってる健介ファミリーの“世界観”を体現しようとしているようにも思える。

 これをテレビ番組でやるんだったら何か芽がありそうだと思うんです(以前にも“健介プロレス”って案を提唱しましたけど)。知名度でもって、業界にファンを引っ張ってくる。そのための新規ファンの“入り口”をつくって、団体レギュラー興行に還元していくというのならわかる。

 ファンは1枚のチケットで、健介も観たいし、武藤敬司や小島聡を観たい。もっと言うなら、三沢光晴や中邑真輔、小川直也を観たい。旗揚げの乱発は歓迎できません。小さい会場ですから、それでも観たい人が行けばいいと言われればそれまでですが。

 芸能界でもプロレス界でもまわりを楽しませるプロ集団。それが健介ファミリーだと思うし、きっとボクらの見えないところでプロレスのことを考えすぎるくらい考えているんだと思う。誰もが、健介ファミリーと絡むと、緊張感のあるいい試合になる。さわやかさと、怖さと、職人肌・・・リスペクトに値するが、旗揚げにはどんな夢を込めているんだろう?

 少しずつ、わかっていくのかな。■□

2006.11.28

前田日明、総合格闘技を語る【週刊 前田日明】

pick up 新日本、全日本のGPWA加盟「7割方はまとまった」ゼロワン中村氏12.2横浜、12.10武道館の全対戦カードが決定=ノア必ず、鈴木みのるをぶちのめして、2007年は永田裕志にとって幸先の良いスタート、そして躍進の年にしたいと思います知っておきたい棚橋弘至の二度目の人生エイズ啓発イベント「RED RIBBON LIVE 2006」中邑真輔が出演衝撃!ドラゴン、西村、吉江ら無我勢が学生プロレスのリングに乱入@やのかつさん[写真]UWF 法政大学 市ヶ谷大会@裏庭プロレス通信さん徳山昌守 充たされない闘争心高山善廣がアドバイス「小橋よ焦るな」KIDがリーボックと、パートナー契約を締結!!KID、長女誕生にウルウル、北京五輪に向けモチベーションアップディープインパクトが飛んだ  そして桜庭和志も飛ぶぞ!! 秋山成勲写真集『秋山』発売記念サイン会開催全日ジュニアの為にも諏訪魔のシングルマッチ要求を受けて立つ@カズ・ハヤシコメントあれてるなー。諏訪魔も書き込んでるしエンターテインメント団体DDTを牽引する奇才・高木三四郎に迫るプロデビュー2年目の日、上井駅参戦@フジタ“Jr”ハヤト

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第48回のラインナップ▼前田日明、総合格闘技を語るコンタクト装着での試合の是非「こころの募金箱」PJに前田日明が賛同・・・

続きを読む "前田日明、総合格闘技を語る【週刊 前田日明】" »

2006.11.27

HGが結婚式。ハッスルマニアから3日後に

 HGの“化身”、住谷正樹さんが結婚。挙式・披露宴の場所が“フォー”シーズンズホテルだそうで。おめでとうございます。
・ レイザーラモンHG、結婚式で顔出し&ゲイルック封印!(サンスポ)
・ ご多幸バッチコーイ!HG挙式(スポニチ)
##
お笑いタレントのレイザーラモンHG(30)とグラビアアイドル鈴木杏奈(22)が26日、東京都文京区の「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」で挙式・披露宴を行った。相方のRG、ケンドーコバヤシらお笑い関係者のほか、HGが格闘イベント「ハッスル」に出場している関係で、坂田亘ら格闘関係者も出席。司会は先日、藤原紀香との交際が発覚した陣内智則が務めた。取材はシャットアウトされた。
##

 ハッスル・マニアでのザ・エスペランサー(高田総統の化身)戦で見事な闘いぶりをみせたHG
・ カクトウログ: 11・23ハッスル・マニア2006横浜アリーナ、速報観戦記まとめ
実にこの3日後に挙式・披露宴とは! いやはや、準備も大変だったでしょうね。人生の一大事を短期間に二つ、乗り切った。

 ハッスル・マニアでカイヤと闘ったニューリン様の化身、インリン・オブ・ジョイトイさんも仕事に復帰。ブログをマニアから3日後に初更新。
・ インリン・オブ・ジョイトイの日記:専属マッサージ?

 ハッスル劇場上でのHGおよびニューリン様の“容態”は、こう発表されている。
・ ニューリン様、意識不明の昏睡状態続く/HG危機 病名:FED(ファイティングED)(ハッスル公式)

 レスラーじゃないのにリングに上がることは是非が生じるが、こうやって無事に芸能活動を再開できていることにはホッとしますね。■□

永田裕志vs鈴木みのる、正式決定/1・4新日本ドーム、対戦カード第1弾

追加pick up 1.4三冠戦、みのるvs永田が正式決定@スポーツナビ高山&佐野vs森嶋&ヨネでGHCタッグT決勝11/26までの世界最強タッグ決定リーグ戦得点情報王者・徳山昌守の去就、12月初旬までに結論ファイト!ミルホンネット@ターザンカフェ[参考]ミルホンネット電子書籍の12月オープン記念として、あの草間政一さんと対談12・16豊田真奈美クリスマス屋形船イベント:::FLYING ANGELA:::ハッスルマニア後、インリンさん元気にブログ初更新
pick up 初代タイガーマスクvs鈴木みのる 12・12(火)ポスターサッカー元日本代表の中田英寿氏がバンコク市内のジムでムエタイに挑戦桜庭和志、武騎手を祝福「僕もディープインパクトのように勝つ」=Dynamite!!12・10名古屋で中西&大森vsテンコジIWGPタッグ王座戦実現か12月27日のS席をお買い求めの方全員に「橋本真也・ロックアップ」CDプレゼント12・12(火)タカギステーション先着150名様DVDプレゼント12・23西村修とX'masバーベキュー

3本のベルトを「骨董品」と罵倒し粗雑に扱ってきた鈴木みのるが、一転。「このベルトを持って新日本に上がるのがどんな覚悟か」と訴えた。永田裕志との三冠戦決定で何が起きた・・・

続きを読む "永田裕志vs鈴木みのる、正式決定/1・4新日本ドーム、対戦カード第1弾" »

2006.11.26

2万円席完売。1・4ドームは盛り上がってる!?

 11/13より発売されている来年1・4新日本プロレス東京ドーム決戦のチケット。売れ行きについての記事が。
・ 復活へ!ファンが4×8m応援旗(デイリー)
・ 蝶野 ドームは演出武藤で主演オレ!(デイリー)
・ カズ・ハヤシがさっそく新日視察(デイリー)
##
 一方、ドーム大会のチケットは、2万円のロイヤルシートが一般発売日から、わずか10日あまりでの完売。新日関係者も「今年1月のドーム大会よりも売れ行きはいいです。全日本さんとの協力体制も良い方向に作用しました」と目を細めた。
##

 2万円席完売? ちなみに、チケットぴあ/格闘技・プロレスのページでは、次のようになっていた。
ロイヤルシート  20,000円 →[お早めに]
アリーナA 10,000円 →[お早めに]
1FスタンドA 5,000円 →[余裕あり]
1FスタンドB 3,000円 →[余裕あり]
※[余裕あり][お早めに][残りわずか][売り切れ]の4段階

 本当に完売かはわかりませんが、シンパ層ほど早めにチケットを買っているようです。現状のところ、2階席発売がアナウンスされていない。よい席は早めに押さえたほうがよさそう。

 さて、スクープを許さず、真っ先にファンに「開催発表」「全日本との合同興行発表」を伝えてきた新日本プロレス1・4東京ドーム決戦。続く正式発表はなかなか出ない。いまホットなのは、この話題。
・ 多重ロマンチック:鈴木みのる、次期三冠挑戦者に永田さんを指名
・ 多重ロマンチック:永田さん、アングルを自費で招聘
 多重ロマンチックさんのブログ上では「鈴木みのるvs永田裕志vsカート・アングルの3WAY3冠王座戦」という提案も。

 ジョシュ・バーネット初来日戦をドームのメインで迎え撃った経験を持つ永田。未知の強豪の来日がもしあるならば、意地でも譲れないところ。

 三冠王者という立場を手に入れて、永田を逆指名したみのる。その矛先を受け止めず、“世界”に目を向けた永田。格上スタンスを突きつけあう両者は、どんな憎悪をドームで燃やすのか。

               ▼ ▼ ▼

レッスルキングタムIN東京ドーム
~新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念~
2007年1月4日(木)18:00

=ダブルメインイベント=
▼IWGPヘビー級選手権
「棚橋弘至vs中邑真輔の12・10名古屋勝者」 vs Ⅹ
▼三冠ヘビー級選手権
鈴木みのる vs Ⅹ

=参加予定選手=
棚橋弘至/蝶野正洋/天山広吉/永田裕志/中西 学/金本浩二/獣神Tライガー他
武藤敬司/小島聡/カズ・ハヤシ/渕正信/太陽ケア/鈴木みのる/諏訪魔/TARU他

=席種・料金=
● ロイヤルシート 20,000円
● アリーナA 10,000円
● 1FスタンドA 5,000円
● 1FスタンドB 3,000円
● 小中高生(1FスタンドB)1,000円(当日のみ・要学生証)
■□

2006.11.25

メカマミーが上井駅襲撃を予告

24:45pick up 成瀬昌由&角田信朗、リングス以来の合同練習田村潔司選手があたしデザインのあのTシャツを着て出てくれてるらしぃ@人魚姫のドロップキックさん宇野、大みそか出場に前向き発言「試合を見たら体が熱くなった」=Dynamite!! 菊山広吉見参怒られちゃった高山善廣とチョコレート工場HG、ニューリン様の症状が判明海川ひとみのくつろぎ空間チャンスがあれば、またやりたいKUSHIDA(ハッスル参戦中)ブログ永田裕志 1・4は「アングル出て来い」鈴木みのる1・4ボイコット表明11・25新日本後楽園結果棚橋が復活!中邑戦の勝利を母に捧げる12・15全日本プロレス「ファン感謝デー」入札式オークション&メインカード

携帯から。

携帯サイトKamiproHANDによると、DDT事務所にメカマミーからのFAXが到着。

「上井駅長へ
上井ステーションには世界の強豪フリー選手が参戦しているのに、なぜメカマミーにオファーがないのか。いつ、何時、誰のオファーでも受ける用意があるので12月3日の後楽園にお邪魔させていただきます」

ていねいな言葉づかい、襲撃予告というのは言い過ぎました。

こうなると気になるのは、スコット・ノートンの相手がⅩ(当日発表)であること。まさか!?

とにかく生メカマミーを初めて見れそう。楽しみ。

なお、ドン荒川によるプチシルマ体操披露コーナーには振り付け担当のラッキー池田氏も登場するとのこと。

※追記 現状の情報をまとめます。
・ カクトウログ: 上井ステーション全カード発表/12・3後楽園H
・ カクトウログ: レダ・加畑雅之社長、上井ステーション支援~プロレスへの偏見を乗り越えて~
##
『プチシルマpresents UWAI STATION』
12月3日(日)後楽園ホール12:00
▼柴田勝頼 vs ハワイアン・ライオン
▼高山善廣&鈴木みのる&SUWA vs ブルー・ウルフ&後藤達俊&小原道由
▼スコット・ノートン vs Ⅹ(当日発表)
▼ブライアン・ダニエルソン vs フジタ“Jr"ハヤト
▼ドン荒川&菊タロー vs NOSAWA論外&MAZADA
▼義経 vs ラッセ
※試合順は未定
※メカマミーが来場予告
※ドン荒川監修、ラッキー池田氏振り付けの「プチシルマ体操」披露あり

##

■□

小川直也の失言と、1億円の演出費・・・ハッスルよどこへ行く?

pick up 長嶋茂雄元巨人監督が緊急入院後初のスピーチ田村潔司は素朴といってよかった@立嶋篤史武藤の反省“闘い”がなかったハッスルマニア@小佐野景浩TAJIRIが12・3北都プロレス参戦「須藤選手と闘いたい」所英男が衝撃のラブコール!!親子の絆は金メダル—— 秋山成勲が思わずホロリッ!?田中将斗が手術前ラストマッチ激勝ファンタジックな女子プロレス「萌える!お嬢様伝説 Battle Princess」幻の“二代目力道山”、大木金太郎さん逝く

2005年11月。第1回ハッスル・マニアは強い衝撃で、新ジャンルの誕生を予感させた。あれから1年、ハッスル・マニアが横浜アリーナに還って来た。いったい、何が起きた・・・

続きを読む "小川直也の失言と、1億円の演出費・・・ハッスルよどこへ行く?" »

2006.11.24

男祭り地上波放映は消えた・・・!?

 21日時点では「地上波放送に関しても最終調整中」とされていたが・・・。

 12月31日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催『PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-』。その地上波放映有無が注目されている中で、24日にテレビ情報誌が発売された。

 各局の調整が難航した証拠?・・・フジテレビの19:00以降が白紙のまま。
061124tv

 ネットから集めたところ、大晦日の放映は以下のような内容だった模様。間違ってたら突っ込んでください。
##
▼TBS
18:00~23:34 K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!
▼フジテレビ
18:00-18:30 ちびまる子
18:30-19:00 サザエさん
19:00-23:40 番組は未定です
・ 【参考】フジ、大みそかはフィギュア!あの金メダルの感動再び…(サンスポ)
・ 【参考】フジ社長 大みそかは格闘技なし(デイリー)
▼日本テレビ
19:00-21:00 泉ピン子のウイークエンダースペシャル
21:00-24:10 ガキの使いやあらへんで!!大晦日罰ゲームスペシャル!!
▼テレビ朝日
18:00-20:00 ドラえもんスペシャル
20:00-23:00 たけしのテレビタックル永田町スペシャル
▼テレビ東京
21:30-23:24 ガイアの夜明け
▼NHK
紅白歌合戦

##

 未定のフジテレビは、正式ではない(ですよね?)がフィギュア放映と報道済み。他もPRIDEにひっくり返るということはなさそう。大晦日放映はFUMETSUではなかったか・・・。


※11/25 11:30追記
 こちらのコメント欄に、テレビ朝日に電話したファンによる報告あり。
・ ※『そろそろk-1とも歴史的な和解を』 紙プロには・・泣けました。
##
テレ朝に電話しました。
bb「大晦日はドラえもんとたけしさんと書いてあるのですが決定ですか?」
テ朝「雑誌は締め切りが早いものですから確定ではありません」
bb「そうなんですか~」
テ朝「そうなんです。ですから遅くとも2週間後くらいには確定するかと思われるのですが」
bb「ドラえもん&たけしさんがですか?」
テ朝「それも含めて番組がですね」
bb「ありがとうございました」

##

 まだ完全消滅ではないようだ。PRIDEからの発表もなし。

 アニメ『ドラえもん』の中でも動き(?)が。
・ 『PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-』 | PRIDE男祭り2006 ミルコの相手は??
##
▼>実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/11/24(金) 19:31:05 ID:pLHoiD30
のび太が確かに言ったわ。
のび太がマンションのネーミングを次々と考えるとこで、
「ドリームステージ四次元の森」って。5分25秒目。

▼でもなー、声優の収録が最低でも二週間前くらだとして、
昨日、発売されたテレビ雑誌に大晦日、放送予定されてなかったって事はやっぱ駄目になったぽい・・・。
やっぱ、スカパー関連の契約で折り合いが付かなかったような気がする。

▼マンガのドラえもんはてんとう虫コミックスの45巻まではもちろんその他の話もかなり読んでるのですが,ドラえもんにはドリームなになにって言うのはかなり多いです。
だからそれは勘違いだと思います。
たとえ地上波テレ朝でやるとしても,そんな地味なお知らせ?みたいなのはしないと思いますよ(苦笑

##

 ドリームステージ→DSE→PRIDE!? 議論百出。

 こちら↓のセリフも変わらないままですね。
・ ドラえもん
##
年末の番組の放送日は、近々このホームページでお知らせするから、もう少~し待っててね!
##

■□

上井ステーション全カード発表/12・3後楽園H

9:00追加pick up ハッスルマニア[写真追加カクトウログ速報大会全体トピックスコイケえい子さん似の妖精が開演宣言高田総統が抗争終結を宣言試合結果公式サイト詳報ニューリン様のまごころ固め麻世、カイヤと一生一緒] ┃(ドーム参戦条件は)挑戦者を永田裕志にすること@鈴木みのるあきらめて堪るか@小島聡
pick up テンコジvs武藤&川田 11・23全日本結果観戦記@プロレス玩具箱さんこの勢いで一気に優勝まで@武藤敬司所英男、大みそかに須藤元気戦を熱望=Dynamite!!所、不完全燃焼、ZST4周年を一本勝ちで飾れず開設~TOUKON.TV アントニオ猪木 OFFICIAL WEBSITE仙台一高出身プロレスラー・志賀選手 29日、地元防衛戦ProWrestling-Do.com - プロレス道ドットコム

 見逃していましたが、22日に発表されていた模様です。
・ UWAI STATION全カード発表(プロレス・格闘技DX→部下にプロレス技をかけるさん)
##
12月3日 東京・後楽園ホール 12:00
『プチシルマpresents UWAI STATION』 (※試合順は未定)
▼シングルマッチ
柴田勝頼 vs ハワイアン・ライオン
▼6人タッグマッチ
高山善廣&鈴木みのる&SUWA vs ブルー・ウルフ&後藤達俊&小原道由
▼シングルマッチ
スコット・ノートン vs Ⅹ(当日発表)
▼フジタ“Jr"ハヤト デビュー2周年記念試合
ブライアン・ダニエルソン vs フジタ“Jr"ハヤト
▼タッグマッチ
ドン荒川&菊タロー vs NOSAWA論外&MAZADA
▼シングルマッチ
義経 vs ラッセ

##

 柴田勝頼の相手は無名選手。携帯サイト「プロレス・格闘技DX」より。
##
・ キャリアこそ浅いが、ブロック・レスナー、ジョン・シナ、バティスタといったWWE王者を輩出したOVWやDSWで腕を磨いた男。
・ レスリングのアリゾナ州王者に13度に渡って輝いている。
・ スコット・ノートンの強いプッシュで初来日。
・ 上井文彦プロデューサー「見た目も凄いし、経歴も凄い。何と言ってもあのノートンがこれだけ推すというのも今までなかったこと。ただもんじゃありませんよ。柴田選手もじっくり考えて、受けてくれました。すごい化学反応が起こると思いますよ」

##

(追加:上井ステーション全カード決定。この男が柴田勝頼を抹殺するハワイアン・ライオンだ ProWrestling-Do.com - プロレス道ドットコム
(追加:"Hawaiian Lion" John Williams/Obsessed With Wrestling

 柴田勝頼のカードがなかなか発表されなかったんで不安だったが、無事に決定。大会中止でこの日程へのチケット振り替えをしたファンも胸をなでおろしたんじゃないでしょうか。あと10日間を残してのカード発表となった。

 高山善廣&鈴木みのるは難しいカードになりました。高山組がベビーフェイスとなる。こういうシチュエーションも面白いかも。

 一部サイトでしか発表しないやり方、どうなんでしょう? このあたり、上井さんなりのこだわりか。

 ちなみに「どこよりも早く対戦カードを公開」とのキャッチコピーの公式サイト、11/24 1:40現在は発表なし。
・ - UWAI STATION -

 おまけ。当サイト恒例?により、柴田試合スケジュールおさらい。
▼2006年12月3日(日)上井ステーション 後楽園ホール12:00
柴田勝頼 vs ハワイアン・ライオン
▼2006年12月17日(日)みちのくプロレス 後楽園ホール12:00
柴田勝頼 vs フジタ“Jr”ハヤト
▼2006年12月30日(土)上井ステーション 後楽園 時間未発表
※おそらく柴田にもオファーするはず?


※11/25追加情報
・ カクトウログ: メカマミーが上井駅襲撃を予告
■□

2006.11.23

11・23ハッスル・マニア2006横浜アリーナ、速報観戦記まとめ

ハッスル軍エース・HGがモンスター軍・高田総統の化身と対戦。「ハッスル・マニア 2006」11・23横浜アリーナ大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました・・・
061123takadatop2

続きを読む "11・23ハッスル・マニア2006横浜アリーナ、速報観戦記まとめ" »

速報します、ハッスル・マニア11・23横浜アリーナ

9:30pick up ハッスルマニア[当日券14:00発売オカリナ奏者ニューリン様、ムチ強化HGインタビューTAJIRI「ナゾの巻物」解明]┃フジ、大晦日はフィギュアゴッチがジョシュにダメ出し榊原代表が語る男祭りとPRIDE改革案@BurningSpiritさんオッサンたちよ、カッコつけて生きろ@柴田勝頼野田秀樹・新作「ロープ」はプロレスが素材@ブラックアイさん12・2 K-1王者予想。藤原紀香はバンナ、前田日明スーパーバイザーはシュルトチェ・ホンマンが左太腿の負傷により欠場K―1石井元館長の実刑が確定ミラノ、黄金郷初登場! El Dorado 11・22新宿結果所英男「時が来た!」ZST.11直前インタビュー新兵器のショルダーバスターを試し斬りする中邑真輔WBA王者・名城信男の初防衛戦12・2大阪、ボディーガードは棚橋弘至(中邑の)殺気あふれるスタイルは猪木さんに似ているが、そんなの関係ない。ぶっつぶすのみ[←実は誉めてる?]
◆ハッスル年に一度のビッグマッチ、開戦!   ◆エスペランサー、鈴木みのる参戦・・・何が起きる?
 もはや、横浜アリーナで唯一プロレス興行を打つ“団体”となったハッスル。会場へ行ってきます。
・ 【24日(金)午前3時以降解禁】「ハッスル・マニア2006」(スポーツナビ速報)
##
■ハッスル・マニア2006
11月23日(木・祝)神奈川・横浜アリーナ 17:00
▼ありがとう・さようならハッスル仮面
[1]ハッスル仮面レッド&ブラック&グリーン vs ハッスル仮面イエロー&モンスター仮面ブラック&ホワイト
▼1万人掛け声マッチ
[2]大谷晋二郎&金村キンタロー&Erica&マーガレット vs “モンスターK'”佐藤耕平&赤鬼蜘蛛&青鬼蜘蛛&ドクロンZ
▼海川ひとみデビュー戦
[3]海川ひとみ&KUSHIDA&\(^0^)/チエ vs ジャイアント・バボ
▼ハッスル・スーパータッグ選手権
[4][王者]ハバ・レイ&ディーボン vs [挑戦者]ソドム&ゴモラ
[5]坂田亘&崔領二&RG vs 鈴木みのる&NOSAWA論外&MAZADA
[6=セミ]小川直也&ニューリン様&TAJIRI vs 川田利明&アン・ジョー司令長官&カイヤ
[7=メイン]HG vs ザ・エスペランサー
※なお、ハッスルブレイク(休憩)中に「ハッスルHIP-2K」の水着撮影会

##

 川田利明、鈴木みのる、NOSAWA論外、MAZADAは、全日本プロレスとのダブルヘッダー。

 HGとエスペランサー、どんな絡みを見せるか。ハッスルのひとつの難しいところは、マニアにも素人にもわかりやすい闘い模様を提供しなければいけないということ。何が繰り広げられたか、リアルタイムで速報します。よろしければ、遊びに来てください。

 ボク個人的には、ハッスルを本格的に見始めて1年。昨年のマニアは爆笑と感嘆のラッシュだった。昨年にくらべるとカードや話題性では見劣りするが、さて、どうなる!?■□

2006.11.22

怒涛の5誌同日発売!

怒涛の5誌同日発売!

携帯から。

11月22日(水)発売のプロレス・格闘技専門誌は、、、
『週刊プロレス』
『週刊ゴング』
『格闘技通信』
『ゴング格闘技』
『kamipro』
5誌が揃って発売!

ゴン格のゴッチ&ジョシュの表紙、ひときわのインパクト。

2006.11.21

男祭り地上波はまだ交渉中

携帯から。

大晦日PRIDE男祭りについて21日、会見。
名勝負請負人がヒョードル戦に出陣へ。

・ ヒョードルvsハント決定(メインとなる予定)
※ミルコは足の手術後で万全ではない
※ジョシュは今年7試合消化のダメージで万全ではない
※ミルコもジョシュも出場予定選手には名前あり

・ 大会サブタイトルは「FUMETSU」
・ 全10試合見込み
・ サプライズ的カード→計画中
・ 地上波放送→現在も交渉中
・ スカパー放送→計画中

地上波も「不滅」といきたいところですが、難航してる。
はたして?


※22:40追記
・ 今年の男祭りのテーマは「FUMETSU」、PRIDEオールスターが登場/高田統括本部長が地上波放送、ビッグサプライズについて語った(PRIDE公式)
##
高田統括本部長「現在、地上波放送に関しても最終調整中です。昨年は大晦日の一番いい時間に6時間を空けてもらいました。会場に来られないファンから電話もたくさんありますし、私たちは最後まで諦めません。無理だろうという人もいますが、可能性がゼロいう回答をもらったわけではありません」
##

 地上波については、実に微妙な言い回し。残りカードについては「日本人対決は1枚か2枚は必要でしょう」「ビッグサプライズとして、そういうファイターが絡むカードを調整しています」と語るにとどまってますね。■□

フジテレビ退社の佐藤大輔氏、PRIDE煽りV制作に復帰

 試合前に見所が語られる映像。いつしか“煽りV(煽りVTR)”と呼ばれるようになったが、その作り手の頂点はこの男。
・ 『kamipro』NO.105(PRIDE公式)
・ 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO:【書籍 / ビデオ /DVD 】 kamipro 最新号の宣伝です !!
##
☆“帰ってきた60億分の1の煽りVアーティスト”佐藤大輔、ロングインタビュー! フジテレビ退社の真相をついに語る!!
##

 11月22日(水)発売の『kamipro』に佐藤大輔氏のインタビューが掲載される。インタビューに対しての“煽り記事”のごとく、携帯サイト「kamiproHAND」(11/20深夜更新分)で堀江ガンツ氏(今回のインタビューアー)が次のように書き記していた。
##
・ DSE榊原代表に「フジテレビが無理なら、“彼”だけでも帰ってきてほしい」とまで言わしめた男が、11・5PRIDE武士道からついに帰ってきた。“彼”の名は佐藤大輔。フジテレビ、PRIDE中継のチーフ・ディレクターとして、オープニング映像や、選手煽り映像(通称・煽りV)を担当してきた奇才だ。
・ ナレーターの立木文彦氏とともについに帰ってきた。
・ 10月中旬、佐藤氏からの電話。
「10月31日付けでフジテレビを退社して独立します」
「自分がホントにやりたいことをやるには、辞めるしかなかったんですよ。仕事はお金を得るためにやるものですけど、

“男の仕事”はそれだけじゃない。

僕は『自分じゃなきゃいけない』と思えるような仕事に出会えたのだから、やるしかないなって」
・ 佐藤氏は現在32歳。奥さんと二人の子供がいる。誰もがうらやむ日本一の人気企業フジテレビで、大きな番組のチーフ・ディレクターとして活躍。将来は安泰のはずだった。多大なリスクを覚悟の上で独立を選んだのだ。
・ 愛すべきPRIDE馬鹿、掛ける言葉はやはりこれしかないだろう。「佐藤大輔、お前は男だ!」

##

 “男の仕事”・・・この男、煽りVだけじゃなく、生き様がドラマ!

 自分にしかできないことを期待されている・・・このシチュエーションで仕事ができるのは一番幸せ。フジテレビのひとつの番組での“演出”が、いつの間にか“自分じゃなきゃいけない”仕事になった。それだけ力が入っていたし、乗っていたわけだから、見ごたえがあって当然。それが、PRIDEの煽りVだったのだ。

 PRIDEからは地上波が離れ、けっして将来の安定が約束されているわけではない。佐藤氏の覚悟とこだわり。インタビュー記事を楽しみに待ちましょう。

 ナレーターの立木氏も、たいへんな大人物。
・ 立木文彦 - Wikipedia
##
PRIDE および K-1の煽りVTR、格闘技情報番組SRSのナレーションを長年勤めていることもあり、格闘技ファンからも根強い人気を得ている。フジテレビジョンのPRIDE放送撤退を受け、一時期PRIDEの煽りVTRのナレーションから遠ざかっていたものの、2006年11月05日に行われたPRIDE武士道-其の十三- ~PRIDEウェルター級GRAND PRIX 2006 決勝戦~にて復活。PRIDEの運営会社「ドリームステージエンターテインメント」も立木の人気を十分に理解しており、復活の際にVTR内で「ナレーション 立木文彦」の文字を画面いっぱいに表示し、以下の文で改めて自己紹介させた。
「改めまして お久しぶりです。立木文彦です。
世界を驚かせる旅に我々もお供致します。
まずは… 武士道… いってみよう。武士道しゅっぱーつ!!」
"我々"とは立木本人と"フジテレビの火薬庫"佐藤大輔PRIDEディレクター(フジテレビ スポーツ部)を指していると言われている 。

##

 そんなシーンがあったんですね。そして、大晦日の地上波で煽りVは日の目を見るのか。

・ Foo Fighters:PRIDE男祭りはテレ朝?
##
もう今年は諦めてたんだけど、PRIDEオフィシャルブログをみると地上波復活ぽいニュアンスの書き込みがありますね。関係者に近い方で最近ではハッスルに鈴木みのるの参戦を的中させてました。地上波復活なのかわかりませんがPRIDEファンが喜ぶサプライズがあるみたいです。消されたコメントなどを考えるとテレ朝で復活の可能性が高そうです。
##

 しかし、書き込みコメントの中には、テレビ朝日について「ゴールデンタイムはドラえもん」というものもあった。何が有力情報か、よくわからない。そろそろ正式発表?■□

2006.11.20

ジョシュとゴッチが合体!/『ゴング格闘技』1月号

pick up 肉体造り5柴田からこんな写真が送られてきた@船木誠勝前田さんに言われた「あっちに行ってろ」は・・・@田村潔司ノアタッグT戦・・・大谷、村上組が本田、潮崎組破る11・20六本木ヴェルファーレ『夢我』結果アントニオ猪木ら約300人が祝福・・・週刊PBが40周年テンコジ、最強タッグ出陣(新日本公式)小川直也「HGがエスペランサーを倒したらオレがその場で高田総統の・・・」輪島さん、渡嘉敷さんらが袴田事件の再審開始要請11月24日よりPRIDE 武士道 -其の十三- 動画配信12・16緊急決定!! ギブUPまで待てない!! リターンズvol.2 in 新宿FACE紀香ヤンキー姿

061120gong ゴング格闘技のページもそのうち最新号に変わると思いますが・・・ジョシュ・バーネット&カール・ゴッチという夢の顔合わせが実現!
・ 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO:【書籍 / ビデオ /DVD 】 『ゴング格闘技』最新1月号目次
・ 『ゴング格闘技』 1月号
(PRIDE公式)

##
『ゴング格闘技』1月号は定価760円(税込)で11月22日(水)発売。
※一部書店では21日発売。表紙はジョシュ・バーネット&カール・ゴッチ。“現代のキャッチ・レスラー”ジョシュが、フロリダ・タンパのゴッチ邸を訪ねた2日間を密着リポート! 「ジョシュ×ノゲイラ」戦のビデオを観たゴッチは、その場で緊急「ゴッチ教室」を始めた……。

##

 プロレスファンにとって嬉しすぎる2ショット!

 新しいファンのために解説しておくと、カール・ゴッチは「プロレスの神様」と呼ばれる。プロレス技術としてのキャッチの元祖といえる存在。アントニオ猪木や前田日明の師匠にあたる。ジョシュがインタビューなどで柔術への対抗概念として「キャッチ」を持ち出していたのは記憶に新しい。

 カール・ゴッチのプロフィール参照ページ。
・ カール・ゴッチ - Wikipedia

 また、こちらも同じく11月22日(水)発売発売。
・ 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO:【書籍 / ビデオ /DVD 】 kamipro 最新号の宣伝です !!
##
☆巻頭は……『男祭り』出場へ始動! 2006年リアル・プロレス大賞MVPはこの男だ! ジョシュ・バーネットインタビュー!!
##

 ジョシュ、出ずっぱりだなぁ。「“U”とキックの頑固者対談! 田村潔司×立嶋篤史!!」も収録されているとのこと。■□

2006.11.19

佐々木健介が復帰宣言! 11・19全日本プロレス後楽園ホール速報観戦記まとめ

11・19全日本プロレス後楽園ホール「世界最強タッグ決定リーグ戦2006」開幕戦。携帯からの速報記事を時系列順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
061119kensuke

pick up 佐々木健介コメント新春より、皆様の熱い応援を宜しくお願い申し上げます思い通りにはいかないな@小島聡コジドッグ&カズパンサー@カズ・ハヤシ最強タッグ開幕戦トピックスマット・ヒューズ王座陥落、UFC65結果高田総統とHGがステージで前哨戦ハッスルマニアに白の衣装で登場予定。HGが本気・・・前田日明氏から酷評されたことも、重く受け止めているGHC Jr.タッグ王者・杉浦&金丸に東京愚連隊が挑戦 12・10ノア武道館タミヤフェア@高山善廣いよいよ現実的になった藤原紀香「政界進出」

続きを読む "佐々木健介が復帰宣言! 11・19全日本プロレス後楽園ホール速報観戦記まとめ" »

速報します、全日本プロレス 最強タッグ開幕戦。健介が来場、テンコジ再合体

◆佐々木健介が復帰について重大発表!   ◆テンコジ カズ彦 始動!
 歴史のある年末シリーズ、今年も開幕へ。
・ 11月19日(日) 東京・後楽園ホール(全日本プロレス)
・ 【深夜24時情報解禁】11/19 全日本プロレス(後楽園H)(スポーツナビ速報)
##
11月19日(日)全日本プロレス後楽園ホール
世界最強タッグ決定リーグ戦・開幕戦18:30
▼タッグマッチ(1/30)
[1]渕正信&平井伸和 vs 荒谷望誉&雷陣明
▼シングルマッチ(1/30)
[2]AHII vs Ⅹ
▼世界最強タッグ決定リーグ戦・公式戦(1/30)
[3]太陽ケア&TAKAみちのくvsディーロ・ブラウン&ブキャナン
[4]カズ・ハヤシ&中嶋勝彦 vs 鈴木みのる&NOSAWA論外
[5=セミ]小島聡&天山広吉 vs 諏訪魔&RO'Z
▼6人タッグマッチ(1/60)
[6=メイン]武藤敬司&土方隆司&菊タロー vs TARU&近藤修司&"brother"YASSHI

※この大会に佐々木健介が来場し、復帰に関する発表をリング上から行う。
##

 しばらく前にTAKAみちのくが「最強タッグ公式戦がメインじゃなくていいのか?」という問題提起をしていましたが、現状の発表ではメインは全日本vsブードゥ・マーダーズ。パッケージプロレスとしてのシメはこちらということ。

 携帯から当サイトに速報を入れます。よろしければ遊びに来てください。■□

小橋建太「今年のケジメとして・・・武道館に行く」/復帰への道(2006年6月~11月)

pick up このままじゃ誰も来てくれない〜(泣)@海川ひとみ11・19(日)ハッスル公開記者会見情報・再掲桜庭和志さんによるパフォーマンスやケイ・グラントさんによる出走馬紹介・・・JRAジャパンCダート当日の26日新日本11・18(土)LOCK UP新木場結果新日本がファン代表5人と1時間半の意見交換会、棚橋ら出席田口隆祐&千亜紀、5時間披露宴実況!@多重ロマンチックさん秋山準「作り込むのをやめようと・・・自分らしくいきたい」@プロレス道場店長さん体の変化が停滞してきた@船木誠勝おみくじを引いて・・・@インリン・オブ・ジョイトイ新庄空振り!…紅白司会売り込みも

12・10ノア日本武道館で実に半年ぶりに公の場に姿を現す小橋建太。11/17分『東京スポーツ』紙から小橋の言葉を。そして、腎腫瘍発覚からの足跡を“復帰への道(未完)”としてまとめる・・・

続きを読む "小橋建太「今年のケジメとして・・・武道館に行く」/復帰への道(2006年6月~11月)" »

2006.11.18

ハッスル・マニア全カード決定。11・23横浜アリーナ

pick up 【音注意】YouTube - 前田日明、キャプチュード入場前田日明氏に“総合”とは何か、あらためて問うてきました3・11ジャガー横田デビュー30周年記念大会にミミ萩原、クイーンエンジェルス、ビューティーペア、クラッシュギャルズ大集結田中将斗が今月29日、右肩の手術へ新日本プロレス、2007年1月7日~8日後楽園ホールで特別興行開催500人興行大成功!1・4へ弾み新日本【音注意】11・23千葉で永田裕志ハイテンションナイト所英男が金子賢と電撃合体か!?11月23日(祝・木)ディファ有明『ZST.11』全対戦カード#140 神無月@鈴木浩子カズ・ハヤシ+中嶋勝彦=カズ彦、最強タッグ出陣PRIDEとWWEが接触!?

 11・19(日)の公開記者会見で何か発表?・・・だと思っていたら、あっさり18日、全カードが発表された。坂田亘GMが会見。
・ HGvsエスペランサーほか11.23ハッスル・マニア全対戦カード決定(スポーツナビ)
##
■ハッスル・マニア2006
11月23日(木・祝)神奈川・横浜アリーナ 17:00
▼ありがとう・さようならハッスル仮面
[1]ハッスル仮面レッド&ブラック&グリーン vs ハッスル仮面イエロー&モンスター仮面ブラック&ホワイト
▼1万人掛け声マッチ
[2]大谷晋二郎&金村キンタロー&Erica&マーガレット vs “モンスターK'”佐藤耕平&赤鬼蜘蛛&青鬼蜘蛛&ドクロンZ
▼海川ひとみデビュー戦
[3]海川ひとみ&KUSHIDA&\(^0^)/チエ vs ジャイアント・バボ
▼ハッスル・スーパータッグ選手権
[4][王者]ハバ・レイ&ディーボン vs [挑戦者]ソドム&ゴモラ
[5]坂田亘&崔領二&RG vs 鈴木みのる&NOSAWA論外&MAZADA
[6=セミ]小川直也&ニューリン様&TAJIRI vs 川田利明&アン・ジョー司令長官&カイヤ
[7=メイン]HG vs ザ・エスペランサー
※なお、ハッスルブレイク(休憩)中に「ハッスルHIP-2K」の水着撮影会

##

 ニューリン様vsカイヤはけっきょくタッグに落ち着きましたね。鈴木みのる、本当に参戦決定。

 同じ日、全日本プロレスは後楽園ホール大会。 
##
11月23日(木) 東京・後楽園ホール12:00
▼世界最強タッグ決定リーグ戦・公式戦
武藤敬司&川田利明 vs 小島聡&天山広吉
▼タッグマッチ
鈴木みのる&MAZADA vs 近藤修司&"brother"YASSH
▼シングルマッチ
NOSAWA論外 vs 雷陣明

##

 川田利明、鈴木みのる、NOSAWA論外、MAZADAは、全日本プロレスとのダブルヘッダー!

 しかも、みのるは全日本(11~12月)→ハッスル横アリ(11・23)→ノア武道館(12・10)→新日本ドーム(1・4)と股にかけて・・・すごいことになってます。プロレス大賞MVP候補として、今年最後の総仕上げにもなりそう。

※17:30追加 公式サイトでも。
・ 坂田GMW、11・23『ハッスル・マニア2006』全対戦カードを発表!(ハッスル公式)
##
 最後に「感動を味わいたければ、横浜アリーナに来い! 当日は17時開始だが遅刻せずに来ることだ!」と坂田GMWは、意味深な発言で締めた。
 これまでのハッスルの歴史を振り返ってみてどうだろう。大会前に全対戦カードを発表したことがあっただろうか? 11月23日『ハッスル・マニア2006』で何かが、何かが起こる……。大会当日、会場に来た人間だけが歴史の証人になれるのだ。

##

 強気な煽り、いいねぇ。■□

高田総統らが公開記者会見。11月19日(日)に“I LOVE HUSTLE”

 ヒマでモテないプロレスファンに朗報。いや、カップルでも楽しめるんじゃないでしょうか。
・ あの幻のイベント“I LOVE HUSTLE”が帰ってきた/11月19日(日)、横浜ベイクォーターで開催決定!(ハッスル公式)
・ 横浜ベイクォーター BAY QUARTER YOKOHAMA
##
 あの幻のイベント“I LOVE HUSTLE”が帰ってくる!
11月23日(祝・木)に横浜アリーナで行われる『KYORAKU presents ハッスル・マニア 2006』を目前に控え、横浜ベイクォーターで“I LOVE HUSTLE”を開催することが決定しました。“I LOVE HUSTLE”とは、今年5月に開催され新宿・渋谷がパニックになった幻のイベント。
 会場となる横浜ベイクォーターとは、今横浜地区で最もお洒落な場所と言われ、週末には人で溢れかえる注目のスポットです。そこをハッスルが1日ジャックします。当日は高田総統、HGら豪華メンバーによる公開記者会見や海川ひとみ、KUSHIDA、\(^0^)/チエのトークショーを実施。さらに、話題のハッスル発アキバ系セクシーユニット・ハッスルHIP-2Kも登場します。
 11月19日は横浜の街がハッスル色に染め上がる! ご期待下さい!
【I LOVE HUSTLE in 横浜ベイクォーター】
日時:2006年11月19日(日)
場所:横浜ベイクォーター(横浜市神奈川区金港町1番地10)
内容:公開記者会見、トークショー、など
[アクセス] 横浜駅東口よりそごう2階経由で徒歩7分、きた東口より徒歩4分。

##

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」にタイムスケジュール。
##
▼12:10~12:30 公開記者会見
[出席者] 高田総統、島田二等兵、アン・ジョー司令長官、HG
▼13:00~13:30 トークショー
[出席者] HG
▼14:00~14:30 トークショー
[出席者] 海川ひとみ、KUSHIDA、\(^0^)/チエ
▼15:00~15:30 トークショー
[出席者] TAJIRI

##

 ハッスルマニアまで1週間を切った。何かの発表がある?

 イベントにも来場、ハッスルマニアでデビューの海川ひとみさん、ブログがリニューアル。
・ 海川ひとみのくつろぎ空間 powered by ココログ

 11・23新潟、梅田、広島、久留米パブリックビューイング情報。
・ パブリックビューイングって、こんなにお・ト・ク! 会場でお渡しするプレゼントをこっそりとご紹介します。(ハッスル公式)

 現時点で何が決定カードだかわかんなくなってきたぞ。これもハッスル流?
・ 「ハッスル・マニア」に鈴木みのるが参戦か=ハッスル・ハウスvol.21(スポーツナビ)
##
■ハッスル・マニア2006
11月23日(木・祝)神奈川・横浜アリーナ 17:00
[決定] HGvsザ・エスペランサー
[決定] ニューリン様vsカイヤ
[決定] 海川ひとみ&KUSHIDA&\(^0^)/チエvsジャイアント・バボ
[濃厚?] 坂田亘&崔領二&RGvs鈴木みのる&NOSAWA論外&MAZADA

##

 
 こちらもどうぞ。
・ 【11/23(木)正午まで】ハッスル・マニア2006の楽しみ方 パソコンテレビ「GyaO」無料動画

 ジョシュ・バーネットvsモンスターKは・・・もうないと思う。■□

2006.11.17

小橋建太、半年ぶりにリングへ!

小橋建太、半年ぶりにリングへ!

携帯から。

止まっていた時計の針が動き始めるかのように。
・15日、秋山準との夕食で小橋建太が「ファンの人達の前で挨拶だけでもしたいな」と発言。
・16日、小橋のメッセージを秋山がブログで紹介。
・17日、夕刊紙「東京スポーツ」が小橋インタビューを1面掲載。ノアが12・10日本武道館への小橋来場(挨拶)を発表。

決意してからの小橋の行動は早かった。

7月に右腎臓摘出手術。6月札幌大会を最後にリングから遠ざかっている。リングインは半年ぶり。

東スポのインタビュー。写真からは少しほっそりしたようすだ。
##
・週に5回道場通いするまで回復。
・小橋「生きていれば絶対にいいことがある。こういう身になってやりたいことができないし、食べたいものも食べられない。だけど必死になっている。リングにオレが立つことで何かを感じてもらいたい。そしてオレも元気にしてほしい」
##

重すぎる言葉。

武道館の追加カードも発表。
▼力皇猛&モハメドヨネ&KENTAvs高山善廣&鈴木みのる&佐野巧真
▼(既報)丸藤正道vs三沢光晴
大阪で高山にケンカを売ったKENTA、再び。


※一夜明け11/18追加リンク
 三沢光晴「本人から『あいさつしたい』と言われたよ。不安も抱えているだろうし、会場の雰囲気を味わうだけでも気分転換になるでしょ。日常生活に支障はないみたいだし、顔色はよくなっていた。シャープになっていたね」
 秋山準「15日に焼き肉を一緒に食べました。体重も110キロある。食事制限で体重が減っているらしいけど、腕を見る限りはすごく(太くて)、病気がウソじゃないかと思うぐらい。ファンのことを四六時中考えているようでした。姿を見せてくれるだけで違うね。僕の試合の前にあいさつするのだけはやめてください」
・ 小橋が12・15武道館にやって来る!(デイリー)
・ 小橋12・10ファンに姿!武道館であいさつ(ニッカン)
・ 小橋12・10ファンに報告…腎臓がんで休業から半年(スポーツ報知)
■□

柴田勝頼、27歳に

pick up Mr.Children「しるし」動画┃所英男[リングスロシア パコージンさんリングス末期に大活躍した、アターエフ選手

061112shibata
 肉体改造中の柴田勝頼(左)最新写真は11・11新宿カス野郎から。提供「今夜が山田」さん。

 カス野郎の速報をカクトウログにくれたのは今夜が山田さんでした。こういうふうにブログでフォローしあえるのは嬉しいこと。ブロガー&ファン冥利に尽きる。
・ 2006.11.12 今夜が山田:カス野郎と大福來
・ 2006.11.11 カクトウログ: 柴田勝頼“復活”速報/11・11新宿カス野郎
・ 2006.10.29 船木誠勝:最近柴田選手の筋力アップが著しい

 祝。柴田勝頼は11月17日が誕生日。
・ 柴田勝頼 - Wikipedia
##
柴田勝頼(しばた かつより、1979年11月17日 - )は、フリーランスのプロレスラー。183cm、98kg。
##

 柴田の今後の予定を再掲。

▼2006年12月3日(日)上井ステーション
後楽園ホール12:00
※柴田の参戦は正式発表ではありません。交渉中。

▼2006年12月17日(日)みちのくプロレス
後楽園ホール12:00
フジタ“Jr”ハヤトvs柴田勝頼

▼2006年12月30日(土)上井ステーション
後楽園ホール 時間未発表
※おそらく柴田にもオファーするはず?

 あらら、みちのくしか決まっていない。どうなる、上井ステーション・・・。

 ノアは村上和成、継続参戦。村上と“対立”している柴田はしばらく出ない? せっかく柴KENとして再出発したのに・・・。前途多難、いや、いい意味で発展途上な27歳だと思いたい。

 ちなみに、同じ誕生日。
女子プロレス 里村明衣子 1979年11月17日生まれ(年も同じ)
プロボクシング 亀田興毅 1986年11月17日生まれ
■□

週刊Webゴング

pick up 新日本ジオポリス11月17日(金)カード11月16日(木)結果11・15ハッスル・ハウスvol.21大会詳細トピックスインディー・サミットで海援隊が約10年ぶり集結PRIDE 男祭り2006出場予定選手セロがK-1GP決勝戦をプロデュースK-1谷川プロデューサーが藤原紀香さんの結婚報道についてコメント対抗戦形式になるIWGP戦と3冠戦以外は、団体の枠にこだわらずにマッチメーク猪木「オレの発想と違う」「紅白」司会に中居正広&仲間由紀恵

 16日に「週刊Webゴング」がスタート。
・ 週刊Webゴング
・ プロレス雑誌「週刊ゴング」のWeb版が創刊(INTERNET Watch)
##
 ストレインネットワークスは16日、同社が運営するポータルサイト「プレイヤーズ」において、プロレス専門チャンネル「週刊Webゴング」を開設した。プロレス雑誌「週刊ゴング」を発行する日本スポーツ出版社との提携により実現した。
 今回の提携に伴い、プレイヤーズ上で週刊ゴングの誌面コンテンツを掲載するほか、ブログや動画配信などのコンテンツを提供する。週刊Webゴング創刊号では、19日に開幕する全日本プロレスの「2006世界最強タッグ決定リーグ戦」を特集している。
 日本スポーツ出版社の内田幸文氏は「これからの出版社は、インターネットを敵視するのではなく、うまく共存し利用しながら、出版の域を超えなくてはいけない」とコメントしている。今後は、双方のインフラやコンテンツを利用し、スポーツを中心とした豊富なサービスを提供するとともに、インターネットのエンターテイメント市場の創造と拡充に努めるという。
 日本スポーツ出版社は1968年に創業し、同年にプロレス・ボクシングの月刊誌「ゴング」を創刊。1984年には現在の週刊ゴングを創刊した。2005年には週刊ゴングの携帯電話向けサイトを開設している。

##

 これまで公式サイトはあったが、その週の誌面コンテンツ紹介にとどまっていた。

 「週刊Webゴング」には編集者のブログや団体別日程表も。まだ工事中のページもあるが、充実したらけっこう面白いかも。ゴングらしく、マスクのプレゼントもありましたぞ。

 インターネットとの共存・・・。

 サイトを充実させる手段はあると思う。たとえば、試合結果としての熱戦譜。開放したら、重宝できる記録ボックスになりそう。選手ごとに戦績が集計できたりとか、検索・加工して使えるくらいになったらすごいだろうな。MVP候補の鈴木みのるの今年1年間の足跡を調べようと思ったら、それがあるとか。たまらなくマニア過ぎ?

 アクセスが高まるサイトにしようとしたら、記事にあるように動画の充実。さらに、速報やニュースで勝負するか、読ませるコラム系か(ベテラン記者や人気選手の連載があるとよい)。

 考えれば考えるほど、サイトが雑誌の売り上げに貢献するイメージが沸かない・・・。

 そろそろ携帯サイト以外に、ビジネスモデルをつくる時期なのかも。月300円でサイトの動画を観放題とか。専門誌はずっと読んできましたから、出版社には消えてほしくない。活路を見い出してがんばってほしいです。■□

2006.11.16

小橋建太「ファンに挨拶だけでもしたいな」

 9/25に「ノア小橋、順調に回復! 道場でのリハビリも開始」、10/15深夜に「小橋建太 最新情報! 週3回 2時間程度のウエートトレーニングによるリハビリ中」と出て以来の情報か。

 腎腫瘍摘出で長期休養中の小橋建太が15日、定期検査の帰りに秋山準と夕食を共にした。
・ 2006年11月16日 (木曜日) 秋山社長の徒然日記: 男3人焼肉屋で
##
昨日、久しぶりに小橋さんと食事に行った。(もちろん小橋さんのおごりです!)
小橋さんは西永さんと一緒に病院に毎月の検査に行っていたらしく、その帰りだった。(検査結果は良かったようだ。)
場所は西麻布の焼肉屋で男3人で語り合った。語り合ったといっても明るい話ばかりで小橋さんはかなり元気だった。
食事制限があったので、幾分顔がほっそりしているが、逆に若々しく見えた。(小橋さん、ヨイショはこれぐらいでいいですか?)

小橋さん「ファンの人達の前で挨拶だけでもしたいな」
僕、西永さん「元気だから、挨拶だけなら早く出来るかもしれないですね」
小橋さん「そうだな、心配してくれたファンの人達の為にも早めにな」
という事で案外早く挨拶だけなら、ファンのみなさんの前に立てるかもしれないです。小橋さん! あくまでも挨拶だけですからね! ファンの人達が凄い声援してくれても落ち着いて下さいよ。
それよりも小橋さん・・・小橋さんが場所を決めて店の予約までしてくれたので、彼女でも紹介してくれるのかな?と期待してたんですが・・・こちらも、ゆっくりですね・・・

##

 頼もしい発言。これは早ければ12月の日本武道館!? いや、あせらずにそのときを待つことにしましょう。武道館で小橋コールができる日を!

 こんな告知もノア公式サイトに。
・ あなたのケータイを"小橋ケータイ"に!!(ノア公式)
■□

東京ドームから始めよう~IWGP戦&三冠戦、同時開催へ

pick up ゲームが引き寄せた今回の“縁”であるならば、ゲームに還元されることをファンとしては望みたい11・15新日本ジオポリス結果ピュア過ぎる「Hさんの恋愛白書」柴田勝頼藤原紀香&お笑いの陣内智則、結婚首都圏最強夕刊紙「内外タイムス」。マニアの間で噂のバトル面にオリジナルコンテンツを加えたEZweb公式サイト「ナイガイモバイル☆バトル」がオープン12月20日は亀田のけんか祭りや! 興毅&大毅ド派手KO宣言向井亜紀 宿願の“代理出産”への執念週刊プロレス週刊ゴング

記者会見の場所は、なんと東京ドームのマウンド中央だった。会見途中、「協力者を紹介します」と主催者が告げる。三塁側ブルペンからマウンドに向かって駆けつけたのはあの男・・・
・ 2007年1月4日・東京ドーム大会発表記者会見“2大メジャー団体創立35周年・新日本&全日本~至宝・IWGP戦&三冠戦~同時開催決定”(新日本公式)
##
レッスルキングタムIN東京ドーム
~新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念~
2007年1月4日(木)18:00

=ダブルメインイベント=
▼IWGPヘビー級選手権
「棚橋弘至vs中邑真輔の12・10名古屋勝者」 vs Ⅹ
▼三冠ヘビー級選手権
鈴木みのる vs Ⅹ

=参加予定選手=
新日本=棚橋弘至/蝶野正洋/天山広吉/永田裕志/中西 学/金本浩二/獣神Tライガー他
全日本=武藤敬司/小島聡/カズ・ハヤシ/渕正信/太陽ケア/鈴木みのる/諏訪魔/TARU他

##

続きを読む "東京ドームから始めよう~IWGP戦&三冠戦、同時開催へ" »

2006.11.15

鈴木みのるがハッスル参戦?/ハッスル・ハウス vol.21後楽園ホール

 情報解禁に制限をかけているハッスル。ブログを拾い読み。
・ 2006年11月15日 ハッスル・ハウス vol.21(ハッスル公式)
・ 【速報】悲しきアイアンマン
・ 【速報】慶やんの9月もタイトルが変わるかも?
##
[1]○モンスター仮面イエロー&ブラック(8分3秒、空から黄色い悪魔がふってきた)ハッスル仮面 ブルー&レッド×
[2]○ジャイアント・バボ(7分49秒、バボム)×\(^o^)/チエ&KUSHIDAwith海川ひとみ
※KUSHIDA&\(^o^)/チエの2人をフォール
[セミ]○ディーボン&ババ・レイ(17分49秒、3D)坂田亘&RG&崔領二×
[メイン]○川田利明&佐藤耕平&赤鬼蜘蛛withカイヤ(9分24秒、片エビ固め)×TAJIRI&金村キンタロー&&大谷晋二郎withニューリン様
※ラリアット

##

 主なトピックス。
・ ニューリン様がブリブラダンス
・ カイヤはニューリン様をチェーンで首吊り。ニューリン様、マニアで報復宣言
・ 坂田「マニアにえい子出ないかも」
・ 鈴木みのる「お前がRGかよ。お前面白いな。今度飯食いに行こう」。愚連隊vs坂田&RGでハッスルマニア? みのるは参戦する?
・ 海川ひとみがバボにサソリ固め・・・と見せかけて急所蹴り
・ トレーニングモンタージュが流れ・・・エスペランサーならぬアンペランサー(アン・ジョー似)登場

 愚連隊が前回ハッスルで登場したため、予想はできたが・・・本当に“師匠”鈴木みのるが来ましたか! ハッスルで「風になれ」。いやー、やってくれるよ。海川ひとみも、いい“前哨戦”だったようだ。

 詳細はこちらを待ちましょう。
・ 【深夜3時解禁】ハッスル・ハウスvol.21(スポーツナビ)
■□

1・4ドームに全日本が全面協力

携帯から。

本日、新日本プロレスが会見。新日本サイモン社長&ユークス谷口社長が協力者を呼び込む。登場したのは、武藤敬司(全日本プロレス)!

1・4新日本プロレス東京ドーム
▼IWGPヘビー級戦
「12・10棚橋vs中邑の勝者」防衛戦
▼三冠ヘビー級戦
鈴木みのる防衛戦(決定的)

サイモン「個人的には棚橋vs武藤さんが見たい」

このほか、全日本主力選手のドーム参戦が発表された。

この路線があったからのドーム決意だったんでしょう。ただ、対抗戦というのではない様子。どうやって盛り上がる方向に持っていくか。

とにかくドーム、動き始めましたね!

※24:20詳報更新
・ カクトウログ: 東京ドームから始めよう~IWGP戦&三冠戦、同時開催へ
■□

ノアだけど「風になれ」も収録/テーマ曲集12・10発売

pick up カイヤ「明日の後楽園でニューリン片付ける」=ハッスル・ハウスvol.15格闘家の入場テーマ曲がぎっしり! CD「格闘魂」発売所英男がリトアニアで勝利 グッドリッジも快勝だ!!ピーター・アーツが絶好調!! もはや武蔵は眼中なしか!?K-1 WORLD GP決勝戦が世界129の国と地域でテレビ放送へ長谷川穂積、激闘を写真で振り返る長谷川穂積、イーグル京和ともに3度目の防衛に成功吉田秀彦15日(水)21:00日本テレビ系列「ザ!世界仰天ニュース」出演三崎和雄「奇跡の大逆転優勝」その裏に隠された真実。

 Amazon.co.jpのページ
・ Heavy Weight Sounds from NOAH
 では明かされていなかった曲目、公式サイトで明かされた。

・ プロレスリング・ノア テーマアルバム 第6弾
「Heavy Weight Sounds from NOAH」12月10日発売!

##
■2006年12月10日 日本武道館大会当日発売!!(会場にて即売あり)
■価格:¥2,800(税込) 収録曲数:全15曲
■プロレスリングノア、ヘビー級の選手のテーマを中心にしたラインナップ
三沢、小橋、秋山、丸藤らプロレスリングノア主要選手の現在使用中テーマに加え、鈴木みのるのテーマ「風になれ」(中村あゆみ)や丸藤正道のテーマのトランスバージョンなどファンから要望の強かった楽曲も特別収録した、全15曲。
■収録曲
1,プロレスリング・ノアのテーマ「THE THEME OF PROWRETLING NOAH」(2004 Version)
2,丸藤正道のテーマ「HYSTERIC」
3,小橋建太のテーマ 「GRAND SWORD」
4,秋山準のテーマ 「STERNESS」
5,志賀賢太郎のテーマ「TRADITION’05」(New Version)
6,潮﨑豪のテーマ「KEEP ON GOING」
7,ムシキング・テリーのテーマ 「ムシキング・テリーのテーマ」
8,ムシキング・ジョーカーのテーマ 「ムシキング・ジョーカーのテーマ」
9,斎藤彰俊のテーマ 「DEATHTINY~死神の宿命」
10,佐野巧真のテーマ 「ATTACK AND RELEASE」
11,田上明のテーマ 「ECLIPSE」
12,三沢光晴のテーマ 「スパルタンX」 (スローバージョン)~「スパルタンX」
13,GHCヘビーのテーマ(Short Version)
<特別収録>14,鈴木みのるのテーマ 「風になれ」/中村あゆみ
<ボーナストラック>15,丸藤正道のテーマ「HYSTERIC」(Trance Version)

##

 ノアの“ベスト版”に全日本3冠王者・鈴木みのる「風になれ」の合体。こりゃ、すごい。■□

2006.11.14

GPWA後楽園速報

携帯から。

本日11・14GPWA第1回興行後楽園ホール決戦の結果は、
GPWA公式サイトに出ています(随時詳報も。やるな〜)。
気になる方はヤフーで「GPWA」検索をかけてくださいませ。

日本テレビの放映も後日あり。

まだ仕事中(涙)。


※24:50追記 観衆は1,700人(満員)
・ GPWA NEWS:【速報/Realize】全試合結果up!
・ GPWA第1回興行「~Realize~」 GPWAが第1回興行を開催/三沢会長「若手の育成の場にしたい」(スポーツナビ速報)
##
・ 複数のプロレス団体や選手が所属するGPWA(グローバル・レスリング連盟)の第1回興行「~Realize~」が14日、後楽園ホールで開催され、ほぼ満席となる大勢のファンで盛り上がった。
・ GPWAはプロレスリング・ノアの三沢光晴社長が初代会長となり、9月に発足会見が行われたもので、ノアやZERO1-MAXなどの国内団体やROHなどの海外の提携団体、そしてフリー選手などが数多く加盟。初の試みとなる今大会では団体の混合マッチや提供マッチなど全7試合が行われた。
・ 三沢会長は「客が入る入らないではなく、若い選手を育てることに意義がある」とGPWAの基本理念を強調し、将来的には共同道場を設営するプランも披露。今後の大会では自らも出場し、若手たちに胸を貸す考えも明かした。
・ みのるが「若手育成の場というなら、三沢や大谷自らがリングに上がってこい」と会長や理事直々の出撃を要求すれば、高山も「オレらは幼稚園の先生じゃない。しつけは自分たちでやれ」と、GPWAのリングに上げる前に、まずは自分たちの団体で鍛えてくるように訴えた。

##

 旗揚げというご祝儀で“超満員”になってもよかったが、かなわず。特にサプライズはなかった様子。全般は若手による試合披露なんだが、セミはベテランvs若手の(新日でいうところの)夢☆勝ち的な側面があった。いじめる側に高山善廣&鈴木みのるはうってつけ。この役に次回は三沢光晴らも入ってくるんだろうか。

 観戦せずに言うのもなんだが、北斗晶のコメント(携帯サイト「プロレス・格闘技DX」)から大会の感触がうかがいしれた。
##
・ 上の人がいない中で頑張ってやったのかもしれませんけど、正直お客さんが望んでいる試合じゃない気がしました。今日の内容で満足してちゃったらダメでしょう。ウチの勝彦も自分を出せていなかった。厳しいかもしれないけれど、『良かったよ』『頑張ったね』って言われてちゃ誰も伸びない。ダメになる。そういう意味でお客さんが喜んでいるようには見えませんでした。
##

 ただ、“自団体のファンじゃない”観客の前で(しかも、いつもと違う選手と)闘うっていうのは、とても勉強になるでしょうね。試行錯誤の場にしつつ、感情をぶつけあって見所ある大会に育ってほしいところ。

 近くでやっていた新日本はどうだった?
・ 11月14日(火)東京ドームシティ・ジオポリス 観衆 165人(新日本プロレス公式)
・ 11月13日(月)東京ドームシティ・ジオポリス 観衆 450人(新日本プロレス公式)

 前日から観客数ダウン・・・たった165人。金本浩二や中邑真輔が出なかったとはいえ、さびしい。■□

“レザー・フェイス死去”の真相

追加pick up 新日本12・24後楽園で金本vs稔IWGPJr戦決定、棚橋30歳・・・11・13ジオポリス結果GPWA11・14後楽園全カード
pick up 業界復興への起点、丸藤vsKENTAをみよGPWAのテーマ曲が決定日高郁人がGPWA参戦新日本プロレス田口隆祐・千亜紀夫妻~結婚披露宴TAJIRI、ニューリン様のパートナーに名乗り=ハッスル・マニアグラドル・海川ひとみがデビュー戦でバボと対戦=ハッスル原口あきまさ参戦! 蝶天タッグでW武藤ツブす!!=全日本プロレス“エロレスラー”TAJIRIが渡辺久江と対戦!=12.8藤原祭り神取議員が「初リング」で大流血星里村新技で尾崎に雪辱…仙台女子プロレスマーズサイドと会って話しをしてきたけれど@金原弘光アンヌ(元)隊員とも会っている@高山善廣ノアGHCタッグ王座トーナメント、他団体チームは大谷晋二郎&村上和成超満員札止め!スト市ボンバイエ試合結果

初代レザー・フェイス(スーパー・レザー)ことコーポラル・マイク・カーシュナーが“死亡”。こちら誤報で確定したが、カーシュナーの本名「トーマス・スピア」は実際に死んでいた・・・

続きを読む "“レザー・フェイス死去”の真相" »

2006.11.13

今夜10時ゴング! WBC 世界戦

今夜10時ゴング!  WBC<br />
 世界戦

携帯から。

13日 今夜10時から日本テレビにてプロボクシングWBC世界戦。
1時間番組(最大延長11:19)で、長谷川穂積とイーグル京和の2人の防衛戦を当日放送。

亀田現象にクギを刺すように
「本物のボクシングをお見せする」
「早い時間ではサラリーマンの方々も見づらい。10時からなら、ゆっくりと見られる」
と日テレ関係者コメント。(東スポから)

その意気込み、ナイス。
試合内容も盛り上がれ!

※25:00追加リンク
・ 長谷川、判定勝ちで3度目防衛(デイリー)
・ 徳山が長谷川に挑戦状(デイリー)

 テレビ観ました。いやぁ、いい試合。途中で採点が公開されるんですが、それをひっくり返そうとヘナロ・ガルシアが最後までKO狙いをやめない。それでいて、長谷川は最終ラウンド、ノーガードでパンチをかわす芸当をみせる。なんか絵になるシーンがいっぱいあった。ボクシング、いいカンジ!■□

2006.11.12

前田日明ジムは白金で開設へ【週刊 前田日明】

追加pick up 「カス野郎と大福來」今夜が山田さん2か月半ぶり復活
pick up ダラ・イラマ法王14世の講演を聴きに行って来た@高山善廣みのる、柴田が2年ぶり激突中邑、1・4東京Dで初防衛だ11・13タイトル戦、徳山昌守がリングサイドで観戦へ武藤&神奈月の黄金タッグ、合体技出す!?HERO’S リトアニア2006で所英男、勝利Uの系譜vs蘇れ平成維震軍結果=愛プロレス博中村大介、小田をアームバー葬=U-Zealどっこい、Uは生きている@清野茂樹とても楽しかったよ(^O^)田村潔司先生@七尾春日

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第47回のラインナップ▼前田日明ジムは白金で開設へヒョードル関係者が前田の名を口に前田、反日ジャーナリズムを批判・・・

続きを読む "前田日明ジムは白金で開設へ【週刊 前田日明】" »

2006.11.11

柴田勝頼“復活”速報/11・11新宿カス野郎

pick up 中邑真輔「棚橋からピンフォール奪う」断言週刊プロレス11月22日号書評@おまえらの好きにはさせねえ!さん小川直也が1日消防署長。M軍に寝返った“愛弟子”カイヤにエール、制裁はニューリン様に託す長い間待たせてゴメン、プレステ3発売うはは!買えなかった@菊タローサプライズ!新庄、紅白司会に浮上

 フリー転向第1戦(9・9ノア日本武道館)後に体調を崩したと伝えられた柴田勝頼。無事に“復活”で2か月ぶりに出陣、フリー第2戦。

 対戦相手はⅩ&Ⅹとされていたが、はたして・・・。

2006年11月11日(土)RINGSOUL LIVE vol.4
~新宿カス野郎プロレスFINAL~ 新宿FACE 18:30

▼[20:15携帯サイトから]第1~第3試合結果
※タイムなど21:00追記

[1]○ハヤブシート&エルブレイザー(10分25秒、片エビ固め)リッキー・フジ&KEN45°×
※ファイヤーバードスプラッシュ

[2]○ダンプ松本(3分24秒、TKO勝ち)マスクド・ポコチン×
※ポコチンが試合放棄

[3]○グラン浜田(12分57秒、体固め)浜田文子×
※雪崩式ダイヤモンドカッター

▼[20:15観戦仲間からメール]
試合開始。柴田の相手はみのる&論外!
061111shibata

▼[20:25観戦仲間からメール]
逆落としでみのるが澤から取りました!

[4=セミ]○鈴木みのる&NOSAWA論外(14分30秒、スリーパーホールド)柴田勝頼&澤宗紀×
※逆落としから

▼[20:40観戦仲間からメール]
柴田、体というか筋肉が増えてましたよ。
先発はみのるvs柴田。打撃をスウェーでかわし合い。
懐かしのブルドッキングヘッドロックを出してました。
あとペティグリーとか。
試合の殆ど澤が捕っていた展開。
という感じで柴田はレフェリーに制止され苛立ってました。
今TARU水かかりました( ̄□ ̄;)!! とほほー

▼[21:30携帯サイトから]試合経過を抜粋
Ⅹ組にかかったテーマ曲は「風になれ」。
先発は柴田とみのるで緊張感。
しかし、ほどほどにみのるが論外にスイッチ。
論外が澤にバチバチで押し込まれ、柴田にも手玉に取られる。
タッチを受けたみのる、瞬く間に澤をキックでなぎ倒す。
全日本マットで組みなれているみのる&論外の反則まじりのコンビネーションで澤が追い込まれる。柴田はコーナーで苛立つ。
代わった柴田、論外を追い込んでスリーパーからのPK狙い。されどみのるが背後からの蹴りで阻止する。もつれる両者、みのるは膝蹴り連発、柴田はぺディグリー→FK。
澤に交代。みのるのゴッチ式パイルドライバーは柴田がカット。
ならばとスリーパーにみのるが入ったところを、柴田が延髄斬りでカット→同士討ち。最後はみのるが澤に逆落とし→スリーパー。

▼[20:49観戦仲間からメール]
補足。この空間に柴田だけ異質でした。
みのると対峙した時ですら・・・
みのるが丸くなったのか
柴田が尖ったままなのか
わからないけど(;-_-+

▼[21:10携帯サイトから]メインの結果

[5=メイン]○SUWA&TARU&大鷲透(19分1秒、片エビ固め)ミラノコレクションA.T.&近藤修司&YASSHI×
※FFF

▼[21:30携帯サイトから]
「Ⅹは鈴木&論外 最強タッグへ弾み/2か月ぶりも・・・柴田無言」
「イタコネ復活・・・SUWAは成長に感激」
「藤永代表が大会継続を大会継続を約束」

▼[21:40カクトウログ管理人感想]
 柴田とみのる、緊張感のある攻防だったんでしょうね。この顔合わせが新宿FACE、贅沢だ! 試合は、みのる・膝蹴り連打、柴田・ぺディグリーのあたりがクライマックスか。
 あと、船木誠勝が「最近柴田選手の筋力アップが著しい(10/29)」と書いていたが、ファンからの見た目としても肉体改造があったもよう。これは頼もしい情報ではないでしょうか。

 というわけで、速報終了します。

 観衆810人(超満員札止め)・・・そんなに入るんですっけ!? 当日立見席も伸びたんだろうなぁ。

※22:13ライブドアに試合結果が出ました
・ 11.11 RING SOUL LIVE vol.4 ~新宿カス野郎プロレス ファイナル~全試合結果up! - livedoor スポーツ

※追加リンク
 こちらにフィニッシュシーン連射など。
・ BLACK NIGHT !(柴田勝頼待望論):(画像UP&追記あり)柴田勝頼フリー第2弾
 翌朝報道はデイリーのみ。
・ みのる、柴田が2年ぶり激突(デイリー)
■□

佐々木健介、復帰を発表へ/11・19全日本後楽園

 左眼窩底骨折で欠場中の佐々木健介についてお知らせが出た。
・ kensuke-office BBS
##
▼No.685 - 2006/11/11(Sat) 12:46:53
☆ Re: 全日本プロレス最近物足らないぞー / 健介オフィス
11月19日の後楽園ホールにて
復帰に関する発表をします。期待して下さい!

▼No.686 - 2006/11/11(Sat) 12:48:10
★ ★ 佐々木健介 11/19後楽園ホールに来場!!! / 健介オフィス
佐々木健介選手が全日本プロレス「2006世界最強タッグ決定リーグ戦」の開幕戦、11月19日・後楽園ホール大会に来場し、復帰に関する発表をリング上からファンの皆様に行う事が決定いたしました!!
■11月19日(日)後楽園ホール(18:30開始)
チケットのお問い合わせは全日本プロレスへ

##

 “復帰に関する発表”“期待して下さい”ということで、復帰試合を発表するとみていいでしょう。全日本のリング上ということは、全日本のビッグマッチか。

 7・2ビッグマウスラウド、柴田勝頼戦で負傷。7・16ノア日本武道館に強行参戦(欠場の小橋建太の代役)後、7・18に手術(視界を正常にするため、左目下を切開し、眼球を固定するシリコーンを入れた)をしていた。ときおりテレビ番組では元気な姿を見せていたが、試合は4か月行っていない。

 とにかくこの復帰はうれしいこと。テレビで露出しているプロレスラーではいちばん有名でしょう。プロレス界の“顔”が復帰するというのはプロレス界全体にとっての追い風になる!

 発表は1週間後。もともと観戦予定でしたので、発表の模様は当サイトで速報します。

※追記 16:42にスポーツナビにも出ました
・ スポーツナビ:健介が復帰についてのコメントを11.19後楽園大会で発表=全日本

=関連ページ お祝いの書き込みを!=
・ 佐々木健介「嫁バカ日誌」
・ KENSUKE OFFICE TOP

・・・今日は午前中に「たとえばボクがテレビ局の人間だったら「健介プロレス」なんて番組を考える」と書いたばっかりだった。予感だったのかなぁ、その点でもビックリ。■□

レダ・加畑雅之社長、上井ステーション支援~プロレスへの偏見を乗り越えて~

pick up 本日11/11(土)18:30リングソウル新宿に柴田勝頼・・・当日券は立見のみ┃GyaO ギャオ無料動画[ハッスル20動画:12/9正午までハッスル・マニア2006の楽しみ方]┃ハッスルマニア日本プロレス界初のパブリックビューイング実施詳細公式]/ハッスル・マニアへ行こう!真心キャンペーンどスケベモードTAJIRI、エスペランサー攻略法を発表眞鍋かをり あるぞ小池栄子戦高田延彦が2時間ドラマの準主役で出演@悲しきアイアンマンさん柔道・小斎武志氏死去エメリヤーエンコ・ヒョードルに勝ったことで知られる柔道家berry15、11月29日(水)スマックガールで引退式イノキ・ゲノム3度目の延期…来年1月を予定草間氏がプロレス経営塾で、プロレス団体の株式上場について語る@angle JAPANさん第2回草間プロレス経営塾#139 アナウンサーでした@鈴木浩子テンコジ公開練習@小島聡はらたいらさん死去クイズダービー重圧に

上井ステーションの旗揚げ戦、12・3後楽園ホール。その対戦カード第1弾が会見で発表された。大会は、プチシルマで知られる㈱レダ・加畑雅之社長が全面バックアップする・・・
・ スポーツナビ:12.3上井興行にノートン、ブルー・ウルフの参戦が決定=UWAI STATION
・ デイリー:上井氏 プロレス史上初の「駅長」に
・ angle JAPAN: 仕切り直しになった上井駅の始発に高山、鈴木、ノートン、ウルフらが参戦!
##
■「プチシルマpresents UWAI STATION」
12月3日(日)後楽園ホール 開場11:00 開始12:00

=決定対戦カード=
・ 高山善廣&鈴木みのる&SUWA vs Ⅹ
・ ブライアン・ダニエルソン vs フジタ“Jr”ハヤト
・ 義経 vs ラッセ
※全5~6試合を予定

=出場予定選手=
スコット・ノートン、ブルー・ウルフ

=その他情報=
・ ノートンがパートナー(日本では無名)帯同を予告
・ ブライアン・ダニエルソンは、ノア参戦後の帰国を1日遅らせて参加決定
・ 柴田勝頼とも交渉中
・ 毛利昭彦の参戦は見送り(本業サラリーマンの年内有給残りがないため)
・ 上井文彦駅長「新日本を辞めてからの1年を振り返ると、プロレス界の足を引っ張ってきたので反省している。どん底まできたのでこの大会をキッカケに這い上がっていきたい! 今度こそUWAI STATIONを見に来てくださいと言える!」
・ 上井氏はプロレス史上初の「駅長」に就任。早割や特割、青春18きっぷならぬ青春18シートなどの導入をぶち上げた
・ スポンサーはプチシルマ。ドン荒川がプチシルマ体操を行い、さらにはプチシルマのCMキャラクターである志村けんと研ナオコが観戦に訪れる可能性もある
・ UWAI STATION今後の日程:12・30後楽園、1・14福岡

##

続きを読む "レダ・加畑雅之社長、上井ステーション支援~プロレスへの偏見を乗り越えて~" »

2006.11.10

棚橋vs中邑は名古屋で/新日本プロレス主要カード発表

pick up 全部へんな顔の私σ(^◇^;)でも嬉しいデス☆@風香大盛況@NOSAWA論外コジタロー奮闘記@小島聡NOSAWA GENOMEで無茶連発11・14GPWA後楽園全カード、高山&みのるとNOSAWAが電撃合体高山善廣、12・10ノア武道館参戦PRIDE武士道・・・事件@高山善廣予想以上に成功した、PRIDEの米国進出@布施鋼治最強タッグ戦へテンコジが公開練習、「俺ごとアナコンダ」「アナコンダカッター」披露(いずれも仮称)「徳山vs長谷川」が来春にも実現へ長谷川は順調浜田翔子の参戦は次回以降小池栄子のハッスル参戦は・・・女性格闘家と「殴らん屋」が“エロコワ”映画PR坂口ジュニアが会見「もう一度必ずパンクラスのリングに上がる」全日本プロレス営業社員募集11/7告知

 新日本プロレスが11月9日に記者会見。
・ 棚橋vs.中邑のIWGP戦ほか、次期主要カード発表=新日本プロレス(スポーツナビ)
・ 「Circuit 2006 Final NEXT PROGRESS ~未来へ~」主要カード発表!~棚橋・タイガーマスク記者会見(新日本公式)
##
11月25日(土)後楽園ホール
▼G1タッグリベンジ・サイモン猪木指名試合
中邑真輔・蝶野正洋(G1タッグ優勝チーム)vs 越中詩郎・真壁刀義(Bブロック5位)

11月26日(日)藤沢市秋葉台文化体育館
▼スペシャルシングルマッチ
中邑真輔vs山本尚史

12月2日(土)京都市体育館
▼NWAジュニアヘビー級タイトルマッチ
[王者]タイガーマスクvs[挑戦者]ミラノコレクションA.T.

12月3日(日)鳴門市市民体育館
▼タッグマッチ
アレクサンダー大塚&飯塚高史vs山本尚史&宇和野高史

12月10日(日)愛知県体育館
▼IWGPヘビー級タイトルマッチ
[王者]棚橋弘至vs[挑戦者]中邑真輔
▼IWGPタッグタイトルマッチ
[王者組]大森隆男&中西学vs[挑戦者組]未定
▼IWGPジュニアタッグタイトルマッチ
[王者組]邪道&外道vs[挑戦者組]エル・テハノJr.&ネグロ・カサス

##

 うーん、東京ドーム大会について「(近日中の本格的な会見)そのタイミングで1つか2つカードを出したい」とされていたのに・・・まずはドーム前から発表でしたか。

 月曜日に来年1・4東京ドームが決定してから、「棚橋vs中邑」はスポーツ紙で名古屋説・ドーム説、各社バラバラに推測されて来た。どっちの社内意見もあって、どっちも漏れていったということなんでしょうか。この危うさが、ある意味新日本!?

 しかし、棚橋vs中邑というカードが愛知県体育館で観れるのはいいですね。ビッグマッチ感が漂う。名古屋のファンがうらやましいぞ。(その日は、東京はノア「丸藤vs三沢」ですね。ビッグマッチ日和だ)

 会見での言葉を拾う。
##
・ 棚橋「昨日、この試合の話がありました。驚きはしましたが、チャンピオンとして“常に誰の挑戦でも受けて立つ”という姿勢なので、もう、気持ちはタイトルマッチに向いています。そして、必ず勝って1/4東京ドーム大会を迎えたい」
・ サイモン「(この試合を)1/4東京ドーム大会で(行なう)という意見もありましたが『鉄は熱いうちに打て』という事で、名古屋に決定しました。常にその時のベスト(のカード)を出して行くというのが新日本のスタンスです。(棚橋、中邑の)2人は永遠のライバル。ベストバウトになるくらいの物凄い試合になると思う」
・ なお、棚橋選手は「G1タッグ」の激戦により、右足を負傷中。多忙により、病院で診断も受けていないという事でケガの詳細は不明だが、その状態はかなり深刻なものらしい。となれば「1/4東京ドーム大会までタイトルマッチを先送り」という思いが頭をよぎっても不思議ではない。しかし、「気持ちが充実している」という棚橋選手は、そんな考えを真っ向から否定。「意地と脅威の回復力で(ケガを治し)、タイトルマッチに間に合わせます」と、力強く言い切っていた。

##

 出し惜しみなし。9月大阪府立、10月両国、11月G1タッグと続いてきた熱が名古屋に上陸・・・するといいな。そして、いやがおうにも、1・4ドームには「棚橋vs中邑」以上を期待してしまう。強気の新日本、まだまだ続くか。

 ドームはどう組むんでしょう? 蝶野&中邑vs高山善廣&鈴木みのるとか・・・外敵も絡むか。あるいは、全日本勢?■□

2006.11.09

猪木、新日株買い戻す

携帯から。
本日の東スポ見出し予告にびっくり。
##
★1面
激震スクープ!! オーナーに復帰!
猪木 新日株買い戻す
##
アントニオ猪木が意思を持っているだけなのか、具体化している話なのかは不明。親会社・ユークスは新日本プロレスに見切りをつけたんでしょうか。うーむ。

くしくも日刊スポーツでの連載「プロレスの証言者 アントニオ猪木」は本日が最終回。
##
糖尿病だが、今でも毎日ワイン2〜3本あける。夢のためには付き合いも必要だから。オレは死ぬまで夢を追い続ける。
##

新日本プロレスの再建も夢として仕切り直しするのか?

※21:45追記
 ネタばらしするには早い時間なんですが、たいした内容でもなかったんで載せます。11/9発売分『東京スポーツ』紙から。
061109inoki
##
・ 猪木「新日がまた身売り? オレにはもう分からないし、どうなっているか本当に知らない。今のところはサイモンに聞いてくれよ。ただ・・・。オレが買い戻すということならあるだろうね。フフフッ」
・ 追跡取材の結果、ユークスに売却した51.5%の株式買戻しに向け、猪木が水面下で資金調達に動き始めたという情報が浮上してきた。
・ サイモン社長「そういう話があるのは聞いてます。猪木さんは今の沈滞したプロレス界を黙ってみていられなくなったのでしょう。猪木さんの、普通ではないアイデアですね」
・ 実際にユークスが買い戻しに応じるかどうかもこれからの交渉となる。それでも、猪木の爆弾表明で自体は一気に動く。年内に新日プロ、プロレス界を揺るがす大変動が起きそうだ。

##

 というわけで、確固たる確証はない記事でした。そもそも苦しくて売ったわけで、考えられない。

 記事中では今の新日本を猪木が批判するくだりもあるが・・・猪木にそれを言う資格があるかは疑問符がつく。往年の功績は認めるが、後年は、新日本への介入はことごとく悪い方向に転がってきた。小川直也や藤田和之、ブロック・レスナー。全部ダメ。

 美しい記憶に泥を塗らないでください、猪木さん。

 「プロレスの証言者 アントニオ猪木」は最終回。この連載の猪木はものすごくいいのに。
・ プロレスの証言者 アントニオ猪木(15)(ニッカン)
・ プロレスの証言者 アントニオ猪木 まとめ
■□

眞鍋かをり、ハッスル参戦浮上

 ビッグマッチ11・23(木=祝)ハッスルマニア横浜アリーナまで、あと2週間。ハッスルのスクープというとデイリーが多いんですが、サンスポにこんな記事。
・ 【ハッスル】眞鍋かをりが参戦“予告文書”が届く(サンスポ)
##
眞鍋はハッスルのイメージキャラクターに就任することが決定。9日に正式発表されるが、発表会見ではサプライズの告知もあるという。6月のハッスル大会に来場した際には「私も出てみたい」とノリノリだった眞鍋。23日の次回大会「ハッスル・マニア」(横浜)でリングに上がったりして?!
##
 

 ブログの女王がイメージキャラクターになるっていうのは、大会の盛り上げになる。それ以上のサプライズを期待した記事だが、はたして? ひとまずは会見を待ちましょう。

 ちなみにブログはこちら。文体でうまくテイストをつくっていますね。
・ 眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ


※22:00追記 こんな会見でした
・ 眞鍋かをり、ハッスル親善大使に就任/海川ひとみは『ハッスル・マニア』でプロレスデビュー決定!(ハッスル公式)
・ 眞鍋かをりの後輩、グラドル・海川ひとみがハッスル・マニアでデビュー/ビターンされたら分からない!? 眞鍋の緊急参戦はあるのか!(スポーツナビ)
##
海川ひとみ「私、今仕事があまりないので、練習時間に死ぬほど費やしたいと思います」
坂田GMW「本気なんだな? よし! 『ハッスル・マニア』でデビュー決定だ!」
眞鍋かをり「今のところ後輩の参戦に驚いてるところなので、自分(のプロレスデビュー)はまだ何とも言えません。今のところそういうつもりはないのですが、(高田総統の)ビターンを食らってしまえば可能性はあるのかなと」

■ハッスル・マニア2006
11月23日(木・祝)神奈川・横浜アリーナ 
開場15:30 開演17:00
=決定カード=
▼海川ひとみデビュー戦
海川ひとみvsⅩ
=決定済みカード=
▼メインハッスル
ザ・エスペランサーvsHG

##

 海川ひとみさん・・・すみません、存じ上げません。グラビアアイドルぶりはこちらでご確認を。いろいろ作品出してました。

 こんな記事も。 
・ 眞鍋かをり、ハッスル参戦「ブログの女王」がプロレス?(中日スポーツ)
##
実際にデビューするとなると、かなりの練習を積まなければならない。しかし、中学時代に剣道部に所属していたという実績?がある眞鍋だけに、竹刀を振り回してリングで大暴れ、などというシーンも想像できる。
##

 想像し過ぎだよっ(笑)。■□

2006.11.08

11・8NOSAWA GENOME新木場1st RING速報観戦記まとめ

pick up 立嶋篤史選手と対談@田村潔司田村さんとは、もう15年になる@立嶋篤史柴田流ジョギングで「火の呼吸」を身につけろ!@柴田勝頼男祭り、地上波放送なしが決定!?@BurningSpiritさん“煽り映像”が地上波撤退問題以前のクオリティに戻った&郷野聡寛の存在12・31『PRIDE 男祭り 2006』にてオフィシャルトレーディングカードを先行発売【11/16開始】週刊webゴング - プレイヤーズ格闘技新アキバ系ユニット「ハッスルHIP-2K」11.23デビューKID、11月のアマレス米国大会に参戦せず12・2ディファで河野真幸vsチェ・ムベプロレスの証言者 アントニオ猪木(14)

高山善廣が脳梗塞から復帰後初シングル。鈴木みのるは風香と対戦。カクトウログ管理人知人が寄せた11・8NOSAWA GENOME新木場1st RING速報観戦記、あらためてどうぞ・・・

続きを読む "11・8NOSAWA GENOME新木場1st RING速報観戦記まとめ" »

「K-1(笑)」が現代用語の基礎知識2007に掲載

pick up 週刊プロレス11/8リニューアル新編集長インタビュー@ブラックアイさん週プロゴング徳山昌守 世界王者対決以外なら引退坂口Jr・・・坂口征夫負傷、12・2パンクラス初陣延期調整遅れ・・・山本KID徳郁が18日のNYACオープン(米ニューヨーク)の出場を回避11月8日(水)21:00フジテレビに吉田秀彦出演

 『現代用語の基礎知識 2007 』に「 K-1(笑)」が掲載されたという。
・ NHBnews PRO:【 FEG/K1 & HERO'S 】 『現代用語の基礎知識 2007 』に「 K-1 (笑)」が掲載される
・ 昨年に引き続きまして、自由国民社より発行されております『現代用語の基礎知識2007』に、はてなダイアリーキーワードが掲載されました。以下の95キーワードです。
・ K-1(笑)とは - はてなダイアリー
##
K-1(笑) けーわんかっこわらい
 2ちゃんねるをはじめとする、インターネット内で流行している用語。
 人気立ち技格闘技「K-1」で、問題点として一部ファンから指摘されている不透明ジャッジ・カード編成、選手経歴の誇張、乱闘劇演出などの煽り、見た目や話題性の優先・・・・に関し、皮肉と揶揄を込めて「(笑)」をつけるようになったのが始まり。
 K-1は現在、総合格闘技「PRIDE」などの他団体と対立関係で、その対立を受けたファン同士の皮肉合戦という側面もあり、一部では「PRIDE(笑)」などの用語も出ている。

##

 「K-1」じゃなくて「 K-1(笑)」だそうです。こうやって定着するくらいの言葉なんですね、知らなかったー。

 どうしても試合内容にバラつきが出てしまうK-1や総合格闘技。側面的に盛り上げていってやっと成立していく(高視聴率や観客動員)。指摘されている部分の功罪はあるでしょう。

 NHBnews PROのコメント欄から。
##
8. Gryphon 2006年11月08日 05:39
そのキーワード書いたの俺だ(笑)

##

 Gryphonさん、やるなぁ。

 こういう側面的盛り上げがなくっても試合を組み立てられるのが「プロレス」だぁ~と声を大にしたいところだけど・・・プロレスも試合内容にバラつきあります。■□

2006.11.07

中邑真輔vs棚橋弘至はいつ?

24:45追加pick up 11・8(水)ノサワゲノム新木場全カード東京愚連隊がハッスル・マニア参戦かグラバカからチャンピオンが出ました@菊田早苗徳山「納得のいくカードでなければ引退」MBSラジオ『秋祭り2006』に秋山成勲がゲスト参戦チェ・ヨンス、格闘技世界舞台(K-1)へアーツ戦の前に強敵出現!?  武蔵が美女に迫られるエルドラド提供6人タッグマッチが決定=11.14GPWA藤原組長、青柳館長、飯伏など、新旧のスター選手が参戦!=愛プロレス博曙が大晦日「長州と組み、武藤&永田組との豪華タッグマッチ」実現をK-1側に提案藤原会長が渡辺久江を“ご指名”、12.8「藤原祭り」でタッグ結成プロレスの証言者 アントニオ猪木(13)

中邑真輔vs棚橋弘至はいつ?

携帯から。

「来年1・4東京ドーム開催決定」発表から一夜明け。
特に動きはなし。

東スポは「年内最後のビッグマッチ、12月10日名古屋(愛知県体育館)でのタイトルマッチが決定的」という書き方。
ドームより前に中邑vs棚橋をやっちゃう?

名古屋の器も大きいから、コケることはできない。ビッグマッチを生かしてドームへの盛り上がりをどうつくっていくか、これから問われていく。

少し思ったこと。
ここ数週間のプロレス週刊誌、新日本の会場の盛り上がりにスポットを当ててきた。まるでドーム決定への背中押しをするように。

ファン、関係者、自団体・・・みんなの気持ちを乗せて。
いざ、ドームへ!


※11/8 07:30追記
・ 棚橋「仮に年内に中邑の挑戦を受けることになっても、ドームのリングには王者として上がるのは自分」(サンスポ)
・ 棚橋VS中邑1・4ドーム目玉に(スポニチ)
 書き方、バラバラですね。■□

徳山昌守「キッチリ断りました」

 大晦日PRIDE男祭り参戦? 報道で騒がれた徳山昌守がコメントをサイトで発表。
・ NHBnews PRO:【 DSE/PRIDE 】 徳山「こんな素晴らしいボクシングを地に落としたくありません」
・ hitorigoto 徳山昌守
##
自分の今の立場、ポジションをもう一度よく考え直し、ボクシング界全体の事を考えた時、出るべきでは無いとキッチリ断りました。
##

 リンク先に経緯が率直に書かれている。DSEの熱意にはかなり揺れ動いたようだが、最終的には踏みとどまった。ボクシング愛があっての決断。よかったんじゃないでしょうか。

 こうなったら、きっちりいい試合をして、格闘技ファンをすっきりさせてほしいですね。

 男祭り、目玉がなくなり苦しくなった?■□

2006.11.06

1・4東京ドーム開催決定! 新日本プロレス

pick up UFCベガス大晦日興行戦争参戦。リデル×ティト激突男祭りの地上波はいぜん調整中ワーストに入る大会だった@高田統括本部長佐伯広報がケジメの坊主&公開断髪式か過去、ワースト@菊田早苗徳山PRIDE転向…王座返上、ボクシング引退五味、大みそか徳山戦は否定的カイヤvsニューリン様、11・23ハッスル・マニアで実現へアニキ志賀の白GHCに“弟分”太田が挑戦=ノアサップがWWEと接触、代表らと会談大森、アックス・ボンバーでバンビ組粉砕=ZERO1-MAXユーチューブ、米タイム誌「今年の発明」に選ばれるヒクソンも逃げ出す格闘家と試合決定プロレスの証言者 アントニオ猪木(12)

 ずっと仮押さえ状態でしたが・・・キャンセルしなかった。いきなりサイトで発表。
・ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -シリーズ&カード情報-
##
レッスルキングダム IN 東京ドーム

060104dome2007年1月4日(木)
開場16:00 開始18:00
主催:新日本プロレスリング(株)   
後援:テレビ朝日
    /東京スポーツ新聞社  
協賛:グリオ
◆出場予定選手◆
棚橋 弘至 / 蝶野 正洋 / 永田 裕志
中西 学/中邑 真輔/獣神サンダーライガー/他
● ロイヤルシート  20,000円
● アリーナA 10,000円
● 1FスタンドA 5,000円
● 1FスタンドB 3,000円
● 小中高生(1FスタンドB)1,000円(当日のみ・要学生証)

##

 東京ドーム大会、ほぼ1年開催せずにきたけれど、「1・4」だけは絶やさず。でも「闘強導夢」って言葉は使わない。

 会場でも発表されたんでしょうか? G1タッグリーグ決勝はどうなった?
・ 11月6日(月)後楽園ホール 観衆 1,800人(超満員札止め)(新日本公式)
 リンク先をどうぞ。優勝したあの選手がドームの主役か? 新日本プロレス、勝負に出た!

※22:25追記
 携帯サイト「モバイルゴング」にこうあった。
##
11・6後楽園ホールの休憩中、突如の大発表に会場が揺れた。新日本が1・4東京ドーム大会の開催をブチ上げたのだ。本日の後楽園大会終了後、緊急会見が開かれることが決定しており、詳細はその際に発表される。
##

 こういうレポートは“大会詳細解禁時間前”でもOK?(笑) 何か発表されるのかな。

※23:30追記
 「モバイルゴング」にやや詳細情報が。
##
・ 試合後緊急会見には、サイモン猪木社長と菅林副社長が出席。
・ サイモン氏「(勝算は?)ありますよ(ニヤリ)。(近日中の本格的な会見)そのタイミングで1つか2つカードを出したい。(ビッグネーム内定しているということで)期待してもらっていい」
・ 菅林氏「新日本プロレスの35周年記念の節目としてどうしてもやらなければならない。厳しい状況だけど、待っていても追い風は吹かない。社員、レスラーともにチームワークも完璧。反対意見も少しはあったけど、最後には全員でやりましょうとなった」
・ 35周年ということで、チケットの価格もこれまでのドーム大会に比べ安価に設定。

##

 ビッグネームとは? 楽しみに待ちましょう。チケット料金・・・見落としてた、確かに安くなっている。2階席ってないの!? 1FスタンドA 5,000円で観たいと思う(あれ、ボクもう行くつもりになってるよ。写真は2006年1・4東京ドーム「闘魂始動」から・・・1年前も闘強導夢じゃなかったのね)。

↓1年前は、棚橋弘至vs柴田勝頼、ブロック・レスナーvs中邑真輔(IWGP戦)でした
・ カクトウログ: 2006 1・4新日本プロレス東京ドーム、速報観戦記まとめ
■□

風からの贈り物X、正体は風香

風からの贈り物X、正体は風香

携帯から。

8日に新木場で行われるノサワゲノム。
鈴木みのるの相手は「風からの贈りもの X」とされてきたが、正体が風香であることがNOSAWAから明かされた。

女子アイドルレスラー。この試合に「3冠王座をかける」とみのるが約束したことで、東スポの一面ゲット。
取材&撮影はビーチにて。

どんな新聞だよ!

補足コラムには「女人禁制はなし」とあった。
メジャーシングル王座に女子が挑戦した前例は皆無としながらも、ジョニー・ローラーのIWGPタッグ挑戦、王道マットへの北斗晶参戦(VSケンドー・カシン)などを列挙。

うーん、しっかりした新聞だよ!


※22:00追記
↓撮影は、鈴木みのる宅のそば、湘南だったようです
・ 湘南論外(俺が鈴木みのるだ!)
##
ノサワとキクタローが我が家にやって来た。
と~っても似合わない“ポルシェ”に乗ってやって来た。
しかし、この二人…“ポルシェ”も似合わないケド、“湘南”も似合わねぇ~なぁ~。
今回は東京スポーツの取材で来たから、すぐに帰っちゃった。
この後、どっかで試合があるらしい…。

##

 誰がどういう声かけをして取材となったんだろう。うーむ、奥が深い。

↓本人もびっくり
・ アストレス4期生☆風香日記:東スポ
##
一面見て下さい☆
水曜、鈴木みのるさんとシングルマッチします!
防衛戦?てことはタイトルマッチ?
私も詳しく分からないので東スポ見て下さい!(^^)!

##

↓こんなニュースも
・ 風香、3度目の防衛に成功!=格闘美(スポーツナビ)
 王者なんだ、強いじゃん! POP=プリンセス・オブ・プロレスリング王座らしい。■□

東スポ芸能モバイルサイト

携帯から。

本日から東スポ芸能モバイルサイト、オープン。

↓携帯からアクセス!
http://tospo.jp/
(パソコンからアクセスすると、当面はQRコードが出ます)

一面の画像が見れたり、、、
途中までは無料でしたー。

これからの田村潔司の主戦場は?

pick up 永田裕志が曙にエクスプロイダー!11・5新日越谷結果11・6(月)後楽園決勝カード【深夜3時解禁】11・5横アリPRIDE武士道ウェルター級GP決勝マルフジ@鈴木みのる┃いしかなさん[丸藤とKENTA。断崖のエンデューロ。「気持ちを伝える」技術・安藤美姫の鬼迫。]┃KENTA、米国遠征で白星=ノア堀口、バックスライド・フロム・へブンで神田を下す=DRAGON GATE11/3 S-cup観戦記(くまページ版)その3ノゲイラ弟は11/24イノキゲノムに出場予定だった@ヒロシさんプロレスの証言者 アントニオ猪木(11)

携帯サイト「kamiproHAND」には、質問&悩みに田村潔司が答えるコーナーがある。11/4更新分では、ファンが「これからの田村さんの主戦場が知りたい」という質問をぶつけた・・・

続きを読む "これからの田村潔司の主戦場は?" »

2006.11.05

大晦日の有力候補に浮上したフィギュア

pick up 前日会見11・5横アリPRIDE武士道ウェルター級GP決勝恐ろしく詳しい11・3 S-cup2006観戦記くまページ版その1その2アントニオ猪木酒場 画像レポートKO負け後に意識不明に徳山 6日にJBCから事情聴取興毅変身!公開スパーで見せた「新亀流」メレンデスが反論「K-1契約書は偽物」サインがメレンデス本人のものでないモンスターKとバボが学園祭で大暴れ=ハッスル 川田「ハッスル・マニアでニューリンの“実”を出させる!」11・14GPWAでK-DOJO提供試合女子格闘家berry15、幸せな引退

 2006年大晦日、PRIDE男祭りの放映局、有無が発表されていない中で、こんな記事が。
・ 大晦日“視聴率戦争”の有力候補に浮上したフィギュア (ゲンダイネット)
##
・ 先月28日に米国で行われたGPシリーズ第1戦で安藤美姫(18)が初優勝。テレビ朝日で放送され、20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い視聴率。
・ 「高視聴率を稼げることがわかり、大晦日のフィギュア放映が俄然、現実味を帯びてきました。ここ数年、大晦日は紅白か格闘技というのが“お約束”でしたが、今年はフィギュアで勝負をかける局が出てきそうです。ミキティや浅田真央らスター選手が総出演し、荒川静香が生イナバウアーを披露すれば、視聴率20%超えも夢ではない」(テレビ関係者)
・ 12月30日には「メダリスト・オン・アイス」というアイスショーが行われる。ミキティや浅田姉妹、荒川静香、男子の織田信成ら日本を代表する選手たちの出演が予定されていて、これを大晦日に録画放映するという情報もある。

【2006年11月2日掲載記事】
##

 確かに有力コンテンツといえる。家族で楽しめますし。

 大晦日予定を再掲。例年は「ドラえもん」のテレビ朝日が未定。フジもフィギュアはありでしょう。
##
▼TBS
K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!、4時間を超える放送枠
TBSスポーツナビ
▼フジテレビ
未定「格闘技はやりません」
▼日本テレビ
18:00-21:00 ウタワラ大晦日生放送スペシャル!!
21:00-24:10 ガキの使いやあらへんで!!大晦日罰ゲームスペシャル!!
大晦日、日テレはガキ使!どうなる男祭り@BurningSpirit
▼テレビ朝日
未定
▼テレビ東京
ガイアの夜明けスペシャル(詳細未定)
▼NHK
紅白歌合戦

##

 いつ決まるんだろう? ■□

プロレスの証言者 アントニオ猪木

 読書の秋だからってわけではないが、こんなページをつくってみた。

 プロレスの証言者 アントニオ猪木

 まだ最終章が完結していませんが、日刊スポーツの力作。

 ストーリーは佳境。11/4公開分で、藤波戦での“世代交代”までいってる。あと数回でファイナルとなるんじゃないでしょうか。毎日のように読んでいても、回によっては読み飛ばしている方もいると思います。興味のある方はどうぞ。改めて猪木の開拓者ぶりが伝わってくる。さいきんのファンの方には、猪木はこんなに素晴らしかったんだぞ!と言いたい。(今は時々迷走中)

 ページの方は、さすがにこのままだとコピペだけで気が引けるので、後日感想を追記しようと思っています。

 連休ですが、仕事がたまっていてちょこちょこ会社に出てます。書きたいことはいろいろあるのですが、今夜はこのへんで。■□

2006.11.04

徳山昌守vs五味隆典、浮上/2006大晦日決戦

pick up 11・5横アリPRIDE武士道ウェルター級GP決勝大みそか、8年ぶり女子Jr.オールスター戦開催最後まで諦めない気持ちこそが“SB魂”@シーザーSB会長が大会を総括#138 《和製》ボビーオロゴン@鈴木浩子プロレスリング・ノア公式携帯サイトがオープン一周年を記念してリニューアル11・12(日)秋山準「準度100%!! ~夢の続き~」ピュアトークライブ11.02:最新公式ランキング発表@パンクラス横峰さくら 女子プロレスラーのAKINOから闘魂注入女子プロレス「エムズスタイル」所属の秋野美佳をトレーナーに

 本人の発言は出ていない中で、プロボクシング徳山昌守の報道が過熱している。
・ 徳山の対戦候補に五味…大みそかPRIDE参戦打診(スポーツ報知)
・ 格闘参戦構想で徳山5日聴取か(スポニチ)
##
・ 徳山昌守(32)はプロボクシングWBC世界スーパーフライ級王者(世界戦通算11勝1敗の名王者)。
・ 2月27日にホセ・ナバーロを破っての初防衛以来、進退が宙に浮いた状態。
・ 5月に開いた引退会見時、WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積、WBA世界ライトフライ級王者・亀田興毅の名を挙げ、ビッグマッチ限定での現役続行を示唆。最強王者であることを示したいとの気持ちは強い。

▼選択肢1
・ 【12月31日、PRIDEライト級王者・五味と対戦か】
PRIDEが強く興味を示し、五味隆典(28)を有力対戦相手候補に、12月31日の「PRIDE男祭り」(さいたまスーパーアリーナ)参戦を打診。関係者によると、「武士道13」で五味が徳山に何らかのメッセージを発する可能性もあるという。

▼選択肢2
・ 【3月、WBCバンタム級王者・長谷川と対戦か】
長谷川陣営(千里馬啓徳会長)が徳山陣営(金沢英雄会長)に10月下旬、電話でオファー。3月のV4戦の対戦候補として指名した。長谷川は、今や国内最強の呼び声が高い。ボクシングファンが望む一戦としても魅力大。

※困難な選択
・ PRIDEに出場した場合、タイトルはく奪は免れない。西日本協会の現行規約でも、他団体の格闘技に出場した選手はボクシング界に復帰できない。
・ PRIDE参戦構想が発覚した徳山に対する日本ボクシングコミッション(JBC)の事情聴取が、早ければ5日にも行われる可能性がある。
・ 金沢英雄会長は「13日の長谷川の3度目の防衛戦が終わるまで様子を見る」と、長谷川の勝利が徳山戦の条件だけに、当面は静観する構えだ。

##

 五味隆典とやるとなると、ルールが問題。総合格闘技ルールか・・・まさかボクシングルール? 多くの視聴者に注目される中で生き様を見せたいという意欲、ファイターなら当然あるでしょう。徳山にとって、その場はPRIDEか。それともボクシング王者対決か。

 視聴率の目玉として芽のあるものへの実現には動きたいPRIDE。ギャランティーの提示もしているんでしょうか? バックにテレビ局がつくかどうかで事情も変わってくる。

 すでにいくつかのブログでもやっていますが、大晦日の地上波テレビ情報予定、まとめ。
##
▼TBS
K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!、4時間を超える放送枠
TBSスポーツナビ
▼フジテレビ
未定「格闘技はやりません」
▼日本テレビ
18:00-21:00 ウタワラ大晦日生放送スペシャル!!
21:00-24:10 ガキの使いやあらへんで!!大晦日罰ゲームスペシャル!!
大晦日、日テレはガキ使!どうなる男祭り@BurningSpirit
▼テレビ朝日
未定
▼テレビ東京
ガイアの夜明けスペシャル(詳細未定)
▼NHK
紅白歌合戦

##

 テレビ朝日については間接的、非公式情報が。いずれもNHBnews PRO経由で。
・ ドラえもんのHPに毎年とは違うニュアンスの書き込み「年末の番組の放送日は、近々このホームページでお知らせするから、もう少~し待っててね!」(ドラえもん)
・ どうやら「PRIDE男祭り」は地上波で放映されることになりそう。「本命」テレビ朝日、「対抗」テレビ東京…近日中に発表されるのではないか。(スポーツジャーナリスト近藤隆夫)

 もう11月。もしテレビ朝日がまだ検討しているとしたら、かなりのドタバタ劇。テレビ朝日つながりで、新日本プロレス勢の参戦、アントニオ猪木の登場なんてこともある? 

 あと・・・テレビ東京は「でぶやスペシャル KUI―1グランプリ」をやらないのでしょうか。■□

2006.11.03

柴田勝頼、みちのくプロレス参戦決定!/12・17後楽園ホール[対戦カード追記]

pick up 新日本プロレスG1タッグリーグはAブロックリーグ戦が終了1・21(日)ノア日本武道館、決定夢タッグふたたび!武藤敬司が神無月にタッグ再結成をオファーメカマミー「プロレス大賞新人賞が欲しい」プロレスの証言者 アントニオ猪木(9)

 みちのくプロレス、今年最後の東京大会。
・ チケット情報(みちのくプロレスオフィシャルサイト)
##
12月17日(日) 12:00試合開始 東京・後楽園ホール
後楽園ホールにて、今年最後の東京大会を開催することが決まりました!
特別リングサイド 6,000円 (当日 6,500円)
リングサイド    5,000円 (当日 5,500円)
指定席       4,000円 (当日 4,500円)
立見         3,000円 (当日のみ販売)
お問い合わせ : みちのくエンタテインメント
TEL(022)785-7755
11月3日(金祝)の新宿FACE大会にて、先行販売。
11月4日(土)全国一斉発売 ローソンチケット、チケットぴあ。

##

 こちらに、柴田勝頼が参戦! 本日11/3新宿FACE大会で発表されたとのこと。会場でのチケット先行発売も盛況だったらしい。(読者からメールで情報をいただきました。感謝。)

 フリー選手らしく、あわただしくなってきた柴田。

▼2006年11月11日(土)新宿カス野郎プロレスFINAL
新宿FACE 18:30
柴田勝頼&澤宗紀 vs Ⅹ&Ⅹ、決定!

▼2006年12月3日(日)上井ステーション
後楽園ホール12:00
※柴田の参戦は正式発表ではありません。交渉中。

▼2006年12月17日(日)みちのくプロレス
後楽園ホール12:00
フジタ“Jr”ハヤトvs柴田勝頼(←21:53週刊プロレスモバイルから追記、対戦相手はなんとフジタ“Jr”ハヤト。これは楽しみ!
ハヤト「光栄です。同じ蹴りを使う選手なので、アイツの蹴りを食らいたくないと思わせるような蹴りを入れて、ファンのみなさんに喜んでもらえたらと」)

▼2006年12月30日(土)上井ステーション
後楽園ホール 時間未発表
※おそらく柴田にもオファーするはず?

 けっこうハイペース。まだまだ発表されるか? 実戦で試合勘を高めながら、どんな団体の中でも柴田イズムを見せつけてくれ!■□

高山善廣&鈴木みのるの対戦カード決定/11・14GPWA後楽園ホール

pick up 週プロ新編集長・長久保由治氏の専門は野球@カクトウログ記事末追記武藤敬司“第3世代”歴史から消すウラカン・ラナの創始者、ウラカン・ラミレス氏が死去11・2アパッチ軍が天山広吉GBHに完敗も再リベンジ宣言棚橋弘至、寝ずに営業を奮闘@多重ロマンチックさん坂口憲二 俳優として自信を得た11・11大阪、村上和成vs松永光弘のレフェリーは大谷晋二郎徳山昌守PRIDE参戦検討、王座はく奪もプロレスの証言者 アントニオ猪木(8)

061101kohei ファーストオンステージ主催10・31「ハッスルオンステージ」(愛媛・西条市総合体育館)が行われた日、佐藤耕平は高山&みのるへの対戦(初対決)をアピールしていた。11/1発売分『東京スポーツ』紙から。
##
・ GPWAはまず若手といわれているが、ボクはゼロワンでは若手じゃなくトップと思っている。まだカードも組まれていないし、どうせやるなら名前の出ている高山選手、鈴木選手とやせらてほしい。
・ 高山さんは日本一、いや世界一のジャーマンの使い手だ。でもボクもジャーマンが得意。ジャーマン対決で勝ちますよ。
・ (耕平は19歳で修斗でプロデビュー、23歳でプロレス転向。修斗時期にみていたキング・オブ・パンクラシストがみのるで、あこがれの存在)昔からずっとみのるさんとやりたいと思っていた。現に今は三冠王者。それもこれまでとは違ったイメージのチャンピオンになっている。絶対にやりたい。
・ 他団体の人で、同じようにトップに食い込んでいる選手と一緒にやれれば面白い。

##

 アピールを受けて、11月2日にカード発表。
・ GPWA NEWS:『Realize』高山善廣、鈴木みのるの対戦カード決定!
##
第1回GPWA主催大会『~ Realize ~』
日時:11月14日(火)開場17:30/開始18:30
会場:東京・後楽園ホール

=追加カード=
高山善廣(高山堂)
鈴木みのる(パンクラス・ミッション)
後日発表
vs
森嶋 猛(NOAH)
佐藤 耕平(ZERO1-MAX)
谷口 周平(NOAH)

=既報カード=
▼メインイベント
潮崎 豪(NOAH)
崔リョウジ(ZERO1-MAX)
中嶋 勝彦(健介オフィス)
vs
HARASHIMA(DDT)
菅原 拓也(Eldorado)
KAZMA(K-DOJO)
▼NOAH vs ZERO1-MAX
石森太ニ&青木篤志&太田一平
vs
佐々木義人&浪口修&高西翔太

##

 こういう選手の意志がわかって、カードが出されるというのはとてもいいこと。

 高山やみのるへの対戦アピールって、やる選手が少ない。その点についてはボクは不満に思ってた。耕平は“あこがれ”レベルではあるんですが、対戦することで得るものは必ずある。キツイと思うんですが。

 今のプロレス界では、やはり高山、みのる、健介といったフリーレスラー(外敵)はインパクトが大きい。そこにケンカを売っていくことは大きな意味を持つ。

 新日本プロレスの選手も、やらなきゃいけないと思うんですけどね。新日本内軍団抗争にはあまり乗れない。中邑真輔には“新日を制して外敵と対戦”っていうくらいのアピールを帰国時に期待したんですが、そうはなっていない。新日本としても、試合内容&ハッピーエンド重視主義のまま突き進むんだろうか・・・。■□

2006.11.02

ニューリン様vsカイヤ、実現?

ニューリン様VS<br />
 カイヤ、実現?

携帯から。

「東京スポーツ」紙、一面から。

「世界初!!ハッスルマニアで負けたら脱ぐ
敗者ヌード試合 ニューリン様VSカイヤ」

話題がまだまだほしいんでしょう、横浜アリーナを埋めようとしたら。

それより気になるのは、グレート・ムタが出るかどうか。
でも、今日のタジリとの対談で武藤敬司があっさり拒否したとのこと。

11月23日は全日本(テンコジVS武藤&川田)との“ダブルヘッダー”になりますならね。川田利明はすでにダブルヘッダーを宣言してます。

HGVSエスペランサーに続く話題カードはいつ正式に出る?

※25:30追加リンク
・ 全日本武藤とTAJIRIが毒霧対談(ニッカン)
##
 全日本の武藤敬司(43)と、ハッスルを主戦場とするTAJIRI(36)が2日、都内でテレビ番組の収録のため対談した。
 武藤の化身グレート・ムタとTAJIRIは、ともに米国で活躍。今年になって初対戦、さらに初めてタッグも結成した。そんな縁から、対談では海外での話題で盛り上がった。
 ともに毒霧殺法を得意とするとあって、武藤が「TAJIRIの毒霧を見て、きれいだなって思ったよ」と話せば、TAJIRIは「グレート・カブキさんの10年ぐらい前に、プエルトリコで毒霧を最初にやった人がいるらしいですよ」と、豆知識を披露した。
 最後にTAJIRIは「ハッスルにムタを出してくださいよ。ファンはムタ-ザ・エスペランサー(モンスター軍高田総統の戦う化身)戦を楽しみにしていますよ」と勧誘。だが武藤は「それはいいよ」と、あっさり否定していた。

##

 武藤はつれない感じですね。どうなるか?■□

本多誠編集長、長州力との激論でファイナル/週刊プロレス

pick up 文化としての「プロレス」は・・・@柴田勝頼連休は新日本で・・・11・3群馬&11・5埼玉全カードハッスルマニアにテンコジvs武藤&川田をぶつける・・・最強タッグ戦日程=全日本プロレス大晦日、日テレはガキ使SP、フジは格闘技中継なし@angle JAPANさんMMAWeeklyのジョシュインタビュー@BurningSpiritさん浅草で一番有名な外国人アンディ・サワーボクシングで日本初の採点公開10/31更新分、狂犬兄弟の格闘プロデューサー講座健介オフィスも来年は勝負に打って出ますよ~@北斗晶里村明衣子、3年ぶりスープレックス解禁16歳奥田朱理がデビルに挑戦…仙台女子ケイブ、闘龍門時代を含めDRAGON GATEの試合映像を配信「WEB GATE」ニューリン様がカイヤと合体拒否スポーツライター布施鋼治ブログ開設バーナード&トムコがアントニオ猪木酒場に突如来店プロレスの証言者 アントニオ猪木(7)週プロゴング

 専門誌『週刊プロレス』本多誠編集長が、11/1発売分をもって退任。人事異動で週プロを離れることに。

 最後の仕事と言っていいでしょう。2007年ベストバウトとの呼び声も高い丸藤正道vsKENTAを“二つ目”にまわし、巻頭記事で長州力インタビュー。地方会場で長州に話を聞いていたら、成り行きで口論のようになった。その様子が生々しい。そして本気になった長州から明かされた「新日本プロレスらしさの中身」は納得できるものがあった。興味のある方はご一読を。

 長州は、さいきんの専門誌を読んでないにもかかわらず、決めつけで意見を押し付けてくる。されど、本多編集長は折れない。ひとつひとつに反論していく。その姿勢は新鮮であり、決意のようなものさえ感じさせた。こんな人でしたっけ?

 本多氏というと、どちらかというと『格闘技通信』編集長というイメージがボクの中では強い。いつの間にか週プロにいて、いつの間にか週プロのスタンダードをつくっていたなぁ。

 今回のインタビュー。おそらく、巻頭インタビューにするつもりなんかさらさらなかったんでしょう。やっていくうちに「この姿勢自体が、残った記者へのメッセージ。いや、プロレスマスコミかくあるべしというメッセージになる」と確信したんじゃないだろうか。それほどの“力作”だった。

 編集後記ではこう記している。
##
 週プロにおいては、独自の取材を通じて、ネットや新聞、テレビなどの他メディアでは絶対に読めないプロレスの興味深い話を書くように努めてきました。その信念は、編集長になる前の記者時代から一貫してきたつもりです。これが自分の考える週刊プロレスです。そんな迫力を少しでも感じとっていただけたのなら、これに勝る喜びはありません。
##

 週プロはモバイルもやっているが、根っからの雑誌の人だったんでしょうね。厳しい時代に編集長を務め、時代に抗いながらプロレス界を盛り立ててきた。編集後記の言葉のリアリティは、長州インタビューでイッキに増した。努力と姿勢はリスペクトに値する。おつれさまでした。

 それにしても見えないのは、リニューアルの中身。
・ 11・8に週刊プロレスがリニューアル(デイリー10/27)
##
 11月8日にリニューアルされる「週刊プロレス」(ベースボール・マガジン社)の長久保由治・新編集長ら同誌スタッフが26日、東京・木場のデイリースポーツ東京本社を訪れ、新誌面をPRした。長久保編集長は「今のプロレス界は細分化し、混とんとしている。誌面刷新で、全体の構図を分かりやすく伝えたい」と意気込みを語った。
##

 来週から。中身の予告はなし、期待して待ちましょう。

 直接関係ない話題だが、週プロっていつも『週刊ゴング』よりもデザイン、レイアウト、写真がいい。中学生くらいのときだったろうか。週プロはデザインにこだわる理由を「ファンである子供にキレイなものを見せたい、キレイなものを判断できる目を養わせたい」としていた記憶がある。そのよさは継続してほしいなぁ。


※11/3 12:00追記
 携帯サイト「kamiproHAND」のターザン山本のラブレター・フロム・葛飾、11/2更新分から。
##
 長久保さんでしょう。よく知ってるよ。10年前、ベースボールマガジン社で一緒だった。ただし、彼の専門は野球。プロレスは知らない。でもさあ、もう『週刊プロレス』自身が雑誌として終わっているんだし、それにプロレスファンがプロレス雑誌を作ることも終わったんだよね。だって全然、売れてないんだもん。それより面白くないもん。だったら編集者のプロが来て、雑誌そのものを大改革したほうがよっぽど正解だよ。
 みんなさあ、プロレスの専門誌を作っている人たちって、プロレスしか知らない“プロレスバカ”が多いじゃん。それと雑誌作りは本来まったく違うものなんだよ。だから長久保さんが編集長になることで、これまでの自己満足的、マスターベーション的マニアな内容は一掃されると思うよ。いいんじゃないのかな、その方が。当然、売れていないのだからリストラもやるだろうし、コスト計算もしてくる。ウン、今後の週プロの動向には期待だね。興味深いよ。

##

 長久保由治・新編集長は同じベースボールマガジン社の社員なんですね。“ベースボールマガジン社”っていうくらいなんで、専門が野球だったら編集面で看板社員ってことなんでしょうか? これはリニューアルが楽しみになってくる。

 「自己満足的、マスターベーション的マニアな内容は一掃される」というターザン氏の予想。これはどうなんでしょうか。ずっと読んでいる側からするとマニアな内容なほど楽しめる。初心者にとってもマニアな内容に踏み込めることが快感になるんじゃないのかな? 斬っていく切り口としても、団体との結びつきから変えにくい点もある。どっちの方向に、どこまでいけるか。■□

2006.11.01

GPWAオフィシャルサイト

 グローバル・レスリング連盟(GPWA)の公式サイト開設。
・ GPWA official web site TOP

 第1回主催興行のメインカード、Eldorado選抜選手が「菅原拓也」選手に決定した。
##
第1回GPWA主催大会『~ Realize ~』
日時:11月14日(火)開場17:30/開始18:30
会場:東京・後楽園ホール

▼メインイベント
潮崎豪(NOAH)&崔リョウジ(ZERO1-MAX)&中嶋勝彦(健介オフィス)
vs
HARASHIMA(DDT)&菅原 拓也(Eldorado)&KAZMA(K-DOJO)

▼NOAH vs ZERO1-MAX
石森太ニ&青木篤志&太田一平
vs
佐々木義人&浪口修&高西翔太

=出場予定選手=
高山善廣、鈴木みのる

##

 未来を担う選手たちが試合内容でアピールする大会になるんでしょう。G+(CS)で生放送。後日、日本テレビ(地上波)にて放映もあるという。

 複数団体が集うが、エース級は出さない。連盟版“SEM”って感じでしょうか。高山善廣と鈴木みのるはどう絡んでいく? チャレンジマッチ的なものが入ってくる? 興行のための興行になってしまったら、結局は加盟団体興行との観客の食い合いになる可能性も。この大会をやる意味合いは、今のところもうひとつ伝わってこない・・・。

 高山とみのるのタッグ対決を投入して、「やりたいのは、連盟同士の仲良しこよしじゃない。トップ級の選手も含めてぶつかり合う」ってメッセージを投げかけるとか。何か仕掛けないんだろうか。

 SEMも開催されました。
・ 11・1ディファ有明プロレスリング・SEM 第5回大会 VMが初登場のSEMで大暴れ/ノア勢と遺恨勃発、全面戦争へ(スポーツナビ)
 こっちの大会の意味ももうひとつ伝わってこない。丸藤やKENTAが本体に“昇格”してしまった結果、SEMの方が○○だって言えるものがなくなっている。そんな印象が強い。

※補足
 丸藤やKENTAが今後出場しない、という意味ではありませんので念のため。関連記事を貼っておきます。
・ 初登場VMがノア勢と大乱闘 第5回SEMに430人(スポーツナビ)
##
今大会ではSEM旗揚げの中心的人物であったKENTAがROHに遠征中。また、丸藤正道も9・9日本武道館でGHCヘビー級王座を獲得し、10・29日本武道館ではKENTAを相手にまさに死力を尽くしたV2戦を終えたばかりとあって欠場。前シリーズからけがで欠場中の力皇猛の名前もなく、逆に約1年ぶりにノアに戦線復帰を果たした橋誠がSEMに初登場するなど、これまでとは違った顔ぶれとなった。
##

■□

丸藤正道vs三沢光晴、決定。ポールシフトでノアの軸は動くか

pick up ミルコがジョシュのスパーリングパートナーを務めていた@BurningSpiritさん今こそ見たい、WWEの本気具合WWEが第3ブランドECWの規模縮小へ12・31インディー・サミットのメイン決定東海テレビで新番組「武藤敬司のスポーツ大百科」11月放送開始ムタが初欧州、来年1月に英団体参戦決定プロ野球界を引退した新庄剛志にハッスル・マニア参戦オファーH軍・小川かニューリン様とタッグ?坂田亘GM応援軍団「GMWガールズ」がデビューTAJIRIと久々に話をした@小佐野景浩ノア田上が初登場のエルドラドで勝利鈴木みのるは福岡空港で3冠ベルトをクール宅急便で東京へ送ったプロレスの証言者 アントニオ猪木(6)

次回GHCヘビー級選手権は、12・10日本武道館での丸藤正道vs三沢光晴に決定。10・29武道館での激戦から二夜が明けて、丸藤正道、三沢光晴、秋山準が口を開いた・・・
・ 丸藤正道vs三沢光晴が正式決定=12.10GHCヘビー級選手権試合(スポーツナビ)
##
「GREAT VOYAGE’06」
12月10日(日) 日本武道館 17時試合開始
▼GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[第10代王者]丸藤正道 vs 三沢光晴[挑戦者]
※丸藤正道、3度目(国内では2度目)の防衛戦

##

続きを読む "丸藤正道vs三沢光晴、決定。ポールシフトでノアの軸は動くか" »

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー