フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

桜庭和志きょう決戦で一面

桜庭和志きょう決戦で一面

携帯から。

12/31付「サンスポ」がダイナマイトの前日会見を一面に持ってきた。「早くも闘志全開」と、決戦を迎える桜庭和志にスポットを当てている。やるなぁサンスポ!

ふだんは盛り上げまでを重視する桜庭だが、この日は「勝負に徹する」と発言。ミスター総合格闘技の意地で、秋山成勲を打ち破れ!

朝日新聞などでは、実に二面(見開き)を使って番宣。「フリーターvsグレイシー」(所秀男の試合)というのには笑ったが、力が入ってる。TBS地上波は18:00から実に5時間半の放送。船木誠勝が解説者の1人として登場する。前田日明スーパーバイザーは出番あるかな?

K−1プレミアム2006格闘技史上最大の祭典Dynamite!!
「今年はTBS独占!日本の年越しは格闘技オールスター夢対決」
12月31日(日)18:00〜23:34 TBSテレビ
Gコード(91821344)

カクトウログ管理人はただいま羽田空港、本日帰省先へ移動中。ふつうに地上波でダイナマイトを楽しみます。結果は言わないでくれ〜。

では、よいお年をお迎えください!

2006.12.30

柴田勝頼、2006最終戦! 12・30上井ステーション後楽園ホール、速報観戦記まとめ

pick up 田村潔司が第1試合・・・PRIDE男祭り全試合順桜庭和志がメイン・・・Dynamite!!全試合順Yahoo!スポーツ - 大みそか格闘技2006PRIDE公式K-1公式男祭り速報@BurningSpiritさん男祭り速報@悲しきアイアンマンさん俺もあんな試合がしたい@フジタ“Jr”ハヤト来年、レスラーとしてやるべき夢@スペル・デルフィン今年最後は@高山善廣上井駅レポート@angle JAPANさん

12・30上井ステーション後楽園ホール大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。試合タイムなどを公式サイトより追記。あらためて、どうぞ・・・
この記事が2006年最後となる予定。1年間、カクトウログへの多くのご来場をいただきありがとうございました!
061230shibatatop

続きを読む "柴田勝頼、2006最終戦! 12・30上井ステーション後楽園ホール、速報観戦記まとめ" »

速報します、上井ステーション旗揚げ第2弾/12・30後楽園ホール

pick up マイク・タイソンがコカイン所持で逮捕「Dynamite!!」直前個別会見1.19後楽園で大森組vs高山組のノーフィアー対決決定=ZERO1-MAXもっと新しい事にチャレンジしたい@インリン・オブ・ジョイトイDDT「NEVER MIND 2006」12・29後楽園結果江頭、戦場から無事に帰還!試合終了後直撃インタビュー
16:00追加pick up 田村潔司が第1試合・・・PRIDE男祭り全試合順桜庭和志がメイン・・・Dynamite!!全試合順Yahoo!スポーツ - 大みそか格闘技2006PRIDE公式K-1公式PRIDE2006ファンが選ぶMVPはジョシュこれから会見に行ってきます@田村潔司郷野、大みそかの近藤戦後に長期休養へ元大相撲の星誕期が白星プロレスデビュー12・31インディー・サミット後楽園全カード

 深夜3時近くまで深夜残業して仕事納め。えーと、上井駅の開始は・・・18:30か、うん無事に観戦できるでしょう。
・ UWAI STATION2(スポーツナビ速報)
##
プチシルマ presents 
UWAI STATION 2
2006年12月30日(土)後楽園ホール18:30

・ 柴田勝頼 vs 浜中和宏[プロレスデビュー戦]
・ 鈴木みのる&高山善廣 vs スコット・ノートン&ハワイアン・ライオン
・ ディック東郷&マグニチュード岸和田 vs 真霜拳號&房総BOY雷斗
・ スペル・デルフィン&タイガースマスク vs ウルティモ・ドラゴン&岡田かずちか
・ 飯伏幸太 vs 毛利昭彦[プロレスデビュー戦]
・ 上井28号 vs メカマミー
・ ドン荒川 vs フジタ“Jr”ハヤト
※柴田vs浜中はメインイベント。他の試合順は未定。

##

 2006年、最後のプロレス観戦を後楽園ホールで。総合格闘家が2人参戦。化学反応は起きるのか?

 スポーツナビで速報するんで、あまりニーズはなさそうですが・・・速報をやります。よかったら遊びに来てください。

 柴田勝頼と船木誠勝のトレーニングは28日をもって終了。
・ 船木誠勝“MADNESS”:「トレーニング終り」2006年12月29日
##
柴田との今年のトレーニングが全て終わった。
彼は凄く成長した一年であった。
柴田お疲れ様!
といっても、来週もまたトレーニングがある
単に来週が来年であるだけの話。
来年も、来週もまた頑張ります
修練に終わりはありません。
自分自身と無限に向き合う事なのです。
船木誠勝

##

 凄く成長した一年・・・間近で見た船木が評価した。その成長の一端は、試合を観ているファンも感じてはいる。試合内容もコンディションもいい。だけれども、注目される舞台での闘いは2005年よりも相対的に減った。前田日明スーパーバイザーとの“別れ”もあったし、ノアでの柴KENタッグも途絶えたまま。

 柴田はものすごく嫌がるだろうけれど、ボクはけっこう新日本プロレスに戻ってほしいんだよなぁ。新日本を飛び出した柴田、かなり自分がやりたいことが整理できたんじゃないかと思う。“成長”したからこその逆上陸がみたい。

 出る大会、出る大会で、その日のどの試合よりも“上質”なもの、“純度”の高いものを見せつけて引き揚げてくる。それも面白いんだけど、「点」が「線」にならない・・・。■□

2006.12.29

第1試合は田村潔司/男祭り

携帯から。

携帯サイト「kamiproHand」が大晦日男祭りの試合順を伝えた。公式サイトにも出てるんだと思いますが。

■「PRIDE男祭り2006−FUMETSU−」
12月31日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリ−ナ 
開場14:00 開始16:00

[1]田村潔司vs美濃輪育久
[2=ライト級]青木真也vsヨアキム・ハンセン
[3=ウェルター級]郷野聡寛vs近藤有己
[4=ミドル級]マウリシオ・ショーグンvs中村和裕
[5=ライト級]川尻達也vsギルバート・メレンデス
[6=ヘビー級]藤田和之vsエルダリ・クルタニーゼ
=休憩=
[7=ライト級]五味隆典vs石田光洋
[8=ヘビー級]吉田秀彦vsジェームス・トンプソン
[9=ヘビー級]アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsジョシュ・バーネット
[10=ヘビー級王座戦]エメリヤーエンコ・ヒョードルvsマーク・ハント

美濃輪育久の希望通り、赤パン対決?が第1試合。休憩前の“前半メイン”は藤田和之。ジョシュ・バーネットはセミファイナル。

決戦まであと2日。まだ仕事は終わらないが(涙)。

2006.12.28

UWFへのこだわり、今も

[12/29]pick up ミルコがUFC移籍か、地元紙が報道ミルコのUFCデビューが決定?@BurningSpiritさん12.30 ラスベガス:WOWOW大晦日中継ゲストは関根勤さんジョシュ、ハントを実験台にゴッチ氏直伝の「クロック・ヘッドシザース」を披露マーク・ハントのとっておきの秘密高田本部長男祭りパフォーマンスは?DDT所属プロレスラー,男色ディーノ選手にゲームとプロレスの話を聞いてみた「頭突き王」大木金太郎さんの自伝出版@朝日新聞サラ・ブライトマン、K-1ファイターに歌声でエール12・28ファイティング バラエティショウ-プロレスの逆襲-2007年のプロレス界は真っ二つに そして助っ人の全盛時代が到来!? ノア・鈴木鼓太郎が結婚を発表年末恒例!アントニオ猪木の“炊き出し”棚橋 恒例炊き出しで余裕のダジャレ2006年プロレス界総括@ターザンカフェパンクラス大忘年会@鈴木みのる大晦日事前人気No.1は『ガキの使い』スペシャルでDynamite!!は3位?@悲しきアイアンマンさん

UWFへのこだわり、今も

携帯から。

今日は仕事の移動時間が多い。1日遅れで「週刊ゴング」を購入した。先日の前田日明×藤原喜明の対談、その一部が誌面に。立ち読みも可能な量ですが、、、

前田「(総合格闘技を見据えたスパーリングをベースにした、かつての新日本時代の)自分らみたいなスタイルだったら、今の時代はどこの団体も使ってくれない。ホントに今のプロレスはダメになってきましたよね」

藤原「でも鈴木(みのる)はいいぞ。見てないのにダメって言うなよ。アイツは頭いいよ。昔はお前みたいにアホで喧嘩ばかりして。今、必死だよ。面白い試合するぞ」

前田「そういう選手が本当は2〜3人いないと」

前田にちゃんと突っ込めるのは、さすが藤原組長。

この日に前田は、新団体旗揚げと来年会見を示唆。そしてもう1人、UWF系、UWFインターナショナルの元幹部が同ゴングで予告した。

鈴木健「UWFインターが解散してから10年、自分ができる恩返しがしたい。来年の春前後には大きな発表ができると思う」

様々な立場で「U」に関わった人間たちは、いまもなお「UWFの遺伝子が最強」であることにこだわっている。

前田日明が生出演/日テレ12・28スクープ!緊急生スペシャル

pick up 高山善廣が客席から登場、かつての「ノーフィアー」の相方であった大森隆男を襲撃無法松力が柴田勝頼に対戦要求@BLACK NIGHT!さん所英男&勝村周一郎スペシャルインタビュー渋谷の夜にPRIDE熱が再び!公開記者会見に吉田、ノゲイラ、ショーグン、トンプソン登場レッスルキングダム IN 東京ドーム大会記念グッズ永田裕志~1.4東京ドーム三冠戦に向け公開練習~金網総合格闘技「CAGE FORCE(ケージフォース)」11/25ディファ、テレビ東京12/30(土)25:30~26:25放映デルフィン社長の飽くなき挑戦(下)

 年末の仕事も追い込み。深夜残業した帰りにコンビニに寄ると「週刊プロレス」が発売されている・・・習慣であるはずなのに買うことを忘れてる自分に気付いた。我ながら疲れてるぞ。

 でも、若松万次さんよりいただいた情報でちょっと気力復活。感謝!
・ スクープ!緊急生スペシャル 「お前は誰だ」金正日が怖れる男・・・リ・ジュン(日本テレビ公式)
・ Yahoo!テレビ
##
▼スクープ緊急生SP“お前は誰だ”金正日が恐れる男リ・ジュン
北朝鮮の人々は“今”こんな生活をしている▽命を懸けて伝えたい…自由を求め生きる姿
12月28日(木) 18:30~19:58
日本テレビ Gコード(400848)
スクープ緊急生SP"お前は誰だ"金正日が怖れる男リ・ジュン◇北朝鮮の国民の実態をジャーナリストのリ・ジュン氏が撮ったスクープ映像で公開。北朝鮮が核実験をする理由やニュースで報道されていることの真否などを探る。親を失って市場で盗みをする子供たちや、畑の肥料を食べて生きる人々の壮絶な生活を紹介。また、ディスコで踊ったり韓流映画を楽しんだりする国民の様子を伝える。ほかに、スタジオに集まった脱北者がジュン氏の映像について、思いを語る。パネリストは中川翔子、テリー伊藤、黒田福美、前田日明。キャスターは徳光和夫ら。

##

 在日3世であり、韓国名「高日明(コウ・イルミョン)」として生を受けた前田。25歳で日本帰化を受理された経歴を持つ。偏見や差別にリアルに向き合ってきた立場から、前田の主張が炸裂するか。

 参考記事を貼っておく。

↓戦争反対、差別反対。日本に息づく反日主張と反日ジャーナリズム。されど、「そんな単純なことじゃないだろ」「主張が一貫してないだろ」「金づるにしてる側面もあるんじゃないか」と釘を刺す前田・・・
・ 2006.11.12 カクトウログ: 前田日明ジムは白金で開設へ【週刊 前田日明】

↓テレビ朝日『ワイド!スクランブル』、山本晋也監督によるコーナー「在日コリアンの叫び」に前田日明が登場・・・
・ 2005.11.28 カクトウログ: 前田日明、在日コリアンの叫び【週刊 前田日明】

 この手の話が始まったら、アキラ兄さんは止まらない。下ネタも止まらないけど・・・。

061228akira_1 おまけ。

 カクトウログの前田日明関連記事は「週刊 前田日明」のページにまとめてある。いつの間にかそのページ、GoogleYahoo! JAPANのいずれで「前田日明」検索しても2位に来るようになってた。多くの前田ファンも見ているんだと思うとドキドキするが、嬉しいこと! このページからのリンクは、ブログランキングページからのリンクに準じた数で毎日来てるんですよ。

  さらにおまけ。
・ 前田日明さんと会食をしました! - 高須基仁の"百花繚乱”独り言
##
10時から2時間ほど四谷三丁目の叙々苑で日本伝統医療の医師グループと前田さんの会食をセットしました。
##

 アキラ兄さんの25日、クリスマスは食事会だったようです。■□

2006.12.27

高山善廣、ハッスル初参戦。復帰後2度目の「ノーフィアー!」

pick up Merry X'mas from 江ノ島@高山善廣魔裟斗の大みそか対戦相手変更、カシンこと石澤常光も参戦=Dynamite!!吉田秀彦、大みそかの相手はトンプソンに決定=PRIDE男祭り全カード決定紀香&陣内が結婚報告!発覚から42日、初のツーショットを披露

 佐々木健介を残して、最後の大物フリーレスラーか。12・26後楽園ホールにて高山善廣がハッスル初参戦。
・ ハッスル・ハウス クリスマス・スペシャルpart.2 リアルタイム速報!!(ハッスル公式)
・ 江頭がハッスルでついに伝説達成?/ハッスル・ハウス大会詳細トピックス(スポーツナビ)
・ 江頭が伝説達成?もハッスル軍入りならず/“帝王”高山がついにハッスル参戦(スポーツナビ速報)
##
 高山は約2年半前の「ハッスル・ハウスvol.1」で高田モンスター軍の一員としてバルコニーからチラリと登場したが、結局リングには上がることなく自然消滅。その後、脳梗塞によって2年間に及ぶ長期欠場となったこともあり、ハッスルのリングから遠ざかっていた。
 しかし、盟友のみのるが「ハッスル・マニア」でハッスル参戦を果たしたことから、犬猿の仲である坂田との遺恨が再燃。みのるは当初、前日の試合で坂田軍から引き抜いたRGとのコンビで出撃したが、RGが坂田のキャメルクラッチで秒殺されると、「クリスマスプレゼント」として高山をリングに呼び込んだ。
 まさかのサプライズに観客が騒然となる中、高山とみのるは息のあった連係で坂田組を圧倒。エベレストジャーマンからみのるのゴッチ式パイルドライバーへとつないで坂田を粉砕し、スリ寄ってきたRGも無視して、リング上から「ちょっと遅くなったがクリスマスプレゼントだ。いくぞ、ノーフィアー」と勝利の凱歌を上げた。

▼サプライズハッスル
○鈴木みのる&高山善廣(14分38秒、ゴッチ式パイルドライバー)崔領二&坂田亘×

##

 エベレストジャーマンも飛び出す。リング上での「ノーフィアー!」は、脳梗塞からの復帰後では「11・8NOSAWA GENOME」に続く2度目。不思議とノアや新日本といった大舞台ではやらないんですねぇ。高山なりの謎かけ?

 みなさんご存知のように、高山は欠場前、ハッスルに来場したことはあり。後楽園ホールのバルコニーから高田総統とともにモンスター軍入りを予告した。されど、試合はいつの間にか消滅。ノアや新日本など他団体の圧力があったとも言われている。

 当時はハッスルの勢いが脅威だった。今は興行人気としても苦しいんでしょう。一方のノアは余裕なんでしょうね(2006団体別支持率 ノア65%、新日本12%、ハッスル4%)。ハッスルはもう気にされる存在ではなくなった?

 それでも参戦する鈴木みのる&高山。日頃から言ってるように「楽しみたいだけ」というのも、もちろんあるんでしょう(ギャラもいい?)。ただ、いくらノアが安泰であろうとも「プロレスはそれでも危機だ」と認識しているんじゃないでしょうか。いろんな“プロレスの可能性の芽”を活かしておきたいという意図だと想像してみた。

 当日の観客の反応などはこちらで。ブラックアイさんがPPV観戦されています。
・ 江頭2:50 、プロレスデビュー戦は100点満点~ハッスル軍が“一時”解散:be2

 来年1月に、高山は復帰して半年になる。ノアや新日本でノーフィアーポーズが見られたときが、高山の完全復帰なのかもしれません。


※追記
 高山は本人サイトの掲示板に、次のように書き込み。
##
13531] Re:ビッグサプライズ!!
色々な意見があるでしょうが、俺はあのリングでいつもの様にプロレスをしたダケです。
否定的なキミはビデオでもイイから見てから判断してほしいね!!
12/27(Wed) 0:24 本人

##

■□

2006.12.26

田村潔司、出陣5日前

田村潔司、出陣5日前

携帯から。

田村潔司が大晦日決戦5日前の心境を26日発売分「東京スポーツ」紙で語っている。

はっきりと明言「もちろん吉田(秀彦)選手との再戦が目標。やっぱり悔しいですもん。勝ってる試合を落としたのが」

勝ってる試合を落とした!

田村にとって美濃輪育久戦は“始まり”に過ぎない。UWFを現役で背負う唯一の男。東スポでのモチベーションの高さに嬉しくなった!

ノア人気は新日本の5倍に到達/第11回日刊バトル大賞

pick up 年末ドリームジャンボお宝タッグマッチ12・25ハッスルハウス結果静プロ旗揚げ1周年「夢のタッグ大成功」サスケの空中技に歓声デルフィン社長の飽くなき挑戦1.19に耕平の復帰戦が決定=ZERO1-MAXKIDが亀田戦に対抗意識!? 「俺はKOか一本勝ち」PRIDE、4月28日にラスベガスで興行開催@BurningSpiritさん

 ファン投票で決める日刊バトル大賞、2006年の結果が発表された。
・ ノアが4年連続でファン支持率トップ(ニッカン)
##
・ 支持する団体
(→)1位 ノア  (65%)[昨年1位52%]
(→)2位 新日本 (12%)[昨年2位18%]
(↑)3位 全日本 ( 8%)[昨年4位]
(↓)4位 ハッスル( 4%)[昨年3位]

・ 年間最優秀選手:丸藤正道/殊勲賞:丸藤/年間最高試合:丸藤vsKENTA(10月29日、日本武道館)
・ 技能賞:KENTA(25)
・ 敢闘賞:鈴木みのる(38)
・ 最優秀タッグ賞:森嶋猛(28)モハメドヨネ(30)
##

 ノアの支持率が上がり、新日本のそれは下がった。昨年は「3倍か・・・」と思ったが、今年は5倍以上。後半は興行人気が戻ってきたように報道もされたが、これが新日本プロレスの現実か。新日本と全日本を合わせても、ノアの3分の1にもいかない。

 もっとも、毎年のように離脱選手を出してきた新日本。「新日本を応援する」ファンにとっての「新日本」の中身が変わっていくのだから無理もない・・・。

 ノアは2006年、7度も日本武道館大会を開催した。プロレス不況という言葉からは縁遠く感じてしまう。興行としてもヒットが多かった。高山善廣の復帰戦だったり、丸藤vsKENTAであったり。柴田勝頼の参戦もよろしかったし。

 フリー選手もきっちり受け入れるところ、団体として堂々としている印象が強い。それでいて、ノア・ワールドで締め括る。ハッピーエンドあり、サプライズあり。振り返ってみれば、2006年のノアは吹っ切れた団体になっていたような気がするなぁ。されど“闘い”からけっして逃げなかったのだ。

 これだけノア勢が独占した日刊バトル大賞とは異なり、こちらはバラエティ豊かな顔ぶれに。
・ みのる、HG、メカマミー、プロレス大賞授賞式に豪華・異色メンバーが集結(スポーツナビ)
##
みのるは壇上の選手を見渡しながら「この中には、おまえなんかレスラーじゃない、所詮インディーじゃないか、プロレスをやめちまえ、ジュニアじゃないか、水なんか撒きやがってと言われた人もいる。でも、こういう人がプロレスをおもしろくしていることは事実なんで、それは認めてもらわないと困ります」とレスラーの声を代弁。「このメンバーが今年の顔なんで、といっても僕が“顔”なんですけど。1年間、オレを応援してくれた人には『ありがとう』。オレのことが嫌いなヤツには『ざまあみろ』」と、最後まで悪態を突き通した。
##

 東スポ版のプロレス大賞。こちらはおのずと紙面を盛り上げたレスラーが中心になってくる。“闘い”もあるが、“笑い”もある。両立しながら三冠王者にまでのぼりつめた鈴木みのるは堂々の受賞といっていい。

 みのるの言葉。みのる自身がパンクラスで身体を壊しつつも、プロレスで居場所を見事なまでに見つけた。頑張る方法はひとつじゃない。自分なりの生き様を見つけてやり切ることは、意味があることなんだよ。“同志”に囲まれながら、そんなことを考えていたんでしょうね。

 さて、プロレス界はネット時代。人気ブログのブラックアイさんがこんな企画を主催していらっしゃいます。
・ ネット・プロレス大賞 2006:be2
##
(1)最優秀選手賞(MVP)
(2)年間最高試合賞(ベストバウト)
(3)新人賞
(4)最優秀興行
(5)最優秀団体
※応募は07年1月5日(金)午後23時59分まで

##

 ナイスな企画、ブロガーなどサイト管理人が投票するスタイル。ネットで情報収集しているファンは誰を選ぶのか? ここであらためて人気ブログ(→格闘技ランキング)をみると・・・あらら、やっぱり団体に特化しているブログはノアが多いですね。

 結果はどうなる? ボクも考えてみよっと。■□

2006.12.25

田村潔司が長州力と焼肉/12・23リキプロ X'mas パーティーにて

pick up 金本vs稔ジュニア王座戦、結果は?12・24新日本後楽園新宿公園でホームレスのボランティア、28日新宿公園ダァーっ!!@アントニオ猪木PRIDE 男祭り、藤田の相手は現役レスリングトップ選手@くまページBlogさんさいたまSAに12・31『男祭り』の巨大看板が登場秋山が最強セコンド清原からアドバイス政府、ドーピング禁止条約批准へ。将来はプロにも拡大@NHBnews PRO残り一週間@船木誠勝ノア選手たちの爆笑コスプレ炸裂=恒例クリスマス興行に1800人丸藤が第4回「力道山杯」を受賞相撲協会、話題もお金も土俵際…6年連続給料据え置き紅白曲目はこちら

 プロレスラーとの交流イベントが盛んな昨今だが、こんなサプライズが。12/23(土)焼肉レストラン大阪離宮(埼玉)での「リキプロ X'mas パーティ-」に田村潔司が出陣した!
・ 中川画伯部屋 | 第六回 リキプロ&大阪屋離宮 クリスマスパーティー
##
行ってきました!近所。
近所の焼き肉屋『大阪屋』。
長州力だ!スゲー本物だよ。革命戦士!ド真ん中!
リキプロの石井智宏&宇和野貴史&和田クニヨシ。
ド真ん中!
そして新日本プロレスの山本尚史&平沢光秀。
ストロングスタイル!
そして…何と!?
田村潔司!!
赤いパンツの頑固者!
突然の田村登場にビックリ&ハッピー!!
あと越後隆選手もいらっしゃってました。
田村と長州。
田村、正座。
田村選手は、やっぱり冬でも半袖でした。

##

 焼肉外交は前田日明が得意だが、田村も例外ではなかった?

 リンク先に写真あり。会話の中身はわからないけれども、長州に向き合う田村は正座しているという。「何かお世話になってるお医者さんが一緒みたいでそのお医者さんが呼んだみたいです。」との書き込みも。他のブログで関係者なのか、前日にこんな予告もありました。
・ ドクターKの独り言:当直
##
今回はスペシャルゲストとして、U-系の大物選手が来るようです。みんなびっくりするだろうなー。(笑)
##

 田村潔司と新日本プロレスが接点を持っていくというものではなさそう。ただ、田村はふだんからジムへの参加を広く歓迎する姿勢であるから、リキプロや新日本の選手が田村のジムに出張特訓と言うのも面白いんじゃないだろうか。

 それにしても、田村は神出鬼没だなぁ。お願いする関係者も不思議だが、引き受ける田村も面白い。リキプロファンも困ったんじゃないの?

 焼肉にはビールがつきものだが、田村のブログにはこんな記事が。「席に着くなり「飲まないですよね?」って言われたら飲めるわけないだろうがバカやろう~このやろうめ。」
・ 禁酒?|田村潔司のフルヌードブログ Powered by アメブロ

 呑めなかったのかな?(笑) リキプロパーティーの話だったかどうかは不明です。

 一方、こちらのイベントは、田村の登場がオープンに予告されている。
・ カクトウログ: 田村潔司vsDr.コパ/1・26恵比寿コーセーアンニュアージュトーク
・ 来年の試合が・・・・|田村潔司のフルヌードブログ Powered by アメブロ

 田村の2007年は“異種格闘技戦”でスタート。大晦日決戦に快勝して気持ちよくイベントができていることを祈りたい。■□

2006.12.24

柴田勝頼、バトルマットフォーカス出演

再掲pick up 12月24日(日)26:20~27:20「ノア中継60分拡大SP激動の2006年 小橋ガン克服へ ファンの力が支え」日本テレビ
pick up 前田さんの膝の手術でも有名、俺のメンテナンス工場@成瀬昌由ジョシュとノゲイラのコメント@ゴン格→BurningSpiritさん近藤有己スペシャルインタビュー新崎人生、野橋真実、夏目ナナが新日本レッスルランドに師走の路上で惨劇再び 海川ひとみ襲撃!?永田克彦が進化した!! 五輪メダリストの大逆襲朝青龍&佐々木健介5W1H調ではない井上義啓氏のプロレスの見方は大好きだった@布施鋼治杉浦がGHCジュニア王座転落、高岩が新王者に=SEMTNAとWWEでボブ・サップ争奪戦発展も#144 「髪切りマッチ」@鈴木浩子駅長のり@ぬるま湯沢小国

ネット無料動画でのトーク番組「TFM+ ティーエフエムプラス -バトルマットフォーカス-」に柴田勝頼が出演。フリー選手としてのプロレス観、プライベートについて語った・・・

続きを読む "柴田勝頼、バトルマットフォーカス出演" »

2006.12.23

海川ひとみ、麻宮サキ化

海川ひとみ、麻宮サキ化

携帯から。

東スポに「再び顔面崩壊の海川ひとみが変身」との記事。25日のハッスルハウスは麻宮サキばりの鉄仮面で乗り込むんだという。いろいろ考えるなぁ。

仕事関係、都内某ホテルのイベントに来てます。さっきドン荒川とすれ違った。


※12/24追記 公式サイトにも出ました
・ 海川ひとみ、鉄仮面を被って後楽園に登場/コードネームは“HITOMI”だ!(ハッスル公式)
##
岸本2代目PRによると「海川さんは会場に鉄仮面を被ってくるようです」と、スケバン刑事・麻宮サキばりのスタイルで登場するようだ。オフィシャルサイト取材班はその鉄仮面の写真を入手することに成功した。さらに、岸本2代目PRは続ける「鉄仮面は顔の防御をするだけでなく、不思議な“魔力”を引き出してくれるそうです」と。
##

 リンク先に鉄仮面写真あり。額に「H」の文字。■□

上井文彦駅長、健介と絶縁?/12・30上井ステーション全カード

pick up 前田日明、近日中に新団体会見か@カクトウログ記事末追記ヘンゾ・グレイシーと闘った時は、ここで一ヶ月間合宿した@田村潔司男祭りで藤田和之vsエルダリ・クルタニーゼ決定JWF福田会長、クルタニーゼに自信金子賢が猫ひろしに変身!?  桜庭和志からも一本奪うリアル・タイガーマスク論 大晦日は勝村を見て泣こう山本KID、推薦で全日本出場へ=シドニー五輪代表の宮田らもニューリン様復活!緊急コメント到着テンコジ(天山&小島)が公開練習~新合体技「テンコジドライバー(TCD)」を披露新日本プロレス道場&合宿所へ・・・初心にかえった日@小島聡みのもんた、亀田親子を大絶賛!!やくみつる「悔しいような」

 上井ステーション旗揚げ第2弾、12・30後楽園ホール決戦の全対戦カードが発表された。
・ UWAI28号を初公開 上井氏「メカはメカ・マミーだけではない」=12.30UWAI STATION2(スポーツナビ)
##
プチシルマ presents 
UWAI STATION 2
2006年12月30日(土)後楽園ホール18:30
▼追加カード
・ ディック東郷&マグニチュード岸和田vs真霜拳號&房総BOY雷斗
・ スペル・デルフィン&タイガースマスクvsウルティモ・ドラゴン&岡田かずちか
▼既報カード
・ 柴田勝頼vs浜中和宏[プロレスデビュー戦]
※柴田vs浜中はメインイベントとなる。
・ 鈴木みのる&高山善廣vsスコット・ノートン&ハワイアン・ライオン
・ 飯伏幸太vs毛利昭彦[プロレスデビュー戦]
(12・22MARS横浜で毛利負傷の場合、相手変更。ただし、毛利は「どんな状態でも出向く」と上井氏に伝言)
・ 上井28号vsメカマミー
・ ドン荒川vsフジタ“Jr”ハヤト

=席種・料金=
グリーンシート・7000円
指定Aシート・5000円
指定Bシート・4000円

##

 和製ルチャのベテラン、ウルティモとデルフィンがタッグ対決。上井文彦駅長、無事に交渉を成立させた。でも、この日は14:00開始で大阪プロレス(デルフィンアリーナ)大会あり。デルフィンとタイガースマスクはダブルヘッダー? 欠場?

 大会全体の見どころは、プロレスビューする2人の総合格闘家、浜中と毛利の闘いぶりでしょう。かつて総合選手・門馬秀貴が柴田勝頼と対戦、ビッグマウスラウド(上井氏プロデュース)史上ベストバウトと言われる試合をやってのけた。いやがおうにも期待は高まる。

 なお、毛利昭彦選手は12・22MARS横浜では敗れてしまった(判定3対0)。毛利が負傷したかどうかは不明だ。(追加→12・22MARS横浜試合結果

 そして、上井ステーション第3弾(福岡大会)も一部対戦カードが発表された。いくつかの携帯サイトより。
##
UWAI STATION 3
2007年1月14日(日)Zeep Fukuoka17:00
・ 獣神サンダー・ライガー&毛利明彦vsアステカ&KAZE
・ 谷嵜なおきvs村浜武洋

##

 新日本プロレスと絶縁中の上井氏のもとに獣神サンダーライガー参戦が決定。これはびっくり! ビッグマウスラウド(上井氏プロデュース興行の前身)では永田裕志が参戦したことはある。あのときは、表向きには村上和成と永田裕志の意思。実際は、長州力からの指示。高山善廣&鈴木みのる(上井氏興行常連)の新日本参戦とのバーター(?)とも噂された。

 これはいかんでしょう、あれだけ新日本への柴田勝頼参戦キャンセルをしでかして、でも何もなかったように交流再開するというのは。上井氏らしくない、どうなっているんだろう。

 こちらも決定。健介オフィス旗揚げ、追加カード。
・ 健介オフィス ニュース:2・11ディファ 第一試合概要決定!!
##
2・11ディファ 第一試合概要決定!!
<出場選手>
村上和成(BIG MOUTH LOUD)
ストーカー市川Z(DORAGON GATE)
DJニラ(K-DOJO)
菊タロー(フリー)
以上の4選手のタッグマッチを開催いたしますが、現時点でストーカー市川Z選手、DJニラ選手、菊タロー選手が「村上と組むのなら良いが試合で対戦するのは怖いから嫌だ!」と申しておりますので、チーム分けにつきましては、現在調整中でございます。
原則的に2対2の対戦となります。
チーム編成が出来次第、追って発表させて頂きます。

##

 上井氏とは新日本“外敵”時代からの親密な仲のはずの健介。ところが、上井氏と“敵対”している村上和成を参戦させた。健介も村上もGPWAに加盟しているという関係もあるんでしょうけれど・・・ついに上井氏は見放されたんだろうか。■□

2006.12.22

川田利明が無我参戦、西村修とシングル対決/1・28後楽園ホール

 無我の新春シリーズ、対戦カードが発表された。
・ 無我公式ホームページ
##
無我2007年新春シリーズ“ 無我2007 First Journey”
無我が北海道に初上陸!
2007年新春シリーズ“ 無我2007 First Journey”開催決定!

・参加選手・
藤波辰爾・西村修・吉江豊・ヒロ斉藤・後藤達俊・長井満也・竹村豪氏・正田和彦・倉島信行
・特別参加・
グラン浜田(全戦)・ミスター雁之助(1/19、20、28のみ)
川田利明(1/28のみ)
・外国人選手・
バック・クウォーターメイン(全戦)、メキシコ2名

1月19日(金) 19:00 札幌テイセンホール(北海道)
ヒロ斉藤 VS 倉島信行
長井満也 VS 雁之助
▼CENTRO AMERICA CAMPIONA TO DE PARE JAS 選手権
正田和彦&竹村豪氏 VS メキシコ&メキシコ
後藤達俊&藤波辰爾 VS グラン浜田&吉江豊
▼USヘビー 選手権
西村 修 VS バック・クウォーターメイン

1月20日(土) 18:00 旭川地場産業振興センター(北海道)
後藤達俊 VS 雁之助
吉江 豊 VS 倉島信行
長井満也 VS 竹村豪氏
正田和彦&グラン浜田 VS メキシコ&メキシコ
ヒロ斉藤&藤波辰爾 VS バック・クウォーターメイン&西村修

1月24日(水) 19:00 大船渡市民体育館(岩手県)
ヒロ斉藤 VS 正田和彦
長井満也 VS 後藤達俊
グラン浜田&藤波辰爾 VS メキシコ&メキシコ
吉江豊 VS バック・クウォーターメイン
西村 修 VS 竹村豪氏

1月28日(日) 18:30 後楽園ホール(東京都)
雁之助 VS バック・クウォーターメイン
▼CENTRO AMERICA CAMPIONA TO DE PARE JAS 選手権
正田和彦&竹村豪氏 VS メキシコ&メキシコ
藤波辰爾 VS グラン浜田
長井満也&吉江豊 VS 後藤達俊&ヒロ斉藤
西村修 VS 川田利明

##

 後楽園ホールで西村修vs川田利明はいいんじゃないですか! さりげなく、新日本プロレスのかつてのジュニア戦線が甦る「藤波辰爾vsグラン浜田」も組まれているぞ。ウィークデーだし、地味なカードに二の足を踏んでいたファンも、これなら観戦意欲が沸くでしょう。

 22日、午後4時より会見。携帯サイト「週刊プロレスモバイル」から西村修のコメントを拾ってみる。
##
ぜひとも無我の幅、深みを広げるために第1弾として川田選手と当たりたいと思います。これまで川田選手と2戦、シングルマッチをやって1回も勝ったことがありません。一番得意なラウンド制で借りを返したいと思います。
##

 やみくもに参戦選手を広げず、ランカシャー・レスリングの技術や間合いを守っていく無我。だけれども、その魅力が引き出されるような相手なら、違う流派の参戦も歓迎でしょう。

 それにしても川田は対応の幅が広い。U-STYLE Axis(田村潔司がエース)にも出陣した経験がありますし。もともと全日本プロレスでの三冠王者時代から、多様な挑戦者と名勝負を繰り広げてきた。その強みをフリーになってからも発揮している。ハッスルもいいけど、やっぱりデンジャラスKをボクらは観ていたい。■□

2006.12.21

前田日明がリングス再興を示唆/藤原喜明との対談で

pick up 来年の試合が決まりました@田村潔司カクトウログ既報亀田興毅、視聴率はダウン、42%→30%曙、初代タイガーの催眠療法で打撃に開眼今回は招待券は出しませんので@新日本プロレス副社長・菅林直樹「NO PRIDE,NO LIFE.」Tシャツが12/22発売PRIDEのDVDが遂に復活 3枚組DVD-BOXとラスベガス大会DVD

21日に前田日明が藤原喜明と対談。サムライTVの番組収録なんだという。収録後の談話で前田は「リングスをもう1回やるだけ。俺だけ休んでいるわけにはいかない」と発言した・・・

続きを読む "前田日明がリングス再興を示唆/藤原喜明との対談で" »

井上義啓氏が死去

携帯から。ショッキングなニュース。

・ 元「週刊ファイト編集長」の井上義啓氏が12月13日午後1時すぎ、大阪市内の病院で、胃がんのため亡くなった。享年72歳。
・ 昭和42年の創刊当初から「週刊ファイト」の第一線で活躍。単なる試合レポートとは一線を画した、想像力をめぐらして書く「活字プロレス」の生みの親。アントニオ猪木のプロレスに傾倒した。
・ 編集長職を井上譲二氏に譲った後も、“I編集長(あいへんしゅうちょう)”として多様な媒体で活躍。
・ ファイトにかつて在籍したターザン山本!氏、金沢克彦氏ら多くが影響を受けた。
・ 携帯サイト「kamiproHAND」での週刊コラムがここ2か月ほど体調不良で休載していた。2005年7月より闘病生活を送っていたという。
・ 故人の遺志で香典、献花は受け付けない。公表も控えられていた。

願望と予測と裏情報をもとに組み立てられる独自の記事は、誰にも真似できないものでした。読者との交流も大切にし、業界全体に「観る目」を広げようとした。

9月27日発売分をもって休刊となった「週刊ファイト」を、まるで3か月後に“追う”ように…。プロレス界のために身を削ってくれた。

本当におつかれさまでした。ご冥福をお祈りします。


※23:00追加 こちらに記事あり。
・ 井上義啓氏が亡くなられました。 (ファイト!ミルホンネット お知らせ)
・ 追悼・井上編集長。(ターザンカフェ)
■□

田村潔司、10か月ぶり復帰までの道/主要発言集

pick up 亀田興毅・戦評TBSへの抗議、大幅減亀田興毅、因縁の再戦を制して初防衛“明白判定”でランダエタに完勝kamiproが12/21発売!『男祭り』を大特集もくじゴング格闘技12/21発売もくじボビーvs.チェ・ホンマン、HERO’Sルールで激突「大晦日はZST祭り」所英男がホイラー戦に自信柴田勝頼からのラストメッセージ柴田勝頼に足りないもの@いしかなさん上井駅の見どころ@今夜が山田さんジャガー横田、息子の名前は「木下Jaguar大維志」日本のプロレス団体、北京で初の公開試合@朝日新聞「俺と稔で新日本Jr.最高の試合をやる!」(金本)/IWGP Jr.調印式紅白特別ゲストに荒川静香ら

2月のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦以来、10か月ぶりに試合をする田村潔司。大晦日PRIDE男祭り、美濃輪育久戦を決意するまでの苦悩と決意と謎に迫る・・・

続きを読む "田村潔司、10か月ぶり復帰までの道/主要発言集" »

2006.12.20

イブのノア中継に小橋建太が登場

 ヒマでモテないプロレスファンには寒いクリスマスイブ。今年は日曜、深夜にノア中継がありますね。こちら、拡大スペシャル(地域によって放映日時は異なります)。
・ Yahoo!テレビから
##
プロレス60分拡大年末SP
12月24日(日)26:20~27:20 日本テレビ
Gコード(9854090)

※以下、携帯サイト「プロレス・格闘技DX」より
 12月24日放映予定、ノア中継(日本テレビ)の内容は以下の通りです。今回は「プロレスノア中継60分拡大SP 激動の2006年 小橋ガン克服へ ファンの力が支え」として放送されます。
[内容](予定)
★小橋建太独占インタビュー
★三沢光晴デビュー25周年を振り返る
★プロレス大賞選考会潜入
★23日SEM&24日クリスマス大会即日放送
※「豪華NOAH福袋」プレゼントのお知らせがあります!!

##

 イブのテレビはそれなりに視聴率とれるんだと思うんだけど、レギュラーのノア中継が飛ばされずに放映、かつ拡大ってところが素晴らしい。

 ついでに、クリスマス前後の興行は?
・ バトル興行日程 : nikkansports.com
##
▼12月23日(土)
新日本 東京・後楽園ホール 12:30
ノア 東京・ディファ有明 16:00
エルドラド 静岡・清水マリンビル 13:00
K-DOJO 千葉・Blue Field 13:30
K-DOJO 千葉・Blue Field 16:30
666 東京・新木場1st RING 18:30
NEO 神奈川・NEO道場 14:00
格闘美 東京・新木場1st RING 13:00
極悪同盟自主興行 東京・新宿FACE 18:30
日本キック 東京・後楽園ホール 17:30
▼12月24日(日)
新日本 東京・後楽園ホール 18:30
ノア 東京・ディファ有明 16:00
大日本 埼玉・桂スタジオ 14:00
ドリーミンプロジェクト 埼玉・桂スタジオ 18:00
大阪プロ 大阪・デルフィンアリーナ 13:00
エルドラド 神奈川・小田原アリーナ 13:00
ターザン後藤一派 東京・浅草インディーズアリーナ・ファイト倶楽部 17:00
東海プロ 愛知・名古屋市総合体育館第3競技場 13:00
静岡プロ 静岡市民文化会館3F大会議室 14:00
イーグル 栃木・小山市文化センター小ホール 13:00
JWP 東京・後楽園ホール 12:00
▼12月25日(月)
ハッスル 東京・後楽園ホール 19:00
アパッチプロレス軍 東京・新木場1st RING 19:00

##

 いやー、ふつうに多いんですね。

 週末は仕事関係で外出。忙しくなってきた、ブログ更新もちょっと不規則かな。■□

2006.12.18

全日本が来年2月両国大会を開催・・・えっ!

pick up 星川尚浩、自分の力でロープを掴みリングに立つ@中村祥之絶対俺も柴田さんみたいになりたい@フジタ“Jr”ハヤト“怪物君”横井宏考に学ぶスランプ脱出術亀田再戦、ファンからKO!?チケットが大幅売れ残り須藤元気、大みそかの相手は米国総合王者=Dynamite!!郷野vs近藤、ジョシュvsノゲイラの再戦が決定!=PRIDE男祭りゼロワン12・27白GHC戦、志賀vs神風決定

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」が全日本プロレス2・17両国国技館『2007 プロレスLOVE in両国Vol.2』の開催決定を伝えた。3冠戦や佐々木健介のビッグマッチも期待される。

 前回『プロレスLOVE in両国』の馳健“復活”は泣けたよ。
・ カクトウログ: 8・27全日本プロレス両国国技館、速報観戦記まとめ

 ・・・しかし、来年2月の両国でのプロレスは、これで実に3大会!
##
2007年
▼2月12日(月=祝)LLPW両国国技館15:00(女子プロレス最強シングルトーナメント決勝)
▼2月17日(土)全日本プロレス両国国技館18:00
▼2月18日(日)新日本プロレス両国国技館15:00

##

 ただでさえ集客に苦戦しそうなLLPW、大打撃。

 そして、新日本と全日本。1・4東京ドームで合同興行。プロレス復興へと手を携えたと思ったら、一転して1か月半後に興行戦争とは・・・。ドームは一夜限りの夢なのか。それとも熱い闘いが両国2連戦へと飛び火するのか。ファンの気持ちを鷲づかみにするチャンス、生かしてほしい。関係者の方、読んでますか!


※追加リンク 公式サイトから
・ 「プロレスLOVE in両国 Vol.2」大会開催決定!
■□

ドーム会見で光る男、武藤敬司/棚橋vs中邑テレビ観戦

pick up 蝶野の遅刻癖は相変らず変わってないな@武藤敬司武藤「天コジはオカマだ!」1.4東京ドームを前に舌戦もTBSが「亀田兄弟オフィシャルサイト」を18日にオープン【HELLO OG!】ロングインタビュー メカマミー&メカマミーlite の、人類総メカ化計画ブラックアイさんよりヘンゾ・グレイシーvsフランク・シャムロックDSE榊原代表スペシャルインタビュー第2部チョコボール向井、7年間のプロレス人生終幕健想の一時帰国が決まった #143明治大学講演会

 12/16(土)深夜にテレビ朝日「ワールド・プロレスリング」で放映されたIWGP戦。棚橋弘至vs中邑真輔(12月10日(日)愛知県体育館)を録画観戦した。

 前哨戦まで積み上げて手の内を知り尽くした者同士だからこそ、お互いに踏み込んだ攻防が多かった。改めて、新日本プロレスにはノアとは違う種類のハードさがあることを実感。ノアの闘いには、トップロープや花道、エプロンを使い尽くすサーカス的、断崖式攻防が幅を利かせる。もちろん、正調の「技」があったうえでのプラスアルファなんであるが、一方の新日本は「地道な技の積み上げ」のみで攻防をつくっていく。

 緩急のつけ方や間合いでは“諸先輩”にはかなわないとも言えるが、棚橋・中邑両雄の技の畳みかけは見ごたえがあった。これを伝統的にストロングスタイルというのだろう。

 プレッシャーの中で好試合をつくった棚橋・中邑。間違いなくドームにいい風を吹かせていく。画面は、12/12記者会見へ。
・ 【1/4 東京ドーム大会】全対戦カード発表記者会見(新日本公式)

 やはり、テレビというのはネットをはるかに凌ぐメディアだ。映像と音声が選手のキャラクターや意欲をあぶり出す。活字で追っていてはわからなかったニュアンスがそこにあった。

 いちばん多く時間が割かれていたのは、武藤敬司。

「全日本プロレスの武藤敬司です」

 自分の所属団体を告げて挑発かと思いきや、隣の蝶野をイジる。5分遅刻で会見が遅れたネタをきっかけに、武藤ワールドをつくっていく。特に強調された部分を大きくして活字再現。

「それ(蝶野の件)はさておき、えー、テンコジ。先日、ウチの(2006 世界)最強タッグでも優勝しまして、非常に強いチームだと思っております。たぶん試合は(自分たちの方が)やられてやられて、耐えて耐え忍ぶでしょう。

ただ、プロレスとは、

そこからカムバックして勝つのがプロレスだと思ってます。今、プロレス界も同様で、プロレス界全体も耐えて耐えて耐え忍んでいる時だと思います。

1・4(いってんよん)をきっかけに、

061216muto

プロレス界が

盛り上がっていくのを、

カムバックしていくのを、

頑張って、オレもプロレス村の一員として頑張っていきますので、よろしくお願いします」

 最初に天コジを持ち上げておいて、そこから話を転がしていくのは武藤流の風車の理論か。話を聞いていると、プロレスの勝利イコール武藤&蝶野の勝利であるかのようにも聞こえる。これぞ武藤流の言葉のプロレスだ。やられた!

 武藤が現場のマッチメイクに絡むとされながらも、「どうせ、ユークスに金を積まれたんじゃないの?」なんて思うところも正直あった。だけれども、この会見での責任感は画面越しに伝わってきた。自団体への還元も狙っているんだろうが、それ以前にドーム成功に力を尽くすことを武藤は宣言した。

 「ワールド・プロレスリング」のナレーションでは、「1月4日はプロレスの日」というフレーズも飛び出す。
・ 1月4日(木) 東京ドーム PM6:00試合開始(新日本公式)
##
レッスルキングタムIN東京ドーム
~新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念~
2007年1月4日(木)18:00
▼スーパードリームタッグマッチ“This is レッスルキングダム”
[9]武藤敬司&蝶野正洋 vs 天山広吉&小島聡
▼ダブルメーンイベント IWGPヘビー級選手権試合
[8][王者]棚橋弘至 vs [挑戦者]太陽ケア
▼ダブルメーンイベント 三冠ヘビー級選手権試合
[7][王者]鈴木みのる vs [挑戦者]永田裕志
[6]川田利明 vs 中邑真輔
[5]金本浩二&タイガーマスク&カズ・ハヤシ&TAKAみちのく&井上亘 vs 獣神サンダーライガー&稔&ミラノコレクションAT&近藤修司&“brother”YASSHI
[4]長州力&中西学&飯塚高史&山本尚史 vs TARU&諏訪魔&RO’Z&ジャイアント・バーナード
[3]真壁刀義&矢野通&石井智宏 vs ディーロ・ブラウン&ブキャナン&トラヴィス・トムコ
[2]邪道&外道 vs NOSAWA論外&MASADA
[1]渕正信&エル・サムライ&田口隆祐 vs 菊タロー&荒谷望誉&雷陣明

##

 プロレスの日を守れるか。プロレスを守れるか。格闘技に押され、選手も離散していく厳しい環境でも・・・カムバックして勝つのがプロレスだ。

 東京ドーム決戦まで、あと17日!■□

2006.12.17

柴田勝頼、みちのくプロレスに立つ/12・17後楽園ホール

pick up サスケ&野橋が金網デスマッチで劇的勝利=みちのくプロレス後楽園1888人(満員)プロレス玩具箱 観戦記~柴田勝頼VSフジタ‘Jr’ハヤト(12.17みちのくプロレス)BLACK NIGHT !:柴田勝頼━フジタ“jr”ハヤト今夜が山田:今やれてよかったと思うメイン中に関係ない音楽が鳴るハプニング。あれは・・・@パンチ田原

みちのくプロレス、2006年最後の東京大会を観戦。フリー・柴田勝頼が参戦してフジタ“Jr”ハヤトと対戦した。簡単に感想をまとめます・・・
061217michitop

続きを読む "柴田勝頼、みちのくプロレスに立つ/12・17後楽園ホール" »

田村潔司、37歳に/UWFインターナショナル解散10周年

pick up 本日12・17後楽園昼12:00興行、フジタ“Jr”ハヤトvs柴田勝頼冬も花火は江ノ島亭!?@高山善廣来年の2月ごろに本を出すことに@船木誠勝“世界のTK”高阪剛氏が渋谷で先生に「疲れ知らずのTK式体操」シロクマを見て、コピィロフを思い出す@金原弘光12・18須藤元気がYahoo!ライブトークで対戦相手を発表日朝友好「力道山も願っている」…命日に夫人語ったがん:克服したプロレスラー・西村修さん、難病と闘う子供たちを試合に招待@毎日新聞「ギブUPまで待てない!!!リターンズ」が大盛況佐山サトル代表の提唱する「プロレスの復活」とは?後楽園ホールに眞鍋かをり初来場、スカパー実況決定!!藤波らがNHK教育生放送に出演

 このブログでは動向をよく追っている選手、田村潔司が誕生日を迎えた。
・ PRIDE | 選手データ | 田村 潔司 / TAMURA KIYOSHI
##
TAMURA KIYOSHI
田村 潔司
所属  U-FILE CAMP.com
生年月日  1969年12月17日
出身地  岡山県
身長  180 cm
体重  85.0 kg
ニックネーム  孤高の天才
入場曲  FLAME of MIND
主な獲得タイトル 
初代、第三代リングス無差別級王座
U-STYLE初代チャンピオン

##

 おめでとうございます!

 10か月ぶり試合、大晦日決戦まであと2週間。練習や調整に追われている様子だ。
・ 田村潔司のフルヌードブログ Powered by アメブロ

 ちなみに。

 田村が所属していたUWFインターナショナルであるが、解散10周年となる。1996年12月27日、後楽園ホールで解散を宣言した。あれから10年、元所属選手はどうなった?

高田延彦 → PRIDE高田本部長、高田総統、ザ・エスペランサー
山崎一夫 → 引退。山崎バランス治療院を開設
中野龍雄 (現:中野巽耀)  → ビッグマウスラウド2・26徳島に参戦
安生洋二 → アン・ジョー司令長官(ハッスル)
宮戸優光 → 引退。U.W.F.スネークピットジャパン(ジム)代表
田村潔司 → U-FILE CAMP.com
垣原賢人 → 引退
金原弘光 → フリー格闘家
高山善廣 → フリー(高山堂)プロレスラー
長井満也 → 無我
佐野友飛 (現:佐野巧真) → プロレスリング・ノア
桜庭和志 → HERO'S参戦
山本健一 (現:山本喧一)  → フリー
上山龍紀 → HERO'S参戦
松井駿介 (現:松井大二郎)  → フリー
大江慎 (スタンディング・バウト) → 引退。U.W.F.スネークピットジャパン(ジム)打撃コーチ
菊田早苗 (練習生) → パンクラス
ボーウィー・チョーワイクン (スタンディング・バウト) → ?

 人材の宝庫。ちゃんとしたスパーリングをやってた団体だから、土壌が違うのだ。

 10年の節目だから? 12/30~31にはこんな企画も。
・ UWF信者に捧げる「U.W.F.」カッキー塾~1泊2日ガチンコ合宿~
##
U.W.F.インター解散から10年・・・
今の世相は暗く、当時少年や若者であった私達も活力を失っている。
夢に燃え、輝いていたあの時代に何か忘れてしまったものはなかったか?
この合宿は、伝統の格闘技団体「U.W.F」で行なわれていた実際のトレーニングを忠実に再現することにより、体力と精神力を鍛え直し、活力ある今を手に入れることを最大目的とするものである。
日本プロレスの開祖、力道山が開いたさがみ湖ピクニックランドのフィールドを使用し、特別講師として、元U.W.F.レスラー垣原賢人氏を招聘。彼が現役時代行なってきた闘うための合宿ノートを基軸に、トレーニング・栄養・メンタルに至るまでを、徹底したマンツーマン指導。
力強くなるための要素を2日間に凝縮したプログラムとなっている。

##

 濃厚すぎるっ!■□

棚橋×中邑、今夜放映!

 もう時間がないですが・・・Yahoo!テレビより。
##
ワールドプロレスリング
IWGP棚橋vs中邑!宿命のライバルがベルトを賭け激突▽1・4東京ドーム全カード
12月16日(土) 26:40~27:10
テレビ朝日 Gコード(5894433)

##

 12月10日(日)愛知県体育館で行われたIWGPヘビー級選手権試合、棚橋弘至vs中邑真輔。テレビ朝日では12/16(土)深夜放送! 新日本の中継、録画しっ放しになることもしばしばですが、これは観なければ。

 16日には新日本プロレスの餅つき大会。昨年はなかった、2年ぶりだという。
・ 恒例!餅つき大会(報告)(新日本公式)
・ 新日本のもちつき大会が復活(ニッカン)

 集まったファンは200人。携帯サイトからの情報によると、特に棚橋と永田裕志が積極的にもちをついて、ドーム決戦へのコメントも出していた。こういうところもきっちりやるのは、ナイス。ただ、公式サイトでの記事はいただけないなぁ。棚橋も永田も大会へのコメントを出していたんだから、それを伝えなきゃ!■□

2006.12.16

田村潔司vsDr.コパ/1・26恵比寿コーセーアンニュアージュトーク

pick up スポーツナビ・アワード2006は・・・スポーツ・ヤァ!廃刊残念でならない@布施鋼治12・15全日本プロレス・ファン感謝デー大会トピックス桜庭、仰天新技“胴着脱がし”披露武蔵の相手は元韓国陸上界のスーパースター=Dynamite!!鈴木みのると永田裕志の因縁は、前田日明の煽りから生まれたメカマミー 新兵器・メカボイン投入新日本プロレス内でノロウィルス流行@ブラックアイさん

 田村潔司、大晦日決戦を終えた来年2007年1月にはイベント出演。
・ チケットぴあ[電子チケットぴあ|チケット情報・販売]
・ 田村潔司がトークイベントに出演 プロレス団体・選手最新情報ブログ(週刊WEBゴング)
##
★第181回コーセーアンニュアージュトーク
■Pコード:608-482
■公演日:2007年1月26日(金) ■開演:7:00PM ■開場:6:00PM
■会場: 恵比寿ザ・ガーデンルーム
■席種・料金: 全席自由・2200円
■発売日情報: 2006年12月18日(月)
■備考:
ゲスト:田村潔司(格闘家)vsDr.コパ
[出演]田村潔司/Dr.コパ
自由(1ドリンク付)
問合せ先:[マーク・アイ]03-3464-0761

copa's newより
《内容》司会のまあくまさこさん、格闘家の田村潔司さんと楽しくトークします
・ 前売2200円当日2600円全席自由整理番号付税込み ドリンク付
・ 定員 約350
・ 場所 恵比寿ガーデンプレイスガーデンホール 東京都渋谷区恵比寿4

Dr.コパ プロフィール
小林 祥晃(こばやし さちあき)
●1947年東京生まれ。
●日大理工学部建築学科卒。
●建築家として設計事務所を主宰するかたわら、風水の家相・方位・インテリア学の第一人者として、「風水地理の理論」を展開。“Dr.コパ“の愛称で、雑誌・テレビなどマスコミでも活躍中。

##

 「コーセーアンニュアージュトーク」というと、かつては前田日明、最近では所英男が出演したイベント。こうやって格闘家・プロレスラーをブッキングしてくれるのは嬉しいこと。だけれども、イベントで田村が饒舌に喋るイメージはない。どうなる?

 ファンにとってはナマ田村は貴重な機会となりそうだ。

 田村参戦のPRIDE男祭り、現時点情報。
・ スポーツナビ|格闘技|PRIDE|DSE榊原代表スペシャルインタビュー第1部 「われわれも地上波での放送はしたかった」
##
「PRIDE男祭り2006-FUMETSU-」
12月31日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリ-ナ 開場14:00 開始16:00
▼決定カード
[ヘビー級王座戦]エメリヤーエンコ・ヒョードルvsマーク・ハント
[ミドル級]田村潔司vs美濃輪育久
[ミドル級]中村和裕 vs マウリシオ・ショーグン
[ライト級]五味隆典 vs 石田光洋
[ライト級]川尻達也 vs ギルバート・メレンデス
[ライト級]青木真也 vs ヨアキム・ハンセン
▼出場予定選手
吉田秀彦、藤田和之、三崎和雄、三崎和雄、菊田早苗、桜井“マッハ”速人、ミルコ・クロコップ、ジョシュ・バーネット、ほか

##

 こんな情報も。ジョシュの相手、決まりませんね。
・ BurningSpirit | 大晦日はジョシュvs.ノゲイラのリマッチか?
■□

2006.12.15

12・30上井駅、カード発表

携帯から。

15日午後3時から上井文彦駅長と浜中和宏が会見。12・30上井ステーション、主要対戦カードが発表された。
##
プチシルマ presents 
UWAI STATION 2
2006年12月30日(土)後楽園ホール18:30
▼決定カード
・ 柴田勝頼vs浜中和宏
・ 鈴木みのる&高山善廣vsスコット・ノートン&ハワイアン・ライオン
・ 飯伏幸太vs毛利昭彦
(12・22MARS横浜で毛利負傷の場合、相手変更)
・ 上井28号vsメカマミー
・ ドン荒川vsフジタ“Jr”ハヤト
▼交渉中
・ スペル・デルフィンvsウルティモ・ドラゴン
・ ディック東郷&マグニチュード岸和田vs未定

=席種・料金=
グリーンシート・7000円
指定Aシート・5000円
指定Bシート・4000円

##

駅に停まる列車のシートになぞらえた座席名になっております。

浜中和宏は元高田道場、PRIDE参戦経験あり(その後HERO’Sにも)。3年前、(桜庭和志を破った)ニーノ・“エルビス”・シェンブリに勝ったことがある。柴田勝頼との対戦で新プロレスの担い手に立候補できるか。

“途中下車”などと思わせてはダメ。プロレスに引きずり込め!

それにしても、、、みのる&高山と柴田、同じ車両に乗車しながら対話しない旅はいつまで続くんだろう?

あと、ノートンには、高山&みのるに遠慮なくぶつかってほしい。


※追加リンク
・ スポーツナビ | ニュース | 元高田道場・浜中がプロレスデビュー 12.30上井興行で柴田と対戦
■□

田村潔司が公開記者会見・・・ネット上ですが

pick up ミルコPRIDE離脱、UFCへ移籍情報@BurningSpiritさんインディー・サミット12・31全カード12/26ハッスル後楽園、江頭2:50&大谷&金村vs天龍&川田&恐・イタコランダエタ、ワイドショーのレポーターにマジギレ寸前12月16日(土)新日本が餅つき大会

061214tamura

 10か月ぶりの試合が発表された田村潔司。
・ カクトウログ: 田村潔司vs美濃輪育久、決定/PRIDE男祭り2006

 会見後も積極的にブログ更新中。気分はアゲアゲ!
・ 田村潔司のフルヌードブログ Powered by アメブロ
##
▼2006年12月14日(木) 16時01分51秒「気分は・・・・」
昨日 榊原社長 美濃輪選手 3人での会見をやりました。
先週から取材が数社入り ちょっと訳あって指導も増え
練習も増え 仕事も増え
いや 今は 練習仕事指導取材もアゲアゲでって言った方が響きが良いでしょうか?
そんな感じで
自宅には帰って寝るだけの日々が続きそうです。
今日は朝から50分間時間かけ ランニング&ダッシュ数本
ジムに戻り みっちりスパー
食事を済ませ 体を休ませながらブログ更新中
今日は取材は無いけど 夕方から打ち合わせ
その後 指導を兼ねた練習です。本日は24時戻りだな
こんな時こそ 気分をアゲアゲで 36歳頑張ってます
同世代のあなた
そうじゃないあなた
気分はアゲアゲで行きましょう!

▼2006年12月14日(木) 16時41分49秒「質問受付」
突然ですが ブログをご覧の皆様へ!
「第一回チキチキ田村フルヌードブログ用記者会見」を行います。
何かご質問ありましたらコメント欄にて書き込みお願いたします。
※注意事項
試合関係のご質問でお願いします
プライベートな質問は只今連載紙プロ人生相談の関係上NGで・・・一応気を遣う
お茶を濁す回答もあるかと思われます。
締め切り16日迄

##

 田村流の業界盛り上げか。それとも長く待たせ続けたファンとの対話か。ネット上で読者という名の記者から質問を受け付け。試合が決まってからの田村は仕掛けてる!

 というわけで、田村潔司への試合関係の質問は同ブログコメント欄までどうぞ。
(恋愛、悩み相談は携帯サイト「kamiproHAND」まで)

 美濃輪戦についてはこんな意見も。
・ 決定!田村vs美濃輪!待望の田村・桜庭戦だ!!|【週刊】行者★スポーツ|スポーツナビ+
##
今回の田村VS美濃輪戦は形を変えた、田村VS桜庭戦なのである。(昨年の)桜庭VS美濃輪の一戦は、私の印象では、美濃輪選手の実力を知る桜庭選手が「あそび無し」で一気に試合を決めたように記憶している。prideの華、プロレスラー対決でありながら、桜庭選手が随分と手堅い試合運びに徹していたように記憶している。一方の田村選手は、美濃輪選手とどのように闘うのか、田村選手、美濃輪選手が共に口にする「客にとって面白い試合」を総合のリングで実現できるのか。この点も桜庭vs美濃輪戦と比較して観て見たい。
##

 桜庭和志はPRIDEを離脱し、HERO’Sへ去った。形は変わっても、2人のライバル関係はずっと語られる。

 気がつけば、桜庭は秋山成勲(K-1 Dynamaite!!)と、田村は美濃輪と(PRIDE)。2人は大晦日を「日本人対決」で競い合うのである。

※写真は12/14発売分「東京スポーツ」紙。■□

2006.12.14

メカマミーvs上井28号、決定/12・30上井駅

pick up 佐々木健介1・2タッグ戦で復帰話題賞を受賞したメカマミーのコメント金子賢vsボビー弟小川、まさかの落選!お宝タッグマッチ=ハッスル田村潔司は〝ひとりアングル〟が得意だという@ターザンカフェ初対談した武藤敬司と長州力新日本副社長・菅林直樹カウントダウンブログPRIDE 男祭りパブリックビューイングが開催決定ヒョードル、ミルコの噂について榊原代表が答えた大木金太郎さん自叙伝出版記念会に猪木ら400人週プロゴング

061213tosupo

 12・30上井ステーション第2弾、後楽園ホール。最初に発表されたのは、このカード。
・ スポーツナビ|格闘技|メカマミーが予告通り上井駅長を襲撃!=「TAKAGI STATION」 12.30UWAI後楽園でメカマミーvs上井28号が決定
##
▼UWAI STATION 12月30日(土)後楽園ホール18:30
[第1弾発表カード]メカマミーvs上井28号

・ 「UWAI STATION」と命名された由来を尋ねられると、上井駅長は現在フリーの柴田勝頼の言葉がヒントになり、宇宙ステーションや基地のイメージで付けたが、その後“STATION”には駅という意味もあることを思い出し、自身が“駅長”を名乗るようになったと語った。
・ 「UWAI STATION」の今後の目標として、U-FILE CAMPの田村潔司を参戦させることを表明した。
・ 「上井28号」はすでに製作に入っているロボットで、上井駅長の博士号を持つ技師の実兄が操縦するという。得意技についてメカマミーのロケットパンチ、ドリル攻撃をディフェンスする「土下座ブロック」であることを明かした。

##

 ありえないと思うが、まるで上井さん本人参戦を思わせるニュースのリリース。まずは、柴田勝頼の試合を発表してくださいよォ(数日中には全カード発表予定だということですが)。

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」での12/13更新分、柴田の連載から。
##
Q.これからも上井さんとうまくヤッてけんですかぁ? 
こないだのUWAI STATIONのあとの柴田選手のコメントが気になります。。。上井さんと揉めてんでしょ(☆o☆)また
そろそろ大人になりましょー
A.“また”というのが引っ掛かります。。。もう少し大人になってもらいたいのは上井さんの方です(☆o☆)

##

 とはいえ、現状で柴田が上がるリングは限られている。関係継続してほしいところ。

 メカマミーか・・・ボクなりに楽しむし、DDTのエース兼社長の高木三四郎からの支援もあっての話なんでしょう。ただ、なんだか遠くまで来ました。「第二の新日本プロレス」「ハッスルのストロングスタイル版」を標榜して始まったビッグマウス以降の上井氏プロデュース興行。前田日明スーパーバイザーが団体のシンボルとして、かつては最上位概念にあった。柴田よりもずっと上に。

 いまは柴田が、団体のずっと上の最上位概念にいる。まるでかつてのリングスが“メインの前田につながるセレモニー”でもあったように、上井氏興行には柴田への熱い声援が広がる。

 いろんなテーマはファンとして“許す”としても、上井氏へのファンの期待はおのずと決まってくる。1年前(2005年12月29日)は当時プロレス大賞受賞者の小島聡戦を実現させた。12・30では柴田vs鈴木みのる戦を実現できるか。みのるや高山善廣を“上げる”ことに意味はない。彼らに勝負を突きつけることができれば、上井氏が噛むことに意味が出てくる。

 そして、“田村”を口にした以上、柴田vs田村潔司というミラクルに向かって具体的に動けるのか。どうでしょう。

※写真は12/13発売分「東京スポーツ」紙。■□

2006.12.13

田村潔司vs美濃輪育久、決定/PRIDE男祭り2006

※13日の田村関連記事をひとつにまとめました。

▼08:35 | 田村潔司、大晦日出陣! 真っ先にファンに報告

 U-FILE CAMP OFFICIAL SITEから登録者に送信されるメールマガジン。つまり、応援したい気持ちがもっとも強いファンたちに向けて、田村潔司が12日深夜に予告した!

 ボクにも届いてるんですが、すでに世に出た部分のみの紹介とさせてください。
・ NHBnews PRO:【国内総合】 田村潔司が大晦日に試合出場
##
田村日記(メールマガジン)
大晦日の試合出場のお知らせをさせて下さい。
一応参戦させて頂く事になりました。
明日(12月13日)が会見なので、
まだ詳細はお知らせ出来ませんが
取り急ぎ出場を報告します。

##

 このような予告は前代未聞! PRIDE男祭りか、K-1 Dynamite!!か・・・どちらかの総合格闘技への参戦で間違いないでしょう。

↓参考:田村選手にkamiproサイト経由で参戦予定を聞いたときには、はっきりした返事はなかった
・ 2006.11.06 カクトウログ: これからの田村潔司の主戦場は?

 待った、待った、待ちわびた。2006年2月26日のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦以来、実に10か月ぶりの試合となった田村。

 それだけに、今回の田村なりのメルマガ予告。ファンへの気遣いはとても嬉しいこと! 参戦の舞台と対戦な相手は? ファンは早くもPRIDEでの近藤有己やミルコ・クロコップとの対戦を想像している。本日13日の会見で何が発表されるのか。

 さぁ、赤いパンツの頑固者、出陣!


▼19:57 | 田村潔司「前向きに決断できた」

携帯から。

田村潔司の予告通りに大晦日参戦の会見が13日、開かれた。決戦の舞台はPRIDE男祭り。

■PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-追加カード
田村潔司vs美濃輪育久

4年前、2002年の初対決では田村勝利。美濃輪にとってはそのリベンジマッチ。
「桜庭和志からラブコールを送られても参戦しない田村」という構図の中で、1年前の大晦日は同じ赤いパンツの美濃輪が桜庭と闘った。そんな“因縁”も。

美濃輪「夢は思い続ければ叶うんだなと。この4年間、自分がどれだけ何をしてきたかみえる闘いになる。テーマは誕生」

田村「この試合は自分の中でも前向きに決断できた。美濃輪選手は後ろに下がらない、Uで育ったので、動きのある試合が期待できる。興行の柱が外国人同士になっているが、それを日本人が応援したいかっていったらそうでもないと思う。テーマ? 誕生です(苦笑)」

ファンとしてはピンと来ないカードだが、最近の田村にしては珍しく積極的に意味合いを見つけ出したようだ。

いっそのこと、オープンフィンガーグロープを外して、UWFの体現をやる。それくらいの気持ちを見せてくれ!

田村の入場テーマがかかる。
田村が四方に頭を下げる。
田村の視線が相手に突き刺さる。

田村潔司、10か月ぶりに復活!

 ニュースサイトでの報道を追加。
・ PRIDE | ニュース | 12・31リベンジに燃える美濃輪のテーマは“誕生” 田村は「美濃輪選手となら面白い試合が出来そう」
・ スポーツナビ|格闘技|PRIDE|田村潔司vs美濃輪育久、大みそかに4年ぶり再戦=PRIDE男祭り 禁断の“赤パン対決”は実現しない!?
 かつての、美濃輪、アイブルを倒し田村戦をアピール~などの流れはこちらにまとめあり。
・ 悲しきアイアンマン: 田村潔司vs美濃輪育久4年ぶりの再戦が決定!~PRIDE男祭り2006


▼21:51 | 田村潔司インタビュー

田村潔司インタビュー

携帯から。

本日(タイムリー? 田村潔司の大晦日参戦会見があった13日)発売の「週刊ゴング」にインタビュー。2ページに渡る。12月6日に収録されたもの。

小見出しの言葉を拾う。
##
■準備はまだできてない でも気持ちは前向きだ
■決断を逃げていた自分 刺激になる桜庭の存在
■自分から仕掛けていく 2007年へ新発想が

##

マジレスとノラリクラリが混ざったインタビュー。会心の笑顔の田村がそこにいた。

田村情報を追っかけ続けたファンの1日の締めくくりは、ゴング(三沢光晴が表紙)購入でー。

…本日最後の仕事場所、雨はすっかりあがった渋谷から送信っ!
■□

2006.12.12

中邑×川田ほかドーム全カード

22:30pick up で、柴田勝頼!!@ヤマモブログMVP男みのるが初代タイガーにTKO勝利プロレス大賞@鈴木みのるHG、新人賞受賞に喜びコメント三沢vs森嶋決定。小橋「どんなリハビリよりファンの声援が力に」前新日社長・草間政一氏が千葉県議選出馬恵まれた若者よ、歯を食いしばれ--アニマル浜口さん京子「銀」でアニマル劇場…海外メディアは「?」魔裟斗がマジ切れ。チェ・ヨンスよ、ありがとう!ファンが決める日刊バトル大賞に投票を

中邑×川田ほかドーム全カード

携帯から。

レッスルキングダムIN東京ドーム
〜新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念〜
2007年1月4日(木)18:00

全9試合。

・ 邪外vs東京愚連隊などタッグ3試合で幕開け
・ 長州は8人タッグでVM+バーナードと対決
・ ジュニア10人タッグドリームマッチ
・ ダブルメイン前→中邑vs川田シングル!
・ ダブルメイン1→みのるvs永田
・ ダブルメイン2→棚橋vs太陽ケア
・ 最終試合ドリームマッチ→蝶野&武藤vs天コジ

中邑vs川田はなかなかの組み合わせ。出し惜しみなし、その手があったか!

12日、総勢40選手が参加して全カード発表会見したんだという(川田、みのる、武藤含む)。壮観だっただろうなー。

今回のドーム、大会概要やカード発表までの道のりでもしっかり“プロレス”してくれましたね。あとは本番!

※写真は数日前に闘魂ショップ前で撮った大会ポスター。


※22:30追記 こちらが全カード
・ 【1/4 東京ドーム大会】全対戦カード発表記者会見(新日本公式)
・ FieLDS レッスルキングダム IN 東京ドーム(新日本公式)
・ レッスルキングダムの全カード&試合順決定(スポーツナビ)
##
レッスルキングタムIN東京ドーム
~新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念~
2007年1月4日(木)18:00
▼スーパードリームタッグマッチ“This is レッスルキングダム”
[9]武藤敬司&蝶野正洋 vs 天山広吉&小島聡
▼ダブルメーンイベント IWGPヘビー級選手権試合
[8][王者]棚橋弘至 vs [挑戦者]太陽ケア
▼ダブルメーンイベント 三冠ヘビー級選手権試合
[7][王者]鈴木みのる vs [挑戦者]永田裕志
[6]川田利明 vs 中邑真輔
[5]金本浩二&タイガーマスク&カズ・ハヤシ&TAKAみちのく&井上亘 vs 獣神サンダーライガー&稔&ミラノコレクションAT&近藤修司&“brother”YASSHI
[4]長州力&中西学&飯塚高史&山本尚史 vs TARU&諏訪魔&RO’Z&ジャイアント・バーナード
[3]真壁刀義&矢野通&石井智宏 vs ディーロ・ブラウン&ブキャナン&トラヴィス・トムコ
[2]邪道&外道 vs NOSAWA論外&MASADA
[1]渕正信&エル・サムライ&田口隆祐 vs 菊タロー&荒谷望誉&雷陣明

##

 新日本公式ページに会見写真ありましたね。PRIDEの(フジテレビ打ち切り後)決起会見をイメージしたんでしょうか、選手が大集結。

 チャンピオンのはずの棚橋とみのるは、ベルトを持参もセンターから外れている。大トリ登場の4選手がセンターに。みのるは不機嫌だったんでしょう。モバイルゴングからコメントを拾う。
##
三銃士とかもういいだろ、ポンコツどもが。2人なのにキャンディーズって言ってるのと一緒でしょ? テンコジと闘うったって、そんなの懐メロだよ。別にオレをメインにしろって言ってるんじゃない。メインがIWGP戦だったらそれはそれでいいのに。こんなことしてるからベルトの価値が上がらねえんだよ。
##

 メインをタイトル戦にするかは賛否両論でしょう。失敗できない場だからこそ、棚橋に“旅をさせる”のか。失敗できない場だからこそ、“顔”が揃う安定のドリームタッグでいくのか。今回は最初から、武藤が「祭り」と位置づけていた。責任を取る者の決断、タッグが大トリでよし。

 みのると永田には“あれが実質メインだった”と言われるような闘い、見せてほしい!■□

プロレス大賞、発表! MVPは鈴木みのる

新日本、ノア、全日本、ハッスル、ビッグマウスラウドなどを渡り歩いた男。メカマミーや風香との異色対決も実現させた。プロレス大賞2006のMVPは鈴木みのるが受賞した・・・
061123minoru2_1

続きを読む "プロレス大賞、発表! MVPは鈴木みのる" »

RINGS DVD-BOX 2007年3月7日に発売予定

pick up 柴田勝頼、BMFに見参@ヤマモブログ12・13猪木「愛のエプロン」出演&テレ朝で1・4ドーム大会当日70分枠放送決定君の声がパンフレットに載る!応援メッセージ大募集12・23新日本レッスルランド後楽園カード中西学が現場監督に就任12・24新日本後楽園カードハッスル・マニアMVP&ベストバウト投票結果

 発売予定がありながら延期になっていたRINGS DVD-BOX。あらためて2007年3月7日に発売予定へ。1991年の旗揚げから2001年の活動休止まで・・・リングスが甦る!

##
初回特典 永続仕様:特殊ボックス
※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めに。
※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

▼格闘王・前田日明の遺伝子! 総合格闘技の原点「FIGHTING NETWORK RINGS」の全てがここに覚醒!
2005年、元新日本プロレス執行役員 上井氏の新たなプロレスイベント旗揚げに際してスーパーバイザーに就任。さらにK-1全面協力のもと総合格闘技HERO'Sを立ち上げた! 2005年最も動向が注目される1人である格闘王・前田日明全面バックアップ! K1、PRIDEなどいまやお茶の間を賑わす程、空前の格闘技ブームが頂点を向かえる現在、そのリングで活躍するエメリヤーエンコ・ヒョードル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ダン・ヘンダーソン、ヒカルド・アローナ、アリスター・オーフレイムなど数々の選手がRINGSのリングで闘っていた! そして2005年-格闘王・前田日明の再始動により世界中に眠っていたRINGS遺伝子が、中量級最強の選手を決定すべく総合格闘技HERO'Sという形になり再び表舞台にあがったことにより、前田氏の言動は現在もっとも格闘技界そしてプロレス界で注目を浴びている! この最中、数々の選手たちを発掘し、総合格闘技の原点ともいうべきRINGSを1991年の旗揚げから2001年の活動休止までの10年間を、ポイントとなる試合をピックアップして5枚組のDVDに収録!
当時のRINGSマニアから、PRIDE・HERO'Sから入ってきた最近のファン層を満足させる充実の収録内容。加えて前田日明氏ほか当時の選手のインタビュー収録、ディスクに収録できなかった試合背景、組織図、人脈図などこれを見れば現代の格闘技分布がわかるブックレット、さらに特典ディスクにはRINGS10年間の技術体系を1枚にまとめ、各国の選手が試合で見せた技を解説すると共に、世界の格闘技全てをRINGSを軸にして構築して格闘技ファン納得の特典内容となります。
●選手のインタビュー
●試合背景
他 収録時間未定
本編5枚組+特典ディスク1枚/片面2層

##

 「2005年最も動向が注目される~」って説明文は明らかに古いですが、これが発売延期の足跡でもある。

 特典ディスクがなんだかマニアック。初回特典はそれとは別なのかな、「永続仕様:特殊ボックス」となっている(ちょっと説明がわかりづらいよ、初回限定の数量もわからない)。でも、どっちみち買うなら、予約しちゃえ!ですね。

 リングス関係の話題が続く。
・ 2006.12.11 カクトウログ: リングス公式&前田日明ブログサイト開設へ

 何かが起きること期待していいんですか? アキラ兄さん!■□

2006.12.11

打倒紅白に清原和博が立ち上がる/Dynamite!!

 大晦日Dynamite!!で「桜庭和志vs秋山成勲」とともに目玉となるのは、「プロ野球・清原和博さんの“司会”」だった。
・ KID、大晦日も出る!!  相手はあの金メダリストだ
(HERO'S公式)

・ 清原おおみそかK―1“参戦”(報知)
##
大晦日の夜、TBSで5時間半超でオンエアされることが決まった『FieLDS K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』(12月31日よる6:00〜11:34 TBS系列全国放送)の番組の顔として、オリックス・バッファローズの清原和博さんが起用されることとなった!! 「スペシャルナビゲーター」として出演する清原さん。テレビ番組の司会者的立場での出演はもちろん初めてとなるが、果たしてどんなナビゲーター役を果たしてくれるのか? 今から超楽しみだ!!

<清原和博さんのコメント>
「この度、大晦日に行われるTBS恒例の格闘技イベント、『FieLDS K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』のスペシャル・ナビゲーターを努めさせていただくことになりました。
 僕自身、格闘技が大好きで、これまでも何度となくイベントを見てきて、感動したり、熱くなったりしていましたが、今回は伝える側になって、格闘技の魅力などを皆さんに紹介していきたいと思います。
 友人の秋山成勲選手と桜庭和志選手との夢の一戦をはじめとして、大晦日にふさわしいわくわくする試合が続々と組まれていくことでしょう。これらの試合が最高に盛り上がるよう、応援していきたいと思います。
 僕にとっても初めての経験なので、期待と不安が入り混じっていますが、精一杯頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします」

##

 番組は格闘技好きが伝えるのがいちばん。単に試合が続くだけではなく、ひとつの柱がこれでできあがる。なかなか面白い試みですね、これは!

 そして、注目すべきは・・・。
・ ケビン 山崎(けびん やまざき)/スポーツトレーナー
##
1999年 前田日明選手の引退試合のための肉体改造を担当
2000年 巨人軍の清原選手のパーソナル・トレーナーとなる

##

 前田日明が引退試合に臨む。清原さんが再起に望む。そこには共通のトレーナー・ケビン山崎氏がいた。前田日明はHERO’Sスーパーバイザーということで来場するだろうから・・・

前田日明と清原さんの2ショット、見たい!

 こちらはどうなるんでしょう?
・ 清原06年闘魂締め、秋山のセコンドに決定(ニッカン)
##
桜庭のセコンドには阪神下柳剛投手(38)がつくことが濃厚で清原もTGでしのぎを削った盟友のリング登場を期待していた。
##

 司会がメインのどっちかの肩入れをするのはよろしくない?

 かつて魔裟斗との大晦日決戦で視聴率を稼いだあの男も、無事に参戦決定。
・ 山本KID大みそか参戦! アテネ五輪金メダリストと対戦=Dynamite!!(スポーツナビ)
##
K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」
12月31日(日)京セラドーム大阪15:00
▼決定カード
[HERO'Sルール]山本“KID”徳郁 vs イストバン・マヨロシュ
※ハンガリーのマヨロシュ、アテネ五輪レスリング・グレコローマン55キロ級金メダリスト
▼既出カード
[HERO'Sルール]秋山成勲 vs 桜庭和志
[K-1ルール] 魔裟斗 vs チェ・ヨンス
[HERO'Sルール]曙 vs ジャイアント・シルバ
[HERO'Sルール]所英男 vs ホイラー・グレイシー
[HERO'Sルール]永田克彦 vs 勝村周一朗

##

 KIDの相手の写真はこちらに。微妙な風貌という気も・・・。
・ angle JAPAN: 「出たいと思ったら出る!」KIDがレスリングの大会前にDynamite!!出場を即決
##
谷川EPもそんなKIDの心意気に応えるように“テーマのある”対戦相手を探すことに。この時期にKIDが試合をするならば、北京五輪に向けた試金石という意味も込めて、“金メダリスト”にこだわったという。さらに今年は宮田戦の“4秒”しか総合の試合をしていないKIDだけに、せっかくDynamite!!のリングに上がるなら総合(HERO'S)ルールのほうがいいということで、世界中のプロモーターに声をかけ、総合ルールでKIDと対戦してくれるレスリングか柔道の金メダリストを捜しまくったそうだ。
##

 リンク先記事をどうぞ。風貌はともかく、参戦に際しては気合いが入っている様子だ。

 徐々に“顔”が揃ってきましたねぇ。■□

小橋建太手記 自殺考えた君へ

※携帯からの記事、ひとつにまとめました。

▼10:50 | ニッカン一面、小橋建太

061211kobashinikkan

携帯から。

仕事で都内を移動しなければならず、出社後に駅へ。売店の新聞見出しが目にとまる。

・ 小橋が189日ぶりリングで「帰ってくる」(ニッカン)
##
189日ぶりリング
「プロレスは人生。帰ってきます」小橋
ノア武道館1万6800人の大コール
あえて通路から入退場「花道は復帰の時」

##

ファンにもまれながらもキリリとした表情の小橋建太が、ニッカンの一面。さらに、小橋に試合前「頑張ってください」と激励されて王座奪回した三沢光晴が裏一面。ニッカンの裏表をノアがジャック。

友人が当日券に並んだがたいへんな行列の長さだったという。並んでいる途中で売り切れていく座席種類がいくつもあった。それほどまでに、小橋と三沢の揃い踏みは効果があった。まだまだ丸藤正道世代に時代は渡らない。

なお、小橋の復帰を願うファンに高山善廣がクギを刺していた。
「ファンも勘違いせず、しっかり見守ってほしい」


▼14:50 | 小橋建太手記 自殺考えた君へ

061211kobashitosupo

携帯から。

会議をひとつ終えて、都内をまた移動。夕刊紙が駅に並ぶ時間になった。

##
生還独占手記 小橋
自殺考えた君へ

■がん告知の瞬間オレは目の前が真っ白になった…もうプロレスはできないのか!!
■自ら命を絶つ、悲しいことだ…オレはもし余命何日と言われても必死に生き続ける
■病と闘っている人たちに頑張る姿を見せたい…だから必ずリングに戻ってくる!!

##

腎臓腫瘍摘出手術により欠場中。昨日10日、半年ぶりに公の場に顔をみせてファンに挨拶をした小橋。「東京スポーツ」紙の一面に手記を寄せた。

高山善廣復帰戦には病名を隠して出ようと思っていた話。毎日東スポを読みながら次の特訓ネタを考えている話。生の小橋の声はぜひご購入をー。

■□

リングス公式&前田日明ブログサイト開設へ

pick up 小橋建太[ジュン、来てくれると思ったのに(花道を使うのは)復帰のときに取っておこうと思った

Rings 前田日明の話題をよく取り上げているブログの管理人さんが、注目ページを発見していた。
・ 1年たとうが2年たとうがいつだって妥協しないぜ!:前田日明オフィシャルブログ開設
・ RINGS.CO.JP 前田日明オフィシャルBLOG
##

FIGHTING NETWORK RINGS
近日OPEN予定!
http://rings.co.jp


RINGS.CO.JP 前田日明オフィシャルBLOG
2006年12月9日 土曜日
前田日明のBLOGまでお越しいただき誠にありがとうございます。
このBLOGスタートは来年早々にスタートを予定しております。
乞うご期待くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

##

 リングス公式サイト「FIGHTING NETWORK RINGS」にアクセスすると、間もなく「前田日明オフィシャルBLOG」に自動遷移。それぞれ「近日OPEN」「スタートは来年(2007年)早々」と予告された。両方のページがあることが、なんだか本格的なスタートを感じさせる。

 前田がかつて主宰していた総合格闘技団体・リングスが復活? ただ、実際に格闘技のプロモーションを立ち上げるのは難しいでしょうね。選手を発掘したり、メディアを引っ張ってきたりというのには資金が必要となる。もちろん、ファンとしては期待してしまうが・・・。

 2006年3月17日には、リングス復活構想を口にしていた前田。
・ カクトウログ: 前田日明が激白「UWFの続きをやる」
##
・ (今後の具体的なプランは?)今後ともK-1とは組んで、いろいろとやっていきたいが、やはり頭にあるのはリングスの復興。「グラウンド戦での顔面打撃なし」「ロープエスケープあり」でいくつもりだ。(KOKルールの復活ということか?)そうだ。「TBSとHERO’S」という最強の組み合わせのソフトが、世界では売れないのが現状だ。世界でグラウンド顔面打撃を地上波で放映できるのは日本だけ。マニアの域を出ていない。HERO’Sを世界中の人々が楽しむことができるように、リングスでルール作りを模索していきたい。リングスにK-1やHERO’Sの登竜門的な一面を持たせる手もある。
・ 今、オレは天下三分の計を考えている。PRIDE、K-1・HERO’S、リングスの三国鼎立。これから赤壁の戦いだ。もちろんPRIDEが曹操だと思っている。
・ オレたちの目標はただ一つ。オレたちのUWFの遺伝子が世界最強だってことを、証明したいだけだよ。

##

 こういった強気な発言は減りつつある。それだけに、公式サイト&ブログ開設の動きにはつい注目してしまうよ。

 そして、ブログが稼動する来年は、前田日明がジム開設を予告している年でもある。
・ カクトウログ: 前田日明ジムは白金で開設へ【週刊 前田日明】
・ 前田日明と武藤敬司が格闘技界をメッタ斬り!?(スポーツナビ)
##
・ あと、これからは若い人材も育てようと思ってるから、新しく総合的なスポーツジムを作る準備もしてるんだよね。この前、白金に良い物件が見つかったから、準備しているところ。小学生とかチビッコたちにもバッチリ教えていきたいと思っているし、あとスポーツとして格闘技をやりたい人とか、あと格闘技の選手になりたい人にも本格的に教えていく。それからスポーツリハビリなんかもやろうと思ってるよ。今、鋭意準備中だから、入会金&月謝の貯金をしておくように!
・ 相撲みたいに15、6歳から見つけて育てていかなくちゃダメだ。いい物件が見つかったので、来年にもジムを立ち上げたい。日本のスポーツフィットネスをひっくり返そうと思ってる。格闘技だけじゃなく、あらゆるスポーツ選手を受け入れられるものをつくる。

##

 ジム開設、公式サイト、ブログ・・・前田日明のまわりがだんだん賑やかになっていく。2007年、前田日明が立ち上がる。■□

2006.12.10

12・10ノア日本武道館、速報観戦記まとめ

pick up 棚橋弘至vs中邑真輔、結果は・・・新日本12・10名古屋決戦2007年早々スタート&リングス復活?前田日明オフィシャルブログ絶対チョッパー!@鈴木みのる近藤有己快勝!大みそか出陣を猛アピール紀香と陣内が神戸・生田神社で結納

12・10ノア日本武道館大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。試合タイムなどを公式サイトより追記。あらためて、どうぞ・・・
061210kobashi0

続きを読む "12・10ノア日本武道館、速報観戦記まとめ" »

速報します。小橋建太来場、丸藤正道vs三沢光晴/12・10ノア日本武道館

pick up 再掲12/10(日)ウチくる(フジ12:00~)高山善廣ゲスト出演今回の試合で、ホイラー・グレイシー選手は引退@所英男秋山「いい年越しをファンと一緒に」桜庭越えに意欲初代タイガーマスクの12・12セコンドに元プロレスラー小林邦昭さんと4代目タイガーマスク12・9新日本結果、最後の前哨戦~王者・棚橋vs挑戦者・中邑12/8退院します@田中将斗和田アキ子が国家独唱、亀田興毅
◆新時代プロレスの丸藤か、背水の陣の三沢か・・・世代をかけた頂上決戦   ◆KENTAvs高山のハードヒット抗争が武道館進出
 ノアのビッグマッチ、会場観戦。携帯から当サイトに速報を入れます。電池が爆発しないことを祈る。
・ ノア「GREAT VOYAGE’06」(スポーツナビ) 
・ GHC2大タイトルマッチ調印式で早くも火花=ノア/丸藤vs三沢、金丸&杉浦組vs東京愚連隊 武道館で激突!(スポーツナビ)
・ PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
##
■プロレスリング・ノア「GREAT VOYAGE’06」
12月10日 日本武道館 17:00

※小橋建太来場のお知らせ
"GREAT VOYAGE'06" 12月10日(日)日本武道館大会
リング上から皆様へ 直接ご報告をいたします。

▼GHCヘビー級選手権試合
[8=メイン][王]丸藤正道 vs [挑]三沢光晴
[7=セミ]力皇猛&モハメドヨネ&KENTA vs 高山善廣&鈴木みのる&佐野巧真
▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
[6][王]杉浦貴&金丸義信 vs [挑]NOSAWA論外&MAZADA
[5]田上明&ムシキング・テリー&石森太二&青木篤志 vs SUWA&TARU&近藤修司&“brother”YASSHI
[4]秋山準&橋誠 vs 斎藤彰俊&谷口周平
[3]森嶋猛 vs 潮崎豪
[2]小川良成&リッキー・マルビン vs 井上雅央&池田大輔
[1]志賀賢太郎&川畑輝鎮&百田光雄 vs 本田多聞&泉田純至&菊地毅

##

 小橋建太は2006年6月4日札幌大会での試合以来、初めて公の場に立つ。
・ カクトウログ: 小橋建太「今年のケジメとして・・・武道館に行く」/復帰への道(2006年6月~11月)
##
・ 12月10日、武道館に行く。自分の口からファンのみんなにあいさつしたいと思ったんだ。自分の中で、今年のケジメとしてファンのみんなの前に姿を出してもいい時期じゃないかと思ってね。自分が元気だという姿を見せたい。
・ まだ試合はできないけど、武道館のリングにオレが立つことで何かを感じてもらいたい。そしてオレも元気にしてほしい。みんな、頑張ろうぜ!

##

 地鳴りのような小橋コール、間違いなし。当日券は午後2時より正面窓口で発売とのこと。

 メイン級のカードから最近遠ざかってきた三沢が、前回武道館での大コールに後押しされて挑戦。体調はどうなんだろう? 丸藤の新プロレスとは違う“闘いの鬼”の姿、“怒り”を見せられるか。

 メインが丸藤の対ヘビー級なら、セミファイナルのKENTAも対ヘビー級。またブードゥーマーダーズのノア武道館初進出や東京愚連隊のタイトル挑戦など見どころあり。

 リング外では、テーマ曲集も発売。ノアテーマ曲集だが、鈴木みのるの「風になれ」も収録されている。
・ プロレスリング・ノア テーマアルバム 第6弾「Heavy Weight Sounds from NOAH」12月10日発売!(ノア公式)
・ Heavy Weight Sounds from NOAH(Amazon.co.jp)

 では、試合時間に当サイトまたは会場でお会いしましょう。

 直前まで仕事なんだよなー、間に合うか・・・。■□

2006.12.09

1・4新日本ドーム追加カード発表~テーマはパッケージプロレス~

pick up 12・10ノア武道館、三沢が背水の陣「これが最後」TAJIRIセクハラ大成功に満足12・8藤原祭り結果第2試合はAHIIワールド?12・15(金)全日本ファン感謝興行全カード12・18(月)書泉で小島聡サイン会大晦日Dynamite!!追加カード、曙vsシルバ、所vsホイラー、勝村vs永田ダイナマイト@勝村周一朗柴田勝頼~総合格闘技の風がそよぐプロレス@いしかなさん新日本レッスルランド12月8日(金)大阪結果1・4東京ドームレッスルキングダム観戦ツアーレッスルキングダム観戦者・東京ドームホテル特別プラン12月16日(土)シブヤ大学で高阪剛が講義タワーレコードとコラボ「NO PRIDE,NO LIFE.」Tシャツ格闘技通信12/8発売分週刊プロレス誌面刷新について@須山浩継総合格闘技2006年を振り返るとW世界戦で導入された“途中公開制”の今後世代交代がすすむキック界の現在藤原紀香が見せた“関西弁の酔いどれ女”高齢出産が特番になりそうなジャガー横田夫妻#142 一周忌@鈴木浩子12・12後楽園で中村君がマスク製作の出張実演@佐山聡

 12/8に会見、1・4新日本プロレス東京ドーム決戦にジュニアのカードが追加された。
・ シリーズ&カード情報(新日本公式)
・ 追加カード発表会見(新日本公式)
##
レッスルキングタムIN東京ドーム
~新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念~
2007年1月4日(木)18:00

=追加カード=
金本浩二[IWGPジュニアヘビー級王者]
タイガーマスク[NWA世界ジュニアヘビー級王者]
カズ・ハヤシ[ジュニアヘビー級リーグ優勝者]
TAKAみちのく
井上亘
 vs
獣神サンダー・ライガー
稔[ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝者]
ミラノコレクションA.T.
近藤修司[世界ジュニアヘビー級王者]
"brother" YASSHI

※菅林副社長「始めはタイトルマッチも考えたのですが、限られた試合数の中、いろいろな対戦がみられる形にしました。新日本のファンの方にも全日本のファン方にも楽しんでいただけるカードだと思います」

=既報カード=
▼IWGPヘビー級選手権
棚橋弘至対中邑真輔12・10名古屋勝者 vs 太陽ケア
▼三冠ヘビー級選手権
鈴木みのる vs 永田裕志
▼スーパードリームタッグマッチ“This is レッスルキングダム”
武藤敬司&蝶野正洋 vs 天山広吉&小島聡

##

 このニュース、当日報道が通例のスポーツナビ(ニュース紙ではない、ネットのみ)が、1日遅れながら掲載しただけ。
・ 金本&カズ組vsライガー&近藤組による10人タッグマッチ決定=レッスルキングダム(スポーツナビ)

 ニッカン(「中西ランド」の方が大きいニュースだったようで)もデイリーもスポーツ報知もサンスポもスポニチもなし。宣伝効果という点では、他のカードと抱き合わせでニュース性のある出し方を考えたほうがよかったか。大きな発表ではないんで、新日本側もプロレス専門誌くらいしか声をかけなかったのかもしれません。

 2006年のプロレス界を支えてきたジュニア勢だが、タイトル戦は組まれず。見た瞬間はちょっと拍子抜けしたが、これでいいと思う。

 実際のところは興行が18:00開始ですから、3時間くらいにまとめたい。翌日が会社だけど呑みたいって人も多い。テンポもよく進行して最後のクライマックスをつくっていくパッケージプロレス、全日本流の組み方でもあるんでしょう。

 そう考えると、主要ジュニア勢をイッキに登場させて、抗争劇もダブルで盛り込んだ今回のカードはなかなかのアイディア。ジュニアのぶつかり合いによりあったまった空間で、ドリームタッグ戦、三冠戦、IWGP戦を堪能すべし!

 ドーム参加予定選手のうち、残りのメンバーは?
##
棚橋弘至or中邑真輔(12・10敗者)
中西学
渕正信
諏訪魔
TARU(vs長州力?)

##

 もう大きいカードはなさそう。ファンはそろそろチケット購入を決めるタイミング。ドームとしては破格の安さなんですが、さぁ、チケットはどこまで出るか。■□

2006.12.08

大晦日、プロレスファンは寂しい年越し?

pick up 柴田勝頼&船木誠勝、二人して風邪をひいてダウンお金以上の「夢」があった青春秘話@柴田勝頼不死鳥ハヤブサを撮るブードゥーマーダーズが新日マットど真ん中に乱入無我ワールドが“聖地”に8年ぶりに降臨江頭2:50、禁断のハッスルデビュー12.15サヨコアリーナ告知インリン“大人のおもちゃ広報部長”「ココログ」53時間メンテ中に問題発生、元に戻して再開

 深夜残業で遅くなりました。大晦日決戦、5日と7日にいくつか追加カード発表。
・ 五味と石田が激突! 事実上のライト級頂上決戦実現=PRIDE男祭り(スポーツナビ)
・ ライト級屈指の好カードが実現=12.31「PRIDE男祭り」/川尻vsメレンデス、青木vsハンセン(スポーツナビ)
##
■「PRIDE男祭り2006-FUMETSU-」
12月31日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリ-ナ 開場14:00 開始16:00
=決定カード=
[ミドル級]中村和裕 vs マウリシオ・ショーグン
[ライト級]五味隆典 vs 石田光洋
[ライト級]川尻達也 vs ギルバート・メレンデス
[ライト級]青木真也 vs ヨアキム・ハンセン

=既出カード=
[ヘビー級王座戦]
エメリヤーエンコ・ヒョードルvsマーク・ハント

##

・ 魔裟斗大みそか出撃! 韓国伝説のボクシング世界王者と激突=Dynamite!!/自信のKO宣言「K-1なら4回戦ボーイ。まあ倒すよ」(スポーツナビ)
##
■「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」
12月31日(日)大阪・京セラドーム大阪 開場13:00 開始15:00(予定)
=決定カード=
[K-1ルール]魔裟斗 vs チェ・ヨンス

=既出カード=
[HERO’Sルール]秋山成勲 vs 桜庭和志

##

 プロレスファンにとっては、今のところ桜庭のみに注目する大晦日。昨年は小川直也vs吉田秀彦に燃えたが、桜庭にはあのときの小川のようには散ってほしくない。桜庭の体調ばかりに気を取られてしまいがちだが、近づいてくると、重い気持ちで見なければいけない一戦というイメージが強くなる。

 両大会とも、サプライズ的な追加カードは出ませんね。交渉が難航しているのか、発表タイミングを待っているのか。片方が地上波から脱落したことが影を落としているのか。“格闘技”が目指した打倒紅白は遠くになりにけり・・・。

 スカパーじゃない方法でPRIDEが観れることに。3,150円(税込)。
・ 【PRIDE】12・31男祭りをインターネットで生中継決定(GBR)
■□

2006.12.05

柴田勝頼、スーパーバイザーに頭があがらない

※【お知らせ】2006年12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間、ココログがメンテナンスのためカクトウログの更新はできません。他のブログ(→格闘技ランキング)やスポーツナビニッカンをお楽しみください。

 12/2に発売された『週刊プロレス 12月17日号増刊 プロレスラー カラー写真名鑑2007』。いろんな項目がある。「好きな有名人」「ライバル」「グッとくる異性のしぐさ」あたりが注目ポイント?

061205shibata

 残念ながら田村潔司は無回答項目が多かったんで、ここでは上井ステーション参加フリー選手(正確にいうと、みのるはパンクラスだけど)3人の回答をチェック。
##
▼好きな有名人
柴田勝頼「今年も頭があがらないスーパーバイザー」
高山善廣「小池栄子」
鈴木みのる「中村あゆみ」

▼ライバル
柴田勝頼「龍」
高山善廣「杉浦貴(リング外のみ)」
鈴木みのる「弱い部分の自分」

▼グッとくる異性のしぐさ
柴田勝頼「イイ匂い」
高山善廣「最近、グッとくることがなくなり、忘れました」
鈴木みのる「いろいろ」

##

 柴田のライバル「龍」って何? ノアのフロント、仲田龍氏?と深読み(笑)。いやニッネームも「龍」って答えているから違うか。柴田のグッとくる異性は「イイ匂い」。これが中邑真輔(新日本)の「いい香り」と一緒。女性のみなさん、匂いは大切なようですぞ。この項目、HGは「グッとくる同姓の仕草はペ●スポジションを直す時です」って・・・やっぱり同姓かよっ。

 というわけで、スカした回答も多い中で、マジレスかなとハッとしたのは、柴田の好きな有名人「今年も頭があがらないスーパーバイザー」。ここ、異性タレントを書く人も多いんですが、柴田は違った。「今年」っていうのは名鑑の年度の2007年だと思います。元ビッグマウススーパーバイザーの前田日明。真剣に受け取るとしたら、志半ばに前田と(活動していく上で)離別してしまったことへの無念さ、直接トレーニングもしてくれた前田に対する申し訳なさがあらわれている。

 フリーレスラーになっていくと、ついつい「マッチメイク交渉」や「相手への技の仕掛け」において妥協しがち。しかし、思うように試合数が増えていかない柴田。攻撃ももちろん本気モード。本質的に不器用なんでしょう。そこがよくも悪くも昭和の匂い漂う柴田勝頼。妥協してはいけないところもあるんであって、前田日明ばりの「いつだって妥協はしないぜ!」の精神で突き進め!

 というわけで、スーパーバイザー=前田って設定で書いたが、KIRIさんという可能性も(参考:柴田勝頼の相談役でありスーパーバイザーが、リボルバーのKIRIさんって方)。柴田とKENTAを引き寄せた。まだ関係は続いてるのかな。■□ 

2006.12.04

田村潔司、来年1月出陣先は…

24:05pick up ジャガー横田の親子3ショット独占入手瞬間最高は21.7% シュルトが視聴率でもトップ!=K-1GP連覇セーム・シュルトに単独インタビュー杉浦vs高岩のGHCジュニアが決定=12.23ノア1・14新宿で維新力&大向美智子vs鈴木みのる&アジャコング猪木酒場沖縄店オープンに猪木登場紀香、陣内智則 10日結納、年内入籍《《BIG MOUTH LOUD》》 ビッグマウスラウド 公式サイト、リニューアルノートンが一番感心していたのが、柴田勝頼というレスラーの凄さ@angle JAPANさん

田村潔司、来年1月出陣先は…

携帯から。

東スポじゃなく、ニッカン。意外なところに田村潔司。思わずパチリ。

横峯さくらが来年1月に田村と合同練習を行う計画。さらなる筋力強化がねらい。

さくらパパはプロレス好きだからなぁー。

記事に『「孤高の天才」とともに体を鍛え賞金女王をめざす』というくだり。なんだよ、それ(笑)。


※24:00追加 記事はこちら
・ さくらが格闘家と合同トレ/女子ゴルフ(ニッカン)
##
 横峯さくら(20=サニーヘルス)が、総合格闘家の田村潔司(36)と合同練習を行う計画が3日、判明した。横峯のトレーナーで女子プロレスラーのAKINO(32)の紹介で、来年1月にも都内ジムで実現する。「孤高の天才」とともに体を鍛え、来季は賞金女王を目指す。この日、横峯は米ツアー賞金ランク6位金美賢(29)と対戦、73-76で下して今大会5連勝。日本は19-29で敗れ、引き分けを挟んで4連敗。通算2勝4敗1分けとなった。
 横峯が総合格闘技で活躍する田村と、今オフに合同練習を行う計画が明らかになった。9月から横峯の専属トレーナーを務めている女子プロレスラーのAKINOが、田村が主宰する都内のジムに通っていることで話が進んだ。横峯は今季ボクシング用のグローブとミットを練習ラウンドに持参するなど、格闘技を練習に取り入れてきた。田村との練習で、さらなる筋力強化が見込める。
 「1年間通してプレーできるだけの体力をつくって、飛距離もアップしたい」と横峯。

##

 ゴルフの記事ってこんなのでいいの?

 もうひとつ。
・ さくら、金美賢破り大会5連勝…日韓対抗戦(サンスポ)
##
達成するため、オフにプロレス教室通いの日程も入れた。今大会キャディーを務めたトレーナーで女子プロレスラーのAKINOさんの東京・調布の教室へ1月に入門。
##

 ジムでプロレスクラスを持っているAKINOなんですが、そこが田村のジムだってオチ・・・でいい?

 登場人物のブログはこちら。横峯さん&AKINOのブログにはお互いの2ショットが登場。
・ 横峯さくら ~SAKURA BLOG~
・ AKINOくんの場合
・ 田村潔司のフルヌードブログ

 田村はきっと、自分が記事になっていることを知らない。■□

蝶野&武藤×天コジ、決定

携帯から。

4日午前中、新日本が突然情報をリリースした。本日発売の夕刊・東スポの予告にもあり。スクープされることを嫌ったのかな。

レッスルキングタムIN東京ドーム
〜新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念〜
2007年1月4日(木)18:00

=追加カード=
▼スーパードリームタッグマッチ
“This is レッスルキングダム”
武藤敬司
蝶野正洋
VS
天山広吉
小島聡

=既報カード=
▼IWGPヘビー級選手権
棚橋弘至対中邑真輔12・10名古屋勝者
VS
太陽ケア

▼三冠ヘビー級選手権
鈴木みのる
VS
永田裕志

12・2(土)に全日本・世界最強タッグを制したばかりの天コジ。ビッグマッチ出陣の資格を手に入れて、元闘魂三銃士の2人と対戦へ。

試合サブタイトルからは、親会社ユークスのプッシュがうかがえる。武藤がドームのコンセプトとして語った「お祭り」にも合致するカードでしょう。

ボクは本日チケット購入予定。5人で観戦しますー。


※24:00追加 写真は「東京スポーツ」紙。
061204tosupo

・ FieLDS レッスルキングダム IN 東京ドーム(新日本プロレス公式)
・ 【1/4 東京ドーム大会】「武藤&蝶野vs天山&小島」戦決定!蝶野選手コメント(新日本プロレス公式)
・ 武藤が以下のようなコメントを出した(スポーツナビ)
・ 【1/4 東京ドーム大会】PPV(スカイパーフェクTV!)完全生中継決定!(新日本プロレス公式)
■□

各駅停車なら停まらねぇぞ/上井ステーション感想

pick up 12/3上井駅乗車してきました@今夜が山田さん12.3上井駅、出発進行「目的地はお笑いプロレス」@いしかなさん大会トピックスUWAI STATIONすぐには無理かも知れませんが、絶対@フジタ“Jr”ハヤト怪獣もびっくりジャイアント馬場奮戦@高山善廣新日本結果12月3日(日)鳴門市市民会館所英男、改めて大みそか須藤戦アピールシュルト一夜明け会見「ライバルはいない」=K-1俺たちの青春@小島聡大日本横浜文体~新たな可能性@須山浩継[bodogFIGHT] 12.2 カナダ:ホジャー・グレイシー、デビュー戦は一本勝ち【YouTube 音出ます注意】みのるvsメカマミー

12・3「UWAI STATION」旗揚げ戦、後楽園ホール。参戦した鈴木みのるは「俺、各駅停車なら停まらねぇぞ。停まれそうな大きい駅になってください」と上井文彦“駅長”に訴えた・・・

続きを読む "各駅停車なら停まらねぇぞ/上井ステーション感想" »

2006.12.03

[写真追加]12・3上井ステーション旗揚げ戦、後楽園ホール速報観戦記まとめ

12・3「UWAI STATION」旗揚げ戦、後楽園ホール大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
061203uwaiekicho

続きを読む "[写真追加]12・3上井ステーション旗揚げ戦、後楽園ホール速報観戦記まとめ" »

速報します、上井駅旗揚げ戦/12・3後楽園ホール昼興行

pick up 世界最強タッグ決勝12・2全日本浜松結果カクトウログ速報GHCタッグ王座トーナメント決勝12・2ノア横浜文体結果K-1GP決勝12・2東京D結果1月31日まで無料動画さらばアーネスト・ホースト名勝負集12・2新日本京都結果1・4ドーム合同興行の仕掛け人 岩沢敏雄@多重ロマンチックさん前田日明テーマ曲『キャプチュード(保護)』収録 キャメルのヌード@1年たとうが2年たとうがいつだって妥協しないぜ!さんヌード@Amazon.co.jp
◆柴田勝頼、未知の強豪 ハワイアン・ライオンと対戦   ◆メカマミーが乱入・・・するの?
 上井文彦プロデューサーに‘ついてきた’選手たち。いくつかの情報を携帯サイトなどから追記しました。上井ステーション、全対戦カードはこちら。
・ 12月3日(日)「UWAI STATION」(スポーツナビ速報)
##
『プチシルマpresents UWAI STATION』
12月3日(日)後楽園ホール12:00

[6=メイン]高山善廣&鈴木みのる&SUWA vs ブルー・ウルフ&後藤達俊&小原道由
※青年実業家である元新日本のウルフ、プロレスラー最後のリングとなる模様。

[5=セミ]柴田勝頼 vs ハワイアン・ライオン
※ライオンは初来日、米国・ハワイ州出身。高校・大学とアマチュア・レスリングで活躍し、02年にプロレスデビュー。これまでAWA、WWE、UPWなどさまざまな団体に出場してきた。今回はスコット・ノートンの推薦。

[4]スコット・ノートン vs Ⅹ(当日発表)

[3]ブライアン・ダニエルソン vs フジタ“Jr"ハヤト
※ハヤトのデビュー2周年記念試合

[2]義経 vs ラッセ

[1]ドン荒川&菊タロー vs NOSAWA論外&MAZADA

=その他=
・ メカマミーが来場予告。
・ ドン荒川監修、ラッキー池田氏振り付けの「プチシルマ体操」披露あり。
・ 次回(12/30後楽園)大会カード発表があるかもしれないです。ついでにスコット・ノートン選手は明日来日予定ですが、物凄いやる気だそうで、Ⅹとして噂されているメカマミー選手?や泉州力選手が束になってかかっていってもどうなる事なのか・・・と言う感じみたいです。(ハワイアン・ライオン2言インタビューこぼれ話 ProWrestling-Do.com

##

 カクトウログ管理人、会場で観戦。携帯から速報を入れます。

061202meikan 高山、みのる、柴田、ノートン・・・なかなかな顔ぶれですが、因縁や意地がぶつかり合うようなカードがない。もったいないよ、上井さん!

 試合内容でそんな印象を吹き飛ばすのか。それとも、ノートンの相手やライオンの闘いぶりにサプライズあり?

※おまけ
さきほどコンビニで、週刊プロレス 12月17日号増刊『プロレスラー カラー写真名鑑2007』を購入。いつもはコンビニには出てなかったような・・・。12月 2日発売。■□

2006.12.02

最強タッグ決勝戦速報! 12・2全日本プロレス浜松市体育館

pick up 新日本が会見、1・4ドームで太陽ケアIWGP挑戦正式決定┃12・2大会情報[結果モレ注意!K-1東京DK-1東京Dスポナビノア横浜文体スポナビ]┃12・3上井駅情報@今夜が山田さんハッスル・マニア2006 MVP&ベストバウト投票受付開始!

現地メカスズキさんからの携帯からの速報、リアルタイムで更新しました。試合タイム、フィニッシュ・ホールドは携帯サイト情報から追記。全試合終了。優勝は・・・
061202mekasuzuki

続きを読む "最強タッグ決勝戦速報! 12・2全日本プロレス浜松市体育館" »

ファイト!ミルホンネット

 「ファイト!ミルホンネット」(武道プロレス格闘技ファイト!見る本ネット)はこちら。「ファイト!ミルホンネット」で多くの人が当サイトを検索されていまして、探してみました。
・ miruhon.net, ミルホン
##
■ファイト!ミルホンネットとは?
本邦初!プロの作家主導による「武道プロレス格闘技」専門の電子書籍ダウンロード販売サービスです。当サイト限定販売を含む貴重なルポや資料を、あなたのPCへダウンロードして自由に閲覧できます。
Open Challenge枠を提供し、ファンやマニアのみなさんのプロ作家デビューへの登竜門となるとともに、業界全体の発展につながる新たな潮流をつくり出すために、メディアを解放します。

平成18年12月1日
株式会社ミラクルファイトエンタテイメントは、武道プロレス格闘技ジャンル専門の電子書籍ダウンロード販売サービスを始めました。
当サイトにしかない未発表・未検閲の貴重なコンテンツの宝庫を目指して、マニアに喜ばれるサービス提供してまいります。
開店にあたってご協力いただいた皆様方に深く感謝いたしております。
ファンの皆さん!ご声援よろしくお願いします。

I 編集長 井上義啓
TOSHI 倉森
ジミー鈴木:フォトジャーナリスト
スポーツライター 布施鋼冶
セッド・ジニアス渡辺幸正
ターザン山本!&イッキ塾
タダシ☆タナカ+シュ-ト活字委員会
ミスター高橋 元新日本プロレス
井上譲二:前週刊ファイト編集長
栗山満男:元テレ朝プロデューサー
原正英:元週刊ゴング記者
松宮康生:最強格闘技図鑑
松本幸代
草間政一 元新日プロ社長

##

 ターザン山本!氏も参加者のひとり。
・ 「底無し沼論」について。(ターザンカフェ)
##
今日、12月1日から「ファイト!ミルホンネット」がスタートする。
客がカードでお金を払えば、ネット上で文章や写真を見れるのだ。
ボクもこれに参加。「毒を食らわば皿まで」という本を書いた。400字原稿用紙にしてちょうど250枚。
第1章の「底無し沼論」がまず公開される。
これはボクがいかに『週刊ファイト』の名物編集長だった井上義啓氏に強い影響を受けたか? それについて書いた。

##

 これだけのネット社会にあっても、本当に価値のある情報は有料のクローズドなものにしかないとする見方もある。実話系雑誌や夕刊紙(東京スポーツなど)情報、あるいは単行本・ムック情報はネット提供されない。提供されてしまうと、ライターの死活問題にもなる。

 「団体からの会見・リリース、試合結果」(ネットに溢れているもの)にとどまるのではなく、手間と時間をかけた取材・検証によって浮かび上がる新事実があったなら、それは価値を持つ。購入式のネット記事は市場にどう位置づくか。挑戦が始まった。

 記事別購入なんですね。将来的には(?)携帯サイトのように月数百円で読み放題って手もあると思いますが、ペイしないのかな。とにかく、著名な記者・ライター・関係者がズラリ。一大ムーブメントになるか?■□

浜松から速報、最強タッグ12・2決勝戦/全日本プロレス

pick up 12・2K-1GP決勝前日会見12・2(土)17:00無我トークショー&サイン会12・22(金)永田裕志vs武藤敬司、金沢克彦氏が司会今日がラストの天コジにならないように頑張ります@小島聡初代タイガーマスク佐山聡、49歳にジャガーさん、木下先生、おめでとうございます@須山浩継復帰戦3・11はジャガー横田デビュー30周年記念大会海川ひとみ、鼻骨骨折、頭部・顔面外傷@多重ロマンチックさん海川ひとみ「確かに鼻は骨折しちゃったけど・・・」座談会長編・・・PRIDEアメリカ上陸を検証する佐藤大輔ディレクター×立木文彦ナレーターPRIDE煽りV対談最終回男祭り2006-FUMETSU-はスカパーで生中継健想の髪切りマッチ延期、相手の頭部が・・・#141 我慢@鈴木浩子チェ・ホンマンのK-1契約問題、来週までに決着か12・23(土)健介ファミリークリスマスイベント開催高木三四郎に聞いた“DDTの過去現在未来”向井亜紀が腎臓摘出手術受けていた流行語大賞に「イナバウアー」「品格」やくみつる、流行語大賞で“亀田ファミリー”を推薦していた任天堂は新型の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」を2日午前、全国で発売
◆ブログ史上初? 浜松から速報します! 18:00開始   ◆もうひとつの「決勝戦」はタッグの祭典!
 読者のメカスズキさんから「全国の全日本ファンに感動を少しでも伝えることができれば」と立候補あり。速報をくださるということで、ありがたい!
・ 訪魔組がトップ通過、武藤組と天コジが決勝進出をかけ激突=全日本・最強タッグ(スポーツナビ)
##
全日本プロレス「世界最強タッグ決定リーグ戦」最終戦
12月2日(土) 静岡・浜松市体育館 18:00
▼世界最強タッグ決定リーグ戦・決勝戦
[6=メイン]諏訪魔&RO’Z vs 「武藤組vs小島組の勝者」
[5=セミ]カズ・ハヤシ&太陽ケア&TAKAみちのく vs TARU&ディーロ・ブラウン&ブキャナン
[4]荒谷望誉&平井伸和 vs 鈴木みのる&MAZADA            
▼世界最強タッグ決定リーグ戦・決勝進出決定戦
[3]武藤敬司&川田利明 vs 小島聡&天山広吉
[2]雷神明&中嶋勝彦 vs 近藤修司&“brother”YASSHI
[1]NOSAWA論外 vs 土方隆司

##

 ちなみに、「新幹線浜松駅最終22時1分で東京への日帰りも可能」と週プロモバイルにあった。

 公式戦はすべて終了。得点結果は?
##
<世界最強タッグ決定リーグ戦 最終結果>
・諏訪魔&RO’Z組:9点
・武藤敬司&川田利明組:8点
・小島聡&天山広吉組:8点
・ディーロ・ブラウン&ブキャナン組:6点
・太陽ケア&TAKAみちのく組:5点
・カズ・ハヤシ&中嶋勝彦組:5点
・鈴木みのる&NOSAWA論外組:1点

##

 諏訪魔組の1位は意外。みのる組の1点も意外。

 決勝戦では、それぞれの思惑がぶつかりあう。
・ 武藤組テンコジ 2位決定戦へ…全日本・名古屋大会(スポーツ報知)
・ 標的はテンコジ!諏訪魔組1位突破(スポニチ)
・ テンコジが逆転Vへ生き残る/全日本(ニッカン)
・ 武藤、川田組が快勝し優勝に望み/全日本(ニッカン)
・ 武藤&川田 Vで「時代取り戻す」(デイリー)
##
 諏訪魔「テン・コジ出てこい!決着つけてやるから」
 天山「最後は笑って終わりたい」
 小島「どんな時もあきらめなかった。この短い間の成長もオレたちテンコジにしかできない」。
 武藤「もう一度公言する。三銃士と四天王の時代を取り戻す。オレらの世代を世間にアピールしたい。来年の3月から4月にかけてムタが、ロサンゼルスとニューヨークで試合をすることになりそう」

##

 さぁ、優勝チームは?


※速報をアップしました
・ カクトウログ: 最強タッグ決勝戦速報! 12・2全日本プロレス浜松市体育館
■□

太陽ケアが挑戦表明。川田利明が参戦へ/1・4新日本ドーム情報

 対戦カード、出場選手についての動きを追う。
##
レッスルキングタムIN東京ドーム
~新日本プロレス・全日本プロレス創立35周年記念~
2007年1月4日(木)18:00

▼IWGPヘビー級選手権
「棚橋vs中邑の12・10名古屋勝者」
vs
Ⅹ(太陽ケアが挑戦表明。正式決定ではない)

ケアがIWGP挑戦決定「グレードだ」(デイリー)
ケア、IWGP王座挑戦決定(スポーツ報知)
ケア1・4ドーム大会でIWGP王座挑戦(ニッカン)

▼三冠ヘビー級選手権
[王者]鈴木みのる
vs
[挑戦者]永田裕志

=その他参加予定選手=
[新日本]棚橋弘至/蝶野正洋/天山広吉/中西学/金本浩二/獣神サンダー・ライガー 他
[全日本]武藤敬司/小島聡/カズ・ハヤシ/渕正信/太陽ケア/諏訪魔/TARU 他
[フリー]川田利明

事実上内定。川田が1・4東京ドーム大会に参戦へ(ニッカン)
##

 挑戦表明とか、内定とか、中途半端ですが・・・。ここはビシッとした早めの正式発表を期待したい。

 ファンにとっては、川田利明でテンションが上がって、太陽ケアで下がったといったところ。新世代による闘魂vs王道なんですが・・・やはり挑戦には理由や流れがほしい。ケアは鈴木みのるに敗れて王座を失ったばかり(前王者)で、脈絡が弱い。

 ケアの挑戦表明は、1日の全日本、大会終了後のケアによる会見だったという。
##
=携帯サイト「プロレス・格闘技DX」から=
・ 三冠チャンピオンになったこともあるし、両方のチャンピオンになりたい。二つとも獲った選手は武藤さんとかエリート的な選手しかいない。僕としては(棚橋弘至と中邑真輔)どちらがチャンピオンでも構わない。(棚橋vs中邑は)観に行くことができないけど、ビデオで観て研究したい。
・ 挑戦を決めたのは2~3日前。以前、武藤さんと組んでIWGPタッグを獲ったことがあるけど、その時からIWGPヘビーにも興味を持っていた。(武藤社長から指令を受けたということだが)凄くいい機会をいただいた。全日本は素晴らしい選手はいっぱいいる中で、僕を選んでもらってうれしい。

=携帯サイト「週刊プロレスモバイル」から=
・ IWGP実行委員会が了承したわけではないので、正式決定ではなくあくまでも挑戦表明という段階だが、三冠戦に新日本の永田裕志が挑戦するのを認めている代わりに全日本からの挑戦者を認めるよう申請するとのこと。
##

 ケアはもう決まったつもり。わざわざ会見を開いたということは、決定か。ただ、失礼な言い方で申し訳ないが、取って付けたようなコメント内容。

 「三冠戦に新日本の永田裕志が挑戦するのを認めている代わりに」っていうのは、意味不明(全日本関係者の発言?)。もともとタイトル戦は対抗戦って意向だったし、永田裕志を希望したのはみのるの方だったんじゃないの?

 カード関連の情報の出し方、ちょっとよくないですね。武藤敬司や小島聡がIWGP戦に出ないんだったら、まずは自身のカードをから先に発表してほしい。ファンが納得いくようなものを。

 本日12・2浜松、全日本の最強タッグ、優勝戦。何か動きはあるでしょうか。待ちましょう。

 TARUvs長州力も浮上。
・ TARUが長州戦実現へ襲撃予告(デイリー)
##
新日本の1・4東京ドーム大会で、長州との対戦実現を目指すTARUは「もし長州が出てこないんやったら、道場でも寝込みでも、どこでも襲ったるぞ、コラッ」と、長州の口調をマネながら、力に訴える悪の方法論を展開した。さらに「風のうわさで長州がわしらとやりたがってると聞いたわ」と、新日本内部の情報源の存在を明かし、大舞台での目的を革命戦士の首に定めた。
##

■□

2006.12.01

プロレス年越し19時間スペシャル/日テレG+

pick up 45歳ジャガー横田さん ハワイで男児出産12・2K-1グランプリ決勝東京D全カードホースト 水たまりになった汗久々登場のムベ様がフィーバー宣言=パンクラス佐山聡が「切腹」を公開佐藤大輔ディレクター×立木文彦ナレーターPRIDE煽りV対談その3

 9月17日発売分「東京スポーツ」紙に「大みそかに小橋祭り」との情報が出ていた。その内容がついに具体化したようだ。
・ プロレスノア中継年越し19時間スペシャル GHCヘビー39連発!日テレG+ 日テレがお届けするCSスポーツチャンネル
##
▼年越し19時間SP GHCヘビー39連発 Part.1(VTR)
12月31日(日)17:30~22:00
[1]2001年4月15日 東京・有明コロシアム
初代王者決定トーナメント決勝戦・時間無制限1本勝負
三沢光晴 vs 高山善廣
(エメラルドフロウジョン→体固め、21分12秒)
~三沢光晴が初代王者となる。~
      ↓
[12]2002年12月7日 神奈川・横浜文化体育館
三沢光晴 vs 小川良成
(エメラルド・フロージョン→体固め、23分26秒)
~三沢光晴が初防衛に成功~

▼年越し19時間SP GHCヘビー39連発 Part.2(VTR)
1月1日(月)0:00~10:00
[13]2003年3月1日 東京・日本武道館
小橋建太 vs 三沢光晴
(バーニングハンマー→体固め、33分28秒)
~小橋建太が第6代王者となる~
      ↓
[31]2005年11月5日 東京・日本武道館
田上 明 vs 力皇 猛
(俺が田上→体固め、20分43秒)
~田上 明が第8代王者となる~

▼年越し19時間SP GHCヘビー39連発 Part.3(VTR)
1月1日(月) 12:30~16:00
[32]2005年12月4日 神奈川・横浜文化体育館
田上 明 vs 森嶋 猛
(つくば薪割り→体固め、22分19秒)
~田上 明が初防衛に成功~
      ↓
[38]2006年10月29日 東京・日本武道館
丸藤正道 vs KENTA
(リストクラッチ式フィッシャーマンズ・ドライバー→エビ固め、35分34秒)
~丸藤正道が2度目の防衛に成功~

▼年越し19時間SP GHCヘビー39連発 Part.4(VTR)
1月1日(月) 17:30~18:30
[39]2006年12月10日 東京・日本武道館
丸藤正道 vs 三沢光晴

##

 地上波ではありませんが、大晦日に思う存分、プロレス! 主役は小橋建太。リンク先には38試合のカードや決まり手、「アナウンサーの思い出のGHC」というコーナーも。あなたの思い出のGHCはどの試合?

 ほとんどの試合がノーカットなんだという。トータル19時間、いやはや凄まじい。さすがにリアルタイムはへこたれそう。録画すれば永久保存版ですね。

 19時間SPのファイナルはこちらのメインカードとなる。
・ 12.2横浜、12.10武道館の全対戦カードが決定=ノア
(スポーツナビ)

##
ノア「GREAT VOYAGE’06」
12月10日(日)日本武道館17:00
▼GHCヘビー級選手権
[8=メイン][王者]丸藤正道 vs [挑戦者]三沢光晴
[7=セミ]力皇猛&モハメドヨネ&KENTA vs 高山善廣&鈴木みのる&佐野巧真
▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権
[6][王者]杉浦貴&金丸義信 vs [挑戦者]NOSAWA論外&MAZADA
[5]田上明&ムシキング・テリー&石森太二&青木篤志 vs SUWA&TARU&近藤修司&“brother”YASSHI
[4]秋山準&橋誠 vs 齋藤彰俊&谷口周平
[3]森嶋猛 vs 潮崎豪  
[2]小川良成&リッキー・マルビン vs 井上雅央&池田大輔
[1]志賀賢太郎&川畑輝鎮&百田光雄 vs 本田多聞&泉田純至&菊地毅
※同大会に小橋建太が来場、挨拶

##

 GHCの現在と、GHC史を背負った小橋建太が集結。■□

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー