« 速報します、全日本プロレス両国国技館決戦 | トップページ | 速報します、新日本プロレス両国国技館決戦 »

2007.02.17

2・17全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」速報観戦記まとめ

2・17全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」両国国技館大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
070217minorutop

               * * *

 以下、カクトウログの速報記事内ではタイムの間違いなどあったかもしれませんが、そのままにしてます。時間は後ほど更新される公式サイトをご参照ください(→緑字で追記しました)。大型写真は後で追加したデジカメのものです。

↓公式サイトはこちら
・ 【24:00以降解禁】全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」(スポーツナビ速報)
・ 2月17日(土)プロレスLOVE in 両国vol.2(全日本公式)

 観衆は10,500人(満員=主催者発表)。


▼18:00 | 全日本両国速報0

070217sokuho0

[0]渕正信&平井伸和&土方隆司 vs AKIRA&雷陣明&菊タロー
※第0試合は17:30開始

観衆はまだ1割くらい、そのわりには沸いてる。
菊タローはつかみにもってこい。

自滅ブレーンバスターへの長い喋り、
地声でよく頑張った!
12分17秒、土方のキックに菊タローが沈んだ。

○土方隆司&渕正信&平井伸和(12分17秒、片エビ固め)AKIRA&雷陣明&菊タロー×
※ランニング・ジャンピング・ハイキック

TAKAが特別に前説としてプロレス講座を始める。
3カウント寸前で返したときの盛り上がりかた、
ブーイングのしかた。

「ゼンニッポン、マザー!」でキメ。


▼18:21 | 全日本両国速報1

[1]カズ・ハヤシ&TAKAみちのく vs NOSAWA論外&MAZADA

冒頭に実況で盛り上げが入る(解説は小佐野さん)。
PPVと同時進行形式、これはテンポよく進みそう。

会場も6割がた埋まってきた。

8分、カズがファイナルカットでNOSAWAを沈めた。

勝った三人(★追記。正確にはカズ、TAKA、論外。論外から潔く握手、MAZADAはそれをみて「やってられるか」とばかりに引き上げる=週プロモバイル)がジャンパーの全日本のロゴを掲げる。
ジャンパーをリング中央に三枚重ねて置いて、周囲に礼。
引き揚げていく、、、。

このアピールはいったい?

070217kazu

○カズ・ハヤシ&TAKAみちのく(8分10秒、片エビ固め)MAZADA&NOSAWA論外×
※ファイナルカット

★追記。試合後控え室。
TAKA「オレたちの方向性が見えてきたな」
ハヤシ「全日本に来て5年経つけど、全日本ジュニアを世界で試したい。3人で無期限でシリーズを休みます」
論外「本当ですか?」
TAKA「アッチへいくぞ」
論外「アッチってどこですか?」
TAKA「行けばわかる」
MAZADA「なんだよ、3人でどっか行こうっていうのか。オレは全日本で1人ぼっちになるじゃないか」(やりとりは週プロモバイルから)

“世界”は海外遠征を想起させ、“MAZADA(無我)が出れないアッチ”は新日本を思わせる。
↓カズは試合前に「5年間全日本でやってきた全てを」と…
・ I'm here ! カズ・ハヤシのブログ
↓「とりあえず俺、カズ、ノサワは今の戦いから引いてアッチを目指します」「新チャンプがどのような防衛ロードを進むのか遠く離れた場所から見守りたい」
・ TAKAみちのくの独り言


▼18:37 | 全日本両国速報2

[2]AHIIワールド

AHIIのチロルチョコが出たそうで、試合前に投げ入れ。

AHIIVSトウバンジャン&マスタードン

やられっぱなしのAHII。セコンドの女の子がAHII応援コールを呼びかけ、デパートの屋上ショーばりの組み立てだが、チビッコの声援はなく微妙な空気。緑のAHIIが救出。

6分、高速ウラカンラナでAHIIの勝利。

緑AHIIは暗黒スパイシー軍団の秘密を握る、AHIIの兄らしい。

○AHII(6分01秒、スワンダイブ式高速ウラカン・ラナ)トウバンジャン&マスタードン×

070217ahii1

070217ahii2


▼19:02 | 全日本両国速報3

[3]佐々木健介&三島来夢 vs TARU&SUWA

北斗がセコンド。

YASSHI「先輩(SUWA)にビビってるのか、カスヤロー」

三島が相手チームにつかまり、ときどき健介パワーが炸裂する展開に。残念ながら三島の技は軽い。なかなか太刀打ちできず。

18分、TARUがドライバー系の技で三島を仕留めた。

○SUWA&TARU(15分02秒、片エビ固め)佐々木健介&三島来夢×
※TARUドリラー

070217kensuke1

070217kensuke2


▼19:33 | 全日本両国速報4

[4]曙&大鷲透 vs スモー・リキシ&ジョニー・ダン

大鷲ってヴァンダレイ・シウバのテーマ曲なんですね。
ジョニー・ダンは「序二段」のことらしい。髪を染めた荒谷が登場。

曙に勝負を挑み、大「ジョニー」コール。しかし、曙はジョニーをチョークスラムに斬ってとる。

リキシが大鷲にバンザイドロップを仕掛けようとするも、曙が「オレとの闘いがまだだ」とばかりにアピール。

一騎打ちは曙優位に。

10分くらい? 曙の巻き投げ(ボノボンバー失敗?)で荒谷があっさり沈む。
観客「えー」

リキシのスティンク・フェイスを食らうジョニー。仲間割れ。リキシは曙側につき、大鷲を含めた三人でダンス。

最後に残されたジョニーには、あんのじょう、バカボンのテーマが降り注いだ。

あらゆるネタが凝縮。もう試合じゃないよ(笑)。

○曙&大鷲透(9分37秒、体固め)スモー・リキシ&ジョニー・ダン×
※64

070217rikishi1

070217rikishi2

070217rikishi3


▼20:15 | 全日本両国速報5

[5]グレートムタ&TAJIRI vs ゴールド・ダスティン&白使
雨が降ってきた。そのせいか、寒い。風邪をひきそう。もっと暖房をいれてくれよ!

観客は7割くらい。

さて、花粉症のムタ、毒霧は吹けるか?

太鼓と三味線が混じるなつかしのテーマでムタ入場。今宵は鉄仮面風。
いきなりタジリと毒霧の二重奏。大丈夫なようだ。

15分22秒、唇を奪いにきたダスティンにムタが毒霧からの閃光魔術。3カウント。

序盤はミニマムな動きだけで魅せてたムタとタジリ。されど、途中からのムタは「型」に頼った闘いかた。

大会は、次の試合からが本格的な「闘い」へ!

○グレートムタ&TAJIRI(14分22秒、体固め)白使&ゴールド・ダスティン×
※シャイニング・ウィザード

070217gold1

070217gold2

070217gold3


▼20:51 | 全日本両国速報6

[6][王者]近藤修司 vs 中嶋勝彦[挑戦者]

力比べ、投げ合い、、、。静かな展開を、中嶋が打点の高いドロップキックで打ち破る。

場外エプロンから近藤が中嶋に鉄柵上部へのフェースバスター、強烈!

5分経過。

近藤がパワーにモノをいわせて攻め続ける。中嶋のセコンド、健介、北斗、三島は心配そう。

近藤のザ・オリジナル狙いは中嶋が空中ドロップキックで見事な切り返し!

10分経過、中嶋が三角飛び蹴り!

中嶋は近藤の右腕に照準。脅威の跳躍で、その場飛びのカカト落とし!
ザ・オリジナルなど近藤が決める。

15分経過。

中嶋が攻勢、ブサイクへのヒザ蹴りのような技をみせる。ダイビングボディブレスも!

20分経過。

近藤がコーナーを使ったDDT。中嶋、ダルマ式ジャーマン!

近藤、ザ・オリジナルからの脳天串刺し。

24分25秒、中嶋がノーザンからのジャーマン!

3カウント!

両国爆発!
新王者誕生!

健介が中嶋にベルトを巻く。熱いのに、さわやか!

健介が肩車で中嶋を持ち上げて引き揚げた。

○中嶋勝彦(24分25秒、原爆固め)近藤修司×
※中嶋が第24代王者に

070217nakajima1

070217nakajima2

070217nakajima3

070217nakajima4

070217nakajima5

070217nakajima6


▼21:24 | 全日本両国速報7

世界タッグ王座決定戦
[7=セミ]川田利明&太陽ケア vs 諏訪魔&RO’Z

中嶋の試合で会場が一気にあったまる。
川田にものすごい量の黄色い紙テープ、どよめく。

9時少し前にゴング。長丁場になってきた。

この顔合わせ、川田が必死になる局面が本当の意味でない。微妙なマッチメイク。だから、相手に川田が付き合ってるように見えてしまう。

川田にも一時のキレがない。

感情移入はできないわ、動きは緩慢だわ。


22分、川田の蹴りのアシストを受けて、ケアがロージーをスクールボーイ。

川田「これじゃファンもオレも納得できない。最近の諏訪魔をオレは期待してたんだよ、これがタイトルマッチの怖さだよ。諏訪魔、やり直して来い」

わかってるなら、もっと早く仕留めてよ。
またまた会場、寒いよ!

○川田利明&太陽ケア(22分31秒、横入り式エビ固め)諏訪魔&RO’Z×
※川田&ケア組が第52代王者に

070217kawada11


▼21:50 | 全日本両国速報8

三冠ヘビー級選手権試合
[8=メイン][王者]鈴木みのる vs 小島聡[挑戦者]

手四つなどのオーソドックスな展開で5分経過。みのるが変幻自在な腕攻めで試合巧者ぶりをみせつける。

コブラ合戦に勝ったみのる、卍固めへ。決まらないとみるや、乗り越えて前転して腕十字。これもウマイ!

10分経過、みのるが場外へブランチャー!
されど、やっと小島が反撃に転じた。

15分経過、小島がグラウンドスリーパー。みのるがなんとかブレイク。

つづく。

▼22:38 | 全日本両国速報9

三冠ヘビー級選手権試合
[8=メイン][王者]鈴木みのる vs 小島聡[挑戦者]

つづき。

小島、雪崩式フランケンシュタイナー

バックドロップ合戦

小島、サポーターを投げてラリアート

みのる、強烈すぎる張り手連打

小島、再びラリアート

20分、経過。

コーナーに座ったみのるがスリーパー。小島の足が外れて「首吊り」状態に!

みのる、ダイビングストンピング

みのる、ゴッチ色パイルドライバー(小島、1カウントで返す)

小島、ラリアート(みのる、2カウント)

みのる、ラリアートをかわしてスリーパー

逆落としからのスリーパー

もういちど、逆落としからのスリーパー

そのまま座らせて、左腕をバンザイさせる変形スリーパーに移行。

UWF初期を彩った片羽絞めのような格好!

しかし、体勢がくずれて技が解ける、、、。
されど、みのるがそのままカバーに入る。

23分58秒、みのるが3カウント奪取。防衛!

○鈴木みのる(23分58秒、体固め)小島聡×
※スリ-パーホールド(★週プロモバイルは片羽絞めから、と表記)
※みのるが3度目の王座防衛

つづく。

▼23:03 | 全日本両国速報10

三冠ヘビー級選手権試合
[8=メイン][王者]鈴木みのる vs 小島聡[挑戦者]

つづき。

みのる「強すぎてごめんね、小島くん。チャンピオンカーニバルあるんだろ、オレへの挑戦リーグ戦に今年から変えてやるから」

そのあと、健介、TARU(自身は出ず諏訪魔とロージーを参戦させる)、小島、武藤、大鷲がエントリー表明。

すべて終わって、みのるが記念撮影。

そこに、背後にしのび寄るひとりの男、、、。
タジリがみのるにグリーンミスト!

タジリもエントリー、
タジリ「世界一性格の悪い男、本当に世界を知ってるんですか?」
ハマった、大タジリコール。

みのる「さっき言ったこと全部撤回。オレもチャンピオンカーニバルに出る」

10時回ったのは大いに主催者に反省してほしいが、みのるの試合と、中嶋の試合と、試合後のアピール合戦は楽しめた!

速報、終了です。

070217minoru1

070217minoru2

070217minoru3

070217minoru4

070217minoru5

070217minoru6

070217minoru7

070217minoru8

070217minoru9

070217minoru10

070217minoru11

070217minoru12

070217minoru13

070217minoru14





※一夜明け追記

 ニッカンが独自のジャッジ、裏1面カラーに中嶋!
・ 日刊スポーツ - 高校生中嶋が18歳11カ月王者!/全日本
070218nikkan

 ショルダーの見出しに「メーン3冠より目立っちゃった」。他紙(写真右&下)はモノクロでみのる主体でした。

■□T.SAKAi
この記事に1票/人気ブログランキング


ご来場ありがとうございました!

        = 事実誤認・誤字指摘メール =
左サイドバーのココログマーク下から直通メール→大変助かります。
カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。
===========================
                 [カクトウログTOPページに戻る▲

|

« 速報します、全日本プロレス両国国技館決戦 | トップページ | 速報します、新日本プロレス両国国技館決戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/13947678

この記事へのトラックバック一覧です: 2・17全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」速報観戦記まとめ:

« 速報します、全日本プロレス両国国技館決戦 | トップページ | 速報します、新日本プロレス両国国技館決戦 »