フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

週刊ゴング、廃刊決定

・ NHBnews PRO 「週刊ゴング」廃刊決定
・ 週刊ゴング廃刊決定 (ファイト!ミルホンネット お知らせ)
##
先日、代表取締役社長の前田大作容疑者がコンピューター関連機器会社「アドテックス」(東京都港区)の民事再生法違反事件で逮捕された日本スポーツ出版社は、27日までに「週刊ゴング」の廃刊を決定、編集部員全員を解雇すると通告しました。40年の歴史を持つプロレス専門誌「ゴング」は来週発売号をもってピリオドを打つことになりました。

<「週刊ゴング」とは?(WIKIPEDIA」より(敬称略)>
ベースボール・マガジン社でプロレス&ボクシングの編集長をしていた竹内宏介を日本スポーツがヘッドハンティングし、竹内を編集長・総責任者として1968年に月刊誌「月刊ゴング」として創刊。当初はプロレスだけでなくボクシングも扱った格闘技専門誌だった。1982年にボクシング部門を月刊ワールドボクシングとして分割、プロレス専門誌化される。1984年に週刊化され現在の誌名に変更。

##

 モバイルだけじゃないの? ええっ!?


※24:50追記
 関係者にも愛されたゴング。“発表”前に書かれたのか後なのか不明だが、ゴングにも執筆しているライターのサイトから。
・ kana宅 ~ライター・伊藤雅奈子のサイト
##
『週刊ゴング』が残念ながら、
休眠することになりました。
なんとか、なんとか、耐え凌いでほしかった。
しかしながら、逆風に耐えうる体力がなく、
不本意なギブアップとなったようです。
われわれは、『週刊ファイト』に続く悲報を現状として、
受け止めなければならないのでしょうか。
運命はときとして、残酷です…。

##

 冷静に文脈を追ってみる。

↓経営者側の判断を伝えたミルホンネット
・ 週刊ゴング廃刊決定 (ファイト!ミルホンネット お知らせ)
##
日本スポーツ出版社は、27日までに「週刊ゴング」の廃刊を決定、編集部員全員を解雇すると通告しました。
##

↓編集部の協議結果を伝えたモバイルゴング
・ カクトウログ: モバイルゴングが閉鎖!
##
業務の見直し、整備を進めていく中で、最終的な協議の結果、本日、現時点では当コンテンツを継続することが困難であるという結論に至りました。そのため3月中(中旬~下旬を予定)より、当サイトは更新を中止し一時閉鎖となります。
##

 27日までに解雇予告がされているのに、28日時点で「業務の見直し、整備を進めていく」とされている点に矛盾がある。解雇が予告されてもなお、現場は雑誌存続をあきらめていない。はっきりとした決定とは受け止めていないということなんでしょう。

 されど、現実を受け止めざるを得ない日が近づいてきている。不渡りは2度出しているという。負債から、実際はもう前に進めない、客観的にギブアップするしかない・・・。

 今週号「邪道・外道、WWEに極秘参戦」が最後のスクープなのか。来週号が最後ならば、“死に際”はっきり見届けたいと思う。■□

モバイルゴングが閉鎖!

 存続危機が伝えられてきた『週刊ゴング』発刊元の日本スポーツ出版社。「代表取締役・前田大作が㈱アドテックス社長時代に関与したとされる証券取引法違反容疑についての一連の報道」を発端に、ついに業務の一部が停止した。

070228gong_1

 携帯サイト「モバイルゴング」が2月28日に告知。
##
日本スポーツ出版社より
モバイルゴング閉鎖のお知らせ

 この度は弊社に関する一連の報道により、皆様には多大なるご迷惑、ご心配をお掛けいたしまして申し訳ございません。業務の見直し、整備を進めていく中で、最終的な協議の結果、本日、現時点では当コンテンツを継続することが困難であるという結論に至りました。そのため3月中(中旬~下旬を予定)より、当サイトは更新を中止し一時閉鎖となります。
 緊急な決定のため、ご迷惑をお掛けしますが、携帯コンテンツの性格上、3月1日になりました時点で3月分の課金が発生してしまいますので、早急な退会処理のご対応とご理解いただけますよう、何卒よろしくお願いします。
               * * *
 3月の更新状況についてですが、各団体から寄せられるリリース、試合結果、一部のコラム等は更新されますが、リアルタイム試合速報、『真説プロレス・スターウォーズ』等の更新は行われなくなります。誠に遺憾ではございますが、現在のクオリティを保つことができない以上、ユーザーの皆さんには早急の退会をお願いする次第でございます。

##

 ユーザーに「早急の退会をお願いする」…前代未聞の事態に。

 iモードでの「格闘技/大相撲」全26サイトのうち、モバイルゴングは利用者数順位で15位。採算が厳しいために、優先順位が高いとは見なされなかったということか?

 とにかくモバイルゴングは、リリース情報や会見を伝える“速さ”が売りだった。大きい発表があったときには、ほとんどゴングがトップを取って報道。完全な記事となる前の“速報版”を流してくれるからだ(kamiproのような“タイトルだけ更新”とも異なる)。ずいぶんお世話になっていただけに、残念。もちろん、一時閉鎖ではあるのだが。

↓先週号のまま更新されていない。リンク先も途絶えている。
・ 週刊webゴング - プレイヤーズ格闘技

↓こちらは通常通りに見える
・ 週刊ゴング

↓2.22ご報告までは更新
・ 日本スポーツ出版社

 かつて長州番記者を擁し、業界復帰後間もない前田日明を徹底マーク。そのゴングらしさがサイトで確認できたことを喜んだばかりだったのに…。
・ 2007 2/20 カクトウログ: 因縁の前田日明vs長州力 サムライTVで対談
・ 2007 2/26 カクトウログ: 長州力が前田日明を一刀両断【週刊 前田日明】

 この対談、実は誌面上は過激な部分が自粛でカットされてる。モバイルの方が読み応えがあったのだ!

 直接関係はないですが、3月末で携帯サイト「スカパー!バトルLIFE」がサービス終了となる。鈴木みのると金沢克彦氏の対談が連載され、単行本『風になれ』を生んだ濃いサイトだった。


※23:30追記 悲しいお知らせ・・・
・ カクトウログ: 週刊ゴング、廃刊決定
■□

邪道・外道、WWEに極秘参戦!

pick up 新日本[GW後楽園3連戦決行永田がNJCとIWGP奪取誓う中西がNJ杯優勝へ超危険新技LA道場移転]┃全日本[武藤欠場で小島がシリーズ全戦メーンイベント、怪しいメキシカンタッグも初参戦「プロレスLOVE」名古屋で4.30開催]┃佐藤光留、ヌルヌル問題に「たった一人のために格闘技業界が動くのは納得いかない」300万アクセス突破@鈴木みのる中村祥之氏に聞いたGPWAのその後(下)NAGOYAオートトレンドに高田総統、海川、浜田が登場インディー格闘家・入江秀忠 K-1トライアウト挑戦記2月28日~3月7日渋谷ハチ公前ビジョンにリアルジャパンプロレス3・7後楽園CM3月3日(土)UWFスネークピッドジャパン#20ゲストに菊池孝さんと門馬忠雄さんを迎えてカスイチ(月刊カス野郎プロレス)HP開設五味、敗戦後インタビュー@ヒロシです(涙)。さん
8:30追加pick up 榊原社長に万雷の拍手@ブラックアイさん五味、シウバらは次戦禁止・・・ネバダ州アスレチック・コミッション様のお達し@おまえらの好きにはさせねえ!さん一端セミリタイヤ・・・長い間応援有難うございました@山本喧一上井修二日記UP、第二弾

070228gong 本日2/28(水)発売される『週刊ゴング』No.1166。表紙・巻頭カラーを飾るのは、こちらの記事。
##
これぞ究極の成り上がり人生
邪道・外道、WWEに電撃参戦!

・ 強行スケジュール
2・18新日本両国→2・20カリフォルニア州サンディエゴスマックダウン→2・23ドラゲー後楽園
・ 新日本サイドから事前にマスコミへの連絡は一切なし。会社側としては今回のことに関して公式コメントを出さない方針のようだ。
・ 2人の試合は収録の前のダークマッチ・・・つまりは、WWE入団に向けてのトライアウトである! 対戦相手はジミー・ヤン・ワンとシャノン・ムーア。邪道が7分、フォール負け。
・ 遂に新日本の所属選手が世界最高峰のリングに登場。その快挙を成し遂げたのは、生え抜きでも何でもない邪道・外道だった。TPGの一員としてデビューしてから18年・・・その成り上がり人生にまずは乾杯!
・ 邪道「オファーがあったから行っただけだよ。ジョニー・エースがサイモンさんと会談したときに、選手を送ってほしいみたいな話になったみたいで、それで俺らが選ばれたらしいけど」
・ 外道「トライアウト受けたってだけ」
・ 邪道「(ビンス・マクマホン氏に)『エニタイム、ウェルカム』って言われたよ。(今後は)ホントにまだわかんないよ」
・ 外道「サイモンさんも『よかった』って。今回はスゲエ世話になったよ。サイモンさんと服部さんがいなけれりゃ、あそこまでスムーズにいかなかっただろうし」
・ 本誌としても、ここからトントン拍子に話が進展することを願ってやまない。ECWやCMLLに出たのとはわけが違う。

##

 これは華々しい話だ! アメリカでメジャースポーツに肩を並べる一大エンターテイメント「WWE」のマットに邪道&外道が登場。ダークマッチはあまり表沙汰にしないものなんだろうか。新日本からの発表はなし。

 新日本から邪道&外道が選抜されるプロセスは詳しくは書かれていない。だけれども、新日本にとって自信をもって送り出せる選手が彼らだったんでしょう。

 舞台裏の様子など、本人たちがインタビューで答えている。興味のある方は、ぜひ同誌をご覧ください。

 こちらには、WWEの事情らしき記述が。
・ TNA専門blog 拙訳版TNA情報局 (WWE)邪道、外道に興味!?
##
☆WWEの選手たちに蔓延するTNAなどへの移籍熱を抑える為に、WWEは海外の選手を招聘して、対抗戦を盛り上げていく事で、90年代の活気を取り戻そうとしているという話です。その候補として、メキシコや日本の選手たちが考えられており、新日本プロレスの邪道、外道選手らの名前が上げられています。
しかし、クルーザー級の選手たちの間では、相変わらず移籍熱は高まったままとの事です。

##

 やはり国境を越えた抗争がわかりやすいということ。邪道&外道なら、いい仕事を間違いなくやってくれる。TNAへの移籍というと、カート・アングル。格闘技団体はアメリカでバブル状態なんですが、プロレス団体もそうなんだろうか。

 WWEに出ることになったら、日本にはとうぶん戻って来れなくなる。日本のファンとしては寂しいが、それでも夢舞台への参戦は大きな勲章になっていく。邪道&外道の夢、かなってほしい!

 同じく本日2/28(水)発売分、『週刊プロレス』の方は「イズムって何だ!?」がテーマ。「健介イズムの原点は道場論」「棚橋弘至に新日本イズムはあるか」「永田裕志と猪木イズムの不変」すべて本人インタビューあり。

 ゴングが独自の情報網でスクープを飛ばし、週プロがファンの問いを選手に突きつける。専門誌が元気だと嬉しくなる。■□

2007.02.27

アントニオ猪木、新団体設立

アントニオ猪木、新団体設立
携帯から。

東スポがアントニオ猪木に直撃取材。新団体IGF(イノキ・ゲノム連盟=仮称)を設立するという。3月に正式発表。6月に旗揚げ予定。スポンサーも確保したとのこと。新日本プロレスとは無関係。

スポットのイノキゲノム興行さえ結局中止になっている、旗揚げは信じがたいが、、、。


※24:10追記
 アントニオ猪木の発言をピックアップ。
##
 「今のプロレスは危機的状況にある。小さくなっていく一方だ。(星野)勘太郎に限らず、そんなプロレス界を“元気づけてくれ”という声がオレに届いている。また、ある人たちがオレの座るイスを用意してくれた。新団体、新組織を作るということ。それで日本のプロレス、世界を活性化させたい。オレもそっちの方向で動きます」
 「(イノキゲノムは)潰れたわけでも延期になったわけでもない。これがオレが最後のプロレスにかかわるケースになる」
 「(新日本プロレスの)買い戻しに動いても“売らない”ということだったので、それはそれでいい話。以前にも言った通り、もう新日本のリングとはかかわらないということ。新日本をどうこうするつもりはないし、新日本より日本のプロレスの話だから」
 「肌が汚くなっているところに厚化粧してはダメだ。プロレスはファンに夢を与え続けなければならない」

##

 イベント形式ではなく団体、という記述もあった。いったいどこに選手がいて、どこにアイディアがあるんだというのか。意志がない団体が立ち上がることになったら、ファンには失望しか残らない。結果として“ダマされた”ことにならないんですか? 大丈夫なんですか、猪木さん・・・。■□

ルーロン・ガードナー生還。極寒の湖から!

pick up 「私生活は関係ないだろ!!」魔裟斗が記者にイラッ新王者ヘンダーソン一夜明け会見、ソクジュに日米メディアが質問攻め越中のケツを十文字にしてやる@中西学みのるはヤル気なし「価値もメリットもない」初代タイガー戦誰のためにゴングは鳴る?@鈴木みのる高山、大森に2冠戦要求「もう一本のベルトも持ってこい!」=3.8ZERO1-MAXチエと新合体技「しゃちほこ」を決める海川ひとみ

 ひとつニュースを拾っておく。アカデミー授賞式のニュースが世間を賑わせている中で、映画ばりのアクションに驚いた。
・ ガードナーが極寒の湖から生還(スポニチ)
・ PRIDE | 選手データ | ルーロン・ガードナー / RULON GARDNER
##
 00年シドニー五輪のレスリング・グレコローマン130キロ級で金メダルを獲得したルーロン・ガードナー(35)が奇跡的な生還を果たした。24日、乗っていた小型機が米ユタ州のパウエル湖に墜落。同州ガーフィールド郡当局によるとガードナーと操縦士を含む3人は機体が沈む前に脱出し、水温7度の湖面を1時間以上泳いで岸にたどりついたという。
 事故発生は夜間。ユタ州の2月の最低気温は平均で氷点下4度とあって、地元の専門家は「この水温で泳ぐのは30分が限界。しかも暖を取る道具やテントもなく、生きていたことが信じられない」と驚きの声を上げていた。

▼2000年シドニーオリンピックで、13年間無敗を誇り五輪三連覇を果たした”人類最強の男”アレキサンダー・カレリンを破り金メダルを獲得。
▼2002年2月に故郷のアメリカ・ワイオミング州の山中で遭難し凍傷により右足中指を切断するという大ケガに負いながらも、1年間のリハビリを経て現役復帰。アテネオリンピックでは銅メダルを獲得し世間を驚かせた。
▼2004年大晦日に開催された『PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-』で電撃参戦。同じく金メダリストの吉田秀彦とレスリングVS柔道頂上対決に挑み、判定勝ち。
▼バイク運転時に自動車に追突されながら軽傷ですんだ経験もあり。

##

 今回の生還もすごいが、これまでの経験も凄まじい。こういったエピソードを持っている格闘家はいますが、いくつもあるのはガードナーならでは。冒険はリング上だけではモノ足りないといったところなんでしょう。

 それにしても、生きていてよかった! アウトドアもほどほどに。

 PRIDE参戦は一度きり。また来日して欲しいものです。今回の生還劇が煽りVになることは間違い無し(笑)。■□

2007.02.26

長州力が前田日明を一刀両断【週刊 前田日明】

pick up PRIDEラスベガス[大会速報DSE榊原代表総括速報写真@長尾迪]┃26日(月)18:10~ノア小橋建太出演予定 東京FM(80.0MHz)「Evening File」(18:00~13:30生放送)┃須山浩継伯爵の身勝手日記[DDT後楽園~アパッチ新木場ポーゴさん見舞い]┃K-1トライアウトにGRABAKA・山宮、ライズ・百瀬、チームドラゴン3名など、9名が合格3・4K-1開幕戦横アリ全カード観光大使にプロレスラー・崔さん起用 和歌山永田克彦選手格闘技セミナー新日本プロレス2007年度入門テスト中村ノリの中日入団が決定

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第51回のラインナップ▼長州力が前田日明を一刀両断前田日明が語る、第2次リングス・・・

続きを読む "長州力が前田日明を一刀両断【週刊 前田日明】" »

2007.02.25

[シウバ情報追記]波乱のラスベガス、2007年PRIDE開幕!

 試合結果情報が解禁されている、結果だけ紹介を。2007年のPRIDEは、アメリカでスタートした。
・ PRIDE.33 “THE SECOND COMING”(スポーツナビ速報)
・ PRIDE.33 ”THE SECOND COMING”(PRIDE公式)
##
2月25日(日) ※現地時間24日(土)
11:00 ※現地時間18:00
ネバダ州・トーマス&マックセンター

[0]高田統括本部長挨拶
「ヘェロウ~、アッメ~リカ!」高田延彦・PRIDE統括本部長の、もはやお馴染みとなった一語一句丁寧なイングリッシュでいよいよラスベガス大会がスタート! 「ディス・リング・ザ・PRIDEリング! このリングは、誰が世界で一番強いか決めるリングです。今日はみなさん楽しんで下さい」とやはり英語で挨拶、トーマス&マックセンターに大歓声が響き渡った。

[1]○ヨアキム・ハンセン(3R2分33秒、腕ひしぎ逆十字固め)ジェイソン・アイルランド×
※テークダウンするもパウンドを飛ばすジェイソンの腕を三角絞めにキャッチ。鉄槌を送りながら腕十字にチェンジ

[2]×三崎和雄(3R終了判定0-3)フランク・トリッグ○

[3]×トラビス・ビュー(1R0分39秒、フロントチョーク)ジェームス・リー○
※右フックを受けたビューはそのままタックル、リーはその首をフロントチョーク

[4]×アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(1R0分23秒、KO)ソクジュ○
※サウスポーのホジェリオに右内股ローを飛ばしてけん制。ホジェリオが呼応して前へ出ようとしたところを右ハイからの左フック

[5]○桜井“マッハ”速人(2R3分26秒、KO)マック・ダンジグ×
※踏み込みの鈍ったダンジグの攻撃を見て取ったマッハはダンジグの左ジャブに右フックをカウンターで

[6]○セルゲイ・ハリトーノフ(1R3分26秒、腕ひしぎ逆十字固め)マイク・ルソー×
※マウントを奪われるも下から腕を獲る→クラッチが切れて伸びる

[7]○マウリシオ・ショーグン(1R3分27秒、TKO)アリスター・オーフレイム×
※猪木-アリ状態で下となったアリスターに突如降りかかるような打ち下ろしの右フック一閃→パンチ連打

[8]×五味隆典(2R1分46秒、フットチョーク)ニック・ディアス○
※すさまじい打ち合いに大熱狂。タックルを仕掛けた五味に対してディアスは右腕を足でロック、頭を抱えてフットチョーク

▼PRIDEミドル級タイトルマッチ
[9]×ヴァンダレイ・シウバ(3R2分08秒、TKO)ダン・ヘンダーソン○
※バックハンドブロー→打ち合い→右、左フック(倒れたシウバのアゴにとどめの右)。シウバが5度目の防衛に失敗。ヘンダーソンが第2代王者に(ウェルター級&ミドル級、二階級王者に)

##

 うーん、五味、シウバが敗れるなど大波乱の連続! 奇跡的な結果で盛り上がったことを喜ぶべきか、元UFC組に対して敗北したことを暗雲ととるべきか。

 次なる舞台、特別先行電話予約してます。
・ 「PRIDE.34」特別先行電話予約受付中!
##
PRIDE.34
日 時: 2007年4月8日(日) 開場14:00 開始16:00(予定)
会 場: さいたまスーパーアリーナ
入場料: 全席指定・消費税込
VIP(ビップ)【特典:専用入場ゲート・グッズ付】  100,000円
RRS(ロイヤルリングサイド)  30,000円
スタンドS           17,000円
スタンドA           7,000円
※1歳以上のお子様も入場券が必要です

特別先行電話予約
2月25日(日)10:00~18:00
0570-06-9901

##

 いよいよPRIDE本場、さいたまスーパーアリーナ。


※18:50追記

 オススメのレポートはこちら。
・ PRIDE33 The Second Coming レビュー - おまえらの好きにはさせねえ!
・ 観戦記&総評 - 格闘技徒然草

 ダン・ヘンダーソンがUFCライトヘビー級王者およびリングスKOKトーナメントの初代チャンピオンに輝いたのは1998年のこと。2000年12月にシウバに敗れていたから、実に6年越しのリベンジ。ずっと続くモチベーションの高さには、本当に驚く。「グレコローマンレスリングで92年バルセロナ、96年アトランタ五輪へ出場した経歴を誇るトップアスリート」でもある。(PRIDE | 選手データ | ダン・ヘンダーソン / DAN HENDERSON

 それにしても・・・桜庭和志を何度も沈め、藤田和之を殴り倒したシウバが、KO状態で真後ろに倒れていくなんて。ルールやコンディションの問題もあったんでしょうか。

 トピックスまとめ記事。
・ スポーツナビ | ニュース | シウバ、五味がまさかの敗戦 ヘンダーソンが2階級王者に=PRIDE米国大会
・ GBR>ニュース>【PRIDE】波乱続出!シウバ王座転落、五味が一本負け、三崎も判定負け
##
 ラスベガスに万馬券が飛び交った。大穴狙いだったギャンブラーは笑いが止まらなかっただろう。2月24日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのトーマス&マックセンターで開催されたDSE主催『PRIDE.33“SECOND COMING”』は大波乱が続出した。
##

 “万馬券”との記述があるが、オッズ(配当倍率)はどうだった?
・ PRIDE | ニュース |2・24ラスベガス大会の現地オッズが出た! 一番人気はショーグン、シウバと五味は同率
##
ヴァンダレイ・シウバ -330
※330ドル賭けて100ドル儲かる
ダン・ヘンダーソン  250
※100ドル賭けて250ドル儲かる(以下同)

五味隆典 -330
ニック・ディアス  250

桜井“マッハ”速人 -240
マック・ダンジグ  190

ヨアキム・ハンセン -220
ジェイソン・アイルランド  180

マウリシオ・ショーグン -400
アリスター・オーフレイム  300

三崎和雄 -180
フランク・トリッグ  150

##

 一番人気のショーグンこそ勝ったものの、信頼度が高かったシウバと五味が共倒れ。

 こういう試合への賭けとしてのギャンブルは日本には馴染みがありません。賭けていたら応援する気持ちもまた違ってくるでしょうね。会場にいる人はほとんどが賭けているのかな?

 そんなことを書いている間に、榊原信行代表の総括がリリースされた。
・ スポーツナビ|格闘技|PRIDE|DSE榊原代表「PRIDEを不滅のものにするのが、自分の使命」 「PRIDE.33 “THE SECOND COMING”」大会総括
##
・ 五味選手に関しては、準備不足でしたね。完全にあがっていました。でも、五味隆典の目を覚ますには、ちょうど良かったのではないでしょうか。五味対ディアスは、今年のライト級の大きなテーマになるでしょう。
・ シウバに対しては、本当に頭が下がります。実は扁桃腺を腫らしていて、昨日も40度近い熱を出していたんです。緊急病院に行って熱さましを飲んで、という状態で、公開練習をしなかったのもその為だったんです。でも、彼は全く言い訳はしなかったし、アメリカの最初のショーで自分がメーンだったということもあり、止めるとは絶対に言わなかったんです。
・ (シウバは)控え室では、泣いていました。もう5年も守り続け、自分の体の一部のようになっていたベルトですからね。ただこれで、彼にはアメリカ、そして王者に返り咲くという大きなテーマが出来たので、そのように前向きにとらえていって欲しいと思います。

##

 やはりコンディションがよくなかったシウバ! “看板”を守ろうとした・・・その責任感には拍手を送りたい。間違いなくPRIDEの家族なんである。

 榊原代表のコメントには、ヒョードルのボードック参戦やUSA社長エド・フィッシュマンPRIDE購入などの噂に関してのコメントも。リンク先をどうぞ。


※21:00追加情報 シウバと闘ったヘンダーソンが負傷
・ ヘンダーソン「実は試合中に右腕を折っていた」(スポーツナビ速報)
##
 実は試合中に右腕を折っていたので、あと5分したら病院に行かなくてはならないんです。試合のときは、全く気が付きませんでした。
 今日は、試合前に「こう戦いたい」と思い描いていた通りの戦いができました。作戦では、1Rはあまりテークダウンはせず、もしテークダウンに行く展開になったら、そのときは上になりパウンドでいくことを考えていました。

##

■□

2007.02.24

今夜放送、アングル両国決戦。ヒザを痛めた理由とは!?

25日(日)11:00開始PRIDEラスベガス速報 [スポーツナビ悲しきアイアンマンさんPRIDE公式] シウバ、五味ら5人の王者が米国上陸!
pick up PRIDEラスベガス決戦は日本時間25日(日)11:00開始前日公開計量&会見ミルコ・クロコップ、UFC英国大会参戦が正式決定PRIDE がテレビ局と契約か??@NHBnews PRO風香が痴漢男の似顔絵を公開ROH王者・森嶋が初防衛に成功!3.4武道館のKENTA戦はROH世界選手権試合に=ノアドーピングでカレラの王座はく奪 世界ボクシング協会DDTとDRAGON GATEの特別合同興行「DDG」新宿フェイスで二見社長を無視してボクはしゃべりまくる@ターザンカフェ今から体調を整えガンガン練習してチャンカンに臨む@武藤敬司三冠戦後の『軽薄な心境』『呑気』といったような意見に対して@小島聡

 2・18両国国技館で“新日本プロレスデビュー”を飾ったカート・アングル。相対した常連外国人もアングルを標的としたため、白熱した内容に。関東エリアでは地上波で今夜放送。
・ ワールドプロレスリング 2/24 放送(26:25~※関東エリア)番組内容(新日本公式)
・ Yahoo!テレビ
##
▼ワールドプロレスリング
一挙放送2・18両国IWGP棚橋弘至vs金本浩二▽TNAカート・アングル衝撃登場
2月24日(土) 26:10~26:40
テレビ朝日 Gコード(9380800)

▼2/18両国国技館 階級と年代を超えた戦い!IWGPヘビー級選手権試合、新日マット初登場!カート・アングル戦、“GREAT!! BIG vs HIP”中西 vs 越中戦を一挙放送!
2・18両国国技館
 ・永田裕志、カート・アングル vs バーナード、トムコ
 ・棚橋弘至 vs 金本浩二
  試合後リング上/棚橋 勝者インタビュー 
 ・中西 学 vs 越中詩郎
(※関東エリアのみ。その他全国放送日程は別となります。)

##

 中西vs越中もブレンドすることで視聴率アップ作戦? 30分で3試合か、うまく構成してほしいなぁ。

070221angle 2/21発売分『東京スポーツ』紙には、こんなエピソードが。
##
 デスク「(アングルが両国で)痛めたヒザは大丈夫か?」
 プロレス担当記者「カートは19日に米国に帰国しました。ヒザは大丈夫のようですよ。実は、あれは試合で痛めたものではないんです」
 デスク「はあっ?」
 担当記者「なんでも試合当日、会場に出かける前までホテルの自室でスクワットしていたそうです。その数、なんと600回。それでヒザがおかしくなったとか」
 デスク「はあっ? WWE時代の天然キャラクターのまんまじゃないか?」

##

 試合当日にスクワット600回! すごいというかバカというか。いやぁ、レスラーというよりホント、プロレスラーなんですね。

 総合格闘技参戦についても、こんな話が。
##
 担当記者「カートによれば『実は以前、あるMMA団体から“2月にブロック・レスナーと戦ってくれ”とオファーがあった』そうなんです。団体名は明かしませんでしたが、格闘技側も本気でカートの担ぎ出しに出るようです。ただ、カートは『MMAは半年間の準備期間がいる』と話しているので、総合参戦は早くても今夏になるんじゃないですか」
##

 言うまでもなく、レスナーを獲得しているのはFEG(HERO'S)。谷川貞治氏がアプローチしたんだろうか。
・ angle JAPAN: HERO'Sが3・12所vs永田戦&レスナーとホイスを武器にアメリカ進出を発表!
##
中でもレスナーは1年以上も総合用トレーニングを積んだ上で満を持してのデビュー戦となるだけに、対戦相手には実績のある有名選手から、まだ見ぬ強豪までズラリと名前が挙がっているそうだ。
##

 候補のひとりだったのかもしれないし、他団体からの提案だったのかもしれない。でもホント、特にアメリカでは“格闘技バブル”なんでしょうね。レスナーもアングルも時間をかけて総合参戦を狙っている。“プロレス側”からすると、ちょっと寂しいですが。■□

HERO’S開幕戦追加カード。KID、宮田のレスリング挑戦の行方は?

pick up 健想CMLL除名、AAAで就職活動。#154遠い夜明け@鈴木浩子上井駅公式ブログ開設@多重ロマンチックさんHG、RGがインドの狂虎に秘策投入予告「シンの睾丸を摘出します」ミルコの次戦がUFC70のメーンに決定ヴァンダレイ・シウバら公開練習PRIDE33 シウバ登場@写真家・長尾迪公開計量高阪剛が『TK式格闘学会』を開催!第1回はUFC68を考察佐藤光留、メイド服と入場曲をかけ掟ポルシェと激突=パンクラス“春のG1”開幕戦、蝶野主催興行など全対戦カード発表蝶野、対G・B・Hに曙を投入

 約2週間後に迫った2007年最初のHERO’S興行。所英男vs永田克彦戦につづく第2弾カードが、23日に発表された。
・ 宇野、宮田らの追加カード4試合決定=HERO’S/「ミドル級世界最強王者決定トーナメント」に名乗りを上げるのは誰か!?(スポーツナビ)
・ OLYMPIA HERO'S 2007 開幕戦 ~名古屋初上陸~(HERO'S公式)
##
HERO’S2007開幕戦~名古屋初上陸~
3月12日(月) 名古屋市総合体育館レインボーホール 
開場17:00(予定) 開始18:00(予定)

=追加対戦カード=
▼宇野薫 vs アリ・イブラヒム
※宇野5か月ぶり試合。アリは藤田和之と対戦したカラム・イブラヒム(アテネ五輪金メダリスト)のいとこ、ベースは柔道
▼宮田和幸 vs ブラックマンバ
※マンバは2006年に所英男を得意のひざ蹴り一撃で沈めた
▼高谷裕之 vs アンドレ・ジダ
※ジダは桜庭が推薦するシュートボクセの刺客
▼上山龍紀 vs ビトー“シャオリン”ヒベイロ
※シャオリンは元修斗世界ウェルター級王者。ヨアキム・ハンセン、川尻達也、石田光洋といった選手に勝利

=既出対戦カード=
▼所英男 vs 永田克彦

★発表カード以外の出場予定選手:桜庭和志/J.Z.カルバン、他
《出場選手は変更になる場合もございます》
★今回新たに発表された4試合(“日本人vs外国人”)は夏から開催が予定される「ミドル級世界最強王者決定トーナメント」(ミドル級トーナメント)へ向けての査定的意味合いがある。
★発表された5試合にライトヘビーとヘビー級も加え、10試合前後を予定。来週早々には全カードが発表される。

##

 所vs永田以外は日本人vs外国人のわかりやすい図式でコーディネート。格闘技ビギナーにもやさしい大会構成となっている。大会当日はTBSが放送。なんといっても、現状の地上波で“いい時間”に放映されている格闘技はHERO’Sが唯一の存在。盛り上がる大会になってほしい。

 かつてリングスをWOWWOWが放映していましたが、加盟している家庭では「格闘技=リングス」だったんですよね。それだけ(深夜ではなく)いい時間に画面に映るってことは、業界発展の生命線になる。

 参加予定だった主要日本人選手のカードかイッキに出たものの、桜庭和志のカードが出ませんね。来週早々全カード発表予定とのこと、最終確認の段階なんでしょう。

↓公式サイトはこういった書き方。桜庭、出られないことも?
・ ヤバイ試合が続々と決定 あの男も名古屋に初登場!!
(HERO'S公式)

##
残りは、ヘビー級とライトヘビー級の試合を合わせて、計10試合となる予定。桜庭の参戦があるのかどうかも含めて、気になるところだ。
##

 宇野の復帰戦が正式に決まったのは嬉しい。対戦相手は未知数ですが、宇野らしさで画面を盛り上げてほしいと思う。所を下したブラックマンバと対戦する宮田、厳しい試合となった。

 今後の日程について参考ですが、谷川貞治プロデューサーは今後の日程について、このようにコメント(携帯サイト:スカパーバトルLIFEから)。
##
3月、5月(アメリカ大会)の2大会でトーナメント出場選手を選びたいと思っています。トーナメントは8人参加くらいで、8月に1回戦を行って、10月に準決勝&決勝を行う予定です。
##

 ずっと語られているのは、ミドル級のトーナメント。ライトヘビー級はカードも話題も出てこない。王者・秋山成勲が無期限出場停止にあり、桜庭和志のコンディションも不安定。ファンとしてはちょっとさびしい。

 1月のレスリング大会に挑戦した宮田とKIDのその後はどうなっていくんだろう?
・ 毒蛇と激突の宮田「寝かして一本」(デイリー)
##
 全日本8強入りで、6月の全日本選抜には無条件で出場できるが、宮田は「出るか分からない。今はHERO’Sに集中したい」とプロ格闘技を優先する方針。それでも「(レスリングで)実力が落ちていないというのも分かった」と、あきらめきれない思いもある。まずは毒蛇をつぶし、五輪挑戦可否の結論を出す。
##

 宮田はHERO’S優先。ブラックマンバは強豪であり、下して自信を持ったうえで再参戦ともっていきたい、というところか。

 KIDについての記事を確認。
・ 再出発KID 6月全日本選抜復帰(デイリー)
##
 1月のレスリング全日本選手権で右ひじを後方脱臼し、全治3~4カ月と診断された山本“KID”徳郁(29)=KILLER BEE=が23日、父・郁栄氏(62)が勤務する神奈川県横浜市の日体大で患部の再検査を行い、順調な回復が確認された。すでに練習を再開したKIDは08年北京五輪への挑戦を継続する意向で、6月の全日本選抜には出場する予定だ。
 主治医の検査に立ち会った郁栄氏によれば、結果を聞いたKIDは安心していたという。今月上旬、静養のための渡米中にギプスを外し、曲げ伸ばしの訓練を始めたKID。19日に帰国し、20日から練習を開始した。
 郁栄氏は「大みそか(Dynamite!!)やHERO’Sにも出ると思うから、そっちの方を重点的にやってる」と、格闘技復帰を視野に入れながら練習していることを明言し、左手での打撃や蹴りの練習、ウエートトレなどを行っていることを明かした。
 6月へ向けての両手を使った本格的なスパーリングは4月後半に開始する見込み。ミュンヘン五輪レスリング代表の郁栄氏は「(時間が)5月いっぱいあれば、そんなにブランクは感じないと思う」と“捲土(けんど)重来”へ太鼓判を押した。

##

 郁栄氏は、現状のトレーニングは総合重視のスタンスを告白。レスリングは4月後半からの練習で間に合わせるという。そんなにカンタンにレスリング用の対応はできないと思うが、腕の状態のこともあるんだろうか。

 右腕は曲げ伸ばしを始めたリハビリ状態。左腕での打撃練習というのが痛々しい。もちろん、トレーニングを続けておき、体力や試合勘を向上させておくことは何より必要だ。

 谷川氏はこの件について。
・ 谷川取締役がKIDにラブコール(報知)
##
谷川取締役は五輪出場に向け、21日から練習を再開した山本“KID”徳郁に対して「五輪のために頑張ってほしいが、個人的にはHERO’Sに戻って来てほしい。出たいのなら出ていただきたい」とラブコール。後方脱臼した右ひじはほぼ回復しており、本人の意思次第では、5月に予定のHERO’S米国大会で総合復帰する可能性もある。
##

 KIDの意志を尊重している。

 5月に予定のHERO’Sアメリカ大会、こちらもどうなるんでしょうね。ブロック・レスナー参戦有力。HERO’Sとしては、総合参戦も示唆しているカート・アングルなども参戦させたいでしょう。格闘技バブルが発生中のアメリカで、PRIDEにつづく柱としてHERO’Sを売り出すことはできるか。■□

2007.02.23

新日プロ中継打ち切り話、テレ朝スポーツ局統括担当副部長が否定

pick up 無我でチャボ・ゲレロの日本引退試合。ライバル藤波「チャボは恋の・・・」3・7後楽園ポスター初代タイガー&折原vsみのる&飯伏緒形VS魔裟斗、宍戸VS尾崎を希望! シーザー武志会長4・8PRIDEたまアリを全米ライブPPV計画五味、マッハ、三崎が米国上陸!=PRIDE桜井“マッハ”速人が胸に抱く本物の勇気

 紹介が遅くなったが、2/21発売分「東京スポーツ」紙から。柴田惣一氏がテレビ朝日・松本仁司氏(スポーツ局スポーツセンター統括担当副部長)にインタビュー。
##
・ (改編期を迎えるたびに、新日プロ中継の打ち切り話が浮上してくる。今回は大丈夫なのか)
私は一度もそんな話をしていない。「検討している」と言ったこともない。それなのに何度も噂されるのは残念だ。
・ ユークスさんが新日プロという会社を変えようとしている。この1年は大変だったはずだが、徐々に成果が上がってきている。テレビ朝日も2002年から変革推進運動を進めている。少しずつ実を結んで、視聴率も上昇している。
・ プロレス流の手法で人気を高めていったK-1やPRIDEが本物で、プロレスはニセモノ、というイメージが出来上がってしまった。鍛え上げた男たちが強さをきそいあうのがプロレス。脳振とうを起こそうが、骨が折れようが、流血しようが、多少のアクシデントは構わずに3カウントを奪い合うプロレスラーの強さは、もっと評価されるべき。
・ (西口プロレスの紹介番組に、ワールドプロレスリングが視聴率で負けてしまったが)
テレビの深夜枠はバラエティー番組の時間。エンターテインメントを前面に押し出した番組を作れというなら、そういうやり方もある。でも、プロレスはスポーツ。ワールドプロレスリングの姿勢を変えるつもりはない。

##

070221tosupo 打ち切り説が出る前に否定するという記事になった。こうやって見解を早めに出してもらえるのはファンにとって嬉しいこと。実際は親会社でありスポンサーであるユークスがついているから大丈夫というのもある?

 試合内容が安定してきたことが、視聴率にも好影響しているんでしょう。興行の長時間化は問題だが、興行全般の質が上がり、特にメインで外さなくなった。現場のプロレスラー、関係者の努力があったからこそ。ただ、選手層が薄くなっているのは事実だし、長い歴史のうえでは「マイナスをゼロに近づけている」に過ぎないという側面もある。

 負けるな、新日本プロレス!

 2/22には新日本関係の情報がいくつかリリースされた。
・ 北野武監督映画「監督・ばんざい!」に新日本プロレス選手が多数出演!!(新日本公式)
・ 多重ロマンチック:蝶野正洋×北野武 夢の業務提携
・ 復刻IWGP Tシャツ 3月6日後楽園ホールから新商品が登場!(新日本公式)
・ 【3/6 後楽園ホール】新日本プロレス35周年記念~新日本プロレス旗揚げ記念日~カード発表記者会見(新日本公式)
・ 3月6日(火) 後楽園ホール PM6:30試合開始(新日本公式)
##
Circuit 2007 NEW JAPAN EVOLUTION~NEW JAPAN CUP
~旗揚げ記念日~
ご来場の方全員に35周年記念ノベルティーをプレゼントいたします!
3月6日(火) 後楽園ホール PM6:30試合開始
▼ワンナイトドリームタッグマッチ1 Now & Future
棚橋弘至&中邑真輔 VS 永田裕志&中西学
▼ワンナイトドリームタッグマッチ2 ジャパン vs 平成維震軍
長州力&S・S・マシン VS 越中詩郎&小原道由
▼ワンナイトドリームタッグマッチ3 スーパージュニア・アナザーディメンジョン
稔&タイガーマスク&井上亘&エル・テハノJr.
VS
獣神サンダー・ライガー&金本浩二&エル・サムライ&ネグロ・カサス
▼Black vs G・B・H
蝶野正洋&ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコ&ミラノコレクションA.T.
VS
天山広吉&真壁刀義&矢野通&石井智宏
▼COOL FUNKY スペシャルシングルマッチ
飯塚高史 VS 田口隆祐
▼C.T.U MUTATION
邪道&外道 VS TAKAみちのく&ディック東郷
▼伝統の第1試合:特別レフェリー山本小鉄“鬼軍曹復活”
裕次郎 VS 平澤光秀

##

 棚橋&中邑タッグは、新しいファンからすると嬉しいはず。

 蝶野&天山は「蝶天ラーメン屋役」!?

 どちらの顔合わせも、因縁にまで昇華されているイメージがない。蝶天ラーメンはともかく、棚橋&中邑はタッグを組むことで何を見せられるかが大切。たしか金本&稔はうまく乗り切ってましたよね。緊張感がありながらも、ライバル心が剥き出しになったり、それでいてフッと昔の連携が出たり。

 こういうときに引き出しが問われるのだ。

 両国大会のテレビ朝日放送も決定!
・ ワールドプロレスリング 2/24 放送(26:25~※関東エリア)番組内容(新日本公式)
##
2/18両国国技館 階級と年代を超えた戦い!IWGPヘビー級選手権試合、新日マット初登場!カート・アングル戦、“GREAT!! BIG vs HIP”中西 vs 越中戦を一挙放送!
◆2・18両国国技館
 ・永田裕志、カート・アングル vs バーナード、トムコ
 ・棚橋弘至 vs 金本浩二
  試合後リング上/棚橋 勝者インタビュー 
 ・中西 学 vs 越中詩郎
(※関東エリアのみ。その他全国放送日程は別となります。)

##

 中西vs越中、視聴率に貢献できるか?■□

風香が痴漢被害に遭う! 股間蹴り3発で撃退

 鈴木みのるとも闘ったアイドルレスラー、風香。痴漢被害に遭った様子がブログに生々しく書かれている。被害は2/21深夜のこと。

 少々読みにくかったので、時系列に並べて紹介。
・ アストレス4期生☆風香日記
##
▼03:06|痴漢にあいました①
23時45分頃ちかんにあいました。
マンションの下についた時、後ろから視線を感じました。
必要以上に顔を見られていると感じました。
でも思い過ごしかも。と思いました。
同じ階段にのぼってくるのが見えました。
怪しいけど同じマンションの人かも。と思いました。
階段の下からスカートの中を覗かれてるのに気付きました。
ミニスカートをはいてる自分が悪いと思いました。
犯人がこちらにむかって走りました。
怪しんでいることに気付いて追い抜こうとしてるんだと思いました。
私は普通に歩いてました。
犯人に追い付かれました。
スカートの中を触られました。
痴漢だと気付きました。

踊り場に倒れ込みました。
犯人の右腕をつかみました。
犯人は左手で私の上半身をさわろうと覆いかぶさろうとしました。
私はとっさに下から胸を前蹴りみたいに蹴りました。
よろついたスキに股間を3回蹴り上げました。
犯人は階段から落ちそうになり逃げていきました。
自転車で逃げました。

▼03:22|痴漢にあいました②
すぐに110番しました。
警官は優しく取り乱さないように質問しつつ、その間に警察官がこちらにむかっていると言われました。
でも私は恐怖で取り乱したりしていません。
私は悔しかったんです。
あんなヒョロヒョロの、下から胸を蹴られたくらいでよろつく男ならブーツじゃなければ闘えました!

私は家に入り、ジャージに着替え、スマックガールのオープンフィンガーのグローブを装着し、裸足にスリッパで外に出ました。
もし様子を見に戻って来たら闘いたかったのです。
レガースはつけませんでした。
「相手は素人だからキックをカットできないだろう」
と思ったからです。
勇ましく階段を降りました…
が…途中に警官数名が到着してしまい、リベンジは失敗に終わりました。
悔しかったです。
それからどんどん警官の数が増え最後は20人くらいおられたと思います。
事細かに犯人の特徴、時間、状況、気持ちを聞かれ、写真をとり、
被害届けとなんとか調書を作るため本署にはこばれました。

▼03:38|痴漢にあいました③
警察につくと取調室に連れて行かれました。
私は
「ブーツだったからダメージおわせられなかった…負けません!!」
を連呼してました(笑)
本当です!
勝てる相手は分かります。
私総合3戦して2勝1敗だけど、勝てるって思ったこと一回もなかった。
この弱気な私が思ったから絶対勝てたんです…ブーツじゃなければ(T_T)

同じことを何度も何度も聞かれ、写真をとり、時間がすぎていく…。
何度も何度も同じことを聞かれ眠くて薄れていく意識の中で
「あぁ、さっきブログにミニスカートネタ書いたのに…。「ほらな」って思われるわ…。」
ってそんなことばっかり思ってました(笑)
緒形さんのあの言葉は忠告だったのかもしれません。
見たくないからやめれ!ではなく、心配してくれてたのかもしれません(ToT)
デビューしてからストーカーに慣れてしまってました。
もっと気をつけないといけなかったです(。・_・。)

▼04:07|痴漢にあいました④
気付けば3時間経過…。
うぅ眠い(-_-)
ちなみにカツ丼ではなくジュースいただきました!(^^)!
やっと開放された時には3時すぎてました|||(-_-;)||||||
送ってもらう車の中でも
「私ブーツじゃなかったら勝ってましたよ☆」
って連呼して苦笑を誘ってましたσ(^▽^)

結果的にケガもなく、この程度の被害ですみましたが、一歩間違えれば大変なことになってました。
本当は思い出すだけでこわいです…。

今日思ったことは、女性は自分を守るために絶対打撃をならったほうがいいです!!
今日みたいな時、とっさに手が出せたら、それが女だって相手は躊躇します。
そこで逃げる。
どんなに頑張っても男性には勝てないけど
(私は勝てたと言い張りますが!笑)
躊躇させて逃げるスキをつくることは可能だと思います。
シーザージムやAACCの回し者ではありませんが(笑)。
二度と耳をふさぎたくなるようなニュースを聞かなくていいように、女性の方も自分を守る術を学んでほしいです。
おす。

▼17:51|プロレスKING
ライオネス飛鳥さんと鍵野さんと☆
「TOP GUN 1」の井上京子さん戦見ました☆
最後パワーボムされた時、私おもちゃみたいでおもしろかったヾ(^_^;

寝不足でだるい~(>_<)

でも今日は寝れないんですよ(´ー`)
しかも明日も取材と病院終わったらやっと寝れると思ったのに、そのあと警察に犯人の似顔絵かきに行かないといけなくなった(〃__)σ∥

睡眠は大事なのだ(`-´)

##

 そんなヤツには思い切り食らわせてやれ! 

 追い込んだものの逃走。股間を3回蹴り上げて・・・風香、頑張った。取り乱さず、悔しがる。気丈なところを見せてくれた。

 極端に短いミニスカートだったことが災いしたようだ。逆襲し切れなかったのは、ブーツを履いていたから。風香は「痴漢行為を躊躇させるくらいの打撃習得」を世の女性に訴えた。

 風香はデビュー3周年になるんだという。 
・ 風香のデビュー3周年記念セレモニーも チーム新木場vsカリビアン軍団最終決戦!=3.10格闘美(スポーツナビ)
・ 風香のファーストオリジナルDVDが3月10日に発売!
(スポーツナビ)

##
 人気女子プロレスラー風香のデビュー3周年を記念してオリジナルDVD第1弾「F」が3月10日から発売される。価格は3800円で3.10「格闘美」新木場大会でも販売される。
■風香ファーストオリジナルDVD「F」~3rd Anniversary~
価格 3800円

##

 DVD発売のニュースが出た華々しいはずの日が、“事件報告”の日になってしまった。■□

2007.02.22

社説「プロレスと議会」/四国新聞

 遠く四国から一報が届いた。香川県でトップシェアの「四国新聞」。2/22付社説に「プロレス」の文字が躍ったという。サイトにも出ているのかな・・・あった!
・ 四国新聞社ニュース 2月22日付・プロレスと議会
##
 力道山やアントニオ猪木が活躍していたころには大人も子どもも熱狂したプロレスだが、総合格闘技が登場してからすっかり人気は下り坂。だけどいまだに夢中になっているファンが存在する。なぜだろう。

 総合格闘技は真剣勝負の印象が強いが、プロレスにも同じ思いを持つ人はもう数少ない。悪玉と善玉がいて、事前に勝敗が決まっている場合もあるといわれる。相手の攻撃をよけないため、虚構だとさげすむ人さえいる。

 しかしプロレスの迫力には代え難いものがある。相手をリングの下に頭から落とす。受け身を取れなくして投げ飛ばし、頭がマットに突き刺さる。死ぬんじゃないかと思わせる。

 ファンが心奪われるのは、そうしたやりとりだろう。勝敗だけを問うなら、腕の一本も折れば終わる。そうせずに鍛えた体で相手の攻撃を受け続け、肉体の限界をアピールする。なれ合いとは別の、豪快な負けっぷりに酔えるから、ファンが絶えないのだ。

 行政の執行部と議会、あるいは議会の与野党の関係も、プロレスに見習うべきところがある。大勢のスタッフを抱えた首長と裸同然の地方議員では、実は勝負にならない。与党と野党でも、多数決なら差は歴然。いわゆる秒殺だ。

 議会で真剣勝負の「総合格闘技」が見られると心底期待しているわけではないが、なれ合いも望んではいない。議論を通じてどれだけ限界に挑んだか、納得できる負けっぷりだったか。それを議員に求める人たちがいても不思議ではない。プロレスラー議員が存在するのも、意外とこんな期待からかも。

 さあ今日から県議会の代表質問。どんな闘いが見られるだろうか。

##

 珍しく一般紙にプロレスが肯定的な使われ方で登場。「総合格闘技」や「秒殺」という言葉も出てくるし、使われ方も痛快なほどに適切だ! それに、前振りを超えたプロレス部分の文章量、プロレスを語りたかったとしか思えない(笑)。好きな人がいるんでしょうね。

 プロレスラーは本能的に、観客に“やりとりを図式化してわかりやすく見せる”ことに長けている。それが議会という場で発揮されているとは言いがたいが、他の場所ではいくつか発揮されている。北斗晶と佐々木健介はキャラ以上の鬼嫁夫婦を演じるし、元プロレスラーのアニマル浜口氏は浜口京子さんとの親子愛や闘志をパフォーマンスで示す。

 考えてみると、政治はプロレスに似ているのかもしれない。たとえ実力差があったとしても、答弁への受け身をとって議論という過程をつくっていく。“内容”がよければ有権者の“記憶”に残って、次回大会への集客ならぬ集票につながっていく。

 人前でやる仕事である以上、議員もプロレスラー張りのパフォーマンスと全力投球の両立を見せてほしいということ。四国新聞記者の主張は面白い。

 そして香川県議会、“闘い”のテーマはなんだったのか。
・ 論戦の火ぶた切る-2月県議会、代表質問―四国新聞社
##
・ 全国最下位となっている小中学校耐震化率の改善
・ 土器川沿岸地区での国営農業用水再編対策事業の着工見通し
・ 来年の瀬戸大橋開通二十周年記念行事
・ 地方分権や道州制に対する県の取り組み
・ 団塊世代の誘客を目指した観光施策
・ 入札・契約制度の改革などを取り上げる。
・ 県営住宅の削減問題
・ 出荷額、事業所数が年々減少する地場産業振興への取り組み
・ 香川県内でのワーキング・プア対策
・ 二十四時間いじめ電話相談の在り方

##

 香川は水不足な反面、災害が少ないところ。だけれども・・・全国最下位の小中学校耐震化率は気になりますね。当然ながら、プロレスとはまったく関係ない議題ばかり。

 剛竜馬がオリエンタルプロレス旗揚げ戦を行ったのは香川でしたが。

 テレビ朝日がゴールデンで『ワールドプロレスリング』をやっていたころ、年に2回の香川県・高松市民文化センター大会が恒例だった。古館伊知郎は「讃岐うどん的なコシのあるファイトといっていいでしょう」との名解説を残したこともある。高松市民文化センター、まだ健在なのかな・・・。

 議会といえば、こんなニュースも。
・ 木村健悟Jr.大田区議選出馬…29歳寛紀さん4月投開票:社会:スポーツ報知
##
 寛紀さんは都議の秘書を務めながら昨秋、出馬を決意。子どもの自殺や家族間の殺人事件が続き「何かがおかしい。昔みんなが持っていたものが薄れてきている。それを取り戻したい」と言う。
 父は「稲妻レッグラリアット」で知られる新日本プロレスの元人気レスラー。98年の参院選には「国会に稲妻!」を掲げ、民主党から比例代表で出馬。ハーレーダビッドソンで全国を駆け回る選挙戦を展開した。
 しかし比例名簿順位23位という逆境に、ファイティングスピリットがプッツン。投票締め切りの「5時間前」に行われた異例の敗北会見が話題となった。それでも寛紀さんは「リング上の父からは何にでも挑戦し、あきらめない気持ちを学んだ」と語る。

##

 この記事も、力入ってる。プロレス好きな人が書いてるのかな。■□

2007.02.21

全日本両国、地上波放送! チャンピオンカーニバル出場選手も決定

pick up 復活@山本“KID”徳郁前田日明インタビュー23日(金)発売ゴング格闘技に「週刊ゴング」「ゆびとま」イメージダウンの深刻度応募者総数は128人、K-1トライアウトに元阪神立川氏ら応募長州の髪がスゴイことに! 資生堂unoの新コラボCMは、プロ格ファン必見!@angle JAPANさんヌルヌル秋山余波 資生堂もCM起用断念猪木に嘆願書、3・18新日“復帰”も3・18名古屋、小川vsTAJIRIはファンがジャッジ中村欠場、ハリトーノフvs現役警察官=PRIDE.33ハッスル2で活躍したザ・グラジエーターさんが死去

 これはありがたい。全日本プロレスLOVE第1弾を放映したテレビ東京、第2弾も放映してくれます!
・ 2.17両国『プロレスLOVE in 両国 Vol.2』テレビ東京で放送決定!(全日本公式)
##
全日本プロレス2.17両国『プロレスLOVE in 両国 Vol.2』がテレビ東京で放送されることが決定いたしました。
【放送日時】3月25日(日)26時46分~27時41分

##

 今日出ていた『週刊プロレス』では、中嶋勝彦vs近藤修司が巻頭カラーを獲得していた。こういうページネーションにはセンスが出る。それほど、中嶋の試合が素晴らしく、未来が感じられたということ。

 ちなみに、こっちも忘れてはいけない。佐々木健介vs中嶋勝彦がメイン。
・ 健介オフィス旗揚げ戦 地上波離だ(デイリー)
##
2・11旗揚げ戦「健介オフィス旗揚げ戦Take The  Dream vol.1~夢を掴め~」がテレビ東京(関東圏ローカル)で放送されることを発表した。
放送時間は3月12日午前2時40分から30分間。

##

 健介オフィスと全日本ベストバウト・・・

   3月はテレビ東京で中嶋勝彦祭り状態!

 チャンピオンカーニバルの参加選手も決定。 
・ みのる、川田、TAJIRIが参戦! チャンピオンカーニバルの出場選手決定=全日本プロレス(スポーツナビ)
(※スポーツナビ詳報追加:みのる、川田、TAJIRIが参戦! チャンピオンカーニバルの出場選手決定
##
■全日本プロレス「2007チャンピオンカーニバル」
<日程>
3月26日(月)開幕戦 後楽園ホール18:30
3月27日(火) 後楽園ホール18:30
3月28日(水) 後楽園ホール18:30
3月29日(木) 後楽園ホール18:30
3月30日(金)決勝戦 後楽園ホール18:30

<出場選手> 
武藤敬司(2002年、2004年優勝 6年連続6度目の出場)
小島 聡(2003年優勝 6年連続6度目の出場)
太陽ケア(2006年優勝 4年連続6度目の出場)
佐々木健介(2005年優勝 4年連続4度目の出場)
鈴木みのる(2年連続2度目の出場)
川田利明(1994年、1997年優勝 14度目の出場)
諏訪魔(3年連続3度目の出場)
RO’Z(初出場)
TAJIRI(初出場)
大鷲 透(初出場)

※両ブロックの上位1名同士が戦って、CC覇者が決まることになった。出場者のブロック分けはこれからだが、2.17両国大会で因縁が勃発したみのるとTAJIRIについて渕取締役は「同ブロックにしたいね」とニヤリ。

##

 こちらへの中嶋参加を週プロがプッシュしてたが、なし(欠場選手が出たらあり得るかもしれません)。両国メイン後にアピールした選手以外では、太陽ケア、川田利明の参加が決定。このメンバーの2ブロック式。なかなかいいんじゃないか!

 何より言えるのは・・・チケットはもう出てるぞ、決勝戦は今すぐ買いに走るべし。■□

炸裂するミルコのプライド!!/本日2/21発売kamipro No.108

pick up 週刊ゴングが今すぐになくなるということはない@小佐野景浩3・8後楽園で大森隆男&中西学vs高山善廣&佐藤耕平。“奉納男”大森、高山を痛烈非難五輪メダリストは怪物級 永田克彦は所も眼中なし所英男にHEROの予感 名勝負製造機が動き出すアメリカ進出を明言 HERO'Sが攻めに出る!!金子賢が俳優復帰、格闘家は事実上引退電撃復帰のインリン様を直撃!(後編)人気のブログを一冊に プロレス界の裏話満載 小鹿さんパンクラス沖縄大会に鈴木みのる参戦2月20日アントニオ猪木の誕生日を祝う会猪木64歳誕生日…プロレス復興へ協力惜しまない

 本日2007/02/21発売。表紙写真も出てました。キャッチコピーは「炸裂するミルコのプライド!!」
・ kamipro No.108 | 株式会社エンターブレイン

 また、本日2/21はプロレスラー大挙出演unoTVCM(プロジェクト)始動「2/21・・・ NO.1をめざす男たちの熱い闘いが始まる」。何が始まる!?
・ 音出ます注意 資生堂uno

 時間が取れないので紹介のみ・・・。


※23:00追加 angle JAPANさんのまとめ。こんな内容だった!
・ angle JAPAN: 長州の髪がスゴイことに! 資生堂unoの新コラボCMは、プロ格ファン必見!
■□

2007.02.20

ザ・グラジエーターさん死去

携帯から。訃報。「週刊プロレスモバイル」よりメールが届いた。

##
WWEが2月19日(現地時間)オフィシャルウェブサイトにて、ザ・グラジエーターことマイク・アッサムさんが17日夜、フロリダ州タンパの自宅にて首吊り自殺したところを発見されたことをリリースしました。
##

FMW、全日本、ノアなどにも来日。WWEでも活躍した。享年42歳だという。

日本マットでの活躍で出世したレスラーだ。自殺だなんて、、、。
ご冥福をお祈りします。


※22:20追加リンク
・ マイク・オウサム死去WWE:World Wrestling Entertainment
・ Mike Awesome passes awayWWE: Homepage
・ ザ・グラジエーターが首吊り自殺で死去(livedoor スポーツ 20日15時00分)
##
 マイク・オウサム(日本ではマイク・アッサムとも呼ばれる)のリングネームで知られた、マイク・アルフォンソが 42 才で急逝されました。 WWE は、謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。
 マイク・オウサムが最初に成功を収めたのは異国の地だった。日本でトップスターの座をつかみ、帰国してからエクストリーム・チャンピオンシップ・レスリングで活躍、スターの座を射止めた。 ECW 成功を収めた後は、 WCW そして WWE のリングに上がり、引退後はフロリダ州タンパで生活していた。
 ECW 時代では 2 度、 ECW 世界王座を獲得したほか、タッグ王座にも君臨した。 2005 年のワン・ナイト・スタンド PPV でもそうだったが、マサト・タナカの対決は ECW ファンの記憶に残る名勝負に数えられるだろう。

##

・ マイク・アルフォンソ - Wikipedia
##
 2005年に行われたWWEのPPV、ECW ワン・ナイト・スタンドに田中戦で出場。この際に前述の移籍騒動について解説者に取り上げられていた。 プロレスリング・ノア出場予定だったシリーズ開幕前に内臓疾患により全戦欠場。早いマット復帰を望まれていた。
 しかし2007年2月19日、外出に誘おうとした友人が、タンパの自宅を訪れたところ玄関先で返事がなかったため調べたところ、自宅の中で首をつって死んでいる彼が発見された。検死によると自殺であるとみられている。享年42。

##

・ 【訃報】ザ・グラジエーターさん死去(プロレスリング ゼロワン・マックス/BLOG @ プロレスリング ZERO1-MAX)
##
田中将斗「昨日、朝知り合いから連絡があり信じたくないし、誤報であってほしいとずっと思っていました。マイクとはFMWに入門したときからの付き合いで、最高のライバルで最高の友でした。
僕の節目の時にはマイクとの試合があり、初めてシングルをとった時、ECWのベルトをとった時も彼との試合でした。
天国に行ってもこれからも僕のなかでは最強、最高のライバル、最高の友であることには変わりありません。
ご冥福をお祈りしています」

##

 誰よりも豪快だった。なのに、なんて悲しい最期なんだろう。■□

因縁の前田日明vs長州力 サムライTVで対談

 19日に収録、サムライTV対談番組『Versus』で前田日明と長州力が対談を行った。
・ 前田&長州がプロレス界にカツ!(スポニチ)
##
前田日明と長州力がサムライTVの対談番組で久々の共演。昔話に花を咲かせるとともに、プロレス界の問題点などを熱く語り合った。今はプロレス界を離れている前田だが「プロレスは団体スポーツ。今の若い人にアニマル浜口、長州組のコンビネーションを体験させてやりたい」と持論を展開。長州も「プロレスと総合格闘技は接点はあるはず。将来的には双方が歩み寄ってイベントができれば」と協調路線を提案した。

番組の放送日程
■3月18日(日)22:00~23:00
■3月19日(月)8:00~9:00
■3月19日(月)19:00~20:00
■3月20日(火)25:00~26:00
■3月22日(木)15:00~16:00
■3月30日(金)10:00~11:00

##

 携帯サイト「モバイルゴング」で読みました。他社携帯サイトが基本的に扱っていないこの情報を、携帯サイト内ではあるが“3ページ”に渡って記事に。やるじゃん!

 お酒を飲みながらの和やかなものだったという。前田日明がプロレス時代の思い出を熱く語り、長州力が顔面襲撃事件を振り返り、毒舌が止まらない前田に長州が「結婚して丸くなれ」と迫る。そんなアウトライン。プロレスを愛しているからこそ、今のプロレスを“認めない”前田、“認める”長州。それがクッキリ。

 時間がある時に別記事としてまとめたい。(すみません。右ヒジもなんだか痛い)

 ゴング・・・『週刊ゴング』というと、かつては“長州番”と言われた金沢克彦氏を擁し、ビッグマウス立ち上げ期には前田を徹底マークした。そのスピリットがモバイルにも生きているようで嬉しくなった。

 ブラックアイさんの2/20まとめ記事。
・ 週刊ゴング 、廃刊危機:be2

 ゴングがピンチ。こんな逆境のときほど、スタッフには燃えてほしい。それがプロレス。しんどいとは思うが・・・。■□

棚橋弘至が王者であることは是か非か

pick up 一夜明けて@金本浩二傷は生え際でわかりにくい@高山善廣VERSUS 北斗晶vs高山善廣@UWF構想さんギリギリ@鈴木みのる三冠戦を振り返って@小島聡NEO川崎﨑~まだ足りない@須山浩継週刊ゴング発行元社長逮捕ゴングがあるから週プロもある@angle JAPANさん21日(水)発売kamiproNO.108@NHBnews PROチェ・ホンマン、歌手に「変身」?電撃復帰のインリン様を直撃カート・アングル総合参戦へ曙、みちのくプロレス初参戦ノア森嶋が参戦2戦目でROH新王者に和泉元弥らは起訴猶予処分にアクセス5億件到達「しょこたんぶろぐ」

 2・18両国での棚橋弘至vs金本浩二戦。angle JAPANさんのレポートが的確にまとまっている。
・ angle JAPAN: 新日本両国大会を盛り上げたアングルの大物オーラと、金本の兄貴っぷり!
##
 金本が徹底的にアンクルホールドで棚橋の足を締め上げていき、タイガースープレックスでカウント2.9まで追い込むとヤンヤヤンヤの大歓声。さらに、ほとんどの人が「あぁこれで終わった」と思ったと思われる棚橋のハイフライ・フローをキックアウトしてから首固めで丸め込んだ際は、極めてカウント3に近いカウント2だっただけにブーイングが飛んだほど。
 最終的には棚橋が飛龍原爆固めで王座防衛に成功したが、もう「金本にベルトを獲らせてもよかったんじゃないか?」と思うくらい。「やっぱりジュニアじゃダメだよ」という雰囲気は一切なかったし、会場のムードも金本寄りだった。

##

 もう獲らせてもよかったんじゃないか、という気持ちはよくわかる。ボクも会場でそう思った。棚橋がピリッとしないことで、何か違う柱をつい求めてしまう自分がいる。金本はここ一番を見せ付けた。

 新日本を信じてきたファンは、相対的に棚橋しかいないことをすでに知っている。ふがいない上の世代をカバーし、失策の続く会社をひとりで守ってきたのも棚橋なんである。試合の“平均点”は高めとも言えるし、相手の技を引き出す“受け”もできる。

 昨年12月の中邑真輔戦は気持ちが見えた試合だった。だけれども、1月ドーム(太陽ケア戦)、今回の両国と、相手に主導権を握らせた試合が気になった。ハッとする切り返しがないし、攻めが途切れ途切れ。テーマを持った攻め方ができない。ピンチになっても、振る舞いに余裕が感じられてしまう。

 金本相手に、ヘビー級として勝ちたかったんでしょう? 増量したんでしょう? ならば、体重をかけたような技を連発するとか、力の差を見せつけるようなものにするとか。踏みつけ、フットスタンプ、セントーン・・・いろいろできるでしょう。テーマを持った技の使い方が必要。金本はヘビー級を切り崩すための蹴りとアンクルにこだわった。複合のレッグロック(クロスヒールホールドか)はここ一番の用意で、棚橋最大のピンチをつくった。

 切り崩さんとする金本。圧殺せんとする棚橋。そういった図式を強固にするためのサプライズムーブはしっかり織り交ぜながら、余計な技は逆にそぎ落としていく。永田裕志vs鈴木みのるの「腕折りvsスリーパー」。小島聡vs鈴木みのるの「ラリアートvsスリーパー」。テーマが試合を作っていく。長い目で言えば、テーマが選手を育てるというのもある(観客の頭の中で、その選手のキャラクターが育っていくのだ)。

※もちろん、何に自信があるかによってテーマも変わっていく。命懸けサーカス級のサプライズvsサプライズで試合を組み立てていける丸藤正道vsKENTAという例もある。

 キャリア不足とのフォローももちろん棚橋には入るが、丸藤やKENTAにはそんなフォローは入らない。中嶋勝彦にも。スリングブレイドに頼るのはやめて、ハイフライフローやドラゴンスープレックスへとフィニッシュ技をチェンジしようとしているのはよいと思う。ただ、どんなプロレスラーとして君臨したいかをもっと突き詰めて、肉体や技を使いこなす「プロレス頭」の使いこなしを棚橋には求めたいのである。

 それで初めて「強さ」が表現できるんだと思う。

 厳しい言い方になってしまった自分に能力不足を正直感じる。不快感をもった方もいるでしょう、ごめんなさい。ただ、こういう注文を出すのは、もちろん新日本プロレスファンで居続けたいから。愛情表現って難しいぞ、愛してますーって叫べばいいもんじゃないから。
 
 そんな棚橋への挑戦者を決めるトーナメント、開催が発表となった。「3/26~30の全日本プロレスチャンピオン・カーニバル」とはバッティングしない日程で開催。
・ 稔選手と棚橋選手が会見!~2/18 両国大会・一夜明け会見(新日本公式)
・ 【NEW JAPAN CUP 2007】賞金500万と4/13「IWGPヘビー級選手権試合」挑戦権をめぐる闘い!トーナメント戦出場者&取組決定!(新日本公式)
・ 3/3 平塚大会・越中が熱い!~越中選手・曙選手のコメント
##
★NEW JAPAN CUP 2007参加選手(トーナメント)
G・バーナード、中西学、越中詩郎、永田裕志、石井智宏、長州力、蝶野正洋、真壁刀義、T・トムコ、飯塚高史、本間朋晃、中邑真輔、矢野通、天山広吉

▼新日本プロレス創立35周年TOUR Circuit 2007 NEW JAPAN EVOLUTION~NEW JAPAN CUP~
3月

[1回戦][マシン、田口復帰][曙参戦]3日(土)6:30PM 平塚総合体育館
[1回戦]4日(日) 3:00PM 静岡・アクトシティ浜松
6日(火)夜・後楽園ホール~旗揚げ記念日~

[1回戦]9日(金)6:30PM 埼玉熊谷市民体育館
[1回戦][蝶野プロモート]10日(土)6:00PM 幕張メッセ10ホール
[NJC1回戦][タッグ王座戦・中西&大森vsバーナード&トムコ]
11日(日)6:00PM 愛知県体育館
[準々決勝]13日(火)7:00PM 東京八王子市民会館
[準々決勝]15日(木)6:30PM 福島スポーツアリーナそうま
[NJC準決勝]18日(日)4:00PM 尼崎市記念公園総合体育館
[NJC決勝]21日(水)6:30PM 後楽園ホール
▼新日本プロレス創立35周年TOUR Circuit 2007 NEW JAPAN BRAVE
4月
7日(土) 6:00PM 埼玉・久喜市総合体育館
8日(日) 6:30PM 東京・後楽園ホール
9日(月) 7:00PM 千葉・流山市総合体育館
12日(木) 6:30PM 三重・四日市市体育館

[IWGP戦・NJC優勝者vs棚橋]13日(金) 6:30PM 大阪・大阪府立体育会館 ~最終戦~
▼新日本プロレス創立35周年TOUR NEW JAPAN BRAVE EXTRA
4月
14日(土) 6:00PM 三重・阿児アリーナ
17日(火) 6:30PM 青森・青森産業会館
19日(木) 6:30PM 北海道・旭川地場産業振興センター
20日(金) 6:30PM 北海道・浜頓別多目的アリーナ
22日(日) 5:00PM 北海道・札幌テイセンホール
24日(火) 6:30PM 岩手・釜石市市民体育館

※ 次のIWGPジュニア戦は稔vsエル・テハノJr(日程未決定)。
稔「4年前にメキシコに遊びに行った時から、メキシコに対して僕は憎しみの感情しかありません。タクシーに乗ったらぼったくられるし、メキシカンの友達と待ち合わせしたら5時間も待たされるし、近所で道を聞いたら逆方向を教えられるし」
※ 棚橋「越中選手がIWGP挑戦を表明しているそうですが、越中選手はどの会場でも人気が高く、昨年12月に大阪でシングルをやった時も、9割5分が越中コールでした。自分としては『いつでも受けてやるって!』という感じです」
※ 越中「開幕戦の平塚大会では、曙選手を完全フォールし、弾みをつけ、その勢いで3月21日後楽園の決勝戦まで勝ち残ってやるって!」
3月3日(土)平塚大会から新商品「越中やってやるって!」Tシャツが登場!

##

 組み合わせも発表されています、リンク先をどうぞ。

 顔ぶれにサプライズなし。新日本はこのシリーズで何を問う? 決勝戦が後楽園ホールというのが“順当”に思える。ただ、途中の愛知県体、尼崎は箱が大きい。

 棚橋も思わず「受けてやるって」と。話題性で越中詩郎が優勝候補? だけれども、1回戦はやったばかりの中西学だったりもする。この組み合わせが新日本は大好きなんでしょうか。

 この選手なら大阪府立で棚橋とぶつけたい。勝たせたい! そう感情移入できる選手を新日本はファンとの共同作業でつくることができるか。■□

2007.02.18

2・18新日本プロレス両国国技館大会、速報観戦記まとめ

pick up 高山VS大森01速報メキシコに行きます@カズ・ハヤシ

2・18新日本プロレス創立35周年TOUR「Circuit 2007 NEW JAPAN ISM」両国国技館大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
070218angletop

続きを読む "2・18新日本プロレス両国国技館大会、速報観戦記まとめ" »

速報します、新日本プロレス両国国技館決戦

pick up カクトウログ2・17全日本両国速報観戦記まとめ写真追加週刊ゴングは大丈夫?日本スポーツ出版社社長に逮捕状@明日はどっちだ?!さん揺らぐ週刊ゴング@プロレス多事争論さん煽り映像を独占公開開始『PRIDE.33 "THE SECOND COMING"』開催まであと7日ヴァンダレイ VS ダン戦投球後は格闘家・桜庭和志、競輪・岡部芳幸らと連日の合同トレーニング秋山成勲が金原泰義(チーム クラウド)のセコンドで Cage Force に登場インリン様は着物をはだけさせながらムチで藤原紀香&陣内が生田神社で挙式
12:55追加pick up 最年少p(^^)q@中嶋勝彦両国、序二段、夏目ナナ@菊タローカズ・ハヤシ無期限休場など全日本両国カクトウログ観戦記に追記2・18ゼロワン大森vs高山ノーフィアー対決ふたたび秋山騒動収束せず・・・日清食品HERO'S開幕戦スポンサー降りるDSE榊原信行代表「PRIDEが文化として根付くような地盤作りを」インリン・オブ・ジョイトイさん、2月15日が誕生日31歳説、有力猪木寛至だけど、漢字読めねぇんだよ41歳川畑&志賀が“白GHC”奪取キン肉マンVSフェニックス“リターンマッチ”実現「屁のツッパリはいらんですよ!」依然として仕事はない・・・#153 「メヒカンタイム」@鈴木浩子3月16日後楽園ホールで試合決まりました@佐藤ルミナ前田さんとご一緒させていただいて@所英男
◆外敵はいない・・・リアル新日本を見せる闘い 棚橋弘至vs金本浩二でIWGP王座戦      ◆カート・アングル、新日本マット初参戦で永田裕志とタッグ!
 2007年最初の新日本“単独”ビッグマッチ、開催。
・ 2月18日(日) 両国国技館(新日本公式)
・ YASSHI負傷欠場で2.18両国大会のカードが変更=新日本プロレス(スポーツナビ)
・ 来日したアングル選手を永田選手が“ハマー”でエスコート!(新日本公式)
##
新日本プロレス創立35周年TOUR
「Circuit 2007 NEW JAPAN ISM」
2月18日(日) 東京・両国国技館 試合開始15:00

▼IWGPヘビー級選手権試合
[9=メイン][王者]棚橋弘至 vs 金本浩二[挑戦者]
※天山、中邑、太陽ケアにつづく4度目の防衛戦
[8=セミ]永田裕志&カート・アングル vs トラヴィス・トムコ&ジャイアント・バーナード
▼IWGPジュニアヘビー級選手権試合
[7]稔 vs 井上亘
=休 憩=
[6]天山広吉&TARU vs 蝶野正洋&ミラノコレクションA.T.
[5]中邑真輔 vs 真壁刀義
[4]中西学 vs 越中詩郎
[3]長州力&飯塚高史 vs 矢野通&石井智宏
[2]タイガーマスク&エル・サムライ&ディック東郷&TAKAみちのく vs 獣神サンダー・ライガー&邪道&外道&近藤修司
[1]裕次郎&内藤哲也 vs 宇和野貴史&平澤光秀

##

 年頭ドームへの流れはうまくつくっていった新日本(全日本のサポートもあった)なんですが、今大会はどのカードもいつの間にか決まってた。どうなんでしょう、地上波を持っているんだから、テレビ朝日の放送内でカード発表とか、そんなことをやってもいいと思うのだが。ドームに続いてチケット料金を下げるという手もあったと思うんですが、そのまんまだった。仕掛けも工夫も弱く・・・集客は苦戦するでしょう。

 TARU、近藤修司、TAKAみちのくは前日の全日本から連続で両国参戦なんですね。適度に外敵をブレンドしている割には、インパクト強のカードが少ない。未知数なのは、中西vs越中のテレビプチブレイク者対決、ちょっと面白そう。

 メインがタイトルマッチ、セミが永田がホストになってのゲストありという図式。カート・アングル参戦だけがビッグマッチとしてのたたづまいを見せている。棚橋vs金本は新日本どっぷりの最近のファンにとっては楽しめるカードであり、いい試合になりそう。ただ、イデオロギー対決的なもの、ぶつかりあいは感じにくい。そんな中で、ふたりがどんな試合をえがくか。

 当サイト管理人は会場観戦。携帯からメールで当サイトに速報を入れます。■□

2007.02.17

2・17全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」速報観戦記まとめ

2・17全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」両国国技館大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
070217minorutop

続きを読む "2・17全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」速報観戦記まとめ" »

速報します、全日本プロレス両国国技館決戦

pick up タイトルマッチ前夜@小島聡花粉症ムタ、17日毒霧使えんユークス存続のために新日本プロレスをどうするか@いしかなさんインリン様が電撃復帰「やっぱり私は戦うために生まれてきた」旗揚げ戦、胸が一杯になりました@北斗晶資生堂「UNO」のCMに高山善廣が登場健介オフィス興行で高山善廣と中嶋勝彦の初対決が実現藤原紀香と陣内智則の挙式当日、特別速報番組
◆土曜に全日本、日曜に新日本・・・東京ドームからの“いい流れ”は続くか?      ◆団体の威信をかけたビッグマッチで興行戦争!
 第0試合は17:30開始です。観戦される方は、ご注意を。
・ 全日本プロレス「プロレスLOVE in 両国vol.2」(スポーツナビ速報)
・ 2月17日(土)プロレスLOVE in 両国vol.2(全日本公式)
・ YASSHI欠場でSUWA参戦! 曙の対戦相手はジョニー・ダン=全日本プロレス両国大会(スポーツナビ)
##
全日本プロレス「プロレスLOVEin両国 Vol.2」
2月17日(土) 東京・両国国技館 開始18:00

▼三冠ヘビー級選手権試合
[8=メイン][王者]鈴木みのる vs 小島聡[挑戦者]
※RO’Z、永田裕志につづく3度目の防衛戦
▼世界タッグ王座決定戦
[7=セミ]川田利明&太陽ケア vs 諏訪魔&RO’Z
▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[6][王者]近藤修司 vs 中嶋勝彦[挑戦者]
[5]グレートムタ&TAJIRI vs ゴールド・ダスティン&白使
[4]曙&大鷲透 vs スモー・リキシ&ジョニー・ダン
[3]佐々木健介&三島来夢 vs TARU&SUWA
[2]AHIIワールド
[1]カズ・ハヤシ&TAKAみちのく vs NOSAWA論外&MAZADA
[0]渕正信&平井伸和&土方隆司 vs AKIRA&雷陣明&菊タロー
※第0試合は17:30開始

##

 鈴木みのるは2006年9月に太陽ケアから奪還。RO’Z、永田裕志を相手に防衛を重ね、全日本トップ2(小島聡・武藤敬司)の一角に到達した。

 その前の4月、チャンピオンカーニバルでは時間切れ引き分け。観客はみのるの“実質勝利”を評価。
・ カクトウログ: 4・9全日本プロレス後楽園ホール、速報観戦記まとめ

 全日本は外敵にベルトを奪われながらも、みのるに小島や武藤が敗れるという事態は許していない。牙城を崩されていないというアウトラインを保っている。それが揺らぐのかどうか。

 また、全日本を主戦場とした佐々木健介が2004年のプロレス大賞MVP、2005年の三冠王者・小島が同年MVP、2006年の三冠王者・みのるが同年MVPと、プロレス界のメインストーリーをここ数年全日本が独占した格好となっている。三冠を防衛するにせよ、小島が奪うにせよ、どういったメインストーリーを勝者が示唆するのか。興味深い。

 この大会、当サイト管理人は会場観戦。携帯からメールで当サイトに速報を入れます。■□

2007.02.16

所英男VS永田克彦/HERO'S 名古屋

携帯から。

HERO'S携帯公式サイトからメールが届いた。

▼3・12『HERO'S』第一弾カード決定!
所英男VS永田克彦、激突!!
☆『OLYMPIA HERO'S 2007 開幕戦 〜名古屋初上陸〜』


おっ、因縁の前田日明VS永田裕志、
弟子と弟で代理戦争!


※24:05追加リンク
 前田日明スーパーバイザーも会見に登場。公式の場に現れたのは、昨年大晦日以来のこと。
・ 一度は流れた幻の好カード、所vs.永田が実現=HERO'S/米国大会ではブロック・レスナー、ホイス・グレイシー参戦か!?(スポーツナビ)

■□

なぜ? 棚橋弘至のDVD情報をここで・・・

両国国技館 全対戦カード2・17(土)全日2・18(日)新日
pick up DSE「そういう事実はない」ヒョードル参戦を否定ヒョードルVSリンドランド、アレキサンダーVSペレ@つづれやさん『PRIDE.33 THE SECOND COMING』 海外PPV解説はジョシュ・バーネットに決定PRIDEのリングに現役ボクサーを送り込む構想サスケ、知事選出馬決断は告示直前4・21ロンドン:サップ参戦へ。UFCと同日興行戦争3・11ジャガー横田30周年興行全カードここがダメだよ!『ハッスル』・第二回 吉川義治氏インタビュー(前編)中村祥之氏に聞いたGPWAのその後(上)プロレスの原点に立ち返ります@中村祥之永田裕志に引き抜き話が・・・@多重ロマンチックさん一緒に観覧車に二人で乗れる権利!豊田真奈美誕生日イベント元女子レスラーのドレイク森松が沖縄にバー@デルフィン社長2.17両国大会グッズ売場にてスモー・リキシがポートレート販売

 新日本プロレス公式サイトが情報リリース。
・ DVD 発売情報!《棚橋弘至 ROAD TO REAL IWGP CHAMPION 》(新日本公式 02月15日)
##
タイトル:棚橋弘至 ROAD TO REAL IWGP CHAMPION
発売日 :2007年4月4日(水)
販売価格:¥7,140(税込)

全5試合完全ノーカット収録
■ 2006.7.17 月寒グリーンドーム IWGP ヘビー級王座決定戦
 棚橋弘至 vs ジャイアント・バーナード
■ 2006.10.9 両国国技館 IWGPヘビー級選手権試合
 棚橋弘至 vs 天山広吉
■ 2006.12.10 愛知県体育館 IWGPヘビー級選手権試合
 棚橋弘至 vs 中邑真輔
■ 2007.1.4 東京ドーム IWGPヘビー級選手権試合
 棚橋弘至 vs 太陽ケア
■ 2007.2.18 両国国技館 IWGPヘビー級選手権試合
 棚橋弘至 vs 金本浩二

##

 棚橋弘至のリアル・チャンピオンへの道、最後はあさって日曜の金本浩二戦・・・。まさか、このタイトルのDVDのシメが王座転落にはならないだろう!? そんな勘繰りをさせる意味で、とってもよくないタイミング・内容のDVD予告をしてしまった新日本プロレス。しっかりしてくれよ!

 調印式での2人のやりとり。
・ 【2/18 両国国技館大会】IWGP2大タイトルマッチ調印式(仙台・Zepp Sendai)(新日本公式 02月15日)
##
 金本「棚橋、お前が“プロレス”という世界に入って、チャンピオンベルトを獲って、新日本を引っ張って行ってる。完璧にお前、成功してるやろ。しかし、その完璧を両国で崩すのが、このJr.ヘビーの俺様やからな。両国では、俺が奇跡を起こす!」
 棚橋「金本選手、僕は凄くあなたを尊敬しています。けれど、僕には夢があります。その夢を叶えていくためには、このベルトが必要です。両国は必ず防衛します。以上です!」

##

 金本の方から「奇跡」って言葉を使うこともないと思う。ジュニアがヘビー選手に勝つ方法も備えた時代になっているんだから。そして、この試合。「技」合戦にとどまらない、気持ちのぶつかりあいを見せてほしい。

 一部、両国の対戦カード変更あり。
・ 【2/18 両国国技館大会】選手欠場のため第1・2試合がカードが変更になりました(新日本公式 02月15日)

■□

桜庭和志が復帰戦まであと1か月、沖縄参上!

 14日に訪問との記事もあったが、実際には15日に訪問。
・ 【阪神】下柳を格闘家の桜庭が激励 - キャンプ情報 : nikkansports.com
##
 阪神の下柳剛投手(38)が15日、沖縄・宜野座キャンプを訪れた親友で格闘家の桜庭和志(37)から激励を受けた。ブルペンで投球練習を行った後、サブグラウンドでトレーニングを行っていた桜庭と対面。「励み? ただの飲み友や」と話した。昨年もキャンプ中に訪問を受けている。
[2007年2月15日21時1分]

##

 3・12HERO'S名古屋大会に向けて、まずは沖縄・宜野座のサブグラウンドで桜庭和志、始動! トレーニングって・・・走りこみとかでしょうか? いまはトレーニング内容ってことよりも、こうやって気分転換するってことが大切ですね。沖縄で元気な姿を見せているようでホッとさせられる。

 カード情報出ませんね。
・ OLYMPIA HERO'S 2007 開幕戦 ~名古屋初上陸~(HERO'S公式)
##
●日 時  2007年3月12日(月)
      開場17:00(予定) 開始 18:00(予定)
●会 場  名古屋市総合体育館レインボーホール
●出場予定選手
桜庭和志/宇野薫/所英男/永田克彦/宮田和幸/J.Z.カルバン、他
《出場選手は変更になる場合もございます》

##

 対戦相手選考も難しそう。谷川貞治プロデューサーは、はたしてどんな打診をするんだろう?■□

2007.02.15

永田裕志、頭をとんがらせる

22:00~22:54 日テレダウンタウンDX 高田延彦出演中

 昨夜紹介した、新日本プロレスにとってアピールの場になりそうなニュース。
・ 資生堂「UNO」のTV-CFに新日本プロレス選手が多数出演!!(新日本公式)
##
2007年3月9日(金)~オンエアー開始
(CF出演選手)
長州力、永田裕志、中西学、タイガーマスク、中邑真輔

##

 永田裕志が公式サイトでCM撮影ワンショットを公開した。
・ NAGATA LOCK
##
CMに出ます! 2007年02月15日 (Thu)
資生堂「UNO」のテレビCMに出演します。
新日本のみならず他団体からも選手が
出演されるようでどれくらいオンエアーで
流れるか分かりませんが楽しみです!
(放送は3月9日~)
昨年初冬に撮影した際のひとコマを載せました。
とがってます。
Posted at 10:49 AM

##

 記事はリンク先のトピックスをクリックしてください。めずらしいと思うんですが、記事に直リンクできないんですよ、このサイト(トップページはOK)。ひとつわかったのは、新日本だけじゃなくて他団体の選手も出るってこと。

 資生堂ホームページのフラッシュ、「NO.1をめざす男たちの熱い闘いが始まる」という前ふりにたがわぬ仕掛けがあるのか。うーん、この情報の“小出し”は面白い。
・ 【音が出ます注意】Shiseido | uno

 本業。日曜日、永田はカート・アングルとのタッグで登場。新日本プロレス公式サイトには見どころが出てました。
・ 2月18日両国大会まであと3日!/リアル・アメリカン・ヒーロー、ついに新日本マットに上陸!(新日本公式)

■□

イケメン争い加熱・・・ひなバトルと資生堂化粧品

pick up ジャガー横田、出産から約3か月で復活へミミ萩原は23年ぶり復活小川vsTAJIRI、HGvsT・J・シン=ハッスル矢沢心、魔裟斗しっかり操縦ゴールデンタイムに進出する「オーラの泉」はじめましてディープの代表 佐伯繁ですヒョードルのボードッグ参戦、正式発表天山広吉戦での強い小島聡を迎撃へ・・・鈴木みのる、おちゃらけなし金原弘光がメイン、3・18パンクラス後楽園全カード

 大阪大会後に朝4時まで繁華街にいた中西学は「健康診断でもチョイワル」と発言。
・ プロレス界イケメンvsチョイワル戦争勃発!?=ひなバトル/女性1000人のハートをつかむのは誰だ(スポーツナビ)
・ SKY PerfecTV! Presents 第2回スペシャルナイト★ひなバトル!! 2007.3.14(水)@ THE WESTIN TOKYO
##
「第2回スペシャル☆ナイト ひなバトル」
3月14日(水)東京・恵比寿ウェスティホテル東京 
開場17:30 開始18:30
▼新日本プロレス提供試合
<イケメン>棚橋弘至&Ⅹ&Ⅹvs中西学&永田裕志&飯塚高史<チョイ不良ミドル>
▼ZERO1-MAX提供試合
<イケメン>崔領二&佐藤耕平vs大谷晋二郎&大森隆男<チョイ不良ミドル>
▼DRAGON GATE提供試合
<イケメン>B×Bハルク&アンソニー・W・森vs望月成晃&ドン・フジイ<チョイ不良ミドル>
▼プロレスリングNOAH提供試合
<イケメン>丸藤正道&潮崎豪vs杉浦貴&力皇猛<チョイ不良ミドル>

##

 女性ファン1000人を無料招待。昨年に続いて二度目の開催。場所もオシャレですね。ふだんはプロレスというコンテンツを放映する側のスカパーだが、大会開催側にまわる。テレビ局が声をかけると、こんなに斬新な大会も可能になる。オトコとしてこのコンセプトは興味が沸きませんが、他にも面白いコンセプトはいくらでも考えられそう。

 それにしても、新日本はイケメンを選びきれなかったのか。棚橋弘至のパートナーは未定。一方で、チョイ不良ミドルにまわった中西学&永田裕志なんですが、「イケメンになってやる」ばかりに資生堂CMに登場する。
・ 資生堂「UNO」のTV-CFに新日本プロレス選手が多数出演!!(新日本公式)
##
気になる内容は・・・。OAをお楽しみに!!
2007年3月9日(金)~オンエアー開始
(CF出演選手)
・長州 力
・永田裕志
・中西 学
・タイガーマスク
・中邑真輔

##

 これまた不思議な人選。どんなコマーシャルなんでしょう?

 資生堂ホームページには、リングのモチーフがフラッシュに。
・ 【音が出ます注意】Shiseido | uno

 キャンペーンが始まる様子。うーん、資生堂、何があったんだ!?


※22:05続報
・ カクトウログ: 永田裕志、頭をとんがらせる
■□

2007.02.14

高山善廣、海外遠征へ。桜庭和志、野球場で始動へ

pickup [総合格闘技への誘い] UFCでも貫いたミルコ流。中嶋勝彦が近藤修司を初フォール三冠前哨戦、挑戦者・小島聡が2日連続の勝利LLPW両国大会トピックスまとめ続き・・・サップがオクタゴンへ入ってきて上着を脱ぐ@シンデモヤマトダマシイblogさん男色、KUDO 米国対戦結果報告タイガースマスク王座戴冠ありがとう所と勝村の参戦必至か!? 3・12HERO'S名古屋大会

※当初「高山善廣、初の海外遠征へ。桜庭和志、野球場で始動へ」としましたが、初ではありません。記事末追記参照。

 高山善廣&桜庭和志、元UWFインターナショナルコンビの話題を拾います。

 高山がメキシコ遠征へ。海外遠征は記憶にない、初めてでしょう。
・ 世界の 究極龍”ウルティモ・ドラゴン official blog GLOBAL ..:速報! 2007-02-14 02:48 
##
このブログを御覧のみなさんへビッグニュース!
今年5月、メキシコシティ、アレナ・メヒコで開催予定の
DragomaniaⅡに、なんと!
高山善廣 選手の参戦が決定!!
こりゃとんでもないことになりそうだ!!

##

 2006年5月のDragomaniaⅠにはグレート・ムタが参戦していた。今回もビッグゲスト。海外での知名度はあるんでしょうか。もちろん高山ですから、いきなりのド迫力ファイトで圧倒してくれるでしょう。

 桜庭は阪神・下柳剛投手との合同トレーニング。これが大晦日以来の“始動”でしょうか。
・ 下柳 “友情トレ”桜庭と合体(デイリー)
##
 阪神・下柳剛投手(38)が14日の沖縄・宜野座球場での練習で、格闘家・桜庭和志(37)の訪問を受け、一部メニューを合同で行うことが12日、分かった。昨年大みそかのK-1Dynamite!!秋山成勲戦でセコンドを務めた親友とのトレーニングで、シーズンへの闘志をさらにかき立てる。また、競輪の岡部芳幸も同球場を訪問することになっており、左腕にとっては激励ラッシュの1日となりそうだ。
 球界と格闘界。住む世界こそ違うが、己との闘いに打ち勝ち、敵に立ち向かうというスタンスに、何ら変わりはない。桜庭が昨年のキャンプに続き、今年も宜野座球場を訪問。“友情タッグ”で07年の共闘を誓い合う。

##

 昨年に続く恒例行事。この2人、そうとう仲良しのようで、一緒に記憶をなくすまで飲むってテレビで言ってましたね。3・12HERO'S名古屋大会への参戦予定選手に名を連ねている桜庭。“復活”予定は、いよいよ1か月後に迫った。


※22:00追記
 さっそく高山立会いのもと、記者会見。
・ “帝王”高山、ウルティモ20周年興行でメキシコ初参戦!/SUWAは師匠の大会でラストマッチ(スポーツナビ)
##
ウルティモがデビュー20周年ということで二つ返事で参戦を決意した。小さい頃からプロレスを見てきて、プロレスのメジャーな国はアメリカ、メキシコ、日本。アメリカにはインディーで行ったことあるけど、メキシコでやったことがないからいいかなと。18年前にプライベートで行ったメキシコの屋台のタコスの味が忘れられない。
##

 すみません、初海外遠征ではありませんでした。訂正します。

 情報感謝! 読者から次のようなメールもいただきました。
##
私もうる覚えで正確なデータは
提示出来ず、大変恐縮なのですが、Uインター時代に、
ドイツでワンマッチ出場で、トニー・セント・クレアーと対決してるはずですね。
結果は・・・ごめんなさい覚えてません・・・
試合形式はラウンド制だったような・・・
小島聡も遠征中で、ツーショットの写真が週プロあたりに載ってた
記憶があります。
新日VSUインター以前のことです。

##

 ドイツにも行ってる? なるほど。ネットで検索しても出てこない情報。いろいろあるんだ!


※2/15 22:30追記
 Uインターはイスラエル遠征が正確?
・ 高山が5月メキシコで海外マット再進出へ - バトルニュース : nikkansports.com
##
UWFインター時代の95年3月のイスラエル大会以来、12年ぶりの海外試合に挑む。
##

■□

2007.02.13

魔裟斗が矢沢心さんと結婚

 交際6年、魔裟斗が女優・矢沢心さんとの入籍を発表。
・ 魔裟斗が入籍発表、矢沢心さんと=K-1(スポーツナピ)

 格闘家にとってやすらげる場所ができる、生活に気を使う人がいてくれるというのはとってもいいこと。おめでとうございます! 知人から会見写真(TV画面)を携帯で撮ったものが昼間に送られてきましたが、魔裟斗は絵になりますねぇ。

 詳細会見レポートがおなじみのGBR、入籍会見でも姿勢を貫くとは思わなかった。
・ 【K-1MAX】魔裟斗&矢沢心、入籍会見全文(1)(GBR)
・ 【K-1MAX】魔裟斗&矢沢心、入籍会見全文(2)(GBR)

 ボクシング界からもラブコール。入籍会見に先駆けて、今朝のニュースにも魔裟斗の名が出ていた。
・ KIDよ魔裟斗よボクシングに来い!…大橋東日本新会長 格闘界最強へ攻める(報知)
##
・ 魔裟斗(27)、山本“KID”徳郁(29)ら人気格闘家などのボクシング挑戦を受ける構えを見せた大橋氏。ボクシングのリングに上がるには、日本プロボクシングコミッション(JBC)の定めるプロテスト合格と国内の加盟ジムに所属しなければならず、実現するにはライセンスなど出場制限の問題がある。
・ 魔裟斗はミドル級、KIDはライト級
・ K―1谷川P大歓迎
「大橋さんは現役時代から知っている。時代に即した対応で、素晴らしい考えだと思う。KIDくんが五輪に挑戦したように、K―1でも適任の選手がいればどんどん送り込みたい」

##

 少なくとも魔裟斗級は現実的だとは思えない。K-1側からのメリットもないなぁ。ボクシング業界として懐の大きいところを見せたというところでしょうか。■□

いよいよ週末は両国2連戦! 全日本&新日本、対戦カード情報

◆土曜に全日本、日曜に新日本・・・東京ドームからの“いい流れ”は続くか?      ◆団体の威信をかけたビッグマッチで興行戦争!
 創立35周年で競演した1・4東京ドームから1か月半。新日本プロレスと全日本プロレスが両国国技館2連戦で興行戦争となる。
##
全日本プロレス「プロレスLOVEin両国 Vol.2」
2月17日(土) 東京・両国国技館 開始18:00

新日本プロレス「Circuit 2007 NEW JAPAN ISM」
2月18日(日) 東京・両国国技館 試合開始15:00

##

 いよいよ、週末(あと4日)に迫った。ファンにとっても、観戦の予定をそろそろ最終判断する時期でしょうか。老舗団体のビッグマッチ、盛り上がってほしいということで、対戦カードを改めてチェック!


全日本プロレス両国 2・17(土)18:00

 佐々木健介のパートナーは三島来夢に。全カードが決定している。
・ 2月17日(土)プロレスLOVE in 両国vol.2(全日本公式)
・ 荒谷は休場!? 曙の対戦相手が変更、健介は三島とタッグ=全日本両国大会(スポーツナビ)
##
全日本プロレス「プロレスLOVEin両国 Vol.2」
2月17日(土) 東京・両国国技館 開始18:00

▼三冠ヘビー級選手権試合
[8=メイン][王者]鈴木みのる vs 小島聡[挑戦者]
「3冠ベルト1本に、老朽化で全日が新調」予定との報道あり
▼世界タッグ王座決定戦
[7=セミ]川田利明&太陽ケア vs 諏訪魔&RO’Z
▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[6][王者]近藤修二 vs 中嶋勝彦[挑戦者]
[5]グレートムタ&TAJIRI vs ゴールド・ダスティン&白使
[4]曙&大鷲透 vs スモー・リキシ&Ⅹ
曙「両国ですし、本物の相撲取りの厳しさを教えたい」
[3]佐々木健介&三島来夢 vs TARU&“brother”YASSHI
[2]AHIIワールド
[1]カズ・ハヤシ&TAKAみちのく vs NOSAWA論外&MAZADA
[0]渕正信&平井伸和&土方隆司 vs AKIRA&雷陣明&菊タロー
※第0試合は17:30開始

##

 全日本にとって、外敵・みのるからのベルト奪還を託す代表格の選手となると、小島と武藤があがってくる。2005年・2006年プロレス大賞MVP対決でもあり、みのるvs小島は天下分け目の一戦といえるだろう。こういうムードが出せるカードは、現在のプロレス界にとっては貴重だ。

 前哨戦でみのる本人がフォール負けというのはビックリ!
・ みのる、三冠前哨戦で小島にまさかのフォール負け=全日本プロレス(スポーツナビ)
 これでみのるが本番で本気の叩きつぶしをみせるのか、小島が本番も完勝して“完全奪還”なるか。前哨戦込みで組み立ててくる全日本の面白さ。

 最後の3試合がタイトルマッチとなり、息が詰まりそうなラインナップ。その前2試合に、ムタ、曙がそれぞれ登場。健介が第3試合というのもぜいたくなマッチメイクとなっている。いい大会になることは間違いないでしょう。


新日本プロレス両国 2・18(日)15:00

 後攻の新日本。蝶野正洋、天山広吉のカードが新たに決定。9試合が発表済み。ほぼ全カードですね。
・ 2月18日(日) 両国国技館(新日本公式)
・ 【音が出ます注意】NJPW MOVIE(新日本公式)
##
新日本プロレス創立35周年TOUR
「Circuit 2007 NEW JAPAN ISM」
2月18日(日) 東京・両国国技館 試合開始15:00

▼IWGPヘビー級選手権試合
[王者]棚橋弘至 vs 金本浩二[挑戦者]
金本「86年の藤波対前田を超える闘いにしたい」
▼IWGPジュニアヘビー級選手権試合
稔 vs 井上亘
▼It’s real! It’s impulse!
永田裕志&カート・アングル vs トラヴィス・トムコ&ジャイアント・バーナード
▼タッグマッチ
天山広吉&TARU vs 蝶野正洋&ミラノコレクションA.T.
▼BLACKvsG・B・H“SANCTIONS”
中邑真輔 vs 真壁刀義
▼本隊vsG・B・H“GREAT!! BIG vs HIP”
中西学 vs 越中詩郎
越中が維震軍時代のテーマ曲<SAMURAI>で入場
▼スーパーJr.THE CROSSOVER
タイガーマスク&ディック東郷&TAKAみちのく vs 獣神サンダー・ライガー&近藤修司&“brother”YASSHI
▼革命 CRASH
長州力&飯塚高史 vs 矢野通&石井智宏
▼BIG CHALLENGE
裕次郎&内藤哲也 vs 邪道&外道

##

 棚橋vs金本は、現在のリアル新日本を見せていく闘いとなる。昨年秋に大阪でやったばかりなので唐突なんだが、このカードに自信を持ってるんでしょう。もうヘビーvsジュニアというテーマは話題とはならない。なかなか棚橋は気持ちを見せ付けるってことができていないチャンピオン。金本を相手にしたとき、何かが見えるか。

 中西学vs越中詩郎は、テレビでプチブレイク中の選手同士の対戦。こういうマッチメイク、新日本では新しい試み。越中は闘魂三銃士がバリバリでG1クライマックスを盛り上げていたときの名勝負製造機ですからね。武藤の雪崩式ドラゴンスクリュー(初公開)を食らったシーンもあったなぁ。あの試合はノンストップ、両国がドッカンドッカンだった。

 あとはカート・アングル。ボクは予備知識浅め。未知の強豪というワクワク感で試合を観たいと思う。

 カクトウログ管理人は、なんとか全日本・新日本両大会を観戦できればと考えているところです。■□

2007.02.12

健介オフィス旗揚げ興行、感想

pick up 前田日明参上@ゴ-ルデンRING 格闘技さん前田日明も絶賛、SWAT三銃士が本戦で大暴れ所は前回のZSTに引き続き、ヴォルク・ハンの入場曲2・12ZSTディファ結果みのるvs小島前哨戦2・12全日本後楽園結果スポナビ24時更新全日本2007チャンピオンカーニバルは後楽園ホール5連戦!!!神取vs里村で決勝戦・・・2・12LLPW両国結果2・12新日本岐阜結果両国での蝶野、天山カード追加健介さん対勝彦の試合@小島聡「いじめの撲滅を」 プロレスラー訴え越中詩郎がR25に登場へ

 団体の乱立はどうか、なんて思ってもいたんですが、ひさびさに「当日券」で観戦。直感的に「これは観なきゃ」と足を運んだ健介オフィス旗揚げ興行「Take The Dream vol.1 ~夢を掴め~」。速報におつきあいいただいた方、ありがとうございました。
・ カクトウログ: 2・11健介オフィス旗揚げ興行「夢を掴め」ディファ有明、速報観戦記まとめ
・ 試合結果速報(スポーツナビ)
・ 大会トピックス(スポーツナビ)
・ 佐々木健介「嫁バカ日誌」:旗揚げ戦

 一夜明けスポーツ紙。やはりニッカンはちよっと違う視点で突っ込んで取材をしている。さすがという気がした。
070212kensuke_1
・ 鬼嫁北斗アイデア勝ち/健介オフィス - バトルニュース : nikkansports.com
##
◎観客におみやげ
 健介ファミリーの似顔絵がデザインされた袋にポップコーンとミネラルウオーター、ステッカーを入れ、客席1つ1つに用意。選手、社員10人が前日徹夜で袋詰めし、この日の開場前に配置した。北斗は「昨日は30分しか寝られなかったよ」と毒づくも、30代の女性ファンは「昔、女子プロレスは見に行っていたけど、こんなことは初めて」と大喜びだった。

##

 中のドリンクはスポンサー提供ではあったんだが、それを徹夜で健介オフィス社員が袋詰めしていたものだったとは! 選手も必死なら、スタッフも必死。リング上の選手を支えるというのは、こういうことを言う。それに、席に置いてただけじゃないんですよ。引っ張るとすぐ取れるんですが、テープでひとつひとつの席にくっついてた。座席間の移動なんかで体が当たると下に落ちるかもしれない。そんなところまで配慮したんでしょうね。本当に素晴らしい。

079211miyage

 足を運んでくれたお客さんは最優先で大事にしなければならない。特に健介ファミリーの場合、テレビでのキャラクターに興味を持った場合もあるだろう。じゃあ、会場に来てもらったときに、どれだけの満足を感じていただくか。と同時に、いかに不快感を一つももたれることなく帰っていただくか。プロレス不況が叫ばれる中で、両面に配慮しきった大会がそこにあったんじゃないか。

 ファンのブログ観戦記では、いしかなさんのものが秀逸。ぜひリンク先の全文をどうぞ。
・ 2.11健介オフィス旗揚げ興行「笑って・泣いて・また泣いて」(いしかなの・プロレスのココロ)
・ 2.11健介オフィス旗揚げ興行・メイン「僕等はみんな生きていく」(いしかなの・プロレスのココロ)
##
▼第一試合 「村上和成の"仮面"を剥がせ!」
 健介オフィスのリングは真実を映し出す鏡であり、嘘や誤魔化しは通らない。
 自分の人生を自分で嘘をついたり自分で誤魔化したりしてはいけないし、そういう者が上がることを健介オフィスのリングと佐々木健介・北斗晶は許さない。
 「村上選手に関しては、一回笑うごとに今回の試合のギャラが10%カットされます」
 この一言によって、それまでヤラレ役だった3人が「村上を笑わせる」という攻撃側に廻り、村上は「仮面を守る=笑わない」バンプを取らされ、観客は「村上が何回笑うか」に興味をもたされました。
 結果、3回笑ってしまった村上は大爆笑に包まれた会場の観客と共感して好感度を上げ、「今日はこんなにたくさんのお客さんの前で、初めて楽しいプロレスをやらせてもらってありがとうございました。またこのリングに上がりたいと思います。そのときはタッグを組みましょう」とマイクして更に好感度を上げました。もうそこにテロリスト村上の仮面はありませんでした。
 最後の菊タローの「出発、進行~!」はドリフテイスト溢れるグッジョブ!でした。

▼佐々木健介 VS 中嶋勝彦「全力疾走!」
 そんな攻撃をするほうも鬼なら受けて耐え切って反撃する中嶋勝彦も鬼気迫るものがありました。
 全日本などで勝彦が何かにつけて声を出していた、そんな新人らしい教わり方の尻尾が、この試合にはほとんど見られませんでした。それはつまりアピールや掛け声で「伝えよう」とする段階はオワリで、技や間合いや表情で観客に伝える事が出来るようになったということだと感じました。
 声を出す、ということはそれだけ技の繋ぎやリズムに隙が生まれ、予定調和の疑念を持たれてしまいます。
 声を出す暇、客席にアピールする暇があったら蹴り倒せ、というのが総合格闘技で目の肥えた観客の意識です。
 佐々木健介はこの試合で徹底的に間合いをつめた試合をしました。相手が絶対に逃げられないように技を繋ぎ連続コンボで追い立てました。ようやく普段の「プロレスらしい」テンポになったのは10分過ぎで、それまでは息もつかせない攻防が「これでもか」と続きました。

##

 健介vs中嶋の序盤戦。なんどもロープに振ろうとする中嶋、そのたび健介は頑なに踏ん張って振らせない。ロックアップからのリスタートが繰り返される。それでいて、予定調和的なものが感じられないのだ。「とりあえずの序盤」なんか、そこにはなかった。

 全3試合。たとえ試合数が少なくても、コンテンツとしても成立するだけの十分なボリューム・質があった大会。

 ボクが考える「健介プロレス」というジャンルは、テレビ番組上の時間が限られた「鬼嫁」では見い出せないファミリーの人生と、それを凌駕する健介のプロレスの素晴らしさがあらわれるものだ。それが初心者だけじゃない、マニアにとっても感嘆するような質が備わっていること。短絡的な笑いを生んでいるテレビ番組なんかより、もっと深いものが健介ファミリーにはあって、その最大の表現の場がプロレスなんである。それを胸を張って言えるものであること。

 大会冒頭は不安だった。会場内には子供向けに「おもちゃのチャチャチャ」とか流れていて、とても闘いが始まる雰囲気じゃない(笑)。初心者じゃないボクなんかは場違いか?なんて思ったりもした。

 試合が始まったら、そんなことは吹っ飛んだ。

 ボクがいちばん確認したかったこと。それは、団体として立ち上げる意味があるのかどうか。それは十分にあった。プロレスを復興させるというのは、必死になること。そして、ひたむきになること。健介ファミリー興行は、すべてのプロレス団体・関係者に問いかけている。

 ファミリーが最後に円陣を組む。健介「今日から必死に生きるぞ! オー!」。これが始まったばかりの団体というのだから、末恐ろしい。地上波テレビ局関係者の方、健介プロレスは絶対に“買い”ですよ!■□

ボブ・サップが姿を現す! 参戦予告も

pick up 連休最終日2・12(月=祝)[天龍参戦LLPW女子(両国)全日本(後楽園H)所&勝村参戦ZST(D有明)]┃健介オフィス旗揚げ大会トピックス三島戦を終えて@小島聡カクトウログ速報観戦記大会再現!プロレス玩具箱さんその1その2THUNDERBIRDS ARE GO !!@高山善廣風香、井上京子に完敗! 試練のシングルマッチシリーズは黒星発進=格闘美ヘンゾが反則勝ち、フランクは失格に=エリートXCバタービーンがトンプソンをKO、今成は世界王者に=Cage RagePRIDE海外戦を全国10箇所パブリックビューイング

 現地時間10日にロンドン・ウェンブリーアリーナで開催されたという金網格闘技興行「Cage Rage(ケージ・レージ)20」。
・ バタービーンがトンプソンをKO、今成は世界王者に=Cage Rage(スポーツナビ)

 スポーツナビは試合結果のみを伝えたが、この大会にボブ・サップが来場&リングインしていた!

 現地の観戦記から。こちらのブログ、大会の様子を実に細かく伝えてくださっています。
・ CageRage20 観戦記 はじめに(シンデモヤマトダマシイblog)
##
売店の横でちょっとした騒ぎみたいなのが起きていて、なんだろうと思って行ってみると・・なんとボブサップだった!
大きなテーブルがあってその端っこにサップとマネージャーがいて多くのファンに取り囲まれ、握手と写真をねだられていた。
俺とYさんもサップの元へいって、握手と写真を撮ってもらった。
話す余裕なんかないんだけど、日本で試合しないの?ってきいたら わからない。って言ってた(笑)

##

・ サップ登場、松井一本勝ち CageRage20観戦記3(シンデモヤマトダマシイblog)
##
【ボブサップ登場】
ここで(ロバート"バズ"ベリー vs マーク"ザキャノン"ブキャナン )勝利選手にインタビューする人がマイクを持ち、
「K1王者を2度倒し、PRIDEのノゲイラ○○○した(よく聞き取れなかったが、イギリス人の適当ぶりから、下手すればノゲイラに勝利したとか言ってそう笑)MMAのワールドスター、ボブサップがプレゼンテーターです!!」 みたいな感じでサップを呼びよせ、サップがCageRageオクタゴンに入場。

サップは勝利者トロフィーをベリーに渡す。
インタビュアーはベリーに「サップとやりたい?」と聞きベリーは「やってみたいね」と。
一方サップは「今、すげーオーバーウエイトだからシェイプアップする。そして次の試合にでるよ。ワハハハハ」とコメントして会場を沸かせていた。
確かに売店近くでサップに握手してもらった時に
「サップでか!!!」と思うと同時に「ちょっとたるんでるかも」という印象は受けた。本人も自覚はあったようだ。

##

 参戦も予告。されど、煽りになったような流れはなし。K-1との契約トラブルが解決したという話は聞かないまま・・・こちらのCageRageに移籍は決定的だ。お客さんの反応はどうだったんだろう? すげーオーバーウエイト・・・アスリートとしての肉体は維持できていないようだ。最大の武器を失っている状態で、さびしい話ではないか。

 同プロモーションへの移籍参戦を確実視する報道は、この大会前にいくつか出ている。
・ サップ英国で復帰へ(2007年2月11日報知)
##
 K―1との契約問題のため、日本マット界から遠ざかっているボブ・サップ(31)=米国=が、金網リングで試合を行う総合格闘技イベント「ケージ・レージ21」(4月21日、英国・ウエンブリーアリーナ)に参戦することが10日、確実になった。主催者のアンディ・ジア代表が明かした。対戦相手は未定だが、バタービーン、マーク・ケアらヘビー級の選手が候補に挙がっている。
 サップは昨年5月にアーネスト・ホーストとの試合をボイコットして以来、公の場には姿を現していない。映画出演と獣医師を目指しているとの報道もあったが、住居を所有するという英国での復帰が濃厚になった。

##

 記事には「昨年5月以来」とあるが、同2006年7月外国人記者クラブで会見をしている。サップ、公の場への登場は、実に7か月ぶりのことだった。

 復帰の場がなかなか定まらなかったのはどうして? ブラックアイさんが考察記事を丁寧に出していらっしゃいます。
・ ボブ・サップ が英国で復活~このままPRIDEへ?:be2
##
 (ケージ・レージは)過去には美濃輪育久や佐々木恭介が出場している。どちらかと言うと・・・PRIDEとの繋がりが深そうに見える。PRIDE公式HPでもニュースとして扱っている。
 この団体でボブ・サップが活躍できたなら・・・そのままPRIDEに流れてくる可能性もあるか。
 ホースト戦直前キャンセル騒動の後のサップは、アメリカに渡りWWEのトライアウトを受けている。
 もともとビンス・マクマホンがお気に入りだったということもあり、契約寸前まで話は進むも・・・細かい部分で折り合いつかず結局ダメ。MMAのマネージメント権に関してもめたらしい。
 真相は分かりませんが、WWEとMMAを同時進行でやろうなんて虫が良すぎる。どっちのジャンルも舐めている。

##

 K-1との関係が良好だったときには、自らを見い出したK-1に心から感謝していたサップ。日本でも連日バラエティに引っ張りだこ。2002年には外国人として異例のプロレス大賞MVPも受賞している。ナイスガイだったのに、有名になってからK-1との歯車が狂っていった。サップはK-1とのトラブルに関して、K-1側の責任を追及している。被害者でもあるのか・・・もう時間ばかりがたっていき、よくわからなくなってきた。

 ボブ・サップよ、どこへいく?■□

リングスDVD発売中止に

 2007年3月7日に発売予定でしたが・・・当サイトでも貼っていたアマゾンのリンク先が、ここしばらく「入力したURLが当サイトのページと一致しません」となっているなぁと思っていたら。
・ FIGHTING NETWORK RINGS DVD-BOX(仮)(発売中止)(AVBC-26160)(DVDのオンラインショップ(通信販売)、横丁 DV Deliver)
##
データ更新日:2007/02/05
FIGHTING NETWORK RINGS
DVD-BOX(仮)(発売中止)
型番:AVBC-26160
この商品は発売中止のため、ご注文できません。

タイトル:FIGHTING NETWORK RINGSで探す
ジャンル:スポーツ(プロレス)
総合格闘技の原点ともいえる『FIGHTING NETWORK RINGS』での前田日明の全てをとらえた豪華5枚組DVD-BOX。K1やPRIDEなどで活躍するエメリヤーエンコ・ヒョードル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ダン・ヘンダーソンなど数々の選手が、かつてはRINGSで戦っていた。そして2005年、格闘王・前田日明の再始動により、眠っていたRINGSの遺伝子が覚醒したと言えるだろう。
このDVDでは、前田日明の歴史を、1991年の旗揚げから2001年の活動休止までを捧げたRINGSを中心に徹底収録。前田日明のRINGSでの激闘を、たっぷりと振り返ることが出来る。さらに新たに撮り下ろした本人や当時を知る選手たちのインタビューも収録。前田日明とRINGSの歴史、そして本当の姿をより深く描ききった、ファン必携のBOXセットである。
■発売:エイベックス / 販売:エイベックス・マーケティング

##

 この商品は発売中止のため、ご注文できません・・・!

 おりしも「2007年にリングス再興」という予定(昨年発表)を、前田日明が「2007年内にアナウンス」とトーンダウンさせたばかり。
・ 2007.02.09 カクトウログ: 前田日明、リングス再興は「年内に発表」/コメントほぼ全文

 DVDが前田日明の管轄内かそうでないかはわからないけれど、重なったこともあり、なんだか不安になる出来事ですね。

 それにしてもアマゾン、「入力したURLが当サイトのページと一致しません」はないでしょ。発売中止となったのならそれを告知してほしいし、注文した人への払い戻し情報も必要なはず(直接、連絡がいってるのかな?)。

 この件について情報をお持ちの方がいらっしゃったら、教えてください。■□

2007.02.11

2・11健介オフィス旗揚げ興行「夢を掴め」ディファ有明、速報観戦記まとめ

2・11健介オフィス旗揚げ興行「Take The Dream vol.1〜夢を掴め〜」ディファ有明大会。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
079211sokuhotop

続きを読む "2・11健介オフィス旗揚げ興行「夢を掴め」ディファ有明、速報観戦記まとめ" »

永田裕志の「ゼア!」

pick up 連休対戦カード[旗揚げ興行「夢を掴め」2・11(日)健介オフィス(D有明)2・12(月=祝)全日本(後楽園H)2・12(月=祝)ZST(D有明)]┃柴田勝頼に上がって欲しい団体アンケート@TAKEOVER2007さん赤レンガ・プロレスフェスティバルが4月に開催決定初代タイガーマスク選手がAWA特別代理人を行います現役力士が史上初めて法廷に立つか。大相撲八百長問題で海川ひとみ無料動画シャムロックvsグレイシーが決着戦ボブ・サップが英国マット参戦ミスター・ポーゴ入院中~励ましのお便りを@ブラック・アイさん

 カート・アングルとのタッグ結成間近の永田裕志。昨夜2/10深夜の「ワールド・プロレスリング」で、敬礼ポーズとともに叫んでいた言葉がありましたね。気になった方はいます?
・ 永田アングル出迎え、即作戦会議(スポーツ報知)
・ 永田“最敬礼”!成田までお出迎え(デイリー)
・ 「チーム永田」が両国を盛り上げる!~永田選手トークショー(報告)(新日本公式)
##
イベントの最後は、永田選手が“カッコいい敬礼ポーズの仕方”をレクチャー。敬礼に最適な掛け声という「ゼア!」の大合唱と共に、参加者全員が敬礼ポーズをビシッと決め、お開きとなった。
##

 ボクはこの記事を読んでからテレビを見てたので、「おっ、ホントにゼア!って叫んでる」なんて思ってました。というわけで、本人公式「ゼア!」が叫び声とのこと。

 敬礼ポーズも進化しました。そもそもは「遠くを眺める」ポーズを永田は最初したつもりだったのが、まわりの解釈で敬礼ポーズになっちゃったようなんですが。

 やっぱり「there」ってこと? ネット上の辞書からいくつかピックアップ。

▼そこに, そこで, あそこで, そこへ, あそこへ(地点の意味か方向の意味かは, 動詞による)
・ How did you get there?どうやってそこに着いたのか
・ Stay there. [=Stay in there. ]そこにいなさい
・ Look there.あそこを見なさい
・ I was on my way there then.その時私はそこへ向かう途中だった.

▼((文頭に用いて注意を引く;時に感嘆詞的;強勢を受ける))そら, ほら, あれ, それ
・ There he comes!ほら, 彼が来たぞ
・ There goes our train!そら, 列車が出てしまう

 日本語にすると「さあ!」みたいな感じでしょうか。また、こんな応用?もあるようです。

▼there, there ((慰め))まあまあ, さあさあ
・ There, there! Let's discuss that later.
まあまあ, あとで話そうよ.

 お茶を濁したいときは「ゼア、ゼア」でいきましょ!■□

カート・アングルvsサモア・ジョーなど放映/2・10深夜ワールド・プロレスリング

 2・18両国国技館、新日本に襲来するカート・アングル。新日本ファンへの煽りとして、今夜テレビ朝日で試合が流れる。
・ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -メディア出演情報-
##
ワールドプロレスリング
2/10 放送(関東エリア26:25~)
■2006年11月19日・フロリダ州・オーランド・ユニバーサルスタジオ
 ◎カート・アングル vs サモア・ジョー
■永田インタビュー
■1・27後楽園ホール
 ◎永田、飯塚 vs 矢野、石井
 ◎永田選手試合後コメント
全国放送日時一覧はこちら


Yahoo!テレビより
ワールドプロレスリング「2・18両国電撃参戦カート・アングルTNAでの激闘をパートナー永田裕志が解説!」
2月10日(土) 26:25~26:55
テレビ朝日 Gコード(8363850)

##

 アングルのプロフィールはこちらに。 
・ 【2/18 両国国技館】カート・アングル(TNA)選手参戦決定!(新日本公式)
・ カート・アングル - Wikipedia

 現在8試合が発表されている両国。 
・ 2月18日(日) 両国国技館 PM3:00試合開始(新日本公式)
##
▼It’s real! It’s impulse!
永田裕志&カート・アングル vs トラヴィス・トムコ&ジャイアント・バーナード

##

 大会まであと1週間。全日本両国(2/17)とともに両国2連戦となる。別記事にて両大会のカードはまとめようと思っています。

 チケットの売れ行きはどうなんだろう? 1・4から連続してプロレス界老舗団体がビッグマッチ。いい流れよ、続け!■□

2007.02.10

試合つまらない、ファン涙の抗議/2・9上井ステーション後楽園ホール

pick up 越中が新日本メインで長州撃破。両国では維震軍時代のテーマソング<SAMURAI>で入場へ「新日をひっくりかえすって」前田さんと対談してきた@高阪剛桜庭和志「僕がいちばん言いたかったこと。」Number独占インタビュー全文靖国神社でちから祭り今年も開催! ZERO1-MAX日程リアルタイムの四方山話、更新停止@ブラックアイさんカス野郎プロレスが伝える“心の繋がり”#152 「仕事がないっ!!」@鈴木浩子HG&RG単独ライブ「キューバの伊達男」開催決定ボクサー定年37歳目前の辰吉丈一郎が世界への思い激白30歳を超えてもプロボクサーになれます

川田利明がメインに登場も、ファンは「試合がつまらない」と涙の訴え。毛利昭彦は“オレだけのスーパーUWF”宣言。2・9上井ステーションで何が起きた・・・

続きを読む "試合つまらない、ファン涙の抗議/2・9上井ステーション後楽園ホール" »

2007.02.09

前田日明、リングス再興は「年内に発表」/コメントほぼ全文

pick up 2・9(金)上井ステーション後楽園ホール全対戦カードネット社会の功罪を痛感@布施鋼治LUCHAS ?@高山善廣曙vs元リキシ&荒谷2代目スーパー・タイガーのデビュー戦相手は日高郁人PRIDEラスベガスでノゲイラ弟vsソクジュ、ヨアキム・ハンセンvsアイルランド決定相撲協会、講談社を提訴へジャガー横田夫妻ユニセフPRでラブラブ藤原紀香がミニスカ姿でパチンコPR

2月8日にサムライTVの番組で前田日明と高阪剛が対談を行った。昨年には「来年(2007年)」と予告されていたリングス再興について、「年内に発表」と慎重路線を強調した・・・

続きを読む "前田日明、リングス再興は「年内に発表」/コメントほぼ全文" »

2007.02.08

プロ野球からK-1へ華麗な転向、立川隆史さん

 「K-1 JAPAN戦士育成プロジェクト」として開催する25日の第1回トライアウトを、元プロ野球選手が受験する。日刊スポーツは一面で報じた!

070208tachikawa

・ 谷川氏は「応募者には元プロ野球選手が2人いる。20代後半か30代で元4番打者。みんな知っていると思う」(デイリー)
・ ロッテ元4番立川がK-1テスト挑戦 - 野球ニュース : nikkansports.com
・ 谷川EP、立川氏のK-1参戦否定せず - バトルニュース : nikkansports.com
##
・ プロ野球の元4番打者がK-1入りに挑戦する。ロッテと阪神でプレーした元プロ野球選手の立川隆史さん(31)が「K-1 JAPAN戦士育成プロジェクト」に応募していることが7日、明らかになった。立川さんは25日の第1回トライアウトを受験する。ロッテ時代に4番打者も務めた右の強打者はK-1戦士転向を決意。K-1を主催するFEG側も、同プロジェクトの超目玉として早くから注目していた。合格すればプロ野球選手からK-1へ、史上初の華麗な転向となる。
・ 関係者には転身の気持ちをこう伝えたという。「野球は好きだったけど、K-1も同じスポーツとして共通する面はあります。肉体的にはまだ自信があります。トライしてみたい」。
・ 身長183センチ、約100キロの体格は、K-1が探し求めてきたヘビー級クラスの体格にもピッタリと合致する。

##

 K-1のKは「硬式野球」のKでもある・・・っていう冗談はさておき、これは合格となればセンセーショナルな出来事。格闘技が一流のスポーツマンに挑戦される世界であることが素直にうれしい。「ワールドカップ構想」や「協会、コミッションづくり」という枠組み作成と平行して、こういう夢のある世界であれば中長期的なメジャースポーツになっていくに違いない。

 右の強打者は右パンチ、右キックも強烈なのか? 実況の仕方まで気になってくるよ。

 同じく、格闘技とプロ野球つながり?の話題。
・ 武藤敬司(全日本)vs井川慶(ヤンキース)(週刊プロレス 2月21日号)
・ ヤンキース井川慶投手(27)が7日(日本時間8日)、今オフに結婚したことを発表(ニッカン

 おめでとうございます!■□

格闘技無料動画が消える!? 著作権団体ら、ユーチューブに要請

pick up GPWAの会合が行われました@中村祥之今後のGPWA活動に有意義な会議人気沸騰!越中詩郎 IWGP挑戦表明だってK-1ワールドカップ構想K-1、歴史的転換K-1選手育成プロジェクトにプロ野球、アメフト、ラグビー、相撲界から参加者続出若武者「プロレスサミットへの道」公式サイト異色メジャー対談 武藤敬司vs井川慶KID、ミルコUFCほか格闘技通信2/8発売

 著作権を所有する側よりユーチューブに要請があったというニュースが。
・ 著作権団体ら、ユーチューブに警告以上の処置を要請 - 東京 AFP BB News - BETA -
##
 日本音楽著作権協会(JASRAC)など国内23団体・事業者は7日、動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」の創設者らと日本の動画コンテンツの違法アップロードに関して協議を行った。ユーチューブ側は、違法アップロードをユーザーに警告する日本語文の掲載に合意したが、権利者団体側はさらなる厳しい処置をとるよう要請した。
 来日したのは、ユーチューブの創設者であり共同CEOのチャド・ハーレー氏(Chad Hurley)氏とスティーヴ・チェン氏(Steve Chen)氏、さらに親会社グーグル(Google)のDavid Eun副社長。日本の権利者団体・放送事業者代表らとの協議は初となる。
 日本側はユーチューブに対し、著作権侵害に対する警告文の表示以外に、アップロードを行うユーザーの氏名・住所の登録や、知的財産権を侵害する投稿の事前拒否を求めた。この要望については、権利者団体らは昨年12月、ユーチューブに側にこれら3点を要請する書簡を送っていたという。また昨年10月には、TV番組や商業ビデオ、プロモーション・ビデオなどの違法投稿、2万9549件を削除させていた。
 JASRAC関係者によるとユーチューブ側は、今後1か月以内に警告文を掲載する処置に合意したが、ユーザーの氏名や住所の登録や、過去に違法アップロードのない投稿者の投稿を拒否することは難しいと反論した。
 昨年11月にグーグルに約16億5000万ドル(約1991億円)で買収されたユーチューブは、最近は著作権侵害を犯したユーザーを追跡し、警告3回でアカウントを削除していると説明したという。

##

 警告3回まで!?というのはなんだかプロレスみたいですが、なんらかの対策をしていかなければ関連団体への申し開きができないんでしょう。「誰でも動画を投稿できること」がユーチューブの“発明”足りえるところだが、どうしても「著作権が無視されること」と表裏一体となってしまう。

 スカパーなどに入ってなくても、ファンがアップした動画がすぐに観れる。ズルは本当はよくないけど、娯楽として、資料として、ついつい観てしまうんですよね。さて、この問題、どうなるか。でも、ユーチューブだけじゃないですよね。似たようなのもある。

 深夜残業で“午前様”でした。今夜はここまで。■□

2007.02.07

梅木良則レフェリー、「火の呼吸」講師として登場

 時の人となってしまった梅木良則レフェリー、講師として登場。
・ 【パンクラス】3・4クンダリーニヨーガLEVEL1「火の呼吸」体験レッスン開催(GBR 2007/02/06)
##
 3月4日(日)東京・広尾のピーズラボ東京(P'sLAB)にて、クンダリーニヨーガLEVEL1「火の呼吸」の体験レッスンが開催される。
 ヒクソン・グレイシー、近藤有己をはじめ多くの格闘技選手やスポーツ選手が行っていることで有名な「火の呼吸」。講師はパンクラス直営道場ピーズラボ東京で指導にあたっているKundalini.jp公認「火の呼吸」インストラクターの“色白のイイ男”梅木良則。

##

 梅木レフェリーは、秋山成勲失格問題で揺れた桜庭和志vs秋山戦のレフェングを担当。桜庭の主張を退けたことでファンからの強い風当たりを受け、ブログも閉鎖するに至っている。主催者からの処分も下された。
・ 2007-01-14 くまページBlog : 秋山成勲選手の処分が発表。
##
ボディチェックでオイルが判明できなかった芹沢審判員、平審判長、磯野審判員、大成審判員、梅木審判員のギャランティ50%没収。
またグローブ及びボディチェック両面でミスのあった芹沢審判員は、6ヶ月間の職務停止処分。
桜庭選手のアピールに対して対応しなかった和田審判員もギャランティの50%を没収。

##

 秋山の行為は考えられないレベルの“反則”であり、想定外のモラルの低さが露呈されたもの。その点で梅木レフェリーは“被害者”でもある。ただ、そこは命を預かる格闘技の裁き手として、責任はまっとうしなければいけない立場なんである。今回、いちばんの当事者となったことで、今後のルール整備などでのリード役になっていってくれることでしょう。期待してます!

 “再出発”が火の呼吸インストラクターというのは、ちょっとタイミングが悪い気もしますね。もちろん、ルール整備へのミーティングもここしばらくやっているんでしょうけれど。

 それにしても、再出発を静かにやっていきたいと思われるのに、「“色白のイイ男”梅木良則」とわざわざ書いたGBR・・・。どうしたんでしょう。

 パンクラスの話題。
・ PANCRASE 2007 RISING TOUR 3.18 後楽園ホール大会(パンクラス公式)
##
PANCRASE 2007 RISING TOUR
日 時 :2007年3月18日(日・昼)
       OPEN 11:30 / START 12:00
会 場 :後楽園ホール

▼ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
川村亮 vs 金原弘光
※パンクラスの次世代を担う川村が日本人トップファイターと初激突! 川村が豪快なKO勝利を挙げるのか? それとも、“リングス最後のエース”と呼ばれた金原が強靭な肉体と日本屈指のテクニックで無敗のホープから鮮やかな一本勝利を挙げるのか?

▼ライト級戦 5分2ラウンド
星野勇二 vs 昇侍
※以前はパンクラス最激戦区ウェルター級でランキングにも名を連ねた星野が階級を下げ、パンクラスライト級で暴れまわるのか?それとも、目下2連勝中の衝撃KOマシーン昇侍が3つ目の勝利もKOで飾るのか?

##

 “リングス最後のエース”金原弘光が出陣!■□

SPA!に高山善廣、AERAにメカマミー

pick up 俺の為に、あの曲をショートバージョンにアレンジしてくれたMr. Sakakibara とMr. Kato に心から感謝@ミルコ・クロコップミルコは小さなケガを沢山抱えていた@ヒロシです(涙)。さんK-1一夜明け会見 TV平均視聴率はMAX歴代最高を記録!谷川氏総括大阪プロレス・デルフィンがノリ励ましたセンダイガールズ、里村の1勝だけ…5対5シングル戦中西が中邑を下し越中を挑発

 2/6発売分の『SPA!』に高山善廣、2/5発売分の『AERA(アエラ)』にメカマミー。一般誌へのプロレスラー掲載情報をキャッチ。まとめてチェックできるかな、と思いネットカフェに来てみた。

 『SPA!』では、「超保存版 20~30代[私はこれで救われた!]白書」特集の中で高山の記事がカラー半ページ。脳梗塞から見た目回復したように見られながらも、1年たっても続いた違和感。不安だったという。
##
・ 幼少期のコンプレックス。「喘息の持病などがあったので、ずっと『自分に光が当たることなんてない』と思ってました」
・ 彼を変えたのがアントニオ猪木。猪木に憧れ、著書に書かれていたトレーニング方法をまね、スクワットで体を鍛えはじめた。
・ 憧れのプロレスラーになれたんだから、(脳梗塞に倒れて苦しんだが)引退なんて考えもしなかった。仕事であれ、趣味であれ、自分にとって何物にも代えられない物を持つことが大事。

##

070206takayama

 辛口の高山の記事で「猪木への憧れ」というのも(回想ながら)違和感があるが、それだけ猪木には色褪せない現役時代がある。そして、高山の人生の骨子がコンパクトに詰まった記事。ぜひ、立ち読みかご購読を。

 一方の『AERA』なんですが、こんな記事。
・ ☆Infomation☆(DDT XXXch Official Web)
##
■ 2月5日(月)発売の朝日新聞社発行AERA(アエラ)にメカマミー掲載のお知らせ
2月5日(月)発売中の朝日新聞社 発行のAERA(アエラ)P76ページに「プロレス界にメカ旋風を巻き起こす新進気鋭のメカレスラー」としてメカマミーの記事が掲載されました。定価360円

##

 さて、どんな記事だ・・・と探してみるが、アエラが置いてない。ネットカフェに来た意味なし(涙)。

 アエラはメジャー雑誌じゃないのかな? 総合週刊誌ランキングで検索。
・ BIGNET
##
1位 週刊文春 文藝春秋
2位 週刊新潮 新潮社
3位 oricon style オリコン
4位 週刊朝日 朝日新聞社
5位 週刊現代 講談社
6位 週刊東洋経済 東洋経済新報社
7位 週刊ポスト 小学館
8位 Weeklyぴあ ぴあ
9位 ダイヤモンド ダイヤモンド社
10位 FRIDAY 講談社
11位 週刊プレイボ-イ 集英社
12位 SPA! 扶桑社
13位 AERA 朝日新聞社
14位 FLASH 光文社
15位 読売ウィ-クリ- 読売新聞社
16位 週刊大衆 双葉社
17位 エコノミスト 毎日新聞社
18位 日本版ニューズウィーク 阪急コミュニケ
19位 サンデー毎日 毎日新聞社
20位 週刊実話 日本ジャ-ナル

##

12位 SPA! 扶桑社
13位 AERA 朝日新聞社
 微妙な位置づけなんですね。というわけで、オチがないんですが、ここまで。■□

2007.02.06

小橋建太「レスラーに戻す作業をしても良い」

pick up ナイキに抗議電話殺到!秋山陣営は懇願2月6日発売「週刊SPA!」に高山善廣圧勝のミルコにマスコミは大ブーイング@BurningSpiritさん7か月ぶりブログ再開・・・この春から色々やっていこうと@高阪剛ブログ移転@格闘技通信 編集長・三次敏之週刊誌「週刊現代」を告訴へ=八百長報道で相撲協会紀香17日挙式ファン閉め出し猫ひろし15センチ高い美女と結婚だニャー

 2/5(月)にプロレスリング・ノア、小橋建太がラジオ生出演。テリー伊藤「のってけラジオ ニッポン放送」にて。

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」に様子が出ていた。出演は30分間。小橋の声を拾ってみる。
##
・ (昨年12/10)武道館でファンの大歓声をもらってから受けた12月20日の検診は、主治医が驚くほど数値がよかった。これ以上の薬はなかった。
・ 筋肉を増やすタンパク質の摂取は、腎臓に負担がかかるので制限されてきたのですが、もう少し摂っても良いと言われました。
・ これまでは普通の人の生活に戻す作業だったのですが、これからはレスラーに戻す作業をしても良いということ。
・ (復帰時期)30代のうちに復帰したかったけど、40代になってからですね。(※誕生日3/27以降ということ)
・ この際だから、ヒザとか腰とか他に悪いところもキッチリ治して復帰したい。逆にチャンスでもありますから。
・ いつ辞めても悔いが残らないように一戦一戦全力で闘ってきましたけど、いざプロレスラーを辞めろと言われた時、とても悔しかった。

##

 やはり、プロレスラーは歓声なしでは生きていけない!? 順調に回復している様子。「これからはレスラーに戻す作業をしても良い」というセリフ、そんなにカンタンなことではもちろんないと思うが、こういう前向きなセリフを公の場で言う小橋がいることが嬉しい。ムリをしないで、でもこのまま回復していくことを祈りたい。

 小橋の順調な回復ぶりにも感嘆したが、こっちに描かれている“練習の虫”ぶり、そしてファンによる書き込みの描写ぶりにまたまたびっくり(なぜか今まで見る機会がなかった)。
・ 小橋建太 - Wikipedia

 プロレスファンに愛される小橋は、自身によるプロレスへの愛情も半端じゃない。「プロレスと結婚」はネタでもなんでもないんだなと改めて実感。


※8:20追記
 こちらのブログで詳しくレポートされています。素晴らしい!
・ Sky Blueと緑の大地!:小橋建太を目一杯!!
・・・内容は重い。覚悟して読んでください。■□

2007.02.05

K-1 MAX 日本代表決定トーナメント結果/そして3・12HERO'S開幕戦はTBSが当日放送へ

 夜9時からTBSで放映された。小比類巻か、佐藤かと注目された日本代表の行方、どうなった?
・ 【夜11時頃解禁】Ameba presents K-1 WORLD MAX 2007 ~日本代表決定トーナメント~(FEG公式)
・ 【深夜3時解禁】K-1 WORLD MAX 2007~日本代表決定トーナメント~(スポーツナビ速報)
##
▼第2試合 トーナメント1回戦 3分3R延長1R
×小比類巻 貴之
 3R判定 1-0
 延長R判定 0-3(8-10、9-10、8-10)
○アンディ・オロゴン
試合詳細

▼第10試合 トーナメント決勝 3分3R延長2R
○佐藤 嘉洋[第7試合勝者]
 1R 2分25秒
 KO
×TATSUJI[第8試合勝者]
試合詳細

##

 なんとアンディ・オロゴン(ボビー弟)が小比類巻を延長ラウンドで破る波乱! 判定ながら、延長ラウンドでアンディがダウンを奪っていたので文句なし。知らなかったんですが、アンディ有利という声もあったようですね。されど、アンディはデビュー3戦目。ベテラン小比類巻が敗れたのはショッキングだった。

 ボクはMAXはこれまでほとんど見てこなかったので、小比類巻が脱落したらもう馴染みのない選手ばかりになってしまう。途中から他のプロレス関係の録画を観て(すみません)、決勝戦の最後に戻ってきた。昨年と同じ顔合わせだったらしいけれど、ピンと来ないまま放送終了。決着はスッキリ。

 そのあとに・・・HERO'S予告。桜庭和志の顔が映る。やっぱり“色気”が違う。「英雄誕生」という文字が躍り、「HERO'S 2007開幕戦!」とナレーションが入った。無事に放映されることにはホッとする。(桜庭がどうこうというアナウンスはありませんでしたね)

070205saku

 桜庭が出場予定選手に名を連ねている3月12日(月)名古屋市総合体育館レインボーホール大会はTBSで当日夜9時放送。桜庭が予定通り復帰したとしたら、全国に中継されることとなった。“いい時間”で格闘技を中継し続けるTBS。フジが格闘技を扱わなくなったいま、独走状態に突入か。されど、コンテンツ内容がなかなか追いつかない側面も・・・。果たしてHERO'S、どんな相手を桜庭に当てるのか。

 参考:携帯サイト「スカパー!バトルLIFE」から(2月4日)谷川貞治プロデューサーのコメント。
##
谷川貞治プロデューサー
「(桜庭和志選手の名前がありますが?)こちらで候補の相手を決めて返事をもらうという形になると思います」

##

■□

中村ノリ選手は名乗りを挙げてきましたか?

 携帯サイトだけかな? 谷川貞治K-1プロデューサー、UFCダナ・ホワイト氏のコメントを拾っておく。

 4日のK-1 MAX前日会見後の囲み会見。『K-1 JAPAN 選手育成プロジェクト』の書類審査、途中経過について谷川氏がコメント。携帯サイト「スカパー!バトルLIFE」より。
##
谷川プロデューサー
「(トライアウトに中村ノリ選手は名乗りを挙げてきましたか?)ノリさんからはないですね(笑)。でもですね、けっこうプロ野球の選手が来た来た! 来たんですよっ!!(鼻息荒く) あとお相撲さんとか、ラグビーでレギュラーだった人も来ました。そうだ、中学生も来ていましたよ。その中学生は自己アピール欄に『前蹴りならアーツに負けない!!』と豪語していましたね(笑)。現在で応募は30~40名来ています。とにかく面白そうなので、いろいろ呼んでトライアウトしたいです!!」

##

 有名選手はないでしょうけれど、プロ野球選手はカラダはしっかりしていそう。集まるもんですね、ホーストとベルナルドがコーチという魅力もあったか!

 携帯サイト「kamiproHand」には、UFC大会(ミルコ参戦)直後のダナ・ホワイト氏のコメントが出ている。
##
ダナ・ホワイト代表
「ミルコが『PRIDE』の曲を使うことは承認したよ。こちらからリクエストはしなかったけどね(笑)。
(日本市場については?)
近々進出を考えている。イギリスでの大会開催も既に決まっているし、カナダ、メキシコ、ヨーロッパへの進出も考えている。世界を制するつもりだ。そのために世界中のトップファイターを獲得するよ。
(ミルコがこの会見にいないが、大金を払っているのになぜ彼をPRに協力させないんだ?)
それは、いい質問だ。俺もそうしたいよ。彼は難しいファイターなんだ。ほかのオーガニゼーションでもそうだったらしいしね。世界中からいろんなファイターが集まっている証拠でもあるよ。プロモーターとしてはフラストレーションが溜まるけどね(笑)。
(一部では、エド・フィッシュマンが『PRIDE』を買おうとしていると報道されているが、それはUFCの世界戦略にどのような影響を与えますか?)
まず、インターネットを見るのをやめなさい(笑)。で、UFCの世界制覇を止めないでください」

##

 近々、日本進出! UFCのファイターたちにミルコも入って来日するんだろうか。「世界中のトップファイターを獲得するよ」という発言には勢いを感じさせるなぁ。ミルコに手こずっている点についても、正直に告白。

 ミルコについては「プロモートする側の人間として言わせて貰うと、シリアスにファ○ン・フラストレーションが溜まるよ」といったダナ氏の発言、マスコミの不快感がこちらの記事にあり。
・ GBR>試合結果>【UFC】快勝ミルコ・クロコップ、次は4月21日英国マンチェスター大会

 自らの責任で喋るプロデューサーは、いろんな情報の発信者となる。■□

やっとHERO’S第1弾発表 ~格闘技界、今そこにある危機~

pick up 2・5K-1MAX有明カード日本最強争い!前日会見精査@前田日明ミルコ、UFC衝撃デビュー@布施鋼治桜庭和志Numberインタビュー@桜庭自伝『ぼく。』編集者・angle JAPANさんパンクラスが4・8沖縄大会開催全日本プロレスの変質、3月後楽園ホール5連戦@いしかなさんくまページBlogさん@総合格闘技レフェリー名鑑 2007その1その2その3ザ・グレート・サスケ県議、知事選に意欲T-1二見社長、ターザン山本氏と2・23トーク鬼は外!池上本門時@鈴木みのる小島聡&丸藤正道2ショットジャガー横田出版サイン会ライブドア社員ファイター、ZSTデビュー

桜庭和志も参戦予定選手に名を連ねた3・12HERO’S名古屋、開催が決定。2007年のHERO’S第1弾大会となる。HERO’S、K-1、PRIDEそれぞれの大会日程を整理してみた・・・

続きを読む "やっとHERO’S第1弾発表 ~格闘技界、今そこにある危機~" »

2007.02.04

ミルコ速報&キッド情熱大陸

ミルコ速報&キッド情熱大陸

携帯から。

写真は『週刊文春』2月8日号、
レスリングでの山本“KID”徳郁の脱臼の瞬間。
わかりますか? マット上で写真左向きに拳が出ている、
これがキッドの右腕。曲げてはいけない方向に直角に曲がっている。


本日4日の新聞テレビ欄から。

▼23:00〜23:30
TBS『情熱大陸』
不屈!五輪の神様が山本キッドに与えし試練

▼23:55〜24:35
日本テレビ『うるぐす』
速報ミルコ・クロコップ新団体戦

▼25:20〜25:50
日本テレビ『プロレス』(ノア)
スワ最後▽ドラゲー


※17:15追記 結果モレ注意
ミルコ参戦のUFCは「WOWOWの『UFC-究極格闘技-UFC67』で、2月5日(月)22:00からオンエアーされる」とのことですので。

続きを読む "ミルコ速報&キッド情熱大陸" »

桜庭和志 僕がいちばん言いたかったこと。

pick up 赤パン変更?田村潔司とDr.コパの異種格闘対談煽りVは嫌味な気がするほど・・・公開計量、ミルコの登場にUFCファン大歓声IWGP、GHC、三冠王者が池上本門寺節分会で揃い踏み棚橋・永田・天山・中邑が豆まき敢行小川直也、ハッスル買収劇に怒り心頭みのるvs小島、2.12タッグで三冠前哨戦ノア次期シリーズ、主要カード沢山のテレビ関係者の方々からも「奇跡」だと言われました@佐々木健介なんと大山峻護が、美輪ワールドの住人に

大晦日決戦後、桜庭和志が雑誌に登場するのは初めて。あの試合の一部始終、そして、総合格闘技の未来を語った独占インタビュー。2月1日発売の『Number』671号に掲載された・・・

続きを読む "桜庭和志 僕がいちばん言いたかったこと。" »

2007.02.03

小橋建太、生放送で登場/テリー伊藤 のってけラジオ

 読者からメールをいただいて知りました。プロレスリング・ノア、小橋建太がラジオ番組に出演決定!
##
小橋健太が5日の月曜日、ラジオ出演するそうです。
番組はニッポン放送<テリー伊藤 のってけラジオ>です。今日の放送で予告してました。
番組サイトにも出ておりました。
番組自体は13時開始ですが、多分小橋が登場するのは14時あたまからのコーナーかと思います。このコーナー、ほぼゲストが生出演なので、かなり聞く価値あるかと。

##

・ テリー伊藤 のってけラジオ ニッポン放送
##
「今・この瞬間」世の中で起こっている「面白いコト」を毎日お届け! テリー伊藤が独自の視点で最新の話題をメッタ斬り!! 芸能界、政界、スポーツ界の話題のアノ人から、はては正体不明の人物まで?! 「豪華ゲスト」や「ニュースの主人公」が続々登場する2時間半の爆走プログラム!

2月2日以降のゲストは・・・
2月2日 周防正行監督
2月5日 プロレスラー小橋健太さん
2月6日 月亭八方師匠
2月7日 T.R.F
2月8日 山本譲二さん
2月9日 中西保志さん

##

 さらに、携帯サイト「プロレス・格闘技DX」にも情報が出ました。
##
ニッポン放送(1242kHz)
放送時間 13時~15時30分(生放送)
※小橋選手は14時~14時30分の出演となります。

##

 声を聞かせてくれるのは嬉しいこと。屈強な小橋といえども、復帰をめざす闘いは孤独な面もあるでしょう。こういった番組に出て、気分転換してほしいですね。テリー伊藤氏との会話も面白そうだ。30分間、出っぱなし? けっこう長い。興味のある方は、ぜひチェックを!

 ノア公式サイトには、こんな告知も。
・ 2007年2~3月ツアー "Navigate for Evolution '07" 各会場にて小橋建太直筆「一生懸命サイン色紙」をプレゼント
(ノア公式)

##
現在リング復帰を目指している小橋建太選手より、いつも応援して頂いている皆様へ、小橋建太直筆「一生懸命サイン色紙」をプレゼント致します。
■ 実施日:2月15日後楽園ホール大会~3月4日 日本武道館大会(予定)
■ 対象者:
小橋建太Tシャツ「COME ON」
1枚¥3,000 サイズ XL、L、M、Sをお買い上げの方
*サイン色紙はTシャツ1枚お買い上げにつき1枚の贈呈
*休憩時間終了以降及び通信販売でのお渡しは行いません
*早期に予定枚数を終了した際はお渡し出来ない場合がございます事を予めご了承下さい

##

 「一生懸命」色紙とは、小橋らしい!

 自分にできることとして、考えたんでしょう。目立つことなく、でもファンの声にゆっくりこたえながら、小橋建太は未来に向かって根気よく歩いているのだ。

※カツ/鰻さん、情報ありがとうございました!


=参考 12月の登場記事、年明けの小橋記事=
・ スポーツナビ | ニュース | 欠場中の小橋が武道館に登場! ファンに向かって力強く復帰宣言=ノア
・ 2006.12.10 カクトウログ: 12・10ノア日本武道館、速報観戦記まとめ
・ 2007.01.07 カクトウログ: 小橋建太、手術後5か月を語る

■□

健介旗揚げ戦、地上波放映が決定!

pick up 鈴木みのる、一日警察署長エド・フィッシュマン氏、PRIDE買収交渉@おまえらの好きにはさせねえ!さんUFCがミルコの次に神の子KIDに興味HERO’S側はUFC社長発言に困惑ミルコがドタキャンで「わがまま」健在格闘家キモが米国で5月にNEFを旗揚げオーレイ・クエンチ・ボディローション・エキストラ・ドライスキンを塗ってみました@angle JAPANさんKID五輪挑戦継続明言なんくるないさ(なんとかなるさ)三沢vs.杉浦ほか、5大シングル戦が決定=ノア3・4武道館もう1月も終わりだよな@武藤敬司#151 「スペイン語」@鈴木浩子ひなバトルに永田さん参戦@多重ロマンチックさん永田裕志が2・10代々木トークイベント開催新日本プロレス2・18両国に中西vs越中、中邑vs真壁など追加

 本日3日は、節分。佐々木健介&北斗晶は恒例の池上本門寺節分会に登場する。

 晴れやかな日、朝からニュース紙にはこちらの記事が踊った。1週間後に迫った2・11「健介オフィス旗揚げ興行 Take The Dream~夢を掴め~」大会の地上波テレビ放送、決定!
・ 健介旗揚げ戦いきなり!地上波進出(スポニチ)
・ 【健介オフィス】旗揚げ戦を地上波放送!北斗「視聴率を取る」(サンスポ)
##
11日にディファ有明で行われる旗揚げ戦が地上波で放送されることが2日、決まった。旗揚げしたばかりの団体が新日本、ノアのメジャーと呼ばれる老舗といきなり肩を並べた。これも佐々木健介、北斗晶夫妻の知名度のたまもの。会見した“鬼嫁”北斗晶は「地上波で放送されるなんて奇跡。バラエティーの優しい健介ではなく、戦っている強い健介を見てもらいたい」とPR。放送はテレビ東京(関東ローカル)で3月11日、深夜2時40分から30分間。内容は昨年7月に負った左眼窩(か)底骨折から復活する健介の姿、当日メーンで行われる中嶋勝彦との師弟対決の模様が中心となる。また、北斗はリングサイドで試合の解説を務める。
##

(追加。こちら詳細→健介オフィス旗揚げ戦 地上波だ@デイリー

 快挙! でも・・・1か月後の放映で深夜。

 テレビ東京には感謝したいが、佐々木健介の価値って、もっとあっていいと思う。ゴールデンタイムでやっていい! それだけ、プロレスの不思議さや閉鎖的ムードを打ち破るキャラクターとファイトスタイル、健介ファミリーにはあるとボクは思うのだ。

 3か月前に、当サイトでこんな提案をした。
・ 2006.11.11 カクトウログ: レダ・加畑雅之社長、上井ステーション支援~プロレスへの偏見を乗り越えて~
##
たとえばボクがテレビ局の人間だったら「健介プロレス」なんて番組を考える。佐々木健介ファミリーを中心に、いわゆる“強いフリーレスラー”を主役としたい中継イベントを立ち上げる。健介ファミリーのキャラ(北斗晶など)も生きてくる番組作りもあっていい。されど放映の最後は、健介の試合でビシッとシメる。知名度を使った引き込みと、質としての試合保証の両輪が成功のカギ。
##

 ゴールデンでやるだけのボリューム、話題性もある。視聴率もけっこういけると思うんです。格闘技とは違う新しい目玉として、プロレスに再びスポットを当てる地上波局がそろそろ出てきてもいいんじゃないかなぁ!

 旗揚げ戦の対戦カードはこちら。
・ 健介オフィス ニュース:BATTLE INFO
##
<健介オフィス旗揚げ興行 Take The Dream~夢を掴め~>
■日時:2007年2月11日(火)15:00
■場所:ディファ有明

[3=メイン]佐々木健介 vs 中嶋勝彦
※健介と中嶋、シングル初対決。
[2=セミ]小島聡(全日本) vs 三島来夢
※この試合が三島の健介オフィス入団テスト。試合後お客様に起立してもらい半数以上なら合格。半数以下なら不合格となる。半々の場合は選手アドバイザーのマサ斎藤が判断する。
[1]4選手タッグマッチ
村上和成(BIG MOUTH LOUD)
ストーカー市川Z(DORAGON GATE)
DJニラ(K-DOJO)
菊タロー(フリー)
※現時点でストーカー市川Z選手、DJニラ選手、菊タロー選手が「村上と組むのなら良いが試合で対戦するのは怖いから嫌だ!」と申しておりますので、チーム分けにつきましては、現在調整中でございます。原則的に2対2の対戦となります。チーム編成が出来次第、追って発表させて頂きます。

##

 大会テーマの「夢を掴め」そのままに、深夜ながらも地上波進出は絶好の機会とはなっていく。2007年、健介プロレスが他団体の脅威となるか。いよいよ、佐々木健介が本格始動だ。■□

2007.02.02

秋山成勲、ナイキCM出演

pick up 高山善廣、ジュニア初ダッコ写真記憶の中のノーフィアーHERO'Sでは今年もライトヘビー級(85kg)とミドル級(70kg)で、トーナメントを行なう予定なので桜庭和志が2年連続でエントリーすることは考えられる重大発表!ハッスルがDSEから独立 高田総統が全権を掌握!?PRIDEラスベガスにショーグンVSアリスター追加蝶野&山本が負傷で戦線離脱へ=新日本プロレス中邑が真壁の挑戦を受諾、両国で実現か全日本の武藤敬司が「お受験」に挑む

 火に油を注ぐとは、このこと。
・ 【音が出ます注意】YouTube - ナイキCM
・ 秋山がCMで世界のアスリートと競演(ニッカン)
・ J-CAST ニュース : 「ヌルヌル」秋山出演 ナイキCMに大ブーイング
##
・ 総合格闘家の秋山成勲選手が、2007年2月3日からナイキジャパンの新テレビCMに、ロナウジーニョなど世界のトップアスリートと共に出演する。「K-1」の試合の前に全身にクリームを塗り「ヌルヌル」にしていたことが発覚した罰として「K-1」への無期限出場停止処分が下されたばかりだけに、ネット上では「ナイキのイメージが壊れる」など一斉にブーイングが起こっている。
・ 選手たちはブランド「ナイキプロ」のトレーニング用ウエアを身に付けている。ユーチューブには既に映像が流れていて、秋山選手のシーンは左腕をグルグル回し、軽く飛び跳ねている、というものだ。
・ ナイキに秋山選手が、世界のトップアスリートと認められたのは非常に名誉なことだが、06年大晦日の「K-1 Dynamite!!」の「ヌルヌル不正試合」で無期限出場停止処分が下された印象はまだ強く残っているためか、ミクシィ(mixi)やライブドアのブログ、「2ちゃんねる」などの掲示板はナイキに対するブーイングの嵐だ。
・ 「色んなカテゴリーの様々な選手をCMを通じ描く中で、(秋山選手は)適切なアスリートと考えています。(反則による無期限出場停止処分は)残念なことではありましたが、アスリートとしての活躍、実績、実力は変わらないと思っています」と同社PRチームの担当者は答えた。しかし、この時期に放送するのはちょっとマズイのではないのか。
・ 「色んな見方をする人はいるかと思いますが、会社としてアスリートをサポートする姿勢は変わりません」ということなのだそうだ。

##

 秋山成勲の登場シーンは一瞬。秋山出演という事実を告げられていても「もしかして今の秋山だった!?」くらいだった。以前から有名選手のスケジュールを押さえて撮影されてたものなんだろうし、柔道少年(※空手みたいなアクションですが)も写っているという設定もあって、カットできなかった? いずれにせよ、出すこと自体に企業姿勢が疑われる。

 アスリートをサポートする姿勢は変わりません?

 ルールを守らない者にアスリートの資格はない。大会スポンサー撤退が見込まれるほどの事件が起こった中で、逆に渦中の選手をスポンサードするナイキ。間違いなくイメージを大切にする企業なんですが、少なくとも格闘技ファンの中でのイメージは暴落した。■□

2007.02.01

こんどはみんなが桜庭和志を支える番です

pick up ハルク・ホーガン長女ブルック・ホーガン、日本でCDデビュー西口プロレス、地上波進出!2/3深夜1:50~2:20日テレマジ日曜日はくやしかった@山本“KID”徳郁視聴率6.5%KID出場レスリング@ブラックアイさん谷川氏が熱望「KIDよHERO'Sに戻れ」@東スポ→BurningSpiritさん金本浩二「藤波vs前田を超える試合をしたい」@東スポ→多事争論さんここがダメだよ!『ハッスル』 週刊ゴング統括マネージャー 杉本喜公インタビュー(後編)ミルコ・クロコップのUFCデビュー戦、2月5日にWOWOWでオンエアー“バット折り”現役グラビアアイドルがキック参戦[長文]大晦日 秋山事件なぜストップできなかったか@[K-1・PRIDE・格闘技]All About

 日付が変わって、2月となった。大晦日からは1か月。されど、事件への記憶はいまだ鮮明なままだ。

 秋山成勲疑惑を早くから追及していたライター・藤本かずまさ氏のことを取り上げた当サイト記事。
・ 2007.01.30 カクトウログ: 桜庭和志の怒りと、命懸けの記事

 今回の件をブログで取り上げた方、2つ紹介。
・ ああ桜庭・・・(つづれやさん)
##
 記者生命をかけて桜庭擁護の記事を書いたライターの藤本氏には心から敬意を表したいと思います。
それにしても桜庭は年齢、総合格闘技のレベルアップだけでなく、肉体的ハンディも多く負って戦ってきたわけですね。
 確かに三回目のシウバ戦のKO負けについて「昔は(最後のパンチを)かわせてたんだけどなあ」とボヤくように語っていたことを記憶しています。
 ミルコ戦以降は顕著に打撃を貰うようになりましたし、タックルを鋭く決めていたのもミルコ戦が最後だったような気がします。
 それ以降はニーノに不用意に近付いてバッティングくらってたし、やっぱミルコ戦が原因でしたか。

##

 桜庭の闘いをよく観察していらっしゃいます。ミルコ戦では渡り合っていた桜庭が確かにいた。

・ [格闘技][プロレス][読書][ブログ][K-1]桜庭をペンで救った男、藤本かずまさ語る・・「桜庭は目に障害」(見えない道場本舗さん)
##
 この(大晦日バックステージ)回想は日本格闘技史に残る一級資料であり、自分がある種の悪役となりつつ(ただ、安西氏のこの時の判断は決して間違いではないと思うが)率直に書き残した安西氏も評価したい。
 大晦日の藤本氏の記事とその選択は遅ればせながら、いくら褒めても褒めすぎることはない。
 ただ、「(桜庭の)視界の上の部分が二重に見えています」はどうだろう・・・?
 体調をピークに持っていくとか、そういうことでカバーできるものなのだろうか。そして、危険性はどうなのだろうか。

##

 視界のことは気になりますね。ここは主催者側にも気にしてほしいところ。安全管理という点では、視力などの把握もすることは必要でしょう。

 藤本氏の姿勢は、誰もが絶賛。今週は藤本氏の人生でいちばん誉められた1週間になったかも(笑)。だけれども、ペンでまだまだ藤本氏には突き進んでほしい。桜庭のファイナルロードは藤本氏にこそレポートしてほしいのだ。

 ありがたいことに、藤本氏本人がブログ上でリアクション。いえいえ、ボクの方こそ感動できたから書いた。感謝したいです。
・ 2007年01月31日 かっこいいカラダ:ちなみに
##
 まずは「カクトウログ」様、当ブログを取り上げていただきありがとうございます。アクセス数がいきなり増えたので驚きました。というかですね、安西さん、オーバーに書きすぎなんですよ!(週プロモバイル参照)
 大晦日のあの一戦は、総合格闘技界の「ロズウェル事件」なんです。「UFOは堕ちた!」といくら主張しても、絶対に物証は出てきません。どんなに追求しても、だれもが100パーセント納得できる回答を見つけ出すのは困難です。政府が「だから気球なんですよ!」と公式見解を発表しても、どうも腑に落ちない。あれといっしょです。
 ちなみに、桜庭選手が正座できないのはいまに始まったことではなく、かなり以前からです。ヒザは学生時代からかなり悪かったようです。ニュートン戦のときは足の親指を骨折していました。ホイスと闘ったときは、たしか足首を痛めていたはずです。
 そういう状態で、彼はたくさんの人に夢や希望を与えつづけてきました。桜庭選手は、もうあと10試合も闘わないと思います。時間は残酷にも、どんどんと過ぎ去っていきます。「プロレスラーは強いんです」という言葉に勇気づけられた人、ホイス戦での勝利を心のそこから喜んだ人、こんどはみんなが桜庭選手を支える番です。
 ぼくも今回は桜庭選手のファンに助けていただきました。みなさんが訴えなければ、山は動かなかったかもしれません。みんな、ありがとう! 感謝してます。

##

 藤本氏はあくまでも現実と向き合う。
「桜庭選手が正座できないのはいまに始まったことではなく、かなり以前から」
「桜庭選手は、もうあと10試合も闘わないと思います」

 その上で桜庭と向き合う。

 これからの桜庭に課されるハードルは、あいかわらず高い。ファンが一緒になって乗り越えていこうよというメッセージ。「こんどはみんなが桜庭選手を支える番」本当にその通りだと思う。

 桜庭の入場テーマ『スピード2』は、悲壮感と躍動感が同時に感じられる曲。ここ数日、桜庭の記事を書こうとするたびに、ボクの頭の中で曲が繰り返す。されど、この曲がかかるときは、本当はリングをめざすとき。花道を正々堂々、まっすぐ進む桜庭の姿勢がある限り、『スピード2』は鳴り止まない!■□

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー