フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.31

ブロック・レスナー、参戦決定/IGF旗揚げ戦

pick up 読売ジャイアンツに在籍したプロ野球選手の6・17ハッスル参戦浮上格闘技マスコミって、どうして・・・@前田日明オリンピックスタジアム@所英男ディック東郷ら出場、全日本「ジュニア・ヘビー級リーグ戦」開催発表第1試合は山本尚史vs中邑真輔 新日本6/1(金)後楽園全カード紀香・陣内の披露宴視聴率、関西40%

 31日、ブロック・レスナー本人のコメントがIGF事務所に届いたという。IGF旗揚げ戦への参戦決定をいくつかの携帯サイトが速報した。
##
■IGF「闘今BOM-BA-YE」
6月29日(金) 東京・両国国技館 
開場17:30 開始18:30

【参戦決定選手】
ジョシュ・バーネット、カート・アングル、ブロック・レスナー

##

 正式決定は6月2日(現地時間、ロサンゼルス)開催「Dynamite!! USA」(※ブロック・レスナーの総合格闘技デビュー戦)を終えてからだと思われていたが・・・まさかの発表! メインカードとしての「カート・アングル vs ブロック・レスナー」もほぼ決定か。

 こちらでももうすぐ発表されるでしょう。
・ IGF イノキゲノムフェデレーション
・ スポーツナビ | 格闘技

 レスナーはK-1と専属契約を結んでいる。「総合格闘技」ではなく「プロレス」での参戦ということで、IGF参戦OKとなったと推察される。ただですね、格闘技とプロレスを区別しない(というスタンスの)猪木のことだから「そんな理由でOKになるなんて、納得がいかん!」と変な意地を張るのでは・・・とボクは妄想していたんですが、さすがになかったようで(笑)。


※23:00に情報が出たので、レスナーのコメント追記。
・ レスナー参戦が正式決定=IGF(スポーツナビ)
##
IGFファン、そしてミスター猪木、6月29日最強の男が日本に上陸するぞ。
カート、ジョシュがオレと闘いたいようで、ずいぶんコメントをしていたようだが今のうちに好きな事を言っておけばいいだろう。
また、日本人でもオレと闘いたいヤツがいれば、いつでもやってやるぞ。
まあ、6月29日すべての“評決”が下されるだろう。

##

 キメゼリフをちゃんと入れるのがポイントです。■□

桜庭和志、無事に参戦決定/Dynamite!! USA

 6月2日(現地時間、ロサンゼルス)に開催が迫った「Dynamite!! USA」。いくつかの海外メディアに続いて、スポーツナビが桜庭和志の出場許可を報道した。
・ 出場許可が下りた桜庭和志、ホイス戦に向け臨戦態勢に=Dynamite!! USA/シュート・ボクセUSAのジムで猛練習を敢行(05月31日 スポーツナビ)
##
・ 桜庭は22日にロサンゼルス入りしたものの、3連休(5月の最終月曜日はアメリカの国定祝日)を挟んだこともあり、メディカル・チェックが難航。すべての工程を終え、カリフォルニア州アスレチック・コミッションの承諾が下りたのは、つい昨日(現地時間29日)のことだ。メディカル・チェック期間中は、検診上のさまざまな制約があったため、本格的なトレーニングができずじまい。ようやくすべてがクリアになったこの日、ロサンゼルス郊外のショートボクセUSAで約2時間、スパーリング中心の練習に汗を流した。
・ ロサンゼルスに着いて以来、3連休やいくつかの不運が重なり、アスレチック・コミッションの承諾を得るまでに多くの回り道をさせられてしまった。約束の時間に病院に行ったら、すでに医者が帰ってしまっていた……という日本では考えられない事態にまで見舞われたという。メディカル・チェック中は、24時間ペースメーカーを付けなくてはならないなど、練習ができないのはもちろんのこと、日常生活にすら多くの煩わしさを伴った。病院とホテル間の移動にも時間を取られ、ロサンゼルス到着以降、本格的なトレーニングができたのは今回が3回目という状態だ。

##

 メディカルチェック難航の事情、スパーリング風景写真とともに確かな情報をいち早く伝えてくれたスポーツナビはグッジョブ! おそらくいくつかの専門誌とスポーツナビが、主催者と連携をとって取材に当たっているんでしょう。

 「約束の時間に病院に行ったら、すでに医者が帰ってしまっていた」「メディカル・チェック中は、24時間ペースメーカーを付けなくてはならない」・・・タイヘンだったんだぁ。医者の帰宅は別にして、カリフォルニア州は基準が特別厳しいんでしょうか。今回のようなドタバタは前代未聞。

 公式サイトでは、メディカルチェックについては触れず。
・ 桜庭和志の直前練習に、潜入しちゃいました!!
(HERO'S公式)

##
「ああ、ダメダメ。外してくださ…」
 桜庭の上に乗っていたはずの高橋渉が、思わずそう叫んだ。ニヤリと笑った桜庭が技を外すと、「ヤバイ、ヤバイ。マジで落ちそうでしたよ…」と高橋は息を整えた。
「あれはね、外そうと思っても外れないなんだよ。腕にグローブが引っ掛かって、相手が暴れば暴れるほど技が極まっていく。だから、すぐに外そうにも外せない」と桜庭は説明した。その秘策の名前を訊くと、「さあ、なんて言うのか僕にも分かりませんね」とサク節ではぐらかした。ホイス戦への秘策かどうかは分からないが、あの形に完全に入れば、一本か失神KOになるはずだ。
 どんな技かはここでは書けないが、桜庭が下の状態でホイスを落とせば、その技だと思ってもらっていい。

##

 ホイス・グレイシー戦への秘策を披露したようだ。この技を仕掛けることができるか?

 記事を読んでいると、練習が十分できなかったにもかかわらず調子はよさそう。ホイスは寝技中心の選手なんで、桜庭も闘いやすいはず。桜庭マジック、炸裂せよ!

 スポーツナビと海外最新情報(カッコ内)を対照させてみる。
・ CSAC: June 2 "Dynamite!! USA" Near Completion(Sherdog.com)
##
■「Dynamite!! USA」6月2日(現地時間) 
米国ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム 
開場15:30 開始17:00

▼HERO’Sルール 5分5R
チェ・ホンマン vs ブロック・レスナー
(→キム・ミンス vs ブロック・レスナー
※ホンマンに許可が下りずミンスが代役に)


桜庭和志 vs ホイス・グレイシー

▼HERO’Sルール 5分3R
マイティ・モー vs チェ・ムベ
(→マイティ・モー vs ルーベン・ビジャレアル
※チェ・ムベに許可が下りずビジャレアルが代役に)


メルヴィン・マヌーフ vs ユン・ドンシク

ハビエル・バスケス vs 永田克彦
(→中止。ハビエル・バスケスの代役ゲイブ・ルーディガーに許可が下りず)

ブラッド・ピケット vs 所英男

ジョニー・モートン vs ベルナール・アッカ

J.Z.カルバン vs ナム・ファン

▼ProElite&SHOWTIME提供試合 HERO’Sルール 5分3R
アントニオ・シウバ vs ジョナサン・ウィーゾック
(→ティム・パーセイ vs ジョナサン・ウィーゾック
※アントニオ・シウバに許可が下りずティム・パーセイが代役に)


ジェーク・シールズ vs イド・パリエンテ

▼その他
元NBAのスーパースター“悪童”デニス・ロッドマンがリング上でファンに参戦をアピール

##

 主催者発表はまだだが、大幅な変更が伝えられている。特に、メインカードが本当に変更になったら大きな波紋を呼びそう。

 在米韓国人からは抗議活動が起こっているとの情報も。
・ 谷川代表「カード変更ない」…6・2「Dynamite!USA」(5月27日 報知)
##
 主催するFEGの谷川貞治代表取締役(45)は26日、「今のところカード変更するつもりはありません」と強行開催する構えを見せた。
 カリフォルニア州アスレチックコミッションがメディカル検査の結果、崔の出場ライセンスを認めなかったことが事の発端。裁定が覆る可能性は少ないが、前売り券を入手した約3万人の在米韓国人ファンからは抗議活動が起こるなどしている。谷川氏は「(ルール緩和など条件を含めて)引き続き調整します」とあくまで実現の可能性を探っていく方針だ。

##

 変更ならば、早めに発表しなければならないでしょう。そうなれば、キム・ミンスには、「男には一生に一度ハッスルしなければいけないときがある」という精神で頑張ってほしい。


※20:10追加
 こちら紹介できてませんでした。配信期間 2007年5月22日~2007年7月31日。大会に向けてのブラジル、シュートボクセ特訓の様子。ヴァンダレイ・シウバも登場する。
・ Yahoo!動画 - スポーツ - K-1&HERO’S NEWS REPORT - 桜庭和志特集 ~ブラジル、練習漬けの日々~

 桜庭「頑張れって言われても・・・自分が好きなことをやっているだけなんで。努力でもないし」。■□

ダイナマイトが個性までも爆破する?

pick up PRIDE年間スケジュールが白紙にダナさまのお言葉「結局の所、最高の選手同士が戦う、それだけが本当に大事なこと」@おまえらの好きにはさせねえ!さんDynamiteカー・桜庭さんバージョン10万人は俺たちが独占 所&マヌーフの強力タッグ伝説になることを拒んだ男――ホイス・グレイシー当初の予定通りアングルvsレスナーの一騎打ちでほぼ合意パンクラスとbodogが共同で慈善事業スコット・ノートン、ハッスル参戦決定新日本「BEST OF THE SUPER Jr.XIV」開幕直前・記者会見(出場全選手がコメント)

 開催が迫るダイナマイトUSA(6月2日=現地時間、ロサンゼルス)。参戦許可が下りないとされるチェ・ホンマンについて“下垂体に腫瘍が見つかり・・・”とされた報道があった。
・ <K-1>崔洪万、‘巨人症’波紋広がる(中央日報)
##
・ 「テクノゴリアテ」崔洪万(チェ・ホンマン、26、218センチ)が‘巨人症’と呼ばれる「末端肥大症」を指摘され、波紋が広がっている。末端肥大症とは、脳下垂体に生じた腫瘍のため成長ホルモンが過剰に分泌され、身体末端部位の顔や手足などの成長が止まらない病気。
・ 金成運教授は「崔洪万もこの事実を知っているが、治療を受けることになれば格闘技選手生活をあきらめなければならないため、国内での精密検査を避けているようだ」とし「すぐに治療しなければならない」と語った。
・ 崔洪万は大会(K-1ダイナマイトUSA)出場を控えて現地でメディカルテストを受けた結果、下垂体に腫瘍が見つかり、CSACから出場許可を受けられず、レスナーとの対戦もキャンセルされる危機に直面している。
・ K-1大会を主催するFEGの韓国支社はこれについて「崔洪万は試合をするうえで何の問題もない」とし、崔洪万の出場を推進する一方、96年アトランタオリンピック(五輪)柔道銀メダルリストの金岷秀(キム・ミンス、32)を代わりに投入する案を検討している。

##

 巨人症や末端肥大症という病気は、ジャイアント馬場やアントニオ猪木、アンドレ・ザ・ジャイアントも当てはまる。“身体末端部位などの成長が止まらない”結果、猪木のアゴが飛び出していたりする。

 現代において馬場や猪木がメディカルチェックを受けると、マット上に上がれないということもありうるのか!? もちろん細かい症状によって結果も違ってくるんだろうが、スポーツ的見地というやつはシビアである。

 かつて総合格闘技団体リングスがバーリトゥード色を強めていった際、出る選手も出る選手も柔術出身のブラジル人ばかりという現象が起こった。個性豊かな外国人選手がリングスの特長だったのに、何かが終わっていく衝動に駆られたものである。

 おおざっぱに言えば、プロレスの世界は“個性”と受け取り、スポーツの世界は“病気”と受け取る。よくも悪くもプロレスファンは、独自の世界観の中で生きている。社会のモノサシは残酷なまでに正しく、ファンを生きづらくしている。

↓こちらにも情報。韓国紙・東亜日報の英語版からていねいに事実を拾っていらっしゃいます。
・ 悲しきアイアンマン: 続報・ホンマン欠場騒動。ドクターストップの原因は頭がデカ過ぎたから!?

↓桜庭和志は心電図の異常? 桜庭が出場できなかった場合、代打は秋山成勲?
・ GAME AND MMA ダイナマイト!騒動続報

 願わくば、ダイナマイトUSA・・・桜庭和志や所英男、ブロック・レスナーらのリング上での個性は、爆破されずに炸裂することを祈りたい!

 この5月、カクトウログは今年初めての月間「毎日更新」を記録(右サイドバーのカレンダーに毎日色がついた)。ちょっとした達成感です(笑)。■□

2007.05.30

藤波辰爾、嵐の参戦問題にNO!

pick up PRIDE、ダイナマイトについてメルツァーの予想@ヒロシです(涙)。さんダナがプライド選手の今後を語る@GAME AND MMAさんKID初CM、29日から放送HG、天龍源一郎戦に向けて新技投入か「“ムーンサルトペ○ス”っていうのを考えています」全日本が50歳以上の選手を集めたマスターズプロレスを計画本間朋晃がブログを開設している48年ぶり!ミス・ユニバースで日本人が優勝M字以上!?インリン・オブ・ジョイトイ無料動画6/1(金)正午まで

 参戦可否のいったんのジャッジ期限が来た。元・全日本プロレスの嵐を無我に上げるかどうかで藤波辰爾が29日に会見。
・ 藤波辰爾・公式ブログ“飛龍革命・最新章” | 頑張れ!
##
昨日のブログで、お知らせした様に今日、午後3時から、嵐くんの無我大会への出場に関する記者会見を無我ワールド・の事務所で開いた。内容としては、私の判断として「ノー」とした。賛否両論を計る依然の問題として、結論を出した。ポスターを用意して彼の姿勢を見守っていたのだが、納得がいかず残念な結果となった。
(4/11)彼なりの意志で無我へのアタックだったのだろうが、今一度、勇気を振り絞って関係・各位への賠いと共に再度、リング復帰を目指して欲しい。出来る事を祈っている。

##

 無我の次期シリーズポスターに嵐の顔を出すところまで“進展”していたが・・・藤波がNO!

 理由としては「ひたむきさが伝わってこなかった」「まずはリング復帰よりも償いが肝心」という言葉が会見で飛び出す。先シリーズ、嵐は自費で無我の巡業に参加していたが、藤波の気持ちを動かすことはできなかった。先だっての「禊ぎじゃないけど、本当なら土下座」という藤波の“提案”も嵐は受け入れていない。

 社会で失格の烙印を押された人間をリングに上げるなんて、普通ならあり得ない。されど、藤波なりに嵐に誠意が見い出せればゴーサインを出す構えだ。このあたり、藤波ならではの正義感と人のよさが交錯する。

 人がよすぎるのが藤波の長所でもあり短所。かつて新日本離脱をほのめかしながらも、決断を長引かせ続けた藤波。自らブログで発信するという環境だけは確実に変わったが・・・。

 それでもこの案件は、嵐の復活物語というよりも、悩める藤波物語の“始まり”なのかもしれない。

 無我で伸び伸びと闘う藤波は是か非か。ライバルへのジェラシー、会社への葛藤を背負った藤波の悲壮感をボクらはずいぶん長く観てきた。藤波や西村修はいま、何を対立概念に闘っているのか。それがみえないのが無我のつまんなさでもある。

※参考記事
・ 2006年07月07日 全日本プロレスの嵐が大麻不法所持で逮捕! 永久追放へ/武藤社長「二度とうちのリングには上げない」と憤慨(スポーツナビ)

※8:30一夜明け補足リンク
・ 藤波「ダメ」嵐の無我白紙(報知)

■□

2007.05.29

猪木×前田、会談の中身

猪木×前田、会談の中身

携帯から。

IGF情報。先日ミルホンネットに「猪木が具体的な用件を切り出す前に前田が新日本時代の話を蒸し返した」と出ていた
アントニオ猪木×前田日明会談。

東スポによると、こんな会話だったとか。

前田「アンタがプロレス界をめちゃくちゃにしたんだ」
猪木「お前らがキチンと天下を取れてないから今さらオレが出ていくことになったんだ」

スケールの大きな口論だなー。
ただ、猪木が反論していたのは意外。
会談時期は“先日”とされていた。

ふたりがつくった格闘技ファンは、
大きな流れとしてはきっちり総合格闘技に結実したんですけどね。


※23:30補足リンク
 IGFイノキゲノムフェデレーション最新情報。
【070529】カート・アングル選手のメッセージ(IGF公式)
【070529】特別リングサイド 完売間近!(IGF公式)

 前田日明最新情報。
・ 週刊 前田日明

■□

あす発売の週プロ表紙

あす発売の週プロ表紙

携帯から。

あす発売の「週刊プロレス」表紙は復活した田中将斗。
「鮮烈の弾丸」

巻頭カラーは新日本プロレス、
ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア特集。

会議が延びて変な時間に“昼食”となってしまった、、、。

2007.05.28

アントニオ猪木酒場

アントニオ猪木酒場
携帯から。

今夜はアントニオ猪木酒場(池袋)に初潜入。

ダサくない、スポーツバー風でグッド。
あと、食べ物が出てくるのが異様に早い。

ビジョンで猪木vsタイガー・ジェット・シン、
vsスタン・ハンセンなどを堪能。

ホームページによると、東京、沖縄店につづいて仙台、千葉、静岡にもオープンすることが決定したとのこと!


※24:10追加リンク
 ホームページはこちら。
・ "ANTONIO INOKI"foods business project|アントニオ猪木酒場
・ 2007/04/23 いくぞー! 新店舗オープン決定、ダァー!!(アントニオ猪木酒場)
##
昨年10月に東京池袋に第1号店目をオープンしてから約半年、平均月商2,700万円(※東京豊島池袋店)と絶好調のアントニオ猪木酒場。その勢い止まることを知らず、沖縄に続き今度は、仙台、千葉、静岡にオープンいたします。
##

 いやぁ、しかし。ボクがプロレスファンになる前の猪木の勇姿をあらためてみたんですが・・・カッコいいですね。それにハンセンからとんでもないラリアートを食らっていた。■□

2007.05.27

前田日明が長男誕生を報告

pick up 柴田勝頼の指導で肉体改造中・・・柴田&船木と3ショット柴田勝頼×船木誠勝対談(後半)@TAKEOVER2007さん前半柴田勝頼に対戦アピール 内藤征弥(慧舟會)ケージフォースにて┃動画【音出ます注意】MTVアワード[マーク・ハント棚橋弘至リア・ディゾン]┃女子プロレスのファン参加型シンポジウム開催大麻所持で逮捕の嵐が6・21無我で復帰へ谷川代表「カード変更ない」ダイナマイトUSA6/2 Dynamite!! USA。ブロック・レスナー選手おさらい@くまページBlogさんブロック・レスナー両親インタビュー

 生後から約2週間がたち、前田日明が長男誕生を、自身のブログにて報告した。前田武慶(たけちか)くんは5月14日生まれ。
・ RINGS.CO.JP » 報告
##
筆無精お許し下さい。
5月14日午後13時49分、帝王切開にて無事3880グラムの男子を授かりました。その後、せわしなく出生届の提出や、子を迎える準備をしている間に時間が過ぎました。
今回子を授かり、新たに今回の人生における志と役割を色々と再認識しました。
追々、この間に感じた事を書いて行きたいと思います。
また、この場を持ちまして武慶の出生に頂いた御祝辞に対して御礼申し上げます。

##

 本人発表よりも、懇意にしている参院議員が先に明かしていた。
・ 2007.05.21 カクトウログ: 前田日明に長男が誕生

 本人からの報告もあって、なんだかホッとしましたね。

 3000グラムでも大きいとされるんですが、3880グラムとはビッグサイズ! やはり前田ジュニアは格闘家!? あらためて、前田さん、おめでとうございます!


↓長男誕生付近の5月中旬、IGF関連でアントニオ猪木と密告していたという情報も。
・ 2007.05.27 カクトウログ: 猪木と前田、ついに極秘会談へ【週刊 前田日明】


※6/2追加記事
 前田日明本人がご子息にコメントで初めて言及。
・ 前田日明SV、断言!! 「ミンスをナメるなよ」/チェ・ホンマンの欠場発表に怒りのコメント(スポーツナビ)
##
 前田SVのご子息が生まれたのは、5月14日の1時49分。体重は3880kgと大きく、健康な男の子。「手と足と○○○がデカイんだよ!」と前田SVは高笑い。だが奥さんは3日間、不眠不休になるほどの難産で帝王切開での出産となった。
 出産から10分後、初めて対面した前田SVは「目が合って、チビにメンチを切られたよ」と苦笑い。よく泣く元気な子で、前田SVが「お前は生まれ変わって、赤ちゃんからやり直しているんやぞっ」と諭すと、ピタッと泣き止むという。名前は、武慶(たけちか)君。名前の由来が複雑で、姓名判断をする各流派の書籍を8種類ほど読破し、なおかつ中国文学者の故・白川静氏の『字統』『字訓』『字通』と照らし合わせて、音声判断からも『武』『慶』の組み合わせが弾き出されたようだ。
「『武』というのは、武の七徳の意味がある。そして『慶』は喜び、幸福という意味。つまり武の七徳を慶ずるということになる」と説明。ちなみに武の七徳とは、一=暴を禁じ、二=兵をやめ、三=大を保ち、四=功を定め、五=民を案じ、六=衆を知し、七=財を豊かにする、という意味がある。
 前田SVのご子息だけに、大きな使命を持って生を授かったのだろう。

##

 命名の仕方はどこまでも前田流。生まれたジュニアはかなりの前田仕様。■□

ミルコ、ノゲイラに続いてダンヘンがUFC参戦

 ラスベガスで開催されたUFC71で、またしても衝撃走る!
・ またしてもUFCにPRIDE戦士が参戦! ダナはPRIDE買収問題に言及!(ライブドア)
・ リデル王座陥落!5.26 『UFC71 Liddell vs Jackson』全試合結果!(ライブドア)
・ ヒロシです(涙)。 ついにダンヘンがUFC王者と対戦へ!
##
■現地時間5月26日(土)アメリカ ネバダ州ラスベガス
MGMグランドガーデンアリーナ
『UFC71 Liddell vs Jackson』

▼[第4試合終了後]終了後 場内アナウンス
「PRIDEのエース(PRIDE ace)、ダン・ヘンダーソンが本日のメインイベント、リデルvsジャクソンのUFCライトヘビー級戦の勝者に挑戦する」

▼[メイン]UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ/5分5R
○クイントン・ランペイジ・ジャクソン<挑戦者>
(1R1分53秒、KO勝ち)
×チャック・リデル<王者>
ジャクソンの右フック(リデルが腰から崩れる)→パウンド連打。2005年4月から同級王者として長期君臨してきたリデルが防衛失敗。ジャクソンが新王者に。[試合動画

▼[メイン終了後]
次期挑戦者として、リングアナのジョー・ローガンの呼びかけで、ダン・ヘンダーソンがオクタゴンに呼び込まれた。PRIDEミドル級とウェルター級のベルトを手に、オクタゴンに入ったヘンダーソン「ジャクソンは俺の友人。だが、これがこのスポーツ、戦わないといけないと戦うしかない。友人と戦って、ビッグマネーを稼ぐよ」。
ジャクソン「俺も奴に同意するよ」。

▼ダナ・ホワイト社長試合後会見
「PRIDE買収の件が、2日前にまとまった。でも、このことについては、私に聞かないでくれ。これから、色々なことが始まるんだ」

##

 “PRIDEでは無冠”選手がUFCを制圧し、“PRIDEの主力”選手がUFCに引き抜かれた。PRIDEの存続を願う日本のファンからすれば、悲喜を同時に味わった。

 されど、大会の中で気になったこと。アナウンスで「PRIDEのエース」という言葉が使われ、試合後にダンヘンが「PRIDEミドル級とウェルター級のベルトを手に」オクタゴンインした。これは、UFC側としても“PRIDEという対立概念は残させてもらうぞ”という意思表示ではないのか。いや、そうとしか説明のしようがなかったという可能性ももちろんあるが・・・。

 ダナ・ホワイト氏からは、PRIDE買収について正式アナウンス。ここ数か月でボクらが目にしているのは、“終わりの始まり”なのか、“始まりの始まり”なのか。「色々なことが始まる」はポジティブな話であってほしい!■□

猪木と前田、ついに極秘会談へ【週刊 前田日明】

pick up 藤波辰爾35周年記念パーティー@長井満也感謝です@藤波伽織さんFEG(K1)は暫定のプロモーターライセンスを取得@GAME AND MMAさん6/10 ZST.13。西口プロレスがガチ進出@くまページBlogさんIWGPヘビー級ベルトを手に、永田裕志が闘魂SHOPへ凱旋インリン様が知事選投票呼び掛け暇でモテない青森県民の下々の諸君、ご機嫌いかがかしら?新体制の発表を一刻も早くできるよう鋭意準備を進めております@ドリームステージエンターテインメント高木三四郎トークショーにNOSAWA論外、マッスル坂井、飯伏幸太がゲスト恒例DDTビアガーデンプロレス日程

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第53回のラインナップ▼猪木と前田、ついに極秘会談へ金原弘光、前田に秋山成勲戦を直訴・・・

続きを読む "猪木と前田、ついに極秘会談へ【週刊 前田日明】" »

2007.05.26

本日500万を突破します

pick up レディゴン元スタッフ新雑誌創刊へ鈴木みのる、私服で乱入。武藤敬司とのタイトル戦が決定的に鈴木緊急参戦!5月27日神戸カード一部変更PRIDE王者vsタイガー・ジェット・シン決定ミノワマン、デビュー10周年大会を開催日本の総合格闘技の人気は全スポーツ中5位@悲しきアイアンマンさん丸藤、6.8横浜で“テロリスト”村上と一騎打ち=ノア三田英津子、交通事故で全治1カ月重傷=NEO邪道がスーパージュニア負傷欠場=新日本プロレス柴田勝頼×船木誠勝ARMS師弟対談(前半)@TAKEOVER2007さん

 ブログ右サイドバーに貼ってあるアクセスカウンターが、本日500万を突破します(管理者画面での正式な累計アクセス数は既に526万を突破)。ブログ旗揚げから2年9か月で達成。コメント欄があるわけでもない当サイトに、日々たくさんのご来場をいただきありがとうございます。更新の励みにしております。

070525sakutamu_1 さいきんはなんとなくサクタイガーvs田村潔司のイラストを待受画面にしています(kamipro携帯サイトでゲット)。この対戦が夢と言えるものなのかはわからないけれども、彼らのこだわりは見続けていきたい。

 この業界には、彼らだけではなくつい注目してみたくなる選手がたくさんいる。その選手たちの試合や夢を追いかけて、ささやかな応援もしていければいいなと思っている。■□

桜庭和志、チェ・ホンマンは参戦できないのか・・・/ダイナマイトUSA、開催まで1週間

 ネット上での情報だけではなく、ついに日本のマスコミにもこの話題が。
・ 崔洪万VSレスナー中止決定的(報知)
(追加:ニッカン 6・2米国での崔vsレスナー戦が消滅危機
##
 海外初進出する総合格闘技大会「Dynamite!USA」(6月2日=日本時間3日、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム)で対戦が予定されている崔洪万(26)=韓国=対ブロック・レスナー(29)=ブラジル=の中止が25日、決定的となった。開催地カリフォルニア州のアスレチックコミッションが健康診断などの結果、崔の試合出場を認めなかったことが複数の関係者の話で分かった。
 また、ホイス・グレイシー(40)=ブラジル=と7年ぶりの再戦が組まれ、22日に渡米した桜庭和志(37)=フリー=にも、まだ許可が下りていないことが判明。昨年8月の試合後に椎(つい)骨脳底動脈血流不全により入院した経緯があるため、最悪の場合は健康面を考慮してストップがかかる恐れもある。
 主催するFEGは「カード変更になる場合は決まり次第、発表します」としている。

##

 チェ・ホンマンは参戦ストップ。桜庭和志もまだ許可が下りず。関係者は「カード変更になる場合は決まり次第、発表します」とのことだが、そんなレベルの話じゃない。大会までジャスト1週間しかないのに、主要2カードが確定しないなんて。アメリカのメディカル・チェックはそんなに厳しいんでしょうか。

 場合によっては、ブロック・レスナーvsホイス・グレイシーをやるしかない!? されどホイスはレスナーのコーチ役でしたっけ? 難しいのか・・・。

 また、総合格闘技関連。ボードッグが初のアメリカ興行の7月14日開催を発表した。
・ GAME AND MMA Bodogアメリカ大会が公式発表
##
エディー・アルバレス VS マット・リー
タラ・ラロサ VS ローラ・ディオーガスト(5ラウンド・女子選手権)
トレバー・プラングレイ VS 近藤有己(5ラウンド・ミドル級選手権)
ジョルジ・マスビダル VS イーブス・エドワーズ
デビッド・ラブ VS ブラッド・ピケット
高橋義生 VS ジョシュ・カラン
チェール・シェノン VS アマール・スロエフ
ニック・アガラー VS TBA(後日発表)
ローマン・ゼンツォフ VS マーク・バーチ

##

 金原弘光が引退試合の相手として指名している近藤有己(大晦日決戦を最後に欠場中)、アメリカで復活か。■□

2007.05.25

マーク・ハント、棚橋弘至が音楽の祭典にゲスト・セレブリティとして登場

pick up 新日本プロレスが総合格闘技部門「NEW JAPAN FACTORY(NJF)」を設立名タッグチーム“蝶天コンビ”がスクリーンで大復活チェ・ホンマンの代役に4人リストアップ@悲しきアイアンマンさん史上初、観客10万人突破へ3億6000万円PRハッスルがPRIDEファイターを引き抜きHAOフィギュアが発売@鈴木みのる

 5月26日(土)18:00から音楽専門のCSチャンネル「MTV」にて生中継される、年に一度の音楽の祭典。どんなイベント?
・ MTVJAPAN.com - Home
・ 【音が出ます注意】MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007
##
2002年に始まった「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN(VMAJ)」は、世界No.1音楽チャンネルMTVが日本で開催する国際規模の音楽授賞式。みんなの投票で年間のミュージック・ビデオの最優秀賞を決める、年に一度の音楽の祭典だ。6回目を迎える今年は、MTV、アーティスト、そして他でもない、音楽を愛するみんなとのコミュニケーションから生まれる「反応」=「REACTION」をテーマに、5月26日(土)、さいたまスーパーアリーナで盛大に開催される。洋楽・邦楽を問わず、世界中から集まった憧れのトップ・アーティストによるココでしか見られないライブはもちろん、国内外から豪華ゲスト・セレブリティが駆けつける、超ビッグ・パーティになること間違いなし!

■開催概要
開催日:2007年5月26日(土)
開催場所:さいたまスーパーアリーナ
特別協賛:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社、
株式会社ローソン、株式会社第一興商、
株式会社トミー ヒルフィガー ジャパン

##

 アーティストは各自サイトでご確認を。DJ OZMAさんも出ます。

 そんでもって、アーティスト以上に豪華なんじゃないかと思えるのが、こちらゲスト・セレブリティの顔ぶれ。  
##
VMAJ 2007には、各界で活躍しているたくさんのセレブリティたちが登場します。海外のアワードでおなじみのプレゼンター(各受賞アーティストを発表したり、ライブパフォーマンスを紹介する人)として、意外な組み合わせのセレブリティが一緒に登場したり、おもしろいトークが聞けたりと、彼らの存在もアワードの大きな魅力です。

鈴木亜美
CHEMISTRY
HIGH and MIGHTY COLOR
棚橋弘至
上野樹里
兼本さん
DJ KAORI
リア・ディゾン
後藤真希
マーク・ハント
DJ MASTERKEY
MAYDAY
MEGUMI
m-flo
misono
SEAMO
中川翔子
Sowelu
スポンジ・ボブ&パトリック
ザ・たっち
w-inds.
YA-KYIM
伊藤由奈
ZEEBRA

##

 格闘技・プロレス界としてマーク・ハントと棚橋弘至が堂々の登場。マーク・ハントがたまアリに登場というと少し「おっ」となるが、大晦日PRIDE男祭り以来約半年ぶりの来日となる。棚橋弘至は最初で最後のたまアリ“登場”となるんじゃないでしょうか。

 ちょっとだけ気になるのは、棚橋とリア・ディゾンさんの遭遇。
・ スタッフが進呈したリア・ディゾンさんの写真集をリハビリの休憩中に眺める棚橋選手(新日本公式)

 得意の「愛してまーす!」が対面でいきなり炸裂か(笑)。

 棚橋が手にしているのはこちらですね。

■□

ついに新生PRIDE始動か。資産の譲渡完了が報じられる

 PRIDE買収をスクープしたとされるsherdogによると、DSEからロレンゾ・フェティータ氏(UFCオーナー)への資産の譲渡がようやく完了したという。
・ ヒロシです(涙)。 近々PRIDEから朗報があるのかどうか?!
・ Sources: PRIDE Acquisition Finalized(Sherdog.com)
##
・ 2つの情報筋によると、PRIDE/DSEのファティータ氏/Zuffaへの移譲作業が完了した
・ 前DSE社長の榊原氏が、旧DSE社員たちにも同様のことを話した(この2日以内に話した)
・ 木曜午後、メディア関係者がダナ・ホワイトに、PRIDE選手の集団訴訟のことを尋ねると、ダナは「そういう争いが生じているということは認識していない」と答えた、という

##

 当初、新会社発足は5月1日とされていたから、かなり作業に手間取ったことになる。新体制まで決まったかどうかは不明。予定されていた日程が延期になっているPRIDEであるが、これを機に進展があるのか。正式発表を待ちましょう。■□

総合格闘技は砂上の楼閣か。Dynamite&PRIDEにネガティブな話題つづく

pick up IGF参戦浮上の風香が反応鈴木みのるが帰国行かねえよ、全日本発見@高山善廣藤波辰爾デビュー35周年&国内3500試合達成祝賀パーティー限定20名参加者募集JDスター最終興行、タイトル決定HG組vs.天龍組、青森で前哨対決=6.10ハッスルRGvs天龍=6.14ハッスルメカマミー、敗者髪切りマッチに挑む!=5.30ユニオン猪木、新日本選手と沖縄で遭遇=IGF蝶野が左ひざ半月板の手術を決意棚橋弘至「あのカフェで待ってまーす」@ぬるま湯沢天国宮田和幸 日本選抜欠場HERO’S優先孫悟空コントラ孫悟空など趙雲子龍が新北京プロレスをプロデュースおっどろき@工藤めぐみ八百長疑惑報道で宮城野親方が謝罪空手界のアイドル・小林由佳、スレンダーなスク水もええ~


6・2『Dynamite USA』開催・・・FEG関連

 海外MMA Weeklyで発信されている情報を、おまえらの好きにはさせねえ!さんがピックアップして伝えてくださっています。
・ ホンマンが出場停止 / PRIDE戦士がDSEに集団訴訟 - おまえらの好きにはさせねえ!
・ ブスは強くて当たり前!(佐伯氏) - おまえらの好きにはさせねえ!
##
・ Dynamite USA を控えたFEGが、未だにカリフォルニア州のアスレティック・コミッションから興業ライセンスを取得していない。提出書類の不備。今週末までに提出がない場合、開催中止と言った、大変大きな問題が起きる。一方、EG関係者は、必要なプロセスをとっているところで、心配はないとしている。
・ 選手のメディカル・チェックに関しては、興業ライセンスの支給を前提に、すでに順次行われており、大会直前まで続けられる。州コミッションでは、海外で作成された医療記録は一切認めず、直接の検査を義務づけている。桜庭は(記事が出た日付からみて)明日、検査。ブロックレズナーはすでに、メディカル・チェックを合格している。
・ チェ・ホンマンが、コミッションのメディカルチェックに失格。FEGでは、別の医師のセカンド・オピニオンを取って再審査を依頼する方針。Elite XC のプロモーター、ゲイリー・ショーは、レスナーの対戦相手の代役を立てるよう求めている。

##

 自国の大会で事故が起きてはならないから、自国でのメディカルチェックは当然。この視点で、牛肉問題でも自国の基準を日本に押し付けることのないよう願いたい。

 求められている書類を提出できないのは、事実なら醜態だ。しかも、大会開催にかかわるものなんでしょ? スポンサーから厳重注意があってもおかしくない出来事。ましてや、チェ・ホンマンがこの期に及んで失格って・・・。

 そして、桜庭和志。あわただしくアメリカに旅立ったのは、メディカルチェックの都合もあったんでしょうか。ホイス・グレイシー会見でも話題となった桜庭のコンディションがいよいよ明らかになろうとしている。
・ 2007.05.12 カクトウログ: 桜庭和志のメディカル・チェック、主催者からの説明はなし

 桜庭としては、平常心で検査を受けるしかない。インタビューを読むと、冷静なように感じられます。
・ “伝説の90分”の思い出は…桜庭和志インタビュー
(HERO'S公式)

##
ボクの場合は、ただ普通に練習して試合ができればいいんですよ。ひょっとしたら、当日会場に入ってリングで対峙したら、なんか特別な感情が出てくるかもしれないですけど。でも、感情を入れたらダメです。感情を入れると、いっぱいいっぱいになっちゃうから。普通に冷静に闘ったほうが、普段練習していることができますし。ボクの場合は、いかに練習の時の気持ちで試合に臨めるかが大事なんです。
##

 プロレスラーは感情を試合で表現することが求められるんですが、総合の場合はそれを抑えなきゃいけない。桜庭は静かに、臨戦態勢へと変わろうとしている。無事に参戦して、アメリカでサクスマイルを見せてくれ!


沈黙つづくPRIDE・・・DSE関連

 おまえらの好きにはさせねえ!さん記事のつづき。
##
・ DSEでは契約選手に対し、契約を新会社である Pride FC Worldwide に移管するよう求めてきたが、ほとんどの選手は移管を拒否している。
・ 拒否した選手に対し、DSEは、正式な会社清算まで契約を維持するよう脅した (MMA Weekly は threaten という言葉を使っています)とされており、選手側は、他団体に出場できるように契約を解除するか、興業中止に伴うファイトマネーや練習コストなどの補償を求めている(集団訴訟)。

##

 このニュースからは、いかに今後のPRIDE大会開催が保障されていないものなのかが読み取れる。少なくとも現場の選手は、契約延長を自分の参戦機会を奪うことだと感じているということ。

 看板選手のジョシュ・バーネットは、『kamipro』インタビューで、現在のPRIDEとの契約で、MMAのプロモーションと交渉や試合契約は出来ない状態だと答えていた。そこから強制されている様子は感じられなかったが、人気選手に限った話だったんだろうか。

 こちらの話題もネガティブなものであり・・・。
・ BurningSpirit | PRIDEライト級GPはさらに延期?それとも中止?

 “新生PRIDE”最初の大会はもう少し先になるのか・・・。
・ 2007.05.21 カクトウログ: 新生PRIDE8月都内近郊開催

 新会社情報も発信されないまま・・・。
・ 2007.05.13 カクトウログ: 5月1日からPRIDE FC WORLDWIDEという新会社が・・・発足したの?

 なんと5月24日夜の「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ)でPRIDEのテーマ(!)が使われたんだという。早速、「フジとPRIDEの関係が復活傾向!?」といった話題も小さく起こっていたりする。まったく関係ないんでしょうね恐らく、フジテレビも変なことしないでほしいよ。

 何も正式発表されない状態がつづくPRIDE。「便りがないのはよい便り」であればよいのだが。

                * * *

 日本での総合格闘技バブルははじけ、海外絡みで醜態をさらすに至る。ボクらが観ていたのは、砂上の楼閣だった・・・のか。いや、ボクらの熱い思いはホンモノだったし、今も気持ちの“持って行き場”を探しているんだぜ! 打開策を期待する。■□

2007.05.24

永田裕志、2度目の防衛戦決定・・・相手は「未定」

 早期のタイトル戦開催発表は計画的。ただし、相手が決まっていないのは異例。
・ 【7/6 後楽園ホール大会】IWGPヘビー級選手権試合開催決定!!(新日本公式)
・ 7/6(金) 東京・後楽園ホール 18:30試合開始
(新日本公式)

##
IWGPヘビー級チャンピオン 永田裕志選手の2度目の防衛戦が7月6日(金)後楽園ホール大会と決定致しました。
※挑戦者は決定次第発表いたします。

新日本プロレス創立35周年TOUR Circuit 2007
~NEW JAPAN SOUL~
7/6(金) 東京・後楽園ホール 18:30試合開始
▼60分1本勝負 IWGPヘビー級選手権試合
(王者)永田裕志 vs (挑戦者)未定

##

 「永田裕志 vs Ⅹ」と記してもよいだろう。早い発表ならこういうのは賛成! 王者がジュニアシリーズ直後の7月後楽園興行に責任を持つってことを宣言したわけで、ファンとしても受け止めやすい。

 相手は真壁刀義が有力。
・ 【格闘技】 新日本プロレス IWGP王者・永田裕志と、挑戦が決定的な真壁刀義が〝紙上バトル〟を展開(内外タイムス)
・ 真壁IWGP挑戦中ぶらりん 永田は受諾、新日本は保留(報知)
・ 永田と真壁、全11戦中7回タッグ対決(報知)
##
永田「挑戦を受けてやるよ。おまえの実力の身のほどを教えてやる」
真壁「最高の日だよ。チャンピオンが受けたんだ。もう、引けねえぞ、菅林」
菅林社長「凶器攻撃が多く、試合内容がひどすぎる(挑戦者の品格に欠ける)ので、IWGP実行委員会で検討します」

##

 真壁となるかどうかをIWGP実行委員会で検討中だという。挑戦者の品格に欠けるっていっても・・・今はシリーズ全体を真壁らG・B・Hに仕切らせているのにね(笑)。

 真壁と永田は後楽園でぶつかったばかり。しかも永田が勝っている。
・ カクトウログ: 3・21新日本プロレス「NEW JAPAN CUPトーナメント決勝」後楽園ホール/速報観戦記まとめ

 だけれども、熱い者同士何度もぶつかるのはありでしょう。真壁vs中邑も後楽園で複数回行われているから、いかに真壁の勢いが本物かということがわかるのだ。

 そんな真壁は、韓国でも新日本に噛み付いた。
・ G・B・H、韓国でいきなり暴挙! 金浦空港は大パニック!(新日本公式)

 因縁をリング上の抗争につないでいく日本のお家芸を韓国に“輸出”。これ、韓国のマスコミはどう伝えたんでしょうねぇ。空港警備隊が出動とある。あとで当局から大目玉を食らってたりして。

 おまけ。前・IWGP王者、棚橋弘至が順調に回復しているという。
・ 棚橋退院7月復帰へ…右ひざ手術から6日驚異の回復力(報知)
 写真が笑える。記事に小さなツッコミどころを都度入れてくる棚橋は、天然か、計算か。■□

2007.05.23

鈴木みのる、ブロガーに喧嘩を売る

pick up 『斉藤つよしと仲間たち』 Vol.4 前田日明 KeyHoleTVで放送中柴田勝頼の拳が完治@船木誠勝ジョシュ「ブロック、IWGPのベルトを賭けて俺と勝負しろ」ジョシュkamipro最新インタビュー@BurningSpiritさんノゲイラkamipro最新インタビュー@ヒロシです(涙)。さん11歳プロレスラーがデビュー 名古屋の中島光貴君

 3冠チャンピオン、鈴木みのるがいない全日本の光景。
・ 2007.05.13 カクトウログ: 5・13全日本プロレス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ

 この観戦記の中で「日本野鳥の会チックにみると、南側にまるまる埋まってない列が2列ほどあるが、全体9割の入り」と書いたのは、もちろん鈴木みのるの発言にひっかけたものである。

 少し情報が古くなったが、5/9発売分『週刊プロレス』(No.1368)に鈴木みのるインタビューあり。
##
・ こないだ30日に名古屋でやったでしょ。そのちょっと前にNOAHの武道館があって、今日だか明日だか新日本が後楽園で連戦をやる。絶対負けないという気持ちでいつもやっているし、負けてるとも思わないし、これが最高だと思って人の前に出てるし。それを観て楽しんで客は金を出すんだから。
でも馬鹿な時代だよな。「客が何人入った」とかファンが気にするんだぜ。バッカじゃないのって。野鳥の会にでも入って鳩でも数えとけっていうの。何しに来てるの? プロレス見に来てるんでしょ?って。
・ まあここ2、3日、いろいろと物議をかもしているらしいけど、俺の行動が(笑)。いろんな意見があるらしくて「オマエなんか全日にいらねぇ、二度とくんな」ってヤツもいれば「アソコに行って誰とやってくれ」とかいうやつもいるらしいし。ま、どっちでもいいよ。勝手に楽しんでくれ。

##

 言い回しからは、どうもブロガーを意識しているようだ。あくまで想像であるが、イライラの原因は、タイミングとしてはこういった記事、あるいは同種の記事が該当するのかもしれない。

↓「観客の入りは6割・・・知人が観戦しました」
・ 2007.05.01 カクトウログ: 全日本愛知県体育館結果/みのるvsTAJIRI三冠戦ほか

↓「観客動員に最大の責任と試合内容の品質を保つ義務があるのはその時々の王者なのです。その責任と義務を果たせない王者は必要ありません」
・ 2007/5/3(木) エースの資格とチャンピオンの義務。 - いしかなの・プロレスのココロ

 ボクが観戦記で毎回書く「観客数」については、できれば気にしないでいたい。ただ、満員にしなかった団体に対しては批判する必要があると考えている。されど、それだけではクリエイティブな観戦記にならないことも確かだろうし、努力はしていきたい。みのるの言う「絶対負けないという気持ち」で闘うレスラーに対して“挑んで来い”という心意気はインタビューからビシバシ感じた、勝手ながら。

 みのるの試合はドッカンドッカンとは沸かない。より過激な攻防をみせることを“安易”だととらえ、技の組み立てによる“納得感”を生もうとしている。ビッグマウスラウドなどでの明らかなおちょくりプレーは閉口モノだったが、ジーンと強さが感じられる試合はボクは好きですよ、ハッキリ言って。探求した末に、名古屋のメインをTAJIRIとの2人の外様で担った。そりゃ、みのるの呼びかけに武藤敬司が出てこなかったら怒るッつうの!

 もっと言うと、船木誠勝や柴田勝頼が「初期の新日本プロレスの闘いが理想」云々と言ってること対しても、みのるはイライラしていると思う。総合格闘技で闘ってるんだから黙ってろ、オレみたいにプロレスにどっぷり浸かってトライしてから語ってみろ、それくらいにみのる自身が感じてないとウソだろう。

 そんなみのるはオフィシャルサイトを開設。
・ 風になれ!鈴木みのる公式サイト

 これまで以上にネットで仕掛けてくる。情報で仕掛けてくる。みのるの“プロレス”は加速する一方だ。

 高山善廣にしろ、鈴木みのるにしろ、「正直に批判しろ、プロレス界に遠慮するな」というスタンスだとボクは受け止めている。「勝手に楽しんでくれ」と言っている以上、今回のみのるもそこから外れてはいない。だけれども、インタビューから読み取れるのは、ポイントを押さえない記者の質問へのイライラ。その向こうに見え隠れした?ファンの姿勢へのイライラ。

 メキシコ遠征に行きたかったから全日本出場をキャンセルしたと思ってるだろ。そんな単純なものじゃないぜ!

 ベルトに対して批判されるようなことはひとつもしてない。ベルトが一番うれしいことはリングの中で人の血を吸うことだよ!

 見たいものを提供するだけのレスラー、決まらない大技が続くのがプロレスでいいのか。それじゃ先がないだろ!?

 武藤がビビっているのはわかるよ、全日本にオレが参戦してから5回もやってないだろ!?

 自分が表現したことを受け取れなかった人たちに対して、説明するのが嫌なんだよ!

 ・・・まるでかつての前田日明のように、鈴木みのるはいつだって感情をさらけ出している。■□

桜庭和志「おい、ホイス!」/ダイナマイトUSA追加カード発表

 日本に帰ってきたと思ったら、また出発。あわただしい。
桜庭和志オフィシャルサイトが更新されています。
・ 5月22日 SPECIAL 桜庭和志インタビュー「ホイスに聞きたいことがある!」
・ 5月22日 Diary LAへ みのる君のサク観察日記

 桜庭がホイスに投げかけた中身とは・・・脱力すること間違いなし(笑)。いい意味で力の抜けたサクがそこにいた。

 大会は追加カードが決定。元NFLのジョニー・モートンはお笑い「塩コショー」のベルナール・アッカと対戦・・・うーん。
・ HERO'S王者参戦!追加対戦カード決定=6.2Dynamite!!USA(スポーツナビ)
##
■「Dynamite!! USA」 6月2日(現地時間) 
米国ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム 
開場15:30 開始17:00

=追加対戦カード=
▼HERO’Sルール 5分3R
J.Z.カルバン vs ナム・ファン
ジョニー・モートン vs ベルナール・アッカ
▼ProElite&SHOWTIME提供 HERO’Sルール 5分3R
アントニオ・シウバ vs ジョナサン・ウィーゾック

=中止カード=
▼ProElite&SHOWTIME提供 HERO’Sルール 5分3R
ジーナ・カラノ vs ジャン・フィニー ※ジーナ・カラノが体調不良

=既報対戦カード=
▼HERO’Sルール 5分5R
チェ・ホンマン vs ブロック・レスナー
桜庭和志 vs ホイス・グレイシー
▼HERO’Sルール 5分3R
マイティ・モー vs チェ・ムベ
メルヴィン・マヌーフ vs ユン・ドンシク
ハビエル・バスケス vs 永田克彦
ブラッド・ピケット vs 所英男
▼ProElite&SHOWTIME提供 HERO’Sルール 5分3R
ジェーク・シールズ vs イド・パリエンテ

##

070522asahi 唐突だが、朝日新聞が夕刊でとりあげた。K―1谷川貞治プロデューサー「運営費を10億円以上かけ、10万人を集めるのは格闘技史上初めてだと思う」。 
・ K-1の運営会社が、米国で10万人規模の興行
(朝日新聞)

 なにげに「UFCのオーナー、ロレンゾ・フェティータ氏が、PRIDEに関心を持つきっかけになったカードを目玉に据えた」という記述、一般紙なのにスゴイ。■□

2007.05.22

ゴン格表紙

ゴン格表紙

携帯から。

週プロと一緒にこちらも衝動買い。早売りなのかな?
GONKAKUの7月号。

ミルコ・クロコップが表紙というのは紙プロとかぶってますね。中では、ノゲイラ、ジョシュ、魔裟斗、ホイスらへのインタビューあり。

プロレスファン的にはそんなに楽しめないかな、という内容。


※23:00追加リンク

 『GONKAKU』7月号は、5月23日(水)発売とのこと。目次はこちらでご確認ください。
・ 『ゴン格』スタッフが早くも再始動!格闘技専門誌GONKAKU
・ 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO:【メディアの話題】 『GONKAKU』7月号目次です。 < GONKAKU編集部

■□

あす発売の週プロ表紙

あす発売の週プロ表紙

携帯から。

あす発売の「週刊プロレス」。
表紙は3500国内試合出場達成の藤波&無我メンバー。

高山善廣&鈴木みのるのメキシコ遠征レポート、インタビューあり。
また、ハルク&ブルック・ホーガンの親子にもインタビュー。
中カラーには資料性もある女子プロ通信が。

2007.05.21

前田日明に長男が誕生

pick up ギャオ動画でプロレススーパースター列伝┃ダイナマイト無料動画特集[桜庭への思い・・・ホイス・グレイシーブロック・レスナーチェ・ホンマン]/桜庭和志が白いタオル用意を要請!その真意とは!?テレ朝『愛のエプロン』5月23日(水)出演ブロック・レスナーインタビューアイドルレスラー・風香が「グッドルッキンクラブ」に出演痴漢に続いて露出狂、苦難続きの風香でも私は残念ながら大丈夫です闘今BOM-BA-YEのPPV生放送が決定大谷vs耕平ほかシングル4試合が火祭り出場決定戦に=5.27ZERO1-MAX帝王・高山善廣メキシコでも大暴れ120キロを超すダイナマイトボディで人気イーグル沢井が引退IFLシカゴ大会、45歳対決はモーリスに凱歌八百長報道『週刊現代』で北の湖理事長「コメント控える」

 前田日明の第一子5月誕生は、自身のブログで結婚をサプライズ発表したときから予告されていた。
・ 2007年3月2日 RINGS.CO.JP » 御無沙汰でした。
##
2月は、何かと忙しくて更新が出来ませんでした。
実は去年結婚しまして、先月は新婚旅行で京都、伊勢に行き、伊勢神宮では結婚の報告と5月に生まれてくる子供の為の安産を祈りました。

##

 そろそろかなとは思っていたが、誕生の発表は、ニュースでも、自身のブログでもないところから。懇意にしている参議院議員・斉藤つよし氏のブログより。
・ 参議院議員 斉藤つよし Top Page
・ 「前田日明氏」つよしと仲間達のインタビュー。前田氏にお子様誕生。(2007年05月17日(木)01時33分 つよしの日記)
##
格闘家・前田 日明氏と「つよしと仲間たち」の、インタビューコーナーでの対談を都内にて行う。
ホームページ登場まで、もう少しお待ちください。

前田氏に長男が誕生されたとのこと。おめでとう、ございます。
前田 武慶・たけちか・と命名されたそうだ。
将来、格闘技に進めばとが、父親の希望だそうだ。

##

 こちらの斉藤氏へのホームページには、かねてからリングスHPからリンクが貼られていることは知っていた。そのリンク先まではチェックしてませんでした。前田にとってもコントロールができない発信源だったのではないでしょうか。

 収録された対談の様子はこちらに出るんでしょう。
・ 映像配信 斉藤つよしと仲間たち
 マニアはこちらも要チェック!?

 過去の日記にも、前田が登場しています。
・ 県内選挙応援・K1観戦(2007年04月04日(水)01時35分 つよしの日記)
##
夜、横浜アリーナで開催された、K1世界選抜大会を苫米地氏と観戦する。すごい迫力だ。終了後、格闘家の前田日明氏と懇談。今後の活動について意見交換。
統一選挙第一部の日程は残り僅か、最後まで頑張ろう

##

 K-1観戦後に今後の活動についての意見交換っていうのがスゴイ。いったい何が話されていたんだろう!? 単なる焼肉外交だったのかもしれないが(笑)。

 お子さんの正確な誕生日は不明。前田は「男の子」ということを生まれる前から公言していました。5/2更新分のHERO’S公式サイトでは、息子について前田はこのように発言。
##
・ (子供の将来)よく人から「格闘技は?」なんて言われるけど、格闘技の世界にいる必要はないんだよね。
・ 健康増進とかさ、家族とか友達を守れる程度の力があればいいよ。あとはね、男の子が社会に出て行く以上は、どんな業種にしてもパッと先頭に出て行く過程の中で、体力的なことと精神的なことを試されることって必ずあるんだよ。それをモノにした奴は成功しているし、「身体を壊しました」とか「ノイローゼになりました」とか言ってモノにできない奴は、いつまでも三番手とか四番手で存在を忘れられたりとかするからね。それを乗り切れるぐらいの体力はつけてやろうかなとは思っているけど。
・ (飛行機乗りにしたいとおっしゃってましたが)親父の勝手な希望というかね。でもウチのチビ助の時代だったら宇宙飛行士かもしれないね。

##

 格闘家を必ずしも希望しないと言いながら、けっきょくレベルの高いものを要求しているぞ(笑)。それでいて「前田武慶(たけちか)」と武将チックな名前となった前田ジュニアの運命はいかに!? もちろん、つねにマット界で先頭に出続けてきた前田であるから、ついつい息子にも期待してしまうんでしょう。

 前田さん、佐知子さん、お子様の誕生おめでとうございます!

=関連記事=
・ 2007.03.09 カクトウログ: 前田日明の結婚相手は藤原佐知子さん
・ 2007.04.30 カクトウログ: 前田流“あの人と結婚する方法”とは?【週刊 前田日明】

■□

前田日明に金原弘光が秋山戦直訴

前田日明に金原弘光が秋山戦直訴

携帯から。

あす発売のkamiproですが、当初の出版社ホームページ予告になかった記事もいくつかあります。金原弘光インタビューも!

☆ボヤキングが引退前に“ヌルヌル男”討伐を直訴!!
金原弘光インタビュー
「前田さんにお願いしました。秋山成勲とやらせてください!」

☆狂気のマッドネス師弟対談が実現!
柴田勝頼×船木誠勝

☆桜庭×田村のルーツを探れ!
UWF変態座談会
「1995年の田村潔司、“異常な3試合”とは何か?」


今夜の“読書”が楽しみだー。
柴田勝頼×船木誠勝対談は4月末収録、たっぷり6ページ。


また関係者経由の情報によれば、5月16日(追記:正確には不明)、前田日明に長男が誕生したとのこと!
名前は武慶(たけちか)。詳細情報あったら夜に確認します。


※23:25追加リンク
・ 【メディアの話題】 kamipro 最新号の宣伝です !! < kamipro 編集部(総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO)
・ kamipro No.111 | 株式会社エンターブレイン
・ カクトウログ: 前田日明に長男が誕生

■□

新生PRIDE8月都内近郊開催

新生PRIDE8月都内近郊開催

携帯から。

本日発売分「東京スポーツ」紙に小さな記事ながらPRIDE情報。

「現在も運営の(新会社への)移管作業が続いており、年間日程は流動的」

「しかし複数の関係者によれば、PRIDE新体制は8月に初の都内近郊大会を予定している。吉田はこの大一番での復帰戦が有力」

8月大会の前に他の大会があるのかどうかには触れられていない。
ファンには発表されないイライラが募っているが、本当にまだ新体制は決まっていないような書き方ですね。

藤波辰爾、国内通算3500試合出場

pick up 真壁刀義が永田裕志をフォール!5・20新日本福岡結果五味参上@佐藤ルミナ風になれ!鈴木みのる公式サイト開設各種データ、情報もこれからどんどん増えていきます「パンツを脱ぎましょうか」桜庭がアキバに出現ビジネス塾に桜庭和志がゲスト出演@angle JAPANさん所英男「一番いい試合をしたい」渡米直前会見カッコいいDynamite!! USAの現地CMを紹介@悲しきアイアンマンさん全日本プロレスが21年ぶり2度目の海外興行を計画大相撲でブーイング 琴欧洲に「最高の試合はドリーファンクJr戦」TNAトゥデイにアントニオ猪木が登場@拙訳版 TNA 情報局さんU.W.F.スネークピットジャパンで6月9日(土)ノア・佐野巧真トーク会タイガーマスク、単勝2.8倍1番人気に推されたがデビュー戦は9着

 対戦相手は無我の担い手、西村修。
・ 5月20日(日) 岡山県卸センター・オレンジホール 18:00開始 観衆:1,500人(満員)(無我公式)
・ 藤波通算3500試合を白星で飾る/無我(ニッカン)
##
今後は記録の更新より、往年の名選手と戦うなどテーマのある試合を重ねることを目標に掲げた。
##

 藤波辰爾の卍固めはちょっと記憶にな・・・あ、思い出した、アントニオ猪木にかけてましたね。

 藤波なりのスペシャルな技だったのでしょう。出場達成、おめでとうございます!

 ブログも更新されている。
・ 3500試合達成!藤波辰爾・公式ブログ“飛龍革命・最新章”
##
ありがとう! 私の記念すべき《3500》試合が達成された。これと言って特別なセレモニーもない。ただ試合後、無我の選手達による予期せぬ胴上げの祝儀を受けた。今の無我ワールドとすれば最大の祝儀だろう。東京から今日の為に私のセコンドに付いてくれた息子。家族に見守られ、ファンの皆様に支えられての【3500】試合だった。息子も私の勝利を見届けて岡山駅から東京行きの新幹線に乗り込んだ様だ。学校があるとは言え可愛そうな気もするが、子供なりの試練だろう。取り急ぎ、感謝の気持ちを伝えます。ありがとう。
##

 胴上げとはささやかながら粋な演出! 間違いなく素晴らしい記録であるが、ひっそりと小さな地方会場で達成。興行をひとつひとつ積み重ねることが、無我では何より求められていること。それを感じさせる記録達成シーンともなった。

 そして何よりも“上がり続けたくなる”リングに藤波はたどり着いたんでしょうね。新日本時代には欠場状態が長かった。キャリアで考えれば今の方がキツいはずだが、なんだか楽しそうな様子がブログからも伝わってくる。

 奥さんのブログもあります。
・ 3500試合記念ケーキ藤波伽織公式ブログ“キッチンは伽織に訊け!PART2”
##
今日の写真は大阪で藤波を応援してくださっている方が3500試合のお祝いにとくださったケーキですが、今度は4000試合記念ケーキを神元さん宜しくお願いします。
##

 4000試合、それは許してあげてください(笑)。ブログでは藤波が息子をプロレスに誘って、奥さんが待ったをかけているほほえましい様子も。親子タッグは実現するか。


※追記 このとき以来の卍固めだと思われる。
1998年7月14日・札幌中島体育センター
▼IWGPヘビー級選手権試合
○藤波辰爾(16分7秒・卍固め)●天山広吉
※2度目の防衛に成功

紫レガさん、情報ありがとうございます!■□

2007.05.20

JDスターが活動休止/須山浩継氏による女子プロレス5年間解説

 プロレス不況。特に女子プロレスには厳しいといわれる中で、ひとつのプロモーションが活動休止。事実上の解散となった。
・ 風香ショック! 「格闘美」7月16日興行で活動休止(スポーツナビ)
##
 女子プロレス「格闘美」を運営してきたJDスターは20日、7月16日をもって活動を休止することを発表した。
 JDスター興行部発表によれば、「格闘美」で約3年間、前身である「吉本女子プロレスJd’」からは約11年間興行を開催してきたが、現状況で興行を行っていくことが非常に困難であると判断し、活動休止を決断したとのこと。
 また、所属選手である桜花由美、風香、渋谷シュウ、大畠美咲に関しては、JDスター興行部と選手それぞれが今後の進路を話し合い、後日発表するという。

##

 20日の新木場1stRING『格闘美』観客数は153人。いつもの入りをボクは知らないんだけれども、経営として厳しいということ。

 団体の歴史についてはこちらをご参照ください。
・ JDスター女子プロレス - Wikipedia
・ 団体ホームページ:格闘美 KAKUTOBI OFFICIAL WEBSITE JDスター

 実は風香の日記にこのような記述があったので、何かなとは思っていた。
・ アストレス4期生☆風香日記
・ 2007年05月19日 アストレス4期生☆風香日記:復帰しました
##
無事復帰することができました。
本当にありがとうございます!
リング上からも言いましたが、近い将来私には、自分の力ではどうにもならない困難が待っています。
でももう何があっても立ち止まらないで前進します。

……むかえたくない20日…
私が発した理解不能な発言の数々が一致する…
でも私は前に進みます!

##

・ 参考:格闘美 アイドルレスラー風香が、ぐ~んと大きく成長して復活(内外タイムス)

 鈴木みのるとも闘ったアイドルレスラー・風香がプチブレイクし、1か月ぶりの復帰も果たした矢先の出来事でした。天性の明るさと、格闘技戦での勇気をみせた風香ではあったが、自プロダクションの興行人気につなぐところまではできなかった。

 今後の活動についてはこのように発言しているとのこと。
・ JDスター 活動休止決定!@東スポ携帯サイト→UWF構想さん
##
エースの風香は「聞いたときはご飯がノドを通らないほど精神的にボロボロだったけど、今まで応援してくれたファンを裏切りたくない。もうひと踏ん張りしたい」とレスラー活動継続を明言。
##

 今後もファィティングスピリットそのままに頑張ってほしい。

 先週、週刊プロレスモバイルにて須山浩継氏がこのように書いていた(「火曜女子プロレス」より抜粋)。
##
 5年前、すなわち2002年の女子プロレス界といえば、まだ7団体が活動できていた時代。とても仲が悪かった全女とGAEAが覇を競い、まっとうな団体は毎月後楽園大会を開催して、選手は豊かではないがプロレスだけで生計を立てることができることが当たり前の時代だった。

 そんな5年前に「あと3年後には全女もGAEAもアルシオンもなくなります。一方、今はパッとしないJWPとNEOですが、業界では中心的な存在になって、仙台では里村がエースの新しい団体が旗揚げします。あと、中西百重とジャガー横田は結婚してお母さんに、神取忍は国会議員になります」なんてことを真顔で言ったら、間違いなく大笑いされたことだろう。

 考えてみればこの5年間は、長い女子プロレスの歴史の中でも過去に例を見ない、爆発的な変化が起こった時期だったと言える。ただ、それらの変化は良くも悪くも全て必然から生じたもの。この5年で無くなった団体の中に、不運で消えていった団体などひとつもない。逆にJWPやNEOの盛り返しや、息吹が人気を集めているのも、それだけの精進努力と必然の結果。

 しかし、5年前の女子プロレス界は、7団体時代が何年も続いていたこと自体が力づくで取り繕っていた、無理の極みだった。現状は理想とは程遠い状態ながら、物事が必然で動いている分だけ全体状況は5年前よりもずっと好ましい方向に向かっていると考えている。

##

 女子プロレスを詳細に追っているわけではないので、ボクには正確に論拠を補足説明することはできない。ただ、25歳定年制廃止などが行われて久しい女子プロレスの中で、やはり次世代スターを育成する・しない団体といった点は差を生んでいるんじゃなかろうか。

 JDスターは風香を擁していたが、十分な抗争があったわけではなかったし、間に合わなかったということか・・・。■□

大谷晋二郎、新潟大会参戦・・・1試合も休まず!

pick up その見事なまでのやられっぷり・・・ハッスルRGインタビューリア・ディゾンさんの写真集をリハビリの休憩中に眺めつつ・・・棚橋弘至、復活へ始動ジャパニーズ・レジェンド~タイガーマスク、アメリカ遠征結果IWGP 王者・永田裕志が~山本&裕次郎~若手を特訓沈黙破る・・・武蔵が打倒バダ・ハリ宣言BTT 離脱?チームノゲイラ公式 HP オープンGHCタッグ前哨戦は王者組が勝利、小川がテリーを急襲、Jr戦線に殴り込み=ノア

 5月10日の大阪大会で大森隆男にアックスボンバーを食らって意識不明。救急車で運ばれ、後日「頭部打撲と脳震とう」と診断された大谷晋二郎が、次大会19日を欠場することなく闘った。
・ 試合結果(PRO-WRESTLING ZERO1-MAX official site プロレスリング ゼロワン・マックス)
##
■2007年5月19日(土)  『Everlasting』
会場:新潟市新津地区市民会館 観衆1500人

○佐藤耕平&村上和成
(17'15 ドラゴン・スープレックス・ホールド)
×大谷晋二郎&日高郁人

##

 スポーツナビに出ないので・・・週刊プロレスモバイルから。
##
・ コールと同時に耕平に襲い掛かられるも、ジャーマンは空中で回転して立ち上がると、すぐにニールキック→顔面ウォッシュ。レフェリーとのやり取りでも観客の注目を引くなど、これまでと変わらぬ大谷の姿をみせた。
・ 大谷はミサイルキック、投げっぱなしジャーマンなどを決めるも、村上のSTO→耕平のニーリフト→耕平のパイルドライバーを食らう。耕平のドラゴン・スープレックスに沈む。
・ 5・27後楽園では耕平とシングル戦。
・ 大谷「たしかに3つ取られたのは悔しいけれど、言っておくぞ。脳震盪を起こして(病院に)運ばれて、そのダメージで負けたなんて0%の確率だ。オレがみなさんに心配されるところはない。場所が場所だから強がって無理しない。でも今日の負け、頭のせいなんかじゃない。頭の不安はゼロだと断言してやる。後楽園、耕平にはオレのプロレス道を叩き込んでやる」

##

 ドラゴンに沈んだ大谷。耕平&村上にとっても、自分たちのヒールという立場とプロレスのリアリティを“守る”ために手なんか抜けない。診断結果にそった参戦OKといえども、ドキドキする出来事。

 ここは大谷自身の「不安ゼロ」という言葉を信じるしかない。結果、大谷が「レスラー人生15年間で一度も欠場したことがない」という記録は更新された。

 そして大谷は1週間後、聖地・後楽園に無事に“帰って”くる。


※追記 深夜2:58に出ていたようです。
・ 耕平、病み上がりの大谷を非情のドラゴンスープレックス葬=ZERO1-MAX(スポーツナビ)
■□

2007.05.19

kamipro 5月22日発売 No.111/表紙はミルコ・クロコップ。ジョシュ・バーネット巻頭インタビュー

 『kamipro』No.111は5月22日(火)発売。出版社ホームページで予告が出ましたので紹介を。
・ kamipro No.111 | 株式会社エンターブレイン
Kamipro_no111##
2007/05/22発売 
880円(本体838円+税)

<内容>
表紙は……
再び奈落の底から這い上がれ、
ミルコ・クロコップ!

■特集・さまよえるPRIDE!!
☆史上最大のジョーク!? IGF参戦の真意、『PRIDE』との関係、ミルコvsゴンザガ、桜庭vs田村まで、渦中の男が語りまくった!
ジョシュ・バーネット巻頭スペシャルインタビュー!!
「ボクはエルボーマスター。
オクタゴンでの闘いになんの問題もないよ」
☆UFC電撃移籍、そしてBTTとの関係について、ついに激白!
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ独占インタビュー!
「ボクはPRIDEを愛している。でも……」

■本誌独占現地取材!
4.21『UFC70』ミルコ衝撃の敗戦、徹底特集!!
☆伏兵ゴンザガにまさかの大惨敗!
PRIDEの英雄、UFCの罠にハマる!!
ミルコ・クロコップ全権代理人、今井賢一氏独占インタビュー!
「試合後、ミルコはこうつぶやいたんです。
『俺はUFCのド素人だった……』」
☆“オクタゴンの罠”を予言した、UFC王者が見たミルコ敗戦
ランディ・クートゥアーインタビュー!
「ミルコは自分を変えなければ、次も同じ結果になるだろう」
☆ダナ・ホワイトUFC代表、過激発言連発インタビュー!
「PRIDEを含め、MMA全体を私が見る必要があるんだよ」

☆あのボードッグが10月、ついに日本侵攻か!?
カルビン・エアー独占インタビュー!!
「ダナ・ホワイトはそんなに我々のことが気になるのか?」
☆夢の10万人興行『Dynamite!! USA』直前!
“日本の砦”谷川貞治総統が、アメリカ進出、サクvsホイス、
そして秋山成勲の今後について語る!

■一寸先はハプニング!
6.29 IGF『闘今BOM-BA-YE』16ページ底抜け大特集!!
☆アントニオ猪木フルスイング・インタビュー!
「俺の4つの柱は、サンゴの養殖、エネルギー問題、
永久電機、そしてプロレスへの恩返し!!」

■ハッスルのページがこんなに多いのはなんでだろう?
(テツandトモ調)
ハッスル新組織発足大大大大大大大大大大大大特集!!!!!
☆ハッスルエンターテインメント代表・
山口日昇さんインタビュー!
6.17ハッスル・エイドから地上波放映復活の予定です!!」
☆“越中芸人”ケンドーコバヤシが今月はHG&RGの素顔を
大暴露!

■越中詩郎3カ月連続登場! まだまだやってやるって!!
越中詩郎×小林邦昭×ザ・グレート・カブキ、
平成維震軍誌上復活座談会!!
ほか、今月も盛りだくさんでやってやるって!

##

 『PRIDE』どっぷりな雑誌としてよく語られるけれど、ズバリ「さまよえるPRIDE」とキャッチにできるのが紙プロの強さ。そして、ジョシュ・バーネット、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラなど聞きたい選手や関係者をつかまえている。

 ジョシュのインタビューの出だしは、前もって携帯サイトで紹介されていた。
・ 2007.05.14 カクトウログ: ジョシュと船木がIGFを語る。そしてリングスは・・・
 「ボードッグ? その件については・・・」この続きが読めることになる。

 それぞれの記事見出しも、かなり読みたくさせるものですねぇ。とにかく格闘技ファンの大きな関心事が、なかなか明かされないPRIDEの行方。かかわってきた選手の声が聞けるだけでも貴重なのだ。■□

猪木vsブロディでエンディング。土曜深夜のワールドプロレスリング

pick up 桜庭さんがブラジルから無事帰国しました桜庭グッズ39名様プレゼント大谷が復帰戦で佐藤&村上組と激突=ZERO1-MAX風香は復帰戦で敗れたものの、ファンの前で涙の復活宣言リング上からも言いましたが、近い将来私には、自分の力ではどうにもならない困難が待っています/[直前インタビューVol.1Vol.2]┃ヒョードルがUFC出場オファーに前向き猪木が技術伝授でバーネットと合宿へ安田忠夫vs「アングルorジョシュ」?レスナー・アングル・ジョシュ三つ巴戦?猪木&森嶋がプロレス報道展で遭遇永田・中西ら世代から「その体じゃ無理だよ」とのダメ押しに荒れたときも…荒鷲二世、デビューはほろ苦いKO負けチェ・ホンマンインタビュー前編後編こういうカードはやめて頂きたい@金本浩二5・27(日)板橋でファン参加型シンポジウム『女子プロレス向上委員会』を開催ライブドアでRoad to ハッスル・エイド2007開設韓流化?モンスター軍に“コリアン四天王”インリン・オブ・ジョイトイ「ラブホ狭かった」8月にもハッスル×東知事コラボへ6・17さいたまSA前はカーニバルアブドーラ・ザ・ブッチャー初インタビュー後編臓器移植を支える 故ジャンボ鶴田さんの妻、保子さん

 越中詩郎のIWGP挑戦で沸いた5・2後楽園ホール。その翌日5・3の試合(後楽園2連戦の2日目)のうち、こちらが土曜深夜に放映される(関東地区)。
・ 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -メディア出演情報-
##
ワールドプロレスリング 5/19 放送(27:10~※関東エリア)
番組内容
■5・3後楽園ホール 
長州力&中西学&宇和野貴史vs越中詩郎&矢野通&石井智宏
中邑真輔 vs 真壁刀義
■前座の力道山再び
ドン荒川 vs 内藤哲也
■真壁のルーツ=ブルーザー・ブロディ!
■エンディング(猪木vsブロディ)

Yahoo!テレビより
ワールドプロレスリング
因縁対決中邑真輔vs真壁刀義!ベルト挑戦へ壮絶サバイバル▽侍魂!越中詩郎の風再び
5月19日(土) 27:05~27:35
テレビ朝日 Gコード(1649925)

##

 乗りに乗っている男、越中と真壁のイキイキぶりをチェックすべし!

 5/5深夜のワールドプロレスリングはボクのまわりでも好評でした。越中vs永田を煽りV含めて完全放送。生観戦もしたんですが、テレビで再び楽しめた。今回も真壁に絡めた番組展開という工夫あり? ブロディが話題に出るようだ。

 ただ、猪木vsブロディで猪木が映ってしまうのは皮肉か。IGFをブチ上げている猪木と今の新日本は興行的には敵対していますから。

 先日のハッスルでとあるプロレスマスコミ関係者と会話したんですが、「今こそ新日本は猪木にケンカを売るべきだ」との意見。肖像権でもすでにケンカを仕掛けられているようなものだし、誰との対戦でも(うっかり?)受ける選手も新日本にはちゃんといる。ただ、今の新日本は堅実路線ですから難しいでしょうね。ハズさないけど、ブレイクもしないという状態か。■□

第9回プロレス写真記者クラブ報道展「激闘!」

 プロレス写真記者クラブ報道展が始まった(開催は3年ぶりのこと)。ここで奇跡の組み合わせ。
・ 猪木&森嶋がプロレス報道展で遭遇(スポニチ)
##
 第9回プロレス写真記者クラブ主催の報道展「激闘!」が、品川のキヤノンSタワーで開幕した。初日はノアの森嶋やロスから帰国したアントニオ猪木が駆けつけた。現在ROHヘビー級王者の森嶋は「写真に残って語り継がれる試合をしたい」と話した。
 また、猪木は今年亡くなったクラッシャー・バンバン・ビガロさんら故人の写真を見つめながら「まだ生きているみたい」と感慨深げ。6月7日まで開催。

##

 日本プロレス史における記憶に残る写真は、やはりアントニオ猪木がストロング小林に決めたジャーマンスープレックスホールド。首がマットに刺さっている様子が、猪木の本物のストロングスタイルを象徴していた。あのジャーマンで猪木はレスラー生命の中でも大きく首を痛めたともされている。

 あの試合は、こういうフィニッシュだった・・・と語られる、記憶に残る試合は少なくなっている気がしますね。それだけプロレスが高度化・近代化しているということなんですが、一過性に終わることは怖いこと。今年の1・4東京ドームで鈴木みのるのスリーパーに沈んでいく永田裕志・・・ああいうのは記憶に残る。

 さて、第9回プロレス写真記者クラブ報道展「激闘!」の情報はこちら。
・ キヤノン:オープンギャラリー | 第9回プロレス写真記者クラブ報道展「激闘!」
##
■概要
○ 開催期間 : 2007年5月18日(金)~ 6月7日(木)
○ 開館時間 : 10時~17時30分
○ 休館日 : 日曜日・祝日
○ 会場 : キヤノン S タワー2階 オープンギャラリー
○ アクセス : JR品川駅港南口より徒歩約8分、京浜急行品川駅より徒歩約10分
○ 入場料 : 無料

■ご案内
・ 現役プロレスラーたちが妙技を競う格闘シーンを中心に、過去の有名レスラーの試合を収めたモノクロ写真や、普段リングの上では見ることができないレスラーたちのプライベートシーンなど、選りすぐりの写真を122点集めて展示します。
・ 不景気から脱皮しつつある今日、もう一度元気を取り戻し、息を吹き返してもらいたいと願ってやみません。我々写真家も“激闘写真”で再びプロレスブームを呼び戻すため努力、精進したいと思っています。

##

 入場無料、日曜・祝日を除いて期間限定開催。お近くの方は出かけてみてはいかがでしょうか。■□

2007.05.18

棚橋弘至、右ヒザ半月板手術成功

pick up アントニオ猪木をロスで迎えたのはケンドーカシンプロレスのリングに「国技館の座布団」が16年ぶりに舞う健介さんとは戦った方がしっくりくる@小島聡べスト・オブ・スーパージュニア全カードが決定=新日本プロレスLOCK UP売上金がリキプロに還元へ@多重ロマンチックさん“平成のテロリスト”村上和成が丸藤正道を襲撃北方領土でハッスル…来夏開催目指すアブドーラ・ザ・ブッチャー初インタビューECWのスター選手サブゥーが薬物で解雇

 前IWGP王者として新日本プロレスを支えてきた棚橋弘至。5月2日から欠場していた。“手術前日”5月16日発売分の「東京スポーツ」紙から。
070516tana
##
・ 右ヒザ半月板の損傷は深刻だ。日常生活でも激痛が走る状態で、足を引きずりながら歩くほどだった。5月2日の欠場からはハリ、整体で治療に専念。「体重をかけたときや、階段の上り下りがキツい」。
・ 半月板を縫合するとなると、患部を約1か月は固定させなければならない。となればG1出場はほぼ不可能だ。しかし棚橋はあくまで欠けた部分を内視鏡で除去する手術を望んでおり、早期復活を誓っている。

##

 つまりはどういう手術になるかも少し注目されたが、こういうカタチで手術決行。
・ 棚橋弘至選手手術成功のご報告(新日本公式)
・ 棚橋7月復帰視野!右ひざ半月板手術成功(報知)
##
 前IWGPヘビー級王者、棚橋弘至(30)=新日本=が17日、都内の病院で右ひざ半月板を部分切除する手術を受けた。復帰時期は未定だが「7月がメド」と意欲を見せた。
 手術は約1時間半で無事に終了。約2週間入院し、18日からリハビリを始める予定。周囲の筋肉を強化してカバーしていく。棚橋は半月板の縫合を希望していたが「中でボロボロになっていた」ため、部分切除となった。

##

 内視鏡で除去する方法となったことで、G1クライマックスまでに復帰が間に合いそう。東スポと報知では棚橋の希望の解釈が逆なんですが、とにかく“除去”で終わったということはよかったんでしょう。棚橋選手、手術成功おめでとうございます!

 外国人選手のドタキャンなどトラブル続きだった新日本を“盛り上がる”方向に持っていった棚橋の功績は大きい。その代償として、右ヒザはボロボロ。永田に王座を奪われ、マット上も活性化していることから、欠場の悔しさはもちろんあるだろう。

 報知記事の続き。
##
棚橋は「気持ちを切り替えるしかない。看護婦さんと仲良くなるしかないですね。復帰に向けて全力で頑張ります」とジョーク交じりに早期戦列復帰を誓った。
##

 元気みたいです(笑)。あまり仲良くなりすぎないよう・・・。

 神様が与えた休みだと思ってカラダをメンテナンスしておいてほしい。そして、この夏、ニュー棚橋が帰ってくる。


※5/19追記
 ニッカンは、悪化の度合いとして「切除>縫合」という解釈。
・ 新日本の棚橋が右ひざ半月板を切除手術(ニッカン)
##
 縫合で済ませられる可能性もあったが、患部の悪化から切除するしかなかった。
##

■□

2007.05.17

タイガーマスク、競馬デビュー

 デビュー戦の騎手は武豊氏。もちろん“覆面”も着用、リンク先に写真あり。
・ 子どもたちの夢へ向かって行け行けタイガー!!…20日デビュー(報知)
##
・ 子供たちの夢を背負ったタイガーマスク(牡3歳、美浦・藤沢和厩舎)が、20日の東京競馬5R(芝1600メートル)で武豊を背にベールを脱ぐ。馬名の由来となったプロレスアニメ同様、同馬が稼ぎ出した賞金の9割以上を、児童養護施設などに寄付するJRA初の試みだ。
・ 同馬の山本英俊オーナー「ビジネスで稼いだお金を社会に還元して、競馬を盛り上げていきたい」。
・ 「このために買ってきた」という同馬は、庭先取引で約3億円もかかったキングマンボ産駒。

##

 子供たちの夢って言っても、観客は大人だよ・・・と思ったが、賞金が児童養護施設などに寄付されるという。なるほど、確かに夢を背負っているよ! 実況で「タイガーマスク」が連呼され、かつてのプロレスファンで競馬好きはタイガー馬券を購入して声援を送るんでしょう。いやぁ、これは面白い! 初代タイガーマスク同様、人気沸騰となるか?

 大相撲には“ブッチャー”が登場。
・ 【大相撲】普天王、頭から流血も4連勝「オレはブッチャーか」(サンスポ)
##
・ 土俵がリングになった。立ち合い、普天王が春日錦と頭で当たり、前頭部が裂けた。そのまま左四つに組んだ両者の顔には血がベッタリ。まるでプロレスの様相だ。
・ 支度部屋に戻っても、「オレはブッチャーか! 傷よりもはげあがらないか心配です」と、流血で人気のプロレスラー、アブドーラ・ザ・ブッチャーの名を挙げ、笑いを誘った。傷口をデジタルカメラで撮って確かめると、額の上が約3センチ裂傷していた。

##

 コメント中での話ですが、流血といえば、ブッチャー。記者たちもツボだったことでしょう。この普天王はブログもやっているし、ユニークなキャラですね。■□

2007.05.16

ハッスルが青森知事選PR

ハッスルが青森知事選PR

携帯から。

朝はニッカンの「ハッスルが青森知事選PR」記事に驚かされ、、、。

夜はスポーツナビの「アントニオ猪木がジョシュ・バーネットとスパーリング」という記事に驚かされ、、、。

ウソみたいなホント。
いろんなことが起きる日です。


※26:00追加 リンクを貼っておきます。
・ ハッスルが青森県知事選PRキャラに登場(ニッカン)
・ インリン様、青森県知事選に出馬?スペシャルトークショーのお知らせ(ハッスル公式)

・ アントニオ猪木、ジョシュとスパーリング対決=IGF(スポーツナビ)
・ 【IGF】猪木、ジョシュ・バーネットに闘魂伝授(ライブドア)
■□

新日本プロレスがG1クライマックスの日程を発表

pick up 平常心のつもりなんだけど・・・@小島聡メキシコでの写真@高山善廣オフィシャルボブ・バックランド「ミスター猪木がプロレスに帰ってきてくれて嬉しいよ」アングルが疑惑を残しNWA王座を奪取アイドルレスラー風香「頑張ります!」、5.18復帰戦PR=格闘美大谷晋二郎が佐藤耕平からの対戦要求を受諾=ZERO1-MAXスタローン代理人、薬物持ち込み認めるリングスルールが完全復活

 真夏の最強レスラー決定戦、新日本プロレスの恒例シリーズ「G1クライマックス」。2007年度の日程が発表された。
・ 【G1 CLIMAX 2007 ~Winner Take All~】8/5大阪~8/12両国・日程情報(新日本公式)
##
新日本プロレス創立35周年記念 G1 CLIMAX 2007
~Winner Take All~
■08/05(日) 16:00 大阪・大阪府立体育会館
■08/06(月) 18:30 静岡・ツインメッセ静岡
■08/08(水) 18:30 神奈川・横浜文化体育館
■08/10(金) 18:30 愛知・愛知県体育館
■08/11(土) 18:00 東京・両国国技館
■08/12(日) 15:00 東京・両国国技館

##

 昨年2006年に“消えた”大阪府立の“復活”という強気ぶりが目立つ。その日が開幕となるから、大会場に相応しい参加メンバーとカードが期待される。名古屋から最終日までの3連戦は過酷だが、この日程に意気込みが感じられるではないか。

 それにしても、日程だけポーンと発表されましたね。参加選手のヒントや新しい試みなどとセットで発表していくのが話題づくりの常套手段なはずだが、このあたりは余裕がない新日本・・・。

 改めて歴代の優勝者(カッコ内は準優勝者)をチェック。
##
2006~第16回 天山広吉(小島 聡)
2005~第15回 蝶野正洋(藤田和之)
2004~第14回 天山広吉(棚橋弘至)
2003~第13回 天山広吉(秋山 準)
2002~第12回 蝶野正洋(高山善廣)
2001~第11回 永田裕志(武藤敬司)
2000~第10回 佐々木健介(中西 学)
1999~第 9回 中西 学(武藤敬司)
1998~第 8回 橋本真也(山崎一夫)
1997~第 7回 佐々木健介(天山広吉)
1996~第 6回 長州 力(蝶野正洋)
1995~第 5回 武藤敬司(橋本真也)
1994~第 4回 蝶野正洋(パワー・ウォリアー)
1993~第 3回 藤波辰爾(馳 浩)
1992~第 2回 蝶野正洋(リック・ルード)
1991~第 1回 蝶野正洋(武藤敬司)

##

 新日本ファンであれば、優勝者をみたら準優勝者が条件反射でいえるんじゃないかな。

 もともとG1クライマックスは、藤波辰爾・長州力ら上の世代を優勝戦線から追い出し、闘魂三銃士が優勝争いを繰り広げるという世代交代の場としてのイメージがある。大会が回数を重ねるうちに、ついには永田裕志・中西学・天山広吉らによる闘魂三銃士世代超えの場となっていった。2004年には、さらに次の世代である棚橋弘至が優勝争い(決勝戦)に登場している。

 だけれども、世代争いだけでは話題が弱く、新日本盟主vs外敵という図式が2002年以降は(2004年を除いて)続いている状態だ。

 新日本をずっと見守っているファンとしては、いつか観てみたいシーンがある。棚橋弘至か中邑真輔が初めて頂点に立つ、あるいは棚橋弘至vs中邑真輔という決勝戦が行われるシーンを!

 棚橋がこの17日に右ヒザを手術することから遠のいた感はあるが、ドラマの結末は誰にも読めないのだ。■□

2007.05.15

あす発売の週プロ表紙

あす発売の週プロ表紙

携帯から。

あす16日発売の「週刊プロレス」表紙は三沢光晴。

腹のうち(?)に迫る。

発売前日表紙紹介は当サイト恒例にしていこうと思いますー。

大谷晋二郎、脳震盪と頭部打撲で安静1週間

pick up 近日中に桜庭和志が帰国へ棚橋弘至が17日に右ひざ半月板の手術カルバン「魔裟斗は思ったよりイケメンじゃなかった」5月13日はジャンボ鶴田選手の7回忌だった@ターザンカフェ

 5月10日の大阪大会で大森隆男にアックスボンバーを食らって意識不明。救急車で運ばれ「脳挫傷の疑い」とも報道された大谷晋二郎が、14日に記者会見を行った。
・ 頭部強打の大谷が緊急会見、早期復帰に意欲/問題児・佐藤耕平が5.19新潟大会で対戦要求(スポーツナビ)
##
・ 医師の診断は「頭部打撲と脳震とう」。心配された脳の腫れや出血はないという。アックスボンバーをもらってからの記憶はなかったが、搬送された病院では意識もはっきり戻り、翌日には頭痛が少し残ったものの帰京。東京の病院で精密検査を受けたが、ここでも脳へのダメージは見られず、前日14日まで静養していた。
・ 医師の診断によれば1週間、異常が見られなければ練習の再開とリング復帰も可能ということ。19日には新潟で試合が組まれており、デビュー以来、15年間1日も休んだことがないという大谷は「何かあれば欠場する。ただ、1週間何もなければ出る」と一歩も引かず。

##

 14日発売分「東京スポーツ」紙の本人コメントから情報を補足する。
070514ohtani
##
・ 新日本時代には何回かあったけど、ゼロワンに上がってから意識が飛んだのは初めて。
・ 脳のダメージは遅れてから症状が現れることもあるらしいので、とりあえずは1週間は安静とのことです。
・ 医師からそういう診断(「余痛がなければ1週間で復帰可能」)をもらっている以上試合(19日)には出るつもりでいる。
・ もちろん痛みが出たらすぐに正直に言うし、休むつもり。“会社のために無理をして試合に出る”と言ったらカッコいいのかもしれないが、そんなことがまかり通ったら業界はダメになる。試合に出る以上はスジを通して出る。
・ 試合翌日は頭痛もあったけど、いまは心配してくれた方々にに申し訳ないほど普通。きょうも自分ひとりで車を運転してここまで来ている。医者からは衝撃の少ない練習なら許可されている。元気なので安心してください。

##

 脳震盪と頭部打撲で安静1週間。予定されている19日の試合には今のところ参戦する見込み。とりあえずホッとさせられた。ただ、「遅れてから症状が現れることもある」ので要注意。

 故障や体調不良をかかえながら闘う美学がプロレス界ではとりあげられがちだが、大谷は「そんなことがまかり通ったら業界はダメになる」とキッパリ。説明責任を果たしたといえるでしょう。あとは本当にムリしないでほしい。

 新日本プロレスでのジュニアヘビー級時代からの大谷のスタイル。必殺技を大事にする一方で、相手の技を豪快に食らってきた。それでも「デビュー以来、15年間1日も休んだことがない」というのは、すさまじい強靭さ。橋本真也からの流れをくんで団体を背負った大谷は、ファンと一緒にまた闘い始める。■□

柴田勝頼と船木誠勝が変えるべきもの

pick up 大谷晋二郎が緊急会見、早期復帰に意欲高山善廣&鈴木みのる参戦のメキシコ 超満員札止め観衆16,800人鈴木みのるvs武藤敬司三冠戦は全日本7・1横浜文体が有力か魔裟斗、HERO’S王者と頂上対決!=6.28K-1MAXハルク、石狩らが参戦 ベストオブスーパージュニア開催=新日本5月26日(土) 永田裕志がサイン&撮影会中邑真輔、軌道修正大阪のファンが熱烈歓迎!中邑真輔選手サイン&撮影会報告新生RODがノアマットに初参戦村上和成vsランジェリー武藤ほかゼロワン5・27後楽園で8大シングルマッチ6・3健介オフィスホームタウンマッチ対戦カードディファカップにみた大いなる偉業・・・GPWAの前進とディファフェスタ2007インリンが広報部長、世界最大“エロ万博”の中身ゲキレンジャーにインリンが登場なぜ女性はジェットコースター好き? 格闘技好きの女性も・・・筑紫哲也さんが生番組で肺がん告白

 5月13日、プロレスゲーム「レッスルキングダム2」発売記念イベントに船木誠勝が登場した。「ジョシュと船木がIGFを語る。そしてリングスは・・・」で内容の一部を紹介したが、詳報をパソコンサイトからキャッチ。

 ここでは、柴田勝頼との関係についての船木発言を拾ってみる。他にも興味深い話がいくつかあり。リンク先参照を。
・ ビックカメラ新宿西口店の発売イベントに「船木 誠勝」氏が登場! ユークス、PS2「レッスルキングダム2 プロレスリング世界大戦」(GAME Watch)
##
・ (柴田勝頼は)今時、本当に珍しい選手。ただ単純に強くなろうとしているだけなんで……本当に珍しい。そういうのに自分も感動しちゃって。とにかく『強くなろうとしている若者を、できるところまで強くしてあげたい』という気持ちがあります。自分が最初に入った団体の後輩ということもあり、特別な感覚がありますね。
・ 毎試合、常に100パーセントの気持ちで相手にぶつかっていくから、試合でも怪我が多い。そのぶん心配事も多いが、仮に短い選手寿命だとしても、本人がまっすぐ走ってくれれば、それはそれで自分も嬉しい。そういう選手って、あまりいないですから。何の駆け引きもなく、自分の力を100パーセント常に出せるような、そんな選手になってほしい。
・ 本能、感覚で生きている男。(総合格闘技路線をひたすらまい進中でその先のことは)本当に何も考えてない。
・ (船木と柴田、ふたりが志向するプロレスは)予定を立てたような動きがない。無理やりにでも相手に技をかけたり、かからないように防御するといった、相手の動きを手探りで確かめながら試合をする、昔のような“緊張感”のあるもの。
・ (具体的には、新日本プロレス初期にアントニオ猪木が活躍していた頃の試合。旗揚げのカール・ゴッチ戦を筆頭に、グレート・アントニオ、パク・ソンナン、ローラン・ボック……ほとんど技をかけさせてもらえない“勝負”をしているもの)ああいうものが今残っているのであれば『やりたい!』と常々ふたりでいっている。
・ アクロバット的なもの、派手な大技が乱発されすぎているような気もするが、それが今のスタイルなら、それはそれで進化してきた形。いきなり『昔に戻れ』といわれてもお客さんも驚いてしまう。パンクラスの“秒殺劇”も、唐突すぎて認知してもらえなかったら2~3試合で(未来が)終わっていたと思います。スタイルが残るかどうかは、お客さんが認知してくれるか否か。プロレスがどう進化していくかという点で、もしファッションのように回帰していくことがあるなら(初期新日スタイルの再現も)ありえるかもしれない。

##

 柴田と船木が理想としている「“勝負”をしているプロレス」。どこへ行っちゃったんでしょうねぇ・・・なんてボクが言ってしまうのは逃げのような気がする。

 リストの奪い合いやロックアップから始まるプロレスは、前田日明や船木誠勝らが標榜したUWFが破壊した。大きく言えば、観客がリアリティを感じる瞬間は進化して、総合格闘技が誕生している現代だ。

 じゃあ、総合格闘技誕生後に緊張感のあるプロレスがまったくなくなったかといえば、そうではない。藤田和之と永田裕志、鈴木みのるやケンドー・カシンと中邑真輔、鈴木みのると永田裕志、高山善廣とKENTA・・・旧新日本クラシックなスタイルではないが、随所に感じられる“摩擦”はある。

 佐々木健介なんかは、打撃のハードさでとんでもない緊張感をつくり出す。丸藤正道などによるアクロバットな動きも、緊張感をつくり出す手段のひとつだといえる。

 柴田を上げなくなったノア。それでも、受け入れ続ける外敵(高山やみのる)はいるし、KENTAとの攻防は凄まじい。やはり、盟主としてプロレスの緊張感をいちばん持っているのはノアというところに落ち着くんだろう。みのるや健介を上げる全日本も、いくつかの瞬間で風を吹かせる。

 そして、外敵自体をほとんど上げなくなった新日本。どうしても緊張感はスケールが小さいものとなる。

 思うに、アントニオ猪木が全盛だった時代。ジャイアント馬場にないものを志向して、カール・ゴッチに師事。トップレスラーで日本人唯一、レスリング・スタイルでの強さを手に入れた。“異種格闘技戦”と“キラー猪木”の両輪で幻想をふくらませた猪木は、業界随一の存在へとノシ上がっていった。新日本プロレスにしかない緊張感、新日本プロレスにしかいない強豪・・・すべてが新日本にあった。

 アントニオ猪木の勢いとともに思い出は美化され、猪木の色気は時代を超えて魅力的に画面に映る。

 やはり中邑真輔はK-1と両立しようとしていたときの方が魅力的だったし、柴田の総合参戦はドキドキする。磨いた刀をチラつかせながら闘う場がプロレスにあってほしいと思うが、それはもう幻なんだろうか。誰も「レスリング、表現技術、フィニッシュホールド」を兼ね備えた全盛期の猪木に追いつけない。

 プロレスも格闘技も“生き物”なんであり、ボクらは連続する世界観の中でそれらを観ている。従来のプロレスの範疇にはない試合を1976年に闘ったとされるアントニオ猪木。柴田の総合格闘技参戦を、そこにオーバーラップさせるファンは偏屈だ。

 偏屈で構わない。柴田と船木よ、初期新日に回帰させるのは「スタイル」なんかじゃない。ねじ伏せるくらいの実力をもって「世界観」を変えてしまえ。猪木は間違いなく一時「プロレス」を超えた。回帰させるべきはそこなんであって、柴田には「プロレス」を超えられるかが問われているのだ。

 もちろん、楽なことじゃない。“ウソみたいなホント”を何度も重ねても、掴めるかどうかわからない。柴田と船木がめざすのは、それくらいのものなんじゃないかと思う。


※26:00追記 こちらにも記事
・ 船木誠勝 現役復帰を明言。ヒクソンとの再戦も?(内外タイムス)
 「まあ、柴田と一緒にボクも練習してます。7年前から衰えてない・・・オファーがあったら突然復帰するかもしれませんね」と発言。■□

2007.05.14

ジョシュと船木がIGFを語る。そしてリングスは・・・

pick up 越中詩郎 朝日記事全文:いぶし銀男、躍動 「尻技」駆使、王座求めて小島聡のブログ更新は・・・“全日本のエース”小島聡がさらなる迷走5・13後楽園試合結果カクトウログ速報観戦記山本尚史が復帰山本、休日返上トレーニングTAJIRIとバボが韓国遠征フィットネスとして格闘技に取り組む女性が増えている

6・29(金)両国国技館IGF旗揚げ戦へ参戦するジョシュ・バーネット。そして、5月13日のイベントに参加した船木誠勝。それぞれIGFについての発言あり。リングス情報も少しだけ・・・

続きを読む "ジョシュと船木がIGFを語る。そしてリングスは・・・" »

2007.05.13

5月1日からPRIDE FC WORLDWIDEという新会社が・・・発足したの?

 PRIDE運営母体はDSEからPRIDE FC WORLDWIDEへ。
・ 2007/04/09 GBR>ニュース>【PRIDE】榊原代表が今後のPRIDE、ノゲイラのUFC移籍、K-1との関係について語った
##
榊原信行DSE代表
「4月いっぱいまではDSEとして機能し、5月1日からPRIDE FC WORLDWIDEという新会社になります」

##

 ・・・のはずだった。

 榊原信行代表だけが辞任し、旧DSE社員は全員新会社へ移行との予定が伝えられた。されど、新体制・新代表は発表されずじまいで5月も半ばを迎えようとしている。PRIDEとしての動きも「PRIDEライト級グランプリ2007 開幕戦」日程延期のお知らせが2007.04.14にリリースされたっきり。

 あまりに動きがないので、こんなところも注目されたりする。
・ 2007年05月13日 本日東スポ山下記者とDSE職員の結婚式~新PRIDEは設立されるのか?
(ファイト!ミルホンネット お知らせ)

##
一説には5月2日に申請したので、会社登記が法務局で確認できるのには二週間かかるというが、5月11日時点でも正体不明のままでファンをやきもきさせている新生PRIDE。米国DSEエド・フィッシュマン代表から起こされた損害賠償訴訟の件でラスベガスにいた榊原信行氏が帰国。東スポ山下記者とDSE職員結婚式に加藤浩之取締役ら一同が集結するため、コメントがあるのか注目されている。
##

 今のところ報道はないですね。

 日本での地上波放映が決まらず、主力選手の契約整備も微妙というイメージが拭えない。加えて米国内での訴訟でのイメージダウン。MMAワールドシリーズは遠のく一方。PRIDEがUFCグループの“お荷物”扱いされていやしないか・・・。

 とにかく発表を待ちましょう。

 ところで、DSE職員と結婚した山下記者。この人でしょうか。
・ 採用情報 > 先輩からのメッセージ運動部 プロレス担当 
山下康幸 (2002年入社)

##
私が東スポを初めて手に取ったのは、大学生のときだった。それまでも「宇宙人捕獲」や「マドンナ痔だった」などという面白おかしい記事が載っている新聞、という認識はあったのだが、いざ自分で買って読んでみると、これがまた面白い。自分が興味のないスポーツの記事でも、引き込まれるように読んでしまう。自然と毎日購読すようになり、気が付けば東スポの社員となっていた。
##

 気がつけば東スポの社員・・・おそるべし東スポマジック。読みすぎには注意しなければ。

 リンク先はいわゆる東スポリクルーティング用のメッセージ・・・のはずなんだけど、読んでて途中で就職したくなくなる(笑)。■□

5・13全日本プロレス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ

全日本プロレス後楽園ホール「2007 RISE UP TOUR」開幕戦を会場観戦。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
070513kojimatop
・ 【後ほど更新】観衆1,900人 5月13日(日)東京・後楽園ホール(全日本公式)
・ 【試合前会見】渕がみのるへ三冠ベルトはく奪予告=全日本(スポーツナビ)
・ 【深夜24時更新】全日本プロレス「2007 RISE UP TOUR」開幕戦(スポーツナビ)

続きを読む "5・13全日本プロレス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ" »

2007.05.12

桜庭和志のメディカル・チェック、主催者からの説明はなし

pick up 柴田勝頼のパンチ 脚、腰、背中がようやく結合ゴールドジム@船木誠勝5月14日(月)18:30記者会見の場所変更、ファンクラブ会員限定公開に陰の最強日本人 岡見勇信がUFCメーン抜擢サムライTV経営権が移行@悲しきアイアンマンさんファン・シネ、秋山成勲とツーショット@悲しきアイアンマンさん新日本の星野勘太郎魔界倶楽部総裁が韓国AWF参戦上井二三彦氏、「無我」営業活動を手伝うノア6・7後楽園ワンナイト6人タッグトーナメント組み合わせ注目はムシキング・テリーと鈴木鼓太郎のそろい踏み

 6・2ロサンゼルス『Dynamite!! USA』にて、桜庭和志と対戦するホイス・グレイシー。金曜日には公開練習の様子が報道されている。ホイスは41歳、桜庭は37歳。伝説の東京ドーム決戦から7年越しの再戦となる。

 記事では、試合出場の前提となるアメリカでのメディカル・チェックについての受け答えの様子が。
##
 アメリカメディアで流れる「桜庭はメディカルチェックに引っかかり、カリフォルニアでは試合ができないのでは?」との噂に関しては、「噂にすぎないし、気にしていない」と一笑に付した。
ホイスが桜庭戦に向け好調をアピール!(HERO'S公式)

(桜庭は、コンディションやメディカル・チェックの状況からして、カリフォルニアでは戦えないのではという話があるが?)
 そんなのは、単なるうわさだろう。そのことに関して、自分は心配してはいない。もし桜庭が戦える状態でないなら、彼は戦うとは言わないはずだし、周囲も参戦に承諾しないはずだ。
ホイスが公開練習&会見=Dynamite!! USA(スポーツナビ)

##

 メディカル・チェックに触れられているのは、ホイスの受け答え場面のみ。

 主催者に取材申し込みができる立場のスポーツナビ、主催者と首尾一貫した姿勢が求められるHERO'S公式サイト。両者とも補足取材・事情説明なしに他人事のように書くのはいかがなものか。このようないいかげんさが業界に横行していることが残念だ。

 “カリフォルニアでは戦えないのでは”という噂についてはこちらに書かれている。海外記事の紹介。
・ GAME AND MMA 桜庭和志の健康状態は?
・ 桜庭に幸運を - おまえらの好きにはさせねえ!

 桜庭が病院に運び込まれ、迫っていた試合を欠場したのは、昨年2006年秋のことだった。
・ 【2006年9月】桜庭が欠場。27日退院も当面安静必要
(BoutReview.com)

##
 桜庭和志が25日のスパーリング中に嘔吐し目眩を訴え、病院に運ばれた。27日朝に退院したが、「椎骨脳底(ついこつのうてい)動脈血流不全」の疑いがあると診断され、ドクターストップがかかった。
 桜庭と谷川貞治FEG代表は27日昼、都内ホテルで会見。谷川氏は「医師の話によると、脳ではなく、首の古傷のダメージの蓄積が原因で、骨がささくれ立ち、血管を圧迫したのが原因ではないかとのことです。最近手がしびれると言っていた須藤元気選手と同じ症状のようです」と説明した。8月のスミルノヴァス戦との因果関係は不明で、詳しい検査は造影剤を入れ血管を膨張させて行うが、発症直後のためまだ行っておらず、当面は安静が必要だという。もしその症状ならば、「長くても1ヶ月で治る」といい、早ければ大みそかのDynamite!!で復帰する見通しだ。

##

 その後・・・復活した大晦日にも秋山成勲戦で多くの打撃を浴びた。今回のアメリカでの試合出場に際して、しっかりしたチェックを受けてほしいと思う。不安がある状態では、けっしてやってほしくない。

 メディカル・チェックで心配されている以外の点に関しても、桜庭の状態は、かつての桜庭vsホイスを行った際の状態からかけ離れている。
・ 2007.01.30 カクトウログ: 桜庭和志の怒りと、命懸けの記事
##
(藤本かずまさ氏)
桜庭選手は今年で38歳になります。彼はテーピングなしでは正座ができません。すぐにヒザがはずれてしまうからです。ミルコ戦で眼窩底骨折を折って以来、視界の上の部分が二重に見えています。それでも、練習と治療を平行しておこないながら、リングに上がりつづけています。グレイシーを打ち破っていたころのような華麗なムーブは、もうできないかもしれません。

##

 それでも、声援を取り戻すために。そして、観客を楽しませるために。桜庭は6月2日、ロサンゼルスで闘う。

 桜庭情報、ひとつだけ。
・ インフォメーション(桜庭和志オフィシャルサイト)
##
『愛のエプロン』
5月21日(月)19:00~
テレビ朝日

##

 もう収録済みかな? 変なものを桜庭に食べさせないでくれよー。■□

ブルック・ホーガン/Brooke Hogan

pick up 山本KID、全日本選抜を欠場=世界選手権代表の可能性消える高山&みのるがついにメキシコ上陸ホイスが公開練習&会見=Dynamite!! USA6・10武藤祭りで武藤敬司&神奈月vs渕正信&上島竜兵馳浩衆議院議員が震災復興支援チャリティー大会を金沢で愛と美と闘いの女神 インリン様に聞く坂田亘、小池栄子のプライベートを揺るがす究極デスマッチが急浮上!?吉田が109連勝で優勝、浜口は宿敵を破り悲願の金メダル旗揚げ戦(6・29両国国技館)まで50日・・・アングル+レスナー+ジョシュIGF版“闘魂三銃士”ミルコ・クロコップがジムに八角リング設置し再起始動王者反撃の合言葉「ドコモ2.0」ってなんだ?2日に新機種発表

 ハルク・ホーガンの娘が日本でCDデビュー。

・ 【動画 音が出ます注意】音楽サイト BARKS - Brooke Hogan : ABOUT US
・ Brooke Hogan/Undiscovered
・ 音楽サイト BARKS - Brooke Hogan 噂のハルク・ホーガンの娘の全貌とは…? ~写真編~

 プロレスラーが父親っていうのはプラスなんでしょうか、マイナスなんでしょうか。キレイな方なんですが、ちょっとその先入観が強すぎますよね(笑)。

 唄の方は・・・うーん、英語ということもあって論評不可能。11日の「笑っていいとも」にも親子で出演。知名度はとんでもなく高まっていると思いますが。

070511iitomo
■□

“なまずマン”がデビュー/健介オフィス道場マッチ

 健介オフィス道場マッチ追加情報。
・ 健介オフィス ニュース:健介オフィスホームタウンマッチ情報
##
■6月3日(日)健介オフィス道場 13:00開始
・6人タッグ1試合と北斗晶のトークショー&抽選会を予定
出場選手…佐々木健介、中嶋勝彦、小原道由、AKIRA、菊タロー、なまずマン
当日は健介オフィス所属のご当地レスラー“なまずマン”がデビューします。
(※健介オフィス事務所のある吉川は“なまず”が名産です。)
なまずマン プロフィール…JR武蔵野線吉川駅南口出身
             駅前ロータリー金なまず在住
             身長・体重不明


日時 6月3日(日) 12:30開場 13:00開始
場所 健介オフィス道場 埼玉県吉川市保1-4-12
金額 3000円(小学生以下は無料)ゴザ席&スタンディング
発売 5月13日(日)後楽園ホール、全日本プロレス大会の健介オフィス売店
   5月14日(月)~電話予約、健介オフィス事務所にて販売。
お問い合わせ 健介オフィス 048-982-0960

##

 150人で一杯一杯の会場に小原道由、AKIRA、菊タローも参戦する。なかなかの豪華さ。

 こういう趣向を自分たちで仕掛けるのが健介オフィス流。あくまで仕掛けは他人、そこに自分が出るというシチュエーションで自分を貫くのが鈴木みのる流。そんなところなんじゃないかと思う。

 というのも、「週刊プロレス」最新号の鈴木みのるインタビュー、投げかけているものがあるように感じる。別途記事にして追いかけてみたい。■□

2007.05.11

大谷晋二郎が重度の脳震盪で脳挫傷の怖れも

 10日の大阪大会、開始早々のアックスボンバーに沈んだ大谷晋二郎。
・ 大谷が脳震盪で病院へ搬送、大森戦で頭部強打=ZERO1-MAX(スポーツナビ)

 携帯サイト「週刊プロレスモバイル」によると、この件で本日11日午後1時から会見が行われたという。
##
・ 重度の脳震盪という診断を受けた大谷はすでに帰京。脳挫傷の怖れもあるため都内病院で精密検査を受ける。
・ 5・19新潟大会以降の出欠場、詳細は近日中に発表。
・ 大森「大谷選手はレスラーになってから一度も欠場したことがない。それがあの男にとっての誇りであり自慢。19日も欠場することはないと思う。戻ってくるのを待ってます」

##

 一度も欠場したことがないという輝かしい記録・・・しかし、ムリがあってはならない。ぜひ結論は慎重に。

 個人的には9日のハッスルでも元気な姿を見たばかりだったし、新日本プロレス時代から“過剰に技を食らう”大谷のことはずっと観てきたから・・・心配だ。

 動きは随時当サイトでも伝えたい。■□

KID復帰は見送りが決定的に

 勇気ある出陣で背負った代償、思った以上に大きく・・・。
・ KID右ひじ完治せず北京五輪大ピンチ(ニッカン)
##
レスリング・フリー60キロ級の山本“KID”徳郁(30=KILLER BEE)が全日本選抜選手権(6月9~10日、東京・代々木第2体育館)を欠場することが決定的となった。10日、山本の恩師の高田裕司日本レスリング協会専務理事(53)が明かした。アマ復帰戦となった今年1月の全日本選手権で負傷した右ひじの回復が間に合わなかったためで、近日中に正式発表される見込みだ。欠場の時点で世界選手権(9月、アゼルバイジャン)出場は不可能となり、北京五輪出場については厳しい状況に追い込まれそうだ。
##

 欠場が即「出場不可能」ではないらしい(詳しくはリンク先を)。

↓レスリングでの山本“KID”徳郁の脱臼の瞬間
・ 2007.02.04 カクトウログ: ミルコ速報&キッド情熱大陸

 実力ではなくケガで機会を逃すことになろうとは、いろんな意味で痛恨でしょう。引き際も非常に難しくなってきた。今後の決断は本人が決めるしかない。


※25:00追記
 正式に発表されました。
・ 山本“KID”が選抜欠場(デイリー)
・ 山本“KID”徳郁BLOG | お知らせ
##
大会には出たかったけど、ケガが完治しなくて・・・まだトレーニングも満足できるまでできてない。スゲエなやんだ、無理してでも出ようと思った。でも納得のいく試合ができないんで決めた。すげー悔しい。応援してくれたみんな、今回はごめんね。でも、次みんなの前で試合するときはレスリングにしろ総合にしろバッキバキの俺をみせるから。それまですげー頑張るから、楽しみにしててほしい。
##

 喜怒哀楽をネットでファンと共有したKID。まだまだファンと一緒になって闘う姿勢は続く!■□

2007.05.10

川田利明がテレビに出てます

↓観戦仲間からメール。これも10日今日みたい。

9時からの「とんねるずのみなさんのおかげでした」に川田出演。歌うのか!?。
来週も出演予定デス。


なんだか、「とんねるず+プロレスラーの日」だなー。

猪木がテレビに出てます

携帯から。

猪木&DJオズマの『うたばん』出演、今日でした。

TBS系 5月10日
夜7時54分〜9時00分

オズマさん、「炎のファイター」のアレンジ?曲を出してるんですよね。


※追記

070510inoki

 意外? 猪木が番組中で料理を披露。キンピラごぼうとおにぎりをつくってました。この本も紹介されていましたよ。

■□

2007.05.09

5・9ハッスル・ハウス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ

pick up 青空トレーニング@船木誠勝6月29日へ向けて体を動かし、調整をしています@アントニオ猪木ホーガン父娘がCD販促で来日 盟友・猪木と再会ハルク・ホーガン、噂の超セクシーガールと緊急生出演初代IWGPベルト 発売@UWF構想さん初代タイガーマスクvs川田利明、ついに初対決!=6.8リアルジャパン腎臓がんで手術の小橋建太が復帰へ本格始動新作フラッシュ:「レッスルキングダム2」プロレス黄金期の興奮再び新日本5月8日「レッスルキングダム IN GINZA」試合結果越中ら新日本プロレス次期シリーズ会見大腸ポリープ摘出@高木三四郎

5・9ハッスル後楽園ホール決戦「ハッスル・ハウス vol.24」を会場観戦。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・
・ 「ハッスル・ハウス vol.24」全試合リアルタイム速報!
(ハッスル公式)

・ 【深夜3時以降更新】ハッスル・ハウス vol.24
(スポーツナビ速報)

続きを読む "5・9ハッスル・ハウス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ" »

速報します、ハッスル・ハウス5・9後楽園

pick up 新日本プロレス・菅林新社長のオフィシャルブログ始動ミルコの敗戦を高阪剛が徹底解説三冠王者は不在! 次期シリーズ全カード決定=全日本6・10「ムトウの日」武藤だらけのバトル花の銀座で新日本がプロレス開催銀座に出現!プロレスショールーム天山広吉 CRぱちんこ必殺仕事人3に挑戦朝青龍にプロレスまがいの荒げいこをつけられ、右足を負傷玉田りえちゃんの結婚披露宴@デルフィン社長インリン・オブ・ジョイトイが日本最大級のアダルト総合イベントに出席

070508hustle 個人的にハッスル・ハウス初観戦。9日は後楽園ホールへ。
・ ハッスル公式サイト←ここでも速報やると思う
・ 『ハッスル・ハウス vol.24』当日券販売情報(ハッスル公式)
・ TAJIRIが語る5・9『ハッスル・ハウス vol.24』見所解説
(ハッスル公式)

・ 天龍&川田と激突! 謎のパーマン風マスクマン、M軍入りなるか=5.9ハッスル/キンターマン、TAJIRIが暴走セクハラ攻撃!
(スポーツナビ)

##
■「ハッスル・ハウスvol.24」
5月9日(水)後楽園ホール 
開場:18:00 開始19:00

<ハンディキャップマッチ>
大谷晋二郎&アン・ジョー指令長官&佐藤耕平
vs
HG&坂田亘

<シングルマッチ>
インリン様の魔法のランプ vs RG
※魔法のランプはイニシャル「B」の巨人

<タッグマッチ>
天龍源一郎&川田利明
vs
キンターマン&クロダーマン

<シングルマッチ>
セレブ小川with島田二等兵 vs 崔領二

<タッグマッチ>
TAJIRI&佐藤耕平
vs
KUSHIDA&\(^o^)/チエ

##

 6・17ハッスル・エイド 2007まで1か月ちょっと。布石は打たれていくのか? インリン様の魔法のランプからとんでもない選手が生まれる!?

 携帯から速報を入れる予定です。■□

2007.05.08

桜庭×ホイスが決定/6・2 Dynamite!! USA

携帯から。

HERO’S携帯サイトからメール到着。噂されていたカードが正式決定した。

▼桜庭VSホイス、6・2 LAで再燃!!『Dynamite!! USA』追加カード、遂に発表!!
6月2日、アメリカ/ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで開催される『Dynamite!! USA』の追加カードが発表された!


詳細はスポーツナビなど参照を。

難敵ながら桜庭和志にとってグラップラー相手は組みやすし。
「らしさ」がなかなか出せない最近の桜庭だが、試合後にサクスマイルは飛び出すか。

ただ、、、「ダイナマイト」とも「HERO’S」とも言い難いカード。さまざまな選手がいなくなっていることもあるが、マッチメイクが難しい時期に差し掛かっていることは間違いない。


※23:00追記

 会見は谷川貞治イベントプロデューサーによるものだった。桜庭はシュートボクセジム(ブラジル)でトレーニング中。
・ 桜庭和志vsホイス・グレイシー、6.2米国で再戦!=Dynamite!!米国/総合格闘技史に残る伝説の激闘、再び(スポーツナビ)
・ [Dynamite!!] 6.2 ロス:桜庭とホイス、7年ぶり対戦。5分5R道衣無し(BoutReview.com)
・ 【Dynamite!!】6・2噂のヒクソン参戦は全面否定、桜庭VSホイス再戦の経緯を説明(GBR)
・ SoftBank presents Dynamite!! USA in association with ProElite(HERO'S公式)
##
■「Dynamite!! USA」
6月2日(現地時間)
米国ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム 
開場15:30 開始17:00

=発表対戦カード=
▼HERO’Sルール 5分5R
桜庭和志 vs ホイス・グレイシー
※道衣の着用は認められない

▼HERO’Sルール 5分3R
マイティ・モー vs チェ・ムベ
メルヴィン・マヌーフ vs ユン・ドンシク
ハビエル・バスケス vs 永田克彦
ブラッド・ピケット vs 所英男

▼ProElite&SHOWTIME提供試合 HERO’Sルール 5分3R
ジェーク・シールズ vs イド・パリエンテ
ジーナ・カラノ vs ジャン・フィニー

=既報対戦カード=
▼メーンイベント HERO’Sルール 5分5R
チェ・ホンマン vs ブロック・レスナー

=出場予定選手=
レイ・セフォー
J.Z.カルバン
アントニオ・シウバ
ジョニー・モートン
※宇野薫と宮田和幸の参戦も計画されたが、両者とも7~9月開幕予定のHERO'Sのトーナメントに照準を合わせるため出場を辞退した。

<放送予定>
TBS系列 6月4日(月)21:00~23:00

##

 谷川氏曰く「僕自身、この2人の試合は封印しておきたい気持ちもありましたが、アメリカサイドが『一番見たいカード』と言ってきた」。既知のホイスと対戦する桜庭をみることで、アメリカのファン・関係者は“もうひとつの伝説”桜庭の凄さを確認したいんでしょう。

 ボクも2人の東京ドームでの対戦には感動した1人。MMAでのベテラン同士の一戦はえてして緩慢な攻防になるものも多いが、桜庭もホイスも自身の妥協を許さないファイターである。彼らなりのネクストを見せてほしいと思う。

 カード発表の日、タイミングよく桜庭和志オフィシャルサイトがオープン!
・ 桜庭和志オフィシャルサイト
・ 桜庭緊急メッセージ(桜庭和志オフィシャルサイト)
##
試合はギャンブルみたいなもの、勝つか負けるか、良い試合になるかならないかはわかりません。駄目だったらごめんなさい。駄目にならないよう、今ブラジルで適度に抜きながら一生懸命練習しています。皆さんの幸運を祈ります! 僕の幸運も祈ってください。次は運で勝ちます!
##

 言いたいことを自分ペースでぶちまける、それでOK!

 桜庭は執拗に追いかけてくるマスコミは得意じゃない。こういったサイトが“桜庭ペースで情報を発信していく場”になったとしたら、素敵なんじゃないかな。■□

週プロ表紙/朝日新聞夕刊に越中詩郎

週プロ表紙
携帯から。

先週の大歓声が甦る、、、あす水曜日発売の「週刊プロレス」表紙は越中詩郎!

うー、ただいま遅い昼食休憩中。


070508asahi_1※23:00追記

 おおっ、重なるなぁ…友人が携帯から送ってくれた。5/8付朝日新聞夕刊に越中詩郎の記事写真。『いぶし銀男、躍動 プロレス生活28年 越中詩郎 「尻技」駆使、王座求めて』。
ヒップアタックの打点が高い!

 越中詩郎の最新情報はこちらから。
・ 侍-魂 ドットコム
(サムタマ ドットコム)

続きを読む "週プロ表紙/朝日新聞夕刊に越中詩郎" »

イノキゲノム狂想曲~参戦の噂まとめ~

 アントニオ猪木率いる新団体「IGF イノキゲノムフェデレーション」旗揚げ戦。噂レベルを含めて、ここまでの情報をいったんまとめます。
070507maeda

■「闘今 BOM-BA-YE」
  2007年6月29日(金)両国国技館
  開場17時30分 開始18時30分

=参加決定選手=
カート・アングルカート・アングル選手参戦決定!:4月16日IGF公式
ジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット選手参戦決定!:5月7日IGF公式

=内定&オファー中(※1)=
安田忠夫[内](安田選手、参戦志願!:4月10日IGF公式
村上和成[内]
藤原喜明[内]
小川直也[オ]
藤田和之[オ]
高山善廣[オ]
※1 
内定&オファー中の選手は5/7発売分『レジャーニュース』フランク井上氏コラムより。

=その他=
ブロック・レスナー(アングルが「ベルトを賭けて戦いたい」とレスナーを名指し。ただし、K-1との契約があるので困難だと思われる)
佐藤耕平IGFとの接触を示唆:5月7日デイリー
ハルク・ホーガンホーガン来日の翌9日に都内で行われる会見に猪木が同席:4月24日スポニチ
前田日明(※2)
※2 
5/2発売分『東京スポーツ』:1か月半前にIGF側が接触。前田が『猪木さんはどこまでヤル気があるのか?』と問いただしたが、IGF側からはその後音沙汰なし。
5/7発売分『レジャーニュース』:一面記事。IGF出場内定の村上のセコンドとして前田が両国に乗り込む可能性も。IGFの廣瀬拓副社長が前田に協力を要請したもよう。別途、自分を慕っている村上や山本宜久を“食える状態”にしてやりたい(プロレス団体BML復活)との憶測も。

 たしか“世界中の選手から参戦の名乗り”というニュアンスの猪木発言があったと思うのだが、そこまでのものは現状ではなし。

 興行としては、大物同士の激突を1~2つ組めるかが集客の大きなカギにはなってくるだろう。猪木自身の復活を推測する向きもあるが、果たして?■□

2007.05.07

IGFにジョシュ参戦!

IGFにジョシュ参戦!
携帯から。

本日発売分「東京スポーツ」紙に記事掲載。
6・29両国でのIGF旗揚げ戦にジョシュ・バーネット参戦決定!

「参戦が6日、決定した」とされ、ジョシュのコメントが紹介されている。
詳しくは同紙を。

携帯サイト紙プロハンドには「UFC関係者はIGFの存在を知らず、今回のニュースに困惑を隠しきれなかった様子」との続報も。

無理もない、、、。


※24:45追記

 さんざん延期になった“イノキゲノム”を思えば、順調な発表でもある。

 アントニオ猪木は前夜に予告していた。
・ 05月06日 お騒がせマン(アントニオ猪木 オフィシャル ブログ :: 闘魂ブログ :: - ANTONIO INOKI OFFICIAL BLOG -)
##
明日の新聞で大物選手の名前が明らかになると思うけど期待してください。
IGFは日本だけじゃなく、世界中から選手が参戦しますので、
新ベルトにて本当の世界一決定戦も行えればいいなと思っております。

##

 東スポにスクープさせた。
・ BurningSpirit | ジョシュ、IGF参戦
・ 多重ロマンチック:ジョシュ・バーネット IGFに冒険し三冠統一へ
##
東スポに掲載されたジョシュのコメントを抜粋。
「IGFの核となるべきはあの二人(カート・アングルとブロック・レスナー)じゃないだろう?エースはミーしかいないハズだ。彼らはプロレスでトップを極めた後に、これから総合格闘技にも進出しようとしている連中。ミーは逆に総合でトップを取り、これから本気でプロレスで天下を狙おうとしている人間。どちらがイノキの遺伝子を継ぎ、IGFのエースにふさわしいか?分かるだろう。乱立するIWGP問題にもミーがキッチリとカタをつける」
##

 公式コメントを発表した。
・ 【070507】ジョシュ・バーネット選手参戦決定!(IGF イノキゲノムフェデレーション)
・ ジョシュ、IGF参戦決定!アングル、レスナーに宣戦布告(スポーツナビ)
##
ミスター猪木、そして日本のファンの皆さん、
6月29日IGFの大会へ参加することになりとても興奮しています。
とにかく、プロレスラーとしてプロレスが最強であること、
IGFをNO.1にすること、そそして俺がNO.1であることを証明してやる。
ミスター猪木に一つだけ俺の願いを聞いてもらいたい、
IWGPファーストのベルトを復活させてくれ、全ての始まりはこのベルトからだ。
俺がチャンピオンになり俺が全てのベルトをIGFに集結させる、それがNO.1ということだ。
カートでも、ブロックでもないこの俺が証明してみせる。
カート、ブロック"お前らはもう死んでいる"

##

 IGF(イノキゲノムフェデレーション)の参戦決定選手は2人目。カート・アングルに続いてジョシュ・バーネットが発表された。

 PRIDEグランプリ準優勝まで登り詰めたジョシュ。単に参戦するだけでは“後退”だろう。ただ、発言通りカート・アングルやブロック・レスナーと対戦して、今まで誰も見せなかった闘いをやり遂げるならば話は違ってくる。

 これは“逃げ”か“挑戦”か。そして、猪木ゲノムとは何か。まだわからない。

 次の動きは5月9日?
・ 04月24日 ホーガンの娘に“猪木ビンタ”ダーッ(スポニチ)
##
・ 日本でCDデビューする米人気プロレスラー、ハルク・ホーガン(53)の長女ブルック・ホーガン(18)が、来月(※5月)8日にプロモーションのため来日する。
・ 猪木氏はホーガンの招へい元からのオファーを快諾し、ホーガン来日の翌9日に都内で行われる会見に同席する。詳細は決まっていないが、会見ではブルックへの闘魂(とうこん)注入ビンタが見られる可能性も。盟友の娘のPRを買って出るとともに、人気が低迷するプロレス界に話題を作りたい一心もあるようだ。

##

 話題づくりの点では天才的な猪木。まだまだサプライズは続くか?■□

1976年のアントニオ猪木 書評

pick up 須藤元気、格闘家復帰「あるかも」出版記念サイン会にて横峯さくら“プロレス効果”で今季初首位浮上武藤、鈴木への挑戦は「時期がくれば」元プロ野球選手・立川ら11人がK-1トライアウト合格7月大会でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがヒース・ヒーリングを相手にオクタゴンデビューCRUISER'S GAMEにKENTA初登場マッスル ハウス4観戦記~本気で目指すぞ武道館@ブラックアイさん

ルスカ戦、アリ戦、パク戦、ペールワン戦。プロレスを変え、格闘技を変えた4試合を世界的取材で描く。『1976年のアントニオ猪木』(柳澤健著/文藝春秋)を読みました・・・

続きを読む "1976年のアントニオ猪木 書評" »

2007.05.06

健介オフィス、道場マッチ開催~健介は元気か? 全日本は元気か?~

 健介オフィスが初の道場マッチを開催する。 
・ 健介オフィス ニュース:初のホームタウンマッチ(道場マッチ)開催決定!!
・ 健介オフィス所在地&地図(KENSUKE OFFICE)
##
日時 6月3日(日) 12:30開場 13:00開始
場所 健介オフィス道場 埼玉県吉川市保1-4-12
金額 3000円(小学生以下は無料)ゴザ席&スタンディング
発売 5月13日(日)後楽園ホール、全日本プロレス大会の健介オフィス売店
   5月14日(月)~電話予約、健介オフィス事務所にて販売。
お問い合わせ 健介オフィス 048-982-0960

##

 試合内容は発表されていない。観客数も限られそう。携帯サイト「プロレス・格闘技DX」では健介オフィスの北斗晶が書き込み。
##
・ 元々道場が出来上がったのが去年の8月だから10ヶ月の月日がいつの間にか経ちましたが、当初から「少ない人数のファンの方でいいから日頃、選手が汗を流す道場で試合を開催したい」と思っていました。
・ 実は出場選手などは既に決定しているのですが…発表は今しばらくお待ちください。ゴザ席&スタンディングで150人で一杯一杯の会場になりますが、手抜きはしません。どこもやったことのない試合でいきますよ~。来てくれたお客さんが「お~」と思うことが必ずあるはずです。

##

 出場選手などは既に決定…所属選手以外にも参戦? 発表を待ちましょう。

 集客力や費用面から道場マッチにせざるを得ない…というパターンはあるが、佐々木健介や中嶋勝彦はメジャーマットでトップクラス。それゆえ、逆に何を投げかけるのかに注目が集まる。150席…13日の全日本後楽園の日だけで売り切れ状態になるんじゃないでしょうか。

 その13日、セミとメイン。
・ 5月13日(日)東京・後楽園ホール(全日本公式)
##
5月13日(日)東京・後楽園ホール 12:00
▼第6試合・シングルマッチ
小島聡 vs 佐々木健介
▼第7試合・6人タッグマッチ
武藤敬司&太陽ケア&ハワイアン・ライオン
vs
TARU&近藤修司&"brother"YASSHI

##

 今年1月に復帰してから、チャンピオンカーニバル以外では大物とのシングルがない健介。誰よりも両国でまっさきに鈴木みのるに噛み付いたのに、表舞台に出て来る流れに持っていけない。この小島戦が契機かというと、そうでもなさそう。

 先だっての名古屋大会で健介と対立の雰囲気があったという小島。いよいよブードゥーマーダーズ入りではないかとファンからささやかれている。まるでセミで“かつての師”健介と仲間割れ→メインで乱入という図式を感じさせる試合編成。ヒールターンということなら、盟友・天山広吉(新日本でGBH軍を率いる)とヒール合体というやり口も考えられる。

 まだピンと来ないが、何をどこまで仕掛けられるのか。

 武藤はみのるの対戦アピールを無視し、次期シリーズをみのるは欠場。復帰した健介、長期政権のみのる、チャンカン優勝の武藤敬司、エースの小島…なんだかチグハグな全日本プロレスが不安になる。外人離れも歯止めがきかず、ディーロ・ブラウンとブキャナンはノア参戦。いったいどうなっているんだろう。

 健介もどう踏ん張っていいか、迷っているのかもしれないな。■□

2007.05.05

今夜放送、永田vs越中

pick up いきなり決定!6・8ノア横浜文体でディーロ&ブキャナンがタッグ王座挑戦ROH世界王者・森嶋が凱旋試合で快勝=第7回SEM柴田勝頼の肉体再生@船木誠勝アントニオ猪木、渋谷109前にゲリラ出撃女子プロ「息吹」後楽園に初進出、満員のファンが祝福5・5GPWA「第3回ディファカップ~開幕戦~」結果大会トピックス5・6決勝対戦カードこちらに移転:菊タローの商売繁盛したいブログ三冠王者みのるが初登場。プロレスの向こう側へ5・4「マッスル」レポート@angle JAPANさんスポーツナビ試合結果冠をかぶり、金のビキニ、スケスケのショール姿の“聖母”インリン様

 いよいよ関東地区は土曜深夜。Yahoo!テレビより。
##
ワールドプロレスリング 
「IWGP5・2後楽園永田裕志vs越中詩郎!
夢の対ケツをケンドーコバヤシ熱烈応援!!」
5月5日(土) 26:10~26:40
テレビ朝日 Gコード(8099001)

##

 煽りVもノーカットで放送してほしい!

 はっきり言って、あの後楽園の熱気はなかなか出せるもんじゃない! テレビでどれだけ伝わるかわかんないですが、時間がある人は見届けてください。

 試合後の越中詩郎のコメント、出ました。
・ ありがとう!([侍-魂]サムライ越中日記)
##
まずはみなさんへの御礼から。
5月2日のIWGP戦では、本当にすごい声援を頂き、ありがとうございました。メールでもたくさんの励ましを頂き、すごく力になったし、みんなに強く背中を押されていることを感じました。本来なら、みんなにキチンとお返しをしなくちゃいけないのに、またしてもみんなから強い勇気をもらってしまいました。つくづく自分は幸せ者です。本当にありがとう!
今回の試合では強い手ごたえを感じることができたので、俺はまだまだあきらめません! 必ずもう一度同じ場所に立ちます。

##

 必ずもう一度同じ場所に立ちます・・・奇跡を何度でも起こしにいく越中の気持ちはけっして折れないのだ!

 関連記事。
・ カクトウログ: 永田裕志vs越中詩郎/5・2新日本プロレス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ
・ 多重ロマンチック:侍・越中、男泣き
・ 5/ 2(水) 18:30 東京・後楽園ホール 観衆 2,005人(超満員札止め)(新日本公式)
■□

柴田勝頼、BRUTUSに登場

携帯から。

5月1日発売分の『BRUTUS』に柴田勝頼が登場している。
スポーツウエアを着用してのモデル。オールNIKEで固めた。

ということで立ち読みしましたら、
カラー1ページ使って1ショット堂々掲載。
説明文には「KATSUYORI SHIBATA(総合格闘家)」とある、、、。

ウエア主体だから?
一種のステイタス?
ボクにはあの写真のよさはわからんー。

興味のある人はお出かけついでにご覧ください。
赤い表紙、掲載は後ろの方のページです。

※23:30追加リンク
・ BRUTUS ONLINE - 雑誌『ブルータス』、『カーサ ブルータス』公式サイト
・ 船木誠勝“MADNESS”:「肉体再生」
##
拳の握りもだいふ出来るようになってきた柴田
しかし、まだまだ油断は禁物
ここで無理をしてしまうと再び拳を痛めてしまう。
握りが出来てきたところで
来週から本格的に筋肉の再生作業に着手。
強い負荷をかけられなかった為、この1ヶ月は維持のみ。
もう一度本格的に筋肉へ刺激を入れ
筋を強靭にし、戦闘用の肉体に戻す。
六週間後には古代パンクラチオンに出場する競技者のような肉体になれるよう頑張ろう。

##

 HERO'S参戦時に改造されていた柴田の肉体も、船木誠勝によってさらに進化を遂げようとしている。次の試合はいつになる?■□

2007.05.04

高山善廣、歌手デビュー

pick up また上見て進みます…風香、5・18復帰決定!バカにされた女子レスラー、男vs女のリベンジ戦決定 5・6ゼロワン夏目ナナ&後藤達俊をファン20人で囲む会健介オフィス道場マッチ決定ロッキー・ザ・ファイナル5月5日にアントニオ猪木都内ゲリラ予告kamiproHand→ブラックアイさんゲリラ日程情報衝撃マイク、マシン「お前!長尾だろう!!」勝ち名乗り星野総裁も復活大会結果所英男がヒップアタックを食らうファラ・フォーセットのフィギュア@高山善廣多分今までで一番輝けた@さくらえみ#162 「最終回」@鈴木浩子元ロッテ4番の立川がマイク・ベルナルドに弟子入り小力、笑撃告白 人間ドックで2番目に悪い患者!?

 5月2日発売分の「東京スポーツ」紙がスクープ記事を掲載した。
タイトルは「マット界の帝王 高山 ソニーミュージックと契約」
070502takayama
##
・ 高山「実はソニーと契約(アーティスト契約)を結んだんだ。7月4日に最初のCD(新テーマ曲となる。高山の肉声入り)を出すが、歌手としても活動していこうと思う(その後も歌でCDを出す)。オレはアーティストだからね。いい作品しか出さない。ワールドワイドに活動するからグラミー賞しか狙わない」。
・ ローリングストーンズやU2のような大物と同じく新作は3~4年に1枚しか出さない方針。日本人でグラミー賞を受賞したのは坂本龍一と喜多郎のみ。
・ 高山の担当者は、米国の英雄ブルース・スプリングスティーンと同じ。担当「高山選手もスプリングスティーン好きだということで接点ができました。アメリカンロックに非常に詳しいので、一緒に仕事をしていても話題が尽きません。今の音楽界に風穴をあけてくれると期待しております」。
・ 関係者証言「ローからミッドローへの低音域が強い美声の持ち主」。

##

 まずはテーマ曲のCDを出して(今までと同じテーマ曲です。アレンジを加えるかどうかは不明)、その後に歌手デビュー。

 いったいどんな曲を歌うんでしょうか。ロック系のようで…木村健悟のような演歌でもなく、藤波辰爾のマッチョドラゴン系でもないということなんでょう(何の補足説明にもなってない、スマン)。 

 東スポによると新テーマ曲は肉声入り。ドン・ドン・「ハッ!」の「ハッ!」の部分ってことかな(ドン・ドン・「オイ!」だと大半のファンは思っているが、「ハッ!」だと高山本人が主張)。

・ 高山 善廣 & Double Fear(Sony Music Shop)
・ 高山善廣の逆襲~The Destructive Power 【完全生産限定盤】
##
発 売 日 2007/07/04 通常価格\2,000(税込)
泣く子も黙るプロレスラー高山善廣のテーマ曲が”高山人形”付限定発売!!
~格闘界から音楽界へ殴りこみ!
泣く子も黙る、プロレスラー高山善廣のテーマ曲が
[高山人形]付限定パッケージで登場!~

ご存知、ノーフィアーなプロレスラー高山善廣のテーマ曲を
緊急リリース!
見かけに似合わず、多趣味の高山!
特に音楽、それもROCKが大好きで、
スプリングスティーンなどの60's~70'sの骨太なサウンドに
メロメロだとか・・・
そんな高山善廣のテーマ曲の緊急リリースが決定!
人並み外れてグッズ好きの高山!
本人たっての希望で
自身公認の人形付きでの発売となります!
なんといってもその人形の形相が最高!
高山氏の熱烈なファン、プロレスマニアはもちろん、
コレクターにとっても垂涎の「マルサン」製人形付で
攻めも守りも完璧!
発売日近辺の2007年6月28日は高山氏デビュー15周年!
更に高山旋風が吹き荒れます!

1 高山善廣の逆襲~The Destructive Power メインテーマ
2 高山善廣の逆襲~The Destructive Power 総合格闘技Version
3 高山善廣の逆襲~The Destructive Power ウルトラ・セヴンVersion
4 高山善廣の逆襲~The Destructive Power レッスル・キングダムVersion
5 高山善廣の逆襲~The Destructive Power COCOBAT Version(Bonus Track)

##

 おい、「見かけに似合わず、多趣味の高山」ってなんだよ!(笑)

 ファンとしては人形つき限定パッケージは見逃せない!
(リンク先にジャケット写真と人形写真あり)

 メキシコ遠征も近づいてきました。
・ 「勝ったらベルトはやる!」三冠王者・みのるが全試合防衛戦宣言/メキシコ遠征で英雄・マスカラスの仮面狩りを予告(スポーツナビ)
##
■闘龍門メキシコ自主興行「Dragomania II」
5月13日(日本時間14日) 
メキシコ:アレナ・メヒコ 開始18:30

<8人タッグマッチ 60分1本勝負>
高山善廣&鈴木みのる&SUWA&ウルティモ・ゲレーロ
VS
ミル・マスカラス&ウルティモ・ドラゴン&ミスティコ&岡田かずちか

<タッグマッチ 45分1本勝負>
獣神サンダー・ライガー&後藤洋央紀
VS
ドクトル・ワグナーJr.&ネグロ・カサス

##

 遠征中の新日本プロレス・後藤洋央紀も参戦。なかなか面白そうな大会ですねぇ。でも、高山善廣&鈴木みのる、メキシコでどのくらい受け入れられるんだろう? マスカラスを相手にしたおちょくり&ヒールファイトはかなり見たい!


※テーマ曲が変わるわけではないらしいので、修正・加筆しました。■□

2007.05.03

田村vsさくら/5・3NEO女子プロレス後楽園ホール観戦記

pick up 大物参戦@アントニオ猪木来週水曜日、5月9日。アメリカからやって来る超大物の記者会見NEO5・5板橋全カードみのるが勝手に防衛戦決行!? 5.4K-DOJOで三冠KAIENTAI DOJO5・45・6関本大介の欠場で対戦カード変更=5.6LOCK UPノア三沢が6月3日にスミスと防衛戦5.13健介vs小島の一騎打ち、雷陣とブルートが海外留学=全日本キンターマン、TAJIRI暴走セクハラ攻撃永田さんは本当にイケメンなのかどうか@多重ロマンチックさん

メインは田村欣子とさくらえみの対決。5・3NEO女子プロレス後楽園ホールを会場観戦。観たことのない団体ですが、ネットで伝えられてきたやりとりも面白かったので・・・
070503tamuratop

続きを読む "田村vsさくら/5・3NEO女子プロレス後楽園ホール観戦記" »

永田vs越中の地上波放映は5月5日(土)深夜に/観戦記補足

 会場観戦しました。つたない速報で失礼しました。たくさんのご来場に感謝します。試合順に並べ替えて写真を追加していますので、あたらめてどうぞ。
・ カクトウログ: 永田裕志vs越中詩郎/5・2新日本プロレス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ
・ 5/ 2(水) 18:30 東京・後楽園ホール 観衆 2,005人(超満員札止め)(新日本公式)

 公式サイトではノーコメントとなっている越中。週プロモバイルでも「サンキューサンキュー」しか確認できなかったが、携帯サイト「kamiproHand」がきっちり拾っていた。
##
越中
「あれだけ大きな声援でね、でも期待に応えられなかった…。
けど、下を向きませんよ、ウン。
オレん中では、まだ始まったばかりだから、あん。
(40を超えてIWGPに挑戦できると思っていましたか?)
…グッ(涙で顔がクシャクシャに)。
…まさかだよね…(涙を抑えきれず報道陣の前から立ち去る)」

##

 まだ始まったばかりだから!…折れない心。永田裕志(39歳)に挑戦した越中詩郎(48歳)の物語。

 あれだけの声援を浴びたんだから、タマらなかったんでしょう。越中は入場時から涙ぐんでいた様子。

 煽りVから素晴らしかった。以下記述の他にも「ヒップアタックでぶった斬ってやるって! 10発でも20発でもやるって!」など。
##
・ 注目のメインの試合前、まず『アメトーーク』での“越中芸人”のシーンから始まり、越中ブームの火付け役であるケンドーコバヤシがナレーションを務める中、インタビューに応える越中が「やるって!」節を連発するという、なかなか弾けた作りの煽りVが流れる。新日本も(いい意味で)変わったんだなと実感させられるシーンだったが、48歳の越中が「体力は落ちているが、プロレスはそれだけじゃない。熱いハートがある。熱い風がふくって! やってやるって!」と叫ぶと、観客は早くもヒートアップ!
・ 最高に盛り上がった状態の中、ジュニアヘビー級時代の大一番で着用していた羽織袴&ハチマキ姿(新撰組スタイル)で入場してきた越中。一方の永田もIWGPヘビーV10を達成した頃に着用していた紺のロングガウン姿で入場。
angle JAPAN: 後楽園で新日本が大爆発! 越中が大声援を背に永田にケツ爆弾だって!

・ メキシコ修行時代のサムライ・シローをほうふつとさせる新撰組の羽織袴で、越中が威風堂々の入場だ。
侍魂見せたけど…越中敗戦だって!(デイリー)

##

 こちらにもコメント出るかな? 待ちましょう。
・ 侍-魂 ドットコム(サムタマ ドットコム)

 会場内でのアナウンスによると、永田vs越中の関東地区地上波は5月5日放映なんだという。
##
ワールドプロレスリング
5月5日(土) 26:10~26:40
テレビ朝日 Gコード(8099001)

##

 ぜひチェックを!■□

2007.05.02

永田裕志vs越中詩郎/5・2新日本プロレス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ

メインはIWGPヘビー級タイトル戦! 5・2新日本プロレス後楽園ホール2DAYS初日を会場観戦。携帯からの速報記事を試合順に並べてまとめました。あらためて、どうぞ・・・[全文を読む
070502njpwtop2
・ 5/ 2(水) 18:30 東京・後楽園ホール 観衆 2,005人(超満員札止め)(新日本公式)

続きを読む "永田裕志vs越中詩郎/5・2新日本プロレス後楽園ホール決戦、速報観戦記まとめ" »

2007.05.01

全日本愛知県体育館結果/みのるvsTAJIRI三冠戦ほか

<この文字クリックすると★ゴールデン・ウィーク興行&テレビ日程>
pick up 高瀬大樹が田村潔司に対戦要求4・30上井駅結果トピックスまとめ不完全燃焼に終わる試合が多かった@angle JAPANさんレポート堀江貴文被告が夕張チャリティープロレスを極秘観戦!ゼロワン解雇回避?騒動中の佐藤耕平、神風に勝利永田余裕、セコンド介入容認ジャガー横田が夫に“2人目”強要大橋宏紀がリキプロに入団@多重ロマンチックさん中嶋勝彦と同じ璞名館出身璞名館・武内惣氏はかつて前田日明と上井文彦氏を仲介

 名古屋ではハッスルでお馴染みのTAJIRIが、鈴木みのるの三冠ヘビー級タイトルに挑戦した。
・ 4月30日(月・祝)愛知県体育館(全日本公式)
##
4月30日(月・祝)愛知県体育館
「プロレスLOVE IN NAGOYA ~HOLD OUT TOUR 2007 FINAL~」
観衆4,700人

[1]○土方隆司&T28(テツヤ)(8分4秒、片エビ固め)平井伸和&真田聖也×
※ランニングジャンピングハイキック

[2]○AKIRA(13分45秒、片エビ固め)MAZADA×
※ムササビプレス

[3]○ミゲル・ハヤシJr&ペペ・みちのく&エル・ノサワ・メンドーサ(16分8秒、首固め)渕正信&荒谷望誉&菊タロー
※試合後にアミーゴス決起で6月ジュニアリーグ開催へ

[4]○諏訪魔&TARU&近藤修司(18分21秒、体固め)小島聡&佐々木健介&雷陣明×
※ラストライド
※VMにコジコジカッターで“勧誘”を断った小島だが、健介の握手に呼応せず・・・すきま風

▼世界ジュニアヘビー級タイトルマッチ
[5]○中嶋勝彦(23分37秒、片足抱え式原爆固め)"brother"YASSHI×
※中嶋が初防衛に成功

▼世界タッグ選手権試合
[6]○太陽ケア&川田利明(26分6秒、片エビ固め)グレート・ムタ&バンピーロ×
※TKO34th。川田&ケアが初防衛に成功

▼三冠ヘビー級タイトルマッチ
[7]○鈴木みのる(13分26秒、体固め)TAJIRI×
※みのるが4度目の防衛に成功
※逆落とし→スリーパーホールド。TAJIRIはグリーンミストを天に向かって噴きながら昇天。覆いかぶさって3カウント

##

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」よりメインの内容。
##
<試合経過>
・ みのるがロープに追い込んでノドを絞めあげ、リング中央に引きずり込もうとすると手にしていたのはTAJIRIのコスチュームの帯。あっけにとられたみのるにTAJIRIは赤い毒霧→首固め2発。帯で鉄柱にくくりつけてリングアウト狙い。セコンドがほどいて、みのるはリングアウト負けを回避。
・ なおも攻勢をかけるTAJIRIだが、バグゾーキックを読まれてみのるにスリーパーでつかまる。逆落とし→スリーパーホールド。TAJIRIはグリーンミストを天に向かって噴きながら昇天。覆いかぶさって3カウント。

<マイクアピール>
・ 鈴木「ケアを倒し、小島もやられた。俺をほっとくのか? 出てこいよ、武藤社長!」
・ 武藤コールの大合唱。
・ 武藤は姿を見せない。鈴木「武藤、出てこい!」武藤は現れず。
・ 鈴木「バイバイ、全日本!」と吐き捨て、リングサイドの練習生を殴りつけ、インタビュースペースの椅子を蹴りつけ、壁の全日本ロゴを引っぺがす。「ジ・エンドって感じだな。バイバイ。これ(三冠ベルト)は俺のもん。もらっていく。もう、ここにいる必要もねぇみたいだな」

##

 観客の入りは6割・・・知人が観戦しました。首都圏では地盤固めしつつある全日本プロレスも、名古屋はまだまだ厳しい。されど、好きなファンが集まったことで盛り上がった、TAJIRI人気も炸裂していたとのこと。

 メインは・・・まるでザ・エスペランサーvsTAJIRIを彷彿させるシーン現象からスタート。コンパクトな試合時間の中に濃厚な攻防が詰め込まれていたんだという。その攻防の割には、フィニッシュが唐突とも思えたとのこと(グリーンミストを天に向かって噴きながら昇天も角度によっては見えない)。試合後には武藤コールで登場を観客が後押し、だが本人は出て来ず。

 攻防の妙を味わえたことに“満足”を得たか、抜群とはいえないフィニッシュ&ラスト武藤登場なしに“不満”を感じるか。評価が分かれた興行だったんでしょう。

 情報を読み聞きした限りのボクの感想だが、やはり最後に武藤には出てきてほしかった。最後に出てくると、やっぱり興行がシマるし、観客も「ああ、武藤挑戦へとつながっていく節目を目撃できた」っていう達成感につながる。大会名に「プロレスLOVE」を冠しているわけだから、そこは登場してほしかったな~。

 登場しないことを見越してみのるが仕掛けたのか、武藤が裏切って出てこなかったのか。それは、わからない。ただ、何よりここまで物語を積み上げて愛知県体育館のメインへとたどりついたみのるとTAJIRIへの感謝、見届けに来たファンへの感謝を武藤に表現してほしかったと思う。セミファイナルが終わったばかりで、ペイントが剥がせなかったのかな?

 「プロレス・格闘技DX」はみのるが「全日撤退を示唆」と報道。今後はどうなる?・・・すぐさま武藤には挑戦させないみのる流の持っていきかた、期待してしまうよ。

 みのるとTAJIRIの物語は一応の完結。2人の踏ん張りは、ボクの知人を関東地方から遠征観戦させるほどの面白さを発揮した。ファン一人ひとりの中にまで物語を生むレスラーは素敵だ。その知人、翌1日は橋本真也の墓参りをするというので、「ボクたちが一生懸命に観れるプロレスが続くように天から見守ってください」との伝言をボクは頼んだのだった。■□

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー