フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.29

キン肉マン、プロレス参戦/プロレス界にとって20年以上の悲願がついに!?

携帯から。

きょう29日(ニクの日)、プロレス漫画「キン肉マン」生誕29周年イベントで作者・ゆでたまご氏が「今年中にキン肉マンがプロレス参戦する」と発表。

団体は不明。ハッスル?

1980年代、まだプロレスがゴールデンタイムで放映されていたころ、新日本プロレスが「キン肉マン」登場を企画。作者らからのクレームでボツとなったエピソードあり。ストロング・マシンに変更。

プロレス界にとって20年以上の悲願がついに!


※22:55追記
 スポーツ報知が夕方に報じている。
・ キン肉マン、プロレス参戦表明!…生誕29周年(報知)
##
 80年代に絶大な人気を誇ったプロレス漫画「キン肉マン」が生誕29(ニク)周年を迎え、29日に都内で記念イベント「キン肉マン映画祭」が開催された。イベントの途中、作者のゆでたまご・嶋田隆司氏(48)が今年中にキン肉マンがプロレス参戦することを発表した。
 リングネームに「マン」を加えるほど多大な影響を受けたプロレスラー・ミノワマン(32)は「これからも超人を目指したい」と力強く宣言。キン肉マンとの直接対決を「キン肉星から来るんですもんね。ぜひやりたい」と熱望していた。

##

 必殺技の「キン肉バスター」を、プロレスリング・ノアのモハメド・ヨネが使っている。名称使用はゆでたまご氏の公認をもらっているので、ヨネがキン肉マンに転身というやり方もある?

 新日本プロレスでの「キン肉マン」消滅はこちらに記されている。
・ 平田淳嗣 - Wikipedia
##
 (1984年)新日内で、キン肉マンをモチーフにした覆面レスラーの企画が持ち上がり、ストロング・マシーンになる前の平田がリストアップされた。作者のゆでたまごや集英社の了承を得ていなかった為、クレームが付き、企画は没となっている。
 但し、ストロング・マシーンとなる直前に「謎のマスクマン」として覆面の上に目出し帽を付けて登場している。その際、わずかに覗くマスクや頭頂部がとがっている等の特徴から、実際にキン肉マンの覆面をしていたのではないかという説もある。またその目出し帽での登場の際に、ある記者が 「彼は何者か?」と聞いたのに対し、将軍KYワカマツが「ストロングなマシーンだ」と答えた事が、ストロング・マシーンの命名の由来であるという説もある。

##

 当時は初代タイガーマスクが引退し、スーパースターが待ち望まれていたもんなぁ。もちろん、今もそう。どういったシチュエーションでキン肉マンが登場するかはわかりませんが、話題になる仕掛けに期待したい。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

UFCがサプライズ発表/ダナ・ホワイト社長はエリートXC地上波放映決定にもコメント

携帯から。

米国総合格闘技団体UFCがサプライズとして予告し、すでに海外サイトなどで報じられていたが、、、

米国28日(日本時間29日)、ダナ・ホワイト社長が会見。UFCがアンハイザー・ブッシュ社とメーンスポンサー契約をしたことが正式発表された。

アンハイザー・ブッシュ社はバドワイザー・ビール(ビール世界一)の会社。今年5月開催分からの3年間契約だという。

メジャースポーツとしての証。勢いづくUFC、格闘技はここまで来た!


※22:55追記
 UFC公式サイトが伝えている。
・ Bud Light Enters the Octagon™ As Exclusive Beer Sponsor of UFC(UFC公式)

 東スポ携帯サイトがダナ・ホワイト氏に直撃。バドワイザーのライト版、バドライトが表示されるようだ。
##
(重大発表というがバドライト(バドワイザーのライト版)とのスポンサー契約とは、少々拍子抜けだが?)
・ ホワイト社長「2001年に我々がUFCを買ったとき、総合格闘技は荒れ果てていた。PPVではポルノが流れているのに、MMAは禁じられたほど、世間からの扱いも醜いものだった。それを7年かけて、市民権を得るまでに成長させてきたんだ。アンハイザー・ブッシュは世界一のスポンサー。これは業界を震撼させるニュースなんだ」
(重大発表というから、地上波放送の発表かと思いました。エリートXCがMMAとしては初めて地上波で放映されると、今日発表になりましたが)
・ ホワイト社長「1年前にはIFLがMMAとして初めてケーブルテレビ局で放映されると騒がれたが、今では誰も相手にしていない。数か月前にはマーク・キューバンとHDネットが話題となったが、今では彼らを脅威と感じる者は誰もいない。生存競争が激しい世界なんだ。エリートXCも同じことさ」
##

 やけに東スポ側の突っ込みが厳しい(笑)。いや、メジャーなスポンサーがつくことは大切だと思う。それはすなわち信頼の証明。地上波なり、何がしかのさらなる成果につながっていくんじゃないのかなぁ。

 確かに、顔ぶれにメジャー感がなければ、地上波テレビも盛り上がらないんでしょう。エリートXCは、ホワイト社長の予言どおりに発展なく終わるのか。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

藤田和之が永田裕志にエール/元気づけるため、「戦極」旗揚げ戦での勝利を誓う

 3月5日に旗揚げする新格闘技イベント「戦極」に登場する藤田和之。合宿先のロサンゼルスから帰国して28日記者会見を行った。
・ 藤田和之が“野獣感”増し帰国、K-1戦士を一撃KO宣言!=3.5戦極/11カ月ぶり復帰戦「『戦極』の熱意が一番伝わったので決めました」(スポーツナビ)

 会見内容はリンク先で確認を。さて、こんな一幕もあった。
##
 また、脳こうそくの疑いがもたれていた盟友・永田裕志のことを報道陣に尋ね、「すごく心配だったので、問題がなければよかった」と安堵する場面もあった。
##

 この部分、東スポ携帯サイトおよび週刊プロレスモバイルから発言を再現。
##
藤田は新日本・永田裕志の容態を気にかけ「永田さんは大丈夫ですか?」と報道陣に逆質問。軽症であることを知ると「人づてに聞いて、すごく心配していた。問題なければ良かったです。オレはこの体でサンダー・デス・キックもサンダー・デス・ドライバーも食らってきた。オレが一番、永田裕志の凄さを知っている。長く休むことになってはもったいない。今回の試合で必ず勝利するんで、永田先輩を元気づけたい。本物のチームJAPANとして元気づけてあげたいですね」
##

 大会や団体を飛び越えてこういった発言が出るのは嬉しいこと。藤田和之は元新日本プロレス所属で、永田裕志、中西学、ケンドー・カシンと「チームJAPAN」を組んでいた。特に、永田はデビュー戦の相手でもある。また、永田との試合で年間ベストバウトを獲得したこともある。
・ プロレス大賞 - Wikipedia
##
2001年の受賞者
年間最高試合賞(ベストバウト):藤田和之×永田裕志

##

 プロレスの定義はそれぞれでしょう。ただ、藤田や永田が認める“本物の闘い”というものがあり、それを世に問うための闘いをいつもしようとしている。団体は別々でも、気持ちはひとつ。そういった絆が見えてきて、嬉しい記者会見ともなった。

 「戦極」の全対戦カード。
##
■ワールドビクトリーロード「戦極-SENGOKU-」
3月5日(水)国立代々木競技場第1体育館18:30

[7=メイン]吉田秀彦 vs ジョシュ・バーネット
[6=セミ]五味隆典 vs ドゥエイン・ラドウィック
[5]三崎和雄 vs シアー・バハドゥルザダ
[4]藤田和之 vs ピーター・グラハム
[3]瀧本誠 vs エヴァンゲリスタ・サイボーグ
[2]川村亮 vs アントニオ・ブラガ・ネト
[1]ファブリシオ“ピットブル”・モンテイロ vs ニック・トンプソン

##

 新イベントがいよいよベールを脱ぐ!
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.28

武藤敬司とドリー・ファンク・ジュニアが夢の初対決/そして全日本は3・1(土)両国大会へ

pick up ミルコvsモー戦の噂@GAME AND MMAさんDREAM誕生もTBS煽りはあいかわらず・・・前田日明「でも、俺は信じているんだよ」アウトサイダーを語る後編サップ敗北も、ストライクフォースはイベントレコード達成村上氏謝罪、間に弁護士が入っていた金村キンタロー元妻・中見川志保K-DOJOで現役復帰@ブラックアイさん魔裟斗vs.カラコダほか、MAX開幕戦カード=K-1夢は東京ドーム進出! 武藤&神奈月らがものまねプロレスDVD発売=全日本HGとRG、地元大阪で川田・大谷組と再戦=ハッスル大谷が右肩の負傷を悪化させ欠場=3.2ZERO1-MAX「イノキゲノム」2月24日放送視聴率所・勝村・松根が指導 リバーサル春の入会キャンペーン

 武藤敬司とドリー・ファンク・ジュニアが1,000人の観衆の前で歴史的初対決を果たした。
・ 『2008 エキサイトシリーズ』 茨城・ひたちなか市松戸体育館 2/27(水)観衆1000人(全日本公式)
##
◆第6試合 30分1本勝負
武藤敬司&太陽ケア&×T28(23分25秒、原爆固め)ドリー・ファンク・ジュニア&西村修&中嶋勝彦○

##

 試合経過をプロレス・格闘技DXから一部抜粋。
##
・ 両者がリングに立っただけで場内は割れんばかりの大歓声。武藤が先発、ドリーが呼応。両者はグラウンドで熱こもった攻防を展開。アームロック、レッグロック、フェースロックと基本技だけで観客を魅了してみせる。
・ 終盤に再び。ドリーがダブルエルボー、ダブル人間風車と西村との連携で武藤を攻め立て、スピニングトーホールドで悶絶させる。ならばと武藤も足をすくって足4の字固めへと移行。
・ 武藤「彼から感じ取ったことを俺流にアレンジして、未来の人に橋渡ししたいね」。ドリーは3日後にリングを去るが、今後もフロリダ州オカラの道場を中心に、コーチ業に専念していく。武藤はドリー道場への若手派遣を視野に。

##

 これはファンにとってプレミアムものだったことでしょう。ドリーは基本を大切にする武藤のスタンスとももちろん合う。ドリーはさすがにTシャツでファイトしている。

 ついにドリーの引退試合が迫った。セミファイナル。
・ みのるがPPV解説でメッタ切り!? メーンは健介vs.小島の三冠戦=3.1全日本両国(スポーツナビ)
##
■全日本プロレス「2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.4」       
3月1日(土)両国国技館17:00

▼三冠ヘビー級選手権試合
[8=メイン][王者]佐々木健介 vs [挑戦者]小島聡
▼ドリー・ファンク・ジュニア引退試合
[7=セミ]ドリー・ファンク・ジュニア&西村修 vs 天龍源一郎&渕正信
▼スペシャルタッグマッチ
[6]武藤敬司&棚橋弘至 vs 川田利明&太陽ケア
▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[5][王者]中嶋勝彦 vs [挑戦者]シルバー・キング
[4]諏訪魔 vs TARU
[3]ジョー・ドーリング&カズ・ハヤシ&土方隆司 vs ゾディアック&近藤修司&谷嵜なおき
[2]T28&大和ヒロシ&KAI vs NOSAWA論外&MAZADA&TAKEMURA
[1]真田聖也&駿河一 vs 征矢学&CJオーティス

##

 メインは三冠戦。健介・小島は茨城・ひたちなかで両国へ向けた意欲を高めている。週刊プロレスモバイルより。
##
・ 本日発売の本誌(週プロ)を手に入場した健介はマイクで「小島、きょう発売の週刊プロレス見たか、この野郎! 武藤社長のインタビューのあと、6ページ、7ページ! 俺とオマエの17年の思いがあるんだ、コノヤロー! この闘いの思いを無駄にしやがって! 恩知らず!」
##

 フィニッシュは、小島が健介のお株を奪うノーザン。もちろん、両者とも試合後のコメントをしっかりと出している。

 こういったつくり込みの報道が各社携帯サイトにとどまっているのはプロレス界のさびしいところではある。だけれども、手を抜かずに各大会で感情をぶつけて、最終戦につないでいくプロレスがここにある。両国の闘いに昇華することを期待したい。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.27

永田裕志、本日記者会見/両国急遽キャンセルの経緯、現状を報告。5月復帰をアピール

永田裕志、本日記者会見

携帯から。

“脳梗塞の疑い”とされて17日の両国大会を欠場した永田裕志。
本日記者会見で欠場後初めて公の場にあらわれる。
次期シリーズ、ニュージャパンカップ欠場を報告するという。

高血圧性脳出血もしくは海綿状血管腫との判断、1か月安静。
会見に先立ち、内外タイムスで症状を報告。
「4月からトレーニング再開、5月辺りの復帰」という目標とともに拡大版コラムとして明かしている。

いずれにせよ、1か月後の検査結果を受けて判断することになる。
永田選手、焦らずに!

ニュージャパンカップ、代替出場者もそろそろ決まる?


※以上15:03書き込み/以下22:05追記
 内外タイムスの記事はこちら。
・ 新日本プロレス 永田裕志が本紙に独占寄稿。思いの丈を赤裸々に吐露(内外タイムス)

080227nagayta そして、会見はYahoo!のトップにも躍り出るニュースとなった。
・ 永田が現状報告会見、5月ごろの復帰をアピール=新日本プロレス/NJCには“ザ・マシンガン”カール・アンダーソンが代替参戦(スポーツナビ)
・ 病気で静養の永田裕志が5月にも復帰へ(ニッカン)
・ 永田裕志が推薦するカール・アンダーソンが「NJC」へ出場!(新日本公式)
・ 永田裕志選手が現況を報告(新日本公式)
##
・ 「事の経緯を説明しますと、両国大会の日、早めに会場入りしまして、ランニングをして体が温まった頃、リング上でストレッチをしておりました。その時、突然めまいが襲ってきまして、歩く際に左足に違和感がありまして、何かにすがりながら歩かないといけないという状況に陥りました。急遽、トレーナールームに行ったところ、『頭部に異常が出たのではないか?』ということで林(督元)リングドクターにストップをかけられてしまいました」。
・ 「そこから自宅近くの救急病院に行き、MRIとCTの検査を受けたのですが、何も異常がありませんでした。そんなはずはないので、次の日に別の病院でまた検査したところ、脳に小さな梗塞があるんじゃないかという診断を受けました。それで、土曜日(23日)にさらに大きな病院で検査したところ、幸い脳梗塞ではなかったという診断でした。今、考えられるのは、高血圧からくる出血じゃないかと。もしくは海綿状血管腫という病気、どちらかは考えられるという診断を受けました。ただ、このような病気が、思いのほか軽いものであり、3月いっぱい体を動かすことを禁止して静養し、再度、3月末に検査を受けまして、そこでゴー(サイン)が出れば、おそらく5月には復帰できるんじゃないかというのが、今の見通しですね」。
・ 現在、永田選手はめまいなどの症状が一切なく、普段の生活をする上ではなんの支障もないとのこと(薬を飲んで静養している)。整体治療などの東洋医学を取り入れて自然治癒能力を高めるなど、完全復活に向けて積極的な治療を行なっている。

##

 これまでの経過は公式サイトで報告されたり・されなかったりの面もあっただけに、こうやって本人の口から詳しく説明してもらえると安心できます。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

村上健リングアナがお詫び/金村キンタローセクハラ事件、大日本プロレスと対立していた件で

pick up 更新中Yahoo!無料動画K-1&DREAM NEWS REPORT五味隆典「戦極」旗揚げ戦に新パンツKENTAと中嶋勝彦がタッグ対決3・5(水)セム全対戦カード3・26(水)セム開催決定小橋がガンを乗り越えデビュー20周年記念試合!=ノアJr.タッグリーグ戦を制するのは? 公式戦全カード決定=全日本プロレスハッスルが代々木第2体育館に進出ギャラは20億以上?レッスルマニア24でフロイドメイウェザーvsビッグショー正式決定@拙訳版WWE情報局さん

 金村キンタローセクハラ事件に関する処分で“大日本プロレスへの出入りを無期限禁止”とされていた村上健リングアナウンサー。
・ 大日本プロレスが金村キンタローを無期限出場停止処分に(2/18スポーツナビ)
・ 金村キンタロー謝罪会見「全面的に非を認めて心から謝りたい」(2/21カクトウログ)

 日記で大日本プロレス側に質問を突きつけるなど、対立の構図があり、ファンにも「ならば大日本プロレスに隠蔽工作の疑いも」などという見方もあった。

 ところが一転して、村上氏がブログで謝罪。同内容のFAXが26日午後11時55分にマスコミに送付された。
・ Dreamin' Project ~ドリプロ!~日記:お詫び
##
本日、登坂氏・伊東選手と話し合った結果、私のブログに掲載致しました内容に事実と異なった内容、思い違いで書いてしまった内容がございました。
それにより、この様な事態になってしまった事を深く反省しております。
ファンの皆様、大日本プロレス関係の方々、プロレスに関わる皆様に混乱とご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます。
村上 健

##

 誤解が解けたということなんでしょう。平行線をたどると思われたが、異例の決着。内容が内容だっだけに、感情的に対立した点もあったということか。

 現時点で関係者ができる対応、判断はひと通り行われた格好となっている。
・ アパッチプロレス軍が無期限の活動自粛へ/金村キンタローはアパッチ軍から解雇(2/22スポーツナビ)
##
 マンモスら所属選手はバックステージでも改めて謝罪すると、合わせて、22日付けで金村をアパッチ軍から解雇したことを発表した。
 活動休止後も選手はアパッチ軍を運営する「CF企画」に所属するが、金村はCF企画の親会社の「キャッシュボックス」預かりの身となる。
 キャッシュボックスの笹原雄一社長は「金村は“レスラーを辞める”とも言っていたが、レスラーを辞めて何ができるというのか」とその場しのぎではない、真の解決を目指し、今後も金村本人や大日本のスタッフと話し合いを進めていくほか、もし刑事告訴や民事提訴された場合も窓口となる意向を示した。

##

 2/27発売分の『週刊プロレス』誌は、「プロレス界のイメージをいちじるしく下落させたスキャンダル」という見出しで金村キンタロー・セクハラ事件を取り上げている。

 これを契機に、プロレス界として学び、意見交換していく場も必要になってくるだろう。関係各位の努力をお願いしたいと思います。
■□T.SAKAi

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

TBSに青木真也が登場、ミルコ・クロコップの情報も/格闘王

 このあとスグ!

 すみません、詳細はわかりませんし、前週からのものかもしれませんが、「DREAM」の地上波プロモーションが始まっている。
##
格闘王
DREAM…ミルコ続報▽青木真也という男
■2月26日(火) 25:25~25:59 TBSテレビ
Gコード(4743621)

##

 なお、以前お伝えしたように、今週末は30分特番あり。
・ HERO'S[MEDIA★INFO]
##
3月1日(土) 『DREAMナビ(仮)』
15:00~15:30
TBS※関東ローカル DREAM情報満載!

3月2日(日) 『DREAMナビ(仮)』
16:30~17:00
TBS※関東ローカル DREAM情報満載!

##

 26日までのDREAM旗揚げ戦、情報まとめ。
・ 川尻vs.マンバ、宮田vs.ブスカペ、朴vs.ハンセン決定=3.15DREAM旗揚げ戦(スポーツナビ)
##
■「DREAM.1ライト級グランプリ2008開幕戦」
3月15日(土)さいたまスーパーアリーナ15:00

▼DREAM.1ライト級グランプリ
[決定]川尻達也 vs ブラックマンバ
[決定]宮田和幸 vs ルイス・ブスカペ
[決定]朴光哲 vs ヨアキム・ハンセン
[既報]青木真也 vs J.Z.カルバン

▼ライト級グランプリ出場予定選手
石田光洋
アンドレ・ジダ
宇野 薫
チョン・ブギョン
アルトゥール・ウマハノフ
ギルバート・メレンデスほか

##

 宇野薫が不参加という情報も。
・ DREAM.1宇野薫不参戦 和術慧舟會久保、磯野組との交渉決裂か!? (ファイト!ミルホンネット お知らせ)

 うーん、DREAM旗揚げ会見には出てたんですけどね・・・。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.26

DREAM公式サイト開設

 新格闘技イベント「DREAM(ドリーム)」誕生会見から10日以上たったが、堂々、DREAM公式サイトが開設した。HERO'S公式サイトで案内されていた。

Dream080226DREAM OFFICIAL WEBSITE

 「DREAM」も「PRIDE」と同様にワンワードでは権利が取れず。「http://www.prideofficial.com/」と同じ要領で「http://www.dreamofficial.com/」と“official”をくっつけて決着した。

 さて、HERO'S携帯サイトでは前田日明スーパーバイザー(解任)の連載が終了。
・ 2008.02.19 カクトウログ: 前田日明、リングス再興は正式消滅か/携帯最終回にてTHE OUTSIDERに「専念」宣言飛び出す

 3月からはそのまま「DREAM」公式携帯サイトへ移行し、連載陣もリニューアルされるとのことでした。

 長きに渡って、携帯サイト不動のトップ登録数だった「PRIDE」携帯公式サイトに「DREAM」公式携帯サイトは追いつけるか?
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

田村潔司、告白/週プロ表紙速報

田村潔司、告白/週プロ表紙速報

携帯から。

あす水曜日発売分「週刊プロレス」の表紙を紹介。
表紙は森嶋に追い詰められる小橋建太。

インタビューでNGとされてきた
昨年大晦日「前田日明トロフィー投げつけ事件」について、
田村潔司が初めて口を開いた。

「試合後はカッとなったけど、気にしてもらえてるのはありがたい」
「(前田が指摘したように、カッコつけてる?)
だって逆に、カッコつけない人なんている?
言われたらすいませんって言うしかない」

詳しくは同誌を。
言及が初めてなら、これだけ前田を語る田村潔司も珍しい。

ほか、全日本両国直前特集、中邑真輔インタビュー、中カラーでサスケ特集(いきなりだ!)など多彩です。

桜庭和志が『佐々木夫妻の仁義なき戦い』出演。それだけじゃない、地上波連発!

pick up IGFが新日プロに抗議文@カクトウログ記事末追記永田裕志NJC欠場正式発表@カクトウログ記事末追記2月24日、「LOCK UP」宇和野貴史・東京ファイナル@多重ロマンチックさん元新日本プロレスの安沢明也君の結婚披露宴@垣原賢人ケロ日記・披露宴ケロ日記・宴の後安沢明也が引退@2006.01.19カクトウログ慣れ親しんだテーマ曲『スキャリー』変更@五味隆典前田日明 「谷川プロデューサーをリングスに引き抜いておけばよかった」格通ボノvsサップ、ボノvs川田決定=ハッスルインリン様 M字やめないわよインリン・オブ・ジョイトイの日記:さようなら~健介オフィス3・28福岡全カードUFCブームの中で、WWEが空前の好決算@OMASUKI FIGHTさんみのるがPPV解説でメッタ切り!?=3.1全日本両国全カード大仁田が乱入、長州に共闘を申し入れ=LOCK UP

 プロレスラーが毎回ゲスト出演するドラマ、ついに桜庭和志が登場する。桜庭和志オフィシャルサイトより。
##
台本チェックをしています(ダイアリー
『佐々木夫妻の仁義なき戦い』
3月2日(日)21:00〜
TBS系列(インフォメーション

##

 このドラマ、最初の数回は見たけど、挫折しちゃったなぁ・・・。

 桜庭和志の地上波テレビ出演はまだまだ!
・ HERO'S[MEDIA★INFO]
##
3月7日(金) 『タモリ倶楽部』
24:15~24:45
テレビ朝日系列 桜庭和志が出演!

3月10日(月) 『世界まる見え!テレビ特捜部』
19:00~20:54
日本テレビ系列 桜庭和志が出演!

3月14日(金) 『タモリ倶楽部』
24:15~24:45
テレビ朝日系列 桜庭和志が出演!

##

 TBSは新格闘技イベント『DREAM』を3/15に中継する。その点でドラマはプロモーションも兼ねるかもしれませんが、テレビ朝日、日本テレビ出演分は偶然にこのタイミングになったんでしょう。トーナメントの階級が違うんで、おそらく3/15さいたまへの桜庭の出場はなし。そのぶん、テレビで大活躍ですね。

 ほのぼの桜庭に期待しましょう。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.25

IGFが新日プロに抗議文/ゴールなき舌戦がファンの信頼をこのまま失墜させるのか・・・

携帯から。

東スポ携帯サイトによると、IGFが新日本プロレスに抗議文。

平たく言うと、

2月IGFに出場したトムコについて「翌日新日本大会向けに取得したビザで来日」と新日本・菅林社長がスポーツ紙上で問題視した。

だけれども、

12月新日本で会見したアングルについて「前日IGF大会向けに取得したビザで来日」と指摘した際には「それはIGFとTNAの問題」と新日本は回答しましたよね!

という抗議。

「先に殴ったのはオマエ」という言い分。

交わりそうで交わらない新日本とIGF。12月に猪木がリングに登場したり、永田がIGFで解説したり、、、で雪解けありかと思ったんだが。この先、抗争に昇華していく可能性はあるんでしょうか。

実現すれば、けっこう感情が乗っかっていくものにはなりそう。

初代ベルト(猪木所有)と4代目ベルトをかけたり?(笑)


※上記19:50書き込み/以下25:10追記
 プロレス・マスコミ各社に送ったとされながら、スポーツナビは入ってなかった? 携帯サイトにアップされている抗議文を起こしておく。
##
プロレス担当各位

先日、某スポーツ新聞の新日本プロレスリング菅林社長のコメントにて、トラヴィス・トムコ選手のIGF2月16日有明大会出場にあたり、「労働ピザの件と選手契約」につきましてご指摘を受けましたが、新日本プロレスは昨年の12月20日有明大会後、IGFが取得したビザにて入国いたしました、カート・アングル選手を翌日、新日本プロレスの大会プロモーションとして記者会見に参加させていました。
選手契約もIGFとTNA、カート・アングル選手側で契約されていました。にも関わらず、IGFへの連絡等も一切なくカート・アングル選手を労働させ、事情説明を求めた際にも「それはIGFとTNAの問題」という回答は、あまりにも不誠実で、法を遵守する我々を愚弄する行為でありました。

弊社と致しましては、新日本プロレスにこのような状況を招いた原因があると判断しておりますので、新日本プロレス側へは12月20日にカート・アングル選手を会見参加させるに至った経緯など、説明を求めていきたいと思います。

イノキ・ゲノム・フェデレーション株式会社

##

 この“某スポーツ新聞”というのは、2/18発売分「東京スポーツ」紙のことだと思われます。
##
菅林直樹社長「トムコに関しては、日本国内では新日本に上がるという旨の契約を交わしていました。完全な契約違反。あとは労働基準局の判断に委ねます。もうこれ以上、あの団体にかかわりたくないというのが本音です。IGFともトムコとも絶縁ですね」
##

 大会総括としては、このようにも発言(携帯サイトのみ)。
・ 2/17深夜東スポ携帯サイト → 2/19 底抜けに笑える凡人 菅林社長の総括
##
菅林直樹社長「(前日16日のIGF有明大会に出場したトラヴィス・トムコに関しては)今日来て試合したので現時点で問題はありません。ただ、新日本で取ったビザで来ている点に関しては、どうかなと思います。」
##

 実は18日に成田会見したトムコでしたが・・・。
・ ジョシュ・バーネットとトムコが帰国前に成田空港で緊急会見=IGF(スポーツナビ)

 トムコはこんなことも言ってます。2/19発売分「東京スポーツ」紙より。
##
トムコ「新日のフロントの連中はうそつきだ。オレと契約をすると口では言いながら、結局最後までしなかった。連中にはレスラーをリスペクトする気持ちが全然ないんだ」。
##

 新日本とIGFに関しては、そもそも、来日時期が非常に近い間隔でカート・アングルをそれぞれが呼んでいること自体が異常なもの。それを“新日本とIGFが歩み寄り”とも勝手に思っていたんだが、全くそうではなさそう。

 お互いに筋を通していないこと、トムコを大切にしていたと思えた新日本がトムコから“契約しなかった”という批判を受けていること。何重もの意味でショック。

 アントニオ猪木はブログで「興行戦争だ」などと新日本を挑発。ブラックアイさんがまとめている。
・ 02-23 アントニオ猪木 は新日本プロレスとケンカがしたくてしょうがない:be2

 ファン不在の舌戦は続くんでしょう。だけれども、ファンに対する信頼は失墜するばかりであるから、その点はやはり両団体ともファンに詫びを入れるべき点はあるんです。配慮した発信を待ちたい。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.24

ボブ・サップの総合復帰戦はどうなった?/2・23米国ストライクフォース結果

pick up 健介オフィス3・28福岡で健介&秋山準 vs 高山善廣&鈴木みのる下さんからサンドバッグ@桜庭和志ウルティモ・ドラゴンが風香にメキシコ「ドラゴマニアIII」出場権プレゼント前田日明が激白=格闘技通信発 現在の総合格闘技界の問題点、アマチュア史上初 PRIDE&UFCヘビー級王者ノゲイラが語る、戴冠の真実、クートゥアー戦、日本マットへの思い=GONKAKU秋山成勲「ただ穏やかに暮らしたい」朝鮮日報ゴージャス松野がタイガージェットシンカレーショップへ学生プロレス サミット2008開催@ブラックアイさん

 しばらくハッスル(プロレス)のリングでのファイトに集中していたボブ・サップが、総合格闘技のリングに復活。注目された米国ワシントン州での2・23ストライクフォース結果はこちら。
・ 'Strikeforce At The Dome' Play-by-Play(Sherdog.com)

 東スポ携帯サイトが試合経過を伝えている。
##
▼ボブ・サップ vs ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキア
・ 1R早々、サップは得意の突進でテークダウンをとりにいく。しかし、すぐにノルキアに押し返された。しかしすぐにノルキアに押し返された。さらに身長121センチのノルキアから重いヒザ蹴りの連打を食らう。サップは再びノルキアをつかまえにいくが、ノルキアの右ジャブを4発食らって左目じりから出血。さらに強烈な左フックを浴びて腰から落ちる。この打撃ラッシュでレフェリーはサップを戦闘不能と判断して、試合をストップ。1R55秒、TKOでノルキアに完敗を喫した。
・ サップによれば「米国で試合をするのなら」と主戦場のハッスル側から“休み”をもらい、総合のトレーニングを続けてきたという。その意気込みはハンパではなく、前日は「ミルコだけではなくヒョードルともやりたい。ビースト様が格闘技の頂点に立ってやる」とまで話していたのだが・・・。なお、サップは敗戦のショックが大きかったのか、試合後は無言で会場から姿を消した。

##

 残念な結果。

 この試合は、ボブ・サップのアメリカでのMMAデビュー戦としても現地で注目された。米MMAサイトでの紹介記事より。
・ OMASUKI FIGHT 一般大衆はバカです(ジョン・フィッチさん)
##
・ サップはこの先三年間は、毎年10試合くらいをこなしたいそうです。Strikeforceとは15試合契約を締結、K-1とは20試合契約になりそうだとのこと。
・ K-1との契約に基づいて、3月15日のDREAM旗揚げ戦に参戦予定。
・ SpikeTVのリアリティ・ショーの司会をしているそうです。
・ サップの資産はすでに1000~1400万ドル(12億円以上)だということです。
・ サップのペットといえば猫のトリニティが有名ですが、いまは犬を二匹、猫を四匹飼っているそうです。犬は「ニューギニア・シンギング・ドッグ」というそうで、介助犬にさせようと毎日学校に行かせているそうです。

##

 想像だが、ハッスルのリングで“大衆の前で闘う”精神的な感触を得て、サップは総合復帰への弾みをつけたのかもしれない。だけれども、ノルキアに敗戦。3・15DREAM旗揚げ戦への参戦意欲も遠のきそう・・・。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

永田裕志、再検査で脳梗塞ではないことが判明。NJC欠場、最低1か月の静養で復帰へ

 2月17日の両国国技館・後藤洋央紀戦を欠場。試合前に左半身がしびれ、“脳梗塞の疑い”とも報道された永田裕志の18日までの検査結果は以下の通り。
・ 永田裕志、脳に梗塞と出血の痕跡。精密検査結果に「何より原因がわかったのはプラス」(2/22カクトウログ)
・ 永田裕志、3月シリーズ出場は微妙=新日本プロレス(2/22スポーツナビ)

 そして、18日に続いて23日に再検査を受けた永田。以下は、「念のため23日に、脳神経外科の専門医の診察を受けることに」とされていた点についての結果となる。東スポ携帯サイトが2/23夜に情報更新した。
##
・ 23日、都内病院で再検査を受けた。その結果、脳梗塞ではないことが判明し、最低1か月の静養後、リング復帰が可能になった。
・ 都内の専門医を訪れ、約2時間に渡ってMRI(磁気共鳴画像装置)、MRA(脳血管撮影)などの精密検査を受けた結果、脳梗塞は見つからず、永田の頭部の出血は高血圧に由来するもの、もしくは海綿状血栓症の疑いと診断された。約1か月の静養期間後、再々検査を行う。
・ 永田「一時は本気で引退も考え、頭が真っ暗になったが、どうやら選手生命うんぬんという問題ではないらしい。決して油断はできないけれど安心したよ。この際、16年のプロレスキャリア、23年のレスリングキャリアでガタガタになりつつある肉体を徹底的にオーバーホールすることを考えている」。
・ 2年連続Vに期待が集まっていた「ニュージャパンカップ」は苦渋の決断で欠場を決めた。

##

 MRI、MRA検査は18日時点でも受診していたが、より専門の医師にしっかりと診てもらったということでしょう。

 きっちりと1か月後に復帰できるというわけではない。約1か月の静養期間後、再々検査ということ。生活面で節制しなければいけないことも出てくるでしょう。これからが大変であることは間違いない。

 だけれども、とにかくホッとしました。

 さて、新日本。過去のゴタゴタ(ベルト問題)にさよならしようと、4代目ベルト制作へ。この点が話題になっている。
・ 新日本プロレス 4代目IWGPヘビー級ベルトにハイテク新機能搭載か!?(内外タイムス)
##
 菅林社長が言う。「実はひとつの案としてベルトにGPSを埋め込むっていう考えもあります」。実現するか否かは不明だが、GPS搭載ベルトとなれば前代未聞。確かに思い返せば、一昨年にはIWGP3代目ベルトをブロック・レスナーに持ち逃げされたこともあるだけに、新日プロがハイテク仕様を考慮するのもうなずける。GPS搭載なら持ち逃げや紛失にも即座に対応できる。
##

 いやいや、屈強な男たちがいるんだから、機能に頼らずしっかり守ってください(笑)。持ち逃げや紛失が起きないように頼みます!


※2/25 23:50追記

新日本・菅林社長がNJC欠場を正式発表

・ 永田裕志選手、「NEW JAPAN CUP 2008」を欠場(2/24新日本公式)
##
2月24日「LOCK UP」後楽園ホール大会の試合前、菅林直樹社長が記者会見を行ない、永田裕志選手の「NEW JAPAN CUP 2008」(以下NJC)欠場を発表した。永田選手は、2月17日両国国技館大会の試合前に体の不調を訴え、病院に直行。MRIなどの精密検査を受けていた。
 
■菅林社長のコメント
「3月9日から開幕する『NJC』ですが、永田選手は大事をとって欠場ということにいたします。何度か(頭部の)検査をしていて、結果としてはこれといったもの(異常)は出ていないのですが、林(督元)ドクターと相談をして、最低でも1ヶ月間の休養をとらせようと思います。また、3月末に再々検査を病院で行なう予定になっております。その結果をふまえ、いつ復帰かということを、お医者さんや永田選手本人と相談しながら決めたいと思います。ただ、1ヶ月間静養ですので、その間はあまり体を動かして欲しくないので、1ヵ月後にすぐ復帰というのもなかなか難しいかなと思っております」

なお、永田選手欠場により、次期シリーズの対戦カードが一部変更となる。この詳細は、来週発表される予定。

##

 NJC代替選手について、東スポ携帯サイト(2/24更新分)は次のように伝えている。
##
永田欠場を受けて新日プロでは他団体と交渉したうえで“代役”を立てることを検討する。
##

 永田出場消滅を埋め合わせるほどの選手をブッキングすることはできるか。新日本にはちょっと頑張って交渉してほしいし、永田がこういう状態だからこそ立ち上がる選手がいてほしいと思う。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.23

スポーツナビと速報禁止の折り合いはつくのか/格闘技ブログトラックバックセンター

pick up 今夜『どハッスル!!』ケンコバ屋台に悩みを持つ人々が続々来店ボノちやん&マー君の合体技『マーボー・ポリネシアン・クラッシュ』合同練習あす開催2・24(日)17:00さいたまハッスル28カードヒクソンが460戦無敗の真相を語ったスポーツの国際化と柔道

 プロレス・格闘技ファンにとっておなじみのニュースサイト「スポーツナビ | 格闘技」下部に「格闘技ブログトラックバックセンター」なるコーナーがある。こちらで当ブログ名も出ながらの質疑応答が。
##
【編】格闘技ブログトラックバックセンター
速報禁止に2/17新日本プロレスが入っていますのね?
それで、ブラックアイ2の新日本プロレスを速報します
をトラックバックで受けるのはまずくないですか?
posted by 質問 | 2008-02-17 21:12

【編】格闘技ブログトラックバックセンター
カクトウログも同じです。
IGFにしても会場から速報と、
解禁は大会後と明記している。
この辺を線引きしないなら、最初から速報禁止を銘打たない方がいいですよ。
posted by 質問 | 2008-02-17 21:17

【編】格闘技ブログトラックバックセンター
ご意見有難うございます。3月から新ルールを準備し、近々アナウンス致しますので、暫しお待ちください。
posted by 事務局です | 2008-02-18 00:34

【編】格闘技ブログトラックバックセンター
回答ありがとうございます。
しかし、それでは新ルールを作るまでは放置するという事でしょうか?
実際にブラックアイ2とカクトウログのトラックバックを外していません。
このような事態を想定していなかったため、指摘されて新ルールを準備するという事でしょうか。
矛盾してませんか。
今までの速報禁止のルールは、何のためにあったのかおかしくありませんか。
迅速に動ける所では対応しないと、対応を誤った大日本プロレスのようになりますよ。
スポーツナビは素晴らしいコンテンツです。
ただのアクセス稼ぎや誹謗中傷的な個人ブログに貢献する必要はないんですよ。
そこを理解していただきたいです。
posted by 質問 | 2008-02-18 16:00

【編】格闘技ブログトラックバックセンター
ご意見有難うございます。ご意見の中に、他のブロガーさんへの言及があり、お答えしずらい部分もありますので、恐れ入りますが、事務局アドレスの以下へご連絡御願いします。
support@plus-blog.sportsnavi.com
posted by 事務局です | 2008-02-18 19:40

##

 スポーツナビ事務局の誠意ある回答はいい感じですね。

 カンタンに経緯を整理する。

・ 2006年に「ファンブログ|スポーツナビ+」が登場。スポーツナビがフォーマットを提供、ブログサーバーの役割を果たし、該当ブログはスポーツナビ各ジャンル各ジャンル画面に新着記事タイトルを表示する(トラックバックする)権利を得る制度がスタートする。

・ 「ファンブログ|スポーツナビ+」には、ニュースサイト記事引用を制限するなど、独自の規制あり。また、主催者要請によりスポーツナビ自体がリアルタイムの速報を禁止(当日深夜24時、27時まではオープンにしない)にしている大会については、ファンブログも禁止として運営してきた。

・ 2007年末に年末年始限定で「年末年始格闘技トラックバックセンター」が登場。一般ブログの新着記事タイトルを表示する(トラックバックする)機能がつく。年始からは「格闘技ブログトラックバックセンター」として現在継続。

・ この一般ブログに対しては、「各大会の展望や勝敗予想、観戦記などございましたらどしどしお寄せください」と示すのみで、特に規制を明確には示していない。

・ 一般ブログのトラックバックに対して事務局が「3月から新ルールを準備」と告知。

 というわけで、「ファンブログ|スポーツナビ+」加盟ブログがリアルタイム速報できないのに、一般ブログが速報してトラックバックできてしまう、そんなネジレ現象が生じているのだ。

 ボクも、速報予告のトラックバックは削除されるのかな、と最初は思いながら送ってみた。だけれども削除されないので続けてやっている。禁止なら禁止で統一していただければよいかと。これ、非常に興味あります。

 プロレスはライブでなければ魅力は伝わらない。速報をネットでやるのを制限する主催者なんて、ちょっと自信なさ過ぎなんじゃないの? 逆に、速報されるくらいが華なんじゃないの?

 そんなスポーナビスタッフの裏メッセージじゃないのかなぁ。だったらちょっとカッコいいと思ってるんです。一般ブログなら、「あれは公式ではありません」という言い訳もできる。スポーツナビ自体も、カンタンなリアルタイム速報と、詳細速報(当日深夜24時or27時オープン)を並存させた有益なサイトになりますし。

 個人ブログに対しては、いろいろ意見があっていい。スポナビ内書き込みの「ただのアクセス稼ぎや誹謗中傷的な個人ブログ」というとらえかたもあるでしょう(アクセスが数割増になるのは事実)。逆に、ニュースのみならずファンの意見をある程度のボリュームで書けるツールとしては有益という見方もできるでしょう。もともと、非常時の情報共有で効力を発揮して広まったツールでもありますから。

 「格闘技ブログトラックバックセンター」に関しては、スポーツナビでフォローし切れなかった情報や見解がスポーツナビに補足されるというメリットが生まれる。スポーツナビにとっても新着記事が増えるわけで、アクセスを増やす機能のひとつとなっているはず。スポーツナビ、ブロガー、読者にとってメリットがある仕組みには基本なっていると思う。

 こういうのをスポーツナビは最初からやりたかったんじゃないでしょうか。だけれども、記事内容の削除などを一般ブログに求めることはできないから、まずは「ファンブログ|スポーツナビ+」加盟ブログで試行した。自らがサーバーとなれば、不適切なブログ記事の即刻削除が可能になる。ただ、そんなに削除するような記事は出なかった。あら、一般ブログでもよかったんじゃない? そういう流れだったというのが想像。

 ひとつスポーツナビサイドに提案ですが、今はブログの「記事タイトル」しか表示されないんですね。ブログ名称も合わせて表示できるようになればいいんじゃないでしょうか。稚拙な当ブログですが、自分の「カクトウログ」という名前とセットで出しても恥ずかしくない記事を書こうと努力しているところではあります。そうなると、「カクトウログだから読まなくていいや」「カクトウログが更新したんだ、読もうかな」といった選択肢が読者に生まれますよね。

 3月から新ルールを準備するという「格闘技ブログトラックバックセンター」。より情報収集の一助となる機能化に期待しています。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

中邑×アングル地上波放映/週末地上波テレビ情報まとめ【Gコードつき】

pick up 新日本プロレスの菅林直樹社長は永田裕志の復帰に慎重な姿勢脳に梗塞と出血の痕跡。永田「何より原因がわかったのはプラス」@カクトウログ既報IGFはカートもブロックもジョシュも小川もいつでも行けます@アントニオ猪木4代目IWGPベルト作製決定!中邑「実物を見るのが楽しみ」中邑、ホテルのディナーパーティープロレス開催へ笑顔=4.18新日本プロレスバボ、負ければ即丸坊主!!チエ戦決定=ハッスル急げ!2月29日(金)『どハッスル!!』渋谷で公開収録 入場券配布中ドリー・ファンク・ジュニアのブログ開始アパッチプロレス軍が活動休止、不祥事の金村は解雇処分に・・・カート・アングル目標はランディクートゥア戦@拙訳版TNA情報局野獣ボブ・サップ米国MMAデビューメーンは吉田vs.ジョシュ、旗揚げ戦全カード&試合順=3.5戦極戦極ガール データはこちら

 Yahoo!テレビや公式サイトほかから週末情報をまとめます。(他にもあったら教えてください)

■2月22日(金)格闘モノマネ王決定戦

↓この後スグ。マニアックそう・・・
SRS-スペシャルリングサイド「格闘モノマネ王決定戦」
■2月22日(金) 26:20~26:50 フジテレビ Gコード(9290762)
「にてんのか!~格闘技モノマネ企画(前編)」
第1回モノマネ王座決定戦!!大爆笑のマニアックものまね芸人が大集結!テレビ初登場もりだくさん!!他番組では見られない完全保存版。関根勤・武蔵ら審査員


■2月23日(土)中邑真輔vsカート・アングル

↓ベルト統一戦が地上波登場!
ワールドプロレスリング 「IWGPベルト統一戦!中邑真輔vsカート・アングル五輪金メダル男をエース中邑迎撃」
■2月23日(土) 26:15~26:45 テレビ朝日 Gコード(4521434)

↓癒すのは誰でしょう?
どハッスル!! 「悩みゲスト続々癒やし屋台」
■2月23日(土) 26:50~27:20 テレビ東京 Gコード(9365328)

※13:35追記 公式サイトに情報が出ました。
・ 今週の『どハッスル!』は・・・(ハッスル公式)
##
2008年2月23日(土)26:50~27:20
 今週の『どハッスル!!』は、ケンドーコバヤシがプロレス界で悩みを持つ人々が訪れる屋台をオープン!
そこには、HGをはじめ、どハス初登場のTAJIRI、浜田翔子が続々来店し悩みを打ち明けるのだが、果たしてのその悩みとは…? 相談を受けたケンコバの答えとは…?
そして、往年の全日本プロレス中継での名実況でお馴染み若林アナも電撃来店!!
フリーアナウンサーとなってからは初の地上波登場で、ハッスルをまさかの実況!? どうぞお楽しみに!!

##


■2月24日(日)ハッスル2008ど初!!SP

↓久々のハッスル特別番組です
・ 見逃すな!2月と3月にハッスル特番放映決定!!(ハッスル公式)
ハッスル2008ど初!!SP
衝撃の展開!!ボノちゃんがママに反抗!?▽サップ
■2月24日(日) 16:00~17:15 テレビ東京 Gコード(1945714)
テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
(テレビ東京系全国6局ネット)
『一年の計はハッスルにあり』と称した2008年第1弾、ハッスル1月大会の模様をお届けします!
# 1・13『ハッスル27』(愛知県体育館)
ボブ・サップ&モンスター・ボノ VS 坂田亘&HG
他4試合
# 1・17『ハッスル・ハウスvol.32』(後楽園ホール)
ボブ・サップ&モンスター・ボノ&アン・ジョー司令長官 VS 坂田亘&HG&RG
他3試合

↓もうプロレスラーゲストはないのかな?
佐々木夫妻の仁義なき戦い
■2月24日(日) 21:00~21:54 TBSテレビ Gコード(61521)

↓プロレスリング・ノア中継(携帯サイトによると2・21大阪 丸藤正道&杉浦貴&森嶋猛vs小橋建太&本田多聞&谷口周平など)
プロレス 「大阪大会詳報!!」
■2月24日(日) 25:20~25:50 日本テレビ Gコード(1520309)

 発売されたばかりの雑誌情報も貼っておきます

日本マット界、逆襲のノロシ!3.5『戦極』&3.15『DREAM.1』大特集[詳細はコチラ


前田日明「鼻垂れ屁たれは必要なし、伝説に成りたい奴は来い!!」[詳細はコチラ

 では、よい週末を!
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.22

永田裕志、脳に梗塞と出血の痕跡。精密検査結果に「何より原因がわかったのはプラス」

pick up 前田日明と山本小鉄が元新日本・新倉史祐の店を訪れる藤田和之vsピーター・グラハム決定=3.5戦極三崎和雄、秋山戦ノーコンテスト裁定については「納得している」=3.5戦極金村キンタロー問題 村上健氏がブログで反論@ブラックアイさん謝罪会見なぜネクタイなしで・・・@須山浩継伯爵の身勝手日記トムコ両国ボイコットをタイガー服部氏が水際で止めていた@多重ロマンチックさん新日本プロレスリング・営業事務スタッフ募集のお知らせ死闘34分 小橋コールは止まず破壊王「橋本真也」メモリアルマッチ、立会人に故橋本真也の長男・大地君、大谷晋二郎、蝶野正洋、菅林直樹氏吉本芸人が本気で笑わせるプロレス『GOKKO』でHGvsマッスル坂井@angle JAPANさん武藤敬司ロングインタビュー@R25.jp

080221tosupo 2月17日の両国国技館・後藤洋央紀戦を欠場。試合前に左半身がしびれ、“脳梗塞の疑い”とも報道された永田裕志の検査経過が公表された。『東京スポーツ』紙、2/21発売分より。
##
・ CT→異常なし。
・ MRI(磁気共鳴画像装置)検査→異常なし。
・ 頚椎の検査→異常なし。
・ MRA(脳血管撮影)検査→造形所見でわずかな異常。脳の血管に古い出血の痕跡と、比較的新しい梗塞の痕跡が見られたという。いずれもごく小さなもので「手術が必要なものではない」(林リングドクター)。
・ 念のため23日に、脳神経外科の専門医の診察を受けることに。
・ 永田裕志「今はしびれも目まいもない。大きな問題はないらしいし、何より原因がわかったのはプラスだろうね。原因不明ではどうしようもないよ。まずは土曜日(23日)に診てもらって、治療をしっかりやらないと。一つ一つクリアしていくよ。何が問題かって、暇なこと。テレビを見てばっかりだからさ。いつもは練習してる時間にね」

##

 この異常について、携帯サイトkamiproHandでのGK金沢克彦氏コラムはこう記している。
##
・ MRA検査で、僅かながら数箇所の異常が認められた。右脳に小さな梗塞が見つかり、かなり昔にできたと思われる小さな出血の痕跡が2箇所、認められたという。過去の痕跡は問題ないとして、小さな梗塞も点滴投与で血栓を溶かせば完治できる見込みのようだ。いずれにせよ、手術を要す程のものではないので、23日にも医師と相談して今後の治療法、またリング復帰の見込みについて話し合うという。
##

 18日昼間までの検査結果のみが公表されていたが、それ以降の結果は現状で東スポ&金沢氏コラムのみ。このあたり公式サイトもきっちり追ってほしいところではある。

 とにかく、症状が症状だっただけに、この報道より前は「異常なし」ばかりの記事だったことが逆に心配ではあった。永田が口にしている通り、原因がわかり始めたこと自体はプラスでしょう。

 家族と行く予定だったニューカレドニア旅行はキャンセル。永田智枝子夫人が明かす。
・ NAGATA LOCK
##
 プライベートですが、明日(19日)から夫婦でニューカレドニアに旅行の予定でした。もちろん旅行はキャンセルですが体調不良も試合前、旅行前の出来事であったのである意味タイミング良しと考えています。
 ご存知の方も多いと思いますがニューカレドニアは天国に一番近い島というくらいキレイなところだそうですが、当人曰く『ホントの天国に行かなくて良かった』とか『こうゆうときでも腹は減るんだな』と申していた程ですので気は確かです。ただ、大きな舞台で試合が出来なかった悔しさと私を旅行に連れて行って(労いの意味で)あげられない悔しさを何度も口にしていました。
 しかし、旅行前のせわしなさもなくなったのでこの際、がっつり精密検査して目眩や痺れの究明に繋がれば心身のストレスもかなり軽減されるでしょうから万全な状態を取り戻してもらいたいと願っています。
 昨年の15周年興行や会社の立ち上げ、長年の疲労の蓄積などストレスは常に存在するので家族・スタッフはしばらく休んでくれることを望んでいますが、検査結果次第では次期シリーズから復帰したいとまで申しておりまして・・・それに試合しないことへの苛立ちの方が大きくなりそうな男なのでその辺が心配ではありますが周りの方の意見を十分考慮することと思います。

##

 ビッグマッチに出られなかったこと、家族を旅行に連れて行けなかったこと。Wで悔しい永田だが、ここは続く23日以降の診察、検査をしっかり受けてほしいです。

 余計なことを気にせず暴れまわる永田をボクらも観たいですから。


※23:05追記
 新日本プロレスの菅林直樹社長が22日に記者会見を行った。
・ 永田裕志、3月シリーズ出場は微妙=新日本プロレス(スポーツナビ)
##
 18日にも頚椎(けいつい)と脳の精密検査を受けたが、いずれも異常は見当たらなかった。永田は念のため23日にも別の病院で精密検査を受ける予定で、この結果は来週中に出るという。
 この日の会見で菅林社長は「少し慎重に対応したいなと思います。本人は『出たい』と言っているのですが、私個人としては3月シリーズはちょっと様子を見ていただきたいなと思っています。当然医師の判断等を最優先する」と述べた。

##

 ファンに心配をかけまいと思ったのか、手術などの必要はない梗塞や出血痕跡には触れず。こういうやり方はスマートかもしれません。23日にも検査があることですし、トータルで発表することを選んだのでしょう。

 とにかく3月シリーズは休んでほしいです。

 と同時に、こんなときだからこそトーナメントには、永田のことが大嫌いなあの男が参戦しないかな、なんて期待してしまう。永田vs後藤洋央紀戦後に乱入サプライズかと噂された、あの男・・・。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.21

マーク・ハントが再登場! 2・21ハッスル・ハウスvol.33後楽園ホール、速報観戦記まとめ

速報記事をつないでひとつにまとめました。公式タイムは各サイトをご参照ください。
・ ハッスル・ハウスvol.33(スポーツナビ速報)
・ 『ハッスル・ハウス vol.33』全試合リアルタイム速報!(ハッスル公式)


★19:33 | 速報しますハッスルハウス

<ハッスル・ハウスvol.33を会場より速報中>

Hustle080221

ハッスル・ハウスvol.33
2月21日(木) 後楽園ホール19:00

当日券で観戦します。いやはや満員!

冒頭の諸注意はバボとクシダ、チエ。
観衆のノリはいいなぁ!

ボノがモンスター軍を離脱する軌跡のVが流れる。
ボノのセリフ噛みまくりがなんとも、、、。

川田利明、タキシードで登場。カード発表VTR。

[1]6人タッグマッチ
アン・ジョー司令長官
ザ・フライング・バンパイヤ16世
ザ・フライング・バンパイヤ23世
VS
RG
KUSHIDA
\(^o^)/チエ

[2]シングルマッチ
ジャイアント・バボ
VS
天龍源一郎

[3セミ]6人タッグマッチ
川田利明
佐藤耕平
ザ・モンスター℃
VS
HG
TAJIRI
崔領ニ

[4メイン]シングルマッチ
タイガー・ジェット・シン
VS
モンスター・ボノ


川田の「さくら」歌い出しで白タキシードの崔がかぶる。
川田「そこまで言うなら唄ってみろ」

けっこううまい!
しかし、川田が「個性がない」と途中でダメ出し。

唄勝負は3月と川田が宣言。

川田の言動に、高田総統スキット
「人間、35才を過ぎると脳みそが腐ってくるんだな!」
アンジョー
「それはマズいです」

いきなり受けた。

さあ、スタート!


★20:03 | ハッスルハウス速報1

<ハッスル・ハウスvol.33を会場より速報中>

[1]6人タッグマッチ
アン・ジョー司令長官
ザ・フライング・バンパイヤ16世
ザ・フライング・バンパイヤ23世
VS
RG
KUSHIDA
\(^o^)/チエ

RGが進化したロープワーク&ムーヴをみせて拍手喝采。
されどアンジョーにはやられる。

モンスター軍がクシダの持ち味を引き出し、クシダも呼応する。
11分、クシダがバンパイアをムーンサルト葬。

クシダは海外遠征の成果をコメント。確かにうまくなった。


[2]シングルマッチ
ジャイアント・バボ
VS
天龍源一郎

バボの奮起を促す試合。

天龍のサンダーストームに会場一体の拍手。
その天龍をバレーボールで襲撃したバボ。

しかしバボの攻撃は当たりが浅い。
天龍、場外へスライディングキック&エプロンからダイブ。

バボ劣勢。天龍のブレーンバスターでリングイン。
天龍はWARスペシャル。

天龍、バボの上半身を裸にして、チョップでいたぶりラリアート。

5分、あっさりバボが沈む。

天龍「ハナからあきらめてねぇか、このバカ!
ウチのチエの方が根性があるよ」

バボ「つぎ、アンジョー司令長官、チエとやらせてください」

観客「えー」
さいたまでチエとのシングル決定。


★20:25 | ハッスルハウス速報2

<ハッスル・ハウスvol.33を会場より速報中>

[3セミ]6人タッグマッチ
川田利明
佐藤耕平
ザ・モンスター℃
VS
HG
TAJIRI
崔領ニ

ハッスル軍がモンスター軍を襲撃してゴング。
タジリの変幻自在さと川田のハードヒットで試合が色づけされていく。

混戦を経てHGとCの一騎打ちに。
自軍のサポートを得ながら、10分、HGが昇天ドロップで勝利。

両軍の舌戦。そして、、、。

HG「プロレスラーとして川田を超えてやる!」
崔「唄とお笑いで川田を超えてやる!」
タジリ「お二人とも、目指す方向が逆じゃないですか!?」

ハッスルブレイクに。
テンポいい興行です。


★21:18 | ハッスルハウス速報3

<ハッスル・ハウスvol.33を会場より速報中>

2120人、超満員発表。

4月16日(水)後楽園ホール開催決定。

サスケ&池谷銀河、登場。
銀河「また闘いたい。3月20日、大阪大会の参戦を認めていただきました!」

島田「高田総統は認めてない!」

銀河「みなさん応援よろしくお願いします!」

銀河はコーナーからのひねり着地を二度披露。
大阪は銀河の地元となる。


[4メイン]シングルマッチ
タイガー・ジェット・シン
VS
モンスター・ボノ

田中秀和リングアナ登場に最高潮!
前口上が冴える。

ボノは家なき子という設定、後楽園ホールに
中島みゆきの「空ときみとの間に」が流れる。

シンは場内大暴れ。サーベルくわえてリングインに大歓声!

選手コール「タイガージェットシ、うっ!」のお約束蹴りで試合開始。
そこから執拗に田中リングアナを襲うシン。
ボノが救出に向かうも、場外乱闘ならシンの独壇場。

ボノの顔面が血に染まる。

ボノがベアハッグ
→アンジョー乱入
→アンジョーに気をとられるボノ
→シンが蘇生してフォーク攻撃
→レフェリー制止
→レフェリーにシンが攻撃
→5分、シン反則負け

ボノのピンチに、疾風のごとく黄色のアロハシャツの男が花道に!

マーク・ハントが登場。

白いK-1風グローブをしっかりはめてる。

高田総統劇場。

インリン、高田がまだ間に合うとボノを説得。

ボノ「どうもすみませんでしたっ!
栃木のイナカッペ!(川田のこと)」

日曜日のタッグ対決の正式決定を高田総統が宣言。

高田総統
「内輪もめの決着はさいたまで。バットラックだ」

ボノちゃんの新ポーズ
「3、2、1、どすこい!どすこい!」

曙、じゃなかったボノとハントの2人がシメる新鮮さ。

しっかし、田中リングアナといい、空気といい、メインのつくりこみの精密さは素晴らしい。
何かが復活したムードありあり。
当然の反則決着。ハッスル流プロレスの守りかた。

すこしこの二人(シンとボノ)のプロレスにメインをまかせるのは冒険とも思ってたんです。
でも、予想を遥かに超えてよかったですよ。

速報終了です。

T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

TBSがDREAM番宣を3月から開始へ/記者会見動画を全編公開中 佐藤大輔氏による煽りVも

pick up 本日21日(木)ハッスル後楽園19:00猪木ら700人が百瀬博教さんに別れ榊原信行氏がサポート FC琉球 がJリーグ準会員入り見送り@ブラックアイさん戦極を選んだ理由を吉田は「組織の志の高さ」と言った坂田亘に「腰が痛い?別れた女の怨霊が来てる」ズバリ言うわよ出演アメリカ版・猪木vsアリか ビッグショーがボクシング王者フロイド・メイウェザーに対戦要望収入増えたぞ相撲協会携帯カメラ写真と名前を送ると、格闘家キャッチコピー付きの写真返信永久電池が、遂に、完成したと ケロ日記・IGF PART 4

 HERO'Sと旧PRIDEが合体して生まれた新格闘技イベント「DREAM」関連情報をピックアップ。

 いよいよTBSが番宣を本格スタートさせるようだ。「DREAMナビ(仮)」「DREAMスペシャル・ナビ(仮)」と言った仮称が公式サイトに出てきた。
・ HERO'S[MEDIA★INFO]
##
3月1日(土) 『DREAMナビ(仮)』
15:00~15:30
TBS※関東ローカル DREAM情報満載!

3月2日(日) 『DREAMナビ(仮)』
16:30~17:00
TBS※関東ローカル DREAM情報満載!

##

・ TBS「スポーツ番組」
##
DREAMスペシャル・ナビ(仮)
3月1日 土曜ごご3時放送
3月2日 日曜ごご4時30分放送

##

 こういうところ、旧PRIDE制作チームがもうかかわってくるのかなぁ、とか気になります。テーマ曲なども新たにつくられることでしょう。

 もちろん、大会は当日中継あり。当サイトではこれまで放映時間に触れてなかったので、改めてここに掲げておきます。
##
3月15日(土) 『HEIWA DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦』
19:00~20:54
TBS系列 DREAM.1大会放送!

##

 DREAM.1旗揚げ戦、大会情報。
##
HEIWA DREAM.1 ライト級グランプリ2008開幕戦
2008年3月15日(土) 開場14:00 開始15:00(予定)
さいたまスーパーアリーナ
入場料 全席指定・消費税込
VIP(ビップ)【特典:専用入場ゲート・グッズ付】  100,000円
RRS(ロイヤルリングサイド) 30,000円
スタンドS 17,000円
スタンドA 7,000円

##

 そして、記者会見に行けなかった人に朗報。こちらに動画全編あり。佐藤大輔氏による煽りVも、“Vをハンディカメラから撮ったもの”ですが収録されています。
・ やれんのか!ニュース | 新総合格闘技イベント『DREAM』発進!!夢の大連立にミルコも電撃参戦! 青木vsカルバンも決定!(記者会見動画を全編公開中!)

 記者会見を受けて思ったのは、船木誠勝vsミルコ・クロコップといったような世間的求心力のあるカードをひとつ発表してしまっても面白かったのではと。両選手の準備の度合いにもよるのですが。

 もちろん、そういうことをしなかったのは、谷川貞治氏が旧PRIDEスタッフに白紙に近い状態で任せているということ。いま旧PRIDEスタッフは苦しんでいるんじゃないかなぁ。カード編成等で谷川氏はファンに批判されることも多かったが、多くはTBSの意向もあったとも言われている。そんな中で、旧PRIDEスタッフは、どこまでやれるか。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

ヒクソン・グレイシー、日本に本格参入/柔術フェデレーション・ジャパン<JJFJ>設立へ

pick up 格闘技ライターは前田OUTSIDERを書けるのか@OMASUKI FIGHTさん永田裕志&智枝子夫人メッセージ天山復帰「GBHは俺じゃ!天山じゃ!」@多重ロマンチックさん金村キンタロー出場辞退のため対戦カード変更=新日本プロレスボノがシンから贈られたおむつに激怒健介vs.小島三冠ほか全カード決定=3.1全日本プロレス飯伏幸太が復帰、ディーノは王座転落=DDT豊田真奈美が渋谷で誕生会イベントkamipro No.120は2月22日発売Gリングvol.5は3月8日発売GスピリッツVol.6は4月上旬~中旬発売

 東スポ携帯サイトおよび東スポ紙面のみが伝えていたこちらの情報ですが・・・。
・ 2008.02.06 カクトウログ: ヒクソン・グレイシーが5月5日に来日。国際柔術大会2008開催へ

 無事に公式ページがオープン。サイトには大会日程も記述されています。
・ ヒクソン会長で全日本柔術連盟が設立(ニッカン)
・ 柔術フェデレーション・ジャパン<JJFJ>
##
会長 ヒクソングレイシー
理事長 渡辺 孝真
 ・全日本ブラジリアン柔術連盟(BJJFJ) 創立者、初代会長
 ・ヒクソン・グレイシー国際柔術連盟日本支部長
 ・アクシス柔術アカデミー代表
審判部長 マルコス・バルボーザ
制作部長 渡部篤史
広報部長 文川実
相談役 エリオ・グレイシー
イベントディレクター スリバン・ゴウベイア
システムディレクター 坂本直樹
クリエイティブディレクター 宝田絢子
アートディレクター 宮内新吾

■柔術大会
5月5日 ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会
 場所:浜松アリーナ(メインアリーナ)
5月25日 札幌オープン ノース・ジャパン柔術大会
 場所:札幌
6月22日 名古屋ープン セントラル・ジャパン柔術大会
 場所:名古屋
6月29日 福岡オープン サウス・ジャパン柔術大会
 場所:福岡
7月12日、13日 全日本柔術大会
 場所:東京
8月17日 全日本団体戦柔術大会
 場所:名古屋
10月26日 東京オープン イースト・ジャパン柔術大会
 場所:東京
11月 ジャパン・オープン柔術大会
 場所:東京

##

 「全日本ブラジリアン柔術連盟」とは別のようですが、その初代会長がヒクソンサイドの理事長に就任。歩調を取って運営されるのか、乱立による主導権争いなのか、その点は不明。

 大会会場が発表されているのは浜松アリーナのみ、あとは開催地。制作、イベントディレクター等の言葉も出てくる。かなり演出面でも作りこんだ大会となるんでしょうか。

 ヒクソン・グレイシーにとって、日本は運命を変えられた場所であるだろうし、柔術発祥の地でもある。強い思いはあるだろう。会見などの発表を待ちたい。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

金村キンタロー謝罪会見「全面的に非を認めて心から謝りたい」

 18日に公となったプロレスラー・金村キンタローのセクハラ行為。
・ 大日本プロレスが金村キンタローを無期限出場停止処分に(2/18スポーツナビ)
・ さらに事実関係が確認できた事柄を追加・補足 1月20日の件に関しまして(2/19大日本プロレス)
・ 金村キンタロー事件 周囲に他のレスラーがいた ・・・止めなかったのか!?/東スポが直撃取材(2/20カクトウログ)

 予定されていた金村本人の謝罪会見が、20日に行われた。15:32に速報、その後に詳報というカタチで週刊プロレスモバイルが伝えている。抜粋。
##
・ 20日午後3時より都内・アパッチプロレス軍事務所にて、金村キンタローが黒田哲広同席のもと会見を行った。
・ 金村キンタロー
「(大日本プロレス女性社員への不適切な行為について)事実です。否定も何もしません」
「このたびはいろいろとお騒がせして申し訳ありませんでした。大日本さん、アパッチのメンバー、プロレス界のみなさまにこういった行為で問題をおこしてしまったことをお詫びいたします。そして、なにより一番は、自分が行った行為で心を傷つけてしまった女性に心よりお詫びしたいと思います。申し訳ありませんでした。全面的に非を認めて心から謝りたいと思います」
「自分はこの問題が解決するまではどのリングでもプロレスの活動を自粛するつもりです」
「(被害者が今後)会っていただけるかわかりませんが、どんな形であっても謝罪したいと思います」
「(刑事告訴があった場合は?)そういう形になっても素直に受け止めたいと思います」
・ 黒田哲広
「今回のことに関してはもう金村が100%悪いと思う。アパッチのメンバーとしても謝罪したいと思います。今回の形(活動自粛)は当たり前のことだと思っています」

##

 17:02に東スポ携帯サイト、18:38にkamiproHandもそれぞれ伝えている。

 こういった問題をおこした選手に対して、当たり前の対処ができるか。そこにプロレス界の社会性が問われていく。業界、本人、周辺が一致して本人および所属団体の活動自粛となった。これはもう、当たり前の話でしょう。サプライズでも何でもない。

 当たり前をきっちり伝える使命。携帯サイトはメルマガ上でも主要ニュースとして紹介した。
##
週刊プロレス新着メール
▼本日の「試合結果速報」ではDDT新木場大会を速報します。
▼本日、金村キンタローが会見をおこない、大日本プロレス女性社員への不適切な行為に関して全面的に非を認め謝罪しました。詳細は「ニュース・スクランブル」にて。
▼週モバ現場主義、週プログ・里村明衣子「赤づの間」、EYEコラム「元Fihgt野郎のB-PASS」を更新しました。

紙のメルマガ2.20 謝罪号
●PRIDEはもう忘れろ!『kamipro』No.120は2月22日発売!!
●2.21『ハッスル』後楽園大会当日券&4月シリーズ会場先行予約情報!!
●大日本女性社員へのセクハラ問題に関して、金村キンタローが謝罪会見
●金村問題でアパッチ軍、これが最後!? 2.22 新木場大会全カード発表!!
●YASSHI負傷欠場、金村出場自粛につきLOCK UP2月シリーズ一部対戦カード変更!!
★KamiproHand★

##

 さて、19日のkamiproHand記事には苦言を言ってしまいました。20日のkamiproHandはきっちり伝えるだろうと期待していたところ、記事はしっかりしたものだった。それを見守って安心したかったが・・・。

 目を疑ったメルマガの表現(イコール、携帯サイト内記事タイトル)。なぜ、当たり前の活動自粛に「これが最後!?」という表現ができるんだろう。なぜ、当たり前のカード変更に「!!」がつくんだろう。ボクには理解できません。配慮してほしかった。
■□T.SAKAi

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.20

当記事に関して

事情により削除されました。ご了承ください。
(カクトウログ管理人)

2008.02.19

あす発売の週プロ表紙速報

あす発売の週プロ表紙速報

携帯からあす水曜日発売の「週刊プロレス」誌表紙をお届け。
表紙はIWGPベルト統一を果たした中邑真輔。

新日本両国、IGF有明、WWE日本公演2連戦レポートあり。

気がつけば3月の複数ビッグマッチも迫ってきましたね!

前田日明、リングス再興は正式消滅か/携帯最終回にてTHE OUTSIDERに「専念」宣言飛び出す

pick up 前田日明3・30有明『THE OUTSIDER』チケット料金変更高田延彦「今回は関わらない」新イベント参加否定故・橋本真也さんに縁の2代目ベルトを手に・・・中邑真輔が破壊王橋本真也メモリアルマッチに臨む1回戦で棚橋vs後藤「NEW JAPAN CUP 2008」開催概要2月19日(火)21:00『ズバリ言うわよ!』坂田亘出演ケンドーコバヤシら参戦 吉本興業“ハッスル超え”狙う新機軸腎臓がんから再起した小橋の復帰後3シリーズ目が幕を開けたノア3/2日本武道館大会 全対戦カード決定ジョシュ・バーネットとトムコが帰国前に成田空港で緊急会見=IGF佐竹雅昭さん「武師道」引退して開眼ジャガー横田 完走夫にビンタで祝福ダンプ松本ら祝福 納見佳容の結婚披露パーティーかよチャン結婚式@大江家日記

 新格闘技イベント『DREAM』発足にともない、『DREAM』サイトと化しつつある携帯サイト『HERO'S』。前田日明がHERO'Sスーパーバイザー解任となることで、HERO'S携帯サイトへの登場もどうなるのかと思っていたら・・・。
##
▼『THE OUTSIDER』の発展に邁進するで!! [週刊!前田日明!!最終回]
##

 18日にそんな文字が。繰り広げられていたHERO'Sスーパーバイザー前田日明による一問一答コーナー『週刊!前田日明!!』が終了に。

 同コーナーは、9か月前に登場。ボクがやっていた『週刊 前田日明』(2005.08.21~不定期)とそっくりの名前にちょっとビックリしたが、毎週前田の言葉が読めるのは楽しみではあった。残念だがしょうがない。

 この連載の最終回では、好きな映画、前田が考える名勝負、アマチュア大会『THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)』などを語っている。そして・・・。
##
 これからは、このイベント(THE OUTSIDER)を定期的に且つ大きな規模にしていくことに専念していくよ。これも今回で最終回なんやろ?
##

 『THE OUTSIDER』に「専念していくよ」とある。

 第1次リングス“最後の日”(2月15日)に行われた『THE OUTSIDER』記者会見。
・ 2008.02.15 カクトウログ: リングス最後の日の“出発”/前田日明「ざまあみろ!」から一転、マット界底辺拡大へと動く

 会見で触れられなかったリングス復興が気になってはいたが、あの日付に行ったことはリングスとのケジメでもあったのか。

 5か月前の前田の言葉を振り返る。
・ 2007.09.25 カクトウログ: 第1回リングスファンミーティング開催【週刊 前田日明】
##
・ 二度と「休む」ということがないように(第1次リングスのような休止にならないように)やっていきたい。(第1次)リングスは(総合格闘技)創世記だったために、ホントに門をくぐってやること山積みでした。今回はPPVにつながるようにやっていったり、東アジア圏を(巻き込んで)やっていくにはどうすればいいか、課題が変わってきている。
・ 満を持して計画を立ててやっていきます。これまで、自分は、スポンサー、タニマチはイヤでしたが、今回は「出資」として、協力してもらうことでやっています。いろいろな問題がクリアしてきています、もうしばらく、期待してお待ちいただければなと!
・ HERO’Sのスーパーバイザーをやることで、さらなるパイプ作りもできました。(業界復帰としての)リハビリにもなった。こんどはみなさんとリングスの会場でお会いできる日を楽しみにしたいと思います。

##

 2007年12月の前田の言葉を振り返る(月刊『サイゾー』1月号)。
##
来年(2008年)は、リングスの再旗揚げ。そして、日本人選手の根本的な掘り起こしをやる。
##

 ついには“日本人選手の根本的な掘り起こし”の方だけになったということか・・・。

 『THE OUTSIDER』にノレないわけじゃない。むしろ、前田ファンとして見守っていきたい。世間を巻き込んで何かが生まれる可能性もある、ハイリスクハイリターンな試み。前田じゃないと切り盛りできないのだから。

 だけれども、言い続けてきたリングス再興が消滅した気配なのは残念。

 さて、『THE OUTSIDER』にはFEGが協力するが、ガラスの関係を思わせる情報も。
・ 谷川氏 トラブルを完全回避 『前田問題』でファインプレー/週刊マット界舞台裏'08年2月21日号 [inouejojiz058.krm] - 210円 : 武道・プロレス・格闘技 ファイト!ミルホンネット
・ 2008.01.29 カクトウログ: 前田日明、自暴自棄報道/FEGと旧PRIDE派の大連立は3月に一本化へ
##
だが、転んでもタダでは起き上がらないのが前田の性分。FEGと刺し違えるつもりで「K-1の内情を暴露してやる」と言ったとかの怪情報も流れている。
##

 まぁ、こんな憶測?を書かせるくらいの高ぶる感情が前田の魅力のひとつでもあるんですが・・・。

 最近嬉しいのは、本当に楽しそうに『THE OUTSIDER』を語っている前田の表情ですよね。前田がスーパーバイザーを務めた『HERO'S』は『DREAM』となって発展的解消。だけれども、前田の“パワー・オブ・ドリーム”は解消されることがないのだ。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.18

当記事に関して

事情により削除されました。ご了承ください。
(カクトウログ管理人)

永田裕志が脳梗塞の疑いで病院直行。本日、精密検査へ/追記:精密検査で「異常なし」診断

 新日本プロレス・永田裕志が17日の試合を欠場、“脳梗塞の疑い”にあることは試合速報の中でも触れたが、一夜明けて欠場について各紙が一斉に報じている。
・ 【新日本】永田が脳梗塞の疑い…目まいを訴え、病院に直行(サンスポ)
・ 永田脳梗塞か…手足まひし病院直行(スポニチ)
・ 新日に激震!永田脳梗塞か…左手にしびれ両国大会急きょ欠場(報知)
##
 新日本の永田裕志(39)が17日、「脳梗塞(こうそく)の疑い」のため都内の病院で緊急精密検査を受けるハプニングがあった。両国国技館で行われた両国大会で、永田は試合前の練習中に強いめまいに襲われ、左の手足がまひする状態に陥った。両国国技館内で林督元(まさゆき)リングドクター(58)が診察。林ドクターは「左の手足が動かないので頭の病気の疑いがあった。大事を取って欠場させた」と説明、永田に都内の病院で緊急検査を受けさせた。
 永田は「悔しいよ。でもオレは不死身。必ず戻ってまいります」と話し病院に直行。検査報告を受けた菅林直樹社長は「CTとMRI(磁気共鳴画像装置)検査を行ったが異常はなく一応、帰宅した。最悪のケースは免れた」と安どの表情を浮かべた。帰宅した永田だが18日には再び専門医による精密検査を受ける予定だ。
 永田は2か月前にも同様の症状を自覚し、病院でエックス線検査を受けていた。そのときは「異常なし」との診断を受けている。だが、林ドクターは「CT検査を受けてもすぐに異常が見つからないこともある。無理をさせてしまえば取り返しのつかないことになりかねない。検査結果を待たねば何ともいえないが、いずれにしてもしばらくは休ませることになると思います」と油断できない状況を説明した。

##

 本日18日、精密検査の予定。

 言うまでもなく慎重に対応しなければいけない症状。高山善廣が脳梗塞で長期欠場に追い込まれたことが思い起こされる。症状が軽いことを祈りたい。

 近年あまりに多いプロレスラーの脳に絡む症状。ハードヒットで進行するプロレスにおいて、プロレスラーは身を削っている。


※21:15追記
 18日、新日本プロレスの菅林直樹社長が記者会見を行った。
・ 欠場の永田裕志、「異常なし」診断も精密検査継続へ=新日本プロレス(スポーツナビ)
##
永田は前日のウォーミングアップ中に強いめまいと左足や左手の機能障害を訴え、林リングドクターが試合出場は不可能と判断したため、タクシーで都内の病院へ向かった。脳の精密検査を受けたが異常は見当たらなかった。永田は18日にも都内の病院で頚椎の精密検査を受けたが、首にも異常は認められなかった。念のため夕方にも専門医のもとで再度、脳の精密検査を受けるという。菅林社長は仮にこの日の検査で異常が認められなくても「また今後、数回検査を行っていく」と述べた。
##

 昼間の検査で異常なし。夕方の検査についても続報が出るもよう。

 永田裕志が強い要望を出している。
##
 菅林社長は、前日の検査後に永田から「どうしてもニュージャパンカップに出場して優勝し、IWGPヘビー級ベルトを統一した中邑真輔とぜひ戦いたい」と、強く要望されたことを明かした。このため、3月9日の名古屋・愛知県体育館大会で開幕する同カップの出場メンバー16名の中に暫定ながら永田をエントリーさせ、今後の経過を観察し、「ドクターのOKが出たら正式出場させる」考えを明かした。同カップ優勝者には賞金500万円が贈られるとともに、3月30日の東京・後楽園ホール大会でIWGPヘビー級王者・中邑へのタイトルマッチ挑戦権が与えられる。
##

 ベルトを手放したばかりだが、なおも立ち上がる姿を見せようとする。昨年のタイトル奪取前まで、長くタイトル戦線に関わっていなかった男とは思えない変貌。それだけ勢いが出てきた矢先の出来事なだけに、神のいたずらを感じてしょうがない。

 無理があってはなりません。まずは、きっちりした検査と静養を。
■□T.SAKAi

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.17

2・17新日本プロレス「Circuit2008 NEW JAPAN ISM」両国国技館、速報観戦記まとめ

2・17新日本プロレス「Circuit2008 NEW JAPAN ISM」両国国技館大会を会場で観戦しました。速報記事を試合順につなぎましたので、改めてどうぞ・・・
080217njpwtop
・ 2/17(日) 17:00 東京・両国国技館(新日本公式)
・ 新日本プロレス「Circuit2008 NEW JAPAN ISM」(スポーツナビ速報)

続きを読む "2・17新日本プロレス「Circuit2008 NEW JAPAN ISM」両国国技館、速報観戦記まとめ" »

速報します、新日本両国決戦17時開始/IWGPベルト統一戦 中邑真輔 vs カート・アングル

pick up 田村潔司「小川直也戦?今は全くない。IGFには試合のリズムがない」ドリー・ファンク・ジュニアさよならシリーズ ドリー全カード初登場の長州がYASSHIを瞬殺、藤永オーナーが涙のデビュー戦=カスイチファイナル健介オフィスホームタウンマッチで中嶋勝彦が宮原健斗に快勝大森隆男が中西学に反論「身体は1流でも頭は3流以下」=2.17ZERO1-MAX坂田の手術は大成功!ハッスル軍が2月シリーズに向けて一致団結風香「必殺技で撃退!」痴漢撲滅宣言ミルコ、コンゴ発言に返答@ヒロシです(涙)。さん
◆ユークス新日本プロレスが放つ、初めてのリスクある試合!     ◆新日本の両国国技館伝説は復活のきざしを見せるのか ベストカードで決戦へ・・・
 こちらの大会を観戦しますので、携帯から当サイトに速報を入れます。よろしければ遊びに来てください。
・ 2/17(日) 17:00 東京・両国国技館(新日本公式)
・ 新日本プロレス「Circuit2008 NEW JAPAN ISM」(スポーツナビ速報)

>>速報更新は当サイトトップページで!

##
■新日本プロレス「Circuit2008 NEW JAPAN ISM」
2月17日(日) 両国国技館17:00

[1]中西学&飯塚高史&金本浩二&タイガーマスク vs 田口隆祐&裕次郎&石狩太一&内藤哲也
[2]井上亘 vs クリストファー・ダニエルズ
▼天山広吉復帰戦 Tenzan home coming!
[3]長州力&蝶野正洋&越中詩郎&S・S・マシン vs 天山広吉&邪道&外道&石井智宏
▼IWGP Jr.タッグ選手権試合
[4][王者]稔&プリンス・デヴィット vs [挑戦者]獣神サンダー・ライガー&AKIRA
[5]永田裕志 vs 後藤洋央紀
[6]棚橋弘至 vs AJスタイルズ
▼IWGPタッグ選手権試合
[7][王者]ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコ vs [挑戦者]真壁刀義&矢野通
▼IWGPヘビー級選手権試合 ベルト統一戦
[8][2nd]中邑真輔 vs [3rd]カート・アングル

##

080217njpwpre 前日のIGFがトムコを引き抜き。タッグ選手権はどうなる? ベストタッグチームの消滅は残念でもある。カードが再編成されて、決定戦となるんでしょうか。

 中邑真輔vsカート・アングルは、ユークスが新日本を買収してから初めてのリスクあるカードでしょう。こういう威信をかけた試合にことごとく勝ってきたから、今の新日本がある。中邑の闘いぶりに期待したい。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.16

2・16IGF「GENOME3~猪木Memorial65~」有明コロシアム、速報観戦記まとめ

2・16IGFプロレスリング「GENOME3~猪木Memorial65~」有明コロシアム大会を会場で観戦しました。速報記事を試合順につなぎましたので、改めてどうぞ・・・
080216igftop
・ IGFプロレスリング「GENOME3~猪木Memorial65~」(スポーツナビ速報)
・ IGF イノキゲノムフェデレーション

続きを読む "2・16IGF「GENOME3~猪木Memorial65~」有明コロシアム、速報観戦記まとめ" »

速報します、IGF「GENOME3」有明コロシアム/18時開始 小川直也 vs ジョシュ・バーネット
<追記>週末イベント&地上波テレビ情報

pick up 両国へ行こう!新日本両国2・17(日)17時 中邑vsアングルほか全カード夏目ナナプロデュース、セクシー興行が歌舞伎町で大熱狂!=全日本プロレスメカマミー入団アピール壮大な夢 尽きない燃える闘魂 アントニオ猪木@神奈川新聞曙が別居?ボノちゃんを演じる夫の情けない姿を子供に見せたくない@OMASUKI FIGHTさん3.5戦極の旗揚げ戦、東京・大阪・広島でパブリックビューイング戦極3・5電話線不要のPPV受付開始ミルコに捨てゼリフ 日本MMAドーピング検査はザルか@ヒロシです(涙)。さん2月15日は何の日?リングス最終大会@行かないで後悔より行って後悔さん
◆ジョシュ・バーネットvs小川直也 緊張感ある試合を創出できるか!     ◆ブッカーT来日! レジェンドレスラーも多数集結・・・
080216 こちらの大会を当日券で観戦します。5,000円がなくなってたら困る。
・ IGFプロレスリング「GENOME3~猪木Memorial65~」(スポーツナビ速報)
・ IGF イノキゲノムフェデレーション

>>速報更新は当サイトトップページで!

##
■IGFプロレスリング「GENOME3~猪木Memorial65~」
2月16日(土)有明コロシアム 18:00

<決定対戦カード>
小川直也 vs ジョシュ・バーネット
人喰い義生 vs モンターニャ・シウバ
タカ・クノウ vs エリック・パーソン
ブッカーT vs TAJIRI

<参戦予定選手>
・小原 道由(4大会連続4度目の参戦)
・ダニーイグアス(2大会連続2度目の参戦)
・浜中 和宏(3大会連続3度目の参戦)
・澤田 敦士(3大会連続3度目の参戦)

<立会人>
スタン・ハンセン、初代タイガーマスク、ドリー・ファンク・ジュニア、藤原嘉明(IGFコーチ)、木村健吾、ザ・コブラ、マシン軍団総帥・将軍“KY”若松
“超人”ホーガン、WWE社長・ビンスが猪木にメッセージ

<当日券販売のお知らせ>
当日15時より会場入口前方にある当日券売り場にて販売を行います。
席種によっては残り僅かな券種も御座いますので、お早めにおこし下さいませ。
SRS席 20,000円(若干数)
S席   10,000円(若干数)
A席    5,000円

##

 小川直也にラリアット炸裂!?
・ 往年のライバル、猪木とハンセンが笑顔の再会=IGF/ハンセン、場合によってはラリアット解禁も示唆(スポーツナビ)

 田中リングアナが来場予告。
・ 2008.02.13 カクトウログ: 田中秀和リングアナ、IGF有明コロシアムのリングへ! アントニオ猪木のコールなるか

 猪木がモンスターマンを破壊したボムが甦る!?
・ 02月14日 多重ロマンチック:バーネット新技“ブラックフロウジョン” そのヒント

 携帯からの速報を当サイトに入れます。よろしければ遊びに来てください。

 小川直也がかつてのワクワク感を背負ってくれることはもうないんだろうか。ジョシュが引き出す? プロレスラーの心意気、2人で見せてくれ!

               * * *

※12:15追記 週末イベント&地上波テレビ情報もカンタンに。

■2月16日(土)イベント&テレビ情報

↓このあとスグ 新日本プロレスイベント
・ 2月16日(土)14:00~ジャイアント・バ-ナ-ド サイン・撮影会!(新日本公式)

↓新日本プロレス中継
ワールドプロレスリング
中邑真輔アメリカTNA遠征!!IWGPベルト統一戦を前に敵地へ殴りこみ▽カレー男
2月16日(土)26:15~26:45 テレビ朝日 Gコード(4785630)

↓これはプロレス&お笑い好きにはタマラナイ
どハッスル!!「爆笑芸人プロレスネタ祭り」
2月16日(土) 27:05~27:35 テレビ東京 Gコード(9500098)
・ 2・16オンエアの『どハッスル!!』は、『リアル・細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』!!(ハッスル公式)

■2月17日(日)イベント&テレビ情報

↓総合格闘技トークイベント
・ NHBnews PRO:【★その他★】 格闘技トークイベント『日本総合格闘技大復活祭!』のお知らせです!
・ 2月17日(日)新宿ロフトプラス・ワン総合格闘技トークイベント『日本総合格闘技大復活祭!』近藤有己、佐伯繁DEEP代表(GBR)

↓あの猪木ではありません(笑)今週のゲストは不明
佐々木夫妻の仁義なき戦い 「猪木号泣!!家族は永遠に不滅です」
2月17日(日)21:20~22:14 TBSテレビ Gコード(6802982)

↓プロレスリング・ノア中継
プロレス
新ツアー開幕▽試練十番勝負2連戦▽青木にはケンタが!谷口には森嶋がたちはだかる
2月17日(日) 25:20~25:50 日本テレビ Gコード(1784505)

T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.15

リングス最後の日の“出発”/前田日明「ざまあみろ!」から一転、マット界底辺拡大へと動く

携帯から。

本日15日、前田日明、FEG谷川貞治氏が会見。

HERO’Sスーパーバイザー解任
および
アマチュアMMAアウトサイダー開催
が発表された。

リングス公式ホームページに前田日明が腕組みしたポスターあり。
「主催リングス」とある。
このままアウトサイダーの運営のみとなってしまうのか。

なお、ちょうど本日、2月15日は旧リングス最終興行が行われた日。
2002年。6年前のこと。


※ここまで携帯から18:57書き込み。以下23:25パソコンで追記
080215rings 大会趣旨について、これまでのインタビューとかぶってくるところなどは割愛。気になる前田日明のこれからの立ち位置に関わるところをまとめる。
・ 「THE OUTSIDER」参加者募集!(RINGS公式)
・ [OUTSIDER] 3.30 ディファ:前田日明、総合版あしたのジョー始動(バウトレビュー)
##
<大会概要>
■THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)発足
・ セミプロ~アマチュア選手育成のための総合格闘技大会
※不良や喧嘩好きの若者にプロデビューのチャンスを与えるのが大会のテーマ。前田「ここから『あしたのジョー』が出てきて欲しい。俺が丹下段平になる」。
※年4回程の開催を予定し、第1回目はワンマッチ形式だが、2回目以降はトーナメントの開催も計画。
・ プロデューサー:前田日明
・ 主催:リングス/協力:FEG
・ 旗揚げ戦:3月30日(日) ディファ有明
・ ルール:HERO'Sルール(ただし、安全性確保で暫定運用)

<コメント>
・ 谷川貞治FEG代表
 「DREAMが始まりFEGと前田さんの仲が悪くなると書いているメディアもあるがそんなことは無い。私はずっと、前田さんがやりたいことの全てがHERO'Sに詰まっていたとは思っていなかった。OUTSIDERで前田さんの世界を実現してもらうためにFEGで協力する。この大会で活躍した選手がプロに上がれる道筋を作りたい」

・ 前田日明プロデューサー
 「(FEGが旧PRIDEスタッフとDREAMをスタートさせたことについて)昔のキックボクシングのように四分五裂するよりはいいこと。PRIDEに対しては経営者とルールのバイオレンス性に文句があっただけで、選手や運営スタッフに対して悪く思っていなかった。運営スタッフはいい仕事をしていたし、ビデオの撮り方とかも一番だった
 「(DREAMでのSV就任は)FEGさんにお願いされればやるけど、自分が関わらなくてもDREAMはうまくいくでしょ。それよりも俺はアマチュアを作らないといけない」
 「OUTSIDERの叩き上げを束ねて、リングスという発展形にしたい
 「DREAMにOUTSIDERの優秀な選手をブッキングしたい。UFCにもルートがある」
 「(しかし、特定の団体の下部組織になることが目的ではない)OUTSIDERはいろんな総合のためのアマにしたい。リングスのためとか、DREAMのためとか言っていると、この世界自体が残らない」
 「相撲とか他のスポーツの世代交代の順調さに比べると、総合もK-1も停滞している。選手の新陳代謝が鈍いからギャラが高騰する。谷川君もK-1 MAXの高校野球のようなもの(=ワールドユース)を始めた。最近は柔道やレスリングのトップ選手に高いギャラを払って総合に引っ張ってきても勝てない事が証明されている。アマから総合の選手を育てないと、砂上の楼閣になる」

##

 ケンカっぽさにあふれてきた前田はそこにはいなかった。かつて「ざまあみろ!」とPRIDE批判した姿勢とは一転、旧PRIDE勢とHERO'S(FEG)合体により発足したばかりの総合格闘技組織「DREAM」を歓迎。

 前田は「この業界が未来永劫残るように」が口グセであり、これからもそうだ。今回の会見で確認できたのは、再編されつつある業界でも、その姿勢を貫けるポジションを得ようとしていることだった。自分が誰かを抜いて目立とうとか、利益を得ようとかじゃない。“じゃあ、オレはこっちをやっとくよ”“オレにはこんな引き出しもあるんだよ”とでも言いたかったんじゃないかな。

 もちろん“スキあらばリングス”という気持ちはあるだろう。業界への警鐘はこれからも鳴らしていくに違いない。

 そして。ボクは堂々と、前田自身もFEG自身も、今回の企画をWIN-WINの関係で生かしながら基盤を固めていけばいいんだと思う。前田には、国会議員につながるくらいの青少年育成ぶりをみせてほしい。FEGには、何かとイメージ悪く見られる格闘技の“できること”を広げてもらいたい。
・ 2007.07.20 カクトウログ: 前田日明、政治家になる日が来る?/超過激演説で自民党批判
##
 演説後に取材に応じた前田氏は、政界入りについて「考えたことはない」と否定したものの、「成すべきことを成した上で、10年ぐらいたっても応援してくれる人がいれば」と将来的な出馬には含みを持たせた。
 今回の参院選を含めてこれまで自民党や民主党などから出馬の打診があったことを明かしたが、「総合格闘技でやり残したことがいっぱいある、と断ってきた」という。

##

 そして誰よりも、意欲のある若者(不良?)にこの場をチャンスとして利用してほしいと思う。

 アウトサイダー旗揚げへのサポート姿勢を示してくれた谷川氏には感謝です。格闘技への貢献者の能力を生かしながら、ポジションを用意していく。これだって、業界が続いていく上で大切なこと。

 内容はリングス旗揚げではなかったんだけど、ボクにとっては納得の会見だった。

 ただ、あえて小さな文句を言うと、会見の横断幕、もうちょっとカッコいいものを用意してあげてほしかったよ(笑)。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

前田日明が本日記者会見! トロフィー事件&スーパーバイザー解任を経て2008年初めて口を開く

pick up 2.17両国大会の全カード決定 井上はダニエルズと=新日本プロレス天龍組vs.“モンスターK’”組ほか新たに2カード決定=ハッスル2・16『どハッスル!!』リアル・細かすぎて伝わらないモノマネ選手権カズ・ハヤシ08年ジュニア戦線のエースに名乗り慶応高・田村投手「力道山の孫」嫌で仕方なかった週刊ゴング復刊の話7@ターザンカフェUFCがミルコを手放した条件?@OMASUKI FIGHTさん藤田和之が『戦極』を選択した理由をGKが語る@悲しきアイアンマンさん和術慧舟會久保代表を谷川が笹原、加藤チームに引き合わせ格闘家の結婚ラッシュ。愛妻を得て強くなった戦極 日本対世界に盛り上がれるか子宮筋腫から1年ぶり復帰の井上京子、対戦カードが決定=NEO4周年大会直前、風香独占インタビュー美少女ファイター続々登場!最近の女子格闘技事情

 谷川貞治氏が「DREAM」発足会見で触れた前田日明の去就。
・ 2008.02.14 カクトウログ: 前田日明、スーパーバイザーは解任。HERO’Sではやれなかったこと、近々会見へ・・・

 谷川氏発言からわずか2日後、無事に会見が開催されるようだ。
・ 東京中日スポーツ:前田日明氏が新団体 3月30日旗揚げ:格闘・相撲(TOKYO Web)
##
前田日明氏が新団体 3月30日旗揚げ
2008年2月15日 紙面から

総合格闘技HERO’Sのスーパーバイザーだった前田日明氏が新たな格闘技イベント「THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)」を立ち上げることが、14日分かった。15日に都内で会見する。新イベントDREAMを主催するFEGの谷川貞治代表も同席する予定。第1弾興行は3月30日、東京・ディファ有明で行う。

##

 “会見”というのは「新生リングス」? というわずかな望みも抱いたが、大方の予想通り「THE OUTSIDER」となった。青少年の育成と選手発掘、両面の主旨をもって開催されるこの大会。

 ただ、今後の格闘技界の構想についてもコメントが出るかもしれない。年末年始の前田インタビュー記事を読んでも、そこにはしっかり「再旗揚げするリングス」といった言葉は出てきていた。そもそも2007年中にアナウンスだけでも・・・と言われていたものが延びているものは確か。ファンは心配しながら、静かに見守っているのだ。

 大晦日トロフィー事件、HERO’Sスーパーバイザー解任を経過して、前田日明が2008年初めて、公の場で口を開く!
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.14

ブッカーTが無事に来日!

東スポ携帯サイトからメール。
IGFに参戦予定だったブッカーTが無事に来日。
“当たり前”がニュースになるのがスゴイ。

■ニュース速報
☆ブッカーT来日
・IGF有明コロシアム大会に出場するブッカーTが14日、日本に到着した。


※携帯から追記
・成田空港での入国審査、実に90分!
・入国許可でIGF職員、大粒の涙!
・対戦相手はTAJIRIに決定!

IGF劇場はもう始まっているのだ。


※2/15 9:35追記
 一夜明け報道。元WWEスーパースター対決が決定した。
・ ブッカーTついに来日…IGF有明大会(報知)
・ 12年ぶり!ブッカーTやっと日本入国(スポニチ)
##
元WWEヘビー級王者ブッカーTが「GENOME3」(16日、有明コロシアム)に参戦するため、12年ぶりに来日した。17歳の時にハンバーガー店へ強盗に入って逮捕された前歴があり、昨年末の有明大会は来日を断念。今回も成田空港で1時間以上の身元調査が行われたが、何とか入国許可が下りた。TAJIRIとの対戦が決定し「凄い試合になると思うけど、オレが絶対に勝つ」と息巻いていた。

■IGF「GENOME3」
2月16日 有明コロシアム18:00
<決定対戦カード>
ジョシュ・バーネット VS 小川 直也
TAJIRI VS ブッカーT
人喰い義生 VS モンターニャ・シウバ  
エリック・パーソン VS タカ・クノウ

##

 IGFはけっきょく旗揚げ戦メインのカート・アングルvsブロック・レスナーを上回るものを何も見せていない。WWEでもあったというこの顔合わせ、楽しみです。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

前田日明、スーパーバイザーは解任。HERO’Sではやれなかったこと、近々会見へ・・・

pick up 何人かの選手は「ドリーム」を「ドリームス」と言ってしまい・・・@OMASUKI FIGHTさん凄く悔しい気持ちでいっぱいです@菊田早苗バローニ戦消滅の菊田、旗揚げ戦出場は見送り=3.5戦極猪木とジョシュが緊急会談、レフェリー問題も決着=2.16IGFT・J・シン、意味不明な言語でボノへの制裁を宣言=ハッスル2年ぶりにスカウト部復活!新部長に虎ハンター長州サプライズ予告 YASSHI処刑@多重ロマンチックさんまさにダチョウ倶楽部状態 犬軍団制裁を!健介一家受けて立つジャガー横田 親子エクササイズ紹介

 総合格闘技新イベント「DREAM」の公開発表記者会見が13日、都内・ホテルメトロポリタンエドモントにて開かれた。「HERO’S」と「PRIDE」が一本化されたことからHERO’Sスーパーバイザーを務めてきた前田日明の立場はどうなる? 囲み会見で谷川貞治プロデューサーが触れた。
・ 【ドリーム】前田日明スーパーバイザー、高田延彦・統括本部長の関わりは無し(GBR)
・ 新総合格闘技イベント『DREAM』発進!!夢の大連立にミルコも電撃参戦! 青木vsカルバンも決定!(やれんのか!公式)
##
あと、僕のほうからは今回に関しては新しい体制で、新しいイベントということで、前田(日明)さんに関しては「スーパーバイザー」という肩書きはないです。高田(延彦)さんに関しても「統括本部長」という肩書きはなしで。別にこれは喧嘩をしたわけでもなくこれからも仲良くやっていきます。前田さんに関しては、ずっとこの2~3年ですね、前田さんのやりたいことっていうのが、HERO'Sでは私個人としてはやれてないと思うんですね。まあ、近々会見とかやると思いますけども、そういうものを頑張ってやっていただいて、お手伝いをしていきたいなというふうに思っています。決して、仲違いをしたとか、そういうこともなく、これからも一緒に僕は、FEGとしてはやっていきたいと思います。
##

 どちらかの“旧体制”を引きずるんじゃなく、前田とも高田とも一線を画した谷川氏。これは興味深い選択であり、それ自体が新しいものを生み出そうという意欲と、新スタッフへのまっさらな期待を感じる。また、「この2~3年ですね、前田さんのやりたいことっていうのが、HERO'Sでは私個人としてはやれてないと思う」という言い回し、本当に谷川さんは前田ファンなんだなぁって思う。

 「近々会見とかやると思います」という前田日明の会見では、何が発表されるのか。
・ [DREAM] 3.15 さいたま:HERO'S+旧PRIDEの新大会にミルコ参戦(バウトレビュー)
##
 HERO'Sのスーパーバイザーだった前田日明氏はDREAMに関わらないが、谷川氏は「前田さんと仲違いしたわけじゃなく、これからも一緒にやっていく。前田さんはここ2~3年、HERO'Sでやりたいことができなかった」と話し、近く会見で前田氏との新しいプロジェクトを発表することを明かした。前田氏がかつて代表を務めたリングスは公式サイトで、3/30にディファ有明で「THE OUTSIDER」という新大会を開催することを発表していることから、それに関連した動きになると思われる。
##

Maeda080214 「THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)」の意図については、かねてより各メディアで語られているが、こちらが詳しめに語られている。
・ 前田日明の新たなる野望(前編) 不良を集めた格闘技大会開催!(サイゾー)
##
・ 日本てね、機会が均等じゃないんですよ。海外には、どうしようもない不良や一度道を踏み外してしまったヤツでも、ファイターとして更生している選手がいっぱいいる。日本は皆無でしょ。儒教的な社会道徳が根底にあるからか、“傷もん”“汚れもん”にはチャンスがないのが現実なんだ。
・ 今の日本は社会の大人全体が、子どもを育てる忍耐力がないんだ。やれ18歳で成人させるとか、14歳から刑務所に入れるなんて、子どもと向き合うことから逃げているとしか思えない。昔は親も教師もうるさいぐらいに子どもにつきまとって、身体を張って分からせた。それが教育・育成なんですよ。本当は。
・ 才能のあるヤツにはどんどんチャンスを与えますよ。マンツーマンで技術的な指導もするし、プロとしてHERO'Sや再旗揚げするリングスに上げることもできる。日本では和彫りの刺青が入っているとテレビに映れないから、プロとして活躍するのは難しいんだけど、そういうヤツは海外にプロモートしてやればいい。母国では試合できない刺青日本人ファイターが外国で大活躍するのも、おもしろいじゃないですか。

##

 面白い試みであり、かつ前田の熱意が本当によくあらわれた「THE OUTSIDER」プラン。されど、スカウトという点では“有力選手が万が一見つかったらラッキー”くらいの位置づけにしかならない可能性が高い。このアマチュア大会開催と同時に、リングス再旗揚げプランも順調に進行していることを期待したいが・・・。

 実際は、前田は慎重に考えていて、地上波テレビなくしてのメジャー大会発進は厳しいことを熟知しているはず。けっきょく旧PRIDE派でさえ、FEGと一緒になってTBSにたどりつくしかなかった。リングスが独自の道を歩める可能性は小さくはなっている。

 「THE OUTSIDER」の話を聞いていて思うのは、もう一線の団体を率いるところから一歩引こうとしているんじゃないかという前田の姿勢。思いすごしであってほしいが、前田のやりたいことが多岐に渡っていることは間違いない。
・ 2007.07.20 カクトウログ: 前田日明、政治家になる日が来る?/超過激演説で自民党批判
##
 演説後に取材に応じた前田氏は、政界入りについて「考えたことはない」と否定したものの、「成すべきことを成した上で、10年ぐらいたっても応援してくれる人がいれば」と将来的な出馬には含みを持たせた。
 今回の参院選を含めてこれまで自民党や民主党などから出馬の打診があったことを明かしたが、「総合格闘技でやり残したことがいっぱいある、と断ってきた」という。

##

 前田日明という人生の集大成。時間がない中で、何がしかのメジャー格闘技再興はあるのか。それとも、違ったカタチでまとめにかかるのか。

 もちろんそうなるしかなかったんだとは思うが、桜庭和志、船木誠勝、田村潔司、柴田勝頼、所英男らUWF・リングス・前田シンパ系選手がきっちり「DREAMS」に顔を出していたことは気にはなった・・・。前田日明の近々開かれるとされる会見の中身を待ちたい。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.13

新イベント「DREAM」誕生! HERO’Sと旧PRIDEが合体、谷川貞治氏が総合から撤退へ

 新イベント名は、最有力と噂された「DREAMS」から「S」をとった「DREAM」に!

080213dream

 ファン公開の記者会見、現状の報道をまとめます。
・ 3.15さいたまで新格闘技イベント「DREAM」誕生 ミルコの参戦も決定(スポーツナビ)
・ 【編】新MMAイベント発表会見速報|格闘技ブログ(スポーツナビ編集部)
・ 【ドリーム】HERO’S&旧PRIDEによる新イベント旗揚げ!ライト級GP開幕戦でカルバンVS青木(GBR)
・ FEG公式
・ やれんのか!公式
##
<会見主旨>
・ 「HERO’S」を主催するFEGと、「やれんのか! 大晦日! 2007」実行委員会による新格闘技イベント開催発表公開会見が13日、都内ホテルで行われ、昨年大みそかに実現した格闘技大連立の「夢の続き」をこの目で確かめようと多くの格闘技ファンが会場に駆けつけた。気になるイベント名は「DREAM」。3月15日にさいたまスーパーアリーナで旗揚げ戦「DREAM.1」を行うことが発表された。
・ 谷川代表、笹原EP、TBS狩野氏登壇。来場者数は300人超とのこと。
・ 谷川貞治FEG代表取締役「PRIDEでもHERO’Sでもない“大連立の夢の続き”を行いたい。主催はFEGとTBS。イベント制作とプロデュースをやれんのか!実行委員会が担当。私はK-1に専念」。
・ 中村大介、上山龍紀、金泰泳、所英男、柴田勝頼、大山峻護、朴光哲、宮田和幸、長谷川、桜井隆太、今成正和、山本“KID”徳郁、宇野薫、船木誠勝、田村潔司、秋山成勲、ミノワマン、桜井マッハ速人、青木真也、川尻達也、石田光洋、桜庭和志が登場。
・ エメリヤーエンコ・ヒョードル、ワジム氏からの連名メッセージ紹介。
「DREAMの開催お喜び申し上げます。私たちも日本で、DREAMSのみなさんと一緒に素晴らしい大会を開催したい」
・ ホイス・グレイシーからのビデオメッセージ上映。
「DREAMの旗揚げをうれしく思う。FEGとかつてのPRIDEスタッフが作り上げるイベントは成功するでしょう。私も闘いが待ち遠しい」
・ 笹原氏よりライト級グランプリ開幕戦の対戦カードとして青木vs.カルバン発表。青木が意気込み。カルバンのビデオメッセージ上映。
・ ミルコ・クロコップあいさつ。『ワイルドボーイズ』が流れ、レニーさんの紹介によりミルコ登場!
「コンニチハ、ゲンキデスカ。日本の皆さんの前で試合ができることになり、うれしく思っており興奮している。3月15日の試合をぜひ見に来てください」

<旗揚げ戦>
■「HEIWA DREAM.1 ライト級GP2008 開幕戦」
2008年3月15日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
[決定]青木真也 vs J.Z.カルバン

<DREAM 2008年スケジュール>
■3月15日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
「HEIWA DREAM.1 ライト級GP2008 開幕戦」
■4月29日(火・祝)埼玉・さいたまスーパーアリーナ 
「OLYMPIA DREAM.2 ミドル級GP2008 開幕戦」
■5月11日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
「HEIWA DREAM.3 ライト級GP2008 2ndROUND」
■6月中旬 韓国or神奈川・横浜アリーナ 
「OLYMPIA DREAM.4 ミドル級GP2008 2ndROUND」
■7月21日(月・祝)大阪・大阪城ホール 
「HEIWA DREAM.5 ライト級GP2008 FINAL」
■9月下旬 埼玉・さいたまスーパーアリーナ 
「OLYMPIA DREAM.6 ミドル級GP2008 FINAL」

<ライト級GP出場予定選手>
川尻達也(日本/T-BLOOD)
石田光洋(日本/T-BLOOD)
アンドレ・ジダ(ブラジル)
宇野薫(日本/和術慧舟會東京本部)
チョン・ブギョン(韓国)
宮田和幸(日本/フリー)
ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/フロントラインアカデミー)
アルトゥール・ウマハノフ(ロシア/SKアブソリュート・ロシア)
ギルバート・メレンデス(アメリカ/ジェイク・シールズ・ファイトチーム)
ルイス・ブスカペ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
朴光哲(日本/KRAZY BEE)
他、計16名

##

080213dream2

 米国UFC、日本「戦極」以外の有力選手が結集した。ライト級、ミドル級が手厚く、両階級のトーナメント戦が年間の大会の軸となっていく。2社のパチンコメーカーが交代でメインスポンサーとなった。

 エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップに相対する日本人が現状でいないのが残念だが、当面は外国人有力選手を当てていくことになるのか。これは、仕掛けを待ちましょう。

 「戦極」も発表あり。正式に競合団体となったということなんだろう。旧PRIDEチーム(「やれんのか!」チーム)が『戦極』の制作を行うという話はなくなった。
・ [戦極] 3.5 代々木:五味の相手はラドウィックに。制作チーム変更(バウトレビュー)
##
なお当初WVRの木下直哉代表が、イベント運営・制作の中心にやれんのか!実行委員会を据えると発表していたが、國保尊弘広報は13日の会見で「やれんのか!の一部の人たちは動き出して作り始めていたが、今は違うチームを考えている」と話し、制作チームが変わることを明かした。
##

 HERO’Sと旧PRIDE。それぞれの“象徴”ともなっていたプロレスラー、前田日明と高田延彦は、2人とも出席なし。動向は不明です。HERO’S側の“前田スーパーバイザー”解任はささやかれていたが、そのつなぎ役である谷川氏自身が総合格闘技から撤退するとは思わなかった!

 TBS放映権など、現状の“資産”を最大活用した方向になったと言えるでしょう。とにかく、陣容はそろった。いくらでもシチュエーションが考えられる。青木vsカルバンに続くカード発表を待ちたい。

080213dream3

T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

田中秀和リングアナ、IGF有明コロシアムのリングへ! アントニオ猪木のコールなるか

pick up ミルコ・クロコップ日本復帰・大連立参戦の噂@GAME AND MMAさん「その時がきたら一緒に喜びましょう」ミルコ応援サイト週刊現代 新体制下でPRIDE特集?FC琉球、榊原さん・・・榊原信行氏が敗訴しても大丈夫な理由@カクトウログ既報限定販売!下柳選手×桜庭選手コラボスカジャンSRSのビックリ企画で、思わず武蔵が泣いた!?インリン・オブ・ジョイトイさん米海兵事件に怒る川田組vs.HG組が追加決定、バボは天龍と一騎打ち=2.21ハッスルNEOが公開記者会見を14日に開催、井上京子復帰戦のカードなど発表健介ファミリー1周年興行 小原道由&後藤達俊が一般女性スタッフに暴行「法的措置も」乱入は台本か犯罪かコメント百出前田日明の新たなる野望(前編) 不良を集めた格闘技大会開催!

 週末に迫ったIGF興行。元新日本プロレスで、かつてアントニオ猪木のコールを限りなくやったあの人がブログに記した。
・ 2008-02-12 ケロ日記・あなたのコールしまっせー、そしてIGF。|時間無制限1本勝負”ケロぐ”
##
実は、自分も、このIGFさんのリングに立つ事となったんです。
この往年の名選手達と一緒に立つのか、違う形なのか、
それは当日のお楽しみ。
って、自分自身も知らなかったりして。
何が起きるんでしょう?
自分の希望とすれば、猪木さんと、もし、一緒にリングに立つのであれば、
やはり、猪木さんのコールは、してみたいなあとは、思っておるんでがすよ。
自分にとっても、当日の、お楽しみかなと。

##

 むむむ、田中秀和リングアナのコールは大会のクライマックスかも。

 コールできる候補はこちらの選手たち。
・ ジョシュ、小川戦へ三沢も仰天のブラック・フロウジョン解禁か=IGF/ジョシュ・バーネットと人喰い義生が公開練習(スポーツナビ)
##
■IGFプロレスリング「GENOME3 ~猪木Memorial65~」
2月16日(土)有明コロシアム18:00

<決定対戦カード>
小川直也 vs ジョシュ・バーネット
人喰い義生 vs モンターニャ・シウバ
タカ・クノウ vs エリック・パーソン

<参戦決定選手>
ブッカーT、小原道由、浜中和宏、ダニー・イグアス、澤田敦士

[立会人]
スタン・ハンセン、初代タイガーマスク、ドリー・ファンク・ジュニア、藤原嘉明(IGFコーチ)、木村健吾、ザ・コブラ、マシン軍団総帥・将軍“KY”若松
“超人”ホーガン、WWE社長・ビンスが猪木にメッセージ

##

 やっぱり猪木をコールするところは見たいですよね。かなうなら、猪木がガウンを紐解くポーズとともに。小学生時代に読んだパンレット『闘魂スペシャル』には、田中リングアナがコールしやすい選手をランキングで挙げていた。1位が長州力(最後の力でリキが入るってコメントしてたな)、2位が猪木だった。

 とにかくIGF、試合の話題は盛り上がりませんが(ごめんなさい)、サイドメニューの厚みが増してきたぞ。

 さて、“あなたのコールしまっせー”とは披露宴コール。
・ 2008-02-11 ケロ日記・披露宴コール|時間無制限1本勝負”ケロぐ”

 実は、ボクもリングアナ風に祝辞で友人の新郎新婦をコール、披露宴盛り上げをやったことがある(笑)。学生時代には大学祭の講演会で、大仁田厚、工藤めぐみ、前田日明、三沢光晴といった面々をコール。工藤めぐみには力の入ったコールぶりに“変な子”みたいな目線で笑われ、三沢にはバックステージで「あいつ、新日本派じゃないか」とコメントされていたという。

 というわけで、選手コールは、聞いても、されても、やっても楽しいのだ。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.12

藤田和之「戦極」参戦決定

携帯から。

3月5日代々木第一「戦極」への藤田和之参戦が決定。
レスリングや柔道と太いパイプを持つ「戦極」が、
当初の目論見どおり藤田をブッキング。
この大会、ジョシュ、吉田、五味、藤田と大物集結。


※23:05追記
 五味隆典参戦、吉田秀彦vsジョシュ・バーネット戦決定で勢いづく「戦極」に、さらなる追い風が吹く。
・ 野獣復活! 藤田和之の3.5戦極旗揚げ戦参戦が決定!(スポーツナビ)
##
■ワールドビクトリーロード「戦極-SENGOKU-」
3月5日(水)国立代々木競技場第1体育館18:30

<追加カード>
藤田和之 vs 未定(後日発表)
※藤田「いくつか選択肢がありましたが、この『戦極』のリングで戦うことを決意しました。決して後ろに下がらない、そんな戦いを皆さんに見てもらえたら」

<中止カード>
菊田早苗 vs 未定(フィル・バローニ戦中止)

<既報カード、参戦選手>
吉田秀彦 vs ジョシュ・バーネット
三崎和雄 vs シアー・バハドゥルザダ
瀧本誠 vs エヴァンゲリスタ・サイボーグ
五味隆典 vs 未定
川村亮 vs 未定

##

 藤田のサイトは23:05時点では更新されていない。
・ /// BEAST-1.COM 藤田和之公式ウェブサイト ///

 フィル・バローニ欠場はちょっとした波紋を呼んでいる。
・ [戦極] 3.5 代々木:バローニ欠場、米国の団体へ参戦|藤田和之参戦(バウトレビュー)
##
・ 菊田早苗と対戦予定だったフィル・バローニが欠場することになった。戦極を主催するWVRは右肩回旋筋腱板断裂による負傷欠場と発表しているが(経緯説明は下記)、バローニはエリート傘下のIcon Sportの3/15ハワイ大会で、Iconミドル級王者決定戦に出場することが決まっており、9日にはこの試合の発表記者会見に出席している。その様子を伝えるバウトレビューUSAの記事はこちら。シャードッグは会見の動画を公開している(いずれも英文)。

・ WVRのプレスリリースでの経緯説明
「1月末にフィル・バローニ選手サイドより、右肩の古傷を痛めたとの連絡がありました。同箇所の怪我は今年に入り2度目だったということで、医師の診断では出場は厳しいとされていましたが、フィル・バローニ選手は出場の可能性を信じ、フィジカルトレーニングは継続して行っておりました。しかしながら2月5日付けで担当医より、正式に診断レポートをFaxで受けました。数日間様子を見て出場の可能性を検討いたしましたが、3月5日はフィル・バローニ選手としての最高のパフォーマンスをファンの皆様にお見せすることができない。また菊田選手に対しても万全の状態で試合を行うことができないのが失礼である。との見解から、フィル・バローニ選手の欠場をお知らせするに至りました。菊田選手とは、今後の事を協議して決めていきたいと思います」

##

 主催者説明は実にあいまい。ドクターストップというわけではない。「フィル・バローニ選手としての最高のパフォーマンスをファンの皆様にお見せすることができない」という負傷。これはアヤシイとも言えるし、リアルとも言える。3.15の参戦予定別大会の方は、怪我をして対戦しても失礼のない相手なのか?

 そして、メインに登場のジョシュ・バーネットも公開練習。
・ ジョシュ、小川戦へ三沢も仰天のブラック・フロウジョン解禁か=IGF/ジョシュ・バーネットと人喰い義生が公開練習(スポーツナビ)

 あっ、こっちはIGFでした。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

あす発売の週プロ表紙速報

あす発売の週プロ表紙速報

携帯からあす水曜日発売の「週刊プロレス」誌表紙をお届け。
表紙は佐々木健介「健介オフィスの闘いを見よ!」
昨日月曜の昼興行レポートが巻頭カラーに。早い。

インタビュー、多し。
新日本・蝶野
ドラディション・藤波
ノア・力皇、杉浦

今週末17日に迫った新日本プロレス両国国技館大会、
その直前特集「両国必勝!!」も。
週プロが「札止めをもう一度!!」とエール。

いきなり終結!?総合格闘技新イベントの縁起でもない間違い記事に突っ込む

 当初、会見の開始時間が17:00(FEG告知)と18:00(やれんのか!)で食い違い、どっちやねん!と突っ込まれていたサイトですが(さすがに後で17:00で統一された)、他にもザッと見たカンジ以下がおかしい。

↓「集結」が「終結」になっている
・ 噂の「総合格闘技新イベント」がついに始動!!(HERO'S公式)
080211heros

↓「超豪華」が「調合か」になっている
・  総合格闘技新イベント公開記者会見のお知らせ(やれんのか!公式)
080211yarennoka

 いきなり終結かよ! 選手の調合かよ! となんか不快。

 決め手となるようなワーディングで間違い続出。こんなことは珍しい。このあたり、急な告知決定であったということなんだろうか。

 まぁ、人のことは当サイトも言えませんが(苦笑)、団体の方は会社としてプロでやっているんであるから、文字間違いなどにはご注意を。格闘技関係者のレベルを疑われちゃうよ。

 ちなみにボクはいくつものプロレス・格闘技サイトに文字間違い指摘することがよくあるんですが、御礼メールが来る会社、黙って修正のみの会社、真っ二つに分かれます。どこがどっちとは言いませんが、そういうのも常識で考えて行動してほしいと切に思います。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.11

「夢の続き」総合格闘技新イベント公開記者会見~大連立派の全貌が明らかになる!

080211kaiken2 PRIDE消滅後の日本総合格闘技の後継イベント争い、3・5「戦極」が先行している感があるが、いわゆる大連立派(FEG&旧DSE)も記者会見へ。
・ 噂の「総合格闘技新イベント」が公開記者会見!!(FEG公式)
・ 総合格闘技新イベント公開記者会見のお知らせ(やれんのか!公式)
##
来る2月13日(水)に「総合格闘技新イベント」の公開記者会見を開催します。この記者会見にてファンの方々、マスコミ・関係者の皆様方に向けて「総合格闘技新イベント」の開催発表を行います。
本会見におきまして、新イベントのタイトルや、概要、ならびに大会年間スケジュール等を発表させていただくと同時に、日本人出場予定選手や、海外からも大物参戦予定選手、が緊急来日するなど、新イベントの船出に相応しい調合か(※原文ママ。「超豪華」の変換ミスだと思われる)メンバーが集結いたします。

記者会見は報道関係の方だけでなく、一般のファンのみなさんも参加可能な「公開記者会見」とさせて頂きます。参加費は無料です。
参加希望の方は13日(水)16:00に、ホテル メトロポリタン 2F 悠久にお集まりください。

【「総合格闘技新イベント」公開記者会見概要】
受付時間:2月13日(水) 16:00受付
 ※記者会見は、17:00開始予定です(※当初「18:00」告知だったが訂正された)
受付場所:ホテル メトロポリタン 2F 悠久(東京都千代田区飯田橋3-10-8 TEL03-3237-1111)
参加費:無料

ファンの皆様へのご案内:
★ファンの方々の受付は16:00より開始いたします(16:00以前の受付は応じかねますのでご了承ください。)
★ホテル メトロポリタン 2F 悠久横の「ファン受付口」にお越し下さい。
★どなたでもご来場いただけます。
★撮影ならびに、選手・関係者へのサイン等はお断りさせていただきますので、ご了承下さい。

「夢の続き」となる本イベントに、ご期待いただけますよう重ねてお願い申し上げます。

##

 新イベントの名称の最有力候補は「DREAMS(ドリームズ)」との噂もあった。
・ 2008.01.29 カクトウログ: 前田日明、自暴自棄報道/FEGと旧PRIDE派の大連立は3月に一本化へ

 3・15さいたまスーパーアリーナをFEGが押さえていることは公言されている。この3月大会の発表なのか? そして、参加選手は? 日本格闘技界はますます慌しくなってきた。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2・11健介オフィス1周年興行「Take The Dream Vol.3~夢という名のもとに~」速報観戦記まとめ

2・11健介オフィス1周年興行「Take The Dream Vol.3~夢という名のもとに~」後楽園ホール大会を会場で観戦しました。速報記事を試合順につなぎましたので、改めてどうぞ・・・
080211kensuketop
・ 健介オフィス「Take The Dream Vol.3~夢という名のもとに~」(スポーツナビ速報)

続きを読む "2・11健介オフィス1周年興行「Take The Dream Vol.3~夢という名のもとに~」速報観戦記まとめ" »

速報します、健介オフィス1周年記念興行/鈴木みのる新日本プロレス参戦続報

pick up 桜庭和志、阪神タイガース沖縄キャンプ参加中ショット公開吉田秀彦がオヤジの星になる! 餅つきでジョシュ打倒だ=3.5戦極初代タイガーvs.天龍、タッグマッチで初対決=3.13リアルジャパン最終興行でYASSHIと激突する「すごい男」とは!?=2.16カスイチ巨人キャンプを武藤敬司が訪問東国原知事との2ショット須山浩継氏が主催「ハードコアレディース~退かない女たち~」5月開催へ記者会見雪のリングは「押さえ込み」で決まりいよいよWWE日本公演、DX伝説が再び甦るゴング復刊秒読み!オーナー前田氏は週刊誌化に固執「週刊ゴング」復刊の話6@ターザンカフェ
◆メインに怒涛の顔ぶれ 幻の最強ユニットがついに実現へ!     ◆次代の健介オフィスを担う 中嶋勝彦と山口竜志が初対決・・・
 こちらの大会を観戦します。携帯からの速報を当サイトに入れます。
・ 健介オフィス「Take The Dream Vol.3~夢という名のもとに~」(スポーツナビ速報)

速報は当サイトトップページで!

##
■健介オフィス1周年記念興行
Take The Dream vol.3~夢という名のもとに~
2月11日(月)後楽園ホール12:00

▼宮原健斗デビュー戦~新たなる夢~30分1本勝負
[1]宮原健斗 vs 真田聖也(全日本プロレス)
▼起田高志デビュー戦~新たなる夢~30分1本勝負
[2]起田高志 vs 南野武(闘龍門メキシコ)
▼鯰男・夢の聖地へ 6人タッグマッチ30分1本勝負
[3]なまずマン&なまずマン&なまずマン vs 菊タロー(フ)&マグニチュード岸和田(フ)&房総ボーイ雷斗(K-DOJO)
▼中嶋勝彦 復帰戦~未来の夢・初対決~60分1本勝負
[4=セミ]中嶋勝彦 vs 山口竜志
▼メインイベント~夢という名のもとに~ 時間無制限一本勝負
[5=メイン]佐々木健介&天龍源一郎&高山善廣&鈴木みのる vs 川田利明&齋藤彰俊&大谷晋二郎&吉江豊

##

 背景情報はこちらにまとまっている。けっこう早くからカードを発表していたことは素晴らしいこと。意味のあるカードを厳選して行うことは、健介オフィスで貫かれたこだわり。
・ 健介と高山が夢の“外敵四天王”タッグ結成へ向け緊急対談(08.01.28)(スポーツナビ)
・ 団体の垣根を越えた超豪華SPマッチ実現!(07.12.22)(スポーツナビ)

080210minoru さて、メインに登場する選手の一人、井上譲二氏が1/下旬発売号で伝えていた「鈴木みのるの新日本プロレス参戦」ですが、後追いで先週『レジャーニューズ』が伝えていました。見出しは「スクープ!!みのる新日本復帰」。
##
・ 1・26大阪の試合(鈴木&アントニオ小猪木vs武藤敬司&神無月)を最後に全日マットから離脱。
・ “事件性”は全くない。あくまでも全日本側の事情。
・ 全日本系プロモーター「まず、鈴木絡みのカードが出尽くしてマンネリ化してきたこと。もうひとつは、西村修&征矢学の入団で人件費がかさんできたことです」。
・ その辺の事情は鈴木も理解しているようで、親しい全日本関係者に「オレは武藤社長に感謝している」と言ったという。しかし、捨てる神あれば拾う神あり。鈴木のキャラクターを買って、新日マット参戦が急浮上してきた。
・ 新日本は前向きに検討。早ければ、2・17両国国技館で“鈴木乱入”のビッグサプライズを演出するのではないかと見られている。

##

 “感謝している”というのはいいですね。みのるの魅力を存分に全日本は引き出したとも言えるでしょう。ただ、三冠王座をみのるから奪取したのは健介であって、武藤や小島聡ら全日本勢が息の根を止めたわけではない。そういうところまで持っていかせなかったのはみのるの意地か。「この時代、もうそういうのをやっても意味がない」という武藤の決断か。

 風邪で熱っぽいので、ここまでで。大会ホントに行けるかな?
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.10

柴田勝頼がプロレスに戻りたいと思うようなリングに/後藤洋央紀インタビュー Gリングvol.4

pick up DSEへのプライドFCWW訴状解説@カクトウログ追記ヒョードルがUFC代表ダナ・ホワイトにオープンレター@悲しきアイアンマンさんヒョードル最新動画@GAME AND MMAさん鈴木みのるは高岩竜一に腕ひしぎ逆十字固めで勝利後藤達俊がテロ予告2.11ZERO1-MAX宇和野貴史 気持ちに限界を感じ引退@多重ロマンチックさんサプライズはあるか!? WWE日本公演まであと2日

 月刊化した『Gリング』のvol.4が2月6日(水)に発売された。以前にこんな記事を書きました。後藤洋央紀がインタビューで鈴木みのるの名前を出したということ。
・ 2008.02.02 カクトウログ: 鈴木みのるが新日本プロレスに帰って来る!?

 実際に読んだんですが、その部分は現状では「いいね、言っておこうよ!」とインタビューアーの金沢克彦氏に促されて言ったという以上のものはありませんでした。だけれども、当サイトで応援している柴田勝頼(元新日本プロレス、現HERO'S)に関して後藤と金沢氏が触れていたのが面白かった。後藤と柴田は盟友で、高校時代に一緒にプロレスの大会を観戦したりもしていたのだ。

 一部を抜粋。
##
((柴田が新日本プロレスを離脱したのは)契約更改のとき、「永田世代には踏み台になってもらって、今年は棚橋、柴田、中邑の路線で行きますよ」と言われ、それに対して柴田君がかなり反発したという話ですけどね。「永田さんたちが踏ん張ってきて、今の新日本がある。その言葉は許せない」と。)
後藤 自分はデビューして1年ちょっとでしたね。そういうところまでは全然で。
(11月のIWGP挑戦のとき、柴田君が観に来てたんでしょ?)
後藤 前日に「行っていいかな」って電話がきて、「いいんじゃないの?」って言ったら「長州さんに会いたくねえなあ」とか言ってたんですけどね(笑)。結局、来なかったみたいですよ。
(正直なところ、柴田君にはプロレスに戻ってきてほしいですか?)
後藤 はい、戻ってきてほしいですね。当面は戻ってこないでしょうけど。まあ、それを・・・戻ってきたいと思わせるようなリングにするっていうのがね。
(ああ、それも1つある?)
後藤 はい。後藤とやってみたいって思わせるようなリングにね。
##

 金沢氏による「永田さんたちが踏ん張ってきて、今の新日本がある。その言葉は許せない」という柴田の言葉披露は初めてかもしれない。永田裕志の醸し出すものに、柴田はプロレスの魅力を感じていたんだろう。実に柴田らしいし、柴田にとっては新日本VSUWFインターナショナル対抗戦がプロレス入りのきっかけにもなっていたエピソードもある。永田は、東京ドームでの対抗戦初戦に登場していた。

 後藤の「(柴田に)戻ってきたいと思わせるようなリングにする」っていう言葉には、なんて素直なんだろうかと思わされる。この言葉には、後藤や柴田にとってのあるべきプロレスの面白さの不足が込められている。そんなカタチで、彼らなりに「プロレスラー」を背負っているわけだ。

 『Gリング』巻頭インタビューは武藤敬司だった。どうだろうなぁ、ボクだったら後藤のインタビューを抜擢で頭に持ってきても面白いと思ったけどな。いや、武藤もなかなか最近のプロレス界を興味深い視点で総括をしてた。武藤にしろ後藤にしろ、月刊誌の特別感を楽しんでいるようにも読めた。ただ、武藤は何でも喋れるんだよな。インタビューのためのインタビューという雰囲気がしてしまっていて、もうひとつ読んでいて乗れず。

 さて、柴田はイベントがあります。申込期間:2月8日(金)~3月2日(日)だから、もう申し込めるようだ。
・ 船木・柴田・ミノワマンのプロレス裏話爆笑トークショー&花見(スポーツナビ
##
■船木誠勝・柴田勝頼・ミノワマンのお花見トークショー
<日時>
4月4日(金)18:30受付開始 19:00~21:00
<場所>
東京都内レストラン(場所の詳細は参加者のみお伝えいたします。)
<料金>
一般料金:15,000円(飲食付)
※未就学児は無料だが、座席が必要な場合は有料となる。
<出演>
船木誠勝、柴田勝頼、ミノワマン
<司会>
ボンバー森尾
<予定内容>
・プロレス裏話?!爆笑トークショー
・4ショットポラロイド撮影(選手3人に囲まれての撮影)
・着席スタイル(席は指定席となる)
・ドリンク飲み放題(アルコール・ソフトドリンク)
・ディナー付
・レアグッズが当たる抽選会
・選手へのQ&Aコーナー
・ゲーム大会
   
##

 飲食つきではあるが、ちょっと高いですねぇ・・・。うーむ。

 いつかまた、プロレスのリングで柴田と後藤が再会するのは見てみたい。もちろん、柴田はまだまだ総合格闘技のリングでやらなければいけないことがあるけれど。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.09

UFCミルコに戦力外通告

UFCミルコに戦力外通告

携帯から。

ネットの東スポ見出しに「UFCミルコに戦力外通告」とある。
心配している人も多いかもしれません。読みました。
ダナ・ホワイト社長を東スポが直撃したもの。

「今後に関して(UFCで連敗のミルコが)悩んでいるみたい。もし契約の破棄を申し込まれたら、彼をリリース(自由契約に)してあげるよ」
「ミルコはもう成り金になってしまった。プロレスでも何でもすればいい」
「ここから這い上がるなら、そのための協力は惜しまない」

この件については最近、ホワイト社長の「返事待ち」、
ミルコ・クロコップ側の「次戦に向けてトレーニング開始」とで
食い違っていることが伝えられている。
東スポ記事からは進展していないということしかわからないが、
ホワイト社長が“ギャラの割りにいい働きをしない”と
みなしていることだけは確かだ。

<東スポ見出しメールより>
■競馬
B版 東京・京都・小倉競馬確定

■1面
「ひと目見て〝殺された〟と思った…」
力士傷害致死事件 時太山伯父が怒りの独占激白

■終面
一体ナゼ?舞台ウラを独占追跡
川村ひかる ヌードDVD発売中止へ

■プロレス・格闘技
UFC ミルコに戦力外通告
猪木〝小川VSバーネット〟メーンレフェリーを辞退
黄金のレジェンドトリオ誕生へ
日本マット事件簿

<追記あり>DSE元役員の協力不足 その中身が明らかに!/プライドFCWW訴状内容

 詳しく噛み砕くことはまた別途やりたいんですが、まず速報として紹介しておきます。

 事実上の総合格闘技「PRIDE消滅」とされた、2007年10月。PRIDE FC ワールドワイド(UFCと同一オーナー)が東京事務所閉鎖と社員解雇を行ったあの日。
・ [PRIDE] 東京事務所閉鎖の原因を「DSE元役員の協力不足」と説明(バウトレビュー2007.10.10)

 非協力なDSE(買収前のPRIDE運営母体)の姿勢が理由としてUFCサイドに提示された格好となり、ファンは困惑した。その中身がついに明らかに。

 PRIDE FC ワールドワイドによるDSE等への訴状内容、こちらで訳してくださっています。先週に訴訟を起こしたとある。
               ↓ ↓ ↓

・ OMASUKI FIGHT PFCWWによる訴状内容

 合意書にあった「バックグラウンドのチェック」実施を拒み続け、妨害までしたDSEサイドと榊原信行氏。非協力であるばかりか、この行為自体が、闇社会とのつながりを認めているようにも感じてしまう。

 あの突然の解雇劇に同情したファンの気持ちはどこへもって行けばいいんだろう・・・。


※22:30追記

 少しだけ検証しておきます。
・ 2008.02.09 OMASUKI FIGHT PFCWWによる訴状内容
・ Background Checks at Center of Multi-Million Dollar Pride Lawsuit(Sherdog)

 以下、PRIDE FC ワールドワイドをUFCサイドと記します。

◆ 非協力の中身について
 あらかじめ「非協力とは訴訟予告なんだ」っていうのは有料書籍ミルホンで理解していましたが、なにが非協力だったかはよくわかってなかった。「大会開催に非協力?」「テレビ中継決定に対して非協力?」「選手契約の整理に対して非協力?」。だから、ズバリ身元調査に非協力(どころか妨害)という記述はショッキングでした。
 ・・・でも、冷静に考えると、そう考えさせることがUFCサイドの狙い・演出かも(その点では、最初にニュースを知った段階ではボクもハマった、いや、ハメられたかもしれない)。PRIDE買収時点ではずっと以前に『週刊現代』記事も出ているので、新たに何かが出てくるかっていうと、何もない可能性が高いです。また、「2007年4月から今日に至るまでの、ファンクラブ・メンバーシップの取引、預金や支払い・集金の記録、あらゆる書類、顧客情報、取引報告、銀行残高証明その他の情報」を提供しなかった、ともある。これが出てくるにこしたことはないですが、そんなに大切なんだろうか。金額的に大きなものとも思えず、全体的に言いがかりの雰囲気も?

◆ コンサルティング料金150万ドル以上
 8月に違反通知、9月までコンサルティング料支払い、10月に事務所閉鎖。
 さすがにアメリカ人? 全額を一気に支払ったのではなく、様々な事態を想定して、一部をコンサルティング料として分割していることが明かされた(ということだと思う)。支払いをストップしたことを世間にアピールして、「そのかわり新生PRIDE大会を我々はやらないよ」ということか。

◆ テーマ曲のマスターディスク?
 「旧オーナーはまた、「PRIDE」「VICTORY」テーマ曲のマスターディスクの権利を放棄せず、選手のテーマ曲の権利をPFCWWに移管しなかった」とある。ただ、曲は「やれんのか!」でもさすがに使われなかったので、榊原氏らにしても権利自体はUFCサイドに移っているとの認識なんじゃないかな。だとするなら、これも言いがかりか、単に権利譲渡書類のサイン漏れなども考えられる。ディスクは渡ったが、マスターディスクだけ渡らず?

◆ 旧オーナーは7年間の競業避止に違反
 榊原氏が7年間、格闘技イベントに関われないことが最初に活字で出たのは、ミルホン昨年6月刊PRIDE記事だと思う。ということは、これは「やれんのか!」ほか日本格闘技界に影で関わったことを指摘しているんであろう。

◆ UFCがPRIDE維持の義務を放棄か
 「これらの違反、偽りの陳述、その他の悪質な行為により、PFCWWは裁判所に、コンサルティング・アグリーメントで定めた今後の支払いを免除し、既に支払われた数百万ドルの返還を求め、資産買収合意書に定められた、Prideを維持する義務を含む、今後の義務を免除を求める」とある。買収が日本での地上波放映のきっかけにもならず、大物選手の選手契約も保持されていないPRIDEを早く手放したいといったところか。

               * * *

 というわけで、ここまで読んで「なんだかなぁ」とため息をついていただきたい(笑)。

 旧DSEの被害者ポーズにもうんざりながら、UFCサイドの訴訟のための詭弁と思われる箇所にも疑問を感じる。総合ブームでニーズありのアメリカ市場に“売り逃げ”したかった榊原氏。情勢を読み間違ったものの、選手契約の取得がメインの目的でPRIDEブランド維持に興味がなかったUFCサイド。両方が、そう見られても仕方がない。後は、損のなすりあいか。

 日本市場としては、「自分勝手に振る舞った結果PRIDEを捨てたアメリカ、憎し!」くらいのムードが広がって、国内新興団体の盛り上げにつなぐのがマーケティング戦略でしょうか。こういったブログを読んでいるのは、格闘技ファンでもごく一部でしょうし、業界としてもボリューム層がそうやって盛り上がるのは止める必要もない。

 ただ、「自分はダマされないぞ」と思うんであれば、いろんな意見を参考にするのも必要なのかと。今回の訴状内容では、むしろ最近、不透明な資金洗浄スキャンダルが明るみに出ているUFCの言い分も、いい加減に思えてくるのである。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。


※参考 関連情報
・ 2008.02.07 カクトウログ: UFC側が訴訟起こす。榊原信行氏が敗訴しても大丈夫な理由とは・・・
・ 2008.02.08 カクトウログ: プライド訴訟問題に榊原信行氏側の意向が登場へ 情報戦は繰り返すのか

川田利明が暴走、桜庭和志がダッシュ/週末地上波テレビ情報まとめ【Gコードつき】

pick up フリー四天王!健介オフィス2・11(月・祝)全カード関節技を取られる本当の理由とは?まだ間に合う高阪セミナーは10日開催ボノのお友達にマーク・ハント浮上川田&大谷vsHG&RG決定2月と3月にハッスル特番放映決定ノア最大級のタッグリーグ戦開催決定!丸藤&杉浦が小橋らトップ選手を挑発猪木氏が示唆、小川vs.ジョシュ戦レフェリーはハンセン氏か=2.16IGF永久電池搭載ロボットレスラーが来日=ZERO1-MAX松永光弘がZERO1-MAXに入団リキプロの宇和野貴史選手が引退を表明西村修がドリー・ファンク・ジュニアと全戦において師弟タッグキラー・カーン Gスピリッツに暴露話?@OMASUKI FIGHTさんノア取材拒否は単なるデマ@小佐野景浩峰不二子より上 紀香がヨコ乳ナンバー1美女に

 今週末は3連休です。Yahoo!テレビや公式サイトほかから週末情報まとめ。

■2月8日(金)深夜SRS

 毎年恒例、数々の名格闘家を生んでいる企画とのこと
・ SRS-スペシャルリングサイド - フジテレビ
##
SRS-スペシャルリングサイド「2008格闘技注目の男!!」
■2月8日(金) 26:20~26:50
■フジテレビ Gコード(9798354)
ドラゴン道場・前田慶次郎、極真会館・村田達也、女子格闘家・岡田円に注目

##


■2月9日(土)アド街ック川田

 関西テレビです
・ 小橋建太選手テレビ出演情報(ノア公式)
##
下記の通り小橋建太選手がテレビ出演いたします
■放送局:関西テレビ
■番組名:「トミーズのはらぺこ亭」(毎週土曜日18:30~19:00放送)
■番組ホームページ
■放送日:2月9日(土)
番組ホームページより>
ゲストは腎臓ガンを克服し、昨年12月に復帰を果たした、プロレスラーの小橋健太。
小学5年生の時にテレビ中継で見たジャンボ鶴田VSミルマスカラスの試合に衝撃を受け、プロレスラーに憧れたという。しかし、中学・高校では柔道に打ち込み、高校卒業後も就職を選んだ。
そんな彼に転機が訪れたのは、就職してから2年後。KO記録を更新中のマイク・タイソンの新聞記事を見て、かつての夢がよみがえってきたのだ。そして、抱えていた借金を半年で返済した彼は、会社を辞めて、念願の全日本プロレスの門をたたくのだが…。
また、小橋が今も親しくしている、高校時代の柔道部の恩師が夫婦そろって、スタジオに駆けつける。
料理の注文では、健康志向の小橋が「豆料理」をリクエストする。そこで、小橋の大ファンだという、はらぺこ亭御用達の「懐石本多」の主人・本多さんが、特別に豆料理4品を創作。
さらに、「はらぺこ三ツ星クッキング」では、なるみがアジアンスィーツ“お手軽トウファ”を調理する。
<下記の放送局でも放送がございます>
・石川テレビ 2/18(月)10:00~10:30
・三重テレビ 3/6(木)22:20~22:50
・沖縄テレビ 3/4(火)16:25~16:50
・福島テレビ 3/21(金)15:00~15:30
・山陰中央テレビ 2/23(土)10:30~11:00

##

 1/27 後楽園ホール大会より。生観戦した大会ですが、ゼロワンとの対抗戦は特によかった
##
ワールドプロレスリング
IWGPベルト統一選前に中邑に試練…中邑&後藤vs永田&棚橋▽金本vsゼロワン田中
■2月9日(土) 26:15~26:45
■テレビ朝日 Gコード(4956126)

##


 新日本プロレス放映終了5分後からスタート
・ ついにメインで初登場、川田利明!!2・9オンエアの『どハッスル!!』であの人気企画再び!(ハッスル公式)
##
どハッスル!! 「祝!川田初企画で大暴走!!」
■2月9日(土) 26:50~27:20
■テレビ東京 Gコード(9783720)
今週の『どハッスル!!』は、あの天龍源一郎が放った人気企画が再登場! その名も『アド街ック天龍』ならぬ、『アド街ック川田』だ!! もはやタイトルがパロディーの意味をなしていないが、そんなことはおかまいなし! 川田にとって馴染みの深い街・溝の口を、レギュラーMCのケンコバ(ケンドーコバヤシ)&おりりん(折原みか)が、川田本人をまじえて縦横無尽にかっ歩する!

##


■2月10日(日)鉄腕!DASH!!に桜庭和志

 ザ!鉄腕!DASH!!に桜庭和志出演
##
ザ!鉄腕!DASH!!
▽町の大将と腕比べ!桜庭和志がゲタ飛ばし黒木知宏が雪合戦に▽落花生を収穫&料理!(予定)
■2月10日(日) 18:55~19:58
■日本テレビ Gコード(5366229)

##

 1月20日(日)後楽園のつづき? 2/15後楽園ホール予告?
##
プロレス 「後楽園大会詳報!!」
■2月10日(日) 25:45~26:15
■日本テレビ Gコード(8677237)

##

 では、みなさんよい週末を!
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.08

プライド訴訟問題に榊原信行氏側の意向が登場へ 情報戦は繰り返すのか

pick up 渕と小島は別グループで飲んでた@カクトウログ記事末追記小橋建太復活祭 夢のオールスター戦への会話再現@何となくな雑記・改さん新日本・矢野通、大マジ レスリングでロンドン五輪狙う@多重ロマンチックさんブロック・レスナーは高田延彦のような“A級戦犯”とはならないのか?@ブラックアイさん

 先日お届けしたこちらの話題。プライドFCワールドワイド(PRIDEを買収したUFCサイド)がDSEおよび榊原信行氏に対し訴訟を起こした・・・
・ カクトウログ: UFC側が訴訟起こす。榊原信行氏が敗訴しても大丈夫な理由とは・・・
記事のつづき。

 海外記事でさらなる動きがあった。
・ GAME AND MMA プライド訴訟問題続報
##
 MMAWEEKLYによると請求の趣旨はフェティータ兄弟がカジノのライセンスを維持するのに必要な、バックグラウンドチェック(身元調査)にドリームステージが協力しなかった為と訴状に書かれているそうです。
 またSHERDOGがDSEに近い筋から聞いたという話によると、榊原元社長も昨年10月プライドを中止した件が契約違反に当たるとして、フェティータ兄弟を逆提訴する準備があるそうです。

##

 本人なのか、周囲なのか、とにかく榊原信行氏“側”の意向が流れたという点で、なんらかのカウンターの情報を誰かが意図したんだとわかる。これによって、逆に、訴訟は何かの間違いかと思っていたファンまでも、ああ訴訟は本当だったんだと実感させる作用を持つ。

 さて、PRIDEにおける榊原氏の「功」「罪」は両面揺るがないものがあるが、それでも榊原氏支持が大勢かとも思っていた。ところが、上記GAME AND MMAさんのコメント欄を読んでたら、そうでもなさそう。

 このようなコメントもあった。
##
バラ社長は訴えないと思いますよ
川又および現代を訴えなかったり、本の出版をドタキャンしたように

##

 歴史は繰り返すってことを考えたら、そうなる。かつては、しかるべき場に打って出る榊原氏の決断を期待するファンも多かったんだが・・・。

 “逆提訴する準備がある”というのは情報戦上のポーズであって、“榊原信行氏が敗訴しても大丈夫な理由”からも推測すると、判決に関係なく榊原氏は逃げ切れると踏んでいるのではないか。裁判をやるとしたら米国ですよね? わざわざそこに弁護士を派遣したりさえもしないんじゃないか。

 これまでも訴訟上で何かが明らかになることがなかったように、これからも何も明らかにならない公算も高い。

 それにしても・・・不謹慎だが、なんだかなつかしい。2007年に「PRIDEが復活する・しない」の情報戦が繰り広げられ続けたことが思い出される。今でこそサラリと触れてしまうが、当時はイライラしたものだ。身売り額の吊り上げ、交渉を優位に進めるためのデマ、いろんなことがあった。

 結果としてファンは、専門誌や海外のネットメディアを巻き込んだ大本営発表を疑うことを学習した。榊原氏批判が多いのは、そのせいもあるんだろう。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

カール・ゴッチの生涯 Number掲載

pick up 船木誠勝・柴田勝頼・ミノワマンのお花見トークショー開催新日本プロレス旗揚げの地 大田区体育館が閉館@だらだらプロレス観戦記さん2・9(土)深夜『アド街ック天龍』ならぬ『アド街ック川田』放映“ボノちゃん潰し”シンvsモンスター・ボノ地獄の2連戦にジャイアント白田、ケンドーコバヤシも登場「キン肉マン映画祭」開催今度はムタじゃない!3・1両国で武藤&棚橋vs川田&ケア決定100人限定!3・1両国決戦後にドリー・ファンク・ジュニア引退記念パーティー武藤敬司が東国原英夫知事野球チーム入り3・2リキプロ・チャンコパーティーのお知らせスタン・ハンセンが試合を裁く!? レフェリーに名乗り=2.16IGF週刊ゴング復刊の話5ターザンカフェRJ3月大会でサミー・リーJr.登場 初代タイガーvs.天龍戦実現へ風香デビュー4周年興行は母も参戦!?=風香祭3東原亜希、新ブログ女王納見佳容「緊縛シーンの撮影が心配」もうすぐ結婚披露宴

 「プロレスの神様」カール・ゴッチさんが2007年7月28日に米国で亡くなって半年がたつ。

 記事情報、表紙紹介をかねてアマゾンも貼っておきます。
・ Number_080221
##
697号 / 2月7日発売 / 定価530円(本体505円)

◆ナンバー・ノンフィクション◆
文◎柳澤健
カール・ゴッチの生涯(後編)

##

・ Number_080207
##
696号 / 1月24日発売 / 定価530円(本体505円)

◆ナンバー・ノンフィクション◆
文◎柳澤健
カール・ゴッチの生涯(前編)

##

 上記ゴッチ記事について読者からオススメ情報としていただきました。ありがとうございます!

 現在、書店等に並んでいるのが『カール・ゴッチの生涯(後編)』掲載号(No.697)。ゴッチさんに近い方(ジョー・マレンコさんや最後の生徒さんなど)の証言が書かれていて興味深いという。また、最近の「ナンバー」ではプロレスの記事をあまり扱わない中、割とページを割かれているとのこと。

 ゴッチさん、もういないなんてピンとこないです。ときどきプロレス界にかみついてくる、そんなプロレス界の先輩でいつづけてほしかったなぁ。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.07

渕正信が小島聡と飲んでた 田中秀和リングアナが明かす/追記:渕と小島は別グループ

 元新日本プロレス、現在はDRADITION(ドラディション/無我ワールド)が“主戦場”のリングアナ・田中秀和氏(フリー)。飲んでいたら、全日本プロレスの小島聡(元新日本)&渕正信と遭遇した。
・ ケロ日記・偶然 小島に…|時間無制限1本勝負”ケロぐ”2008-02-07 00:20:37
##
昨夜ね、お客さんというか、知り合いの方と、飲みにでたんす。
飲みに出たのも久しぶりっすね。
二軒目、お邪魔したのは、ライオネス飛鳥さんのお店。
自分、初めてっす。
お店に入ると、
あれ、どこかで見た事ある顔が…。
な・な・なんと、小島じゃないの。
髪型が変わっていたので、すぐにわかりまへんでしたよ。
あれー?
なんて話してたら、トイレから出てきたのが、
渕さん。
おお、どうしたのー?
って、飲みに来たに決まってんじゃん。
合流。
大飲み会に。
いやあ、本当に三冠挑戦で気になってたし、その事、ブログで書こうと思ってた矢先よ。
面白いねえ。
小島と飲むの久しぶりよ。
渕さんとは、初めてかな?
もう一軒行き、渕さん、歌いまくり。
楽しい飲みになりましたよ。
渕さん、今度の両国、覗きに行っていいですか?
おお、おいでおいで。
って言って下さったので、三月、全日本さんの両国大会、遊びに行くかもしれませんぞ。
小島とも、いっぱい話できたし、
うん、いい、有意義な夜でしたよ。
また、一緒に飲もっと。

##

 これはスクープ。正規軍・渕正信がブードゥーマーダーズ(ヒール軍)・小島聡を自軍に勧誘か!? あるいは、次回佐々木健介に挑戦する小島に、渕が裏切りの作戦伝授!?

 ・・・とでもフォローしておきます(笑)。

・ 『2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.4』 東京・両国国技館 - 全日本プロレス
##
『2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.4』 東京・両国国技館
3/1(土) 試合開始17:00

◆三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
佐々木健介 vs 小島聡
※第36代王者:2度目の防衛戦

◆世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
中嶋勝彦 vs シルバー・キング
※第24代王者:4度目の防衛戦
※07年10月18日代々木大会の同カードは、無効試合でPWFコミッショナー預かりとなったため、今回が決着戦

◆ドリー・ファンク・ジュニア引退試合
ドリー・ファンク・ジュニア&西村修 vs 天龍源一郎&渕正信

※その他のカードは後日発表。

##

 田中リングアナ、全日本両国を観に来るかもしれません。元新日本勢同士の三冠戦のコール、やってくれないのかな。


※2/8追記
 田中リングアナ、エピソードを補足しています。
・ 2008-02-07 13:59:07 ケロ日記・偶然 小島に…2|時間無制限1本勝負”ケロぐ”

 これによると、もともと渕と小島は別グループで店に来ていた。田中リングアナと一緒だった支援者が全日本も応援している方ということで、ひとつの呑み会に誘う。ただ、小島と渕は離れて座り、2人の会話はなし。「プロとして、お付き合いの中でも、守るべき事は、しっかり守ってましたよ、はい」とのことでした。

 なるほど。これは納得!

 ボクの記事で、さも一緒に呑んでたようなニュアンスで伝えてしまったのは誤りでした。ここにお詫びします、すみませんでした。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

UFC側が訴訟起こす。榊原信行氏が敗訴しても大丈夫な理由とは・・・

pick up サモアンフックで揺れる勢力図!ハントのハッスル本格参戦が決定2・21後楽園でシンvsボノ正式決定怒りの高田総統がボノに謝罪要求、拒否すれば狂虎シンがお仕置き=2.21ハッスルスタン・ハンセン、初代タイガーマスク、ドリー・ファンク・ジュニア、藤原嘉明、木村健吾、ザ・コブラ、将軍“KY”若松・・・往年のスーパースターが猪木のために大集結=2.16IGF三冠挑戦者の小島、健介&北斗を激しく罵倒!「タレントに転向しろ」=3.1全日本プロレスヤヒーラ提訴も裁定変わらず山本“KID”徳郁のKO勝ち=Dynamite!!

 複数の海外サイトが同時に報じているということで、この件も文章として公にリリースされたということなんでしょう。
・ GAME AND MMA プライドvsUFCが遂に法廷へ?
##
 プライドFCワールドワイドホールディングス(実質的にはプライド買収後UFCによって設立されたダミー会社)は、プライドおよびプライド武士道ブランドの買収にあたり何百万ドルもの金を詐取されたとして、ドリームステージエンターテイメント・ドリームステージホールディングス・および榊原信行氏に対し訴訟を起こしました。
##

 訴訟を起こしたのが最近のようにも読めるが、もう少し前の話。PRIDE日本事務所が消滅した後の年末近くだったんではないでしょうか。年頭のミルホン記事ではこう触れられていた。
・ やれんのか!大連立★大晦日TV視聴率戦争の勝者 [tanakatada018.krm] - 420円 : 武道・プロレス・格闘技 ファイト!ミルホンネット 2008年1月14日発売分
##
 榊原信行が久々に公の場所に姿をあらわしたのは、12月19日沖縄の那覇市である。PPV放送契約においてズブズブの関係だったとされる元スカイパーフェクトTV常務の渡辺純一と組んで、サッカーチーム「FC琉球」を買収、広告塔を兼ねて元日本代表フィリップ・トルシエを総監督に就任させた。
 ズッファ社は二束三文の価値しかないPRIDEを騙して高額で売りつけたと背信罪で榊原を訴えたが、六本木ヒルズの邸宅を売却した榊原は住民票ごと沖縄に移して資産隠しに出た。これで万が一訴訟に敗訴しても、すでにDSEを売り抜けたお釣りは一銭も残っていないという寸法である。

##

 参考。
・ FC琉球にトルシエ総監督-総合格闘プロデュース・榊原信行さんも協力 - 那覇経済新聞2007-12-20
##
 来年1月に榊原さんとPMエージェンシー・比嘉社長、元スカイパーフェクトTV常務・渡辺純一さんなどを中心に、沖縄を拠点としたスポーツエンターテーメント会社を設立し、トルシエさんはこの会社とマネジメント契約を結ぶ。この新会社とFC琉球は業務委託契約を結び、トルシエさんはFC琉球に出向することになる。
##

 このあたりの背景につき、ミルホン速報は米国関係者筋から直接情報をとってくる有料メディアらしいもの。沖縄の話と絡めて伝えたのはミルホン独自のスクープ。つまり榊原氏は“敗訴しても大丈夫”でUFCよりも一枚上ってことなのか。いやはや、ボクらレベルには「資産隠し」というおどろおどろしい文字を目にしたとき、にわかに信じられなかったのであるが、こうして訴訟が表の記事にも出てくると、改めて受け止めなきゃいけないことなんだなと思わずにはいられない。

 ただ、あの一般公開記者会見の結末がこうなったのかと思うと、複雑でもある・・・。
・ 2007.03.27 カクトウログ: 重大発表公開記者会見/3・27PRIDE六本木ヒルズアリーナ速報まとめ

 昨日の敵は今日の友。どこまでがファン向けで、どこからが本音なのか。

 格闘技を脱して新たなビジネスを始めたようにみえた榊原氏だが、必然があっての行動ともなった。PRIDEを切り盛りしていた榊原氏の“技量”はダテじゃない。そういうのをひっくるめて、PRIDEとは榊原信行氏のことだったのかもしれない。

 さて、訴訟結果はどうなるか。

 榊原氏に代わる前の社長・森下直人氏は、2003年の会見で「非常に残念。他人事ではなく、我々も身を引き締めたい」「いくら正しいことをやっていても、法を犯すことをやれば、ファンを裏切ることとなる」などとの発言を残した後に“自殺”した。あれからもう5年がたつ。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.06

ヒクソン・グレイシーが5月5日に来日。国際柔術大会2008開催へ

 ヒクソン・グレイシーが5月に柔術大会を開く。東スポ携帯サイトより。
##
全日本柔術連盟(JJFJ)は5日、JJFJとヒクソン・グレイシー国際術術連盟の共催による「ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会2008」を5月5日、静岡・浜松アリーナで開催すると発表した。当日はヒクソン本人、息子・クロンも来場する。
##

 これ以上の詳細わからす。報道が東スポ携帯サイト以外に見当たりません。

 現在、ヒクソンの公式サイトではそれらしい告知なし。
・ Rickson Gracie Jiu Jitsu

 「全日本柔術連盟(JJFJ)」のサイトは見つからず。中井祐樹会長によるこちらとは別?
・ 日本ブラジリアン柔術連盟 公式サイト

 大晦日の桜庭和志vs船木誠勝は「勝った方がヒクソン戦」とも言われた。交渉の続きも行うんでしょうか。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

どハッスル公開収録参加者募集

pick up 自分に必要な時間だった@五味隆典ミルコがダナ発言を否定@GAME AND MMAさん百瀬博教サンが亡くなった@高山善廣福岡出身レスラーらが「九州プロレス」旗揚げ-まちおこしに一役3月広島で小橋建太・金丸義信・KENTAトークライブ森嶋猛マスク姿の画像@ブラックアイさん崔が衝撃告白「昔、歌手を目指していた」2.21後楽園で川田と歌対決か!?=ハッスル蝶野プロモート興行に藤波参戦大仁田厚がリング復帰!長州力との共闘求める獣神サンダー・ライガー“集大成”インタビュー1976年のアントニオ猪木著者・柳澤健さんインタビュー日本で最後の戦い!? リック・フレアー引退危機の中、リングへ=WWE日本公演まであと6日

Hustle080205 テレビ東京系列で毎週土曜深夜に放映されている『どハッスル!!』。こちら公開収録、先着25名なので早い者勝ち! 

 というか、ブログサーバに絵文字機能が追加されていたことにいま気づいた。

 週刊プロレスモバイルに「どハッスル」公開収録参加者募集とある。2/5 20:44にアップされた情報。興味のある方はどうぞ。連絡先はバトルロイヤルになってました。

 現在、下記サイトの方には情報は出てませんが、バトルロイヤルはこちら。
・ バトルロイヤル
##
〒101-0061
東京都千代田区三崎町2-10-6
水道橋ニッカビル2F
TEL&FAX 03-3556-3223
営業時間 11:00~19:30
毎週月曜定休
(祭日の場合は営業いたします)

##

 番組では名立たる芸人がプロレスモノマネを競うという。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

吉田秀彦「別に。プロレスでしょ?」/ジョシュ・バーネットよ、アスリートをつぶせ!

 いったん報道も落ち着いたようなので、こちらの周辺情報を振り返る。3・5国立代々木競技場第1体育館で行われる「戦極」旗揚げ戦メイン。
・ 【戦極】3・5ジョシュ・バーネット「プロレスとは何たるかを見せる」(GBR)
##
ジョシュは吉田に「もちろん、スープレックス、キック、サブミッションを極めたい」とニヤリ。
##

・ [戦極] 3.5 代々木:メインは吉田秀彦×ジョシュ・バーネットに(バウトレビュー)
##
 ちなみに、ジョシュはプロレス団体IGFの2/16の興行で、吉田と因縁浅からぬ小川直也と激突する。ジョシュが「僕のミッションはプロとは何かをリングで見せること。昔14ヶ月の間に8試合をこなしたことがある」と両分野を分け隔てなく語っていたのに反し、吉田に“連戦”が気になるか尋ねると「別に。プロレスでしょ?」と素っ気なく答えていた。
##

 計算か、天然か。ジョシュ・バーネットと吉田秀彦は、期待通りの舌戦をきっちりとやってくれている。

 かつて田村潔司とPRIDEで対戦したときの煽りVで「Uを背負ってるんでしょう、それってどうなんですかね?」と発していた吉田。言うなれば、それが吉田の生き方でもある。プロレス的世界を否定することで、個性が際立つ。

 最強一族・グレイシーの雄、ホイス・グレイシーを吉田は総合デビュー戦で沈めた。UWF・田村も、ハッスル・小川直也も吉田を前に沈んでいる。もちろん、科学的には選手として勝ったに“過ぎない”。ただ、この業界をつくりあげてきた世界観やイデオロギーへのリスペクトがない。

 プロレスラーやUWFという世界観を好むファンが大量流入、総合格闘技の熱につながっていったことは言うまでもない。プロレスラーvsグレイシーなど、いくつもの図式がPRIDEという舞台を引っ張っていった。

 盛り上がってきたところに、「じゃあ、ボクが本気を出しましょか」とでも言うようにポンと出てきた吉田。攻められるべきものは何もないんであるが、配慮のない言い方を貫く吉田の姿勢は本当に興味深い。

 さて、ジュシュを相手に選んだのは吉田の要望とのことだ。
・ 【戦極】3・5吉田秀彦VSジョシュ・バーネットのメインカードが決定!(バウトレビュー)
##
・ 吉田「僕が選んだんですか!? 自分では選びきれなかったので、相手に関しては、自分で選ぶのが嫌なので、誰でもいいですと言いました。その中にジョシュの名前があったので、この中でも一番ジョシュが知名度が高いし、いい試合になるかなとは思いましたけど」と、自ら選択したことについては否定。
・ 戦極広報からは「何人かいる中で日本の知名度を考えるとジョシュが一番いいかな、と本人が選んだんですよ。何を照れているんでしょう(笑)」という裏話が明かされた。

##

 他にどんな候補がいたのかは伺いしれないが、当初噂された吉田vsホジャー・グレイシーは、ワールドビクトリーロードとしては秋の実現を希望しているという情報もある。
・ GAME AND MMA 【戦極】ホジャー・グレイシーの行方

 さて、吉田がジョシュを選んだ理由として「知名度」というのは、みなさん納得でしょう。一方、「自らが下した小川とプロレスで大会半月前に対戦するジョシュ」ということは本当に頭をよぎらなかったんだろうか? すべてを頭に入れた上であえてドライに振る舞っていたとしたら、吉田恐るべしなんだが。そうでもないんでしょうねぇ。

 とにかく吉田の気質に、ものすごく「アスリート」を感じる。もっというと「世間」を感じる。「柔道」「オリンピック」という色合いもあるし。ただ、「対世間」というテーマをアントニオ猪木によって刷り込まれたボクらからすると、拒否感はどうしても出てしまう。吉田に負けたホイスをみることで、ボクにとってはホイスが身近になったかのようにも感じたこともあるくらいなんである。

 やっぱり戦極のメイン、いいマッチメイクなんだよなぁ。
##
■ワールドビクトリーロード「戦極-SENGOKU-」
3月5日(水)国立代々木競技場第1体育館18:30

[メイン]吉田秀彦 vs ジョシュ・バーネット
三崎和雄 vs シアー・バハドゥルザダ
瀧本誠 vs エヴァンゲリスタ・サイボーグ
菊田早苗 vs フィル・バロー二
五味隆典 vs 未定
川村 亮 vs 未定

##

 ジョシュ・バーネットよ、プロレス的イデオロギーを背負って、アスリートをつぶせ!

               * * *

・・・とここまで書いた記事を、サーバメンテナンスやらもあって丸1日アップできずにいたんですが、その間にこんな話題が。
・ 吉田秀彦選手…(武藤社長日記)
・ 武藤敬司と吉田秀彦が夢の競演!/3.5「戦極」ジョシュ戦の勝利後にプロレスLOVEポーズを約束(スポーツナビ)
##
・ テレビ番組の対談で全日本プロレスの武藤と初対面した吉田秀彦、昔からのファンでマネをしていたというだけあって「LOVE」ポーズもバッチリ!
・ これが初対面となる武藤と吉田だが、実は小学校5年生になる武藤の息子が、吉田道場で柔道を学んでいるという間柄。
・ (全日本プロレス参戦を求められた吉田)「今はダメですけど(現役が)終わったら」「覆面をかぶってやりたいですね」などと返答。
・ そして吉田はジョシュ戦の勝利後にも再びLOVポーズを見せることを約束。

##

 あれま。吉田はプロレス好きなのか!?
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.05

あす発売の週プロ表紙速報

あす発売の週プロ表紙速報

携帯からあす水曜日発売の「週刊プロレス」誌表紙をお届け。
表紙は小橋建太「デビュー20周年特集!」

モノクロページながら、週プロがエル・サムライに電話取材。
退団の理由を聞いている。
「本当に新日本に不満はない。もう一度、自分を試してみたい」
外で力を試したいんだという。新しい挑戦を選んだのだ。

なお、あす水曜日には『Gリング』誌(月刊)も発売!


<週プロサイトでの予告より>
2月20日号 No.1407 は 2月 6日(水)発売! 定価 450円。
ドラゲー 2・3博多=CIMAvsGamma
北斗の部屋に高山善廣登場
DDT 2・3後楽園=飯伏vs鳥羽
新日本 2・3太田 etc

力道山のお墓参りに行ってきました

pick up 桜庭和志『ザ!鉄腕!DASH!!』出演2月10日(日)19:00〜日本テレビ系列2月13日(水)『ジャンプ!○○中』22:00~22:54フジテレビ系列 桜庭和志が出演森嶋選手はマスクをかぶって登場、試合をしましたドリー・ファンク・ジュニア最後の相手は天龍&渕=全日本プロレスロウ・キー左足負傷で今シリーズ欠場=新日本プロレス続エル・サムライその反響@多重ロマンチックさんリング復帰妻が支えに 藤波辰爾週刊ゴング復刊の話3@ターザンカフェアントキの猪木“本家”には贈り物で筋通しWWE日本公演まであと7日

 2月3日にはこちらのイベントに足を運んだのですが・・・。
・ 豪腕再会! 小橋と健介が久々対面でチョップ競演(スポーツナビ)
・ 小橋、力道山の眠る本門寺で新チョップのヒント発見か!?=ノア(スポーツナビ)
・ 秋山“小橋黄門様化”計画を仰天予告(デイリー)
・ 節分会で川田が崔を逆挑発!「後楽園で歌って度胸を見せろ!!」(ハッスル公式)

 たいへんでした。東京を大雪が襲う。解けはじめた雪は水たまりとなり、そこに足を突っ込んでいかないと前に歩けない。やっと着いたはいいが、「豆まきは中止。手渡しとなります」とのアナウンス。まくと5分で終わるイベントも、手渡しへの長蛇の列となってしまい、時間の関係でギブアップ。

 池上本門寺には、日本プロレス界の父とも言える存在、力道山が眠っています。せめて、墓参りだけでもと雪道を歩く。ベタなんですが、これからのプロレス界を見守ってもらえるよう手を合わせました。

※写真が重いので次ページへ

続きを読む "力道山のお墓参りに行ってきました" »

2008.02.04

国立競技場オールスター戦浮上

国立競技場オールスター戦浮上

携帯から。

昨日3日の池上本門寺の節分会。
雪天候のため「豆まき」ならぬ「豆渡し」となったわけですが、
日本プロレス界のトップレスラー勢が集結。

こういった行事と夢対決計画会談がセットで報道されるのは、
東スポでのお約束(こういう話題自体が縁起物です)。

8月に国立競技場でオールスター戦をやろう、
という話で盛り上がっている。小橋、秋山準、健介、高山、みのる。
(新日本勢は大会があったので参加なし)

この節分会、実はボクも足を運んだんですが、
通常なら5分程度で終わる「豆まき」が「豆渡し」になることで
長蛇の列待ち。時間がなかったので、
力道山の墓参りだけして泣く泣く岐路に着いたのでした。


↓東スポ携帯サイトからの見出しメールより

■1面
あの歴史的な日に実現か!
小橋復活祭 夢プロレスオールスター戦

■終面
予備校生50人が選んだベスト!0
受験に効くオモシロお守り

■プロレス・格闘技
UFC81 レスナー逆転負け
ノゲイラ暫定王者に
CIMA V4
吉田 バーネット狩りへ
真壁が天山を査定
小川直也と石井

2008.02.03

アントニオ猪木、永久電気が完成「世間の皆さんには『ざまーみろ!!』と言いたい」

 “これが実現すれば石炭も石油も不要となり、エネルギー問題など発生しない”という夢の発明。アントニオ猪木が後押ししてきた事業がついに完成!?
・ “電気ですかー!”アントニオ猪木、永久電気の完成に「ざまーみろ!」 ニュース-ORICON STYLE-
##
 元プロレスラーのアントニオ猪木が2日(土)、自身がプロデュースするプロレスイベント『イノキゲノム旗揚シリーズDVD-BOX』の発売を記念し、都内でトークショーを開催。
 これまでプロレス以外にもさまざまな事業を行ってきた猪木だが、長年に渡って研究を続けてきた永久電気開発について「昨日ついに完成にこぎつけたというか。今まで疑ってきた世間の皆さんには『ざまーみろ!!』と言いたいですね。私は常に時代の先を行ってますから“時代に早漏”なんて言われるんですけどね。ダッハハハハ!」と“アントンジョーク”を織り交ぜながら、衰えることのないバイタリティーの高さを見せつけていた。

##

 すべてのメディアが黙殺した中でオリコンだけが取り上げた。

 永久電気(永久電機)は永久機関と同義。
・ 永久機関 - Wikipedia
##
これが実現すれば石炭も石油も不要となり、エネルギー問題など発生しない。18世紀の科学者、技術者はこれを実現すべく精力的に研究を行った。しかし、18世紀の終わりには純粋力学的な方法では実現不可能だということが明らかになり、さらに19世紀には熱を使った方法でも不可能であることが明らかになった。永久機関は実現できなかったが、これにより熱力学と呼ばれる物理学の1分野が大いに発展した。
##

 事業者のホームページは2年前から更新されていません。
・ INP Institute of Technology Co.,Ltd / 株式会社 INP技術研究所

 猪木とINPの関係。
・ アントニオ猪木 - Wikipedia
##
INP技術研究所の名誉会長となっている。同社は「永久電機」用発電機を開発していたが、途中から「高効率モーター」に変化している。
##

 2005年に『週刊ファイト』紙(現在休刊)で「猪木、永久電気の実用化にメド、株式買い戻しを」と報じられたこともある。ユークスに売却された新日本プロレスを、元オーナーの猪木が買い戻す説も流れたが、そのまま。

 ファンタジーあふれる話ではあったんだが・・・。

 というわけで、今回、事実と確認できるものは本人発言以外にはなし。世間に『ざまーみろ!!』といえるような何かはあったんだろうか? 猪木には、もう事業には手を出して欲しくないと思う反面、何かがうまくいくこともあってほしいとも正直思う。

 小学生のときだったかな。猪木に協力しなきゃと、「ひまわりナッツ」はよく食べたんですけどねぇ。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

戦極にジョシュ・バーネット参戦、吉田秀彦とついに対決!

 午後3時から帝国ホテルで記者会見。このカードを発表するにふさわしい会場だったということなんでしょう。
・ 吉田秀彦、ジョシュ戦を自ら指名「ファンの心に残る試合にしたい」=3.5戦極(スポーツナビ)
・ 【戦極】3・5吉田秀彦VSジョシュ・バーネットは柔道VSキャッチレスリング(GBR)
##
■ワールドビクトリーロード「戦極-SENGOKU-」
3月5日(水)国立代々木競技場第1体育館18:30

【追加対戦カード】
吉田秀彦 vs ジョシュ・バーネット

【既報対戦カード】
三崎和雄 vs シアー・バハドゥルザダ
瀧本誠 vs エヴァンゲリスタ・サイボーグ
菊田早苗 vs フィル・バロー二
五味隆典 vs 未定
川村 亮 vs 未定

##

 噂のカードが現実に。

 久しぶりに総合格闘技の“ビッグマッチ”が日本で行われるという感覚。文句なしのマッチメイクが発表された。PRIDEの後継イベント争い、参加選手のグレードという点で「戦極」がリード。

 しかも、“プロレス”へのリスペクトがある選手をメインカードに入れてくれるというのがPRIDEを引き継いでいる。ファンの引き込み方としても有効でしょう。

 ボクは田村潔司(かつて吉田秀彦と対戦)にしろ、ジョシュにしろ、PRIDEで闘う“プロレス側”の選手として見ています。ジョシュを応援するために、会場に足を運びたい!
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

ブロック・レスナーUFC結果/世紀の一戦にWWEビンス・マクマホーン代表も協力していた

↓東スポ携帯サイトからメール

■ニュース速報
☆UFC81でレスナーは1R、ミアに逆転負け
☆オースチン、アングル、アンダーテイカーも観戦


レスナー、無念、、、。


※18:15追加リンク

↓フランク・ミア vs ブロック・レスナー

 うーん、終始圧倒してたんですが、足をとられてはひとたまりもなかった・・・。

・ 【速報UFC81】ノゲイラ王座奪取!レスナーは無念のタップアウト! livedoor スポーツ
・ スポーツナビ|ノゲイラが暫定王者に レスナーは白星飾れず、90秒で敗戦=UFC
##
■「UFC81~ブレーキングポイント~」
2月2日(土)米国ネバダ州ラスベガス・マンダレイベイイベントセンター

<ヘビー級暫定王座決定戦 5分5R>
●ティム・シルビア(米国)
(3R 1分28秒 チョーク)
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル)

<ヘビー級 5分3R>
○フランク・ミア(米国)
(1R 1分30秒 アンクルロック)
●ブロック・レスナー(米国)

<ミドル級 5分3R>
○ネイサン・マーコート(米国)
(2R 1分37秒 チョーク)
●ジェレミー・ホーン(米国)

<ミドル級 5分3R>
○ヒカルド・アルメイダ(米国)
(1R 1分08秒 チョーク)
●ロブ・ヤンツ(米国)

<ライト級 5分3R>
○タイソン・グリフィン(米国)
(3R判定 3-0)
●グレイソン・チバウ(ブラジル)

<ウェルター級 5分3R>
○クリス・ライトル(米国)
(1R 0分33秒 KO)
●カイル・ブラッドリー(米国)

<ミドル級 5分3R>
○マービン・イーストマン(米国)
(3R判定 3-0)
●テリー・マーティン(米国)

<L・ヘビー級 5分3R>
●デビッド・ヒース(米国)
(1R 4分52秒 TKO)
○ティム・ブッシュ(米国)

<ライト級 5分3R>
●中村K太郎(日本)
(3R判定 1-2)
○ロバート・エマーソン(米国)

##

 ノゲイラは“王者になったら日本での試合を直訴する”と言ってた。日本への“凱旋”マッチはあるか? PRIDE戦士たちは日本が大好きなのだ。


(一夜明け追々記)
 きっかけはレスナー!? プロレスと格闘技が交わっていくのは日本独自の“文化”かとも思っていたが、どっこいアメリカでもそういったきざしになるんじゃないかとも思わせる。
・ OMASUKI FIGHT レスナーはやっぱりプロレスラー【UFC81】
##
Wrestling Observer によると、リングサイドにはダンヘンやマーク・コールマンに並んでアンダーテイカー、JBL、ストーンコールド、カート・アングルの姿。シェイン・マクマホンからはメッセージが届き、TNAが撮影を行う。ストーンコールドは大人気で、バリー・ボンズが挨拶に来ていたと言うから驚きだ。
##

 東スポ携帯サイトから。レスナー絶賛の嵐、UFCダナ・ホワイト氏談話ほか。
##
・ ダナ・ホワイト社長「彼はMMAで戦っていけることを証明してみせた」と高評価。クイントン“ランペイジ”ジャクソンやマット・ヒューズは「こいつは化け物になる」とレスナーを絶賛していたという。ミアも「でかくてパワーがあるのは一目瞭然だが、俊敏さは想像を上回っていた」。
・ ホワイト氏は裏話も披露「WWEとビンス・マクマホーン代表のサポートには感謝している。WWEはレスナーの映像を使わせてくれたし、ビンスは試合前にレスナーへ激励の電話をかけてきたんだ」。

##

 WWEサイドがレスナー支援の姿勢をみせているのは嬉しいですね。

 レスナーは大会前に「成功すれば、世間がプロレスラーに向ける目もまた変わってくるだろう」と口にしていた。いくらルールや価値観が違っても、強さをみせるジャンルである点で両方はつながっている。

 ミルコ・クロコップにも言及。こちらにもホワイト氏発言抜粋あり。
・ GAME AND MMA 【UFC81】大会後の会見の模様

T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

スタン・ハンセンがIGF来場

スタン・ハンセンがIGF来場

携帯から。

昨日アップし忘れましたが、2日発売の東スポで、
16日のIGF有コロへのスタン・ハンセン来場予定が
報じられています。

サンライズで入場して、ウィーのロングホーン、やってほしいなぁ。
暴走する小川直也に制裁のウエスタン・ラリアート炸裂!?

今日の東京は雪です。

M字「潔く閉脚」インリン・オブ・ジョイトイさん、新しい自分探しへ

pick up 戦極 吉田秀彦の相手は3日発表・・・本日です日本時間で本日…レスナーいよいよ金網デビュー 元PRID王者ノゲイラは暫定王座に挑戦=UFC前日計量本日 池上本門寺「節分会」最新情報UFCリデルvsショーグンか 3月HERO'Sヨアキム・ハンセン、青木真也参戦か@OMASUKI FIGHTさん五味の戦う場所が決まったようだ@高田延彦小橋、栃東親方の断髪式に出席へメキシコで不知火炸裂!AAA遠征中の丸藤がメーンで勝利=ノア新日本 稔&デヴィット発表!ユニット名は「プリプリ」@多重ロマンチックさん2月17日(日)ZERO1-MAX後楽園ホール大会に20組の親子招待ホーガン氏 オバマ支持深夜3時更新2・2K-1MAX武道館結果

 こちらの話題、インリン・オブ・ジョイトイさん本人がブログでもダメ押し宣言。
・ 2008年02月02日インリン・オブ・ジョイトイの日記:次はアルファベットじゃないね。
##
今日発売した写真集「初恋の香り」を最後にM字開脚を封印させていただきます。
今まで私のM字開脚で悩殺された方(笑)、本当にありがとうございました!
これからは、さらに進化したエロスを皆さんに伝えていけたらと思っています。
同じ事をし続けるのは好きではないし、見てる側も飽きてしまうのでは?と、ここは潔く閉脚した方がいいんじゃないかな?と思って…。
M字は私の逃げ道になっていると気づき、実は昨年から悩んで悩んで、で、M字に頼らずしっかりと立って歩いて行こう!と、私自身が進歩する為の結論を出しました。
でも、やっぱりこのポーズは大好きだし、M字開脚が生まれなかったら今の私もいなかったわけだし、う~ん複雑…。
M字抜きでもセクシィだ!と言われる新しい自分探しのチャレンジ始めます!

##

 「閉脚」という言葉は新鮮だ(笑)。インリンさんは新しい自分探しのチャレンジへ。

 行き詰まりは周囲も察知!? 例のアイドルブログが炎上した件(炎上ネタは2008年1月23日午前1時エントリー)で、インリンさんの話題も出ていたそうだ。
##
13、尋常茶飯【少しも珍しくない普通のこと】
・インリンオブジョイトイのM字開脚
・杉本彩が脱いだこと

##

↓写真集「初恋の香り」(2月1日発売、彩文館出版)

↓M字ポーズ“最後の1枚”は東スポが公開しています
・ 1/20 カクトウログ: インリンM字開脚『封印』新ポーズ開発か

↓“別キャラ”インリン様のM字は続く!?
・ 1/26 デイリースポーツonline/「飽きちゃった」インリン最後のM字開脚/芸能・社会
##
 今回の写真集はその意思を反映させた構成。M字シーンは1カット、それも1ページの9分の1のスペースのみ。「本当は1枚も入れたくなかったけど、どうしてもと言われて。これが最後のM字です」という。
 プロレスの「ハッスル」では、インリン様がM字姿を披露している。そのことには「私の友人であって、私じゃないので…」と、意味深な笑顔をのぞかせていた。

##

20080127202413 ハッスルに関しては、M字シーンがあろうとなかろうと、みんなインリン劇場を楽しんでいる。“化身”は本人よりも一足早く“M字に頼らない”セクシーキャラをハッスルで確立しているとも言える。とはいっても、化身と本人は“両輪”であって、本人側のチャレンジも始まるってことなんでしょう。

 ハッスル今後の日程はこちら。さいたまの大会では、ズバリM字がポスターになっています。
・ ハッスル: スケジュール
##
2008年2月21日(木)
 後楽園ホールハッスル・ハウスvol.33
2008年2月24日(日)
 さいたまSAコミュニティーホールハッスル28
2008年3月17日(月)
 後楽園ホールハッスル・ハウスvol.34
2008年3月20日(木)
 グランキューブ大阪 ハッスル29

##

 それにしても「次はアルファベットじゃない」って、なんか決まってるのかな?
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.02

鈴木みのるが新日本プロレスに帰って来る!?

pick up ジャイアント馬場70歳誕生会に天龍、渕、川田、京平氏、元子さん┃多重ロマンチックさんまとめ[天山広吉 両国で復帰エル・サムライ 契約期間満了]/新日本2・17両国全カード力皇 復帰、セムに勝彦参戦、百田ハードコア挑戦小橋、今度は高山と激突!丸藤組の防衛戦ほか3.2武道館大会のカード発表=ノア2・9(土)関西テレビ「トミーズのはらぺこ亭」小橋建太出演がんから再起の小橋建太選手 古里の思い出熱く語る驚異の回復…小橋 2月の血液検査ナシ高山善廣とのタッグ結成に長井満也が異論、高木功リングネームを『嵐』に変更中邑真輔選手&レッドシューズ海野レフェリー「P-1選手権 第1回プロレスクイズ王選手権」出場ヒマでモテないプロレスマスコミpresents 打倒K-1!?ハッスルに若年齢化時代到来小池栄子「子供はもう少ししてから」イベントで里村明衣子3度目の手術無事終了ジョシュ・バーネットが猪木に小川戦レフェリー要請WWE日本公演まであと10日日本のMMAにとって、2008年は復興の1年になる週刊ゴング復刊話2@ターザンカフェ

 月刊化した『Gリング』のvol.4が2月6日(水)に発売へ。
Gring4s・ 大都社ホームページへようこそ!
##
2月6日(水)発売!!
雑誌コード:17564-03
パチスロ設定攻略3月号増刊
『Gリング vol.4』

●武藤敬司ロングインタビュー
●角界・格闘技界・プロレス界に激震!
 曙×安田忠夫 ドスコ~イ対談
●荒武者・後藤洋央紀が宣言!  
 永田を踏み台にして、鈴木みのると勝負したい!

●ノア3.2日本武道館大会の主役を直撃
 森嶋猛、激白「自分がノアを変えてやる」
●初代タイガーマスク・ 佐山聡が登場
 「道場論」と「ストロングスタイル論」
●WWE日本公演間近!インタビュー特集
 ①リック・フレアー ②クリス・ジェリコ ③キャンディス
●WWE入りして10年!FUNAKIが語る10年の軌跡
●健介オフィス2・11後楽園決戦に向けて――
 復活・中嶋勝彦が爆発宣言&北斗晶が大会を解析
●メキシコ情報も満載!
 スペル・クレイジーが生まれ故郷で道場オープン
●夏目ナナの闘魂小町ドキッ CIMA×夏目ナナ
 第4回テーマ CIMAの“素”を解剖
【Gリング vol.4】:定価980円(税込)

##

 後藤洋央紀が鈴木みのるの名を出した! 言うまでもなく、鈴木みのるのプロレス定着は新日本プロレスから始まっている。新日本に“帰って来る”のか!?

 『Gリング』プロデューサーであり、元ゴングの金沢克彦氏にとって、雑誌と団体が両輪となって闘いの図式が膨れ上がっていく理想像はもちろん描いているでしょう。そして何より、金沢氏はかつて新日本参戦したときのみのるを、ヘビー級第一線の選手と匹敵する位置づけにするよう誌面で仕掛けもした。今回も、なんらかの根拠があっての記事じゃないかと期待してしまう。

 こんな情報も出ている。
・ 週刊マット界舞台裏'08年2月7日号 [inouejojiz056.krm] - 210円 : 武道・プロレス・格闘技 ファイト!ミルホンネット
##
<今週の見出し>
「IGF2・16有明コロシアム S・ハンセンが参加!?猪木と劇的再会も」
「鈴木みのる 2・17新日本両国にサプライズ乱入!?」
「新日本生え抜きレフェリーが謎の退団」
「ドリーの人間関係を壊した"悪妻"の正体」

##

 鈴木みのるにとって2008年とは?
・ 鈴木みのる が6月17日にデビュー20周年記念の自主興行を開催:be2
##
鈴木みのるデビュー20周年記念興行
6月17日 後楽園ホール
6月17日は鈴木みのるの誕生日。40歳。

##

 節目ということで、いろいろ勝負をかけようとしているんだろうか。

 みのるやケンドー・カシンがG1クライマックスで中邑真輔らと対戦していたとき、中邑を転がすようにして必死にさせていたことを思い出す。改めて成長した中邑ら世代がどうぶつかるのか確認したいし、緊張感は新日本の復興に絶対必要。みのるが新日本にやって来るんであれば、ボクは歓迎します。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

ブロック・レスナーUFCデビュー/週末地上波テレビ&イベント情報まとめ【Gコードつき】

 Yahoo!テレビや公式サイトほかから週末情報まとめ。

■2月1日(金)深夜

 関根勤プレゼンツで修斗・スマックガール・パンクラスなどの総合格闘技の名勝負を一挙公開
##
SRS-スペシャルリングサイド 「総合お取り寄せバトル」
■2月1日(金) 26:20~26:50
■フジテレビ Gコード(9952550)

##


■2月2日(土)

 「イノキゲノム」DVD発売記念イベントにアントニオ猪木が登場
・ アントニオ猪木DVDイベント出演情報(IGF公式)
・ ISHiMARU:石丸電気イベント情報:アントニオ猪木:「イノキゲノム」DVD発売記念
##
【アントニオ猪木】
「イノキゲノム」DVD発売記念
日時 2008年02月02日(土) 午後 01:00~
場所 SOFT 2 7Fホール
イベント内容 トーク 握手
撮影条件 撮影・録音不可
参加方法 12月19日発売DVDをいずれか1Wご購入のお客様ご招待
複数購入特典 2ショットポラロイド撮影
※対象:「イノキゲノム 旗揚シリーズ DVD-BOX」購入者
または「イノキゲノム 6・29両国国技館」+「イノキゲノム 9・8名古屋大会」購入者
出演者 アントニオ猪木

##

 K-1 MAXの中継です
##
K-1ワールドMAX日本代表決定トーナメント2008
1日3試合世界で最も過酷な大会勝てば人生が変わる…▽兄ボビーを超えろ!アンディが歴史に挑む▽妻の反対を押し切り男・前田、35歳の挑戦▽北京五輪を捨てた男▽丸刈り!!16歳ヒロヤ▽王者内藤の盟友
■2月2日(土) 19:00~20:54
■TBSテレビ Gコード(937024)

##

 まだまだ続く新日本プロレス東京ドーム決戦
##
ワールドプロレスリング
IWGPJrヘビー級選手権!!王者・井上亘vs挑戦者アメリカTNAの刺客▽日米決戦
■2月2日(土) 26:30~27:00
■テレビ朝日 Gコード(6369135)
(公式サイトより)
1/4 東京ドーム大会より
・ IWGPジュニア・ヘビー級選手権試合『井上亘 VS クリストファー・ダニエルズ』
・ ミラノコレクションA.T. & 稔 & プリンス・デヴィット vs クリスチャン・ケイジ & AJスタイルズ & ピーティー・ウィリアムス

##

 どハッスルさいきん観てないなぁ
##
どハッスル!! 「決定MVP(秘)涙の大事件!!」
■2月2日(土) 26:50~27:20
■テレビ東京 Gコード(9027116)

##


■2月3日(日)

 いよいよブロック・レスナーがUFCデビュー。日本時間で日曜昼だと思います
・ [UFC] 2.2 ラスベガス:マーコートの相手はジェレミー・ホーンに(バウトレビュー)
##
Zuffa "Ultimate Fighting Championship 81 : Breaking Point"
2008年2月2日(土) 米国ネバダ州ラスベガス:マンダレイベイ
▼ヘビー級 5分3R
フランク・ミア vs ブロック・レスナー
▼UFCヘビー級暫定王座決定戦 5分5R
ティム・シルビア vs アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

##

 週プロモバイルだけで地味に?発表
・ ぐだぐだと( エロいアニキ) - みるくてぃーをひとくち
##
週プロモバイルより
2/3(日)12:30~
東京都港区の増上寺(芝公園4-7-35)の節分豆まきに、ZERO1-MAXの大谷晋二郎、神風、佐藤耕平、SUNの高橋奈苗が参加!

##

 こちらの節分、みのもんたさんで賑わいそう
・ カクトウログ: 池上本門寺『節分会』への参加レスラーが決定
##
日蓮宗大本山 池上本門寺
節分追儺(ついな)式 2月3日(日)
○13:00 歳男・歳女練(ねり)行列
   (徳持会館→池上商店街→参道→大堂)
○14:00 追儺式法要/大堂
○15:00 豆撒(ま)き/大堂前特設桟敷

【節分の吉例歳男歳女】
小橋建太(プロレスリング・ノア)
秋山準(プロレスリング・ノア)
佐々木健介(健介Office)
北斗晶(健介Office)
中嶋勝彦(健介Office)
高山善廣(高山堂)
鈴木みのる(パンクラス)
川田利明(ハッスル)
西村修(全日本プロレス)
諏訪魔(全日本プロレス)
みのもんた(タレント)
大倉正之助(能楽師)
竹原慎二(元世界ミドル級チャンピオン)
白都真理(女優)
MALTA(サックスプレイヤー)
エルモ(セサミストリート・キャラクター)

##

 第3回のゲストはアニマル浜口(アニマル浜口がお似合い!?の役柄で登場
##
佐々木夫妻の仁義なき戦い
■2月3日(日) 21:00~21:54
■TBSテレビ Gコード(84425)

##

 プロレスリング・ノア中継
##
プロレス 「十番勝負!!」
■2月3日(日) 25:20~25:50
■日本テレビ Gコード(1119297)

##

 みなさん、よい週末を!
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

2008.02.01

PRIDEの怪人「作家としてか、ヤクザとしてか。旗色をしっかり決めてオレと付き合え」

pick up 本日は皆様にお知らせがあります@五味隆典このリングで夢の対決を@菊田早苗金原弘光が3.26パンクラス後楽園参戦ケージフォース2・11門馬秀貴が復帰戦、全カードゼロワンMAX星川選手近況「週刊ゴング」復刊の話@ターザンカフェクリス・ジェリコに独占インタビュー 後編IGF「GENOME3」猪木ミュージアム開催新年早々、重い使命を背負った中邑真輔2月19日(火)21:00~21:54TBSズバリ言うわよ!坂田亘2月6日(水)『Gリング』vol.4発売「本物」という新機軸。ボクシング復興はなるか見事な三崎の勝利@高田延彦向井亜紀「悲しいけどあきらめない」

 “PRIDEの怪人”と称される百瀬博教氏が27日に死去。高須基仁氏がこちらを記している。
・ PRIDEの怪人と呼ばれ…“兄”百瀬博教の死に合掌(ZAKZAK)
##
 「高須! オレと付き合うのは作家としてか、それともヤクザとしてか-。旗色をしっかり決めて付き合えよ」
 そう彼が言ったのは、1993年春。女優、白都真理写真集「情事」(荒木経惟撮影、KKベストセラーズ)の発売直後、刷り上がったばかりの本を持参した時だった。
 私は間髪入れず、「もちろん、作家として、です」と答えた。
 あれから15年。私は兄のように淑し、格闘技界、芸能界の後ろ盾として百瀬“先生”と濃い付き合いをさせていただいた。

               * * *

 総合格闘技「PRIDE」に彼が関わる時、「高須、文化人をリングサイドに集めろ!」と言い、日本ではなじみが薄い寝技のルールを、彼ら文化人、有名人を通して広めていき、人気が盛り上がった。
 野村沙知代が、バッシングを受けるさなかに、「イノキボンバイエ」の大舞台、そのリングサイドにサッチーを座らせてくれたのも彼だ。

               * * *

 私は、巷間、“PRIDEの怪人”と呼ばれたビジネス上の百瀬のことはよく知らない。当然、その“裏人脈”も知らない。
 しかし、作家、百瀬博教は、芸能・出版界にあっては、「高須は手元不如意でも、江戸的なあいさつがきっちりできる男だ」と私をひいきにしてくれたのだ。
 顔面に強烈なパンチを浴びたり、人前で面罵されたこともあった。しかし、この私が生涯、ケツを割った男は唯一彼だけだ。

##

 作家としての顔。ヤクザとしての顔。本人発言をもとにしながら、そんな整理を高須氏はしてみせた。

 PRIDEで勝利した選手たちが、引き揚げる前にリングサイドの百瀬氏と握手する恒例のシーン。あのシーンはそのまま「作家と握手」「ヤクザと握手」と読み替えられる。「あれはイメージ悪いなぁ」ボクの観戦仲間は口グセのように言っていた。

 一方で、両方の顔、経験があったからこそ「文化人をリングサイドに集めろ」といったK-1同様の手法の大切さを肌身に感じ、実践への後押しをしていた。百瀬氏はきっと、必要不可欠なことをしている自分に自信を持ちつつも、オレってイメージ悪いかもなぁなんて自認していたのかもしれませんね。

 百瀬氏の「功」「罪」を背負いながら、確実に大きくなっていったPRIDE。

 関係者によると。
・ 「PRIDE」仕掛け人、作家・百瀬博教さん死去(1/29報知)
##
 関係者によると、ここ数年は体調を崩しており、格闘技業界の第一線からは退いていた。2部屋を1部屋に改装したマンションで、何千冊もの本に囲まれながら、詩や小説を書いていたという。
##

 晩年は「作家」という顔を全うした。改めて合掌。
T.SAKAi■□[本日の格闘技ブログランキング >>

事実誤認・誤字は左サイドバーのココログマーク下からメール→大変助かります。カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー