フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 1・4ドームでの武藤VS棚橋は1年前に週プロがリクエストしていた・・・「正しい情報」載ってますか? | トップページ | 激レア桜庭和志の覆面&手袋仰天高額!!ほかプロレスラー・格闘家テレビ出演ミニ情報 »

2009.03.09

グレーテストレスラー前田日明、9年ぶりに新日本来場~ほぼ完全ドキュメント【週刊 前田日明】

pick up 新日本プロレスNJCトーナメント開幕3・8名古屋結果NJC2回戦は3・15後楽園 中邑×後藤、永田×飯塚 好カード続出海外UFC 96結果さいたまDREAM.7結果「ウルトラセブン」アンヌ隊員役・ひし美ゆり子さんが高山善廣の応援で3・14両国来場へ3月20日(金・祝)千葉・市川市で坂田亘&KUSHIDAがプロレス流トレーニングを伝授5月29日W★INGが新木場1st Ringで復活へ

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第75回のラインナップ▼グレーテストレスラー前田日明、9年ぶりに新日本来場~ほぼ完全ドキュメント初の大会場進出!「THE OUTSIDER SPECIAL」まで1週間・・・記事全文

                * * *

 情報をキャッチしていながら、最新1週間(月曜から土曜まで)で取り上げなかった前田日明の話題、あれば翌週送りせず日曜にまとめる。あと、1週間で取り上げた前田関連記事、主要記事リンクも再集約しておくことにします。
(週刊前田日明バックナンバー →「週刊前田日明」参照)

 この連載を毎週見ておけば前田関連の動きは逃さない!
 理想はそこですが、どうなるか。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

グレーテストレスラー前田日明、9年ぶりに新日本来場~ほぼ完全ドキュメント

 新日本プロレス3月6日(金)「旗揚げ記念日~STRONG STYLE 37th ANNIVERSARY~」後楽園ホール大会にて、試合前に「NJPWグレーテストレスラーズ」授賞式が行われた。前田日明、小林邦昭、魁勝司(北沢幹之)、故ブラック・キャットが受賞。

 前田は、1998年の長州力引退記念試合、2000年の山崎一夫引退試合での花束贈呈に続く新日本プロレスへの来場。実に9年2か月ぶり。

 また、前田が「新日本プロレスの後楽園ホール」のリングに上がるのは1987年11月19日の長州顔面蹴撃事件以来(事件後に前田は解雇処分)、21年半ぶり。

 セルリアンブルーのマットの上にレッドカーペットが敷き詰められていく。高まる授賞式ムード。19:00を数分まわったところからスタート。受賞者の中で前田はトリを飾る4人目。

090306_njpw_m4

 まずプレゼンテイターとして、デビュー戦の相手・山本小鉄が登場。

●山本小鉄

「37年、おめでとうございます! 自分に言っています!(観客笑い、拍手)
これから私が呼ぶ“バカ息子”は(観客笑い)、デビュー戦は私とやりました。背は高いんですけど、食べ物はあまり喉を通らない。『なに言ってんだ! 食べなけりゃ大きくなれない。レスラーじゃない』と言いまして、無理に食べさせました。

去年、対談した時に『山本さん、空腹も苦しいですけど、山本さんみたいに喉まで食わすのは苦しい』って(言っていた)。でも、彼はお酒を飲みますと、合宿所の包丁を4~5本持ち、若い選手に手裏剣のように投げまして(観客爆笑)。まったく恥ずかしくて危ない!

その危ないのが! 赤コーナー! 246パウンド1/2、前田日明ーー!!」

 絶妙のリングアナ役を受けて、後楽園ホールに鳴り響いた「キャプチュード」。曲はドラム音入りの新日本バージョン。前田コールの合唱。
(会場音声はこちら→週刊 前田日明: 音声 キャプチュードで入場! NJPWグレーテストレスラーズ表彰式

090306_njpw_m5

090306_njpw6

●前田日明

「自分も50になって、新日本にいた頃はもう25年前になったんだと思うと、本当に不思議な気持ちでいっぱいです。当時、“トンパチ”と言われ、リング上でもリング外でも問題を起こしながら、それでもあたたかく見守って下さいました諸先輩。また、当時新日本プロレスが目指していた“キング・オブ・スポーツ”としてのプロレス。本当に合宿所にいた若い選手は、どこまでがプロレスで、どこまでがケンカだか分からないような試合をしていました。

そんな激しい試合をやりながらも、一旦ノーサイドになると、和気あいあいとチームワークよく。本当に毎日毎日頑張っていたと思います。みんな元気いっぱいでヤンチャな人間が多かったんですけど、それをしっかりと束ねる怖い鬼軍曹がおりまして。当時は、山本さんのキャデラックの音がすると、『ああ~、今日もキツい練習になるな~』と思いながら練習の準備をした思い出があります。

そんな山本さんも、結婚16年目に娘さんができた瞬間からですね、『ええ!? この人、どうしちゃったのかな?』というぐらい丸くなって(観客笑い)。本当に驚いた思い出があったりします。

いずれにしても、新日本プロレスにいた1日1日は本当に素晴らしい青春の1ページであるし、自分自身を形作ることができた貴重な経験の連続だったと思います。当時の諸先輩、当時の新日本プロレスを支えて下さいましたファンの皆さんに、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました」

 観客拍手。

090306_njpw7

090306_njpw8

 授賞式が終わると、受賞者&プレゼンテイター全員での記念撮影。前田は中央。ひとしきりフラッシュを浴びる。

 引き揚げる際には、リングに不慣れなブラックキャットファミリーがロープにつまずくなどしないように、前田はロープを持ち上げる紳士ぶりをみせる!

090306_njpw9

090306_njpw10

 受賞者にもかかわらず最後にリングを降りた前田は、花道を通って控え室方面へ。ライオンマークのゲートをくぐってバックステージへ引き揚げていった。

 表彰式後、控室前に座った前田と報道陣との応答が始まる。

●前田

「自分らがいた頃は金曜の夜8時、裏番組が『太陽にほえろ』『8時だよ全員集合』(注:全員集合は土曜の夜8時)、その中で当時新日本プロレスの『ワールドプロレス』(テレビ朝日)が一番視聴率があったんですよね。やっぱりみんなプライドを持って、どこよりも自分たちが一番なんだって思いながら、そういう努力っていうか練習をはじめ、普段の生活でも、山本さんには本当に『飯を食え! プロなんだから!』って言われましたね。

いまじゃケガした、ケガさせられたって結構問題になるんだけど、当時はケガさせられたほうが悪いってね。本当にあの頃の新日本プロレスは、後々UWF系といわれるものだったり、K-1だったりしましたけど、当時の新日本プロレスはビッグバンの中心だったね。

(現代のプロレスについては?)見ていないんですよね。見てないから分からないですよ」

 そこに第1試合に出場するためS・S・マシン(前田と同期)が控室から出てきて前田とバッタリ対面!

マシン「久し振り!」
→前田と握手。さらにマシンが前田の胸板に冗談で軽く逆水平チョップを打ち込む。

 マシンとタッグを組む長州力も出てくる。

長州「アキラ! こんちわ!」
(追記:ここでの長州の言葉について金沢克彦氏は「お父さん、こんにちは!」(ペコリと頭を下げおどけて見せる)だったと明かしている)

→笑顔で握手

090317tosupo

前田「長州さん、まだやってるんですね(笑)」

(その言葉を背中で聞いた)長州
「その一言が(苦笑)…。まあ、見てろ! よっしゃぁ!」と言いながら入場口にスタンバイ。

●前田

「みんな元気だなぁ(笑顔で呟く)。

でもあの頃の選手はいまでもまだ強いものを持っていますよ。自分、すごい驚いたことがあって、北沢さんがリングスでずっとレフェリーやってもらっていたんですけど、ある時のルールミーティングのときに(ヴォルク・)ハンが何かちょっかい出してきて、(北沢さんを)リングに上げてスパーリングを始めたんですよね。自分は北沢さんが新日本プロレスですごいスパーリングをやっていたっていう話は聞いていたんですけど、見たことはなかったんですよ。

で、やったらですね、ハンが全然北沢さんのことを極められないんですよ! 段々ハンが真剣になってきても極められなくて、へぇ~凄いなぁって思ってね。やっぱり当時の人ってみんな誰に見せなくても、誰に言うでもなく、ちゃんと(本当の強さを)持ってましたね。北沢さんなんて本当にヤンチャな連中のデビュー戦から、ずっとやってましたからね。道場からの送り迎えとかを黙々とやっていた北沢さんが、そんな実力を持っていることに本当に驚きましたね。ハンなんか後から『あの人はどこで(その技術を)習ったんだ?』って聞いてましたもんね」

 横にいた北沢氏は笑顔でその話を聞いていた。リングスでレフェリーを務めていた北沢氏は、前田とは10年ぶりぐらいの再会。

(新日本の後楽園大会に出るのは、1987年11月19日の“長州顔面襲撃事件”以来)
●前田

「そうだっけ? あぁそうだね。そうですねぇ、アレにしても何か当時いろいろ契約の問題で(UWFが新日本に)吸収されるとか、(全日本では)天龍さんが輪島(大士)さんと凄い試合をしはじめたんですよね。レスリングシューズで顔面をバンバン蹴って、それでUWFが霞んじゃったんですよね。まぁ長州さん(が新日本に)戻ってきたら、そういう試合が出来るんだろうなと思っていたんですけど、ちょっと何て言うんですかね、アレは事故としか言えないですね。お互いに信頼感がなかった。

そういえば解雇になったんですよね(笑)。まぁまぁいろんなことがありましたけど、終わってみればそれはそれでね。言えるのは当時は全員が真剣だったんですよ! 自分のやっていることに対して真剣でしたよね。誰も自分のやっていることを舐めている人は、1人もいなかったです。真剣にやってましたよ。

(OBとして今後の新日本に期待すること)
いまは日本テレビが長年のプロレス放送を打ち切ったり、いい話がないんですよね。やっぱり何かリング上のレスラーからイマイチ危機感を感じない。原点に帰れっていうんですよね。昔の新日本プロレスの厳しい練習、厳しい生活、ほんで激しい試合っていう新日本黄金期の原点に帰らなきゃいけないですね。

(前田さんにとって新日本プロレスとアントニオ猪木はイコールじゃないですか?)
イコールじゃないですね。自分たちは合宿所と道場と、コーチの山本さん(が新日本プロレス)。

でも新日本衰退の原因もたぶん自分たちにもあって、自分たちの世代が、自分たちより下の世代に教えていかなきゃいけなかったのにゴソッと抜けちゃったんで、つながらなかったですからね。それがしょうがなかったっすね」

090306_njpw16

 セレモニー後は場内にあらわれることはなかった前田。だが、全試合終了後、ロビー(禁煙室と向かい)のリングスブースにて「ジ・アウトサイダー」チケット売り場に腰を下ろす。

 みんなに携帯で撮られまくる前田。でもチケットはほとんど売れてない様子。せっかく人が詰め掛けている時間となったため、リングススタッフがアウトサイダー両国大会のチラシを配る(※試合前は、「これはチケット購入者につつむものなんですよ」とファンからの欲しいという声を断っていた)。

 いい機会だったので、当サイト管理人が購入して前田と握手。

前田「アウトサイダーって何の大会か知ってる?」

カクトウログ「ハイ」

前田「(まわりに聞こえるように)不良たちによる格闘技大会です」

 最後に、ちょうど1週間後のアウトサイダー両国大会をPRして、後楽園ホール来場を締め括った前田だった。


=引用元・参照元=
・ カクトウログ: 前田日明が授賞式に登場~新日本プロレス3・6「旗揚げ記念日」後楽園H、速報観戦記まとめ
・ 「素晴らしい青春の1ページだった」(前田)/「NJPWグレーテストレスラーズ」授賞式(新日本公式)
・ angle JAPAN: 解雇されながらも功労者として表彰されたことに前田が苦笑。長州ともガッチリ握手!
・ maikai: 前田日明にとっての新日本プロレス
その他携帯サイトで事実関係など確認。

               * * *

 総括。

 観客の目の前にいたり、報道されているのはそんなに長い時間ではない。だけれども、ファンが随所に“前田らしさ”を感じられる来場だったのではないでしょうか。マイクでの声がボソボソっと聞き取りにくいのもまったくもっていつもどおりです(笑)。

 桜庭和志や船木誠勝らを引き合いに月イチ試合で闘っていたレスラーの屈強さを主張するのと同様に、この日は改めて、北沢氏や長州らの地力の高さに触れた前田。「貴重な経験の連続だった」という言葉にウソはない。

 解雇された側でありながらも、「新日本衰退の原因もたぶん自分たちにもあって、自分たちより下の世代に教えていかなきゃいけなかったのにゴソッと抜けちゃった」と発言。このあたり、自分たちの新日本プロレスにプライドを持っていたことが揺るぎなくうかがえる。

 前田は新日本の危機感のなさを批判していたが、現場は現場で危機感たっぷりに、身体を削って努力している。当時とは違う厳しい環境ではあるし、求められるニーズも違っている。そんな中で現在なりの“闘いのワンダーランド”を再構築しつつあるのが新日本プロレス。さらなる向上意欲はもちろん必要だが、新日本は堂々としていればいい。

 最近になって山本小鉄が選手のコンディションの良さをチェックなり査定なりしているという話も聞く。当たり前のこととして、過去から学ぼうともしているのだから。

 あと、強調しておきたいのは(ここは勘違いされがちなんだが)、前田は新日本プロレスを否定しているんではないこと。

 「THE OUTSIDER」第3戦(2008年10月)のパンフレットでの対談では、前田はこんなことを言っている。
##
僕は何でも不器用なんだけど、自分で振り返って見てよかったなと思うのは、言ったことを曲げなかったし、しょうもない迎合はしなかったし、自分の誤りに気づいたらちゃんと謝ったこと。常にどういうことなんだろうって考えたし。過去を否定し、あの頃は全部間違いでした、今はこうしたから今のオレは正しいですと言っても、そんなの誰が信じるかって。カンニングペーパー見るように時間が経った後で、どうこう言うやつは卑怯だと思う。だって人間は、その場その場で必死に生きてるんだから。
##

 どっちがいいかは価値基準の問題だが、高田延彦や坂田亘らとはまったく違う生き方。自らが進んできた過去を否定しない、前田の生き方。

 貫かれた言動から、ブレない前田の生き方が再確認できた授賞式来場だった。

 さて、東スポの写真。前田がコメントしている場所にTV用のライトらしきものがある。これは当日のサムライTVニアライブ用なのか。それとも、テレビ朝日のものなのか。実際に喋ったり、長州と握手した映像も、ぜひ見てみたいものです。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

初の大会場進出!「THE OUTSIDER SPECIAL」まで1週間

 いよいよ、「クローズZEROII公開記念 THE OUTSIDER SPECIAL」両国国技館大会まで1週間。前田日明リングスCEOインタビュー、対戦カードなどを各自、予習すべし。

090315_outsiderp

・ スポーツナビ|格闘技|「THE OUTSIDER SPECIAL」直前!前田日明インタビュー(前編)
・ スポーツナビ|格闘技|「THE OUTSIDER SPECIAL」直前!前田日明インタビュー(後編)

 インタビューでは、こちらがなるほどと納得。
##
──OUTSIDERではアマチュアイベントなのに入場の花道やマイクパフォーマンスが設けられていて「なぜだろう?」と思っていたのですが、この理由を前田さんは「不良たちは目立ちたがり屋だから」とおっしゃっていました。
 そういうふうにしてやらないと不良たちは出てこないんですよ。「アマチュアのイベントを開催するから出て来い」って言ってもね「そんな面倒くせえ事やるかよ」と(笑)。でもね「目立つんだよ? マイクパフォーマンスもあるし、試合が報道されたりもするんだよ?」と言うとね、出てくるんですよ。勝てば勝利者賞なんかももらえますし。
──(キャッチコピーは)本人の希望もあるんですか?
 うん、いろんなのがいますよ。こういうキャッチコピーひとつとってもね、彼らは自己主張が強いから。それをなるべく汲(く)み取ってやるようにしているんです。
 不良という人種が自分を表現できるイベントにするには、普通のアマチュアイベントじゃだめなんですよ。自分を表現できる、プロの仕様にしてやらないと。

##

 不良だった前田だからこそわかる、不良の気持ち。

 「THE OUTSIDER」第3戦のパンフレットでの前田の巻頭言と併せて、前田の叫びを受け止めてほしい(一部抜粋)。
##
若いとき、腕力だけが、自分の信じるものすべてであった。
やりきれない気持ちとともに、社会にケリを入れ続けた。

やがて、臭いものには重たい蓋が閉められた。
もがいてもあがいても将来の見えない不安と恐怖。
愛することも、愛されることも、知らず、
喧嘩は勝ち続けても、人生では負け放しだった。

そんな私に手を差し伸べてくれたのが、格闘技であった。
生まれたからには、人生諦められるか。
おふくろの顔、仲間たちの顔が浮かんだ。
人生で初めて経験した敗者復活、チャンスの舞台だった。

アウトサイダーに出場する彼らを見ていると、昔の私を思い出す。
人よりちょっと不器用なだけで、本当は愛すべき奴らだ。
世間ではどうでもよかった奴らが、リング上で勝利を勝ち取ることで、
彼らの夜明けがやって来る。

##

 前田に手を差し伸べた格闘技を、昔の自分であるアウトサイダー出場者に提供する前田。

 全対戦カードです。
・ 「THE OUTSIDER SPECIAL」対戦カード(RINGS公式サイト)

■「クローズZEROII公開記念 THE OUTSIDER SPECIAL」
3月15日(日)東京・両国国技館 開場14:30、開始16:00

[1]<体重リミット 63・0kg>
[平成生まれの火の玉小僧 弾丸セブンティーン]ヒカル
[斬刃拳慶流魁 特攻隊長]関谷勇次郎

[2]<体重リミット 58・0kg>
[池袋 弐双龍の龍帝]SHIN
[ジャッジ宮沢一番弟子 沼津の一撃空手王]渡辺竜也

[3]<体重リミット 65・0kg>
[不適合アトミック死神グラップラー]神風飛丸
[北海の頑固一徹]大谷匡弘

[4]<体重リミット 74・0kg>
[闘龍比賓 栃木のヤンキー狩り]野口 聡
[漢は花道 火山処・大分 ケンカの天才]花道

[5]<体重リミット 73・0kg>
[練馬のマッドドック]羽田光成
[戦慄のトマホーク・ラッパー]滝本光成

[6]<体重リミット 65・0kg>
[渋谷連合 初代頭 喧嘩破壊堕天録カイジ]平野海志
[愛知のレッドゾーンストライカー]立花栄祐

[7]<体重リミット 110・0kg>
[斬刃拳の規格外 反逆のアウトサイダー甲子園]拳弥
[国技館に響き渡るシャンパンコール ホスト界のゴッドファーザー]家崎 明

[8]<体重リミット 90・0kg>
[道頓堀の不動明王]千葉雄太
[日本一のドラ息子 東京青山最強ウェイター]高橋玲央

[9]<体重リミット 63・0kg>
[アウトサイダー少子化対策担当大臣 最強保育士]秋山 翼
[特殊暗殺任務遂行部隊 三島のCIA]シンゴD2

[10]<体重リミット 73・0kg>
[栃木真岡 夜の代表取締役]松本峰周
[ケンカと祭りは江戸の華 喧嘩神輿 東京代表]佐藤 隆

[11]<体重リミット 70・0kg>
[浜松の喧嘩無敗伝説 ザ・ドーベルマン]吉田 傑
[静岡天竜区最恐 スコップマン]学コング

[12]<体重リミット 82・0kg>
[難攻不落のベストバウト野郎 近畿のケンカ柔道一直線]高田敬久
[ストリートファイトの重鎮 人生喧嘩任侠]中村トッシー

[13]<体重リミット 64・0kg>
[横濱義道会 初代総長 濱の狂犬]黒石高大
[太田総理の最強ブレーン ザ・タイタン]野口悠介

[14]<体重リミット 65・0kg>
[川口連合 第十代総長]武井勇輝
[和製ヴァンダレイ 鋼の喧嘩術師]友田隆志

[15]<体重リミット 69・0kg>
[寝ても立ってもフルポッコ 取手の拳帝]幕 大輔
[顔面美容整形マシーン]中村俊太

[16]<体重リミット 80・0kg>
[お前のメダルは俺のもの! 俺のメダルは俺のもの! 国士舘のリアル・ジャイアン]剛田 武
[男暦27年 マッド・ジーニイズ]能仁

[17]<体重リミット 68・0kg>
[天下一武闘会 大目付]野村 剛
[拳に刻む七つの十字架 高円寺のトランス・ハイ]佐藤拳真朗

[18]<体重リミット 105・0kg>
[アウトレットブルース]川村 勝
[九州天下一の重量戦士 天神のラスボス]出田源貴

[19]<体重リミット 63・5kg>
[津田沼のピットブル]小林聖人
[濱の勇二]高垣勇二

[20]<体重リミット 60・0kg>
[関東伝説チーマーKGB元幹部 千葉の鬼夜叉]内藤 裕
[レジェンドオブウェストゲートパーク リアル刃牙降臨]渋谷莉孔

[21]<体重リミット 69・0kg>
[博多名物 ひとり喧嘩祭]アパッチ小次郎
[最強セキュリティー軍団 ボンズ所属 暴力大魔王]加藤友弥

[22]<体重リミット 75・0kg>
[北関東最強暴走族 元・魔璃闇薔薇 総長 格闘彫師]吉永啓之輔
[インテリジェンスタイガー]秀虎


 いよいよ、開催は1週間後。前田、そして、“未来の前田”の生き様を両国国技館で見届けましょう。


 …まだ、読んでます?


 前述のパンフレットには、こんなオチが。
##
最後に、最近のプライベートでの話題は?
「ぎっくり腰になった(爆)。赤ん坊がソファから落ちそうになったんで、あっと思い手を伸ばした瞬間・・・ギクッって。まいったよ。アハハハッ」
##


 今週の【週刊 前田日明】はここまで。
 次週も前田日明を追いかけます!


追加&再掲 (* ̄o ̄)ゝ前田日明の1週間

 ここ1週間のニュース再掲です。

□ 前田日明と三池崇史監督がトークショーを開催/雑誌対談では前田と秋山成勲の顔合わせも  2009 3/6
□ 前田日明さんと|小比類巻太信オフィシャルブログ「サンドバッグと牛乳」by Ameba  2009 3/7

▼前田日明と小比類巻太信が対談
格闘技通信5月号 
3月23日(月)発売! 定価 860円(税込)
3・8DREAM.7 フェザー級GP詳報&分析
小比類巻「前田さんは自分が少年時代から憧れていた方で、現在お世話になっている藤原道場に通うきっかけを作って頂きました。今も週に1度以上連絡頂きアドバイスを受けています」

▼前田日明VS秋山成勲対談掲載
リアルバトルトークvol.4(モッツ出版)
3月27日(金)発売
秋山「リアルバトルトークという雑誌の対談で、前田日明さんと対談しました。ちょっと緊張しましたが楽しく話せました。3月27日発売」

▼第195回コーセーアンニュアージュトーク
トークライブ
前田日明vs三池崇史 ~来るべきもの~
[出演]前田日明 / 三池崇史
[日時]2009年4月28日(火)18時開場 19時開演
[会場]東京・恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルーム
[料金]前売り2,200円 当日2,600円
(全席自由整理番号付き・ドリンク付き・抽選プレゼントあり)
[発売]3月19日(木)
[プレイガイド]チケットぴあ TEL.0570-02-9999(Pコード 615-102)
[問い合わせ]マーク・アイ TEL.03-3464-0761


↓週刊前田日明バックナンバー、カクトウログ前田日明記事、関連サイトリンクはこちらで
・ 週刊 前田日明 ~unofficial~

■□T.SAKAi
週刊前田日明に1票/人気ブログランキング


ご来場ありがとうございました!

        = 事実誤認・誤字指摘メール =
左サイドバーのココログマーク下から直通メール→大変助かります。
カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。
===========================
                 [カクトウログTOPページに戻る▲

« 1・4ドームでの武藤VS棚橋は1年前に週プロがリクエストしていた・・・「正しい情報」載ってますか? | トップページ | 激レア桜庭和志の覆面&手袋仰天高額!!ほかプロレスラー・格闘家テレビ出演ミニ情報 »

« 1・4ドームでの武藤VS棚橋は1年前に週プロがリクエストしていた・・・「正しい情報」載ってますか? | トップページ | 激レア桜庭和志の覆面&手袋仰天高額!!ほかプロレスラー・格闘家テレビ出演ミニ情報 »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー