« 教育レスラー参上~プロレスで人の痛みを伝えて、いじめ・非行を防止(NHK総合で日曜深夜放映) | トップページ | 功績と子殺しの果てのプロレスデビュー50周年~アントニオ猪木10万円DVDボックス関連情報 »

2010.11.01

再論!? 前田日明が仕掛けられた対アンドレ「シュートマッチ」の真相【週刊 前田日明】

pick up ▼ニュース 愛川ゆず季が涙のプロレスデビュー=10・31ゆずポン祭愛川ゆず季は予想以上のデビュー戦!自己採点は「80点」涙は「安堵感ではなく悔しさ」親心であまい採点かもしれないけど、私は本当に感動しました@風香この試合を観て焦りも危機感も抱かない選手や団体は淘汰されちまえばいい@須山浩継KENTA、青木組がGHCJr.タッグ王座奪回へ=ノア10・30後楽園KUSHIDAは健闘空しくOVW王座奪取ならず!さくら戦を希望した朱里は気合いのダンス=10・30スマッシュ新宿SMASH新宿~JCBホールへカウントダウン@須山浩継 ▼情報&コラム 南アジア出身者として初の栄誉~タイガー・ジェット・シン公立幼稚園&小学校がついに開校12月23日(木・祝)12:00新宿 松永光弘&ヤマモ・年末スペシャルトークLIVE電子書籍『SMASH×SMASH』リポートと、SMASHでサク裂した矢郷さんのケビン・ナッシュっぷりZERO1の「イジメ撲滅・元気ハツラツ」イベントにサスケ参戦長尾宏志、新日本プロレス復帰も示唆タレント・二階堂綾乃のブログが激しすぎる@多重ロマンチックさん ▼格闘技 んあ~、ホリエモンのDynamite!!参戦決定?@ブラックアイさん12・30「格闘技フェスティバル」開催へ 泉「石井と年末に戦いたい」=SRC 10・30両国

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第113回のラインナップ▼再論!?前田日明が仕掛けられた対アンドレ「シュートマッチ」の真相・・・[記事全文へ

↓世界最強のブログはランキングが決める
Blogranking_a_2

                * * *

 情報をキャッチしていながら、最新1週間(月曜から土曜まで)で取り上げなかった前田日明の話題、あれば翌週送りせず日曜にまとめる。あと、1週間で取り上げた前田関連記事、主要記事リンクも再集約しておくことにします。
(週刊前田日明バックナンバー →「週刊前田日明」参照)

 この連載を毎週見ておけば前田関連の動きは逃さない!
 理想はそこですが、どうなるか。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

再論!?前田日明が仕掛けられた対アンドレ「シュートマッチ」の真相

 先週・10月27日発売の『週刊プロレス』誌に、前田日明ミニアルバムが中カラーで収録された。
・ 前田日明、頭の検査で脳動脈瘤が見つかっていた~週刊プロレス中カラー「前田日明ミニアルバム」: カクトウログ

 この前田特集関係で、電子書籍ミルホンネットに反応あり。
・ 週刊マット界舞台裏'10年11月04日号 [inouejojiz199.krm] - 280円 : 武道・プロレス・格闘技 ファイト!ミルホンネット,
##
 『週刊プロレス』の今週号は表紙、巻頭カラーページ、巻頭記事の3つとも全日本プロレス10・24横浜文化体育館。それほど注目された興行ではなかったはずだが、ほかにビッグマッチがなかったり大きなニュースが発生していなければ、武藤敬司の世界ジュニア初挑戦という話題もあった10・24横浜に偏るのは仕方がない。その代わり、それを補う目玉はちゃんと用意されていた。
 それが“伝説のレスラー”前田日明を大特集した中カラーのミニアルバムシリーズだ。その中でファンが1番知りたがっているアンドレ・ザ・ジャイアントや佐山聡とのシュートマッチ、長州力襲撃について前田本人が語っているのだからこれに勝るものはない。
 ただ、このインタビュー記事を読んだ井上譲二記者は、前田の大きな思い違いに気付いたという。井上記者が「○○氏の名誉のためにも証言しておきたい」と言う前田発言とは……

##

 ポイントとなったのは、前田の見解。以前から前田は、“アンドレをたきつけた張本人は坂口征二”だとしている。
・ 2005.11.13 前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアント【週刊 前田日明】: カクトウログ
##
あの試合の後、UWFの控え室からシャワーを浴びに行ったら猪木さんに、お前よくやったなと言われましたけどね。あの試合は坂口征二がアンドレを炊きつけたんじゃないでしょうか、いろんな関係者の話から確信できました。みんなの前で恥をかかせてやれと思ったんでしょうね。
##

 加えて、前田は、アンドレ自身が「イッツ・ナット・マイ・ビジネス」と言ったこと、坂口が試合後にムスッとしていたことに触れ、今回の週プロでも“張本人は坂口”説を口にした。

 一方で、元『週刊ファイト』井上譲二氏は、以前に著書『闘魂の呪縛 王道の絶望―昭和マット界黄金期に隠された「プロレス死滅」の病巣』(双葉社)でも、アンドレVS前田の真相に言及している。
・ 2009.08.10 前田日明「自民党を潰さなきゃいけないと思います」衆院選応援演説~後編【週刊 前田日明】: カクトウログ
##
(1992年10月に井上氏によるアンドレの自宅訪問の際)
 幸いアンドレ宅には無二の親友でアンドレVS前田を裁いたフレンチ・バーナード氏が同居しており、彼から核心部分を聞き出すことができた。
 フレンチは私に「アンドレ自身の意志」と新日プロ関与を否定した後、「本気でマエダをつぶす気はなかった。自分の強さだけをアピールしようとするマエダをちょっとこらしめただけ」と言った。

##

 井上氏は今回の『週刊マット界舞台裏』でも自論を再展開。ただ、それだけにとどまらず、坂口征二氏による当時の証言、立場的な背景にまで突っ込んで記事にしていて説得力がある。興味のある方はご一読を。

 おまけ。前田-アンドレ戦の試合経過を前田日明著書『パワー・オブ・ドリーム』から追う。
##
・ アンドレと闘えと言われたのは、2日前になってから。以前(アンドレと)闘ったときから自分がどれだけ成長したかを知るのに格好のチャンス。
・ 試合前に高橋レフェリー「気をつけろよ。アンドレが今日、お前をつぶすって言ってるぞ。レフェリーもやつのマネージャーがやる」。
・ タックルを仕掛けるとアンドレは上から体重を浴びせ、オレを潰そうとした。オレは不自然な形で尻餅をつき、首がガクンと詰まった。目潰しとチョークでオレを攻めてきた。必死でエスケープ。
・ キックを叩き込んでも顔色ひとつ変えないアンドレ。自分からロープに走り、両足タックル。バチーンと火花、アンドレがナックルパンチ。崩れたオレをつかまえて、フルネルソン。万力のようなパワー。ロープブレイクを認めないレフェリー、グルだ。絶体絶命。
・ リングサイドの藤原さん「構わねえ、殺せ!」。新日側の通路、猪木さん以下全選手が出てきてリングを眺めている。反対側、外人選手も勢ぞろい。普通、荒れてくると誰かが入ってきて試合をブチ壊す。ところが、見ているだけ。オレは罠にハメられた。
・ (アンドレ側)悪役マネージャー、若松さんだけは拡声器でがなりたてる、職務を全うしていた。
・ 片足タックルでアンドレを倒す。腕ひしぎ逆十字固め、腕が長すぎてホールドできない。手首をワキに挟んで腹を突き上げたらヒジが伸びた。しかし、ギブアップには至らない。
・ ゴッチさんに教わったヒールホールド。足首から下をテコに利用するので、アンドレのような足が大きい方が決まりやすい。アンドレのヒザの内側靭帯がベキベキ。アンドレ「NO!」。
・ 両者立ち上がる。オレは飛び込みざまに正面からアンドレのヒザに関節蹴り。倒れたアンドレに「お前がその気ならオレもやるぞ」と英語ですごむ。アンドレ、倒れたまま両手を大きく広げて「イッツ・ナット・マイ・ビジネス」。
・ 試合後、猪木さんや坂口さんに「これはどういうことですか」。しかし、みんな「自分は知らなかった」と言葉を濁すだけ。真相は闇から闇へと葬られ、テレビの録画からもカット。だが、この試合はオレに大きな自信をつけさせた。

##

 この前田-アンドレ戦のエピソードは、“新日本がアンドレを使って前田を潰そうした”ということで、前田の最強伝説を作り出す原動力の一つとなった。井上氏の主張が正しいとすると、ちょっとニュアンスが違ってくるものの、会社の立場などを飛び越えてアンドレが自身の判断で仕掛けたくなるほど前田は暴れん坊だったというのもまた、衝撃的ではないか。

 いろんな意味で興味深かった、今回の『週刊プロレス』前田特集。けっこう売れたかな?


 最新1週間の【週刊 前田日明】はここまで。
 今週も前田日明を追いかけます!


↓週刊前田日明バックナンバー、カクトウログ前田日明記事、関連サイトリンクはこちらで
・ 週刊 前田日明 ~unofficial~

■□T.SAKAi
週刊前田日明に1票/人気ブログランキング


ご来場ありがとうございました!

        = 事実誤認・誤字指摘メール =
左サイドバーのココログマーク下から直通メール→大変助かります。
カクトウログへの苦情やご希望もお寄せください。
===========================
                 [カクトウログTOPページに戻る▲

|

« 教育レスラー参上~プロレスで人の痛みを伝えて、いじめ・非行を防止(NHK総合で日曜深夜放映) | トップページ | 功績と子殺しの果てのプロレスデビュー50周年~アントニオ猪木10万円DVDボックス関連情報 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/49901085

この記事へのトラックバック一覧です: 再論!? 前田日明が仕掛けられた対アンドレ「シュートマッチ」の真相【週刊 前田日明】:

« 教育レスラー参上~プロレスで人の痛みを伝えて、いじめ・非行を防止(NHK総合で日曜深夜放映) | トップページ | 功績と子殺しの果てのプロレスデビュー50周年~アントニオ猪木10万円DVDボックス関連情報 »