フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

2011.12.29

日経MJ一面に新日本プロレスの話題が!~闘魂ショップフェイスブック店の「ソーシャルコマース」

pick up ▼ニュース KENTAの手術(左膝前十字靭帯再腱術)が無事に成功2012年元旦ZERO1後楽園ホール大会(午後2時開始)に親子15組を招待本日29日(木)朝10:30『元気ですか!! 大晦日!! 2011』直前インタビューをニコニコ生放送で生中継メインはヒョードルvs石井!!『元気ですか!! 大晦日!! 2011』試合順決定アントニオ猪木ゼネラルプロデューサーが年末恒例の炊き出しを敢行猪木、レバンナが遅れたら現役復帰する?ヒョードルがムエタイ流「石井殺しの左」 ▼情報&コラム 新日プロ1.4東京ドームで“新作グッズ”が一挙発売!! 商品一覧ページが完成1月4日から「LAUNDRY×新日本プロレスコラボTシャツ」全国販売開始YOSHI-HASHIが“CHAOS”入り宣言! オカダはふてぶてしく“頂上獲り”断言!! ダブル凱旋帰国インタビュー1月20日(金)19:00名古屋大会前夜祭に潮崎豪、杉浦貴、青木篤志が参加1月20日(金)22:00大阪大会終了後「ゼロワン大阪2012新年会」田中将斗、佐藤耕平、日高郁人が参加

111223_nikkei_mj 日経MJ(日経流通新聞)というと、2010年に新日本プロレス関連の記事が大きく載ったことがあったが、、、
・ 2010.10.10 新日本プロレスとノアが合体~新コンテンツ・ライセンス「サムライズ」を海外で展開へ(日経MJ): カクトウログ

 23日発売分における一面記事に「ネットの買い物 仲間が広がる」との見出しで新日本プロレスの闘魂SHOP Facebook店が取り上げられている。すみません、会社の回覧が遅くて紹介が遅れました。もう店頭にはないと思います。
##
・ 老舗プロレス団体の新日本プロレスリング(東京・目黒)。試合の興行が主な事業だが、選手や団体マークをあしらったTシャツ、雑貨類のグッズ販売も売上高の1割強を占める収入源だ。グッズ販売は試合会場とネットの電子商取引(EC)サイト「闘魂ショップ」の2本柱だったが、11月末に新たな販路が加わった。「闘魂ショップフェイスブック店」だ。
・ リンク先のECサイトに飛ぶことなく、団体のフェイスブックページ上で、商品閲覧から購入まで一括してできるのが特徴だ。現在は20~30商品に絞って販売しているが、今後、新商品を試験的にフェイスブック上で販売し、人気の出た商品をイベント会場で本格販売するなどの取り組みを始める予定だ。
・ 購入は通常の通販と同様、商品を選んだ後、送付先の名前や住所を打ち込み、オンライン決済サービスのペイパルで支払いを済ませる。
・ 通常のECサイトでもフェイスブックやツイッターと連動し、友人に紹介したり意見を聞ける機能はあるが、複数のサイトを行き来する必要がある。公式フェイスブックページだと、商品へコメントはできるが、友人とのコミュニケーションにはリンクをシェアするなどの作業が必要で、購入は別途ECサイトに行かなければならない。
・ 闘魂ショップフェイスブック店には、こうした手間はない。同店に集うのは熱心なプロレスファンに限られる。Tシャツ1枚についても、「宇宙来た~! めちゃめちゃ欲しい!」など、試合の応援並みの、熱いコメントが積み上がる。同好の士が集団心理を形成すれば、商品購入への流れができやすい。コメントの交換と購買の間に手間が少ないことで購買心理を妨げない効果がある。
・ 新日本プロレスにとっては「ただ商品を陳列するだけでなく、商品についてファンとやり取りができる」(コンテンツ統括事業部の阿部猛氏)利点がある。商品それぞれに「いいね!」ボタンを備えているため、人気商品や、ファンがどんな感想を持ったのか、それがどれだけ購入につながったのかフェイスブック上で把握できる。

##

 SNSでのやりとりをインターネット通販の販促につなげる「ソーシャルコマース」の広がりを伝える記事。

 単なる買い物というわけではなくて、ファン同士で評価したり盛り上がったりしながらの買い物。プロレスグッズは自分でよしあしを考えて購入することが多いが、どういうところが他のファンに受けているのかということを意識しながら買えたら確かに楽しそうだ。

 新日本プロレスのいろんなチャレンジのひとつがマーケティング手法の一つとして記事になったのは嬉しいこと。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスオフィシャル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.28

棚橋弘至を起用した防犯対策ポスターは、神奈川県警本部に勤める平田淳嗣の実弟の提案だった

 ひとつ前の記事でこちらを紹介した件だが、、、 
111226_njpw・ 「盗撮野郎!逮捕までの3カウントは俺が数えてやる」棚橋弘至が盗撮・痴漢被害防止に立ち上がる: カクトウログ

 新日本プロレス公式携帯サイトで平田淳嗣が話題にしている。
##
 12月21日、神奈川県警本部より棚橋弘至選手を起用した防犯対策ポスターが配布されました。『痴漢、盗撮防止対策』や『振り込め詐欺防止対策』など、色々なバージョンのポスターが県内の主要駅や公共機関に貼られる事になりました。
(中略)
 このポスターの件、県警本部に勤める私の実弟が持ってきた話です。警察と新日本プロレスの初コラボレーション! 未来が見えて来ましたね!

##

 おおっ、そんなつながりが!

 もちろん弟さんも、流れとタイミングをみてうまく提案したんでしょう。ナイスです。

 この記事を見ると棚橋のポスターにはバリエーションがありそうですね。セリフだけなのか、写真も違うのか。神奈川県のプロレスファンは要チェック。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスオフィシャル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.27

「盗撮野郎!逮捕までの3カウントは俺が数えてやる」棚橋弘至が盗撮・痴漢被害防止に立ち上がる

pick up ▼ニュース 元UFC王者ティム・シルビアが大晦日参戦! バンナとIGFルールで激突=元気ですか!!大森隆男の全日本プロレス入団はファン投票によって決定“AKB48イチの新日本好き”小森美果さんが1.4ドーム大会のスペシャルサポーターとして来場決定近藤修司がノアに宣戦布告エル・サムライが名古屋スポルティーバ・エンターテイメント所属に@ブラックアイさん12月27日高木トークイベント開始直前に公開記者会見北朝鮮の後継指導者・金正恩氏のおじいちゃんは日本の元プロレスラー ▼情報&コラム 書泉1.4東京ドーム祭り写真付きレポート@多重ロマンチックさん内容はさておき、サスケの大予言はこんな感じで(マグカップ事件後日談あり)@鈴木健大仁田厚「引退・復帰」年表はこれで合って居るのかな?@豊本明長12月27日(火)27:00ラジオ日本「真夜中のハーリー&レイス」木村陵子さん(美人すぎるDREAM広報)表紙は衝撃の棚橋失神…週刊プロレスは12月27日(火)発売 ▼格闘技 白鵬がプロレスラーとぶつかり稽古日刊スポーツ連載「変わった大みそかの光景」が27日からスタート

111226_njpw 通勤・通学が毎日楽しくなる!? いや、訴えている中身は真面目だから笑ってはいられない。神奈川県警が各駅に棚橋弘至のポスターなどを配布しているという。 
・ 東京新聞:盗撮や痴漢根絶を 港南署 上大岡駅で注意呼び掛け:神奈川(TOKYO Web)
##
 盗撮や痴漢の被害を防止しようと、港南署は二十一日、横浜市港南区の京急電鉄上大岡駅で利用客に注意を呼び掛けた。
 署員が「犯人が何時何分発の電車に乗ったかや、人相、背の高さを覚えて届け出を」と呼び掛け、大音量のホイッスルと指輪型の発光ダイオード(LED)ライト計三百個を配布した。
 県内では今年一~十一月、約三百七十件の痴漢と約二百八十件の盗撮事件が発生。同駅と併設店舗では計二十四件起き、シャッター音の出ないカメラ機能を持たせた多機能携帯電話(スマートフォン)による盗撮もあった。
 同駅を通勤で利用する女性(28)は過去、複数回被害に遭ったといい、「犯人に、気づいていると分からせるそぶりをするようにしている」と話していた。
 県警は駅構内エスカレーターなどでの警戒を続けるほか、新日本プロレスの棚橋弘至選手を起用し「盗撮野郎! 逮捕までの3カウントは俺が数えてやる」と大書したポスターなどを各駅に配布する。

##

 チャラ男キャラの棚橋だが、きっちり取り締まるぜ。

 駅で見たらインパクトありそう。筋肉がまぶしい、、、けど駅だしなぁ。露出狂みたいだなんて言っちゃいけない(笑)。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスオフィシャル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.26

アントニオ猪木、上田馬之助さんの秘話を明かす~「シンへの加担はオレがひらめいた」ほか

pick up ▼ニュース 斎藤彰俊がノア所属離れフリー契約へ@ブラックアイさん最悪!! 2011年の最終興行が、鈴木の“悪言マイク”で汚された=新日本秋田秋田大会直前、“逸材王者”棚橋が2連続でクリスマスイベント! 地元の熱いファンが大勢参加ブル中野引退興行のメインに抜擢された志田がICE×60王座を奪取して締めくくる=アイスリボン元全女の脇澤美穂が10年ぶりにリング復帰=スターダム新木場セクシー過ぎる!?無事にデビュー はるか悠梨がファイティングポーズチェリー「栗原に勝って女子プロトップに並ぶ」=ユニオン会見 ▼情報&コラム 米山香織引退撤回に伴うチケット料金払い戻しのお知らせ語ろう、1.8レジェンド・プロレス(PART.2/DJ JIN<ライムスター>編) ▼格闘技 大みそかへ石井激白「結果に飢えてる」本日12月26日(月)18:30TBS系『炎の体育会TVスペシャル』RENAが今田耕司らお笑い芸人と再戦

 上田馬之助さんが21日に亡くなったが、24日にアントニオ猪木が記者に上田さんをしのぶ中で秘話を明かしている。

 ひとつめは、大悪党・上田馬之助誕生に関するもの。
・ アントニオ猪木、馬之助さんの秘話語る/リング/デイリースポーツonline
##
 IGFのアントニオ猪木会長(68)が24日、都内で、21日に亡くなった好敵手・上田馬之助さん(享年71)をしのんだ。
 上田さんは日本プロレスの後輩で「かなりぶきっちょな人だから、かなり努力したと思う」と素顔に触れた。「強烈なイメージは新日本に上がったときから。こんな悪い(タイガー)ジェット・シンに日本人がどうして加担するんだ?って、オレがひらめいた」と、大悪党・上田馬之助の誕生秘話を説明した。
 「何年か前に大分に行ったときに(上田さんが)来た」のが最後の対面。「いい奥さんに恵まれて、悔いがないんじゃないでしょうか」と、晩年に思いを巡らせた。

##

 タイガー・ジェット・シンをヒールに仕立てて新日本プロレスの闘いの軸を猪木がつくっていった歴史は明らか。上田さんをシンとくっつけたアイディア主が猪木だったとしても驚きはない。ただ、裏話に関しては“墓場まで持っていく”タイプの猪木がこういう話をするのは珍しい。

 もうひとつ、話は猪木自身の日本プロレス永久追放の件へ。
・ 猪木「寂しい」 馬之助さん暴露話で偲ぶ - プロレスニュース : nikkansports.com
##
  21日に亡くなった元プロレスラーの上田馬之助さん(本名・上田裕司、享年71)と現役時代に血の抗争を繰り広げたIGFのアントニオ猪木会長(68)が、故人をしのんだ。24日のニコニコ生放送出演後「不器用な人だったが、努力した。いい奥さんに恵まれて悔いはなかったと思う」と振り返った。上田さんの密告で日本プロレスを永久追放されたが「裏切りの張本人はジャイアント馬場だったが、上田さんは“馬場さんにやらせるわけにはいかないから”と。同期が旅立って寂しい」と話した。
##

 この件がボクらにどう伝わることが多かったかというと、例えば2006年の日刊スポーツの連載が参考になる。
・ 第2章~宿命のライバル馬場~: プロレスの証言者 アントニオ猪木
##
 71年(昭和46年)11月5日、女優倍賞美津子との挙式の3日後、猪木は行動を起こした。都内ホテルに、選手会長だった馬場を呼び出し、日本プロレスの改革の必要性を切々と説いた。猪木の挑戦要求で2人の関係は悪化しつつあった。しかし、馬場自身も幹部の経営には不満と不安を抱いていた。改革の一点で考えが一致した。リング上の感情を一時的に棚上げして、団結を約束し合ったという。

 「経営内容を改善しなければ、全選手が退団する」。選手から署名を集め、日本プロレスに嘆願書を提出した。この時点で、選手たちは一致団結していた。しかし、猪木はあまりに急ぎすぎた。側近だった計理士とともに臨時株主総会を招集。一部幹部の追放を提案した。この強引な行動に馬場は疑問を持った。一枚岩が揺らぎはじめた。馬場をはじめ改革案に賛成していた選手たちが、会社側の説得に次々と考えを変えた。行動派の猪木と慎重派の馬場。性格の違いが、運命の分かれ目になった。ついに2人の関係はリングの外でも決裂した。

 猪木「あるレスラーが幹部に『猪木が日本プロレスを乗っ取ろうとしている』と密告したんだ。会社側は『猪木のクーデター』と宣伝し、馬場さんも含めてみんな会社側に寝返ってしまった。オレは、もう走りだしたものは戻れないから、突っ走るしかなかった」。

 71年12月6日、猪木は選手会から除名された。同13日には日本プロレスから「乗っ取りを謀り、行動に移していた」と永久追放処分を受けた。1カ月前、女優の倍賞美津子と結婚式を挙げていた。当時の史上最高額1億円の超豪華式。まさに天国から地獄に突き落とされた。

##

 ここにある密告者としての“あるレスラー”が上田さんとされてきたわけだが、上田さん自身は確かに「最初に裏切り首脳陣に密告を行ったのは馬場」という証言もしている。
・ 上田馬之助 (プロレスラー) - Wikipedia
##
ただ2007年1月から5月にかけて東京スポーツにて連載されていた「上田馬之助 金狼の遺言」において、上田は「実はあの事件で最初に裏切り首脳陣に密告を行ったのは馬場であるが、当時の社内の状況ではとてもそのことを言える状態ではなく、自分が罪を被らざるを得なかった」と語っている。上田は「証拠となるメモも残っている」と語っており、これが事実なら定説が覆ることになるが、今となっては馬場を含め当時の関係者の多くが亡くなっていて事実関係を検証するのは困難であり、真相は藪の中というのが現状である。

いずれにせよ、この事件が発端となり馬場と猪木の決裂は決定的なものとなり、「新日本プロレス」を旗揚げした猪木、「全日本プロレス」を起こした馬場が日本プロレスから離脱、客の呼べる両エースを失った日本プロレスは崩壊した。慎重派といわれた馬場は、この事件についてその後一切語らず、以降信頼関係を第一に考えるようになった。「裏切り者」の汚名をきせられた猪木は、以降攻撃的な策士の面をみせる一方でその行動にはスキャンダルが付きまとった。元来お人好しで馬場より猪木と気が合ったといわれる上田は、以降孤独の身となりフリーとして悪役レスラーを貫き通した。馬場・猪木・上田のみならず日本のプロレス界にとっても重要な出来事であり、三者の心に暗い影を落としたことも事実である。

上田は引退興行の際「猪木さんにお詫びしたい」と語ったといわれ、後に和解したものの、猪木は「追放された事実よりも仲間だと思っていた上田の裏切りに深く傷ついた」と語っている。

##

 誰が正しい・正しくないとかは、どういう側面から語るかの問題なので重要ではない。ただ、ジャイアント馬場とアントニオ猪木が袂を分かつ場面に上田馬之助さんがいた。

 断腸の思いで馬場を守り、新日本プロレスでは猪木に尽くした。新日プロでのヒールぶりには、猪木を裏切ったという負い目もあったということか。

 ここには、単に“日本初の本格ヒールレスラー”という言葉では片づけられない上田さんの味わいがある。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> DREAM OFFICIAL WEBSITE
>> アントニオ猪木 IGFプロレスリング
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.24

中西学が半年ぶりに登場、ファンに挨拶「どのぐらいかかるか? できるだけ早く戻って来ますので」【追記あり】

新日本プロレス後楽園ホール2連戦は、イブのこの日に2日目。大会中盤に中西学が登場。長期欠場となってから約6か月半ぶりの登場となった。

新日本プロレス公式モバイルサイトから一部抜粋。
「いま、はっきり言って、アスファルトの上を軽く走るのがやっとなところなんです。
たしかに、いま皆さんに(VTRで)リハビリを見てもらって、普通の人に比べてみたら『かなり回復してる』って言うかもしれませんけど、レスラーとしては本当にまだ一歩も前進してないようなところなんです。ですが! やはり中西学が帰ってくるところは、リングしかありませんから(※大拍手&中西コール)。
ありがとうございます! どのぐらいかかるか? できるだけ早く、皆さんの前に、元気な体で力一杯、精一杯、闘えるように、戻ってきますので、その日までよろしくお願いします!(※大拍手&中西コール)」

復帰への意欲を見せるも、時期がどうこう言える段階ではない。ただ、前に進んでいることが嬉しいではないか。こういうのを文字で読めただけでも、ボクらファンにとってはクリスマスプレゼントとなった。

大会では永田が大☆中西ジャーマンを見せたという。

読者のみなさんはどんなクリスマス連休をお過ごしでしょうか。ボクは昨日は仕事場から新日後楽園直行、今日も仕事にハマってます(涙)。まぁ、こんなもんかな。

サムライで大会ニアライブあり。
関東地区の方は、夜中にテレ朝でワールドプロレスリング&棚橋サンタ特別番組あり。

(以上、17:25 携帯から更新)


※24:30追記 手術は10月。懸命のリハビリがあった!

 救急車で搬送されたのは6月4日のことでした。
・ 中西学が試合途中で動けなくなり救急車で搬送~意識はしっかりしている様子【「重傷」との報道も 追記】: カクトウログ
・ 中西学は「頚椎損傷」と診断される~命に別条なし、骨には異常なし、手のしびれは回復傾向【追記:「順調に回復中」と公式発表】: カクトウログ

111224_njpw 中西挨拶、コメント詳細はこちらで。
・ 12/24(土) 15:00 東京・後楽園ホール|Road to KINGDOM ~Battle X'mas~|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレス
・ 12/24 15:00~ 【新日本プロレス】棚橋&真壁vs.みのる&高山(後楽園H) (スポーツナビ)
##
■坂口征二相談役と並んで、中西学がバックステージで会見
 坂口「俺はそんな大ケガしたことはないけどさ。半年ずっとがんばってくれて、相談を受けて、彼の気持ちも焦ってたし、『申し訳ない』という気持ちと、『早く元気になりたい』という気持ちがあって、悩みにアドバイスして。『まっすぐちゃんと歩けよ』と。『歩けるようになったら、リングでの挨拶の機会を作れるように頼んであげる』と。3週間か4週間か、それで一生懸命リハビリをやりまして、一時は10何キロやせてゲッソリしてたんですけど、体重も戻ってきたんで。大変でしょうけど、来年、元気な姿を見たいと思います」

――坂口さんは病院にお見舞いにも行かれた?
 中西「ええ。京都のときと、9月に東京の病院ですね。」
 坂口「そういうのも励みになるし。責任感の強いヤツだからね。お見舞いに行けば行くほど、早く元気にならなきゃいけない、と。そういう焦りもあったけど、手術に踏み切って、手術にも成功して、もうちょっと時間をくださいということだよね」
 中西「手術は、10月7日ですね。もうアレですね。手術をしないでやった場合だと、もっとリハビリ期間が必要だということで。ただ、手術をしても、やってみないとわからない部分がありますから。ただ、ありがたいことに坂口相談役もそうだし、ウチの林リングドクター、三澤トレーナーの人脈を使わせてもらって、僕が思うに日本で一番の先生に手術をしてもらったんで。難しい手術ではあるんですけど、ほとんど筋肉に傷をつけず、身体に負担をかけずに、手術をしてもらいまして、手術の次の日から、自分の脚で歩けました。自分の身体は自分で治していくという考えの病院ですし、できることは自分で探してやっていく。それがレスラーにとってはトレーニングもそうだし、一番合っていると思います」
 坂口「ケガしても前向きな気持ちでいたから。普通はしょぼんとなるけど、前向きにモノを考えて行動してたから。もうちょっと時間をね?まだ若いんだから、焦ることはない」
――「中西」コールはどうでした?
 中西「うれしいのと……それとやっぱ、休みすぎてんなぁ、という気持ちですね。ずっと待っててもらってるから。せやから、生半可な気持ちではなくシッカリ直して、それと身体だけじゃなくて、どこまで戻れるかわからないです。中西学が。せやけどやっぱり、リングの上に、リングの上にあってこそ、自分だと思うんで……(歯をくいしばり、涙をこらえて)」
 坂口「…天山も1年何ヶ月、ずいぶん休んだよな? それと一緒だよ」
 中西「がんばります。ま、何があっても前向きに、できることをドンドンやっていって、身体を動かしていってシッカリ休めつつという、基本的なことを忘れてたんで、シッカリ目標をもって、復帰に向けて、一日も早く、リングの上に上がっても恥ずかしくないものを作りあげて、帰ってきたいと思います!」

##

 負傷したのが6月で、首の手術が10月。どうやって復調させるかの選択肢で悩んでいたようだ。

 バトルニュースにもレポートあり。
・ バトル・ニュース|試合速報・結果|棚橋にドームではストロングスタイル対決かと思わせておいて、本性を表した鈴木!欠場中の中西が「必ず戻ってきます」とファンに宣言!
##
・ 多くの観客から「待ってるぞー!」という声が飛ぶが、リングを降りる際も慎重に鉄階段を下る姿にまだまだ復帰までは長い道のりなのが分かる。
・ 10月上旬に首の手術を受けた中西は、次の日から自力歩行をしリハビリも開始したという。11月に退院した中西は、(欠場から)半年かかってようやく道場のリングに上がってみたところ、坂口会長に言われた通りいろいろなものを感じたという。その後も坂口会長に相談しながら少しずつ歩けるようになっていき、この日会場で挨拶するために激痩せした身体も3〜4週間かけてだいぶ戻したとのこと。

##

 手術後には懸命のリハビリ。退院後にゲッソリ痩せた状態から脱却を果たした。手術で早々に自分の足で歩けたようだが、「まっすぐ歩ける」状態が復活するようリハビリを続けた。けっして自然に治ったわけではない。苦悩して、努力して、涙を流して。その結果として後楽園での挨拶があったのだ。

 中西選手、おかえり!

 もちろんこれでゴールではなく、復帰戦が次の目標となる。焦ることはない。心配がなくなった状態でリングに上がってほしい。いつまでも待っているから。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスオフィシャル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.23

本間朋晃がIWGP・IC王座挑戦~新日本プロレス12・23後楽園ホール大会、速報観戦記まとめ

 新日本プロレス「Road to KINGDOM 1st.」12月23日(金・祝)後楽園ホール大会を会場にて観戦しました。当サイトでのリアルタイム速報を試合順に並べ替えましたので改めてどうぞ。[観戦記全文
111223_njpw_mt
・ 12/23(金) 18:30 東京・後楽園ホール|Road to KINGDOM 1st.|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレス
・ 【24時更新】12/23 18:30~ 【新日本プロレス】IWGPインター、ジュニア選手権(後楽園H) (スポーツナビ)

続きを読む "本間朋晃がIWGP・IC王座挑戦~新日本プロレス12・23後楽園ホール大会、速報観戦記まとめ" »

速報します、新日本プロレス後楽園ホール18時半~メインで本間朋晃がIWGP・IC王座に挑戦

pick up ▼ニュース 12月25日(日)長州力が武蔵小山エンジェル各店のイベントに出演全日本プロレス勢が12月23日(金)~26(月)沖縄でイベント開催青木真也らが渋谷109で公開調印式猪木ゲリラ出演ダァー警官に卍固めダァー「アントニオ猪木が元気にするパチスロ機」が12月22日登場耕平vs関本!2012元旦後楽園ホールへ向け記者会見AKIRAの発言に、"デスマッチドラゴン"伊東が蛍光灯の持ち込みを示唆坂口征二相談役が、上田馬之助さんに追悼コメントキラー・カーン「2人で軽く酒2升飲んだ」ゆずポン日刊バトル大賞3冠の偉業達成 ▼情報&コラム 『燃えプロ』第6号にガイジン4強集結!メリー☆愛してマース!@金沢克彦1月4日東京ドームで一斉発売!選手新作シャツコラボグッズも目白押し!1月4日東京ドームで一挙発売大人気のセットアップ、バスタオル・スポーツタオルの新デザインもノア1月14日(土)14時 エリック兄弟入団会見&GHCヘビー級選手権公開調印式12月29日(木)川口オートレース場にてアントニオ猪木トークショー開催 ▼Dropkick Vol.3記事先出し UWFファン必読! 長井満也が語るリングスと総合格闘技ダン・スバーンMMA100勝の道のり「呼ばれて行ってみたら地下格闘技の試合だったこともある」笹原圭一DREAM EP 「僕らが大晦日に大博打をしないで誰がやるんだってことです」宮田和幸「DREAM.1のファイトマネーをまだもらってません」白目をむく“お絵かきアイドル”二階堂綾乃RENAインタビュー「毎日、泣いて、もうダメだと思った」大魔王降臨!ブロック・レスナーインタビュー

 新日本プロレス「Road to KINGDOM 1st.」12月23日(金・祝)後楽園ホール大会を会場にて観戦します。当サイトにてリアルタイム速報しますので、興味のある方はリロードしながらおつきあいください。

>> 速報は当サイト トップページへ!

 対戦カードはこちら。
・ 12/23(金) 18:30 東京・後楽園ホール|Road to KINGDOM 1st.|Match Information|新日本プロレス
・ 12/23 18:30~ 【新日本プロレス】IWGPインター、ジュニア選手権(後楽園H) (スポーツナビ)
##
■Road to KINGDOM 1st.
2011/12/23(金) 18:30 東京・後楽園ホール
当日券は「16時」より
[追記:試合前に上田馬之助さん追悼セレモニー

[1]三上 恭佑 vs 高橋 広夢

[2]ヒデオ・サイトー&田口 隆祐&後藤 洋央紀 vs 外道&高橋 裕二郎&飯塚 高史

[3]キング・ファレ&井上 亘&永田 裕志 vs 石井 智宏&矢野 通&中邑 真輔

[4]小島 聡 vs “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン

[5]天山 広吉 vs ジャイアント・バーナード

[6]KUSHIDA&タイガーマスク&真壁 刀義&棚橋 弘至 vs タイチ&TAKAみちのく&高山 善廣&鈴木 みのる

▼IWGP Jr.ヘビー級選手権
[7=セミ]プリンス・デヴィット vs ロッキー・ロメロ
※王者・デヴィット、3度目の防衛戦

▼IWGPインターコンチネンタル選手権
[8=メイン]田中 将斗 vs 本間 朋晃
※王者・田中、3度目の防衛戦

##

 サンタクロースのプレゼントは本間朋晃のベルト挑戦だったんでしょう。クリスマスに、みんなでハッピーに! 新日プロ本隊選手勢が本間を公式サイト上で猛プッシュ。
・ 「クリスマス、みんなで幸せになろうぜ!」12月23日、IWGPインターコンチネンタル王座へ初挑戦する本間朋晃に、内藤哲也がエール!
・ 「史上最上級の“お調子”を出せばベルトにも手が届く!」(小島)/12月23日、IWGP IC王座へ初挑戦する本間朋晃を、テンコジも全面バックアップ!
・ 「みんなの夢も背負って大爆発させてほしい」(井上)/12・23後楽園でIWGP IC戦に臨む本間朋晃を、青義軍も応援!
・ 「ベルトを獲らなかったら許さねぇ!!」(真壁)/いよいよ明日! IC王座へ初挑戦する本間朋晃へ、真壁&後藤から熱いゲキ!
・ 「俺も“一番近いところ”で応援します!」IWGP王者・棚橋が必勝法を伝授!/いよいよ本日!本間朋晃が田中将斗のIC王座に初挑戦!

 もちろん、ドーム前哨戦もしっかりと行われます。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスオフィシャル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.21

“金狼”上田馬之助さんが死去

昭和の悪役レスラーで、タイガー・ジェット・シンとタッグを組んでいた上田馬之助さんが死去した。

サーベルを口にくわえたシン。肩を組んだ馬之助。会場で観客を威嚇しながら入場する姿は名シーンすぎる。あのプロレス黄金時代からの時間の経過を感じずにはいられない訃報がまたひとつ、、、。

心からご冥福をお祈りいたします。これまでのプロレス界への貢献をありがとうございました。天国でゆっくり休んでください。


=週刊プロレスモバイルより抜粋=
“金狼”の異名で日本人初の本格ヒールとして一世を風靡した上田馬之助さんが21日午前10時7分、大分県臼杵市内で亡くなった。71歳だった。
恵美子夫人によると上田さんは同日、食べ物をノドに詰まらせ、病院への搬送中に息を引き取ったという。
96年に交通事故に遭い、大ケガ。現在は大分のローカル団体FTOの名誉顧問を務める一方、上田馬之助の名を後継者の所属選手(二代目)に託し、リハビリに努めていた。

(以上、18:07 携帯から更新)


※25:05追記 アントニオ猪木がコメント

 Yahooトップにも出るなど、ニュースとなりました。引退後、身体障害者施設への募金活動に取り組んでいた。
・ 上田馬之助さん死去 金髪の悪役レスラー - プロレスニュース : nikkansports.com
・ 金髪の悪役レスラーとして活躍 上田馬之助氏死去 ― スポニチ Sponichi Annex 格闘技
##
・ 金髪の悪役レスラーとして活躍した、元プロレスラーの上田馬之助(本名・上田裕司)さんが21日、自宅のある大分県臼杵市内で急死した。71歳だった。21日の朝食後、のどを詰まらせた様子を見せ、救急車で病院に運ばれた。搬送中に息を引き取ったもよう。
・ 1996年に自動車事故で脊椎を損傷し、下半身が不自由になった。引退後はリハビリ体験を元に、熊本市で身体障害者施設への募金活動に取り組んだ。
・ 上田さんは、1958年(昭33)に大相撲の追手風部屋に入門。60年に引退し日本プロレス入り。66年から2年間、悪役レスラーとして米国を転戦。帰国後の73年3月に大木金太郎と組みインタータッグ王座を獲得。同年に日本プロレスが崩壊すると、フリーとなって再渡米。76年の帰国後は、国際プロレスでラッシャー木村からIWA世界ヘビー級王座を奪取。77年から新日本に参戦し、タイガー・ジェット・シンとの極悪タッグで北米タッグ王座を獲得。アントニオ猪木の好敵手として活躍した。その後、全日本、新日本、NOW、IWAなどを渡り歩いた。得意技はコブラクロー、凶器攻撃。現役時代は190センチ、125キロ。

##

 アントニオ猪木もコメント。
・ アントニオ猪木、馬之助の死を悼む/スポーツ速報/デイリースポーツonline
##
 21日に逝去した上田馬之助さんについて、新日本プロレスなどで幾多の抗争を繰り広げたアントニオ猪木氏はこの日、所属事務所を通じ「また一人、同じ時代を過ごし、闘いを通じて信頼し合えた友人の旅立ちを見送るのは大変つらい気持ちです。謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」とコメントした。
##

 猪木が「また一人、同じ時代を過ごし、闘いを通じて信頼し合えた友人の旅立ちを見送る」という言い回しをしている。オリコンのサイトにプロレスラーの最近の訃報が出ていたので、猪木世代のものをまとめ。
・ 元プロレスラーのミスター・ヒトさんが死去 ニュース-ORICON STYLE-(10/04/21)
・ ラッシャー木村さんが68歳で死去 腎不全による誤嚥性肺炎のため (ラッシャー・木村) ニュース-ORICON STYLE-(10/05/24)
・ “鬼軍曹”逝く 元プロレスラーの山本小鉄さんが死去 ニュース-ORICON STYLE-(10/08/29)
・ 元レスラー・星野勘太郎さん、肺炎のため死去 ニュース-ORICON STYLE-(10/11/27)

 昨年に集中していたので、相次いだ感が大きいです。

 新日本プロレスが公式サイトで訃報を出している。
・ 上田馬之助さん、逝く

 こんなエピソードも。
・ 真樹氏、馬之助さん同い年の故人しのぶ/スポーツ速報/デイリースポーツonline
##
 故梶原一騎氏の実弟で、作家の真樹日佐夫氏が21日夜、デイリースポーツの取材に応じ、接点のあったプロレスラー・上田馬之助さんの死去を受けてコメントした。
 真樹氏は09年7月に大分市内で行われた地元プロレス団体の「2代目上田馬之助襲名式」に招待されて立会人を務めた。真樹氏は「俺が大分に行って呼び掛けたが、彼は表に出てこなかった。『こんな姿は見せられない。会わせる顔がない』と。昨日、大分の側近から俺に電話があり、車イスにも乗れないほど衰弱していたという。晩年は不遇だった」と同い年の故人を思いやった。

##

 亡くなる前日、“車イスにも乗れないほど衰弱していた”とも。弱っていたところで、食事がのどを通らなかったということなでしょう。


■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.17

“過去1・4ドーム”スティングvs馳、武藤&馳vsスタイナー兄弟が新日本プロレス公式動画にアップ

pick up ▼ニュース 天龍、力道山48回目命日に墓参秋山&斎藤組のGHCタッグ王座挑戦が決定=1.22ノア・大阪KENTA、手術は年内に…復帰来夏藤原組長「ビビると勝つものも勝てない」フィンレー戦へTAJIRI&大原が精神修養を敢行健介オフィス2012年1~2月地方大会決定ブル中野引退興行に阿部四郎が来場田村欣子vs華名『YouTubeでよみがえる至高の名勝負コレクション 燃えろ!NEO女子プロレス』 ▼情報&コラム 『2012全日本プロレス公開新人入団テスト』締め切り迫る不沈艦 来店!!@高山善廣週刊イノキ Vol.36 猪木版・2011年を現す一文字を発表! 昨年は「決」。今年は……?アントニオ猪木のインタビュー記事がKAMINOGE MOVEに掲載なぜ中井りんは姿を消したのか?笹原圭一DREAM EP 「僕らが大晦日に大博打をしないで誰がやるんだってことです」非情の青木真也戦! 北岡悟は何を語ったか?UWFの野武士 中野巽耀インタビュー合気の達人・柳龍拳ロングインタビュー【Dropkick vol.3】 ▼格闘技 宮田和幸インタビュー「川尻戦は次期挑戦者決定戦だと思ってる」=元気ですか!! 大晦日!! 初参戦の石田光洋が韓国の新鋭に1RKO負け=DEEP後楽園結果米統一ルールが生んだパッキャオvs.マルケス名勝負 ボクシング基礎講座 第1回――勝負の決着方法

 新日本プロレス1・4東京ドーム大会に向かって、新日公式サイトも東京ドーム特集。過去のイッテンヨンから今週はこちら。

NJPW GREATEST MOMENTS 1.4東京ドーム特集
1993年1月4日スティングvs馳浩 Sting VS Hiroshi Hase

NJPW GREATEST MOMENTS 1.4東京ドーム特集
1994年1月4日 武藤敬司&馳浩vsスコット・スタイナー&リック・スタイナー Muto&Hase VS Steiner Brothers

 本日は後藤洋央紀のイベントがあります。
・ 12月17日(土)14時~、闘魂SHOP水道橋店で後藤洋央紀選手がサイン・撮影会を開催!!


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスオフィシャル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.12.14

小島聡デビュー20周年記念興行にあの男が登場~12・14後楽園ホール速報観戦記まとめ

 新日本プロレス「小島聡デビュー20周年記念興行」12・14後楽園ホール大会を会場にて観戦しました。試合順に並べ替えましたので改めてどうぞ。[観戦記全文
111214_njpw_mt
・ 12/14(水) 18:30 東京・後楽園ホール|SATOSHI KOJIMA 20th ANNIVERSARY 「RUSH!!」 ~やっちゃうぞバカヤロー~|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレス
・ 【24時更新】12/14 18:30~ 【新日本プロレス】小島聡デビュー20周年興行(後楽園H)=スポーツナビ

続きを読む "小島聡デビュー20周年記念興行にあの男が登場~12・14後楽園ホール速報観戦記まとめ" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス2018 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー