« 田村潔司に秋頃の出撃プラン~2008年大晦日桜庭和志戦以来、3年以上実戦なしに終止符? | トップページ | 今夜7時から「史上最大ガチ相撲トーナメント」放映~ヒョードルvs鈴川、安田vsサップほか実現 »

2012.03.25

「不良のため」の格闘技に不本意な参戦、肖像権放棄しなかった選手のDVDでリングスが逆転敗訴

 前田日明リングスがプロデュースする「THE OUTSIDER」のDVDに、肖像権放棄の同意を得ていない選手が登場していた問題で、リングスが逆転敗訴となっていたことがわかった。
・ リングス前田日明、“不良のための暴力ショービジネス”『アウトサイダー』肖像権侵害事件で逆転敗訴の真相:MyNewsJapan
##
 元プロレスラー・前田日明(あきら)氏が社長を務める「リングス」主催の格闘技大会「アウトサイダー」に応募したA氏は、試合直前まで「不良のため」の格闘技という大会趣旨を全く知らされていなかった。不本意ながら参戦したA氏にとって、この試合は消したい過去だ。だがリングスは、A氏の肖像権放棄の同意を得ないまま、勝手に試合をDVDレンタル、販売、動画で有料配信などしてカネ儲けしていた。それを知ったA氏は、DVD回収や慰謝料など計710万円を求め裁判を起こす。一審は全面敗訴だったが、今年2月の二審判決においてA氏は逆転勝訴し、上告はなく、判決が確定。DVDや動画の差し止めと、リングスらに対し計210万円の支払いを命じた。
##

 大会後にリングスから送られてきたDVD発売に伴う肖像権放棄の同意書を、A選手は意思をもって返送せず。しかし、映像化されてしまっていた。

 原告の主張通りであればリングスの確認漏れであり、責任は問われて当然。返送がないならばきちんと本人にアプローチのうえ確認をとるべきだった。原告もこういう強い意志があるのであれば、「返送しない」ということではなく「映像化を禁止する」ことを告げておけば間違いがなかったのにとも感じる。問題が起きてしまったことが残念。

 もちろん本来的には、大会参加時の契約段階で同意が得られておくとよい。

 アウトサイダーに関していえば、不良じゃなくてももちろん参加できます。ただ「不良」という打ち出しをしている大会であることは確か。最初の選手募集では「不良」というニュアンスまで広告には入れてなかったんですね。

 記事に関しては“不良のための暴力ショービジネス”という書き方に意図を感じる。アウトサイダーは暴力を推奨しているわけではないのだが…。


 ほか前田日明情報。インタビューで登場あり。

120328_gspirit
▼new! Gスピリッツ Vol.23 (タツミムック)
3月28日発売!創立40周年記念特集 金曜夜8時の新日本プロレス [ワールドプロレスリング同窓会]新間寿・櫻井康雄・舟橋慶一 [消えた猪木の後継者たち]谷津嘉章・前田日明 [爆笑ポリスマン対談]ドン荒川×藤原喜明 [常連外国人レスラーを斬る!]藤波辰爾


↓最新情報はこちらから
Blogranking_a_2

>> 格闘技プロレス人気ブログランキング
>> RINGS公式サイト
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 田村潔司に秋頃の出撃プラン~2008年大晦日桜庭和志戦以来、3年以上実戦なしに終止符? | トップページ | 今夜7時から「史上最大ガチ相撲トーナメント」放映~ヒョードルvs鈴川、安田vsサップほか実現 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/54303312

この記事へのトラックバック一覧です: 「不良のため」の格闘技に不本意な参戦、肖像権放棄しなかった選手のDVDでリングスが逆転敗訴:

« 田村潔司に秋頃の出撃プラン~2008年大晦日桜庭和志戦以来、3年以上実戦なしに終止符? | トップページ | 今夜7時から「史上最大ガチ相撲トーナメント」放映~ヒョードルvs鈴川、安田vsサップほか実現 »