« 闘わないまま5年経過~田村潔司が語った「高田との別れ」「桜庭3連戦の真相」「最後の大勝負の可能性」 | トップページ | 小川直也が28日、天田ヒロミ戦(IGF名古屋大会)→ヌルヌル相撲(帰京で生出演)をハシゴへ »

2013.09.24

成瀬昌由が10年ぶりの総合復帰~猛反対した前田日明、4時間後に菊田早苗対策5か条を電話していた

 元リングスの成瀬昌由が10年ぶりに国内総合格闘技の試合に復帰。あの菊田早苗と対戦することが発表された。

 成瀬の名前に心が動いた人は、記事全文を読んでほしい。
・ バウトレビュー - NEWS [GRABAKA] 菊田早苗の相手は成瀬昌由。門馬秀貴が復帰戦:10.27 有明
・ 成瀬昌由の自由人ブログ菊田戦
##
 GRABAKA LIVE! 3(10月27日(日) ディファ有明)のメインを務める菊田早苗(GRABAKA/元ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシスト)の対戦相手が、成瀬昌由(フリー)に決まった。無差別級5分3Rで争われる。成瀬は90年代のリングス時代、門番的役割でフリー参戦の菊田と戦う可能性があったといい、昨年10月のGRABAKA LIVE! 2で桜木裕司とグローブ無しで戦った菊田に刺激を受け、対戦を志願したという。

 成瀬は現在40歳。前田日明氏が主催するリングスで1992年にデビューし、2002年から2006年は新日本プロレスで活動。MMAの試合は2004年のブラジルのジャングルファイトのトニー・ウィリアムス戦以来、国内では2003年大晦日のDynamite!!のヤン・”ザ・ジャイアント”・ノルキヤ戦以来となる。
 24日、東京・東中野のGRABAKAジムでの記者会見で成瀬は「2年前からGRABAKAさんの興行とかで菊田選手に会う度に(GRABAKA LIVE!で試合を)やりませんか?と声をかけてもらったんですが、去年、桜木選手とやった菊田選手の試合を見て震えました。金ちゃん(金原弘光)も引退して、同世代の選手がどんどん辞めて行く中、何かまだ残るものがある自分に、今回の大会出場のお話を頂いて、だったらと思い、自分の思いをぶつけられるのは菊田選手だと指名しました」と、対戦志願の理由を説明。
 菊田は「今、この業界に残ってる数少ない先輩の一人が成瀬さん。(1997年に)僕もリングスのバトルジェネシスに出させていただいて、リングスは異種格闘技戦とかの匂いが物凄くする団体だったので、戦うことにゾクゾクしています」と発言。すると成瀬も「当時、菊田選手がリングスに上がるときに僕も対戦候補に挙がってたので、幻のカードと言っていいですね。腰の手術とかをしていて戦えなかったんですが、他流派の選手が来ると門番的に僕とか高阪(剛)が受けて立つことが多かったですね。バトルジェネシスや実験リーグは熱があった大会ですけど、当時の感覚と、このカードが蘇ったと感じています」と、時を超えて菊田と戦えることの喜びを語った。

 心配なのは成瀬のブランク。練習状況について成瀬は「今度修斗世界王座の防衛戦をする弘中邦佳選手が所属している水道橋のマスタージャパンさんで、ほぼ毎日練習しています。もう40だから大変ですよ。でも昔のアーカイブを探りながらやってる感じで、充実した毎日を過ごしています」と話した。さらに「人生の節目節目で前田さんに何でも報告するのですが、今回の試合についても最初は『お前な、格闘技なめんな。何年格闘技やってないんや?』と猛反対されました。でもその4時間後ぐらいに電話がかかってきて、『やるんだったらこの5つのことやれ』と、菊田早苗対策5か条をいただきました。その中にはコマンドサンボのヴォルク・ハン、ニコライ・ズーエフ、アンドレイ・コピィロフから学んだ、日本では伝わらない技もありました。涙が出るくらいうれしかったです」と明かした。

 なお、菊田は成瀬の対戦志願の経緯を聞き、桜木戦と同じノーグローブマッチを提案したが、成瀬は「特殊なルールで、10年近く試合してない俺がやるのは乱暴です。簡単に判断できるものじゃない。それだけ尊重しないといけないルールだと思います」と消極的だった。

■GRABAKA LIVE! 3(10月27日(日) ディファ有明)
無差別級 5分3R
菊田早苗 vs 成瀬昌由

##

 リングスでの「幻のカード」が実現。前田日明が猛反対から4時間後、菊田早苗対策5か条を成瀬に伝授したという。

 大河ドラマぶりにしびれる。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_a_2

>> 格闘技プロレス人気ブログランキング
>> GRABAKA OFFICIAL WEBSITE グラバカジム オフィシャルサイト 東中野 赤羽
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 闘わないまま5年経過~田村潔司が語った「高田との別れ」「桜庭3連戦の真相」「最後の大勝負の可能性」 | トップページ | 小川直也が28日、天田ヒロミ戦(IGF名古屋大会)→ヌルヌル相撲(帰京で生出演)をハシゴへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/58259200

この記事へのトラックバック一覧です: 成瀬昌由が10年ぶりの総合復帰~猛反対した前田日明、4時間後に菊田早苗対策5か条を電話していた:

« 闘わないまま5年経過~田村潔司が語った「高田との別れ」「桜庭3連戦の真相」「最後の大勝負の可能性」 | トップページ | 小川直也が28日、天田ヒロミ戦(IGF名古屋大会)→ヌルヌル相撲(帰京で生出演)をハシゴへ »