フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« レヴェルが違う! オカダ・カズチカが猪木・鶴田・天龍以来史上4人目の2年連続MVP=東スポプロレス大賞2013発表 | トップページ | フジテレビ年末特番「ジャイアントキリング3スポーツマン腕相撲世界一決定戦」煽りVがUPされる »

2013.12.11

単なる「リーグ戦の公式戦」からのベストバウト選出は藤波辰巳vs前田日明以来27年ぶり=東スポプロレス大賞寸評イッキ

pick up ▼ニュース 12月11日(水)8:00日本テレビ『スッキリ!!』真壁刀義が登場宣伝部長サップ、1人1人に名刺渡しPR四天王よ永遠なれ 今週の週刊プロレス町の象徴としてふさわしくない!?世羅りさコスチュームの町章が議題に ▼情報&コラム ジブリの“過激な仕掛け人”が降臨! KAMINOGE vol.25表紙1月19日(日)16:00/18:00千代田区「CMLL FANTASTICA MANIA 2014」後楽園大会後、棚橋&BUSHI&CMLL勢がイベントBUSHIがアメーバブログをスタート1月25日(土)18:00渋谷区神宮前ニューロカフェ 豊田真奈美がホームパーティー形式の新年会 ▼格闘技 北岡悟が大みそか猪木祭りに参戦

 すでにお伝えした通り、マスコミによる選考会議により選出される東京スポーツ新聞社制定「2013年度プロレス大賞」結果が10日に発表された。
##
最優秀選手賞 オカダ・カズチカ(新日本プロレス)※2年連続受賞
年間最高試合賞 中邑真輔vs飯伏幸太(新日本8.4大阪 G1クライマックス公式戦)
最優秀タッグ賞 TMDK マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト(プロレスリングNOAH)
殊勲賞 KENTA(プロレスリングNOAH)
敢闘賞 関本大介(大日本プロレス)
技能賞 吉野正人(DRAGON GATE)
新人賞 竹下幸之介(DDT)
女子プロレス大賞 里村明衣子(仙台女子プロレス)
特別功労賞 小橋建太

##

 同日発売分の東スポでは寸評に誌面が割かれたが、同日中にネットでも掲載されています。というわけで、ここでは寸評&総評をイッキ!

プロレス大賞 MVP オカダ・カズチカ
・ オカダ「プロレス大賞」天龍以来の2年連続MVP 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 今年で40回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2013年度プロレス大賞」選考委員会が9日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社・会議室で開かれ、「最優秀選手賞」(MVP)はオカダ・カズチカ(26=新日本プロレス)が2年連続2度目の受賞を果たした。同賞の連続受賞は1986~88年の天龍源一郎以来25年ぶりの快挙だ。

 この日行われた選考委員会で、最優秀選手の候補に挙がったのはオカダ、飯伏幸太、永田裕志、KENTA、関本大介、曙の6人。オカダは1回目の投票で22票中11票と、決戦投票となった場合の過半数を集めた。「去年は2度の防衛だったが、今年は多様な強豪を相手に結果を残した」「あれだけバランスのとれた選手は出てこない。集客もするし、顔がいい」「業界のリーダー・新日本のトップはオカダと誰もが認めるようになった」などの賞賛を受け、MVPを受賞した。

 昨年の初受賞が82年の初代タイガーマスクに並ぶ史上最年少タイ記録(25歳)なら、2年連続の同賞受賞は86~88年の天龍以来、実に25年ぶりの快挙だ。過去に連続MVPを達成したのはアントニオ猪木、ジャンボ鶴田、天龍の3選手のみ。そうそうたる名レスラーに名を連ねた格好だ。

 それでもオカダにとっては「レベルの違い」を証明したまでの、当然の結果に過ぎない。「当たり前は当たり前。猪木、鶴田、天龍は俺と同じ時代じゃなくて良かったなと思いますね。俺と同じ時代じゃ連続受賞なんて無理でしたし」と、歴史をあざ笑うかのように自身の実力を誇示。さらには「来年もこれからもオカダを選ばざるを得ない選考会になると思うんで。東スポさんには、そろそろ初の『殿堂入り』というものを検討していただかないと、毎年同じ結果になりますよ」と、木村拓哉以上にジーンズが似合う日本人がいないのと同様、現役プロレスラーとしては“別格”であることを主張した。

「年間最高試合」(ベストバウト)は新日プロ8月4日の大阪・ボディメーカーコロシアム大会で行われたG1クライマックス公式戦、中邑真輔VS飯伏幸太が選ばれた。

 また、9月のレスリング世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)で優勝した女子3選手、48キロ級の登坂絵莉(20=至学館大)、55キロ級の吉田沙保里(31=ALSOK)、63キロ級の伊調馨(29=ALSOK)には「レスリング特別表彰」が贈られる。

 授賞式は来年1月9日に東京都内のホテルで行われる。

##

プロレス大賞 年間最高試合賞
○中邑真輔(19分18秒 片エビ固め)飯伏幸太●
・ 【プロレス大賞】天才2人の技術比べがベストバウト 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 今年で40回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2013年度プロレス大賞」選考委員会が9日に行われ、年間最高試合賞(ベストバウト)には、新日本プロレス、8月4日の大阪・ボディメーカーコロシアムで行われた中邑真輔(33=新日本)と飯伏幸太(31=新日本&DDT)のG1クライマックス公式戦が選出された。中邑は同戦と桜庭和志戦(1月4日、東京ドーム)が決選投票にもつれ込むという名勝負製造機ぶりを証明。

 混戦が通例のベストバウト選出は、計9試合がノミネートされた。3度目の投票となった決選投票に残ったのは中邑vs飯伏と中邑vs桜庭。「プロレスの緊張感、高揚感を感じる一番たぎった試合だった」「プロレスを見たことがない人でも面白いと思わせた試合」「究極の技術比べ」というハイクオリティーな内容が評価され、中邑vs飯伏が選ばれた。同戦は飯伏の華麗な空中技と狂気の打撃を全て受け切った上で、中邑がボマイェでねじ伏せ「イヤァオ!」とたぎった大激闘だった。

 自身の2試合が決選投票に残るという、昨年度技能賞受賞者の名勝負製造機ぶりを証明した中邑は「自分にとって意義深い試合が評価されたことをうれしく思います」と喜びの声を寄せた。

 決勝戦ならいざ知らず、リーグ戦の公式戦が同賞を受賞するのは珍しく、1986年の藤波辰巳vs前田日明以来27年ぶりとなる。「冠がかかってない試合で引っかかるってのは『してやったり』って感じですね。2013年のタイミングで2人(飯伏と桜庭)と戦えたのはラッキーだった」と誇らしげな表情を浮かべた。

 飯伏とは初対決だったにもかかわらず両雄の持ち味が十二分に発揮される攻防を繰り広げた。中邑は「感覚的に肌が合うというか。相性がいいんでしょ。再戦? 状況とタイミング次第ですね。カードにも価値が生まれたんで、もったいぶっちゃうな」と、階級を超えたライバルをたたえた。

 一方の飯伏は、10年のタッグ戦(飯伏、ケニー・オメガvs田口隆祐、プリンス・デヴィット)以来2度目の受賞となった。「シングルマッチで取れたのは最高すぎますね。あの時点で持ってるものは全部出し切った。自分の力を証明できたというか、すごく自信になるし、自分のプロレス人生の励みになります」とコメント。「今の自分にとってはMVPよりも価値のある賞というか、ベストな賞だと思っているのでうれしい」と、私生活での変人ぶりがすっかり影を潜めるほど喜びを爆発させていた。

##

プロレス大賞 最優秀タッグ賞 マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト組
・ 【プロレス大賞】ハンセン、ベイダー組に並んだTMDK 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 驚きの初戴冠だ。最優秀タッグ賞を受賞したマイキー・ニコルス(28)、シェイン・ヘイスト(28)は「この賞は知っていたが、まさか取れるとは考えてもいなかった」と口を揃えた。

 快挙といっていい。これまで同賞を外国人コンビが受賞したのは1998年のスタン・ハンセン、ベイダー組のみ。TMDKは来日わずか3年目で不沈艦&皇帝戦士というレジェンドに並んでしまったのだから、さあ大変だ。

「光栄です。今まで数々の先輩レスラーを尊敬して、少しでも追いつけるように頑張ってきた。その道をつくったレジェンドに近づけるようにしたい」と恐縮するニコルス。一方のヘイストは「自分たちもハンセンたちにあこがれて、ここまでやってきた。15年後、20年後にTMDKになりたいと言われるようにならないといけない」と襟を正した。

 2人は2011年2月に、オーストラリアからノアの留学生として来日。「ザ・マイティー・ドント・ニール(TMDK)=決してヒザをつかない」という不屈のオージー魂で頭角を現した。今年7月には新日本の矢野通、飯塚高史組からGHCタッグ王座を奪還。選考委員から「コンビネーションとタッチワークが絶妙」「一番完成されたタッグ」と絶賛された。

 賞レースではインディが誇る名コンビ、宮本裕向、木高イサミのヤンキー二丁拳銃と最後まで張り合った。ヘイストが「賞を逃した人が怒っているなら、いつでもやるよ」と言えば、ニコルスも「俺たちが賞にふさわしくないと思う人はいつでもかかってきなさい」と補足。会話の連係も鮮やかなTMDKが、来年もタッグ戦線を引っ張る。

##

プロレス大賞 殊勲賞 KENTA
・ 【プロレス大賞】激動ノアを牽引したKENTA 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 V9を達成したノアのGHCヘビー級王者・KENTA(32)に朗報が飛び込んだ。初の殊勲賞獲得。個人での受賞は2011年の技能賞以来、2度目となる。「前回の受賞では技能には自信がなかったんで驚いた。今回はチャンピオンとして賞をいただけた。明るい話題ができて良かった」と表情を崩した。

 鉄人・小橋建太の引退宣言、さらに秋山準、潮﨑豪らが大量離脱して最悪の船出となった13年のノアを支えたのは、わずか80キロの小兵・KENTAだった。「本当にネガティブなスタートだった。ノアがどうなっていくんだというのがあった。でも残った僕らがやるしかない。その中で必死にやってきたことが賞として評価してもらって本当にうれしい」

 MVPの選考でも4票を集めたKENTAの活躍には、選考委員から「タイトル戦以外でも試合内容が素晴らしい」「ノアを先頭に立って引っ張った。ファンの心を引きつけるダントツのカリスマ」などMVPに値する称賛を浴びた。

 殊勲賞の選考では全日本プロレスの3冠王者・曙と決選投票を争った。これを聞いたKENTAは「曙さんと競い合う。相撲好きとしては大変光栄。それを寄り切った。最高ですね」と笑顔がはじけた。

 だが、いつまでも喜んでいられない。ノアの新春第1弾決戦(1・5後楽園ホール)で、森嶋猛との防衛戦が正式決定。くしくも森嶋は昨年の殊勲賞受賞者で、1月にKENTAに敗れて王座転落した。「同じシチュエーションで落としたら(殊勲賞は)縁起が悪くなる。さらに気を引き締めていく」と方舟のカリスマは来年のばく進も誓った。

##

プロレス大賞 敢闘賞 関本大介
・ 【プロレス大賞】186試合戦った新・鉄人が初受賞 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 敢闘賞を初受賞したBJW認定世界ストロングヘビー級王者・関本大介(32=大日本プロレス)は、新・鉄人襲名を誓った。

 まさにフル稼働の一年だった。今年1月1日から大みそかまでの予定を含めると、なんと年間186試合。単純計算で2日に1試合はこなすタフネスぶりを発揮した上、好勝負を連発してきた。そのため、ノアやWRESTLE―1などの他団体からも引っ張りダコで、マニアックなイベントプロレスからもオファーが舞い込んだ。さらにドイツやフランスにも遠征し、関本が上がったリングは実に「17」にも上った。

 1度目の投票で関本は8票を獲得。石井智宏(38)との決選投票で過半数を上回る13票まで伸ばして受賞が決まった。関本は「まさかですね…。自分が選ばれるとは全く思っていなかったです。身が引き締まる思いです」と謙虚に話した。

 選考委員からは「後楽園ホールに行くと毎回関本がいる」「ケガもせず、寡黙に体を張り続けている」との声が上がった。関本は「1週間試合がなかったら不安になります。試合依存症みたいなところがあるので。ケガをしなかったのはトレーニングのおかげです」と胸を張った。

 来年はさらなる高みを目指す。関本は「来年は190試合と言わず、200試合したい。それぐらいの需要がある選手になれたらうれしい」と大台突破を誓う。もちろん、3月に奪取した至宝も守り続ける。ゼロワン・佐藤耕平(36)とのV10戦(29日、後楽園)に向け、関本は「ホームで勝たないと示しがつかない。細かいことは考えず、正面からぶつかっていく」と気を引き締めた。

##

プロレス大賞 技能賞 吉野正人
・ 【プロレス大賞】「積み重ね」評価された吉野 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 ドラゴンゲートの看板でオープン・ザ・ドリームゲート王者の吉野正人(33)は前日の札幌大会から東京入りする移動中に受賞の報を聞いた。

「正直、驚きました。今年でキャリア13年ちょっと。今までノミネートされることはあっても、受賞はなかったので。東京や大阪、神戸の大会場だけでなく、年間180試合、1試合1試合の積み重ねが評価されたのだと思います」と驚きの笑顔を見せた。

 この日は東京でつかの間のオフだったが、吉野は他のドラゲー勢とともにこの10年来、都内の練習拠点とするフィットネスジム「ミッドブレス初台」(水戸川剛代表)で時間を惜しみながらトレーニング。ドラゲー勢の引き締まった肉体をプロデュースすることから、選手たちに「東京の父」と呼ばれる水戸川代表から、祝福を込めて「祝 技能賞」と上腕二頭筋にペイントされた。

 吉野はCIMA↓鷹木信悟↓YAMATOと2013年に目まぐるしく移動したドリーム王座を10月に奪取。以降、土井成樹、T―Hawkを相手に密度の濃い防衛戦を重ね、年内最後の大一番・福岡国際センター大会(22日)ではB×Bハルクとの防衛戦を控える。

「ここでハルクに勝てば、同世代の敵対する主力選手を全部倒したことになる。技能賞がダテではなかったことを証明します。2014年はMVP、ベストバウトなどもありますが、まずはドラゴンゲートのプロレスをいろんな方に見てもらうことこそが目標。会場でストレス発散してもらい、明日への活力にしていただくことこそが、我々の喜びです」と語った。

 独身のため私生活では結婚の話題も聞かれることが多い。だが吉野本人は目下、韓流女優のハン・ヒョジュ(26=「華麗なる遺産」「トンイ」など人気ドラマで主演)に夢中。「プロレス以外で一番の目標はヒョジュさんに会うこと。もし握手でもしてもらえたら…最高です」と野望を明かした。

##

プロレス大賞 新人賞 竹下幸之介
・ 【プロレス大賞】可能性は無限大!高校生レスラー竹下 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 新人賞にはDDTの現役高校生レスラー・竹下幸之介(18)が輝いた。

 高校生活最後の年に大きな勲章を手にした。竹下は昨年8月18日の東京・日本武道館大会で破格のデビュー。最大の武器は陸上競技で鍛えた抜群の身体能力だ。中学3年時には混成競技で全国3位の好成績を収め、186センチの長身から繰り出すドロップキックは、MVPオカダばりの打点の高さを誇る。

 IGFの将軍岡本(30)との決選投票で14票を獲得して受賞した竹下は「高校生でデビューしたからには高校生のうちに新人賞を取りたかったので、うれしかったです」と素直に喜びを口にした。

 選考委員からは「自分の身体能力を生かせるようになった」「将来性、ノビシロがある」などの高評価。選手としての成長の余地が無限にあるだけでなく、実際にまだまだ“成長期”だ。竹下によると、デビュー後の約1年4か月で身長が2センチ伸びたという。

 来年3月には現在通う大阪市内の高校を卒業するが、今後も学業と両立させる方針を変えるつもりはない。ただ、試合のたびに大阪から移動する手間を省くべく、拠点を関東圏に移す。竹下は「東京で試合した日の夜に大阪に帰って、次の日に学校という生活にも慣れましたが、プロレスに専念するために関東の大学に進学します」と打ち明けた。

 もちろん、受賞はスタートに過ぎない。竹下は「両国2days(8月17、18日)の経験が大きかった。注目されるきっかけにもなりました。他団体よりもKO―Dのシングル、タッグ、6人タッグのまずどれか1つを取りたい」とさらなる精進を誓った。

##

プロレス大賞 女子プロレス大賞 里村明衣子
・ 【プロレス大賞】NY滞在中に吉報届いた里村 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 女子プロレス大賞に輝いた里村明衣子(34=センダイガールズプロレスリング)は、何と旅行先の米国・ニューヨークで初受賞の報を聞いた。

「ホントですか? やったー!」。深夜2時、叫び声を上げると、里村は滞在するホテルのベッドに倒れ込んだ。涙でしばらく言葉が出ない。「19年プロレスをやっていてこんなに大きな賞をいただくのは初めて。うれし泣きしたのも久しぶりです。ありがとうございました!」。選考委員からは「地道に選手を育て、東京から離れているというハンディにもめげず、しっかりしたプロレスを見せた」「見事に世代交代を遂行している」などの声が上がり、1回目の投票で過半数の12票を集めた。

 里村は10・17後楽園大会で「重鎮軍対新星軍8対8勝ち抜きマッチ」を行い、女子プロ界のレジェンドと新星が一堂に会した画期的な大会を実現させた。これも評価の対象となった。「構想から1年。交渉は5か月かかった。厳しかったけれど絶対実現させなければならない大会でした」と里村は声を弾ませた。

 仙台に道場を構えて7年。厳しい練習とストイックな指導に耐えられず何人もの選手が辞めていった。「プロレスラーはまず練習ありき。うちは育て方も確かに厳しいです。でもレベルを下げることはしたくない。今後もそれは変わりません」(里村)と決意を新たにした。

 地元・仙台は楽天イーグルス初の日本一に沸いたばかり。「仙女も何千人、何万人集められるような団体にしたい。どうやったらプロレスの人気が世間一般でも通用するようになるのか。来年も大きなことを仕掛けるつもりで前を向いていきます」。ニューヨークでは4つのジムを回り、ケトルベルや天井から張ったロープを使うTRXトレーニングなどを学んでおり、11日に帰国する予定。「筋肉痛で体がパンパンです。でも最高の1年になりました」。2014年も仙台から頂点を目指す。

##

プロレス大賞 特別功労賞 小橋建太
・ 【プロレス大賞】小橋神妙「偉大な先輩と名前並んだ」 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 5・11日本武道館大会で引退した鉄人・小橋建太(46)には特別功労賞が贈られる。

 現役を引退した年に同賞が贈られるのは2000年のスタン・ハンセン以来、実に13年ぶり。過去には故ジャイアント馬場さん、故三沢光晴さん、昨年には新日本プロレスの40周年とプロレス界への長年の尽力から坂口征二相談役などそうそうたる顔ぶれに贈られている。

「光栄のひと言に尽きます。偉大な先輩たちと名前を並べたことで、背筋を正してこれからを生きようという気持ちになります」と小橋は神妙な表情で語った。現役時代にはプロレス大賞を総ナメにしてMVP2回、ベストバウトは実に8回も獲得した“ミスター・プロレス大賞”にとっては最後の賞となる。

 殊勲賞に輝いたかつての弟子・KENTAに対しては「今年の頑張りはすごかった。名実共にプロレス界のトップを目指してほしい」とエールを送り、最優秀タッグ賞を獲得したTMDKには「研究熱心。彼らとはよく話すんだけど、真剣にアドバイスを求めてくる。努力が実ったね」と称賛した。「自分のプロレス大賞を締めくくるにふさわしい賞をいただいた。本当にありがとうございます」と鉄人は笑顔を見せていた。

##

プロレス大賞 レスリング特別表彰 伊調馨、吉田沙保里、登坂絵莉
・ 【プロレス大賞】レスリング特別表彰に女子3選手 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 レスリング特別表彰は9月の世界選手権(ハンガリー・ブダぺスト)で優勝した女子3選手に贈られた。

【63キロ級・伊調馨(29=ALSOK)】今年もありがとうございます。いつも授賞式ではプロレス界の方々にお会いし、刺激を受けています。来年もまた受賞できるよう、年末の全日本選手権(21~23日、東京・代々木第二体育館)から精一杯戦います。

【55キロ級・吉田沙保里(31=ALSOK)】毎年、ありがとうございます。東スポさんには最初に世界選手権で勝った時からずっと表彰していただき、感謝しています。これを励みに来年も続けて受賞できるよう、頑張ります。

【48キロ級・登坂絵莉(とうさか・えり=20、至学館大)】とてもうれしいです。これまで、沙保里さんや馨さんがずっと受賞してきた歴史ある賞をいただけ、非常に光栄です。来年も受賞できるよう頑張ります。

##

「2013年度プロレス大賞」選考総括
・ 【プロレス大賞】「世代交代」印象付けた今年の選考 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
【本社制定「2013年度プロレス大賞」選考総括】もはや選考委員の誰しも把握できないほど国内のプロレス団体数が膨れ上がった「未知数団体時代」を象徴するような選考会議だった。

 老舗メジャー団体から、個性で勝負のインディ団体、単発イベント系まで千差万別。団体のパワーを集客力で計るのか?紙面や誌面に登場した話題力で計るのか?も各選考委員の判断に委ねられた。大賞創設時(1974年)のように女子も合わせて4団体に過ぎなかった時代とは違い、全団体、各地方の興行をくまなく取材している選考委員はほぼ皆無。

 今年、分裂騒動でマット界を混乱させた全日本プロレスとW―1からの受賞者はゼロ。また惜しくも受賞を逃したのがベストバウト、殊勲賞、敢闘賞にトリプルノミネートされた石井智宏(新日本)、MVPと殊勲賞にWノミネートされた曙(全日本)と永田裕志(新日本)、ベストバウトと技能賞にWノミネートされた藤田和之(IGF)といったベテラン勢だった。マット界の高齢化が憂慮される中、40代の受賞選手がゼロというのも2001年以来12年ぶりのこと。世代交代を印象づけた。

##

「2013年度プロレス大賞」内館牧子特別選考委員の総評
・ 【プロレス大賞】内館特別選考委員「飯伏の将来性を評価」 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
【本社制定「2013年度プロレス大賞」内館牧子特別選考委員の総評】私はMVPに飯伏幸太を挙げました。G1の活躍が素晴らしかったことと、スター性が他選手と比べて圧倒的。東スポのMVPは直木賞のようなものだと思っています。これからのプロレス界の屋台骨を支える将来性を評価しました。

 ベストバウトは大日本3月の葛西純vs沼澤邪鬼。プロレスの面白さは何でもありで、他の人がまねできないことをやること。常軌を逸した狂気を見せたという点ですね。

 殊勲賞は石井智宏。もう破格の存在感で、見ててほれぼれするわね。敢闘賞には内藤哲也を挙げました。棚橋とのG1決勝はベストバウトにしようか最後まで迷いました。

 技能賞は矢野通。最優秀タッグも矢野、飯塚高史組にしました。とにかく矢野は評価したい。己の魅せ方を理解していて素晴らしい。テレビドラマで言うところの「視聴率を取れる男」といった感じがします。

 新人賞は潜在能力が高く大事に育ててほしい竹下幸之介。女子は10年近くにわたり仙台に力を与え続け、後進を育成、技術をしっかり教えている里村明衣子にしました。(脚本家)

##

 内館牧子特別選考委員の選出は個性的で面白い。

 全体として、読んでいるだけでどんな年だったかがわかる。もちろん書かれていることが全てではないし、応援してた選手が選から漏れて悔しい想いをしたファンもいるでしょう。どの賞も1人(1組)と決まっていることでの限界はありますねぇ。

 ボクからすると、おおまかには納得度の高い結果でした。やはり過去の経緯やマスコミ重鎮たちの関わりから、防衛記録樹立のKENTAがMVPかなぁ、記念碑的な小橋建太引退試合がベストバウトかなぁと思ってましたから。

 そういうのよりも、特に新しいファンをも引っ張るノリがつくれているかどうかとか、未来をつくれる業界熱が感じられたかどうかという視点が幅をきかせた気がする。2001年以来12年ぶりで40代の受賞選手がゼロだったという現象も。

 選考前のファンからの「まさかダントツ盛り上がりの新日本を差し置いて、防衛回数という理由でKENTAが選ばれることはないよね?」という有名無形のプレッシャーも、影響あったかな?


↓最新情報はこちらから
Ranking_sk

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレス大賞 - Wikipedia
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

« レヴェルが違う! オカダ・カズチカが猪木・鶴田・天龍以来史上4人目の2年連続MVP=東スポプロレス大賞2013発表 | トップページ | フジテレビ年末特番「ジャイアントキリング3スポーツマン腕相撲世界一決定戦」煽りVがUPされる »

« レヴェルが違う! オカダ・カズチカが猪木・鶴田・天龍以来史上4人目の2年連続MVP=東スポプロレス大賞2013発表 | トップページ | フジテレビ年末特番「ジャイアントキリング3スポーツマン腕相撲世界一決定戦」煽りVがUPされる »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー