« 棚橋弘至が左肩負傷でBOSJ第2戦以降全大会欠場~レスラーにあるまじき? 5月頭に左肩1か月安静を公言 | トップページ | 柴田勝頼「“世界”を意識するなら『新日本にいながら“世界”と勝負する』方法もある」新日プロのスマホサイトでインタビュー開始 »

2016.05.23

キャメルのギタリスト、アンドリュー・ラティマーさんが前田日明テーマ曲「キャプチュード」について語る

 2月に「前田日明入場テーマ『キャプチュード』でも知られるキャメルが16年ぶりの来日公演」と話題にしたが、前田日明入場テーマ曲『キャプチュード』でも知られるキャメルが、この5月、16年ぶりの単独来日公演を果たした。

20160523_041053

 来日前のインタビューの中で、キャメルのギタリスト、アンドリュー・ラティマーさんが前田日明テーマ曲「キャプチュード」について語っている。
・ 【インタビュー/前編】キャメルが2016年5月来日。アンドリュー・ラティマーが日本を語る(山崎智之) - 個人 - Yahoo!ニュース
・ 【インタビュー/後編】キャメルが2016年5月来日。ブルースとプログレの原点を語る(山崎智之) - 個人 - Yahoo!ニュース
##
●『ヌード』の「キャプチャード(保護)」が日本のプロレスラー前田日明のテーマ曲として使われたことは知っていますか? (シングル盤のタイトルは「キャプチュード」)

うん、事前に話はなかったけど、ずっと後になって、日本をツアーしたときにファンに教えてもらったと記憶している。私は決してプロレス・ファンというわけではないけど、自分の曲が多くの人々に聴かれるのは光栄だ。印税が私の元に入ってきているかは知らないけどね(苦笑)。いつも印税はまとめて入ってくるから、詳細は不明のことが多いんだ。…そのプロレスラーは人気があった?今でも「キャプチャード(保護)」をテーマ曲に使っているの?

●前田選手はもう引退しました。彼は「キャプチャード(保護)」をテーマ曲に使う以前の1982年、イギリスでも活動していて、国民的英雄のレスラー、ビッグ・ダディとタッグを組むこともありました。

ビッグ・ダディとは、ずいぶん懐かしい名前だね!何回か『ワールド・オブ・スポーツ』というテレビ番組で見たことがあったよ。サッカーやクリケットと同じ番組で、プロレスもやっていたんだ。「キャプチャード(保護)」は私とヤン・シェルハースで書いたんだ。最初のメイン・リフのパートはヤンが書いたものだった。私はいろんなパーツを加えて、中間部を書いた。2人の共作がうまく行った例で、すごく良い曲だと思う。

##

 前田によるテーマ曲としての使用は、かつての日本ツアーでファンから教えてもらったとのこと。「自分の曲が多くの人々に聴かれるのは光栄だ」と触れられたが、はい、実に多くのプロレス・格闘技ファンに「キャプチュード」は愛聴されましたよ!

 曲は2人による合作なんだという。1曲として完結しているものを何度も聴いているので意外な気がする。偉大な曲の提供に改めて感謝。


Capturedヌード~MR.Oの帰還 「My Generation,My Music」シリーズの続・ロック編。キャメルが1981年に発表したアルバム。第二次世界大戦後、南方の島に取り残された一兵士(小野田寛郎/ヌードとはオノダのもじり)の実話を音楽化。人間味に溢れたドラマティックなサウンド・ストーリーが展開される作品。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 棚橋弘至が左肩負傷でBOSJ第2戦以降全大会欠場~レスラーにあるまじき? 5月頭に左肩1か月安静を公言 | トップページ | 柴田勝頼「“世界”を意識するなら『新日本にいながら“世界”と勝負する』方法もある」新日プロのスマホサイトでインタビュー開始 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/63671043

この記事へのトラックバック一覧です: キャメルのギタリスト、アンドリュー・ラティマーさんが前田日明テーマ曲「キャプチュード」について語る:

« 棚橋弘至が左肩負傷でBOSJ第2戦以降全大会欠場~レスラーにあるまじき? 5月頭に左肩1か月安静を公言 | トップページ | 柴田勝頼「“世界”を意識するなら『新日本にいながら“世界”と勝負する』方法もある」新日プロのスマホサイトでインタビュー開始 »