« 棚橋・オカダ式エンドレスラリーと四天王式ハードバンプで46分超! オカダとケニーが見せた世界最高峰の闘い/1・4東京ドーム観戦記 | トップページ | ケニー率いるバレットクラブは2・11大阪まで全休、鈴木軍はフル参戦、いきなりオカダvsみのるIWGP戦2・5札幌/新日本CMLLマニア明けカード »

2017.01.09

11年ぶり外国人選手メインのドーム大会、ケニーとオカダの激闘をWWEレスラーズも祝福~新日プロは海外展開を見据え複数年契約制を導入

pick up ▼ニュース 【WRESTLE-1】河野が征矢を倒し王座V2大森組に快勝の武藤は海外出撃宣言ラグビーでボディスラムのような投げ技が炸裂 選手はレッドカードで一発退場 ▼情報&コラム 北斗晶 3年ぶり金スマ出演「健康な健介にありがとう」倉持明日香“大日本プロレス愛”全開 お気に入りは「沼澤邪鬼」プロレスの話で目を輝かせる倉持明日香プロレスラー俳優法則探訪:「偉大なる先駆者?A級戦犯?」ハロルド坂田『007 ゴールドフィンガー』編

 昨年夏には新日本プロレス「G1クライマックス」における外国人選手(ケニー・オメガ)の初優勝が話題となった。4日、東京ドーム大会に関しても、外国人選手がメインイベントを務めるのは2006年のブロック・レスナー以来、11年ぶり。

 オカダ・カズチカvs.ケニー・オメガは、実に決着に46分45秒を要した。東京ドームでのプロレス試合史上最長。

170104_njwk11_k2
・ 棚橋・オカダ式エンドレスラリーと四天王式ハードバンプで46分超! オカダとケニーが見せた世界最高峰の闘い/1・4東京ドーム観戦記 プロレス-格闘技 カクトウログ

 米国レスリングオブザーバー紙は“6ッ星”でこの試合を評価している。
・ 1.4東京ドーム、オカダ・カズチカvsケニー・オメガの試合が米国レスリングオブザーバー紙で満点5ッ星を超える6ッ星評価! nWoな人々 プロレスニュースサイト

 勝利を祝福というのではなく、「素晴らしい試合」を祝福というのがプロレスらしくて実にいい! ケニーとオカダの激闘にWWEレスラーズが、団体の壁を越えて異例の反応を示した。
・ WWEのジョン・シナまで!WWEのレスラー達が1.4東京ドームについてSNSでつぶやきまくる nWoな人々 プロレスニュースサイト
##
・ ジョン・シナ(コメントはないがケニー・オメガの写真を投稿)
・ ダニエル・ブライアン『おめでとう。。。。なんて素晴らしい偉業。見ていて本当に嬉しく思うよ。』
・ ミック・フォーリー『新日本プロレスの1.4東京ドームで素晴らしい試合をしたケニー・オメガとオカダにおめでとうと言いたい』
・ セス・ロリンズ『レッスルキングダム11。全てのレベルと全世界におけるプロレスが見れるなんて本当に素晴らしい』
・ セザーロ(@KennyOmegamanX @rainmakerXokada アカウント付きで絵文字で拍手)
・ サシャ・バンクス『やっとレッスルキングダム11を見れたわ。プロレスを愛してる。』
・ ベイリー『(新日本プロレスワールドのレッスルキングダムの中継を見てる写真)ちょっと遅れたけど、見ないで終わるよりは良いわよね』
・ 中邑真輔「@rainmakerXokada おつかれさん」

##

 ケニーのメイン起用がこの反応の引き金になったのも事実だろう。WWE入りする日本人レスラーが相次ぐのも異例だが、年間最大のドーム大会メインへの外国人起用が“同じ世界に入ってきた”感も出たのではないか。

 GK金沢克彦氏が、観客数だけではないドームの役割を説く。
・ THE BIG FIGHT - GK金沢コラム連載第133回!! 「It's Awesome!! 1・4東京ドーム」
##
現代のドーム興行は、「何万人を動員したか?」よりも「テレビやネットメディアを通して、どれだけ世間と世界にとどいたのか?」がイチバン重要視される時代に入ったように思う。そこで今年の1・4がどれだけ凄まじい反響を呼んだのかを端的に示す事象がある。WWEのスパースターであるセス・ロリンズなど、世界的知名度をもつ現役レスラーたちやOBがドーム大会とメインのIWGPヘビー級選手権を絶賛するツイートを発信したばかりか、なんと瞬間的に1・4東京ドームに関するツイッターのハッシュタグが世界1にランキングされたのである。まさに、「It's Awesome!!」なのだ。
##

 新日プロは海外展開を見据え複数年契約制を導入。
・ 新日本プロレスリング株式会社、2017年の展望
##
そして海外。現地時間・7月1日、2日の米国大会(ロサンゼルス・ロングビーチ・コンベンションセンター)にご期待ください。
2017年、新日本プロレスは海外展開を見据え、選手契約方法を見直し、世界基準として複数年契約制を導入いたしました。
日本国内はもとより、世界を舞台に活躍していく選手へのご声援、何卒よろしくお願い申し上げます。

##

 スポット参戦や1年ごと契約では安定したストーリー展開ができない。有力選手は当然、獲り合いになっていくだろう。

 昨年夏に「アッチ(WWE)行かない」宣言をしたケニーのドーム後のコメント。
・ 第10試合 戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム
・ 第4試合 戦国炎舞 -KIZNA- Presents NEW YEAR DASH !!
##
(2017年1月4日(水) 東京・東京ドーム)
ケニー「(※ヤングバックスに肩を借りて会見場へ。イスに座るなり、上半身をテーブルに着けてマイクを握る。ヤングバックスはオメガの後方に立ったまま)今日は負けてしまったけど、とても誇らしい思いでいっぱいだ。こんな気持ちが沸き上がってくるとは思ってなかった。時にはこういう苦い思いもしなくてはならない。でも、オカダ、お前をリスペクトしている。お前は日本で最高、いや、もしかしたら世界でも最高のプロレスラーかもしれない。だけど、もし再戦のチャンスがあるなら、次は絶対に負けない。絶対に倒してみせるとここに誓おう。負けたとは思っていない。ニュージャパンは俺に最高のチャンスをくれた。そして2016年は、最高の時間をもたらせてくれた。2017年の幕開けは、自分のキャリアの中でも最大の敗北から始まってしまったのはとても残念だが、その中でもヤングバックスは彼らの試合が終わってからも俺を後方支援してくれたことに感謝したい。ヤングバックスと俺こそが、このプロレス界を牽引していく存在になると思う。これ以上の質問はなしだ。これ以上のコメントもなし。グッバイ……そのあとは言わない。グッバイだけだ」

(2017年1月5日(木) 東京・後楽園ホール)
ケニー「あの大試合からの翌日、まだ一晩しかたってない。心も体も、ここにあらずという状態だ。でも、あんな高齢者とチーズバーガー相手に負けてしまうなんてどうかしてるよな……。俺はレジェンドでスターファイターであるんだから、こんなことはあってはいけない。連勝街道に戻る前に、少し休みが必要なのかもしれないな。もし俺が休みを取って、しばらくリングからいなくなる間、お前たちはどれだけ俺のことが好きだったかを再確認するだろう。俺がいない間、みんな俺のことが恋しくなる。まあ、俺がリングに戻ってくるまで、グッバイ&グッナイト……」

##

 ファンタスティックマニア期間はお休みで、その後にリターンといったところだろうか。「ヤングバックスと俺こそが、このプロレス界を牽引していく存在になると思う」という言葉は、“俺たちが新日本にいて世界をひっくり返す”とも、“(新日であろうとなかろうと)俺たちが行った団体がプロレス界の牽引役になる”とも受け取れる。

 振り返れば、1年前のドーム大会時には、中邑真輔やAJスタイルズらのWWE移籍が降って沸いて、揺れまくった。あれから1年になるんだなぁ。

 柴田勝頼もベルトを保持しているため、イギリスに再出撃。
・ 第8試合 戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム
##
柴田「今年の展望? そうだね、俺にはもう一つね、ベルトがあるはずなんだけど、(※テーブルを叩いて)ここに来てない。俺の持ってたはずのベルト、ここに来てない(苦笑)。大英帝国のチャンピオンでもあるんでね。とりあえずイギリス、イギリスに帰ります」
##

 ケニーとオカダの最先端プロレスも、柴田の日本トラディショナルプロレスも、全てひっくるめて新日本プロレスなんである。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 棚橋・オカダ式エンドレスラリーと四天王式ハードバンプで46分超! オカダとケニーが見せた世界最高峰の闘い/1・4東京ドーム観戦記 | トップページ | ケニー率いるバレットクラブは2・11大阪まで全休、鈴木軍はフル参戦、いきなりオカダvsみのるIWGP戦2・5札幌/新日本CMLLマニア明けカード »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/64740704

この記事へのトラックバック一覧です: 11年ぶり外国人選手メインのドーム大会、ケニーとオカダの激闘をWWEレスラーズも祝福~新日プロは海外展開を見据え複数年契約制を導入:

« 棚橋・オカダ式エンドレスラリーと四天王式ハードバンプで46分超! オカダとケニーが見せた世界最高峰の闘い/1・4東京ドーム観戦記 | トップページ | ケニー率いるバレットクラブは2・11大阪まで全休、鈴木軍はフル参戦、いきなりオカダvsみのるIWGP戦2・5札幌/新日本CMLLマニア明けカード »