« ベストバウト投票スタート! 新日本プロレス2・5札幌大会であなたがよかったと思った試合は? | トップページ | 三沢光晴が創設したプロレスリング・ノアが破産決定~丸藤正道「前しか見てない」プロレス団体としてのノアは興行事業譲渡先で継続中 »

2017.02.06

敗れるも観客が声を失うほどのヒザ攻め、鈴木みのる48歳40分超IWGP戦/オカダ・カズチカはタイガーマスクWに対戦要求

 5日の新日本プロレス札幌決戦。結果は公式サイトなどでも伝えられている通り。

・ 試合結果 戦国炎舞 -KIZNA- Presents THE NEW BEGINNING in SAPPORO ~復活!雪の札幌決戦~2017年2月5日(日) 15:00 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
##
■戦国炎舞 -KIZNA- Presents THE NEW BEGINNING in SAPPORO ~復活!雪の札幌決戦~
2017年2月5日(日)15:00 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる 観衆5,545人(超満員)

<第1試合>
○エル・デスペラード 金丸義信
(7分34秒 ギターラ・デ・アンヘル→体固め)
●川人拓来 KUSHIDA

<第2試合>
●岡倫之 ヘナーレ ヨシタツ
(7分48秒 ナガタロックII)
○永田裕志 小島聡 天山広吉

<第3試合>
外道 邪道 ○ウィル・オスプレイ
(6分47秒 オスカッター→片エビ固め)
●タイガーマスク 獣神サンダー・ライガー 柴田勝頼

<第4試合>
●飯塚高史
(7分00秒 カルマ→片エビ固め)
○YOSHI-HASHI

<第5試合>
高橋ヒロム ●BUSHI EVIL SANADA 内藤哲也
(13分03秒 デスヌカドーラ→片エビ固め)
○ドラゴン・リー 田口隆祐 中西学 棚橋弘至 マイケル・エルガン

<第6試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者組]●TAKAみちのく タイチ
(13分37秒 ストロングゼロ→エビ固め)
[第49代王者組]○バレッタ ロッキー・ロメロ
※ロメロ&バレッタが初防衛に成功
※試合後、金丸&デスペラードが王者組を急襲! 次期挑戦者に名乗り

<第7試合 NEVER無差別級選手権試合>
[挑戦者]●ジュース・ロビンソン
(14分41秒 GTR→片エビ固め)
[第15代王者]○後藤洋央紀
※後藤が初防衛に成功

<第8試合 IWGPタッグ選手権試合3WAYマッチ>
[挑戦者組]本間朋晃 ●真壁刀義
(13分35秒 横入り式エビ固め)
[第73代王者組]石井智宏 ○矢野通
※矢野&石井が初防衛に成功。もう1組の[挑戦者組]はデイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
鈴木みのる
(40分46秒 レインメーカー→片エビ固め)
オカダ・カズチカ
[第65代王者]
※オカダが3度目の防衛に成功
※試合後、オカダが『NEW JAPAN CUP』優勝者に「挑戦して来い」と挑発! さらにタイガーマスクWとの対戦を希望!!

##

 鈴木みのるのコメント。
##
鈴木「オカダ・カズチカ、これで終わったと思うな。今日は、すべての始まりの日だ。お前たちの、お前たちの最後は、もうすぐだ。今日はすべての始まりだ。フハハハハ」
##

 みのる、48歳での40分超。打撃速射砲含めて終盤にも落ちないスピードと集中力。タイミング的には“最後のIWGPヘビー挑戦”となってもおかしくなかったが、次の挑戦があれば獲れると思わせる攻めの厳しさ。それは観客が声を失いぎみになるほどのインパクトがあった。

 これもまたみのるの引き出し。昨年末、ノアのラスト3試合での30分超もあった。
・ 鈴木軍がノア撤退、イッテンヨン出場を問われた鈴木みのる「その日はパイルドライバーの初売りとラジオの新年一発目だから」と煙に巻く プロレス-格闘技 カクトウログ
##
 ボクから「この都内3試合で鈴木選手がメインを務め上げた(3試合とも30分超)ことで、今後のノアの試合はファンに物足りなくなるのでは?」と問うと、みのるは「知らねぇよ」と一言。ただ、中嶋勝彦とのGHCヘビー級戦の37分01秒がGHC史上最長タイムらしいと言及した。確かに記録を辿ると、これまで36分台はあったが最長だ。強烈な闘いの記憶のみならず、記録をも刻んだことになる。みのると言えばコンディションもしっかりつくっていることが知られるところだが、本人曰く「みんなわかってないんだけど、長期戦の方が俺のペースなんだよ」とも。
##

 そして、ジェットコースターのようなシーソーゲームではなく、緩急で命を奪いにいく試合。今の主軸は前者なれど、プロレスで忘れちゃいけない側面が後者にある。ドーム後にぽっかり空いたかもしれない新日本のストーリーを鈴木みのるは最短時間で煽り、超満員で成り立たせ、オカダも受け切った。

 ディティールは気になって、ヒールホールドを含むみのるの足関節は必殺であってほしかったし、最後のレインメーカーの受けも万全ではない。ただ、全体としては最高でしょう。

 ヒールとしての立ち位置を強めたみのる。「結果」だけを求める発言に染まっていくが、明かされないぶん本音はボクらが探っていけばいい。

 自身も含む“俺達”がプロレスを作っているという自負。2012年のコメントから。
・ フォールはフィニッシュのみ、大技の応酬はなし~棚橋と鈴木みのる、現代のプロレスを見せつける カクトウログ
##
 鈴木「なんとか言ってみろコノヤロー!別によ、痛くもねぇしよ、痒くもねぇんだよ、あんなヤツの攻撃よ。効いた技なんて1つもねぇぞコノヤロー!未来はよ、未来の人間にしか作れねぇんだ。過去はよ、もう過去に生きた人間にしか創れねぇんだよ。俺達には無理なんだよ。だけどな、今はな、現代はな、こうやって命と体張ってる、俺達が創るんだよ。俺達しか作れねぇんだよ。ウダウダ言わねぇで、テメーら最後まで見届けろ。それと、今日こうやって集まったプロレスファン、最近ファンになったヤツ、ずっと昔から見てるヤツ、幸せに、有難く思え!鈴木みのると同じ時代に生きてるんだ、有難く思えコノヤロー!フン!あ~あ、痒かった!なんか言うことあるか?俺が『俺はプロレスラーだ』と言って、気に食わないことあるか?見たか、これが“現代”のプロレスだ!文句言わせねぇぞコノヤロー!」
##

 なお、防衛したオカダ・カズチカはタイガーマスクWに対戦要求。この件では、タイガーの正体を絡めていじったメディアの記述をお楽しみください。
・ オカダが謎の覆面男タイガーマスクWとの夢対決を熱望=新日本 (スポーツナビ) - Yahoo!ニュース
##
 まだ新日本マットには2試合しか登場していないタイガーマスクWだが、よく似たファイトスタイルの男とは、オカダは過去2回一騎打ちを経験しており、またも名勝負誕生の予感がしそうだ。
##

・ 【新日本】オカダがIWGP王座V3 タイガーマスクWとの夢対決を希望 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
 テレビ朝日系で放送中のアニメから実際のリングに登場したタイガーマスクWは、昨年10月の両国大会、今年1月4日の東京ドーム大会の2大会に参戦。これまで新日プロ所属選手との対戦はなく、正体に関しては皆目見当もつかないが、例えるならば、まるで“黄金の星”のごとき輝きを放ち観衆を魅了している。
##

 ゴールデン☆スターということで。

 こちらへのご参加もお待ちしております。
・ ベストバウト投票スタート! 新日本プロレス2・5札幌大会であなたがよかったと思った試合は? プロレス-格闘技 カクトウログ


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


Torishirabe▼new! 痛快無比!! プロレス取調室 ~ゴールデンタイム・スーパースター編~ 1月27日発売!お茶の間のテレビが特設リングサイドだったあの頃!! 爆笑証言で甦るプロレス伝説第2弾!! あの試合の裏側、仰天エピソードの数々、洗いざらい吐いていただきましょう。武藤敬司 スタン・ハンセン マサ斎藤 小林邦昭 キラー・カーン 長与千種 ブル中野 阿部四郎 ドン荒川 新間寿

Uwf1984▼new! 1984年のUWF 1月27日発売!現在のプロレスや格闘技にまで多大な影響を及ぼしているUWF。関わる男達の生き様を追うノンフィクション。佐山聡、藤原喜明、前田日明、髙田延彦……、彼らは何を夢見て、何を目指したのか。果たしてUWFとは何だったのか。この作品にタブーはない。筆者の「覚悟」がこの作品を間違いなく骨太なものにしている

Takarajima_kamen▼new! プロレス 仮面の告白 (別冊宝島) 1月27日発売!長い暗黒時代を経てついに「身売り」を選択したノア。だが債権者たちは誰もその存続を歓迎していない。新体制下で再起を誓う方舟の「不審な親会社」のすべてを暴く。小誌だけが知る森嶋なき後のノア迷走劇と「店じまい」計画の一部始終。マット界のタブーに触れる恒例の人気シリーズ

Kaminoge_62▼new! KAMINOGE vol.62 1月20日発売!前田日明 × 乙武洋匡「特性は“障害”じゃなくて“違い”。それでいいのだ。前田日明がいま一番会いたかった人がついに登場!!」 飯伏幸太「新年恒例の!? 2017年・大予言大会! そしてフリーとなった充実の2016年を振り返る!!」

Shinma_maeda_2▼new! 新間寿の我、未だ戦場に在り! <虎の巻> 過激なる日本プロレス史 2月2日発売!前田日明氏を対談に招き16ページにわたり大特集!前田氏が新日本プロレス入りのきっかけとなった背景には、いかにも“過激な仕掛人"新間寿氏らしい仕掛けがあった 日本プロレス界の目撃者、過激な仕掛け人・新間寿氏の「獅子の巻」に続く第2弾

|

« ベストバウト投票スタート! 新日本プロレス2・5札幌大会であなたがよかったと思った試合は? | トップページ | 三沢光晴が創設したプロレスリング・ノアが破産決定~丸藤正道「前しか見てない」プロレス団体としてのノアは興行事業譲渡先で継続中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/64856891

この記事へのトラックバック一覧です: 敗れるも観客が声を失うほどのヒザ攻め、鈴木みのる48歳40分超IWGP戦/オカダ・カズチカはタイガーマスクWに対戦要求:

« ベストバウト投票スタート! 新日本プロレス2・5札幌大会であなたがよかったと思った試合は? | トップページ | 三沢光晴が創設したプロレスリング・ノアが破産決定~丸藤正道「前しか見てない」プロレス団体としてのノアは興行事業譲渡先で継続中 »