« 収録風景も一部明らかに! 12日(日)テレ朝「プロレス総選挙」直前情報/投票できなかったファンのためのネット版「プロレス総選挙」24時まで受付 | トップページ | 8か月ぶり国内テーピングなしで現れた柴田勝頼、鈴木みのるに12年半越しシングルで意地のリベンジ/NJC1回戦 »

2017.03.13

“ゴールデン放映”はかなわずも、テレ朝版「プロレス総選挙」は感動場面続出/1938人投票によるネット版ランキングと比較してみる

 12日の深夜、テレビ朝日系列で2時間超特別番組「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」が放映された。

Pw_sousenkyo_m

・ 最高のプロレスラーはアントニオ猪木!「プロレス総選挙」、プロレスファン感涙の名場面が続出 (AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース
##
3月12日の深夜、「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」と題した番組がテレビ朝日で放送された。WBCの中継が延長となったため日付を越えてからのオンエアとなったが、この番組を心待ちにしていたファンは多いはず。

現役レスラー&レスラーOB200人、さらにファン1万人に大アンケートを実施して、本当にスゴいプロレスラーをオールタイムで決めようという大規模企画。熱心なファン以外にもアピールする絶好の機会でもある。

アンケートの結果、決まった順位は以下の通り。

1:アントニオ猪木
2:ジャイアント馬場
3:初代タイガーマスク
4:オカダ・カズチカ
5:力道山
6:棚橋弘至
7:ジャンボ鶴田
8:獣神サンダー・ライガー
9:三沢光晴
10:スタン・ハンセン
11:長州力
12:武藤敬司
13:小橋建太
14:天龍源一郎
15:ケニー・オメガ
16:橋本真也
17:蝶野正洋
18:ハルク・ホーガン
19:真壁刀義
20:アンドレ・ザ・ジャイアント

往年の名レスラーばかりではなく、現役選手もランクインしているところから、幅広いファンが投票したであろうことが分かる。また各レスラーの紹介VTRも、たとえば「スイーツ真壁」として知られる真壁刀義の苦闘の歴史を振り返るなど、掘り下げた番組作りはプロレスファンにも好評だった。

さらにファンを喜ばせたのは、番組に登場したレスラーたちのコメントと顔合わせ。長州とアニマル浜口は、かつて「維新軍」の名コンビとして知られており、浜口が長州を「リキちゃん」と呼ぶ光景は胸に迫るものがあった。
また現役時代ライバルであり、タッグを組んだこともあるスタン・ハンセンと天龍源一郎の絡みも。「彼は本当にムチャクチャでしたよ」と天龍が言えば、「お前こそクレイジーだった」と笑顔で話すハンセン。2人の身体を削るような激闘ぶりを知る者にとっては、たまらない瞬間だった。

また現役選手では、今年の新日本プロレス1.4東京ドーム大会でオカダ・カズチカと死闘を演じたケニー・オメガもランクイン。そのケニーについて「スピードやパワーはとにかく別格。闘いたいですね」と語ったのは、DDT時代からのライバルであり名パートナーでもある飯伏幸太だ。その言葉に、思わず満足気な表情を浮かべるケニー。番組が生んだ名場面の一つだった。
このように、「どんな顔合わせを作るか」「誰にコメントさせるか」という面でもプロレスファンのツボを押してきた「プロレス総選挙」。現代プロレスを代表するレスラーの1人、中邑真輔はランクインしなかったが、6位の棚橋がツイッターで「余計なお世話かもしれないけど、中邑も6位な」とつぶやいたことも感動を呼んだ。

単に豪華なだけではなく、記憶に残る番組となった「プロレス総選挙」。第2回の放送も期待される。

##

 ボクは新日本プロレス尼崎大会観戦後の大阪カウント2.99立ち寄り視聴となりましたが、、、

 待ち遠しかったのだが、WBCを遅くまで球場観戦してた人もそれはそれで大変だったでしょう。放映された内容に関しては、、、いやはや、素直に面白かったなぁ!

 上記記事になっているもののほかでは、やはりプロレス復活を諦めなかった棚橋エピソードがベタだけどよかった。長州と浜口、天龍とハンセン、飯伏とケニー、、、このオールタイム再会感もたまらない。

 中邑のランク外が話題となったが、海外WWE所属による権利関係で外さざるを得なかったのかも。棚橋のtweetは“ほぼ同順位”だったことの示唆だろうか。(続報あり:棚橋弘至ブログで補足「気持ちの部分です 酔ってツイートは気をつけよう」

 再会の飯伏とケニーは、番組放送後もリングでの再会を約束するようなTwitterやりとり。

 こんな話題も。

 かつてゴールデンタイムで2000年4月7日に生中継された橋本真也vs.小川直也は「橋本真也34歳小川直也に負けたら即引退スペシャル」という宣伝文句だった。敗れた橋本は引退を宣言するも、ファンが折り鶴で復帰を祈願。橋本復活へとつながるのだが、その運動を引っ張ったのが米川兄弟だった。大人になってからゴールデン復活に動いてくれたとしたら、大河ドラマすぎる! 誰かインタビューしてほしい。

 視聴率も出てます。
・ アントニオ猪木が1位の「プロレス総選挙」視聴率は4・8% WBC延長で深夜スタートも健闘 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 さて、テレ朝版放映日までの3日間、当サイトではネット版「プロレス総選挙」を実施させていただきました。1,938人の参加に感謝。
・ ネット版プロレス総選挙2017 - 投票/アンケート - 人気ブログランキング

 アウシュ(@aushsw)さん Twitterの集計より。

Pw_sousenkyo_hikaku

 順位にかなり差があるのだが、40台が半数のネット版と、オールドファン・若い現代ファンブレンド型のテレ朝版の差?

Pw_sousenkyo_t

 あるいは集計方式(ネット版は5人選択で同ポイント、テレ朝版は3人選択で傾斜方式)の差? テレ朝版では猪木派は猪木を、馬場派は馬場を必ず1位で入れるし、現王者のオカダを1位にする投票も多かったのだろう。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> テレビ朝日
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 収録風景も一部明らかに! 12日(日)テレ朝「プロレス総選挙」直前情報/投票できなかったファンのためのネット版「プロレス総選挙」24時まで受付 | トップページ | 8か月ぶり国内テーピングなしで現れた柴田勝頼、鈴木みのるに12年半越しシングルで意地のリベンジ/NJC1回戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65011335

この記事へのトラックバック一覧です: “ゴールデン放映”はかなわずも、テレ朝版「プロレス総選挙」は感動場面続出/1938人投票によるネット版ランキングと比較してみる:

« 収録風景も一部明らかに! 12日(日)テレ朝「プロレス総選挙」直前情報/投票できなかったファンのためのネット版「プロレス総選挙」24時まで受付 | トップページ | 8か月ぶり国内テーピングなしで現れた柴田勝頼、鈴木みのるに12年半越しシングルで意地のリベンジ/NJC1回戦 »