« 柴田勝頼『REAL TALK』(モバイルサイト内)25日24時更新が予告される~オカダ・カズチカ戦から半月に渡りノーコメント | トップページ | 日の丸タイツを継承した柴田勝頼「生きるぞ!!」と病床から綴る~師匠・船木誠勝「明日また生きるぞ!」から20年 »

2017.04.26

柳澤健氏が『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』を執筆中/棚橋との6月4日(日)都内開催トークライブ受付開始

pick up ▼ニュース 【新日本】5月下旬頃から予定! 真壁がNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に登場!オンエア直前に熱弁ファレのパイルドライバーがまたも爆発!! オカダ&石井は屈辱のダブルKO 加古川結果ノア参戦のブラム アイス売り場に寝そべる不謹慎写真で出場停止処分元・五輪柔道強化選手の17歳が女子プロレスの新人オーディションに合格 ▼情報&コラム マット界の発展に尽力した極悪レフェリー・阿部四郎さんの素顔ビューティーペア解散の真実 マキ上田さん振り返る「私が辛抱できなかった」5月4日(木)【Tokyocandoll2017審査員】垣原賢人が登場4月30日(日)11:00科学技術館(九段下)「漫画家があなたの似顔絵を」徳光康之先生が登場 ▼格闘技 5・6格闘技イベント“巌流島”メーンは菊野克紀VSアンブリッツ【DEEP JEWELS】KINGレイナ凱旋試合の相手が決定浅倉カンナと長野美香らの豪華タッグマッチが決定ピーター・アーツが“本当の引退試合”母国オランダでキック人生に終止符

 1900年代から2000年代へ。数々のレジェンド作を手がけたノンフィクションライター・柳澤健氏が“現代”のプロレスに着手している。

170409_njpw_k7

 現在、『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』を執筆中であることを正式に発信。連載がゴングで始まっていたのだが、休刊により、単行本としての完成に向けて筆を進めていくことになる。
・ 棚橋弘至と2011年――。この年、新日本プロレスに何が起きた? - プロレス - Number Web - ナンバー

 最新作『1984年のUWF』では、前田日明本人への取材がないにもかかわらず前田が評されることに賛否が起こっている。一方で、今回は本人たちへの取材や、近い周辺からの情報で組まれることになるだろう。どうアプローチされ、何が浮き彫りにされるのかが注目される。

 棚橋弘至とのトークライブ、4月26日より申し込み受け付け開始。
・ 文藝春秋|〈文春トークライブ 第16回〉棚橋弘至×柳澤健「2011年の新日本プロレスを語ろう」
##
〈文春トークライブ 第16回〉
棚橋弘至(新日本プロレス)×柳澤健(『1984年のUWF』著者)
「2011年の新日本プロレスを語ろう」

日時
2017年6月4日(日)
開場 12:30/第1部 13:00~/第2部 14:15~(終演後、写真撮影)

場所
文藝春秋西館地下ホール
〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3番23号

定員
300名

入場料
4500円(税込)全席指定席/車椅子席アリ

お申し込み期間
4月26日(水)~5月22日(月)
※お申し込みが定員に達し次第締め切ります。

備考
■第2部では、開場でお客様から質問を募集し、お二人に答えていただきます。
■終演後、棚橋選手を囲んで集合写真を撮影します。

##


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 柴田勝頼『REAL TALK』(モバイルサイト内)25日24時更新が予告される~オカダ・カズチカ戦から半月に渡りノーコメント | トップページ | 日の丸タイツを継承した柴田勝頼「生きるぞ!!」と病床から綴る~師匠・船木誠勝「明日また生きるぞ!」から20年 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65201637

この記事へのトラックバック一覧です: 柳澤健氏が『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』を執筆中/棚橋との6月4日(日)都内開催トークライブ受付開始:

« 柴田勝頼『REAL TALK』(モバイルサイト内)25日24時更新が予告される~オカダ・カズチカ戦から半月に渡りノーコメント | トップページ | 日の丸タイツを継承した柴田勝頼「生きるぞ!!」と病床から綴る~師匠・船木誠勝「明日また生きるぞ!」から20年 »