« 男の根性を見届けよ! 関東地区テレ朝ワープロでオカダ・カズチカvs柴田勝頼IWGP戦/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | 今年初の総合格闘技RIZIN大会(横浜)はフジテレビ16日(日)19時当日放映~メインで川尻達也が再起戦 »

2017.04.15

オカダvs柴田をワープロ編集班はどう料理した!? 関東地区テレ朝15日(土)26時放映 回復祈願で生視聴&シバタコールをご一緒に

pick up ▼ニュース 【ノア】丸藤&谷口組がGHCタッグ初戴冠 小峠が北宮に逆転V コーディは潮崎に完敗 後楽園山口県光市のファストフード店が3周年記念プロレス大会4・22光市民ホール ▼情報&コラム マット界人気トップを独走!内藤哲也のシングルマッチを振り返る“制御不能”内藤哲也が大人気の理由 ブーイングを乗り越えた、ドラマチックなプロレス人生新日・真壁、首負傷のパートナー・本間の近況明かす「復帰に向けて頑張っている」 ▼格闘技 3連敗中の石井慧、ミルコに弟子入りで「今年をリベンジの年にする」小池栄子、15年間続けた格闘技キャスター卒業発表

 見返してみると、ボクのカメラが入場直後の柴田勝頼の咆哮の横顔をとらえていた。

170409_njpw_k4

 公式観客数で昨年の4月両国・8月G1決勝両国をも上回った超満員札止め、IWGPヘビー級選手権から1週間が経とうとしている。
・ IWGP戦後の退場途中で倒れ救急搬送された柴田勝頼、硬膜下血腫が見つかり5時間超の緊急手術を受けていた プロレス-格闘技 カクトウログ
・ 柴田勝頼、意識しっかりで会話も可能、良好な経過/選手のためにできることとは? 新日本が今年のG1日程・開催地を改善 プロレス-格闘技 カクトウログ

 たいていは録画で視聴するのだが、15日(土)26時のワールドプロレスリングは回復祈願で生視聴、シバタコールが送れればと個人的に考えています。あまりこういう呼びかけはしないのだが、Twitter上でおつきあいもらえるファンは「 #柴田勝頼 」タグ付きで24時くらいから輪を広げていただければと。

 放映日時がずれる他エリアの方も、よろしければ深夜から新日本プロレスワールドでのリピート視聴で一緒に柴田にエールを送りませんか。

 30分に闘いを凝縮する際に、ワールドプロレスリング編集班がこの試合をどう料理したのかも見どころとなる。

▼テレビ 15日(土) ワールドプロレスリング
■4/15(土)26:00~26:30
■ワールドプロレスリング
テレビ朝日(地上波)ジャンル:スポーツ - 相撲・格闘技
禁断の頂上決戦が実現!煌びやかなプロレス新時代の象徴オカダと、新日本伝統の黒タイツで根性の闘いを繰り広げる柴田。桜咲く春の両国…至宝IWGPが選ぶ男は果たして!?
◇番組内容
4月9日 両国国技館
▽IWGPヘビー級選手権 王者 オカダ・カズチカvs挑戦者 柴田勝頼 ※番組の都合により放送試合変更の場合アリ
◇出演者
特別解説
蝶野正洋
解説
獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)、ミラノコレクションA.T.
実況
野上慎平(テレビ朝日アナウンサー)
ワールドプロレスリング|テレビ朝日
柴田勝頼×オカダ・カズチカ。
ついに実現する3年前の約束・・・
2014年2月大阪。
盟友・後藤がオカダに敗れたIWGP戦。
その試合後、セコンドに付いていた柴田にオカダはこう言い放った。
「このベルトに挑戦したいんだったら、ニュージャパンカップ優勝してから来い」
それから3年。
誰もが忘れていたあの言葉を柴田は忘れてなかった。
「オカダ!俺は約束を果たしたぞ!IWGP挑戦させて頂きます」
ニュージャパンカップ2017覇者・柴田が叫び、
3年越しの約束の闘いがついに実現する。
煌びやかなコスチュームの王者オカダと、
新日本プロレス伝統の黒いタイツの挑戦者柴田。
対極とも言える2人による春の頂上決戦!


 オカダ・カズチカ「色々あったけどこの試合好きだからみんなに見てほしい」。

 舌戦を繰り広げた上に、自身の対戦相手が救急車で搬送。オカダにとっては他では得難い経験をしたことになるが、2000年にはデビュー2年目で当時20歳の柴田が大きな経験をしている。
・ KAMINOGE Online - GK金沢コラム連載第141回!! 「俺の居場所はあそこしかねぇんだよ!」
##
柴田は重い十字架を背負ってしまった。まだ少年の面影が残る20歳の若者が当時どれほど悩み苦しんだことか? 福田選手の通夜が営まれた同日の同時刻、新日本は千葉公園体育館での興行があった。福田選手の遺影がリングサイド席に置かれた状態で、柴田は鈴木健三(現・KENSO)とYL杯公式戦を行ない敗れた。
マスコミ勢は引き揚げる柴田の後を追っていったが、だれも声をかけられない。そのまま控室の手前まで来たとき突然、柴田が振り返った。そして、もう見えなくなったリングの方向を指さして、こう叫んだ。
「俺の居場所はあそこしかねぇんだよ!」
20歳の若者の血を吐くような言葉だった。これが苦悩のなかから自力で導き出した、柴田の答えだった。

##

 福田雅一は、1999年10月と2000年に入ってからの2度、検査で硬膜下血腫が発見されていた。担当医からのゴーサインで4月14日の復帰戦(柴田戦)を迎える。エルボー合戦を経て柴田のコーナーからのダイビングエルボーパットは目測を誤り不発、飛んだ柴田が相手の頭上を越えて真っ逆さまに落ちた格好となったが、この際に2人が折り重なるように倒れた(一般的に「試合中に柴田のエルボーを受け」とされているのは間違い)。その後に戦闘不能に陥った福田を柴田がそのままフォールしている。

 硬膜下血腫での試合直後の回頭手術の甲斐なく意識戻らず、福田は試合から5日後に享年27で人生にピリオドを打つこととなった。柴田は毎年福田の墓参りを行い、福田を背負って闘ってきた。

 福田のケースでは硬膜下血腫が2度に渡って発見されたことを経ての復帰で命を落としている。こういったこともあるため、柴田が回復して復帰が検討されたとしても相当慎重に判断はなされなければならない。

 柴田欠場に関してのトピックスとしては中邑真輔が海の向こうでコメントを出している。
・ 4-13【WWE】シナ、オートンとの対決も希望 復帰のヒデオ、手術の柴田にも言及 メインロースター入…プロレス格闘技DX
##
中邑「僕もニュースで知りました。最近の日本のスタイルの流れが危険な技の応酬になりつつあったところで、立て続けに本間さんしかり、柴田さんしかり重傷者が出てきてるっていう部分では、いよいよ改めて考えたり変えていく時期に来てるんじゃないかな、とは思いますね。受け身の技術を見直すことや、リスクをかえりみない試合の構成的な部分に関してはもう一度考える時期なのかな…とは思いますね」
##

 こういう表現を当ブログではあまり使わないが、あえて区分を明らかにするような言い回しで整理する。プロレスは「試合」であると同時に、「格闘芸術」であり「ファイティングオペラ」である。すなわち、相手を仕留める格闘技術と表現技術の両立が問われるところに、業界として引き続き取り組んでいかなければならない。

 特に公式に言われているわけではないが、昭和プロレスの一部にあった頭から落とすフィニッシュからの脱皮の象徴が、棚橋弘至のハイフライフロー、中邑のボマイェ(現キンシャサ)、オカダのレインメーカーとなろう。プロレス冬の時代に、説得力を持たせながら選手・ファンがプロレス業界を中長期的に共有していく方法を模索し、その真っただ中にいた中邑だからこその発言の重みが感じられる。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 男の根性を見届けよ! 関東地区テレ朝ワープロでオカダ・カズチカvs柴田勝頼IWGP戦/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | 今年初の総合格闘技RIZIN大会(横浜)はフジテレビ16日(日)19時当日放映~メインで川尻達也が再起戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65152871

この記事へのトラックバック一覧です: オカダvs柴田をワープロ編集班はどう料理した!? 関東地区テレ朝15日(土)26時放映 回復祈願で生視聴&シバタコールをご一緒に:

« 男の根性を見届けよ! 関東地区テレ朝ワープロでオカダ・カズチカvs柴田勝頼IWGP戦/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | 今年初の総合格闘技RIZIN大会(横浜)はフジテレビ16日(日)19時当日放映~メインで川尻達也が再起戦 »