« 海外メディアは猪木vsアリの物語が大好き!? メイウェザーvsマクレガー決定で41年ぶりに話題に | トップページ | G1決勝は一般発売初日に升席2万円残しほぼチケット完売! 開店前から並んだが“店頭に2階席なし”で買わずに帰るファンも・・・ »

2017.06.18

前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場【週刊 前田日明】

Jyushin_1_2pick up ▼ニュース AKB選抜総選挙3位の松井珠理奈「投票してくださった皆さん、愛してま~す」諏訪魔との爆破マッチ消滅危機の大仁田が秋山に神妙要請【NEW】サイモン氏が猪木氏に対抗戦提案「5対5やりましょうよ」元CMLL世界女子王者・吉田万里子が11・19で引退を表明 ▼情報&コラム 7月13日(木)19時~ジュンク堂 福岡店『獣神サンダー・ライガー自伝(上)』発売記念サイン&握手会6月17日(土)~7月1日(土)ボーナスBIG×キン肉マン 10億あったら夢宣言 ▼格闘技 【UFC】五味隆典、無念の1R一本負けで4連敗に20歳の超新星・井上直樹、デビュー戦で圧勝【ボクシング】もしもメイウェザーをマクレガーが蹴ったら、莫大な金額の訴訟に

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第176回のラインナップ▼前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場ヤクルトの中継ぎギルメット投手が登場曲に前田日明「キャプチュード」を使用~小山信一通訳が仕掛ける・・・

              * * *

 情報をキャッチしていながら、最新1週間(月曜から土曜まで)で取り上げなかった前田日明の話題、あれば翌週送りせず日曜にまとめる。あと、1週間で取り上げた前田関連記事、主要記事リンクも再集約しておくことにします。
(週刊前田日明バックナンバー →「週刊前田日明」参照)

 この連載を毎週見ておけば前田関連の動きは逃さない!
 理想はそこですが、どうなるか。

※不定期連載となっています(全く週刊になっていません、ごめんなさい)。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場

 前田vs.ターザン山本(22ページ)、船木誠勝vs.安生洋二(24ページ)から金原弘光座談会(22ページ)まで。鈴木みのるも連載の中でUWFに触れたりと、UWF色の強い号となった。『KAMINOGE』vol.67が6月下旬に発売となる。

Kamionge67

Kamionge67▼new! KAMINOGE vol.67 6月20日発売!『2017年のチキンウイングフェイスロック』同時代を激しく生きてきた者たちの邂逅 前田日明vsターザン山本! 桜庭和志“俺たちのIQレスラー”桜庭和志がUFC殿堂入り!受賞者の声をお届け! 船木誠勝×安生洋二 初対談! “職人”同士だから語れる話の信憑性 これが『UWFの真実』の決定版なのか!? 玉袋筋太郎「“UWFの美獣”金原弘光変態座談会」

・ KAMINOGE Online - 表紙は、同時代を激しく生きてきた者たちの邂逅 前田日明vsターザン山本!『KAMINOGE』Vol.67は6月下旬発売!!
##
『2017年のチキンウイングフェイスロック』
同時代を激しく生きてきた者たちの邂逅
前田日明vsターザン山本!

『KAMINOGE』(かみのげ)vol.67
発売日:2017年6月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版

■田原総一朗
KAMINOGE THE ENTERTAINER

常に真剣勝負で時代をおもしろくしたい
だから「今が一番おもしろい」と言い切る

「ボクは“人生は闘い”だと思ってる。
だからプロレスが好きなんだよ。
『朝まで生テレビ!』の企画書に
“無制限一本勝負”って書いた。
これもプロレスの言葉だよね(笑)」

■桜庭和志
“俺たちのIQレスラー”
桜庭和志がUFC殿堂入り!
受賞者の声をお届け!

「殿堂入りした喜びよりも、
違う期待感があるんですよ」

■前田日明×ターザン山本!
KAMINOGE U ARE YOU
過去を誇りに今を生きよ

同時代を激しく生きてきた者たちの邂逅

「UWFとは運動体だから
答えがないんですよ。
運動体だったんだからボクも
自分の運動神経で
表現してたんですよぉ!」(山本)

「週プロの編集長を降りてからは
毎日言い訳を考える日々だっただろ。
山本の発言はコロコロ変わる
“真実の万華鏡”だよ」(前田)

■船木誠勝×安生洋二
KAMINOGE THE WORD OF CRAFTSMEN
初対談! “職人”同士だから語れる話の信憑性
これが『UWFの真実』の決定版なのか!?

「なんでUWFで
やたらとケンカが起こったか。
試合がなさすぎて
みんな暇だったんですよ」(船木)
「博多の船木vs鈴木戦を観て、
『それ、八百長じゃん!』と
思いましたね」(安生)

■玉袋筋太郎「“UWFの美獣”金原弘光変態座談会」
道場で強さを追求し、寮では殿様相手の青春の日々!
ボヤキ節と共に語られる〝最強軍団?Uインターの真実??

■真説・佐山サトル?タイガーマスクと呼ばれた男の真実?
第16回「タイガーマスク婚約」
文:田崎健太

■大型新連載『キミって新日本とか全日本って人?』

■西村修
KAMINOGE LEGENDS FIELD
カール・ゴッチ没後10年──
神に教えを受けし弟子たちが結集!

日本でその墓を建立へ!!

「お墓は南千住の駅前で
とても行きやすい場所ですし、
プロレスファンの皆さんには
ぜひゴッチさんに会いに来て
いただきたいですね」

■宮田充
KAMINOGE GOOD LOSER
躍進する新生K-1に佐藤昭雄イズム!?
プロレス少年がK-1プロデューサーになるまでの全軌跡!!

「ボクがプロレスにハマった時期、
佐藤昭雄さんが全日本の
マッチメイクをやられていた。
いまボクがK-1でやっている
マッチメイク理論はまさに
『1984年の佐藤昭雄』なんですよ」

■マッスル坂井
6月5日、
マッスル坂井が
真夜中にSWOT分析を。
「とにかく『KAMINOGE』ファミリーたちが 滾りまくってる。
俺が世界で勝負できるって言ったら 金型くらいだからなぁ」

■大人気連載!
★ 五木田智央の画画画報
★『鈴木みのるのふたり言』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』
[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』

##

 ここのところの流れで、前田は『1984年のUWF』や『証言UWF 最後の真実』についてメスを入れる。以前のニコ生では得られなかった話も。

 改めて“UWFをつくった”のは前田自身であり、UWFスタイルをつくったのは藤原喜明であるとした前田。徳島のフクタレコード“フクタの大将”福田典彦さん、マザー・エンタープライズ福田信会長という2人の“福田”が新生UWFに貢献したことも振り返る。新生UWF後半期ということだろうが、メガネスーパー田中八郎社長との3度目の食事会を自宅で行ったという話も興味深い。メガネスーパーへの売却という案もあったが、前田としてそのような舵を切らなかった理由が示唆されている。ターザン山本氏の金権ぶりへのツッコミも読んでいて楽しい(笑)。

 船木誠勝vs.安生洋二では、UWFについてここまで喋れる時代が来たのかと思わせられる。金原弘光座談会では桜庭和志vs.田村潔司の背景にスポットが当たり、田村がけっこうボコボコに言われていたりする。

 都内一部書店ではすでに発売中。まさにボクは読んでいるところ、UWFについてここまで喋れる時代が来たのかと!


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

ヤクルトの中継ぎギルメット投手が登場曲に前田日明「キャプチュード」を使用~小山信一通訳が仕掛ける

 ヤクルトの中継ぎブレストン・ギルメット投手の登場曲がプロレステーマ曲のオンパレードで話題に。
・ なぜ?ヤクルト助っ人がこぞって「プロレス登場曲」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 その瞬間、神宮球場がざわついた。4月の試合終盤、ヤクルトの中継ぎブレストン・ギルメット投手(29)がマウンドに上がる。大音量で響く出ばやし。その選曲が意外だった。「パワーホール」。プロレスファンならば誰もが分かり、思わず「チョーシュー! チョーシュー!」と叫んでしまう。革命戦士・長州力の登場曲だったのだ。

 衝撃は続く。5月。ギルメットの登場曲が変わる。パワーホールと違い、スタイリッシュな音。まさかの「キャプチュード」だった。80年代後半からUWFで日本中を興奮の渦に巻き込んだ格闘王・前田日明に変更されていたのだ。まさにプロレス黄金期世代に直撃の曲の数々。陽気な助っ人は大のプロレスマニアなのではないか。直撃すると「格好いいから」との返答。プロレスに特に思い入れはなかった。

 では、なぜ名曲を知っているのか。仕掛け人がいた。小山信一通訳。プロレス好きでギルメットが登場曲に悩んでいる際に、数曲を選んで提案。そこでパワーホールが格好いいとなり、採用された。キャプチュードも同じ経緯での変更だった。何はともあれ、プロレスファンならば爆音でかかる名曲に心は躍る。小山通訳は「やっぱり球場で、プロレスの曲を大音量で聴くとテンションは上がるよね」と話す。

##

 小山信一通訳が仕掛ける。なお、現在はキャプチュードではなく「UWFのテーマ」だそうで、ここでもUWF回顧ブーム!? いやはやこっちも名曲であり、球場でぜひ聞いてみたいところ。

               * * *

 前田がプロデュースする「THE OUTSIDER」次戦は、7月30日(日)15:00ディファ有明大会。
・ 「THE OUTSIDER 第47戦」大会概要 -- Rings
・ 「THE OUTSIDER 第47戦」チケット情報 -- Rings

 前田日明関連バックナンバー。

□第175回 前田「これはドキュメンタリーじゃないよ!」~発売から3か月、ついに『1984年のUWF』を読んで大激怒【週刊 前田日明】
* 前田「これはドキュメンタリーじゃないよ!」~発売から3か月、ついに『1984年のUWF』を読んで大激怒
* 前田日明公認リングスTシャツ&スナップバック発売~ペールワンズの店頭およびWEBにて手に入れよう

□ 前田日明がオリラジ藤森慎吾さんと武勇伝披露で「あっちゃんかっこいいーっ!」~予告なくフジテレビ「全力!脱力タイムズ」に出演

□第174回 旗揚げ日5・12に前田と会食、垣原が8月復帰大会で新生UWF再現決意「当時のメンバー全員に声をかける」【週刊 前田日明】
* 旗揚げ日5・12に前田と会食、垣原が8月復帰大会で新生UWF再現決意「当時のメンバー全員に声をかける」
* RIZINさいたまと同日決戦! アウトサイダー次戦は7月30日ディファ有明大会、出場選手募集も開始

□ 前田日明「来年(2018年)以降本格的にRINGSをヘビー級中心にやっていきたいと思います」5・21ディファで表明

□第173回 アンサー本でもノンフィクションでもない『証言UWF』なれど、いくつもちりばめられた“最後の真実”あれこれ【週刊 前田日明】
* アンサー本でもノンフィクションでもない『証言UWF』なれど、いくつもちりばめられた“最後の真実”あれこれ
* 第2次UWF元社長・神新二氏が最終の夢実現、2016年11月に『NEW VISION アカデミー』を開校

□ 全7章からなる『証言UWF 最後の真実』もくじが判明! 尾崎允実「“解散宣言”直後に前田は涙声で『俺、どうしたらええんやろ』」

□第172回 『証言UWF 最後の真実』田村潔司、安生洋二、宮戸優光、ターザン山本、尾崎允実ほか全17人の証言者が判明【週刊 前田日明】
* 『証言UWF 最後の真実』田村潔司、安生洋二、宮戸優光、ターザン山本、尾崎允実ほか全17人の証言者が判明
* 5・11「SEI☆ZA」に前田日明が来賓来場、谷川貞治氏、ターザン山本氏らと親交を温める/ほか前田短信

□ 『証言UWF 最後の真実』(宝島社)のオビ含むカバー写真~山崎一夫「前田さんの“暴言”をこっそり録音していた神新二」

□ 噂の『証言UWF 最後の真実』(宝島社)が5月17日発売! 前田日明はじめ17人のレスラー、関係者による禁断の告白

□第171回 UWF回顧ブームでトークチケット即日完売! 前田があの本を「読ませるためだけに書いた御伽話」と一刀両断【週刊 前田日明】
* UWF回顧ブームでトークチケット即日完売! 前田があの本を「読ませるためだけに書いた御伽話」と一刀両断
* 募集継続中! アウトサイダー5・21ディファ有明大会での前田と握手&撮影権つき観戦ツアー情報

□第170回 スポンサー現る!? 前田日明「中国で大ブームを起こしてと頼まれ、日本のリングスも応援させてよって話に」【週刊 前田日明】
* スポンサー現る!? 前田日明「中国で大ブームを起こしてと頼まれ、日本のリングスも応援させてよって話に」
* 5月3日(水祝)13:00新宿「吉田豪の復活!雑談天国」ゲストに前田日明登場~チケットは残りわずか

□ 25日(火)21時ニコ生「月刊リングス4月号」前田日明が出演/『前田に謝れ』提唱・徳光康之先生「最狂超プロレスファン烈伝」第5.2巻配信開始

□第169回 ブッカーKが語る「1988年の新生UWF」~大阪球場&東京ドーム不入り説、神社長横領の噂の内実とは?【週刊 前田日明】
* ブッカーKが語る「1988年の新生UWF」~大阪球場&東京ドーム不入り説、神社長横領の噂の内実とは?
* 前田日明「前田史観って言ってるらしいけど・・・」俺たちのプロレス7号で『1984年のUWF』に反論

□ 藤波辰爾45周年リング去り際の前田日明を長州力が挑発!?/前田と握手&撮影権つき5・21アウトサイダー観戦ツアー情報

□ 藤波辰爾45周年興行をアントニオ猪木、長州力、前田日明らが祝福/ベイダーが久々に日本参戦するもリング上で倒れる

□第168回 1986年の藤波辰巳「みんな選手が前田に触りたくなかった」シングル戦舞台裏は当時ファンの見立て通りだった【週刊 前田日明】
* 1986年の藤波辰巳「みんな選手が前田に触りたくなかった」シングル戦舞台裏は当時ファンの見立て通りだった
* 『1984年のUWF』談義は継続! 柳澤健氏「前田日明はUWFをプロレスファンの外側にいる一般大衆に届けた」
* 関西テレビ「桃色つるべ」今後のゲスト出演者予告に前田日明が登場! 関西ファンは続報を待て

□第167回 前田史観を巡る攻防! 『1984年のUWF』著者・柳澤健氏vs『前田に謝れ』提唱・徳光康之先生トークバトル詳細版【週刊 前田日明】
* 前田史観を巡る攻防! 『1984年のUWF』著者・柳澤健氏vs『前田に謝れ』提唱・徳光康之先生トークバトル詳細版
* 前田「去年女の子が生まれたんですよ」ちょっと来いTV収録で第2子誕生を報告。坂田亘フルボッコ動画についても言及

□第166回 高田伸彦(当時)の「俺、佐山さんをぶち殺しますから」発言とは!? 未読の『1984年のUWF』を前田日明が1時間激語り【週刊 前田日明】
* 高田伸彦(当時)の「俺、佐山さんをぶち殺しますから」発言とは!? 未読の『1984年のUWF』を前田日明が1時間激語り

 【週刊 前田日明】はここまで。
 今週も前田日明を追いかけます!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 海外メディアは猪木vsアリの物語が大好き!? メイウェザーvsマクレガー決定で41年ぶりに話題に | トップページ | G1決勝は一般発売初日に升席2万円残しほぼチケット完売! 開店前から並んだが“店頭に2階席なし”で買わずに帰るファンも・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65425748

この記事へのトラックバック一覧です: 前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場【週刊 前田日明】:

« 海外メディアは猪木vsアリの物語が大好き!? メイウェザーvsマクレガー決定で41年ぶりに話題に | トップページ | G1決勝は一般発売初日に升席2万円残しほぼチケット完売! 開店前から並んだが“店頭に2階席なし”で買わずに帰るファンも・・・ »