« 30日(日)はアウトサイダー14:30ネット無料生中継&RIZIN19:00フジテレビ当日放映/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | 7月31日(月)「大相撲総選挙」ほか今週の地上波テレビ情報/週末8月6日(日)「がっちりマンデー」どん底から復活特集に新日本プロレス »

2017.07.29

ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語る【週刊 前田日明】

pick up ▼ニュース Mr.ポーゴお別れ会 大仁田厚、松永光弘、リッキーフジ、保坂秀樹らが故人を語るドラディション10・27東京、10・29大阪にミル・マスカラスが参戦中嶋GHC V7成功 ヴァーティカルスパイクで粉砕!三沢さんに並ぶ歴代5位馳浩を復帰させた武藤敬司が、今度は全国各地の団体代表を招集グレート・ニタ最後の勇姿、8・27深海に帰るアントニオ猪木氏、北朝鮮問題解決へパイプ役を示唆 ▼情報&コラム 棚橋弘至のリアル永田を見よ!@金沢克彦内藤哲也はいかにして“制御不能のカリスマ”となったのか その魅力と変化に迫る天龍源一郎「2年前に引退してから、何もすることがない」〈AERA〉猪木“新団体旗揚げ戦”でメイン飾ったロッキー川村って誰?ノーザンライト前文科大臣・馳浩。11年ぶりのリング復帰に思うこと ▼格闘技 【RIZIN】所英男 絶好調・堀口との対戦に緊張も「後悔だけはしたくない」

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第180回のラインナップ▼ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語るアントニオ猪木、藤原喜明、前田日明、西村修らが参列~東京・回向院に故カール・ゴッチ墓建立直前情報! 30日(日)15時ディファ有明アウトサイダー大会はネット無料生中継・・・

              * * *

 情報をキャッチしていながら、最新1週間(月曜から土曜まで)で取り上げなかった前田日明の話題、あれば翌週送りせず日曜にまとめる。あと、1週間で取り上げた前田関連記事、主要記事リンクも再集約しておくことにします。
(週刊前田日明バックナンバー →「週刊前田日明」参照)

 この連載を毎週見ておけば前田関連の動きは逃さない!
 理想はそこですが、どうなるか。

※不定期連載となっています(全く週刊になっていません、ごめんなさい)。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語る

 今回の「週刊 前田日明」は、ゴッチの命日に合わせつつ、日曜のアウトサイダー煽りの意味で少し早めに更新。

 神様が亡くなったのは、2007年7月28日(満82歳没)。この7月28日はちょうど没後10年だった。

 24日のニコ生放送「月刊リングス」7月号で、前田日明が思わぬきっかけで「プロレスの神様」カール・ゴッチについて熱弁した。以下、発言より。(お相手はKAMINOGE井上崇宏編集長)

170724_akira2

さいきんすごいアタマ来たことがあってさ。藤原さん(藤原喜明)が著者名で載ってる、あるライターが共著で載ってる本があって。藤原さんと対談したんだよね。対談してゲラ直しやったら、そいつがね、オレに「前田さん、こことここ変えましょう」と。「なんで?」と聞くと「事実と違います」と。「事実と違うって、オレはゴッチさんから聞いた内容でしか書けないよ。それだったら(手を)引くよ」って。「それだったら載せます」と。「でも自分は前田さんのファンなので前田さんが恥をかくと悪いと思って」。

オレはゴッチさんと会話して、そういうことかと思って、証拠となる本とか見せてもらってその経験で書いてるわけで、それが「事実と違う」って。で、「お前、何を知ってるの?」と。そしたら娘さんからいろいろインタビューで聞いたと。そのページ見たら“自分は父親のことを知っているのは10%くらいだ”と正直に言ってるのに。オレらは実際にゴッチさんからいろんな話を聞いてるわけ。

なんでゴッチさんを尊敬しているかと言ったら、プロレス界にありがちなホラが一個もないんですよ。話もトレーニングも。当時アメリカで好かれるプロモーター嫌われるプロモーターいろいろいたんだけど、そういう中でもルー・テーズと7~8回タイトルマッチやったすごい人。でも、そのライターが書いてるゴッチ伝のところ読んだら、もうぐちゃぐちゃなんだよね。ゴッチなんてしょせん前座の人間だみたいな。

ゴッチさんが現役時代、何に対して闘っていたかというと、プロレスをまともなスポーツにするために闘っていた。だからカール・ゴッチに感化されたアントニオ猪木でもオレたちでも、一度はプロレスを変えようとシャカリキになってやるわけ。ようやくオレたちの時代で桜庭(桜庭和志)のような人間が出てきたけど、ゴッチさんそういうことどれくらい喜んでたか。そういうことも(そのライターらは)わかんないんだよね。

(プロフィール上はドイツ・ハンブルク出身の)ゴッチさん、ベルギー生まれのベルギー育ちのベルギー人なんだけど、ホントは。ベルギーは第二次世界大戦が始まる、アメリカ参戦する前に、あっというまにドイツに占領されたんですよ。軍政ひかれて秘密警察やら公安やらいろいろあってそん中で暮らしたんですよ。そのライターの調べた話によると、ゴッチさんのお父さんが反ナチスだったんでお父さんと一緒にドイツ本国の収容所に入れられてそこで終生を迎えたと。違うんだよ実際は。

リングスが始まって1~2年経って、ゴッチさんのところ訪ねたんだよね(1993年)。藤原組とかとも別れて(前田本人がゴッチと)音信不通になって、それもどうかなぁと思ってたんで。自分もロシアの連中と付き合い始めてゴッチさんの技も(この時期になって)わかった部分もいっぱいあったし。イチからまたやり直したいなという気持ちがあって、ゴッチさんのところ行ってきた。

でも、ちょっとわだかまり(になるかもしれない要素が)あってさ。特にドイツ圏に暮らしている人はロシア人が大嫌いなんだよ。ロシアが攻めてきてさ、レイプはするわ略奪や虐殺で大変だった。ロシア人と一緒にやってますって言ったらゴッチさんなんて言うかな?って。

こわごわ「ロシアの選手と一緒にやってるんです」って言ったら、ゴッチさんは「それはいい考えだ。最高のチョイスだ、お前は。たいしたもんだ!」って。「えっ、ゴッチさん、ロシア人によく会ってるんですか」って言ったら「そうだよ、よく会ってるよ」って。「オレは終戦のときロシア人のキャンプにいたんだ。終戦間際に(ドイツで)強制徴兵で集められて、終戦になってロシア人のキャンプに入れられて、そこにいたんだ」。

なんでロシア人を評価するのか聞いたら「もともと徴兵されて(ドイツの)軍のトレーニングキャンプに入れられた。格闘技のトレーニングで相手を倒すと、ドイツ軍がムキになって強いヤツを連れてくるんだけど、みんな倒しちゃった」と。そしたらドイツは合理主義の塊だから「お前が教官をやれ」と。そういうしているうちに終戦になったと。

で、ロシア軍に引っ張られて軍務調査で「自分は格闘技教官だ」って言ったら、ロシア人の格闘技教官がやって来たと。気がついたらゴッチさん負けないんだって。それでロシア人も「こいつは面白いやつだ」と面白がっちゃって、黒パンだとかハムだとか肉だとかいろんなもんくれて、一緒にトレーニングしたりとか。なので「オレはロシア人に対してあまり悪い思いはないんだよ」と。

ホントにそんなことあったのかなって思ったら、いろんなもの見せてくれたんですよね、銃剣とか。いろんな軍曹品、革製のピストルホルダーとか。ああそうなんだと。でもその(ゴッチ本の)ライターは違うと。

ヨーロッパでね、その当時、特にベルギーとか戦争末期の環境下では逆らえないんですよ。収容所行ったら殺されると。行くとしたら身元を隠していくんですよ。でないと戦争犯罪とか言われるから。音楽家でもいっぱいいるし、ゴッチさんみたいな若いときから有名だった選手、引っ張られるにきまってるじゃん。ヨーロッパとか欧米に暮らしている人間にとって、わずかとはいえナチスに××(聞き取れず)があるとは口が裂けても言えないんですよ。娘さんなんてアメリカにやってきて、言えないし言わない。そういうことを知らない、ライターは。

W_pw_570
(写真は週刊プロレスNo.570 1993年9月7日号表紙)

 発言ここまで。エピソードとして出てくるゴッチ訪問のときの写真が週プロ表紙にもなった。(この号は先行して表紙だけ。再会が記事化されているのは翌号No.571のようです。ボク自身のNo.571は処分済みのため、どんな記事だったかのタレコミ&写メ情報歓迎)

 現在は現在で一つのジャンルとして確立したプロレスであるが、歴史上には“プロレスかくあるべし”と立ち上がった男たちがいた。その色合いが強かったのがアントニオ猪木や前田日明ということになるが、2人の師匠格として君臨したのがカール・ゴッチだ。ジャーマン・スープレックス・ホールドを日本初公開したレスラーでもある。

 腕っぷしで国を超えて軍隊に認められていったのは痛快すぎる。まさに“プロレスかくあるべし”と立ち上がるのにふさわしいバックボーンではないか。それを改めて実感できるエピソードが前田から明かされた。Wikipediaにも載っていない。

 ただ、このエピソードの一端は雑誌にも出たことがあり、ファンの間には否定的な見方もある。上記ご覧になって改めてどうでしょうか!?

 前田も「プロレス界にありがちなホラが一個もない」とゴッチを評しているが、人間としての強さと腕っぷしの強さを両立させている、ボクらが憧れずにはいられない男なんである。没後10年で改めて功績を称えたい。

 なお、前田がライターとやり取りしていた本はこちらだろう。命日での発売が延期となっている(前田とのやり取りが直接原因なのかは不明)。ライターの主張が間違っていたとしても、前田に対して意見を出すというのはなかなかできることではないし、確認をしたという点に関してはボクは評価したいと思います。

170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 【発売延期 2017年内発売を目指して制作続行】7月28日発売!没後10年となる2017年7月28日、カール・ゴッチが伝えたトレーニングを網羅する本として出版。著者はカール・ゴッチの愛弟子、藤原喜明選手とカール・ゴッチ研究の泰斗、那嵯涼介氏。スペシャルインタビュー「アントニオ猪木氏」。スペシャルトーク「藤原組長×前田日明氏」「藤原組長×鈴木みのる選手」


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

アントニオ猪木、藤原喜明、前田日明、西村修らが参列~東京・回向院に故カール・ゴッチ墓建立

 没後10年当日の7月28日、カール・ゴッチの日本国内のお墓が建立された。

170728_noukotsu

・ アントニオ猪木ら出席、カール・ゴッチさん納骨式 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 アントニオ猪木(74)、藤原喜明(68)、木戸修(67)ら、日本のトップレスラーの師匠として知られ、2007年(平19)7月28日に82歳で亡くなったカール・ゴッチさんの墓が東京・荒川区の回向院に建立され、28日に納骨式が行われた。

 納骨式には「カール・ゴッチ墓石建立プロジェクト実行委員会」代表発起人の猪木と藤原、木戸、そして実務的な部分を担った文京区議会議員の西村修(45)の発起人3人をはじめ、前田日明(58)らゴッチさんの門下生を中心にレスラー、格闘家が参列した。ゴッチさんの墓は、松下村塾を開いた吉田松陰の墓の近くに建立された。

 ゴッチさんは亡くなるまでの数年、足が弱くなり来日することができず生前、猪木にあいさつしたがっていたが、かなわなかったという。そのことを知った西村が、ゴッチさんの死の直後、弟子のジョー・マレンコと話し合い、遺骨の分骨を決め、日本での墓の建立を発案。「人間の先祖は海から来た。海に帰さないといけない」というゴッチさんの遺志に従い、フロリダ州タンパの自宅近くのキーストンレイクに散骨し、残り1割の骨をマレンコが金庫に入れて保管。西村が関東中の墓を探したが、費用的な問題もあり計画が進まなかったという。16年に永代供養してくれる墓として回向院が浮上し、同9月に猪木に相談し、一気に建立の話が進んだという。

 猪木は、卍(まんじ)固めやジャーマンスープレックスを伝授してくれたゴッチさんの遺影に向かって「今日は元気ですか、から始まるわけにはいかない。日本にプロレスの原点、強さの基礎になる、いろいろなことをゴッチさんが伝授してくれた」と感謝した。そして「遠い過去になった話が思い起こされた。これをきっかけに、またレスリングが本来あるべき強さ…時代、時代によっていろいろなものは変わっていくけれど、原点を忘れないでおくというのはいいこと」と語った。

 西村は「(墓前には)『10年…時間がかかり過ぎて申し訳ありませんでした。ようやく、来たがっていた日本にお連れすることが出来ました。心からごゆっくりお休みください』とお伝えしました。本当に分骨を望んでいたのか、という思いもあった。藤原さん、木戸さん、前田さんもいらっしゃって、喜んでいると思う。ゴッチさんに会いに、お墓に線香でもお持ちになって参拝していただきたい」とファンにメッセージを送った。

##

 ゴッチという神様の元にアントニオ猪木、藤原喜明、前田日明、西村修らが集結。それだけでもジーンとくる。藤原と猪木の間にいるのは木戸修、ジョー・マレンコだという!
(参列者はアントニオ猪木、藤原喜明、木戸修、前田日明、ジョー・マレンコ、西村修、鈴木秀樹、鈴川真一、ノブ・ハヤシ、桜井隆多、タイガー服部レフェリー、ブル中野)

 ボクらも気にした“日本での墓建立をゴッチは望んでいたのか”という点については西村が「本当に分骨を望んでいたのか、という思いもあった。藤原さん、木戸さん、前田さんもいらっしゃって、喜んでいると思う」と言及。

 最寄りは南千住駅。
・ 浄土宗 南千住小塚原 回向院

 「ゴッチさんに会いに、お墓に線香でもお持ちになって参拝していただきたい」とファンにメッセージとのことなので参拝OKのようだが、くれぐれもマナーを守って足を運びましょう。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

直前情報! 30日(日)15時ディファ有明アウトサイダー大会はネット無料生中継

 30日(日)15:00、前田日明がプロデュースるディファ有明「THE OUTSIDER 第47戦」がネットで無料生中継となる。

170730_outsider

・ 「THE OUTSIDER 第47戦」対戦カード(全17試合) -- Rings
・ 「THE OUTSIDER 第47戦」大会概要 -- Rings
・ 「THE OUTSIDER 第47戦」人気YouTuberのジョー選手が参戦 -- Rings
・ 【生中継・無料】THE OUTSIDER 第47戦(7月30日/ディファ有明/実況・ターザン山本、解説・前田日明) - 2017-07-30 1430開始 - ニコニコ生放送
##
【会場のご案内】
2017/07/30(日) 開場:14:27 開演:14:30

10年目に突入したTHE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)が初の無料生中継を実施。全17試合、アマチュア総合格闘技ならではの予測不能な興奮を味わってください。ターザン山本氏(元「週刊プロレス」編集長)が70歳を超えて格闘技実況初挑戦!前田日明代表自らが横に座って解説します。また、OUTSIDER初体験者代表として、元AKB48の永尾まりやちゃんがゲスト。スペシャルマッチとして、亀田興毅にも挑戦した人気Youtuber「ジョー」が参戦します。
2017年7月30日(日)
14:00 開場予定
15:00 試合開始予定

##

 内緒話が苦手な前田がニコ生でネタバレさせていたが、“人気YouTuberのジョー選手参戦”“元AKB48の永尾まりやちゃんがゲスト”も正式発表された。

 総合格闘技RIZINとの同日開催。バラエティに富んだ企画はあれど、本筋はリング上での熱い闘い。盛り上がりを期待!

               * * *

170602_rings_pehlwans2▼new! 前田日明公認!リングスTシャツ&スナップバック発売
6月2日(金)からペールワンズの店頭及びWEBにて!!
●前田日明Tシャツ
●RINGS KAMINOGE Tシャツ
●RINGSスナップバック


 前田日明関連バックナンバー。

□第179回 1984年の佐山聡「僕は前田を上げたかったんですよ」 ついに旧UWFとシューティングを語る【週刊 前田日明】
* 1984年の佐山聡「僕は前田を上げたかったんですよ」 ついに旧UWFとシューティングを語る
* 前田日明が出演! 24日(月)21時ニコニコ生放送「月刊リングス7月号」

□ 会見映像公開するも滑舌と録音環境の不安、二つ我にあり!? されど前田日明がヘビー級RINGS始動宣言

□第178回 『1984年のUWF』読後の怒りが止まらない! 前田が出版決意「アンサーはきっちり本にして出す」【週刊 前田日明】
* 『1984年のUWF』読後の怒りが止まらない! 前田が出版決意「アンサーはきっちり本にして出す」
* カール・ゴッチ没後10年となるこの夏に『ゴッチ式トレーニング』発売! 前田は藤原喜明との対談で登場
* 悪口を足す前田流原稿チェック!? 『KAMINOGE』ターザン山本との対談に「ハゲ!」を追記していた

□第177回 6月26日(月)月刊リングス6月号に久田将義氏が再登場、過去最高視聴者数記録の前田U本激語り再び!?【週刊 前田日明】
* 6月26日(月)月刊リングス6月号に久田将義氏が再登場、過去最高視聴者数記録の前田U本激語り再び!?
* 前田が都民ファーストの会参戦の都議選を一刀両断~「小池さん(小池百合子都知事)のゴールは総理のイス」

□第176回 前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場【週刊 前田日明】
* 前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場
* ヤクルトの中継ぎギルメット投手が登場曲に前田日明「キャプチュード」を使用~小山信一通訳が仕掛ける

□第175回 前田「これはドキュメンタリーじゃないよ!」~発売から3か月、ついに『1984年のUWF』を読んで大激怒【週刊 前田日明】
* 前田「これはドキュメンタリーじゃないよ!」~発売から3か月、ついに『1984年のUWF』を読んで大激怒
* 前田日明公認リングスTシャツ&スナップバック発売~ペールワンズの店頭およびWEBにて手に入れよう

□ 前田日明がオリラジ藤森慎吾さんと武勇伝披露で「あっちゃんかっこいいーっ!」~予告なくフジテレビ「全力!脱力タイムズ」に出演


 【週刊 前田日明】はここまで。
 今週も前田日明を追いかけます!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 30日(日)はアウトサイダー14:30ネット無料生中継&RIZIN19:00フジテレビ当日放映/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | 7月31日(月)「大相撲総選挙」ほか今週の地上波テレビ情報/週末8月6日(日)「がっちりマンデー」どん底から復活特集に新日本プロレス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65591251

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語る【週刊 前田日明】:

« 30日(日)はアウトサイダー14:30ネット無料生中継&RIZIN19:00フジテレビ当日放映/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | 7月31日(月)「大相撲総選挙」ほか今週の地上波テレビ情報/週末8月6日(日)「がっちりマンデー」どん底から復活特集に新日本プロレス »