フォト

最近の記事

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

« 30日(日)はアウトサイダー14:30ネット無料生中継&RIZIN19:00フジテレビ当日放映/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | カール・ゴッチが絆を紡ぐ~前田日明、藤原喜明、アントニオ猪木が笑顔で再会ほか納骨式写真集まとめ »

2017.07.29

ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語る【週刊 前田日明】

pick up ▼ニュース Mr.ポーゴお別れ会 大仁田厚、松永光弘、リッキーフジ、保坂秀樹らが故人を語るドラディション10・27東京、10・29大阪にミル・マスカラスが参戦中嶋GHC V7成功 ヴァーティカルスパイクで粉砕!三沢さんに並ぶ歴代5位馳浩を復帰させた武藤敬司が、今度は全国各地の団体代表を招集グレート・ニタ最後の勇姿、8・27深海に帰るアントニオ猪木氏、北朝鮮問題解決へパイプ役を示唆 ▼情報&コラム 棚橋弘至のリアル永田を見よ!@金沢克彦内藤哲也はいかにして“制御不能のカリスマ”となったのか その魅力と変化に迫る天龍源一郎「2年前に引退してから、何もすることがない」〈AERA〉猪木“新団体旗揚げ戦”でメイン飾ったロッキー川村って誰?ノーザンライト前文科大臣・馳浩。11年ぶりのリング復帰に思うこと ▼格闘技 【RIZIN】所英男 絶好調・堀口との対戦に緊張も「後悔だけはしたくない」

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。毎週日曜日は、前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」の日です。連載第180回のラインナップ▼ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語るアントニオ猪木、藤原喜明、前田日明、西村修らが参列~東京・回向院に故カール・ゴッチ墓建立直前情報! 30日(日)15時ディファ有明アウトサイダー大会はネット無料生中継・・・

              * * *

 情報をキャッチしていながら、最新1週間(月曜から土曜まで)で取り上げなかった前田日明の話題、あれば翌週送りせず日曜にまとめる。あと、1週間で取り上げた前田関連記事、主要記事リンクも再集約しておくことにします。
(週刊前田日明バックナンバー →「週刊前田日明」参照)

 この連載を毎週見ておけば前田関連の動きは逃さない!
 理想はそこですが、どうなるか。

※不定期連載となっています(全く週刊になっていません、ごめんなさい)。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語る

 今回の「週刊 前田日明」は、ゴッチの命日に合わせつつ、日曜のアウトサイダー煽りの意味で少し早めに更新。

 神様が亡くなったのは、2007年7月28日(満82歳没)。この7月28日はちょうど没後10年だった。

 24日のニコ生放送「月刊リングス」7月号で、前田日明が思わぬきっかけで「プロレスの神様」カール・ゴッチについて熱弁した。以下、発言より。(お相手はKAMINOGE井上崇宏編集長)

170724_akira2

さいきんすごいアタマ来たことがあってさ。藤原さん(藤原喜明)が著者名で載ってる、あるライターが共著で載ってる本があって。藤原さんと対談したんだよね。対談してゲラ直しやったら、そいつがね、オレに「前田さん、こことここ変えましょう」と。「なんで?」と聞くと「事実と違います」と。「事実と違うって、オレはゴッチさんから聞いた内容でしか書けないよ。それだったら(手を)引くよ」って。「それだったら載せます」と。「でも自分は前田さんのファンなので前田さんが恥をかくと悪いと思って」。

オレはゴッチさんと会話して、そういうことかと思って、証拠となる本とか見せてもらってその経験で書いてるわけで、それが「事実と違う」って。で、「お前、何を知ってるの?」と。そしたら娘さんからいろいろインタビューで聞いたと。そのページ見たら“自分は父親のことを知っているのは10%くらいだ”と正直に言ってるのに。オレらは実際にゴッチさんからいろんな話を聞いてるわけ。

なんでゴッチさんを尊敬しているかと言ったら、プロレス界にありがちなホラが一個もないんですよ。話もトレーニングも。当時アメリカで好かれるプロモーター嫌われるプロモーターいろいろいたんだけど、そういう中でもルー・テーズと7~8回タイトルマッチやったすごい人。でも、そのライターが書いてるゴッチ伝のところ読んだら、もうぐちゃぐちゃなんだよね。ゴッチなんてしょせん前座の人間だみたいな。

ゴッチさんが現役時代、何に対して闘っていたかというと、プロレスをまともなスポーツにするために闘っていた。だからカール・ゴッチに感化されたアントニオ猪木でもオレたちでも、一度はプロレスを変えようとシャカリキになってやるわけ。ようやくオレたちの時代で桜庭(桜庭和志)のような人間が出てきたけど、ゴッチさんそういうことどれくらい喜んでたか。そういうことも(そのライターらは)わかんないんだよね。

(プロフィール上はドイツ・ハンブルク出身の)ゴッチさん、ベルギー生まれのベルギー育ちのベルギー人なんだけど、ホントは。ベルギーは第二次世界大戦が始まる、アメリカ参戦する前に、あっというまにドイツに占領されたんですよ。軍政ひかれて秘密警察やら公安やらいろいろあってそん中で暮らしたんですよ。そのライターの調べた話によると、ゴッチさんのお父さんが反ナチスだったんでお父さんと一緒にドイツ本国の収容所に入れられてそこで終生を迎えたと。違うんだよ実際は。

リングスが始まって1~2年経って、ゴッチさんのところ訪ねたんだよね(1993年)。藤原組とかとも別れて(前田本人がゴッチと)音信不通になって、それもどうかなぁと思ってたんで。自分もロシアの連中と付き合い始めてゴッチさんの技も(この時期になって)わかった部分もいっぱいあったし。イチからまたやり直したいなという気持ちがあって、ゴッチさんのところ行ってきた。

でも、ちょっとわだかまり(になるかもしれない要素が)あってさ。特にドイツ圏に暮らしている人はロシア人が大嫌いなんだよ。ロシアが攻めてきてさ、レイプはするわ略奪や虐殺で大変だった。ロシア人と一緒にやってますって言ったらゴッチさんなんて言うかな?って。

こわごわ「ロシアの選手と一緒にやってるんです」って言ったら、ゴッチさんは「それはいい考えだ。最高のチョイスだ、お前は。たいしたもんだ!」って。「えっ、ゴッチさん、ロシア人によく会ってるんですか」って言ったら「そうだよ、よく会ってるよ」って。「オレは終戦のときロシア人のキャンプにいたんだ。終戦間際に(ドイツで)強制徴兵で集められて、終戦になってロシア人のキャンプに入れられて、そこにいたんだ」。

なんでロシア人を評価するのか聞いたら「もともと徴兵されて(ドイツの)軍のトレーニングキャンプに入れられた。格闘技のトレーニングで相手を倒すと、ドイツ軍がムキになって強いヤツを連れてくるんだけど、みんな倒しちゃった」と。そしたらドイツは合理主義の塊だから「お前が教官をやれ」と。そういうしているうちに終戦になったと。

で、ロシア軍に引っ張られて軍務調査で「自分は格闘技教官だ」って言ったら、ロシア人の格闘技教官がやって来たと。気がついたらゴッチさん負けないんだって。それでロシア人も「こいつは面白いやつだ」と面白がっちゃって、黒パンだとかハムだとか肉だとかいろんなもんくれて、一緒にトレーニングしたりとか。なので「オレはロシア人に対してあまり悪い思いはないんだよ」と。

ホントにそんなことあったのかなって思ったら、いろんなもの見せてくれたんですよね、銃剣とか。いろんな軍曹品、革製のピストルホルダーとか。ああそうなんだと。でもその(ゴッチ本の)ライターは違うと。

ヨーロッパでね、その当時、特にベルギーとか戦争末期の環境下では逆らえないんですよ。収容所行ったら殺されると。行くとしたら身元を隠していくんですよ。でないと戦争犯罪とか言われるから。音楽家でもいっぱいいるし、ゴッチさんみたいな若いときから有名だった選手、引っ張られるにきまってるじゃん。ヨーロッパとか欧米に暮らしている人間にとって、わずかとはいえナチスに××(聞き取れず)があるとは口が裂けても言えないんですよ。娘さんなんてアメリカにやってきて、言えないし言わない。そういうことを知らない、ライターは。

【2017.12.3追記 前田はこの件について、ゴッチの名誉を守るとばかりに、以降にも各所で発言するようになった。2017/11/30放映のニコ生でも以下のコメントを出している。
「当時はどこの国の人間であろうとナチスに関わっていた(ことが知れた)ら社会から抹殺されたんですよ。職を失った。だから(ゴッチは)隠さないといけなかった。でも、ゴッチさんに(再会した際に)ナチスのマーク、鉤十字(かぎじゅうじ)が入った銃剣と、肩から掛ける甲冑のホルダーと、何点か見せられた。それで、(ゴッチの墓の建立式に立ち会った、8歳のころからゴッチに師事している)ジョー・マレンコにも、こんな話(ゴッチがロシア軍の収容所で終戦を迎えた話の顛末)を聞いたことがあるかと確認したんですよ。そしたら、マレンコも同じものを見せられたし同じ話を聞いたと。身近な人間にしか話してないことをオレには話してくれた」】

W_pw_570
(写真は週刊プロレスNo.570 1993年9月7日号表紙)

 発言ここまで。エピソードとして出てくるゴッチ訪問のときの写真が週プロ表紙にもなった。(この号は先行して表紙だけ。再会が記事化されているのは翌号No.571のようです。ボク自身のNo.571は処分済みのため、どんな記事だったかのタレコミ&写メ情報歓迎)

 現在は現在で一つのジャンルとして確立したプロレスであるが、歴史上には“プロレスかくあるべし”と立ち上がった男たちがいた。その色合いが強かったのがアントニオ猪木や前田日明ということになるが、2人の師匠格として君臨したのがカール・ゴッチだ。ジャーマン・スープレックス・ホールドを日本初公開したレスラーでもある。

 腕っぷしで国を超えて軍隊に認められていったのは痛快すぎる。まさに“プロレスかくあるべし”と立ち上がるのにふさわしいバックボーンではないか。それを改めて実感できるエピソードが前田から明かされた。Wikipediaにも載っていない。

 ただ、このエピソードの一端は雑誌にも出たことがあり、ファンの間には否定的な見方もある。上記ご覧になって改めてどうでしょうか!?

 前田も「プロレス界にありがちなホラが一個もない」とゴッチを評しているが、人間としての強さと腕っぷしの強さを両立させている、ボクらが憧れずにはいられない男なんである。没後10年で改めて功績を称えたい。

 なお、前田がライターとやり取りしていた本はこちらだろう。命日での発売が延期となっている(前田とのやり取りが直接原因なのかは不明)。ライターの主張が間違っていたとしても、前田に対して意見を出すというのはなかなかできることではないし、確認をしたという点に関してはボクは評価したいと思います。

170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 【発売延期 2017年内発売を目指して制作続行】7月28日発売!没後10年となる2017年7月28日、カール・ゴッチが伝えたトレーニングを網羅する本として出版。著者はカール・ゴッチの愛弟子、藤原喜明選手とカール・ゴッチ研究の泰斗、那嵯涼介氏。スペシャルインタビュー「アントニオ猪木氏」。スペシャルトーク「藤原組長×前田日明氏」「藤原組長×鈴木みのる選手」


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

アントニオ猪木、藤原喜明、前田日明、西村修らが参列~東京・回向院に故カール・ゴッチ墓建立

 没後10年当日の7月28日、カール・ゴッチの日本国内のお墓が建立された。

170728_noukotsu

・ アントニオ猪木ら出席、カール・ゴッチさん納骨式 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 アントニオ猪木(74)、藤原喜明(68)、木戸修(67)ら、日本のトップレスラーの師匠として知られ、2007年(平19)7月28日に82歳で亡くなったカール・ゴッチさんの墓が東京・荒川区の回向院に建立され、28日に納骨式が行われた。

 納骨式には「カール・ゴッチ墓石建立プロジェクト実行委員会」代表発起人の猪木と藤原、木戸、そして実務的な部分を担った文京区議会議員の西村修(45)の発起人3人をはじめ、前田日明(58)らゴッチさんの門下生を中心にレスラー、格闘家が参列した。ゴッチさんの墓は、松下村塾を開いた吉田松陰の墓の近くに建立された。

 ゴッチさんは亡くなるまでの数年、足が弱くなり来日することができず生前、猪木にあいさつしたがっていたが、かなわなかったという。そのことを知った西村が、ゴッチさんの死の直後、弟子のジョー・マレンコと話し合い、遺骨の分骨を決め、日本での墓の建立を発案。「人間の先祖は海から来た。海に帰さないといけない」というゴッチさんの遺志に従い、フロリダ州タンパの自宅近くのキーストンレイクに散骨し、残り1割の骨をマレンコが金庫に入れて保管。西村が関東中の墓を探したが、費用的な問題もあり計画が進まなかったという。16年に永代供養してくれる墓として回向院が浮上し、同9月に猪木に相談し、一気に建立の話が進んだという。

 猪木は、卍(まんじ)固めやジャーマンスープレックスを伝授してくれたゴッチさんの遺影に向かって「今日は元気ですか、から始まるわけにはいかない。日本にプロレスの原点、強さの基礎になる、いろいろなことをゴッチさんが伝授してくれた」と感謝した。そして「遠い過去になった話が思い起こされた。これをきっかけに、またレスリングが本来あるべき強さ…時代、時代によっていろいろなものは変わっていくけれど、原点を忘れないでおくというのはいいこと」と語った。

 西村は「(墓前には)『10年…時間がかかり過ぎて申し訳ありませんでした。ようやく、来たがっていた日本にお連れすることが出来ました。心からごゆっくりお休みください』とお伝えしました。本当に分骨を望んでいたのか、という思いもあった。藤原さん、木戸さん、前田さんもいらっしゃって、喜んでいると思う。ゴッチさんに会いに、お墓に線香でもお持ちになって参拝していただきたい」とファンにメッセージを送った。

##

 ゴッチという神様の元にアントニオ猪木、藤原喜明、前田日明、西村修らが集結。それだけでもジーンとくる。藤原と猪木の間にいるのは木戸修、ジョー・マレンコだという!
(参列者はアントニオ猪木、藤原喜明、木戸修、前田日明、ジョー・マレンコ、西村修、鈴木秀樹、鈴川真一、ノブ・ハヤシ、桜井隆多、タイガー服部レフェリー、ブル中野)

 ボクらも気にした“日本での墓建立をゴッチは望んでいたのか”という点については西村が「本当に分骨を望んでいたのか、という思いもあった。藤原さん、木戸さん、前田さんもいらっしゃって、喜んでいると思う」と言及。

 最寄りは南千住駅。
・ 浄土宗 南千住小塚原 回向院

 「ゴッチさんに会いに、お墓に線香でもお持ちになって参拝していただきたい」とファンにメッセージとのことなので参拝OKのようだが、くれぐれもマナーを守って足を運びましょう。


▼▼▼ W E E K L Y  A K I R A ▼▼▼

直前情報! 30日(日)15時ディファ有明アウトサイダー大会はネット無料生中継

 30日(日)15:00、前田日明がプロデュースるディファ有明「THE OUTSIDER 第47戦」がネットで無料生中継となる。

170730_outsider

・ 「THE OUTSIDER 第47戦」対戦カード(全17試合) -- Rings
・ 「THE OUTSIDER 第47戦」大会概要 -- Rings
・ 「THE OUTSIDER 第47戦」人気YouTuberのジョー選手が参戦 -- Rings
・ 【生中継・無料】THE OUTSIDER 第47戦(7月30日/ディファ有明/実況・ターザン山本、解説・前田日明) - 2017-07-30 1430開始 - ニコニコ生放送
##
【会場のご案内】
2017/07/30(日) 開場:14:27 開演:14:30

10年目に突入したTHE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)が初の無料生中継を実施。全17試合、アマチュア総合格闘技ならではの予測不能な興奮を味わってください。ターザン山本氏(元「週刊プロレス」編集長)が70歳を超えて格闘技実況初挑戦!前田日明代表自らが横に座って解説します。また、OUTSIDER初体験者代表として、元AKB48の永尾まりやちゃんがゲスト。スペシャルマッチとして、亀田興毅にも挑戦した人気Youtuber「ジョー」が参戦します。
2017年7月30日(日)
14:00 開場予定
15:00 試合開始予定

##

 内緒話が苦手な前田がニコ生でネタバレさせていたが、“人気YouTuberのジョー選手参戦”“元AKB48の永尾まりやちゃんがゲスト”も正式発表された。

 総合格闘技RIZINとの同日開催。バラエティに富んだ企画はあれど、本筋はリング上での熱い闘い。盛り上がりを期待!

               * * *

170602_rings_pehlwans2▼new! 前田日明公認!リングスTシャツ&スナップバック発売
6月2日(金)からペールワンズの店頭及びWEBにて!!
●前田日明Tシャツ
●RINGS KAMINOGE Tシャツ
●RINGSスナップバック


 前田日明関連バックナンバー。

□第179回 1984年の佐山聡「僕は前田を上げたかったんですよ」 ついに旧UWFとシューティングを語る【週刊 前田日明】
* 1984年の佐山聡「僕は前田を上げたかったんですよ」 ついに旧UWFとシューティングを語る
* 前田日明が出演! 24日(月)21時ニコニコ生放送「月刊リングス7月号」

□ 会見映像公開するも滑舌と録音環境の不安、二つ我にあり!? されど前田日明がヘビー級RINGS始動宣言

□第178回 『1984年のUWF』読後の怒りが止まらない! 前田が出版決意「アンサーはきっちり本にして出す」【週刊 前田日明】
* 『1984年のUWF』読後の怒りが止まらない! 前田が出版決意「アンサーはきっちり本にして出す」
* カール・ゴッチ没後10年となるこの夏に『ゴッチ式トレーニング』発売! 前田は藤原喜明との対談で登場
* 悪口を足す前田流原稿チェック!? 『KAMINOGE』ターザン山本との対談に「ハゲ!」を追記していた

□第177回 6月26日(月)月刊リングス6月号に久田将義氏が再登場、過去最高視聴者数記録の前田U本激語り再び!?【週刊 前田日明】
* 6月26日(月)月刊リングス6月号に久田将義氏が再登場、過去最高視聴者数記録の前田U本激語り再び!?
* 前田が都民ファーストの会参戦の都議選を一刀両断~「小池さん(小池百合子都知事)のゴールは総理のイス」

□第176回 前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場【週刊 前田日明】
* 前田vsターザン山本、船木誠勝vs安生洋二から金原弘光座談会まで~KAMINOGE67号にUWF勢登場
* ヤクルトの中継ぎギルメット投手が登場曲に前田日明「キャプチュード」を使用~小山信一通訳が仕掛ける

□第175回 前田「これはドキュメンタリーじゃないよ!」~発売から3か月、ついに『1984年のUWF』を読んで大激怒【週刊 前田日明】
* 前田「これはドキュメンタリーじゃないよ!」~発売から3か月、ついに『1984年のUWF』を読んで大激怒
* 前田日明公認リングスTシャツ&スナップバック発売~ペールワンズの店頭およびWEBにて手に入れよう

□ 前田日明がオリラジ藤森慎吾さんと武勇伝披露で「あっちゃんかっこいいーっ!」~予告なくフジテレビ「全力!脱力タイムズ」に出演


 【週刊 前田日明】はここまで。
 今週も前田日明を追いかけます!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

« 30日(日)はアウトサイダー14:30ネット無料生中継&RIZIN19:00フジテレビ当日放映/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | カール・ゴッチが絆を紡ぐ~前田日明、藤原喜明、アントニオ猪木が笑顔で再会ほか納骨式写真集まとめ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65591251

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ軍・ロシア軍で格闘技教官として無敵だった! 没後10年カール・ゴッチ秘話を前田が語る【週刊 前田日明】:

« 30日(日)はアウトサイダー14:30ネット無料生中継&RIZIN19:00フジテレビ当日放映/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ | トップページ | カール・ゴッチが絆を紡ぐ~前田日明、藤原喜明、アントニオ猪木が笑顔で再会ほか納骨式写真集まとめ »

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー