« 正論と暴挙の間に内藤哲也、まずは棚橋突破で決勝進出! 15歳の頃に立てた「ドームのメインに立つ」夢へ向かって | トップページ | 両国国技館G1最終戦に「Takeover」の旋律、4か月ぶりにリングインした柴田勝頼「生きてます! 以上!」 »

2017.08.13

ケニー・オメガがオカダに初勝利でG1外国人初2連覇宣言! 新コスチュームは“幻の決勝戦”飯伏幸太イメージだった

 12日、新日本プロレスの両国国技館大会はG1クライマックスBブロック公式戦の最終日。メインは勝者が翌日の優勝決定戦へと進出するオカダ・カズチカvs.ケニー・オメガの一戦が行われた。

170812_g127_k2

 1・4ドームで世界に発信。スピーディーで危険な試合がG1両国に降臨で大熱狂! ケニーはエプロンでの高速ドラゴンを繰り出し、Vトリガーを連発する。肩を負傷しているオカダは大ダメージを負い、終盤にレインメーカーを決めるもフォールに移行できず。ついには片翼の天使が決まり、ケニーはオカダに初勝利。

170812_g127_k3

 昨年G1決勝後に特別に披露した“日本語マイク”だったが、ケニーは決勝を前にして早くも出した。G1外国人初2連覇宣言。

 このG1に入る前には、かつてのタッグチーム「ゴールデン☆ラヴァーズ」を組むなど盟友だった飯伏幸太との優勝決定戦実現の可能性が話題となった。

170812_g127_k1

 飯伏との決勝実現に備えたのか、この日のケニーの新コスチュームが飯伏イメージと話題に。

170812_g127_k4
コスチューム制作会社のインスタグラム。
This new costume was created by Kenny's desire.
The image is mash up of Kenny & his rival Ibushi.
Phoenix on the back of his tight is modified letter "ELITE"!
(この新コスチュームはケニーの要望によりつくられたもの。イメージは、ケニーとライバル飯伏幸太のmash upである。タイツの後ろのフェニックスは文字ELITEに改変されている。)


 なんということだ、飯伏への強い思いが溢れ出す。

 2連覇を果たせば盟友へのラブコールも飛び出すか!? 同じコスチュームで出るかどうかは不明だが、ケニーは“昨年G1ベストバウト”内藤との決勝に挑む。

 内藤・ケニーは多くのファンが望んだ決勝。
・ ファンが見たい決勝カード1位は内藤哲也vsケニー・オメガ/いよいよG1両国3連戦! 大会カードおさらい&直前情報 プロレス-格闘技 カクトウログ

 今年に入って「オカダvs.ケニー」「内藤vs.棚橋」はドーム・大阪城・G1両国と3度行われた。それぞれの勝者同士の究極決勝となるG1。誰が勝ち上がり、どんなコメントが出るか注目される。

 12日の結果おさらい。
・ ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27 8月12日(土)18:30 東京・両国国技館(試合結果)

■新日本プロレス ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27
8月12日(土)18:30 両国国技館 観衆7,591人(札止め)

<第1試合>
TAKAみちのく
〇エル・デスペラード
タイチ
金丸義信
(7分04秒  ピンチェ・ロコ→体固め)
●川人拓来
タイガーマスク
獣神サンダー・ライガー
KUSHIDA
デスペラード「誰がアイツ(KUSHIDA)とやってるんだよ!(※IWGP Jr ヘビー級ベルトを手で叩きながら)誰の許可を得てこのベルトを賭けてやってるんだよ。これはオレのだよ」

<第2試合>
●チェーズ・オーエンズ
高橋裕二郎
タンガ・ロア
(7分20秒  GTR→片エビ固め)
YOSHI-HASHI
石井智宏
〇後藤洋央紀

<第3試合>
飯塚高史
〇ザック・セイバーJr.
(6分16秒  PK→片エビ固め)
●永田裕志
真壁刀義
飯塚高史が新日本リングに復活し両国が阿鼻叫喚
ザック「『G1』でオレはタナハシを倒した。もしタイトルマッチをさせてもらえるならば、必ずオレはタナハシに勝ってベルトを奪ってやる」

<第4試合>
バッドラック・ファレ
ニック・ジャクソン
マット・ジャクソン
〇ハングマン・ペイジ
Cody
(8分14秒  ライト・オブ・パッセージ→片エビ固め)
●北村克哉
リコシェ
田口隆祐
ハンソン
レイモンド・ロウ

<第5試合>
高橋ヒロム
●BUSHI
内藤哲也
(6分57秒  カミゴェ→片エビ固め)
デビッド・フィンレー
〇飯伏幸太
棚橋弘至
飯伏幸太が両国で新技・カミゴェを披露!「自分のこれからの方向性を考えたい」
ヒロム「抑えきれない、この感情爆発させてくれる相手!そう!オマエだよ!オレの前に出てこい!アハハハハハハ~!!」
 内藤「優勝決定戦だから、特別気持ちが違います。特別気持ちが乗っています。そんなことはない。いままでのリーグ戦と同じように、いまの内藤哲也を。そして、いまのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを皆様にお見せしたいなと思います」

<第6試合 「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦>
〇ジュース・ロビンソン
(11分48秒  パルプフリクション→片エビ固め)
●マイケル・エルガン

<第7試合 「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦>
●SANADA
(11分59秒  ガン・スタン→エビ固め)
〇タマ・トンガ

<第8試合 「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦>
●鈴木みのる
(6分56秒  横入り式エビ固め)
〇矢野通
アメリカ版新日本プロレスワールドの解説をしていたロッキー・ロメロがリングへ飛び込み、ヘッドシザースホイップでタイチを排除

<第9試合 「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦>
〇EVIL
(14分23秒  EVIL→片エビ固め)
●小島聡
小島「今回の成績を受けて、私は『G1』に出場する資格がない選手だとハッキリ分かりました。現時点で出場する資格がなくても、もしかしたら来年、来年の『G1 CLIMAX』までに頑張って努力して、もっと強くなれば、もしかしたらまた出場する資格が得られるかもしれない。そう思って、頑張りたいと思います」

<第10試合 「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦>
〇ケニー・オメガ
(24分40秒  片翼の天使→片エビ固め)
●オカダ・カズチカ
※ケニーが勝ち点14で優勝決定戦に進出
ケニー「ナイト―、オマエは強くてセクシーだけど、ひとつ問題がある。それはオレに劣るということだ。明日はジ・エリート、そしてカナダの国旗が会場内をはためくだろう。オレは必ず勝って、外国人選手として初めての『G1 CLIMAX』連覇を成し遂げてみせる」」
ケニー「オカダ、この試合はもっと楽にしてくれると思っていたのに、こんなにツライ30分はなかなかなかったと思うぞ」


 13日の対戦カード情報。
・ ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27 8月13日(日)15:00 東京・両国国技館試合結果


 新日本プロレスワールドでは海外向け配信も。
・ 新日本プロレスワールド

Dhetw5fuaaai4o2


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 正論と暴挙の間に内藤哲也、まずは棚橋突破で決勝進出! 15歳の頃に立てた「ドームのメインに立つ」夢へ向かって | トップページ | 両国国技館G1最終戦に「Takeover」の旋律、4か月ぶりにリングインした柴田勝頼「生きてます! 以上!」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65658350

この記事へのトラックバック一覧です: ケニー・オメガがオカダに初勝利でG1外国人初2連覇宣言! 新コスチュームは“幻の決勝戦”飯伏幸太イメージだった:

« 正論と暴挙の間に内藤哲也、まずは棚橋突破で決勝進出! 15歳の頃に立てた「ドームのメインに立つ」夢へ向かって | トップページ | 両国国技館G1最終戦に「Takeover」の旋律、4か月ぶりにリングインした柴田勝頼「生きてます! 以上!」 »