« 高山善廣を応援する会「TAKAYAMANIA」がクレジットカードからの募金や海外からの募金も行えるよう現在調整中 | トップページ | アントニオ猪木「まさか、この年になって、切符売りをしなければいけない」~生前葬という猪木劇場メインの無謀興行10・21両国発表 »

2017.09.14

チーム・ジャパン、メジャーリーグで脚光! 1回戦がWWEデビュー戦となったトーナメントを制覇、カイリ・セイン(宝城カイリ)が続いた

pick up ▼ニュース 【レガシー】武藤-鈴木タッグ対決が実現 馳氏が実行委員長レガシー10・1金沢大会【全日本】諏訪魔デビュー13周年記念 2018年1・7十三大会の開催が決定 王道T2回戦「ゼウスvs石川」、「宮原vsヨシタツ」が決定 9・18大阪大会全カードアジアタッグ正式決定、3大会に小鹿、10・9後楽園に太陽ケア参戦 9~10月各大会カード4連覇かかる青木&佐藤ら5チーム総当たり 11月『Jr.TAG BATTLE OF GLORY』公式戦日程【STRONG STYLE HISTORY】上井興行9・22大阪延期レスラー政宗さん宅から白蛇が行方不明に ▼情報&コラム 藤田の代理人・カシン「大仁田に法的措置も」【新日本】ジュース・ロビンソンが手負いのUS王者ケニーにエールの怪10月1日(日)東映特撮FC会員から抽選招待「東映特撮ファン感謝祭」棚橋弘至と成田蓮が参加【全日本】石川修司が諏訪魔の共闘ラブコールに「NO!」「王道T」初戦突破の宮原 3冠王者Vの公約ヤンキース・田中の同僚にWWE中邑の大ファン10月28日(土)14:00三条市・厚生福祉会館体育館「ジャイアント馬場さん顕彰記念事業」徳光和夫さん講演会 ▼格闘技 【ADCC】菊田早苗、ヘンゾの”男気”受けて立つ「木村政彦以来の快挙を」

 現地時間12日、カイリ・セイン(宝城カイリ)がWWE女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」を制覇した。

Djntzw2w0aa7ka_
Kairi Sane⚓️(@KairiSaneWWE)さん Twitterより)

・ 【WWE】カイリが女子トーナメント優勝! 強豪32選手の頂点に (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
【ネバダ州ラスベガス12日(日本時間13日)発】WWE史上初の女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」の決勝戦が当地のトーマス&マックセンターで開催され、カイリ・セイン(28=宝城カイリ)がシェイナ・ベイズラー(37)を下して優勝した。
##

 1回戦がWWEデビュー戦となったトーナメント、そのまま制覇。これ以上ない海外始動と言っていい。当面はNXTでの活動が見込まれる。NXTは単にWWE傘下というわけではなく、1軍とは異なる価値観を体現する場となっている。

 小柄であり、アニメから飛び出したようなかわいらしさ。全力を尽くし、至高のダイビングエルボーでフィニッシュするスタイル。ASUKAとはまた違った魅力がある。スターダムの苦しい時期の現場を主翼で担い、試合運びにも定評がある。

 Twitterでのプロモーションを見ていても、カイリが際立つ写真構成があったり、エルボーへの注目があり、魅力を引き出してくれていることが嬉しくなる。この勢いのまま、アメリカを沸かせてほしい。おめでとうございます!

 インタビューも、チャンスをつかみ始めた喜びが溢れる。
・ 【WWE】女子T制覇したカイリ一問一答 次はNXT王座「本気で取りにいきたい」 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
 ――トーナメントのフィニッシュは全てダイビングエルボーだった

 カイリ:デビューしたころから6年間使い続けて、ここまで育ててきた愛着のある技が、こちらの方にも認めてもらえてうれしかった。ダメだった自分が、世界一のWWEでこうやってやっていけるのは、みんなに元気とか勇気とか与えられるからだと思う。諦めなければチャンスはやってくると伝えられたら。

 ――11月18日に同王座戦に臨む可能性が浮上した

 カイリ:ビックリです。私もたった今、知ったので。そういう機会を与えていただいたのはうれしいです。プレッシャーとか、かかってくるので、それに負けないで期待に応えられるようにしたい。照準を合わせて一から頑張りたいです。

 ――最後に日本のファンに

 カイリ:たくさんの応援を日本から感じていました。ありがとうございます。これからもっと上を目指して精進しますので、見守っていただければ。今回(16日のWWE日本公演=エディオンアリーナ大阪)は日本に帰れませんでしたが、次はベルトを持って帰れるかもしれないので、胸を張って帰れるよう頑張ります。

##

 それにしてもASUKA、中邑真輔、カイリというチーム・ジャパンの脚光ぶりが目覚ましい。もちろん個々の努力と力量あってのものだが、日本のプロレスのグレードの高さを見せつけてくれ!

 9/16大阪WWE公演では、中邑が王座戦、ASUKAがタッグ戦でのセコンド来日を飾る。
・ WWE ニュース 2017 WWE LIVE Osaka最新カード発表!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> WWE トップページ
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

|

« 高山善廣を応援する会「TAKAYAMANIA」がクレジットカードからの募金や海外からの募金も行えるよう現在調整中 | トップページ | アントニオ猪木「まさか、この年になって、切符売りをしなければいけない」~生前葬という猪木劇場メインの無謀興行10・21両国発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65787892

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・ジャパン、メジャーリーグで脚光! 1回戦がWWEデビュー戦となったトーナメントを制覇、カイリ・セイン(宝城カイリ)が続いた:

« 高山善廣を応援する会「TAKAYAMANIA」がクレジットカードからの募金や海外からの募金も行えるよう現在調整中 | トップページ | アントニオ猪木「まさか、この年になって、切符売りをしなければいけない」~生前葬という猪木劇場メインの無謀興行10・21両国発表 »