« UFC日本大会9・23埼玉に岡見・五味・朱里ら日本人10選手出場! いろいろあるけど現地で2年ぶり大会を楽しもう | トップページ | 大日本プロレスが2018年より選手の休養システムを確立へ/20日(水)「最侠タッグリーグ開幕戦」後楽園ホール18:30ゴング »

2017.09.19

9月19日は高山善廣の誕生日/ヤクルトの中継ぎギルメット投手が登場曲に高山入場テーマ「DESTRUCTIVE POWER」を使用

pick up ▼ニュース 内藤哲也 広島の優勝喜ぶ 助っ人にも「グラシアス、ジャクソン!」ハルク・ホーガンの宿敵“悪徳マネジャー”ボビー・ヒーナンさん死去【スターダム】トニー・ストームが春秋連覇「ワタシハサイキョー!」王座挑戦も決定 ▼情報&コラム 全日「王道トーナメント」ドーリング 諏訪魔を抹殺予告10・1ノア横浜でGHC挑戦 丸藤「三沢愛でも負けない」 ▼格闘技 二刀流女子ファイター・近藤朱里「UFC王者になってアジャさんと戦いたい」【UFC】豪華対談! 王者ホロウェイ×桜庭和志 武蔵川親方とKONISHIKI氏も斬り込む

 1966年9月19日生まれの高山善廣が51歳に。リハビリ中で本人は誕生日どころではないと思いますが、ファンとしては今週も高山の回復を祈り、治療費につながる募金もできる範囲で行っていきましょう。

160327_kuwa12
(写真は2016年3月27日、新宿中央公園「TOKYO OUTSIDE FESTIVAL 2016」より)

 6月に「ヤクルトの中継ぎギルメット投手が登場曲に前田日明「キャプチュード」を使用~小山信一通訳が仕掛ける」との話題を取り上げた。さらに、今月に入って14日のギルメット投手登場時にかかったのが高山のテーマ『DESTRUCTIVE POWER』だったという。

 月替わりで長州力(パワーホール)→前田日明(キャプチュード)→UWF(UWFのテーマ)と遷移していたところまではキャッチしていたのだが、このタイミングで高山。いやはやプロレスファンの気持ちを代弁してくれてるなぁ!

               * * *

 「プロレス界の帝王」高山善廣が怪我からのリハビリを続けている。応援活動が9月からスタートしているが、募金箱設置、募金先(銀行口座)通知に加え、クレジットカードからの募金や海外からの募金も行えるよう現在調整中であるとのこと。海外ファン・関係者はもうしばらくお待ちください。
(TAKAYAMANIA team is currently adjusting so as to be donated money from credit card and overseas.)

Takayamania_b

##
9月12日ブログ編集いたしました。

皆様からの温かいご支援、大変ありがとうございます。

皆様からのご指摘、ご指導に応えるべく他銀行の口座も現在申請いたしております。
それに伴い口座名を統一するために振込口座を変更いたしました。
振込口座をご登録いただきました方には大変お手数ですがご変更いただければと思います。
また、クレジットカードからの募金や海外からの募金も行えるよう現在調整中です。

今後とも高山善廣のご支援をお願い申し上げます

【銀行振込】
三菱東京UFJ銀行 代々木上原支店(店番号)137
口座番号:普通預金 0240842
口座名義:TAKAYAMANIA タカヤマニア
※通帳は髙山選手の奥様がお持ちになられています。

【TAKAYAMANIAお問い合わせ】
takayamania.staff@gmail.com

##

 当サイトは、怪我からのリハビリを続ける「プロレス界の帝王」高山善廣を応援します。

 高山を応援する会「TAKAYAMANIA」に賛同するとともに、随時、募金活動を紹介させていただきます(銀行振込についてはネット経由も便利です)。みなさんのご参加をよろしくお願いいたします。

【主な募金箱設置の表明場所】
・DDTフーズ(エビスコ酒場、ドロップキック、スワンダイブ)3店舗
・鈴木みのる 原宿パイルドライバー
・原宿DEPORTES-HARAJYUKU
・丸藤正道オーナー(赤坂)Griddle's Bar TOKYO 赤蔵
・金原弘光 用賀かねはら整骨院
・世田谷区ペールワンズ
・覆面屋工房 水道橋店
・大田区池上うまい肉と麺の店 ヨネ家
・ベストストレッチ代々木上原店
・パンクラスイズム横浜(募金だけの来館可)
・横浜関内BAR045(マスクを飾るマスクバー)
・山梨県笛吹市ラーメン店 四代目焼豚食道 石和店
・大阪プロレスBARカウント2.99
・奈良県天理市 麺場・力皇
・山口県プロレス&ファーストフード「DROP KICK‏」
・プロレスショップ博多 赤の魂
※もちろん賛同するプロレス団体の大会会場にも設置


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 高山善廣オフィシャルブログ Powered by Amrba
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

|

« UFC日本大会9・23埼玉に岡見・五味・朱里ら日本人10選手出場! いろいろあるけど現地で2年ぶり大会を楽しもう | トップページ | 大日本プロレスが2018年より選手の休養システムを確立へ/20日(水)「最侠タッグリーグ開幕戦」後楽園ホール18:30ゴング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65809702

この記事へのトラックバック一覧です: 9月19日は高山善廣の誕生日/ヤクルトの中継ぎギルメット投手が登場曲に高山入場テーマ「DESTRUCTIVE POWER」を使用:

« UFC日本大会9・23埼玉に岡見・五味・朱里ら日本人10選手出場! いろいろあるけど現地で2年ぶり大会を楽しもう | トップページ | 大日本プロレスが2018年より選手の休養システムを確立へ/20日(水)「最侠タッグリーグ開幕戦」後楽園ホール18:30ゴング »