« 新日本プロレス総集編2017上半期DVDは圧巻の60試合超2枚組! オカダvsケニー、オカダvs柴田をはじめノーカット収録も | トップページ | アメトーーク!2時間SP内で『プロレス大好き芸人ゴールデン』11月5日放映~オードリー若林さんはTakeoverTシャツ »

2017.10.16

感動巨編か、ズンドコか? 10・21両国「猪木生前葬」、10・31後楽園「大仁田厚ファイナル」いずれもチケット残りわずか

pick up ▼ニュース SANADA&BUSHI組が快勝!TAKAがタカタイチマニア1・23後楽園の開催を宣言!10.15 KDOJO後楽園【大日本】大神(おおかみ 橋本大地&神谷英慶)が小林&伊東撃破で最侠タッグ初制覇「元気ですか!」アントニオ猪木氏、衆院選候補に闘魂注入ザ・ロックことドウェイン・ジョンソン、ガン患者のファンにエール ▼情報&コラム 【国際プロレス伝】世界王座を失い、マイティ井上が発した痛快なひと言10月20日(金)[19:00トークショー][20:30撮影会]水道橋・闘道館 モーリス・スミスと夢のトーク&撮影会11月5日(日)20:00仙女ナイトin博多2017 里村、チサコ、カサンドラ、白姫、橋本、ハイジ ▼格闘技 【RIZIN】RENAが必殺ボディブローでTKO勝ち、メインを締めくくる那須川が初の苦戦、藤田大健闘で神童のライバル誕生福岡大会バウトレビュー

 プロレス史に名を残しながらも、お騒がせ!? アントニオ猪木と大仁田厚が、この10月にそれぞれの“ファイナル”を迎える。

 10・21両国国技館での「INOKI ISM.2~アントニオ猪木『生前葬』~」は多くの席種が完売。

201710141_ism

・ スタンドB席完売のお知らせ
##
公演名:INOKI ISM.2~アントニオ猪木『生前葬』~
会場:両国国技館
日時:2017年10月21日(土)15:30開場 16:30試合開始
対戦カード

料金
【完売】VIP:50,000円(アフターパーティー御招待、グッズ・パンフレット付き)
【完売】SRS:30,000円(アフターパーティー御招待、パンフレット付き)
RS:10,000円(パンフレット付き)
マス席:7,000円 ※2名利用(左記料金は1名分)
【完売】スタンドA:7,000円
【完売】スタンドB:5,000円

残るRS席、マス席もプレイガイド分は完売、コーラル社分を残すのみとなりました。

##

 両国という箱に見合う集客が見込めない対戦カード。それでも生前葬ということでファン集結? 猪木劇場頼みの興行となる。これまでの猪木興行の場合、スポンサーに売っている都合もあるのか、完売席種のエリアがガラガラということもありました。今回はどんな感じなのか。

 ボクは縁があって数年前に猪木がいる飲み会に参加したことあります。会社の名刺を渡していたのだが、この9月に初めて協賛とチケット購入のお願いの大判封筒が会社に届いてビックリ。こんな直前に協賛お願いされて対応できる会社があるの?と心配もしたが(少額なら可能か)、うまくスポンサードされていることを祈りたい。

 10・31後楽園ホールでの「大仁田厚ファイナル」、引退試合のカードはこれでファイナルアンサー!?

171031onita

・ 大仁田10・31ラストマッチは藤田、カシン、論外組と1対3で激突 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
 邪道・大仁田厚(59)が15日、超戦闘プロレスFMWの木更津市立清見台体育館大会で、関東地方最後となる電流爆破デスマッチに出場した。
(中略)
 試合後は論外に「10月31日、1対3で来い!」と通告。すると論外は「藤田和之、ケンドー・カシン、NOSAWA論外の3人でお前一人をぶっ潰してやる。勇気あるなら、一人でかかってきやがれバカヤロー!」と返答した。
 これに大仁田は「やってやる」と豪語。引退試合(31日の大仁田興行・後楽園ホール大会)のカードは当初の6人タッグ戦から大仁田vs藤田、カシン、論外組の「1対3ハンディキャップマッチ」に変更になった。
 残る試合は21日の沖縄大会、29日の名古屋大会、そして31日の後楽園大会のみ。いよいよ邪道の引退ロードが最終章に突入した。

##

 残りチケット、ぴあでは邪道人情シート(1万円)のみ。

 1対3ハンディキャップマッチでそのまま引退? ずっと引っかかるのは、大仁田のプロレス人生に引導を渡すのが藤田・カシン・論外でいいのか問題。助っ人がサプライズ登場とか、エキストラで真のファイナルマッチとか、アレコレ想像するのもいい。

 猪木と大仁田のファイナル。人生集大成を感じさせる感動巨編となるのか。それとも、話題負けのズンドコ興行となるのか?


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> INOKI ISM.2 ~アントニオ猪木『生前葬』~
>> 大仁田厚オフィシャルサイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

▼new! 前田日明が語るUWF年表 上(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本上巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

▼new! 前田日明が語るUWF年表 下(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本下巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

171015_liger2▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(下) (新日本プロレスブックス) 10月15日発売!「世界の獣神」、レスラー人生33年にして初の自伝【下巻】!『G1 CLIMAX』初出場以降の軌跡、そしてライガー最終章へ。「生みの親」永井豪先生とのスペシャル対談も収録

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

|

« 新日本プロレス総集編2017上半期DVDは圧巻の60試合超2枚組! オカダvsケニー、オカダvs柴田をはじめノーカット収録も | トップページ | アメトーーク!2時間SP内で『プロレス大好き芸人ゴールデン』11月5日放映~オードリー若林さんはTakeoverTシャツ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65923542

この記事へのトラックバック一覧です: 感動巨編か、ズンドコか? 10・21両国「猪木生前葬」、10・31後楽園「大仁田厚ファイナル」いずれもチケット残りわずか:

« 新日本プロレス総集編2017上半期DVDは圧巻の60試合超2枚組! オカダvsケニー、オカダvs柴田をはじめノーカット収録も | トップページ | アメトーーク!2時間SP内で『プロレス大好き芸人ゴールデン』11月5日放映~オードリー若林さんはTakeoverTシャツ »