« 高田延彦「正直、20年経った今でも『あの時試合をして良かった』…と思える日は一日もありません」PRIDE.1ヒクソン戦からちょうど20年 | トップページ | 15日(日)19時フジテレビでRIZIN福岡大会放送、ラスト2試合を生中継/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ »

2017.10.12

KUSHIDAvsオスプレイがセミ・メインを越える得票でベストバウト獲得! 小松・田中凱旋試合も大健闘/10・9両国投票結果

 426人からの投票ご参加に感謝! 当サイトで実施した新日本プロレス10・9両国国技館大会ベストバウト投票の結果です。
・ 試合結果 KING OF PRO-WRESTLING 2017年10月9日(月)17:00 東京・両国国技館
・ 新日本10・9両国大会ベストバウトは? - 投票/アンケート - 人気ブログランキング

171009_njkopw_k6

 選者のコメントはリンク先で。

 うしろ3試合がクライマックスとなることは戦前の予想通りだが、セミ・メインを第7試合が越えた。「KUSHIDAvsウィル・オスプレイ」が「内藤哲也vs石井智宏」「オカダ・カズチカvsEVIL」の両試合を抑えてベストバウト獲得! これは素晴らしい。

 ジュニアの試合、技の品評会と化してしまうとなかなかノレません。しかしこの日は、空中技ばかりには頼らない痛め技攻防、気持ちの打ち出し方がしっかりハマる。そんな中で、これまで試合内容を重ねながら未戴冠だったオスプレイを後押しする機運発生。期待に応えたオスプレイが感情爆発。それでいて、KUSHIDAにブーイングも飛ばず、ここまでのラリーを積み上げるKUSHIDAのうまさも際立った。いい試合でした。

 僅差で惜しくも2位のセミ。“ビッグマッチ仕様”の石井降臨、内藤を追い詰めた好試合。得票数で3位のメインと4位「田口隆祐&リコシェvsYOH(小松洋平)&SHO(田中翔)」が僅差に。それだけ小松&田中の凱旋試合も鮮烈だった。

 全体的にレベルの高い興行でした。17時開始で4時間越え。前年は16時開始だったんですが、準備の関係とかあるんでしょうか。15or16時開始にしてほしいなぁ。連休3日目、その日のうちに移動したい遠方ファンの都合もあるかと思いますから。

171009_njkopw_k8

 ベストバウトを担当した“17年ぶり復帰戦”田畑祐一アナウンサー、最強の助っ人として今後もワープロ実況班に参加へ。
・ 17年ぶりの復帰戦|金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!」Powered by Ameba
##
当日のテレ朝『ワールドプロレスリング』、CSテレ朝2、新日本プロレスワールドの実況席に、
あのレジェンド級の実況アナウンサーが登場、復帰第1戦に臨んだのであーる。

1990年代のワープロ中継のメインシーンで活躍し、
2000年にプロレス実況を離れた田畑祐一アナウンサーが、
じつに17年ぶりに現場実況に復帰。

IWGPジュニアヘビー級選手権(KUSHIDAvsウィル・オスプレイ)を
あの名調子で見事にしゃべり尽くしてくれた。
これは、かなり感動ものだった。

ちなみに、田畑さんはワープロ実況班最強の助っ人として、
今後も放送席に座って実況を聞かせてくれる。
オールドファンもビギナーファンもお楽しみに。

##

 関東地区では今週土曜深夜に放送。
▼テレビ 14日(土) ワールドプロレスリング
■10/14(土)26:00~26:30
■ワールドプロレスリング
テレビ朝日(地上波)ジャンル:スポーツ - 相撲・格闘技
G1覇者・内藤の雪辱戦!来年1・4東京ドームのメインに立てる権利証を懸け、連敗を喫した石井にリベンジへ!!▽田畑アナ17年ぶりに実況復活!黒のカリスマ・蝶野が解説
◇番組内容
10月9日 両国国技館
▽東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦 権利証保持者/G1 CLIMAX 27優勝者 内藤哲也vs挑戦者 石井智宏 ▽IWGPジュニアヘビー級選手権 王者 KUSHIDAvs挑戦者 ウィル・オスプレイ ※番組の都合により放送試合変更の場合アリ


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

▼new! 前田日明が語るUWF年表 上(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本上巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

▼new! 前田日明が語るUWF年表 下(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本下巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

171015_liger2▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(下) (新日本プロレスブックス) 10月15日発売!「世界の獣神」、レスラー人生33年にして初の自伝【下巻】!『G1 CLIMAX』初出場以降の軌跡、そしてライガー最終章へ。「生みの親」永井豪先生とのスペシャル対談も収録

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

|

« 高田延彦「正直、20年経った今でも『あの時試合をして良かった』…と思える日は一日もありません」PRIDE.1ヒクソン戦からちょうど20年 | トップページ | 15日(日)19時フジテレビでRIZIN福岡大会放送、ラスト2試合を生中継/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65906925

この記事へのトラックバック一覧です: KUSHIDAvsオスプレイがセミ・メインを越える得票でベストバウト獲得! 小松・田中凱旋試合も大健闘/10・9両国投票結果:

« 高田延彦「正直、20年経った今でも『あの時試合をして良かった』…と思える日は一日もありません」PRIDE.1ヒクソン戦からちょうど20年 | トップページ | 15日(日)19時フジテレビでRIZIN福岡大会放送、ラスト2試合を生中継/週末の地上波テレビ&イベント情報まとめ »