« 足4の字固めで日本を熱狂させたザ・デストロイヤー、秋の叙勲を受章「最高だ!」87歳マスク姿、ゴルフカートに乗る健在ぶりで取材応じる | トップページ | 「ゴッチ本」軌道修正、「1984U反証本」上梓~UWFを背負い続けた2017年の前田日明【週刊 前田日明】 »

2017.11.04

猪木降臨するも「オープン今日なの? 何も聞いてないんだよ」 アントニオ猪木酒場新宿店がJR新宿駅南口1分の好立地に移転ダーッ!

pick up ▼猪木関連 猪木のガチ闘魂注入ビンタでミス日芸候補も涙目…猪木氏を特別講師に 日大芸術学部の木村学部長が直談判猪木氏、旭日双光章を受章したデストロイヤーさんと師匠・力道山への思い訪朝猪木氏に外務省が初接触、自民に水面下の動き猪木氏、トランプ氏来日に期待ゼロ 米朝関係改善には「ドアを閉めないことが大切」 ▼ニュース ユーチューバー草なぎ、DDTプロレスに乱入 作戦を授けたのは男色ディーノ大仁田氏の復帰は実現せず、長与が爆女王防衛さらば“飛翔天女”豊田真奈美50人掛け引退試合完走!「どこも痛くない体に戻りたい」カード決定!! 大阪・極悪まつりで阿部四郎レフェリー追悼大仁田引退興行 当初のテリー・ファンク招聘プランは本人がコンディションにNG ▼格闘技 【KNOCK OUT】那須川天心が本音トーク「学校で浮いている」「彼女いない」

 11月3日、アントニオ猪木酒場新宿店が移転リニューアルオープン。アントニオ猪木本人も来場とのことで、足を運んできました。

171103_inoki_k1
猪木の顔が目印となるゲートのあるビルを目指せ!

171103_inoki_k2
ビルにつけられた赤い看板を目印にするのもよいかも。1~2Fがマクドナルド。猪木酒場はゲートを入ってB1へ。

・ ANTONIO INOKIfoods business project|アントニオ猪木酒場
171103_inoki_k0
【移転先】
東京都新宿区新宿4-1 田園ビルB1
JR新宿駅 南口より徒歩1分
【お問合せ・ご予約】
03-3354-1339
【営業時間 日~土】
17:00~24:00(O.L.23:00)
【営業時間 金・土・祝前日】
17:00~翌4:00(O.L.3:00)
席数80席

171103_inoki_k3
地下に降りると、このような入口が。

171103_inoki_k4
猪木像に迎えられ、ゴング鳴らされアナウンスとともにショップインとなるスタイルはこれまで通り。奥に向かって細長いスペースの店舗と思ってください。センター部にはリング状のロープ張られたステージエリア。3~5人が囲める丸テーブルがステージ手前エリアに10くらい、ステージ奥エリアに7くらい。トータルで80人収容。

171103_inoki_k5
チアの制服、闘魂タオルをまとった闘魂ガールズがオーダーをとってくれる。

171103_inoki_k16
カンパーイ! 元気があれば何でも飲める!?

171103_inoki_k6
シャカシャカ123サラダーッ!!も健在。テーブルお届け時にシャカシャカ、店内みんなで「1、2、3、サラダーッ!!」と合唱してから皿に取り出す。

171103_inoki_k7
一般のお客さんが利用可能なのかどうかわからないが、個室エリアあり(6人掛け×2テーブル)。後ほどこちらで猪木が料理に舌鼓を打つことに。

171103_inoki_k17
171103_inoki_k18
飲み放題コースや宴会コース(前日までに予約)もあり。少人数なら単品注文で十分かと思います。

171103_inoki_k15
入り口近くではグッズもチェックできる。

 前店舗の3分の1くらいのスペースでしょうか。まったくガラガラということはなかったのだが、家賃が心配になるほどの広さだったことを考えると、適正になったと思います。料理の種類も多くあり、プロレスにちなんだネーミングが散りばめられている。

 内装も前店舗と同様につくり込まれているのがいい。猪木の試合に思いを馳せたことを思い出しながら、ぜひ猪木酒場での楽しい時間を過ごしていただければと!

 気になったのは、前店舗のようなカウンターがないこと。3~5人用のテーブルを1人で使うことになるのかな(混んでなければ問題ないけど)。あと、スマホが圏外になってしまう(LINEやTwitterができない)。移転間もないので設定ができてないのかもだが、これは改善してほしいところ。

171103_inoki_k8
炎のファイターに乗って猪木降臨。「いつオープン? 今日なの? 何も聞いてないんだよ」というのも猪木らしい。もちろん多忙であり、この日も日大芸術学部訪問、マスコミ取材を経て駆けつけている。

171103_inoki_k9
闘魂伝承とばかりに志願したコンドウ店長に強烈なビンタ一発! 店長、いい感じの受けでした。

171103_inoki_k10
猪木の最近の会見等には必ず新夫人が寄り添う(黒い服)。ズッコさんこと猪木専属マネジメント会社「CORALZ」取締役副社長・橋本田鶴子氏が猪木を支える。

171103_inoki_k11
政治の動きも含めた話をする猪木。質問を受け付ける場面も。
「誰が一番強かったですか?」「いちばんつまんねぇ質問だな。一人がアンドレで、蹴ったら剥離骨折してしまいまして」。
「質問ではないんですが、猪木さんは私の初恋の人です」「オレってそんなにモテたのかな」。

171103_inoki_k12
1、2、3、ダーッ!で締め。ファンにとっては至福の時間だった。

171103_inoki_k13
イベント後には個室エリアで飲食しながらスタッフと打ち合わせをした猪木。

171103_inoki_k14
引き揚げる際には、猪木自らまわりのテーブルのお客さんに握手! これにはみんな大興奮、歓喜。

 何より大きくてカッコいい猪木は、いつまでもボクらのヒーローだ。初めて猪木を目にした学生たちも「ヤバイ、ホンモノ」と感嘆していたが、日本人離れしたヒーロー感を醸し出す猪木がリングで闘っていた昭和プロレスが面白くないはずがなかった。

 司会なくここまでずっと喋り続けられるレスラーは、プロレス界を見渡してもそうそういない。猪木自身が最近になって「元気がなくなってきている」と言うが、確かに抑揚のつけ方や喋りのキレは以前の方があった。ただ、多くの話題を料理しながらまわりを巻き込もうとする姿勢にはいつも感服するナァ。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ANTONIO INOKIfoods business project|アントニオ猪木酒場
>> アントニオ猪木酒場 - ホーム | Facebook
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月5日発売予定!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

▼new! 前田日明が語るUWF全史 下 12月5日発売予定!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

171015_liger2▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(下) (新日本プロレスブックス) 10月15日発売!「世界の獣神」、レスラー人生33年にして初の自伝【下巻】!『G1 CLIMAX』初出場以降の軌跡、そしてライガー最終章へ。「生みの親」永井豪先生とのスペシャル対談も収録

Kaminoge_71▼new! KAMINOGE vol.71 10月20日発売!鈴木みのるのキャリア史上、もっとも影響を与えた絶対王者と再会「鈴木みのるvsモーリス・スミス」 “日本マット界の裁き人”和田良覚変態座談会「ボクは高山くんに助けられて、なんとかこの業界でやってこれた」

170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Pride_kaneko▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

|

« 足4の字固めで日本を熱狂させたザ・デストロイヤー、秋の叙勲を受章「最高だ!」87歳マスク姿、ゴルフカートに乗る健在ぶりで取材応じる | トップページ | 「ゴッチ本」軌道修正、「1984U反証本」上梓~UWFを背負い続けた2017年の前田日明【週刊 前田日明】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/66000194

この記事へのトラックバック一覧です: 猪木降臨するも「オープン今日なの? 何も聞いてないんだよ」 アントニオ猪木酒場新宿店がJR新宿駅南口1分の好立地に移転ダーッ!:

« 足4の字固めで日本を熱狂させたザ・デストロイヤー、秋の叙勲を受章「最高だ!」87歳マスク姿、ゴルフカートに乗る健在ぶりで取材応じる | トップページ | 「ゴッチ本」軌道修正、「1984U反証本」上梓~UWFを背負い続けた2017年の前田日明【週刊 前田日明】 »