« 大仁田厚が7度目の引退10・31後楽園はチケット完売、当日は立見券50枚販売、本人の売店滞在は開場1時間後まで/サムライTVが生中継 | トップページ | どっちを生で見る!? 5日(日)夜に新日本大阪ビッグマッチとアメトーーク(プロレス大好き芸人)/3連休の地上波テレビ&イベント情報まとめ »

2017.11.01

大仁田がSFパワーボム7発で7年ぶり7度目引退! 11・3川崎出場は改めて否定、12・3新木場「大仁田反省会」でレフェリーデビュー

 10月31日、大仁田厚が7年ぶり7度目の引退試合に臨んだ。

 盟友・NOSAWA論外による惜別と、今度こそ区切りという大仁田の決意との間で放たれたサンダーファイヤー・パワーボムは実に7発。大仁田は自らの勝利で有終の美を飾った。
・ 大仁田、涙の7度目引退「オレはプロレスが大好きです。死ぬまでプロレスラーです」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 7年ぶり7度目の引退を表明している大仁田厚(60)が最後の試合を終え、デビューから43年のプロレス生活に別れを告げた。最後の相手は自ら指名した藤田和之(47)と6人タッグで対戦。自らサンダーファイヤーパワーボムを7発放ってNOSAWA論外を仕留め、勝利で締めた。大仁田は「オレはプロレスが大好きです。死ぬまでプロレスラーです」と最後の言葉を残した。

 熱狂の中で邪道がリングを去って行った。大仁田の最後の雄姿を見届けようと駆けつけた観衆は超満員札止めの2000人。最後の相手は長年対戦を熱望したもののかなわなかったアントニオ猪木の最後の弟子である藤田。大仁田はパワーで上回る相手に圧倒されたものの、最後はゾンビのように何度も立ち上がる宿敵の論外を自ら葬った。

 試合後はリングサイドに殺到するファンに向かって最後の“大仁田劇場”を展開。「こんなウソつきで、こんな弱い男にたくさんの応援ありがとうございます」と感謝し、「一つだけ大仁田のいいところがあります。絶対あきらめないこと」などと“涙のカリスマ”節を連ねると、ファンは喝采を送った。

 過去6度の引退と復帰を繰り返し、すさまじい世間の批判が浴びせられてきた。その声を「仕方のないこと。自分で決断して復帰するということは、批判されることを前提に、最終的に自分の中でどこまでやれるかという追求だったんで」と素直に受け止める。一方で、この日詰めかけたファンのように多くの熱烈な支持者がいるのも事実だ。

 「本当に最後」という7度目の引退を決意した理由は肉体の限界。最初の引退の要因となった83年の左膝蓋骨粉砕骨折は完全に回復せず、階段の昇り降りもままならない。骨折は28カ所、縫った数は1499を数える。

 最大の危機は93年。過密日程による疲労から敗血症を起こし、18日間も危篤状態に。医師からは「70%死ぬ」と言われた。奇跡的に意識を取り戻すが、初めて自力でベッドを降りたときには、体をコントロールできず脱糞してしまい、「もうオレはダメだな」と感じたという。それでも「何事も支えてくれたのはファン」と、熱い声援に奮い立たされた。

 だが、もうその声にも応えられない。「プロレスはお金を取る。お金を取る自分の限界ギリギリというところもあって引退を決めた。お金を取るということは、最終的にみんなが納得する試合をしないといけないわけだから」とさびしげに話した。

 この日は、母の松原巾江さんを初めて試合会場に招いた。リング上で涙ながらに「母ちゃん、本当に出来の悪い息子ですんません」と謝罪。巾江さんは「感無量です。批判だらけで優れた人間ではないけど、感動させて元気にさせてくれる、すばらしいところもあります」と我が子をほめた。

 最後は「オレはプロレスが大好きです。死ぬまでプロレスラーです」との言葉を残した。邪道はここからどこへ進んでいくのだろうか。

##

 ボクも会場に足を運んだが、圧巻フィニッシュから大仁田劇場に至るまでの盛り上がりは“完全引退”ムード。恒例のリングサイド観客殺到でプレスカメラマンはリング上に上がることでしか撮影を継続できない。“いつもの光景”ではあるが、通常のプロレスからすると“異常な光景”が延々と展開していく。メイン前のセレモニーでは盟友・青柳政司、母・松原巾江さんも駆けつけた。

 意外と好評だったのが、藤田和之のデスマッチ参戦。Tシャツ姿も目力の強さもゾクゾクさせる。そして、カシンと論外が凶器設定を完了したら、藤田が決めるというチームプレーがハマる。メインはシーソーゲームとなったが、このレベルの試合をやるのが限界という大仁田自身の判断なのだろう。こうして大仁田は7年ぶり7度目引退ロードを完走した。

171031_onita_k1
大会ポスター。

171031_onita_k2
古巣・全日本プロレスから花が届く。

171031_onita_k3
Tシャツ購入者への試合前のツーショット撮影では、ファンと最後の交流。

171031_onita_k4
メイン前に引退セレモニー。マスコミ各社からは記念パネルも。

171031_onita_k5
杖をついてリングサイドまで登場してきた青柳館長だったが、エプロンに杖を放置し、自力歩行して大仁田と抱擁。大仁田から大きな影響を受けた人生だった。

171031_onita_k6
中央は大仁田ママ・松原巾江さん。ボクは帰りの出口で「引退興行、素晴らしかったです」と声かけ。握り返してくれた手は本当に力強かったです。

171031_onita_k7
いまテンカウントをやると大仁田が告げる。試合後にできるかどうかわからないという大仁田によるアドリブ。テンカウント後に紙テープも舞う。

171031_onita_k8
さぁ、メインイベント。大仁田のプロレス人生を彩ったノボリの後押しを受けて大仁田レスラーとしての最後のリングイン。ファンとマスコミの数がリングサイドに膨大で、かなりの時間がかかった。この日は何本ペットボトルが消費されたんだろうというくらいに聖水も大盤振る舞い。

171031_onita_k9
同じ所属団体というものはなかったものの、“信者”であることを公言してパートナーに名乗り出た鷹木信悟とKAI。最後の大仁田を支える。

171031_onita_k10
最後の対戦相手側のボス入場、藤田と視察戦。

171031_onita_k11
メイン出場の選手が揃ったリング上。

171031_onita_k12
お得意のデスマッチ殺法で先制する大仁田軍。

171031_onita_k13
怒りに火がついた藤田はこの表情!

171031_onita_k14
カシンと論外がセットした有刺鉄線ボードに大仁田を叩きつける。

171031_onita_k15
このまま大仁田は沈んでしまうのか?

171031_onita_k16
まさかのレッドミストで形勢逆転!

171031_onita_k17
藤田よ、邪道流を食らえ!

171031_onita_k18
論外に標的を絞って、繰り返されるパイプイス攻撃。底が必ず抜けるほどの振り切り!

171031_onita_k19
サンダーファイヤーパワーボムは、論外がまさかの連続キックアウト。大善戦に論外コールも発生。大仁田はパイプイス攻撃も挟みながら、ついには7発を敢行した。勝負タイムは16分48秒。

171031_onita_k20
もうサンダーファイヤーが出始めた時点からリングサイドに集まっていたファンたち(マネしないように)。大仁田劇場の始まり。

171031_onita_k21
後世にプロレス継承を! 知り合いの息子のタイキくん(?)をリングに招いた大仁田は「空気読めよ」と念押ししながら、将来の夢の「プロレスラー」との回答を引き出した。

171031_onita_k22
1、2、3、ファイヤー!

171031_onita_k23
すると、血の色であり還暦の色である赤いテープが後楽園に降り注いだ。


 「涙のカリスマ」とはよく言ったものだ。この求心力は、プロレス界に確かに存在した。ウソをついても、弱くても、数々の大物相手との対戦を実現した逆転人生。ありがとう、大仁田厚!

 実は60歳というタイミングは、天龍源一郎の引退年齢65歳、ジャイアント馬場の享年61よりも早い。現役の長州力は65歳、藤波辰爾は63歳。“繰り返し”が強調されるが、大仁田は“先に”引退したことにもなった。

 オファーがあったとされる「電流爆破フェスティバル」11・3川崎大会への出場は改めて否定。
・ 引退の大仁田「俺は死ぬまでプロレスラー」 11・3試合出場は否定 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 「また誤解されるかな?こんなことを言ったら」とニヤリとしたが、「3日後は絶対にありませんので。全金(今日の来場者に)返さないといけなくなりますので」と超花火プロレスから受けていた11月3日の大会出場オファーは受けないことは明言した。
##

 大会前日には、プロデュース興行「大仁田反省会」12・3新木場大会におけるレフェリーデビューを明かす。
・ 大仁田ラスト出撃 曙と高山の思い背負ってリングへ (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
 「最近こみあげてくるのは、お前たち(ファン)がいたからやれたんだって。じゃなきゃ、やってない。だから少しでも還元したい」という思いから、12月3日にプロデュース興行「大仁田反省会」(新木場)を開催することを明かした。
 プロレス人生を反省を踏まえて振り返るトークショーのほか、プロデュース試合では当然試合出場はないが、レフェリーを務める予定だ。

##

 大会前インタビューでは“完全引退”を明言した。
・ 大仁田厚「神に誓って、プロのレスラーはやらない」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 大仁田 プロレス、辞めるんだけど…プロレス、やりたいね。やりたいよ。今を生きたいんだよ…でも、やらない。プロレスは、プロだからプロレスリング。お金を取って、プロのリングに立つことは、絶対にあり得ない。プロと名が付く以上、ある程度の水準でやらないといけない…それは不可能。例えば、老人ホームなどで「ノーギャラでいいからやって下さい」と言われたら、やるかもしれない。お年寄りや孤児のために、お金を取らない無料イベント、チャリティーの場で、レスリングをやるのはあるかも知れない。プロレスに、フィクサーみたいに関わる可能性は否定しないよ。

 大仁田 あと10年は絶対…ヘタしたら15年は働こうと思っているよ。俺は大仁田厚として生きたいんだ。でも…プロのレスラーとしてリングに上がることは絶対にない。神に誓って、やらない。

##

 これまでからすると下火にはなりそうだが、引き続き話題を提供してくれそうだ。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 大仁田厚オフィシャルサイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

▼new! 前田日明が語るUWF年表 上(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本上巻。再び議論の的となっているUWFについて、前田日明がすべてを語る。格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻

▼new! 前田日明が語るUWF年表 下(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本下巻。再び議論の的となっているUWFについて、前田日明がすべてを語る。格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻

171015_liger2▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(下) (新日本プロレスブックス) 10月15日発売!「世界の獣神」、レスラー人生33年にして初の自伝【下巻】!『G1 CLIMAX』初出場以降の軌跡、そしてライガー最終章へ。「生みの親」永井豪先生とのスペシャル対談も収録

Kaminoge_71▼new! KAMINOGE vol.71 10月20日発売!鈴木みのるのキャリア史上、もっとも影響を与えた絶対王者と再会「鈴木みのるvsモーリス・スミス」 “日本マット界の裁き人”和田良覚変態座談会「ボクは高山くんに助けられて、なんとかこの業界でやってこれた」

170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Pride_kaneko▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

|

« 大仁田厚が7度目の引退10・31後楽園はチケット完売、当日は立見券50枚販売、本人の売店滞在は開場1時間後まで/サムライTVが生中継 | トップページ | どっちを生で見る!? 5日(日)夜に新日本大阪ビッグマッチとアメトーーク(プロレス大好き芸人)/3連休の地上波テレビ&イベント情報まとめ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/65989144

この記事へのトラックバック一覧です: 大仁田がSFパワーボム7発で7年ぶり7度目引退! 11・3川崎出場は改めて否定、12・3新木場「大仁田反省会」でレフェリーデビュー:

« 大仁田厚が7度目の引退10・31後楽園はチケット完売、当日は立見券50枚販売、本人の売店滞在は開場1時間後まで/サムライTVが生中継 | トップページ | どっちを生で見る!? 5日(日)夜に新日本大阪ビッグマッチとアメトーーク(プロレス大好き芸人)/3連休の地上波テレビ&イベント情報まとめ »