« 「ゴッチ本」軌道修正、「1984U反証本」上梓~UWFを背負い続けた2017年の前田日明【週刊 前田日明】 | トップページ | 6日(月)16時より「1・4東京ドーム大会対戦カード第2弾発表会見」を新日本プロレスワールドが無料配信 »

2017.11.05

あなたが一番よかった試合は? 大会ベストバウト投票スタート/新日本プロレス11・5エディオンアリーナ大阪結果

 ベストバウト投票を受付!

11/8(水)24時まで受付。1パソコンにつき1票有効。やり直し可、複数回入力の場合には最新回のみが反映されます。

 ビールを飲んでアレコレ語り合うまでが観戦です。会場組も中継組も投票へのご参加をお待ちしています。

 当日を待たずに札止め! 新日本プロレス『POWER STRUGGLE』11・5エディオンアリーナ大阪大会をリアルタイム速報しました。こまかな間違いあるかもですが、以下、残しておきます。

・ wateRouge by home+ Presents POWER STRUGGLE 11月5日(日)17:00 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

■新日本プロレス『POWER STRUGGLE』
11月5日(日)17:00
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館) 5,480人(札止め)

<第0試合>
○デビッド・フィンレー
(5分32秒 プリマノクタ→片エビ固め)
●北村克哉

<第1試合>
マット・ジャクソン
○ニック・ジャクソン
(7分18秒 シャープシューター)
●ティタン
ドラゴン・リー

<第2試合>
川人拓来
タイガーマスク
獣神サンダー・ライガー
ジュース・ロビンソン
○KUSHIDA
(5分19秒 ホバーボードロック)
●TAKAみちのく
エル・デスペラード
タイチ
金丸義信
ザック・セイバーJr.

<第3試合>
天山広吉
真壁刀義
○小島聡
(8分11秒 ラリアット→エビ固め)
●チューズ・オーエンズ
高橋裕二郎
Cody

<第4試合 「Super Jr. Tag Tournament 2017」決勝戦>
●ACH
田口隆祐
(15分51秒 3K→片エビ固め)
SHO
〇YOH
※ROPPONGI 3Kが「SUPER Jr.TAG Tournament」に初優勝

171105_njpst_k1
「Super Jr. Tag Tournament 2017」を制したROPPONGI 3Kにヤングバックスが挑戦表明。ROPPONGI 3Kが受諾、イッテンヨンでの王座戦が濃厚となった。

<第5試合>
外道
YOSHI-HASHI
石井智宏
後藤洋央紀
〇オカダ・カズチカ
(12分07秒 レインメーカー→エビ固め)
高橋ヒロム
●BUSHI
SANADA
EVIL
内藤哲也

171105_njpst_k2
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが揃い踏み。

171105_njpst_k3
危ない! カットプレーに入った内藤だが、オカダがツームストンで返り討ち。内藤が真っ逆さま。この流れでBUSHIがオカダのレインメーカーに沈む。

171105_njpst_k5
目をカッと開く内藤ポーズでオカダが内藤を挑発しながらフォールを奪う。

<ビジョンで発表>
171105_njpst_k4
2018年、アメリカへの本格進出。3・25ロングビーチ(カリフォルニア州)Walter Pyramidアリーナ大会が発表に。

<第6試合 NEVER無差別級選手権試合ブルロープ・デスマッチ>
●[挑戦者]矢野通
(15分21秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)
〇[第16代王者]鈴木みのる
※両選手の手首をブルロープで繋いで試合を行う。その他に関しては通常のプロレスルールとする
※みのるが4度目の防衛に成功

171105_njpst_k6
いかにブルロープを使い切るかの頭脳戦となったが、セミンド介入などでみのるが優位に進める。ブルロープぐるぐる巻き式&ゴッチ式パイルドライバーでみのる防衛。

<第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
〇[挑戦者]マーティー・スカル
(17分28秒 エビ固め)
●[第78代王者]ウィル・オスプレイ
※オスプレイが初防衛に失敗。スカルが第79代王者に

171105_njpst_k7
テクニシャン同士の攻防で魅せる序盤、クラシカルなプロレスの魅力で引き込む。

171105_njpst_k8
両者譲らない中で、オスプレイがその場飛びスパニッシュフライを完璧に決める。

171105_njpst_k9
ロープにぶら下がったスカルにオスプレイがシューティングスター! 勝利ムードだったが、丸め込みでスカル勝利。王座奪取。

171105_njpst_k10
KUSHIDA、ヒロムが入り、東京ドームでの4WAYタイトル戦が決定。

<第8試合 IWGP USヘビー級選手権試合>
●[挑戦者]バレッタ
(21分33秒 片翼の天使→片エビ固め)
〇[初代王者]ケニー・オメガ
※オメガが3度目の防衛に成功

171105_njpst_k11
これは痛い! 長机を反対にして、端の金具の部分にバレッタの背中を打ち付けるケニーの荒技。ケニーのペースで試合が進む。

171105_njpst_k12
ケニーを隙を突いてバレッタ、雪崩式バックドロップ。ケニーがバウンドするほどのドリルアホールパイルドライバーで逆襲。エプロンでもさらに一発。しかし、場外ダイブは長机に自爆。

171105_njpst_k13
ケニー、投げっぱなしドラゴンを3連発。ここからVトリガーなどでケニーがラッシュ。バレッタなんとかラリアット。デュードバスターはケニーがカウント2返し。最後はデッドヒートとなるがケニーが片翼の天使で勝利。ケニーが挑戦者を日本語で呼びかけも、誰も現れず。

171105_njpst_k14
するとビジョンにカウントダウンからのクリス・ジェリコ! 東京ドームでのケニー戦を表明するビッグサプライズ!!

<第9試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合>
●[挑戦者]飯伏幸太
(29分26秒 ハイフライフロー→片エビ固め)
〇[第16代王者]棚橋弘至
※棚橋が3度目の防衛に成功

171105_njpst_k15
メインはロックアップからスタート。

171105_njpst_k16
棚橋が序盤の主導権を握る。リング内外で飯伏の右ヒザに照準。その場飛びのムーンサルト着地の飯伏、自分が痛くてうずくまる。

171105_njpst_k17
バミューダ・トライアングルに成功した飯伏! しかし、棚橋もドラスクなどでヒザ攻撃続行。反りに反らせたテキサスクローバーと棚橋が主導権継続。

171105_njpst_k18
相手をコーナーに乗せてのニーリフト、飯伏が中邑式! 棚橋も場外ハイフロー。飯伏は雪崩式フランケンからカミゴェ狙い。棚橋が腕をクロスしたまま踏ん張って阻止。飯伏の槍投げ! さらにスワンダイブ式ジャーマン! 飯伏フェニックス、棚橋ハイフライともに自爆!

171105_njpst_k19
飯伏がキレて掌打、いや棚橋もやり返して張り合い。いや飯伏めげない、ナックル。飯伏がラリアットからシットダウン。棚橋首へのドラスク、ツイストアンドシャウト。飯伏ハイキック。カミゴェかわした棚橋、スリブレ。棚橋が飯伏の背面にハイフライ→正面にハイフライで勝利、棚橋が防衛成功。

171105_njpst_k20
棚橋がマイク「というわけで棚橋が大阪で久しぶりにメインを締めました。ちょっと長くなるけど聞いてください。どうしても言いたいんで。いまこうしてたくさんのお客さんが来てくれます。そして棚橋よく頑張ったって言ってくれます。でも棚橋がチャンピオンだったときにプロレスを離れていったファンもたくさんいると思います。だから!もうオレは二度とファンをガッカリさせません!」。エアギターによる棚橋劇場へ。

171105_njpst_k21
棚橋が締めたかと思ったが、ここ半年予告していた映像に絡めて、ジェイ・ホワイトが入場! 海外からの凱旋となる。「ワタクシハ新日本プロレスに帰ってきました」IC王座への挑戦を表明。棚橋とエルボー合戦、ホワイトがシェルショックで棚橋をKOして宣戦布告。

【1・4東京ドーム決定&濃厚カード】
オカダvs内藤IWGP戦
棚橋vsジェイ・ホワイトIC戦
ケニーvsクリス・ジェリコUSヘビー戦
スカルvsオスプレイvsヒロムvsKUSHIDA IWGPJr.4WAY戦
六本木3KvsヤングバックスIWGPJr.タッグ戦

21:24速報終了です。


※23:45追記

 クリス・ジェリコがケニー・オメガ戦の宣材画像をアップしている。
・ See you there @kennyomegamanx... #AlphaVsOmega #Jan4 #TokyoDome

171105_njpst_k22


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

|

« 「ゴッチ本」軌道修正、「1984U反証本」上梓~UWFを背負い続けた2017年の前田日明【週刊 前田日明】 | トップページ | 6日(月)16時より「1・4東京ドーム大会対戦カード第2弾発表会見」を新日本プロレスワールドが無料配信 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50765/66007094

この記事へのトラックバック一覧です: あなたが一番よかった試合は? 大会ベストバウト投票スタート/新日本プロレス11・5エディオンアリーナ大阪結果:

« 「ゴッチ本」軌道修正、「1984U反証本」上梓~UWFを背負い続けた2017年の前田日明【週刊 前田日明】 | トップページ | 6日(月)16時より「1・4東京ドーム大会対戦カード第2弾発表会見」を新日本プロレスワールドが無料配信 »