2017.10.15

新日本プロレス総集編2017上半期DVDは圧巻の60試合超2枚組! オカダvsケニー、オカダvs柴田をはじめノーカット収録も

pick up ▼ニュース 【ノア】丸藤がグローバルリーグ白星発進 潮崎を虎王で沈める2年ぶり出場の田中将斗 スライディングDで貫禄勝利カーネル・サンダース、WWEのプロレスゲームに参戦内田理央、高田に弟子入り!舞台でプロレスラー役、師匠も絶賛「清宮クラス」 ▼情報&コラム 長州力公認「本気の焼豚 チャーシューRIKI(リキ)」発売10月23日(月)14:30~17:30中野Hamlets(JR中野駅・南口5分)「昼のヤマモ酒」山本ヤマモ雅俊週刊ファイト'17年10月19日号 ダイヤモンドスターズレスリング、新日本両国、全日後楽園 ▼格闘技 【UFC】出場取り消されたマーク・ハントがホワイト社長にブチギレ【RIZIN】ジェロム・レ・バンナが高山善廣にエールRENAが相手の計量失格に怒りの表情、委員会で協議へ1997年10月11日、「プロレスが死んだ、あの日」(近藤 隆夫)

 新日本プロレスDVDサイトが更新され、新日本プロレス総集編2017上半期[DVD]の中身が判明した。

Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

 ラインナップを見ているだけで、上半期もいろいろあったなぁと振り返りつつ、また観たくなる。購入検討の参考にどうぞ。
・ 新日本プロレス総集編 2017 上半期 新日本プロレスDVDサイト

----------------------------------------------
【DISC-1】
----------------------------------------------
1月4日 東京・東京ドーム
テレビアニメ「タイガーマスクW」スペシャルマッチ
タイガーマスクW vs タイガー・ザ・ダーク

IWGPジュニアタッグ選手権
(第48代王者組)マット・ジャクソン ニック・ジャクソン
vs ロッキー・ロメロ バレッタ(挑戦者組/SJTT2016覇者)

IWGPタッグ選手権 3WAYマッチ
(第72代王者組)タマ・トンガ タンガ・ロア
vs 真壁刀義 本間朋晃(挑戦者組/WORLD TAG LEAGUE 2016覇者)
vs 矢野 通 石井智宏(挑戦者組)

IWGPジュニアヘビー級選手権
(第75代王者)KUSHIDA vs 髙橋ヒロム(挑戦者)

NEVER無差別級選手権
(第14代王者)柴田勝頼 vs 後藤洋央紀(挑戦者)

IWGPインターコンチネンタル選手権
(第15代王者)内藤哲也 vs 棚橋弘至(挑戦者)

IWGPヘビー級選手権
(第65代王者)オカダ・カズチカ vs ケニー・オメガ(挑戦者/G1 CLIMAX 26覇者)
※ノーカット※

1月5日 東京・後楽園ホール
鈴木軍が再び新日本プロレスに来襲

NEVER無差別級6人タッグ選手権
(第9代王者組)SANADA EVIL BUSHI
vs 棚橋弘至 中西 学 田口隆祐(挑戦者組)

1月22日 東京・後楽園ホール
スペシャルシングルマッチ
ボラドール・ジュニア vs ウルティモ・ゲレーロ

2月5日 北海道・北海道立総合体育センター~北海きたえーる~
IWGPジュニアタッグ選手権
(第49代王者組)ロッキー・ロメロ バレッタ
vs タイチ TAKAみちのく(挑戦者組)

NEVER無差別級選手権
(第15代王者)後藤洋央紀 vs ジュース・ロビンソン(挑戦者)

IWGPタッグ選手権 3WAYマッチ
(第73代王者組)矢野 通 石井智宏
vs 真壁刀義 本間朋晃(挑戦者組)
vs ランス・アーチャー デイビーボーイ・スミスJr.(挑戦者組)

IWGPヘビー級選手権
(第65代王者)オカダ・カズチカ vs 鈴木みのる(挑戦者)
※ノーカット※

2月11日 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
NEVER無差別級6人タッグ選手権
(第10代王者組)棚橋弘至 中西 学 田口隆祐
vs SANADA EVIL BUSHI(挑戦者組)

ブリティッシュヘビー級選手権
(王者)柴田勝頼 vs ウィル・オスプレイ(挑戦者)

IWGPタッグ選手権 3WAYマッチ
(第73代王者組)矢野 通 石井智宏
vs 真壁刀義 本間朋晃(挑戦者組)
vs デイビーボーイ・スミスJr. 飯塚高史(挑戦者組)

IWGPジュニアヘビー級選手権
(第76代王者)髙橋ヒロム vs ドラゴン・リー(挑戦者)

IWGPインターコンチネンタル選手権
(第15代王者)内藤哲也 vs マイケル・エルガン(挑戦者)

2月21日 東京・後楽園ホール
オープニングセレモニーに長州力が登場!真壁のデビュー20周年を祝福

真壁刀義デビュー20周年記念試合
真壁刀義 本間朋晃 vs 矢野 通 石井智宏

2月26日 東京・後楽園ホール
NEVER無差別級6人タッグ選手権
(第11代王者組)SANADA EVIL BUSHI
vs デリリアス 獣神サンダー・ライガー タイガーマスク(挑戦者組)

3月6日 東京・大田区総合体育館
IWGPジュニアタッグ選手権
(第49代王者組)ロッキー・ロメロ バレッタ
vs 金丸義信 タイチ(挑戦者組)

ブリティッシュヘビー級選手権
(王者)柴田勝頼 vs ザック・セイバーJr.(挑戦者)

IWGPタッグ選手権
(第73代王者組)矢野 通 石井智宏
vs 天山広吉 小島 聡(挑戦者組)

IWGPジュニアヘビー級選手権
(第76代王者)髙橋ヒロム vs 田口隆祐(挑戦者)

NJPW旗揚げ45周年記念試合
オカダ・カズチカ vs タイガーマスクW
※ノーカット※

3月11日 愛知・愛知県体育館
NEW JAPAN CUP 2017 1回戦
棚橋弘至 vs EVIL

3月12日 兵庫・ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園総合体育館)
NEW JAPAN CUP 2017 1回戦
柴田勝頼 vs 鈴木みのる

NEW JAPAN CUP 2017 1回戦
石井智宏 vs ケニー・オメガ

3月19日 静岡・アクトシティ浜松
NEW JAPAN CUP 2017 準決勝戦
EVIL vs バッドラック・ファレ

NEW JAPAN CUP 2017 準決勝戦
柴田勝頼 vs 石井智宏

3月20日 新潟・アオーレ長岡
NEW JAPAN CUP 2017 優勝決定戦
柴田勝頼 vs バッドラック・ファレ
※ノーカット※

----------------------------------------------
【DISC-2】
----------------------------------------------
4月4日 東京・後楽園ホール
NEVER無差別級6人タッグ選手権
(第11代王者組)SANADA EVIL BUSHI
vs 棚橋弘至 田口隆祐 リコシェ(挑戦者組)

4月9日 東京・両国国技館
IWGPジュニアタッグ選手権
(第50代王者組)金丸義信 タイチ
vs 邪道 外道(挑戦者組)

IWGPタッグ選手権
(第74代王者組)天山広吉 小島 聡
vs レイモンド・ロウ ハンソン(挑戦者組)

NEVER無差別級選手権
(第15代王者)後藤洋央紀 vs ザック・セイバーJr.(挑戦者)

IWGPジュニアヘビー級選手権
(第76代王者)髙橋ヒロム vs KUSHIDA(挑戦者)
※ノーカット※

IWGPヘビー級選手権
(第65代王者)オカダ・カズチカ vs 柴田勝頼(挑戦者/NJC2017覇者)
※ノーカット※

4月27日 広島・広島グリーンアリーナ 小アリーナ
IWGPジュニアタッグ選手権
(第50代王者組)金丸義信 タイチ
vs ロッキー・ロメロ バレッタ(挑戦者組)

NEVER無差別級選手権
(第15代王者)後藤洋央紀 vs 鈴木みのる(挑戦者)

4月29日 大分・別府ビーコンプラザ
IWGPジュニアヘビー級選手権
(第76代王者)髙橋ヒロム vs リコシェ(挑戦者)

スペシャルシングルマッチ
棚橋弘至 vs EVIL

IWGPインターコンチネンタル選手権
(第15代王者)内藤哲也 vs ジュース・ロビンソン(挑戦者)

5月3日 福岡・福岡国際センター
IWGPタッグ選手権 3WAYマッチ
(第75代王者組)レイモンド・ロウ ハンソン
vs 天山広吉 小島 聡(挑戦者組)
vs タマ・トンガ タンガ・ロア(挑戦者組)

NEVER無差別級6人タッグ選手権
(第12代王者組)棚橋弘至 田口隆祐 リコシェ
vs SANADA EVIL BUSHI(挑戦者組)

スペシャルシングルマッチ
石井智宏 vs ケニー・オメガ

IWGPヘビー級選手権
(第65代王者)オカダ・カズチカ vs バッドラック・ファレ(挑戦者)

5月17日 東京・後楽園ホール
BEST OF THE SUPER Jr.24 Aブロック公式戦
ウィル・オスプレイ vs マーティー・スカル

BEST OF THE SUPER Jr.24 Aブロック公式戦
ドラゴン・リー vs 髙橋ヒロム

5月18日 東京・後楽園ホール
王者・内藤がIWGPインターコンチネンタルベルトを破壊

BEST OF THE SUPER Jr.24 Aブロック公式戦
獣神サンダー・ライガー vs 髙橋ヒロム

BEST OF THE SUPER Jr.24 Aブロック公式戦
リコシェ vs ウィル・オスプレイ
※ノーカット※

5月29日 東京・後楽園ホール
BEST OF THE SUPER Jr.24 Bブロック公式戦
田口隆祐 vs KUSHIDA

5月31日 大阪・大阪府立体育会館・第二競技場(エディオンアリーナ大阪)
BEST OF THE SUPER Jr.24 Aブロック公式戦
獣神サンダー・ライガー vs タイチ

BEST OF THE SUPER Jr.24 Aブロック公式戦
ウィル・オスプレイ vs 髙橋ヒロム

6月1日 愛知・名古屋国際会議場・イベントホール
BEST OF THE SUPER Jr.24 Bブロック公式戦
KUSHIDA vs ボラドール・ジュニア

6月3日 東京・国立代々木競技場・第二体育館
王者・内藤の前に欠場中の棚橋が登場!

BEST OF THE SUPER Jr.24 優勝決定戦
KUSHIDA vs ウィル・オスプレイ
※ノーカット※

6月11日 大阪・大阪城ホール
NEVER無差別級6人タッグ選手権 ガントレットマッチ
(第13代王者組)SANADA EVIL BUSHI
vs 田口隆祐 ジュース・ロビンソン リコシェ(挑戦者組)
vs 石井智宏 矢野 通 YOSHI-HASHI(挑戦者組)
vs バッドラック・ファレ ハングマン・ペイジ 高橋裕二郎(挑戦者組)
vs ザック・セイバーJr. 金丸義信 タイチ(挑戦者組)

IWGPジュニアタッグ選手権
(第51代王者組)ロッキー・ロメロ バレッタ
vs マット・ジャクソン ニック・ジャクソン(挑戦者組)

IWGPタッグ選手権
(第75代王者組)レイモンド・ロウ ハンソン
vs タマ・トンガ タンガ・ロア(挑戦者組)

スペシャルシングルマッチ
マイケル・エルガン vs Cody

IWGPジュニアヘビー級選手権
(第76代王者)髙橋ヒロム vs KUSHIDA(挑戦者/BOSJ24覇者)

NEVER無差別級選手権 ランバージャック・デスマッチ
(第16代王者)鈴木みのる vs 後藤洋央紀(挑戦者)

IWGPインターコンチネンタル選手権
(第15代王者)内藤哲也 vs 棚橋弘至(挑戦者)

IWGPヘビー級選手権
(第65代王者)オカダ・カズチカ vs ケニー・オメガ(挑戦者)

6月20日 東京・後楽園ホール
NEVER無差別級6人タッグ選手権
(第13代王者組)SANADA EVIL BUSHI
vs 田口隆祐 ジュース・ロビンソン KUSHIDA(挑戦者組)

6月26日 東京・後楽園ホール
NEVER無差別級選手権
(第16代王者)鈴木みのる vs YOSHI-HASHI(挑戦者)

6月27日 東京・後楽園ホール
IWGPジュニアヘビー級選手権
(第77代王者)KUSHIDA vs BUSHI(挑戦者)


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

▼new! 前田日明が語るUWF年表 上(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本上巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

▼new! 前田日明が語るUWF年表 下(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本下巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

171015_liger2▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(下) (新日本プロレスブックス) 10月15日発売!「世界の獣神」、レスラー人生33年にして初の自伝【下巻】!『G1 CLIMAX』初出場以降の軌跡、そしてライガー最終章へ。「生みの親」永井豪先生とのスペシャル対談も収録

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

| | トラックバック (0)

2017.10.14

いつだってプロレスファンは対世間で受け身を取り続ける! 松井珠理奈さんが1・4ドーム大会スペシャル・アンバサダーに就任

pick up ▼ニュース 大仁田が怒りの断 31日引退カード変更示唆【大日本】アンドレザ・ジャイアントパンダの登場は11月17日(金)上野大会第3部 ▼情報&コラム ターザン後藤、下町のラーメン店で修行中!女性店主と2年前結婚、最高のワンタンメン目指すアニマル・ウォリアーが断言した相撲レスラー最強説10月22日(日)11:00日本橋三越本店「50LIFEエクササイズ」小橋建太が講師11月12日(日)[11:40トークショー][13:00撮影会]東京・代々木公園野外ステージ『東京雪祭2017』小橋建太が登場 ▼格闘技 【RIZIN】メインで生中継のRENA「今回は殴り合い」那須川天心、ボクシング五冠王と「打ち合って倒す」那須川天心と対戦する藤田を村田、内山、八重樫が激励KINGレイナ恐怖の予告「顔面ヒザで顔潰す」

 13日、来年1月4日(木)『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』についての会見が行われ、SKE48の松井珠理奈さんがスペシャルアンバサダーに就任した。

 珠理奈さんはAKB48グループに所属するトップアイドルであり、『第9回AKB48選抜総選挙』で3位。今年放映されてきたテレビ朝日系ドラマ「豆腐プロレス」にも出演していた。Twitterでのプロレス観戦ぶり披露もふだんからあり、ファンとのコミュニケーションもプロレス色に染まっていた。

 今回は「みんなでプロレス! イッテンヨン!!」がキャッチコピーとなるが、知名度そしてプロレスとの関わりから、予想通りかつ待望の人選と言っていい!

 イッテンヨンTシャツのおススメコーディネイトを紹介し、イッテンヨンハンドサインも披露。(写真はインターネット配信された会見のスクリーンショット)

171013_matsui

 アイドルが世間にプロレスをプレゼンする。そのオーソドックスな流れで進行すると思いきや、記者とのやりとりで珠理奈さんにスイッチが入る。
##
――ずーっとTweetとかでも、すごくプロレス大好き感を出していただいて・・・。

珠理奈「“感”じゃないですよ! “感”じゃない(笑)。大好き!」

――好きなのが伝わってきて、プロレスファンとしてはとても救われる気分になるんですけれども。

珠理奈「えー、本当ですか!?」

##

 新日本プロレスの公式記事で起こされていない部分だったが、プロレスとの距離感や姿勢が垣間見えた。

 そして、アイドル活動の展望を問われたところが、会見のクライマックス。

171013_matsui2

・ 【電撃決定!】1.4東京ドーム“スペシャル・アンバサダー”にSKE48の松井珠理奈さんが就任!“イッテン・ヨン”ハンドサインも考案! 最後は 「3つ、言わせてください!」【WK12】
##
――アイドル活動をプロレスに例えると、珠理奈さんはいまセンターを外れていて、ベルトを奪われている状態だと思いますが、つぎのシングルはいつ出るか分かりませんがベルト奪還したいとか、若いチャンピオンを育てたいか、どっちの気持ちですか?

珠理奈「その気持ちは両方ありますね。難しい立ち位置だなと思いまして、でも譲る気持ちはなくて奪いに来てほしい気持ちもあるので、そこに1人にいることでその人に勝ちたいとか、その気持ちになることで全体が盛り上がると思いますので『珠理奈に勝ちたい!』みたいな存在になりたいなと思います。ベルトを持ってなくてもチャンピオンの風格を持っていたいなと思います。私はSKE48だけじゃなくて、48グループのセンターになりたい気持ちが強いのでSKE48はもちろんですけどAKB48のセンターも狙っていきたいと思います」

――やはり指原(莉乃)さんの存在は強いですか?

珠理奈「強いですね。総選挙はもちろんですけど、グループを引っ張っていく力がすごくあって、指原さんがHKT48として活動していてテレビ出たり総選挙1位になったりしてHKT48の勢いも上がっているんですよ。私もそういう存在になりたいと思います。自分が活躍することでSKE48の為になったら良いなと思うし、48グループの為になったら良いなと思います。それだけ大きな存在になりたいと思います」

##

 G1クライマックス開幕前の週刊プロレス誌面で、内藤哲也が「無冠で優勝してこそ、自身がベルトを超えた存在であることを証明できる」と口にしていた。珠理奈さんが内藤化したのか、そうではないのか、その答えはトランキーロ。だけれども、質問に対する受け身の取り方、世間の中で闘っていくアイドルとしての構えにプロレス観が深く影響している。

 まるっきりの競技ではないのがプロレスならば、アイドル界も楽曲・ルックスですべてが決まるわけではない。節目節目で何を決断し、どう振る舞い、いかに影響力を広げるかという言動が問われる点で両業界は似ている。

 自身の展望を明かすプロセスで、プロレスラーの生き様そのものを逆説的に語ってみせた珠理奈さん。とんでもないほど素晴らしいアンバサダーぶりではないか!

 インパクト大の珠理奈さんコメントは、本職のアイドル業界寄りのニュースとしても機能した。動いた分だけ存在感が大きくなるのは、まさにプロレスラーでもある。
・ 松井珠理奈、プロレスで闘争本能が開花 48グループの天下取り宣言 (オリコン) - Yahoo!ニュース
・ 松井珠理奈、目標は指原莉乃「そういう大きな存在になりたい」…新日1・4東京Dアンバサダー就任 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 さて、少し長い引用になるが、棚橋弘至が「プロレス女子」問題を以前にこう整理している。
・ 2015.2.17【緊急無料公開!】「プロレス女子」に関して逸材が執筆! スマホサイト日記『棚橋のHIGH』の「プ女子と日々」!!
##
 (対世間用として使われる「プロレス女子」というワードに)こうしてなんやかんや賛否があってこそ、初めて話題になるんだし、それにプロレスほど、知ってから好きになるまでの過程の長さを必要とし、試練があるものもない。
いわゆる「偏見」ってやつです。プロレスを好きだと公言したとたんに、ちょっとしたマイノリティに分類され「変わってるね」となった経験がオレにもある。そのマイノリティが好きな自分が好きだと酔っていた時期もあったけどね。ミスチルの歌詞で言うところの「友人の評価はイマイチでもシーソーキュート♪」状態。

 ましてや(ほんの)少しずつプロレスが世間に浸食を始めた現在、昔から応援してくれている方々の周辺にも変化が起きているのではないかなと(考え過ぎかな?)。
 少し前にウェブのコラムでビジュアル優先で好きになって、あーだ、こーだ、というのがあった。偏った内容の記事に「あらら」となった。
 まぁビジュアル優先でプロレスのイメージを変え、興味を持ってもらおうと先頭を走ってきたオレの責任ではある。が「プロレス女子」の流れと相まって「好きな選手は?→棚橋選手→あぁ、やっぱりね(あぁ、あの人ね)」みたいになったりして嫌な思いはさせていないだろうかと心配です(考え過ぎか?そして、自惚れ過ぎか(笑)?)。

 話を少し戻すと、プロレスファンはマイノリティで在るがゆえに対世間との闘いがあり、知らず知らずに受け身が取れる体になっています。物事を一度受け止め、咀嚼して返す。これって素敵なことなんですよ。
 何が言いたいか? それはね。プロレスラーと同じように、対世間という日々の生活の中で受け身を取ってくれているファンの皆さんを全力で守りたいとうこと。そして、これからもっとプロレスを盛り上げていくことにより、マイノリティからの脱却(マイノリティが心地良かったりもしますが)。
 そうなることによって生まれるプロレスを知らなかった方々からの「プロレス面白いね!」という賛辞。「ね!そうでしょ!」という一番嬉しい瞬間と共感。
 やっていこう!やっていこう!まだまだ、これからだっつーの!!!

##

 「プロレスほど、知ってから好きになるまでの過程の長さを必要とし、試練があるものもない」としながら、「マイノリティで在るがゆえに対世間との闘いがあり、知らず知らずに受け身が取れる体になっています。物事を一度受け止め、咀嚼して返す。これって素敵」とした棚橋。

 とすれば、プロレスを咀嚼しながら自身のアイドル活動に生かし、対世間で受け身を取る際の糧にしているのが珠理奈さん。「プロレス女子」といった取り上げられ方に違和感を感じていたプロレスファンにも、改めてひとつの答えを出したんじゃないだろうか。

 公式記事で起こされていない部分でこんな発言も。
##
珠理奈「(東スポ)岡本さん、いないんですか!? 言いたいことあったのに、残念。岡本さんに。『携帯電話の電源、切ってますか?』って。(いつも)見てますからね」
##

 内藤と東スポ岡本記者のキャッチボールをなぞる。珠理奈さんは田口ジャパンの一員でありながら、内藤哲也ネタ、オカダ・カズチカネタを放り込んでくる全方位型だ。プロレスからどんどん吸収しようという姿勢も溢れていて、どこまでも心地よい。

 プロレスへのファンの関わり方は人それぞれ。ただ、プロレスを好きで居続けるほど「対世間」を意識する機会に遭遇するし、プロレス観をもって日々を生き抜いていくことで「対世間」というやりがいが高まっていく。

 いつだってボクらプロレスファンは対世間で受け身を取り続ける。こんな昼間からであるが、珠理奈さんという“同志”のアンバサダー就任に乾杯!

               * * *

 ほか新日本プロレス関連。
・ 【『THE NEW BEGINNING』シリーズ日程が決定!】 1月27日(土)、28日(日)は“雪の札幌2連戦”!! 2月10日(土) は大阪府立体育会館!!

・ 【11月16日(木)新宿大会の全カード決定!】メインは、永田&小島vs兼平&青柳! 『ヤングライオン杯』第2戦では、川人vs八木! 北村vs海野! 岡vs成田!

・ 【大注目!『ヤングライオン杯』の全公式戦が決定!】12.17後楽園で川人vs岡! 12.18後楽園で川人vs北村! 12.21新宿で岡vs北村! 川人vs海野!

・ 【新日本】岡倫之 YL杯優勝ありきの野望 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

・ 【10月14日(土)18時30分~&21時58分~】テレビ朝日「陸海空 地球征服するなんて」第1部&第2部にオカダ・カズチカが出演!!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

▼new! 前田日明が語るUWF年表 上(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本上巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

▼new! 前田日明が語るUWF年表 下(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本下巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

171015_liger2▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(下) (新日本プロレスブックス) 10月15日発売!「世界の獣神」、レスラー人生33年にして初の自伝【下巻】!『G1 CLIMAX』初出場以降の軌跡、そしてライガー最終章へ。「生みの親」永井豪先生とのスペシャル対談も収録

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

| | トラックバック (0)

2017.10.12

KUSHIDAvsオスプレイがセミ・メインを越える得票でベストバウト獲得! 小松・田中凱旋試合も大健闘/10・9両国投票結果

 426人からの投票ご参加に感謝! 当サイトで実施した新日本プロレス10・9両国国技館大会ベストバウト投票の結果です。
・ 試合結果 KING OF PRO-WRESTLING 2017年10月9日(月)17:00 東京・両国国技館
・ 新日本10・9両国大会ベストバウトは? - 投票/アンケート - 人気ブログランキング

171009_njkopw_k6

 選者のコメントはリンク先で。

 うしろ3試合がクライマックスとなることは戦前の予想通りだが、セミ・メインを第7試合が越えた。「KUSHIDAvsウィル・オスプレイ」が「内藤哲也vs石井智宏」「オカダ・カズチカvsEVIL」の両試合を抑えてベストバウト獲得! これは素晴らしい。

 ジュニアの試合、技の品評会と化してしまうとなかなかノレません。しかしこの日は、空中技ばかりには頼らない痛め技攻防、気持ちの打ち出し方がしっかりハマる。そんな中で、これまで試合内容を重ねながら未戴冠だったオスプレイを後押しする機運発生。期待に応えたオスプレイが感情爆発。それでいて、KUSHIDAにブーイングも飛ばず、ここまでのラリーを積み上げるKUSHIDAのうまさも際立った。いい試合でした。

 僅差で惜しくも2位のセミ。“ビッグマッチ仕様”の石井降臨、内藤を追い詰めた好試合。得票数で3位のメインと4位「田口隆祐&リコシェvsYOH(小松洋平)&SHO(田中翔)」が僅差に。それだけ小松&田中の凱旋試合も鮮烈だった。

 全体的にレベルの高い興行でした。17時開始で4時間越え。前年は16時開始だったんですが、準備の関係とかあるんでしょうか。15or16時開始にしてほしいなぁ。連休3日目、その日のうちに移動したい遠方ファンの都合もあるかと思いますから。

171009_njkopw_k8

 ベストバウトを担当した“17年ぶり復帰戦”田畑祐一アナウンサー、最強の助っ人として今後もワープロ実況班に参加へ。
・ 17年ぶりの復帰戦|金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!」Powered by Ameba
##
当日のテレ朝『ワールドプロレスリング』、CSテレ朝2、新日本プロレスワールドの実況席に、
あのレジェンド級の実況アナウンサーが登場、復帰第1戦に臨んだのであーる。

1990年代のワープロ中継のメインシーンで活躍し、
2000年にプロレス実況を離れた田畑祐一アナウンサーが、
じつに17年ぶりに現場実況に復帰。

IWGPジュニアヘビー級選手権(KUSHIDAvsウィル・オスプレイ)を
あの名調子で見事にしゃべり尽くしてくれた。
これは、かなり感動ものだった。

ちなみに、田畑さんはワープロ実況班最強の助っ人として、
今後も放送席に座って実況を聞かせてくれる。
オールドファンもビギナーファンもお楽しみに。

##

 関東地区では今週土曜深夜に放送。
▼テレビ 14日(土) ワールドプロレスリング
■10/14(土)26:00~26:30
■ワールドプロレスリング
テレビ朝日(地上波)ジャンル:スポーツ - 相撲・格闘技
G1覇者・内藤の雪辱戦!来年1・4東京ドームのメインに立てる権利証を懸け、連敗を喫した石井にリベンジへ!!▽田畑アナ17年ぶりに実況復活!黒のカリスマ・蝶野が解説
◇番組内容
10月9日 両国国技館
▽東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦 権利証保持者/G1 CLIMAX 27優勝者 内藤哲也vs挑戦者 石井智宏 ▽IWGPジュニアヘビー級選手権 王者 KUSHIDAvs挑戦者 ウィル・オスプレイ ※番組の都合により放送試合変更の場合アリ


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

▼new! 前田日明が語るUWF年表 上(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本上巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

▼new! 前田日明が語るUWF年表 下(仮) 11月22日発売予定!前田日明 (著) 『1984年のUWF』反証本下巻。前田「腹立つのは、自分のことはともかく、自分が生きてきたプロレスの世界だとかケチョンケチョンでしょ。たいしたことのない人の集まり(みたいな書き方)だとか。お前、何を知ってるんだよと!」(ニコ生発言より)

171015_liger2▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(下) (新日本プロレスブックス) 10月15日発売!「世界の獣神」、レスラー人生33年にして初の自伝【下巻】!『G1 CLIMAX』初出場以降の軌跡、そしてライガー最終章へ。「生みの親」永井豪先生とのスペシャル対談も収録

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

| | トラックバック (0)

2017.10.11

両国大会ベストバウト投票は11日24時まで受付/1・4ドームでオカダvs内藤IWGP戦、11・5大阪で棚橋vs飯伏IC戦が決定

 ベストバウト投票は11日(水)24時まで受付。投票がまだっていう観戦組も、大会明け追っかけ視聴組も、ぜひご参加を!

 両国大会であなたがよかったと思った試合を投票してください。(1人1票受付、やり直し可。複数回投票の際には最新回のもので上書きされます)


Highlights from ‘KING OF PRO-WRESTLING’ Oct 9/10月9日 KING OF PRO-WRESTLING ショートハイライト!

Roppongi 3k Music Video

               * * *

 新日本プロレス10日の発表事項まとめ。

171009_njkopw_k4

 来年1・4東京ドーム大会第1弾カードとしてオカダ・カズチカvs.内藤哲也IWGPヘビー級戦が決定。
・ 【2018年1月4日(木)東京ドーム大会“第1弾”カード!!】“IWGPヘビー級選手権”オカダ・カズチカvs内藤哲也が正式決定!【WK12】
・ “頂上対決”へ向け、オカダvs内藤が開戦!!「内藤さんは、レスラーとして“世界”に響くほどではない」「ドームのメインに一番ふさわしいのは内藤哲也」【10.10東京ドーム会見】

 秋恒例の『Super Jr. Tag Tournament』にSHO(田中翔)&YOH(小松洋平)が参戦。1回戦は10・23後楽園&10・29後楽園、準決勝は10・30後楽園、優勝決定戦は11・5大阪府立体育会館。
・ 【『Super Jr. Tag T』が開催!】10.23後楽園でBUSHI&ヒロムvsリー&ティタン!ROPPONGI 3KはKUSHIDA&川人と激突!10.29後楽園で田口&ACHがTAKA&タイチと対戦!

 11・5大阪は、『Super Jr. Tag Tournament』優勝決定戦のほかに、棚橋弘至vs.飯伏幸太IWGPインターコンチネンタル戦をはじめとしたタイトルマッチ3試合が決定。
・ 【11・5大阪カード決定!!】棚橋と飯伏がIC王座を懸けて再激突! オスプレイはJr.初防衛戦で好敵手スカルと対決! 矢野と鈴木の遺恨決着戦はブルロープデスマッチに決定!
・ 【『POWER STRUGGLE』チケット情報】11月5日(日) 大阪府立のロイヤルシート、1階ひな壇A&B、2階特別席は完売!1階アリーナ、2階指定席Bは残りわずか!

 規模感と新鮮さのある仕掛けに期待! ローソンHMVエンタテイメントと新日本が包括提携。
・ 【WK12】ローソンHMVエンタテイメントと新日本プロレスが“包括提携パートナー”として契約! 東京ドーム大会のキャッチフレーズは「みんなでプロレス! イッテンヨン!」【会見】

 イベント情報。
・ 10月15日(日)14時~天山広吉選手&小島聡選手が大阪・エディオン中環東大阪店にて撮影会を開催!!【11.5大阪大会PR!】


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.10.10

オカダvs内藤IWGPヘビー戦を正式発表へ~10日(火)正午より来年1・4東京ドーム大会記者会見、ワールドが無料配信

pick up ▼ニュース 諏訪魔が1年8か月ぶり三冠王座奪回…宮原を破り第58代王者に世界最強タッグ決定リーグ戦チーム発表…秋山&大森ら10チーム参加大仁田、藤田和之とカシンに爆殺される…10・31引退試合でリベンジ戦じゃ!【WWE】中邑真輔3度目の挑戦も王座奪取ならず またもシン兄弟の介入に泣く ▼情報&コラム 藤波と越中がUWFとの“旅館破壊事件”を振り返る…便所を破壊し水が空中を飛んでいた内田理央、舞台でプロレスに挑戦「そんなに自分を守る姿勢はないんです」 ▼格闘技 高田延彦、ヒクソン戦20周年を語る「20年たって消化できていないほど生々しい」高田延彦氏、阪神-巨人観戦とネット沸騰「すごい殺気」「ビール買った」…人気ワードに角田信朗1次敗退「悔しい」ボディービル日本選手権

 両国国技館大会から一夜明け。10日(火)正午より新日本プロレスが来年1・4東京ドーム大会の記者会見を行い、新日本プロレスワールドによって無料配信される。オカダ・カズチカvs.内藤哲也のIWGPヘビー級戦が正式発表される見込み。

171010_wk12_kaiken1
・ 新日本プロレスワールド
10/10(火) WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム
記者会見 12:00(JST)
Oct 9 20:00(PDT)/23:00(EDT)
Oct 10 4:00(BST)
LIVE
無料配信
FREE

 セミファイナルの「東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦」で石井智宏を下した内藤哲也。
・ KING OF PRO-WRESTLING 2017年10月9日(月)17:00 東京・両国国技館

171009_njkopw_k3
内藤には15歳の頃に立てた3つの夢がある。「新日本プロレスのレスラーになる」は実現。「20代のうちにIWGP王者に」は、20代こそ逃したものの昨年叶えた。“最後”の夢となった「東京ドームのメインに立つ」(ダブルメインでIWGP王者オカダに挑戦したことはあるが、最終試合は中邑-棚橋インターコンチ戦)を決定的に!

171009_njkopw_k4
メイン後に、ベルトを防衛したばかりのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカと対峙。どこかで半信半疑なのか。内藤は「お客様に、俺は聞きたい。EVILを倒したオカダと、石井を倒した俺、2018年1月4日東京ドーム大会のメインイベント、IWGPヘビー級選手権試合は、オカダ・カズチカvs内藤哲也でよろしいでしょうか?」と問いかけた。

171009_njkopw_k2
第7試合では、ウィル・オスプレイがIWGPジュニアヘビー初戴冠。さっそく高橋ヒロムが宣戦布告しようとするも、マーティー・スカルが割って入る。ヒロムはジタバタ芸でオチをつけた。

171009_njkopw_k1
いい雰囲気なだけではなく、試合内容もインパクト十分! 第3試合では、海外遠征中だったYOH(小松洋平)とSHO(田中翔)がロッキー・ロメロ率いる“ROPPONGI 3K”として登場。合体技の3Kでリコシェを沈めて、いきなりIWGPジュニアタッグ奪取。


 ベストバウト投票もよろしくお願いいたします。

 10月11日24時まで受付。両国大会であなたがよかったと思った試合を投票してください。(1人1票受付、やり直し可。複数回投票の際には最新回のもので上書きされます)


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.10.09

新日本10・9両国大会ベストバウトは? あなたがよかったと思った試合を投票してください/ファン参加型投票アンケート

 終了したばかりの新日本プロレス10・9両国国技館大会を語り合いましょう!

170812_g127_k5

・ KING OF PRO-WRESTLING 2017年10月9日(月)17:00 東京・両国国技館
##
■新日本プロレス『KING OF PRO-WRESTLING』
10月9日(月・祝)17:00 両国国技館 9,234人(満員) 

<第1試合>
高橋ヒロム
〇BUSHI
SANADA
(6分44秒 横入り式エビ固め)
レオ・トンガ
高橋裕二郎
●バッドラック・ファレ

<第2試合>
ザック・セイバーJr.
●鈴木みのる
(9分18秒 リングアウト)
〇矢野通
後藤洋央紀

<第3試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者組]
〇YOH(小松洋平)
SHO(田中翔)
(14分25秒  3K→エビ固め)
●リコシェ
田口隆祐
[第53代王者組]
※チャンピオンチームが2度目の防衛に失敗。チャレンジャーチームが新チャンピオンとなる。

<第4試合 IWGPタッグ選手権試合3WAYトルネードイリミネーションマッチ>
[挑戦者組]
●ハンソン
レイモンドロウ
(16分10秒 キラーボム→体固め)
デイビーボーイ・スミスJr.
〇ランス・アーチャー
[第78代王者組]
※チャンピオンチームが初防衛に成功。
※もう1組はタンガ・ロア&タマ・トンガ。○スミス(12分43秒 キラーボム→エビ固め)タンガ●

<第5試合>
〇マーティー・スカル
Cody
ケニー・オメガ
(13分42秒 クロスフェイス・チキンウィング)
●邪道
バレッタ
YOSHI-HASHI

<第6試合>
〇ジュース・ロビンソン
飯伏幸太
(10分26秒 パルプフリクション→片エビ固め)
●真壁刀義
棚橋弘至

<第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
〇ウィル・オスプレイ
(15分32秒 オスカッター→片エビ固め)
●KUSHIDA
[第77代王者]
※チャンピオンが3度目の防衛に失敗。オスプレイが新チャンピオンとなる。

<第8試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦>
[挑戦者]
●石井智宏
(23分56秒 デスティーノ→片エビ固め)
〇内藤哲也
[権利証保持者/G1 CLIMAX 27優勝者]
※内藤が東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証の防衛に成功。

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
●EVIL
(33分26秒  レインメーカー→片エビ固め)
〇オカダ・カズチカ
[第65代王者]
※チャンピオンが8度目の防衛に成功。

##

 10月11日24時まで受付。両国大会であなたがよかったと思った試合を投票してください。(1人1票受付、やり直し可。複数回投票の際には最新回のもので上書きされます)

 ビールを飲みながらベストバウトを選出するまでが観戦です。多くの投票をお待ちしています。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

両国前日会見に“帰ってきた”内藤哲也「声に出さないと、アナタの思いは伝わりませんよ」/17時ゴング新日本プロレス両国情報まとめ

 “帰ってきた”としたのは2年ぶりの登場であるから。2年前の両国前日会見では棚橋弘至と舌戦。1年前は姿なしで、公開会見としての面白さがダダ下がりだった。とはいえ今年。石井智宏のレスポンスは悪く、内藤哲也は1人で盛り上げるしかない。

 8日、恒例の両国直前会見&ドーム大会超先行発売がお台場のダイバーシティ東京・フェスティバル広場にて開催された。

171008_njkopw_kaiken_k_2
東京ドームIWGP挑戦権利証のブリーフケースに足をかけてポーズを決める内藤。

171008_njkopw_kaiken_k_3
「This is EVIL.Everything is EVIL.すべては……EVILだ」セリフはファンも合唱。キャラ浸透の目覚ましさを見せつけたEVIL。

171008_njkopw_kaiken_k_1_2
ボクはこのタイミンクで、観戦仲間分(総勢8名)の東京ドーム大会チケットも購入。

・ 「EVIL流の“IWGPの勝ち方”を見せてやる」キング・オブダークネスが“超人”オカダに宣戦布告!「俺が東京ドームのメインに進みます」内藤が勝利宣言!【10.8前日会見・調印式】
##
内藤「『この1月4日東京ドームIWGP挑戦権利証、欲しい人は手を挙げてください』と。思ってるだけじゃ、何も伝わらないと。声に出さないと、アナタの思いは伝わりませんよと。俺は全選手に呼びかけたつもりなんですけどね、誰一人応える選手がいなかった。俺に勝てる自信がないのか、それともこの挑戦権利証自体に魅力がないのか、どちらかわかりませんが、手を挙げない、声に出さなかったことに関しては凄く残念ですね。それは本隊の選手もそう。CHAOSの選手もそう。鈴木軍の選手もそう。BULLET CLUBの選手もそう。そして、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの選手からも名乗りを挙げる人がいなかった。それは、ボクは一人のレスラーとして凄く残念だと思います」

――内藤選手から「挑戦者失格だ」というような発言もありましたが。

石井「どうでもいいけど、明日試合なんだよ。だから、ここでグダグダ言っても、何の意味もねぇ。明日、やるかやられるか、それだけだ」

内藤「たしかに、ここで何を言ったところで変わらない。でも、今日ボクと石井選手の試合は別に調印式があるわけじゃないんですよ。調印をする必要はないわけですよ。なのに、ここに来た。何で来たんですか?何も語ることがない。来る必要がないと思うなら、来なきゃ良かったんじゃないですか?アナタが来てしまったということは、つまり……そういうことですよ」

##

 正論でもあり、皮肉でもあろう。名乗りを挙げなければ「残念」と言い、名乗りが挙がっても「何の実績があるんだ、空気読め」くらい言える(名乗っておかしくないのは、G1で内藤に土をつけたバッドラック・ファレと決勝リベンジでケニー・オメガくらい)。それでいて、ユニットに群れるだけではないプロレスラーならではのスタンスを言い放った。

 なんだかんだで、この日に自身の胸の内をファンに丁寧に伝えたのは内藤だけ。それぞれのレスラーのスタンスもあるから、誰しもが内藤のように饒舌にはなれない。わかってはいる。だけれども、新日本の現場をせいいっぱい盛り上げるには何をすればいいのか? 「声に出さないと、アナタの思いは伝わりませんよ」というのは、広い意味で全選手に対して完全に本音だろう。

 2016年の東スポ大賞を獲った。2017年のG1クライマックスを制覇した。内藤がレスラーとして成し遂げていない“東京ドームメイン”へのカウントダウン。レスラー人生ではファンと噛み合わず、ブーイングを浴びた時期もあった。よくぞここまでの感がある一方で、ここ1年くらいのスパンでみれば予定調和感も否めない。

 いつだって内藤は、ファンよりも先に、正論と皮肉の間で予定調和を突き崩しにかかる。G1決勝一夜明け会見(閉幕直後のG1出場選手基準に異議。質疑応答の冒頭では「『今年のG1 CLIMAXは内藤が優勝するんじゃないか?』と、大半の方が思ってたわけでしょ?」)もそうだった。
・ 【G127】『G1』覇者・内藤がIWGPヘビー挑戦権利証を獲得! 次なる野望はダントツで“東京ドームのメインイベント”!【8.14一夜明け会見】

 主役を継続中の内藤は、両国大会のセミファイナルに登場する。

<メモ>
12:00ドーム大会超先行発売、13:30両国直前会見。朝9:30時点で先行発売に30人、会見観覧に20人の待ち列。最終的には先行発売300人、会見観覧500人規模で盛況。グッズとして『両国大会パンフレット』『両国大会記念ラージトートバッグ』『2018年カレンダー』も売り出されたが、Tシャツ類による賑わいがなかったのと、チケット購入直後じゃないと行きづらいテント奥、もったいなかったかな。

              * * *

 10月9日(月祝)両国国技館大会のまとめ。

▼12:30(FC先行は12:15) 開場前売店がOPEN! 大サイン会も開催。注意事項はリンク先で。
開場前売店 12:30~14:45
※入場券をお持ちでない方もご利用いただけます。
※14:45に開場準備の為、一旦ご退場を頂きます。
開場前売店FC先行入場 12:15
※必ず会員証、身分証明書をご提示ください。
両国大会で『大サイン会』!! 飯伏、真壁、スカル、リコシェ、ファレが登場!FC撮影会は邪道!開場前売店は12:30から、当日券は13:00から販売スタート
選手サイン会
↓入場券をお持ちでない方も参加可能
13:30~(Aブース) バッドラック・ファレ
13:40~(Bブース) リコシェ
14:00~(Aブース) マーティー・スカル
14:20~(Bブース) 真壁刀義
↓参加には入場券が必要
15:40~(Aブース) 飯伏幸太

グッズ・ブース情報まとめ。
・ オカダ、EVIL、内藤、ケニー、棚橋、田口、柴田!! L・I・JピクチャーTシャツも全種販売!10/9両国での「特別販売グッズ」のお知らせ!
・ 10月9日(月・祝)両国大会から発売!『オカダ 新作Tシャツ』『光るICカードステッカー新作2種』が完成!
・ 【10/9両国でも特別販売!!】アリーナが紫に染まる!『EVIL パーカー』『L・I・J Tシャツ(パープルver.)』『シリコンバンド(パープルver.)』が完成!
・ 10月9日(月・祝)両国大会から発売!5人が勢ぞろい!『SANADA ピクチャーTシャツ』が完成!『ライオンマークパーカー』『スタジアムクッション新色』も新着!
・ 【10/9両国でも特別販売!!】闘魂SHOP通販&水道橋店限定アイテム!Cody、マーティー・スカル、高橋裕二郎のパーカー3種が一挙完成!
・ L・I・J&柴田のキンプロタペストリー!BULLET CLUB 腕時計!ライオンIQOSケース!! 『シンニチプレミアムストア』の人気商品を10/9両国で特別販売!!
・ 【ご来場の皆様へ】10月9日(月・祝)「KING OF PRO-WRESTLING」両国国技館大会、各スポンサーブース情報

スマホサイト加入者&新規加入者。
・ 10月9日(月・祝)両国大会の場外テントで、スマホサイト加入者に“非売品スマホクリーナー L・I・J ver.”をプレゼント!新規加入者への特典も実施!
・ 10月9日(月・祝)両国大会の場外テントで、スマホサイト“新規加入者”に非売品“内藤哲也×権利証”パネルをプレゼント!

募金にご協力ください!
・ 【お知らせ】10.9両国大会で、高山善廣選手およびメキシコ大地震・被災者への募金箱を設置!蝶野選手、天山選手、小島選手、中西選手がチャリティ握手会を開催!
★高山善廣選手・チャリティ握手会
14時~ 中西学選手
★メキシコ大地震 被災者募金・チャリティ握手会
16時~ 小島聡選手
★高山善廣選手・チャリティ握手会
16時30分~ 蝶野正洋選手&天山広吉選手
場所:両国国技館 正面入口付近
※各選手15~20分ほどを予定しております。
※募金にご協力いただいた方と握手をさせていただきます。サイン、写真撮影などはできかねますので、あらかじめご了承ください。

▼15:30 正式に開場!
KING OF PRO-WRESTLING 2017年10月9日(月)17:00開始 東京・両国国技館](試合結果

2017.10.9 KING OF PRO-WRESTLING OPENING MOVIE(両国国技館大会のオープニングVTR)

Dk2vr0zu8aiv8p

##
■新日本プロレス『KING OF PRO-WRESTLING』
10月9日(月・祝)15:30開場 17:00開始 東京・両国国技館
当日券は13:00よりアリーナA・Bを販売
17:00~ 新日本プロレスワールドで配信
16:00~21:30 CSテレ朝チャンネル2
4K生中継がひかりTVで。CSテレ朝と同時放送

<第1試合>
高橋ヒロム
BUSHI
SANADA
(1/20)
レオ・トンガ
高橋裕二郎
バッドラック・ファレ

<第2試合>
ザック・セイバーJr.
鈴木みのる
(1/20)
矢野通
後藤洋央紀

<第3試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者組]
X(RPG 3K)
X(RPG 3K)
(1/60)
リコシェ
田口隆祐
[第53代王者組]
※田口&リコシェ2度目の防衛戦

<第4試合 IWGPタッグ選手権試合3WAYトルネードイリミネーションマッチ>
[挑戦者組]
タンガ・ロア
タマ・トンガ
vs
ハンソン
レイモンドロウ
[挑戦者組]
vs
デイビーボーイ・スミスJr.
ランス・アーチャー
[第78代王者組]
※アーチャー&スミス初防衛戦
※3チーム同時にノータッチルールで試合を行い、最後まで残ったチームを勝者とする。なお反則&場外カウントもなしとする

<第5試合>
マーティー・スカル
Cody
ケニー・オメガ
(1/30)
邪道
バレッタ
YOSHI-HASHI

---休憩---

<第6試合>
ジュース・ロビンソン
飯伏幸太
(1/30)
真壁刀義
棚橋弘至

<第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
ウィル・オスプレイ
(1/60)
KUSHIDA
[第77代王者]
※KUSHIDA3度目の防衛戦

<第8試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦>
[挑戦者]
石井智宏
(1/60)
内藤哲也
[権利証保持者/G1 CLIMAX 27優勝者]

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
EVIL
(1/60)
オカダ・カズチカ
[第65代王者]
※オカダ8度目の防衛戦

##

 うしろ三つのシングルが両国をしっかり締める。そして、セミとメインの勝者同士が1・4ドームメインでIWGP戦となる公算が高い。両国を堪能しながら、ドームへ続く物語を味わおう。

 2年前の秋の両国、棚橋弘至vs.内藤哲也。前日会見でも両国でも「内藤、キテるな」という感触が始まっていた(しかし棚橋勝利)。あれから2度のドーム大会を挟むが、内藤ドーム初メインという夢は叶わぬまま。今の勢いならば…と思わせるものは十分だが、果たして!?


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.10.07

都内組も! 遠征組も! 「8日(日)お台場公開会見→9日(月祝)大サイン会&両国大会」新日本プロレスファン行動予定まとめ

pick up ▼ニュース 【全日本】特設スクリーンで最強タッグ出場チーム発表 10・9後楽園大会の試合順が決定 7日、Bリーグ埼玉ブロンコスのホーム開幕戦の始球式に宮原健斗が登場アジアタッグ戦「野村&青柳vs青木&佐藤」が正式決定 10・21横浜追加カード発表 【DRAGONGATE】「さよならジミーズ」は衝撃の結末 神田が裏切り ススムは横須賀享で再起へ ▼情報&コラム 7度目引退の大仁田厚 過去の発言はどうたっだのか秋の新日本プロレス祭りin書泉 10月はBULLET CLUBフェスタ10月14日(土)NDソフトスタジアム山形【餅つき大会は12:30~など】モンテディオ山形 vs 横浜FC戦ゲストに獣神サンダー・ライガー10月29日(日)高円寺駅北口駅前広場「高円寺フェス2017」ZERO1、鈴木秀樹、センダイガールズ参戦松本人志、ガキ使ケツバット廃止「どえらいガセ」 ▼格闘技 【RIZIN】RENAが初メイン、那須川天心がセミで地上波生中継あびる優ショック「留守中にイケメン夫(才賀紀左衛門)が3年目の浮気」格闘技ネット学習サイト「MARTIAL ARTS ONLINE CLASS」オープン【女子ボクシング】高野人母美は判定負け 吉田実代が初代女王に

 連休後ろ2日間は好天気の予定で観戦日和! このタイミングで東京上陸するファンも多いことでしょう。都内ファンもプロレスを存分に楽しもうとしているはず。新日本プロレスファン向けのツアー例をまとめる。

161009_njpw_k2
写真は昨年の公開会見の様子


# 8日(日)ドーム先行発売&お台場公開会見

▼12:00 お台場・ダイバーシティ東京で1.4東京ドームのチケット超先行発売
10月8日(日)12時~、お台場・ダイバーシティ東京にて、1.4東京ドームのチケット超先行発売! 10.9両国の“前日記者会見”も実施!!
ダイバーシティ東京 プラザ 2階 フェスティバル広場
アクセス
・ゆりかもめ「台場」駅より徒歩5分
・りんかい線「東京テレポート」駅B出口より徒歩3分

【解説】FC先行予約とローソン先行予約を除くと、いちばん早く来年1・4東京ドーム大会のチケットが購入できるタイミング。500人規模のファンが並び、1000枚規模のチケットが動く。少しでもよい席をという人で体力あるならば1~2時間前から並ぶのもありでしょう。
・ 1月4日(木)東京ドーム大会のロイヤルシートは完売! アリーナAは残りわずか(取扱いのないプレイガイドもございます)【WK12】

▼13:30 お台場・ダイバーシティ東京で10.9両国大会の前日公開会見
171008_njpworld
10月8日(日)12時~、お台場・ダイバーシティ東京にて、1.4東京ドームのチケット超先行発売! 10.9両国の“前日記者会見”も実施!!
新日本プロレスワールドで配信

<イベント>
13:30会見開始(予定)
※翌日10・9両国国技館大会タイトルマッチ調印式、東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦の記者会見を実施。
※会見後に第2部として本間、田口によるトークショーを実施(予定)

<注意事項>
・観覧無料(入場フリー)
※立見での観覧となります。(早朝からの場所取り等はご遠慮ください)
※当日は混雑が予想されます。係員の指示に従って頂きますよう、ご協力をお願い致します。
※雨天時の観覧では傘のご利用は出来ません。レインコート等をご用意下さい。
※グッズの販売を致します。サイン会はございません。
スケジュール、出演者、イベント内容等は予告なく変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

【解説】立ち見で行われ、観客は1,000人程度が見込まれる。当サイトでは「両国グッズも先行販売すればファンサービスとなると思うんだけどなぁ」と昨年書いたが、今年はグッズ販売ありでGOOD!
・ 【10/8お台場イベントでも先行発売!!】『両国大会パンフレット』『両国大会記念ラージトートバッグ』『2018年カレンダー』が完成!

▼会見終了後 パイルドライバー原宿に寄るのもあり! 鈴木みのるが当日に店番を告知!! 追加!

▼会見終了後 神保町もしくは秋葉原の書泉に寄るのもあり!
秋の新日本プロレス祭りin書泉 10月はBULLET CLUBフェスタ
10月6日(金)~11月30日(木)まで、神保町・書泉グランデB1Fおよび秋葉原・書泉ブックタワー4Fのプロレス・格闘技コーナーにて新日本プロレスグッズを多数コーナー展開いたします。
<前期>10月6日(金)~10月31日(火)BULLET CLUBフェスタ
<後期>11月1日(水)~11月30日(水)タグチジャパン祭り

▼水道橋の闘魂SHOPを覗いてみる? 11:00〜20:00で営業。
新日本プロレス闘魂SHOP当サイトについて 店舗紹介
TAKAYAMANIA&メキシコ地震復興支援募金箱も。

▼19:00から営業 矢野通のEBRIETAS(水道橋)に行ってみる!?
水道橋のスポーツバー EBRIETAS|現役プロレスラーが大暴れのエーブリエータース
8日は「YTR登場」と告知されています。予約もできるようです。食事もできますからご安心を。


# 9日(月祝)大サイン会&両国大会

▼10:00 原宿のパイルドライバー開店! 鈴木みのるグッズ多数。TAKAYAMANIAグッズ購入&募金もOK。


パイルドライバー原宿

▼12:30(FC先行は12:15) 開場前売店がOPEN! 大サイン会も開催。注意事項はリンク先で。
開場前売店 12:30~14:45
※入場券をお持ちでない方もご利用いただけます。
※14:45に開場準備の為、一旦ご退場を頂きます。
開場前売店FC先行入場 12:15
※必ず会員証、身分証明書をご提示ください。
両国大会で『大サイン会』!! 飯伏、真壁、スカル、リコシェ、ファレが登場!FC撮影会は邪道!開場前売店は12:30から、当日券は13:00から販売スタート
選手サイン会
↓入場券をお持ちでない方も参加可能
13:30~(Aブース) バッドラック・ファレ
13:40~(Bブース) リコシェ
14:00~(Aブース) マーティー・スカル
14:20~(Bブース) 真壁刀義
↓参加には入場券が必要
15:40~(Aブース) 飯伏幸太

グッズ・ブース情報まとめ。
・ オカダ、EVIL、内藤、ケニー、棚橋、田口、柴田!! L・I・JピクチャーTシャツも全種販売!10/9両国での「特別販売グッズ」のお知らせ!
・ 10月9日(月・祝)両国大会から発売!『オカダ 新作Tシャツ』『光るICカードステッカー新作2種』が完成!
・ 【10/9両国でも特別販売!!】アリーナが紫に染まる!『EVIL パーカー』『L・I・J Tシャツ(パープルver.)』『シリコンバンド(パープルver.)』が完成!
・ 10月9日(月・祝)両国大会から発売!5人が勢ぞろい!『SANADA ピクチャーTシャツ』が完成!『ライオンマークパーカー』『スタジアムクッション新色』も新着!
・ 【10/9両国でも特別販売!!】闘魂SHOP通販&水道橋店限定アイテム!Cody、マーティー・スカル、高橋裕二郎のパーカー3種が一挙完成!
・ L・I・J&柴田のキンプロタペストリー!BULLET CLUB 腕時計!ライオンIQOSケース!! 『シンニチプレミアムストア』の人気商品を10/9両国で特別販売!!
・ 【ご来場の皆様へ】10月9日(月・祝)「KING OF PRO-WRESTLING」両国国技館大会、各スポンサーブース情報

スマホサイト加入者&新規加入者。
・ 10月9日(月・祝)両国大会の場外テントで、スマホサイト加入者に“非売品スマホクリーナー L・I・J ver.”をプレゼント!新規加入者への特典も実施!
・ 10月9日(月・祝)両国大会の場外テントで、スマホサイト“新規加入者”に非売品“内藤哲也×権利証”パネルをプレゼント!

募金にご協力ください!
・ 【お知らせ】10.9両国大会で、高山善廣選手およびメキシコ大地震・被災者への募金箱を設置!蝶野選手、天山選手、小島選手、中西選手がチャリティ握手会を開催!
★高山善廣選手・チャリティ握手会
14時~ 中西学選手
★メキシコ大地震 被災者募金・チャリティ握手会
16時~ 小島聡選手
★高山善廣選手・チャリティ握手会
16時30分~ 蝶野正洋選手&天山広吉選手
場所:両国国技館 正面入口付近
※各選手15~20分ほどを予定しております。
※募金にご協力いただいた方と握手をさせていただきます。サイン、写真撮影などはできかねますので、あらかじめご了承ください。

▼15:30 正式に開場!
KING OF PRO-WRESTLING 2017年10月9日(月)17:00開始 東京・両国国技館

Dk2vr0zu8aiv8p

##
■新日本プロレス『KING OF PRO-WRESTLING』
10月9日(月・祝)15:30開場 17:00開始 東京・両国国技館
当日券は13:00よりアリーナA・Bを販売
17:00~ 新日本プロレスワールドで配信
16:00~21:30 CSテレ朝チャンネル2
4K生中継がひかりTVで。CSテレ朝と同時放送

<第1試合>
高橋ヒロム
BUSHI
SANADA
(1/20)
レオ・トンガ
高橋裕二郎
バッドラック・ファレ

<第2試合>
ザック・セイバーJr.
鈴木みのる
(1/20)
矢野通
後藤洋央紀

<第3試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者組]
X(RPG 3K)
X(RPG 3K)
(1/60)
リコシェ
田口隆祐
[第53代王者組]
※田口&リコシェ2度目の防衛戦

<第4試合 IWGPタッグ選手権試合3WAYトルネードイリミネーションマッチ>
[挑戦者組]
タンガ・ロア
タマ・トンガ
vs
ハンソン
レイモンドロウ
[挑戦者組]
vs
デイビーボーイ・スミスJr.
ランス・アーチャー
[第78代王者組]
※アーチャー&スミス初防衛戦
※3チーム同時にノータッチルールで試合を行い、最後まで残ったチームを勝者とする。なお反則&場外カウントもなしとする

<第5試合>
マーティー・スカル
Cody
ケニー・オメガ
(1/30)
邪道
バレッタ
YOSHI-HASHI

---休憩---

<第6試合>
ジュース・ロビンソン
飯伏幸太
(1/30)
真壁刀義
棚橋弘至

<第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
ウィル・オスプレイ
(1/60)
KUSHIDA
[第77代王者]
※KUSHIDA3度目の防衛戦

<第8試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦>
[挑戦者]
石井智宏
(1/60)
内藤哲也
[権利証保持者/G1 CLIMAX 27優勝者]

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
EVIL
(1/60)
オカダ・カズチカ
[第65代王者]
※オカダ8度目の防衛戦

##

タグチジャパンプレゼンツ!月刊69#4〜秋の両国決戦直前SP〜

タグチジャパンプレゼンツ!月刊69#4〜大解剖!ヤングライオン杯編〜

【SOUND ONLY】KUSHIDAのナイショ話#34 ROHラスベガス遠征を振り返りつつ、10.9両国大会のオスプレイ戦を激語りSP!!

関連記事。
・ 【10月9日(月・祝)両国目前!】“権利証保持者”内藤哲也にインタビュー!「石井は挑戦者として失格!」「今回ほど、俺が負ける確率が低い試合はない」

・ 田畑祐一アナが17年ぶりにプロレス実況!新日本プロレス10.9両国大会 (ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース


 うしろ三つのシングルが両国をしっかり締める。そして、セミとメインの勝者同士が1・4ドームメインでIWGP戦となる公算が高い。両国を堪能しながら、ドームへ続く物語を味わおう。

 2年前の秋の両国、棚橋弘至vs.内藤哲也。前日会見でも両国でも「内藤、キテるな」という感触が始まっていた(しかし棚橋勝利)。あれから2度のドーム大会を挟むが、内藤ドーム初メインという夢は叶わぬまま。今の勢いならば…と思わせるものは十分だが、果たして!?


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.09.25

新日本10・9(月祝)両国全カードが決定! 恒例のイッテンヨン超先行発売&両国前日会見は10・8(日)お台場!!

pick up ▼ニュース 【DDT】サイバーエージェント藤田晋社長「本気で業界ナンバーワンを目指す」後楽園に来場2018年DDT後楽園ホール大会スケジュール【全日本】三冠戦「宮原vs諏訪魔」が正式決定、「ジョーvs石川」で次期挑戦者決定戦、諏訪魔&石川始動 10月シリーズ追加【ハードヒット】復活の高橋“人喰い”義生が高山にエール「リングの上で待ってる」【超花火】田中将斗が大仁田破り爆破2冠王【大日本】10・4北海道大会でスタン・小林vs.アンドレザ・ジャイアントパンダが決定【仙女】里村を返り討ちで橋本初防衛! ハイジ・カトリーナが入団 仙台大会メキシコ地震、レスラーやピエロが被災した子どもたちを励ます東京03・豊本明長&ミス・モンゴル、初夏に結婚していた 妊娠も発表 ▼情報&コラム TAKAYAMANIAの通販サイトが9月27日の正午よりオープン天山広吉「無事に手術が終わりました」9月26日(火)23:15テレビ朝日『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』タイチが初出演栄光のプロレス三大世界王座! 戴冠した日本人レスラーの記録まとめ森山愛子、名付け親の猪木に“ラブコール”「闘魂注入のビンタをしてほしい」 ▼格闘技 【HEAT】「HEAT 41」12・23愛知大会に藤田和之が初参戦

 25日、新日本プロレスが10・9両国国技館大会の全カードを発表した。

151011_njpw_k5
写真は2015年の“両国前日会見”より

・ KING OF PRO-WRESTLING 2017年10月9日(月)17:00開始 東京・両国国技館
・ 9-25【新日本】IWGPジュニア戦「KUSHIDAvsオスプレイ」などタイトルマッチ3試合決定 1…プロレス格闘技DX
##
■新日本プロレス『KING OF PRO-WRESTLING』
10月9日(月・祝)17:00 東京・両国国技館

<第1試合>
高橋ヒロム
BUSHI
SANADA
(1/20)
レオ・トンガ
高橋裕二郎
バッドラック・ファレ

<第2試合>
ザック・セイバーJr.
鈴木みのる
(1/20)
矢野通
後藤洋央紀

<第3試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者組]
X(RPG 3K)
X(RPG 3K)
(1/60)
リコシェ
田口隆祐
[第53代王者組]
※田口&リコシェ2度目の防衛戦

<第4試合 IWGPタッグ選手権試合3WAYトルネードイリミネーションマッチ>
[挑戦者組]
タンガ・ロア
タマ・トンガ
vs
ハンソン
レイモンドロウ
[挑戦者組]
vs
デイビーボーイ・スミスJr.
ランス・アーチャー
[第78代王者組]
※アーチャー&スミス初防衛戦
※3チーム同時にノータッチルールで試合を行い、最後まで残ったチームを勝者とする。なお反則&場外カウントもなしとする

<第5試合>
マーティー・スカル
Cody
ケニー・オメガ
(1/30)
邪道
バレッタ
YOSHI-HASHI

---休憩---

<第6試合>
ジュース・ロビンソン
飯伏幸太
(1/30)
真壁刀義
棚橋弘至

<第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
ウィル・オスプレイ
(1/60)
KUSHIDA
[第77代王者]
※KUSHIDA3度目の防衛戦

<第8試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦>
[挑戦者]
石井智宏
(1/60)
内藤哲也
[権利証保持者/G1 CLIMAX 27優勝者]

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
EVIL
(1/60)
オカダ・カズチカ
[第65代王者]
※オカダ8度目の防衛戦

##

 うしろ三つのシングルが両国をしっかり締める。そして、セミとメインの勝者同士が1・4ドームメインでIWGP戦となる公算が高い。両国を堪能しながら、ドームへ続く物語を味わおう。

 間違ってラクーアに行かないように(笑)。今年はお台場! 地方からの両国遠征組にとっては、こちらの“両国前日”イベントも恒例でしょう。
・ 【入場無料!】10月8日(日)12時~、お台場・ダイバーシティ東京にて、1.4東京ドームのチケット超先行発売! 10.9両国の“前日記者会見”も実施!!
##
■「レッスルキングダム12 東京ドーム」チケット超先行発売&両国大会前日記者会見
2017年10月8日(日)
ダイバーシティ東京 プラザ 2階 フェスティバル広場
アクセス
・ゆりかもめ「台場」駅より徒歩5分
・りんかい線「東京テレポート」駅B出口より徒歩3分

<チケット・グッズ販売>
12:00~トークショー終了後、列が途切れるまで(予定)

<イベント>
13:30会見開始(予定)
※翌日10・9両国国技館大会タイトルマッチ調印式、東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦の記者会見を実施。
※会見後に第2部として本間、田口によるトークショーを実施(予定)

<注意事項>
・観覧無料(入場フリー)
※立見での観覧となります。(早朝からの場所取り等はご遠慮ください)
※当日は混雑が予想されます。係員の指示に従って頂きますよう、ご協力をお願い致します。
※雨天時の観覧では傘のご利用は出来ません。レインコート等をご用意下さい。
※グッズの販売を致します。サイン会はございません。
スケジュール、出演者、イベント内容等は予告なく変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

##

 2年前の秋の両国、棚橋弘至vs.内藤哲也。前日会見でも両国でも「内藤、キテるな」という感触が始まっていた(しかし棚橋勝利)。あれから2度のドーム大会を挟むが、内藤ドーム初メインという夢は叶わぬまま。今の勢いならば…と思わせるものは十分だが、果たして!?


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Kiwami_2▼new! 龍が如く 極2 12月7日発売!セガゲームス プラットフォーム:PlayStation 4。累計出荷本数950万本を記録した『龍が如く』シリーズ最新作。藤波辰爾、長州力、天龍源一郎、武藤敬司、蝶野正洋が悪徳不動産役で“出演”

Namieamuro▼new! 【Amazon.co.jp限定】Finally(Blu-ray Disc付)(スマプラ対応)(オリジナルB2ポスター・Amazon ver 付) 安室奈美恵11月8日、ベストアルバム「Finally」発売!! 1992年発売のデビュー曲から2017年発売までの最新曲に加え(New Recording含む)、未発表の新曲も多数収録予定

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

| | トラックバック (0)

2017.08.26

棚橋弘至「悪者がいないと、エースが活躍できないだろ」と息子に言い聞かせる! 主演映画は『パパはわるものチャンピオン』

pick up ▼ニュース 【全日本】8月27日(日)15:00両国国技館大会対戦カード両国大会試合前サイン会情報 あべみほさんのチェキ会宮原 3冠戦に自信「2017年のビッグイベント」諏訪魔&小島 公開会見で“7年の因縁”暴発【新日本】ワールドタッグリーグ開幕戦は11月18日(土)後楽園、優勝決定戦は12月11日(月)福岡国際センターNXT女子王者アスカが王座返上 公式サイトで発表 ▼情報&コラム 【新日本】オカダ IWGP最長政権樹立見えたCSテレ朝チャンネル、9月16日(土)広島&9月24日(日)神戸を生中継あべみほ、リングでブラジャーが外れ、あわやポロリ事件語る8月31日(木)18:00「おもちゃのバンビ」富山県・本郷店 中西学トークイベントカッキーライドを終えた熱い夏@垣原賢人 ▼格闘技 元格闘家・須藤元気が音楽ユニット結成 「ナイチャーメイド」デビュー曲は沖縄イメージメイウェザー、マクレガーとも前日計量パス フェースオフではブーイングも『プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実』10月5日発売

 ファンからのエキストラ協力も募りながら主演映画の撮影を行っていた棚橋弘至。その映画が人気絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」を原作とし、棚橋がゴキブリマスク役であるとの情報が25日に解禁された。

Papawaru3
映画では、ベビーフェイス役のドラゴン・ジョージではなく、ヒール役のゴキブリマスクを棚橋弘至が演じる。

・ 新日・棚橋が劇場公開映画初主演!悪役レスラー役でプロレスに「恩返し」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
##
 新日本プロレスのエースレスラー・棚橋弘至(40)が、「パパはわるものチャンピオン」(藤村享平監督・脚本、来年公開)で劇場公開映画に初主演することが24日、分かった。
 人気絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」が原作。棚橋にとっては14年の発売時に「あぁ夢がつまってる!」と帯にコメントを寄せるほど、思い入れの強い作品だ。
 演じるのは、かつては人気レスラーだったが、ケガや世代交代の波に押され、悪役レスラー・ゴキブリマスクとして戦うパパ・孝志。学校の友達に嫌われるゴキブリマスクが、父親だと言えない息子(寺田心)に、「悪者がいないと、エースが活躍できないだろ」と諭す。ショックで恥ずかしい気持ちだった息子も、懸命に戦うパパの姿に、次第に憧れを抱くようになる―。

##

 実際のリングでは「エース」を標榜する棚橋が、スクリーンでは「悪者がいないと、エースが活躍できないだろ」と息子を諭す。なかなか衝撃的なキャスティングであり、話題性は十分。

 プロレスは虚実入り混じる世界という言われ方をするが、そこにある“設定”をプロレスラーが明かしてしまうことはご法度だ。“設定”にリアリティを感じるくらいのものがあって商売になる。

 アントニオ猪木と対戦する側だったラッシャー木村は自宅への悪戯・嫌がらせを受け、愛犬がストレスで円形脱毛症になったと。初代タイガーマスクが活躍したころ、適役だった小林邦昭にはカミソリ入りの手紙が届いた(小林は親指を切った)。あってはいけないことばかりだが、それだけの世界観をつくり出すプロレスは奥深い。

 もっとも、昔さながらのベビーフェイス役・ヒール役という区分はなくなりつつある。この映画を見た際に、ファンは昔のプロレスラーの哀愁を感じるんだろうか。それとも、時代は変わろうとも“お互いの持ち味を引き出しあう”プロレスの魅力を改めて実感するんだろうか。

 一方で、「かつては人気レスラーだったが、ケガや世代交代の波に押され」という設定は、内藤哲也らの台頭に立ちはだかっている棚橋の近未来を言い当てているようでもある。棚橋の闘いを見ているボクらにしか沸かない感情も映画の見どころと化していく。

 時代に柔軟に対応していく棚橋のプロレス革命はここまでやって来た! 棚橋をはじめとするレスラー、そしてキャストの熱演に注目したい。

 それにしても、棚橋のゴキブリマスク姿にブーイングをさせられ、ベビーフェイスのドラゴン・ジョージ(オカダ・カズチカあたりが演じる?)を応援するハメになった棚橋ファンエキストラは困惑したかもなぁ。あとは、飯塚高史主演による「実録・パパはわるものチャンピオン」もちょっと見てみたい(笑)。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 映画『パパはわるものチャンピオン』公式
>> 新日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー