フォト

最近の記事

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのチームロゴをデザインした新たなキャップが完成! フロントにはL・I・Jのロゴを、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

2017.09.02

『ジャンボ鶴田伝説DVD-BOX』11月22日発売! 初DVD化試合含む天龍、三沢、ハンセンらとの死闘DVD5枚組

pick up ▼ニュース 【NOAH】各地で前哨戦、「中嶋vs拳王」やジュニア8人タッグ戦60分3本勝負も決定 9月ツアー10・1横浜文体は“親子タッグ"で参戦 藤波&LEONAインタビュー【ゼロワン】世界ヘビー級王座V3 田中ノア再出撃だ!ハローキティとともにおにぎりプロレスが福井米キャンペーン大使に就任コウメ太夫と交際報道のアイドルレスラー「すでに破局」と説明プロレスメディア的・加藤悠擁護論木戸愛が首位 元レスラー父修氏に「成長した姿を」 ▼情報&コラム 棚橋「広島といえば、棚橋でしょう!」9・16広島大会ザックとIC戦新世代レスラー黒潮“イケメン”二郎に古参プロレスファンも夢中AKBメンバーの試合に聖地熱狂!『豆腐プロレス』興行という脅威WIP後楽園終わって素に@ミラノコレクションA.T.9月16日(土)17:30大阪カウント2.99『WWE LIVE OSAKA アフタートーク!』鈴木健蝶野正洋、アメリカで受けた人種差別体験を明かす「道を聞いても全部ウソだった」【国際プロレス伝】「チェーン・デスマッチの鬼」がリングから消えた日 ▼格闘技 【RIZIN】高田延彦、K―1選手とのマッチメイク発言を謝罪川尻達也 10・15福岡で査定試合「狙うは堀口恭司の首一つ」10・15バンタム級T出撃 山本アーセン未来を激白9月9日(土)13:35ごろ千葉ZOZOマリンスタジアム始球式にRENAが登板【UFC】朱里がUFC大舞台へ意欲「スターになりたい」タイソン氏 マクレガーの戦いぶりを高評価「Aを与えていい」今度はメイウェザー49戦目の相手がUFC参戦をアピール

 三冠ヘビー級王座の初代王者であり、日本人初のAWA世界ヘビー級王者。ジャンボ鶴田のDVD-BOXが発売される。

Tsuruta_dvd

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX
##
日本人最強伝説を再び!
全日本プロレスに"就職した"不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。
天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX。

ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX
発売日:2017年11月22日
商品仕様:DVD5枚組
価格:\18,000+税
品番:VPBH-14651(POS:7)
収録時間:709分

製作著作:日本テレビ
発売元/販売元:バップ
コピーライト:日本テレビ
商品仕様:カラー、ステレオ、片面2層5枚組、MPEG2/NTSC、ドルビーデジタル
スリーブ、デジパック仕様

・ジャンボ鶴田
昭和47年、ミュンヘンオリンピック日本代表に選出され、同年10月全日本プロレスに入団。
昭和48年3月24日、テキサス州アマリロにてプロデビュー。
同年10月6日、後楽園ホールのムース・モロウスキー戦で国内デビュー。
平成元年4月、シングルタイトルであるインター・PWF・UNの三冠を統一し、初代三冠ヘビー級王者となる。

*著作権上の都合により選手の入場テーマ曲をカットまたは一部差し替えております。
予めご了承下さい。

ジャンボ鶴田DVD 収録試合

▼DISC1
昭和48年10月9日 蔵前国技館 インターナショナルタッグ選手権試合 (王者組)ザ・ファンクス vs (挑戦者組)ジャイアント馬場、鶴田友美 ダイジェスト
昭和51年5月1日 日大講堂 第4回チャンピオン・カーニバル公式戦 ジャイアント馬場 vs ジャンボ鶴田 *ノーカット
昭和51年8月28日 日大講堂 UNヘビー級王座決定戦 ジャンボ鶴田 vs ジャック・ブリスコ *ノーカット
昭和52年8月25日 田園コロシアム UNヘビー級選手権試合 (王者)ジャンボ鶴田 vs (挑戦者)ミル・マスカラス *ノーカット
昭和58年8月31日 蔵前国技館 インターナショナルヘビー級選手権試合 (王者)ブルーザー・ブロディ vs (挑戦者)ジャンボ鶴田 *ノーカット
昭和59年2月23日 蔵前国技館 インターナショナル、AWA認定世界両ヘビー級選手権試合 (AWA世界王者)ニック・ボックウィンクル vs (インター王者)ジャンボ鶴田 *ノーカット

▼DISC2
昭和51年3月28日 蔵前国技館 全日本vs国際全面対抗戦、ジャンボ鶴田試練の十番勝負第2戦 ラッシャー木村 vs ジャンボ鶴田 *ノーカット
昭和51年6月11日 蔵前国技館 NWA世界ヘビー級選手権試合、ジャンボ鶴田試練の十番勝負第3戦 (王者)テリー・ファンク vs (挑戦者)ジャンボ鶴田 *ノーカット
昭和51年7月17日 北九州市小倉区・三荻野体育館 ジャンボ鶴田試練の十番勝負第4戦 ジャンボ鶴田 vs ビル・ロビンソン ダイジェスト
昭和52年6月11日 世田谷区体育館 NWA世界ヘビー級選手権試合、ジャンボ鶴田試練の十番勝負第8戦 (王者)ハーリー・レイス vs (挑戦者)ジャンボ鶴田 *ノーカット
昭和54年1月5日 川崎市体育館 ジャンボ鶴田試練の十番勝負第10戦 フリッツ・フォン・エリック vs ジャンボ鶴田 *ノーカット

▼DISC3
昭和60年11月4日 大阪城ホール 長州 力 vs ジャンボ鶴田 *ノーカット
昭和63年6月10日 日本武道館 インターナショナル、PWF認定世界両タッグ選手権試合 (インター王者)ザ・ウォリアーズ vs (PWF王者)ジャンボ鶴田、谷津嘉章 *ノーカット
平成1年4月18日 大田区体育館 インターナショナル、UN、PWF認定三冠ヘビー級王座統一戦 (インター王者)ジャンボ鶴田 vs (UN、PWF王者)スタン・ハンセン *ノーカット
平成1年4月20日 大阪府立体育会館 三冠統一ヘビー級選手権試合 (王者)ジャンボ鶴田 vs (挑戦者)天龍源一郎 *ノーカット

▼DISC4
平成2年4月19日 横浜文化体育館 三冠ヘビー級選手権試合 (王者)ジャンボ鶴田 vs (挑戦者)天龍源一郎 *ノーカット
平成2年9月1日 日本武道館 三冠ヘビー級次期挑戦者決定戦 ジャンボ鶴田 vs 三沢光晴 *ノーカット
平成3年1月19日 松本市総合体育館 三冠ヘビー級選手権試合 (王者)スタン・ハンセン vs (挑戦者)ジャンボ鶴田 *ノーカット
平成3年4月6日 大阪府立体育会館 91チャンピオン・カーニバル Bブロック公式戦 ジャンボ鶴田 vs 川田利明 *ノーカット
平成3年4月16日 愛知県体育館 91チャンピオン・カーニバル 優勝決定戦 (Bブロック代表)ジャンボ鶴田 vs (Aブロック代表)スタン・ハンセン *ノーカット

▼DISC5
平成3年4月18日 日本武道館 三冠ヘビー級選手権試合 (王者)ジャンボ鶴田 vs (挑戦者)三沢光晴 *ノーカット
平成3年10月24日 横浜文化体育館 三冠ヘビー級選手権試合 (王者)ジャンボ鶴田 vs (挑戦者)川田利明 *ノーカット
平成4年2月27日 松本市総合体育館 3軍スペシャル再戦 ジャンボ鶴田 vs 小橋健太 *ノーカット
平成4年3月4日 日本武道館 世界タッグ選手権試合 (王者組)テリー・ゴディ、スティーブ・ウイリアムス vs ジャンボ鶴田、田上 明 *ノーカット
平成11年2月20日 引退会見
平成11年3月6日 日本武道館 引退セレモニー

##

 ノーカット収録、たった一度だけの長州力とのシングル対決。1985年11月4日、ジャパンプロレス主催の大阪城ホール大会、メインイベントで対戦。60分フルタイム時間切れ引き分け。
・ テレ朝「侃侃諤諤」でジャンボ鶴田vs長州力最強激論~GK金沢氏まさかの鶴田支持も、番組結論は長州力! カクトウログ
・ ジャンボ鶴田vs長州力28年目の検証~鶴田が初めて自分の強さを主張、時代の寵児だった長州にジェラシーか カクトウログ

 数々の三冠戦のほか、ウォリアーズvs.鶴田&谷津もラインナップ。鶴田の闘いにかつて酔いしれたファンも、昭和50年代以前のものとなるとリアルタイムでは見れていない試合が多いでしょう。11月の発売を楽しみに待つべし!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ジャンボ鶴田 Jumbo Tsuruta - ホーム Facebook
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.05.14

ラリアットをかわしきれず頭と手がぶつかる~崔領二が頭部挫創、諏訪魔が右手にヒビで両者5月シリーズ残り欠場

pick up ▼ニュース 【新日本】7月のロサンゼルス大会を前に“IWGP USヘビー級王座”を新設ROH大会にて、来日目前のマーティー・スカルが“BULLET CLUB入り”を電撃表明 ▼情報&コラム 【IGF】5月18日(木)25:00よりBS11にて「イノキゲノム劇場」を放送奥田啓介“亀田と戦った旧友”の奮闘に「負けられない」一番キツかった復帰は? マスコミへの、唯一の注文とは!? 7度目決定!大仁田厚、その引退の歴史特集「ストロングBJと新日本のストロングスタイルは別物」大日本プロレス・岡林裕二の野望5月27日(土)20:00~23:00位 町田ヒットパレード ザ・グレート・サスケが来店

 12日の守口大会で負傷した諏訪魔、崔領二が13日の大会を欠場したが、その後に5月シリーズ残り大会についても欠場が発表された。
・ 5-13【全日本】諏訪魔が「右手第2、3、4中手骨不全骨折」、崔が「頭部挫創」で5月シリーズ残り全戦…プロレス格闘技DX
##
 全日本は13日、諏訪魔、崔領二の5月シリーズ欠場を発表した。
 両者は5・12守口大会でタッグ対決し、諏訪魔のラリアットを崔がかいくぐろうとした際に諏訪魔の右手が崔の頭部を直撃。両者とも負傷し、この日の東近江大会を欠場した。
 その後、諏訪魔は「右手第2、3、4中手骨不全骨折」(全治3週間)、崔は「頭部挫創」(半月安静)とそれぞれ診断された。諏訪魔は5月シリーズ残り全戦欠場が決定。Evolution興行5・28茅ヶ崎大会については協議の上、出場可否が決められる。崔は出場予定だった5・15桑名、5・16長野、5・17新発田の3大会を欠場する。全日本からの発表、諏訪魔、崔の欠場に伴う5月シリーズ変更カード(5・21後楽園大会は後日発表)は以下の通り。

☆諏訪魔選手「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」欠場のお知らせ
諏訪魔選手が5月12日守口大会にて試合中に負傷し、「右手第2、3、4中手骨不全骨折」(いわゆるヒビである)全治3週間との診断結果を受け13日桑名大会から21日後楽園大会までの「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」を欠場致します。
また5月28日『全日本プロレス チャリティー茅ヶ崎大会 Evolution3~出撃~』茅ヶ崎大会については協議の上お知らせいたします。

☆崔領二選手 欠場のお知らせ
崔領二選手が5月12日守口大会にて試合中に負傷し、「頭部挫創」半月安静との診断結果を受け、出場を予定しておりました5月15日桑名大会、5月16日長野大会、5月17日新発田大会を欠場致します。

##

 試合開始後1分半でのアクシデント。
##
5.12守口大会[観衆]1438人(超満員)
<第4試合>
○諏訪魔 青木篤志
(1分38秒 TKO(レフェリーストップ))
岩本煌史 ●崔領ニ

##

 ラリアットをかわしきれず頭と手がぶつかる。流血がみられた崔領二は頭部挫創(傷口が出来た怪我)、諏訪魔が右手にヒビで両者5月シリーズ残り欠場。

 このラリアットが当たるか当たらないかのシーンを含め、プロレスラーが技をかわすシーンは確かにヒヤヒヤするシーンのひとつ。プロレスラー同士のぶつかりあいなだけに、技が完全には決まらない接触においてもアクシデントが起きてしまった。しっかりと回復に務めてほしい。他の選手のみなさんも、攻防の際には気をつけていただきたいです。

 大会前にラジオで怪気炎を上げていた諏訪魔。

 秋山準が選手欠場をお詫び。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 全日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.05.13

5月13日はジャンボ鶴田没後17年/6月4日は天龍革命30周年~秋葉原で天龍源一郎「レボフェス」決定

pick up ▼ニュース 【新日本】6月11日(日)大阪城ホール大会の「2階特別席」「2階指定席」を増席【全日本】試合中の負傷により諏訪魔、崔領二が5.13東近江大会を欠場 ▼情報&コラム 【新日本】高橋ヒロムが明かしたヘビーな野望【大日本】ストロング王者の鈴木秀樹がベルト封印画策5月19日(金)19:00TBS『爆報 the フライデー』北斗晶と小倉由美が対面週刊ファイト'17年05月18日号猪木内縁の妻宝城カイリBJW横浜文体UFC211舞浜巌流島SEI☆ZA ▼格闘技 【UFC】挑戦者へのリベンジ誓う王者ミオシッチ トップファイター勢ぞろいの注目大会に

 2000年5月13日に亡くなってから17年。13日はジャンボ鶴田の功績を称える1日にしましょう。


 1987年6月4日に産声を上げてから30年。鶴田のライバル天龍源一郎のムーブメント『Revolution』の30周年イベントが決定。

170604_revofes2

 6月4日(日)11:30~18:00(最終入場17:30)UDX秋葉原4Fイベントギャラリーにて「レボフェス」とのタイトル。
・ 【前売券】Revolution30th記念イベント『レボフェス』 - 天龍プロジェクト
##
Revolution30周年記念イベント『レボフェス』
1987年6月4日に産声を上げた『Revolution』
この天龍のムーブメントはまさにプロレス界に革命を起こした。
あれから30年…。

2015年に天龍源一郎はプロレスラーとして一線を退きましたが、ファンの皆様と一緒に楽しめるイベントを!!と思い、この度『レボフェス』を開催する運びとなりました!
人生でたった1度!
Revolutionイベントは今回で最初で最後!!
皆様のご来場お待ちしております。

開催日時◾2017年6月4日(日)
OPEN11:30~/CLOSE18:00(最終入場17:30) 
開催会場◾UDX秋葉原 4Fイベントギャラリー
(東京都千代田区外神田4−14−1)
料金◾1300円
《当イベントは前売りチケットでの販売及び、当日券の販売のみとなっておりますが、入場者数の制限を行わさせていただく場合がございますので、ご了承ください》
※本件一枚につき一名様限り有効とします
※検印なきもの及び切り離し無効とさせていただきます
※転売目的でのご購入は固くお断りいたします
※当日のイベント内容は都合により予告なく変更となる場合がございます
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)ビデオによる録画、録音は固く禁じます

【イベント内容概要】
イベント当日は各ブースに分けて盛りだくさんの内容でお待ちしております☆
《ステージブース》
・天龍番記者が語る『革命前夜』と『龍原砲誕生秘話』
・天龍ファンが熱く語る座談会『俺のREVOLUTION』
・サンダーストーム 入場曲の変遷
・コスチューム(レボリューションジャケット)の歴史
・天龍クイズ王決定戦
・天龍源一郎が語る1987.6.4
※豪華ゲストも登壇予定!!

《展示ブース》
・記念トロフィー各種
・コスチューム各種
・秘蔵写真 ※チャリティー対象
《映像アーカイブ》
・歴代映像をご覧いただけるブースをご用意しております!
《グッズ》
・Revolution30周年記念イベント限定商品
・先行発売商品
・新作など多数
・天プロ恒例、天くじ復活!
※天龍源一郎、リングシューズが当たる!!

《その他》
・記念撮影ブースや天龍源一郎と2ショット撮影が可能な特典など1日盛り上がれるイベント満載でお待ちしております!

##


 ほか天龍源一郎関連。

 このあと。

▼テレビ 12日(金) くりぃむナンチャラ 天龍源一郎が出演
■5/12(金)26:20~26:50
■くりぃむナンチャラ
テレビ朝日(地上波)ジャンル:バラエティ - トークバラエティ
プロレスマニア王決定戦!有田、上田、大吉、長州小力がプロレスのクイズで真剣勝負!司会は天龍源一郎なのだが…事前に収録した音声のみで進行する画期的スタイルに挑戦?
くりぃむしちゅー、博多大吉、長州小力が競う「プロレスマニア王決定戦」
この企画では、プロレスに詳しい4人の芸人がさまざまな角度から出題されるクイズに臨み、マニアックなプロレス知識を競い合う。元プロレスラーの天龍源一郎が「天の声」として音声で登場するほか、以前行われた難問「天龍クイズ」も復活する。果たして芸人界ナンバーワンの「プロレスマニア王」は誰なのか。白熱する対戦をお楽しみに。


 5/14(日)はこちらのイベントも。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 映画 LIVE FOR TODAY -天龍源一郎- 2017年2月4日(土)より全国順次ロードショー!
>> 【公式】天龍プロジェクト〈龍魂伝承〉(@tenryuproject)さん Twitter
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.05.01

博多大会「チャンピオン・カーニバル」決勝戦の最中に観客が椅子を投げる暴挙、全日本プロレスがトラブル発生をお詫び

pick up ▼ニュース 民進党・野田佳彦幹事長「一生の思い出」藤波辰爾と初対談【スターダム】ストームがシンデレラT初優勝!イオの赤いベルト挑戦表明初の台湾大会決定!大手家電TECO主催「絶対に人気になる」 ▼情報&コラム 棚橋弘至「生まれてからずっとモテ期かな」夢みるアドレセンス・志田友美と対談―前編後編「子供達の“将来の夢”にプロレスラーが入ってきたら嬉しい」長州力はメチャクチャ「いい人」だった! 『真説・長州力 1951-2015』出版記念イベント秘話柴田勝頼、坂口征夫、橋本大地、LEONA・・・2世レスラーの実力と活躍【国際プロレス伝】語り草となった「田園コロシアム・こんばんは事件」5月3日(水・祝)[12時前後 キコーナ四街道店][16時前後 キコーナ柏店]武藤敬司トークショー5月6日(土)東京ビッグサイト『大ヴァンガ祭&大バディ祭2017』オカダ・カズチカが参加5月15日(月)19:00(神保町)書泉グランデ『プロレス入門Ⅱ』斎藤文彦&渕正信トークイベント5月28日(日)10:00テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス」棚橋弘至、木谷高明オーナーが出演6月22日(木)19:30新宿ロフトプラスワン「RGのWWEあるあるはやくいいたい」WWE日本公演直前イベント阿部四郎追悼から格闘技最新情報まで! 週刊ファイト'17年05月04日号

 4月30日、全日本プロレス博多大会でチャンピオン・カーニバル2017優勝決定戦が行われ、石川修司が初優勝を成し遂げた。

 この伝統あるシリーズの優勝決定戦の最中に観客同士のトラブルが発生したという。

・ チャンピオン・カーニバルは石川修司が初出場で初優勝…観客トラブルも (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
##
 全日本プロレスのチャンピオン・カーニバル2017優勝決定戦が30日、福岡・博多スターレーンで開催され、Bブロック1位の石川修司(41)がAブロック1位のジョー・ドーリング(35)=米国=を15分13秒、ファイアーサンダーからの体固めで初出場で初優勝を飾った。観衆875人(超満員)。

 優勝決定戦では試合の最中に観客同士のトラブルがあり、1日付で秋山準社長名で謝罪コメントが発表された。「ご観戦中の皆様には、多大なご迷惑をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。全日本プロレスでは、二度と同様な事が起きないよう再発防止に努めると共に観戦マナー向上に向けて運営を強化いたします」としている。

##

・ 全日本プロレス 4月30日博多大会についてのお詫び
##
4月30日博多大会において、メインイベント中に
お客様同士によるトラブルが発生しました。
沈静化にあたり、ご観戦中の皆様には、
多大なご迷惑をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。

全日本プロレスでは、
二度と同様な事が起きないよう再発防止に努めると共に
観戦マナー向上に向けて運営を強化いたします。

オールジャパン・プロレスリング株式会社
代表取締役社長 秋山潤

##

 Twitter上で「全日本 椅子」などと検索していただければと思うが、観客の男性が前列方向に椅子を投げつけたのだという。幸いにも怪我人は出なかったようだ。秋山社長ら何人かの選手が仲裁に入り沈静化。

 されど該当の観客が後で関係者側と会場内で談笑していたとの情報もある。もしも事実であるなら、毅然とした対応を団体がとれていない可能性もある。

 開幕戦が超満員となるなど全日本プロレスの盛り上がりが伝えられていた矢先なだけに残念な出来事であり、同じファンにそんな人がいることが恥ずかしくもある。団体にも改めてファンを安心させられるよう信頼回復に取り組んでほしい。


 チャンピオン・カーニバル関連。
・ 【全日本】ドーリング 優勝逃すも完全復活アピール (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

・ 【全日本】石川修司がC・カーニバル初V!大成長の裏に飯伏への対抗心 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 KAIもシリーズ完走。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 全日本プロレス公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.03.21

川田利明・小橋建太・菊地毅・木原文人リングアナが超世代トーーク! 6・3(土)浅草でチームフルスイング15周年イベント

 川田利明・小橋建太・菊地毅・木原文人リングアナが集結。チームフルスイング15周年イベントで、かつての全日本プロレスの熱が蘇る。

170603_teamfullswing

・ プロレスネットショップ TONPACHI
##
今年の6月1日、我が【チームフルスイング】が産声を上げて15年を迎えます。
プロレスグッズ制作、イベント主催等をさせて頂きながら、
多くのプロレスラー様、ファンの皆様にお世話になりっ放しで15年が経ちました・・・

関わってくださっているすべての皆様に感謝の気持ちを込めまして、
来る6月3日に【チームフルスイング】がBIGマッチをお届けさせて頂きます!

川田利明、小橋建太、菊地毅(敬称略)御三方をお迎えして、
あの熱過ぎた闘いをもう一度【超世代トーーク!】を開催させて頂きます!

私事ですが、当時新潟の高校生でして、受験勉強を(そこそこ)頑張り、
憧れの東京での大学生活をスタートしたのは、
リング上で熱く闘う超世代戦士たちから勝手に刺激を受けたせいです(笑)。
上京してからは、狂ったように後楽園ホールや日本武道館に通いまくりました。

厚く高い壁に真っすぐぶつかり、負けても負けても立ち上がって行き、
苦難の末栄光を掴む超世代戦士たちは、本当に光り輝いてました。。。

川田利明さん、小橋建太さん、菊地毅さん。
眩しかった御三方が本イベントへの出演を御快諾くださいました。        
そして司会は木原文人リングアナ。
熱かったあの頃が蘇ります!

我々ファンの熱さも、リング上の超世代戦士たちに負けてなかったはず。。。
皆様の御参加を心からお待ちしております。
御予約は4月3日(月)0時より、当サイトのみで受付となります。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

~チームフルスイング15周年記念イベント~
 あの熱過ぎた闘いをもう一度【超世代トーーク!】 

<出演> 川田利明・小橋建太・菊地毅・木原文人(敬称略)
<日時> 6月3日(土) 開場17:45 開始18:30
<場所> 東洋館(浅草フランス座)
     〒111-0032 東京都台東区浅草1-43-12
<席種&料金>
     SS席5000円 A席3500円(当日は500円UP)
<申し込み> 
     4月3日(月)0時より  http://teamfullswing.ocnk.net/
<主催・問い合わせ> 
     チームフルスイング teamfullswing@yahoo.co.jp

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

##

 グッズ制作やレジェンド戦士のイベントで知られるチームフルスイングさんが15周年。おめでとうございます!

 プレミアムな顔合わせが実現。4月3日(月)0時より受付。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスネットショップ TONPACHI(チームフルスイング)
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス2018 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー