フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

2018.01.24

長州力・前田日明・川田利明・秋山準・齋藤彰俊ほか登場! 宝島社のインタビュー本『告白 平成プロレス10大事件 最後の真実』1月27日発売

pick up ▼ニュース 2月2日(金)12:30新日本プロレスとブシモが重大発表を配信【タカタイチ興行】タイチ、内藤に逆転負けも感謝「濃い15年だった」飯塚高史vs葛西純 串刺し、のこぎり…壮絶流血戦3月14日赤井沙希プロデュース興行の大会名は「DDT collection」に決定MIZがRレインズ下しIC王座奪還!アンダーテイカー蘇生!DXリユニオン~RAW25周年超盛大WWE週イチSNSまとめ【1月12日~1月20日】 ▼情報&コラム 【全日本】秋山社長が藤田、カシンに乱入禁止令【ノア】長井が外敵軍結成しノア壊滅予告【CMLL】奇跡の復帰・OKUMURAが本間にエールWWEは限界壊し新たなスタンダード作る 連載下 ▼格闘技 【RIZIN】RENAを絞め落とした浅倉カンナのチョークスリーパー秘話RIZINは「PRIDEの亡霊」を殺したか? 榊原代表が旗揚げ2年を総括空手界のアイドル・植草歩 JALと所属契約「機内食の牛丼に感動」原因は株の収益2億円? 民事訴訟で暴露された「久保優太」のDV

 2017年5月発売『証言UWF 最後の真実』に続く宝島社のプロレスラーインタビュー本。『告白 平成プロレス10大事件 最後の真実』が1月27日に発売となる。

Kokuhaku

Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

##
■告白 平成プロレス10大事件 最後の真実
長州力(著) 前田日明(著) 川田利明(著) 秋山準(著) 齋藤彰俊(著) ほか(著)

内容紹介

はじめに/ターザン山本

●平成プロレス10大事件① 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊

長州力
「蝶野は橋本と武藤に出て行ってほしかったんだろうな」

●平成プロレス10大事件② 第二次UWF崩壊と3派分裂

宮戸優光
安生洋二
鈴木健
解散後1週間での3派分裂に、一切事前準備はなかった

前田日明
「まず、宮戸が言ったんだよね。『信用できません』と」

●平成プロレス10大事件③ 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落

宮戸優光
安生洋二
鈴木健
道場破りでヒクソンに勝っていたら安生は殺されていた

●平成プロレス10大事件④ アントニオ猪木の引退

永島勝司
「引退後の猪木はPRIDEから金をもらって、新日本を利用した」

●平成プロレス10大事件⑤ 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死

橋本かずみ
橋本の不倫相手から受けた葬儀での仕打ち

高島宗一郎(元『ワールドプロレスリング』実況アナウンサー)
死の直前に決まっていた“橋本vs小橋”という幻の復帰戦

ジェラルド・ゴルドー
猪木から事前に出ていた「小川を守れ」という司令

●平成プロレス10大事件⑥ ジャイアント馬場逝去と全日本分裂

川田利明
「親より長く一緒にいた馬場さんを裏切れない」

渕正信
「川田から電話で『このまま全日本がなくなるのは嫌です』」

●平成プロレス10大事件⑦『流血の魔術 最強の演技――すべてのプロレスはショーである』発売

ミスター高橋
山本小鉄が「プロレス界と縁を切る覚悟があるんならやれば」

水道橋博士
「新日本の凋落と“高橋本”の出版は関係ない」

●平成プロレス10大事件⑧ 棚橋弘至刺傷事件

上井文彦
「『クビにしなくていいんですか?』と言ったのは棚橋のタッグパートナー」

●平成プロレス10大事件⑨ 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」

田中ケロ
「『猪木事務所』は私腹を肥やす人間の集まり」

●平成プロレス10大事件⑩ 三沢光晴がリング上で非業の死

秋山準
死の恐怖があった“四天王プロレス”

齋藤彰俊
「三沢社長は万が一を考え対戦相手への手紙を残していた」

##

 時間を置いての証言となることで、客観的な考察が加わるのは利点かもしれない。一方で、美化されたり、解釈が付加されたりで、事実から乖離してしまうこともあるだろう。一つでも多くの“最後の真実”が引き出され、盛り込まれていることに期待したい。


場外乱闘(人気ブログランキング)はこちらから

Photo


>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 宝島社の公式サイト 宝島チャンネル

2017.11.27

『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』著者・柳澤健氏が27日(月)から3日連続でトークイベントに登場~幅広い立ち位置が話題!?

pick up ▼ニュース 【新日本】『WORLD TAG』中盤戦! K.E.Sが矢野&石井を下して無傷の3連勝! タマ・トンガが“奥の手”でウォーマシンに勝利 11.26名古屋児童養護施設出身のボリショイ率いるPURE-Jが慰問プロレスで熱戦 ▼情報&コラム 週刊ファイト'17年11月30日号 吉田万里子引退、新日LION’SGATE&タッグリーグ ▼格闘技 元「乃木坂46」市來玲奈さんがアウトサイダー12・10大田区大会にゲスト参加決定会見詳細内柴氏が柔術家デビュー即2階級制覇 5戦全て一本勝ち

 最新著『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』を上梓した柳澤健氏が3日連続でトークイベントに登壇する。

▼イベント 27日(月)~29日(水)柳澤健氏が参加のトークイベント
11月27日(月)19:00芳林堂書店高田馬場店『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』発売記念 柳澤健トーク&サイン会 松井一晃Number編集長も登壇
11月28日(火)19:00文禄堂高円寺店『激突!プロレス取調室vs1984年のUWF』玉袋筋太郎×堀江ガンツ×椎名基樹、ゲスト・柳澤健
11月29日(水)19:00(秋葉原)書泉ブックタワー『里村の報われない22年の日々』発売記念 里村明衣子×柳澤健トークショー

 Number連載などで振るった取材力・筆力を武器として、多様なプロレス・格闘技系ドキュメントを出版してきた柳澤氏。一方で、掲載内容について前田日明から強烈な反論を食らうなど話題に事欠かない。

 『1984年のUWF』ではプロレスの“内幕”を描いていながら、新日本プロレスから公式にプッシュを受ける『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』を出しているなど、氏の立場の幅広さは非常に興味深い。一貫していないようでいて、相手に合わせてファイトスタイルを変えるスタイルは一貫している!? これが彼なりのエンターテインメントなのだ。

 トークイベントでは、登壇者や観客が柳澤氏のスタンスにどこまで迫れるかが注目される。


171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.09.08

「20世紀も、もう終わっていい」高田-ヒクソン戦から20年 プロレス取調室第3弾『UWF&PRIDE格闘ロマン編』ほか回顧出版ラッシュ!?

pick up ▼ニュース 【新日本】来年1・4東京ドーム大会のチケット概要、FC先行詳細が決定EVILがオカダを場外葬! 内藤は石井と場外心中 後楽園猪木議員の「訪朝」を高評価 エールを送った意外な援軍アントニオ猪木の「訪朝」がバカにできない理由“大衆娯楽”のプロレス文化を根付せた 24年間の歴史に幕を引いた大分プロレス愛川ゆず季、同い年の一般男性ときょう結婚へ 2年間の交際実らせゴールイン入籍前日インタビューカイリがWWEで決勝進出 ベイズラーと激突へ ▼情報&コラム 中邑真輔 サマースラム直前海外メディア共同インタビュー無料公開コウメ太夫と破局の加藤悠「今ならなんでも出来る」9月8日(金)~9月17日(日)飯田橋プロレスラーだけの写真展「レスラーズ グラフィカ」1日2500杯を飲み干す!? EXILEから天龍源一郎まで、驚きの酒豪伝説 ▼格闘技 【RIZIN】世界で最もセクシーな女性格闘家、RENAをビキニ姿で挑発メイウェザー対マクレガー戦、チケット売り上げはラスベガス史上最高記録に届かず角田信朗が松本に直接謝罪!?「ワイドナショー」共演のウルトラCも

 かつて隆盛を誇った総合格闘技「PRIDE」は、1997年10月11日の東京ドーム大会、高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー戦から始まった。宣伝文句は「この闘いを見終わったら20世紀も、もう終わっていい」。

 あれから20年、回顧出版ラッシュの気配。現在キャッチできているものを列挙しておきたい。

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> PRIDE (格闘技イベント) - Wikipedia
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.08.06

ケンドー・カシン著『フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで』8月19日発売

 ケンドー・カシンの著書『フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで』が発売となる。

Kashin2

Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

 出版情報より。
##
内容紹介
プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道……最強・最驚の猛者がプロレスの歴史に残した稀代の足跡と思いとは何か。光星学院高校時代を知る後輩、レフェリーのボンバー斉藤氏との対談、ベルト返還訴訟原告の青木謙治氏との衝撃対談も収録。ケンドー・カシンを知る超一級資料。

著者について
1968年8月5日、青森県南津軽郡藤崎町出身。光星学院高校を経て早稲田大学。早大レスリング部時代に全日本学生選手権3連覇、全日本選手権優勝。92年新日本プロレス入団。96年ヤングライオン杯優勝。同年欧州遠征、ケンドー・カ・シン(のちにカシン)となる。99年第2代IWGPタッグ王座戴冠。同年ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア6で優勝、第34代IWGPジュニア王座。2000年PRIDE出場、本名の石澤常光としてハイアン・グレイシーと対戦。KO負けするが翌年KO勝利。02年新日本退団。全日本プロレス移籍。04年第50代世界タッグ王座を奪取するがベルトを封印したこと等で全日本解雇。全日本からベルト返還訴訟。05年永田裕志・中西学・藤田和之とチームジャパン結成。06年HEROs、K-1PREMIUM2006Dynamite!参戦。07年IGF参戦。08年早大大学院スポーツ科学研究科修士課程合格。09年DREM.12参戦。16年より慶應義塾大学SFC非常勤講師に就任。17年大仁田厚とはぐれ邪道軍結成。181センチ、87キロ。得意技は飛びつき式ほか各種腕ひしぎ十字固め。入場曲はSkyWalk。

##

 へそ曲がりになだけに、本当にすべてを語りつくしているかどうかが怖くて買えない!? 「ハイアン戦の裏側」というのは特別なことが語られているのだろうか。ベルト返還訴訟原告の青木謙治氏との衝撃対談も収録とのことだが、有益な議論はある!?

 ともかく一部のファンの熱狂的な注目のもとに発売となりそう。

 カシンの参戦情報
・ 8月11日~13日ガンバレ☆プロレス「ガンバレ☆クライマックス2017」トーナメント組み合わせ決定/力vsカシン、大家vs今成…1回戦から注目カード目白押し! DDTプロレスリング公式サイト


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 石澤常光 - Wikipedia
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.07.10

内藤がNumber版プロレス総選挙を制す! 7位・柴田に天龍がエール、葛西が逆転で10位入り/投票総数3万5000人

Contest popularity result of active wrestlers played in Japan, voted by 35,484 pro-wresting fans!

pick up ▼ニュース 7月27日(木)新木場1st RING 19:00『Mr.ポーゴお別れ会』64歳でも火炎噴射!稀代の極悪ヒールレスラー・ミスター・ポーゴの足跡を辿る大仁田が“ジャンボ鶴田杯”提案…ドラゲー鷹木と7・29山梨で電流爆破デスマッチ佐藤光留 革ジャン&果たし状で諏訪魔にグラップリングマッチ要求「挑みたいんじゃ!」 ▼情報&コラム 「生き方がつまんない人は試合もつまんない」DDTを率いる高木三四郎の“人生プロレス“年末の宇宙大戦争に向けて、新たな抗争が始まるのか?みちのくが仕掛けるカオスプロレス「ムーの太陽」ケニー・オメガ、初代IWGP USヘビー級王者戴冠 WWEにも存在するUS王座の歴史 ▼格闘技 【UFC】アリスターがファブリシオに辛勝

 あなたが2017年現在最高だと思うレスラーは? ひとり3選手まで投票可能、日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラーを対象として実施されるNumber版「プロレス総選挙」がWEB上で今春行われた。1位選手が表紙となり、10位以内選手が誌面登場ということで、いよいよ本日10日に「Number PLUS プロレス総選挙 2017」発売!

 Yahoo!ショッピングで前々日からネタバレしてたり、大きめの書店でも前日から買えたりしてたようですが(笑)、表紙はこちら。

170710_number0

170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

 投票者数は3万5000人。最終順位はこうなりました。
##
(最終中間発表ベスト10)
内藤・棚橋・中邑・オカダ・ケニー・イケメン・飯伏・柴田・HARASHIMA・丸藤

(最終結果ベスト10)
内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

##

 内藤が終始1位で終了! 締め切り間際でオカダが中邑を抜き、柴田が飯伏を抜き、葛西(中間11位)が丸藤を抜いてベスト10入り。

 今回はファンからのリクエストに応えて詳細順位(100位まで)が公開されている。そちらもお楽しみに!

 もくじをチェック。
##
総選挙ベスト10発表

No.1 内藤哲也 NAITO
「俺だけが見える景色」 聞き手●小誌編集長

No.2 棚橋弘至 TANAHASHI
「愛を叫び続ける男」 文●棚橋弘至

No.3 オカダ・カズチカ OKADA
「メインに立つのは、俺じゃないと」 文●三田佐代子

No.4 中邑真輔 NAKAMURA
「シンプルに美しく」 文●柳澤健

No.5 ケニー・オメガ KENNY
「頂点を掴むための“最後のピース”」 文●岡本佑介

No.6 黒潮“イケメン”二郎 KUROSHIO
「いつかは俺がナンバーワン」 文●芦部聡

No.7 柴田勝頼 SHIBATA
「天龍源一郎からの伝言」 文●堀江ガンツ

No.8 飯伏幸太 IBUSHI
「僕が考える、プロレスの未来」 文●井上崇宏

No.9 HARASHIMA
「インディーの申し子」 文●橋本宗洋

No.10 葛西純 KASAI
「“生きる力”を伝えるのがデスマッチだ」 文●須山浩継

[投票総数3万5000人]
プロレス総選挙TOP100大発表

[スペシャル対談]
内藤哲也×松井珠理奈「松井さん、手のひら返しですか?」

[総選挙総括]
プチ鹿島×豊本明長(東京03)「プロレス総選挙を読み解く」 司会●堀江ガンツ

[原色美女レスラー図鑑]
朱里/木村花/雪妃真矢

[レジェンド対談]
野田佳彦×武藤敬司「政治もプロレスも一極集中はダメなのだ!」

[名勝負製造機が明かす] 文●吉田豪
藤波辰爾「俺の名勝負」

[人気レスラーたちの原点] 文●門馬忠雄
アニマル浜口道場が彼らを強くした

[秘話発掘]
鈴木みのる「1991年以降のUWF」 文●堀江ガンツ

[青春の日々]
男色ディーノ×橋本吉史×ガッツ石島「人生で必要なことはすべて学生プロレスから学んだ」 文●吉田文久

[徹底解説]
最強のプロレス映画ベスト30 文●佐々木貴之

[マニアが選出]
レスラーテーマ曲ベスト10 2017年版 文●清野茂樹

編集後記

##

 棚橋は自身で執筆。長期欠場中で本人取材が難しい柴田は天龍からのエール記事。内藤は松井珠理奈さんとの対談が別記事となっている。どうぞ手に取ってお楽しみあれ。

170710_number3

 以上、カクトウログ管理人はラスベガスで夏休み中ですが、日本国内で早めに入手した観戦仲間からの情報を00時解禁としました!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.06.24

プチ鹿島氏のプロレス本第2弾6月26日発売『プロレスを見れば世の中がわかる』もくじ公開/Numberプロレス総選挙特集号は7月10日発売

 時事芸人としてメディア出演多数のプチ鹿島氏が『教養としてのプロレス』(双葉文庫)に続くプロレス本を出す。

Pmy_kashima▼new! プロレスを見れば世の中がわかる (宝島社新書) 6月26日発売!プチ鹿島 (著) 著者がモノの見方を育んだ「多団体時代」「馳浩」「グレート・ムタ」「天龍源一郎」「第二次UWFの三派分裂」「大仁田厚」に象徴される90年代のマット界を独自の視点から振り返ることで、世の中の仕組みが浮き彫りになる一冊

 宝島社のサイトでもくじが公開されています。そう、ボクらはこういう時代と向き合ってきました!

Pmy_kashima1

Pmy_kashima2


 Numberプロレス総選挙特集号発売も近づいてきた。はたして表紙を飾るのは?

▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!2万5千人を超えるファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。最終中間発表での1~10位は内藤・棚橋・中邑・オカダ・ケニー・イケメン・飯伏・柴田・HARASHIMA・丸藤


 ほか最新のプロレス本などは以下でリサーチを。

プロレスDVD本 関連サーチ

Jyushin_1▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(上) (新日本プロレスブックス) 7月7日発売!知られざる「山田恵一」のすべて。ヤングライオン時代から90年代ジュニア黄金期までの軌跡。(上巻) ジュニア戦線を牽引してきた「生ける伝説」、初の自伝! 「あすなろ戦士」が「世界の獣神」と呼ばれるまでの激動の記録

G_spirits44▼new! Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック) 6月28日発売!【特集】スーパー・タイガー 佐山聡「旧UWF」と「シューティング」を語る「プロレスは裏切らなかったけど、格闘技は僕を裏切った」 北原光騎 藤原喜明 北沢幹之 上井文彦 寺島幸男 [スペシャルインタビュー]“皇帝戦士"ベイダー [単行本刊行記念対談]キラー・カーン×グラン浜田

Ari_inoki▼new! アリ対猪木――アメリカから見た世界格闘史の特異点 6月23日発売!世界最高峰の舞台、UFCを産み落とした「禁断の果実」 歴史的一戦の裏側に迫る米国発のノンフィクション!! 読みごたえ充分の360ページです。序文はバス・ルッテン!柳澤健氏推薦!!「1976年のモハメド・アリ」とも言うべき作品だと思う

Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

Kamionge67▼new! KAMINOGE vol.67 6月20日発売!『2017年のチキンウイングフェイスロック』同時代を激しく生きてきた者たちの邂逅 前田日明vsターザン山本! 桜庭和志“俺たちのIQレスラー”桜庭和志がUFC殿堂入り!受賞者の声をお届け! 船木誠勝×安生洋二 初対談! “職人”同士だから語れる話の信憑性 これが『UWFの真実』の決定版なのか!? 玉袋筋太郎「“UWFの美獣”金原弘光変態座談会」


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プチ鹿島(@pkashima)さん Twitter
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.04.29

新日本勢はベスト10に5選手、プロレス総選挙3回目中間発表/現在6位・黒潮“イケメン”二郎のナンバー表紙風広告を週プロが却下していた

pick up ▼ニュース FMW・大仁田がボイコットをちらつかせ諏訪魔に6・8新宿参戦を要求大日本・グレート小鹿、実は「こしか」だった!75歳誕生日に最年長記録更新 ▼情報&コラム 本間が病床からメッセージ またこけしでみんなを幸せに両国と福岡を結ぶ“アンダーボス”物語。オカダのIWGP王座に挑むファレの野望棚橋弘至の「全力」お悩み道場~後輩に成果で負け、焦っている。どう気持ちを切り替える?5月2日(火)18:00大丸・福岡天神店にてオカダ、ファレ、石井、ケニーらが公開会見5月3日(水祝)13:00新宿LOFT-PLUS ONE 吉田豪の「復活!雑談天国」~ゲスト前田日明5月4日(木)21:00日本テレビ「カミングアウトバラエティ秘密のケンミンSHOW」長州力が出演5月27日(土)20:00(香川)高松ジャッジメント 里村明衣子&DASH・チサコが来店トークイベント ▼格闘技 【パンクラス】近藤有己vsミノワマン約20年ぶり再戦決定

 5月31日投票締切となるNumber誌主催「2017年プロレス総選挙」投票(日本マット参戦歴のある現役選手が対象)の3回目中間発表が28日に行われた。投票者数は2万人を突破したという。
・ 3次速報、プロレス総選挙が超接戦!デスマッチ、女子プロ、男色まで。 (Number Web) - Yahoo!ニュース
##
1位 内藤哲也 9219P
-----1位の選手が表紙を飾る------
2位 棚橋弘至 6835P
3位 中邑真輔 5875P
4位 オカダ・カズチカ 5591P
5位 ケニー・オメガ 3927P
6位 黒潮“イケメン”二郎 2794P
7位 柴田勝頼 2715P
8位 飯伏幸太 2668P
9位 丸藤正道 1934P
10位 HARASHIMA 1836P
-----ここまで記事掲載------
11位 葛西純 1830P
12位 男色ディーノ 1705P
13位 芦野祥太郎 1628P
14位 高橋ヒロム 1569P
15位 雪妃真矢 1478P
16位 鈴木秀樹 1435P
17位 世羅りさ 1405P
18位 関本大介 1385P
19位 CIMA 1356P
20位 鈴木みのる 1273P
21位 武藤敬司 1161P
22位 橋本千紘 1150P
23位 宮原健斗 1058P
24位 木村花 954P
25位 YAMATO 924P
26位 田口隆祐 838P
27位 AJスタイルズ 782P
28位 “キング・オブ・ダークネス”EVIL 721P
29位 諏訪魔 688P
30位 後藤洋央紀 605P

##

 記事が掲載されるラインである10位までを確認すると、半数である5選手が新日本プロレス勢。業界をリードする新日本勢中心のランキングにどれだけ他団体が食い込めるかは注目ポイントとなる。そんな中、WWEに転出した中邑真輔、フリーの飯伏幸太以外の非新日本選手では、W-1の黒潮“イケメン”二郎、ノアの丸藤正道、DDTのHARASHIMAがベスト10入り。

 Number編集長・松井一晃さんを招いてのニコ生番組(27日)では、団体ファンごとに「この選手に託す」といった1本化や組織票も歓迎するとの意向だった。それも含めて盛り上がってほしいとのこと。確かにW-1はイケメンに集中、ノアなら丸藤、DDTならHARASHIMAといった動きは自然と出ている雰囲気も。

 押されて、初日投票結果では7位だった髙橋ヒロム、9位だった“キング・オブ・ダークネス”EVILといった新日本の新世代がベストテンから脱落している。いやはや、投票は生き物なんだなぁ!

 なお、イケメンが得票好調のW-1はこのようなウラ表紙広告を週刊プロレスに出そうとしたが、週プロに却下されたという(ニコ生より)。

Ikemen


 大胆過ぎるよ、さすがに「Number」と表紙風にタイトル打った広告はアウト(笑)。

 7位に柴田勝頼。松井編集長は「みなさん(手術からの経過を)心配してるんで、メッセージいただくだけでも…新しい情報が出せたらいいなとは思っています」とコメントした。

 投票はこちらで。
・ <緊急アンケート> これがホントの2017年プロレス総選挙! 最高のレスラーはあなたが決める。 - Number Web - ナンバー

 1位選手が表紙を飾り、10位以内選手記事が掲載となるNumberプロレス特集号は7月発売。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.04.05

トランキーロじゃいられなかったNumberがプロレス総選挙初日集計分を発表! 大本命・内藤哲也が現在第1位

pick up ▼ニュース 【新日本】ロサンゼルス大会2連戦のチケットが発売から2時間でソールドアウトロサンゼルス大会にオカダ、内藤、棚橋、ケニーの出場が正式決定【IGF】ジョシュが鈴川を挑発!出場選手が集結し4・5NEW旗揚げ大会に意気込み4月5日(水)19:00後楽園NEWオープニングシリーズ旗揚げ戦当日券情報【WWE】アンダーテイカーが引退表明AJ スマックダウン解雇取り消し ▼情報&コラム 「俺と新日本の勝負はまだ続いてるんですよ」4.9両国決戦目前! 柴田勝頼に直撃インタビュー4月10日(月)19:30「ドン・キホーテ ガーデン前橋店」獣神サンダー・ライガー5.28高崎大会チケット&グッズ即売会【WRESTLE-1】新体制発進!カズ・ハヤシWRESTLE-1新社長就任記念インタビュー4月30日(日)15:00ゴールドジム南船橋店「武藤塾」武藤敬司、大和ヒロシらが講師

 3日、プロレス総選挙特集号となるNumberPLUS「プロレス2017(仮)」(7月10日発売予定)が告知され、投票もスタートした。投票締切は5月31日(水)。
・ Numberプロレス総選挙特集号へ向けた投票スタート! テレ朝版総選挙ランク外にすねた昨年MVP内藤哲也の出番!? プロレス-格闘技 カクトウログ

Pw_senkyo

 さっそくNumberが投票初日の集計分を発表。トランキーロじゃいられなかった!? いやいや、間髪入れずに畳みかけるこのやり方こそがプロレスで重要なのだ。素晴らしい!
・ Numberプロレス総選挙(@sgnprowrestling)さん Twitter
##
4月3日21時の時点で、なんと投票者数は1000人を突破いたしました!ご投票いただいた皆さま、誠にありがとうございます。

1位 内藤哲也(1009P)
2位 棚橋弘至(812P)
3位 オカダ・カズチカ(564P)
4位 ケニー・オメガ(453P)
5位 中邑真輔(410P)
6位 柴田勝頼(191P)
7位 髙橋ヒロム(168P)
8位 飯伏幸太(139P)
9位 “キング・オブ・ダークネス”EVIL(74P)
10位 田口隆祐(73P)
11位 鈴木みのる(69P)
12位 武藤敬司(61P)
13位 丸藤正道(57P)
14位 真壁刀義(52P)
15位 AJスタイルズ(51P)

##

 やはり、内藤哲也が来た。上位に目をやると、棚橋・オカダ・ケニーとともに新日四天王が4位までを占めている。続いたのが中邑真輔、柴田勝頼、髙橋ヒロムとなり、ここまでがいわゆる“神7”となる。

 近年の新日本の業界盟主ぶりは目覚ましいが、新日本以外の国内団体所属選手が10位以内にいないというのもリアルな現実を突きつけられた感がある。15位まで追っても、全日本の王者・宮原健斗、ノアの王者・中嶋勝彦は見当たらない。

 とはいえまだまだ投票は始まったばかり。さて、どこまで変動していくのか。

 2年前に実施された新日本プロレス総選挙との差異を見てみると、、、
・ 2015.07.16 締切寸前に棚橋弘至が中邑真輔を抜いてNumber表紙に~新日“神7”は棚橋・中邑・オカダ・飯伏・真壁・柴田・AJ プロレス-格闘技 カクトウログ
##
第1位:棚橋弘至
第2位:中邑真輔
第3位:オカダ・カズチカ
第4位:飯伏幸太
第5位:真壁刀義
第6位:柴田勝頼
第7位:AJスタイルズ
第8位:後藤洋央紀
第9位:石井智宏
第10位:矢野通
第11位:KUSHIDA
第12位:内藤哲也
第13位:本間朋晃
第14位:小島聡
第15位:獣神サンダー・ライガー
第16位:外道
第17位:田口隆祐
第18位:永田裕志
第19位:小松洋平
第20位:ケニー・オメガ

##

 神7からOUTしたのは飯伏幸太・真壁刀義・AJスタイルズ、INしたのは内藤・ケニー・ヒロム。この変化は実に興味深い。

 なお、内藤は4日の後楽園ホール大会でタイガーマスクWを標的に指名した。東スポもトランキーロじゃいられなかったということで。
・ “新メンバー”リコシェが怒涛のラッシュで快勝! もう止まらない!第二期“タグチジャパン”がNEVER6人タッグ王座を奪還!!【4.4後楽園結果】
##
内藤「昨日、トランキーロじゃいられなかった某スポーツ新聞社が、俺の記事を出しちまったけどさ、テーマがないから、自分でテーマを見つけたよ。タイガーマスクWと試合がしてみたいなぁ。2月5日、札幌大会での試合後、オカダがタイガーマスクWとの試合を希望したら、新日本プロレスは即座に動き、そして、1ヶ月後に対戦が実現したわけで。じゃあ、同じように俺がタイガーマスクWとの対戦を希望したら、新日本プロレスは動いてくれるんだろうね? そもそも、俺にテーマを与えなかったのは新日本プロレスだからね? テーマを与えないってことはつまり、自分でテーマを見つけろってことでしょ? お望み通り、テーマを見つけてきたよ。このことに関して、後から文句を言われる筋合いはないから。まぁ、新日本プロレスは、オカダがかわいくて仕方ないのは分かるけどさ、俺の望みも、たまには聞いてくれよ。新日本プロレスの発表を楽しみに待ってるよ。アスタ・マニャーナ、アディオス!」
##

 今から両国のカードが変わるなんてこともあるんだろうか。ジュース・ロビンソンによる内藤への対戦要求も続いている。どうだろう、内藤・ジュース・タイガーWによる3WAYでのインターコンチ王座戦というのもあり!?


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.04.04

Numberプロレス総選挙特集号へ向けた投票スタート! テレ朝版総選挙ランク外にすねた昨年MVP内藤哲也の出番!?

pick up ▼情報&コラム 内藤 IC挑戦者候補にタイガーマスクW指名プロレスどっぷり赤井沙希 コンビニ前で酔い潰れ危機一髪すべてが連なるプロレス・サーガ『1984年のUWF』――柳澤健×樋口毅宏4月4日(火)23:15テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』中西学が登場 ▼格闘技 格闘家転身が話題に 元プロ野球選手・古木克明さんは今

 3日、プロレス総選挙特集号となるNumberPLUS「プロレス2017(仮)」(7月10日発売予定)が告知され、投票もスタートした。投票締切は5月31日(水)。

Pw_senkyo

 リンク先に投票フォームあり。
・ <緊急アンケート> これがホントの2017年プロレス総選挙! 最高のレスラーはあなたが決める。 - Number Web - ナンバー
##
ファンに誓ってガチな選抜総選挙。
あなたの1票がNumberの表紙を決める!

2015年以来、恒例となったNumber夏のプロレス特集。今年は再び表紙争奪の総選挙を行います。

ひとり3選手まで投票可能です(1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイント)。日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラーの中から、あなたが2017年現在最高だと思うレスラーにご投票ください。
投票資格はこのページをご覧になったプロレスファンならどなたでも。完全にガチな特集です。また、各選手を選んだ理由も教えていただければと思います。

集計の結果、上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が7月10日発売予定のNumberPLUS「プロレス2017(仮)」の表紙になります。
つまり、ファンが選んだ2017年最高のレスラーが表紙を飾るというわけです。

締め切りは5月31日(水)。

プロレスを愛する皆様からの清く、正しく、熱い1票をお待ちしております!

##

 お名前(ニックネーム可)などとともにメールアドレスを入力させる形式で、複数回投票を牽制する仕組みとなっている。

 「これがホントの~」「ファンに誓ってガチな~」といった煽りは、3月12日深夜にテレビ朝日系列で放映された「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙」を意識してのものでしょう。
・ “ゴールデン放映”はかなわずも、テレ朝版「プロレス総選挙」は感動場面続出/1938人投票によるネット版ランキングと比較してみる プロレス-格闘技 カクトウログ

 テレ朝版総選挙の結果にすねた内藤哲也。今度こそ出番!?
・ 【新日本】内藤「プロレス総選挙」の結果に不満 本紙に八つ当たり (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
 12日深夜にテレビ朝日系で放送された「史上初! 現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」の結果にすねていることが判明した。
(中略)
 確かにケニー・オメガが15位に入るほど、最新のプロレス事情が反映されたランキングから漏れたショックは計り知れない。内藤は「(結果は)疑問でしかないですけどね。…あなただって笑ってる場合じゃないよ! 東京スポーツが選んだ去年のMVPが圏外なんだよ? プロレス大賞の権威にかかわるんじゃないの?」と本紙にまで八つ当たり。

##

 Numberは「現役レスラー」限定のため、テレ朝版とはまた違ったものになる。加えて「2017年現在最高だと思うレスラー」とあるため、テレ朝版総選挙で2位の初代タイガーマスクが上位に入るというようなことも難しそう。

 業界を牽引する新日本プロレスの上位独占が予想される。2年前の“新日本プロレス総選挙”結果(総投票人数11,356人 総投票数26,076票)を振り返ると。
・ 2015.07.16 締切寸前に棚橋弘至が中邑真輔を抜いてNumber表紙に~新日“神7”は棚橋・中邑・オカダ・飯伏・真壁・柴田・AJ プロレス-格闘技 カクトウログ
##
第1位:棚橋弘至
第2位:中邑真輔
第3位:オカダ・カズチカ
第4位:飯伏幸太
第5位:真壁刀義
第6位:柴田勝頼
第7位:AJスタイルズ
第8位:後藤洋央紀
第9位:石井智宏
第10位:矢野通
第11位:KUSHIDA
第12位:内藤哲也
第13位:本間朋晃
第14位:小島聡
第15位:獣神サンダー・ライガー
第16位:外道
第17位:田口隆祐
第18位:永田裕志
第19位:小松洋平
第20位:ケニー・オメガ

##

 3位だったオカダ・カズチカの1位奪取はあるのか。12位だった内藤、20位だったケニー・オメガはどこまで躍進しているのか。新日本所属外になったものの、新日本以外での首位は中邑真輔(海外で活躍)が濃厚。

 投票期間は約2か月。前回は3度にわたって途中経過も伝えられた。盛り上がっていきましょう!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.02.16

藤原喜明、桜庭和志が登場。田村潔司×坂田亘×髙阪剛リングス・ジャパン鼎談も実現/2月下旬発売KAMINOGE63号

pick up ▼ニュース リンダ・マクマホン氏の中小企業局長官人事を承認=米上院トランプ支持者の米レスラー、メキシコで「悪役」として大活躍 ▼書泉イベント 2月19日(日)~3月16日(木)神保町・書泉グランデB1F『旗揚げ45周年記念 新日本プロレスフェア in書泉』3月8日(水)19時~神保町・書泉グランデ『新日本プロレスフェア in書泉』小島聡&KUSHIDA撮影会3月16日(木)19時~秋葉原・書泉ブックタワー『新日本プロレスフェア in書泉』タイチ撮影会4月20日(木)19時~秋葉原・書泉ブックタワー『NJPWグレイテストミュージックV』発売記念 後藤洋央紀サイン会 ▼情報&コラム 【藤波辰爾45周年ヒストリー】(2)日本プロレス入門 そして家族との別れ【国際プロレス伝】浜口平吾から「アニマル浜口」へ。ついに野獣誕生 ▼格闘技 中井りん活動休止についてパンクラスCEOが声明

 2月下旬発売分の『KAMINOGE』Vol.63コンテンツが明らかに。

Kaminoge63

Kaminoge63▼new! KAMINOGE vol.63 2月21日発売!藤原喜明「おまえらもバカだし、俺たちもバカだよ。だけど死ぬときに 『けっこういい人生だったな』と思えたらそれはいい人生なんだよな!」 桜庭和志「結局、格闘技を本気で愛してるかどうかなんですよ。何かほかの目的のために格闘技をやってるわけじゃない」 田村潔司 × 坂田 亘 × 髙阪 剛リングス・ジャパン鼎談

・ THE BIG FIGHT - 表紙は、長生きこそが最強! 藤原喜明『KAMINOGE』Vol.63は2月下旬発売!!
##
歳をとればとるほどわかってきた。
藤原組長の生き方が一番ステキだよねっ!

『KAMINOGE』(かみのげ)vol.63
発売日:2017年2月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版

■藤原喜明
KAMINOGE LONG LIVE ROCK
関節技!イラスト! 盆栽! 陶芸!そして猪木!
好きなものは何でも徹底的にやって生きる! !

「おまえらもバカだし、
俺たちもバカだよ。だけど
自分の好きなことをやって死ぬときに
『けっこういい人生だったな』
と思えたらそれは
いい人生なんだよな!」

■桜庭和志
KAMINOGE LAUGHTER 7
死ぬまで“現役”にこだわるIQ職人は
練習と酒と睡眠だけの人生を送り続ける

「結局、格闘技を
本気で愛してるかどうかなんですよ。
格闘技をやること自体が目的で、
何かほかの目的のために
格闘技をやってるわけじゃない」

■田村潔司 × 坂田 亘 × 髙阪 剛
KAMINOGE RINGS JAPAN FOREVER
大晦日RIZINで実現した
スリーショットふたたび!
男たちはいま何を考え、
誰がために闘って生きているのか!?

狂気と頑固のリングス・ジャパン鼎談
『40を過ぎてからの格闘技
~ずっと頭の中で太鼓が鳴っている~』

■矢追純一
KAMINOGE DO NOT IMAGINE
自分の“正体”は何者なのか?
過去も未来もない男は“今”この一瞬を刻み続ける
「世の中の人を見てると
100年も200年も生きるつもりでいるとしか
思えないんだよね。
1秒後には死ぬかもしれないのに
非常に呑気に生きてる。
もっと人生を大事にしないとね」

■土屋敏男
KAMINOGE DOCUMENTARY&VARIETY
人間は怒られてもいいからはみ出したほうがおもしろい!
ダース・ベイダーのテーマに乗ってあの男の登場です!!
「『電波少年』をやってたときは
ずっと綱渡りをしてたと思うんですよ。
でも“絶対に落ちない”
っていう確信があったんですよね。
根拠はないけど“落ちない”と思うと
綱渡りって落ちないんですよ」

■玉袋筋太郎「“黒のカリスマ”蝶野正洋変態座談会 in TOKYO MX」
『バラいろダンディ』MC就任を
記念して忘れた頃に第二弾??
破壊王との海外珍道中、闘魂三銃士凱旋帰国、
nWoブームの裏側とは?

■エル・デスペラード
KAMINOGE GENESIS 2017
ならず者ルチャドールが激白!
“信仰”と“侵攻”
そして、鈴木軍とは何か?

「エル・デスペラードの
行動の指針は、
すべて鈴木軍のためにしかない。
それぐらいボスの存在は大きいし、
俺は鈴木みのるという選手を
崇拝してるから」

■真説・佐山サトル~タイガーマスクと呼ばれた男の真実~
第12回「ウェイン・ブリッジとの邂逅」
文:田崎健太

■マッスル坂井
2月2日、マッスル坂井とペールワンズ事務所で。

「俺らは周りの人からは嫌なことしか言わない
めんどくせえヤツって思われてんですよ。
気づいたらそんなに友達いないもん。
めんどくさいヤツとしか仲よくないし」

■大人気連載!
★ 五木田智央の画画画報
★『鈴木みのるのふたり言』
[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★田口隆祐『新日本プロレス・田口隆祐の日本全国 オヤァイ 奇行』
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』

##

 UWF系ファイターの登場多め。

 ここのところ出ている他のプロレス本でもU系が題材になったり、U系選手が多く登場している。当時夢中だったファンにとっては、この攻勢はたまらない。

↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> THE BIG FIGHT
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス2018 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー