2017.06.24

プチ鹿島氏のプロレス本第2弾6月26日発売『プロレスを見れば世の中がわかる』もくじ公開/Numberプロレス総選挙特集号は7月10日発売

 時事芸人としてメディア出演多数のプチ鹿島氏が『教養としてのプロレス』(双葉文庫)に続くプロレス本を出す。

Pmy_kashima▼new! プロレスを見れば世の中がわかる (宝島社新書) 6月26日発売!プチ鹿島 (著) 著者がモノの見方を育んだ「多団体時代」「馳浩」「グレート・ムタ」「天龍源一郎」「第二次UWFの三派分裂」「大仁田厚」に象徴される90年代のマット界を独自の視点から振り返ることで、世の中の仕組みが浮き彫りになる一冊

 宝島社のサイトでもくじが公開されています。そう、ボクらはこういう時代と向き合ってきました!

Pmy_kashima1

Pmy_kashima2


 Numberプロレス総選挙特集号発売も近づいてきた。はたして表紙を飾るのは?

▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!2万5千人を超えるファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。最終中間発表での1~10位は内藤・棚橋・中邑・オカダ・ケニー・イケメン・飯伏・柴田・HARASHIMA・丸藤


 ほか最新のプロレス本などは以下でリサーチを。

プロレスDVD本 関連サーチ

Jyushin_1▼new! 獣神サンダー・ライガー自伝(上) (新日本プロレスブックス) 7月7日発売!知られざる「山田恵一」のすべて。ヤングライオン時代から90年代ジュニア黄金期までの軌跡。(上巻) ジュニア戦線を牽引してきた「生ける伝説」、初の自伝! 「あすなろ戦士」が「世界の獣神」と呼ばれるまでの激動の記録

G_spirits44▼new! Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック) 6月28日発売!【特集】スーパー・タイガー 佐山聡「旧UWF」と「シューティング」を語る「プロレスは裏切らなかったけど、格闘技は僕を裏切った」 北原光騎 藤原喜明 北沢幹之 上井文彦 寺島幸男 [スペシャルインタビュー]“皇帝戦士"ベイダー [単行本刊行記念対談]キラー・カーン×グラン浜田

Ari_inoki▼new! アリ対猪木――アメリカから見た世界格闘史の特異点 6月23日発売!世界最高峰の舞台、UFCを産み落とした「禁断の果実」 歴史的一戦の裏側に迫る米国発のノンフィクション!! 読みごたえ充分の360ページです。序文はバス・ルッテン!柳澤健氏推薦!!「1976年のモハメド・アリ」とも言うべき作品だと思う

Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

Kamionge67▼new! KAMINOGE vol.67 6月20日発売!『2017年のチキンウイングフェイスロック』同時代を激しく生きてきた者たちの邂逅 前田日明vsターザン山本! 桜庭和志“俺たちのIQレスラー”桜庭和志がUFC殿堂入り!受賞者の声をお届け! 船木誠勝×安生洋二 初対談! “職人”同士だから語れる話の信憑性 これが『UWFの真実』の決定版なのか!? 玉袋筋太郎「“UWFの美獣”金原弘光変態座談会」


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プチ鹿島(@pkashima)さん Twitter
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.04.29

新日本勢はベスト10に5選手、プロレス総選挙3回目中間発表/現在6位・黒潮“イケメン”二郎のナンバー表紙風広告を週プロが却下していた

pick up ▼ニュース FMW・大仁田がボイコットをちらつかせ諏訪魔に6・8新宿参戦を要求大日本・グレート小鹿、実は「こしか」だった!75歳誕生日に最年長記録更新 ▼情報&コラム 本間が病床からメッセージ またこけしでみんなを幸せに両国と福岡を結ぶ“アンダーボス”物語。オカダのIWGP王座に挑むファレの野望棚橋弘至の「全力」お悩み道場~後輩に成果で負け、焦っている。どう気持ちを切り替える?5月2日(火)18:00大丸・福岡天神店にてオカダ、ファレ、石井、ケニーらが公開会見5月3日(水祝)13:00新宿LOFT-PLUS ONE 吉田豪の「復活!雑談天国」~ゲスト前田日明5月4日(木)21:00日本テレビ「カミングアウトバラエティ秘密のケンミンSHOW」長州力が出演5月27日(土)20:00(香川)高松ジャッジメント 里村明衣子&DASH・チサコが来店トークイベント ▼格闘技 【パンクラス】近藤有己vsミノワマン約20年ぶり再戦決定

 5月31日投票締切となるNumber誌主催「2017年プロレス総選挙」投票(日本マット参戦歴のある現役選手が対象)の3回目中間発表が28日に行われた。投票者数は2万人を突破したという。
・ 3次速報、プロレス総選挙が超接戦!デスマッチ、女子プロ、男色まで。 (Number Web) - Yahoo!ニュース
##
1位 内藤哲也 9219P
-----1位の選手が表紙を飾る------
2位 棚橋弘至 6835P
3位 中邑真輔 5875P
4位 オカダ・カズチカ 5591P
5位 ケニー・オメガ 3927P
6位 黒潮“イケメン”二郎 2794P
7位 柴田勝頼 2715P
8位 飯伏幸太 2668P
9位 丸藤正道 1934P
10位 HARASHIMA 1836P
-----ここまで記事掲載------
11位 葛西純 1830P
12位 男色ディーノ 1705P
13位 芦野祥太郎 1628P
14位 高橋ヒロム 1569P
15位 雪妃真矢 1478P
16位 鈴木秀樹 1435P
17位 世羅りさ 1405P
18位 関本大介 1385P
19位 CIMA 1356P
20位 鈴木みのる 1273P
21位 武藤敬司 1161P
22位 橋本千紘 1150P
23位 宮原健斗 1058P
24位 木村花 954P
25位 YAMATO 924P
26位 田口隆祐 838P
27位 AJスタイルズ 782P
28位 “キング・オブ・ダークネス”EVIL 721P
29位 諏訪魔 688P
30位 後藤洋央紀 605P

##

 記事が掲載されるラインである10位までを確認すると、半数である5選手が新日本プロレス勢。業界をリードする新日本勢中心のランキングにどれだけ他団体が食い込めるかは注目ポイントとなる。そんな中、WWEに転出した中邑真輔、フリーの飯伏幸太以外の非新日本選手では、W-1の黒潮“イケメン”二郎、ノアの丸藤正道、DDTのHARASHIMAがベスト10入り。

 Number編集長・松井一晃さんを招いてのニコ生番組(27日)では、団体ファンごとに「この選手に託す」といった1本化や組織票も歓迎するとの意向だった。それも含めて盛り上がってほしいとのこと。確かにW-1はイケメンに集中、ノアなら丸藤、DDTならHARASHIMAといった動きは自然と出ている雰囲気も。

 押されて、初日投票結果では7位だった髙橋ヒロム、9位だった“キング・オブ・ダークネス”EVILといった新日本の新世代がベストテンから脱落している。いやはや、投票は生き物なんだなぁ!

 なお、イケメンが得票好調のW-1はこのようなウラ表紙広告を週刊プロレスに出そうとしたが、週プロに却下されたという(ニコ生より)。

Ikemen


 大胆過ぎるよ、さすがに「Number」と表紙風にタイトル打った広告はアウト(笑)。

 7位に柴田勝頼。松井編集長は「みなさん(手術からの経過を)心配してるんで、メッセージいただくだけでも…新しい情報が出せたらいいなとは思っています」とコメントした。

 投票はこちらで。
・ <緊急アンケート> これがホントの2017年プロレス総選挙! 最高のレスラーはあなたが決める。 - Number Web - ナンバー

 1位選手が表紙を飾り、10位以内選手記事が掲載となるNumberプロレス特集号は7月発売。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.04.05

トランキーロじゃいられなかったNumberがプロレス総選挙初日集計分を発表! 大本命・内藤哲也が現在第1位

pick up ▼ニュース 【新日本】ロサンゼルス大会2連戦のチケットが発売から2時間でソールドアウトロサンゼルス大会にオカダ、内藤、棚橋、ケニーの出場が正式決定【IGF】ジョシュが鈴川を挑発!出場選手が集結し4・5NEW旗揚げ大会に意気込み4月5日(水)19:00後楽園NEWオープニングシリーズ旗揚げ戦当日券情報【WWE】アンダーテイカーが引退表明AJ スマックダウン解雇取り消し ▼情報&コラム 「俺と新日本の勝負はまだ続いてるんですよ」4.9両国決戦目前! 柴田勝頼に直撃インタビュー4月10日(月)19:30「ドン・キホーテ ガーデン前橋店」獣神サンダー・ライガー5.28高崎大会チケット&グッズ即売会【WRESTLE-1】新体制発進!カズ・ハヤシWRESTLE-1新社長就任記念インタビュー4月30日(日)15:00ゴールドジム南船橋店「武藤塾」武藤敬司、大和ヒロシらが講師

 3日、プロレス総選挙特集号となるNumberPLUS「プロレス2017(仮)」(7月10日発売予定)が告知され、投票もスタートした。投票締切は5月31日(水)。
・ Numberプロレス総選挙特集号へ向けた投票スタート! テレ朝版総選挙ランク外にすねた昨年MVP内藤哲也の出番!? プロレス-格闘技 カクトウログ

Pw_senkyo

 さっそくNumberが投票初日の集計分を発表。トランキーロじゃいられなかった!? いやいや、間髪入れずに畳みかけるこのやり方こそがプロレスで重要なのだ。素晴らしい!
・ Numberプロレス総選挙(@sgnprowrestling)さん Twitter
##
4月3日21時の時点で、なんと投票者数は1000人を突破いたしました!ご投票いただいた皆さま、誠にありがとうございます。

1位 内藤哲也(1009P)
2位 棚橋弘至(812P)
3位 オカダ・カズチカ(564P)
4位 ケニー・オメガ(453P)
5位 中邑真輔(410P)
6位 柴田勝頼(191P)
7位 髙橋ヒロム(168P)
8位 飯伏幸太(139P)
9位 “キング・オブ・ダークネス”EVIL(74P)
10位 田口隆祐(73P)
11位 鈴木みのる(69P)
12位 武藤敬司(61P)
13位 丸藤正道(57P)
14位 真壁刀義(52P)
15位 AJスタイルズ(51P)

##

 やはり、内藤哲也が来た。上位に目をやると、棚橋・オカダ・ケニーとともに新日四天王が4位までを占めている。続いたのが中邑真輔、柴田勝頼、髙橋ヒロムとなり、ここまでがいわゆる“神7”となる。

 近年の新日本の業界盟主ぶりは目覚ましいが、新日本以外の国内団体所属選手が10位以内にいないというのもリアルな現実を突きつけられた感がある。15位まで追っても、全日本の王者・宮原健斗、ノアの王者・中嶋勝彦は見当たらない。

 とはいえまだまだ投票は始まったばかり。さて、どこまで変動していくのか。

 2年前に実施された新日本プロレス総選挙との差異を見てみると、、、
・ 2015.07.16 締切寸前に棚橋弘至が中邑真輔を抜いてNumber表紙に~新日“神7”は棚橋・中邑・オカダ・飯伏・真壁・柴田・AJ プロレス-格闘技 カクトウログ
##
第1位:棚橋弘至
第2位:中邑真輔
第3位:オカダ・カズチカ
第4位:飯伏幸太
第5位:真壁刀義
第6位:柴田勝頼
第7位:AJスタイルズ
第8位:後藤洋央紀
第9位:石井智宏
第10位:矢野通
第11位:KUSHIDA
第12位:内藤哲也
第13位:本間朋晃
第14位:小島聡
第15位:獣神サンダー・ライガー
第16位:外道
第17位:田口隆祐
第18位:永田裕志
第19位:小松洋平
第20位:ケニー・オメガ

##

 神7からOUTしたのは飯伏幸太・真壁刀義・AJスタイルズ、INしたのは内藤・ケニー・ヒロム。この変化は実に興味深い。

 なお、内藤は4日の後楽園ホール大会でタイガーマスクWを標的に指名した。東スポもトランキーロじゃいられなかったということで。
・ “新メンバー”リコシェが怒涛のラッシュで快勝! もう止まらない!第二期“タグチジャパン”がNEVER6人タッグ王座を奪還!!【4.4後楽園結果】
##
内藤「昨日、トランキーロじゃいられなかった某スポーツ新聞社が、俺の記事を出しちまったけどさ、テーマがないから、自分でテーマを見つけたよ。タイガーマスクWと試合がしてみたいなぁ。2月5日、札幌大会での試合後、オカダがタイガーマスクWとの試合を希望したら、新日本プロレスは即座に動き、そして、1ヶ月後に対戦が実現したわけで。じゃあ、同じように俺がタイガーマスクWとの対戦を希望したら、新日本プロレスは動いてくれるんだろうね? そもそも、俺にテーマを与えなかったのは新日本プロレスだからね? テーマを与えないってことはつまり、自分でテーマを見つけろってことでしょ? お望み通り、テーマを見つけてきたよ。このことに関して、後から文句を言われる筋合いはないから。まぁ、新日本プロレスは、オカダがかわいくて仕方ないのは分かるけどさ、俺の望みも、たまには聞いてくれよ。新日本プロレスの発表を楽しみに待ってるよ。アスタ・マニャーナ、アディオス!」
##

 今から両国のカードが変わるなんてこともあるんだろうか。ジュース・ロビンソンによる内藤への対戦要求も続いている。どうだろう、内藤・ジュース・タイガーWによる3WAYでのインターコンチ王座戦というのもあり!?


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.04.04

Numberプロレス総選挙特集号へ向けた投票スタート! テレ朝版総選挙ランク外にすねた昨年MVP内藤哲也の出番!?

pick up ▼情報&コラム 内藤 IC挑戦者候補にタイガーマスクW指名プロレスどっぷり赤井沙希 コンビニ前で酔い潰れ危機一髪すべてが連なるプロレス・サーガ『1984年のUWF』――柳澤健×樋口毅宏4月4日(火)23:15テレビ朝日『中居正広のミになる図書館』中西学が登場 ▼格闘技 格闘家転身が話題に 元プロ野球選手・古木克明さんは今

 3日、プロレス総選挙特集号となるNumberPLUS「プロレス2017(仮)」(7月10日発売予定)が告知され、投票もスタートした。投票締切は5月31日(水)。

Pw_senkyo

 リンク先に投票フォームあり。
・ <緊急アンケート> これがホントの2017年プロレス総選挙! 最高のレスラーはあなたが決める。 - Number Web - ナンバー
##
ファンに誓ってガチな選抜総選挙。
あなたの1票がNumberの表紙を決める!

2015年以来、恒例となったNumber夏のプロレス特集。今年は再び表紙争奪の総選挙を行います。

ひとり3選手まで投票可能です(1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイント)。日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラーの中から、あなたが2017年現在最高だと思うレスラーにご投票ください。
投票資格はこのページをご覧になったプロレスファンならどなたでも。完全にガチな特集です。また、各選手を選んだ理由も教えていただければと思います。

集計の結果、上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が7月10日発売予定のNumberPLUS「プロレス2017(仮)」の表紙になります。
つまり、ファンが選んだ2017年最高のレスラーが表紙を飾るというわけです。

締め切りは5月31日(水)。

プロレスを愛する皆様からの清く、正しく、熱い1票をお待ちしております!

##

 お名前(ニックネーム可)などとともにメールアドレスを入力させる形式で、複数回投票を牽制する仕組みとなっている。

 「これがホントの~」「ファンに誓ってガチな~」といった煽りは、3月12日深夜にテレビ朝日系列で放映された「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙」を意識してのものでしょう。
・ “ゴールデン放映”はかなわずも、テレ朝版「プロレス総選挙」は感動場面続出/1938人投票によるネット版ランキングと比較してみる プロレス-格闘技 カクトウログ

 テレ朝版総選挙の結果にすねた内藤哲也。今度こそ出番!?
・ 【新日本】内藤「プロレス総選挙」の結果に不満 本紙に八つ当たり (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
 12日深夜にテレビ朝日系で放送された「史上初! 現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」の結果にすねていることが判明した。
(中略)
 確かにケニー・オメガが15位に入るほど、最新のプロレス事情が反映されたランキングから漏れたショックは計り知れない。内藤は「(結果は)疑問でしかないですけどね。…あなただって笑ってる場合じゃないよ! 東京スポーツが選んだ去年のMVPが圏外なんだよ? プロレス大賞の権威にかかわるんじゃないの?」と本紙にまで八つ当たり。

##

 Numberは「現役レスラー」限定のため、テレ朝版とはまた違ったものになる。加えて「2017年現在最高だと思うレスラー」とあるため、テレ朝版総選挙で2位の初代タイガーマスクが上位に入るというようなことも難しそう。

 業界を牽引する新日本プロレスの上位独占が予想される。2年前の“新日本プロレス総選挙”結果(総投票人数11,356人 総投票数26,076票)を振り返ると。
・ 2015.07.16 締切寸前に棚橋弘至が中邑真輔を抜いてNumber表紙に~新日“神7”は棚橋・中邑・オカダ・飯伏・真壁・柴田・AJ プロレス-格闘技 カクトウログ
##
第1位:棚橋弘至
第2位:中邑真輔
第3位:オカダ・カズチカ
第4位:飯伏幸太
第5位:真壁刀義
第6位:柴田勝頼
第7位:AJスタイルズ
第8位:後藤洋央紀
第9位:石井智宏
第10位:矢野通
第11位:KUSHIDA
第12位:内藤哲也
第13位:本間朋晃
第14位:小島聡
第15位:獣神サンダー・ライガー
第16位:外道
第17位:田口隆祐
第18位:永田裕志
第19位:小松洋平
第20位:ケニー・オメガ

##

 3位だったオカダ・カズチカの1位奪取はあるのか。12位だった内藤、20位だったケニー・オメガはどこまで躍進しているのか。新日本所属外になったものの、新日本以外での首位は中邑真輔(海外で活躍)が濃厚。

 投票期間は約2か月。前回は3度にわたって途中経過も伝えられた。盛り上がっていきましょう!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.02.16

藤原喜明、桜庭和志が登場。田村潔司×坂田亘×髙阪剛リングス・ジャパン鼎談も実現/2月下旬発売KAMINOGE63号

pick up ▼ニュース リンダ・マクマホン氏の中小企業局長官人事を承認=米上院トランプ支持者の米レスラー、メキシコで「悪役」として大活躍 ▼書泉イベント 2月19日(日)~3月16日(木)神保町・書泉グランデB1F『旗揚げ45周年記念 新日本プロレスフェア in書泉』3月8日(水)19時~神保町・書泉グランデ『新日本プロレスフェア in書泉』小島聡&KUSHIDA撮影会3月16日(木)19時~秋葉原・書泉ブックタワー『新日本プロレスフェア in書泉』タイチ撮影会4月20日(木)19時~秋葉原・書泉ブックタワー『NJPWグレイテストミュージックV』発売記念 後藤洋央紀サイン会 ▼情報&コラム 【藤波辰爾45周年ヒストリー】(2)日本プロレス入門 そして家族との別れ【国際プロレス伝】浜口平吾から「アニマル浜口」へ。ついに野獣誕生 ▼格闘技 中井りん活動休止についてパンクラスCEOが声明

 2月下旬発売分の『KAMINOGE』Vol.63コンテンツが明らかに。

Kaminoge63

Kaminoge63▼new! KAMINOGE vol.63 2月21日発売!藤原喜明「おまえらもバカだし、俺たちもバカだよ。だけど死ぬときに 『けっこういい人生だったな』と思えたらそれはいい人生なんだよな!」 桜庭和志「結局、格闘技を本気で愛してるかどうかなんですよ。何かほかの目的のために格闘技をやってるわけじゃない」 田村潔司 × 坂田 亘 × 髙阪 剛リングス・ジャパン鼎談

・ THE BIG FIGHT - 表紙は、長生きこそが最強! 藤原喜明『KAMINOGE』Vol.63は2月下旬発売!!
##
歳をとればとるほどわかってきた。
藤原組長の生き方が一番ステキだよねっ!

『KAMINOGE』(かみのげ)vol.63
発売日:2017年2月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版

■藤原喜明
KAMINOGE LONG LIVE ROCK
関節技!イラスト! 盆栽! 陶芸!そして猪木!
好きなものは何でも徹底的にやって生きる! !

「おまえらもバカだし、
俺たちもバカだよ。だけど
自分の好きなことをやって死ぬときに
『けっこういい人生だったな』
と思えたらそれは
いい人生なんだよな!」

■桜庭和志
KAMINOGE LAUGHTER 7
死ぬまで“現役”にこだわるIQ職人は
練習と酒と睡眠だけの人生を送り続ける

「結局、格闘技を
本気で愛してるかどうかなんですよ。
格闘技をやること自体が目的で、
何かほかの目的のために
格闘技をやってるわけじゃない」

■田村潔司 × 坂田 亘 × 髙阪 剛
KAMINOGE RINGS JAPAN FOREVER
大晦日RIZINで実現した
スリーショットふたたび!
男たちはいま何を考え、
誰がために闘って生きているのか!?

狂気と頑固のリングス・ジャパン鼎談
『40を過ぎてからの格闘技
~ずっと頭の中で太鼓が鳴っている~』

■矢追純一
KAMINOGE DO NOT IMAGINE
自分の“正体”は何者なのか?
過去も未来もない男は“今”この一瞬を刻み続ける
「世の中の人を見てると
100年も200年も生きるつもりでいるとしか
思えないんだよね。
1秒後には死ぬかもしれないのに
非常に呑気に生きてる。
もっと人生を大事にしないとね」

■土屋敏男
KAMINOGE DOCUMENTARY&VARIETY
人間は怒られてもいいからはみ出したほうがおもしろい!
ダース・ベイダーのテーマに乗ってあの男の登場です!!
「『電波少年』をやってたときは
ずっと綱渡りをしてたと思うんですよ。
でも“絶対に落ちない”
っていう確信があったんですよね。
根拠はないけど“落ちない”と思うと
綱渡りって落ちないんですよ」

■玉袋筋太郎「“黒のカリスマ”蝶野正洋変態座談会 in TOKYO MX」
『バラいろダンディ』MC就任を
記念して忘れた頃に第二弾??
破壊王との海外珍道中、闘魂三銃士凱旋帰国、
nWoブームの裏側とは?

■エル・デスペラード
KAMINOGE GENESIS 2017
ならず者ルチャドールが激白!
“信仰”と“侵攻”
そして、鈴木軍とは何か?

「エル・デスペラードの
行動の指針は、
すべて鈴木軍のためにしかない。
それぐらいボスの存在は大きいし、
俺は鈴木みのるという選手を
崇拝してるから」

■真説・佐山サトル~タイガーマスクと呼ばれた男の真実~
第12回「ウェイン・ブリッジとの邂逅」
文:田崎健太

■マッスル坂井
2月2日、マッスル坂井とペールワンズ事務所で。

「俺らは周りの人からは嫌なことしか言わない
めんどくせえヤツって思われてんですよ。
気づいたらそんなに友達いないもん。
めんどくさいヤツとしか仲よくないし」

■大人気連載!
★ 五木田智央の画画画報
★『鈴木みのるのふたり言』
[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★田口隆祐『新日本プロレス・田口隆祐の日本全国 オヤァイ 奇行』
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』

##

 UWF系ファイターの登場多め。

 ここのところ出ている他のプロレス本でもU系が題材になったり、U系選手が多く登場している。当時夢中だったファンにとっては、この攻勢はたまらない。

↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> THE BIG FIGHT
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.01.27

27日発売の別冊宝島『プロレス仮面の告白』コンテンツが明らかに~ノア身売り深層、新日本一部選手独立説

 27日、別冊宝島の『プロレス 仮面の告白』が発売に。

Takarajima_kamen▼new! プロレス 仮面の告白 (別冊宝島) 1月27日発売!長い暗黒時代を経てついに「身売り」を選択したノア。だが債権者たちは誰もその存続を歓迎していない。新体制下で再起を誓う方舟の「不審な親会社」のすべてを暴く。小誌だけが知る森嶋なき後のノア迷走劇と「店じまい」計画の一部始終。マット界のタブーに触れる恒例の人気シリーズ

 リンク先にコンテンツあり。ノア身売り深層が中心となる中で、ここが少し気になった。
・ 別冊宝島2543 プロレス 仮面の告白│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル
##
「新日本第3世代が独立する」--怪情報の気になる“発信源”
「新団体設立説」も流れた
新日本「飼い殺しレスラー」たちの悲哀とその本音

##

 確かに「有力スポンサーによる新団体に第三世代など候補選手が移籍する」という主旨の情報がこちら(↓)にあった。年始が過ぎたが、実際には起きなかったなぁとは思っていた。

Gyakusetsu07▼new! 逆説のプロレス(7) (双葉社スーパームック) 12月19日発売!ブシロード新日本のプロレス界「完全制覇」戦略 ノア買収の裏にある新日本内部クーデター説 前田日明インタビュー新日本の他団体抹殺史とK-1・PRIDEに食われ続けた新日本沈没史 天龍源一郎&永島勝司対談 初めて明かす新日本プロレス参戦 「死闘」の裏側

 なぜ“怪情報”止まりで実現しなかったのだろう。どこまで別冊宝島がアプローチできているかに注目。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.01.18

KAMINOGE62号で前田日明vs乙武洋匡対談! 飯伏幸太、所英男インタビューが実現/1月下旬発売

 1月下旬発売、『KAMINOGE』Vol.62のコンテンツが明らかに。

Kaminoge_62▼new! KAMINOGE vol.62 1月20日発売!前田日明 × 乙武洋匡「特性は“障害”じゃなくて“違い”。それでいいのだ。前田日明がいま一番会いたかった人がついに登場!!」 飯伏幸太「新年恒例の!? 2017年・大予言大会! そしてフリーとなった充実の2016年を振り返る!!」

・ THE BIG FIGHT - 表紙は、スペシャル対談!前田日明 × 乙武洋匡‼︎ ボクたちの持つ特性。 それは”障害”ではなく”違い”です。『KAMINOGE』Vol.62は1月下旬発売!!
##
ボクたちの持つ特性。
それは”障害”ではなく”違い”です。

『KAMINOGE』(かみのげ)vol.62
発売日:2017年1月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版

■前田日明 × 乙武洋匡
KAMINOGE NEW YEAR DASH 2017
特性は“障害”じゃなくて“違い”。それでいいのだ。
前田日明がいま一番会いたかった人がついに登場!!

「ずっと聖人君子のようなイメージを
植えつけられてきた

窮屈さがあったんですけど、
これからはありのままの自分でいけるんだと
思うと気が楽になりました」(乙武)
「批判してるヤツらは いったい何を批判してるんだ。
今後は女性のヤる気を高めさせる
方法の伝授とかを期待してますよ」(前田)

◼︎飯伏幸太
KAMINOGE UNBELIEVABLE GREAT PREDICTION
新年恒例の!? 2017年・大予言大会!

そしてフリーとなった充実の2016年を振り返る! !

「どうにかして生き延びようとする
生命力、サバイバル能力は
異常にある気がするんですよ。
だから2017年の飯伏幸太は
死なないと思います」

◼︎村西とおる
KAMINOGE THE NAKED SUPERVISION
お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。
いつ何時も、誰をも応酬話法で陥落させる帝王が降臨!!

「エロティシズムっていうのは何かというと
“興奮”で、興奮というのは“落差”。

そのモノ自体ではなく
頭の中で想像する“落差”なんですよ。
それはプロレスでも
絶対に言えることだと思うのよね」

◼︎安齋肇
KAMINOGE ROCK AND PORNO
初監督作品『変態だ』公開中!!

変態は最強であり最高だ!

「やっぱり“おもしろい”って
いうことがあって、人って初めて心が
通じ合った気になれるんだよね。
だって “カッコいいもの”ってウソじゃん。
“おもしろい”っていうもののほうが
最終的に強いんですよ」

■所英男
KAMINOGE POWER OF DREAM
いまは亡き友たちの想いを背負って
逆境からの鮮やかな一本勝ち!
アーセン撃破で悲願の山本KID戦実現なるか!?

「KIDさんとやれるチャンスがあって
手を挙げない格闘家は
いないと思いますし、やれる時間って、
ホントにもう限られていると思うんですよ。
タイミングが来たらすぐにでも
お願いしたいです」

■那須川天心
KAMINOGE TWO-WAY PLAYER
驚異のMMA2連戦で年末の格闘技界の話題を独占!
“二刀流”に挑戦する格闘技界の至宝は野心溢れる18歳 ! !
「いままた新しい時代が 来てると思うので、
もっともっと自分が盛り上げて
昔のK-1、PRIDE以上の熱を
生み出していけたら
いいと思いますね」

■真説・佐山サトル~タイガーマスクと呼ばれた男の真実~
第11回「イギリスデビュー! サミー・リー誕生」
文:田崎健太

■玉袋筋太郎「“鬼神”ターザン後藤変態座談会 in スーパーFMW カラオケスナック 茜」
大相撲、全日本プロレス、アメリカ遠征、FMW──
東京スカイツリーの麓で語られた
流浪のプロレス鬼神伝説!!

■マッスル坂井
1月7日、マッスル坂井とペールワンズ事務所で。

「俺は小学生のとき、
小便器と小便器の間の壁に
おしっこしてたんですよ」

■大人気連載!
★ 五木田智央の画画画報
★『鈴木みのるのふたり言』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★田口隆祐『新日本プロレス・田口隆祐の日本全国 オヤァイ 奇行』
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』

[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』

##

 前田日明vs乙武洋匡対談! 飯伏幸太、所英男インタビューが実現。今号もなかなかツボを押さえた人選であります。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> THE BIG FIGHT
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2016.12.24

連載『鈴木みのるのふたり言』KAMINOGE61号掲載分テーマは「箱舟と黒船」(ネタバレはありません)

pick up ▼ニュース ディファ有明が再来年6月に閉鎖…コンサート会場など18年の歴史に幕内藤哲也がMVP&年間最高試合 日刊バトル大賞【FMW高松大会】大仁田 右腸骨骨折で全治2か月の重傷 ▼情報&コラム レスラーは、リングで生き様を魅せる@垣原賢人 ▼格闘技 女子格闘技は美しくて逞しいのだ!RIZIN皆勤賞のRENA、その使命感レミギウス・モリカビュチス死去。所英男「レミーガいたから人生変わった」柔道男子 総合格闘家・青木真也から「寝技」を伝授!ベーカー「勉強になった」グレコ59キロ級・文田(愛読誌は週刊プロレス)、リオ銀・太田下し初V

 2年に及ぶノア・鈴木軍抗争の“最終決戦”と謳われた12・2後楽園ホール、12・3ディファ有明大会は鈴木軍が全敗した。レスラーに二言なし、その後のノア大会の対戦カードには鈴木みのるも鈴木軍も名を連ねず。

161204_piledriver3
パイルドライバー 渋谷区神宮前6-27-8京セラ原宿ビルB1にて)

 “古巣”である新日本プロレスのビッグマッチ1・4東京ドーム参戦もあるかと思いきや、今のところ対戦カードに名前はない。
・ 鈴木軍がノア撤退、イッテンヨン出場を問われた鈴木みのる「その日はパイルドライバーの初売りとラジオの新年一発目だから」と煙に巻く プロレス-格闘技 カクトウログ
・ 鈴木みのる「あれから2週間。ヨシッ…動き出そう…」ノア撤退後のアクションは今週末? 年明け? プロレス-格闘技 カクトウログ

 というわけで、『KAMINOGE』VOL.61での連載「鈴木みのるのふたり言」の内容に注目してました。

Kaminoge61▼new! KAMINOGE vol.61 12月20日発売!連載「鈴木みのるのふたり言」今後の鈴木軍について言及 中邑真輔「NXTに入ってからは怒涛の1年。もうちょっと夢が見たい」 ヒデオ・イタミ「もともと確約されてる場所なんてない。とにかくこのままじゃ終われない」

 当たり前に機密事項でもあり、次のアクションのタイミングや参戦先は明かされず。「箱舟と黒船」がテーマとなった。箱舟はノアであり、黒船はNXT。日本のプロレスの捉え方や鈴木軍への思い・こだわりまで話題は及んで、とにかく濃い。いつも通りの文字主体の4ページ分コラム仕立てに過ぎないが、しっかりと巻頭に配置された。

 いちばんボクがグッと来たのは、ノア参戦最後の試合、杉浦貴戦後のバックステージ、鈴木軍控室で起きたエピソード(引用はしません)。ここにまた、プロレスのリアルがあるんだなと思えるんである。

 焦らず待つしかないみのるの次のステップ。いくつかつぶやきも。

               * * *

 いろいろ出てるなぁ。年末年始休暇でチェックせねば。

161207_naito▼new! 内藤哲也 (スポーツアルバム No. 58) 12月7日発売! LOS INGOBERNABLES de JAPON 内藤哲也デビュー10周年記念アルバム発売!! 内藤哲也のすべてがわかる!! デビュー 10周年記念ロングインタビュー プロレスラー内藤哲也の10年間 内藤哲也タイトル歴 制御不能に内藤哲也を語れ!(1)オカダ・カズチカ(2)棚橋弘至(3)高橋裕二郎(4)BUSHI(5)SANADA(6)本間朋晃(7)飯伏幸太

161218_meikan▼new! 新春号 2017 プロレスラー 全身写真名鑑 2017年 1/4 号 [雑誌]: 週刊プロレス 別冊 12月18日発売!史上最多824人の全身ポーズ写真を一挙掲載!!WWEスーパースターも収録 週刊プロレス本誌「2017プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた824人の選手を掲載しています。情報は2016年12月6日現在

Gyakusetsu07▼new! 逆説のプロレス(7) (双葉社スーパームック) 12月19日発売!ブシロード新日本のプロレス界「完全制覇」戦略 ノア買収の裏にある新日本内部クーデター説 前田日明インタビュー新日本の他団体抹殺史とK-1・PRIDEに食われ続けた新日本沈没史 天龍源一郎&永島勝司対談 初めて明かす新日本プロレス参戦 「死闘」の裏側

Gspirits42▼new! Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック) 12月21日発売!ジャンボ鶴田~昭和編~“未来のエース"は1981年に全日本プロレスを辞めるつもりだった――。[最強レスラーを内側から読み解く]佐藤昭雄/天龍源一郎/原章(元『全日本プロレス中継』プロデューサー)/キム・ドク

Chyoshu_dvd▼new! 長州力DVD-BOX 革命の系譜 新日本プロレス&全日本プロレス 激闘名勝負集 12月7日発売!60分フルタイム鶴田戦、ブルーザー・ブロディとのタッグ対決はじめノーカット初DVD化試合多数! 前田による長州顔面蹴撃事件も鮮明映像初出し! 長州力の波乱に満ちた反逆のプロレス人生をDVD8枚、20時間以上に及ぶ試合映像で振り返る


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 鈴木みのる (@suzuki_D_minoru) | Twitter
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2016.09.29

ゴング17号(表紙は飯伏幸太)&Gスピリッツ41号(表紙は初代ブラック・タイガー)のコンテンツが明らかに

pick up ▼ニュース 9月30日&10月1日に開催されるROH興行に、内藤哲也、EVIL、KUSHIDA、矢野通が参戦新日本プロレスの新しい選手バスがお披露目!! 棚橋弘至、真壁刀義が明治神宮にて交通安全祈願【全日本】秋山社長激白 11・27両国「曙参戦もある」アパッチプロレス 12・25新木場大会で解散 ▼情報&コラム プロレスマスクの専門店 デポマートが15周年【新日本】ケニーが洋央紀に絶縁状10月9日(日)17時~闘魂SHOP水道橋店にて、ウィル・オスプレイが撮影会【全日本】諏訪魔「ふざけんじゃねえ!」 引退表明の藤田を糾弾【シードリング】観衆が不入り708人 世志琥が号泣 ▼格闘技 山本美憂、RENA、グレイシー……。RIZINの“幻想”路線は大成功だった

 息づくゴングの魂。9月発売分のゴング&Gスピリッツ情報。

Gong_17_2▼new! ゴング 17号 (タウンムック) 9月30日発売!飯伏幸太 世界に在りて、いま君は何を想う--そろそろプロレス研究の成果を見せる時! クルーザー級トーナメント準決勝で敗退。されどWWEとの契約問題、いまだ決着せず!? 10・10IWGP戦!丸藤正道ロングインタビュー NXT日本初上陸。キング・中邑真輔が12・3大阪凱旋! 男色ディーノ&スーパー・ササダンゴマシン 田村潔司 大仁田厚 獣神サンダー・ライガー

・ THE BIG FIGHT - 表紙はその動向が注目される飯伏幸太! そしてIWGP挑戦へ、丸藤正道! 『ゴング』17号は9月30日(金)発売!!
##
世界に在りて、いま君は何を想う──
そろそろプロレス研究の成果を見せる時!!
飯伏幸太

ゴングvol.17
発売日:2016年9月30日(金)
定価:900円(税抜き)
発行:アイビーレコード
発売:徳間書店

Cover Photo:Kuniyoshi Taiko(飯伏幸太),Reiko Toyama(丸藤正道)

Interview

丸藤正道[プロレスリング・ノア]
10・10新日本両国大会でオカダとIWGP戦 !
G1で巻き起こした旋風が再び新日本を直撃する!!
「東京ドームのメインいただきます!」

男色ディーノ × スーパー・ササダンゴ・マシン[DDT]
8・28『両国ピーターパン2016』から見えたDDTの現在と未来
押し寄せるアスリート性高き
“正統プロレス”の波にエンタメ担当の
両雄2人はいま何を想う?

飯伏幸太[飯伏プロレス研究所]with岡本佑介[東京スポーツ新聞社]
ゴールデン☆スター、CWC準決勝で散る。
されどWWEとの契約問題は終結せず?
結局のところどうなのよ!

Focus

9.17新日本プロレス『DESTRUCTION in TOKYO』 総括
Text by KATSUHIKO KANAZAWA

8.28DDTプロレスリング『両国ピーターパン2016~世界でいちばん熱い夏~』総括
Text by SAYOKO MITA

柳澤健ノンフィクション連載『棚橋弘至と中邑真輔の時代』 第9回
「棚橋vs中邑のG1決勝から一年が経った」

『HUMAN DOCUMENT STORY』Vol.18:中嶋勝彦[プロレスリング・ノア]
「日本で一番の蹴りを見に来てほしい」

ゆでたまご・嶋田隆司『肉處 しま田』 第9回ゲスト:神取忍[LLPW-X]
「二匹目のドジョウを狙え!」の巻

[特集]異種格闘技戦の時代
・田村潔司[U-FILE CAMP]
「恐怖心と闘うような経験はプロレスラーには必要。猪木派で育ったのであれば、闘いのスパイスは入れるべきなんじゃないかとは思う」
・獣神サンダー・ライガー[新日本プロレス]
「格闘技戦に興味はないですよ。俺、プロレス大好きだから。ただね、他の格闘技の選手とやるからには、絶対に倒さなきゃいけないっていう使命感はありました」
・アジャ・コング[OZアカデミー]
「いつ誰が殴り込んでくるかわからないから、『誰が来ても殺せるしたくはしとけ』って言われてたので、そういう心構えで練習してたんですよ」
・大仁田厚
「異種格闘技戦でイス攻撃? だって、俺はプロレスラーだし、プロレスしか知らねえもん。プロレスラーがプロレスやって、何が悪いんだよ」

『矢野通の“混沌”酔いどれ放談』 Vol.14ゲスト:平柳玄藩[プロレスリング・ノア]
さらば玄藩! プロレス界から去る悪童にYTRが贈る泥酔の祭り囃子!!

三者三様
あわやシングルのベルトを独占!?
WWEで巻き起こる新日本旋風!!

NXT日本上陸!

GONG Star Pro Wrestling Super Photo #28
PHOTO&TEXT:Noboru Okawa

Gravure

KOUTA IBUSHI in NARITA

8.28DDTプロレスリング『両国ピーターパン2016~世界でいちばん熱い夏~』

Column
金沢克彦『再演!GK劇場!!』
KUSHIDA『バック・トゥ・ザ・プロレス少年』
男色ディーノ『男筆宣言』
三田佐代子『インディーズブルース』
斎藤文彦『Turnbuckles』
高木圭介『プロレスのつぼ 2016』
プチ鹿島『マンスリープロレス時評』
元井美貴『モッキーのときどき突撃! 隣のマスクマン!』
KENSO『KENSO哲学 明るい未来のために……』
ターザン山本!『ゴング・コンプレックス!!!』

Comic
河口仁『プロレスの光』
須田信太郎の『プロレス劇場』

##


Gspirits41▼new! Gスピリッツ Vol.41 (タツミムック) 9月28日発売!旗揚げから50年…23歳の猪木が青春を懸けた東京プロレス特集&初代ブラック・タイガー独占キャッチの2本立て。猪木が23歳当時の野望、若社長としての苦悩、伝説のバレンタイン戦、馬場への思いなどを語る。豊登の東プロ旗揚げ計画をスクープして日プロから取材拒否された猪木番記者・石川雅清氏(元デイリースポーツ)すべて語る。

・ G Spirits / Gスピリッツ | Facebook
##
■Gスピリッツ Vol.41
発売日:2016年9月28日(水)

【巻頭スペシャルインタビュー】
初代ブラック・タイガー/“ローラーボール”マーク・ロコ
初代タイガーマスク

【旗揚げ50周年記念特集】
東京プロレス

[インタビュー]
アントニオ猪木
新間寿
北沢幹之
永源遙

マスコミから見た東京プロレスの実情
~なぜデイリースポーツは、この新団体を後援したのか?~
[証言]石川雅清(元運動部記者)

[短期集中連載]
WWE前史
~世界最大のプロレス団体が誕生するまで~
第3回 “ラテンの魔豹”vs“人間発電所”―ファンが求めていたのは、どちらだ!?

[実録・国際プロレス 第30回]
根本武彦(元営業部)

[アリーバ・メヒコ]
リスマルク
追悼―“アカプルコの青い翼”
「叶わぬ約束」と「生前に遺した最後の言葉」
【後編】史上初! 唯一無二! NWA&ナショナル3階級制覇への道

[原悦生の格闘写真美術館]
第41回「2代目」

##

 プロレスは、今も過去も楽しめる。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> THE BIG FIGHT
>> G Spirits / Gスピリッツ | Facebook
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2016.04.19

高木三四郎が来年のDDT20周年で現役を引退!? 中邑&飯伏が表紙のKAMINOGE53号は4月下旬発売

pick up ▼ニュース 新日本が4月29日(金)グランメッセ熊本大会の開催を中止中止に関して、オカダ・カズチカ、棚橋弘至からコメント九州の復興応援の思いを込め、大仁田とサスケが電流爆破で一騎打ち ▼情報&コラム 「ギャンブルおおらかに見て欲しい」 アントニオ猪木氏4月23日(土)14:00(宮城)アリオ仙台泉1F 武藤敬司&神奈月トークショー5月14日(土)20:00(西武新宿線「中井」)伊野尾書店「プロレスという生き方」発売記念 三田佐代子トークショー

 『KAMINOGE』53号は4月下旬発売。都内を中心に一部書店では早売りが出ています。

Kaminoge53

Kaminoge53_2▼new! KAMINOGE 53 4月20日発売!表紙は中邑真輔&飯伏幸太~Over The Fence! 世界が彼らを待っていた!! 飯伏プロレス研究所 IN ダラス 報告会 前田日明「性欲、ネゴシエーション能力、コミュニケーション能力、そのすべてが称賛に値しますよ。乙武くんは偉い!!」

・ THE BIG FIGHT - Over The Fence! 世界が彼らを待っていた!! 表紙はシンスケ・ナカムラと飯伏幸太! 『KAMINOGE』53号は4月下旬発売!
##
Over The Fence!
世界が彼らを待っていた!!

『KAMINOGE』(かみのげ)vol.53
発売日:2016年4月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版

■飯伏幸太
飯伏プロレス研究所 IN ダラス 報告会
WWE参戦の噂が飛び交うダラスの地で、
我々はピリピリモードの近寄りがたいゴールデン☆スターを目撃した̶̶──
「ボクはもう圧倒的な部分を見せないと満足できない体質になってるんですよ。
誰に対しても圧倒的に上じゃないと気が済まない。だから研究の日々ですよ。
特に今回のダラスでは研究ができすぎましたね」

■前田日明
KAMINOGE COWPERKING
格闘王の“会いたい病”がまたしても発症!
乙武洋匡の特殊能力と彼を育てた教育法に興味シンシン!!
「性欲、ネゴシエーション能力、コミュニケーション能力、
そのすべてが称賛に値しますよ。乙武くんは偉い!!」

■高木三四郎
KAMINOGE DRAMATIC PRESIDENT
来年のDDT20周年で現役を引退!?
『KAMINOGE』があれこれリサーチをかけてみた結果、
いま業界で一番強いのはこの人ということになりました!
「そりゃあ昔からプロレスを守ってる考えの人たちはボクらのことを怒りますよね。
でも結局DDTは成立しちゃったんで。これはもう思想の違いですね」

■強力ノンフィクション連載!! 真説・佐山サトル~タイガーマスクと呼ばれた男の真実~
第2回「けいしそうかんになりたいです」
文:田崎健太

■玉袋筋太郎“悪の正太郎くん”将軍KYワカマツ変態座談会
時空を超えて、マシン軍団vsTPG勃発か!?
衰え知らずの宇宙パワーが変態どもに炸裂!!

■栗栖正伸
KAMINOGE MIXED MARTIAL ARTS OPEN TOURNAMENT
メキシコではタイガー・ジェット・シンを超える大悪党!
猪木への忠誠心も篤い“イス大王”のプロレス半生記!!
「ケンカをするときは、モノを持ったほうが勝ちだもんね。
ルールでモノを持つのが有りなら、そりゃあ持ちますよ」

■髙阪剛
KAMINOGE ULTIMATE FIGHTING CHAMPIONSHIP
WOWOW『究極格闘技ーUFCー』放送終了──
長きに渡り、世界最高峰の舞台を追い続けてきた男はいま、何を想う?
「常に変化して、進化していくというものを、
ズッファUFCは何年も続けていて。
WOWOWの放送によって、その進化の過程や、
新陳代謝の速さというものを観続けることができた」

■ビーバップみのる
KAMINOGE THE DANCE OF REALITY
観客動員数1万人越え。AV業界に革命を起こした
『劇場版テレクラキャノンボール2013』
その中でも異質な存在感をみせた怪しい男が
いろんなことをしゃべってくれた。
「ただの淫語好きの、M性感好きッスよ。
俺はこれでお金もらっていければいいなと思ってるだけっスよ。
がんばらなくてもいいけど、がんばれよってことっスよ」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★田口隆祐『新日本プロレス・田口隆祐の日本全国 オヤァイ 奇行』
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』
★いつみおママの『徳川15代を学び直そう』
[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』

##

 思わず表紙買いしてしまうほどの中邑真輔&飯伏幸太ツーショットがまぶしい。中邑インタビューはないが、飯伏がNXTリングサイドに行けた舞台裏、ダラスでのプロレス研究成果を披露していて興味深い。

 前田日明は乙武洋匡さんに興味。他の人間に、そして自身にしっかり向き合う前田がそこに。

 DDT高木三四郎が自身の来年引退について言及。どういうくだりで出たかは誌面で確認を。インタビューでは、DDTを大きくしてきた自身の価値観を大いに語っている。

 18日の飯伏のツイートが大社長に絡んだものかどうかは不明。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> THE BIG FIGHT
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー