2017.11.07

これが『前田日明が語るUWF全史』上・下巻の正式表紙なのか!? 前田「オレはUWFに一生分の純心を捧げたんです」

 格闘技スタイルで社会現象を起こした「UWF」、その背景を描いた柳澤健著『1984年のUWF』(Number連載記事を編集して2017年1月発売)が話題となった。UWFの長である前田日明あるいは業界に対してのネガティブな記載、事実関係への疑問も読者からは相次ぐ。反響の大きさから、関連本としての『証言UWF 最後の真実』も他社から5月に発売。前田インタビューも収録となったが、残念ながら『1984年~』未読のまま取材に応えたものだった。

 5月に入ってから、前田はイベントで進呈された『1984年~』をついに読む。反証本発刊を決意。
・ 前田「これはドキュメンタリーじゃないよ!」~発売から3か月、ついに『1984年のUWF』を読んで大激怒【週刊 前田日明】 プロレス-格闘技 カクトウログ
・ 『1984年のUWF』読後の怒りが止まらない! 前田が出版決意「アンサーはきっちり本にして出す」【週刊 前田日明】 プロレス-格闘技 カクトウログ
・ 怒りの前田、チェック中のゲラは実に600ページ! 『1984年のUWF』反証本、今秋発売【週刊 前田日明】 プロレス-格闘技 カクトウログ
・ 前田の怒りは1冊に収まらず! 『1984年のUWF』反証本は11月22日に“上巻”発売予定【週刊 前田日明】 ※追記:下巻も同日発売予定 プロレス-格闘技 カクトウログ
・ 『前田日明が語るUWF全史』装丁案に前田がNG、塩澤幸登氏の編集に早くも事実誤認あり!?【週刊 前田日明】 プロレス-格闘技 カクトウログ

 当サイト(連載・週刊前田日明)では、前田が編集担当の塩澤幸登氏に最終稿を渡した(出版社サイトでの発売日は12月5日予定に更新された)ところ、10月末までの動きをお伝えしていた。
・ 「ゴッチ本」軌道修正、「1984U反証本」上梓~UWFを背負い続けた2017年の前田日明【週刊 前田日明】 プロレス-格闘技 カクトウログ

 新たに7日、塩澤氏のブログが更新され、“正式装丁”と思われる画像が明らかに。
・ 千歳ヶ丘ビートルズ・天地真理誕生会・前田本|☆沈黙図書館☆

O0787046214065068577

■前田日明が語るUWF全史 上
前田日明 Akira Maeda
1984年4月11日~1987年6月23日
前田日明は言う。
オレは「1984年のUWF」に正式に反論します。
UWFをおとしめて書いている著者のライターとしての見識と資質を問う。

オレは自分の息子や娘たちが大人になって、
人間というのはどんなものなのかということを考えることが
できる年齢になった時に、
父親はいつも周りにいる人たちを思いやって、一生懸命に尽くして生きた、
恥ずかしくない人間だったんだと思ってほしいんですよ。
あのころの自分の純粋な気持ちを、
あのころのことをよく知らないヤツらからあれこれ言われたくない。
いまのオレは、あのときのオレが人を騙したとか、
嘘を言ったとか、約束を破ったとかいうヤツを許せないんですよ。

O0787046414065068556

■前田日明が語るUWF全史 下
前田日明 Akira Maeda
1987年6月29日~1991年8月1日
前田日明は言う。
オレはUWFに一生分の純心を捧げたんです。
UWFは本当にお金とオンナとクルマにしか
興味のないプロレスラーたちの集団だったのか?

オレはUWFを格闘技の理想に燃えていた
素晴らしい集団だったと思うんですよ。
最後にいろんなヤツに騙されて裏切られて、
オレはそれをずっと恨みに思ってきた。
でも、このごろ、自分の怨みのような思いが
UWFをおとしめているのかもしれない、そう思いはじめた。
自分でもカッコ悪かったな、と思うんです。


 オビの言葉に前田の思いが溢れ出る!

 第2次UWF解散後にリングス立ち上げ。当時、ボクは大学祭での前田トークイベントで司会を担う。リングスのスタッフとの事前打ち合わせにない「UWFをもう一度という思いは?」という質問を本番でぶつけた。前田は「UWFというのは、死んだ子供でね…」とサラリ。

 ここにきて「オレはUWFを格闘技の理想に燃えていた素晴らしい集団だったと思う」「このごろ、自分の怨みのような思いがUWFをおとしめているのかもしれない、そう思いはじめた。自分でもカッコ悪かったな、と思うんです」という言葉となる。

 あれから長い時間が過ぎ去った。『1984年のUWF』に敢然と立ち向かった自分を振り返り、自身の本当の思いに気づいたのだろうか。


Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月5日発売予定!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月5日発売予定!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編


 ボツになった装丁のおさらい。塩澤氏が、今後の情報公開予定、装丁作業について触れていた。
・ 失望絶望よりもっと切実だった、それが非望|☆沈黙図書館☆
##
どういう内容の本かは月が改まる時期に情報公開の予定。
これがボツにした装幀。前田から「格調高くいきましょうよ」といわれNGにした。
O0787051614055495515
前田と初めて会ったのは1993年で、知り合ってから25年たってしまった。この本のなかで彼は、あれこれとしゃべっているのだが、ほんとうに大人になったなと思う。「オレはいままで、昔のUWF時代の仲間を悪くいいすぎたかもしれない」と言っている。詳細は後日。
前田は女の子が生まれたことで、人間が丸くなり、優しくなったのではないか。

##

 大きく改善したと言っていい。もちろん、肝心は中身だ。ベールが開かれるのは12月予定。


※24:45追記

 中井祐樹が当記事更新通知をリツイート。

171108_nakaitweet

 『1984年のUWF』冒頭で“中井くん”として描かれ、大学1年でUWF横浜アリーナ大会中継を観た後にプロレスと“訣別”したとされた。前田の本を手にするのだろうか。どんな思いなのだろう?


※11/8 7:35追記

 この記事をエントリーした時点では、画像のみの“下書き”状態だった塩澤氏のブログ。文章が追加された。ここからは、オビの文章に込められた前田の意図を、より詳細に確認することができる。
##
□内容の一部を紹介しよう。

オレは自分の息子や娘たちが大人になって、人間というのはどんなものなのかということを考えることができる年齢になった時に、父親は周りにいる人たちに一生懸命に尽くして生きた、恥ずかしくない人間だったんだと思ってほしいんですよ。これも親から教わったことなんだけど、オレは人に真心を尽くして生きてきたつもりなんです。ずっと、自分を犠牲にしてでも人を助けてあげなければいけないと考えて、生きてきたんです。だから、オレが人を騙したとか、噓を言ったとか、約束を破ったとかいうヤツをずっと許せなかった。

UWFのころのオレというのは、一生のうちで一番好きなように生きることのできるチャンスの時期だったと思うんです。若かったし、自分の生き方についていうと、どういう将来でも選べたし、お金ももっと自分の好きなようにしようと思えばできたと思うんです。業務提携で新日本にもどったときは、「株を持たせてあげるから、役員にならないか」っていわれた。でも、おれはそれも断って、UWFのために生きようと思ったんです。オレはUWFに集まった人たちを、みんな家族だと思っていたし、オレがUWFからいなくなったらみんなが困ると思ったし、家族のために自分が尽くすのは当たり前だと思っていたんですよ。神たちが「練習生に払う給料がない」とか「家賃がない」とか毎月のように言ってくるんですよ。おれは、それは大変だと思って、外に出て行っていろんな仕事(タレント活動など)をしてあのころの自分の稼ぎをあいつらに半分あげていた。おれがあれこれ言って、あいつらがやっていけなくなったら可哀想だと思って、できるかぎり尽くしていたんですよ。選手も同じで、みんな、小さくて、ホントだったらプロレスラーなんか無理な人たちを、一生懸命、選手に仕立てて、デビューさせて。

おれはUWFというものに対して一生分の純心を尽くしましたよ。あのころのそういう自分の純粋な気持ちを、そういうあのころのことをよく知らないヤツらからあれこれ言われたくないんですよ。

あのころ、いろんなヤツに騙されて、裏切られて、そのことをずっと恨みに思って、「アイツはひどい」というようなことを何十年も言い続けてきたんだけど、あるとき、神や宮戸がオレに手紙をよこして、あのときは本当にすみませんでしたって、謝ってきたんですよ。そのときは、まだそれでもあいつらを許せないと思ったんです。でも、よく考えてみると、そういう自分の怨みのような思いがUWFというものを貶めているのかも知れない。あのころのUWFというのは格闘技の理想に燃えていた素晴らしい集団だったと思うんですよ。

オレも年をとったということなのかもしれないけれど、二人の子供の父親になったということもあって、このごろ、オレは自分が長い間許せないと思ってきた人たちを許さなきゃいけない、と思いはじめているんです。高田のこともそうだけれど、若林太郎とか、宮戸とか、「裏切られた」「騙された」と、悪く言い続けすぎたと思っているんです。それはホントに自分でもカッコ悪かったな、と思うんですよ。ターザン山本もそうだけどあいつらも許さなきゃいけないと思いはじめているんです。いつまでも怨みを引きずって生きていたら、あのころの純粋に人間を信じて生きていた、正しかった自分に対して恥ずかしいような気がするんです。オレ自身もそういう、人間的な(きれいな)心を取り戻さなきゃいけないと思い始めているんです。

そうしないと、事情をよく知らない柳澤みたいな、あのころのことをねじ曲げて書こうとするヤツが現れる。ああいうヤツが出てきたのも、オレの不徳の致すところなんじゃないか、このごろ、そんなことも考えるようになったんですよ。

三島由紀夫が腹を切って死ぬ一週間前に、古林尚(ふるばやしたかし)っていう文芸評論家と対談しているんですけど、そのなかで、「敗北を敗北として認めなきゃならない」と発言しているところがあるんですよ。オレはそれを聞いて、あの人が腹を切って死のうとした理由がわかったような気がしたんです。そして、オレも自分の敗北を敗北として認めなきゃいけないんだ、そこから、居住まいを正してあらためてやり直せばいいんだと、思いはじめたんです。

おれはそういうふうに考えて、純粋な自分にもどって、もう一度、リングスをやってみようと思っているんですよ。

##

 “「アイツはひどい」というようなことを何十年も言い続けてきた”前田が、“いつまでも怨みを引きずって生きていたら、あの(UWFをやっていた)ころの純粋に人間を信じて生きていた、正しかった自分に対して恥ずかしいような気がする”との思いを吐露している。“そうしないと、事情をよく知らない柳澤みたいな、あのころのことをねじ曲げて書こうとするヤツが現れる。ああいうヤツが出てきたのも、オレの不徳の致すところなんじゃないか”とまでも。

 これは、反証本の域にとどまらない。太く短い人生を標榜する前田が、生き様の大きな総括をしようとしているようだ。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.09.26

前田日明が出演「月刊リングス9月号」27日(水)21:00放映~試合放映は1991年の“正道会館との邂逅”

 前田日明とKAMINOGE井上崇宏編集長の顔合わせでおなじみ、月刊リングス9月号の放映が告知された。

170724_akira2

・ 1991年の“正道会館との邂逅”をプレイバック! その後に続く格闘技ブームの原点はここにあった !! - 2017-09-27 2100開始 - ニコニコ生放送
##
今月のリングスチャンネルは、リングス発足年である1991年にプレイバック。12月7日に有明コロシアムで行われた大会から、角田信朗と佐竹雅昭が、リングスに初参戦した際の試合を放送します。
ご存知の通り、のちに、K-1、PRIDEと続く格闘技ブームのきっかけとなった、正道会館のリングス参戦。ジャンルを超え、国境を超え、世界一強い男をリング上で決めるというコンセプトはその後の格闘界を大きく変えていきます。
当時の前田日明代表は、どんな思惑、目論見の中で「世界中のリングをネットワークで結ぶ」という構想を推し進めていたのでしょうか? 当時の思いや舞台裏などを聞いてみたいと思います。
みなさんも「今だからこそ聞きたいこと」、どんどん投げてくださいね。
そのほか、先日、リングス再始動を宣言した前田代表ですが、その後の展開はどうなっているのか? 年末のアウトサイダーにはどんな仕掛けがあるのか?
ここでしか聞けない前田節が今回も全開です !?

出演・前田日明、司会・カミノゲ編集長・井上崇宏
9月27日(水) 21時放送開始、22時終了予定
※放送内容は変更される場合があります。

##

 以前に井上編集長から「前田さん、ナイショ話が苦手ですか?」とツッコミを受けていた前田。なんでもポロリしてしまうのだが、はたして今回の放送では? 主催者サイドが「リングス再始動を宣言した前田代表ですが、その後の展開はどうなっているのか? 年末のアウトサイダーにはどんな仕掛けがあるのか?」と煽っているが、具体的な話は出るかな。

               * * *

 こちらのトークイベントはチケット発売中。11月11日(土)18:30東洋館(浅草フランス座劇場)藤原喜明デビュー45周年記念感謝祭 ゲスト・前田日明。会場で一緒に楽しみましょう!
・ ★ゲスト前田日明氏★藤原喜明デビュー45周年記念感謝祭(11・11浅草) - プロレスネットショップ TONPACHI

 インタビュー収録。
Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.08.31

UWF、リングスでリングアナウンサーを務めた古田信幸さん死去/前田日明「声量があったよね。学年的に同級生でびっくりしてる」

 29日、第2次UWF、リングスなどでリングアナウンサーを務めた古田信幸さんが亡くなった。享年59。

Diefkybvaaauno2
写真はZST official(@zst_info)さん Twitterより

・ 声優の古田信幸さん死去 59歳 「HEROES」吹き替えや「リングス」リングアナ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
##
 海外ドラマ「HEROES」の吹き替えや格闘技「リングス」のリングアナウンサーなどで知られる声優の古田信幸(ふるた・のぶゆき)さんが29日午後8時10分、気管支動脈りゅう破裂のため川崎市宮前区の病院で死去した。59歳の若さだった。神奈川県出身。30日、所属事務所の公式サイトで発表された。

 葬儀・告別式は9月3日午前11時から東京都中野区上高田1の2の9、真宗大谷派高徳寺で。喪主は妻倫子(みちこ)さん。葬儀委員長は所属事務所ケンユウオフィスの堀内賢雄社長(60)。

 堀内社長のマネジャーのツイッターでも「ケンユウオフィス俳優 ならびに弊社付属養成所トークバック校長 古田信幸 儀(享年59歳) 平成29年8月29日午後8時10分 気管支動脈破裂により急逝致しました。生前のご交誼を深謝し謹んで御通知申し上げます。堀内賢雄」と報告。「長きにわたり弊社の養成所を仕切ってくれた、古田信幸が亡くなりました。無念です。悲しいです。寂しいです。貴方の育てた役者と共に、一生懸命見送ります。ありがとう。堀内賢雄」と悔やんだ。

 古田さんは「HEROS」でテレパシーや未来予知の能力を持つ警察官マット・パークマンの声を担当した。アニメ「銀河漂流バイファム」のシド・ミューラァ役や「幽★遊★白書」の左京役も印象的。リングアナは主に前田日明(59)が絡む興行で務めた。

##

 古田信幸 - Wikipediaより。
##
1988年、第2次UWFのリングアナウンサーに抜擢された縁で以降、「リングス」、「ZST」、「HERO'S」、「ビッグマウス・ラウド」の(主に前田日明の絡みの興行)リングアナウンサーを歴任していた。
##

 30日、ニコ生放送リングスチャンネル「月刊リングス8月号」の中で前田日明がコメントした(聞き手・井上崇宏KAMINOGE編集長)。
20170831_6
##
井上 第2次UWF旗揚げのときに(リングアナの)オーディションをしたんですよね。

前田 そう、道場でオーディション。

井上 それで前田さんと高田さんが(立ち会って)。

前田 そう、最初リングアナの用意している手本がなくて、俺がお手本をした。俺はまるっきり、倍賞さん(元新日リングアナ・倍賞鉄夫さん)のマネをした。それで「やってみ」ってやったら、(古田さんは)すごいよかったんでね。

井上 何人くらいで?

前田 そんな多くはなかったけど。声量があったよね、声量が。たまに海外ドラマ(日本語吹き替え)で「どっかで聞いたことあるな」と思ったら古田さんで。自分が昭和34年の1月生まれで彼は昭和33年(4月)生まれなんでね、学年的に同級生なんだよね、だから気管支動脈破裂? なんか、びっくりしてるよね。

##

 ボクも会場で握手してもらったことがあります。前田が“生んだ”リングアナ。群を抜く声量での選手紹介があり、前田の世界観は古田さんとともにあったとも言っていい。

 入場式に臨む「ただ今より!」、静寂を打ち破る「5分経過!」は名物。「赤コ~ナ~」「キログラムゥ」の言い回しも好きでした。

 心からご冥福をお祈りします。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.08.30

1986年の前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアント戦で知られる津市体育館が9月末で閉館/「閉館までず~っとプロレス展」開催

pick up ▼ニュース 【WWE】中邑真輔が大阪でWWE王座挑戦決定 AJはUS王座防衛戦カイリがデビュー戦V ダイビングエルボーで女子トーナメント1回戦突破AKB48、ガチのプロレスで涙 松井珠理奈が大技デスティーノでメインを締める ▼情報&コラム コウメ太夫とのデート報じられた加藤悠「恋愛においては性格が合わない友人の一人です」哀川翔、プロレスデビューへ 10・31長州小力のベルトにいきなり挑戦 ▼格闘技 スポーツ中継の“黒船”DAZN、快進撃は続くのか

 1986年4月29日に行われた前田日明vs.アンドレ・ザ・ジャイアント戦で知られる津市体育館が9月末で閉館となる。

11011210_581807992be46
写真は週刊プロレス別冊冬季号「復刻!特選プロレス事件録!」2016年11月2日発売より

・ 津市体育館 津市運動施設
・ 三重)前田―アンドレの津市体育館、閉鎖惜しみ企画展 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル
##
 津市の大型スポーツ施設「サオリーナ」が10月に開業するのに伴い、津市本町にある市体育館が9月末、半世紀の歴史に幕を下ろす。体育館では定期的にプロレスの興行が開かれ、歴史に残る激闘も生まれた。長年通ったプロレスファンの男性が閉館まで興行のポスターやチケットなど自身のコレクションを展示し、別れを惜しむ。
 ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、アントニオ猪木、タイガーマスク、ハルク・ホーガン……。1966年に開館した津市体育館は、スーパースターがしのぎを削る場所だった。同体育館のロビーには今、70年代や80年代のポスターが色あせず貼られている。
 「閉館までず~っとプロレス展」という企画を行っているのは、津市の介護福祉士、真柄力也さん(58)だ。昨年10月から体育館の許可を得て、自身が集めたプロレスのポスター、チケット、サイン色紙などを展示している。3カ月ごとに展示品を入れ替えてきたが、7月から大幅に増やし、約100点となった。

##

 長年通ったプロレスファンによる「閉館までず~っとプロレス展」。素晴らしい企画、三重県のオールドファンにとってはたまらないでしょう! ぜひ訪れてみては。

               * * *

 潰しに来た大巨人の方が“試合放棄”したことで、前田の強さが伝説化した試合。凡戦あるいは不穏試合と判断されたのだろう、一部地域のみの限られたテレビ放送となり、ファン間で“裏ビデオ”となって長い間出回っていた。振り返り。

1986年4月29日 新日本プロレス
「ビッグファイトシリーズ」津市体育館
△前田日明(26分35秒、ノーコンテスト)
アンドレ・ザ・ジャイアント△

Kenka_mr壮絶!喧嘩マッチ烈伝 DVD-BOX 2010/03/15発売! 危険度200%の喧嘩マッチ30試合を収めたBOX。TV放映が自粛され、今やネットでしか観ることができないセメントマッチ「前田×アンドレ戦」や、“バーリートゥードの雄”として恐れられたイワン・ゴメスの新日時代のセメントマッチなどを収録する

 試合経過を前田日明著書『パワー・オブ・ドリーム』から追う。
##
・ アンドレと闘えと言われたのは、2日前になってから。以前(アンドレと)闘ったときから自分がどれだけ成長したかを知るのに格好のチャンス。
・ 試合前に高橋レフェリー「気をつけろよ。アンドレが今日、お前をつぶすって言ってるぞ。レフェリーもやつのマネージャーがやる」。
・ タックルを仕掛けるとアンドレは上から体重を浴びせ、オレを潰そうとした。オレは不自然な形で尻餅をつき、首がガクンと詰まった。目潰しとチョークでオレを攻めてきた。必死でエスケープ。
・ キックを叩き込んでも顔色ひとつ変えないアンドレ。自分からロープに走り、両足タックル。バチーンと火花、アンドレがナックルパンチ。崩れたオレをつかまえて、フルネルソン。万力のようなパワー。ロープブレイクを認めないレフェリー、グルだ。絶体絶命。
・ リングサイドの藤原さん「構わねえ、殺せ!」。新日側の通路、猪木さん以下全選手が出てきてリングを眺めている。反対側、外人選手も勢ぞろい。普通、荒れてくると誰かが入ってきて試合をブチ壊す。ところが、見ているだけ。オレは罠にハメられた。
・ (アンドレ側)悪役マネージャー、若松さんだけは拡声器でがなりたてる、職務を全うしていた。
・ 片足タックルでアンドレを倒す。腕ひしぎ逆十字固め、腕が長すぎてホールドできない。手首をワキに挟んで腹を突き上げたらヒジが伸びた。しかし、ギブアップには至らない。
・ ゴッチさんに教わったヒールホールド。足首から下をテコに利用するので、アンドレのような足が大きい方が決まりやすい。アンドレのヒザの内側靭帯がベキベキ。アンドレ「NO!」。
・ 両者立ち上がる。オレは飛び込みざまに正面からアンドレのヒザに関節蹴り。倒れたアンドレに「お前がその気ならオレもやるぞ」と英語ですごむ。アンドレ、倒れたまま両手を大きく広げて「イッツ・ナット・マイ・ビジネス」。
・ 試合後、猪木さんや坂口さんに「これはどういうことですか」。しかし、みんな「自分は知らなかった」と言葉を濁すだけ。真相は闇から闇へと葬られ、テレビの録画からもカット。だが、この試合はオレに大きな自信をつけさせた。

##

 2005年、携帯サイト「プロレス・格闘技DX」前田日明コラム「大殿が斬る」において、ファンから「あの試合の後に猪木には褒められたか?」との質問に前田が答える。
##
あの試合の後、UWFの控え室からシャワーを浴びに行ったら猪木さんに、お前よくやったなと言われましたけどね。あの試合は坂口征二がアンドレを炊きつけたんじゃないでしょうか、いろんな関係者の話から確信できました。みんなの前で恥をかかせてやれと思ったんでしょうね。
##

 元『週刊ファイト』井上譲二氏は、著書『闘魂の呪縛 王道の絶望―昭和マット界黄金期に隠された「プロレス死滅」の病巣』(双葉社)などでアンドレvs.前田の真相に言及している。坂口征二ら新日本の関与は否定。
##
(1992年10月に井上氏によるアンドレの自宅訪問の際)
 幸いアンドレ宅には無二の親友でアンドレVS前田を裁いたフレンチ・バーナード氏が同居しており、彼から核心部分を聞き出すことができた。
 フレンチは私に「アンドレ自身の意志」と新日プロ関与を否定した後、「本気でマエダをつぶす気はなかった。自分の強さだけをアピールしようとするマエダをちょっとこらしめただけ」と言った。

##


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.07.30

カール・ゴッチが絆を紡ぐ~前田日明、藤原喜明、アントニオ猪木が笑顔で再会ほか納骨式写真集まとめ

pick up ▼ニュース 30日(日)はアウトサイダー14:30ネット無料生中継&RIZIN19:00フジテレビ当日放映【新日本】飯伏が2階から宙返りダイブ!内藤が石井に不覚で2敗目 7・29名古屋リック・フレアーがマーリンズ戦で始球式 雄叫び「ウー!」で盛り上げ ▼情報&コラム プロレスにとって“ベルト”とは何か?内藤哲也がベルトを破壊した意味よく覚えとけオラ!“G1男”蝶野正洋の激闘を改めて振り返る「眠眠打破×キン肉マン」火事場のクソ力キャンペーンCMが放送中 ▼格闘技 【RIZIN】山本美憂が極小ビキニで驚異の筋肉美披露【SEI☆ZA】世志琥の荒っぽい洗礼に格闘家デビュー目指すアイドル号泣

 神様が亡くなったのは、2007年7月28日(満82歳没)。この7月28日はちょうど没後10年だった。前田日明、藤原喜明、アントニオ猪木が笑顔で再会ほか納骨式写真集としてまとめます。
(参列者はアントニオ猪木、藤原喜明、木戸修、前田日明、ジョー・マレンコ、西村修、鈴木秀樹、鈴川真一、ノブ・ハヤシ、桜井隆多、タイガー服部レフェリー、ブル中野)

・ アントニオ猪木ら出席、カール・ゴッチさん納骨式 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 アントニオ猪木(74)、藤原喜明(68)、木戸修(67)ら、日本のトップレスラーの師匠として知られ、2007年(平19)7月28日に82歳で亡くなったカール・ゴッチさんの墓が東京・荒川区の回向院に建立され、28日に納骨式が行われた。

 納骨式には「カール・ゴッチ墓石建立プロジェクト実行委員会」代表発起人の猪木と藤原、木戸、そして実務的な部分を担った文京区議会議員の西村修(45)の発起人3人をはじめ、前田日明(58)らゴッチさんの門下生を中心にレスラー、格闘家が参列した。ゴッチさんの墓は、松下村塾を開いた吉田松陰の墓の近くに建立された。

 ゴッチさんは亡くなるまでの数年、足が弱くなり来日することができず生前、猪木にあいさつしたがっていたが、かなわなかったという。そのことを知った西村が、ゴッチさんの死の直後、弟子のジョー・マレンコと話し合い、遺骨の分骨を決め、日本での墓の建立を発案。「人間の先祖は海から来た。海に帰さないといけない」というゴッチさんの遺志に従い、フロリダ州タンパの自宅近くのキーストンレイクに散骨し、残り1割の骨をマレンコが金庫に入れて保管。西村が関東中の墓を探したが、費用的な問題もあり計画が進まなかったという。16年に永代供養してくれる墓として回向院が浮上し、同9月に猪木に相談し、一気に建立の話が進んだという。

 猪木は、卍(まんじ)固めやジャーマンスープレックスを伝授してくれたゴッチさんの遺影に向かって「今日は元気ですか、から始まるわけにはいかない。日本にプロレスの原点、強さの基礎になる、いろいろなことをゴッチさんが伝授してくれた」と感謝した。そして「遠い過去になった話が思い起こされた。これをきっかけに、またレスリングが本来あるべき強さ…時代、時代によっていろいろなものは変わっていくけれど、原点を忘れないでおくというのはいいこと」と語った。

 西村は「(墓前には)『10年…時間がかかり過ぎて申し訳ありませんでした。ようやく、来たがっていた日本にお連れすることが出来ました。心からごゆっくりお休みください』とお伝えしました。本当に分骨を望んでいたのか、という思いもあった。藤原さん、木戸さん、前田さんもいらっしゃって、喜んでいると思う。ゴッチさんに会いに、お墓に線香でもお持ちになって参拝していただきたい」とファンにメッセージを送った。

##


170728_noukotsu01
多くのメディアに掲載されたアングル。記念撮影バージョン(【編集長がよいしょ】「神様」ゴッチさんのお墓 プロレスTODAY

170728_noukotsu02
藤原、マレンコ、猪木の3ショット(【編集長がよいしょ】「神様」ゴッチさんのお墓 プロレスTODAY

170728_noukotsu03
精進落としでの木戸、前田、藤原の新日本&旧UWF3ショット(【編集長がよいしょ】「神様」ゴッチさんのお墓 プロレスTODAY

170728_noukotsu04
前田、藤原、猪木の新日本スーパー3ショット! 小林和朋氏が撮影(ターザン山本!(@tarzany)さん Twitter

170728_noukotsu06
タイガー服部、ブル中野、前田(カールゴッチさん|ブル中野オフィシャルブログ「元祖ぶるママ」Powered by Ameba

170728_noukotsu07
精進落とし全体風景(カールゴッチさん|ブル中野オフィシャルブログ「元祖ぶるママ」Powered by Ameba

170728_noukotsu05
納骨式のしおり(カールゴッチさん|ブル中野オフィシャルブログ「元祖ぶるママ」Powered by Ameba

170728_noukotsu08
中を開く(カールゴッチさん|ブル中野オフィシャルブログ「元祖ぶるママ」Powered by Ameba


 この顔ぶれ。その表情。言葉はいらないというか。カール・ゴッチが紡いだ絆、その意義深さと強さを感じずにはいられない。


 吉田松陰とともにゴッチが眠る。最寄りは南千住駅。マナーを守って参拝を。史跡参拝時間は9:00~16:30(閉門15分前以降の新規不可)。
・ 浄土宗 南千住小塚原 回向院


 G1参戦で納骨式を欠席するも、ゴッチの言葉が頭をかけめぐる。ゴッチ式パイルドライバーの使い手、鈴木みのる。
・ 鈴木みのる(@suzuki_D_minoru)さん Twitter
##
今日は7/28。カールゴッチさんが亡くなってからちょうど10年。今も心に…never lie,never cheat,never quit. オレに目の前と向き合う心を遺してくれた。。

「人は必ず歳をとる。しかし必ずしも老いる必要はない。歳は重ねるのだ。重ねればワインの様に深くなる」カール・ゴッチ

「どんなに大きな人間でも倒してしまえば皆同じ。高さは数十センチしかない」カール・ゴッチ

「本当にそれがスズキの限界か?それなら仕方ない。もうやめても構わない。無理はするな。でも68の私はまだ出来る。」カール・ゴッチ

「右か左か一瞬で決めろ。相手は自分が考えて決めるまでなんて待ってくれない。ダメだったら動いて元に戻せばイイ。ただそれだけのことだ。」カール・ゴッチ

「私がスズキに教えることが出来るのは準備する事だけだ。両手に持って闘うのはオマエ自身だ。」カール・ゴッチ

「どんなに上手に誤魔化せても、世界中の全ての人を騙すことが出来ても、本当のことをオマエ自身は知っている。」カール・ゴッチ

「私は絶対に負けない方法を知っている。それは闘わないことだ。そして勝つことが出来るかも知れない唯一の方法も知っている。それは闘うことだ。」カール・ゴッチ

never lie,
never cheat,
never quit.
決してウソはつくな
決して誤魔化すな
決して諦めるな
Karl Gotch

昔むか〜し一緒にいた頃…一緒に練習していた頃…毎日の様に言われた言葉を移動バスの中で思い返していた。オレは闘い続ける…よ…。

今日はゴッチさんの命日であり、納骨の日。納骨式はG1参戦中の為に欠席させてもらった。オレが出来る供養は…やっぱりコレ。いつもより多めに。。。ゴッチさんが好きだったワインと葉巻も遠慮しておく。明日もまた闘いが待っている。

##


鈴木秀樹が前田とやり取りしたんだという。

当サイト記事。よろしければ。

1993年の訪問はブッカーKこと川崎浩市氏が同行されたそうです。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.07.27

無料生中継で「茶化すんじゃねえよ、ハゲ!」が炸裂? アウトサイダー7・30ディファは解説・前田日明&実況・ターザン山本

pick up ▼ニュース 馳浩氏がジャイアントスイング20回転!11年ぶり一夜限りの復帰リングで躍動馳が実行委員長の『PRO-WRESTLING LEGACY』10・1金沢で開催 武藤、鈴木みのるら参戦【WRESTLE-1】9月2日『プロレスLOVE 2017 in YOKOHAMA』に藤波辰爾が参戦【新日本】棚橋が後藤を必殺フルコースで撃沈!内藤は永田をデスティーノ葬 7・26仙台欠場中の本間朋晃が仙台大会であいさつ「絶対戻ります」IGFがNEWの「凍結」を発表 エース候補・鈴川退団で「存在意義」消滅ケンドー・カシン参戦8月11日~13日「ガンバレ☆クライマックス2017」組み合わせ【WWE】中邑真輔vsジョン・シナ決定!WWE王座次期挑戦者決定戦 ▼情報&コラム 7・27『Mr.ポーゴお別れ会』直前情報!WWS全選手参加バトルロイヤル「自分なんかに、無理です」――なぜトップレスラー・関本大介は自伝出版を拒んだのか? ▼格闘技 【ボクシング】マイク・タイソン「マクレガーはメイウェザーにブッ殺される」

 30日(日)15:00、ディファ有明「THE OUTSIDER 第47戦」がネットで無料生中継となる。

Kamionge67

・ 「THE OUTSIDER 第47戦」対戦カード(全17試合) -- Rings
・ 「THE OUTSIDER 第47戦」大会概要 -- Rings
・ 【生中継・無料】THE OUTSIDER 第47戦(7月30日/ディファ有明/実況・ターザン山本、解説・前田日明) - 2017-07-30 1430開始 - ニコニコ生放送
##
【会場のご案内】
2017/07/30(日) 開場:14:27 開演:14:30

10年目に突入したTHE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)が初の無料生中継を実施。アマチュア総合格闘技ならではの予測不能な興奮を味わってください。ターザン山本氏(元「週刊プロレス」編集長)が70歳を超えて格闘技実況初挑戦!前田日明代表自らが横に座って解説します。そのほか女性ゲストやスペシャルマッチもあり。順次発表していきます。
2017年7月30日(日)
14:00 開場予定
15:00 試合開始予定

##

 24日のニコ生では“亀田興毅と闘ったのYoutuberが登場”“元AKB48の永尾まりやさんがゲスト”といったネタバレがありましたが、どこまで実現するか!?

 「ターザン山本氏が70歳を超えて格闘技実況初挑戦!前田日明代表自らが横に座って解説」ということで、『KAMINOGE』vol.67対談で炸裂した「茶化すんじゃねえよ、ハゲ!」がナマで聞ける!?

Kamionge67▼new! KAMINOGE vol.67 6月20日発売!『2017年のチキンウイングフェイスロック』同時代を激しく生きてきた者たちの邂逅 前田日明vsターザン山本! 桜庭和志“俺たちのIQレスラー”桜庭和志がUFC殿堂入り!受賞者の声をお届け! 船木誠勝×安生洋二 初対談! “職人”同士だから語れる話の信憑性 これが『UWFの真実』の決定版なのか!? 玉袋筋太郎「“UWFの美獣”金原弘光変態座談会」


 前田にとってターザン氏は長期間にわたり嫌悪感を抱く対象だったが、2014年末のトークイベントでデコピン連打に成功。すっかり“イジれる相手”として定着したようで。

 ほか前田日明関連。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.07.19

会見映像公開するも滑舌と録音環境の不安、二つ我にあり!? されど前田日明がヘビー級RINGS始動宣言

pick up ▼ニュース 【7月20日(木)朝5時25分~オンエア!】フジテレビ「めざましテレビ」小島聡&ヤングライオンが出演7月21日(金)18時30分~『G1』後楽園ホール大会を英国風パブチェーン“HUB”で完全ライブ放映決定7月22日(土)13:40東京ビッグサイト「HandMade In Japan Fes 2017」路上プロレス7月24日(月)~29日(土)デリシャカスプロレス2017全カード ▼情報&コラム 【新日G1】内藤 黒歴史を塗り替え光りの王者へオカダ1強宣言 「9人がかりで俺を止めてみろ!」プロレスをなめるな、トランプ氏の“技”違うでしょう ▼格闘技 【RIZIN】堀口が所をKO予告「KIDさんみたいに小さい自分が大きい相手を倒す」【パンクラス】パンクラス出身プロレスラー・佐藤光留vsミスターDEEP・桜井隆多が決定

 かねてから口にしているヘビー級RINGS本格始動について、11日、前田日明が改めて会見の中で力強く宣言した。

・ (更新)「RINGS」「THE OUTSIDER」特報 -- Rings
##
●1)2017年7月30日(日)開催「THE OUTSIDER 第47戦」のネット配信による無料生中継が決定!
配信サイトは現在調整中です。
詳細は後日、発表致します。

●2)「THE OUTSIDER」大田区総合体育館大会、2017年12月10日(日)に開催決定!
ビッグマッチにふさわしい企画を準備中です。
詳細は後日、発表致します。

●3)「RINGS」として、2018年夏以降、関東圏内でプロイベントのビッグマッチを企画中!
日程・会場などの詳細は現在調整中です。
決定次第、発表致します。

##


 19日に会見映像が公開されている。

 「RINGS」としての2018年夏以降、関東圏内でプロイベントのビッグマッチの発表くだりはこのように言ってます、きっと。
##
来年なんですが、2018年はTHE OUTSIDERとして10周年、リングスとしてもチャレンジの年にしたいと思っております。2018年夏以降に関東圏内でヘビー級を中心としたプロ大会を開催したいと思います。いま順次内容を詰めております。同時に中国の方でも格闘技の人気がつくられる状況なんですが、まだおっきなブームができておらず、中国で「ブームをつくってくれないか」というオファーを受けてまして、それに向けて中国で、日本でいう力道山とか沢村忠とか(に匹敵するくらいの)人たちを育ててですね、格闘技を中国でやっていきたいと思います。
##

 滑舌と録音環境の不安、二つ我にあり!? ということでかなり聞き取りづらいですが。自信のある方は聞き取りにチャレンジを。

 2012年に第2次リングスが復活したものの、中量級中心での同年内開催大会にとどまっていた。つねづね前田は「格闘技はブームにするならヘビー級」と口にしており、今回の発言には強い決意を感じずにはいられない。2018年、前田にとってのチャレンジの年がやって来る。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.07.08

8日(土)14:55フジテレビ「脱力タイムズ」再放送! 前田のアッちゃんとして前田日明がオリラジ藤森慎吾さんと武勇伝披露

pick up ▼ニュース IGF「NEW」ブランド続行も名称見直し検討 鈴川退団の経緯も説明いつも美奈子のブログを読んで下さってる皆様、はじめまして。旦那の義人です ▼情報&コラム WWEで初凱旋のヒデオ・イタミ。無効試合に感じた苦悩と試行錯誤プロレスラー・飯伏幸太の肉体美の秘密。『イノサン』のマンガ家・坂本眞一も絶賛!【後編】松井珠理奈が新日本プロレスG1クライマックスをフライング予想小橋建太が大学で特別講義「最後はみんな笑顔で」やせっぽちの女子プロレス王者。岩谷麻優が抱く赤と白のベルト ▼格闘技 桜庭和志、はかま姿にマスクでUFC殿堂表彰式出席【全文公開】桜庭和志、UFC殿堂入り!!  歴史的スピーチを読もう【SB】ギャビ・ガルシアvs薮下めぐみはノーコンテストRENAが一本背負いでイリアーナを返り討ち女子格闘技ブーム築いたSBシーザー会長の苦労と野望【空手】黒澤浩樹を偲ぶ会に松井章奎、増田章の極真3強揃うアラム氏「メイウェザーはマクレガーをKOする」、猪木―アリ戦にも言及

 予告なく“前田のアッちゃん”として前田日明が登場したフジテレビ「全力!脱力タイムズ」。なんと再放送。

■7/8(土)14:55~15:30
■再放送全力!脱力タイムズ
フジテレビ(地上波)ジャンル:バラエティ - トークバラエティ
女子アナが危ない!?オリラジ藤森へ警戒警報▽スマホ活用術で衝撃SNS公開▽北乃きいの可愛すぎる〇〇▽激ウマ中華でラップ▽史上最強「アッちゃん」武勇伝?

 最初の放映の様子(6月9日)。
・ 前田日明がオリラジ藤森慎吾さんと武勇伝披露で「あっちゃんかっこいいーっ!」~予告なくフジテレビ「全力!脱力タイムズ」に出演 プロレス-格闘技 カクトウログ

藤森「あっちゃん、カッコいい!」

前田「カッキーン」

170609_maeda2


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.06.10

前田日明がオリラジ藤森慎吾さんと武勇伝披露で「あっちゃんかっこいいーっ!」~予告なくフジテレビ「全力!脱力タイムズ」に出演

pick up ▼ニュース 【DDT】6月25日後楽園追加 川村、赤井、アントンのロッキーズ出陣5年ぶりにキャンプ場プロレス! 9月3日(日)13:00山梨・ネイチャーランドオム8・6熊本震災復興チャリティー興行に蝶野正洋、小橋建太氏、辰吉丈一郎氏ら集結【WWE】2年ぶり来日フィン・ベイラー 日本マットへの思い熱談ウィリアム・リーガル氏 独占ロングインタビュー ▼情報&コラム 6月17日(土)13時30分~伊勢丹相模原店 真壁刀義トークイベント6月18日(日)14:00フィットネスショップ原宿「桑原塾番外編」武藤敬司トークショー&サイン会6月6日発売の週刊SPA!創刊29周年記念号でキン肉マン特集 ▼格闘技 朝倉海コメント「ROAD FC 039」生放送は6月10日(土)20:00新生UWF振り返りほか田村潔司.comが連続更新中

 9日夜、前田日明が予告なくフジテレビ「全力!脱力タイムズ」に出演を果たした。

 Twitter上で追っかけると、以下の流れ。

くりぃむしちゅー有田哲平さん「俺なんかで言えば前田のあっちゃんって言ったら前田日明さんしかいない」

オリエンタルラジオ藤森慎吾さん「前田のあっちゃんなんて呼べないでしょ」

 バラエティ番組であることから、元AKB48前田敦子さん(あるいはキンタローさん)登場と思いきや、我らが前田のあっちゃん、前田日明が本当に登場! オリエンタルラジオの武勇伝ネタ風に前田が武勇伝を披露することに。

藤森「あっちゃん、いつものやったげて」

前田「聞きたいか俺の武勇伝」(リズムに乗らずに普通に喋ってる風)

藤森「そのすごい伝説言ったげて」

前田「俺の伝説ベストテン」

藤森「レッツゴー!」

前田「(リズムに乗らずに普通に喋る)えー、高校時代、空手の路上教習と称して***(○○組?)のバッチを取りました」

藤森「ダメダメダメ」

前田「まだあるよ」

藤森「リズムも内容もどっちもダメ」

有田「別の武勇伝、頂きましょうか」

藤森「レッツゴー!」

前田「えー、代官山槍ヶ崎交差点で深夜2時に交差点を占拠している***(暴走族?)をシバきました」

藤森「タメダメダメ。前田さんは僕らのネタを勘違いされている。俺はそれをリズムよく受けられないですよ」

有田「忘れてますよ」

藤森「あっちゃん、カッコいい!」

170609_maeda2

前田「カッキーン」

藤森「ペケポン」

 前田のあっちゃんって言ったら前田日明っていうのは、オールドファンがよくtweetするネタ。それを有田さんが口にして、ホントに前田が登場。それでもって、武勇伝の「あっちゃん、カッコいい!」にまでひっかける(元々は相方の中田敦彦さんに対してのセリフ)。

 なんだ、この展開は!(笑)


※11:40追記 次回は違うネタで、やりましょう!!

・ 元レスラー・前田日明氏 オリラジ藤森慎吾も困惑のガチ武勇伝を連発 - ライブドアニュース
##
スタジオでは、緊張に表情を一変させる藤森と前田氏で、武勇伝のネタが披露されることになった。ソファに座る前田氏に、藤森はネタ振りを始める。これに、前田氏は「高校時代、空手の路上教習と称して、○○○からバッチを取りました」と、ガチな武勇伝を明かす。肝心の部分は「バキューン!」と銃声で規制音が被さった。
藤森は「ダメダメ…」と顔を曇らせと、前田氏は「まだあるよ?」と続け「えー、代官山鎗ヶ崎交差点で深夜2時。交差点を占拠している○○○をシバきました」と、規制音混じりに打ち明けた。
スタジオが騒然となる中、藤森は「ダメだよー!」と、前田氏のそばに座り込むと「前田さんは、僕らのネタを勘違いされてる…!」と、声を絞り出し有田ら出演者から爆笑を誘っていた。

##


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2017.06.04

ついに『1984年のUWF』を読んだ前田日明が大激怒! ニコ生「月刊リングス5月号」視聴は6月5日23:59まで

pick up ▼ニュース 【新日本】オスプレイとの“壮絶死闘”を制したKUSHIDAが『SUPER Jr.』2度目の優勝!試合後はウェーブ 6.3代々木【リアルジャパン】初代虎 今年初戦先送り ▼情報&コラム 世界最大のプロレス団体・WWEが日本人レスラーをスカウトする理由とは?「ドラゴンゲートはプロレスを利用した“娯楽”」唯一無二のパワーファイター・鷹木信悟の信念とはプロレス界の新しい主役に躍り出る!規格外の若手レスラーたち「殺し合うつもりでやっていた」女子プロレス界・伝説のガチンコ勝負6月21日(水)19:30 NHK BSプレミアム「スイーツマジック」真壁刀義が出演 ▼格闘技 伝説の格闘家・中井祐樹が語る「道場に無茶苦茶なヤツが来てもいい」#3

 今年1月に入って発売された『1984年のUWF』への賛否が巻き起こり、5月にはインタビュー集としての『証言UWF 最後の真実』も発刊。ちょっとしたUWF回顧ブームとなっている。UWFとは、かつて格闘技スタイルを追求したプロレス団体。

Uwf1984▼new! 1984年のUWF 1月27日発売!現在のプロレスや格闘技にまで多大な影響を及ぼしているUWF。関わる男達の生き様を追うノンフィクション。佐山聡、藤原喜明、前田日明、髙田延彦……、彼らは何を夢見て、何を目指したのか。果たしてUWFとは何だったのか。この作品にタブーはない。筆者の「覚悟」がこの作品を間違いなく骨太なものにしている

Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

 『1984年のUWF』では前田が否定的に描かれているが、前田本人は5月頭までこの本を未読状態(前田は周辺情報だけで同書を批判していた)。そんな中、ライターの吉田豪氏が5/3イベント本番中に同書を前田にプレゼントする。
・ UWF回顧ブームでトークチケット即日完売! 前田があの本を「読ませるためだけに書いた御伽話」と一刀両断【週刊 前田日明】 プロレス-格闘技 カクトウログ

 5/29放送の「月刊リングス5月号」においては、ついに前田が読了したことを明らかに。そして大激怒!

170529_nico2

・ 【前田日明がUWF、リングス、アウトサイダーの過去と未来を語る!】月刊リングス5月号 - 2017-05-29 2100開始 - ニコニコ生放送

 同放送は6/5(月)23:59までタイムシフト視聴可能。

 ポイントは「週刊 前田日明」として記事化予定でしたが、今日は終日仕事に出なければいけないのでゴメンナサイ。後日やれればやります。

 前田関連。
・ 吉田豪 真夜中に前田日明から直電話がかかってきた話 miyearnZZ Labo

・ 格闘技と不良更生とこの国のかたち──前田日明はなぜ「ジ・アウトサイダー」をやるのか|スポーツ|GQ JAPAN


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊 前田日明
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー