フォト

最近の記事

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのチームロゴをデザインした新たなキャップが完成! フロントにはL・I・Jのロゴを、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

2012.02.10

SMASHが3・14後楽園を最後に電撃解散、本日会見~TAJIRIとフロントに方向性のズレ【追記】

SMASHが3・14後楽園を最後に電撃解散、本日会見〜TAJIRIとフロントに方向性のズレ
本日10日発売分の東スポが、TAJIRI率いるプロレス団体「SMASH」の電撃解散を報じた。残りは2・19TDCと3・14後楽園の2大会。本日会見で詳細が発表される。

フロントであり発起人の酒井正和代表は知名度のある選手起用の拡大を主張し、TAJIRIには新戦力や新人発掘を重視する方針があった。この不協和音が生じたことから話し合いとなり、発展的な解散で合意したという。集客は十分で経営的な不安はなかったとのこと。所属選手はTAJIRIと行動をともにし、新団体の旗揚げとなる可能性がある。詳細は紙面を。

2年の歴史にピリオド。世界観を大切にし、点を線につないでいくプロレス団体のお手本のような手法で急拡大した印象があるだけに、驚き。「SMASH」というブランドを残すことが得策だと思われるが、そういうわけにもいかないのかなぁ。
(以上、12:45 携帯から更新)


※24:35追記 酒井代表「震災前のSMASHと、震災後のSMASHという意味で、私の考えが変わってきた」

 ファンへのリリース。4月以降に予定されていた興行の中止と、ファンクラブ会員への返金が伝えられた。
・ 【※重要】 「SMASH」第1章活動休止のお知らせ | NEWS | SMASH Official Website

 17時から会見。
・ 3・14『SMASH FINAL』後楽園大会を持ってSMASHが活動休止へ! | 大会情報 | SMASH Official Website
##
2月10日(金)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が行なわれ、酒井正和代表より3・14『SMASH FINAL』(後楽園ホール)をもってSMASH第一章の活動休止を発表。また、所属選手であるTAJIRI、大原はじめ、朱里、真琴、児玉ユースケは3月末をもってフリーに。さらに会見に同席したTAJIRIは、残り2大会となる2・19『SMASH.25』(東京ドームシティホール)、3・14後楽園大会まで全力を尽くすと語った。

会見には酒井代表、TAJIRIが出席。まず酒井代表が活動休止に至った経緯を説明。

「突然ではございますが、3月14日の後楽園ホール大会を持ちましてSMASHの第一章の活動を休止させていただきたいと思います。一部メディアで出ていましたが、内容につきましては、(昨年)3月11日の震災以降、私の中でいまやってるSMASHに関して、私の中のことで言うと、震災前のSMASHと、震災後のSMASHという意味で、私の考えが変わってきたというところと、それに併せてTAJIRI選手の方向性と、私の方向性にズレが生じてまいりました。この約一年間近く、たくさんのファンに支えられているSMASHなので、なんとかずっと第一章を終えずに進んでいければと思ったんですけど、TAJIRI選手といろいろ協議をさせていただいて、ここでお互いを一回精算したほうがファンのためにも、私たちSMASHも含めて一番いいんじゃないかということで。どちらかと言うと、円満的に解消させていただくような運びでございます。そうなると所属してましたTAJIRI選手、大原はじめ選手、朱里選手、真琴選手、児玉ユースケ選手はフリーとなるわけですけど。あと練習生ですね。今後、みなさまのご支援のもと活動していくと思います。その際はぜひご協力いただきたいと心から思いますし、わたくしもコンテンツが違うということで活動休止ということになりましたので、何かサポートができることがあればどんどんしていきたいと思っていますので、みなさまよろしくお願いいたします。また、SMASHが旗揚げから2年経ちまして、毎回超満員のお客様におこしいただいて、そのお客様を......(ここで言葉に詰まり、涙を流す)。すみません。3月末を持ってファンクラブも閉じさせていただきますので、会員になられている方には会費を全額返還させていただきます。さきほどから重ね重ねなんですが、SMASH第一章を終えて、プロレス部門としてはひとつの区切りをつけさせていただくことになりますので、3月14日はSMASHのファイナルという形になるかと思います。残っている所属選手が精一杯イベントに臨みたいと思いますので応援よろしくお願いいたします」

続いて、TAJIRIが「ボクはこれまでですね、世界中、言葉、人種が違うところでテロが起きようが、何が起きようが、自分の信念にのっとったプロレスというものを培ってきました。その信念はこれから何が起きようと、これから未来永劫変わることはありません。俺は付いてきてくれる仲間と一緒にその信念を貫く、それだけです。よろしくお願いします」とファンに向けてメッセージを送った。

そして会見は報道陣との質疑応答へ。昨年から何度かの協議を経て今年に入ってから活動休止という結論に至ったことを明かした酒井代表は、「これは人それぞれいろいろな考えがあると思いますが、私の中でのSMASHというのは人生交差点の部分があって、その中でいろんなドラマがあると思うんですけど、リングに上がって表現する人生観が、震災前と後では考え方の変化があったということです。TAJIRIさんからの言葉にもありましたが、何が起ころうともTAJIRIさんの信念は変わらない。それはいいと思います。ただ、私はどちらかと言うと、SMASHの他にも事業をやっておりまして、いろんな意味で多くの方が私の周りでもいろいろありました。そういう中で私の人生をリングに置き換えたときに、ちょっと考え方が変わってしまったと思っていただければ。所属選手たちはほぼ月一回、後楽園ホールで身体を張って人生に挑んでますので、そこで私が戸惑いがあったり、何かあるというのは彼らにとっても失礼にあたると思うし、けじめをつけたいと思ってました」とコメント。

また、SMASHと業務提携を結んでいる天龍プロジェクトに関して、酒井代表は「天龍さんは今後手術をすると思うんですけど、天龍さんが戻ってくるときにその居場所があるように私のほうでサポートしていく、そのつもりでいます」と、これまでと同様に大会運営も含めてサポートしていく模様。そしてTAJIRIからは、予定されている残り2大会に関して、2・19『SMASH.25』(TDCホール)がナンバーシリーズ終了およびこれまでのストーリーの最終回となること、最終興行となる3・14後楽園大会は『SMASH FINAL』という大会名でボーナストラックのカラーを打ち出した大会となることが明かされた。

今回の会見では、"SMASH第一章"活動休止というアナウンスだが、今後について酒井代表は「もう一回、私の中でじっくりと考えをまとめて、また新たなプロレスを提供できるように。いちおうそういう考えは持っています。(別の選手で第二章を?)そうですね。それはなんとも言えないと思うんですよね。いまこの場ではちょっとなかなか表現しにくいです」と、充電期間を経ての再出発を示唆。一方、3月大会を持って所属契約が終了し、フリーとなるTAJIRIは、「そこに練習生がいてざわざわしますが、練習生は俺とAKIRAさん、大原が責任を持って面倒を見ます。(練習生に向かって)心配するなよ、お前ら。ボクはファンのみなさんと、お前ら練習生と、選手のみんなに一緒にメッセージを送りたいと思います。ブレない、揺るぎない、信じてついてこい」とコメント。気になる今後については、「3月14日の『SMASH FINAL』まではSMASHで一生懸命がんばります。それから考えます。それが礼節というかマナーだと思います」と、まずは残り2大会に全力を尽くすことを誓った。

##

 酒井代表が「リングに上がって表現する人生観が、震災前と後では考え方の変化があった」とした一方で、TAJIRIは切り口をそろえようとした意味もあったのか「世界中、言葉、人種が違うところでテロが起きようが、何が起きようが、自分の信念にのっとったプロレスというものを培ってきました。その信念はこれから何が起きようと、これから未来永劫変わることはありません」とコメント。お互いのズレに関して、これ以上の言及はなかった。

 東スポでの“選手起用についての不協和音”については? 週プロモバイルより。
##
(一部メディアでは、酒井さんが知名度のある選手の招へいを望み、そこにズレが生じたとあったが)知名度のある選手を私が? 私もいろいろと動いてますけれども、TAJIRI選手と重なりますが、まずは3月14日まで全力投球。その後も方向性に関して、メディアを通じて何らかの発表ができるんじゃないかな、と。
##

 バトルニュースより。
・ バトル・ニュース|ニュース|SMASHが3・14後楽園大会をもって"第一章"の活動休止を発表!TAJIRIをはじめとする全所属選手は4月からフリーに!
##
一部で「代表が知名度のある選手の起用を希望したのが、TAJIRIの方向性との違い」と報道されたが、「いろいろ私も動いているが、そういう方向性っていうのは3月14日以降に何らかのメディアを通して発表出来るのではないかと思う」と言葉を濁した。
##

 疑問形で否定したようにも読み取れるし、名言を避けながら肯定したようにも読み取れる。よくわからず。

 いずれにせよ、関係を清算した酒井代表・TAJIRIサイドともプロレスと関わっていくようだ。現所属選手と練習生はTAJIRIサイドについていく流れが感じられるが、正式には解散してからの行動となる。

 はっきりしない会見となったが、言葉では表しきれないこともあるということなんだろう。リング上での人間ドラマ作りに酒井代表もTAJIRIも本気で取り組んでいるからこそ、うやむやにすることはできなかったのが今回の解散劇につながったのではないかと思わせた会見だった。

 選手のツイートより。
##
@musasabiakira AKIRA(野上 彰)カラダ機能美Q&A
ワンピースに例えれば、我らは麦わら海賊団だから、大丈夫なのです!

@musasabiakira AKIRA(野上 彰)カラダ機能美Q&A
ぶっちゃけ、我等の熱くて、優しい人間ドラマを今までよりも造りやすくなっただけです。

@smashhajime 大原 甫
ご心配なく\(^o^)/うちらはなーんも変わらないですよ\(^o^)/ネガティブな事なら朱里チャンネルとか誕生日会とかこないだしてませんよ(笑)

@smashhajime 大原 甫
ドラゴンボールがドラゴンボールZに変わるような感じかなと思ったり(⌒▽⌒)

##

 選手サイドの団体は、スマッシュZとかスマッシュマンズワールドとかSMASHインターナショナルとかになる!?


↓最新情報はこちらから
Ranking_ts

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> SMASH Official Website
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.07.06

本日のテレ朝『シルシルミシル』にTAJIRI出演~グリーンミストの吹き方を高校生に伝授だって!?

 こちらの番組、本日放送。
##
■シルシルミシル  テレビ朝日(地上波)
■2011年7月6日(水) 23時15分~24時15分 の放送内容
くりぃむしちゅーがお送りする60分の情報バラエティ。毎回有名企業の裏側に潜入!さらに視聴者の身近なギモンを大調査!!
番組内容
▽あの人気メガネチェーン店潜入!なぜ昔と違って安く作れるようになったのか?店内の(秘)マシン大公開!最新メガネフレームも! ▽プロレスラーの毒キリの謎!?
出演者
MC:くりぃむしちゅー ご意見番:いとうせいこう パネラー:次長課長、黒谷友香 他豪華ゲスト陣がVTRに登場!

Smash News TAJIRI選手、7・6放送のテレビ朝日『シルシルミシル』に出演!
7月6日(水)放送のテレビ朝日『シルシルミシル』(毎週水曜23:15~)にTAJIRI選手が出演いたします。
グリーンミストの吹き方をTAJIRIが高校生に伝授! 山中猛特訓の結果は、はたして……!? オンエアをお楽しみに!!

##

 ええっ、そんなの伝授できるものじゃないよ。体内から毒液が出るんだから。いや待てよ、山中猛特訓って、どっからやるんだ?


↓最新情報はこちらから
Ranking_i

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> SMASH(スマッシュ) OFFICIAL WEBSITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.05.22

天龍源一郎、初代SMASH王座トーナメント出場~ディーバ王座Tには天龍娘・紋奈さんも参戦?

pick up ▼情報&コラム 【追悼】マッチョマンよ永遠に@OMASUKI FIGHTさん天龍さんとサベージの試合は自分のバイブルでした@高木三四郎ファンからの質問に回答 クリス・ヒーロー・インタビュー動画8・27武道館はヒール軍団もオール・トゥギャザー@多重ロマンチックさんチャリT@鈴木みのるブラック・スワン(ネタバレ注意)@ザ・グレート・サスケアントニオ猪木 週刊イノキ Vol.6 「震災」から2カ月。あらためて「リーダーとはなにか?」を問う5月23日(月)からの3日間、19:30より『SMASHファンミーティング on Ustream』開催 ▼ニュース 諏訪魔&真田&征矢vs永田&関本&岡林が決定! ムタも降臨=全日本プロレス6・12(日)後楽園昼“青義軍ビンタ”で気合注入! 永田裕志「サイン&撮影会」報告チケットは発売後30分で即日完売! 矢野通6・19(日)大阪トークショー大谷が橋本ジュニアにドラゲー望月対策の秘技伝授=ZERO1NWAの不穏な動きが加速化 Mr.カトーを名乗る男がZERO1道場へ目指すは両国のメイン! KUDO、入江らがKODトーナメントのベスト4に=DDT新木場結果 ▼格闘技 豪腕復活! K-1MAX63キロ級王者・大和がKO勝利=NJKF結果ウワサの青木親子インタビュー「最近の青木真也は俺を超えている……!!」所英男が6月12日より武蔵小杉にジムをオープン詳細

 20日にSMASHと天龍プロジェクトの業務提携が発表され、天龍源一郎のSMASH参戦が発表された。
・ スポーツナビ|格闘技|天龍源一郎、6.9「SMASH.18」に電撃参戦!
・ 天龍、35周年興行実現へTAJIRIと提携/リング/デイリースポーツonline
##
 天龍源一郎(61)が、11月のデビュー35周年興行実現へアクションを起こした。20日、都内で天龍プロジェクトとスマッシュが業務提携を発表。第1弾として、天龍の初代スマッシュ王座決定トーナメント出場が決まり、6・9後楽園ホールの1回戦はマイケル・コバックと対戦する。
 TAJIRIは天龍の参加で新設王座に重みを持たせたい意向だ。天龍も記念興行に弾みをつけたい考えで「フレアー、マーテルともう一度やってみたい」と、復活のノロシを上げた。

##

 AKIRA vs 飯塚高史の実現で話題のトーナメントに天龍もきた!

 先だっての安田忠夫の引退試合の相手を務めたときの天龍は、コンディションが万全には見えず。どのくらい復調しているんだろうか。元気なところをみせてほしい。

110521_tospo ところで、21日発売分の東スポが独自情報を投下。天龍プロジェクトの嶋田紋奈さん(27)にもオファー?
##
・ 会見で天龍に負けず劣らずの存在感をみせた紋奈さんに注目したSMASHの酒井正和代表が「彼女が女子のディーバ王座決定戦に出てきたら面白い。顔もきれいですし、トークもうまい。何と言っても天龍さんのDNAを持ってる。個人的にはリン・バイロンと戦うところをみたい」と真顔でオファーを出したのだ。
・ 当の紋奈さんは「フロントとして天龍Pを支えたい…」と困惑したものの、父・天龍はまさかのGOサイン。「サッカーボールキックを教えなきゃいけない。ノド元チョップもね」。
・ それだけの資質も持っている。紋奈さんは中学時代から水泳選手として活躍。海では6キロの遠泳を軽々とこなし、指導員の免許も取得済みだ。「中学の時『私、レスラーになりたい』って言ってたんだけど、俺は『女の子はもっとやるべきことがほかにあるでしょ』ってかたくなに拒否したんだよね」(天龍)。

##

 紋奈さんは天龍の長女。見出しは「天龍娘 ディーバデビュー」。まぁ、東スポ流の悪ノリだと思うんだが、いいエピソードも引き出したりしていてナイスな記事じゃないですか。

 紋奈さんのルックスはこちらなどでどうぞ。
・ スポーツナビ | 写真 | SMASHと天龍プロジェクトが業務提携

 さて、この日の東スポには、天龍記事の隣にランディ・サベージの事故死記事。サベージは初来日で天龍と闘った。こういうところでも、何か運命があるんですかねぇ。


↓最新情報はこちらから
Ranking_i

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> SMASH(スマッシュ) OFFICIAL WEBSITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2010.08.26

朱里ちゃんが「アナタ、あ~んして」~SMASH7終了後イベント『SMASH presents 灼熱の桃豚祭』

 こちらのイベント情報を拾い漏らしていたのでアップ。SMASH7終了後に打ち上げイベントが開催される。申込方法はリンク先で。
・ 朱里ちゃんが「アナタ、あ~んして」 - JapaneseBuzzsaw.com プロレスラーTAJIRI 公式サイト
##
SMASH7終了後の打ち上げイベント
「灼熱の桃豚祭り」
朱里ちゃんのカワイイ宣伝動画はこちらから!!
とにかく一度見てみるべし。
朱里ちゃんがキミに向かって「アナタ、あ~んして」をやってくれるぞポリン♪



【8・30『SMASH presents 灼熱の桃豚祭』】
■開催日時
8月30日(月)21:30~23:30
■場所
『PINK BIG PIG』新宿店
(東京都新宿区歌舞伎町1-21-1第二東亜会館6F)
※新宿FACEから徒歩1分
■料金
5,500円(税込)※中学生以下3,500円(税込)
※ビュッフェ形式の食べ放題&飲み放題付き
■参加予定選手
TAJIRI、小路晃、KUSHIDA、朱里、リン・バイロン、児玉ユースケ、AKIRA、他『SMASH.7』出場選手
■内容
・スペシャルゲスト登場!? 選手トークショー
・『PINK BIG PIG』で大人気のチョコフォンデュを朱里選手が食べさせてくれる! “朱里フォンデュ”コーナー
※その他、イベント内容は随時追加発表いたします。
■お申し込み期限
8月26日(金)13:00まで
■定員
100名
※先着順とさせていただきます。
※未成年の方は保護者の方の同伴が必要となります。

##

 大会カードもご確認ください。
・ SMASH(スマッシュ) OFFICIAL WEBSITE|対戦カード
(8月30日(月)開場18:00 開始19:00 会場 新宿FACE)

 選手と交流できる機会もグッと増えました。素晴らしいファンサービスと思う反面、試合後くらい選手・関係者だけの打ち上げにさせてあげてリラックスしてほしいという気も。もちろん選手も無理はしないとは思うんですが、本当は頭を打ったりした試合後にお酒を飲んだりするのはよくないでしょう。すこし複雑な時代です。

 もちろん…やるんであれば、試合での感動をファンが選手に伝えられる場であってほしい。参加できる方は、ぜひ選手と一緒に盛り上がってみては!?


↓その他のプロレス最新情報はこちらから。
Blog_ranking_m

>> 最新情報は人気ブログランキングで
>> SMASH(スマッシュ) OFFICIAL WEBSITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2010.03.12

朝青龍「プロレス新団体旗揚げ」はアリかナシか?/レスラー襲撃によるTAJIRI負傷はアリ・ナシ?

 相撲界からの引退が決まり、去就が注目されていた元朝青龍。デイリーが見出し「朝青龍、プロレス新団体3・21旗揚げ」をドーン…えっ、「MAP(モンゴル・アサショーリュー・プロレス)」が発足!?
・ 朝青龍、プロレス新団体3・21旗揚げ/リング/デイリースポーツonline
##
 元横綱朝青龍(29)がプロデュースするプロレス新団体「MAP(モンゴル・アサショーリュー・プロレス)」が発足することが10日、分かった。旗揚げ興行は3月21日に東京・新宿FACEで開催。詳細は11日に都内で発表される。朝青龍は、引退の原因となった“泥酔暴行事件”で存在がクローズアップされた個人マネジャー・一宮章弘氏(31)を通して新団体に協力していく。この日は一宮氏とともに中国経由で母国モンゴルに向かったが、今後は現地の選手発掘などでも手腕を振るいそうだ。
##

 参戦というニュースではなかったわけだが、ボクらの習性としては会見もいちおう見届けてしまう。
・ ニューハーフプロレス?異色新団体誕生へ - 格闘技ニュース : nikkansports.com
##
 5月に旗揚げを予定しているプロレス団体のMAP(マップ)は11日、東京・新宿区のクラブ「ニュー愛」で会見を開き、旗揚げに先立って、3月21日に東京・新宿FACEでプレ旗揚げ興行を行うと発表した。
 ニューハーフプロレス、ハードコアプロレス、ホスト格闘技など、さまざまなジャンルの試合を予定。プロデューサーの1人には、元横綱朝青龍関の個人マネジャー一宮章広氏の兄章一が名を連ねた。
 プロレスラーとして“偽造王”のニックネームでも知られる章一は記者会見に出席し、章広氏とタッグを結成して出場し、プレ旗揚げ戦を盛り上げたいと考えていたが、章広氏が多忙のため実現できなくなったと説明した。弟章広氏と関係の深い朝青龍関の参戦については「団体が大きくなって、上がってもらえるようになったらうれしい」と話した。
 同団体はモンゴルの選手も参戦させたいとし、会見には朝青龍関似のレスラー・メガモンゴルも参加した。

##

 会見には朝青龍関似のレスラー・メガモンゴル? プロレス界での「~似」というと“本人”であるケースが多い。もしかして!?

 、、、そんなことはない。同日、朝青龍はモンゴルで会見してました。
・ 朝青龍、相撲協会に不満「気に入らない要求たくさん」:相撲:スポーツ:スポーツ報知
##
 暴行問題の責任を取って2月に引退した大相撲の元横綱・朝青龍関=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ=は11日、引退後初めてモンゴルに帰国、首都ウランバートル市内で記者会見し、日本相撲協会について「悪口は言いたくないが、気に入らない要求もたくさんあった」と述べ、現役時代に多くの不満を抱えていたことを明らかにした。
##

 というわけで、プロレスの方は朝青龍キャラのメガモンゴル、もしくは“偽造王のニックネームでも知られる一宮章一”が偽装ネームつきで登場か。まわりくどかったけれども、紙面をみんなが楽しみ、偽装ネームネタにつなぐネタとしてアリといったところでしょう。

               * * *

 もうひとつ、アリかナシかで気になった話題。カナダ遠征中の負傷、原因も発表されず心配されていたTAJIRIの件。
・ 2010.03.09 杉浦よ、お前もか~左ヒジ骨折で3月シリーズ欠場/TAJIRIが頭部を裂傷~幸いにして軽症で済む: カクトウログ
##
[診断結果]軽い脳震盪および頭部の裂傷
現在、TAJIRI選手は、幸いにして軽症で済んだことから、滞在先のホテルにて静養したのち、予定通り遠征スケジュールを消化しているとの報告を受けております。なお、今回の負傷についてですが、試合中に負ったものではないとのことで、詳細につきましてはTAJIRI選手の強い希望により、帰国後に改めて会見の場を設けましてTAJIRI選手本人よりご報告させていただきます。

##

 予告通り会見の場が設けられた。
・ TAJIRIの負傷はレザーによる襲撃だったことが判明! さらに3・26『SMASH.1』、小路vsレザー決定!!(Smash News)
・ スポーツナビ | 格闘技|ニュース|TAJIRIの敵討ちだ! 小路がレザーフェイスに復讐予告=SMASH
##
 時間を見つけ、指定された場所に行ってみると、そこにはジムすらなかった。あったのはベンチプレスのみ。「本当にこんなところで練習しているのか」とTAJIRIがベンチプレスに近づくと、突然後ろからチェーンソーを持った大柄な男が襲い掛かってきた。その男は90年代、日本のインディーマットを席巻した怪奇派レスラー、レザーフェイスだった。
 不意打ちを食らったTAJIRIはその攻撃をよけることができず、頭を強打。軽い脳震盪と額に裂傷をおってしまった。幸い軽傷で、次の日の試合にも出場することができたとTAJIRIは会見で淡々と語ったが、心中は穏やかではなかっただろう。

##

 、、、アングルですか。しっかりと写った写真含めたこの会見がやりたかったんですね。目くじらを立てるっていうほどのものはボクにもないんですが、こういう負傷をネタにしたシナリオは好きではない。ボクはナシだなぁ。TAJIRIの負傷、ホントに心配しました。

>>関連記事は人気ブログランキングで
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2010.03.09

杉浦よ、お前もか~左ヒジ骨折で3月シリーズ欠場/TAJIRIが頭部を裂傷~幸いにして軽症で済む

 高飛車な言い方をしたかったわけではなくて、つい心の中で叫んでしまった「杉浦よ、お前もか」。負傷欠場者続出のノアにあって、元気印として大活躍、GHC王者に君臨している杉浦貴までが負傷だなんて、、、
・ スポーツナビ | 格闘技|ニュース|杉浦貴が左ひじ骨折で大会欠場=ノア
##
 プロレスリング・ノアは8日、現GHCヘビー級王者・杉浦貴が左橈骨頭(とうこっとう)骨折により、8日に行われるSEMディファ有明大会からシリーズを欠場すると発表した。復帰時期は未定。
 これにより、8日の有明大会で杉浦とタッグを組む予定だった森嶋猛のパートナーは石森太二に変更された。

##

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」より。
##
・ (3・8大会前に欠場挨拶)杉浦「6日の『戦国武将祭』で左ヒジを試合で骨折してしまい、今日はカード変更になってしまいまして申し訳ないです。3月のシリーズは全休になると思いますが、4月のリーグ戦には必ず戻ってきたいと思います。本日はどうもすみませんでした」。
・ (ケガをした状況は?)「腕にキックをもらって痛くて。元々ヒジが良くないのでいつものことかなって思って、試合も出来てたので。翌日、腫れてたんですけど、日曜日だったので病院も行けなくて1日中、冷やしていました。でも眠れないくらい痛くて、今日の朝、浅子トレーナーに見せて病院に行きました。MRIを撮って、大きな骨じゃないけど骨折してるって」。
・ (次ツアーは全試合欠場?)4月ツアーは出るつもりです。3月28日からリーグ戦が始まりますけど、僕のカードは組まれていないと思うので、4月10日までには間に合わせたいと思います」。
・ (主力選手の欠場が続いているが?)「そうですね、悔しいですね。でもまだ1ヶ月って言われて救われた気持ちもあります。リーグ戦をチャンピオンとして逃げないで出るって約束しているので」。
・ (全治1ヶ月で間に合うのか?)全治まで1ヶ月ってことはギブスは取れる。一週間は安静にと言われたけど、ケガに響かなければ足くらいは動かせるし、足さえ動かしとけば大丈夫だと思います」。
・ (ファンからも無理するなという声が上がったが?)「4月は無理じゃないので。望んでいたシングルリーグ戦なので。会社が盛り上がると思うし、それには参加したいです」。

##

 戦国武将祭でキックを食らって負傷。それでも、4月シリーズには出るつもり。長期にならない点は幸いなんだが、無理はしないでほしい。

 ノア主力選手の欠場状況まとめ。

▼長期欠場中である4選手の復帰予定時期
潮﨑豪   →春
KENTA  →夏
鈴木鼓太郎→秋
小橋建太 →年内?

▼新たに欠場
杉浦貴   →3月シリーズ全休で4月復帰?

 とにかく歯車が何かうまくいかないノア。不運ぶりには言葉を失ってしまう。各選手の回復を祈るしかないのだが…。

 さて、負傷つながりでは、7日の午前に「TAJIRIさんが病院に運び込まれたそうで」という書き込みがあって気になっていたTAJIRIの件(海外遠征中)。どうなった?
・ KUSHIDA (KUSHIDA_CANADA) on Twitter
##
TAJIRIさんが病院に運び込まれたそうで・・・何事だ
11:07 AM Mar 7th via web

病院に急行しま RT @diversxx: ん?心配。 RT @KUSHIDA_CANADA: TAJIRIさんが病院に運び込まれたそうで・・・何事だ
11:15 AM Mar 7th via ついっぷる

みなさま、ご心配かけて申し訳ありません。ご報告が遅れたことをお詫びいたします。
約18時間前 via web

TAJIRIさんの怪我の診断結果は、「軽い脳震盪と頭部の裂傷」でした
約18時間前 via web

とりあえず部屋に戻ってきて、安静にしております。
約18時間前 via web

いまのところ、今夜の試合も出場できる予定です。
約18時間前 via web

バタバタしていたもので・・・みなさんに、ご報告が遅れたことをお詫びいたします
約18時間前 via web

詳しいことについては、TAJIRIさん本人が自分の口から話したいそうです。言うな、と言われているもので、これ以上のことは言えません
約18時間前 via web

落ち着きは取り戻しています。
約17時間前 via web

##

 TAJIRIの状態が心配だったが、「TAJIRIさんが病院に運び込まれたそうで」という書き込みをしてから1日近く報告なしでツイッターを放置したKUSHIDAの行動は理解に苦しむ。

 スマッシュからのリリース。
・ Smash News TAJIRI選手の負傷について
##
3月4日(木)から8日(月)までの5日間の予定でカナダ・ウィニペッグに遠征しておりますTAJIRI選手が、7日(日)に遠征先で負傷をしてしまいました。その後、TAJIRI選手は病院にて診察を受けた結果、下記の通りの診断が出ました。

[診断結果]軽い脳震盪および頭部の裂傷

現在、TAJIRI選手は、幸いにして軽症で済んだことから、滞在先のホテルにて静養したのち、予定通り遠征スケジュールを消化しているとの報告を受けております。なお、今回の負傷についてですが、試合中に負ったものではないとのことで、詳細につきましてはTAJIRI選手の強い希望により、帰国後に改めて会見の場を設けましてTAJIRI選手本人よりご報告させていただきます。

##

 試合中ではない、幸いにして軽症で済んだ、ということ。とりあえずはホッとした。交通事故か何かなんでしょうか?

 レスラーの負傷関連のニュースを聞くことは本当に心臓に良くありません。

>>関連記事は人気ブログランキングで
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス2018 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー