フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

2018.03.21

似合う? 似合わない? 潮崎豪が「気合入れるため」坊主頭でグローバル・タッグ・リーグ出陣! 清宮海斗とのゴーカイタッグは1勝1分で始動

pick up ▼ニュース 【新日本】長岡大会21日(水祝)15:00ゴング メインは棚橋vs.ザックNJC決勝新日本プロレスリング株式会社が品川に移転3月21日(水祝)13:30ゴールドジム原宿ANNEX店「武藤塾」GHC王者・杉浦がハードヒット登場 光留は「自分がやりたい」と熱望東方英雄伝の日本開催、中国人レスラー勝利に大歓声【シードリング】欠場中の高橋奈七永が3・21後楽園でエキシビションマッチ出場【WWE】Bレスナー悪役、Rレインズ善玉作戦!アレクサ、アスカから逃げナイア戦発表 ▼情報&コラム 【全日本】諏訪魔がカシンの挑発に暴走 本紙記者をカマボコ葬アジアタッグ挑戦の新日本・中西 “昭和のプロレス”で大爆発だ「もう逃げられない」飯伏幸太の言葉で考えさせられたプロレスラーにとっての年齢蝶野正洋の新作フィギュア発売奥田啓介がIGF退団「はぐれてやる!」とはぐれIGFインターへ佐々木健介、妻・北斗晶好みのヒゲにチャレンジしていたことを告白北斗晶 15キロの犬を軽々持ち上げた!堀田祐美子「プロレスラーのパワー健在」ミス・モンゴル 授乳育児中の花粉症対策事情を明かす「おっぱい求めてくれる間まではお薬を断ちたい」3月25日(日)芳林堂書店高田馬場店[11:00公開記者会見][12:00先行発売トークショー] 小橋建太著書『がんと生きる』発売記念

 18日に開幕したノアの『GLOBAL TAG LEAGUE 2018』だが、潮崎豪が丸坊主で参戦して話題に。

Gokai_tag2
写真はノア公式、潮崎のtweetより

・ 博多大会 GTL開幕…王者アグレッション痛恨の開幕ドロー 意地の小峠仕留めきれず 3.18福岡・博多スターレーン大会試合後コメント
##
ーーなぜ坊主に?

▼潮崎 気合入れるためだよ! この前の横浜文体、清宮に触発されて、いろんな他の試合にも触発されて、俺も一から気合を入れ直すために。今日は清宮がああいう勝ち方をしたってことに意味があると思うし。直線的な戦いが続いたなかで、マサオさんが丸め込んできた。それを清宮が返して勝った。今までとは違った意味での心強さを感じました。

##

 3・11横浜文体では杉浦貴がGHCヘビー級王座奪取。前王者になってしまったが、拳王が台頭。次期挑戦者としては小峠篤司が名乗り。トップ戦線から退いた状況にある潮崎だったが、この状況や他の試合からの触発、そしてタッグを組む清宮海斗からの触発があって“気合い”の丸坊主。何かしでかしたわけではありません(笑)。

 似合わない? いや坊主でもイケメンで似合う? 出ている声は様々。だが、気持ちをカタチにしていくのがプロなのであって、これをひとつの突破口に浮上を狙ってほしいところ。








 当面のノア日程。

10817_tour_002

・ 大会日程 プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
##
▼GLOBAL TAG LEAGUE 2018
(タッグリーグは残り日程)
03月29日(木)18:30~栃木県総合文化センター・サブホール(宇都宮)
03月31日(土)18:00~後楽園ホール
04月03日(火)18:30~新百合トウェンティワンホール
04月07日(土)18:30~エディオンアリーナ大阪 第2競技場
04月08日(日)17:00~ふじさんめっせ(富士市)
04月09日(月)18:30~横浜ラジアントホール
04月11日(水)19:00~後楽園ホール

▼拳王デビュー10周年凱旋記念興行
03月21日(水)17:00~徳島市立体育館

▼Navig To The Northern Cross 2018(GHCジュニア・ヘビー級タッグ王座決定トーナメントほか
04月14日(土)18:30~札幌マルスジム
04月15日(日)12:30~札幌マルスジム

▼Navig. with Breeze 2018
04月28日(土)13:00~埼玉県産業技術総合センター・SKIPシティ (川口市)

▼GREAT VOYAGE 2018 in NIIGATA(杉浦貴vs.小峠篤司GHCヘビー級戦
04月29日(日)17:30~新潟市体育館

##


場外乱闘(人気ブログランキング)はこちらから

Photo


>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト

2017.06.13

三沢光晴が旅立った2009年6月13日から丸8年/故人を偲んで日テレジータスで15日まで三沢光晴特集

pick up ▼ニュース 【全日本】7・17後楽園での石川修司vs.諏訪魔三冠戦決定 手負いのT-Hawkが逆転で土井を撃破!「KING OF GATE」初制覇でYAMATOに挑戦へ【NEW】村上和成「白覆面1はオレ」自らバラすも“2”は「わかんない」 ▼情報&コラム KUSHIDAが本間朋晃の近況写真を公開スーパー・ササダンゴ・マシンが出場したポーカー大会をMONDO TVで7月20日より放映UWF『2017年のチキンウイングフェイスロック』前田日明vsターザン山本!KAMINOGE vol.67表紙

 日本のトップレスラーの1人であり、ノアの旗揚げ社長である三沢光晴が亡くなったのは2009年6月13日。あれから丸8年が経過した。

170526_07
写真はノア公式サイトより

 故人の功績を称え、在りし日を偲ぶ1日にできればと思います。

 日テレでは三沢の過去映像を蔵出し。
・ ノア&三沢&小橋 6月プロレス祭り プロレス CS放送 日テレジータス(日テレG+) 日テレがお届けするCSスポーツチャンネル
##
▼6月13日(火) 11:00~15:00
プロレスリング・ノアSP
~2007・7・15 日本武道館~
(GHCヘビー選手権)
三沢光晴 vs 田上明

▼6月14日(水) 10:30~16:30
緑の伝説!永遠の三沢イズム(VOL.1~3)

▼6月15日(木) 9:30~13:00
プロレスリング・ノアSP
~2003・3・1 日本武道館~
(GHCヘビー級選手権試合)
三沢光晴 vs 小橋建太

##

 ミッサッワッ! ミッサッワッ! ミッサッワッ!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.05.28

ノアでの紙テープ投げ入れが1年3か月ぶり解禁、6・4後楽園大会より/6・4大会前に三沢光晴追悼セレモニー お別れから8年

 ノアでの紙テープ投げ入れが1年3か月ぶり解禁、主要タイトル戦も開催となる6・4後楽園大会より。

170528_noah

・ 【6.4後楽園大会チケット好評発売中です!】6月4日(日)後楽園ホール大会より紙テープ投入れが可能となります【スムーズな大会運営にご協力をお願いいたします】
・ 【6.4後楽園大会チケット好評発売中です!】6.4(日)18時30分試合開始後楽園ホール大会情報【本大会は応援幕の掲出を禁止とさせていただきます】
##
■NOAH 6月4日(日)東京・後楽園ホール『Navig. with Breeze 2017』
17:45開場、18:30開始

◇お知らせ◇
●本大会では、演出・進行等の都合により、応援幕の掲示を禁止とさせていただきます。
●当日限定発売の一般立見、小中学生立見は『西側バルコニー』のみでの観戦となります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
●2016年3月12日よりファンの皆様にご理解、ご協力いただいておりましたが、本大会より紙テープの投げ入れが可能となります。なお、スムーズな大会運営とお客様に安全確保の為、投げる際にはテープの芯を抜き取り、選手コールの際のみご使用下さい。

◇故・三沢光晴 追悼セレモニー◇
第1試合前に三沢光晴選手の追悼セレモニーを開催いたします。セレモニーについては紙テープの投げ入れを可能とさせていただきます。三沢光晴選手の献花台をご用意させていただきます。ご持参いただきましたお花、ご供物など承らせていただきます。

<第1試合>
諸橋晴也
小川良成
Hi69
石森太二
(1/30)
YO-HEY
HAYATA
タダスケ
原田大輔

<第2試合>
熊野準
大原はじめ
(1/30)
齋藤彰俊
マサ北宮

<第3試合>
清宮海斗
(1/30)
潮崎豪

<第4試合>
ブライアン・ケイジ
(1/30)
杉浦貴

--休 憩(10分間)--

<第5試合>
▼GHCヘビー級選手権次期挑戦者決定戦
小峠篤司
(1/無)
拳王

<第6試合>
▼GHCタッグ選手権試合
[挑戦者]
ランディ・レイン
コーディ・ホール
(1/60)
マイバッハ谷口
丸藤正道
[第39代選手権者]
☆丸藤&マイバッハ組初防衛戦

<第7試合>
▼GHCヘビー級選手権試合
[挑戦者]
モハメド ヨネ
(1/60)
中嶋勝彦
[第28代選手権者]
※中嶋5度目の防衛戦

##

 大会前には、緑の紙テープで彩られる三沢光晴追悼セレモニーも。2009年6月13日のお別れから8年。スパルタンXの旋律とともに、三沢の功績を称えたい。

 紙テープは「投げる際にはテープの芯を抜き取り、選手コールの際のみ」との規制を守ってください。ここ1年3か月規制されていたのは、提携していた新日本プロレスと同期したものだと思われる。禁止されている団体があるということは、トラブルになる可能性はあるということ。マナーを守ることが、紙テープ舞うリングという伝統を守ることにもつなかっていく。

 大阪大会の結果。大原陥落、HAYATAがGHCジュニア初挑戦・初戴冠。ケイジが2戦目で潮崎に勝利。
・ 試合結果 2017年5月27日(土) 試合開始:18:30 エディオンアリーナ大阪 第2競技場
・ 大阪大会 HAYATAがGHCジュニア初挑戦・初戴冠! 石森表明を即諾 5月27日エディオンアリーナ大阪第2競技場大会試合後コメント


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.02.15

武藤敬司「なき三沢社長とは同い年です。丸藤、やろう」丸藤正道とのタッグ実現 鈴木軍撤退後のノア初ビッグマッチ3・12横浜文体

pick up ▼ニュース OSAKA女子プロレスが旗揚げ7年目で活動休止 ▼情報&コラム 真壁刀義20周年記念 新日本プロレスワールドが熱戦・歴戦227試合を無料公開新日本プロレスの真壁刀義が米映画「キングコング-」に出演 「オレに任せたらよー、こんなもんだ」「棚橋と中邑を引きずり下ろさねえと、新日本が終わると思った」真壁刀義“20周年記念”ロングインタビュー!!(第2回)【2月16日(木)25時29分~!】日本テレビ系「内村てらす」に棚橋弘至選手がVTR出演【藤波辰爾45周年ヒストリー】(1)入門するため別府温泉でプロレスラー探し ▼格闘技 【パンクラス】「格コン」実施へ 結婚サービス大手とタッグ中井りんが独占告白「あと10年は現役を続けるつもりです」

 14日、ノア後楽園ホール大会に武藤敬司が来場。丸藤正道とのタッグで3・12横浜文化体育館大会に参戦することが発表された。

C4osv58umaacpl
(写真はプロレスリング・ノア(@noah_ghc)さん Twitterより)

・ ザ・リーヴ presents「GREAT VOYAGE 2017 in YOKOHAMA」3月12日(日)横浜文化体育館大会 武藤敬司選手参戦!Impact Wrestlingより3選手の参戦が決定!
##
■ノア3/12(日)神奈川・横浜文化体育館『GREAT VOYAGE in YOKOHAMA 2017』16:00

▼GHCヘビー級選手権試合(1/60)
(第28代選手権者)中嶋勝彦 vs (挑戦者)潮﨑 豪
※中嶋4度目の防衛戦

▼GHCジュニアヘビー級選手権試合(1/60)
(第33代選手権者)大原はじめ vs (挑戦者)熊野 準
※大原2度目の防衛戦

▼タッグマッチ
丸藤正道&武藤敬司(WRESTLE-1) vs 対戦相手未発表

[参戦決定選手]
●エディ・エドワーズ(Impact Wrestling)
●ムース(Impact Wrestling)
●ジェームズ・ストーム(Impact Wrestling)

##

 後楽園ホールでのやりとり。
・ 「武藤敬司さん! 俺の横に一度だけでいいから立ってくれませんか(丸藤)」2月14日(火)後楽園ホール大会試合後コメント
##
【試合後リング上】

<丸藤>「ちょっとだけ時間をくれ。3月12日、横浜文体、俺のわがままを1つだけ聞いて欲しい。俺のプロレスキャリアの中で、1度でいいから俺の隣に立って欲しい人がいるんだ。今日、その人をここに呼んでいる」

場内に「HOLD OUT」が流れ武藤敬司が登場

<丸藤>「武藤敬司さん! プロレスラーの中で憧れの存在。俺の横に一度だけでいいから立ってくれませんか?」

<武藤>「自己紹介します。W-1の武藤です。なき三沢社長とは同い年です。いろいろと比較もされました。今年でキャリア33年、クラッシックでレトロなレスラーです。いささか体もガタが来ています。しかし、横浜文化体育館、試合一生懸命やります。丸藤、やろう」

【丸藤&武藤コメント】

―武藤選手を選んだのは?

<丸藤>「まずノアとして体制が変わって生まれ変わるという時期に、これがふさわしいのかと言われたら俺のわがままなんですけど、でも、俺もプロレスをやってきて、プロレスが好きで、プロレスを見て育ってきたんで、是非とも武藤さんと同じ場所に立ちたいなと。それでお願いしました」

―丸藤選手のイメージは?

<武藤>「まさしくジーニアス。天才ですよ。だけど今回こういうお話をいただいて、非常に光栄だと思っています。一生懸命頑張りますよ」

―対戦ではなくタッグだが?

<丸藤>「武藤さんには申し訳ないですけど下心ありのタッグだと思ってます」

<武藤>「下心? 何の下心があるんだよ(笑)」

―対戦するという?

<丸藤>「いやいやそこまでは言わないですけど。下心はあるという」

<武藤>「俺はピュアだからね(笑)純粋に参戦したく。ただ、リング上で言ったけど、比較された三沢社長の影が彼の後ろにちらつくし。ある意味、最近は自分でマスターズっていうのをやってて過去を振り返ってる時だからさ。そのうち彼もマスターズになっていくわけだからさ。今のうちに唾つけておかないと」

―新生ノアについてはどんなイメージが?

<武藤>「正直まだ、ノア自体久しくきてないから、まだ一概になんとも言えないですけど。ただ、勉強不足で選手の名前と顔が全然わからなくてですね。どういう相手を用意してくれるのか。全然わかりませんけど。まぁ、言えることは、これは俺と組むパートナーにはお決まりなんだけど、80%はパートナーが仕事すると。残りの20%で俺は勝負しますんで、よろしくお願いします」

##

 これを機に団体間の壁を越えて、複数大会集客への流れをつくっていきたいという“下心”あり!?

 タイミングとしては、鈴木軍撤退後初のノアビッグマッチ。そして、旧ノア運営会社の倒産発表後初のビッグマッチ。
・ 三沢光晴が創設したプロレスリング・ノアが破産決定~丸藤正道「前しか見てない」プロレス団体としてのノアは興行事業譲渡先で継続中 プロレス-格闘技 カクトウログ

 横浜大会という点では、先行発表されていたタイトルマッチ2試合に対しての追加カードが注目されていた。所属外の武藤参戦でテコ入れ。主役がノア現世代の大会とはなるものの、天国で三沢光晴が後押ししてくれているかのようでもある。以前に観戦していたというプロレスファンも、足を運びたくなるのではないでしょうか。

 武藤のコンディションはどうなんでしょう? 8日の「PRO-WRESTLING MASTERS」大会ではムーンサルトプレスを炸裂させている。
・ 武藤の新イベントに“プロレスの達人”が揃い踏み長州、藤波、ライガー、平成維震軍の競演に聖地熱狂 - スポーツナビ


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.02.08

全日本プロレス、ノアで活躍した泉田純が死去~心筋梗塞で享年51、詐欺被害で「40歳から人生がストップ」

pick up ▼ニュース 日本最古の女子プロ団体JWPの全選手が独立、新団体旗揚げへエル・デスペラードが右ヒザ負傷により、2.8栃木、2.9長野、2.11大阪大会を欠場。一部カードが変更へ ▼情報&コラム オカダが明かしたタイガーマスクW指名の真意髙橋ヒロムを狙う因縁のライバル、ドラゴン・リー 「2・11が面白くなることだけは保証するよ」【新日本】内藤 鉄人・小橋にまさかの“塩対応事件”起こしていたカシンが否定「赤覆面は私じゃない」 ▼格闘技 【パンクラス】中井りんが深刻悩み「心も身体も病んだ」【悲報】バダ・ハリ、監獄に逆戻りが決定

 全日本プロレスでは12日に千葉大会で追悼の10カウントゴング。プロレスリング・ノアでは11日の夢メッセみやぎ大会にて黙祷、10カウント弔鐘を鳴らす予定。両団体で活躍した泉田純が亡くなった。

Izumida
画像はノア公式より

・ 元ノアの泉田純さんが51歳で死去 死因は心筋梗塞 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
##
 全日本プロレス、プロレスリング・ノアで活躍したプロレスラーの泉田純さん(リングネーム・泉田純太朗)が亡くなっていたことが7日、分かった。死因は心筋梗塞(こうそく)で、51歳だった。
 関係者によると、泉田さんは1月31日に神奈川・相模原市内の自宅で遺体で発見された。警察による検視の結果、死因は心筋梗塞で、死去したのは1月25日前後と推定されている。すでに遺体は荼毘(だび)に付され、親族のみの密葬が営まれた。
 この日、全日本プロレス、ノアで共に汗を流し、後輩だった全日本プロレスの秋山準社長(47)は本紙の取材に「まさかと思った。調子が良くないのは知っていたけど…。いろいろあったけど、俺の中ではお世話になった先輩だからね」と声を落とした。
 さらに「『最後に(古巣の)リングに上がりたい』と言っていた。本来なら元気な姿で上がってほしかったけど、最後くらいはリングに上がってもらいたい」と話し、12日の千葉大会で追悼の10カウントゴングを鳴らす方針を固めた。
 泉田さんは大相撲の東関部屋に入門すると、1986年春場所で初土俵を踏み、幕下まで進んだ。91年の引退後は全日本プロレスに入門し、92年5月25日の仙台大会でプロレスデビュー。コミカルな動きで会場を沸かせ、2000年には故三沢光晴さん(享年46)らとノアの旗揚げに参加した。09年暮れの退団後は、フリーとして活動していた。

##

・ プロレスラー・泉田純さん、51歳で死去 巨額詐欺被害で「苦労と貧乏の日々が続いている」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
##
 泉田さんは現役時代の2005年ごろに知り合った女性元経営者から約8500万円の詐欺被害に遭ったとされる。昨年4~5月、詐欺罪に問われた元経営者の公判を傍聴した泉田さんは取材に「(詐欺被害で)40歳から人生がストップしている。このままだとホームレスになる」「苦労と貧乏の日々が続いている」などと苦悩を明かしていた。「(裁判所まで来る)電車賃もありません。これからどうやって生きていけばいいのか」とも話していた。
 元経営者は高級ホテルで豪遊し、他のプロレスラーや関係者に高級時計を贈るなど派手な生活ぶりで知られた。詐取した金額は「泉田さんを含め5億7000万円」と公判で供述。同経営者を資産家と信じた泉田さんは「金を貸してくれればすぐに返す」と言われ、知人からの借金や株を売って工面していたという。

##

 晩年はノアでの詐欺被害に遭い、本人は「40歳から人生がストップしている。このままだとホームレスになる」。晩年はノア被害での中心人物としての印象が強かった。天国で肩の荷を下ろしてリラックスして過ごせてればいいのだけれど…ご冥福をお祈りいたします。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.02.07

三沢光晴が創設したプロレスリング・ノアが破産決定~丸藤正道「前しか見てない」プロレス団体としてのノアは興行事業譲渡先で継続中

pick up ▼ニュース 【新日本】今年の「NEW JAPAN CUP」は“全大会”で公式戦を実施 準決勝は3.19浜松金丸&デスペラードのIWGPジュニアタッグ“挑戦表明”を受け、各大会の一部カードが変更へコマンド・ボリショイがJWP25周年大会を前に運営上の問題を吐露卓球の水谷隼 “大仁田魂”で引退宣言撤回!? ▼情報&コラム 【3月11日(土)公開!】映画『ヘッド・ショット』に後藤洋央紀が出演「稀勢マット界後援会」天龍、武藤、秋山、曙、丸藤で結成ミス東スポ2017・桜木まな美へ大仁田が“全日本仕込み”の技を伝授!「『豆腐プロレス』に殴り込め!」 ▼格闘技 【パンクラス】総合4連勝! 朱里UFC参戦宣言【ROAD FC】世志琥がMMAデビュー戦へ固い決意「やると決めたからには必ず結果残す」【パンクラス】中井りんとの再戦目指し、RIZINから村田夏南子が参戦

 6日、三沢光晴が創設した(株)プロレスリング・ノアの破産が決定した。プロレス団体としてのノアは興行事業譲渡先(別会社)で継続中となっている。

161203_noah_k7

・ 元・プロレス興行団体「ノア(NOAH)」の運営会社が破産 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース
##
 (株)ピーアールエヌ(TDB企業コード981080681、資本金1000万円、東京都江東区有明1-3-25、代表田上明氏)は、2月1日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は小畑英一弁護士(東京都千代田区永田町2-11-1、LM法律事務所、電話03-6206-1310)。

 当社は、故・ジャイアント馬場氏が立ち上げた「全日本プロレス」の人気プロレスラーとして知られ、99年から同社の代表に就任していた三沢光晴氏が、新団体の旗揚げに伴い2000年(平成12年)7月に設立し、初代代表に就任。選手、職員の大半が全日本プロレス出身者で構成されたプロレス興行団体「ノア」を運営し、本社および道場、合宿所を置く「ディファ有明」(東京都江東区)をメイン会場として、全国各地で興行を行い、試合会場での選手コスチューム、サイン色紙、タオル、ポスターなどの販売やリングマット上の広告料、ファンクラブなどの収入、テレビ放映権などを得て事業規模を拡大させた。

 しかし、2009年6月に三沢氏が広島市で行われた試合中の事故で死去する事態が発生。翌7月にプロレスラー兼取締役であった田上明氏が代表に就任したが、その後は有名選手の退団移籍なども重なり経営状態が徐々に悪化。2016年11月1日付で(株)プロレスリング・ノアから現商号に変更するとともに、興行事業をノア・グローバルエンタテインメント(株)<東京都千代田区、2016年11月7日付でエストビー(株)から商号変更>に譲渡し、破産申請の準備に入っていた。

 負債は調査中。

 なお、ノア・グローバルエンタテインメントに譲渡された「ノア」の試合・大会は予定通り行われている。

##

 何年にも渡って経営危機が伝えられてきたノアだが、事業譲渡に続く“決着”を見せたことになる。破産したのに選手たちは別会社で試合をしているわけだから、釈然としない取引先もあることだろう。さりとて、市場に成り立たなかったブランドを継承して、リング上での秘策らしさもないまま資金元が現れスタートしている新会社自体も不思議である。うまくいくとは普通には考えづらい。

 丸藤正道がインスタグラムを更新。
・ 丸藤 正道 marufujiさん(@marufuji_naomichi_) • Instagram写真と動画
##
何かが始まるときは何かが終わるとき。
終わると言っても全て「終わり」では無いんだ。
人として一番大事な部分、偉大な先輩たちの「意思」は俺達は引き継いでいる。
誰が何と言おうとそれは俺たちにしかわからないものもある。
新たなるステージへのステップアップだと思ってほしい。
こういう時に憶測や噂で何かを断言するのが一番良くないしかっこよくない。
数ヵ月前にも言ったが俺たちは「前しか見てない」
「やらぬ後悔よりやる後悔」
まだまだ足りぬところだらけだろう。
でも足りないってことはこれから伸びる「可能性」を秘めてるってこと。
ピンチや逆境など現場やリングにいる人間が一番わかってる。
そして今わかってることは「ノアは進化する」

見ていてくれ。

なんか不安になる人もいると思ったので書かせてもらいました。

##

 昨年末までの2年間で繰り広げられてきた鈴木軍との抗争では、ノア勢に見られぬ危機感が話題となっていた。昨年末からの新たな枠組みでの闘いには新鮮さはあれど、応援したくなる生き様がそこになければファンはついてこない。「前しか見てない」という意欲の高さを、これでもかこれでもかと繰り出していくノアになれるか。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2017.01.30

ノアが「新春やまだかつてないNOAH」1・24後楽園20分超動画を無料公開~小峠篤司がピコ太郎に扮して参戦

pick up ▼ニュース 【DDT】さいたまでHARASHIMA対竹下が決定“帝王”高山が男色殺法にもん絶中邑真輔がNXT王座陥落 左ヒザ痛めまさかのフォール負け ▼情報&コラム ミラノ先生が2月5日(日)“冬の札幌決戦”を徹底解説古舘伊知郎、プロレス実況時代から見るトランプ氏は「最高のコメディアン」

 ノアが「新春やまだかつてないNOAH」1・24 後楽園ホール大会ダイジェスト動画をユーチューブにアップしている。

Noah_yamada

・ 山田邦子がノアと感謝のコラボ興行!丸藤からフォール、オールスター戦開催にも意欲 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
・ 特別興行「新春やまだかつてないNOAH」 01月24日(火)18:30~後楽園ホール プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE

「新春やまだかつてないNOAH」1.24 後楽園ホール大会ダイジェスト

 20分超、リラックスしてお楽しみください。ヘビー級転向を果たした小峠篤司がピコ太郎に扮してPPAP披露&試合も。なお、抽選で対戦を決めたため、普段は見られないチームもあり。

 山田邦子さん、“よい快気祝い”となったことをノアに感謝。
・ 山田邦子 乳がん発覚から10年 イベント開催し「よい快気祝い」…ノアに感謝 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
・ ご観戦感謝‼️|山田邦子オフィシャルブログ Powered by Ameba


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2016.12.10

ワールドタッグ決勝はタマ&タンガvs真壁&本間、バレクラ重大発表、ドーム対決視野に柴田・後藤タッグ対決/新日12・10宮城17時ゴング

pick up ▼ニュース W-1・河野がイケメン粉砕でV1 若手軍「NEWERA」全敗で無冠に【超花火】1・29博多での爆破王座戦「船木誠勝vs田中将斗」が決定「ミス東スポ2017」グランプリ決定! グラドルレスラー・日里麻美らが栄冠 ▼情報&コラム 長州力「かませ犬」発言は「実際は言ってない」…金曜8時のプロレスコラム ▼格闘技 自らUFCの契約を解除しRIZINを選んだ川尻達也は“格闘技界の黒田”になれるかアリ氏に新たな栄誉 50年前の年間最優秀選手に選出「今日の基準で評価」

 10日、新日本プロレスのタッグシリーズがいよいよ優勝決定戦。新日本プロレスワールドで配信される。

161210_njwtl2
新日本プロレスワールドにて配信)

 決勝含む対戦カードが発表となっている。
・ 【12月10日(土)宮城大会・全カード!!】『WORLD TAG』決勝はタマ&タンガvs真壁&本間!オカダvsケニー、内藤vs棚橋、柴田vs後藤がタッグ激突!!【WT16】
・ 【12月10日(土)宮城で『WORLD TAG』優勝決定戦!当日券は“14時”より!】「大サイン会」を実施!FC撮影会はジュース!サブアリーナのグッズ販売は13時~!!【WT16】
・ 戦国炎舞 -KIZNA- Presents WORLD TAG LEAGUE 2016 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
##
■12/10(土)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(仙台)『WORLD TAG LEAGUE 2016』最終戦 16:00開場、17:00開始
※当日券は「14時」から発売

◇第1試合◇
デビッド・フィンレー
田口隆祐
(1/20)
タイガーマスク
獣神サンダー・ライガー

◇第2試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル
高橋裕二郎
バッドラック・ファレ
(1/30)
ヘナーレ
中西学

◇第3試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル
BONE SOLDIER
チェーズ・オーエンズ
(1/30)
ビリー・ガン
ヨシタツ

◇第4試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル
ブライアン・ブレイカー
リーランド・レイス
(1/30)
ハンソン
レイモンド・ロウ

◇第5試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル
BUSHI
EVIL
SANADA
(1/30)
永田裕志
小島聡
天山広吉

◇休憩前◇
▼BULLET CLUB重大発表

---休憩---

◇第6試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル
YOSHI-HASHI
後藤洋央紀
(1/30)
ジュース・ロビンソン
柴田勝頼

◇第7試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル
ルーシュ
内藤哲也
(1/30)
KUSHIDA
棚橋弘至

◇第8試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル
ハングマン・ペイジ
ケニー・オメガ
(1/30)
石井智宏
オカダ・カズチカ

◇第9試合◇
▼「WORLD TAG LEAGUE 2016」優勝決定戦
[Aブロック1位チーム]
タンガ・ロア
タマ・トンガ
(1/無)
本間朋晃
真壁刀義
[Bブロック1位チーム]

##

 BULLET CLUBの重大発表は、タイミングがあらかじめ休憩前に据えられた。

 柴田と後藤がタッグ対決。12・5京都『WORLD TAG』での公式戦で後藤を直接フォールした柴田は「おまえは何も変わってねえ。むしろ、中途半端に拍車がかかってる」とコメントした。後藤も「柴田勝頼、俺の完全復活には避けて通れない相手」と呼応したことから、この宮城大会の行方いかんでは1・4ドーム大会でのNEVER戦実現も視野となる。

 寡黙な柴田が長めに喋ると、それは何かを暗示する!? 10月にはノア潮崎戦へのインタビューにもしっかりと応じていた。ノア10・23横浜と新日1・4ドームでの潮崎2連戦を見据えていたのではないか(ノアとの関係解消により消滅)。


 みのる&ヒロム時限爆弾、そしてノアとの関係解消が一本の話でつながって見えてきた。

20161026_040621

■2015年12月、鈴木みのるが業界初の「時限爆弾」煽りコメントを打ち出す
(打ち出した当初は新日リターンだったかもしれないが、出向延期との関係なのか「杉浦の鈴木軍入り」として爆発)

■8月G1から新日プロが時限爆弾11・5大阪映像プロモーション
(鈴木軍リターンを最有力としていたものと思われる)

■10/10頃にノア身売り電撃決定、新日との関係解消の方向へ
(鈴木軍ミッションが12月ノア最終決戦に変更?)

■新日10・21後楽園で時限爆弾映像更新
(ヒロム凱旋を想像させる日本・イギリス・メキシコ・アメリカ国旗追加)

■ノア10・23横浜で柴田が潮崎に勝利
(ドームでのリターンマッチは消滅?)

■新日11・5大阪で時限爆弾ヒロム(高橋広夢)凱旋

■ノア12・2&3ノア-鈴木軍全面対抗戦、鈴木軍が敗退

■新日12・5京都で柴田が後藤を直接フォールして挑発

 こちらには「『時限爆弾」と最初に口にしたみのるの怒りが関係者に吐露された」との情報も。
Weeklyfight064cover・ '16年12月15日号ノア鈴木軍猪木初代タイガーKNOCK OUTマサ斉藤NXT大阪プ映画 [weeklyfight064.krm] - 440円 ファイト!ミルホンネット, 武道・プロレス・格闘技の”見る本”電子書籍出版&専門ニュース
##
(12/9発売)10周年通巻411号~週刊ファイト【A猪木の神対応】~ノア鈴木軍撤退ウラの裏~タイガーマスクと伊達直人~神興行KNOCK OUT~マサ斉藤覚醒!~WWE-NXT大阪上陸~映画舞台挨拶潜入/他
##

 みのるは公式に“ノア撤退後”のコメントらしきものを出していない。『KAMINOGE』12月号での連載「鈴木みのるのふたり言」の内容に注目?


 ほか、新日本プロレス関連。

 ワールドプロレスリングや大会のオープニング曲として使用される「The Score」はエマーソン・レイク・アンド・パウエル(Emerson, Lake & Powell)が手がけている。このメンバーであるグレッグ・レイク氏が死去。
・ 英バンド「ELP」のグレッグ・レイク氏が死去、69歳 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

 記事中の「エマーソン、レイク・アンド・パーマー」のメンバー入れ替えての再結成が「~パウエル」となる。グレッグ・レイク氏のご冥福をお祈りいたします。

Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム


 ファン253人が選ぶプロレス流行語大賞2016の1位は「ロス・インゴ・ベルナブレ~ス・デ!ハ!ポン!」内藤哲也。
・ プロレス流行語大賞2016 - 投票/アンケート - 人気ブログランキング

 棚橋弘至インタビュー。
・ 嫌な上司は「メタルスライム」だと思おう!~棚橋弘至の「全力」お悩み道場 (PHP Online 衆知(THE21)) - Yahoo!ニュース
・ プロレス復活の立役者、棚橋弘至 “猪木問答”で貫いた信念今も変わらず (THE PAGE) - Yahoo!ニュース


 なお、1・4東京ドーム大会の全カード発表会見は12日(月)15時となる見込みだ。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 新日本プロレスリング公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2016.12.06

鈴木軍撤退のノアが年内カード発表、最終戦で丸藤vs杉浦、中嶋vs北宮GHC戦~ノアの指針は内田会長「内部充実と純血路線」

pick up ▼ニュース BULLET CLUBから緊急アナウンス「12月10日(土)宮城大会で“重大発表”」新日本HARASHIMAが石川を倒しKO-D王座奪取竹下&ベイリー組がタッグ王座初戴冠城マニアの藤波辰爾、江戸城天守閣再建訴えるTAJIRIが公表「来春年明け早々よりWWEに戻ります」 ▼情報&コラム 【WWE・NXT】ナカムラ不敵な自信 来季WWE一軍へ【DDT】試合少なすぎ 飯伏フリー1年目を猛反省12月17日(土)18:00~20:00水道橋近辺(参加者のみに通知)松本浩代“祝タイトル奪取!&忘年会”『ローカルプロレスラー図鑑2017』発行プロジェクトがクラウドファンディング中 ▼格闘技 【RIZIN】ヴァンダレイ・シウバが年末欠場か神取忍や小池栄子の夫を飛び道具に。RIZINに潜む、年末格闘技の矜持

 12・3ディファ有明大会で鈴木軍に“全勝”したノア。抗争決着、鈴木軍撤退となって二夜明けた5日、年内残り大会の対戦カードを発表した。

161203_noah_k5

・ 2016年12月ツアー「Winter Navig. 2016」開催大会の対戦カードが決定
・ 年内最終戦、12.24後楽園にてGHC三大選手権、丸藤vs杉浦シングルマッチ開催決定!
・ 12-5【NOAH】12・24後楽園で3大GHC戦と「丸藤vs杉浦」決定 フリー&K-DOJO勢参戦…プロレス格闘技DX
##
 鈴木軍撤退後最初のツアーとなる『Winter Navig. 2016』は全10大会。最終戦となる12・24後楽園大会では、GHCヘビー級選手権試合「(選手権者)中嶋勝彦vsマサ北宮(挑戦者)」、GHCタッグ選手権試合「(選手権者)潮崎豪&マイバッハ谷口vsモハメド ヨネ&クワイエット・ストーム(挑戦者)、GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合「(選手権者)邪道&外道vs小峠篤司&原田大輔(挑戦者)」の3大GHC戦が決定。このほか「丸藤vs杉浦」のスペシャルシングルマッチも決まった。
 鈴木軍を離脱し“一匹狼宣言"を放った杉浦は、9日から始まるツアー各大会でノア勢とは一切タッグを組まない。フリー選手やK-DOJO勢も数多く参戦し、元K-DOJOのHi69や、元大阪プロレスのHAYATA、タダスケ、元WRESTLE-1の藤原ライオン、K-DOJOのリッキー・フジ、滝澤大志、吉野コータローや洞口義浩らもノアマットに上がる。
 また、新人の宮脇純太のプレデビューも決定。12・11高松大会のバトルロイヤルがプレデビュー戦となる。

12月9日(金) 18:30 名古屋市中村スポーツセンター
【主要対戦カード】
◆タッグマッチ
中嶋勝彦&小峠篤司 vs マサ北宮&大原はじめ
◆タッグマッチ
丸藤正道&拳王vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス
◆6人タッグマッチ
潮崎豪&マイバッハ谷口&石森太二 vs モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&小川良成

12月10日(土) 18:00 八幡浜市民スポーツセンター(2Fサブアリーナ)
【主要対戦カード】
◆タッグマッチ
中嶋勝彦&小峠篤司 vs マサ北宮&拳王
◆タッグマッチ
丸藤正道&大原はじめ vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス
◆6人タッグマッチ
潮崎豪&マイバッハ谷口&原田大輔 vs モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&小川良成

12月11日(日) 17:00 高松シンボルタワー展示場
【主要対戦カード】
◆6人タッグマッチ
中嶋勝彦&小峠篤司&原田大輔 vs マサ北宮&拳王&大原はじめ
◆タッグマッチ
丸藤正道&石森太二 vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス
◆宮脇純太プレデビュー戦バトルロイヤル
(出場選手)
潮崎豪、マイバッハ谷口、齋藤彰俊、小川良成、モハメド ヨネ、クワイエット・ストーム、熊野準、清宮海斗、宮脇純太

12月12日(月) 18:30 テクスピア大阪(泉大津)
【主要対戦カード】
◆タッグマッチ
中嶋勝彦&清宮海斗 vs マサ北宮&潮崎豪
◆タッグマッチ
丸藤正道&小峠篤司 vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス

12月14日(月) 19:00 新宿FACE
【主要対戦カード】
◆6人タッグマッチ
中嶋勝彦&潮﨑豪&マイバッハ谷口 vs モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&マサ北宮
◆タッグマッチ
丸藤正道&清宮海斗 vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス

12月17日(土) 18:30 盛岡体育館
【主要対戦カード】
◆タッグマッチ
中嶋勝彦&拳王 vs マサ北宮&小峠篤司
◆タッグマッチ
丸藤正道&原田大輔 vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス

12月18日(日) 15:00 秋田ふるさと村・ドーム劇場(横手市)
【主要対戦カード】
◆タッグマッチ
中嶋勝彦&石森太二 vs マサ北宮&原田大輔
◆タッグマッチ
丸藤正道&小峠篤司 vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス

12月19日(月) 18:30 栃木県総合文化センター・サブホール
【主要対戦カード】
◆6人タッグマッチ
中嶋勝彦&拳王&大原はじめ vs マサ北宮&小峠篤司&原田大輔
◆タッグマッチ
丸藤正道&石森太二 vs 杉浦貴&アレハンドロ・サエス
◆シングルマッチ
潮崎豪 vs モハメド ヨネ
◆シングルマッチ
マイバッハ谷口 vs クワイエット・ストーム

12月23日(金) 15:00 ディファ有明
【主要対戦カード】
◆タッグマッチ
中嶋勝彦&清宮海斗 vs マサ北宮&丸藤正道
◆シングルマッチ
潮崎豪 vs クワイエット・ストーム
◆シングルマッチ
マイバッハ谷口 vs モハメド ヨネ
◆宮脇純太 東京プレデビューバトルロイヤル
(出場選手)
齋藤彰俊、小川良成、小峠篤司、原田大輔、石森太二、熊野準、拳王、大原はじめ、アレハンドロ・サエス、宮脇純太

12月24日(土) 18:30 後楽園ホール
【主要対戦カード】
◆GHCヘビー級選手権
(選手権者)中嶋勝彦 vs マサ北宮(挑戦者)
◆スペシャルシングルマッチ
丸藤正道 vs 杉浦貴
◆GHCタッグ選手権
(選手権者)潮崎豪&マイバッハ谷口 vs モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
◆GHCジュニア・ヘビー級選手権
(選手権者)邪道&外道 vs 小峠篤司&原田大輔

★全ての対戦カードはhttp://www.noah.co.jp/tour.phpにてご確認ください

##

 内田雅之会長がノアの方向性についてコメント。杉浦と組むサエスからは名乗りがあったことを説明している。
・ 12-5【NOAH】“対鈴木軍後ノアの指針は「内部充実と純血路線」 各GHC王者と内田会長が所信表…プロレス格闘技DX
##
▼内田会長「本日は会見にお集まりくださいまして、誠にありがとうございます。2日・後楽園、3日・ディファ有明とひじょうに内容の濃い、壮絶な戦いを見せていただきました。私は就任して1カ月足らずですが、鈴木軍という2年間に渡って参戦したチームとの戦いに対して、やっとの思いで終止符を打つことができた。これはここにいるチャンピオンの中嶋選手、潮崎選手、谷口選手、小峠選手、それに触発されてノアの選手が力を取り戻したから、だと感じております。そしてノアの中での新たな戦いというのは“内部抗争"であると思いました。3日のディファでも、すかさず北宮選手が中嶋選手に対して名乗りを上げて、ヨネ選手、ストーム選手がGHCタッグへの挑戦を表明した。これは素晴らしいことだと思っております。我々もより一層、ノアの選手たちが大きく羽ばたいて、そしてノアの看板がまた光り輝くことを目標にしてやっていける。その覚悟と気持ちが起きました」

※その後内田会長が12月ツアーのカードを発表後、杉浦貴と新人デビューについて言及

▼内田会長「杉浦選手が鈴木軍を脱退いたしましたけれど、本隊には属さず、一人でノアの選手と戦う…と申しておりました。その後、リーグ戦にも参加したサエス選手。3勝4敗と大変健闘なさった選手なんですけど、彼がいち早く杉浦選手の呼びかけに呼応しまして、私のほうに杉浦選手と一緒に戦いたい、と申し出がありましたので、杉浦選手とサエス選手を組ませる…という形になりました。また、これまで練習生として頑張っていました宮脇純太選手が高松大会でプレデビュー戦を行います」

――内田会長、今回のツアーにはフリー選手やK-DOJO勢が多く参戦しているが、その経緯については?

▼内田会長「ウチは興行会社ですから、地方興行と言っても組む試合数は最低限ございます。そこで今参戦している選手の呼びかけに応えてくれた選手、だということですね。そもそも私が全日本にいた頃も所属選手は大体16~17人からスタートしていましたので、そこに外国人がいたり、フリーの選手が入ってきたりして運営していたので、そことあまり大きな違いはなく、興行を組んだということですね。それと先ほど小峠選手にあったGHCジュニアタッグの件ですが、やっぱり今のノアにはですね、鈴木軍を最終決戦で打ち負かした勢いがありますので、これを潮目としてですね、獲りに行くべき。この潮目に乗らない手はないんで。ある意味リベンジですから。これは片づけなきゃいけないだろうと思ってます。これからは“純血のノア"というものを、もう一度雑味とかそういうのを取り払ってですね、すっきりさせたいという思いが詰まった12月のシリーズになると思います」

##

 12・3ディファで芽生えた抗争を軸としながら、“一匹狼”杉浦の動向が注目という流れ。鈴木軍との抗争で台頭してきた中嶋と北宮が最終日にGHC戦。

 “今後は関係解消”と見られている新日本プロレス勢に関しては、ベルト保持中の邪道&外道が12・24後楽園に唯一参戦となる。

 鈴木軍撤退により刺激的な話題という点では後退は免れないが、新たな機運をつくっていけるかが問われる。試合内容の充実は前提として求められるが、それだけでお客さんを引っ張ってくるのも難しい。ノアがどういう仕掛けを見せてくれるのか。

 なお、参戦団体のKAIENTAI DOJOとは交流も。
・ 12.25 潮崎豪選手がKAIENTAI DOJOに参戦!

 撤退に関して鈴木軍からの声明は出ていない。
・ 【ノア】鈴木軍撤退で方舟マットどうなる?
##
 結果次第では就任わずか1か月で責任問題に発展する可能性があった内田雅之会長(54)はこの日「ホッとした。もし負けて私がノアを去ることになったら、私が“時限爆弾”だった」と安堵の表情を浮かべた。また屋台骨の丸藤正道(37)は「鈴木軍が何もコメントを出さないところに不気味さは感じるけど、俺はこれで終わりでいいと思ってる」と昨年1月から続いていた長期抗争の終結を宣言した。
##

 鈴木みのるは次なる闘いの場を物色しているところだろうか。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> プロレスリング・ノア公式サイト _ PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2016.12.05

鈴木軍がノア撤退、イッテンヨン出場を問われた鈴木みのる「その日はパイルドライバーの初売りとラジオの新年一発目だから」と煙に巻く

 2年に及ぶノア・鈴木軍抗争の“最終決戦”と謳われた12・2後楽園ホール、12・3ディファ有明大会は鈴木軍が全敗。鈴木みのる率いる鈴木軍のノア撤退は避けられない結果となった。
・ 「負けたら撤退」全面対抗戦は鈴木軍が全敗で終了、ノアは早くも団体内抗争ムードに突入~12月残り大会対戦カードは5日(月)会見で発表 プロレス-格闘技 カクトウログ

 3日には鈴木軍撤退をファンと共有するようなツイートを丸藤正道と杉浦貴が行った。

 抗争の行方とは別で、一部メディアには“落とし所としてディファ有明が最後となった”との情報も出ている。
・ NOAHだけはガチ! 新日本プロレスとの協力関係解消へ!■事情通Zのプロレス 点と線Dropkick『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部) - ニコニコチャンネルスポーツ

 4日には、みのるのグッズショップ原宿「パイルドライバー」でみのる自身が店頭に立ち、ファンに応対した。文字にしても差し支えのないところだけを振り返る。グッズ購入した上で「ブログに使わせてください」と写真もパチリ。

161204_piledriver3

 みのる自身がツイートしていたが、見事なまでに喉がかすれていた。「試合で声を出していたのと、(杉浦の攻撃で)いいのが入ってしまったからな。あと、一人でビールを飲んだのもきいたのかも(笑)」。

 ボクから「この都内3試合で鈴木選手がメインを務め上げた(3試合とも30分超)ことで、今後のノアの試合はファンに物足りなくなるのでは?」と問うと、みのるは「知らねぇよ」と一言。ただ、中嶋勝彦とのGHCヘビー級戦の37分01秒がGHC史上最長タイムらしいと言及した。確かに記録を辿ると、これまで36分台はあったが最長だ。強烈な闘いの記憶のみならず、記録をも刻んだことになる。みのると言えばコンディションもしっかりつくっていることが知られるところだが、本人曰く「みんなわかってないんだけど、長期戦の方が俺のペースなんだよ」とも。

 「イッテンヨン(1月4日 新日本プロレス東京ドーム大会)は出てもらえるんでしょうか」「その日はパイルドライバーの初売りとラジオ(SORAxNIWA原宿から毎週水曜日19:30『鈴木みのるのマンガ王にオレはなる!』)の新年一発目だから出れないんだよ」。

 怖いボスであるが、応対はやさしい。煙に巻いたのか、別プランがあるのか。

161204_piledriver4
(グッズ購入したらポストカードをもらえました)

 この2年間のノアに刺激を注入しまくり、最後も闘い抜いた自負はあるだろう。新しい鈴木みのるの闘い模様に注目せずにはいられない。

 なお、鈴木軍が去ったノア12月開催大会の対戦カードは5日に発表される。
・ 【12.5(月)13時~】記者会見の模様をLIVE配信いたします!
##
出席者
プロレスリング・ノア会長 内田雅之
GHCヘビー級選手権者 中嶋勝彦
GHCタッグ選手権者 潮崎豪、マイバッハ谷口
GHCジュニア・ヘビー級選手権者 小峠篤司
内容
・12月2日後楽園ホール大会、12月3日ディファ有明大会を終えて
・12月開催大会の対戦カード発表

##


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 原宿パイルドライバー公式
>> プロレスリング・ノア公式サイト _ PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP ALL TOGETHER DDT DEEP DREAM DREAM2009 DREAM2010 FEG2011 FIKA GAEA JAPAN HERO'S HERO'S2007 IGFイノキゲノムフェデレーション K-1 K-1 2007 K-1 2009 K-1 2010 K-1&HERO'S2008 Laughter7 PRIDE RINGS RIZIN U-STYLE UFC UWAI STATION WWE ZERO1 ZST やれんのか! アニメ・コミック アントニオ猪木 ウェブログ・ココログ関連 カクトウログ カール・ゴッチ ガチ相撲 キン肉マン グルメ・クッキング ゲーム コメントチェック ゴング復刊 スポーツ スマッシュ ツイッター ドラゴンゲート ニュース ハッスル ハッスル2008 ハッスル2009 ハッスル2010 パソコン・インターネット ビッグマウス プロレスリング・ノア プロレス・エキスポ プロレス一般 プロレス大賞 ボクシング リキプロ ワールドビクトリーロード 三沢光晴 修斗 健介オフィス 全日本プロレス 全日本プロレス2007 全日本プロレス2008 全日本プロレス2009 全日本プロレス2010 全日本プロレス2011 全日本プロレス2012 全日本プロレス2013 全日本プロレス2014 全日本プロレス2015 全日本プロレス2016 全日本プロレス2017 全日本プロレス2018 前田日明 垣原賢人 夢の懸け橋 大阪プロレス 女子プロレス 小川直也 小川直也VS橋本真也 小橋建太 山本小鉄 携帯・デジカメ 新日本プロレス 新日本プロレス2007 新日本プロレス2008 新日本プロレス2009 新日本プロレス2010 新日本プロレス2011 新日本プロレス2012 新日本プロレス2013 新日本プロレス2014 新日本プロレス2015 新日本プロレス2016 新日本プロレス2017 新日本プロレス2018 新日本プロレス【G1】 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東北地方太平洋沖地震 柴田勝頼 栗原あゆみ 格闘技一般 桜庭和志 桜庭和志VS田村潔司2008 橋本真也 海外 無我ワールド 田村潔司 石井慧 秋山成勲失格問題 芸能・アイドル 速報2007 速報2008 速報2009 速報2010 速報2011 速報2012 速報2013 速報2014 速報2015 週刊プロレス 週刊前田日明 週末地上波テレビ&イベント情報 選手との交流戦◆カクトウログ 金原弘光 鈴木みのる 高山善廣 [不定期]ワープロ・チェッカー WRESTLE-1

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー