2017.09.14

アントニオ猪木「まさか、この年になって、切符売りをしなければいけない」~生前葬という猪木劇場メインの無謀興行10・21両国発表

 14日、アントニオ猪木が記者会見を行い、『INOKI ISM.2 猪木劇場~アントニオ猪木生前葬~』10・21両国国技館大会が正式に決定した。

Inokiism_seizen_hp

・ INOKI ISM.2 ~アントニオ猪木『生前葬』~
##
INOKI ISM.2 ~アントニオ猪木『生前葬』~開催決定

三途の川でジャイアント馬場と対決ダァー!! 9月14日、都内のホテルで『INOKI ISM.2 猪木劇場~アントニオ猪木生前葬~』の記者会見が行われ、同大会で行われるカール・ゴッチ杯2017に出場する桜井隆多、"brother"YASSHI、鈴川真一、ヂエゴ安楽、ムエタイワンマッチに出場するWMC世界ピン級王者・吉成名高、タッグマッチでタッグを組むタカ・クノウと蓮見隆太が出席し、それぞれ熱い思いを語った。
とはいえ、会見の主役は北朝鮮から帰国したばかりの猪木氏。一般メディアからは北朝鮮に関する質問が集中したが、大会の話になると生前葬ということで過去幾度となく熱望しながら結局実現しなかった故・馬場氏との対決をぶち上げた。

「ある日馬場さんから『挑戦を受ける。三途の川で待っている』という連絡があった。昔は100%勝てる自信があると言っていたが、いまはそれ以上の確率で勝てる。だって三途の川だったら足がないから、16文キックを食らわなくて済むだろ(笑)」

現時点で生前葬にはスタン・ハンセン、タイガー・ジェット・シン、ドン・フライ、藤原喜明らの参列が決定しているが、生前葬ならではのイベントも企画中という。大会当日のサプライズに期待したい。

##

 公式サイトの記載にあるように、ジャイアント馬場との三途川決戦という架空話をネタにした「生前葬」という趣向での猪木劇場が興行の目玉。

 試合としてのメインは、当初案はスコット・ノートンではなくドン・フライだったのかもしれないが、いずれにせよレジェンド対決。
・ アントニオ猪木が紫色マフラーで「生前葬」会見 馬場との“三途の川”マッチに勝利予告「なぜなら(馬場には)足がない」 – 週刊ファイト
##
 発表された対戦カードは全7試合。この夏に復帰を表明した“猪木最後の弟子”藤田和之の名前はなし。カードも二転三転したのか、配布されたカラーチラシでのスコット・ノートンの名はシールで貼られ、剥がすとドン・フライ。検討されていたのか連絡ミスなのか。チラシ印刷時点ではフライvs.ピーター・アーツというメインだったようだ。

■ INOKI ISM.2 猪木劇場~アントニオ猪木生前葬~
10月21日(土)16:30開始予定 両国国技館

参列/スタン・ハンセン、タイガー・ジェット・シン、ドン・フライ、藤原喜明

<第1試合 カール・ゴッチ杯2017 1回戦5分2回戦>
鈴川真一vs.ヂエゴ安楽

<第2試合 カール・ゴッチ杯2017 1回戦5分2回戦>
桜井隆多vs.“brother”YASSHI

<第3試合 タッグマッチ30分1本勝負>
タカ・クノウ&蓮見隆太vs.ロッキー川村&マックス・ザ・ボディ

<第4試合 30分1本勝負>
ハマーストーンvs.モンターニャ・シウバ

<第5試合 ムエタイマッチ ピン級3分3回戦>
吉成名高vs.セガイ・ラッチアノン

<第6試合 カール・ゴッチ杯2017 決勝戦5分2回戦>
第1試合の勝者vs.第2試合の勝者

<メインイベント 時間無制限一本勝負>
スコット・ノートンvs.ピーター・アーツ

##

 カードを見渡しても、箱に見合う集客力があるわけではない。過去の猪木プロデュース興行には参加選手にそれなりの厚みがあり、猪木ファンもギリギリの納得感をもって応援してきたはず。本来は味付けであったはずの猪木劇場が、ついに今回、事実上のメイン化を遂げてしまった。

 猪木は何を思う? 日本のプロレス界での一番の功労者とも言っていい猪木の口から「まさか、この年になって、切符売りをしなければいけない」という言葉が飛び出す現実。
・ 猪木「元気があればあの世の旅も楽しめる」一問一答 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 猪木 いろいろな選手と交渉しているようです。何せ、時間が短かったということもあります。急いで、これからやらないといけない。興業屋として、どの会場をいっぱいにしないといけない。まさか、この年になって、切符売りをしなければいけない。マッチ売りの少女はかわいいけど、切符売りのおじさんはかわいくない。当日、出来れば面白いことをさせていただければと思います。
##

 勝算があるのかどうか、サッパリわからない。猪木さえいればスポンサーが動くの?

 何より、「生前葬」が特別なものになるとは思えない。これまでも古稀をはじめ、猪木は節目節目をボクらの前にさらけ出してきた。仮に興行にかかわるのがこれが最後であるなら、のちのち意味があったというオチになるかもしれないけれど…。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> INOKI ISM カール・ゴッチ没後10周年 モハメド・アリ没後1周年大会 「ISM」
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

| | トラックバック (0)

2017.09.12

これが噂のISM第2弾大会!? 帰国したアントニオ猪木が自身の10・21両国「生前葬」開催を予告、14日に会見へ

pick up ▼ニュース 【新日本】10・21東金で25周年記念試合 永田と中西が一騎打ち9月12日(火)23:15テレビ朝日「陸海空 こんな時間に~」獣神サンダー・ライガーが出演【全日】王道T連覇狙う諏訪魔“裏切り者”ドーリング潰し誓う大鵬孫 納谷幸男デビュー戦のレフェリーは北沢幹之氏 ▼情報&コラム 「ひよっこ」和久井映見と菅野美穂がプロレス 4の字固め応酬にネット反響9月16日(土)13:00三井アウトレットパーク木更津 長州力、天龍源一郎がイベント出演 ▼格闘技 【RIZIN】那須川天心の相手は清水聡にも勝ったアマチュアボクシング五冠王9.10「SWAT」ディファ大会でアウトサイダー佐野哲也が腕十字固め勝利

 参院議員としての外交で北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木が11日に帰国。この中で「元気がなくなってきてるね、俺も」と衝撃発言、自身の生前葬の開催を予告した。

Coralz
CORALZ アントニオ猪木専属マネジメント 肖像権・商標権・著作権管理・出演依頼より)

・ 猪木氏 まさかの発言「俺も元気がなくなってきてる」 10・21生前葬開催へ (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木参院議員(74)=が11日、羽田空港に帰国し、会見を開いた。冒頭、おなじみの「元気ですか!」であいさつしたが「元気がなくなってきてるね、俺も。ここに来るまでに息切れをした」とまさかの発言。来月21日に開催する自身の生前葬に、今回会談した朝鮮労働党の李洙ヨン(リ・スヨン)副委員長を招待したと明かした。

(中略)

 「体もだいぶん弱ってきていて、息切れもきつくなってきた」という自身の体調も考え、10月21日に両国国技館で自身の生前葬を行うことも明かした。李洙ヨン副委員長にも「そこに是非きてくださいよ」と話題を振ったところ、生前葬の文化が北朝鮮にはなく、あまり理解してもらえなかったようだった。

##

・ 猪木氏、10月の生前葬に北朝鮮関係者を招待へ (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
##
 猪木氏 スポーツ交流は、ぜひ進めていきましょうと。一昨年、北朝鮮に行った時に師匠・力道山のひ孫が柔道をやっていまして、かなり有望だそうです。私の体も大分、弱ってきていて息切れもする。来月21日に、両国国技館で生前葬を行う話になっているそうで、ぜひそこに来て下さいと話をした。(中略)生前葬に李さんを呼ぶのは難しい。力道山のひ孫、柔道チームなら…五輪も近いし、そういう意味ではスポーツ交流という部分で。政府の方も、うんと言いにくいでしょうけど、言ってくれれば今からでも準備できる。

 猪木氏は「振り上げた拳を下げるきっかけを、米国も日本も含め、待っているのでは…私の勝手な考えですが」として、自らの生前葬を、対話の新たなきっかけにしたいと希望した。生前葬については、14日に都内で開く会見で詳細を明らかにするという。

##

 同日の両国イベントについては、9/1時点から週刊ファイトが「猪木のISMの第二弾大会が、10月21日の両国国技館だそうです」との情報把握を明かしていた。
・ [ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本 – 週刊ファイト

 開催となれば藤田和之参戦も視野になり、この大会との関係なのか、一度は藤田が大仁田厚の相手とされた10・31大仁田引退興行のメインもはっきり発表できない状態のようだ。

 現時点で生前葬が猪木ISM第2弾大会として開催されるかどうかはわからない。ただ、「元気がなくなってきてる」自身の生前葬を持ち出し、生前葬を北朝鮮との対話のきっかけにしようとする意図で“10・21両国開催”を一般メディアに乗せた猪木には唸らされた。ひとまず14日の会見を待ちたい。

 猪木の北朝鮮訪問の振り返りについてはこちらなど参照を。
・ 【猪木氏北朝鮮訪問まとめ】自民議員の訪朝希望伝えたと明かす 対話路線を主張 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 ストップへの働きかけが期待されたミサイル・核兵器開発については「国際社会が圧力をかける限り、実験を続ける」との北朝鮮側の見解を引き出すにとどまった。日本からの訪朝団という提案については受け入れの意向を得ている。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> INOKI ISM カール・ゴッチ没後10周年 モハメド・アリ没後1周年大会 「ISM」
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー