2017.11.16

週プロ『2018プロレスラーカラー選手名鑑』が過去最多847人掲載/棚橋弘至とケニー・オメガが名鑑“表紙”に言及

pick up ▼ニュース 【新日本】「ヤングライオン杯」第2戦も川人&岡&北村が快勝 11・16新宿【東方英雄伝】メインに藤田&カシン登場 エース王飛デビュー戦敗れる「次は勝つ」【NOAH】クリスマス興行3年ぶり復活 12・25新宿FACE『NOAHful Gift 2017~ファン感謝祭~』ヨシタツがジャケット着用でイケメンと初タッグ結成大仁田厚氏がツイート「俺は日馬富士関知っているが礼儀正しい男なんだ」WWE PPV「サバイバーシリーズ」の対戦カードが凄いことに@ブラックアイ3さんまとめ ▼情報&コラム 【新日本】内藤&ヒロム、ロスインゴ創設者と再合体の意味とはKUSHIDAが女性ファンの前でJr.ベルト奪還誓う【長州力インタビュー〈2〉】注目している選手は飯伏幸太11月23日(木祝)15:00東京ドームシティ×街コン第二弾「プロレス好き×街コン」HARASHIMA、高尾が登場11月26日(日)17:30(山形大会終了後)パブワンラブ「ドラマティックパーティー in ワンラブ2017」HARASHIMA、ディーノ、松野12月9日(土)22:00(熊本大会終了後)博多駅近郊「男色せいもん払い2017」ディーノ、竹下、彰人12月16日(土)18:30世田谷区・麺ジャラスK『デンジャラス忘年会』川田利明トークイベント2018年1月10日(水)19:00仙台・電力ホール『FIRST SOLO JAPAN TOUR 2018』棚橋弘至トークイベント元全日本プロレス取締役・青木謙治氏がケンドーカシンと10年ぶりの再会を果たしたわけ ▼格闘技 LINEスタンプ「UFC×キン肉マン」11月19日より販売開始【ROAD FC】藤田が明かした惨敗舞台裏

 15日、週刊プロレス恒例の選手名鑑号が発売となった。前年より188人多い、過去最多の847人掲載となっている。

171115_wp

171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き


 ローカル団体や小規模団体が新たに扱われたり、初めて載る選手がいたり、それでも「あの選手は載らない?」ってのもたまにあったり、大仁田厚はやっぱりいないから引退したんだとか、顔ぶれだけでも物語あり。内容に目を移せば、さらに楽しみどころだらけとなる。

 名鑑としての“中表紙”もあり、そちらはこれからの若い選手で構成。ぜひ手に取って確かめていただければ。

 棚橋弘至とケニー・オメガが名鑑表紙(こちらは店頭に出る外表紙のこと)に言及している。

・ クウ人|棚橋弘至 オフィシャルブログ powered by Ameba
##
表紙に2年ぶりに復活♪わー!
##

 昨年は棚橋は載らなかったのか、そのあたりシビアなんだなぁ。王者としてベルト戦線に戻ってきていることもあり、マット上でも表紙でも“復活”の感。

 ケニーが気にしているのは“オカダを順番で越えられない”ということなんだろうが、そういった向上意欲を持つのは素晴らしいこと(実際には表紙の“中央寄り”の選手が注目選手のようにも見える)。表紙を巡っての物語あり。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> 週刊プロレス(@shupromobile)さん Twitter
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト読者が多くCHECKしてるアイテムは?>

Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月5日発売予定!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月5日発売予定!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

Pride_kaneko▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

| | トラックバック (0)

2013.11.20

週プロ増刊2014プロレスラー写真名鑑号が発売に~読者が選ぶ「プロレスグランプリ2013」投票ハガキつき

pick up ▼ニュース ノア田上が引退試合の相手、藤波を訪問 ドラゴンロケット出る?今年の大晦日年越しプロレスは16選手参加の「三団体最強決定トーナメント」を開催11月20日(水)18:53「くりぃむクイズミラクル9 2時間スペシャル!」棚橋弘至が出演11月20日(水)19:00邪道&外道が、東京ドーム演出・佐々木敦規氏&川上アキラ氏&清野アナの「ソラトニワFM」に出演 ▼情報&コラム 内藤 大トリ争奪戦負けたら「セミ降格」11月21日(木)発売『週刊少年チャンピオン』飯伏幸太が登場!! 路上プロレスしたい新日本の選手とは?12月15日(日)17:00神戸リングソウルにて後藤洋央紀選手イベント棚橋、内藤、後藤が参加!12月25日(水)クリスマス当日にファンクラブ限定イベント開催決定セッド・ジニアスが大仁田厚に“集団リンチ”されて気づいた、社会保障とライフトレーニングの重要性

 『週刊プロレス増刊 2014プロレスラーカラー写真名鑑号』が20日、発売となった。

131120_wp▼new! 週刊プロレス増刊 2014プロレスラーカラー写真名鑑号 2013年 12/5号 [雑誌] 11月20日発売!485人の顔写真&最新データが中カラー40ページで満載。名鑑部分は本体からの取り外し可能になっていますので、2014年のプロレス観戦のお伴に保存版としてご活用ください。今号には読者が選ぶ「プロレスグランプリ2013」の投票ハガキもついています。

 週刊プロレスモバイルでの告知より。
##
 お待たせしました! 今週号は年に一度のプロレスラーカラー写真名鑑をお届けします。今年は昨年以上を上回る485人の顔写真&最新データが中カラー40ページで満載。表紙の顔ぶれは先週号で告知していた通り、13年の各団体の顔というべきレスラーを集めました。名鑑部分は本体からの取り外し可能になっていますので、2014年のプロレス観戦のお伴に保存版としてご活用ください。今号には読者が選ぶ「プロレスグランプリ2013」の投票ハガキもついています。昨年同様、7部門の受賞対象を書き込んだ上で、どしどしご投票ください。抽選で100名様に好きなプロレスラーの写真をプレゼント。投票結果は年内最終号でお伝えします。さて、今年のグランプリは誰だ!?
 巻頭カラーではW―12度目の後楽園大会を紹介。真田聖也のTNA世界ヘビー級王座挑戦ほか、何が起こるかわからない同団体の魅力を伝えています。ほかにも普段とはひと味違うカードが組まれたNOAHの川崎3連戦、里村明衣子が引退を懸けて弟子の花月戦に臨んだセンダイガールズの仙台大会、ZERO1&DDTの後楽園大会など、各団体の試合リポートを取り上げています。新日本の1・4東京ドームに向けて「4人の主役たちに聞く」その第一弾は内藤哲也インタビュー。ブーイング問題について、大いに語っています。毎週水曜日発売(一部地域によって発売日は異なります)。

##

 読者が選ぶ「プロレスグランプリ2013」の投票ハガキつき。そんな季節が来ましたか。


↓最新情報はこちらから
Ranking_sk

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> SportsClick:プロレス

■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2013.09.02

野田佳彦前首相、週刊プロレス表紙に首相経験者として初登場~KENTAと対談2ショット

130904_wp 今週4日発売の週刊プロレス誌の表紙に民主党の野田佳彦前首相が登場する。スポーツ報知が独自に報じた。
・ 野田前首相が「週プロ」表紙!首相経験者初登場!!KENTAと対談:社会:スポーツ報知
##
 燃える闘魂もびっくり!? 政界きってのプロレスマニア、民主党の野田佳彦前首相(56)が、首相経験者としては初めてプロレス専門誌の表紙を飾ることが1日、分かった。4日発売「週刊プロレス」誌上で、「プロレスリングNOAH」のGHCヘビー級王者・KENTA(32)と対談。表紙には2人がガッチリと組み合った写真が掲載されている。

 格闘技に精通しているという野田氏が、ついにプロレス誌の表紙を飾った。「前総理はプロレスの味方です」の表題とともに、ニッコリ笑顔でKENTAと組み合う衝撃的な写真。佐藤正行編集長(48)によると、同誌の創刊30周年の目玉企画として野田氏に対談依頼をしたところ、「アントニオ猪木氏のナックルアローより速く」OKの返事が来たという。政治家とプロレスラーの対談は、アントニオ猪木参院議員や馳浩衆院議員などの元プロレスラー以外では初めてだ。

 KENTAとの対談は、時間無制限一本勝負で行われた。力道山時代にプロレスファンになった経緯をはじめ、自身のプロレス論を大展開。衆院の解散総選挙を事実上明らかにした、昨年11月の自民党・安倍晋三総裁(58)=現首相=との党首討論について「議員バッジを外すつもりでしたので、負ける気がしなかった。頭の中に入場テーマ曲が鳴っていた」と振り返った。ちなみに野田氏が自分の入場曲としているのは「ロッキーのテーマ」だという。

 野田氏のプロレス好きは、政界で知らない者はいない。5月には日本武道館で行われた元プロレスラー・小橋建太さんの引退興行のセレモニーに足を運び、花束を贈呈。05年の本紙インタビューでは「(格闘家の)ヴァンダレイ・シウバのように、自民党の顔面に踵(かかと)を落としてやる」、昨年12月の衆院選直前は「安倍さんはバックドロップからの逆エビ固めであぶくを吹かせたい」とことごとく格闘技に例え、ファイティングポーズを取っていた。佐藤編集長は「誌上対談でも、ご自身がファンだったジャンボ鶴田さん(故人)の話とか、マニアな話が飛び出しましたよ」と明かした。

 今は党勢が衰え、がけっぷちの民主党。「昔はプロレスを見ていたのが、今はプロレスに何を見るかですね。人生を見ちゃいます」という野田氏。プロレスはカムバックのドラマがつきものだが、この対談が巻き返しの起爆剤になるか―。

##

 野田前首相のプロレス好きは有名。これまでにも数々のレスラーとの親交をみせてくれたが、週プロ表紙ですか!

 野田さんが首相になったときには、こんな話題もありました。
・ ユークス(新日本プロレス親会社)株価が大幅上昇~新首相に野田氏(趣味は格闘技観戦)選出で カクトウログ

 何か起きるかなぁと期待しましたが…いや、これからも連動して何かできるチャンスはあるはず。プロレス好き政界関係者のみなさん、プロレスをよろしくです!


↓最新情報はこちらから
Ranking_sk

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> SportsClick:プロレス
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2012.07.18

論外の逮捕を「斟酌されていいはずはない」と特集した週プロ、今週は「今こそNOSAWAを救え!」

 NOSAWA論外と紫雷イオが大麻取締法違反で逮捕(のちに不起訴)された直後、5月30日発売の業界誌『週刊プロレス』No.1633は、論外をクロと決めつけたような書き方をしていたことを覚えているファンも多いことだろう。
・ 週刊プロレス 6月13日号
##
NOSAWA論外と紫雷イオ、大麻取締法違反で逮捕
NOSAWA論外とは何者なのか?

##

 佐藤正行編集長による巻頭特集でした。部分的に引用。
##
・ 仙台市内で泥酔した揚句、タクシー窃盗容疑で逮捕された前科がある(※カクトウログ注:正確にはNOSAWA論外に前科はありません)。
・ 容疑の段階であることを思えぱ、論評を避けるべきかもしれないが、誤解を恐れずにいうと、NOSAWAのイメージは救いようのないところまできたと言わざるを得ない。
・ 今回の逮捕は決定的。NOSAWAをかばい続けてきた周囲の思いまで裏切る形になった。
・ (NOSAWAにはチャーミングな面があるが)今回の逮捕が斟酌されていいはずはない。
・ NOSAWAはイオにとって公私ともにマネージャー的役割を果たしていたとも聞く。

##

 「本人は否定」との報道から、まだ周囲のレスラーが信じている段階だった。なのに、週プロはなぜかクロが決定的であるかのような書き方。しかも、他媒体にない“公私ともにマネージャー的役割”というような情報付加で拍車をかけるような記事。

 みなさん御存じのように、論外&イオは無罪が証明される。
・ 論外&イオは無罪であり被害者! 絵に大麻を仕掛けたSUGIが謝罪会見~全容が徐々に明らかに: カクトウログ

 これを受けた、本日・18日発売の週刊プロレスは?
・ 週刊プロレス 8月1日号
##
▼巻頭特集
NOSAWA論外、大麻騒動を語る
潔白証明、いまこそNOSAWAを救え!
▼あらかると
大麻所持問題が急展開。SUGIが真相告白&謝罪。冤罪の論外&イオを直撃

##

 一転して、「潔白証明、いまこそNOSAWAを救え!」。

 しっかりとした謝罪は掲載されているんだろうか。手に取りたいと思う。


↓最新情報はこちらから
Ranking_om

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> NOSAWA - Wikipedia
>> NOSAWA論外 (nosawarongai187) は Twitter を利用しています
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2012.04.26

今週の週刊プロレス表紙は“金曜8時の奇跡”~藤波辰爾40周年興行での奇跡のショットが表紙に

pick up ▼ニュース ロウ・キーの猛撃でデヴィットがリタイア寸前! 5・3福岡IWGP Jr.戦はどうなる!?=新日本4・25周南結果5.3『レスリングどんたく』福岡大会で声優・橘田いずみさんがリングアナウンサーに初挑戦北朝鮮高官、アントニオ猪木氏に「核開発継続」を明言【動画配信】アントニオ猪木が北朝鮮について共同通信のインタビューに答えましたアントニオ猪木酒場のアントニオリブが更に美味しくなりましたアントニオ猪木の生い立ちが中学校社会科の副教材に掲載されました5月4日ユニオン後楽園実験リーグカード決定&チェリーコメントVKF20周年記念大会は7月29日に開催 ▼情報&コラム 6月17日(日)Bar-Jin特別感謝イベント『鈴木鼓太郎 誕生日パーティー』開催プロレスラー 金本浩二「元嫁は金の亡者」…ツイッターで不満を吐露“異次元遭遇”キャプテンvsレインメーカー!! 4・8後楽園の注目試合をオンエア!=ワールドプロレスリング ▼格闘技 人命救出の山本“KID”徳郁に新恋人発覚で、元妻周辺から強烈ブーイング!?【石井館長】ボクシングは頭部へのダメージが多い!しずちゃん注意を

 今週の週刊プロレス。表紙を目にして、思わず声が出た人も多かったんじゃないでしょうか。

120425_wp▼new! 週刊 プロレス 2012年 5/9号 [雑誌] 4月25日発売!金曜8時の奇跡/藤波辰爾デビュー40周年ファイナル/アルバムシリーズ23"デンジャラスK"川田利明の記憶/飛龍の子は飛龍! 藤波二世がプロレス入門を直訴

 当日の写真入り観戦記はこちら。
・ 藤波辰爾デビュー40周年4・20後楽園ホール大会速報観戦記まとめ~エンディングで起きた奇跡: カクトウログ


↓最新情報はこちらから
Ranking_ts

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> SportsClick:プロレス
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2012.03.28

頂きを取れ!! あいつ(レインメーカー)を止めろ!!~今週の週刊プロレス巻頭にも新日本プロレス広告

pick up ▼ニュース 本日28日発売『GスピリッツVol.23』は創立40周年記念特集 金曜夜8時の新日本プロレスプロレスリング・ノア事務所にて反社会的勢力排除講習を開催いたしました違反したら契約解除、クビですZERO1-AUSTRALIA旗揚げへ里村明衣子vs仙台幸子=ダイヤモンドリング4・14仙台 ▼情報&コラム 第1弾は予定数が完売の大盛況!棚橋弘至『逸材★BODYのつくりかた』発売記念イベント(報告)ついに3月31日に発売決定!鈴木軍オフィシャルジャージ「軍団着(グンダンギ)」AV引退!?の小向美奈子が女子プロレス界に殴り込み?4月3日(火)19:30阿佐ヶ谷 ユリオカ超特Qの中邑真輔出演トークライブに栗原あゆみも出演

 先週は異例の表紙後ろ見開きに新日本プロレスの広告が入り、ちょっとした話題になったが、、、
・ 「黄金時代?」週プロ巻頭の新日本プロレス広告が話題に/キューティー鈴木特集カラー24ページ: カクトウログ

 本日28日発売分の『週刊プロレス』誌でも広告継続。内容は買ってのお楽しみ。

120328_wp
▼new! 週刊 プロレス 2012年 4/11号 [雑誌]
3月28日発売!全日本・両国 SPECIAL/春、三冠、散る。/されど―武藤敬司、ここにあり!/方舟の旅! 大谷&大地がNOAHタッグリーグ出撃/女子頂上決戦、奈苗勝つ/ワールドリーグ戦の歴史

 ちなみにキャッチコピーは「頂きを取れ!! あいつ(レインメーカー)を止めろ!!」です。

、、、すみません、仕事が立て込んでまして、本日はここまで。


↓最新情報はこちらから
Ranking_ts

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ベースボールマガジン社 SportsClick:プロレス
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2012.03.22

「黄金時代?」週プロ巻頭の新日本プロレス広告が話題に/キューティー鈴木特集カラー24ページ

120321_wp_2 今週の21日発売分『週刊プロレス』誌。ちょっと記憶にない、最初の見開きを使った広告(通常は右側の表紙裏のみ)。初めてじゃないかな?

 広告主は新日本プロレス。「黄金時代?まだまだこんなもんじゃない!」とのコピーでメディア情報と大会日程をまとめている。ツイッター上でカッコイイと話題に。

 中カラーでは、キューティー鈴木特集ぶち抜き24ページ!

 こんなカットが見れます。
・ キューティー鈴木さんに言われたんです。「宍倉さん、結婚するとき…」|生きていることが奇跡!!宍倉清則のいまのキモチ
・ 不思議だ…実は月曜の昼間に本ができていたんです|生きていることが奇跡!!宍倉清則のいまのキモチ

120321_wp
▼new! 週刊 プロレス 2012年 4/4号 [雑誌]2012年 3月 21日発売 特別定価500円 秋山準「NOAHをもう一度、旗揚げ当時の団体に戻したい」 魂の叫び/何が起こった? 3・18横浜決戦/アルバムシリーズ"伝説のアイドル"キューティー鈴木/目指すはIWGP史上最年少王者、橋本大地2年目の誓い


↓最新情報はこちらから
Ranking_ts

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ベースボールマガジン社 SportsClick:プロレス
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2012.01.10

新日本プロレスin東京ドーム1.4速報号(週プロ増刊)は火曜発売/週プロ本誌は水曜発売

 連休終わりを嘆いている読者も多いことでしょう。年末年始と3連休の余韻は、これで楽しむべし。ベースボールマガジン社の公式ページより、週刊プロレス増刊および本誌発売情報。

●新日本プロレス「レッスルキングダムⅥ」1・4東京ドーム大会詳報
1月10日(火)発売

週刊プロレス増刊 新日本プロレスin東京ドーム1.4速報号 2012年 1/21号 [雑誌]
№1612
オールカラー52ページ/定価600円
特別付録=大会当日の模様を特急印刷した特大ポスターつき
全11試合の詳細リポートはもちろん、新日本提供グッズお年玉プレゼントあり!

●年末年始のプロレス界を増ページで総ざらい!
新日本1・4東京ドーム以外にも全日本1・2&3後楽園、ZERO1元日後楽園、IGF&DREAM大みそか決戦、ブル中野引退興行1・8TDCホール etc
1月11日(水)発売

週刊 プロレス 2012年 1/25号 [雑誌]
№1613
特別定価500円
そのほかレジェンド1・8後楽園、大日本1・2後楽園、ドラゲー1・7&8名古屋、DDT大みそか&インディー年越し後楽園、SMASH12・30後楽園...などなど。注目大会完全網羅!!


 カクトウログ管理人、恥ずかしながら仕事にハマっております(3連休とも出勤でクタクタ)。しょっぱい簡易更新でスミマセン。


↓最新情報はこちらから
Ranking_ts

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ベースボールマガジン社 SportsClick:プロレス
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2011.10.05

週プロ掲載「主要14団体完全ガイド」はガチ!?~「勢力図」のみならず「今後の課題」まで指摘

pick up ▼ニュース 武藤敬司の約10年越しの夢が実現! 全日本プロレスがフィットネスジムをオープン会見動画ありZERO1日高が『蛙男商会』と合体 地元・島根大会をPR“恐怖の大王”の噂を追ってTAJIRIがベルギーへ!=SMASH ▼情報&コラム 10月15日(土)14:00水道橋“新日本所属”となった小島聡が初サイン&撮影会10月9日(日)16:00頃 棚橋&後藤が埼玉工業大学「秋桜祭」に登場「新潟日報」に真壁の“稲刈り”が掲載される“負け犬”の伝説『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』書籍レビュー永島のオヤジが語る『東スポ』式“流血の魔術”【噂の三面記事】ぬるぬる相撲に出ていなかった石井は何をしているんだろう@小川直也キンコロの入場曲、偽曲と本物を聞き比べてみよう@多重ロマンチックさん ▼格闘技 ビビアーノ・フェルナンデス「一歩一歩踏みしめながら闘います」インタビュールーカス娘が再び日本上陸、パーキーが負傷欠場=10.29DEEP西岡利晃がアメリカで大スターに!?ラスベガスの聖地で勝った意味とは

 昨年好評を博したという「プロレス主要14団体完全ガイド」が本日5日発売の『週刊プロレス』誌に掲載されている。
・ 週刊プロレス 10月19日号 SportsClick:週刊プロレス
・ 表紙は橋本大地に破壊王イズムを伝承した天山広吉! 「週刊プロレス」10月19日号(vol.1599)は10月5日(水)発売!!
・ プロレスリング・ノア公式サイト | PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
##
《巻頭特集》主要14団体完全ガイド2011秋
▼各2ページ
新日本プロレス
全日本プロレス
NOAH
DRAGON GATE
▼各1ページ
DDTプロレスリング
ZERO1
大日本プロレス
▼各1/2ページ
健介オフィス
IGF
みちのくプロレス
大阪プロレス
K-DOJO
SMASH
▼1ページ
WWE

##

 スペースが多く割かれている団体は、取り扱い項目が多い。冒頭の4団体は「勢力図」「タイトルホルダー」「セールスポイント」「秋のキーマン」「決定分の大会日程」「注目のマッチアップ」「注目の新世代」「今後の課題」となっている。

 まずは各団体の勢力図がバラエティに富んでいることに目を奪われる。IGFなんてどう図にするんだと思ったら…ああ、なるほどね。ぜひお手元で観戦の参考にしていただければと。

 けっこうガチに感じたのは「今後の課題」という項目。新日本は「ジュニア新世代の台頭(生え抜き新世代が手薄)」、全日本は「諏訪魔のライバル不在」、ノアは「小橋の完全復調」となっていた。これまで試合レポートの中などで指摘されてきたものもあるが、こうやって改めて整理されると、シビアに感じるもんです。ノアの「注目の新世代」には「なし!」と書いてある。

 こういういい意味でのイジリ路線というのは日本のプロレス雑誌にはなかった路線で面白い。いやまぁ、そういう路線というのではなく、ボクがそう受け取っているだけだけで広がらないか(笑)。

 今のファンは信じられないだろうが、ボクらが子供のころにはプロレス百科のようなものが子供向けに売っていたりしたことをふと思い出した。選手名鑑をワクワクしながら見てたなぁ。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> SportsClick:プロレス
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

2011.08.03

武藤敬司「それは一レスラーとしての責任」~8・27「ALL TOGETHER」武道館出撃へ前向き姿勢

pick up ▼ニュース 新日本「プロレス道場 夏休み特別教室」を8月24日(水)に開催8.7後楽園ホールで大谷、大地、自演乙タッグ結成か=ZERO1天下一JrにオーストラリアNo.1ベビーフェイスが初参戦健介オフィス8月1日ホームタウンマッチ試合結果8月4日ホームタウンマッチチケット完売地下プロレスによる「富士山頂プロレス」ふたたび! 雷雨とヒョウの中試合強行で大荒れ!!BY砲(仮)がAMA、チーム丸顔と2連戦!イオは「スターダムに出られるだけで胸いっぱい」=記者会見飯田美花が右目眼窩底骨折で長期欠場 ▼情報&コラム 覚醒した男たち!@金沢克彦8月20日(土)神取ら築地本願寺で復興プロレス8月24日(水)19:00新宿 チェックマンと魔神のためのプロレス・トークライブ7月22日(金)~9月15日(木)京王八王子で「K-8 キン肉マン マッスルショップ」開催中8月6日(土)22:30東京MXテレビ「先端!ニューカマー」アントニオ猪木フィギュアが紹介されます蝶野正洋、プロレスに関するビジネス論を伝える有料メルマガを配信 「ビジスパ」からアイドルが「冬の時代」を吹き飛ばす!?格闘文化の最新型“ももクロ”の魅力 ▼格闘技 正拳突きでKOなるか!?菊野克紀が『DEEP55』廣田瑞人戦に向け公開練習元DEEPミドル級王者の上山龍紀がU-FILE CAMPより独立、新ジムをオープン格闘技「K-1」事実上の身売りか!? 主な商標が"海老蔵暴行ビル"の所有会社に移管世界ヘビー級にそびえ立つ、クリチコ兄弟という巨峰~WBAなど主要団体の王座を独占

 開催まで1か月を切った8・27「ALL TOGETHER」日本武道館決戦。本日3日発売の「週刊プロレス」誌では3団体首脳が大会意義や経緯を語っている。ぜひ、ご一読を。

・ 週刊プロレス 8月17日号 No.1589 2011年 8月 3日発売
・ 「ALL TOGETHER」へ向けて3団体首脳が語る!! 週刊プロレス8月17日号(vol.1589)は8月3日(水)発売!!

 巻頭特集では、佐藤編集長が全日本プロレス7・31名古屋大会を総括。この中で、武藤敬司のAT武道館に関してのコメントが紹介されていた。
##
武藤「間接的にいろんな人に声をかけてもらった。内田社長からお願いされたら出ざるを得ない。それは一レスラーとしての責任」
##

 一時は東スポ(AT大会を主催)に取材拒否を打ち出してきた武藤が、ついに出撃の決断間近。

 小橋が武藤とのタッグ結成を呼び掛けている。最新カード動向はこちら参照を。
・ 諏訪魔は3冠戦挑戦者に秋山準を指名へ~8・27武道館は王者トリオvs中邑&KENSO&杉浦か: カクトウログ

 なお、同じ8・27であるがIGF両国国技館決戦。週プロではアントニオ猪木インタビューによって異種格闘技戦がテーマで煽られている。


↓最新情報はこちらから
Ranking_njajnoah

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレス
>> ALL TOGETHER公式ツイッター (@alltogether_jp) は Twitter を使っています
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー