フォト

最近の記事

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのチームロゴをデザインした新たなキャップが完成! フロントにはL・I・Jのロゴを、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

2010.01.02

藤田は強度の脳震盪、廣田は右上腕骨を骨折/一夜明け、DREAMと戦極が今年の日程を発表

pick up 『Dynamite!!』投票経過~大会MVPベストバウト投票ページDynamite!! -勇気のチカラ2009- FIGHT VOTEはこちら対戦カード~全日本1・2後楽園昼全日本1・3後楽園昼川田が関本を一蹴! 元日に王座防衛=ZERO112・31後楽園カウントダウンプロレスに2010人が熱狂=天下三分の計風香が新世代アイドルと対戦=NEOお疲れさま、スティーブ@小佐野景浩PPV番組を最大13大会視聴できるセット「WWEスペシャルリングサイド2010」発売柔道女子48kg級で起きた“政権交代”谷亮子から福見友子へ

 大晦日興行「Dynamite!!」から一夜明けて会見が行われた。Yahooトップに「青木の試合後侮辱に厳重注意」と出るなど、話題いろいろ。
・ kamipro.com | ニュース | 廣田、高谷は骨折、藤田は脳震とうで安静! ミノワマンはベルトを要求!?
・ kamipro.com | ニュース | 谷川&笹原EPが青木問題から魔裟斗の今後まで新春大放談
・ 【FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~】一夜明け会見(SRC)
・ DREAMと戦極が10年の日程を発表 - 格闘技ニュース : nikkansports.com
##
=対抗戦で4人負傷=
廣田瑞人:右上腕骨骨折 要手術
藤田和之:強度の脳震盪 1日絶対安静
高谷裕之:右眼下底骨折
キム・ジョンマン:右眼下底骨折及び左手親指骨折

=2010日程=
▼DREAM
第1弾は3月後半に関東地区で開催予定。
・ 08~09年は新年度第1弾大会が階級ごとのグランプリ開幕戦であったが、2010年はワンマッチイベント予定。
・ フェザー(63キロ)級とウェルター(76キロ)級、それぞれに他階級から大物選手が転向参戦してくる予定。
▼SRC(戦極)
3月7日両国国技館を開催。
・ ワールドビクトリーロード稲村角雄常務取締役は「3月7日は両国国技館で行います。7月、11月も予定している」。
▼K-1
第1弾は3月後半に開催予定(MAX日本予選)。
・ 恒例の70キロトーナメントと並行して60キロトーナメントを開催するプランもある。
・ 無差別級のワールドグランプリは、4月上旬に開幕予定。

=DREAM=
・ 笹原EP「(青木の試合後のパフォーマンスについて)厳重注意を与えました。試合前は挑発があってもいいですが、試合が終了すればノーサイドです。そこは厳重に注意をしました」
・ 笹原EP「(結果的に廣田選手の腕が折れてしまったことについては)折れる前にレフェリーが止められたかもしれませんし、セコンドが察してタオルを投げられたかもしれませんし、そこはまったく青木選手を責める気はありません。廣田選手はタップの意志を示さなかったですからね」
・ 笹原EP「(今後のSRCとの関係について)まだ話はしていませんが、3月に大会もありますし、こちらは5勝4敗と勝ち越しましたので」
・ 笹原EP「(青木と川尻のDREAMライト級タイトルマッチ)一発目の3月になるのか、その次の大会になるのか。試合が終わったばかりなので、2人ともすぐには頭が回らないと思いますが、実現させていきたいと思っています」
・ ミノワマン「すいません、いいですか? え~と、一応、優勝ってかたちなんですけど、あの~、優勝してから『チャンピオン』と言われるんですけど、ベルトとかはないんでしょうか? もしくは、賞金だとか、そういうのはないんでしょうか?」
・ 笹原EP「え~とですね、ベルトは作ってなかったですし、賞金もまったく考えてなかったので(苦笑)。ハルクトーナメントっていうのは、いわゆる世間的なベルトだとか、賞金だとかっていうものを超えたところにあるトーナメントなんで。そんな小さいことを言わずにですね(笑)。

##

 アリスター・オーフレイムのヒザ蹴りで失神。心配された藤田和之は強度の脳震盪で1日絶対安静。今のところ大事に至った情報はなく、尾を引くものがないことを祈りたい。

 青木真也にアームロックで腕を不自然な方向への曲げられた廣田瑞人は、右上腕骨骨折で要手術とされた。主催者としては“試合後のパフォーマンス”のみを問題視した姿勢を表明。妥当なところでしょう。

 まだ三崎和雄の判定など抗議提出がされている件もあるが、大晦日大会として大きくスキャンダラスなこともなく大会が終わったことにホッとしたい。

 会見で思わぬオチがついたのがミノワマン。そうか、ベルトも賞金もなかったんだ。笹原プロデューサーのかわしかたも面白い。発想としては視聴率用のネタとしてのトーナメントだったと思うんだが、それを見事なまでに自分の世界観にしていたミノワマンには、ちょっと会場で感服させられた。動きはもう一つだったので、いまいちどコンディションをつくってさらなる活躍を見せてほしいです。

 さて、大晦日興行が中止となったSRC(戦極)は、意外にも3月7日・両国国技館を発表。興行人気面は順風ではないはず、どう構成してくるのか。対抗戦の継続があるかどうかが注目される。


※25:15追記

 携帯サイト「プロレス・格闘技DX」によると、一夜明け会見に来場していた稲村角雄営業統括本部長が囲み会見に応じたという。石井慧の次戦については「夏までには」とし、DREAMとの対抗戦継続については「大晦日のイベントがひとつのきっかけと思っていましたので、これからも話し合いができれば」としたとのこと。

>>関連記事は人気ブログランキングで
>>DREAMオフィシャル / SRCオフィシャル
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2010.01.01

青木が中指! 藤田失神! 金メダル対決で金的! 実に8時間半の大晦日興行「Dynamite!!」事件簿

091231kamipro 魔裟斗引退試合、石井慧デビュー戦、DREAMと戦極の対抗戦を軸に行われた「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」さいたまスーパーアリーナ大会が盛況のうちに幕を閉じた。

 当サイトでは速報しました。記事をひとつにまとめました。
・ 大晦日12・31「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」さいたまスーパーアリーナ、速報観戦記まとめ: カクトウログ

 angle JAPANさんレポートを中心に事件的なトピックスをピックアップする。
・ DREAM | FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~
・ スポーツナビ|格闘技|速報 Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~
・ kamipro.com | Dynamite!! [埼玉・さいたまスーパーアリーナ] 『FieLDS Dynamite!!~勇気のチカラ2009~』
・ angle JAPAN: 最後まで魔裟斗は魔裟斗らしく笑顔で引退!DREAM×SRCの対抗戦に戦慄が走る!

▼大会前に桜庭和志とホイス・グレイシーのトークショー

・ 大会前に桜庭和志とホイス・グレイシーのトークショーが行なわれた。「何を話しましょうか?」という司会の問いに「下ネタ」(桜庭)「I can.(いいよ)」(ホイス)と序盤から両者はリラックスしたムードだった。桜庭vsホイス伝説の激闘から9年、笑顔でトークショー

▼K−1甲子園リザーブファイト K−1甲子園ルール
[OP]○藤鬥嘩裟(2R 3:00、判定 2-0)日下部竜也×

▼K−1甲子園準決勝戦 K−1甲子園ルール
[1]×HIROYA(2R 3:00、判定 0-3)野杁(のいり)正明○

▼K−1甲子園準決勝戦 K−1甲子園ルール
[2]○嶋田翔太(2R 3:00、判定 2-0)石田勝希×

▼スーパーハルクトーナメント〜世界超人選手権〜決勝戦
[3]○ミノワマン(3R 3:29、KO)ソクジュ×

▼K−1ヘビー級ワンマッチ
[4]×西島洋介(3R 3:00、判定 0-3)レイ・セフォー○

▼K−1甲子園決勝戦 K−1甲子園ルール
[5]○野杁正明(3R 2:00、3-0)嶋田翔太×

▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[6]×柴田勝頼(3R 5:00、判定 0-3)泉浩○

・ 柴田勝頼「すいません、負けてしまいました。とにかく悔しくてしかたがないんで、年明けてから練習してまた頑張りたいと思います。以上」。

▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[7]×高谷裕之(1R 2:54、レフェリーストップ)小見川道大○

▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[8]×桜井“マッハ”速人(2R 3:56、腕ひしぎ逆十字固め)郷野聡寛○

・ 氣志團の大ヒット曲『ONE NIGHT CARNIVAL』で郷野入場! ボーカル・綾小路翔は桜井“マッハ”速人の呼び込みも行なった。紅白級の予告入場

▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[9]○メルヴィン・マヌーフ(1R 1:49、レフェリーストップ)三崎和雄×

・ 早すぎるストップについて三崎サイドが試合後に抗議! 主催者は1週間後にこの抗議に対し回答する旨がアナウンスされた。

▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[10]○所英男(3R 5:00、判定 3-0)キム・ジョンマン×

・ 所のセコンドに前田日明の姿あり!

・ 所は観戦していた知人の内藤大助に「もう一丁お願いします」と現役続行を求めるマイク!

▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[11]○川尻達也(3R 5:00、判定 3-0)横田一則×

▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[12]×山本“KID”徳郁(3R 5:00、判定 0-3)金原正徳○

・ KIDは判定負け! 試合後に腕立て伏せをして「まだまだ出来る」とアピール。

▼雷電杯 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
[13]○吉田秀彦(3R 5:00、判定 3-0)石井慧×

100101nikkan・ 煽りVでは立木文彦氏の声で「大晦日、吉田秀彦の戦極。いざ!」という戦極でお馴染みのフレーズが!

・ 2R、石井のヒザが吉田の下腹部に入ってしまい、吉田は悶絶してダウン。ファールカップに破損があったようで、吉田はファールカップの交換とダメージ回復のためインターバル(待つこと約10分間)が取られる。石井は減点1となる。

・ 吉田「有明でやるんであれば最後(の試合)にしようかなと思っていたが、(DREAMと)一緒になって魔裟斗選手の引退試合に水を差すわけにはいかないですし、ゆっくりやりたいなと。次の試合が決まれば、それが最後になるんじゃないかなと思います」とラスト1試合で引退を示唆するような発言も! しかもその試合がSRCで行うかどうかについては、「分からないです」と意味深発言。

・ 石井は病院直行のためノーコメント。

・ 報道も散々? 「屈辱初陣…石井“金メダル対決”金的で完敗」「石井弱かった 吉田に惨敗」「タマらん…吉田貫禄星!次戦引退を表明

▼DREAMvsSRC対抗戦5分3R
[14]○アリスター・オーフレイム(1R 1:15、KO)藤田和之×

・ 藤田のセコンドについたケンドー・カシンがPRIDEと書かれたTシャツを着て登場!

・ ロープ際の藤田はかつてミルコ・クロコップと対戦した際にヒザ蹴りをカウンターでもらってしまったときのように、モロにヒザ蹴りを頭部にもらってダウン!

・ あまりにダメージが大きい藤田を見てレフェリーは試合を止めたのだが、試合後レフェリーの診断を受けている藤田の様子が映し出されると、瞬きをせずに手を仰いでいたため場内は騒然! 幸い意識はあったが、首を動かさないように担架に乗せられて運ばれていった。

▼DREAMヘビー級ワンマッチ 5分3R
[15]○ゲガール・ムサシ(1R 1:34、レフェリーストップ)ゲーリー・グッドリッジ×

▼DREAMvsSRC対抗戦5分3R
[16=セミ]○青木真也(1R 2:17、アームロック)廣田瑞人×

・ 青木のアームロックに意地でもタップしない廣田! 青木曰く「絞ってる時点でバリバリ鳴ってたんですけど、こいつタップしないなと。だから躊躇なく折ました」。廣田の右手がブランブランしている状況の中、青木は倒れている廣田を見下ろして中指を突き立てる!

・ この行為に関しては、インタビュースペースで「ちょっと興奮して失礼な態度を取ったことは素直に詫びたいと思います」と謝罪した青木。最後のアームロックは「笹原さんが『刺しに行け』って言って、しっかり刺せたんで、(技名は)笹原圭一2010です(笑)」。『戦極』を終わらせてやったな、と…青木コメント全文

▼魔裟斗引退試合 K−1ルール 3分5R延長1R
[17=メイン]○魔裟斗(5R 3:00、判定 3-0)アンディ・サワー×

・ この日の入場者数が45,606人と発表。この入場者数は、2009年に世界で行われた格闘技イベントの中で最多。

・ 前半で大幅に時間を押してしまい、何と15時の試合開始からメイン前まで休憩なしで進行するという異常事態! しかも所英男以外試合後のマイクアピールは一切なしの上、当初第16試合(セミ)の予定だったムサシvs.グッドリッジと第15試合の予定だった青木vs.廣田の順番が入れ替わり、さらにムサシvs.グッドリッジと第14試合の藤田vs.アリスター戦の煽りVはカットされてしまった!

・ メイン前には約5分間の休憩がやっと取られたが、魔裟斗引退試合、引退セレモニー、さらにその後の出場選手や来場した選手がリングに集合し、何人かの選手が挨拶をする閉会式が終了したのが23時10分過ぎ! オープニングファイトが14時45分頃から開始したことを考えると、何と約8時間半興行となった。

               * * *

 会場で観戦しました。TBSは録画しましたが、まだ観てません。番組構成はあまり評判が良くないようだ。

 大会時間が押してたということで、テレビ局との折衝や運営は大変だったことでしょう。青木の行為は、そういうものも含めたすべてへのイライラだったのかもしれない。

 中指を立てたことについてはそんなに問題視することはないと思うが、青木の腕折り勝利は戦慄だった。試合後にハグして終わるものも多かっただけに、異彩を放つ。対抗戦はDREAMサイドの5勝4敗。藤田の担架退場はたしかに会場ビジョンでハラハラしながら観たものだが、大事になってないことを祈りたい。続報を待つ。

 石井慧のデビュー戦は報道でも散々。これが、当初予定の“有明コロシアムのメイン”で行われていたとしたらゾッとする。判定決着が多かったのは残念だが、DREAMと戦極の対抗戦でケンカ腰の格闘技を堪能できた大会だった。

 会場も満員で大盛況。とはいえ、魔裟斗が引退し、石井がイマイチデビューとなり、戦極(SRC)興行の先行きも不明。格闘技界は安泰とは言えない。2010年も関係者とともに、ボクらファンで格闘技界を盛り立てていこうではないですか!

 当ブログについても、今年も地道に更新していきますので、よろしくお願いいたします。

>>関連記事は人気ブログランキングで
>>【音でます注意】Dynamite!!公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2009.12.31

大晦日12・31「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」さいたまスーパーアリーナ、速報観戦記まとめ

 大晦日12・31「Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~」さいたまスーパーアリーナ大会を会場で観戦しました。速報観戦記を試合順に並べ替えましたので、改めてどうぞ。[観戦記全文
091231_dymt
・ 【27時更新】Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~(スポーツナビ)
・ FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~(DREAMオフィシャル)

続きを読む "大晦日12・31「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」さいたまスーパーアリーナ、速報観戦記まとめ" »

速報します、ダイナマイト大晦日決戦 15時開始~DREAM×戦極、石井慧デビュー、魔裟斗引退

pick up 大晦日人気ブログランキング田村潔司のDREAM次戦3月で交渉か「どこかで花道を…」吉田秀彦、来年春にも引退試合か石井に援軍!亀田興毅がリングサイド観戦ブレット・ハートのWWE・RAW登場が決定~1月4日はアメリカもプロレスの日@ブラックアイさん巨人臨時コーチにタイガーマスク高見盛が115センチ巨乳グラドルと熱愛大晦日テレビ「紅白」は福山16年ぶり 魔裟斗引退&吉田VS石井 ガキ使も還暦永ちゃんが60回目の紅白に特別出演か既報:大晦日~正月 地上波TV&イベント情報まとめ
◆DREAM×戦極対抗戦は全9試合 どっちのレベルが高いのか!?     ◆石井慧デビュー戦 魔裟斗引退試合 熱戦の模様を当サイトで速報
 大晦日12・31「Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~」さいたまスーパーアリーナ大会を会場にて観戦します。携帯から当サイトにリアルタイム速報を入れますので、興味のある方は試合時間に遊びに来てください。
18:00から地上波テレビ放映。結果を知りたくない人は注意!

>> 速報は当サイト トップページへ!

 対戦カードはこちらです。
・ 【27時更新】Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~(スポーツナビ)
・ FieLDS Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~(DREAMオフィシャル)
##
■「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」
12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ開始15:00
けやき広場にて行われる場外イベントは11:00より
Dynamite!!喝サンド発売決定 11:00より

▼K-1甲子園リザーブファイト K-1甲子園ルール
[OP]藤鬥嘩裟 vs 日下部竜也
▼K-1甲子園準決勝戦 K-1甲子園ルール
[1]HIROYA vs 野杁(のいり)正明
[2]嶋田翔太 vs 石田勝希
▼スーパーハルクトーナメント~世界超人選手権~決勝戦
[3]ミノワマン vs ソクジュ
▼K-1ヘビー級ワンマッチ
[4]西島洋介 vs レイ・セフォー
▼K-1甲子園決勝戦 K-1甲子園ルール
[5]「HIROYAvs.野杁正明の勝者」 vs 「嶋田翔太vs.石田勝希の勝者」
▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[6]柴田勝頼 vs 泉浩
[7]高谷裕之 vs 小見川道大
[8]桜井“マッハ”速人 vs 郷野聡寛
[9]メルヴィン・マヌーフ vs 三崎和雄
[10]所英男 vs キム・ジョンマン
[11]川尻達也 vs 横田一則
[12]山本“KID”徳郁 vs 金原正徳
▼雷電杯 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
[13]吉田秀彦 vs 石井慧
※石井はデビュー戦
▼DREAMvsSRC対抗戦5分3R
[14]アリスター・オーフレイム vs 藤田和之
[15]青木真也 vs 廣田瑞人
▼DREAMヘビー級ワンマッチ 5分3R
[16=セミ]ゲガール・ムサシ vs ゲーリー・グッドリッジ
▼魔裟斗引退試合 K-1ルール 3分5R延長1R
[17=メイン]魔裟斗 vs アンディ・サワー
※試合後に引退セレモニー

<地上波放映>
■2009/12/31 18:00~23:39 の放送内容
■TBS Gcode20806615
格闘技史上最大の祭典 FieLDS Dynamite!!~勇気のチカラ2009~
奇跡の2大決戦!魔裟斗引退試合×石井慧デビュー戦!
奇跡の2大決戦実現!! ▼カリスマ魔裟斗引退試合×唯一一度も勝ってない「宿敵」サワー ▼世紀の金メダリスト対決 北京五輪金・石井慧プロデビュー戦×バルセロナ五輪金・吉田秀彦 ▼神の子・山本キッド×戦極王者・金原 ▼ニッポンの野獣・藤田和之×闘神アリスター ▼世界超人トーナメント決勝!超人ミノワマン×大帝ソクジュ ▼アテネ五輪柔道銀・泉浩初参戦! ▼闘うフリーター所英男&魔裟斗の後継者ヒロヤ
出演
【メインキャスター】佐藤隆太 佐々木希
【ゲスト】佐々木蔵之介 川畑要
【ゲスト解説】小川直也
【解説】谷川貞治(K 1プロデューサー) 須藤元気 高阪剛 前田憲作(K 1甲子園SV) ほか

##

 大会全体を通じて、ひじょうにコアファン寄りのカードが並んだ大会。盛り上がる会場に身を置いて、熱気をお届けしたいと思います。

>>関連記事は人気ブログランキングで
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2009.12.30

前日会見をネット生中継中~16時30分より野外ステージ開催『Dynamite!!~勇気のチカラ2009~』

 ちょっとザワザワしてますが、ネットで生中継がなされています。選手登場は試合順にて行われている様子。
               ↓ ↓ ↓
・ FEG Kuma Channel on USTREAM: FEG主催イベントの会見や選手の様子を生でお届けするクマ!. Other Sports

■『Dynamite!!~勇気のチカラ2009~』公開記者会見
12月30日(水)東京・新宿ステーションスクエア
16:30開始予定


※17:30追記 声はよく聞き取れませんでしたが、ネット生中継は17:20ごろ終了しました。

 大会試合順が発表されています。 

・ スポーツナビ | 格闘技|ニュース|メーンは魔裟斗vs.サワー、石井vs.吉田は第13試合 試合順発表=Dynamite!!
##
■「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」
12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ開始15:00
けやき広場にて行われる場外イベントは11:00より

▼K-1甲子園リザーブファイト K-1甲子園ルール
[OP]藤鬥嘩裟 vs 日下部竜也
▼K-1甲子園準決勝戦 K-1甲子園ルール
[1]HIROYA vs 野杁(のいり)正明
[2]嶋田翔太 vs 石田勝希
▼スーパーハルクトーナメント~世界超人選手権~決勝戦
[3]ミノワマン vs ソクジュ
▼K-1ヘビー級ワンマッチ
[4]西島洋介 vs レイ・セフォー
▼K-1甲子園決勝戦 K-1甲子園ルール
[5]「HIROYAvs.野杁正明の勝者」 vs 「嶋田翔太vs.石田勝希の勝者」
▼DREAM×SRC対抗戦5分3R
[6]柴田勝頼 vs 泉浩
[7]高谷裕之 vs 小見川道大
[8]桜井“マッハ”速人 vs 郷野聡寛
[9]メルヴィン・マヌーフ vs 三崎和雄
[10]所英男 vs キム・ジョンマン
[11]川尻達也 vs 横田一則
[12]山本“KID”徳郁 vs 金原正徳
▼雷電杯 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
[13]吉田秀彦 vs 石井慧
▼DREAMvsSRC対抗戦5分3R
[14]アリスター・オーフレイム vs 藤田和之
[15]青木真也 vs 廣田瑞人
▼DREAMヘビー級ワンマッチ 5分3R
[16=セミ]ゲガール・ムサシ vs ゲーリー・グッドリッジ
▼魔裟斗引退試合 K-1ルール 3分5R延長1R
[17=メイン]魔裟斗 vs アンディ・サワー

##

 柴田勝頼 vs 泉浩は対抗戦の第1試合となりました。決戦は、いよいよ明日!

>>関連記事は人気ブログランキングで
>>【音でます注意】Dynamite!!公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2009.12.26

DREAM×SRC対抗戦にマヌーフ×三崎戦追加~Dynamite!! PR映像【DREAMvsSRC対抗戦編】

pick up 不良の格闘技 前田日明【THE OUTSIDER 第9戦】レポ前編高山善廣とのIWGP戦を目前にして、中邑真輔が打撃特訓を公開「教えてやるか、MVPってヤツをな!」(棚橋)“打倒ノア”へ棚橋&後藤が公開練習12月26日(土)24:55~小林邦昭がテレビ東京「アリケン」に出演FMW再旗揚げ!因縁の大仁田と後藤がひさびさのタッグで快勝川田、関本が元日王座戦へ意気込み語る=ZERO1ストーンコールド主演『監獄島』を見た@鈴木健会場販売も~テレビ朝日「アメトーーク!」×全日本プロレスコラボTシャツブラックアイ2かカクトウログで取り上げられるとアクセス増@須山浩継

 「DREAM CHANNEL」にて『FieLDS Dynamite!!』PR映像【DREAMvsSRC対抗戦編】が更新されている。

 大晦日ダイナマイト、追加カードがひとつ。桜庭和志との対戦が流れた三崎和雄はメルヴィン・マヌーフ戦が決定した。
・ kamipro.com | ニュース | 三崎和雄、『Dynamite!!』対抗戦は桜庭戦が流れてマヌーフと激突
##
■「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」
12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ15:00

▼魔裟斗引退試合 K-1ルール 3分5R延長1R
魔裟斗 vs アンディ・サワー
▼SRCヘビー級ワンマッチ 5分3R
吉田秀彦 vs 石井慧
▼DREAMvsSRC対抗戦
[追加]メルヴィン・マヌーフ vs 三崎和雄
青木真也 vs 廣田瑞人
川尻達也 vs 横田一則
山本“KID”徳郁 vs 金原正徳
桜井“マッハ”速人 vs 郷野聡寛
柴田勝頼 vs 泉浩
所英男 vs マルロン・サンドロ
高谷裕之 vs 小見川道大
藤田和之 vs アリスター・オーフレイム
▼K-1ヘビー級ワンマッチ
西島洋介 vs レイ・セフォー
▼スーパーハルクトーナメント~世界超人選手権~決勝戦
ミノワマン vs ソクジュ
▼K-1甲子園準決勝戦
HIROYA vs 野杁正明
嶋田翔太 vs 石田勝希
▼K-1甲子園決勝戦
準決勝勝者 vs 準決勝勝者
▼K-1甲子園リザーブファイト
藤鬥嘩裟 vs 日下部竜也

##

 魔裟斗は公開練習。サワーのスパッツは容認。
・ kamipro.com | ニュース | 「メインじゃなかったら帰る」魔裟斗、左フックで打倒サワー宣言

 石井慧関連。
・ 石井慧「負けたら自殺」 ビッグマウスは健在 : J-CASTニュース
・ 石井節で挑発「練習見せたら吉田がビビる」(格闘技) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

 なお、対抗戦から漏れてしまったゲガール・ムサシにはゲーリー・グッドリッジ戦の噂がある。
・ MMA IRONMAN: Dynamite!!2009、ゲガール・ムサシの対戦相手の噂/青木真也×所英男スパーリング動画 etc.
・ GAME AND MMA 【ダイナマイト】ムサシvsグッドリッジの噂

>>関連記事は人気ブログランキングで
>>【音でます注意】Dynamite!!公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2009.12.25

本日、大晦日の残りカード発表~田村潔司の参戦は消滅か? 谷川貞治プロデューサーがつぶやく

 ファンもマスコミもみんな読んでる、谷川貞治プロデューサーのツィッター。
・ K1_Tanikawa Sadaharu (K1_Tany) on Twitter

 24日のつぶやきから気になるものを抜粋。
##
明日! RT @lionfishtt: @K1_Tany 残りのカード発表はいつですか?それともこれで打ち止めでしょうか? 最後まで魔裟斗におんぶにダッコで視聴率が心配です。さらに来年のMAXも心配。 時代はボクシングですかね。
約12時間前 movatwitterで

お餅食べてると思います RT @yasuo_asakura: @K1_Tany ズールは大晦日は何してるんですか?
約1時間前 movatwitterで

今年はお餅組です RT @nqk39068: @K1_Tany 谷川さん結局赤いパンツの男はでるんですか?可能性は?
約1時間前 movatwitterで

##

 残りカードはすべてかどうかはわからないが、25日に発表のようだ。赤いパンツの男は餅組…田村潔司の参戦は消滅している様子。昨年大晦日の桜庭和志VS田村から1年。2人とも欠場というカタチとなってしまった…。

 発表済みカード。
##
■「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」
12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ15:00

▼魔裟斗引退試合 K-1ルール 3分5R延長1R
魔裟斗 vs アンディ・サワー
▼SRCヘビー級ワンマッチ 5分3R
吉田秀彦 vs 石井慧
▼DREAMvsSRC対抗戦
青木真也 vs 廣田瑞人
川尻達也 vs 横田一則
山本“KID”徳郁 vs 金原正徳
桜井“マッハ”速人 vs 郷野聡寛
柴田勝頼 vs 泉浩
所英男 vs マルロン・サンドロ
高谷裕之 vs 小見川道大
藤田和之 vs アリスター・オーフレイム
▼K-1ヘビー級ワンマッチ
西島洋介 vs レイ・セフォー
▼スーパーハルクトーナメント~世界超人選手権~決勝戦
ミノワマン vs ソクジュ
▼K-1甲子園準決勝戦
HIROYA vs 野杁正明
嶋田翔太 vs 石田勝希
▼K-1甲子園決勝戦
準決勝勝者 vs 準決勝勝者
▼K-1甲子園リザーブファイト
藤鬥嘩裟 vs 日下部竜也

##

 インタビューが二つ。
・ DREAM | ニュース | 「オレには、言ってみれば“ジェラシー”がある」郷野聡寛インタビュー
・ DREAM | ニュース | 「DREAMより戦極のほうが強いと思います」泉浩インタビュー

 さて、残りカードはどうなる? なお試合順は大会前日発表の予定とのこと。

>>関連記事は人気ブログランキングで
>>【音でます注意】Dynamite!!公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2009.12.23

DREAM×SRC対抗戦に青木、川尻も参戦決定~桜庭は欠場濃厚。田村は菊田戦から逃げた?

pick up 前田日明「THE OUTSIDER」第10戦 2・14ディファ概要&選手募集「対抗戦の一発目で決着つけたいです」柴田勝頼インタビュー過去最強の相手・アリスター・オ―フレイム戦へ出陣 奇跡を呼ぶ男・藤田和之@GKコラム2.7パンクラス有明大会で近藤有己vs佐藤豪則がタイトル戦韓国で発表したボブ・サップの曲が放送禁止処分に格闘家転身の古木氏「花を咲かせたい」絶賛凱旋帰国中! NO LIMITの大放談インタビュー!!「サトル・サヤマ以来の快挙!」とは?崔“あいのり効果”デビューCDバカ売れ大仁田厚とターザン後藤の14年ぶり対決を「スティッカム・ジャパン」が無料動画中継「プロレスは生き残れるか?」著者のブログ@ブラックアイさんエコなコラム、略してエコラム@三田佐代子

 22日、「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」の追加2カードが発表された。これで発表カードは計16試合に。
・ スポーツナビ|格闘技|青木と川尻がタイトルマッチ延期で不満爆発=Dynamite!!
##
■「Dynamite!!~勇気のチカラ2009~」
12月31日(木)さいたまスーパーアリーナ15:00

▼魔裟斗引退試合 K-1ルール 3分5R延長1R
魔裟斗 vs アンディ・サワー
▼SRCヘビー級ワンマッチ 5分3R
吉田秀彦 vs 石井慧
▼DREAMvsSRC対抗戦
[追加]青木真也 vs 廣田瑞人
[追加]川尻達也 vs 横田一則

山本“KID”徳郁 vs 金原正徳
桜井“マッハ”速人 vs 郷野聡寛
柴田勝頼 vs 泉浩
所英男 vs マルロン・サンドロ
高谷裕之 vs 小見川道大
藤田和之 vs アリスター・オーフレイム
▼K-1ヘビー級ワンマッチ
西島洋介 vs レイ・セフォー
▼スーパーハルクトーナメント~世界超人選手権~決勝戦
ミノワマン vs ソクジュ
▼K-1甲子園準決勝戦
HIROYA vs 野杁正明
嶋田翔太 vs 石田勝希
▼K-1甲子園決勝戦
準決勝勝者 vs 準決勝勝者
▼K-1甲子園リザーブファイト
藤鬥嘩裟 vs 日下部竜也

※同イベントの対戦カードはこれまで16試合が決定・発表されているが、主催者によると現在も追加カード1~2試合を検討中。
※谷川プロデューサー「桜庭選手はケガをしています。本人は大みそかに出なきゃいけないという気持ちが十分あると思うので、ギリギリまで頑張ったと思いますが出れる状況ではないです。2箇所ぐらいケガをしていまして、1箇所ケガをして無理をしたら別のところをケガしてしまって試合ができる状態ではないです。
(回避ということでしょうか?)ドクターストップです。練習中のケガですね。今考えると連戦もあって、本人が無理しすぎてしまったのかなと思いますけど。大みそかに向けて激しいスパーリングをやったらケガをしてしまったという感じで、12月はほとんど練習できていない状況です。
(残りのカードは桜庭選手の階級でしょうか?)ミドル級ですね。三崎選手などが候補で外国人選手も含めて最終調整をしています」

##

 会見では、川尻達也と対戦が決まった横田一則のコメント中に青木真也が「もういいよ。黙れよ、お前!」と割って入る場面も。これぞ、異文化による摩擦。

 田村潔司、桜庭和志、五味隆典、菊田早苗といったビッグネームの参加が今のところないのは残念。だけれども、対抗戦としての現状8試合だけでもかなり盛り上がる大会になること間違いなし! ここまで漕ぎ着けた主催者の努力には頭が下がる。

 菊田は田村戦、桜庭戦が流れたことについてブログで触れている。
・ MMA IRONMAN: 菊田早苗、Dynamite!!出場候補から外れる/五味隆典、アメリカ行きに思いを馳せる etc.

 田村の言い分がないのでハッキリはわからないけれども、これでは逃げた印象が強い。菊田はずいぶん前から田村への対戦要求を出していた。吉田秀彦との再戦希望を持っている田村にとっても、“吉田に勝った”菊田との対戦は悪い話ではないはず。

 ずっと田村を応援しているのだけれども、昨年の大晦日に闘った相手が“万全ではない”桜庭であり、今年がこういった状態では…ちょっとさびしいです。

>>関連記事は人気ブログランキングで
>>【音でます注意】Dynamite!!公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2009.12.21

このあとスグ! 魔裟斗、吉田秀彦、石井慧が登場~TBS「バース・デイ」が各陣営に密着取材

 Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]よりテレビ情報を拾っておく。

■2009/12/21 25:49~26:19 の放送内容
■TBS Gcode8853613
バース・デイ
過去の自分を突き破り、未知なる自分が産声をあげた時、人生という名のカレンダーに新しい記念日が刻まれる。そんな瞬間を迎えた人たちに密着するドキュメンタリ番組です。
今年も大晦日に行われる、格闘技イベント『 Dynamite』。今年も注目のカードが目白押しだが、その中でも特に注目されるのが、魔裟斗の引退試合と柔道の金メダリスト同士の対戦、吉田秀彦vs石井慧だ。果たしてどんな対戦になるのかトレーニングに余念のない各陣営に密着する。
出演
【司会・ナレーター】東山紀之 【取材対象者】魔裟斗 吉田秀彦 石井慧
スタッフ
【制作プロデューサー】本多由幸 樽秀人 【プロデューサー】菊野浩樹 【総合演出】飯田晃嘉

 宣伝はテレビのみならず、こういった取り組みも。
・ 魔裟斗引退、石井初参戦〜新宿駅南口に「Dynamite!!」特設ボード: カクトウログ
・ DREAM | ニュース | 『FieLDS Dynamite!!〜勇気のチカラ2009〜』ポスターが山手線主要駅で展開!!

 いよいよ大晦日決戦の足音が聞こえてきたようです。

>>関連記事は人気ブログランキングで
>>【音でます注意】Dynamite!!公式
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2009.12.18

魔裟斗引退、石井初参戦〜新宿駅南口に「Dynamite!!」特設ボード

091218_d1231

大晦日視聴率戦争をにらんでの宣伝も本格化。
「魔裟斗引退」「石井初参戦」との文字。新宿駅南口にて。
(携帯から更新)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) | [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP | ALL TOGETHER | DDT | DEEP | DREAM | DREAM2009 | DREAM2010 | FEG2011 | FIKA | GAEA JAPAN | HERO'S | HERO'S2007 | IGFイノキゲノムフェデレーション | K-1 | K-1 2007 | K-1 2009 | K-1 2010 | K-1&HERO'S2008 | Laughter7 | PRIDE | RINGS | RIZIN | U-STYLE | UFC | UWAI STATION | WWE | ZERO1 | ZST | やれんのか! | アニメ・コミック | アントニオ猪木 | ウェブログ・ココログ関連 | カクトウログ | カール・ゴッチ | ガチ相撲 | キン肉マン | グルメ・クッキング | ゲーム | コメントチェック | ゴング復刊 | スポーツ | スマッシュ | ツイッター | ドラゴンゲート | ニュース | ハッスル | ハッスル2008 | ハッスル2009 | ハッスル2010 | パソコン・インターネット | ビッグマウス | プロレスリング・ノア | プロレス・エキスポ | プロレス一般 | プロレス大賞 | ボクシング | リキプロ | ワールドビクトリーロード | 三沢光晴 | 修斗 | 健介オフィス | 全日本プロレス | 全日本プロレス2007 | 全日本プロレス2008 | 全日本プロレス2009 | 全日本プロレス2010 | 全日本プロレス2011 | 全日本プロレス2012 | 全日本プロレス2013 | 全日本プロレス2014 | 全日本プロレス2015 | 全日本プロレス2016 | 全日本プロレス2017 | 前田日明 | 垣原賢人 | 夢の懸け橋 | 大阪プロレス | 女子プロレス | 小川直也 | 小川直也VS橋本真也 | 小橋建太 | 山本小鉄 | 携帯・デジカメ | 新日本プロレス | 新日本プロレス2007 | 新日本プロレス2008 | 新日本プロレス2009 | 新日本プロレス2010 | 新日本プロレス2011 | 新日本プロレス2012 | 新日本プロレス2013 | 新日本プロレス2014 | 新日本プロレス2015 | 新日本プロレス2016 | 新日本プロレス2017 | 新日本プロレス2018 | 新日本プロレス【G1】 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東北地方太平洋沖地震 | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 格闘技一般 | 桜庭和志 | 桜庭和志VS田村潔司2008 | 橋本真也 | 海外 | 無我ワールド | 田村潔司 | 石井慧 | 秋山成勲失格問題 | 芸能・アイドル | 速報2007 | 速報2008 | 速報2009 | 速報2010 | 速報2011 | 速報2012 | 速報2013 | 速報2014 | 速報2015 | 週刊プロレス | 週刊前田日明 | 週末地上波テレビ&イベント情報 | 選手との交流戦◆カクトウログ | 金原弘光 | 鈴木みのる | 高山善廣 | WRESTLE-1 | [不定期]ワープロ・チェッカー

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー