フォト

最近の記事

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Retsuden_53▼new! 最狂超プロレスファン烈伝5.3 2月25日発売!完全新作描きおろし!完全続編!プロレスファン漫画「最狂 超プロレスファン烈伝」の続編!天龍ファンが棚橋ファン、中邑ファン、オカダファンと熱いプロレス談義を繰り広げる居酒屋に新部員桜庭和志ファンが乱入し、さらにプロレス談義は燃え上がる!そして、並行世界で、その世界でのヒクソン・グレイシーと対峙した前田日明ファン・鬼藪宙道は涙を流す!プロレスファンが主役のギャグ漫画全55ページ御堪能ください!

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Nakamura_tee_strongstyle【WWE / NXT】中邑真輔 Nakamura shinsuke "Strong Style Has Arrived" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時、WWE移籍後を通じて代名詞とする「The King of Strong Style」をモチーフとした中邑真輔Tシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Nakamura_tee_strongstyle2【WWE / NXT】中邑真輔 Shinsuke Nakamura "The Artist" Tシャツ (L) [並行輸入品] 新日在籍時に忍者コスチュームで入場したこともある中邑の存在感を手裏剣のモチーフで表現したTシャツ(WWE公式Tシャツ)。リンク先表記しておりますサイズは一般的なアメリカのTシャツメーカーのサイズです。おおよそ日本のサイズよりも1サイズ大きく作られております

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    ┏当ブログの近況
    ファンキー加藤さん「いつもカクトウログさんの記事、読ませてもらってます」
    旗揚げ13周年到達、毎日更新は10年間達成!
    田中正志氏「(4オンスは間違いという)カクトウログさんの指摘、確かにである」
    前田日明「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」
    カクトウログのゴング1号感想記に金沢編集長が「軽い感動」
    カクトウログが復刊ゴングの紙面飾りやがってコラ!?

大会/テレビ/イベント情報板

ショッピング

  • プロレスDVD本 関連サーチ

    Akiyama_0328▼new! 巨星を継ぐもの 秋山準著 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録

    Gmusic▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

    Tced3809▼new! 新日本プロレス総集編2017<下半期> [DVD] 3月23日発売![収録試合はコチラ]2017年7月から12月のタイトルマッチを中心に下半期の名勝負をダイジェスト収録(一部試合はノーカット収録)トップ戦線の超ハイレベルな闘いに世界中が注目!主要ビッグマッチ・タイトルマッチはもちろん、地上波未放送試合も多数収録

    Tced3890▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道

    Kobashi_ikiru▼new! がんと生きる 小橋 建太 (著) 3月26日発売!がんとの闘いは無制限一本勝負。それでも前を向いて生きる。妻のため、子どものため、そしてファンのために! 「娘が成人するまで必ず元気であり続けようと思います。そして何歳になろうとも僕の人生は青春真っ盛りです。きっと、いつまでも〝行くぞーっ! 〟と拳を握っているはずです! 」(本文より)

    Kaminoge75▼new! KAMINOGE Vol.75 2月20日発売!中邑真輔が4・8『WRESTLEMANIA34』メインイベントに出撃!!歴史的快挙! WWEに転出して2年、“ロックスター"がようやく完全燃焼を始めた。そして、「ありがとうフィラデルフィア!」 夢枕獏(小説家)×染谷将太(俳優) 田崎健太氏による連載『真説・佐山サトル』にて前田日明の証言もスタート

    180221_tiger▼new! 初代タイガーマスク (G SPIRITS ARCHIVES vol.1) 2月21日発売! [巻頭スペシャルインタビュー]佐山聡 『タイガーマスク』を語る [証言―“猛虎伝説"を彩った宿敵たち]“爆弾小僧"ダイナマイト・キッド “暗闇の虎"初代ブラック・タイガー “虎ハンター"小林邦昭 “センセーショナル"サミー・リー佐山聡の英国時代 回想録 サミー・リーとカール・ゴッチ 初代タイガーマスクのWWF遠征

    S40_198688_magazine▼new! 昭和40年男増刊 俺たちの時代 Vol.6 1986-1988 2月13日発売!当シリーズの完結号!昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。今回は昭和61~63年(1986~88年)へ時間の旅に出かけよう。プロレスパートは昭和62年「猪木プロレスとゴールデンタイム放送の終焉」、昭和63年「第2次UWF旗揚げ」

    Kokuhaku_2▼new! 告白 平成プロレス10大事件 最後の真実 1月27日発売!長州力+前田日明+川田利明+秋山準+齋藤彰俊ほか 長州政権「ドーム興行」の隆盛と崩壊 第二次UWF崩壊と3派分裂 髙田×ヒクソン戦とプロレスの凋落 アントニオ猪木の引退 橋本×小川“1・4事変”と橋本真也の死 ジャイアント馬場逝去と全日本分裂 高橋本発売 棚橋弘至刺傷事件 新日本プロレス「暗黒期」と「身売り」 三沢光晴がリング上で非業の死

    180125_takarajima▼new! プロレス リングの聖域 1月25日発売!「別冊宝島」のプロレス・スキャンダルが豪華版で登場。メディアが報じないマット界の裏ネタ満載。盟主・新日本の死角。引退したレスラーたちの知られざる生活。UWFをめぐる歴史論争。訴訟が進行するアントニオ猪木の周辺等、業界の深奥を照射する人気シリーズ

    Kaminoge_73▼new! KAMINOGE vol.73 12月20日発売!立ち止まるな。男は走りながら考えろ!表紙は前田日明と飯伏幸太の2ショット「知的な痴的な狂養講座」の開講(邂逅) ザ・グレート・カブキ 平直行・変態座談会 飛松五男 Kダブシャイン デビー・マレンコ 木村花 鈴木みのる マッスル坂井 真説・佐山サトル

    171220_gyakupro▼new! 逆説のプロレス(10) (双葉社スーパームック) 12月20日発売!前田日明「猪木さんに誘われた自己啓発セミナー」 新日本プロレス10大事件「最後」の真実 」 1.UWF電撃復帰と離脱 2.闘魂三銃士90年代制覇 3.90年代ドーム興行連発 4.北朝鮮興行 5.『週プロ』取材拒否 6.橋本小川1・4事変 7.棚橋弘至刺傷事件 8.長州政権崩壊と新日本電撃復帰 9.暗黒の00年代 10.中邑真輔電撃退団

    121219_pwhishi▼new! プロレス秘史1972-1999 12月19日発売!小佐野景浩 (著) 空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説

    Io_sugao_2▼new! 紫雷イオ ファースト写真集 『 素顔 』 12月16日発売!女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。“逸女"として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です

    171213_zenshinmeikan▼new! 2018 プロレスラー全身写真名鑑 週刊プロレス 別冊 新春号 12月13日発売!この「2018プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2018プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた892人の選手を掲載しています。情報は2017年11月28日現在のものです。掲載順は男女関係なく五十音順です

    171115_wp▼new! 2018プロレスラー写真名鑑号 2017年 12/5 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊 11月15日発売!週刊プロレス増刊「プロレスラー写真名鑑号2018」 WWEスーパースターも収録で掲載人数は過去最多847人! 週プロ読者&週モバユーザーが選ぶ「プロレスグランプリ2017」投票ハガキ付き

    Njpw_calendar▼new! 2018年 新日本プロレス カレンダー 10月16日発売!B3サイズで2018年の新日本プロレスカレンダー完成。棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、真壁刀義、ケニー・オメガが単独登場! 本隊、ロスインゴ、CHAOS、バレットクラブ、鈴木軍のユニット別

    Njpw2017_kami_dvd▼new! 新日本プロレス総集編2017上半期[DVD] 9月29日発売!2017年の上半期に行われた新日本プロレスの主要ビッグマッチやタイトルマッチはもちろん、ヘビー級名勝負、Jr.ヘビー級名勝負、秘蔵名勝負60試合以上を4時間×2枚組DVDで収録。オカダvs.ケニー、オカダvs.柴田をはじめ8試合をノーカット収録

    Gedo▼new! To Be The 外道 "レヴェルが違う!”生き残り術 12月22日発売!スーパースター、“レインメーカー”オカダ・カズチカのパートナーにして、新日本プロレスに欠かせない、国内外でいま最も注目のプロレスラーの一人、外道が自らの波瀾に富んだ半生を綴った初の自伝

    Losingobernablesdejapon_capr【ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 キャップ(ブラック×レッド) LOS INGOBERNABLES de JAPONのキャップ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字を刺繍で表現。 つば裏にはオリジナルL・Iロゴをプリント!! ※サイズ:フリー(56~59cm/アジャスター付き) ポリエステル100%

    Losingobernablesdejapon_tsrロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラックxレッド) L LOS INGOBERNABLES de JAPONのTシャツ「ブラック×レッド」バージョン! フロントにはL・I・Jチームロゴ、バックには"トランキーロ"の文字。 袖にはオリジナルL・Iロゴをプリント!!

    Losingobernablesdejaponロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン〈新日本プロレス〉 (スポーツアルバムNo.60) 12月18日発売!LOS INGOBERNABLES de JAPON メンバーそれぞれのユニットでの軌跡 ヒストリー・オブ・L.I.J. 高橋ヒロムの直筆絵日記などプライベート企画も実現! 証言集にはルーシュほかが登場! 豪華プレゼントもあり!

    171129_losingo▼new! LOS INGOBERNABLES de JAPON テーマ曲集 11月29日発売!2016年の東スポプロレス大賞MVP、2017年のNumber誌上プロレス総選挙第1位、2017年G1クライマックス制覇。“ドーム初メイン出場”を手中にした内藤哲也率いる“LOS INGOBERNABLES de JAPON”のテーマ曲集

    171115_thegreatfighting▼new! The GREAT FIGHTING!史上最大!プロレス・テーマ決定盤 11月15日発売!定番の「スポーツ行進曲」に、誰もが知っている名曲であるミル・マスカラス「スカイ・ハイ」、ジャンボ鶴田「チャイニーズ・カン・フー」、ビル・ロビンソンの入場曲でもあり世界的に大ヒットしたカール・ダグラス「吼えろ! ドラゴン」などのオリジナル音源を収録。幻の名盤初のCD化

    171117_satomura▼new! 「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ) 11月17日発売!里村明衣子 (著) プロレスラーとして、社長として、アラフォー女性として、報われなかったこれまでを綴る。頑張っても報われないとき、どう超えていくのか。彼女のストイックで不器用な生き方には、ヒントが隠されている。頑張る女性たちが『明日も頑張ろう』と元気がでる1冊

    171116_tana_naka_2▼new! 2011年の棚橋弘至と中邑真輔 11月16日発売!柳澤 健 (著) 新日本プロレスを危機から救った二人のエース、棚橋弘至と中邑真輔。異なる方法論を取りながらも彼らの人生は絡み合っていく。『ゴング』休刊に伴い途中で止まっていた連載が、加筆されて文藝春秋から単行本として発売

    Maeda_uwf1▼new! 前田日明が語るUWF全史 上 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編

    Maeda_uwf2▼new! 前田日明が語るUWF全史  下 12月9日発売!前田日明 (著) 再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編

    170727_gotch▼new! ゴッチ式トレーニング 10月27日発売!藤原喜明(著) カール・ゴッチが自ら実践し、愛弟子たちに課した多くの自重トレーニングを紹介。巻頭インタビュー・アントニオ猪木「我が師への両義的な想いとは?」 愛弟子・前田日明、船木誠勝、鈴木みのるがゴッチへの想いの丈を語る

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Pride_kaneko2▼new! プライド 12月13日発売!高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が“20年前の高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー”の知られざる物語を書籍化

    Bookerk▼new! ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

    U_gaiden▼new! U.W.F外伝 11月15日発売!平 直行 (著) UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。のちに迎えるPRIDE全盛期に至る前に、その舞台裏で何があったのか。そしてそのキーマンであった佐山聡、前田日明、石井和義。"流浪の格闘家"としていくつものリングを渡り歩いた平直行が初めて明かす実体験総合格闘技史

    Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

    Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

    Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

    Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

    Ten_dvd▼new! LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-[特別版] [DVD] 11月15日発売予定!40年間、現役を貫いた、ミスタープロレスこと天龍源一郎。その現役生活最後の1年を綴ったドキュメンタリー。新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着

    Tsuruta_dvd_2▼new! ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX 11月22日発売!全日本プロレスに“就職した”不世出の天才レスラー、ジャンボ鶴田の名勝負を厳選してDVD5枚に収録。天龍源一郎やスタン・ハンセン、三沢光晴らと死闘を繰り広げた三冠戦等、初DVD化試合満載のBOX

    Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

    170710_number0_2▼new! プロレス総選挙2017: ナンバープラス 7月10日発売!3万5000人のファンが参加したNuber版プロレス総選挙。上位10位までに入った選手は必ず誌面に掲載し、1位に輝いた選手が表紙になります。1~10位は内藤・棚橋・オカダ・中邑・ケニー・イケメン・柴田・飯伏・HARASHIMA・葛西

    Shogen_uwf▼new! 証言UWF 最後の真実(宝島社) 5月17日発売!前田日明+藤原喜明+山崎一夫+船木誠勝+鈴木みのるほか17人のレスラー、関係者による禁断の告白! プロレスと格闘技の間を漂流し続けた男たちの葛藤、内紛・・・・・全内幕! 『1984年のUWF』への前田日明の反論

    Njpw_music新日本プロレスリング40周年記念アルバム~NJPWグレイテストミュージック~ 内藤哲也「stardust」収録!棚橋弘至、オカダ・カズチカなど主要選手のテーマに加え、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』のテーマ曲「ザ・スコア」も収録。旗揚げから40周年(2012年時)を迎えた新日本プロレスの新旧テーマ曲を詰め込んだ3枚組アルバム

    プロレスDVD本 関連サーチ

おともだち

無料ブログはココログ

2017.09.23

2試合だけ日本勢出場なし、されどその2試合がベストバウト! 高すぎる世界の壁をUFC日本大会が突きつける/2018年日本大会について

 アメリカの総合格闘技団体『UFC』が、9月23日(土)さいたまスーパーアリーナにて約2年ぶり5回目となる日本大会『UFC Fight Night JAPAN』を開催した。

170923_ufcj_k1

・ バウトレビュー - REPORTS [UFC] 岡見、五味、夜叉坊、憂流迦、K太郎、朱里、安西、阿部の結果は?:9.23 さいたま
##
■UFC Fight Night Japan (117) : Saint Preux vs. Okami
2017年9月23日(土) さいたまスーパーアリーナ

<第10試合 メインイベント ライトヘビー級(206ポンド) 5分5R>
〇オヴィンス・サン・プルー(米国/7位/206ポンド)
×岡見勇信(フリー/元ミドル級6位/203.5ポンド)
1R 1'50" ヴォン・フルー・チョーク

<第9試合 女子ストロー級(116ポンド) 5分3R>
×クラウディア・ガデーリャ(ブラジル/1位/115ポンド)
〇ジェシカ・アンドラージ(ブラジル/4位/116ポンド)
判定0-3 (25-30/26-30/27-30)

<第8試合 ライト級(156ポンド) 5分3R>
×五味隆典(東林間ラスカルジム/156ポンド)※久我山ラスカルジムから所属名変更
〇キム・“マエストロ”・ドンヒョン(韓国/156ポンド)
1R 1'30" TKO (レフェリーストップ:右ストレート→グラウンドパンチ)

<第7試合 ライトヘビー級(206ポンド) 5分3R>
〇グーカン・サキ(オランダ/205ポンド)
×ルイス・エンリケ・ダ・シウバ [Luiz Henrique da Silva](ブラジル/206ポンド)
1R 4'45" KO (左フック)

<第6試合 フェザー級(146ポンド) 5分3R>
〇石原“夜叉坊”暉仁(チーム・アルファメール・ジャパン/145ポンド)
×ロランド・ディ [Rolando Dy](フィリピン/145ポンド)
判定3-0 (28-27/28-27/29-27)

<第5試合 フライ級(126ポンド) 5分3R>
〇ジュシー・フォルミーガ(ブラジル/5位/126ポンド)
×佐々木憂流迦(フリー/125.5ポンド)
1R 4'30" チョークスリーパー

[プレリム]

<第4試合 ウェルター級(171ポンド) 5分3R>
〇中村K太郎(K太郎道場/170ポンド)
×アレックス・モロノ [Alex Morono](米国/170ポンド)
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)

<第3試合 女子ストロー級(116ポンド) 5分3R>
〇近藤朱里(ボスジム/パンクラス王者/116ポンド)※朱里 改め
×ジョン・チャンミ [Jeon Chan-Mi](韓国/116ポンド)
判定2-1 (28-29/30-27/30-27)

<第2試合 ウェルター級(171ポンド) 5分3R>
〇安西信昌(TEAM CLIMB/171ポンド)
×ルーク・ジュモー [Luke Jumeau](ニュージーランド/170ポンド)
判定3-0 (29-28/29-28/30-27)

<第1試合 ウェルター級(171ポンド) 5分3R>
〇阿部大治(HMC/パンクラス王者/171ポンド)
×イム・ヒュンギュ [Lim Hyun-Gyu](韓国/170.5ポンド)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

##

 すでにツイートしたが、第一声としての感想はこうなった。

 日本勢は5勝3敗(プレリムで4戦全勝、メインで1勝3敗)。ただ、この戦績とは関係なく、格闘技として唸らせたのは、グーカン・サキUFCデビュー戦、セミファイナル女子戦の2試合だった。(ウエートの問題もあるが)他の試合とは段違いのサキのパンチの強烈さ。セミファイナル女子戦の不屈の闘志。高すぎる世界の壁をUFC日本大会が突きつけたように思えた。

 RIZINでも女子の試合は拡大しているが、ちょっとUFCレベルには入っていけないなという気がした。その点でも世界の壁。

 集客苦戦が話題となった日本大会。来年以降の開催はどうなる?
・ 【UFC】ベストバウトは女子、2018年日本大会について (イーファイト) - Yahoo!ニュース
##
 今後のアジア太平洋地区でのUFCの活動については、「6月のシンガポール大会は期待以上の成果をあげ、今日の日本大会も素晴らしいイベントになった。次は11月25日に上海で行います。アジアにおけるUFC全体のポジションは大きくなっている。その中でも、日本は大事なポジションにあります。2018年の年間スケジュールはまだ決まっていませんが、確実に日本も開催地の候補に挙がって来ると思います」と、来年も日本大会が開催される可能性を示唆した。
##

 大会場であれば1~2年前には予約しているはずなので、このコメント通りに受け取っていいかどうかはわからない。ただ、ボクらとしては本場の高いレベルが味わえるものであれば大歓迎。今回はトップランカー不足であり、直前にメイン参戦予定だったマウリシオ・ショーグンが欠場となったこともあって痛かった。

 ニュースをいくつか拾います。

170923_ufcj_k2

 朱里は落ち着いた試合運びで堂々と勝利。おめでとう! UFCロードでの今後のステップアップを心から応援したい。
・ 朱里、日本人女子ファイター初の快挙!打撃戦を制しUFCデビュー戦勝利 UFC王座、その先の夢へ! (AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース

 岡見は2分足らずで落ちるように敗北。これからだと思っていたのに「エーッ」という感じだった。されど、突然のオファーを引き受けたので今大会の救世主になったことは確か。
・ 【UFC】急きょ参戦の岡見がチョークで一本負け (イーファイト) - Yahoo!ニュース

 五味はいいところなし。ラストマッチを公言していたが、この結果ではRIZINなど他団体出撃も厳しそう。
・ 【UFC】五味隆典、ラストマッチはわずか1分30秒で散る (イーファイト) - Yahoo!ニュース


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> UFC JAPAN 世界最強のファイターが集う究極の総合格闘技 UFC®公式サイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Namieamuro▼new! 【Amazon.co.jp限定】Finally(Blu-ray Disc付)(スマプラ対応)(オリジナルB2ポスター・Amazon ver 付) 安室奈美恵11月8日、ベストアルバム「Finally」発売!! 1992年発売のデビュー曲から2017年発売までの最新曲に加え(New Recording含む)、未発表の新曲も多数収録予定

Kaminoge_70▼new! KAMINOGE vol.70 9月20日発売!表紙はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトと真島昌利!武藤敬司&プチ鹿島、生島ヒロシ、安生洋二&金原弘光、玉袋筋太郎の藤田和之変態座談会、カンパニー松尾&ビーバップみのる、田崎健太ノンフィクション連載『真説・佐山サトル』などLUCKY&HEAVENにお届け

G_spirits45▼new! Gスピリッツ Vol.45 (タツミムック) 9月27日発売!【特集】“プロレスの神様"カール・ゴッチ 原爆攻めと密林男リンチ事件(元日テレ京谷泰弘プロデューサー)「カール・ゴッチ」と「サブミッション」を語る(アントニオ猪木)ゴッチは「ブッカー&コーチ」として昭和・新日本に何をもたらしたのか?(新間寿)

Orepro_vol_8▼new! 俺たちのプロレス(8) (双葉社スーパームック) 9月21日発売!【特集】PRIDE誕生と崩壊の真実 「総合の源流~ゴッチイズムと新日本」前田日明 「ホイラーと会ったら無視されました」桜庭和志 「新日本と猪木さん、そしてPRIDE」藤田和之 「“狭間の世代”が見たUWFと総合」田村潔司

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

2017.09.18

UFC日本大会9・23埼玉に岡見・五味・朱里ら日本人10選手出場! いろいろあるけど現地で2年ぶり大会を楽しもう

pick up ▼ニュース 鈴木みのるイギリス遠征 11月9日・10日「RPW・GLOBAL WARS UK 2017」決定【新日本】9月24日(日)神戸大会の一部カードが変更“緊急参戦”の飯伏が棚橋とタッグ対決蝶野正洋が救急グッズとしてパンストをイチオシ~玉袋と雨中のトーク横浜文化体育館 再整備事業者決まる【WAVE】カシンがGAMIを丸坊主に 大仁田にもクレーム「猪木さんに筋を通せ!」 ▼情報&コラム アントニオ猪木が福岡トヨタのTVCMに出演【WWE】中邑レッスルマニア34でAJ戦の野望HMVグランフロント大阪、HMV三宮VIVREで開催中のPOP UP SHOPが9月24日まで延長決定9月18日(月祝)13:00&15:00フィエスタ・メヒカーナお台場でキン肉マン撮影会9月18日(月祝)18:00新宿レフカダ『スーパープロレスナイト』セクシー女優がプロレスを語る 女性入場無料10月6日(金)19:30香川県高松市ジャッジメント アニマル・ウォリアーがツーショット撮影&サイン会 ▼格闘技 マーク・ハント「睡眠障害や言語障害が出てきた。記憶力も落ちてきたが、まだまだ闘う」@MMA IRONMANさん

 アメリカの総合格闘技団体『UFC』が、9月23日(土)さいたまスーパーアリーナにて約2年ぶり5回目となる日本大会『UFC Fight Night JAPAN』を開催する。

170923_ufcjapan

 開催まで1週間を切ったが、苦戦ムード。

 メイン参戦予定だったマウリシオ・“ショーグン”・フアが負傷欠場に。
・ 【UFC】日本大会メインのショーグンが欠場、岡見勇信が4年ぶりに復帰 (イーファイト) - Yahoo!ニュース
・ バウトレビュー - NEWS [UFC] 岡見勇信、ショーグン欠場で4年ぶり参戦。2階級上での戦いに:9.23 埼玉

 もともと本場とかけ離れた日本人大量参戦、トップランカー不足のラインナップ。この欠場は痛い。VIPチケット購入者に指定席が特典となっていた前日公式計量も中止に。複数のチケットプレゼントキャンペーンが高確率で当たるため“チケットばらまき”と話題に(今から当たるかどうかはわからないですが、気になる方はTwitterで「UFC チケット」などで検索を)。

 こういうときこそ出場選手には奮起してほしい。2階級上げとなる岡見勇信の出場は強引でやっつけ感があるが、大会12試合中10試合に日本人出場という状況はむしろお祭りムードとして楽しもうではないか。現地組は盛り上がっていきましょう!

 対戦カード。 
##
■UFC Fight Night Japan さいたまスーパーアリーナ
9月23日(土) 開場・午前8:00 開始・午前8:30

<メインイベント ライトヘビー級 5分5R>
オヴィンス・サン・プルー(米国/7位)
岡見勇信(和術慧舟會東京道場/元ミドル級6位)

<女子ストロー級 5分3R>
クラウディア・ガデーリャ(ブラジル/1位)
ジェシカ・アンドラージ(ブラジル/4位)

<ライトヘビー級 5分3R>
グーカン・サキ(オランダ)
ルイス・エンリケ・ダ・シウバ [Luiz Henrique da Silva](ブラジル)

<フェザー級 5分3R>
廣田瑞人(CAVE)
チャールズ・ローザ(米国)

<フェザー級 5分3R>
石原“夜叉坊”暉仁(チーム・アルファメール・ジャパン)
ロランド・ディ [Rolando Dy](フィリピン)

<ウェルター級 5分3R>
中村K太郎(K太郎道場)
アレックス・モロノ [Alex Morono](米国)

<フライ級 5分3R>
ジュシー・フォルミーガ(ブラジル/5位)
佐々木憂流迦(フリー)

<ライト級 5分3R>
五味隆典(東林間ラスカルジム)※久我山ラスカルジムから所属変更
キム・“マエストロ”・ドンヒョン(韓国)

<フライ級 5分3R>
井上直樹(空手道白心会)
ジェネル・ラウザ [Jenel Lausa] (フィリピン)

<ウェルター級 5分3R>
安西信昌(TEAM CLIMB)
ルーク・ジュモー [Luke Jumeau](ニュージーランド)

<女子ストロー級 5分3R>
近藤朱里(ボスジム/パンクラス王者)
ジョン・チャンミ [Jeon Chan-Mi](韓国)

<ウェルター級 5分3R>
阿部大治(HMC/パンクラス王者)
イム・ヒュンギュ [Lim Hyun-Gyu](韓国)

<中継>
DAZN 午前9:00~
FOXスポーツ&エンターテイメント(BS238ch) 午前7:55~
AbemaTV 午前8:30~12:00 (プレリミナリーファイト)
フジテレビ(関東ローカル) 9/23(土) 25:45~26:45

##

 正直こういう気分のファンも多いでしょう。

 オマエ観に行かないんだろ、とツッコミもらいそうですが、ボクは1週間前ほどに観戦仲間からチケット買ったんですよ。行けなくなった人が出たということで。個人的にはプロレスでも活躍する朱里ちゃん応援。きちんと買って楽しむ人にはきっとイイコトあると思うっきゃないですよ、二階堂さん!

 もちろんキャンペーンで無料チケットもらって現地に行く楽しみ方も全然アリ。そんな気持ちでこの記事は書きました。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> UFC JAPAN 世界最強のファイターが集う究極の総合格闘技 UFC®公式サイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。


<当サイト訪問者はこんな商品をCHECKしています>

Rizingsun▼new! THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 9月7日発売!"自由の謳歌"を掲げて、リングの闘いに挑んできた日々。次々に課される無理難題とどう向き合い、対処するか。決まり事や制約すらも踏み台にし、一度きりの人生をいかにして楽しむか。『KAMINOGE』井上崇宏が聞き手をつとめた5年間+αの中邑真輔インタビュー集

Shinsukenakamurausa_2▼new! SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS 9月7日発売!中邑真輔 (著) 「求めていたものが、そこにあった」人気絶頂のなか新日本プロレスを離れ、闘いの舞台をアメリカWWEに移した男の500日間の記録。オール書き下ろし。本書でしか見られない貴重なプライベート写真満載!

Torishirabe_3▼new! 疾風怒濤!! プロレス取調室 ~UWF&PRIDE格闘ロマン編~ 10月11日発売!あの髙田延彦vsヒクソン・グレイシーの歴史的一戦から20年。ついに明かされる〈総合格闘技〉という夢の始末書。強さとは何か? 真剣勝負とは何か? 闘いの果てに男たちが見たものとは!? 笑いと涙の取り調べが、いま始まる

▼new! ブッカーKが見た激動の時代(仮) ~UWF、そしてPRIDEの崩壊 (プロレス激活字シリーズ) 10月18日発売!川崎 浩市 (著) 著者は、裏方でありながら “ブッカーK"と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する

Puroresu_shinda_2▼new! プロレスが死んだ日。 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実 10月5日発売!近藤 隆夫 (著) 1997年10月11日、東京ドーム『PRIDE 1.』から、20年。ヒクソンの圧勝、髙田の惨敗。あの日から、格闘技界の様相は一変した。プロレスの全盛期から、総合格闘技の黎明期、PRIDE全盛期まで第一線で取材・執筆を続けた著者が、この20年を詳細に振り返り、今だから明かせる真実に迫る

Gyakusetsu_9▼new! 逆説のプロレス(9) (双葉社スーパームック) 8月17日発売!前田日明インタビュー「Uターン時の“猪木憎し”は完全なアングル」 ドン・中矢・ニールセン インタビュー 前田戦は結末の決まっていない「リアル・ビジネスファイト」だった! ミスター高橋インタビュー “藤原教室”を嫌っていた坂口征二のUアレルギー

Kashin▼new! フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで 8月19日発売!プロレス界きってのへそ曲がりが、過去一切語らなかった自身の半生と考えをすべて語り尽くした。新日本入門、全日本移籍、ベルト返還訴訟、永田・中西らへの本音、ハイアン戦の裏側、大仁田との縁、アカデミズムへの道

2017.07.09

ラスベガスのT-モバイル・アリーナ『UFC213』にやって来ました(会場外を視察しただけですが)

pick up ▼情報&コラム 棚橋弘至が裸エプロン姿で握手会 ポロリは「ワビサビがない」WWEのスター、ジョン・シナが 「レスラーとしての成功」の秘訣を説く【IGF】お家騒動泥沼化 サイモン氏徹底抗戦“vs猪木”に秘策 ▼格闘技 「戦士の中の戦士」――桜庭和志が日本人初のUFC殿堂入り選手を勝ち取れた理由総合格闘家・青木真也、入場曲『バカサバイバー』を10年以上続ける理由山本勇気容疑者に関する報道につきまして(リングス)

 こちらタクシー運転手の話によると42度!

 7月8日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナにて『UFC 213』が開催されている。カクトウログ管理人は夏休み、大会開始時間を大幅超過してベガスに着いたため、会場外だけを視察してみた。
・ 【UFC】女王ヌネスが大会当日に入院、メインイベントは中止に (イーファイト) - Yahoo!ニュース

170708_ufc1
T-モバイル・アリーナの外観。選手のパネルがイベント開催感を醸し出す。

170708_ufc2
パネルには桜庭和志も。6日(日本時間7日)、ラスベガスにおけるUFCの殿堂入り式典に出席していた。

170708_ufc3_2
これはマスコミスペースということになるのかな。ロンダ・ラウジーの写真パネルも。

170708_ufc4
UFCの巨大ロゴ前で記念写真を撮る人も多かった。

 時間的にうまく噛み合ってベガスに来れることがあれば、UFC観戦、やってみたいなぁ!


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> The Official Website of the Ultimate Fighting Championship® (UFC)
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2015.09.17

格闘技と結びつきが強いラスベガスのスポーツ―バーではUFCもコンテンツのひとつ~ベルトが飾られていたり

pick up ▼ニュース 大日本プロレス『2015最侠タッグリーグ』開幕戦の9.21後楽園~9.26愛媛全カード安川惡斗“凄惨マッチ”から約7か月ぶり復帰 ▼情報&コラム WWE入りの華名に「ゲイシャガール」がエールプロレスラー棚橋弘至 “話術でファンを楽しませる”ための「学習×実践」法とは?石井智宏が師匠・天龍に巻き返し誓う ▼格闘技 キン肉マンとWOWOWがコラボキャンペーン

 というわけで、こちら朝9時。今年は夏休みが取れたので、ラスベガス中です。ポーカー仲間で来ているんだが、みんなそれぞれのキャッシュゲームやトーナメントに参加。ひとりから、MGMのカジノの中のスポーツバーにこんなのあったよとの写真をもらった。

Vegas_usc_2

 UFCの写真とベルト。

 ここのことだと思われる。
・ TAP Sports Bar
・ ラスベガスアップデート(2014年3月)DESTINATION TALKING POINTS ラスベガス観光局インフォメーション
##
MGMグランドにTAPアメリカン・スポーツ・バーが開店
MGMグランドに、スポーツの歴史に囲まれ、最新のスポーツ観戦ができるレストラン、スポーツバーTAPが開店。レストランでは、220全席から60HDフラット・スクリーンTVでスポーツの素晴らしい映像をライブ観戦できる。レストランのメニューは、スポーツバーで人気のサンドイッチ、フィンガーフードや自分好みで注文できるオリジナルハンバーガーなど。料理に合わせる飲み物は、地ビールや季節のクラフトビールを始め様々な瓶ビール、生ビールが揃うTAPメニューからと選択も多様。

##

 ふむ、滞在期間中に行ってみよう。

 UFCとラスベガスは結びつきが深い。
・ UFC - Wikipedia
##
2001年にUFCの運営母体がSEGからズッファ社に変わったことでUFCは大きな転機を迎えた。ズッファ社はラスベガスに「ステーション・カジノ」というカジノを経営するイタリア系の会社でオーナーはロレンゾ・フェティータである。前述の通りUFCはアスレチック・コミッションの力が強い州では興行が行えなかった。しかしボクシング業界と表裏一体にあるカジノを運営するズッファ社はコネクションを使い総合格闘技の公式ルールを制定させた。そのため、一時期のバッシングから起こった、ケーブルテレビでのPPVの打ち切りや、コミッションの力が弱い片田舎でしか興行を行えないといった事態を脱し、ラスベガスのホテルで興行を行えるようになったのである。
##

 UFCやボクシングと結びつきが強いラスベガスだが、間近なイベントがないのか、歩いていても“らしい”ものはこのバーくらいしかないなぁ。いつかベガスでプロレス・格闘技の大会を見てみたいものです。


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ジ・アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)R公式日本語サイト
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2015.09.12

マイコラス投手の妻ローレンさん、ラウンドガール姿を初披露~世間の話題にハマってUFC日本大会を盛り上げる

pick up ▼ニュース 柴田が内藤を絞め落とす衝撃の結末! 石井が本間を轟沈=新日本9・11後楽園杉浦vsみのるGHC戦 ノーレフェリー、ノールールになる? 14日の後楽園大会でルール決定=ノアW-1 9.21後楽園大会の全カード決定!“最後の後楽園ホール”となる天龍はムタと激突 ▼情報&コラム 10月25日(日)14:00恵比寿ガーデンプレイスタワー38階 小橋建太×武藤敬司 夢の競演トークバトル11月14日(土) 18:00(奈良)なら100年会館 中ホール ゆでたまご・嶋田先生の講演会9月26日(土)DSG GROUP3店舗(石川県&富山県)武藤敬司握手会&写真撮影会&サイン会GK金沢コラム連載第64回!! 「磨き続ける包丁」

 巨人のマイルズ・マイコラス投手の妻ローレンさんが、オクタゴンガール(ラウンドガール)としてUFC9・27日本大会に参加することが発表されたのは7日のこと。さっそく11日にラウンドガール姿が披露された。

Laurenmikolas

・ マイコラス妻悩殺ビキニ衣装披露-芸能-デイリースポーツ online
##
 今月27日にさいたまスーパーアリーナで開催される世界最大の格闘技団体・UFCの日本大会「UFC Fight Night Japan」でラウンドガールの「オクタゴンガール」を務める、プロ野球巨人のマイルズ・マイコラス投手の“美しすぎる妻”ことローレン・マイコラスさんが11日、東京・代官山で大会当日用の衣装を披露した。
 八角形の金網内でローレンさんが着用するのは、黒のタンクトップとショートパンツが分かれたビキニ型のセクシー・ウエア。「ビーチでしか着たことがないので、今はちょっと恥ずかしいけれど、これから(大会に向けて)慣れてくるでしょう」と感想を語った。
 UFCファンを自認するローレンさんは、今回の依頼について「最初は信じられなかった。UFCはファイターの技術、体の強さがトップレベル。他で見ることのできない格闘技だと思う」と、競技自体への精通ぶりも示していた。
 スタイルを保つ秘けつを問われると、「健康的なもの食べてジムに通うこと。今まではダンス中心のトレーニングだったが、今回はウエートトレも採り入れています」と、ファイター仕様を目指していること明かした。
 ローレンさんによると、今回の衣装について夫のマイコラスは「非常にうれしい。衣装は持ち帰ってほしい」と懇願していたという。

##

 参加発表とラウンドガール姿披露を合わせると、けっこうなニュースの本数が各社から出た。UFC日本大会絡みでこれだけ話題になったものは初めてかも!?

 それにしてもガッツリと話題にハマった。“美しすぎる妻”と言われつつも、これだけセクシーな姿が見られるのはここだけというわけなのだから。最高のプロモーションでしょう。

 めざましどようびでも情報が出るようです。

 大会情報。
・ ZUFFA「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015」 - eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日更新!
##
■UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015
2015年09月27日 (日)さいたまスーパーアリーナ
開場8:00 
オープニングファイト開始8:30 
プレリミナリーファイト開始9:00
本戦11:00

▼メインイベント ヘビー級
ジョシュ・バーネット(アメリカ)
vs
ロイ・ネルソン(アメリカ)
▼ミドル級 5分3R
ゲガール・ムサシ(オランダ/UFC世界ミドル級6位)
vs
ユライア・ホール(ジャマイカ)
▼ROAD TO UFC JAPANトーナメント決勝戦 フェザー級
廣田瑞人(CAVE/元DEEPライト級王者、元SRCライト級王者)
vs
石原“夜叉坊”暉仁(いしはら・やしゃぼう・てると/Team Alphamale Japan)
▼ウェルター級
中村K太郎(K太郎道場/DEEPウェルター級王者)
vs
リー・ジンリアン(中国)
▼バンタム級
山本“KID”徳郁(KRAZY BEE)
vs
マット・ホーバー(アメリカ)
▼ライト級
小谷直之(ロデオスタイル/初代ZSTライト級王者)
vs
ケイジャン・ジョンソン(カナダ)
▼フライ級
堀口恭司(KRAZY BEE/元修斗世界フェザー級王者)
vs
チコ・ケイミュス(アメリカ)
▼フェザー級
菊野克紀(ALLIANCE/元DEEPライト級王者)
vs
ディエゴ・ブランダオン(ブラジル)
▼ウェルター級
安西“アニマル”信昌(TEAM CLIMB/元ミドル級キング・オブ・パンクラス)
vs
ロジャー・サパタ(アメリカ)
▼ライト級
粕谷優介(総合格闘技CROWN)
vs
ニック・ハイン(ドイツ)

##


↓最新情報はこちらから

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> ROAD TO UFC JAPAN
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2014.09.20

UFCの衣装チェックにめげず~純白ドレス・JK制服と続いた中井りん大会煽りコスプレは大胆ビキニで完結=本日20日UFC埼玉大会

 19日、翌日に控えたUFC日本大会「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014」さいたまスーパーアリーナの公開計量が行われた。
・ ハント、ネルソンとの超絶打撃戦を予告 中井りんは大胆ビキニ!?=UFC公開計量|コラム|スポーツナビ
・ 中井りん鎧兜に軍配の前日計量、マウリシオ・ショーグン2006年大晦日以来の来日! ファイト!ミルホンネット

 純白ドレス・JK制服と続いた中井りん大会煽りコスプレは大胆ビキニで完結。しかも、甲冑コスプレを脱ぐとビキニという演出つき。

Rin123

 6月の開催発表会見では胸元が開いたドレス。9月のメディアデーではミニスカ女子高生を意識した制服コスプレ。
・ “エロつよ”中井りんがUFC初参戦-ファイト-デイリースポーツ online
##
 “エロつよ”で人気だが、規定の多いUFCでは露出封印も。会見に胸元が開いたドレスで登場し「ギリギリでOKが出た」と苦笑い。今後は「戦いが本分。(セクシーが)OKなら、できる範囲で続けたい」とした。
##

・ 中井りん“正装”制服コスプレで会見登場 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
・ “コスプレ格闘家”中井りんに立ちはだかるUFCの衣装チェック 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
##
 今回の公開計量(19日)に向けても「用意はしてます。ヒントは『日本的』」と明かす。陣営によると「戦国時代」がテーマだという。コスプレファンの多い「戦国無双」などゲーム系のキャラクターに扮するのではと予想されるが、UFCは選手の衣装に厳しいことで有名だ。6月の会見では純白のドレス姿ですら難色を示された経緯があり、今回も直前でNGが出る可能性はあるのだが…。
 この日の服装も、ミニスカ女子高生を意識したコスプレだったが、中井は「カジュアルな正装」と強調。選手管理に厳しいUFCの衣装チェックを警戒している様子だが、主催者側には日本的な“大岡裁き”を期待したいところだ。

##

 UFCの衣装チェックにめげず話題提供してきた姿勢は素晴らしいしエライ! 大会としての煽り記事としてもここまでずいぶん貢献したんじゃないかなぁ。本番での勝利を期待しましょう。

 14:30よりWOWOWにて生中継(メンバーズオンデマンドでは13:30から)。
・ 生中継!UFC JAPAN 2014|UFC-究極格闘技-|WOWOWオンライン

 マーク・ハントが登場、重量感のあるヘビー級打撃戦が期待されるメイン。
・ 20日13:30~[UFC]日本大会 五味、秋山、ハント参戦(格闘技 実況 スポーツナビ)
##
UFC「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014」
埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2014年9月20日(土) 13時30分 スタート
▼オープニングファイト
[1]フェザー級 5分3R
マキシモ・ブランコ vs ダン・フッカー
▼オープニングファイト
[2]ライト級 5分3R
徳留一樹 vs ジョニー・ケース
▼バンタム級 5分3R
[1]田中路教 vs カン・ギョンホ
▼ウェルター級 5分3R
[2]イム・ヒョンギュ vs 佐藤豪則
▼フェザー級 5分3R
[3]菊野克紀 vs サム・シシリア
▼バンタム級 5分3R
[4]金原正徳 vs アレックス・キャセレス
▼フライ級 5分3R
[5]堀口恭司 vs ジョン・デロス・レイエス
▼ウェルター級 5分3R
[6]国本起一 vs リチャード・ウォルシュ
▼女子バンタム級 5分3R
[7]ミーシャ・テイト vs 中井りん
▼ウェルター級 5分3R
[8]秋山成勲 vs アミール・サドラー
▼ライト級 5分3R
[9]五味隆典 vs マイルズ・ジューリー
▼ヘビー級 5分5R
[10]マーク・ハント vs ロイ・ネルソン

##


↓最新情報はこちらから
Wk_ranking

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> UFC JAPAN
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.11.25

テレビ東京で新番組「UFCワールド」がスタートへ~ワールドワイドスポーツの人気の秘密を紹介

pick up ▼ニュース GET WILDの全勝街道をジュニスタが止めた=全日本福井大会勝利のナガダンス、四国初公開! 永田がIWGP前哨戦でまたもや快勝=新日本香川大会フィンレーがスターバックに圧勝!華名もディーバ王座から陥落!Iジャ軍vs.北都プロ軍の対抗戦開戦へ=SMASH後楽園米山香織「やりすぎてない!」プロデュース興行3大会を開催禁断の日程ついに… フジテレビ大みそかに「ものまね紅白」 ▼情報&コラム 内館牧子の大日本プロレス〝観戦記〟巨人の内紛…球界にはマイナス@小川直也カウント4.99 11月27日(日)大阪でトークイベント@金沢克彦藤波、長州、タイガーにとっての“新日イズム”とは「アントニオ猪木」長州力“なにがやりたいんだ!コラ!”Tシャツ&パーカー入荷11月26日より棚橋弘至の新作タオルが発売11月25日~27日に豊橋で行なわれるアートイベントに三澤威トレーナーの絵画11月27日(日)レ・バンナ&アーツが関西のパチンコ店に来店 ▼格闘技 大晦日「元気ですか!!」サムライ【15-18時】&スカパー【18時以降】で生中継石井慧vs.ヒョードル「実現できるよう動き始めている」ついにK-1戦士達もちりぢりに…それでも久保優太が守る王者の誇り

111201_ufcworld テレビ番組表より。以前にWOWWOWで同名番組があったようだが、テレビ東京でスタート? 新番組マークがついている。
##
■[新]UFC ワールド テレビ東京1(地上波)
■2011年12月1日(木) 24時53分~25時00分 の放送内容
「4番目のワールドワイドスポーツ」と呼ばれる総合格闘技イベント・UFCが、ついに本格的に日本進出。全世界的な人気の秘密を紹介します。
出演者
 UFCファイター(他)
ナレーター
 倉敷保雄

##

 7分という短い番組なので、トピックスのみでしょう。来年2月日本公演への追い風にしようという狙いか。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> テレビ番組表
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.09.07

レスナーvsアリスターが12月にラスベガスで対戦決定~バドワイザーのレーベルにUFC写真

 これはビックリ。ブロック・レスナーvsアリスター・オーフレイムが決定!
・ 総合集中アリスター・オーフレイムUFCと電撃契約 12月30日復活ブロック・レスナーと対戦 (ファイト!ミルホンネット お知らせ)
・ MMA IRONMAN: 12月30日にラスベガスでブロック・レスナー vs. アリスター・オーフレイムが決定

 日本のサイト、ツイッター経由でこの情報を知ったボクですが、実は今週は休暇中でラスベガス(!)にいます。カード決定とは直接関係ないですが、売店でこんなバドワイザー(バドライト)を発見。

110907_ufc

 UFCの公式スポンサーのビール会社であることは話題となっていたが、実物を見るとUFCの勢いをまざまざと感じるなぁ。

 なお、同じく海外総合格闘技情報として、11月12日にロシア(M-1グローバル系興行)でのこちらのカードも決定。
・ MMA IRONMAN: エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. ジェフ・モンソンが決定


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> UFC WORLD|WOWOWオンライン
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.09.06

UFC来年2・26さいたまSA正式決定。ズッファ社としては日本初大会~日本の格闘技熱再燃なるか

 世界最大の総合格闘技団体UFCによる2012年2月26日・日本大会開催が正式に発表された。UFCとしての日本大会は約11年ぶりだが、運営主体が変わったため、ズッファ社としては初の日本大会となる。
・ UFC来年2・26日本で11年ぶり開催 - 格闘技ニュース : nikkansports.com
・ 『PRIDE 34』から4年弱~2012年2月26日さいたまスーパーアリーナ『UFC日本』開催正式発表 (ファイト!ミルホンネット お知らせ)
・ スポーツナビ | 格闘技|ニュース|UFC日本開催決定=来年2月26日にさいたまスーパーアリーナで
・ スポーツナビ | 格闘技|ニュース|秋山が“神の階級”ウェルター級転向 UFC日本大会でお披露目か!?
##
・ 米総合格闘技UFCは6日、東京・新宿区で記者会見を行い、来年2月26日にさいたまスーパーアリーナで日本大会を開催すると発表した。会見冒頭にはUFCダナ・ホワイト社長がビデオメッセージで登場し「再びUFCを日本で開催することになりました。2012年に会いましょう」と正式に日時と会場を発表。日本大会は00年12月以来、約11年ぶり。
・ 大会の開始時間は、全世界へのテレビ放送も考慮し午前10時にスタート。メーンは正午の予定。観客席は2万人規模で設営される。
・ 参戦選手、対戦カードについては11月頃に発表される予定。
・ 会見にはUFCアジア・マネジングディレクターのマーク・フィッシャー氏に加え、UFCと契約を結ぶ岡見勇信、秋山成勲、五味隆典、小見川道大、山本“KID”徳郁、日沖発、水垣偉弥、福田力の日本人ファイター8人が出席。対戦カードは未定だが、フィッシャー氏は「この8人の選手が出る可能性がある」と話した。

##

 ゴング格闘技ツイッター(@GONG_KAKUTOGI)より。
##
■秋山成勲「元気がない日本格闘技界の起爆剤になる。次はウェルター級でとUFCに伝えた」
■岡見勇信「ずっとUFCで試合をしてこの盛り上がり、興奮を日本の皆さんに感じてもらいたい」(続く)

■小見川道大「11月(5日vsジェイソン・ヤング)に試合決まっている。UFC3度目の正直、来年(2月26日)の日本大会に出場したい」
■五味「日本でやるのは本物の格闘技をやる機会。9月(24日vsネイト・ディアズ)に勝って出るのと負けて出るのとでは違う。勝てる選手として出たい」

■日沖発「(10月29日vsジョージ・ループ)UFCが来年日本に来るということで楽しみにしています。選手もファンも盛り上がった大会に出来ればと思います」
■福田力「怪我(左膝骨折)で欠場中の身でこの会見に呼んでもらい光栄。1日も早く復帰出来るよう頑張る。日本大会に出場できれば最高」

■水垣偉弥「3年近く日本で試合をしていない。ぜひ日本大会に出たい。まずは9月24日の試合(vsコール・エスコベド)に集中する。試合終わってまた考えたい」
■山本“KID”徳郁「11月に試合(12日UFC on Fox)が決まった。そこで勝って日本大会でケージでみんなの前で勝ちたい」

##


 詳細は今後の報道をご確認ください。

 総合格闘技メジャー大会の開催が滞りつつある日本マット界においては、業界の冷え込みから再燃へと踏み出すきっかけとなることが期待される。

 全米へのテレビ生中継も可能な“午前10時”開始という設定が目を引く。日本のメジャー格闘技は頑張っても15:00開始のため、ファンからすると早めに出かけるのが新鮮だ。

 日本でしばらく試合をしていない秋山成勲、UFCで名を上げた岡見勇信をはじめとする日本勢の闘いも楽しみ。

 こんな投票アンケートもやってます。
・ Yahoo!ニュース - 意識調査 - UFC日本大会で見たいファイターは?

 しかし、、、PRIDEを買収したUFC。あのときは日本進出はPRIDEブランドでしかあり得ないように思えたものだが、その路線が立ち行かず、ここまでやって来ました。どうなるかわかんないものだなぁ。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> UFC WORLD|WOWOWオンライン
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

2011.09.03

来年2月のUFC日本大会、ついに正式発表か?~岡見、秋山、五味、KIDら参加で9月6日に会見

pick up ▼ニュース 現地・台湾で発表!“プロレスLOVE”4年連続台湾大会開催=全日本プロレス引退表明の澤「ノーバトラーツ、ノープロレス」=ZERO1プロレス談議も…新首相、経済3団体表敬で歓迎ムード ▼情報&コラム 中邑真輔「(武道館は)セミに食われたのは事実だと思う」@金沢克彦サイモン猪木による“猪木イズム最後の継承者”藤田和之のIGF参戦秘話クラスメイト・山本小鉄さんとの想い出@ブラックアイさん ▼格闘技 休憩時間に中井りんコスプレ握手会(誰でも参加できる)=パンクラス9.4 有明噂のDREAMマガジン 青木真也とエディ・アルバレスの再戦がベラトールFCで実現!?9・24『DREAM.17』PV!DREAMフェザー級ワンマッチ、宇野薫vsリオン武ブロック・レスナーに再び引退説@MMA IRONMANさん

 世界最大の総合格闘技団体UFCの記者会見情報。
・ Twitter / @GONG_KAKUTOGI: 9月6日火曜日、UFCが記者会見を行なうことが発表さ ...
・ MMA IRONMAN: 9月6日にUFCが日本で記者会見
##
9月6日火曜日、UFCが記者会見を行なうことが発表された。当日は「ダナ・ホワイト代表による重大発表(VTR)」が行なわれる予定。UFCからは、アジア・マネージングディレクターのマーク・フィッシャー氏および秋山、岡見、小見川、五味、日沖、福田、水垣、KIDらが登壇、質疑応答を予定。
##

 こちらの大会が正式発表されるものとみられる。
・ MMA IRONMAN: UFC日本大会は2012年2月26日さいたまスーパーアリーナで開催か
・ UFC 失意の岡見、来年2月の日本大会で出直しへ ― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

 先日の岡見VSシウバが行われたブラジル大会での一部試合をWOWWOWでみたけれども、最高峰としての興奮とリズムを兼ね備えたUFCはハマらせてくれる予感満々。


↓最新情報はこちらから
Blogranking_sn

>> プロレス・格闘技人気ブログランキング
>> UFC WORLD|WOWOWオンライン
■□T.SAKAi 当サイトでの事実誤認・誤字の指摘、感想・苦情等は左下・ココログマーク下「メール送信」から。大変助かります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[毎週土曜](^-^)真理の疑問(?_?) [毎週火曜]プロレス週刊誌MIP ALL TOGETHER DDT DEEP DREAM DREAM2009 DREAM2010 FEG2011 FIKA GAEA JAPAN HERO'S HERO'S2007 IGFイノキゲノムフェデレーション K-1 K-1 2007 K-1 2009 K-1 2010 K-1&HERO'S2008 Laughter7 PRIDE RINGS RIZIN U-STYLE UFC UWAI STATION WWE ZERO1 ZST やれんのか! アニメ・コミック アントニオ猪木 ウェブログ・ココログ関連 カクトウログ カール・ゴッチ ガチ相撲 キン肉マン グルメ・クッキング ゲーム コメントチェック ゴング復刊 スポーツ スマッシュ ツイッター ドラゴンゲート ニュース ハッスル ハッスル2008 ハッスル2009 ハッスル2010 パソコン・インターネット ビッグマウス プロレスリング・ノア プロレス・エキスポ プロレス一般 プロレス大賞 ボクシング リキプロ ワールドビクトリーロード 三沢光晴 修斗 健介オフィス 全日本プロレス 全日本プロレス2007 全日本プロレス2008 全日本プロレス2009 全日本プロレス2010 全日本プロレス2011 全日本プロレス2012 全日本プロレス2013 全日本プロレス2014 全日本プロレス2015 全日本プロレス2016 全日本プロレス2017 全日本プロレス2018 前田日明 垣原賢人 夢の懸け橋 大阪プロレス 女子プロレス 小川直也 小川直也VS橋本真也 小橋建太 山本小鉄 携帯・デジカメ 新日本プロレス 新日本プロレス2007 新日本プロレス2008 新日本プロレス2009 新日本プロレス2010 新日本プロレス2011 新日本プロレス2012 新日本プロレス2013 新日本プロレス2014 新日本プロレス2015 新日本プロレス2016 新日本プロレス2017 新日本プロレス2018 新日本プロレス【G1】 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東北地方太平洋沖地震 柴田勝頼 栗原あゆみ 格闘技一般 桜庭和志 桜庭和志VS田村潔司2008 橋本真也 海外 無我ワールド 田村潔司 石井慧 秋山成勲失格問題 芸能・アイドル 速報2007 速報2008 速報2009 速報2010 速報2011 速報2012 速報2013 速報2014 速報2015 週刊プロレス 週刊前田日明 週末地上波テレビ&イベント情報 選手との交流戦◆カクトウログ 金原弘光 鈴木みのる 高山善廣 [不定期]ワープロ・チェッカー WRESTLE-1

  • RSSで最新情報

トラックバックの留意点

  • トラックバックとは?
    トラックバックとは「ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクをはったことを伝えられる機能」です。トラックバック元記事に当サイト記事へのリンクがない場合、リンクの必然性が低い場合等は当方の判断で削除することがあることをご了承ください。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー